TED日本語 - カレン・チェ: 拷問のなくし方

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - カレン・チェ: 拷問のなくし方

TED Talks

拷問のなくし方
How to stop torture
カレン・チェ
Karen Tse

内容

拷問を受けているのは政治犯だけではありません。司法による拷問の多くは通常の事件において行われており、法制度が"機能している"とされている国でさえも行われているのです。日常的に行われている拷問に立ち向かい廃止するにはどうすればいいか、そしてどのようにすべきかについて社会運動家のカレン・チェが語ります。

Script

In 1994, I walked into a prison in Cambodia, and I met a 12-year-old boy who had been tortured and was denied access to counsel. And as I looked into his eyes, I realized that for the hundreds of letters I had written for political prisoners, that I would never have written a letter for him, because he was not a 12-year-old boy who had done something important for anybody. He was not a political prisoner. He was a 12-year-old boy who had stolen a bicycle. What I also realized at that point was that it was not only Cambodia, but of the 113 developing countries that torture,93 of these countries have all passed laws that say you have a right to a lawyer and you have a right not to be tortured.

And what I recognized was that there was an incredible window of opportunity for us as a world community to come together and end torture as an investigative tool. We often think of torture as being political torture or reserved for just the worst, but, in fact,95 percent of torture today is not for political prisoners. It is for people who are in broken-down legal systems, and unfortunately because torture is the cheapest form of investigation -- it's cheaper than having a legal system, cheaper than having a lawyer and early access to counsel -- it is what happens most of the time. I believe today that it is possible for us as a world community, if we make a decision, to come together and end torture as an investigative tool in our lifetime, but it will require three things. First is the training, empowerment, and connection of defenders worldwide.

The second is insuring that there is systematic early access to counsel. And the third is commitment. So in the year 2000, I began to wonder, what if we came together? Could we do something for these 93 countries? And I founded International Bridges to Justice which has a specific mission of ending torture as an investigative tool and implementing due process rights in the 93 countries by placing trained lawyers at an early stage in police stations and in courtrooms. My first experiences, though, did come from Cambodia, and at the time I remember first coming to Cambodia and there were, in 1994, still less than 10 attorneys in the country because the Khmer Rouge had killed them all.

And even 20 years later, there was only 10 lawyers in the country, so consequently you'd walk into a prison and not only would you meet 12-year-old boys, you'd meet women and you'd say, "Why are you here?" Women would say, "Well I've been here for 10 years because my husband committed a crime, but they can't find him." So it's just a place where there was no rule of law.

The first group of defenders came together and I still remember, as I was training, I said, "Okay, what do you do for an investigation?" And there was silence in the class, and finally one woman stood up, [ inaudible name ], and she said "Khrew," which means "teacher." She said, "I have defended more than a hundred people, and I've never had to do any investigation, because they all come with confessions."

And we talked about, as a class, the fact that number one, the confessions might not be reliable, but number two, we did not want to encourage the police to keep doing this, especially as it was now against the law. And it took a lot of courage for these defenders to decide that they would begin to stand up and support each other in implementing these laws. And I still remember the first cases where they came, all 25 together, she would stand up, and they were in the back, and they would support her, and the judges kept saying, "No, no, no, no, we're going to do things the exact same way we've been doing them."

But one day the perfect case came, and it was a woman who was a vegetable seller, she was sitting outside of a house. She said she actually saw the person run out who she thinks stole whatever the jewelry was, but the police came, they got her, there was nothing on her. She was pregnant at the time. She had cigarette burns on her. She'd miscarried. And when they brought her case to the judge, for the first time he stood up and he said, "Yes, there's no evidence except for your torture confession and you will be released."

And the defenders began to take cases over and over again and you will see, they have step by step began to change the course of history in Cambodia. But Cambodia is not alone. I used to think, well is it Cambodia? Or is it other countries? But it is in so many countries.

In Burundi I walked into a prison and it wasn't a 12-year-old boy, it was an 8-year-old boy for stealing a mobile phone. Or a woman, I picked up her baby, really cute baby, I said "Your baby is so cute." It wasn't a baby, she was three. And she said "Yeah, but she's why I'm here," because she was accused of stealing two diapers and an iron for her baby and still had been in prison. And when I walked up to the prison director, I said, "You've got to let her out. A judge would let her out." And he said, "Okay, we can talk about it, but look at my prison. Eighty percent of the two thousand people here are without a lawyer. What can we do?" So lawyers began to courageously stand up together to organize a system where they can take cases. But we realized that it's not only the training of the lawyers, but the connection of the lawyers that makes a difference.

For example, in Cambodia, it was that [ inaudible name ] did not go alone but she had 24 lawyers with her who stood up together. And in the same way, in China, they always tell me, "It's like a fresh wind in the desert when we can come together." Or in Zimbabwe, where I remember Innocent, after coming out of a prison where everybody stood up and said, "I've been here for one year,eight years,12 years without a lawyer," he came and we had a training together and he said, "I have heard it said" -- because he had heard people mumbling and grumbling -- "I have heard it said that we can not help to create justice because we do not have the resources." And then he said, "But I want you to know that the lack of resources is never an excuse for injustice." And with that, he successfully organized 68 lawyers who have been systematically taking the cases.

The key that we see, though, is training and then early access. I was recently in Egypt, and was inspired to meet with another group of lawyers, and what they told me is that they said, "Hey, look, we don't have police on the streets now. The police are one of the main reasons why we had the revolution. They were torturing everybody all the time." And I said, "But there's been tens of millions of dollars that have recently gone in to the development of the legal system here. What's going on?" I met with one of the development agencies, and they were training prosecutors and judges, which is the normal bias, as opposed to defenders. And they showed me a manual which actually was an excellent manual. I said, "I'm gon na copy this." It had everything in it. Lawyers can come at the police station. It was perfect. Prosecutors were perfectly trained. But I said to them, "I just have one question, which is, by the time that everybody got to the prosecutor's office, what had happened to them?" And after a pause, they said, "They had been tortured."

So the pieces are, not only the training of the lawyers, but us finding a way to systematically implement early access to counsel, because they are the safeguard in the system for people who are being tortured. And as I tell you this, I'm also aware of the fact that it sounds like, "Oh, okay, it sounds like we could do it, but can we really do it?" Because it sounds big. And there are many reasons why I believe it's possible. The first reason is the people on the ground who find ways of creating miracles because of their commitment. It's not only Innocent, who I told you about in Zimbabwe, but defenders all over the world who are looking for these pieces. We have a program called JusticeMakers, and we realized there are people that are courageous and want to do things, but how can we support them? So it's an online contest where it's only five thousand dollars if you come up with and innovative way of implementing justice. And there are 30 JusticeMakers throughout the world, from Sri Lanka to Swaziland to the DRC, who with five thousand dollars do amazing things, through SMS programs, through paralegal programs, through whatever they can do.

And it's not only these JusticeMakers, but people we courageously see figure out who their networks are and how they can move it forward.

So in China, for instance, great laws came out where it says police can not torture people or they will be punished. And I was sitting side by side with one of our very courageous lawyers, and said, "How can we get this out? How can we make sure that this is implemented? This is fantastic." And he said to me, "Well, do you have money?" And I said, "No." And he said, "That's okay, we can still figure it out." And on December 4, he organized three thousand members of the Youth Communist League, from 14 of the top law schools, who organized themselves, developed posters with the new laws, and went to the police stations and began what he says is a non-violent legal revolution to protect citizen rights. So I talked about the fact that we need to train and support defenders. We need to systematically implement early access to counsel. But the third and most important thing is that we make a commitment to this.

And people often say to me, "You know, this is great, but it's wildly idealistic. Never going to happen." And the reason that I think that those words are interesting is because those were the same kinds of words that were used for people who decided they would end slavery, or end apartheid. It began with a small group of people who decided they would commit.

Now, there's one of our favorite poems from the defenders, which they share from each other, is: "Take courage friends, the road is often long, the path is never clear, and the stakes are very high, but deep down, you are not alone." And I believe that if we can come together as a world community to support not only defenders, but also everyone in the system who is looking towards it, we can end torture as an investigative tool. I end always, because I'm sure the questions are -- and I'd be happy to talk to you at any point -- "But what can I really do?" Well, I would say this. First of all, you know what you can do. But second of all, I would leave you with the story of Vishna, who actually was my inspiration for starting International Bridges to Justice.

Vishna was a 4-year-old boy when I met him who was born in a Cambodian prison in Kandal Province. But because he was born in the prison, everybody loved him, including the guards, so he was the only one who was allowed to come in and out of the bars. So, you know, there's bars. And by the time that Vishna was getting bigger, which means what gets bigger? Your head gets bigger. So he would come to the first bar, the second bar and then the third bar, and then really slowly move his head so he could fit through, and come back, third, second, first. And he would grab my pinkie, because what he wanted to do every day is he wanted to go visit. You know, he never quite made it to all of them every day, but he wanted to visit all 156 prisoners. And I would lift him, and he would put his fingers through. Or if they were dark cells, it was like iron corrugated, and he would put his fingers through.

And most of the prisoners said that he was their greatest joy and their sunshine, and they looked forward to him. And I was like, here's Vishna. He's a 4-year-old boy. He was born in a prison with almost nothing, no material goods, but he had a sense of his own heroic journey, which I believe we are all born into. He said, "Probably I can't do everything. But I'm one. I can do something. And I will do the one thing that I can do." So I thank you for having the prophetic imagination to imagine the shaping of a new world with us together, and invite you into this journey with us.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

1994年 私はカンボジアの刑務所で 12歳の少年に会いました その少年は拷問にかけられていて 弁護士との面会は認められていませんでした そこで彼の目を見ていて気がついたのですが 私はそれまで政治犯の人々に対しては 何百通もの手紙を書いてきた一方で 彼には一度も書いたことがなかったのです それは彼が何か重大な犯罪を起こした 12歳の少年ではなかったからです 彼は政治犯ではなく 1台の自転車を盗んだ 12歳の少年でした 当時 もう一つ分かったことがあるのですが これはカンボジアに限らず 113の途上国において 拷問が行われていたのです その内の93ヶ国では弁護士と面会する権利 そして拷問を受けない権利が 法律で認められていました

そこで私が感じたのは 国際社会が協力すれば 取り調べ手法となっている拷問をなくす とてつもなく大きな可能性があるということです 「拷問」と聞くと政治犯や 他の手段が尽きた際の 凶悪犯に対する 最終手段であると考えがちですが 実のところ 今日行われている拷問の95%は 政治犯以外の人たちに対するものです 法制度が破綻している国々において 拷問は最も簡易で費用のかからない 取り調べ形態となってしまっているので 一般の人に対して行われているのです --法制度を整えるよりも簡単ですし 弁護士を手配して 迅速な面会を行うよりも簡単なので-- 日常的に起きているのです しかし 私が今 信じているのは 国際社会が協力して取り調べ手法としての拷問を なくそうと決心すれば 私たちの世代でなくすことができるというこです しかし そこで必要なことが3つあります 1つ目が世界規模で弁護人の育成や 彼らへの権限付与 そしてつながりの構築を行うこと

2つ目が弁護人との迅速な面会の 体系化を確実にすること そして3つ目が献身的な取り組みです 2000年に 私が想いを巡らせたのは もし私たちが一つになったらどうなんだろう? この93ヶ国に対して 何かを変えることが果たしてできるのかということです そこで この93ヶ国の警察署や法廷に 育成された弁護士を早期に手配することで 取り調べ手法としての拷問をなくすこと そして 適正な法手続きを施行することを 明確な目的とした組織 「International Bridges to Justice」を 設立しました 私の最初の任務はカンボジアだったのですが 初めて現地を訪れた1994年当時 カンボジアの弁護士の数は まだ10人未満でした これはクメール・ルージュにより 多くの命が奪われてしまったためです

そして それから20年近くが過ぎても その数は僅か10人にすぎないのです その結果 現在刑務所で目にするのは 12歳の少年だけではありません 刑務所にいる女性たちを前にして 「なぜここにいるのですか?」と訊ねると 「罪を犯してから行方が分からない夫の代わりに 10年間 私が勾留されているのです」と言うのです つまり法の支配が適用されていない地域なのです

初の弁護人グループが集まった際に 育成任務にあたっていて覚えているのですが 「調査はどのように行なっているのですか?」と訊ねると 室内は沈黙ののち (不明瞭な名前の) 一人の女性が立ち上がり 「先生」を意味する「Khrew」と言ってから 「私はこれまで100人以上 担当してきましたが 一度として調査をする必要は ありませんでした 皆 自白しますから」と答えたのです

そこで私たち全員が話し合ったのは まず自白の内容は 信用性がないかもしれないということ その上 警察が拷問を続けることを 推奨するわけにはいかないということ 法に抵触している現在は特にです 弁護人の人たちにとっては これらの法を施行させるために行動を起こすこと そしてお互いに助け合うことを決心するというのは 非常に勇気のいることです 今でも覚えているのですが 最初の裁判では 全部で25名の弁護人が集まりました 先程の女性が立ち上がり 他の弁護人たちが背後で彼女のサポートをすると 裁判官は「いや いや いや 我々はこれからも これまでと同様のやり方で進めていく」と言ったのです

しかしある時 素晴らしい事例がありました 野菜の販売をしている女性が 家の外に座っていた時に なんらかの宝石を盗んだと思われる人が 走り去っていくのを実際に目撃したと 証言したのですが 警察はその女性を 捕まえたのです その女性は何も持っていませんでした 彼女はその時妊娠していたのですが タバコを 押し付けられて火傷をし 流産もしてしまいました 弁護人がこの事例を裁判にかけると 裁判官は立ち上がり 初めてこう言ったのです 「拷問を受けたというあなたの供述を除き いかなる証拠も認められません よって釈放とします」と

それからは弁護人の方々は何度も 事例を裁判に持ち込むようになりました 皆さんは 彼らが少しずつカンボジアの 歴史の流れを変えつつあるのを目にするでしょう しかしこれはカンボジアだけではありませんでした 以前 他にもこういった国があるのかどうかが 気になっていたのですが 大多数の国で行われているのです

ブルンジの刑務所で私が会ったのは 12歳の少年ではなく 携帯電話を盗んだ8歳の少年や 本当に可愛い赤ちゃんのいる女性でした 赤ちゃんを抱き上げて「とても可愛いですね」と言うと 3歳だったので赤ちゃんではないですけどね 彼女は「ええ でもこの子のために私はここにいるの」と言いました というのも彼女はその子のためにおむつを2つと アイロンを盗んだ罪で告訴され 刑務所に勾留されていたのです 私は刑務所の責任者のところへ歩み寄って 「彼女を釈放すべきです 裁判官ならそうしますよ」と言うと その男性は 「では 話し合いましょうか でもこの刑務所にいる2,000人のうち 80%の人間には弁護士がいないんですよ どうすればいいんですか?」と言うのです そこで弁護士の方々は裁判を行えるような システムを構築しようと 勇敢な姿勢で 共に行動を起こし始めたのです しかし私たちが気づいたのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士同士のつながりも 違いを創りだすということでした

カンボジアを例にあげると [不明瞭な名前] は一人ではありませんでした 彼女は24人の弁護士と共に 行動を起こしたのです これは中国でも同様で 彼らは常々こう言っています 「我々が協力できるということは まるで砂漠に吹く爽やかな風のようだ」と また ジンバブエでは イノセントという男性がいました 私と一緒に育成任務を行っていたこの男性は 囚人の人たちがみな「弁護士がいないまま 1年間 8年間 12年間 ここに勾留されているんだ」と言っている 刑務所を出たところで こう言ったのです 「私が聞いてきたのは --彼は人々のつぶやきやぼやきを 聞いていたのですが-- 「私が聞いてきたのは "我々には正義をもたらすことは出来ないんだ その為の資質がないから"と言う会話なんだ」 「でも分かってもらいたいのは そういった資質がないからと言って それが不正を認める理由にはならないんだ」と そして 彼は見事に 68人の弁護士をまとめあげ 裁判の体系化を進めています

しかし鍵となるのは弁護士の育成 そして 弁護士と早期に面会できる環境です 先日エジプトで他の弁護士グループと会合を持った際に 心を揺さぶられたのですが 彼らがこんな事を言っていました 「見て下さい ここでは街頭に 警察がいないんですよ 我々が 変革を推し進めた主な理由の一つが警察なんです 彼らは四六時中 あらゆる人に対して 拷問を加えていたのです」と 私は「でも最近 数千万ドルのお金が 法制度の整備の為に投じられましたよね それはどうなっているんですか?」 と訊ねました 法を整備する機関の一つと会合を持った時のことです 彼らは弁護人とは対照的に 訓練を受けていたように見える 検事や裁判官の方たちでした 実際 彼らが私に見せてくれたマニュアルは 大変優れたものでした 「これはコピーしなければ」と言ったくらいです あらゆる事が記載されていて 弁護士が 警察署を訪ねることもできました 完璧です 検察官の方々は充分訓練を積んでいました しかし「一つお伺いしたいのですが 囚人の人たちが検察当局に来たとき その人たちはどのような状態でしたか?」と訊ねると 検事や裁判官の方々は一瞬の沈黙の後 「拷問を受けていました」と言ったのです

つまり必要なのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士との迅速な面会を体系化する道筋を 見い出すことなのです なぜならこの制度では 拷問を受けている人たちにとって 弁護士こそがセーフガードなのです 私はこの話をするにあたって 「なるほどね できそうに聞こえるけど 実際はどうなんだろう?」 という反応があるのも承知しています 壮大な響きですからね 私がこれを実現可能だと考えている理由は色々あります 第一の理由は偉大なことを成し遂げるために 献身的な姿勢で 現場に携わっている人たちです それは先程お伝えしたジンバブエの イノセント氏だけではなく 実現の為の道を模索している 世界中の弁護人の方々もです 私たちは"JusticeMakers(正義の創造者)"と言うプログラムを実施しています これは熱意があって何かをやりたいと思ってる でもどうサポートすればいいか分からないと 感じている人たちがいることを踏まえた オンライン・コンテストで 正義を遂行するための 革新的なアイディアに対して 5,000ドルの 報酬を提供するものです スリランカやスワジランドから コンゴ民主共和国まで 世界中にいる30人の "正義の創造者"は 5,000ドルで素晴らしいことを行なっています ショート・メッセージ・サービスや 法務業務 またはそれぞれができるやり方でです

これは"正義の創造者"の人たちだけではありません 私たちが力強く見つめている中 人とのつながりや 行動する術を見つけようとしている人たちもです

例えば 中国で成立した素晴らしい法律では 警察による拷問を禁じると共に 拷問を加えた場合は処罰されるようになったのですが 私はとても気概のある弁護士の一人と 隣り合わせで座りながら こう訊ねました 「どうやってこの法律を広めましょうか? どうやってこの法律の履行を確認しましょうか? これは凄いことですよ」と すると彼は 「そうだね 資金はあるの?」と聞いてきたので 私が「いいえ」と答えると 「大丈夫だよ それでもなんとかできるよ」と言ってくれました そして12月4日 彼は 上位14のロー・スクールの 青年共産主義同盟の会員 3,000人を統率して 各個人は自らを律しながら 新法の告知ポスターを作成して 警察署に行き 市民の権利を保護するために 彼の表現で言う 非暴力による法律革命を 始めたのです ということで 私は弁護人の方々の育成と サポートの必要性について そして 弁護人との迅速な面会の遂行を 体系化する必要性についてお話したのですが 3つ目の もっとも大事なことは 献身的に取り組むということです

よく言われるのが「そうですね 素晴らしい話だけど かなり理想主義的だし 現実的ではないね」という言葉です 興味深いと思うのは こういった言葉は 奴隷制度やアパルトヘイトを廃止しようと 心に誓った人たちが言われていたことと 同じ言葉だということです これは献身的に取り組もうと決めた 僅かな人数から始まったのです

弁護人の方々の間に伝わる詩で 彼らから教えてもらった お気に入りの詩があります それは "友よ 勇敢であれ 道程はしばし長きにわたり 道筋は混沌とし 険しさはかなりのものである しかし 心の奥では あなたは独りではない"というものです 国際社会が協力して 弁護人の方々だけではなく こういった現状を改善しようとしている人たちを サポートすることで 取り調べ手法となっている拷問を なくすことができると私は信じています 「だけど実際どうすればいいんだ?」という 疑問に対してはいつでも 喜んでお答えしたいので 私はいつも話の最後にこう伝えます まずは「ご自身でも分かっているはずです」と そして次にヴィシュナという子の話をします 実のところ "International Bridges to Justice"という 組織を設立するきっかけになった男の子です

私が会った時 ヴィシュナは4歳でした カンダル州にあるカンボジア刑務所で 生まれたのですが 刑務所で生まれたことで その子は守衛の人たちも含め みんなから愛されていて 唯一 鉄格子の外に出ることを 許されていました ご存知のように 鉄格子があるのですが ヴィシュナが成長するに連れて 顔も大きくなってくると 彼は一番下の鉄格子から 二番目 三番目の高さの鉄格子へと登って 顔をゆっくりと横に動かし 鉄格子を通り抜けると 一番下の鉄格子まで 降りてきて私の小指を握るようになりました というのも彼はいつも 他の囚人たちのところへ行きたがっていたのです 毎日 全員を訪れるということは できませんが 156人の囚人 全員のところに 行きたがっていました そして私が彼を抱き上げると 彼は鉄格子の奥に指を通すのです 波形の鉄で作られたような暗い独房でも 指を通すのです

勾留されている囚人の多くは この子の存在が 至上の喜びであり 自分たちの太陽だと言って 会うのを心待ちにしていました ヴィシュナは4歳の男の子です 刑務所で生まれた時 この子は 形在るようなものは何も持っていませんでした だけど 勇敢な気持ちは持っていたのです それは 誰もが生まれたときに持っていたはずです 彼は「多分 できることは限られてるけど 一人の人間として 何かしらできるよ だから できることをやっていくんだ」と言っています ということで 皆さんが私たちと共に 新しい世界を思い描こうと 予知的な想像を して頂いたことに感謝します そして 皆さんをこの旅路にご招待させて下さい

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画