TED日本語 - ダリア・ムガヘッド: アラブの春を点火した民意

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダリア・ムガヘッド: アラブの春を点火した民意

TED Talks

アラブの春を点火した民意
The attitudes that sparked Arab Spring
ダリア・ムガヘッド
Dalia Mogahed

内容

世論調査の専門家ダリア・ムガヘッドがアラブの春に至るエジプト人の驚くべき意識調査結果を、特に女性の役割に注目して語る。

Script

My talk today is about something maybe a couple of you have already heard about. It's called the Arab Spring. Anyone heard of it?

(Applause)

So in 2011, power shifted, from the few to the many, from oval offices to central squares, from carefully guarded airwaves to open-source networks. But before Tahrir was a global symbol of liberation, there were representative surveys already giving people a voice in quieter but still powerful ways.

I study Muslim societies around the world at Gallup. Since 2001, we've interviewed hundreds of thousands of people -- young and old, men and women, educated and illiterate. My talk today draws on this research to reveal why Arabs rose up and what they want now.

Now this region's very diverse, and every country is unique. But those who revolted shared a common set of grievances and have similar demands today. I'm going to focus a lot of my talk on Egypt. It has nothing to do with the fact that I was born there, of course. But it's the largest Arab country and it's also one with a great deal of influence. But I'm going to end by widening the lens to the entire region to look at the mundane topics of Arab views of religion and politics and how this impacts women, revealing some surprises along the way.

So after analyzing mounds of data, what we discovered was this: Unemployment and poverty alone did not lead to the Arab revolts of 2011. If an act of desperation by a Tunisian fruit vendor sparked these revolutions, it was the difference between what Arabs experienced and what they expected that provided the fuel.

To tell you what I mean, consider this trend in Egypt. On paper the country was doing great. In fact, it attracted accolades from multinational organizations because of its economic growth. But under the surface was a very different reality. In 2010, right before the revolution, even though GDP per capita had been growing at five percent for several years, Egyptians had never felt worse about their lives.

Now this is very unusual, because globally we find that, not surprisingly, people feel better as their country gets richer. And that's because they have better job opportunities and their state offers better social services. But it was exactly the opposite in Egypt. As the country got more well-off, unemployment actually rose and people's satisfaction with things like housing and education plummeted. But it wasn't just anger at economic injustice. It was also people's deep longing for freedom. Contrary to the clash of civilizations theory, Arabs didn't despise Western liberty, they desired it.

As early as 2001, we asked Arabs, and Muslims in general around the world, what they admired most about the West. Among the most frequent responses was liberty and justice. In their own words to an open-ended question we heard, "Their political system is transparent and it's following democracy in its true sense." Another said it was "liberty and freedom and being open-minded with each other." Majorities as high as 90 percent and greater in Egypt, Indonesia and Iran told us in 2005 that if they were to write a new constitution for a theoretical new country that they would guarantee freedom of speech as a fundamental right, especially in Egypt. Eighty-eight percent said moving toward greater democracy would help Muslims progress -- the highest percentage of any country we surveyed.

But pressed up against these democratic aspirations was a very different day-to-day experience, especially in Egypt. While aspiring to democracy the most, they were the least likely population in the world to say that they had actually voiced their opinion to a public official in the last month -- at only four percent. So while economic development made a few people rich, it left many more worse off. As people felt less and less free, they also felt less and less provided for. So rather than viewing their former regimes as generous if overprotective fathers, they viewed them as essentially prison wardens.

So now that Egyptians have ended Mubarak's 30-year rule, they potentially could be an example for the region. If Egypt is to succeed at building a society based on the rule of law, it could be a model. If, however, the core issues that propelled the revolution aren't addressed, the consequences could be catastrophic -- not just for Egypt, but for the entire region.

The signs don't look good, some have said. Islamists, not the young liberals that sparked the revolution, won the majority in Parliament. The military council has cracked down on civil society and protests and the country's economy continues to suffer. Evaluating Egypt on this basis alone, however, ignores the real revolution. Because Egyptians are more optimistic than they have been in years, far less divided on religious-secular lines than we would think and poised for the demands of democracy.

Whether they support Islamists or liberals, Egyptians' priorities for this government are identical, and they are jobs, stability and education, not moral policing. But most of all, for the first time in decades, they expect to be active participants, not spectators, in the affairs of their country.

I was meeting with a group of newly-elected parliamentarians from Egypt and Tunisia a couple of weeks ago. And what really struck me about them was that they weren't only optimistic, but they kind of struck me as nervous, for lack of a better word. One said to me, "Our people used to gather in cafes to watch football" -- or soccer, as we say in America -- "and now they gather to watch Parliament." (Laughter) "They're really watching us, and we can't help but worry that we're not going to live up to their expectations." And what really struck me is that less than 24 months ago, it was the people that were nervous about being watched by their government.

And the reason that they're expecting a lot is because they have a new-found hope for the future. So right before the revolution we said that Egyptians had never felt worse about their lives, but not only that, they thought their future would be no better. What really changed after the ouster of Mubarak wasn't that life got easier. It actually got harder. But people's expectations for their future went up significantly. And this hope, this optimism, endured a year of turbulent transition.

One reason that there's this optimism is because, contrary to what many people have said, most Egyptians think things really have changed in many ways. So while Egyptians were known for their single-digit turnout in elections before the revolution, the last election had around 70 percent voter turnout -- men and women. Where scarcely a quarter believed in the honesty of elections in 2010 -- I'm surprised it was a quarter -- 90 percent thought that this last election was honest. Now why this matters is because we discovered a link between people's faith in their democratic process and their faith that oppressed people can change their situation through peaceful means alone.

(Applause)

Now I know what some of you are thinking. The Egyptian people, and many other Arabs who've revolted and are in transition, have very high expectations of the government. They're just victims of a long-time autocracy, expecting a paternal state to solve all their problems. But this conclusion would ignore a tectonic shift taking place in Egypt far from the cameras in Tahrir Square. And that is Egyptians' elevated expectations are placed first on themselves.

In the country once known for its passive resignation, where, as bad as things got, only four percent expressed their opinion to a public official, today 90 percent tell us that if there's a problem in their community, it's up to them to fix it. (Applause) And three-fourths believe they not only have the responsibility, but the power to make change.

And this empowerment also applies to women, whose role in the revolts can not be underestimated. They were doctors and dissidents, artists and organizers. A full third of those who braved tanks and tear gas to ask or to demand liberty and justice in Egypt were women.

(Applause)

Now people have raised some real concerns about what the rise of Islamist parties means for women. What we've found about the role of religion in law and the role of religion in society is that there's no female consensus. We found that women in one country look more like the men in that country than their female counterparts across the border. Now what this suggests is that how women view religion's role in society is shaped more by their own country's culture and context than one monolithic view that religion is simply bad for women. Where women agree, however, is on their own role, and that it must be central and active.

And here is where we see the greatest gender difference within a country -- on the issue of women's rights. Now how men feel about women's rights matters to the future of this region. Because we discovered a link between men's support for women's employment and how many women are actually employed in professional fields in that country.

So the question becomes, What drives men's support for women's rights? What about men's views of religion and law? [ Does ] a man's opinion of the role of religion in politics shape their view of women's rights? The answer is no. We found absolutely no correlation, no impact whatsoever, between these two variables. What drives men's support for women's employment is men's employment, their level of education as well as a high score on their country's U.N. Human Development Index. What this means is that human development, not secularization, is what's key to women's empowerment in the transforming Middle East.

And the transformation continues. From Wall Street to Mohammed Mahmoud Street, it has never been more important to understand the aspirations of ordinary people.

Thank you.

(Applause)

今日のお話は ご存じの方もいるかと思いますが アラブの春についてです 知ってますよね?

(拍手)

2011年 権力シフトにより 限られた人から大衆へ 大統領府から中央広場へ 統制された電波からインターネットへ 権力が解放されました タハリール広場が 解放の世界的象徴になる前から 各種調査結果は 静かに しかし強力に 変化する民意を示していました

私はギャロップで世界中のイスラム社会を調査しています 2001年以来 とても多くの人々にインタビューしました― 老若男女 学歴ある人 文盲の人問わず 今日はこの研究を踏まえ なぜアラブ社会が立ち上がり 何を求めているのか お話します

アラブ社会は多様です 各国には独自性があります しかし革命を起こした人々は 共通の不満と 同様な要求を持っています お話はエジプトを中心にします もちろん 私がエジプト生まれだからではありません エジプトはアラブ最大の国で 地域に大きな影響力を持っているからです 終わりに地域全体に焦点を広げて いつも話題に上る アラブ社会から見た宗教と政治 そして女性への影響を語ります いくつかの驚きの発見にも触れていきます

大量のデータを分析して 分かったことは次のとおりです 2011年アラブの革命を引き起した原因は 失業と貧困だけではないということ 一連の革命を引き起こしたのが 絶望を感じた チュニジア人の果物売りだとしたら 革命を煽ったのは アラブ人の実際の体験と 期待との間にあった ギャップでした

つまり エジプトのこの傾向を見てください 紙の上ではエジプトは順調でした エジプトの経済発展は 多国籍企業の 称賛の的になりました しかし水面下では全く違う現実がありました 2010年 革命の直前 国民一人当たりの GDP は 年率 5% で数年間成長していましたが エジプト人は生活水準が劇的に悪化するのを感じていました

これはとても奇妙なことです 当たり前ですが 世界的に見たら 国が富めば国民の生活も向上するからです 雇用機会は改善し 国家の社会保障もよくなるからです でもエジプトでは逆転現象が起きたのです 国が栄えるにつれて 失業率は上がりました 住宅や教育への 満足度は失墜しました しかし経済状況への怒りだけではありませんでした 自由への切望がもうひとつの要因です 文明の衝突理論に反して アラブ人は西側の自由を軽蔑しませんでした 自由を切望したのです

遡のぼって 2001年 私たちは世界中の一般的アラブ人やイスラム教徒に 西側で一番称賛することは何か尋ねました もっとも多かった回答が 自由と正義でした 自由記入欄に書き込まれた回答には “ 西側の政治体制には透明性があり 本来の民主主義を体現している” あるいは “自由と正義 他人に寛容なこと” を長所とあげています 2005年の調査では エジプト インドネシア イランの 90%を超す大多数が もし理論上の新国家のために 新憲法を起草するとすれば 基本的な権利として 言論の自由を保障すると言いました 特にエジプトがそうでした 88% の回答者が民主主義を推し進めることが イスラム教の発展に役立つと答えました 調査した国の中で最高の数値です

しかし民主化を求める動きに対して 日々の状況は全く異なっていました 特にエジプトでは 民主化を強く求める一方で エジプトは世界で一番民主的な行動を起こしていなかったのです 過去1カ月の間に行政に対して 意見したと答えた割合がわずか 4%だったことに表れています 経済発展が一部の人々に富みをもたらした一方で その他の人々の状況は悪化したのです 国民は自由が束縛されていると感じると共に 国の支援も徐々に減ったと感じました 従って 国民からみた前政権は 寛容で過保護な父というよりは 刑務所の看守のように映ったのでした

ムバラク政権の 30年に渡る支配が終わった今 エジプトは地域の模範となる 可能性を秘めています エジプトが法の下に 社会を構築することに成功したら 模範となるでしょう 一方 もし 革命を起こした根幹の問題が 未解決に終われば 壊滅的な結果が待っているかもしれません エジプトのみならず 地域全体にとってです

現在の兆候は良くない とする意見があります 革命を起こした若手リベラル派ではなくイスラム原理主義者が 国会の過半数を獲得したからです 軍最高評議会は 市民社会や抗議活動を弾圧し 国の経済情勢は悪化したままです しかし これらの要素のみでエジプトを判断してしまっては 真の革命の意味を取り損ねてしまっています というのもエジプト人は 従来にも増して より楽観的になったからです 我々が考える以上に 宗教と現世の 境界線は低く 民主化を進めようとしているのです

原理主義者 リベラル派 双方の支持者は 政府に共通した政策を求めています 雇用 安定 教育です 道徳の取締りではありません さらに特筆すべきは ここ数10年ではじめて 国民は「国政に積極的に参画しよう」「傍観者はやめよう」と 立ち上がっているのです

数週間前 私はエジプトとチュリジア議会に 当選したばかりの議員グループと 会合を持ちました とても印象的だったことは 彼らが楽観的なだけではなく 世界の改善が実現していないことに いらだっているように見えたことです ある議員が言いました “国民は以前はカフェに集まってはフットボールを見たものだ ” アメリカでいうサッカーですが “今は集まって 議会を見るのだよ ” (笑) “国民は本当に我々の動向に注目している その期待に応えられるかどうか とても不安になる” さらに印象的なのは たった2年前は 神経質だったのは 政府に監視される国民の方だったのです

国民の期待が高いのは 将来への新しい希望を手にいれたからです 革命の直前には エジプト人は失意のどん底にあると言いました さらに将来の見通しも暗いと思っていました ムバラク政権追放後に大きく変わったのは 生活水準の向上ではありません 実際さらに苦しくなりました しかしながら 国民の将来への期待値は 大きく改善しました この希望 この楽観主義のおかげで その後 1年に渡る騒然とした政権移行に耐えられたのです

この楽観主義が存在する理由のひとつは 大多数の考えに反して 多くのエジプト人が多方面で変化があったと認めていることです 革命以前はエジプトの 投票率は10%にも満たないことで 有名だったのですが 最新の選挙では 70% を超えました 男女ともです 2010年には 選挙が公平に実施されたと感じた国民は わずかに25%強でしたが 25% もあったのが驚くほどです 最新の選挙では 90%が選挙は公平だったと感じました 重要なことは 国民の民主化運動への信任と 抑圧された国民が平和的手段だけを通じて 自力で状況を改善できるという自信との間に 関係性があることが わかったということです

(拍手)

みなさんの中には こう考えている人もいるでしょう エジプトの人々 そして革命を経て移行期間にあるアラブ諸国の人々は みんな政府に過剰な期待をしている 長い間 独裁政権下にあったので 全ての問題を解決してくれる 温情的な国を期待するのは当然だ しかしこの意見が見逃しているのは タハリール広場のカメラから遠く離れた エジプト各地で起きている構造的転換です 何かというとエジプト人の過大な期待感は 自分たち自身に向けられているのです

たった4%の国民しか行政に物言わぬほど 落ちぶれてしまった 受動的で屈服した国だったのが 今では 90%の国民が 自分らの地域社会で問題があれば 自分らで解決すべきだと言っている (拍手) そして 3/4 の国民は そうする責任を感じるとともに 変革する力を持っていると信じている

この権限は 女性にも当てはまります 女性は革命の中で 大きな役割を担いました 多くは 医師 反体制分子 芸術家 組織家 でした エジプトで自由を訴えて戦車や催涙弾の 前に進み出た国民の実に 1/3 が 女性でした

(拍手)

イスラム原理主義の台頭が女性に及ぼす 悪影響を危惧する声があります 法律の中 および社会の中での宗教の役割について 女性の世論に一貫性がないことが 我々の調査で明らかになりました 特定の国の女性は 他の国の女性よりも 男性同様な意見を持っていることが 分かりました 国によって差があるのです これが物語っていることは 女性が 社会における宗教の役割を 見る背景は 宗教は女性にとって悪だという単一思考ではなく 各国の文化や事情によって 形成されているということです ただし女性は自分たちの役割については 同じ見解を示しています 彼女らの役割は中心的かつ行動的なのです

国内で最大の男女間の意見の相違を見るのは 女性の権利についての問題です 男性が女性の権利をどう見るかは この地域の未来に影響します なぜならば 男性が女性の雇用を支援する程度と 実際に女性がその国で専門分野で雇用される割合に 相関関係があることが分かったからです

そこで問題は 何が女性の権利について男性を動機づけるのか? 男性の宗教や法律への見解はどうか? 政治における宗教の役割について 男性が持つ意見が 女性の権利と関連するのか? 答えは ノー です 私たちの調査結果では そのふたつの変数の間には 因果関係は一切ありませんでした 女性の雇用を支援する男性を後押ししているのは 男性自身の雇用 男性の教育レベル そして 国連の人間開発指数の高スコア等です これが意味することは 中東の変革をもたらす 女性の権利拡大に必要なのは 脱宗教化ではなく 人材開発だということです

今変革はウォール・ストリートから モハマッド・マフウッド・ストリートまで進行中です 今まで以上に一般市民の欲求を 理解することが 重要なのです

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画