TED日本語 - ジェームズ・スタヴリディス: 海軍大将が考えるグローバルな安全保障の姿

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェームズ・スタヴリディス: 海軍大将が考えるグローバルな安全保障の姿

TED Talks

海軍大将が考えるグローバルな安全保障の姿
How NATO's Supreme Commander thinks about global security
ジェームズ・スタヴリディス
James Stavridis

内容

地球規模の安全保障が省庁,政府,民間セクター,公的機関の共同作業を通して進められる所を想像してください。これはオープンソースの信奉者による夢物語ではありません。NATO欧州連合軍最高司令官兼アメリカ欧州軍司令官ジェームズ・スタヴリディスのビジョンなのです。彼は最近の軍事行動から生き生きとした場面を紹介しながら,なぜ将来のセキュリティにおいて壁ではなく橋を架けることが必要なのかを説明します。

Script

I'm gon na talk a little bit about open-source security, because we've got to get better at security in this 21st century.

Let me start by saying, let's look back to the 20th century, and kind of get a sense of how that style of security worked for us.

This is Verdun, a battlefield in France just north of the NATO headquarters in Belgium. At Verdun, in 1916, over a 300-day period,700,000 people were killed, so about 2,000 a day.

If you roll it forward -- 20th-century security -- into the Second World War, you see the Battle of Stalingrad,300 days,2 million people killed.

We go into the Cold War, and we continue to try and build walls. We go from the trench warfare of the First World War to the Maginot Line of the Second World War, and then we go into the Cold War, the Iron Curtain, the Berlin Wall. Walls don't work.

My thesis for us today is, instead of building walls to create security, we need to build bridges. This is a famous bridge in Europe. It's in Bosnia-Herzegovina. It's the bridge over the Drina River, the subject of a novel by Ivo Andric, and it talks about how, in that very troubled part of Europe and the Balkans, over time there's been enormous building of walls. More recently, in the last decade, we begin to see these communities start, hesitatingly, to come together.

I would argue, again, open-source security is about connecting the international, the interagency, the private-public, and lashing it together with strategic communication, largely in social networks.

So let me talk a little bit about why we need to do that, because our global commons is under attack in a variety of ways, and none of the sources of threat to the global commons will be solved by building walls.

Now, I'm a sailor, obviously. This is a ship, a liner, clipping through the Indian Ocean. What's wrong with this picture? It's got concertina wire along the sides of it. That's to prevent pirates from attacking it. Piracy is a very active threat today around the world. This is in the Indian Ocean. Piracy is also very active in the Strait of Malacca. It's active in the Gulf of Guinea. We see it in the Caribbean. It's a $ 10-billion-a-year discontinuity in the global transport system. Last year, at this time, there were 20 vessels,500 mariners held hostage. This is an attack on the global commons. We need to think about how to address it.

Let's shift to a different kind of sea, the cyber sea. Here are photographs of two young men. At the moment, they're incarcerated. They conducted a credit card fraud that netted them over 10 billion dollars. This is part of cybercrime which is a $ 2-trillion-a-year discontinuity in the global economy. Two trillion a year. That's just under the GDP of Great Britain. So this cyber sea, which we know endlessly is the fundamental piece of radical openness, is very much under threat as well.

Another thing I worry about in the global commons is the threat posed by trafficking, by the movement of narcotics, opium, here coming out of Afghanistan through Europe over to the United States. We worry about cocaine coming from the Andean Ridge north. We worry about the movement of illegal weapons and trafficking. Above all, perhaps, we worry about human trafficking, and the awful cost of it. Trafficking moves largely at sea but in other parts of the global commons.

This is a photograph, and I wish I could tell you that this is a very high-tech piece of US Navy gear that we're using to stop the trafficking. The bad news is, this is a semi-submersible run by drug cartels. It was built in the jungles of South America. We caught it with that low-tech raft -- (Laughter) -- and it was carrying six tons of cocaine. Crew of four. Sophisticated communications sweep. This kind of trafficking, in narcotics, in humans, in weapons, God forbid, in weapons of mass destruction, is part of the threat to the global commons.

And let's pull it together in Afghanistan today. This is a field of poppies in Afghanistan. Eighty to 90 percent of the world's poppy, opium and heroin, comes out of Afghanistan. We also see there, of course, terrorism. This is where al Qaeda is staged from. We also see a very strong insurgency embedded there. So this terrorism concern is also part of the global commons, and what we must address.

So here we are, 21st century. We know our 20th-century tools are not going to work. What should we do?

I would argue that we will not deliver security solely from the barrel of a gun. We will not deliver security solely from the barrel of a gun. We will need the application of military force. When we do it, we must do it well, and competently.

But my thesis is, open-source security is about international, interagency, private-public connection pulled together by this idea of strategic communication on the Internet.

Let me give you a couple of examples of how this works in a positive way. This is Afghanistan. These are Afghan soldiers. They are all holding books. You should say, "That's odd. I thought I read that this demographic, young men and women in their 20s and 30s, is largely illiterate in Afghanistan."

You would be correct.

Eighty-five percent can not read when they enter the security forces of Afghanistan. Why? Because the Taliban withheld education during the period of time in which these men and women would have learned to read.

So the question is, so, why are they all standing there holding books? The answer is, we are teaching them to read in literacy courses by NATO in partnership with private sector entities, in partnership with development agencies. We've taught well over 200,000 Afghan Security Forces to read and write at a basic level.

When you can read and write in Afghanistan, you will typically put a pen in your pocket. At the ceremonies, when these young men and women graduate, they take that pen with great pride, and put it in their pocket. This is bringing together international -- there are 50 nations involved in this mission -- interagency -- these development agencies -- and private-public, to take on this kind of security.

Now, we are also teaching them combat skills, of course, but I would argue, open-source security means connecting in ways that create longer lasting security effect.

Here's another example. This is a US Navy warship. It's called the Comfort. There's a sister ship called the Mercy. They are hospital ships. This one, the Comfort, operates throughout the Caribbean and the coast of South America conducting patient treatments. On a typical cruise, they'll do 400,000 patient treatments. It is crewed not strictly by military but by a combination of humanitarian organizations: Operation Hope, Project Smile. Other organizations send volunteers. Interagency physicians come out. They're all part of this.

To give you one example of the impact this can have, this little boy,eight years old, walked with his mother two days to come to the eye clinic put on by the Comfort. When he was fitted, over his extremely myopic eyes, he suddenly looked up and said, "Mama, veo el mundo." "Mom, I see the world." Multiply this by 400,000 patient treatments, this private-public collaboration with security forces, and you begin to see the power of creating security in a very different way.

Here you see baseball players. Can you pick out the two US Army soldiers in this photograph? They are the two young men on either side of these young boys. This is part of a series of baseball clinics, where we have explored collaboration between Major League Baseball, the Department of State, who sets up the diplomatic piece of this, military baseball players, who are real soldiers with real skills but participate in this mission, and they put on clinics throughout Latin America and the Caribbean, in Honduras, in Nicaragua, in all of the Central American and Caribbean nations where baseball is so popular, and it creates security. It shows role models to young men and women about fitness and about life that I would argue help create security for us.

Another aspect of this partnership is in disaster relief. This is a US Air Force helicopter participating after the tsunami in 2004 which killed 250,000 people. In each of these major disasters -- the tsunami in 2004,250,000 dead, the Kashmiri earthquake in Pakistan,2005,85,000 dead, the Haitian earthquake, about 300,000 dead, more recently the awful earthquake-tsunami combination which struck Japan and its nuclear industry -- in all of these instances, we see partnerships between international actors, interagency, private-public working with security forces to respond to this kind of natural disaster. So these are examples of this idea of open-source security.

We tie it together, increasingly, by doing things like this. Now, you're looking at this thinking, "Ah, Admiral, these must be sea lanes of communication, or these might be fiber optic cables." No. This is a graphic of the world according to Twitter. Purple are tweets. Green are geolocation. White is the synthesis. It's a perfect evocation of that great population survey, the six largest nations in the world in descending order: China, India, Facebook, the United States, Twitter and Indonesia. (Laughter)

Why do we want to get in these nets? Why do we want to be involved? We talked earlier about the Arab Spring, and the power of all this. I'll give you another example, and it's how you move this message.

I gave a talk like this in London a while back about this point. I said, as I say to all of you, I'm on Facebook. Friend me. Got a little laugh from the audience. There was an article which was run by AP, on the wire. Got picked up in two places in the world: Finland and Indonesia. The headline was: NATO Admiral Needs Friends. (Laughter) Thank you. (Applause) Which I do. (Laughter)

And the story was a catalyst, and the next morning I had hundreds of Facebook friend requests from Indonesians and Finns, mostly saying, "Admiral, we heard you need a friend, and oh, by the way, what is NATO?" (Laughter)

So ... (Laughter)

Yeah, we laugh, but this is how we move the message, and moving that message is how we connect international, interagency, private-public, and these social nets to help create security.

Now, let me hit a somber note. This is a photograph of a brave British soldier. He's in the Scots Guards. He's standing the watch in Helmand, in southern Afghanistan. I put him here to remind us, I would not want anyone to leave the room thinking that we do not need capable, competent militaries who can create real military effect. That is the core of who we are and what we do, and we do it to protect freedom, freedom of speech, all the things we treasure in our societies.

But, you know, life is not an on-and-off switch. You don't have to have a military that is either in hard combat or is in the barracks.

I would argue life is a rheostat. You have to dial it in, and as I think about how we create security in this 21st century, there will be times when we will apply hard power in true war and crisis, but there will be many instances, as we've talked about today, where our militaries can be part of creating 21st-century security, international, interagency, private-public, connected with competent communication.

I would close by saying that we heard earlier today about Wikipedia. I use Wikipedia all the time to look up facts, and as all of you appreciate, Wikipedia is not created by 12 brilliant people locked in a room writing articles. Wikipedia, every day, is tens of thousands of people inputting information, and every day millions of people withdrawing that information. It's a perfect image for the fundamental point that no one of us is as smart as all of us thinking together. No one person, no one alliance, no one nation, no one of us is as smart as all of us thinking together.

The vision statement of Wikipedia is very simple: a world in which every human being can freely share in the sum of all knowledge. My thesis for you is that by combining international, interagency, private-public, strategic communication, together, in this 21st century, we can create the sum of all security.

Thank you. (Applause)

Thank you very much. Thank you. Thank you. (Applause)

オープンソース・セキュリティについて少しお話します 我々は今世紀のうちに安全保障についてよく知っておく必要があるからです 我々は今世紀のうちに安全保障についてよく知っておく必要があるからです

まずは20世紀を振り返って その頃の安全保障が どのように機能していたかを 見てみましょう

これはフランスの戦跡 ヴェルダンです ベルギーにあるNATO本部の すぐ北です 1916年 ヴェルダンでは300日間に渡り ― 70万人が戦死しました 1日当たり約2千人になります

さらに時間を第二次世界大戦まで進めて 20世紀の安全保障を見ていきましょう スターリングラード攻防戦では 300日間で200万人が戦死しました

冷戦時代に入ってからも 我々は壁を築こうとし続けます 第一次世界大戦における塹壕戦にはじまり 第二次世界大戦ではマジノ線 ― 冷戦時代は 鉄のカーテンとベルリンの壁です 壁は役に立ちません

現代の我々に必要なのは安全保障のために壁を作ることではなく 橋を架けることだと 私は考えます これはヨーロッパでは有名な橋で ボスニア・ヘルツェゴビナにあります ドリナ川に架かる橋で イヴォ・アンドリッチの小説の主題になりました 小説で語られるのは バルカン諸国または欧州でもとりわけ紛争の多いこの地域で これまで 壁を大規模に築いてきたことです ここ10年で我々が目にしているのは これらの共同体が ゆっくりと ― 1つになろうとする姿です

私が強調したいのはオープンソース・セキュリティとは 国家や省庁 官民の間をつなぎ 主にソーシャル・ネットワークを用いた ― 戦略的コミュニケーションを通して 結びつけることだという点です

なぜその必要があるかというと 国際公共財が多方面からの攻撃に 晒されているからです そして その脅威の源は 壁を築いても解消できません

さて 私は海軍の軍人です この船は定期船でインド洋を航行していますが この写真でおかしいところはどこでしょう 船側に鉄条網が付けてあるのです 海賊の攻撃を防ぐためです 海賊行為は現在 大きな脅威です これはインド洋の例ですが 海賊の活動はマラッカ海峡でも活発です ギニア湾やカリブ海でも 見られます 海賊は地球規模の輸送システムに 毎年100億ドルの損害を与えています 昨年は6月までに船舶20隻 ― 乗員500名が人質になっています これは国際公共財への攻撃です 対策を考えなければなりません

さらには実際の海ではなく情報の海 ― サイバースペースに目を向けましょう 写真に写っている この2人の若者は 現在 投獄されています 2人はクレジットカード詐欺に関わり 被害総額は 100億ドルを超えます 毎年 2兆ドルの損害を世界経済に与えている ― サイバー犯罪の一端です 2兆ドルとは イギリスの国内総生産額に迫る金額です サイバースペースは ご存じの通り 徹底した開放性の屋台骨の一つですが ここもまた脅威に晒されています

国際公共財について さらに心配なことは 違法売買 すなわち 違法薬物であるアヘンの取引による脅威です アフガニスタンを起点に欧州を経由し アメリカに至ります アフガニスタンを起点に欧州を経由し アメリカに至ります アンデス山脈北部産の コカインも心配です 違法な武器の輸送と取引も不安材料です とりわけ懸念されるのは 人身売買と それにともなう非常に大きな犠牲です 違法売買は主に海上で行われますが 他の領域でも見られます

ご覧の写真は 本来であれば「違法売買を止めるために使う ― 米国海軍のハイテク装備です」と 紹介したいところですが 残念ながら 麻薬カルテルが使用する半潜水艇です 南米のジャングルで建造されました この潜水艦を こんなローテクのボートで捕えたのです ― (笑) 6トンのコカインを運んでいました 4人乗りで高度な通信傍受性能をもちます 麻薬や人 武器 あるいは 大量破壊兵器の売買は 国際公共財に対する脅威です

アフガニスタンを取り上げて話をまとめましょう これはアフガニスタンのケシ畑です 世界中の80~90パーセントのケシや アヘン ヘロインがアフガニスタンで作られています そこには当然テロリズムがつきものです ここはアルカイダの本拠地です その上 暴動も根強く存在します こういったテロリズムへの懸念も 国際公共財の一部であり 対策が必要です

これが我々が生きる21世紀です 前世紀の手段は役に立ちません どうしたらいいでしょうか?

私は 武力だけで安全を保障するのは 難しいと考えています 銃だけに頼っていては安全を確保できないのです 軍事力の行使に工夫を加える必要が出てくるでしょう しかも適切にやらなければなりません

一方 私の主張はこうですオープンソース・セキュリティとは 国家 省庁 民間と公的機関を1つに結びつけるために インターネット上の戦略的コミュニケーションという発想を利用することなのです

オープンソース・セキュリティがうまく機能した例を紹介します ここはアフガニスタンです彼らはアフガン兵です 全員 本を持っています こうおっしゃるかもしれません「それはおかしい ― 確かアフガニスタンでは20~30代の若者の大部分が 非識字層だと どこかで読みましたが」

確かにそうです

治安部隊に入隊する若者の 85パーセントは文字が読めません その理由は タリバンが教育の機会を与えなかったからです それも 彼らが読み書きを学ぶべき時期にです それも 彼らが読み書きを学ぶべき時期にです

それでは なぜ ― みんな 本を持って整列しているのでしょうか 答えは 我々が読み方を教えているからです NATOによる教養課程や 民間セクターの協力や 政府開発機関との協力を通して指導しています これまで20万人をはるかに超えるアフガン治安部隊員に 初歩的な読み書きを教えてきました

アフガニスタンでは読み書きができるようになると ポケットにペンを挿すのが 普通です だから修了式では 彼らは大きな誇りをもってペンを受け取り ポケットに挿すのです この事業では 関係する50か国と ― 政府開発機関および官民が集結して このような形で安全保障を実現しているのです

もちろん戦闘技術も指導していますが オープンソース・セキュリティの意義は 長期的な安全保障の効果を生み出すために 連携することにあるのです

2つめの例です これはアメリカ海軍所属の 軍艦コンフォートです 姉妹艦はマーシーです 2隻は病院船です コンフォートは ― カリブ海と南米沿岸で 診療を行なっています 一度の航海で およそ40万件の治療をします 乗務員は 正確には軍人ではありません 人道支援組織であるオペレーション・ホープや プロジェクト・スマイルが共同で乗務します 他の組織もボランティアを派遣しています 政府機関の内科医もいます みんなこの活動に一役買っています

活動の効果を事例から見てみましょう この少年は8才です 母親と2日間 歩いて ― コンフォート内の眼科へやってきました この子は極度の近視でした眼鏡をかけると すぐに顔を上げて こう言いました "Mama, veo el mundo." ― 「ママ 世界が見えるよ」と 40万件の治療のたびに このような場面 ― このような官民と治安部隊との協力関係が見られるとすれば これまでとは異なる安全保障の ― パワーに 皆さんも気づくでしょう

彼らは野球選手です この中に 2人のアメリカ陸軍兵士がいるのが わかりますか? 子どもたちの両脇にいる2人がそうです これは野球教室の一環です この教室を通して我々が協働を試みたのは メジャーリーグ ― 外交面を担当する国務省 ― 外交面を担当する国務省 ― 軍所属の野球選手達です彼らは本物の兵士で ― 優れた技能をもっていますがこの任務に参加して ラテンアメリカやカリブ海地域で野球教室を開いています ラテンアメリカやカリブ海地域で野球教室を開いています そしてホンジュラスやニカラグアといった 中米およびカリブ海諸国などの 野球の人気が高い地域で安全保障を生み出しています 野球の人気が高い地域で安全保障を生み出しています この野球教室を通して 体づくりや人生に関する模範を若者に示すことができるので ― 結果として我々にとっての安全保障を生むと考えています

こんな共同作業の別の側面が 災害支援で見られます これは支援に加わったアメリカ空軍のヘリコプターです 2004年に25万人が犠牲になった津波の直後です 大規模な災害 たとえば ―25万人が死亡した この2004年の津波や 2005年に8万5千人が死亡したパキスタン カシミール地方の地震 2005年に8万5千人が死亡したパキスタン カシミール地方の地震 およそ30万人が死亡したハイチの地震 さらに最近では日本の国土と原子力産業を襲った 巨大地震と津波など ― これらの場面で見られたのは 関係各国 政府機関 ― 官民が治安部隊と協力して 自然災害に対応する協力関係です これがオープンソース・セキュリティの考え方です

我々はこのような活動を通して徐々に結びつきを作っています 皆さんはいま 画面を見てこう考えているかも知れません ― 「提督 これは海上交通路ですね それとも光ファイバーケーブル網でしょうか」 違います これはTwitterから見た世界を図で示したものです 紫の線はツイート 緑は位置情報を表します 白はこれらを統合したものです まるで大規模な人口調査のようです 世界の6大共同体を順に見ると 中国 インド Facebook ― アメリカ合衆国 Twitter インドネシア です (笑)

なぜ我々は この網の目に加わって ― 関わりたいと思うのでしょうか? 先ほど アラブの春とそのパワーについて 聞いていただきました もう1つの例は メッセージの伝え方についてです

以前 このことについて ― ロンドンで講演した時に私はこう言いました 「Facebookに登録しました 友達になってください」 観客からは少し笑いが起きました AP通信が記事を配信し 世界の2か所で取り上げられました フィンランドとインドネシアです 見出しはこうです 「NATO司令官が友達募集中」 (笑) ありがとうございます (拍手) その通りです (笑)

この記事が発端になって 翌朝には何百もの 友達リクエストを受け取りました インドネシアとフィンランドの人達からです ほとんどの人が書いたことは「提督 友達になってほしいと聞きました ― ところでNATOって何ですか?」(笑)

だから... (笑)

みんな笑いますがこれがメッセージを伝えるということなのです そしてメッセージを伝えるということは 国家 省庁 官民とソーシャルメディアを どう結びつけて安全保障を生み出すかということなのです

次は少し深刻な話題です これはイギリス兵の写真です 彼は近衛歩兵連隊所属です アフガニスタン南部 ヘルマンドでの 監視任務中です この兵士をお見せしたのは 適性があって有能で確実に軍事的効果をあげられる兵士が 不要だという誤解があってはならないと 考えたからです それが我々軍人の存在意義かつ使命であり 身体や言論の自由といったこの社会が尊重する全てのものを 守るために行動しているからです

ただ人生には明確に割り切れないこともあります 軍隊も 必ずしも ― 戦闘中か 兵舎にいるかのどちらかである必要はありません

私は 人生は可変抵抗器のようなものだと考えています ダイヤルで調節する必要があります 21世紀の安全保障の方法を考えた場合 ― 本物の戦争や危機では 軍事力を行使する場面もあるでしょうが 今日 お話してきたように 多くの場面で軍隊が担いうるのは ― 21世紀の安全保障 すなわち効果的な伝達手段を活用した ― 21世紀の安全保障 すなわち効果的な伝達手段を活用した ― 国家 省庁 官民の 協力関係を生み出す役割です

最後にウィキペディアについて話します 私は調べ物をするのに いつも使います 誰もが知る通り ウィキペディアは 12人の秀才が部屋に缶詰めになって記事を書いているわけではありません 12人の秀才が部屋に缶詰めになって記事を書いているわけではありません ウィキペディアでは毎日何万もの人が記事を書き 毎日何百万もの人がその情報を 利用しています これは みんなの知識を合わせれば誰よりも賢くなれるという 大切な考え方を 完璧に表しています 1人の人間も 1組の同盟関係も 1つの国家も 1つである限り みんなで考えたことには勝てません

ウィキペディアのビジョン・ステートメントは率直です 「あらゆる知識の集積を ― 誰もが自由に利用することのできる世界」 私の主張はこうです 国家や省庁や ― 官民の間の戦略的コミュニケーションを ― 組み合わせることで 21世紀中に我々は あらゆる安全の集大成を生み出せるはずです

ありがとう (拍手)

どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画