TED日本語 - シーラ・エルワージー: 非暴力で戦う方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シーラ・エルワージー: 非暴力で戦う方法

TED Talks

非暴力で戦う方法
Fighting with non-violence
シーラ・エルワージー
Scilla Elworthy

内容

正々堂々と暴力に対抗するには?平和活動家のシーラ・エルワージーが見識と人間味に溢れる話を通して、我々が国や個人として身につける必要がある、力に頼らずに激しい暴力と戦う方法を教えてくれます。アウン・サン・スー・チー、マハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラといった歴史に名を刻む英雄たち、そして彼らの平和的抗議活動を支えた哲学を例に挙げながら、彼女は非暴力の力とその理由について語ります。(撮影 TEDxエクセター)

Script

In half a century of trying to help prevent wars, there's one question that never leaves me: How do we deal with extreme violence without using force in return? When you're faced with brutality, whether it's a child facing a bully on a playground or domestic violence -- or, on the streets of Syria today, facing tanks and shrapnel, what's the most effective thing to do? Fight back? Give in? Use more force?

This question: "How do I deal with a bully without becoming a thug in return?" has been with me ever since I was a child. I remember I was about 13, glued to a grainy black and white television in my parents' living room as Soviet tanks rolled into Budapest, and kids not much older than me were throwing themselves at the tanks and getting mown down. And I rushed upstairs and started packing my suitcase.

And my mother came up and said, "What on Earth are you doing?"

And I said, "I'm going to Budapest."

And she said, "What on Earth for?"

And I said, "Kids are getting killed there. There's something terrible happening."

And she said, "Don't be so silly." And I started to cry. And she got it, she said, "Okay, I see it's serious. You're much too young to help. You need training. I'll help you. But just unpack your suitcase."

And so I got some training and went and worked in Africa during most of my 20s. But I realized that what I really needed to know I couldn't get from training courses. I wanted to understand how violence, how oppression, works. And what I've discovered since is this: Bullies use violence in three ways. They use political violence to intimidate, physical violence to terrorize and mental or emotional violence to undermine. And only very rarely in very few cases does it work to use more violence.

Nelson Mandela went to jail believing in violence, and 27 years later he and his colleagues had slowly and carefully honed the skills, the incredible skills, that they needed to turn one of the most vicious governments the world has known into a democracy. And they did it in a total devotion to non-violence. They realized that using force against force doesn't work.

So what does work? Over time I've collected about a half-dozen methods that do work -- of course there are many more -- that do work and that are effective. And the first is that the change that has to take place has to take place here, inside me. It's my response, my attitude, to oppression that I've got control over, and that I can do something about.

And what I need to develop is self-knowledge to do that. That means I need to know how I tick, when I collapse, where my formidable points are, where my weaker points are. When do I give in? What will I stand up for? And meditation or self-inspection is one of the ways -- again it's not the only one -- it's one of the ways of gaining this kind of inner power.

And my heroine here -- like Satish's -- is Aung San Suu Kyi in Burma. She was leading a group of students on a protest in the streets of Rangoon. They came around a corner faced with a row of machine guns. And she realized straight away that the soldiers with their fingers shaking on the triggers were more scared than the student protesters behind her. But she told the students to sit down. And she walked forward with such calm and such clarity and such total lack of fear that she could walk right up to the first gun, put her hand on it and lower it. And no one got killed.

So that's what the mastery of fear can do -- not only faced with machine guns, but if you meet a knife fight in the street. But we have to practice. So what about our fear? I have a little mantra. My fear grows fat on the energy I feed it. And if it grows very big it probably happens.

So we all know the three o'clock in the morning syndrome, when something you've been worrying about wakes you up -- I see a lot of people -- and for an hour you toss and turn, it gets worse and worse, and by four o'clock you're pinned to the pillow by a monster this big. The only thing to do is to get up, make a cup of tea and sit down with the fear like a child beside you. You're the adult. The fear is the child. And you talk to the fear and you ask it what it wants, what it needs. How can this be made better? How can the child feel stronger? And you make a plan. And you say, "Okay, now we're going back to sleep. Half-past seven, we're getting up and that's what we're going to do."

I had one of these 3 a.m. episodes on Sunday -- paralyzed with fear at coming to talk to you. (Laughter) So I did the thing. I got up, made the cup of tea, sat down with it, did it all and I'm here -- still partly paralyzed, but I'm here.

(Applause)

So that's fear. What about anger? Wherever there is injustice there's anger. But anger is like gasoline, and if you spray it around and somebody lights a match, you've got an inferno. But anger as an engine -- in an engine -- is powerful. If we can put our anger inside an engine, it can drive us forward, it can get us through the dreadful moments and it can give us real inner power.

And I learned this in my work with nuclear weapon policy-makers. Because at the beginning I was so outraged at the dangers they were exposing us to that I just wanted to argue and blame and make them wrong. Totally ineffective. In order to develop a dialogue for change we have to deal with our anger. It's okay to be angry with the thing -- the nuclear weapons in this case -- but it is hopeless to be angry with the people. They are human beings just like us. And they're doing what they think is best. And that's the basis on which we have to talk with them.

So that's the third one, anger. And it brings me to the crux of what's going on, or what I perceive as going on, in the world today, which is that last century was top-down power. It was still governments telling people what to do. This century there's a shift. It's bottom-up or grassroots power. It's like mushrooms coming through concrete. It's people joining up with people, as Bundy just said, miles away to bring about change.

And Peace Direct spotted quite early on that local people in areas of very hot conflict know what to do. They know best what to do. So Peace Direct gets behind them to do that. And the kind of thing they're doing is demobilizing militias, rebuilding economies, resettling refugees, even liberating child soldiers. And they have to risk their lives almost every day to do this. And what they've realized is that using violence in the situations they operate in is not only less humane, but it's less effective than using methods that connect people with people, that rebuild.

And I think that the U.S. military is finally beginning to get this. Up to now their counter-terrorism policy has been to kill insurgents at almost any cost, and if civilians get in the way, that's written as "collateral damage." And this is so infuriating and humiliating for the population of Afghanistan, that it makes the recruitment for al-Qaeda very easy, when people are so disgusted by, for example, the burning of the Koran.

So the training of the troops has to change. And I think there are signs that it is beginning to change. The British military have always been much better at this. But there is one magnificent example for them to take their cue from, and that's a brilliant U.S. lieutenant colonel called Chris Hughes. And he was leading his men down the streets of Najaf -- in Iraq actually -- and suddenly people were pouring out of the houses on either side of the road, screaming, yelling, furiously angry, and surrounded these very young troops who were completely terrified, didn't know what was going on, couldn't speak Arabic. And Chris Hughes strode into the middle of the throng with his weapon above his head, pointing at the ground, and he said, "Kneel." And these huge soldiers with their backpacks and their body armor, wobbled to the ground. And complete silence fell. And after about two minutes, everybody moved aside and went home.

Now that to me is wisdom in action. In the moment, that's what he did. And it's happening everywhere now. You don't believe me? Have you asked yourselves why and how so many dictatorships have collapsed over the last 30 years? Dictatorships in Czechoslovakia, East Germany, Estonia, Latvia, Lithuania, Mali, Madagascar, Poland, the Philippines, Serbia, Slovenia, I could go on, and now Tunisia and Egypt. And this hasn't just happened. A lot of it is due to a book written by an 80-year-old man in Boston, Gene Sharp. He wrote a book called "From Dictatorship to Democracy" with 81 methodologies for non-violent resistance. And it's been translated into 26 languages. It's flown around the world. And it's being used by young people and older people everywhere, because it works and it's effective.

So this is what gives me hope -- not just hope, this is what makes me feel very positive right now. Because finally human beings are getting it. We're getting practical, doable methodologies to answer my question: How do we deal with a bully without becoming a thug? We're using the kind of skills that I've outlined: inner power -- the development of inner power -- through self-knowledge, recognizing and working with our fear, using anger as a fuel, cooperating with others, banding together with others, courage, and most importantly, commitment to active non-violence.

Now I don't just believe in non-violence. I don't have to believe in it. I see evidence everywhere of how it works. And I see that we, ordinary people, can do what Aung San Suu Kyi and Ghandi and Mandela did. We can bring to an end the bloodiest century that humanity has ever known. And we can organize to overcome oppression by opening our hearts as well as strengthening this incredible resolve.

And this open-heartedness is exactly what I've experienced in the entire organization of this gathering since I got here yesterday. Thank you.

(Applause)

戦争防止の助けになろうと活動してきたこの半世紀 常に考えてきたことがあります 力に頼ることなく どうやって 激しい暴力に対抗すればいいのか 暴力を目の当たりにすると それが学校の子供のいじめでも 家庭内暴力でも シリアの町中で 戦車や榴散弾を目前にした時でも 何が一番効果的なのかと考えます 戦うのか 屈するのか 上回る力を使うのか

どうしたら正々堂々と 暴力に対抗できるのかと 子供の頃から考えています 私が13歳の頃の話ですが 実家のリビングにあった白黒テレビに釘付けになったのを憶えています ソ連軍の戦車がブダペストに侵攻し 私と同じような年頃の子供たちが その戦車に自ら身を投じ ひき殺されていました 私は二階に駆け上がり スーツケースに荷物を詰めました

母が上がって来て言いました 「一体何をやっているの?」

私は言いました「ブダペストに行く」と

「一体何のために?」と母は言いました

「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました 「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました

母は「馬鹿な事を言わないで」と言いました 私は泣き出しました 私の気持ちを理解した母は言いました 「深刻なのは分かったけれど あなたは子供だから助けられない まずは勉強しなさい 私も助けるから でも荷物は片付けなさい」

そこで 私は勉強して アフリカに行き 20代のほとんどをそこで働きました でも 学校は 本当に必要なことを 教えてくれなかったことに気づきました 私が理解したかったのは 暴力や抑圧の仕組みです その後 私はこんなことを発見しました 抑圧に使われる暴力には3種類ある 脅かすための政治的暴力 支配するための肉体的暴力 自信を失わせるための精神的・感情的暴力 それを上回る暴力を使っても 成功するのは ごく希です

ネルソン・マンデラは暴力を信じたために投獄されました その後の27年間 彼とその仲間達は ゆっくりと用心深く 技を磨きました 驚異的な技を身につけて 世界史上 最も悪質と言われた政府の 民主化に成功しました 彼らは非暴力を貫いて それを成し遂げました 力に力で対抗しても効果が無いことに 彼らは気づいたのです

では 効果的な方法とは? これまでに 私は半ダースほどの 効果的な方法を集めました もちろん 他にも方法はあります 最初に必要なのは 変化を起こすことです ここを変えるのです 自分の内面です 自分がコントロールでき 変えることができるのは 抑圧に対する 自分の反応や態度です

それには自分を知る必要があります 自分が何に反応し どんな時にくじけるのか 自分が人より優れているのは何か 人より劣っているのは何か どんな時に諦めて どんな時に立ち上がるのか 瞑想や自己分析は そのような内なるパワーを得るひとつの方法です そのような内なるパワーを得るひとつの方法です もちろん これはあくまでも ひとつの方法です

これについてはサティシと同じように ミャンマーのアウン・サン・スー・チーを崇拝しています 彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です 彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です ある角を曲がると機関銃を構えた部隊がいました 彼女はすぐに気づきました 兵士達の引き金にかけた指が震えていたのです 彼女の後ろにいる学生達よりも兵士達は怯えていました 彼女は学生達に座るように言いました そして 彼女は冷静に何のためらいもなく 何の恐れもなく 前へ進み出て 先頭の兵士に歩み寄り 機関銃に手を置き銃口を下げさせました そのお陰で 誰も死にませんでした

恐怖を克服すれば そんなことができます 相手が機関銃ではなく 町中の刃物の争いでも同じです でも それには鍛錬が必要です では どう恐怖に向き合うのか 私は いつも自分に言い聞かせます 恐怖は 自分が注ぐ エネルギーによって肥大化する そして 大きくなりすぎれば 現実になる可能性がある と

午前3時症候群は皆さんもご存じですよね? 心配ごとがあると真夜中に目が覚める 皆さん経験があるようですね 1時間ほど寝返りを打ったりしていると どんどん眠れなくなって 4時頃には こんな大きなモンスターに 頭を押さえつけられている気分です そんな時にできるのは 起き上がって お茶をいれて 子供が隣にいるようなつもりで恐怖と共に座ることです 自分が大人で 恐怖が子供です そして恐怖に語りかけるのです 何が欲しいのか どうして欲しいのか訊ねるのです どうしたら大丈夫になる? どうしたら心配じゃなくなるの? と それから計画を立てて 「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます 「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます

私は日曜日にこれを経験しました ここに来て話をするのが怖かったからです (笑) そこで これをやりました 起き上がってお茶をいれて座ってと 全部やりました そうして今ここにいますまだ少し 怖いですけどね

(拍手)

それが恐怖ですでは怒りはどうでしょう? 不正がある場所には必ず怒りがあります 怒りはガソリンのようなものです まき散らして 誰かがマッチを擦ったら 大火災になります しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます 前進する力になります 恐ろしい時を乗り越える 内なる力を与えてくれます

私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です 私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です 私も最初は激怒しました 政治家が我々を危険にさらしていることに怒り 議論し 彼らに罪を着せ悪者にしようとしました でも全く役に立ちませんでした 変化のための対話を持つには 怒りをコントロールする必要があります 何かに怒りを感じるのは当然です この場合は核兵器です しかし相手に対して怒ったら望みはありません 彼らも我々と同じ人間です 彼らも自分たちが最善と思うことをやっているのです それを基本に話を進めなければだめです

それが第3のポイントである怒りです そして一番重要なのは 今日の世界で起きている変化です 今日の世界で起きている変化です 20世紀は権力に押さえ込まれていました 政府が国民にどうしろと命令していたのです しかし今世紀に入って変化がありました 一人ひとりからの草の根的パワーが生まれました まるでコンクリートを突き破って生えてくるキノコのようです 先ほどのバンディの話にあったように遠く離れた人々が手を結び 変化を起こそうとしています

ピースダイレクトはかなり早い時期に 激しい紛争地域で最も有効な手段を 知っているのは 現地住民だということに気づきました そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました 例えば 市民軍の解体や 経済の再建 難民の定住化 少年兵の解放などです 彼らは日々 命を危険にさらしながら この活動を続けています それを通して彼らは気づきました そのような場所で暴力を使う事は 非人道的であるばかりか 効果がなく 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると

アメリカ軍もこれに ようやく気づいたのだと思います これまでの彼らの反テロ政策は テロ活動をつぶすことがメインで その妨害になるなら例え民間人でも 「巻き添え被害」として片付けてきました だから アフガニスタンの人々は 侮辱を感じ 激しく怒ったのです それがアルカイダのリクルートを容易にしました 例えば コーランを燃やすなどの行為は 激しい反感を生みました

ですから軍隊の訓練方法も変えなければなりません 変わってきていると思いますが この点では イギリス軍の方がずっと優れています しかし 彼らがそれを始めたのもある人物を見習ったからです それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です 彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 突然 道の両側の家から大勢の人々が出てきました 叫び声を上げて ものすごく怒った人々が 恐怖におののく若い兵士達を取り囲んだのです 彼らは何が起きたのか分かりませんアラビア語も話せません すると クリス・ヒュースはその群衆の真ん中に歩み出て 武器を頭上に掲げ 地面に突き立てると 「ひざまずけ」と命令しました 防弾チョッキを着て荷物を背負った 大きな兵士達は よろよろと地面にひざまづきました 辺りは静寂に包まれました そして2分ほど経過すると 人々は道をあけて 家へと戻っていきました

非常に賢い行動だと思います 彼は瞬時に判断して実行しました 今 こんな事が様々な場所で起きています 信じられませんか? この30年間で これほど多くの独裁政権が崩壊した理由を 考えたことがありますか? チェコスロバキア 東ドイツ エストニア ラトビア リトアニア マリ マダガスカル ポーランド フィリピン セルビア スロベニア そして チュニジアやエジプト これはただ起きたわけではなく 一冊の本がきっかけでした ボストンにいる80歳の男性が書いた本です ジーン・シャープは「独裁から民主主義へ」という本に 非暴力で抵抗する81種類の方法を書きました この本は26カ国語に翻訳され 世界中に急速に広がりました 世界中の若者から お年寄りまでが彼の方法論を実践しているのです 効果的で成功するからです

これに私は希望を感じます 希望を感じるだけではなく 非常に勇気づけられています ついに人間は手に入れたのです 私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 現実的で 実践できる方法論を手に入れたのです 先ほどお話しした 技を使い始めたのです 自分を知ることによる内なるパワーの獲得です 恐怖を認め 向き合うこと 怒りを燃料として使うこと 他人に協力すること 共に手を結ぶこと 勇気 そして 最も重要なのは非暴力を貫くこと です

私は非暴力をただ信じているのではありません 信じる必要もありません その力の証拠はあらゆる場所にあります 私たちのような普通の人間が アウン・サン・スー・チーやガンジーやマンデラのような行動を起こしています 私たちの手で 世界史上 最もひどい流血の時代を終わらせることができるのです 心を開いて 決意を固く持ち 繋がることで 抑圧を終わらせることができるのです

そして この心を開くという事こそが この集まりの中で行われている事だと昨日から私は感じています ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画