TED日本語 - シャフィ・メイサー: 汚職撲滅の新戦略

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャフィ・メイサー: 汚職撲滅の新戦略

TED Talks

汚職撲滅の新戦略
A new way to fight corruption
シャフィ・メイサー
Shaffi Mather

内容

1298番救急車を運営するシャフィ・メイサーが、社会起業家に転身した理由を語ります。彼には今、行政に蔓延する汚職と賄賂をともに撲滅する新たなアイデアがあり、事業化を計画中です。

Script

The anger in me against corruption made me to make a big career change last year, becoming a full-time practicing lawyer. My experiences over the last 18 months, as a lawyer, has seeded in me a new entrepreneurial idea, which I believe is indeed worth spreading. So, I share it with all of you here today, though the idea itself is getting crystallized and I'm still writing up the business plan. Of course it helps that fear of public failure diminishes as the number of ideas which have failed increases.

I've been a huge fan of enterprise and entrepreneurship since 1993. I've explored, experienced, and experimented enterprise and capitalism to my heart's content. I built, along with my two brothers, the leading real estate company in my home state, Kerala, and then worked professionally with two of India's biggest businessmen, but in their startup enterprises. In 2003, when I stepped out of the pure play capitalistic sector to work on so-called social sector issues, I definitely did not have any grand strategy or plan to pursue and find for-profit solutions to addressing pressing public issues.

When life brought about a series of death and near-death experiences within my close circle, which highlighted the need for an emergency medical response service in India, similar to 911 in USA. To address this, I, along with four friends, founded Ambulance Access for All, to promote life-support ambulance services in India. For those from the developing world, there is nothing, absolutely nothing new in this idea. But as we envisioned it, we had three key goals: Providing world-class life support ambulance service which is fully self-sustainable from its own revenue streams, and universally accessible to anyone in a medical emergency, irrespective of the capability to pay. The service which grew out of this, Dial 1298 for Ambulance, with one ambulance in 2004, now has a hundred-plus ambulances in three states, and has transported over 100,000 patients and victims since inception.

The service is -- (Applause) fully self-sustainable from its own revenues, without accessing any public funds, and the cross-subsidy model actually works, where the rich pays higher, poor pays lower, and the accident victim is getting the service free of charge. The service responded effectively and efficiently, during the unfortunate 26/11 Mumbai terror attacks. And as you can see from the visuals, the service was responding and rescuing victims from the incident locations even before the police could cordon off the incident locations and formally confirm it as a terror strike. We ended up being the first medical response team in every incident location and transported 125 victims, saving life.

(Applause)

In tribute and remembrance of 26/11 attacks over the last one year, we have actually helped a Pakistani NGO, Aman Foundation, to set up a self-sustainable life support ambulance service in Karachi, facilitated by Acumen Fund.

(Applause)

It's a small message from us, in our own small way to the enemies of humanity, of Islam, of South Asia, of India, and of Pakistan, that humanity will continue to bloom, irrespective of such dastardly attacks. Since then I've also co-founded two other social enterprises. One is Education Access for All, setting up schools in small-town India. And the other is Moksha-Yug Access, which is integrating rural supply chain on the foundations of self-help group-based microfinance. I guess we seem to be doing at least a few things right. Because diligent investors and venture funds have committed over 7.5 million dollars in funding. With the significance being these funds have come in as a QT capital, not as grant or as philanthropy.

Now I come back to the idea of the new social enterprise that I'm exploring. Corruption, bribes, and lack of transparency. You may be surprised to know that eight speakers yesterday actually mentioned these terms in their talks. Bribes and corruption have both a demand and a supply side, with the supply side being mostly of greedy corporate unethical businesses and hapless common man. And the demand side being mostly politicians, bureaucrats and those who have discretionary power vested with them.

According to World Bank estimate,one trillion dollars is paid in bribes every year, worsening the condition of the already worse off. Yet, if you analyze the common man, he or she does not wake up every day and say, "Hmm, let me see who I can pay a bribe to today." or, "Let me see who I can corrupt today." Often it is the constraining or the back-to-the-wall situation that the hapless common man finds himself or herself in that leads him to pay a bribe. In the modern day world, where time is premium and battle for subsistence is unimaginably tough, the hapless common man simply gives in and pays the bribe just to get on with life.

Now, let me ask you another question. Imagine you are being asked to pay a bribe in your day-to-day life to get something done. What do you do? Of course you can call the police. But what is the use if the police department is in itself steeped in corruption? Most definitely you don't want to pay the bribe. But you also don't have the time, resources, expertise or wherewithal to fight this. Unfortunately, many of us in this room are supporters of capitalist policies and market forces.

Yet the market forces around the world have not yet thrown up a service where you can call in, pay a fee, and fight the demand for a bribe. Like a bribe buster service, or 1-800-Fight-Bribes, or www.stopbribes.org or www.preventcorruption.org. Such a service simply do not exist. One image that has haunted me from my early business days is of a grandmother,70 plus years, being harassed by the bureaucrats in the town planning office. All she needed was permission to build three steps to her house, from ground level, making it easier for her to enter and exit her house. Yet the officer in charge would not simply give her the permit for want of a bribe. Even though it pricked my conscience then, I could not, or rather I did not tend to her or assist her, because I was busy building my real estate company. I don't want to be haunted by such images any more.

A group of us have been working on a pilot basis to address individual instances of demands for bribes for common services or entitlement. And in all 42 cases where we have pushed back such demands using existing and legitimate tools like the Right to Information Act, video, audio, or peer pressure, we have successfully obtained whatever our clients set out to achieve without actually paying a bribe. And with the cost of these tools being substantially lower than the bribe demanded. I believe that these tools that worked in these 42 pilot cases can be consolidated in standard processes in a BPO kind of environment, and made available on web, call-center and franchise physical offices, for a fee, to serve anyone confronted with a demand for a bribe. The target market is as tempting as it can get. It can be worth up to one trillion dollars, being paid in bribes every year, or equal to India's GDP. And it is an absolutely virgin market.

I propose to explore this idea further, to examine the potential of creating a for-profit, fee-based BPO kind of service to stop bribes and prevent corruption. I do realize that the fight for justice against corruption is never easy. It never has been and it never will be. In my last 18 months as a lawyer, battling small- and large-scale corruption, including the one perpetrated by India's biggest corporate scamster. Through his charities I have had three police cases filed against me alleging trespass, impersonation and intimidation. The battle against corruption exacts a toll on ourselves, our families, our friends, and even our kids. Yet I believe the price we pay is well worth holding on to our dignity and making the world a fairer place.

What gives us the courage? As my close friend replied, when told during the seeding days of the ambulance project that it is an impossible task and the founders are insane to chalk up their blue-chip jobs, I quote: "Of course we can not fail in this, at least in our own minds. For we are insane people, trying to do an impossible task. And an insane person does not know what an impossible task is." Thank you.

(Applause)

Chris Anderson: Shaffi, that is a really exciting business idea. Shaffi Mather: I just have to get through the initial days where I don't get eliminated.

(Laughter)

CA: What's on your mind? I mean, give us a sense of the numbers here -- a typical bribe and a typical fee. I mean, what's in your head?

SM: So let me ... Let me give you an example. Somebody who had applied for the passport. The officer was just sitting on it and was demanding around 3,000 rupees in bribes. And he did not want to pay. So we actually used the Right to Information Act, which is equal to the Freedom of Information Act in the United States, and pushed back the officers in this particular case. And in all these 42 cases, when we kept pushing them back, there was three kinds of reaction. A set of people actually say, "Oh, let me just grant it to them, and run away from it." Some people actually come back and say, "Oh, you want to screw me. Let me show you what I can do." And he will push us back. So you take the next step, or use the next tool available in what we are putting together, and then he relents. By the third time, in all 42 cases, we have achieved success.

CA: But if it's a 3, 000-rupee, 70-dollar bribe, what fee would you have to charge, and can you actually make the business work?

SM: Well, actually the cost that we incurred was less than 200 rupees. So, it actually works.

CA: That's a high gross margin business. I like it.

(Laughter)

SM: I actually did not want to answer this on the TED stage.

CA: OK, so these are provisional numbers, no pricing guarantee. If you can pull this off, you will be a global hero. I mean, this could be huge. Thank you so much for sharing this idea at TED.

(Applause)

汚職に対する憤りが 一大転機となり、 私は昨年、弁護士に転職しました。 この18ヵ月に渡る 弁護士経験から、 起業のアイデアが生まれました。 勿論それは世に広めるに 値すると確信しています。 そこで今日この場にいらっしゃる皆さんに まだ計画の段階ですが、 披露したいと思います。 汚職を防いだ事例を挙げることで、 社会に対する不安を 減らしたいと思います。

私は事業を興すのに夢中になっていました。 1993年からのことです。 企業と資本主義の活動を 思う存分に 探究し、経験し、試してきました。 私は兄弟2人と 故郷のケララ州に大手不動産会社を設立し、 そこで本格的に インドの大物ビジネスマン2人と、 新規事業でしたが、仕事を始めました。 2003年に私は事業から身を引いて いわゆる社会問題に取り組むことにしました。 しかし差し迫った諸問題への取り組みから 収益を出す壮大な戦略も、 計画なども私には 全くありませんでした。

しかし人命に関わる 出来事が私の身近なところで 立て続けに起きて、 私が痛切に感じたのは インドにもアメリカの911番のような 救急医療サービスが必要だということです。 これに取り組むべく私は友人4人と Ambulance Access for Allと名付けた 救命救急サービスを立ち上げました。 発展途上国の人にとって、 これは何も珍しいアイデアではありません。 ただ私達は設立を思い描いた時、 3つの重要な目標を定めました。 世界基準の救急サービスを 収益の範囲で運営すること。 誰もが緊急事態の際に 利用可能であること。 そして支払能力を問わないことです。 こうして始まった 1298番救急車は、 2004年当時は救急車1台でしたが 今では3つの州で100台以上の救急車が、 10万人を超える病人や負傷者を 搬送するまでに成長しました。

このサービスは(拍手) 助成金に頼ることなく自身の 収益のみで運営を賄っており、 助成金モデルを超えた運営をしています。 富裕層には割増料金、貧困層には割引料金、 事故の被害者は無料にしているのです。 このサービスは効果的 かつ効率的に機能し、 11月26日にムンバイで起きてしまった テロ事件でも役割を果たしました。 映像からお分かりのとおり、 私達は現場に駆けつけて 負傷者の救助にあたり、 警察がテロ事件と断定して 現場を封鎖する直前まで 救助活動を続けました。 結果的に私達は、どの現場にも 真っ先に到着した救急チームとして 計125人を搬送し、 命を救うことができました。

(拍手)

11月26日に発生した テロ事件から 1年を追悼して、 私達はパキスタンのNGOである アマン財団の、 自立型救命救急サービス設立支援をカラチで アキュメン基金の助力を得て実施しました。

(拍手)

これは私達からのささやかなメッセージです。 ささやかながらも私達なりの 人類の敵に対する、 イスラムの、南アジアの、 インドの、そしてパキスタンの敵への。 思いやりはますます育まれ、 卑劣なテロには屈しません。 私は他に社会企業2つを共同設立しました。 1つはEducation Access for Allで、 インドの小さな町に学校を建てました。 もう1つはNoksha-Yug Acceesで、 農村地域の物流を統合することを目的に マイクロファイナンスに基づく自助組織財団から基金を受けました。 少なくとも幾つかの事業は上手くやれていると思っています。 なぜならば熱心な投資家やベンチャーファンドから 750万ドルを超える投資が寄せられています。 こうした資金の重要性は、 助成金や慈善活動ではなく、QTキャピタルとして提供されることにあります。

さて、私がやろうとしている新しい社会企業のアイデアに 話を戻しましょう。 汚職、賄賂、透明性の欠如が話の核です。 昨日の講演者8人が この話題に触れたので、またかと 思うかもしれません。 賄賂と汚職は、需要と供給の両面があります。 供給の側には、非倫理的な商売をする 強欲な企業と、 不運な一般大衆がいます。 そして需要の側には、 自由裁量が与えられた 主に政治家や官僚がいます。

世界銀行の推計によると 毎年1兆ドルが賄賂として支払われ、 既に悪い状況を いっそう悪化させています。 けれども一般大衆を見てみると、 何の疑いをもつこともなく日々 「うーん、今日は誰に賄賂を渡そう」とか、 「今日は誰を買収しよう」と言っています。 抑圧や追い込まれた状況こそが、 賄賂をそこかしこで渡すことに つながっているのです。 今日、時間は貴重で 生存競争は途方もなく厳しいので、 不運な一般大衆は毎日を 精一杯生きるため、言いなりになって賄賂を渡すしかないのです。

さて、ここで別の質問をしたいと思います。 毎日の暮らしに必要なことのために 賄賂を要求されたと想像して下さい。 皆さんどうしますか。勿論、警察に通報するという手もあります。 でも、警察自体が汚職に手を染めていたとしたら、どうなるでしょうか。 ほとんどの人は当然ながら賄賂なんて渡したくありません。 しかし多くの人には、賄賂の要求と 時間も、作戦も、経験もありません。 この場にいる私達の多くは生憎と 資本主義と市場原理に賛成の立場です。

けれども世界を取り巻く市場原理には、 通報ができ、手数料を払い、賄賂の要求と 戦うサービスはまだありません。 賄賂撲滅サービスのような、 1-800-Fight-Bribes や www.stopbribes.org や www.preventcorruption.org のような。 そのようなサービスは存在しないのです。 私の脳裏から離れないものに、 働き始めて間もない頃ですが 70歳を超えた祖母の姿があります。 都市計画局の役人にほとほと困っていました。 祖母はただ、家と外との間の出入りを 容易にするため、地面から3段ばかりの 階段を作る許可をもらおうとしていましたが、 けれども担当の役人は賄賂欲しさに 許可を出さないのです。 良心が痛みましたが 祖母に付き合うことも 手伝うこともできませんでした。いや、しなかったのです。 不動産会社の立ち上げにかまけていたのです。 そんな思いは、もうまっぴらです。

私達のグループは、 公共サービスを受けたり公共の権利を行使するのに賄賂を 要求される個々の事例に、試験的に取り組んできました。 私達は42の事例すべてで、 既存の合法的手段である 情報公開法や 録画、音声記録や周囲からの圧力で 顧客が必要としたものはすべて、 賄賂を払うことなく手にしました。 しかもこの手段をとるためのコストは、 賄賂より安く済みます。 これら42の試験事例で効果のあった手段は 標準手法として確立されたと確信しており、 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)環境の下、 ウェブやコールセンターや フランチャイズ方式のオフィスで、 賄賂の要求に遭った誰もが手数料だけで利用できます。 対象の市場は、そこからの収益と同じだけの魅力があります。 その規模は賄賂として渡される 年間1兆ドルにも達するのです。 これはインドのGDPに匹敵します。 しかも競争相手が全くいないマーケットです。

私はこのアイデアにいっそうの検討を加え、 営利を生み出す可能性を吟味し、 手数料型BPOサービスに仕立て上げて 賄賂を止めさせ、 汚職を無くします。 正義のためとは言え、汚職と戦うことは 決して容易くないと百も承知です。 これまでも、そして、これからも。 18ヵ月の弁護士活動で、 大小さまざまな汚職と戦ってきました。 なかにはインドの大企業が犯した詐欺事件もあります。 この企業は何と 慈善団体を介して、私を3件の容疑で警察に、 不法侵入、詐称、脅迫で訴えました。 汚職との戦いは、 まさに自分達自身を、 家族、友人、子供達までを巻き添えにします。 けれどもこの犠牲は自身の 尊厳を保ち、いっそう公平な世界をもたらすのに必ずや見合います。

何が私達に勇気をくれるのでしょうか。 近しい友人に言われたのですが 救急車プロジェクトを進めている際に、 そんなできっこない仕事を 一流企業にするなんて非常識な創業者だと言われたので、 その言葉を引用して言い返しました。「勿論失敗するはずないさ。 少なくとも自分達の考えでは。 自分達は非常識だから できっこないことをやるんだ。 それに非常識だから、何ができっこないか分からないしね」と。有難うございました。

(拍手)

クリス・アンダーソン(CA):シャフィさん、本当にワクワクするアイデアですよ。 シャフィ・メイザー(SM):計画倒れで終わらないよう、軌道にのせなきゃいけないんです。

(笑い)

CA:どのようにするつもりですか。 つまり、大体の数字の感覚を教えて下さい。 賄賂と手数料の典型的な額の。どのようなお考えですか。

SM:そ、そうですね。一例を挙げましょう。 パスポートを作った人がいました。 役人は黙って 3000ルピーの賄賂を要求しました。 本人に払う気はありません。 そうすると私達は ちょうどアメリカの情報公開法に相当するインドの 情報公開法を行使し、具体的事例を示して役人に抵抗します。 42の事例では、 抵抗を続けていると 3つの反応がありました。 関係した役人達が 「さっさと渡して、もう関わるんじゃない」と言うもの。 なかには戻って来て 「俺を困らせたいのか。どうなるか見せてやる」と言って 抵抗するのもいます。 そうなったら次の段階に移るか、別の方法と 組み合わせることで 向こうが折れます。 3回目までには、42の事例すべてで成功しました。

CA:しかし、3000ルピーもしくは70ドルの賄賂だとして、 手数料はいくらですか。 利益は出るのですか。

SM:ええ、実際に私たちが負担するコストは 200ルピーにも満たないです。 それで効き目があるのです。

CA:粗利の高い商売ですね。いいなぁ。

(笑い)

SM:詳しくはこの場ではお答えしかねます。

CA:分かりました。あくまでも目安で、値段が決まっているわけではないですね。 もしこれを首尾よくやってのけたら、 あなたは世界中で英雄ですよ。それほど影響力があります。 TEDでアイデアを披露していただいて、有難うございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画