TED日本語 - ジャクリン・ノヴォグラッツ: 人生に打ち込むためのインスピレーション

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジャクリン・ノヴォグラッツ: 人生に打ち込むためのインスピレーション

TED Talks

人生に打ち込むためのインスピレーション
Inspiring a life of immersion
ジャクリン・ノヴォグラッツ
Jacqueline Novogratz

内容

誰しもが目的のある人生を送りたいと思うものですが、どこから始めればいいのでしょう?この多彩にきらめくトークでは、ジャックリーン・ノヴォグラッツが「忍耐力のある資本(Patient Capital)」の活動の中で出会った人々について紹介します。社会的な意義を持つ活動や、コミュニティ、正義への情熱に没頭して生きる人々の話は、力強いインスピレーションをもたらします。

Script

I've been spending a lot of time traveling around the world these days, talking to groups of students and professionals, and everywhere I'm finding that I hear similar themes. On the one hand, people say, "The time for change is now." They want to be part of it. They talk about wanting lives of purpose and greater meaning. But on the other hand, I hear people talking about fear, a sense of risk-aversion. They say, "I really want to follow a life of purpose, but I don't know where to start. I don't want to disappoint my family or friends." I work in global poverty. And they say, "I want to work in global poverty, but what will it mean about my career? Will I be marginalized? Will I not make enough money? Will I never get married or have children?" And as a woman who didn't get married until I was a lot older -- and I'm glad I waited -- (Laughter) -- and has no children, I look at these young people and I say, "Your job is not to be perfect. Your job is only to be human. And nothing important happens in life without a cost." These conversations really reflect what's happening at the national and international level. Our leaders and ourselves want everything, but we don't talk about the costs. We don't talk about the sacrifice.

One of my favorite quotes from literature was written by Tillie Olsen, the great American writer from the South. In a short story called "Oh Yes," she talks about a white woman in the 1950s who has a daughter who befriends a little African American girl, and she looks at her child with a sense of pride, but she also wonders, what price will she pay? "Better immersion than to live untouched." But the real question is, what is the cost of not daring? What is the cost of not trying?

I've been so privileged in my life to know extraordinary leaders who have chosen to live lives of immersion. One woman I knew who was a fellow at a program that I ran at the Rockefeller Foundation was named Ingrid Washinawatok. She was a leader of the Menominee tribe, a Native American peoples. And when we would gather as fellows, she would push us to think about how the elders in Native American culture make decisions. And she said they would literally visualize the faces of children for seven generations into the future, looking at them from the Earth, and they would look at them, holding them as stewards for that future. Ingrid understood that we are connected to each other, not only as human beings, but to every living thing on the planet.

And tragically, in 1999, when she was in Colombia working with the U'wa people, focused on preserving their culture and language, she and two colleagues were abducted and tortured and killed by the FARC. And whenever we would gather the fellows after that, we would leave a chair empty for her spirit. And more than a decade later, when I talk to NGO fellows, whether in Trenton, New Jersey or the office of the White House, and we talk about Ingrid, they all say that they're trying to integrate her wisdom and her spirit and really build on the unfulfilled work of her life's mission. And when we think about legacy, I can think of no more powerful one, despite how short her life was.

And I've been touched by Cambodian women -- beautiful women, women who held the tradition of the classical dance in Cambodia. And I met them in the early '90s. In the 1970s, under the Pol Pot regime, the Khmer Rouge killed over a million people, and they focused and targeted the elites and the intellectuals, the artists, the dancers. And at the end of the war, there were only 30 of these classical dancers still living. And the women, who I was so privileged to meet when there were three survivors, told these stories about lying in their cots in the refugee camps. They said they would try so hard to remember the fragments of the dance, hoping that others were alive and doing the same.

And one woman stood there with this perfect carriage, her hands at her side, and she talked about the reunion of the 30 after the war and how extraordinary it was. And these big tears fell down her face, but she never lifted her hands to move them. And the women decided that they would train not the next generation of girls, because they had grown too old already, but the next generation. And I sat there in the studio watching these women clapping their hands -- beautiful rhythms -- as these little fairy pixies were dancing around them, wearing these beautiful silk colors. And I thought, after all this atrocity, this is how human beings really pray. Because they're focused on honoring what is most beautiful about our past and building it into the promise of our future. And what these women understood is sometimes the most important things that we do and that we spend our time on are those things that we can not measure.

I also have been touched by the dark side of power and leadership. And I have learned that power, particularly in its absolute form, is an equal opportunity provider. In 1986, I moved to Rwanda, and I worked with a very small group of Rwandan women to start that country's first microfinance bank. And one of the women was Agnes -- there on your extreme left -- she was one of the first three women parliamentarians in Rwanda, and her legacy should have been to be one of the mothers of Rwanda. We built this institution based on social justice, gender equity, this idea of empowering women.

But Agnes cared more about the trappings of power than she did principle at the end. And though she had been part of building a liberal party, a political party that was focused on diversity and tolerance, about three months before the genocide, she switched parties and joined the extremist party, Hutu Power, and she became the Minister of Justice under the genocide regime and was known for inciting men to kill faster and stop behaving like women. She was convicted of category one crimes of genocide. And I would visit her in the prisons, sitting side-by-side, knees touching, and I would have to admit to myself that monsters exist in all of us, but that maybe it's not monsters so much, but the broken parts of ourselves, sadnesses, secret shame, and that ultimately it's easy for demagogues to prey on those parts, those fragments, if you will, and to make us look at other beings, human beings, as lesser than ourselves -- and in the extreme, to do terrible things.

And there is no group more vulnerable to those kinds of manipulations than young men. I've heard it said that the most dangerous animal on the planet is the adolescent male. And so in a gathering where we're focused on women, while it is so critical that we invest in our girls and we even the playing field and we find ways to honor them, we have to remember that the girls and the women are most isolated and violated and victimized and made invisible in those very societies where our men and our boys feel disempowered, unable to provide. And that, when they sit on those street corners and all they can think of in the future is no job, no education, no possibility, well then it's easy to understand how the greatest source of status can come from a uniform and a gun.

Sometimes very small investments can release enormous, infinite potential that exists in all of us. One of the Acumen Fund fellows at my organization, Suraj Sudhakar, has what we call moral imagination -- the ability to put yourself in another person's shoes and lead from that perspective. And he's been working with this young group of men who come from the largest slum in the world, Kibera. And they're incredible guys. And together they started a book club for a hundred people in the slums, and they're reading many TED authors and liking it. And then they created a business plan competition. Then they decided that they would do TEDx's.

And I have learned so much from Chris and Kevin and Alex and Herbert and all of these young men. Alex, in some ways, said it best. He said, "We used to feel like nobodies, but now we feel like somebodies." And I think we have it all wrong when we think that income is the link. What we really yearn for as human beings is to be visible to each other. And the reason these young guys told me that they're doing these TEDx's is because they were sick and tired of the only workshops coming to the slums being those workshops focused on HIV, or at best, microfinance. And they wanted to celebrate what's beautiful about Kibera and Mathare -- the photojournalists and the creatives, the graffiti artists, the teachers and the entrepreneurs. And they're doing it. And my hat's off to you in Kibera.

My own work focuses on making philanthropy more effective and capitalism more inclusive. At Acumen Fund, we take philanthropic resources and we invest what we call patient capital -- money that will invest in entrepreneurs who see the poor not as passive recipients of charity, but as full-bodied agents of change who want to solve their own problems and make their own decisions. We leave our money for 10 to 15 years, and when we get it back, we invest in other innovations that focus on change. I know it works. We've invested more than 50 million dollars in 50 companies, and those companies have brought another 200 million dollars into these forgotten markets. This year alone, they've delivered 40 million services like maternal health care and housing, emergency services, solar energy, so that people can have more dignity in solving their problems.

Patient capital is uncomfortable for people searching for simple solutions, easy categories, because we don't see profit as a blunt instrument. But we find those entrepreneurs who put people and the planet before profit. And ultimately, we want to be part of a movement that is about measuring impact, measuring what is most important to us. And my dream is we'll have a world one day where we don't just honor those who take money and make more money from it, but we find those individuals who take our resources and convert it into changing the world in the most positive ways. And it's only when we honor them and celebrate them and give them status that the world will really change.

Last May I had this extraordinary 24-hour period where I saw two visions of the world living side-by-side -- one based on violence and the other on transcendence. I happened to be in Lahore, Pakistan on the day that two mosques were attacked by suicide bombers. And the reason these mosques were attacked is because the people praying inside were from a particular sect of Islam who fundamentalists don't believe are fully Muslim. And not only did those suicide bombers take a hundred lives, but they did more, because they created more hatred, more rage, more fear and certainly despair.

But less than 24 hours, I was 13 miles away from those mosques, visiting one of our Acumen investees, an incredible man, Jawad Aslam, who dares to live a life of immersion. Born and raised in Baltimore, he studied real estate, worked in commercial real estate, and after 9/11 decided he was going to Pakistan to make a difference. For two years, he hardly made any money, a tiny stipend, but he apprenticed with this incredible housing developer named Tasneem Saddiqui. And he had a dream that he would build a housing community on this barren piece of land using patient capital, but he continued to pay a price. He stood on moral ground and refused to pay bribes. It took almost two years just to register the land. But I saw how the level of moral standard can rise from one person's action.

Today,2,000 people live in 300 houses in this beautiful community. And there's schools and clinics and shops. But there's only one mosque. And so I asked Jawad, "How do you guys navigate? This is a really diverse community. Who gets to use the mosque on Fridays?" He said, "Long story. It was hard, it was a difficult road, but ultimately the leaders of the community came together, realizing we only have each other. And we decided that we would elect the three most respected imams, and those imams would take turns, they would rotate who would say Friday prayer. But the whole community, all the different sects, including Shi'a and Sunni, would sit together and pray."

We need that kind of moral leadership and courage in our worlds. We face huge issues as a world -- the financial crisis, global warming and this growing sense of fear and otherness. And every day we have a choice. We can take the easier road, the more cynical road, which is a road based on sometimes dreams of a past that never really was, a fear of each other, distancing and blame. Or we can take the much more difficult path of transformation, transcendence, compassion and love, but also accountability and justice.

I had the great honor of working with the child psychologist Dr. Robert Coles, who stood up for change during the Civil Rights movement in the United States. And he tells this incredible story about working with a little six-year-old girl named Ruby Bridges, the first child to desegregate schools in the South -- in this case, New Orleans. And he said that every day this six-year-old, dressed in her beautiful dress, would walk with real grace through a phalanx of white people screaming angrily, calling her a monster, threatening to poison her -- distorted faces. And every day he would watch her, and it looked like she was talking to the people. And he would say, "Ruby, what are you saying?" And she'd say, "I'm not talking." And finally he said, "Ruby, I see that you're talking. What are you saying?" And she said, "Dr. Coles, I am not talking; I'm praying." And he said, "Well, what are you praying?" And she said, "I'm praying, 'Father, forgive them, for they know not what they are doing.'" At age six, this child was living a life of immersion, and her family paid a price for it. But she became part of history and opened up this idea that all of us should have access to education.

My final story is about a young, beautiful man named Josephat Byaruhanga, who was another Acumen Fund fellow, who hails from Uganda, a farming community. And we placed him in a company in Western Kenya, just 200 miles away. And he said to me at the end of his year, "Jacqueline, it was so humbling, because I thought as a farmer and as an African I would understand how to transcend culture. But especially when I was talking to the African women, I sometimes made these mistakes -- it was so hard for me to learn how to listen." And he said, "So I conclude that, in many ways, leadership is like a panicle of rice. Because at the height of the season, at the height of its powers, it's beautiful, it's green, it nourishes the world, it reaches to the heavens." And he said, "But right before the harvest, it bends over with great gratitude and humility to touch the earth from where it came."

We need leaders. We ourselves need to lead from a place that has the audacity to believe we can, ourselves, extend the fundamental assumption that all men are created equal to every man, woman and child on this planet. And we need to have the humility to recognize that we can not do it alone. Robert Kennedy once said that "few of us have the greatness to bend history itself, but each of us can work to change a small portion of events." And it is in the total of all those acts that the history of this generation will be written. Our lives are so short, and our time on this planet is so precious, and all we have is each other. So may each of you live lives of immersion. They won't necessarily be easy lives, but in the end, it is all that will sustain us.

Thank you.

(Applause)

私はこのところ世界中を旅して 学生や専門家のグループに 話をすることに多くの時間を費やしています。 そして、どこへいっても似たようなことを耳にします。 人々は一方で 「今こそは変革の時だ」と言い、 その一部になりたいと思っています。 人々は目的のある、もっと有意義な人生を送りたいと語ります。 しかしもう一方で、 同じ人々から、恐れや リスクを避けたい気持ちも耳にします。 「目的のある人生を送りたいと本当に思いますが、 どこから始めればいいのか、わからないのです。 家族や友達をがっかりさせたくありません。」 私は、世界の貧困問題に取り組んでいます。 人々は「貧困問題に取り組みたいですが、 私のキャリアはどうなりますか? 社会から取り残されてしまいますか? 十分なお金を得ることができますか? 結婚できず、子供ももてないのではないですか?」 かなり遅くまで結婚しなかった女性として? 私は待っていて良かったと思いますけど? (笑) ー 子どもの居ない女性として 私は若い人たちに向かってこう言います。 「完璧であることは求められていません。 人であることだけが求められています。 人生で重要なことの中に 対価を伴わないものはありません」 この会話は、国家や国際的なレベルで 起きていることを実によく反映しています。 私達のリーダーや私達自身は 全てが欲しいと思っていますが、 対価については語りませんし、 犠牲についても語りません。

私のお気に入りの引用があります。 アメリカ南部出身の 偉大な作家ティリー・オルセンの 短編小説『O Yes』からの引用になります。 1950年代の白人女性について書かれた話で、 その女性の娘は 幼い黒人の女の子と仲良しです。 彼女は、娘をみるといつも誇りに思うのですが、 同時に、どんな対価を払うことになるのだろうと 気になるのです。 『没頭したほうがいい。 何にも触れずに生きるよりは。』 しかし、実際に問うべきなのは 勇気がないことへの対価は何なのか、 試してみないことへの対価は何なのかということです。

突出して優れたリーダーたちと知り合えて 私は大変恵まれていました。 人生に没頭することを選んだリーダーです そんな一人が、ロックフェラー基金で 実施したプログラムのフェローで、 イングリッド・ワシナワトックです。 アメリカンインディアンの部族である メノミニー族のリーダーです。 フェローの集まりがあると インディアンの文化で年長者が どんなふうに決定を下すのか 考えるように促されたのでした。 彼女によれば、インディアンの長老達は 今後七世代にわたる 子供達が大地から自分たちを見つめているさまを 思い浮かべるのだと言います。 子どもたちの顔が長老たちを見つめることで 長老たちは将来のための執事役になるのです。 彼女は、私達皆が一体であると考えていました。 人間同士が、というだけではなく 地球上の生きとし生けるもの、すべてが繋がっているのです。

1999年に悲劇が起こります。 コロンビアでウワ族たちと 働いている時のことです。 文化と言語の保護活動に関わっていたのですが、 FARC(コロンビア革命軍)がイングリッドと 同僚2人を誘拐し、拷問して殺害しました。 その後、いつでも当時のフェローが集まる時には、 彼女のために、椅子をひとつ空けておきます。 それから10年以上たっても、 私がNGO のフェローに話す機会があれば、 ニュージャージーのトレントンであっても、ホワイトハウスであっても イングリッドの話をして 誰もが、イングリッドの 英知や精神と融合したいと、 そして彼女の遣り残した人生のミッションを いしずえにしたい、と言います。 イングリッドの人生は短いものでしたが、 後に残したものを考えると これよりも力強い人生は思い浮かびません。

それから私は、カンボジアの女性達に 感動しました。美しい女性達で、 カンボジアの伝統舞踊を受け継ぐ人達です。 お会いしたのは、90年代の初めの頃です。 1970年代のポルポト政権下で クメールルージュは百万人以上の人を殺戮しました。 彼らのターゲットは、エリートや知識人、 芸術家や舞踏家たちでした。 戦争が終わったとき、 生き残った伝統舞踊の踊り手は30人しかいませんでした。 光栄なことに、お目にかかったときには 3人の方がご存命で 難民キャンプで簡易ベッドに眠る 日々の話をしてくれたのです。 踊りを少しも忘れないように たいへん苦労をしたけれど、他の踊り手も 生きていたら同じようにしたはずだと。

中の一人は、両手を体の脇にした 完璧な姿勢で立ち 戦後、30人が再会した時のこと それが、どんな奇跡的だったかについて 話しました。 大粒の涙が彼女の頬を伝いました。 でも、その涙を拭おうともしませんでした。 彼女たちは、既に大きくなってしまった 子どもの世代を訓練するのではなく、 孫の世代を訓練することに決めました 私はスタジオに座って その女性たちが手をたたき、-- それは美しいリズムでした-- その周りで、妖精のような 踊り子たちが美しいシルクをまとって 踊るのを見ていました。 そして、あの残虐行為を経て、これが 人が本当に祈るということなんだ、と思いました。 自分たちの過去のもっとも美しい所に 敬意を払うことに力を注ぎ そこから将来への展望を 築き上げているのですから。 私たちの行うこと、時間を費やすことの中で もっとも大切な事は、 物差しでは計れないこともあると 彼女たちはわかっています。

また、力とリーダーシップの ダークサイドとも接してきました 極限的な暗黒の力には 同じように誰もが 襲われてしまうと学びました 1986年に、ルワンダに引っ越して ごく少数のルワンダ人女性のグループと マイクロファイナンス銀行を作る活動を始めました。 その中の一人 アニェスは -- 左端にいますが -- ルワンダで最初に国会議員になった 3人の女性のうちの一人です。 彼女は後に遺したものによって ルワンダの母と呼ばれても良かったはずでした。 私達は、社会的な公平さや ジェンダーの公平さなど、女性を 助力するアイディアに基づいて組織を作りました。

やがて、アニェスは肝心のことよりも 権力の掌握に重きを置いてしまいました。 リベラル政党の創設者の一員で、 その党は多様性と寛容を 掲げていたのに、 集団虐殺の 3ヶ月前に、彼女は党を移り 過激派であるフツ・パワーに加わり 集団虐殺をした政権で 法務大臣を務めました。 「さっさと殺せ、女みたいに振舞うな」と 男たちを扇動したことで有名になりました。 アニェスは集団虐殺に対し第一級の 有罪判決を受けました。 彼女に会いに刑務所に行ったとしたら 隣に座って、ひざを寄せたとしても、 怪物は私たち皆の中にいることを 認めざるをえないでしょう。 たぶん、強力な怪物ではないにしても 悲しみや秘めた恥などの 私たちの壊れた部品は 最終的には、民衆煽動家が 容易につけ込むスキやきっかけを与え、 その気があれば、 他者を、他人を自分たちよりも下に 見るように仕向けます。 極端な場合、残虐なことをさせるのです。

若い男性の集団ほど この種の操作に弱い 集団はありません。 私は、地球上で最も危険な動物は青年期の男性だというのを 聞いたことがあります。 ですから、 女性に焦点をあてたこの集まりで 少女たちにお金を投資する事や 彼女たちの居場所を確保したり きちんと評価する事は大事ですが 忘れてはならない事は少女や女性が 孤立し、侵害され、 犠牲者となり、存在すら消されていることです。 それは特に 男性や少年たちが 無力感を味わい、暮らして行けないと? 感じている社会で著しいのです。 だからこそ、街角にたむろして、 将来のことを考えてみても、 仕事も、教育もなく 可能性もないような状況で 地位を確保する可能性を 制服と銃の中に 見いだしてしまう事は 想像に難くありません。

時には、ほんの小額の投資が、 私たち全員が秘めた 実に大きな無限の可能性を解き放つこともあります。 私の組織、アキュメンファンドのフェロー スラジ・スドハカールは 私たちが「モラル・イマジネーション」と呼んでいる 他人の立場に立って考えられる能力を持ち その視点から物事を推進できる人です。 彼は、世界で最も大きなスラム、キベラ出身の 若い男性達のグループと働いています。 素晴らしい人達です。 スラムの百人のための ブッククラブを始めて TED の作家の作品を多く読み、気に入っています。 そして、彼らは、ビジネス・プラン・コンペティションを開始しました。 彼らは、TEDx のイベントをやると決めました。

私はクリスとケビンから アレックスとハーバーとから 全ての青年から 実に多くを学びました。 アレックスがうまいことを言いました。 「かつては、自分が何者でもないと感じていましたが 今は、なにがしかの人だと感じています。」 収入がそうさせていると考えるのは 完全に間違っていると思います。 人として真に望むのは お互いに見える存在になることなのです。 この青年たちが TEDx イベントを やろうとしたのは、こんなわけでした。 スラムに来るワークショップといえば HIV に焦点をしぼったもので 良くてもマイクロ・ファイナンス。 もう、うんざりしていました 彼らは、キベラやマサレの 美しさを祝福したかったのです-- フォトジャーナリズムやその他の作品、 落書きアーティスト、教師や起業家とともに。 そして、彼らはまさにそれをやっています。 キベラの皆さんに敬意を表します。

私自身は、慈善事業をより効率的にすることと、 資本主義をより包括的にすることに 集中しています。 アキュメンファンドでは、慈善の資金を得て 「忍耐力のある資本(Patient Capital)」と呼ぶ投資をします。 貧しい人たちも受け身で施しを受け取るだけではなく 自分達の問題を自分で解決して 決定していきたいと願う 完全な変化の主人公だと認めるような 起業家へ投資して行きます。 資金は10から15年貸し付けたままにして、 返済されたら、また変化にフォーカスした イノベーションに投資します。 これがうまくいくのです。 これまでに、5千万ドルを50の会社に投資してきました。 これらの会社は、さらに2億ドルを 見過ごされたマーケットから創出しました。 今年だけでも、マタニティヘルスケア、不動産、 救急サービス、ソーラーエネルギーなど 4000万ドルのサービスを生み出しました。 それは、人々がもっと尊厳をもって自分の 問題に対処できるようにするためです。

「忍耐力のある資本(Patient Capital)」は 単純な解決や気楽なカテゴリーを 求める人には合わないものです。 私達は利益を単なる手段とは考えないからです。 これらの起業家たちは、 利益よりも人類や地球のことを 重視します。 私達はムーブメントの一部になりたいと望んでいます。 それは、つまり影響を考えること、 もっといえば、私達にとって最も大切なものを考えることです。 私の夢はいつか、 お金を元手にもっと儲ける人だけではなく、 我々のリソースを使って 一番ポジティブな方法で 世界を変えることができる人たちを 見いだして認めるようになることです。 そんな人を称賛し、祝福し、 きちんと地位を与えるようになって初めて 世界は本当に変わるでしょう。

昨年の5月、特別な24時間の間に 世界の2つの姿を立て続けに 目にしました。 ひとつは暴力に基づき もうひとつは、超越に基づいています。 パキスタンのラホールで 自殺テロが2つのモスクを攻撃した日に 私もラホールにいました。 その2つのモスクが攻撃された理由は 中で祈っていた人たちが、ある特定の 宗派に属する人々で、原理主義者からは、 本当のムスリムとは認められていないからです。 この自爆テロで 100 名の命が 奪われただけでなく、 それ以上に悪いこともあります。 嫌悪や怒り、恐怖や そして言うまでもなく絶望ももたらしました。

それから24時間もしないうち、 そのモスクから13マイル離れた場所で 私は投資先の一つを訪れていました。 ジャワド・アスラムは、没頭する人生を あえて選びとる素晴らしい人です。 バルティモアで生まれ育ち、 不動産を学び、不動産業界で働いていました。 9・11の後、変化を起こすために、パキスタンに行くと決めました。 2年間、ごくわずかな賃金以外、無収入でしたが 驚くべき住宅開発を進める タスニーム・サジキに 弟子入りしました。 サジキには「忍耐力のある資本」を使って この荒れ地にコミュニティー住宅を 作るという夢がありました しかし、お金がかかるばかりでした。 彼はモラルの観点から考えて、 賄賂を提供することを拒んだのです。 土地を登録するだけに2年がかかりました。 でも、一人の行動が元になって どんなにモラルが向上したことでしょう。

今では、この美しいコミュニティに 2000人が300軒の家に住んでいます。 そして、学校や医院、商店もあります。 でも、モスクは一つしかありません。 私は、ジャワッドに聞きました。 「この多様なコミュニティーを、どうやって運営していますか? 金曜日にモスクを使うのは誰ですか?」 「長い話になります。 たいへん厳しく、困難な道のりを経て でも、突き詰めると、お互い同士しかいないと 気付いたコミュニティーのリーダーが集まり、 最も尊敬されるイマムを3人 選出することに決めました。 3 人は順番に 金曜礼拝で話をします。 しかし、コミュニティのすべて、 シーア派、スンニ派を含む全ての宗派が 同時に集まって祈るのです。」

私達の世界には、こんな道徳的リーダーシップや 勇気が必要なのです。 世界的には、大きな問題もあります-- 金融危機、 地球温暖化、 増幅する恐怖や異質感。 そして、私達は、毎日毎日選択できるのです。 容易な道を選ぶか、 それとも、本当はそうではなくても、 過去に想像されたお互い同士の 恐怖のままに距離を置いて、 非難をし合う ひねくれ者の道か、 あるいはさらに困難ではあっても、 変容や超越、 共感、愛、信頼性、公平さを 探求する道です。

児童心理学者のロバート・コールズ氏と 一緒に働く機会を得たことは、大変栄誉なことでした。 彼は、アメリカで市民権運動の時代に 変化を求めて立ち上がった一人です。 こんな素晴らしい話をしてくれました。 ルビー・ブリッジという6歳の女の子は、南部で最初に 人種差別を撤廃した学校に通いました。-- ニュー・オリンズでのことです。 毎日、この6歳の女の子は この6歳の女の子は、きれいなドレスを着て 気品をもって通りを歩きます。 そこでは、白人が固まって 怒鳴ったり、彼女をモンスターと呼んだり、 毒を飲ませるぞと脅したりするのです。-- ゆがんだ人々。 その子を毎日見ていると、 彼女が人々に何かを話しているみたいに見えたので 「ルビー、何を話しているの?」と尋ねました。 彼女は「何も話してないわよ。」と言うのです。 やがて彼が、「僕は君が話してるのを見たんだ。 本当は何を言っているのかね?」と聞くと、 「コールズ先生、私は話してるんじゃなくて、 祈っているのです。」 「じゃあ、何を祈っているのかね?」 ルビーは言います「主よ、彼らを許したまえ。 自分が何をしているのかわからないだけなのです。」 たった6歳で この子は、没頭する人生を生きているのです。 彼女の家族はそのために苦労もしましたが 彼女は、歴史の一部になり 誰もが教育を受けられるように するべきだという考えを発展させました

最後の話は、一人のハンサムな男性についてです。 彼の名前は、ジョセファ・ビャルハンガといいます。 彼もまた、アキュメンファンドのフェローで、 ウガンダの農業集落から脱出した一人です。 私達は、200マイル離れたケニヤ西部の 拠点に彼を配属しました 任期が終わる際、彼は私にこう言いました。 「ジャックリーン、私の小ささに気づきました。 僕は、農家として、また、アフリカ人として どうやって文化を超越するか理解できると思っていました。 でも、特にアフリカ人の女性と話していると、 時々間違いを犯してしまうんです。-- 人の話が聞けなくなることがあるのです。」 彼はこう続けました。「結論として、多くの意味で リーダーシップとは、稲穂のようなものです。 最も伸びた時期、最も力を得た時に それは美しく、それは緑で、 世界に滋養をいきわたらせます。 そして、天まで届くのです。」 「でも、ちょうど収穫の直前に 感謝と謙虚さで 深々とこうべを垂れて 自分が来たところ、つまり大地に触れようとするのです。」

私達には、リーダーが必要です。 たとえ大胆と思っても、 地球上の男、女、子供の全てが 公平であるという 基本的な前提を広めていけると 信じる立場から リードして行かなければなりません。 同時に、私達は一人でこれをできないと認識する 謙虚さも持たなくてはなりません。 かつて、ロバート・ケネディは言いました。 「歴史を書き換えるほどの力を持つ者はほとんどいないが、 我々一人ひとりが 歴史のほんの一部を変える力をもつ。 そして、一人ひとりの行いの集積が 後日、この時代の歴史として書かれることになる。」 私達の人生は大変短く、 この地球ですごす時間は 本当に貴重で、 私達には、お互いしかいないのです。 だから、皆さんも 没頭する人生を送ろうと思うかもしれません。 なにも、簡単な人生であるとは限りませんが 最後には、そんなことの全てが私たち私達を味方してくれます。

ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画