TED日本語 - デービッド・キャメロン: 政府の新時代

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - デービッド・キャメロン: 政府の新時代

TED Talks

政府の新時代
The next age of government
デービッド・キャメロン
David Cameron

内容

英保守党党首のデービッド・キャメロン氏は、私達は新しい時代に突入していると説く。政府の権力と財力が低下する、一方、国民がテクノロジーによって更に権限を得る新時代だ。行動経済学の理論を利用して、このような傾向をいかにして賢明な政策に発展させられるかについてキャメロン氏は探る。

Script

Someone once said that politics is, of course, "showbiz for ugly people." So, on that basis, I feel like I've really arrived. The other thing to think of is what an honor it is, as a politician, to give a TED talk, particularly here in the U.K., where the reputation of politics, with the expenses scandal, has sunk so low.

There was even a story recently that scientists had thought about actually replacing rats in their experiments with politicians. And someone asked," Why?" and they said, "Well, there's no shortage of politicians, no one really minds what happens to them and, after all, there are some things that rats just won't do." (Laughter)

Now, I know you all love data, so I'm starting with a data-rich slide. This, I think, is the most important fact to bear in mind in British politics or American politics, and that is: We have run out of money. We have vast budget deficits. This is my global public debt clock, and, as you can see, it's 32 trillion and counting.

And I think what this leads to is a very simple recognition, that there's one question in politics at the moment above all other, and it's this one: How do we make things better without spending more money? Because there isn't going to be a lot of money to improve public services, or to improve government, or to improve so many of the things that politicians talk about. So what follows from that is that if you think it's all about money -- you can only measure success in public services in health care and education and policing by spending more money, you can only measure progress by spending money -- you're going to have a pretty miserable time.

But if you think a whole lot of other things matter that lead up to well being -- things like your family relationships, friendship, community, values -- then, actually, this is an incredibly exciting time to be in politics. And the really simple argument I want to make tonight, the really straightforward argument is this: That if we combine the right political philosophy, the right political thinking, with the incredible information revolution that has taken place, and that all of you know so much more about than I do, I think there's an incredible opportunity to actually remake politics, remake government, remake public services, and achieve what's up on that slide, which is a big increase in our well-being. That's the argument I want to make tonight.

So, starting with the political philosophy. Now I'm not saying for a minute that British Conservatives have all the answers. Of course we don't. But there are two things at heart that I think drive a conservative philosophy that are really relevant to this whole debate. The first is this: We believe that if you give people more power and control over their lives, if you give people more choice, if you put them in the driving seat, then actually, you can create a stronger and better society. And if you marry this fact with the incredible abundance of information that we have in our world today, I think you can completely, as I've said, remake politics, remake government, remake your public services.

The second thing we believe is we believe in going with the grain of human nature. Politics and politicians will only succeed if they actually try and treat with people as they are, rather than as they would like them to be. Now, if you combine this very simple, very conservative thought -- go with the grain of human nature -- with all the advances in behavioral economics, some of which we were just hearing about, again, I think we can achieve a real increase in well-being, in happiness, in a stronger society without necessarily having to spend a whole lot more money.

Now, why do I think now is the moment to make this argument? Well, I'm afraid you're going to suffer a short, condensed history lesson about what I would say are the three passages of history: the pre-bureaucratic age, the bureaucratic age and what we now live in, which I think is a post-bureaucratic age. A simpler way of thinking of it is that we have gone from a world of local control, then we went to a world of central control, and now we're in a world of people control. Local power, central power, now, people power.

Now, here is King Cnut, king a thousand years ago. Thought he could turn back the waves; couldn't turn back the waves. Couldn't actually turn back very much, because if you were king a thousand years ago, while it still took hours and hours and weeks and weeks to traverse your own country, there wasn't much you were in charge of. You weren't in charge of policing, justice, education, health, welfare. You could just about go to war and that was about it. This was the pre-bureaucratic age, an age in which everything had to be local. You had to have local control because there was no nationally-available information because travel was so restricted. So this was the pre-bureaucratic age.

Next part of the cold history lesson, the lovely picture of the British Industrial Revolution. Suddenly, all sorts of transport, travel information were possible, and this gave birth to, what I like to call, the bureaucratic age. And hopefully this slide is going to morph beautifully. There we are. Suddenly, you have the big, strong, central state. It was able -- but only it was able -- to organize health care, education, policing, justice. And it was a world of, as I say, not local power, but now central power. It had sucked all that power up from the localities. It was able to do that itself.

The next great stage, which all of you are so familiar with: the massive information revolution. Just consider this one fact: One hundred years ago, sending these 10 words cost 50 dollars. Right now, here we are linked up to Long Beach and everywhere else, and all these secret locations for a fraction of that cost, and we can send and receive huge quantities of information without it costing anything. So we're now living in a post-bureaucratic age, where genuine people power is possible.

Now, what does this mean for our politics, for our public services, for our government? Well I can't, in the time I've got, give huge numbers of examples, but let me just give a few of the ways that life can change. And this is so obvious, in a way, because you think about how all of you have changed the way we shop, the way we travel, the way that business is done. That is already happened; the information and Internet revolution has actually gone all the way through our societies in so many different ways, but it hasn't, in every way, yet touched our government.

So, how could this happen? Well, I think there are three chief ways that it should make an enormous difference: in transparency, in greater choice and in accountability, in giving us that genuine people power. If we take transparency, here is one of my favorite websites, the Missouri Accountability Portal. In the old days, only the government could hold the information, and only a few elected people could try and grab that information and question it and challenge it. Now here, on one website,one state in America, every single dollar spent by that government is searchable, is analyzable, is checkable.

Think of the huge change that means: Any business that wants to bid for a government contract can see what currently is being spent. Anyone thinking, "I could do that service better, I could deliver it cheaper," it's all available there. We have only, in government and in politics, started to scratch the surface of what people are doing in the commercial world with the information revolution. So, complete transparency will make a huge difference. In this country, if we win the election, we are going to make all government spending over 25,000 pounds transparent and available online, searchable for anyone to see. We're going to make every contract -- we're announcing this today -- available on the Internet so anyone can see what the terms are, what the conditions are, driving huge value for money, but also huge increases, I believe, in well-being as well.

Choice. Now you all shop online, compare online, do everything online, and yet this revolution has hardly touched the surface of public services like education, or health care or policing, and you're going to see this change massively. We should be making this change with the information revolution in our country, with searchable health sites, so you can see what operations work out properly, what records doctors have, the cleanliness of hospitals, who does best at infection control -- all of the information that would once be locked in the Department of Health is now available for all of us to see.

And the third of these big changes: accountability. This, I think, is a huge change. It is a crime map. This is a crime map from Chicago. So, instead of having a situation where only the police have the information about which crimes are committed where, and we have to employ people in government to try and hold the police to account, suddenly, we've got this vast opportunity for people power, where we, as citizens, can see what crimes are being committed -- where, when and by whom -- and we can hold the police to account. And you can see this looks a bit like a chef's hat, but actually that's an assault, the one in blue. You can see what crime is committed where, and you have the opportunity to hold your police force to account. So those three ways -- transparency, accountability and choice -- will make a huge difference.

Now I also said the other principle that I think we should work on is understanding of people, is recognizing that going with the grain of human nature you can achieve so much more. Now, we're got a huge revolution in understanding of why people behave in the way that they do, and a great opportunity to put that knowledge and information to greater use. We're working with some of these people. We're being advised by some of these people, as was said, to try and bring all the experience to book.

Let me just give you one example that I think is incredibly simple, and I love. We want to get people to be more energy efficient. Why? It cuts fuel poverty, it cuts their bills, and it cuts carbon emissions at the same time. How do you do it? Well, we've had government information campaigns over the years when they tell you to switch off the lights when you leave the home. We even had -- one government minister once told us to brush our teeth in the dark. I don't think they lasted very long. Look at what this does. This is a simple piece of behavioral economics. The best way to get someone to cut their electricity bill is to show them their own spending, to show them what their neighbors are spending, and then show what an energy conscious neighbor is spending. That sort of behavioral economics can transform people's behavior in a way that all the bullying and all the information and all the badgering from a government can not possibly achieve. Other examples are recycling. We all know we need to recycle more. How do we make it happen? All the proof from America is that actually, if you pay people to recycle, if you give them a carrot rather than a stick, you can transform their behavior.

So what does all this add up to? Here are my two favorite U.S. speeches of the last 50 years. Obviously, here we have JFK with that incredibly simple and powerful formulation, "Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country," an incredibly noble sentiment. But when he made that speech, what could you do to build the stronger, better society? You could fight for your country, you could die for your country, you could serve in your country's civil service, but you didn't really have the information and the knowledge and the ability to help build the stronger society in the way that you do now.

And I think an even more wonderful speech, which I'm going to read a big chunk of, which sums up what I said at the beginning about believing there is more to life than money, and more that we should try and measure than money. And it is Robert Kennedy's beautiful description of why gross national product captures so little: It "does not allow for the health of our children, the quality of their education, or the joy of their play. It does not include the beauty of our poetry or the strength of our marriages, the intelligence of our public debate. It measures neither our wit nor our courage, neither our wisdom nor our learning, neither our compassion nor our devotion to our country. It measures everything, in short, except that which makes life worthwhile."

Again, a sentiment that was so noble and beautifully put 40 years ago, and a beautiful dream 40 years ago, but now with the huge advances in information technology, with the massive changes in behavioral economics, with all that we know about how you advance well-being, that if we combine those insights of giving power to people, and using information to make that possible, and using the insight of going with the grain of human nature, while at the same time, understanding why people behave in the way they do, it is a dream more easy to realize today than it was when it was made in that beautiful speech 40 years ago.

Thank you. (Applause)

誰かが「政治とは、醜い人々のショービジネスだ」と言ったことがありますが その点 私は既に成功を収めたと言ってよいでしょう 他に私が政治家として誇りに思うことは 経費スキャンダルなどで すっかり政治の評判が落ちたここイギリスでTEDの講演が出来ることでしょう

最近では 科学者達が実験用のネズミの代用として 政治家を使おうって話も出ているくらいです それで「何故?」と聞かれた科学者達が言うには 「まあ 政治家は余るほどいるし 彼らに何があっても誰も気にしない それにやっぱりネズミですらやらないこともあるから」だと (笑)

さて 皆さんデータがお好きですから まずデータ豊富なスライドで始めましょう 私が思うには 現在のイギリスやアメリカの政治に於いて 最も重要視すべき事実とは 簡単に言うとお金がないということです 私達は巨額の借金を抱えています これは私の「世界公債時計」ですが 見ての通り 32兆ドルを超え増え続けています

この時計の数字が私達に示すことは 非常にシンプルです つまりこれからの私達の政治に課せられた最も大切な課題は いかに無駄にお金を使わず状況を改善するかということです 現状では公共サービスや行政 その他 政治家が論じている諸問題を改善するための 予算が十分にないからです そのような状況で すべてはお金次第だ 医療福祉 教育 治安維持における公共サービスの成功や 発展はお金を注ぎ込まなくてはできない といった考えにしがみついていては 惨めな結果をみることになるでしょう

しかし国民の福利に繋がるその他様々の事柄 例えば 家族関係や友人関係 地域コミュニティや価値観などを考えてみれば 今 政治に関わるのはなかなか面白いと言えます そこで今夜私が皆さんにお話したいのは 本当にシンプルで単刀直入な意見です 途方もない情報革命が起こっているのは 皆さんの方がよく知っていると思いますが それに見合った政治哲学と考え方を合わせたら 実際に政治を作り変えて 政府と公共サービスを立て直す 素晴らしいチャンスになると思うのです そしてこのスライドにあるような「私達の生活に於ける幸せ」を大きく向上する ことができるはずです それが今夜のテーマです

では まず政治哲学の話から始めましょう と言っても 私は英保守党にすべての答えがあると言っているわけではありません 実際 私達にすべての答えはありません しかし根本的には2つのことが保守党の機動力となっていて 今夜のテーマにも大きく関係しているのだと思います まず私達が信じているのは 人々にもっと権限と自分の生活を管理する力を与え より多くの選択肢を提供し 国民に指揮を取ってもらえば 実際に社会はより強固で良いものになるということです そしてその事実を 今 世界中に溢れている情報と合わせれば 先に申し上げた通り 政治 政府 公共サービスを立て直せると思うのです

2つ目は人間の本質と関わることですが 政治や政治家が成功する唯一のやり方は 理想の国民を想定して対応するのではなく ありのままの国民に対応する努力をすることだと確信しています この単純明快で保守的な 人間性とも通じる思想を 最近話題になっているものも含めた最新の行動経済学の進歩 最新の行動経済学の進歩と合わせれば 暮らしや幸せにおける顕著な向上 そしてより健全な社会を 予算を無駄に注ぎ込むことなく達成できると思うのです

さて なぜ「今」このような議論をするのかお話しましょう そのためには 要約した簡単な歴史を話さなければいけないので申し訳ありませんが 政治史は 大まかに3つに分けることができると考えています 官僚政治時代前 官僚政治時代 そして今私達が暮らしていると思うのが官僚政治時代後です もっと簡単な考え方で言えば 地方政治の世界から 中央集権的な世界になり 現在は人々が政治をコントロールする時代に辿り着いたわけです 地方の力 中央の力 そして今は人々の力です

さて これはクヌート王です 千年以上前の王様です 寄せる波も止められると思ったのですが出来ませんでした 実際のところ大したことが出来ない状況でした 千年前の王の時代では 自国を縦断するだけでまだ何時間も何週間もかかる状態で 把握や管理出来る事など殆どなかったからです 当時の王様は治安維持 司法 教育 医療 福祉などの管理はせず 戦争を起こすくらいしかできませんでした これが官僚政治時代前で 何もかも現地で行なわれなくてはならなかった時代です 交通の便が悪く全国的に入手できる情報がなかったため 地方ごとで管理をしなくてはならなかったのです これが官僚政治時代前の話です

次の歴史的事実のレッスンは イギリス産業革命の素晴らしい様子です 突然交通の便が良くなり 旅行も情報交換も可能になり 私の言うところの「官僚政治時代」が始まります そしてこのスライドはうまく変化するはずなんですが・・・ああ しましたね にわかに強大な中央集権的国家が生まれ 医療管理 教育 治安維持 司法の組織化が これだけですが できるようになりました そしてこれは申し上げた通り地方分権でなく中央集権です 中央機構は地方の権力をすべて吸収しました 中央ですべての管理ができたのです

次の時代は皆さんもよく知っている 大規模な情報革命です ちょっと考えてみて下さい 百年前 この10文字を送信するのに50ドルかかっていました それが今では私たちはロングビーチからその他あらゆる場所まで 秘密の場所にさえもほんの僅かなコストで繋がっていて 大量の情報を送受信することも お金をかけずにできます つまり私達は人々が本当に力を持つことのできる 官僚政治時代後に生きていると言えます

それでは私達の政治や公共サービス そして政府にとってこれはどのような意味を持つのでしょう この限られた時間ではたくさんの例を挙げることはできませんが それでも私達の生活がどのような影響を受けるかいくつか考えてみましょう 私達の買い物や旅行やビジネスのやり方が いかに変化したかを考えれば その影響は明らかとも言えます これらは既に起こったことで 情報とインターネットの革命は私達の社会の隅々まであらゆる形で見受けられます しかし政府にはあらゆる形で浸透しているわけではありません

ではどうしたらいいでしょうか 私は大きな変化をもたらすアプローチは主に3つあると思います 「透明性」「選択肢の拡大」そして「説明責任」の3つで これによって人々に真の権限を与えることができると思います 「透明性」については 気に入っているウェブサイトがあるのでご紹介します ミズーリ州説明責任ポータルです 昔は 政府だけが情報を握り 管理していましたから その中容を確認し質問をして異議申し立てができるのも 選ばれた数少ない人間のみでした しかしこのアメリカの州のウェブサイトでは その州政府が使ったすべての税金について 検索ができ 分析やチェックもできるのです

これがどのくらい大きな変化を意味するか考えてみて下さい 公共事業等 政府からの受注に入札したいと考えるすべての会社が 現状での予算を知ることが出来ます もっと良いサービスができる またはもっと安く提供できると考える者は ここで情報を得ることが出来ます とはいえ情報革命をもとにビジネス界で起こっていることに比べれば 政府や政界では まだこれは始まったばかりです だからこそ真の「透明性」が実現されればその影響は計り知れません 英国では もし私達保守党が選挙に勝ったら 政府の支出項目で2万5千ポンド以上のものすべてを オンラインで公開し 誰でもチェックできるようにする予定です そして今日初めて発表しますが すべての政府の発注に関しても その内容や条件を 誰もがインターネットで見ることができるようにします コストパフォーマンスを高めるだけでなく 私達の暮らしも大きく向上させると思います

次に「選択」についてです 最近では買い物や商品比較など 皆さん何でもインターネットでしていますが 教育 医療福祉 治安活動など 公共サービスに於ける革命はまだまだ表面上のものに留まっています しかし今後極めて大きな変化を目の当たりにすることになるでしょう 私達は国内での情報革命を利用しての この変化を起こしていくべきだと思います 例えば 検索可能な医療のウェブサイトで手術の結果や 医師に関する情報 病院の衛生情報 どの病院の感染対策が一番かなど 今までは保健省内でしか得られなかった情報を公開し 一般に公開するなどです

次に3つ目の「説明責任」についてです これはかなり大きな変化だと思うのですが 「犯罪地図」です これはシカゴのものです 例えばこのシステムによって、どこでどのような犯罪が起きているのか 情報を握っているおかげで 政府の人間を使って 警察の責任追及をしなければならない状況を このシステムを使って改善し いつどこで誰がどのような 犯罪を犯しているかという情報をもとに あっという間に市民は 警察の説明責任を問う力を持つことが出来るのです ここにコック帽のような青いアイコンがありますが これは暴行事件を示してます このようにどんな犯罪がどこで起きているか確認できます 同時に皆さんは警察の説明責任を問う機会を得るのです このように「透明性」「説明責任」そして「選択肢の拡大」が 大きな変化をもたらします

さて 私は先にもう1つの理念で 人々を理解し 人間の性質をふまえれば もっと多くのことを成し遂げることができると 認めることが必要だという話をしました 今私達は 人間の行動学について 革命的な進歩を目の当たりにしています これはその知識と情報をより多目的に活用するチャンスでもあります 私達は何人かの行動学の専門家と協力体制を取っています すべての物事の因果関係を明確にする試みをするよう そのような専門家から助言を受けています

ここで 私の気に入っている非常に分かりやすい例を挙げさせて下さい 私達は人々にもっと省エネな暮らしをして欲しいと願っています そうすることで光熱費を減少し 同時に燃料不足の解決や 炭素排出の減少もできるからです それをどう可能にするか? 政府は長年にわたって啓蒙活動を行い 外出するときには家の電気を消しましょうと謳ってきました 歯を磨くのに電気をつける必要はないと ある大臣が云ったこともありました まあそれはあまり長続きしなかったと思いますが でもこれを見て下さい これはとてもシンプルな行動経済学です 電気代を減らさせるのに一番有効な方法は 現状で自分がいくら支払っているのか 近所の人たちはいくら支払っているのか そして 省エネ意識の強3044人はいくら支払っているのかを見せることです こういった行動経済学は 政府がガミガミ言ったり意義を訴えたり やいやい注意しても 到底変わらなかった人々の行動を 変えさせることができます 他の例で言うと リサイクル活動があります もっとリサイクルしなければならないことは誰でも分かっています でもどうやって実際にリサイクルさせるか? 実はアメリカで実証されたのですがお金を払ってリサイクルしてもらえば 要するに 鞭ではなく飴を差し出せば 人々の行動を変えることができるのです

つまりこれらはどういうことなのでしょう? 過去50年間のアメリカのスピーチの中で私が好きなのはこの2つです まずは 皆さんご存知のシンプル且つ力強い ジョン・F・ケネディのスピーチです 「自分のために国が何をしてくれるかを問うのではなく 自分は国のために何ができるかを問うてください」 実に高潔な言葉ですね しかし実際ケネディがこの演説をしたとき より良い健全な社会を作るために何が出来たでしょう? 国の為に戦うことも出来れば 死ぬことも出来たでしょう 国の為に公務員として働くことも出来たかもしれない しかしこの時代には 今皆さんが手にしているような より健全な社会を作る為に必要な十分な情報や知識はありませんでした

そこで J・F・ケネディの演説をも上回る素晴らしい 演説の一部分を朗読したいと思います このロバート・ケネディによるスピーチは 私が始めにお話ししたように 人生はお金がすべてでなく お金以外にも推し計るべきものがあると説いています GNPがいかに真実の断片のみしか 捉えていないか見事に説明しています GNPは「子供達の健康を考慮に入れておらず 教育の質も遊ぶことの愉しみも含んでいない」 「それは詩的表現の美しさも夫婦の真価も 国民議論にみられる知性も表していない」 「GNPは私達の機知も勇気も 知恵も学んだことも ましてや私達の愛国心も慈悲さえも計らない」 「GNPが示すところは結局 人生に意味を与えるもの以外のことだけである」

これもまた40年前に完璧に表現された立派な言葉です 40年前の美しい理想です でも現代私たちには情報技術の素晴らしい進歩と 経済行動学の目覚ましい変化と 福祉を推進する知識があります それらの見識を組み合わせ 人が何をもとに行動するのか理解したうえで 人間の性質を踏まえ 情報を利用し 人々に権限を与えれば この40年前の素晴らしい演説で語られた理想は 今 私達の手で簡単に叶えられる状況にあるのです

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画