TED日本語 - ジェームス・ハンセン: なぜ気候変動について叫ばなければならなかったか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジェームス・ハンセン: なぜ気候変動について叫ばなければならなかったか

TED Talks

なぜ気候変動について叫ばなければならなかったか
Why I must speak out about climate change
ジェームス・ハンセン
James Hansen

内容

気候科学の第一人者のジェームス・ハンセンが彼自身がどのように地球温暖化の科学や議論に関わってきた話をします。この話のなかで温暖化が起こっている膨大な証拠を見せ、なぜこの証拠から彼が将来を非常に危惧しているのかを示します。

Script

What do I know that would cause me, a reticent, Midwestern scientist, to get myself arrested in front of the White House protesting? And what would you do if you knew what I know? Let's start with how I got to this point. I was lucky to grow up at a time when it was not difficult for the child of a tenant farmer to make his way to the state university.

And I was really lucky to go to the University of Iowa where I could study under Professor James Van Allen who built instruments for the first U.S. satellites. Professor Van Allen told me about observations of Venus, that there was intense microwave radiation. Did it mean that Venus had an ionosphere? Or was Venus extremely hot? The right answer, confirmed by the Soviet Venera spacecraft, was that Venus was very hot -- 900 degrees Fahrenheit. And it was kept hot by a thick carbon dioxide atmosphere.

I was fortunate to join NASA and successfully propose an experiment to fly to Venus. Our instrument took this image of the veil of Venus, which turned out to be a smog of sulfuric acid. But while our instrument was being built, I became involved in calculations of the greenhouse effect here on Earth, because we realized that our atmospheric composition was changing. Eventually, I resigned as principal investigator on our Venus experiment because a planet changing before our eyes is more interesting and important. Its changes will affect all of humanity.

The greenhouse effect had been well understood for more than a century. British physicist John Tyndall, in the 1850's, made laboratory measurements of the infrared radiation, which is heat. And he showed that gasses such as CO2 absorb heat, thus acting like a blanket warming Earth's surface.

I worked with other scientists to analyze Earth climate observations. In 1981, we published an article in Science magazine concluding that observed warming of 0.4 degrees Celsius in the prior century was consistent with the greenhouse effect of increasing CO2. That Earth would likely warm in the 1980's, and warming would exceed the noise level of random weather by the end of the century. We also said that the 21st century would see shifting climate zones, creation of drought-prone regions in North America and Asia, erosion of ice sheets, rising sea levels and opening of the fabled Northwest Passage. All of these impacts have since either happened or are now well under way.

That paper was reported on the front page of the New York Times and led to me testifying to Congress in the 1980's, testimony in which I emphasized that global warming increases both extremes of the Earth's water cycle. Heatwaves and droughts on one hand, directly from the warming, but also, because a warmer atmosphere holds more water vapor with its latent energy, rainfall will become in more extreme events. There will be stronger storms and greater flooding. Global warming hoopla became time-consuming and distracted me from doing science -- partly because I had complained that the White House altered my testimony. So I decided to go back to strictly doing science and leave the communication to others.

By 15 years later, evidence of global warming was much stronger. Most of the things mentioned in our 1981 paper were facts. I had the privilege to speak twice to the president's climate task force. But energy policies continued to focus on finding more fossil fuels. By then we had two grandchildren, Sophie and Connor. I decided that I did not want them in the future to say, "Opa understood what was happening, but he didn't make it clear." So I decided to give a public talk criticizing the lack of an appropriate energy policy.

I gave the talk at the University of Iowa in 2004 and at the 2005 meeting of the American Geophysical Union. This led to calls from the White House to NASA headquarters and I was told that I could not give any talks or speak with the media without prior explicit approval by NASA headquarters. After I informed the New York Times about these restrictions, NASA was forced to end the censorship. But there were consequences. I had been using the first line of the NASA mission statement, "To understand and protect the home planet," to justify my talks. Soon the first line of the mission statement was deleted, never to appear again.

Over the next few years I was drawn more and more into trying to communicate the urgency of a change in energy policies, while still researching the physics of climate change. Let me describe the most important conclusion from the physics -- first, from Earth's energy balance and, second, from Earth's climate history.

Adding CO2 to the air is like throwing another blanket on the bed. It reduces Earth's heat radiation to space, so there's a temporary energy imbalance. More energy is coming in than going out, until Earth warms up enough to again radiate to space as much energy as it absorbs from the Sun. So the key quantity is Earth's energy imbalance. Is there more energy coming in than going out? If so, more warming is in the pipeline. It will occur without adding any more greenhouse gasses.

Now finally, we can measure Earth's energy imbalance precisely by measuring the heat content in Earth's heat reservoirs. The biggest reservoir, the ocean, was the least well measured, until more than 3,000 Argo floats were distributed around the world's ocean. These floats reveal that the upper half of the ocean is gaining heat at a substantial rate. The deep ocean is also gaining heat at a smaller rate, and energy is going into the net melting of ice all around the planet. And the land, to depths of tens of meters, is also warming.

The total energy imbalance now is about six-tenths of a watt per square meter. That may not sound like much, but when added up over the whole world, it's enormous. It's about 20 times greater than the rate of energy use by all of humanity. It's equivalent to exploding 400,000 Hiroshima atomic bombs per day 365 days per year. That's how much extra energy Earth is gaining each day. This imbalance, if we want to stabilize climate, means that we must reduce CO2 from 391 ppm, parts per million, back to 350 ppm. That is the change needed to restore energy balance and prevent further warming.

Climate change deniers argue that the Sun is the main cause of climate change. But the measured energy imbalance occurred during the deepest solar minimum in the record, when the Sun's energy reaching Earth was least. Yet, there was more energy coming in than going out. This shows that the effect of the Sun's variations on climate is overwhelmed by the increasing greenhouse gasses, mainly from burning fossil fuels.

Now consider Earth's climate history. These curves for global temperature, atmospheric CO2 and sea level were derived from ocean cores and Antarctic ice cores, from ocean sediments and snowflakes that piled up year after year over 800,000 years forming a two-mile thick ice sheet. As you see, there's a high correlation between temperature, CO2 and sea level. Careful examination shows that the temperature changes slightly lead the CO2 changes by a few centuries. Climate change deniers like to use this fact to confuse and trick the public by saying, "Look, the temperature causes CO2 to change, not vice versa." But that lag is exactly what is expected.

Small changes in Earth's orbit that occur over tens to hundreds of thousands of years alter the distribution of sunlight on Earth. When there is more sunlight at high latitudes in summer, ice sheets melt. Shrinking ice sheets make the planet darker, so it absorbs more sunlight and becomes warmer. A warmer ocean releases CO2, just as a warm Coca-Cola does. And more CO2 causes more warming. So CO2, methane, and ice sheets were feedbacks that amplified global temperature change causing these ancient climate oscillations to be huge, even though the climate change was initiated by a very weak forcing.

The important point is that these same amplifying feedbacks will occur today. The physics does not change. As Earth warms, now because of extra CO2 we put in the atmosphere, ice will melt, and CO2 and methane will be released by warming ocean and melting permafrost. While we can't say exactly how fast these amplifying feedbacks will occur, it is certain they will occur, unless we stop the warming. There is evidence that feedbacks are already beginning. Precise measurements by GRACE, the gravity satellite, reveal that both Greenland and Antarctica are now losing mass, several hundred cubic kilometers per year. And the rate has accelerated since the measurements began nine years ago. Methane is also beginning to escape from the permafrost.

What sea level rise can we look forward to? The last time CO2 was 390 ppm, today's value, sea level was higher by at least 15 meters,50 feet. Where you are sitting now would be under water. Most estimates are that, this century, we will get at least one meter. I think it will be more if we keep burning fossil fuels, perhaps even five meters, which is 18 feet, this century or shortly thereafter.

The important point is that we will have started a process that is out of humanity's control. Ice sheets would continue to disintegrate for centuries. There would be no stable shoreline. The economic consequences are almost unthinkable. Hundreds of New Orleans-like devastations around the world. What may be more reprehensible, if climate denial continues, is extermination of species. The monarch butterfly could be one of the 20 to 50 percent of all species that the Intergovernmental Panel on Climate Change estimates will be ticketed for extinction by the end of the century if we stay on business-as-usual fossil fuel use.

Global warming is already affecting people. The Texas, Oklahoma, Mexico heatwave and drought last year, Moscow the year before and Europe in 2003, were all exceptional events, more than three standard deviations outside the norm. Fifty years ago, such anomalies covered only two- to three-tenths of one percent of the land area. In recent years, because of global warming, they now cover about 10 percent -- an increase by a factor of 25 to 50. So we can say with a high degree of confidence that the severe Texas and Moscow heatwaves were not natural; they were caused by global warming. An important impact, if global warming continues, will be on the breadbasket of our nation and the world, the Midwest and Great Plains, which are expected to become prone to extreme droughts, worse than the Dust Bowl, within just a few decades, if we let global warming continue.

How did I get dragged deeper and deeper into an attempt to communicate, giving talks in 10 countries, getting arrested, burning up the vacation time that I had accumulated over 30 years? More grandchildren helped me along. Jake is a super-positive, enthusiastic boy. Here at age two and a half years, he thinks he can protect his two and a half-day-old little sister. It would be immoral to leave these young people with a climate system spiraling out of control.

Now the tragedy about climate change is that we can solve it with a simple, honest approach of a gradually rising carbon fee collected from fossil fuel companies and distributed 100 percent electronically every month to all legal residents on a per capita basis, with the government not keeping one dime. Most people would get more in the monthly dividend than they'd pay in increased prices. This fee and dividend would stimulate the economy and innovations, creating millions of jobs. It is the principal requirement for moving us rapidly to a clean energy future.

Several top economists are coauthors on this proposition. Jim DiPeso of Republicans for Environmental Protection describes it thusly: "Transparent. Market-based. Does not enlarge government. Leaves energy decisions to individual choices. Sounds like a conservative climate plan."

But instead of placing a rising fee on carbon emissions to make fossil fuels pay their true cost to society, our governments are forcing the public to subsidize fossil fuels by 400 to 500 billion dollars per year worldwide, thus encouraging extraction of every fossil fuel -- mountaintop removal, longwall mining, fracking, tar sands, tar shale, deep ocean Arctic drilling. This path, if continued, guarantees that we will pass tipping points leading to ice sheet disintegration that will accelerate out of control of future generations. A large fraction of species will be committed to extinction. And increasing intensity of droughts and floods will severely impact breadbaskets of the world, causing massive famines and economic decline. Imagine a giant asteroid on a direct collision course with Earth.

That is the equivalent of what we face now. Yet, we dither, taking no action to divert the asteroid, even though the longer we wait, the more difficult and expensive it becomes. If we had started in 2005, it would have required emission reductions of three percent per year to restore planetary energy balance and stabilize climate this century. If we start next year, it is six percent per year. If we wait 10 years, it is 15 percent per year -- extremely difficult and expensive, perhaps impossible. But we aren't even starting.

So now you know what I know that is moving me to sound this alarm. Clearly, I haven't gotten this message across. The science is clear. I need your help to communicate the gravity and the urgency of this situation and its solutions more effectively. We owe it to our children and grandchildren.

Thank you.

(Applause)

私はホワイトハウスの前で 抗議して逮捕されました 中西部出身で 控え目な科学者の私が こうせざるを得ないような 何を知っていたのでしょうか? では もしみなさんが私と同じことを 知っていたらどうしたでしょうか? まずは私がどんな経緯でそんなことをすることになったのかをお話しします 恵まれたことに 私が育った時代は 借地で農業を営んでいる家の子供でも 州立大学に通うのが 難しくない時代でした

幸運にも アイオワ州立大学に通うと ジェームズ・ヴァン・アレン教授のもとで勉強できました アメリカ最初の衛星の 装置を作った人物です ヴァン・アレン教授は 火星では 強力なマイクロ波が放出されていると 教えてくれました この放出が意味するのは火星が電離圏で包まれているのか? それとも非常に熱い星なのか? この疑問の答えは ソビエト連邦のベネラ宇宙船に確認されて 火星が非常に熱い星と分かりました 華氏900度という高温です 火星が高温を維持しているのは 厚い二酸化炭素で覆われた大気層によるものです

恵まれたことに 私は NASA 職員になり火星への 試験探査の提案に成功しました 探査船の装置がこの画像を撮って 火星のベールをとり 火星は硫酸の霧で 包まれていることが分かりました この装置の組み立てを待つ間に 私はこの地球の 温室効果の算出にも 関わるようになりました NASA は地球の大気の構成が 変化していることに気が付いたからです 結果として 私は 火星試験探査の主任研究員の 職を退きました 目の前で変わっていく惑星の方に より関心があり 重要だからです 地球の様々な変化は人類全体に影響するものです

温室効果は1世紀以上にもわたり 十分に理解されています 1850年代に 英国の物理学者ジョン・チンダルは 研究室内で赤外線放射を 測定する方法を確立しました 赤外線放射は熱を意味します 彼は二酸化炭素のような気体が熱を吸収することを示し この吸収が地球の表面を温める布団のように 作用していると示しました

私は他の科学者とも共同研究して 地球気候変動の観察結果を分析しました そして1981年には サイエンス誌に研究論文を発表しました その結論は 過去1世紀で 気温が摂氏 0.4 度上昇した という現象が 増加した二酸化炭素量 が起こすと想定される温室効果の 計算値と一致するという結論でした 結論では地球は1980年代に恐らく気温上昇を迎えて 20世紀末には この気温上昇が 天気の変動が確率的誤差を 超えるだろうとしていました これに加えて 私たちの論文は 21世紀には 気候帯の変動が発生し 北米やアジアでは干ばつが― 頻発する地域ができて 氷床が浸食されて 海水面が上昇して 皆が挑戦した伝説の"北西航路"が開けると伝えていました 論文で報告した影響は全て もうすでに現実になったか もしくは進行中です

この論文はニューヨークタイムズに1面で取り上げられました そして― 1980年代に 環境の状況について 議会で証言することになりました 証言では 私は地球温暖化によって 地球の水分が循環するときの両極の現象の激しさを よりに顕著にすると伝えました 一方では気温上昇の直接的影響で 熱波と干ばつが発生し 他方では より高い温度の大気が 水蒸気を蓄積して より強い潜在エネルギーを持つため 降雨がより強烈な ものになると伝えました より強力な嵐が起こり より深刻な洪水を引き起こします 地球温暖化の騒動は 私の時間を 非常に多く取るものになって 科学に費やす時間を減らされました 私の証言を変えてしまった ホワイトハウスに抗議した為でもありました このため 私自身は科学に専念して 他の人たちに 社会へ報告していく活動を任せようと決めました

それから15年たった頃 地球温暖化の証拠はより強力なものとなりました 1981年の論文で私たちが指摘した多くの点は 事実となっていました 私は 大統領直轄の気候変動タスクフォースに対して 2回ほど話す機会に恵まれました しかし エネルギー政策は化石燃料資源を 発見することに力を注ぎ続けました その頃には 私には2人の孫ができました ソフィーとコナーという孫です 将来この孫たちに「祖父は地球に 起こっていることが分かってたのに みんなにきちんと伝えなかった」 と言われないように決断しました そして エネルギー政策による適切な対応ができていないと 公の場で批判し主張していくことに決めました

2004年にアイオワ州立大学と 2005年の米国地球物理学連合で 講演しました このためホワイトハウスは 私がNASA本部の事前承認を得ずに 講演したりメディアと話すことを 禁止させるように NASA 本部に要求してきました これらの禁止事項をニューヨークタイムズに 知らせると NASA はこの検閲を終了する状況に追い込まれました しかし それ以外の影響もありました 私はNASA のミッションステートメントの 最初の1文を発表に入れるようにしてました 「私たちの母なる惑星を理解し守るため」という1文で 私の講演に正当性を加えてました すぐに このミッションステートメントは 削除されて 二度と使われることはありませんでした

その後数年で 私はますます エネルギー政策を 変更する緊急性を伝えることに 引きこまれるようになりました 同時に気候変動の物理的側面を研究していました 物理面から得られた最も重要な結論をお話しします まずは 地球のエネルギーの均衡について 次に 地球の気候変動の歴史についてお話しします

二酸化炭素を大気に加えるのは ベッドにもう一枚布団をかけるようなものです この状態では 地球の熱が宇宙に放射される量が縮小します この状態は エネルギーが均衡しなくなった状態です 入ってくるエネルギーの方が多くて 放射が追いついていません これは地球が十分に高温になって 太陽からのエネルギー吸収量と 同じ量を放出するようになるまで続きます つまり 鍵となっている数量は 地球のエネルギー不均衡の量ということです 放出されるよりも多いエネルギーが 入ってきているのか? もしそうなら 今後気温上昇するものが蓄積されています 温室効果ガスを一切追加しなくてもその状態になる ということです

不均衡について最後の点です 私たちは地球のエネルギー不均衡を正確に測ることができます 地球の熱を貯蔵する箇所の 熱含有量を測ることによって分かります 最も巨大な貯蔵池 つまり海は計測されてませんでした 3000機のアルゴフロートを世界の海に 配置してから計測され始めました このフロート計測から分かったのは 海の浅い上部では 非常に高い率で温度が上昇していました 深海部では上部よりは緩やかに上昇していました そして エネルギーは合わさって この惑星のあちこちの氷を溶かす量となっていました 陸でも 数十メートルの地下の 温度が上昇しています

この不均衡を総計すると 1平米あたり 10 分の6ワットになります それほど多く聞こえないかもしれませんが 全世界分となると おびただしい電力量になります これは全人類が利用している電力量 よりも20倍も大きいものなのです これは1日あたり40万個の 広島型原子爆弾を爆発させたエネルギー量に相当します 1年では365日分になります これだけのエネルギー量を 地球は毎日蓄積しているのです もし 気候を安定させるとしたら 現在の不均衡の状態は 二酸化炭素濃度が 391 ppm から350 ppm へと 減らされなければならないことを 意味しています これはエネルギーの均衡を取り戻し 将来の気温上昇を 防ぐために必要な変化です

気候変動否定派は 太陽が気候変動の主な要因だと主張します しかし 測定されたエネルギーの不均衡は 太陽光が最も極少だった時のものでした つまり地球に到達する太陽エネルギーが最も少なかった時です それでも 入ってくるエネルギーよりも放射される方が多いのです これが示すのは気候に対して太陽の変動が及ぼした影響よりも 化石燃料を燃やして増加した温室効果ガスの上昇による― 影響が大幅に上回るということです

地球の気候変動の歴史を考えてみましょう この表は 地球全体の温度曲線と 大気中二酸化炭素濃度曲線と海面曲線で 海や南極圏の氷のボーリングサンプルと 海の堆積物や雪片から割り出しました これらはこれまで80万年かけて序々に積み重なって 2マイルの厚さの氷床を 地球に形成しました 見て分かるように 温度と二酸化炭素と海面に 高い相関性があります 詳しく見ると 温度の変動が起こった時は 必ず数世紀遅れで 二酸化炭素の変動が起こっています 気候変動否定派はこの事実を使って 大衆を混乱させ誤って導こうとします 「見てください 温度変動が二酸化炭素変動を起こしました 逆ではありません」と言うでしょう しかしこの遅れは 私たちが予測している結果と完全に一致するものです

地球公転軌道の小さな変化が 100万年もの年月の間に起こり 地球上に降り注ぐ― 太陽光の当たる面積を 変えたのです 高い緯度になった地域では 夏には太陽光がより多く当たり 氷床が解けるのです 縮小していく氷床が この惑星を暗くしたことで 地球はより多くの太陽光を吸収し 温度が上昇しました 温度がより高くなった海は コカコーラのように二酸化炭素を放出しました さらに増加した二酸化炭素が温度をより上昇させました 気候変動は非常に弱い力によって 始まったにもかかわらず 二酸化炭素 メタン 氷床の反応には 地球の温度変化を増幅して再度取り込む作用があり 古代の数ある気候変動の 振幅を大きくしたのです

ここで重要な点は この拡大して再度取り込む 増幅作用は現代でも発生するのです 物理法則は変わりませんから 地球の温度上昇が起こると 私たちが大気に放出する過剰部分の二酸化炭素が原因となって 永久凍土や海を温めることで 氷が解けて 二酸化炭素やメタンが放出されるのです この取り込んで増幅される状況がどれほど早く起こり始めるのか 私たちは正確には分からないですが 温暖化を止めない限り 確実に この増幅される状況が起こります この増幅が 既に始まっているという証拠があります GRACE観測衛星が測定した 精密な測定結果によれば グリーンランドと南極は両方とも多量に 氷を失っていて 700キロ立方メートルが毎年失われています 9年前に観測が始まって以来 これまでずっと 喪失率は加速しています メタンも同じように 永久凍土から放出され始めています

どの程度の海面上昇が おこるのでしょうか? 前回二酸化炭素が390ppm だったときには 現在の海面と比較して 海面は15 メーター(50 フィート) 高い位置でした 今みなさんが座っているところは 水没してしまっているでしょう 多くの予測では 今世紀中には海面が最低でも― 1メートル上昇すると言っています 私はもっと上昇すると考えます このまま化石燃料を燃やし続けると 今世紀 もしくはその少し未来には おそらく 5メートル(18フィート)も上昇するでしょう

ここで重要な点は このままでは近いうちに人類が制御できないような― 増幅プロセスが始まってしまうということです 氷床は数世紀に渡って解け続けるでしょうし 海岸線はもう定まらなくなります 経済的な影響は考えても考え切れないほどです ニューオーリンズで起こったような荒廃が 世界中の何百もの箇所で起こります 気候変動を否定し続ければ 多くの種が絶滅していくような もっと非難される出来事が起こります 気候変動に関する政府間パネルは このまま化石燃料を使い続ければ 今世紀末までに 全生命種のうち20から50パーセントが 絶滅すると予測しています オオカバマダラ蝶は この絶滅種の種のひとつになるでしょう

地球温暖化は既に人々にも影響を及ぼしています テキサス オクラホマ メキシコなどで― 去年発生した熱波や干ばつがあります その前年にはモスクワで 2003年にはヨーロッパで― 起こった全ての例外的な異常は 通常の天候から3シグマもかけ離れたものです 50年前に このような異常気象は 陸面積の0.2か0.3パーセントほどの 割合しか占めていませんでした 最近の異常は 地球温暖化のせいで 異常気象が10パーセントを占め この変化は25から50倍の増加です このことから 私たちはかなりの信頼度を持って テキサスやモスクワの熱波は 通常のものでないと言えます そうです 地球温暖化が引き起こしたものです 重大な影響としては 地球温暖化が続けば この国そして世界の穀倉地帯に影響が出ます アメリカ中西部や大草原地帯の穀倉地帯が かなり厳しい干ばつの多発地帯となってしまい 1930年代の― ダストボール砂塵嵐の比ではありません このまま地球温暖化を続ければ たったの 20から30年でそうなってしまいます

私が過去30年間で溜めてきた休暇を 全て使い尽くしながら 10ヶ国で講演をし 逮捕されてまで どんどんどんどん引きこまれながら この危機を伝えようとするようになったのでしょうか? 孫がもっと多くの力をくれて助けてくれました 孫のジェイクは非常に 積極的で熱意にあふれた子です 2才半にして この子は 彼の2才と少しの妹を 守ることができると考えています こんな若い子たちに 制御がきかなくなってしまった 地球の天候システムを 残したら不道徳です

気候変動の悲劇的なことは 私たちが 単純で誠実な方法で この問題を解決できることだからです それは化石燃料を使用する企業に対して炭素費を課し その額を段階的に引き挙げて 集めたお金を 合法的な居住者の人数で割って その居住者に電子送金で 毎月振り込むようにするのです また政府には1円も流れないようにします ほとんどの人は 価格転嫁の上昇分を支払う額よりも 多い配当金額を受け取るでしょう この費用と配当金によって 経済と技術革新が 促進されて 何百万人もの 雇用を生むでしょう これは 私たちが迅速に クリーンエネルギーを使う将来へ向かうために 欠かすことができない要件です

何人かの一流の経済学者も この提案を一緒に書いてくれました 米国共和党系環境保護組織のジム・ディペソは こう書いています 「透明性があり市場原則に基づいている 大きな政府に導くものではないし エネルギー政策を個人個人の選択にゆだねられる 実現可能性のある保守的な気候変動への計画のようだ」

しかし現実には 上昇する炭素費を課すことで 化石燃料そのものに 社会的な真のコストを負担するように 払わせるような仕組にするのではなく 私たちの各国政府は大衆に 化石燃料を助成することを強いていて 毎年世界中で4000から5000億ドルを 投じています これが利用可能な全ての化石燃料の抽出を促進しています 山頂の採掘に始まり 長壁式採掘 水圧破砕 タールサンド シェール油 北海深海油田などの抽出を推進しています 現在の方向性を続けてしまうと 私たちは 加速的に崩壊が始まる閾値を超えてしまい 氷床が溶解して 将来の世代が制御できない状態にしてしまうことを確実に引き起こします 生命種の多くの部分が 絶滅にひんすることになります 干ばつや洪水がより激しさを増して 世界の食糧供給に重大な影響を及ぼすことで 大規模な飢餓や 経済的な減速を引き起こします 地球に激突する方向へ 巨大な隕石が迫ってくることを想像してください

私たちが現在直面しているのは まったくこれと同じことなのです しかし 私たちはためらっていて 隕石を避ける為の 行動を何もおこしていません 待てば待つほど 回避するのは困難になり 支払う代償が大きくなります もし2005年にはじめていれば 地球全体のエネルギー均衡を取り戻し 今世紀の気候変動を安定させるのに 毎年3パーセントの排出削減のみですんでいました もし来年始めれば 毎年6パーセントの排出削減です もし10年後に始めたら 毎年15パーセントの排出削減が必要で これは極めて困難で高い代償で おそらくは実現不可能でしょう しかし 私たちは始めようともしていません

さぁ 皆さんは私を警鐘を鳴らすように駆り立てた 私の知っていることを知りました 明らかに これまではこのことを理解してもらえていません 科学は明らかに教えてくれています 私を助けてください より効率的に この解決策を見つけ出し より効率的に 現在のこの状況が 重大な意味をもった緊急な課題だと 伝える手助けをしてください 子や孫に対して果たす責任があります

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画