TED日本語 - タンディ・ニュートン: 他者の受容と自己の受容

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - タンディ・ニュートン: 他者の受容と自己の受容

TED Talks

他者の受容と自己の受容
Embracing otherness, embracing myself
タンディ・ニュートン
Thandie Newton

内容

まったく異なる二つの文化の中で育った子ども時代の体験と、数多くの異なる自己を演じた女優としての体験をもとに、女優のタンディ・ニュートンが自身の中に見つけた「他者」について語ります。優しさと思慮深さに包まれたTEDGlobal2011からの講演です。

Script

Embracing otherness. When I first heard this theme, I thought, well, embracing otherness is embracing myself. And the journey to that place of understanding and acceptance has been an interesting one for me, and it's given me an insight into the whole notion of self, which I think is worth sharing with you today.

We each have a self, but I don't think that we're born with one. You know how newborn babies believe they're part of everything; they're not separate? Well that fundamental sense of oneness is lost on us very quickly. It's like that initial stage is over -- oneness: infancy, unformed, primitive. It's no longer valid or real. What is real is separateness, and at some point in early babyhood, the idea of self starts to form. Our little portion of oneness is given a name, is told all kinds of things about itself, and these details, opinions and ideas become facts, which go towards building ourselves, our identity. And that self becomes the vehicle for navigating our social world. But the self is a projection based on other people's projections. Is it who we really are? Or who we really want to be, or should be?

So this whole interaction with self and identity was a very difficult one for me growing up. The self that I attempted to take out into the world was rejected over and over again. And my panic at not having a self that fit, and the confusion that came from my self being rejected, created anxiety, shame and hopelessness, which kind of defined me for a long time. But in retrospect, the destruction of my self was so repetitive that I started to see a pattern. The self changed, got affected, broken, destroyed, but another one would evolve -- sometimes stronger, sometimes hateful, sometimes not wanting to be there at all. The self was not constant. And how many times would my self have to die before I realized that it was never alive in the first place?

I grew up on the coast of England in the '70s. My dad is white from Cornwall, and my mom is black from Zimbabwe. Even the idea of us as a family was challenging to most people. But nature had its wicked way, and brown babies were born. But from about the age of five, I was aware that I didn't fit. I was the black atheist kid in the all-white Catholic school run by nuns. I was an anomaly, and my self was rooting around for definition and trying to plug in. Because the self likes to fit, to see itself replicated, to belong. That confirms its existence and its importance. And it is important. It has an extremely important function. Without it, we literally can't interface with others. We can't hatch plans and climb that stairway of popularity, of success. But my skin color wasn't right. My hair wasn't right. My history wasn't right. My self became defined by otherness, which meant that, in that social world, I didn't really exist. And I was "other" before being anything else -- even before being a girl. I was a noticeable nobody.

Another world was opening up around this time: performance and dancing. That nagging dread of self-hood didn't exist when I was dancing. I'd literally lose myself. And I was a really good dancer. I would put all my emotional expression into my dancing. I could be in the movement in a way that I wasn't able to be in my real life, in myself.

And at 16, I stumbled across another opportunity, and I earned my first acting role in a film. I can hardly find the words to describe the peace I felt when I was acting. My dysfunctional self could actually plug in to another self, not my own, and it felt so good. It was the first time that I existed inside a fully-functioning self -- one that I controlled, that I steered, that I gave life to. But the shooting day would end, and I'd return to my gnarly, awkward self.

By 19, I was a fully-fledged movie actor, but still searching for definition. I applied to read anthropology at university. Dr. Phyllis Lee gave me my interview, and she asked me, "How would you define race?" Well, I thought I had the answer to that one, and I said, "Skin color." "So biology, genetics?" she said. "Because, Thandie, that's not accurate. Because there's actually more genetic difference between a black Kenyan and a black Ugandan than there is between a black Kenyan and, say, a white Norwegian. Because we all stem from Africa. So in Africa, there's been more time to create genetic diversity." In other words, race has no basis in biological or scientific fact. On the one hand, result. Right? On the other hand, my definition of self just lost a huge chunk of its credibility. But what was credible, what is biological and scientific fact, is that we all stem from Africa -- in fact, from a woman called Mitochondrial Eve who lived 160,000 years ago. And race is an illegitimate concept which our selves have created based on fear and ignorance.

Strangely, these revelations didn't cure my low self-esteem, that feeling of otherness. My desire to disappear was still very powerful. I had a degree from Cambridge; I had a thriving career, but my self was a car crash, and I wound up with bulimia and on a therapist's couch. And of course I did. I still believed my self was all I was. I still valued self-worth above all other worth, and what was there to suggest otherwise? We've created entire value systems and a physical reality to support the worth of self. Look at the industry for self-image and the jobs it creates, the revenue it turns over. We'd be right in assuming that the self is an actual living thing. But it's not. It's a projection which our clever brains create in order to cheat ourselves from the reality of death.

But there is something that can give the self ultimate and infinite connection -- and that thing is oneness, our essence. The self's struggle for authenticity and definition will never end unless it's connected to its creator -- to you and to me. And that can happen with awareness -- awareness of the reality of oneness and the projection of self-hood. For a start, we can think about all the times when we do lose ourselves. It happens when I dance, when I'm acting. I'm earthed in my essence, and my self is suspended. In those moments, I'm connected to everything -- the ground, the air, the sounds, the energy from the audience. All my senses are alert and alive in much the same way as an infant might feel -- that feeling of oneness.

And when I'm acting a role, I inhabit another self, and I give it life for awhile, because when the self is suspended so is divisiveness and judgment. And I've played everything from a vengeful ghost in the time of slavery to Secretary of State in 2004. And no matter how other these selves might be, they're all related in me. And I honestly believe the key to my success as an actor and my progress as a person has been the very lack of self that used to make me feel so anxious and insecure. I always wondered why I could feel others' pain so deeply, why I could recognize the somebody in the nobody. It's because I didn't have a self to get in the way. I thought I lacked substance, and the fact that I could feel others' meant that I had nothing of myself to feel. The thing that was a source of shame was actually a source of enlightenment.

And when I realized and really understood that my self is a projection and that it has a function, a funny thing happened. I stopped giving it so much authority. I give it its due. I take it to therapy. I've become very familiar with its dysfunctional behavior. But I'm not ashamed of my self. In fact, I respect my self and its function. And over time and with practice, I've tried to live more and more from my essence. And if you can do that, incredible things happen.

I was in Congo in February, dancing and celebrating with women who've survived the destruction of their selves in literally unthinkable ways -- destroyed because other brutalized, psychopathic selves all over that beautiful land are fueling our selves' addiction to iPods, Pads, and bling, which further disconnect ourselves from ever feeling their pain, their suffering, their death. Because, hey, if we're all living in ourselves and mistaking it for life, then we're devaluing and desensitizing life. And in that disconnected state, yeah, we can build factory farms with no windows, destroy marine life and use rape as a weapon of war. So here's a note to self: The cracks have started to show in our constructed world, and oceans will continue to surge through the cracks, and oil and blood, rivers of it.

Crucially, we haven't been figuring out how to live in oneness with the Earth and every other living thing. We've just been insanely trying to figure out how to live with each other -- billions of each other. Only we're not living with each other; our crazy selves are living with each other and perpetuating an epidemic of disconnection.

Let's live with each other and take it a breath at a time. If we can get under that heavy self, light a torch of awareness, and find our essence, our connection to the infinite and every other living thing. We knew it from the day we were born. Let's not be freaked out by our bountiful nothingness. It's more a reality than the ones our selves have created. Imagine what kind of existence we can have if we honor inevitable death of self, appreciate the privilege of life and marvel at what comes next. Simple awareness is where it begins.

Thank you for listening.

(Applause)

他者の受容 このテーマを聞いたとき 他者の受容とは 自己を受け入れることだと思いました それを理解し 受け入れるところまで たどり着くのは わたしには興味深い道のりでした そこからもたらされた自己という 考え全体に対する理解は 皆さんと共有するに値すると思います

誰もがもつ自己とは 生まれもったものではないと思います 生まれたての赤ちゃんは すべてのものの一部だと信じていて 切り離されていません 同一性とも言えるその根本的な感覚は すぐに失われ 第一段階は終了します 同一性の感覚は幼年時代の 未成熟で原始的なものです それは真のものではなくなり 別れていることが 真のものとなります 幼児期の初めに 自己という考えが 形成され始めます その小さな同一性には名前がつけられ あらゆることを教えられます それら詳細や 意見や考えは 事実となり 自己やアイデンティティを 形成していきます その自己が 社会的世界を 渡り歩くための手段になります でも その自己は他人の主観が投影されたものに基づく 主観の投影です それは本当のわたしたちの姿でしょうか それとも あこがれる姿? あるべき姿?

自己とアイデンティティの 関わり合いは わたしが育つ中で とても厄介なものでした わたしが世に示そうとした自己は 幾度となく拒否されました かみ合う自己をもたないことから 起きるパニックと 拒否される自己から生まれる 困惑は 不安や恥や絶望を生みだしました それは長い間 わたしを明確に示しているようなものでした でも振り返ってみると 自己が幾度となく打ちのめされる為に あるパターンが見え始めました 自己は変わり 影響され 壊される でも また別の自己が現れる 時に強く 時に憎たらしく 時に嫌々ながら いつも違った自己が現れました 何度 わたしの自己は 息絶えなくてはいけなかったのでしょう そもそも そこには 生きた自己などなかったのに

わたしは70年代に 英国の海岸沿いの街で育ちました 父はコーンウォール出身の白人で 母はジンバブエ出身の黒人です わたしたちが家族であると 考えることですら 周囲には難しいことでした でも 自然のいたずらで 褐色の肌の赤ちゃんが生まれました でも5歳の頃から 周囲に調和していないことに気がついていました 修道女が運営する白人ばかりのカトリック校に通うわたしは 黒人で 神様はいないと思っていました つまり わたしは異例だったのです わたしの自己は その状況を把握しようとし つながりを求めました 周囲に調和し 似たものを見つけ 属する場が欲しいからです すると その存在や重要性が 認められるのです それはとても大切な 役割をもっています それがなくては 他者とつながりをもてません 計画を立てることもできなければ 人気や成功への階段を 登ることもできません でも わたしの肌の色は相応しくなく 髪の毛も相応しくなく わたしの経歴も相応しくなく わたしの自己は 他者として特徴づけられるようになりました その社会的世界では わたしが存在しないことを意味し わたしは少女になる前でさえ 別の人間になっていました 目立つのに 取るに足らない人間だったのです

その頃 別の世界が 広がりつつありました それは演技とダンスです しつこいほどに感じていた自己の恐怖は ダンスをするときに感じることはありませんでした 夢中になって踊りました ダンスは上手かったのです 感情的な表現は すべてダンスで 表現しました ダンスの中では 実生活ではなれない自分に なれたのです

16歳のとき 別の機会に巡り合いました 初めて映画に出演できることになりました 演技をしているときに感じる 心の平和は 言葉では表せません 機能していない自己が 別の自己に つながることができたのです とても嬉しかったです きちんと機能している自己に 自分が存在できた初めてのときでした それは自らコントロールし 方向性を決め 命を吹き込んだ自己です でも撮影日が終われば わたしはまた ぎこちない自己へと戻るのでした

19歳には 一人前の 映画女優になっていましたが それでも位置づけを模索していました わたしは大学で 人類学を学ぶことにしました フィリス・リー博士との面接のときです “人種の定義って?” と尋ねられました わかっているつもりで “肌の色です” と答えました “遺伝的特徴?” と博士は言いました “それは間違っているわ だって 遺伝的な違いで言えば 黒人であるケニア人と ウガンダ人を比べる方が 黒人であるケニア人と 白人のノルウェー人よりも大きいのよ 皆 ルーツはアフリカにあるから アフリカには 遺伝的な多様性が生まれる 時間があったのよ” 言い換えれば 人種とは生物学的事実にも 科学的事実にも根拠はないのです 答えは得られました その反面 わたしの自己の定義は 大きく信憑性を失くしてしまったのです でも 信頼できたものや 生物学にも科学的にも事実であるのは 誰でもさかのぼるとアフリカにたどりつくことです 実際に16万年前に生きていた ミトコンドリア・イヴという女性にたどりつきます 人種とは 人間がつくりだした 非論理的な概念で そのもとにあるのは 恐怖と無知なのです

不思議なことに これがわかっても 他者であると感じ続けていたわたしの自尊心の低さが 治ることはありませんでした 姿を消したいと願う望みは とても強かったのです ケンブリッジ大学を卒業し 女優として売れていたのに 自己は悲惨なものでした わたしは過食症になり セラピストの世話になっていました こうなったのも無理はありません 自分がもちあわせた自己が わたしのすべてだと信じ切っていました 自分の価値は 他の何よりも 価値があると思っていました 他にどう考えられたというのでしょう? わたしたちは 自己価値を支持する 価値システムや 物理的現実をつくりあげてきたのです 自己像のためにつくられた産業や そこから生まれる仕事の数々や 収益を考えてください 自己は生きているものと 推測しても間違いないでしょう でも それは投影されたもので 人間の賢い脳が 我々を死の現実から 欺くためにつくり上げるものです

しかし自己に 究極で無限のつながりを 与えるものがあります それは 同一性です わたしたちの本質です 確実性と定義を 自己が求めるようともがくのも つくりあげる主 つまり あなたやわたしとつながりを見せなければ 決してなくなることはありません それは気づきで起こります 同一性の現実 そして自己の投影に 気づくことです まず 自己を失うときを 考えてみるといいでしょう わたしはダンスをするとき 演技をするときに それは起こります わたしは本質の中へと入り込み 自己は宙に浮くのです そのようなとき わたしはすべてとつながります 土や空気や音 観客のエネルギー わたしの感覚すべては 研ぎ澄まされます それは幼児が同一性の感覚を 感じるのと似ています

わたしは演技をするとき 別の自己に宿り しばらく命を授けます なぜなら 自己が宙に浮くと 分裂性や判断力も 宙に浮くからです 今まで演じた役は様々で 奴隷制時代の執念深い幽霊から 2004年の国務長官まで演じてきました 他の自己が どんなものであっても 共感できるものがありました わたしが本当に信じてやまないのは 女優業で成功できたり 人として進歩できたのは 自己の欠落によって 不安な気持ちになったり 自信がなかったことだと思います わたしはいつも なぜ他人の痛みを理解出来たり 名もなき人間に共感できるのかと 不思議に感じていたのですが それは わたしには邪魔する自己がなかったからなのです わたしには中身がないのかと思いました 他人を理解できるのは 自分に何も感じるものがないことを意味しているのかと思いました 恥ずかしさの原因だったものは 実は気づきの素でした

そして 自己が投影であり 役割をもっていることに気づき 理解したときに おもしろい事が起きました 自己にコントロールさせることをやめ すべきことはさせました セラピーにも連れて行き そのきちんとしない行動を 知り尽くしました でも 自分を恥じてはいません むしろ自己と その役目を 尊敬しています 時間と練習を重ねることで もっと自らの本質で 生きようと努力しました 皆さんも そうできれば 驚くべきことが起きます

わたしは2月にコンゴにいました 地元の女性たちと 踊ったりお祝いをしたのです 彼らは想像もできないやり方で 自己を破壊された女性たちです 残虐で狂った人たちが うつくしき土地の至る所で iPodやiPadや宝飾品などをほしがる わたしたちの欲をあおっているからです それは彼らの痛みや 苦しみや 死を さらにわたしたちから 引き離すのです なぜなら だれもが 自己の中で暮らし それを人生だと捉え違えると 人生の価値を下げ 無感覚にしているのです つながりのない状態にいると 窓のない工場をつくりだし 海洋生物を全滅させ レイプを兵器として使えるのです 自己への覚書を残しましょう わたしたちが作り上げた世界には 亀裂が見え始めていて その亀裂には波が押し寄せ 大量に そして勢いよく 油が流れ込み 血が流れ込んでいます

決定的なのは私たちは 地球や命あるものと どう調和して暮らせるか まだわからずにいます 気違いじみたように 何十億人もの他者と 共存できるか答えを出そうとしてきたのです でも そこで暮らすのは 狂った自己で 引き離しの蔓延を 永続させているのです

皆と共に生きましょう そして 一呼吸ずつ進めましょう もし 重い自己の下へと潜り込み 気づきの光をともし わたしたちの本質や 命あるいかなるものと 永遠のつながりを見つけたら… 誕生したときから わかっていることです 何もないことには 恐れないことにしましょう それはつくりあげられたものよりも 現実味があるのです もしも 必ず訪れる自己の死をたたえ 人生がもたらす恩恵を感謝し 先行きに目を見張れば どんな存在を手に入れられるか想像してください 簡単な気づきが 始まりなのです

どうもありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画