TED日本語 - キャリー・フォウラー: 種を通じて食料の未来を守る

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャリー・フォウラー: 種を通じて食料の未来を守る

TED Talks

種を通じて食料の未来を守る
One seed at a time, protecting the future of food
キャリー・フォウラー
Cary Fowler

内容

私たちが現在生産している小麦、トウモロコシ、そして米の種類は地球気候変動のため、将来が危ぶまれています。凍える山々に囲まれたノルウェーにある、未来のためのさまざまな種類の食料を蓄えている国際種子バンクをキャリー・フォウラーが紹介します。

Script

I've been fascinated with crop diversity for about 35 years from now, ever since I stumbled across a fairly obscure academic article by a guy named Jack Harlan. And he described the diversity within crops -- all the different kinds of wheat and rice and such -- as a genetic resource. And he said, "This genetic resource," -- and I'll never forget the words -- "stands between us and catastrophic starvation on a scale we can not imagine."

I figured he was either really on to something, or he was one of these academic nutcases. So, I looked a little further, and what I figured out was that he wasn't a nutcase. He was the most respected scientist in the field. What he understood was that biological diversity -- crop diversity -- is the biological foundation of agriculture. It's the raw material, the stuff, of evolution in our agricultural crops. Not a trivial matter. And he also understood that that foundation was crumbling, literally crumbling. That indeed, a mass extinction was underway in our fields, in our agricultural system. And that this mass extinction was taking place with very few people noticing and even fewer caring.

Now, I know that many of you don't stop to think about diversity in agricultural systems and, let's face it, that's logical. You don't see it in the newspaper every day. And when you go into the supermarket, you certainly don't see a lot of choices there. You see apples that are red, yellow, and green and that's about it.

So, let me show you a picture of one form of diversity. Here's some beans, and there are about 35 or 40 different varieties of beans on this picture. Now, imagine each one of these varieties as being distinct from another about the same way as a poodle from a Great Dane. If I wanted to show you a picture of all the dog breeds in the world, and I put 30 or 40 of them on a slide, it would take about 10 slides because there about 400 breeds of dogs in the world. But there are 35 to 40,000 different varieties of beans. So if I were to going to show you all the beans in the world, and I had a slide like this, and I switched it every second, it would take up my entire TED talk, and I wouldn't have to say anything.

But the interesting thing is that this diversity -- and the tragic thing is -- that this diversity is being lost. We have about 200,000 different varieties of wheat, and we have about 2 to 400,000 different varieties of rice, but it's being lost. And I want to give you an example of that. It's a bit of a personal example, in fact. In the United States, in the 1800s -- that's where we have the best data -- farmers and gardeners were growing 7,100 named varieties of apples. Imagine that. 7,100 apples with names. Today,6,800 of those are extinct, no longer to be seen again.

I used to have a list of these extinct apples, and when I would go out and give a presentation, I would pass the list out in the audience. I wouldn't tell them what it was, but it was in alphabetical order, and I would tell them to look for their names, their family names, their mother's maiden name. And at the end of the speech, I would ask, "How many people have found a name?" And I never had fewer than two-thirds of an audience hold up their hand. And I said, "You know what? These apples come from your ancestors, and your ancestors gave them the greatest honor they could give them. They gave them their name. The bad news is they're extinct. The good news is a third of you didn't hold up your hand. Your apple's still out there. Find it. Make sure it doesn't join the list."

So, I want to tell you that the piece of the good news is that the Fowler apple is still out there. And there's an old book back here, and I want to read a piece from it. This book was published in 1904. It's called "The Apples of New York" and this is the second volume. See, we used to have a lot of apples. And the Fowler apple is described in here -- I hope this doesn't surprise you -- as, "a beautiful fruit."

(Laughter) I don't know if we named the apple or if the apple named us, but ... but, to be honest, the description goes on and it says that it "doesn't rank high in quality, however." And then he has to go even further. It sounds like it was written by an old school teacher of mine. "As grown in New York, the fruit usually fails to develop properly in size and quality and is, on the whole, unsatisfactory." (Laughter)

And I guess there's a lesson to be learned here, and the lesson is: so why save it? I get this question all the time. Why don't we just save the best one? And there are a couple of answers to that question. One thing is that there is no such thing as a best one. Today's best variety is tomorrow's lunch for insects or pests or disease. The other thing is that maybe that Fowler apple or maybe a variety of wheat that's not economical right now has disease or pest resistance or some quality that we're going to need for climate change that the others don't. So it's not necessary, thank God, that the Fowler apple is the best apple in the world. It's just necessary or interesting that it might have one good, unique trait. And for that reason, we ought to be saving it. Why? As a raw material, as a trait we can use in the future. Think of diversity as giving us options. And options, of course, are exactly what we need in an era of climate change.

I want to show you two slides, but first, I want to tell you that we've been working at the Global Crop Diversity Trust with a number of scientists -- particularly at Stanford and University of Washington -- to ask the question: What's going to happen to agriculture in an era of climate change and what kind of traits and characteristics do we need in our agricultural crops to be able to adapt to this? In short, the answer is that in the future, in many countries, the coldest growing seasons are going to be hotter than anything those crops have seen in the past. The coldest growing seasons of the future, hotter than the hottest of the past. Is agriculture adapted to that? I don't know. Can fish play the piano? If agriculture hasn't experienced that, how could it be adapted?

Now, the highest concentration of poor and hungry people in the world, and the place where climate change, ironically, is going to be the worst is in South Asia and sub-Saharan Africa. So I've picked two examples here, and I want to show you. In the histogram before you now, the blue bars represent the historical range of temperatures, going back about far as we have temperature data. And you can see that there's some difference between one growing season and another. Some are colder, some are hotter and it's a bell shaped curve. The tallest bar is the average temperature for the most number of growing seasons. In the future, later this century, it's going to look like the red, totally out of bounds. The agricultural system and, more importantly, the crops in the field in India have never experienced this before.

Here's South Africa. The same story. But the most interesting thing about South Africa is we don't have to wait for 2070 for there to be trouble. By 2030, if the maize, or corn, varieties, which is the dominant crop -- 50 percent of the nutrition in Southern Africa are still in the field -- in 2030, we'll have a 30 percent decrease in production of maize because of the climate change already in 2030. 30 percent decrease of production in the context of increasing population, that's a food crisis. It's global in nature. We will watch children starve to death on TV. Now, you may say that 20 years is a long way off. It's two breeding cycles for maize. We have two rolls of the dice to get this right. We have to get climate-ready crops in the field, and we have to do that rather quickly.

Now, the good news is that we have conserved. We have collected and conserved a great deal of biological diversity, agricultural diversity, mostly in the form of seed, and we put it in seed banks, which is a fancy way of saying a freezer. If you want to conserve seed for a long term and you want to make it available to plant breeders and researchers, you dry it and then you freeze it. Unfortunately, these seed banks are located around the world in buildings and they're vulnerable. Disasters have happened. In recent years we lost the gene bank, the seed bank in Iraq and Afghanistan. You can guess why. In Rwanda, in the Solomon Islands. And then there are just daily disasters that take place in these buildings, financial problems and mismanagement and equipment failures, and all kinds of things, and every time something like this happens, it means extinction. We lose diversity. And I'm not talking about losing diversity in the same way that you lose your car keys. I'm talking about losing it in the same way that we lost the dinosaurs: actually losing it, never to be seen again.

So, a number of us got together and decided that, you know, enough is enough and we need to do something about that and we need to have a facility that can really offer protection for our biological diversity of -- maybe not the most charismatic diversity. You don't look in the eyes of a carrot seed quite in the way you do a panda bear, but it's very important diversity. So we needed a really safe place, and we went quite far north to find it. To Svalbard, in fact. This is above mainland Norway. You can see Greenland there. That's at 78 degrees north. It's as far as you can fly on a regularly scheduled airplane. It's a remarkably beautiful landscape. I can't even begin to describe it to you. It's otherworldly, beautiful. We worked with the Norwegian government and with the NorGen, the Norwegian Genetic Resources Program, to design this facility. What you see is an artist's conception of this facility, which is built in a mountain in Svalbard. The idea of Svalbard was that it's cold, so we get natural freezing temperatures. But it's remote. It's remote and accessible so it's safe and we don't depend on mechanical refrigeration.

This is more than just an artist's dream, it's now a reality. And this next picture shows it in context, in Svalbard. And here's the front door of this facility. When you open up the front door, this is what you're looking at. It's pretty simple. It's a hole in the ground. It's a tunnel, and you go into the tunnel, chiseled in solid rock, about 130 meters. There are now a couple of security doors, so you won't see it quite like this. Again, when you get to the back, you get into an area that's really my favorite place. I think of it as sort of a cathedral. And I know that this tags me as a bit of a nerd, but ... (Laughter) Some of the happiest days of my life have been spent ... (Laughter) in this place there.

(Applause)

If you were to walk into one of these rooms, you would see this. It's not very exciting, but if you know what's there, it's pretty emotional. We have now about 425,000 samples of unique crop varieties. There's 70,000 samples of different varieties of rice in this facility right now. About a year from now, we'll have over half a million samples. We're going up to over a million, and someday we'll basically have samples -- about 500 seeds -- of every variety of agricultural crop that can be stored in a frozen state in this facility. This is a backup system for world agriculture. It's a backup system for all the seed banks. Storage is free. It operates like a safety deposit box. Norway owns the mountain and the facility, but the depositors own the seed. And if anything happens, then they can come back and get it. This particular picture that you see shows the national collection of the United States, of Canada, and an international institution from Syria.

I think it's interesting in that this facility, I think, is almost the only thing I can think of these days where countries, literally, every country in the world -- because we have seeds from every country in the world -- all the countries of the world have gotten together to do something that's both long term, sustainable and positive. I can't think of anything else that's happened in my lifetime that way.

I can't look you in the eyes and tell you that I have a solution for climate change, for the water crisis. Agriculture takes 70 percent of fresh water supplies on earth. I can't look you in the eyes and tell you that there is such a solution for those things, or the energy crisis, or world hunger, or peace in conflict. I can't look you in the eyes and tell you that I have a simple solution for that, but I can look you in the eyes and tell you that we can't solve any of those problems if we don't have crop diversity. Because I challenge you to think of an effective, efficient, sustainable solution to climate change if we don't have crop diversity. Because, quite literally, if agriculture doesn't adapt to climate change, neither will we. And if crops don't adapt to climate change, neither will agriculture, neither will we.

So, this is not something pretty and nice to do. There are a lot of people who would love to have this diversity exist just for the existence value of it. It is, I agree, a nice thing to do. But it's a necessary thing to do. So, in a very real sense, I believe that we, as an international community, should get organized to complete the task. The Svalbard Global Seed Vault is a wonderful gift that Norway and others have given us, but it's not the complete answer. We need to collect the remaining diversity that's out there. We need to put it into good seed banks that can offer those seeds to researchers in the future. We need to catalog it. It's a library of life, but right now I would say we don't have a card catalog for it. And we need to support it financially.

My big idea would be that while we think of it as commonplace to endow an art museum or endow a chair at a university, we really ought to be thinking about endowing wheat. 30 million dollars in an endowment would take care of preserving all the diversity in wheat forever. So we need to be thinking a little bit in those terms.

And my final thought is that we, of course, by conserving wheat, rice, potatoes, and the other crops, we may, quite simply, end up saving ourselves.

Thank you.

(Applause)

私が農産物多様性に魅了され始め、もう35年が経ちます。 ジャック ハルラン という人が書いた、目立たないない学術論文に 出会ったのがきっかけでした。 彼はいろんな種類の小麦やお米など 農産物の多様性は遺伝資源だと 説明していたんです。 「遺伝子の資源が 私たちと、想像を絶するような 破滅的飢餓との間に立ちはだかっている」 と記されていたのをよく覚えています。

なんて事いってるんだこの人はと思って、 ちょっとおかしい人なのかなと思ってしまいました。 だけど、もっと詳しく調べてみるにつれて 彼がおかしいのではないと気づいたのです。 彼はこの分野では最も著名な科学者でした。 彼によると農産物多様性は、 農業を行う上での生物学的基礎なのだそうです。 農業品種の進化を可能にする素材です。 とても大切なことですよ。 さらに彼は、農産物多様性、つまり基礎になるものが壊れだしていると 警告しました。 実際それは、私たちの畑で大規模な絶滅が起こり、 農業の未来さえ危ないと言うことだったのです。 大規模な絶滅が起こり始めていたのに、 それに気づいている人はほとんどいなくて、 それを心配してる人など、なおさらいなかったのです。

皆さんの多くは農業システムの 多様性について理論的にはご承知と思いますが、 実態を見てみましょう。 でも新聞で毎日見かけるわけでもありません。 スーパーに行くとそんなに選択肢もないですよね。 りんごにしても赤いもの、黄色のもの、緑のものが置いてあるだけです。

多様性の一例を示す写真です。 これは豆ですが、 35から40種類もの豆が この写真に載っています。 このひとつひとつ全く違う種で、例えばプードルとグレートデールぐらいに 違うものと考えてみてください。 もし世界中のすべての違う種の犬の写真を見せようとしたら、 ひとつのスライドに30から40種載せたとして、合計スライド10枚くらいかかります。 だって、だいたい400種類もの犬が世界中にいるんですよ。 豆だと、3万5千から4万もの違う種類があります。 だから世界中すべての豆を見せようとして、 スライドを用意するなら、毎秒違うスライドを見せたとしても、 私のTEDスピーチのすべてかかってしまうでしょう。 わたしは何も言わなくって済みますね。

恐ろしいことにこの多様性が失われつつあることに 注目してください。 20万種もの小麦があって、 20万から40万種もの米があるのに、 それが減ってきているのです。 ここで例を挙げましょう。 個人的な物になってしまいますけれど。 アメリカでは1880年代の一番いいデータがあるのですが、 農家や園芸家の人々は7,100種類の名前つきの りんごを育てていました。 7,100もの名前がりんごについていたのですよ。 今では、そのうち6,800種類は絶滅してしまって、 もう二度とお目にかかることができません。

りんごの絶滅種についての講演をするときには 絶滅種のリストを持参して 会場に回したものでした そこでアルファベット順に書かれているリストの中から、 苗字や旧姓、お母さんの旧姓などを 探してごらんと聞くんです。 スピーチの終わりに、「名前が見つかった人、何人います?」と聞くと、 必ずその場にいる3分の2は手をあげていたものです。 そうして、「知ってる?このりんごはあなたの先祖から伝わってきて、 先祖は与えられる最高の名誉として りんごに自分の名前を与えたのです。 残念なことに、絶滅してしまいましたけどね。 幸いなことに手を上げなかった3分の1の人のりんごはまだ残っています。 見つけなさい。そしてリストに載らないよう、守りなさい。」と伝えました。

そして、うれしいニュースなんですが、 フォウラーのりんごは健在なのです。 この古い本の 一節を読みます 1904年に出版された本です。 ’’'Apple of New York'’ という本の第二巻です。 言ったとおり、昔はたくさんりんごがあったのです。 フォウラーのりんごがこの本に出てきます。 驚くなかれ、 「美しい果物」と記されているんです。

(笑い声) 僕たちがりんごに名前をつけたのか、りんごが名前をくれたのかわかりませんが、 実は続きがあって、 「高品質のりんごではありません」と書かれてしまってるんです。 それだけじゃないんです。 なんと、この本は私の古い先生によって書かれたようなのです。 「ニューヨークで育てられる果物はだいたい形や品質がよくありませんし、 満足できるようなものではない」そうです。 (笑い声)

さてここから学ぶべきことがあります それはなぜ守るべきなのか?ということ。 よくこの質問をされます。一番いいのだけを残せばいいじゃない?って。 答えはいくつかあります。 まず一つ目は、一番いいものなどないのです。 今日最高の種も 虫や病害虫の餌食になれば終わりです 別の答えとして、フォウラーのりんごや 今は経済的でない小麦の種でも 気候変動とともに生じる病害や虫害に 他の品種よりも強いかもしれません。 そこで フォウラーのりんごは 世界一でなくてもいいのです。よかった 大切なのはひとつでもユニークな特徴があるということです。 というわけで、守っていかなければならないのです。 理由は?素材として、将来使える特性として 多様性は私達に選択肢を与えます。 その選択肢はこれから気候変動の時代で、すごく大切になってきますからね。

2枚のスライドを見てほしいんですが、 まず世界作物多様性財団で、スタンフォード大学やワシントン大学などの 科学者とともに働いているんですが、 「気候変動が進む時代、これから農業がどうなっていくのか、 そしてうまく適応するためにどのような特徴や性質が必要なのか」 という問題に取り組んでいます。 簡単に言えば、将来的にたくさんの国々で 農作物にとって、今まで一番寒かった季節が これまでにないほど暖かくなってしまうでしょう。 未来の一番寒い生育期は、 過去で一番暑かったときよりも暑くなるでしょう。 農業はそれに適応していけるのか? わかりません。魚がピアノをひけますか? もし農業がそれを経験したことがないなら、どう対応したらよいでしょう?

現在、世界中で最も貧困と飢餓の密度が高くて、 皮肉にも気候変動の影響がおそらく最悪なのも、 南アジアとサハラ以南のアフリカです。 ここで2つの例をお見せしましょう。 このヒストグラムでは、 青のバーはこれまでの温度の範囲を示します。 データがある限り遡ったものです。 周年ごとに変動があることがわかります。 違いがあるのがわかりますよね。 寒い年や暖かい年があって 正規分散の型になっています。 一番高いところが平均の温度にあたります。 将来、今世紀後半には、 今の変動範囲を飛び出します。 農業のシステムやさらにはインドの畑の作物が このような経験をしたことがないのです。

これは南アフリカ。同じ展開です。 実は南アフリカでは、 2070年より前に問題は生じます。 2030年には南アフリカの食糧の 50 パーセントを支える 主要作物のとうもろこしは、 生産量が30パーセントも下がることになります。 2030年にはすでに気候が変動しているからです。 人口が増え続ける中で、生産量が30パーセント下がるということは 食糧危機になるいうことです。世界的にね。 子供たちが飢餓で死んでいくのをテレビで目にするようになるのです。 今の時点では20年なんてまだまだ先じゃないかと思うでしょう。 とうもろこしの新しい品種を作るのに10年かかるので、 修正のチャンス 2 回分ということです。 気候に合った作物を植え始めなければいけないし、 なるべく急ぐ必要があります。

いいニュースといえば、保存をちゃんとしてきたことです。 今まで私たちは生物多様性や農業多様性を たくさん保存してきました。 それらを種子バンクに預けて、冷凍保存してきたのです。 もし種を長く保存して、 種畜者や研究者の役に立たせたいのなら、 種を乾かしてから冷凍するのです。 困ったことにこれらの種子バンクは世界のあちこちの脆弱な建物に設置されています。 とても価値が高いのです。 災害は起こるもの。 最近では遺伝子バンク、種子バンクがイラクとアフガニスタンで失われています。理由はお察しのとおり。 ルワンダ、そしてソロモン島。 種子バンクのビルが通常の災害に見舞われることもあります。 金銭的な問題や経営の失敗、そして装置の故障と いろんなことが起こって、その度に 絶滅が起こるのです。多様性を失ってしまうのです。 車の鍵を無くすのとは訳が違います。 恐竜の絶滅と同じで、 失われたら最後 二度と戻りません。

そこで我々は何人かで集まって、もうたくさんだ どうにかしなければならないと思い、どこか本当に 生物多様性をしっかり守れる施設が必要だと 確認しました。 絶滅に瀕するパンダの方が、絶滅に瀕するニンジンよりも心配かもしれませんが、 とても大切な多様性の一部なのです。 なので、本当に安全な場所を探すためにかなり北のほうへと行きました。 実はスバルバードのあたりまで行きました。 ノルウェー本島の北に位置していて、グリーンランドの隣です。 北緯78度のところにあります。 定期便で行ける最北端の場所なのです。 風景は、とても言葉では言いあらわせないくらいに美しいところです。 まるで別世界で、ただ美しいのです。 ノルウェーの政府や ノルウェー遺伝子資源プログラム(NorGen)と協力し、 この施設を作り上げました。 この図は スバルバードの山に建てた施設の 概観図です。 寒い場所としてスバルバードを選び 天然の冷凍庫が実現しました。 人里離れた場所ですが、交通は確保され、 安全で、機械によって凍らせなくてもいいというわけです。

夢のような話ですが、夢ではなくこれが現実なのです。 この写真で スバルバードの様子がわかりますね。 これが施設の正面玄関です。 この正面のドアを開けると、 このようになっています。シンプルでしょ。地面に穴が開いてます。 これはトンネルで、中に入ると 固い岩に 130 メートルのトンネルが穿たれています。 今では安全用のドアがいくつかあり、少し見た目は違います。 そして後ろに行くと、私のお気に入りの場所にたどり着きます。 私にはこれが大聖堂のように見えるんです。 これを言うとオタクのように聞こえるかもしれませんが、 (笑い声) 私の人生の最上の日々は (笑い声) ここで過ごしました。

(拍手)

部屋のひとつに入ると、こんなふうになっています。 地味ですが ここにある物を知る人にとっては感動的です。 今では約42万5千種類の 農産物のサンプルが置かれています。 7万もの違う米の種類が、 この施設には置かれています。 今から1年すると50万種類のサンプルが増える予定です。 そのうち100万に達して、いつの日か 約500個の種を それぞれの農産物の種類のために、この施設で冷凍して 保管する事になるでしょう。 これは世界の農業のためのバックアップシステムです。 種銀行にとってもバックアップシステムであり、保管は無料です。 安全保管庫のような働きを担っているのです。 ノルウェイは山と施設を保有していますが、種は預ける者の保有物なのです。 もし何か起こった場合、ここに帰ってきて種を手に入れられるのです。 写真に写っているのは アメリカとカナダの国立の種コレクションと シリアにある国際組織の種コレクションです。

私が興味深いと思うのは、この施設が 唯一、いろいろな国々が 本当にすべての国々が この施設に種を預けている訳ですから、 世界中の国々が一つとなって、 長期的で、持続可能で、ポジテブな事をやろうとしている場所なのです。 私の知る限り他には思い当たりません。

気候変動や水問題の解決策があるなんて 自信を持って口にすることはできません。 農業は地球上の70パーセントの淡水を必要とします。 エネルギー問題、世界の飢餓、紛争の和平について 自信を持って口にすることはできません。 ひとつの簡潔な解決法があるとは言えないけれど、 ひとつ言えるのは、このような問題すべては生産物の多様化がなければ 解決する事はできないと言う事です。 なぜなら、効果的かつ効率的で、持続可能な解決方法が 生産物多様性もなしにあなたには思いつきますか。 なぜなら、本当に農業が気候変動に対応できなければ 私達も対応できません もしも農作物が気候変動に対応できなければ、農業だってできません。 私たちも。

そう、こうする事はかわいらしくも楽しくもない事です。 多くの人は、多様性をそのものの価値のために 保存したいと考えたりします。 それは私も同意できる、やってて楽しい事ですね。 だけど、これは必要な事なのです。 なので実際には、私はみんなが国際コミュニティーとして 一緒になりこの義務を果たすべきだと思うのです。 スバルバード国際種貯蔵庫は素敵な贈り物として ノルウェーなどから私たちに与えられたのです。 でも完璧な答えではありません。 まだ収集していない多様な種を集めなければなりません そして種銀行に預けて、 将来、研究者に渡せるようにしなければなりません。 カタログも作る必要があります。生命の図書館であり、 今はカードカタログが整っていません。 金銭的サポートもしなければなりません。

わたしのアイデアとして普通に見られる 美術館や学校設備の基金と同じように 小麦のための基金を作ることは意義があると考えています。 3000万ドルの寄付さえあれば、 小麦のすべての種類を永遠に保存することが可能です。 そのことを真剣に考えてみてください。

そして最後に、もちろん、小麦や 米、芋、そしてほかの種類を保存する事で 私たち自身を救う事につながるかもしれません。

ありがとう。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画