TED日本語 - マーク・グッドマン: 未来の犯罪の姿

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マーク・グッドマン: 未来の犯罪の姿

TED Talks

未来の犯罪の姿
A vision of crimes in the future
マーク・グッドマン
Marc Goodman

内容

世界がますますオープンになっていくことには、明るい面と危険な面があります。テクノロジーの急速な発展によって犯罪の状況が悪化していく暗い未来の姿を、マーク・グッドマンが描き出します。

Script

I study the future of crime and terrorism, and frankly, I'm afraid. I'm afraid by what I see. I sincerely want to believe that technology can bring us the techno-utopia that we've been promised, but, you see, I've spent a career in law enforcement, and that's informed my perspective on things. I've been a street police officer, an undercover investigator, a counter-terrorism strategist, and I've worked in more than 70 countries around the world. I've had to see more than my fair share of violence and the darker underbelly of society, and that's informed my opinions. My work with criminals and terrorists has actually been highly educational. They have taught me a lot, and I'd like to be able to share some of these observations with you.

Today I'm going to show you the flip side of all those technologies that we marvel at, the ones that we love. In the hands of the TED community, these are awesome tools which will bring about great change for our world, but in the hands of suicide bombers, the future can look quite different.

I started observing technology and how criminals were using it as a young patrol officer. In those days, this was the height of technology. Laugh though you will, all the drug dealers and gang members with whom I dealt had one of these long before any police officer I knew did.

Twenty years later, criminals are still using mobile phones, but they're also building their own mobile phone networks, like this one, which has been deployed in all 31 states of Mexico by the narcos. They have a national encrypted radio communications system. Think about that. Think about the innovation that went into that. Think about the infrastructure to build it. And then think about this: Why can't I get a cell phone signal in San Francisco? (Laughter) How is this possible? (Laughter) It makes no sense. (Applause)

We consistently underestimate what criminals and terrorists can do. Technology has made our world increasingly open, and for the most part, that's great, but all of this openness may have unintended consequences.

Consider the 2008 terrorist attack on Mumbai. The men that carried that attack out were armed with AK-47s, explosives and hand grenades. They threw these hand grenades at innocent people as they sat eating in cafes and waited to catch trains on their way home from work. But heavy artillery is nothing new in terrorist operations. Guns and bombs are nothing new. What was different this time is the way that the terrorists used modern information communications technologies to locate additional victims and slaughter them. They were armed with mobile phones. They had BlackBerries. They had access to satellite imagery. They had satellite phones, and they even had night vision goggles. But perhaps their greatest innovation was this. We've all seen pictures like this on television and in the news. This is an operations center. And the terrorists built their very own op center across the border in Pakistan, where they monitored the BBC, al Jazeera, CNN and Indian local stations. They also monitored the Internet and social media to monitor the progress of their attacks and how many people they had killed. They did all of this in real time.

The innovation of the terrorist operations center gave terrorists unparalleled situational awareness and tactical advantage over the police and over the government. What did they do with this? They used it to great effect.

At one point during the 60-hour siege, the terrorists were going room to room trying to find additional victims. They came upon a suite on the top floor of the hotel, and they kicked down the door and they found a man hiding by his bed. And they said to him, "Who are you, and what are you doing here?" And the man replied, "I'm just an innocent schoolteacher." Of course, the terrorists knew that no Indian schoolteacher stays at a suite in the Taj. They picked up his identification, and they phoned his name in to the terrorist war room, where the terrorist war room Googled him, and found a picture and called their operatives on the ground and said, "Your hostage, is he heavyset? Is he bald in front? Does he wear glasses?" "Yes, yes, yes," came the answers. The op center had found him and they had a match. He was not a schoolteacher. He was the second-wealthiest businessman in India, and after discovering this information, the terrorist war room gave the order to the terrorists on the ground in Mumbai. ("Kill him.")

We all worry about our privacy settings on Facebook, but the fact of the matter is, our openness can be used against us. Terrorists are doing this. A search engine can determine who shall live and who shall die. This is the world that we live in.

During the Mumbai siege, terrorists were so dependent on technology that several witnesses reported that as the terrorists were shooting hostages with one hand, they were checking their mobile phone messages in the very other hand. In the end,300 people were gravely wounded and over 172 men, women and children lost their lives that day.

Think about what happened. During this 60-hour siege on Mumbai,10 men armed not just with weapons, but with technology, were able to bring a city of 20 million people to a standstill. Ten people brought 20 million people to a standstill, and this traveled around the world. This is what radicals can do with openness.

This was done nearly four years ago. What could terrorists do today with the technologies available that we have? What will they do tomorrow? The ability of one to affect many is scaling exponentially, and it's scaling for good and it's scaling for evil.

It's not just about terrorism, though. There's also been a big paradigm shift in crime. You see, you can now commit more crime as well. In the old days, it was a knife and a gun. Then criminals moved to robbing trains. You could rob 200 people on a train, a great innovation. Moving forward, the Internet allowed things to scale even more. In fact, many of you will remember the recent Sony PlayStation hack. In that incident, over 100 million people were robbed. Think about that. When in the history of humanity has it ever been possible for one person to rob 100 million?

Of course, it's not just about stealing things. There are other avenues of technology that criminals can exploit. Many of you will remember this super cute video from the last TED, but not all quadcopter swarms are so nice and cute. They don't all have drumsticks. Some can be armed with HD cameras and do countersurveillance on protesters, or, as in this little bit of movie magic, quadcopters can be loaded with firearms and automatic weapons. Little robots are cute when they play music to you. When they swarm and chase you down the block to shoot you, a little bit less so.

Of course, criminals and terrorists weren't the first to give guns to robots. We know where that started. But they're adapting quickly. Recently, the FBI arrested an al Qaeda affiliate in the United States, who was planning on using these remote-controlled drone aircraft to fly C4 explosives into government buildings in the United States. By the way, these travel at over 600 miles an hour.

Every time a new technology is being introduced, criminals are there to exploit it. We've all seen 3D printers. We know with them that you can print in many materials ranging from plastic to chocolate to metal and even concrete. With great precision I actually was able to make this just the other day, a very cute little ducky. But I wonder to myself, for those people that strap bombs to their chests and blow themselves up, how might they use 3D printers?

Perhaps like this. You see, if you can print in metal, you can print one of these, and in fact you can also print one of these too. The UK I know has some very strict firearms laws. You needn't bring the gun into the UK anymore. You just bring the 3D printer and print the gun while you're here, and, of course, the magazines for your bullets.

But as these get bigger in the future, what other items will you be able to print? The technologies are allowing bigger printers.

As we move forward, we'll see new technologies also, like the Internet of Things. Every day we're connecting more and more of our lives to the Internet, which means that the Internet of Things will soon be the Internet of Things To Be Hacked. All of the physical objects in our space are being transformed into information technologies, and that has a radical implication for our security, because more connections to more devices means more vulnerabilities. Criminals understand this. Terrorists understand this. Hackers understand this. If you control the code, you control the world. This is the future that awaits us.

There has not yet been an operating system or a technology that hasn't been hacked. That's troubling, since the human body itself is now becoming an information technology. As we've seen here, we're transforming ourselves into cyborgs. Every year, thousands of cochlear implants, diabetic pumps, pacemakers and defibrillators are being implanted in people. In the United States, there are 60,000 people who have a pacemaker that connects to the Internet. The defibrillators allow a physician at a distance to give a shock to a heart in case a patient needs it. But if you don't need it, and somebody else gives you the shock, it's not a good thing.

Of course, we're going to go even deeper than the human body. We're going down to the cellular level these days. Up until this point, all the technologies I've been talking about have been silicon-based, ones and zeroes, but there's another operating system out there: the original operating system, DNA. And to hackers, DNA is just another operating system waiting to be hacked. It's a great challenge for them. There are people already working on hacking the software of life, and while most of them are doing this to great good and to help us all, some won't be.

So how will criminals abuse this? Well, with synthetic biology you can do some pretty neat things. For example, I predict that we will move away from a plant-based narcotics world to a synthetic one. Why do you need the plants anymore? You can just take the DNA code from marijuana or poppies or coca leaves and cut and past that gene and put it into yeast, and you can take those yeast and make them make the cocaine for you, or the marijuana, or any other drug. So how we use yeast in the future is going to be really interesting. In fact, we may have some really interesting bread and beer as we go into this next century.

The cost of sequencing the human genome is dropping precipitously. It was proceeding at Moore's Law pace, but then in 2008, something changed. The technologies got better, and now DNA sequencing is proceeding at a pace five times that of Moore's Law. That has significant implications for us.

It took us 30 years to get from the introduction of the personal computer to the level of cybercrime we have today, but looking at how biology is proceeding so rapidly, and knowing criminals and terrorists as I do, we may get there a lot faster with biocrime in the future. It will be easy for anybody to go ahead and print their own bio-virus, enhanced versions of ebola or anthrax, weaponized flu.

We recently saw a case where some researchers made the H5N1 avian influenza virus more potent. It already has a 70 percent mortality rate if you get it, but it's hard to get. Engineers, by moving around a small number of genetic changes, were able to weaponize it and make it much more easy for human beings to catch, so that not thousands of people would die, but tens of millions. You see, you can go ahead and create new pandemics, and the researchers who did this were so proud of their accomplishments, they wanted to publish it openly so that everybody could see this and get access to this information.

But it goes deeper than that. DNA researcher Andrew Hessel has pointed out quite rightly that if you can use cancer treatments, modern cancer treatments, to go after one cell while leaving all the other cells around it intact, then you can also go after any one person's cell. Personalized cancer treatments are the flip side of personalized bioweapons, which means you can attack any one individual, including all the people in this picture. How will we protect them in the future?

What to do? What to do about all this? That's what I get asked all the time. For those of you who follow me on Twitter, I will be tweeting out the answer later on today. (Laughter)

Actually, it's a bit more complex than that, and there are no magic bullets. I don't have all the answers, but I know a few things. In the wake of 9/11, the best security minds put together all their innovation and this is what they created for security. If you're expecting the people who built this to protect you from the coming robopocalypse - (Laughter) - uh, you may want to have a backup plan. (Laughter) Just saying. Just think about that. (Applause)

Law enforcement is currently a closed system. It's nation-based, while the threat is international. Policing doesn't scale globally. At least, it hasn't, and our current system of guns, border guards, big gates and fences are outdated in the new world into which we're moving. So how might we prepare for some of these specific threats, like attacking a president or a prime minister? This would be the natural government response, to hide away all our government leaders in hermetically sealed bubbles. But this is not going to work. The cost of doing a DNA sequence is going to be trivial. Anybody will have it and we will all have them in the future.

So maybe there's a more radical way that we can look at this. What happens if we were to take the President's DNA, or a king or queen's, and put it out to a group of a few hundred trusted researchers so they could study that DNA and do penetration testing against it as a means of helping our leaders? Or what if we sent it out to a few thousand? Or, controversially, and not without its risks, what happens if we just gave it to the whole public? Then we could all be engaged in helping.

We've already seen examples of this working well. The Organized Crime and Corruption Reporting Project is staffed by journalists and citizens where they are crowd-sourcing what dictators and terrorists are doing with public funds around the world, and, in a more dramatic case, we've seen in Mexico, a country that has been racked by 50,000 narcotics-related murders in the past six years. They're killing so many people they can't even afford to bury them all in anything but these unmarked graves like this one outside of Ciudad Juarez. What can we do about this? The government has proven ineffective. So in Mexico, citizens, at great risk to themselves, are fighting back to build an effective solution. They're crowd-mapping the activities of the drug dealers.

Whether or not you realize it, we are at the dawn of a technological arms race, an arms race between people who are using technology for good and those who are using it for ill. The threat is serious, and the time to prepare for it is now. I can assure you that the terrorists and criminals are.

My personal belief is that, rather than having a small, elite force of highly trained government agents here to protect us all, we're much better off having average and ordinary citizens approaching this problem as a group and seeing what we can do. If we all do our part, I think we'll be in a much better space. The tools to change the world are in everybody's hands. How we use them is not just up to me, it's up to all of us.

This was a technology I would frequently deploy as a police officer. This technology has become outdated in our current world. It doesn't scale, it doesn't work globally, and it surely doesn't work virtually.

We've seen paradigm shifts in crime and terrorism. They call for a shift to a more open form and a more participatory form of law enforcement. So I invite you to join me. After all, public safety is too important to leave to the professionals.

Thank you. (Applause)

(Applause)

私は犯罪とテロの 未来を研究していますが 率直に言って恐れています 自分の見ている未来を テクノロジーがユートピアを もたらしてくれると 信じたいのですが 私はこの通り ずっと警察の仕事をしてきて それが私の見方に影響しています 私は町の警察官として 覆面捜査官として 対テロリスト戦略家として働き 世界70カ国以上で 仕事をしてきました その中で普通の人よりも多く 暴力や社会の暗部を目にすることになり それが私の見方に影響しているのです 犯罪者やテロリストから 教えられることは多く 彼らから たくさんのことを学んできたので 皆さんに私が見てきたことをお教えしたいと思います

今日は 私たちが大好きで いつも感心しているテクノロジーの 裏の面をお見せします テクノロジーはTEDコミュニティの 手にかかれば 社会に良い変化をもたらす 素晴らしい道具になりますが 自爆テロリストの手に渡れば 未来の姿は全然違ったものになります

私が若い警察官として働き始めたとき 犯罪者がテクノロジーをいかに使いこなすか 目の当たりにするようになりました 当時はこれがハイテクでした 笑うかもしれませんが麻薬の売人や ギャングたちは 警官が持つようになるずっと以前から これらの道具を使っていたのです

20年経った今も犯罪者たちは 相変わらず携帯電話を使っていますが 彼らは この写真のような 自前の携帯電話ネットワークを構築しています 麻薬組織によって メキシコの全31州に展開されています 全国的な暗号無線通信システムを 持っているのです 考えてみてください イノベーションが そのような形で使われていることを それに必要なインフラについて考えてみてください そして考えてみてください どうしてサンフランシスコにいる私の携帯に電波が入らないんでしょう? (笑) そんなことってありなんでしょうか? (笑)納得できません (拍手)

犯罪者やテロリストに できることを 私たちはいつも過小評価しています テクノロジーは私たちの社会を よりオープンにしています 大部分においてそれは素晴らしいことですが 予期しない帰結も伴っています

2008年のムンバイ同時多発テロを思い出してください テロの実行犯たちは AK-47や爆弾や手榴弾で武装していました カフェで食事している人や 電車で帰る途中の罪の無い人たちに 彼らは手榴弾を投げました しかしこのような重火器は テロ事件では目新しくありません 銃や爆弾は新しくありません 違っていたのは テロリストたちが ターゲットを見つけて殺すために 現代的通信技術を利用するやり方でした 彼らは携帯や ブラックベリーを使い 衛星画像にアクセスしていました 衛星電話や暗視ゴーグルまで持っていました しかしおそらく最大のイノベーションはこれでしょう こういう写真をよく テレビやニュースで見ますね司令センターです テロリストたちは独自の司令センターを パキスタン国境に作り BBC アルジャジーラ CNN インドの地元放送局の番組をモニタしていました それにインターネットとソーシャルメディアもモニタし 攻撃の経過や 死傷者をモニタしていました それをすべてリアルタイムでやっていたのです

司令センターというイノベーションは テロリストたちに圧倒的な状況把握能力と 警察や政府に対する 技術優位性を与えました 彼らはそれで何をしていたのでしょう? とても効果的に使っていたのです

60分におよぶ包囲攻撃の最中に テロリストたちは 部屋から部屋へとまわって殺すべき相手を探しました ホテルの最上階の スイートルームのドアを蹴破り ベッドに隠れている男を見つけました 彼らは「お前は誰だ?ここで何をしている?」 と聞きました その男は 「ただの学校教師です」と答えました もちろんテロリストたちはインド人の学校教師が タージホテルのスイートに泊まっているわけがないのを知っていました 彼らは身分証を取り上げ 電話でその男の名前を司令室に伝えました 司令室ではGoogleを使って 写真を見つけ現場の工作員に 尋ねました 「その男は大柄か?」 「額がはげ上がっているか?」「眼鏡をかけているか?」 すべて「はい」という返事 司令室で見つけた情報と一致しました その男は学校教師ではなく インドで2番目に裕福な実業家でした この情報を確認すると 司令室はムンバイにいるテロリストたちに 命令を伝えました (「殺せ」)

私たちはFacebookのプライバシー設定を 気にかけていますが 実際に私たちのオープンさは 私たちへの攻撃に使われうるのです テロリストたちはそうしました 誰を生かし誰を殺すか 検索エンジンを使って決めるのです それが今私たちの生きている世界なのです

ムンバイ攻撃をしたテロリストたちは テクノロジーに大きく依存していました 目撃者の証言で テロリストたちが片手の銃で人質を撃ちながら もう一方の手で携帯のメッセージを 確認していたことが分かっています 最終的に300人が重傷を負い 子供を含む男女172人が この日命を落としました

ここで起きたことを考えてみてください 60時間に及ぶムンバイの包囲攻撃で 10人のテロリストたちは武器だけでなく テクノロジーでも武装していたのです そしてこの都市の2千万の住人を 凍り付かせたのです 10人が2千万人を釘付けにし そのニュースが世界を駆け巡りました それはオープンさが 過激派に可能にしたことなのです

これは4年ほど前の話です 今日のテロリストたちは テクノロジーで何が できるようになったのでしょう? 明日には何ができるようになっているのでしょう? 1人の人間が影響を与えうる人の数は 指数的に増大しています 良い面でも悪い面でも

テロだけではありません犯罪においても 大きなパラダイムシフトがありました より大規模な犯罪が可能になったのです かつてはナイフと銃でした それから列車強盗が現れ 一度に200人の乗客から強奪可能になりましたすごいイノベーションです インターネットによって 規模がさらに拡大しました 最近あったPlayStationの ハッキング事件を覚えている人も多いでしょう あの事件では1億人以上が犯罪に遭ったのです 考えてみてください 1人の人間が 1億人からものを奪う などということが かつてあり得たでしょうか?

もちろん話は窃盗に限りません 犯罪者が悪用しうるテクノロジーには 別の種類のものもあります 皆さんの多くは前回のTEDでのこの可愛らしいビデオを 覚えているでしょう でもクワッドローターの群れがみんな素敵で可愛らしいとは限りません みんな太鼓のばちを付けているわけではありません 高解像度ビデオカメラを載せ 抗議活動する人をモニタするのに使われるかもしれません あるいはこのビデオにあるように クワッドローターに自動小銃を 搭載することだって可能です 音楽を奏でていると 小さなロボットは可愛らしいものですが 群れをなして街路を追い詰め撃ってくるとしたら そんなに可愛くは 感じないかもしれません

最初にロボットに銃を付けたのはテロリストではなく やり始めたのが誰か みんな知っていますが 犯罪者たちは 速やかに取り入れています 最近FBIが逮捕した 米国内のアルカーイダ活動家は このようなリモコン無人飛行機に C4爆弾を載せ 政府施設を攻撃しようと計画していました ちなみにこの無人機は時速1千キロで飛ばすことができます

新しいテクノロジーが現れるたびに 犯罪者たちはそれを悪用してきました 最近では3Dプリンタが進歩していて 様々な素材で 立体印刷ができますプラスチック チョコレート 金属それにコンクリート しかも非常に高精度です 私もこの間 こんなのを作りました 可愛い小さなアヒルです でも私は思いました あの 腹に爆弾を巻いて自ら吹き飛ばす人たちは いったい この3Dプリンタで何を作ろうとするんだろうと

こんなものかもしれません 金属で印刷できるなら こんなのだって作れます ついでに これも作れるでしょう ここイギリスでは銃が厳しく規制されているのを知っていますが もはや銃を持ち込む必要はないのです 3Dプリンタを持ち込んで 銃を印刷すればいいんですから 弾を入れる弾倉だって作れます

将来より大きなものが印刷可能になったら 何が作られることでしょう? 技術の進歩で 大きなプリンタができるでしょう

今後 さらに新しいテクノロジーが 出てくるでしょう「モノのインターネット」のような 私たちは生活の中のモノをますます多く インターネットに接続するようになっており 「モノのインターネット」もまた すぐにハッキングの対象になるでしょう 世の中の形あるあらゆるモノが 情報へと変換されていますが それはセキュリティ上重要な結果を伴います より多くの装置が接続されるということは より脆弱になるということでもあるからです 犯罪者たちはそのことを分かっています テロリストやハッカーたちも分かっています コードを押さえれば世界を押さえることになります それが私たちを待っている未来です

ハックされたことのないオペレーティングシステムや テクノロジーというのは いまだかつて存在しないのです これは問題です人間の体自体に 情報技術が取り込まれるようになっているからです ご覧のように 私たちはサイボーグになりつつあります 毎年 何千何万という 人工内耳 インスリンポンプペースメーカー 除細動器が 人々の体に埋め込まれています アメリカにはネットに繋がっている ペースメーカーが6万個あります その除細動器は患者に必要なとき 遠隔地から医者が心臓にショックを 与えられるようになっています しかし必要もないときに 関係ない人がショックを 与えられるとしたらあまり芳しくありません

技術は人間の体のさらに奥深くまで 近頃では細胞のレベルまで入り込んでいます ここまでお話しした技術はどれも シリコンでできた0と1に基づくものでした しかし別な種類のオペレーティングシステムもあります 元祖オペレーティングシステムDNAです ハッカーにすれば DNAもハックされるのを待っている 別のオペレーティングシステムにすぎません ちょっとした挑戦です 生命のソフトウェアのハッキングに すでに取り組んでいる人たちがいてその多くは 人々を助ける 大義のためにやっていますが そうでない人たちもいます

犯罪者なら どう悪用するでしょう? 合成生物学ではちょっとすごいことができます たとえば 麻薬は 植物由来のものから合成のものへと 移行するだろうと思います植物などもはや必要ありませんから マリファナや ケシや コカの葉から DNA情報を取り出して イースト菌に埋め込んでやれば イースト菌がコカインや マリファナといった 麻薬を作り出すようになります 将来イースト菌が どう使われるか興味深いところです 来世紀にはすごく面白いパンやビールが 作られるようになっているかもしれません

ヒトゲノム解読のコストは急激に下がっています 以前はムーアの法則のペースでしたが 2008年に変化があって 技術が改良され DNA解析はムーアの法則の5倍のペースで 進歩するようになりました これは大きな帰結を伴います

パーソナルコンピュータの登場から 今日のようなサイバー犯罪が現れるまで 30年かかりました しかし生物学の進歩はかくも早く 犯罪者やテロリストを知る者としては 遠からずバイオ犯罪が現れると 予想せざるをえません 誰でもウィルスを 作り出せるようになります 強化されたエボラウィルスや炭疽菌 兵器化されたインフルエンザウィルス

最近の事例ですがある研究者が 強化したH5N1鳥インフルエンザウィルスを作りました 今でも致死率が70%あるウィルスですが 感染しにくいのです その研究者は遺伝子に 少しばかり手を加えて 兵器化できるよう 人間に感染しやすくしたのです だから死ぬのは数千人ではなく 何千万規模になるでしょう 新たな大流行を引き起こせるのです その研究者は自分の成果が 誇らしく 広く公表したいと思いました だからその情報は誰でも 見られるようになっています

さらに深い技術もあります DNA研究者のアンドリュー・ハッセルが 的確に指摘しているように 現代の癌治療技術で 癌細胞だけを狙い まわりの細胞を傷つけないように できるなら 特定の個人の細胞だけを標的にすることだって可能なのです パーソナライズされた癌治療の 裏面が何かというとパーソナライズされたバイオ兵器です つまり この写真にいる1人ひとりを 狙い撃ちにすることだってできるのです 彼らをどう守ればいいのでしょう?

これらすべてに どう対処したらいいのか? 私がいつも聞かれる質問です Twitterでフォローしている人たちには 後ほどツイートで答えをお教えします (笑)

実際にはもっと込み入っていて 一発で解決できる方法というのはありません すべての問題に答えを持ってはいませんが いくつか分かることもあります 9.11テロのあと セキュリティ関係の 最高の人材が集まって 安全のために作り上げたのがこれです(セキュリティゲート前の長蛇の列) これを作った人たちに来たるべき 「世界終末ロボット戦争」から守ってもらいたいなら 代替案が欲しいと思うかもしれません (笑) 他意はありませんちょっと思っただけです (拍手)

現在の警察は閉じたシステムで 国ごとに組織されていますが脅威の方は国際的です 警察は世界規模に拡張できません少なくとも これまでのところは 銃に 国境警備に 大きな門やフェンスといった現在のシステムは 私たちが向かっている新しい世界には時代遅れです では大統領や首相への襲撃のような脅威に どう備えれば良いのでしょう? 政府の取る通常の対応がこれで 政府要人を密閉して 保護しようとします でもこれは機能しないでしょう DNA解析のコストはただみたいに安くなり 誰でもできるようになるのですから

もっと進歩的な方法を考える必要があるでしょう 大統領や王や女王の DNAを何百人かの 信用できる 研究者に渡し DNAを調べ侵入試験をしてもらい 要人を守るというのはどうでしょう? あるいは数千人に送るのは? 議論もリスクもあるでしょうが 一般公開したらどうなるでしょう? そうしたらみんながこの活動に参加できます

これがうまく機能している例がすでにあります OCCRP(組織犯罪及び汚職報告プロジェクト)では ジャーナリストや市民が クラウドソーシングを使い 独裁者やテロリストが公的資金を使って 何をしているのか追跡しています さらにドラマチックな例ですが メキシコでは 過去6年間に 麻薬がらみの殺人事件が 5万件起きています あまりに死者が多いので ちゃんと埋葬することができずこのシウダー・ファレス 郊外にあるような 墓標もない墓地に埋められているのです 私たちに何ができるでしょう?政府はうまく機能していません メキシコでは市民たちがリスクを覚悟の上で 効果的な手を打とうと立ち上がっています クラウドソースで作られた麻薬売人の活動を示す地図です

自覚しているといないとにかかわらず 私たちはテクノロジーの軍拡競争を目前にしているのです テクノロジーを 良いことに使おうとする人々と 悪いことに使おうとする人々との戦いです この深刻な危機に備えるべき時がきています テロリストや犯罪者たちの方で準備していることは請け合えます

私個人の意見としては 高度に訓練された少数の 政府の専門家が みんなを守るよりも 普通の市民が 集団として問題に取り組み 何ができるか探るほうが よいと思います みんなが役割を果たすなら 状況をずっと良くできるでしょう 世界を変える道具は みんなの手の中にあります それをどう使うかは私だけでなく 私たちみんなにかかっているのです

これは私が警官として度々 展開していたテクノロジーです でも現在の世界には時代遅れです 拡張できず地球規模で機能せず 間違いなく仮想世界では役に立ちません

犯罪やテロリズムにおけるパラダイムシフトを見てきました 警察の機能はもっとオープンで もっと参加型の形態になる必要があります だから皆さんに参加していただきたいのです 市民の安全は 専門家に任せておくには重要すぎます

どうもありがとうございました(拍手)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画