TED日本語 - ミッチェル ベッサー:HIVと闘う母親を手助けする母親たち

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ミッチェル ベッサー:HIVと闘う母親を手助けする母親たち

TED Talks

HIVと闘う母親を手助けする母親たち
Mothers helping mothers fight HIV
ミッチェル ベッサー
Mitchell Besser

内容

サハラ以南アフリカでは、世界のどこよりもHIVが蔓延しており、世界のどこよりも医者が不足している。医療従事者が不足しているため、ミッチェル ベッサーは患者の助けを借り、マザーズ2マザーズを立ち上げた。それはHIVに感染した母親が、他の感染した母親を手助けするという非常に優れたネットワークで、効果を上げている。

Script

I want you to take a trip with me. Picture yourself driving down a small road in Africa, and as you drive along, you look off to the side, and this is what you see: you see a field of graves. And you stop, and you get out of your car and you take a picture. And you go into the town, and you inquire, "What's going on here?" and people are initially reluctant to tell you. And then someone says, "These are the recent AIDS deaths in our community." HIV isn't like other medical conditions; it's stigmatizing. People are reluctant to talk about it -- there's a fear associated with it. And I'm going to talk about HIV today, about the deaths, about the stigma. It's a medical story, but more than that, it's a social story.

This map depicts the global distribution of HIV. And as you can see, Africa has a disproportionate share of the infection. There are 33 million people living with HIV in the world today. Of these, two-thirds,22 million are living in sub-Saharan Africa. There are 1.4 million pregnant women in low- and middle-income countries living with HIV and of these,90 percent are in sub-Saharan Africa. We talk about things in relative terms. And I'm going to talk about annual pregnancies and HIV-positive mothers. The United States -- a large country -- each year,7,000 mothers with HIV who give birth to a child. But you go to Rwanda -- a very small country -- 8,000 mothers with HIV who are pregnant. And then you go to Baragwanath Hospital, outside of Johannesburg in South Africa, and 8,000 HIV-positive pregnant women giving birth -- a hospital the same as a country. And to realize that this is just the tip of an iceberg that when you compare everything here to South Africa, it just pales, because in South Africa, each year 300,000 mothers with HIV give birth to children.

So we talk about PMTCT, and we refer to PMTCT, prevention of mother to child transmission. I think there's an assumption amongst most people in the public that if a mother is HIV-positive, she's going to infect her child. The reality is really, very different. In resource-rich countries, with all the tests and treatment we currently have, less than two percent of babies are born HIV-positive -- 98 percent of babies are born HIV-negative. And yet, the reality in resource-poor countries, in the absence of tests and treatment,40 percent -- 40 percent of children are infected -- 40 percent versus two percent -- an enormous difference. So these programs -- and I'm going to refer to PMTCT though my talk -- these prevention programs, simply, they're the tests and the drugs that we give to mothers to prevent them from infecting their babies, and also the medicines we give to mothers to keep them healthy and alive to raise their children. So it's the test a mother gets when she comes in. It's the drugs she receives to protect the baby that's inside the uterus and during delivery. It's the guidance she gets around infant feeding and safer sex. It's an entire package of services, and it works.

So in the United States, since the advent of treatment in the middle of the 1990s, there's been an 80-percent decline in the number of HIV-infected children. Less than 100 babies are born with HIV each year in the United States and yet, still, over 400,000 children are born every year in the world today with HIV. What does that mean? It means 1,100 children infected each day -- 1,100 children each day, infected with HIV. And where do they come from? Well, less than one comes from the United States. One, on average, comes from Europe. 100 come from Asia and the Pacific. And each day, a thousand babies -- a thousand babies are born each day with HIV in Africa.

So again, I look at the globe here and the disproportionate share of HIV in Africa. And let's look at another map. And here, again, we see Africa has a disproportionate share of the numbers of doctors. That thin sliver you see here, that's Africa. And it's the same with nurses. The truth is sub-Saharan Africa has 24 percent of the global disease burden and yet only three percent of the world's health care workers. That means doctors and nurses simply don't have the time to take care of patients. A nurse in a busy clinic will see 50 to 100 patients in a day, which leaves her just minutes per patient -- minutes per patient. And so when we look at these PMTCT programs, what does it mean?

Well, back in 2001, when there was just a simple test and a single dose of a drug, a nurse, in the course of her few minutes with a patient, would have to counsel for the HIV test, perform the HIV test, explain the results, dispense a single dose of the drug, Nevirapine, explain how to take it, discuss infant feeding options, reinforce infant feeding, and test the baby -- in minutes. Well, fortunately since 2001, we've got new treatments, new tests, and we're far more successful, but we don't have any more nurses. And so these are the tests a nurse now has to do in those same few minutes. It's not possible -- it doesn't work. And so we need to find better ways of providing care.

This is a picture of a maternal health clinic in Africa -- mothers coming, pregnant and with their babies. These women are here for care, but we know that just doing a test, just giving someone a drug, it's not enough. Meds don't equal medical care. Doctors and nurses, frankly, don't have the time or skills to tell people what to do in ways they understand. I'm a doctor -- I tell people things to do, and I expect them to follow my guidance -- because I'm a doctor; I went to Harvard -- but the reality is, if I tell a patient, "You should have safer sex. You should always use a condom," and yet, in her relationship, she's not empowered -- what's going to happen? If I tell her to take her medicines every day and yet, no one in the household knows about her illness, so it's just not going to work. And so we need to do more, we need to do it differently, we need to do it in ways that are affordable and accessible and can be taken to scale, which means it can be done everywhere.

So, I want to tell you a story -- I want to take you on a little trip. Imagine yourself, if you can, you're a young woman in Africa, you're going to the hospital or clinic. You go in for a test and you find out that you're pregnant, and you're delighted. And then they give you another test and they tell you you're HIV-positive, and you're devastated. And the nurse takes you into a room, and she tells you about the tests and HIV and the medicines you can take and how to take care of yourself and your baby, and you hear none of it. All you're hearing is, "I'm going to die, and my baby is going to die." And then you're out on the street, and you don't know where to go. And you don't know who you can talk to, because the truth is, HIV is so stigmatizing that if you partner, your family, anyone in your home, you're likely to be thrown out without any means of support. And this -- this is the face and story of HIV in Africa today.

But we're here to talk about possible solutions and some good news. And I want to change the story a little bit. Take the same mother, and the nurse, after she gives her her test, takes her to a room. The door opens and there's a room full of mothers, mothers with babies, and they're sitting, and they're talking, they're listening. They're drinking tea, they're having sandwiches. And she goes inside, and woman comes up to her and says, "Welcome to mothers2mothers. Have a seat. You're safe here. We're all HIV-positive. You're going to be okay. You're going to live. Your baby is going to be HIV-negative."

We view mothers as a community's single greatest resource. Mothers take care of the children, take care of the home. So often the men are gone. They're working, or they're not part of the household. Our organization, mothers2mothers, enlists women with HIV as care providers. We bring mothers who have HIV, who've been through these PMTCT programs in the very facilities, to come back and work side by side with doctors and nurses as part of the health care team. These mothers, we call them mentor mothers, are able to engage women who, just like themselves, pregnant with babies, have found out about being HIV-positive, who need support and education. And they support them around the diagnosis and educate them about how to take their medicines, how to take care of themselves, how to take care of their babies. Consider: if you needed surgery, you would want the best possible technical surgeon, right? But if you wanted to understand what that surgery would do to your life, you'd like to engage someone, someone who's had the procedure. Patients are experts on their own experience, and they can share that experience with others. This is the medical care that goes beyond just medicines.

So the mothers who work for us, they come from the communities in which they work. They're hired -- they're paid as professional members of the health care teams, just like doctors and nurses. And we open bank accounts for them and they're paid directly into the accounts, because their money's protected; the men can't take it away from them. They go through two to three weeks of rigorous curriculum-based education, training. Now, doctors and nurses -- they too get trained. But so often, they only get trained once, so they're not aware of new medicines, new guidelines as they come out. Our mentor mothers get trained every single year and retrained. And so doctors and nurses -- they look up to them as experts. Imagine that: a woman, a former patient, being able to educate her doctor for the first time and educate the other patients that she's taking care of.

Our organization has three goals. The first, to prevent mother-to-child transmission. The second: keep mothers healthy, keep mothers alive, keep the children alive -- no more orphans. And the third, and maybe the most grand, is to find ways to empower women, enable them to fight the stigma and to live positive and productive lives with HIV. So how do we do it? Well, maybe the most important engagement is the one-to-one, seeing patients one-to-one, educating them, supporting them, explaining how they can take care of themselves. We go beyond that; we try to bring in the husbands, the partners. In Africa, it's very, very hard to engage men. Men are not frequently part of pregnancy care. But in Rwanda, in one country, they've got a policy that a woman can't come for care unless she brings the father of the baby with her -- that's the rule. And so the father and the mother, together, go through the counseling and the testing. The father and the mother, together, they get the results. And this is so important in breaking through the stigma.

Disclosure is so central to prevention. How do you have safer sex, how do you use a condom regularly if there hasn't been disclosure? Disclosure is so important to treatment, because again, people need the support of family members and friends to take their medicines regularly. We also work in groups. Now the groups, it's not like me lecturing, but what happens is women, they come together -- under the support and guidance of our mentor mothers -- they come together, and they share their personal experiences. And it's through the sharing that people get tactics of how to take care of themselves, how to disclose how to take medicines. And then there's the community outreach, engaging women in their communities. If we can change the way households believe and think, we can change the way communities believe and think. And if we can change enough communities, we can change national attitudes. We can change national attitudes to women and national attitudes to HIV. The hardest barrier really is around stigma reduction. We have the medicines, we have the tests, but how do you reduce the stigma? And it's important about disclosure.

So, a couple years ago,one of the mentor mothers came back, and she told me a story. She had been asked by one of the clients to go to the home of the client, because the client wanted to tell the mother and her brothers and sisters about her HIV status, and she was afraid to go by herself. And so the mentor mother went along with. And the patient walked into the house and said to her mother and siblings, "I have something to tell you. I'm HIV-positive." And everybody was quiet. And then her oldest brother stood up and said, "I too have something to tell you. I'm HIV-positive. I've been afraid to tell everybody." And then this older sister stood up and said, "I too am living with the virus, and I've been ashamed." And then her younger brother stood up and said, "I'm also positive. I thought you were going to throw me out of the family." And you see where this is going. The last sister stood up and said, "I'm also positive. I thought you were going to hate me." And there they were, all of them together for the first time being able to share this experience for the first time and to support each other for the first time.

(Video) Female Narrator: Women come to us, and they are crying and scared. I tell them my story, that I am HIV-positive, but my child is HIV-negative. I tell them, "You are going to make it, and you will raise a healthy baby." I am proof that there is hope.

Mitchell Besser: Remember the images I showed you of how few doctors and nurses there are in Africa. And it is a crisis in health care systems. Even as we have more tests and more drugs, we can't reach people; we don't have enough providers. So we talk in terms of what we call task-shifting. Task-shifting is traditionally when you take health care services from one provider and have another provider do it. Typically, it's a doctor giving a job to a nurse. And the issue in Africa is that there are fewer nurses, really than doctors, and so we need to find new paradigm for health care. How do you build a better health care system? We've chosen to redefine the health care system as a doctor, a nurse and a mentor mother. And so what nurses do is that they ask the mentor mothers to explain how to take the drugs, the side effects. They delegate education about infant feeding, family planning, safer sex, actions that nurses simple just don't have time for.

So we go back to the prevention of mother to child transmission. The world is increasingly seeing these programs as the bridge to comprehensive maternal and child health. And our organization helps women across that bridge. The care doesn't stop when the baby's born -- we deal with the ongoing health of the mother and baby, ensuring that they live healthy, successful lives.

Our organization works on three levels. The first, at the patient level -- mothers and babies keeping babies from getting HIV, keeping mothers healthy to raise them. The second, communities -- empowering women. They become leaders within their communities. They change the way communities think -- we need to change attitudes to HIV. We need to change attitudes to women in Africa. We have to do that. And then rework the level of the health care systems, building stronger health care systems. Our health care systems are broken. They're not going to work the way they're currently designed. And so doctors and nurses who need to try to change people's behaviors don't have the skills, don't have the time -- our mentor mothers do. And so in redefining the health care teams by bringing the mentor mothers in, we can do that.

I started the program in Capetown, South Africa back in 2001. It was at that point, just the spark of an idea. Referencing Steven Johnson's very lovely speech yesterday on where ideas come from, I was in the shower at the time -- I was alone. (Laughter) The program is now working in nine countries, we have 670 program sites, we're seeing about 230,000 women every month, we're employing 1,600 mentor mothers, and last year, they enrolled 300,000 HIV-positive pregnant women and mothers. That is 20 percent of the global HIV-positive pregnant women -- 20 percent of the world. What's extraordinary is how simple the premise is. Mothers with HIV caring for mothers with HIV. Past patients taking care of present patients. And empowerment through employment -- reducing stigma.

(Video) Female Narrator: There is hope, hope that one day we shall win this fight against HIV and AIDS. Each person must know their HIV status. Those who are HIV-negative must know how to stay negative. Those who are HIV-infected must know how to take care of themselves. HIV-positive pregnant women must get PMTCT services in order to have HIV-negative babies. All of this is possible, if we each contribute to this fight.

MB: Simple solutions to complex problems. Mothers caring for mothers. It's transformational.

Thank you.

(Applause)

皆さんと一緒に旅に出てみたいと思います あなたはアフリカの小さな道を ドライブしているところです 車を走らせ 脇道を見てみると このようなものが目に映るのです 墓地です 車を停めて外に出て 写真を撮るのです その後 町へ行き 一体ここで何が起っているのか尋ねます 人々は渋々といった感じで こう答えるのです ここ一帯は最近エイズが流行っているのだと HIVは他の病気と異なり 恥辱であるため 人々はなかなか話そうとせず 関わることを恐れているのです 本日お話しさせていただく内容は HIVについて 死について そして恥辱についてです これは医学的な話であり それ以上に社会的な話です

これは世界のHIV感染率を表した地図です 見ておわかりになるように アフリカが歪な感染率を示しています 今日 世界中で 3,300万人のHIV感染者がいます その内の3分の2に当たる 2,200万人が サハラ以南アフリカで生活をしています 貧しい国では HIVに感染した妊婦が 140万人いるのです その内の90%が サハラ以南アフリカで生活をしています これに関して 年間の出産数とHIVに感染した母親について 話してみましょう アメリカでは 毎年7,000人のHIVに感染した母親が 出産しています しかし より小さな国のルワンダでは 8,000人のHIVに感染した母親が出産しているのです そして南アフリカのヨハネスブルグ郊外にある バラナワス病院では毎年 8,000人のHIVに感染した母親が 出産しているのです 病院一つで 一カ国に匹敵する数です これが氷山の一角であることを示すために 南アフリカ全体と比較すると 驚愕するでしょう なぜなら 南アフリカでは 毎年30万人のHIV感染者が 出産をしているからです

では PMTCTについて話させてください PMTCTは HIV母子感染予防法の略語で 一般の多くの方は 母親がHIV感染者であれば 子供も感染しているという 誤解があると思いますが 実際にはそうではないのです 環境が整っている国では 現在持ちえるすべての検診と治療によって HIVに感染して生まれてくる子供の割合は 2%以下に抑えることができるのです しかし 環境が整わない国では 検診と治療が欠いているため 実に40%の子供たちがHIVに感染して生まれてくるのです 40%と2%の違いは とても大きなものです それではPMTCTについて 詳しく話をしていこうと思います これらの予防策は 子供を感染から守るための 母親へ検診と薬の提供を行うもので 子供をその後も生きて育てられるように 薬を提供している つまり 母親が参加すれば 検診が受けられ 妊娠中 出産中に赤ちゃんへの 感染を防ぐ薬が与えられ 子育てとより安全な性行為に関する ガイドラインを得られるのです すべてを網羅したサービスで 効果をあげています

アメリカでは 1990年代中頃にこの治療法が確立されてから HIVに感染して生まれる子供の数は 80%の減少を示しました HIVに感染して生まれてくる子供の数は アメリカでは毎年100人未満です しかし 依然として 世界中では毎年40万人を超える赤ちゃんが 生まれつきHIVに感染して生まれてくるのです これはつまり 毎日1,100人もの赤ちゃんがHIVに感染して 生まれてくる計算になります 各地域で見てみれば アメリカからは1人未満 ヨーロッパからは平均で1人 アジア圏から 100人 そして毎日 1000人もの赤ちゃんが アフリカからということになります

もう一度この地図をみてみると アフリカの異常な感染率が見て取れるでしょう それでは もう一枚の地図を ご覧いただけますでしょうか アフリカは 医者の数についても不均等な割合なのです この矢印のところがアフリカです 看護士についても同様な事が言え 事実 サハラ以南アフリカでは 世界疾病の24%を 占めている一方で 世界のたったの3%の医療従事者しかいないのです これはつまり 医者 看護士ともに 各患者を十分に見るだけの時間が足りていないのです 忙しい病院の看護士は 1日に 50人から100人の患者を看るために 一人当たりの患者に対してたったの数分しか 与えられていないのです それではPMTCTプログラムについて見てみましょう

2001年には HIV検診と結果説明 薬であるネビラピンの処方 服用方法の説明 育児法についての相談 赤ちゃんの検診を 数分のうちに行わなくてはならず 単に簡易検診を行い 1回分の薬が渡されていただけでした 幸運にも、2001年からは 新たな治療法と検査法が確立され より便利になったのですが それでも看護士が全く足りておらず 依然として看護士が 数分で行わなくてはならない 検査がありました 全く不可能で 全く機能していないのです もっとよい医療提供法を 探る必要があるのです

これはアフリカの産婦人科病院の写真です 妊婦や子供連れの母親たちが 治療のためにきているのですが 知る限りでは 検診と投薬のみが 行われているだけで 十分ではありませんでした 投薬だけが治療ではないのです 明らかに 医者と看護士に 人々に正しい方法を教えるだけの 時間と技能が欠けていたのです 私は医師です 彼らにすべき事を教え 私のガイドラインに従うよう求めました 私はハーバードを卒業した医者なのです しかし現実は 患者に コンドームを使用して 安全な性行為を行うよう助言しても 彼女たちには交際において その権利がないのです 一体どういう事なのでしょう 毎日 薬を服用するようにと言っても 家庭の誰も彼女の病気について知らないため 全く助言に効力はないのです もっと違ったやり方が 必要になってきました 手頃で 利用しやすく 物差しとなるような方法で どこでもできるような方法が 必要になったのです

では 一つあるストーリーを紹介させてください また旅に出てみましょう 想像してみてください あなたが アフリカの若い女性で 病院へ検査を受けに 行ったとします そこであなたは妊娠を知り 喜びます しかし もう一つの検査で あなたはHIVに感染している事が分かり 落胆するのです 看護士はあなたをある部屋へ連れて行き あなたに検診の事 HIVの事 受けられる治療法や自分自身と赤ちゃんの 世話の仕方について告げられるでしょうが あなたの耳には何も入ってきません ただ聞こえるのは 死を待つだけで 赤ちゃんも死んでしまうという事だけです 病院から出ても 行く当てを見つけられず 誰に相談してよいのかもわからないのです なぜなら 事実 HIVが恥辱的で もし パートナーや家族の誰かに相談しようものなら 手助けもなく 見捨てられるようなものなのです これが今日アフリカで 直面している実話です

しかし ここで可能な解決案とよいお知らせを 話しましょう 先ほどの話を少し変えてみます 先ほどと同様に 検査の後 看護士があなたを ある部屋へと連れて行きます ドアを開くと その部屋には母親と赤ちゃんがいます 彼女たちは座って話をして 音楽を聴き お茶をのんで サンドウィッチを食べたりしています 部屋に入ると 女性が来て こう言うのです 「マザーズ2マザーズへようこそ どうぞ座ってください ここは安全です 私たちみんなHIV感染者なんです きっとあなたは大丈夫 死なないわ そして赤ちゃんはきっと感染していないわ」と

私たちは母親たちを 地域社会の重要な財産と見なしています 男性は家庭に参加できないことが たびたびあるため 母親が子育てと家庭を担っているのです マザーズ2マザーズは HIV感染した女性に 医療提供者としての 協力を求めています HIV感染者で PMTCTプログラムを受けた母親たちに 戻って来てもらい 医療チームとして医者 看護士のそばで 一緒に働いてもらうのです メンターマザーと呼んでいるのですが 彼女たちは 自分たちがそうだったように 妊娠中の母親たちがHIV感染者であり サポートと知識が必要である事を 認識させ 検診の手伝いを行ったり 薬の正しい服用の仕方 自分のケアの仕方や 子供の世話の仕方を 教えているのです もしあなたが 手術を必要とするなら 一番腕のいい医者にお願いしたいでしょ? しかし もし手術が人生に どのような影響を与えるのかを知りたいなら 既にその手術を受けた誰かの 保証がほしいものです 患者は自分の経験をよく知っており 経験を他の患者と共有ができます これが 単なる投薬を超えた医療ケアなのです

私たちと働いてくれる母親たちは 彼女たち自身の住んでいる地域で雇われ、 医者や看護士のような医療チームのメンバーとして 給与も支給されます 彼女たちの銀行口座も開き 直接 給与が支払われるのです このお金は守られているため 男性たちに奪われる事はありません 彼女たちは2,3週間の厳しい課程で 知識とトレーニングを積んでおり 医師と看護士も共に訓練を受けています しかし訓練は一回限りで 新しい新薬やガイドラインを知らない 人が多いのです 私たちのメンターマザー達は毎年 再トレーニングを受けています 医者や看護士たちは 彼女たちを専門家と見なしています 想像してみてください 元患者だった彼女たちが 自分の担当医やケアをしている他の患者たちに アドバイスをしているところを

私の団体には 3つの目標があります 1つ目は 母子間感染を防ぐ事 2つ目は 母親の健康を保ち 子供も生存させ 孤児を作らない事 そして3つ目 もっとも重要な事かもしれませんが 女性の権利拡大の方法を見つけ 彼女たちが恥辱と闘えるようになり HIVに感染していようとも前向きに 生産的に生きてもらう事 どうやったら達成できるのか? 大切な事なことは 一人ずつ患者を診て 一人ずつ知識を与え 一人ずつサポートし 自分のケアの仕方を教えていくことも大切ですが それ以上に パートナーを病院に同伴してもらう事でしょう アフリカでは 男性を育児に引き込む事がとても難しく 男性は妊娠ケアにほとんど関わらないのです しかし ルワンダには 子供の父親が同伴でなければ 母親は一人で病院へ行けないという 法例があります 法律で決まっているのです 子供の父親と母親は 一緒に病院で相談をし 検診を行い 一緒にその結果を受け取るのです 恥辱をなくすためにとても重要な事ことで

公表することは予防の中心になるのです もし公表されなかったら どうやってコンドームをつけて 安全な性行為ができるでしょうか? 患者は 家族 友人のサポートが必要で 定期的な治療を行けるためにも 家族 友人に公表する事は とても大切なのです 私たちは団体でも行動しており 私がレクチャーするのとは異なり 彼女たち自身が一緒に集まり メンターマザーのサポートとガイドのもとで 個人の経験をお互いに共有し合っています この経験の共有を通じて 自分自身のケアの仕方や 薬の服用の仕方を 学びあっており そこには社会奉仕 女性の社会参加があります もし家族の考え方を 変える事ができれば 地域社会の考え方を変える事ができ 地域社会の考え方を変える事ができれば 国の女性への考え方や HIVへの国家としての方針を 変える事ができるのです 最難関は いかに恥辱を無くすかです HIVには薬や検診がありますが しかし どのようにすれば恥辱を無くせるのでしょうか? 大切な事はやはり公表する事なのです

数年前 メンターマザーがやって来て こんなストーリーを教えてくれました 彼女は ある患者に 自分がHIV感染者である事を 家族に打ち明けたいからついて来てほしいと 言われました 一人で打ち明けるのは怖いので 一緒に来てほしいと言うのです その患者は 家に帰り 「私はHIVに感染している」 と母親 兄弟に打ち明けたのです 家族全員黙ってしまいました しかし 彼女の兄が立ち上がり 「僕も言わなきゃいけない事がある 僕も感染している ずっと告白するのが怖かった」と言いました その後 姉が立ち上がり 「私も感染している 恥ずかしくて言えなかった」 と答えたのです そして 弟も立ち上がり 「僕も感染者なんだ 家族に捨てられると思っていた」と答えたのです もう結論はお分かりだと思いますが 最後の妹が立ち上がり「私も感染者で みんなに嫌われると思った」と答え そこにいるすべての家族がはじめて 一つになれ はじめて 自分たちの経験を共有し 互いに助け合う事ができるようになったのです

「彼女たちは 泣きながら 恐れながら私のところへやってきます 私も自分自身がHIV感染者ですが 子供は非感染者である事を 伝えています そして彼女たちも健康な子供を 育てられると答えています 私自身が 希望の証なのです

アフリカには お見せした通り 医者と看護士が 極端に少なくヘルスケアシステムが 危機的状況であることを覚えておいてください どんなに検診や薬があっても 提供者が不足しており 患者に提供できていないのです タスクシフトに関して話してみましょう タスクシフトは もともと 提供者からヘルスケアサービスを受ける時に 他の提供者が代わりにサービスを提供するというものです 具体的には医者が 看護士に仕事を与えることです しかしアフリカでは 実際には医者以上に看護士が少なく ヘルスケアの新たな枠組みを構築する必要がありました どのようにヘルスケアシステムを構築するのか? そこでヘルスケアシステムを 医者 看護士 メンターマザーとして再定義し 看護士が行っている 薬の服用法 副作用をメンターマザーに 説明してもらうようにしました 育児法 家族計画 避妊法の患者への説明から 看護士だけでは時間的余裕のない事を メンターマザーに担ってもらうのです

母子感染予防について話を戻すと 妊婦と子供の健康への橋渡しとなる プログラムは世界中で増えています そして私たちの組織は 女性に そのようなプログラムへの参加を呼びかけています 出産が終われば ケアが終わるのではなく 母子の健康を継続して看ていく事で 彼らの健康的ですばらしい人生を 生きてもらうのです

私たちの組織は3つのレベルで働きかけます 1つ目は患者レベルで HIV感染から子供を守り 母親が健康に育児ができるようにする事 2つ目は地域社会レベルで 女性の権利を拡大し 地域のリーダーに育てる事で 地域社会の考え方を変える事です HIVへの姿勢を変える必要があり アフリカの女性への考え方を変える必要があります これらはどうしてもやらなくてはいけません そして ヘルスケアシステムを再構築し より強固なヘルスケアサービスを確立しなくてはいけません 現在は 壊れてしまっており 現在のやり方では全く動かないでしょう また 人々の行動を変えようとする医者 看護士には 十分なスキルや時間が足りていないのです しかし メンターマザーには そのスキルと時間があります メンターマザーにヘルスケアシステムの再構築に協力してもらえば 再構築はできる事なのです

このプログラムは 2001年に南アフリカのケープタウンから 始まりました そのとき アイデアがふと浮かんだのです スティーブン ジョンソン氏のとても貴重なスピーチを 聞いた翌日の事でした そのとき私はシャワーを浴びていました もちろん 一人でですが (笑) 現在 このプログラムは9カ国で実施されており 670のプログラムが存在し ひと月に23万人の患者を 看ており 1,600人のメンターマザーが働いています 昨年は 30万人のHIV感染妊婦と母親に 参加してもらえました これは 世界のHIV感染妊婦の 実に20%にあたります 世界の20%です このプログラムの際立った特徴は とてもシンプルな事です HIVに感染した母親が HIV感染者のケアをする 元患者が 現患者を看病する 雇用を通じて彼女たちの権利拡大を目指し 恥辱をなくしていくのです

「希望があります いつの日か HIVとエイズに打ち勝つという 希望があります 患者は 自分自身のHIVの状態を 知らなくてはいけません HIVに感染していない人は 予防法を知らなくてはけません 感染してしまった人は 治療法を 知らなくてはいけません HIVに感染している妊婦は 子供が感染しないように PMTCTサービスを 受けなくてはいけません 各自がHIVとの闘いに貢献すれば すべて可能な事です

複雑な問題には シンプルな解決法を 母親をケアする母親達 発想の転換を

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画