TED日本語 - ローリー・スチュアート: アフガニスタン戦争を終わらせよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ローリー・スチュアート: アフガニスタン戦争を終わらせよう

TED Talks

アフガニスタン戦争を終わらせよう
Time to end the war in Afghanistan
ローリー・スチュアート
Rory Stewart

内容

イギリス国会議員のローリー?スチュアートは、9・11の後、アフガニスタンを歩きまわり、市民や軍人と同様に話をしてきました。10年たった今、彼は、「どうして未だに、欧米の連合軍はアフガニスタンで戦っているんだ」と問いかけます。ボスニアなどの、過去に成功した軍事介入の例を挙げて、彼は、謙虚な姿勢と専門的知識が成功の鍵だと説いています。

Script

The question today is not: Why did we invade Afghanistan? The question is: why are we still in Afghanistan one decade later? Why are we spending $ 135 billion? Why have we got 130,000 troops on the ground? Why were more people killed last month than in any preceding month of this conflict? How has this happened? The last 20 years has been the age of intervention, and Afghanistan is simply one act in a five-act tragedy. We came out of the end of the Cold War in despair. We faced Rwanda; we faced Bosnia, and then we rediscovered our confidence. In the third act, we went into Bosnia and Kosovo and we seemed to succeed. In the fourth act, with our hubris, our overconfidence developing, we invaded Iraq and Afghanistan, and in the fifth act, we plunged into a humiliating mess.

So the question is: What are we doing? Why are we still stuck in Afghanistan? And the answer, of course, that we keep being given is as follows: we're told that we went into Afghanistan because of 9/11, and that we remain there because the Taliban poses an existential threat to global security. In the words of President Obama, "If the Taliban take over again, they will invite back Al-Qaeda, who will try to kill as many of our people as they possibly can." The story that we're told is that there was a "light footprint" initially -- in other words, that we ended up in a situation where we didn't have enough troops, we didn't have enough resources, that Afghans were frustrated -- they felt there wasn't enough progress and economic development and security, and therefore the Taliban came back -- that we responded in 2005 and 2006 with troop deployments, but we still didn't put enough troops on the ground. And that it wasn't until 2009, when President Obama signed off on a surge, that we finally had, in the words of Secretary Clinton, "the strategy, the leadership and the resources." So, as the president now reassures us, we are on track to achieve our goals.

All of this is wrong. Every one of those statements is wrong. Afghanistan does not pose an existential threat to global security. It is extremely unlikely the Taliban would ever be able to take over the country -- extremely unlikely they'd be able to seize Kabul. They simply don't have a conventional military option. And even if they were able to do so, even if I'm wrong, it's extremely unlikely the Taliban would invite back Al-Qaeda. From the Taliban's point of view, that was their number one mistake last time. If they hadn't invited back Al-Qaeda, they would still be in power today.

And even if I'm wrong about those two things, even if they were able to take back the country, even if they were to invite back Al-Qaeda, it's extremely unlikely that Al-Qaeda would significantly enhance its ability to harm the United States or harm Europe. Because this isn't the 1990s anymore. If the Al-Qaeda base was to be established near Ghazni, we would hit them very hard, and it would be very, very difficult for the Taliban to protect them.

Furthermore, it's simply not true that what went wrong in Afghanistan is the light footprint. In my experience, in fact, the light footprint was extremely helpful. And these troops that we brought in -- it's a great picture of David Beckham there on the sub-machine gun -- made the situation worse, not better. When I walked across Afghanistan in the winter of 2001-2002, what I saw was scenes like this. A girl, if you're lucky, in the corner of a dark room -- lucky to be able to look at the Koran. But in those early days when we're told we didn't have enough troops and enough resources, we made a lot of progress in Afghanistan. Within a few months, there were two and a half million more girls in school. In Sangin where I was sick in 2002, the nearest health clinic was within three days walk. Today, there are 14 health clinics in that area alone. There was amazing improvements. We went from almost no Afghans having mobile telephones during the Taliban to a situation where, almost overnight,three million Afghans had mobile telephones. And we had progress in the free media. We had progress in elections -- all of this with the so-called light footprint.

But when we began to bring more money, when we began to invest more resources, things got worse, not better. How? Well first see, if you put 125 billion dollars a year into a country like Afghanistan where the entire revenue of the Afghan state is one billion dollars a year, you drown everything. It's not simply corruption and waste that you create; you essentially replace the priorities of the Afghan government, the elected Afghan government, with the micromanaging tendencies of foreigners on short tours with their own priorities. And the same is true for the troops.

When I walked across Afghanistan, I stayed with people like this. This is Commandant Haji Malem Mohsin Khan of Kamenj. Commandant Haji Malem Mohsin Khan of Kamenj was a great host. He was very generous, like many of the Afghans I stayed with. But he was also considerably more conservative, considerably more anti-foreign, considerably more Islamist than we'd like to acknowledge. This man, for example, Mullah Mustafa, tried to shoot me. And the reason I'm looking a little bit perplexed in this photograph is I was somewhat frightened, and I was too afraid on this occasion to ask him, having run for an hour through the desert and taken refuge in this house, why he had turned up and wanted to have his photograph taken with me. But 18 months later, I asked him why he had tried to shoot me. And Mullah Mustafa -- he's the man with the pen and paper -- explained that the man sitting immediately to the left as you look at the photograph, Nadir Shah had bet him that he couldn't hit me. Now this is not to say Afghanistan is a place full of people like Mullah Mustafa. It's not; it's a wonderful place full of incredible energy and intelligence. But it is a place where the putting-in of the troops has increased the violence rather than decreased it.

2005, Anthony Fitzherbert, an agricultural engineer, could travel through Helmand, could stay in Nad Ali, Sangin and Ghoresh, which are now the names of villages where fighting is taking place. Today, he could never do that. So the idea that we deployed the troops to respond to the Taliban insurgency is mistaken. Rather than preceding the insurgency, the Taliban followed the troop deployment, and as far as I'm concerned, the troop deployment caused their return.

Now is this a new idea? No, there have been any number of people saying this over the last seven years. I ran a center at Harvard from 2008 to 2010, and there were people like Michael Semple there who speak Afghan languages fluently, who've traveled to almost every district in the country. Andrew Wilder, for example, born on the Pakistan-Iranian border, served his whole life in Pakistan and Afghanistan. Paul Fishstein who began working there in 1978 -- worked for Save the Children, ran the Afghan research and evaluation unit. These are people who were able to say consistently that the increase in development aid was making Afghanistan less secure, not more secure -- that the counter-insurgency strategy was not working and would not work. And yet, nobody listened to them. Instead, there was a litany of astonishing optimism.

Beginning in 2004, every general came in saying, "I've inherited a dismal situation, but finally I have the right resources and the correct strategy, which will deliver," in General Barno's word in 2004, the "decisive year." Well guess what? It didn't. But it wasn't sufficient to prevent General Abuzaid saying that he had the strategy and the resources to deliver, in 2005, the "decisive year." Or General David Richards to come in 2006 and say he had the strategy and the resources to deliver the "crunch year." Or in 2007, the Norwegian deputy foreign minister, Espen Eide, to say that that would deliver the "decisive year." Or in 2008, Major General Champoux to come in and say he would deliver the "decisive year." Or in 2009, my great friend, General Stanley McChrystal, who said that he was "knee-deep in the decisive year." Or in 2010, the U.K. foreign secretary, David Miliband, who said that at last we would deliver the "decisive year." And you'll be delighted to hear in 2011, today, that Guido Westerwelle, the German foreign minister, assures us that we are in the "decisive year."

(Applause)

How do we allow any of this to happen? Well the answer, of course, is, if you spend 125 billion or 130 billion dollars a year in a country, you co-opt almost everybody. Even the aid agencies, who begin to receive an enormous amount of money from the U.S. and the European governments to build schools and clinics, are somewhat disinclined to challenge the idea that Afghanistan is an existential threat to global security. They're worried, in other words, that if anybody believes that it wasn't such a threat -- Oxfam, Save the Children wouldn't get the money to build their hospitals and schools. It's also very difficult to confront a general with medals on his chest. It's very difficult for a politician, because you're afraid that many lives have been lost in vain. You feel deep, deep guilt. You exaggerate your fears, and you're terrified about the humiliation of defeat.

What is the solution to this? Well the solution to this is we need to find a way that people like Michael Semple, or those other people, who are telling the truth, who know the country, who've spent 30 years on the ground -- and most importantly of all, the missing component of this -- Afghans themselves, who understand what is going on. We need to somehow get their message to the policymakers. And this is very difficult to do because of our structures.

The first thing we need to change is the structures of our government. Very, very sadly, our foreign services, the United Nations, the military in these countries have very little idea of what's going on. The average British soldier is on a tour of only six months; Italian soldiers, on tours of four months; the American military, on tours of 12 months. Diplomats are locked in embassy compounds. When they go out, they travel in these curious armored vehicles with these somewhat threatening security teams who ready 24 hours in advance who say you can only stay on the ground for an hour.

In the British embassy in Afghanistan in 2008, an embassy of 350 people, there were only three people who could speak Dari, the main language of Afghanistan, at a decent level. And there was not a single Pashto speaker. In the Afghan section in London responsible for governing Afghan policy on the ground, I was told last year that there was not a single staff member of the foreign office in that section who had ever served on a posting in Afghanistan. So we need to change that institutional culture. And I could make the same points about the United States and the United Nations.

Secondly, we need to aim off of the optimism of the generals. We need to make sure that we're a little bit suspicious, that we understand that optimism is in the DNA of the military, that we don't respond to it with quite as much alacrity. And thirdly, we need to have some humility. We need to begin from the position that our knowledge, our power, our legitimacy is limited. This doesn't mean that intervention around the world is a disaster. It isn't.

Bosnia and Kosovo were signal successes, great successes. Today when you go to Bosnia it is almost impossible to believe that what we saw in the early 1990s happened. It's almost impossible to believe the progress we've made since 1994. Refugee return, which the United Nations High Commission for Refugees thought would be extremely unlikely, has largely happened. A million properties have been returned. Borders between the Bosniak territory and the Bosnian-Serb territory have calmed down. The national army has shrunk. The crime rates in Bosnia today are lower than they are in Sweden.

This has been done by an incredible, principled effort by the international community, and, of course, above all, by Bosnians themselves. But you need to look at context. And this is what we've lost in Afghanistan and Iraq. You need to understand that in those places what really mattered was, firstly, the role of Tudman and Milosevic in coming to the agreement, and then the fact those men went, that the regional situation improved, that the European Union could offer Bosnia something extraordinary: the chance to be part of a new thing, a new club, a chance to join something bigger.

And finally, we need to understand that in Bosnia and Kosovo, a lot of the secret of what we did, a lot of the secret of our success, was our humility -- was the tentative nature of our engagement. We criticized people a lot in Bosnia for being quite slow to take on war criminals. We criticized them for being quite slow to return refugees. But that slowness, that caution, the fact that President Clinton initially said that American troops would only be deployed for a year, turned out to be a strength, and it helped us to put our priorities right.

One of the saddest things about our involvement in Afghanistan is that we've got our priorities out of sync. We're not matching our resources to our priorities. Because if what we're interested in is terrorism, Pakistan is far more important than Afghanistan. If what we're interested in is regional stability, Egypt is far more important. If what we're worried about is poverty and development, sub-Saharan Africa is far more important. This doesn't mean that Afghanistan doesn't matter, but that it's one of 40 countries in the world with which we need to engage.

So if I can finish with a metaphor for intervention, what we need to think of is something like mountain rescue. Why mountain rescue? Because when people talk about intervention, they imagine that some scientific theory -- the Rand Corporation goes around counting 43 previous insurgencies producing mathematical formula saying you need one trained counter-insurgent for every 20 members of the population. This is the wrong way of looking at it. You need to look at it in the way that you look at mountain rescue.

When you're doing mountain rescue, you don't take a doctorate in mountain rescue, you look for somebody who knows the terrain. It's about context. You understand that you can prepare, but the amount of preparation you can do is limited -- you can take some water, you can have a map, you can have a pack. But what really matters is two kinds of problems -- problems that occur on the mountain which you couldn't anticipate, such as, for example, ice on a slope, but which you can get around, and problems which you couldn't anticipate and which you can't get around, like a sudden blizzard or an avalanche or a change in the weather.

And the key to this is a guide who has been on that mountain, in every temperature, at every period -- a guide who, above all, knows when to turn back, who doesn't press on relentlessly when conditions turn against them. What we look for in firemen, in climbers, in policemen, and what we should look for in intervention, is intelligent risk takers -- not people who plunge blind off a cliff, not people who jump into a burning room, but who weigh their risks, weigh their responsibilities. Because the worst thing we have done in Afghanistan is this idea that failure is not an option. It makes failure invisible, inconceivable and inevitable. And if we can resist this crazy slogan, we shall discover -- in Egypt, in Syria, in Libya, and anywhere else we go in the world -- that if we can often do much less than we pretend, we can do much more than we fear.

Thank you very much.

(Applause)

Thank you. Thank you very much. Thank you. Thank you very much. Thank you. Thank you. Thank you.

(Applause)

Thank you. Thank you. Thank you. Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Rory, you mentioned Libya at the end. Just briefly, what's your take on the current events there and the intervention?

Rory Stewart: Okay, I think Libya poses the classic problem. The problem in Libya is that we are always pushing for the black or white. We imagine there are only two choices: either full engagement and troop deployment or total isolation. And we are always being tempted up to our neck. We put our toes in and we go up to our neck. What we should have done in Libya is we should have stuck to the U.N. resolution. We should have limited ourselves very, very strictly to the protection of the civilian population in Benghazi. We could have done that. We set up a no-fly zone within 48 hours because Gaddafi had no planes within 48 hours. Instead of which, we've allowed ourselves to be tempted towards regime change. In doing so, we've destroyed our credibility with the Security Council, which means it's very difficult to get a resolution on Syria, and we're setting ourselves up again for failure. Once more, humility, limits, honesty, realistic expectations and we could have achieved something to be proud of.

BG: Rory, thank you very much.

RS: Thank you. (BG: Thank you.)

今日、問われるべきことは 「なぜ、アフガニスタンに侵攻したのか」ではないのです。 つまり、 なぜ、10年たった今も アフガニスタンにいるのか、ということなんです。 なぜ、1350億ドルものお金を つぎこんでいるのか なぜ、13万人もの兵士を動員しているのか なぜ、先月、 戦争が始まって以来、 最も多くの犠牲者が 出たのかということなんです。 どうして、こんなことになってしまったのでしょうか。 この20年間は 戦争介入の20年間でした。 アフガニスタンへの侵攻は、 その間に起こった、5つの戦争介入のうちの一つです。 冷戦終結後の陰鬱としていた時に 介入は始まりました。 ルワンダに行き、 ボスニアにも行きました。 そこで、自分たちの力を再確認し、自信を持ちました。 3つめに、ボスニアとコソボに介入し、 成功しました。 そして、傲慢さや 自信過剰が、4つ目の イラクとアフガニスタンへの介入を引き起こしました。 そして、今、5つめにあたる、 収拾のつかない混乱に陥っているわけです。

ですから、一体全体、何をしているのか、ということなんです。 どうして、今もアフガニスタンで立ち往生しているのでしょうか? それに対する答えは、 何度も、 聞かされてきました。 9・11テロのために アフガニスタンに侵攻したが、 今も、タリバンの脅威が消え去っていないので、 世界の安全を考えて、アフガニスタンに留まっている。 という風に。 オバマ大統領は、 タリバンの勢力がまた強まれば、 大量殺戮を企てるアルカイダを 引き寄せるだろう、 と言っています。 つまり、 当初、小規模で介入したので、 結局のところ、 十分な数の軍がおらず、 物資も足りなくなり、結果、 アフガニスタンの人たちを苦しめていると言うわけです。 経済発展や 治安回復が十分に進んでいない、 だから、タリバンが戻ってきたのだと考えていました。 それで、2005年、2006年に 軍を配置しました。 しかし、軍の数は十分でなかったのです。 そして、2009年にオバマ大統領が 支援を増やしました。 クリントン国務長官の言葉をかりれば、 「戦略、リーダーシップ、資源」が やっと手に入ったのです。 こうして、オバマ大統領はアフガニスタンが平和への軌道に乗ったことを 説いたわけです。

ところが、これらは、みんな間違っています。 すべて間違いです。 アフガニスタンには、 世界平和を脅かすような 潜在的な危険はありません。 タリバンがカブールを制圧し、 アフガニスタンをのっとるなんて、 まったくもって、ありえません。 タリバンには、それだけの軍事力はありません。 もし仮に、私が間違っていて、彼らが制圧できるとしても、 タリバンがアルカイダを呼び寄せることは まったくもってありえません。 タリバンからすれば、 前回、アルカイダを呼び寄せたのは、最大の過ちだったのです。 もし、アルカイダを呼び寄せていなければ、 今日も、勢力を維持し続けていられたでしょう。

さらに、今、私が言った2つのことが間違いで、 タリバンが、アフガニスタンを制圧し、 アルカイダを呼び寄せようとしたとしても、 アルカイダが、勢力を拡大して、 アメリカやヨーロッパを攻撃する ということは起こりません。 ありえません。 というのも、今は、もう1990年代ではないからです。 もしアルカイダが、 ガズニーの付近に基地を作ろうとすれば 我々が徹底的に攻撃するでしょうし、 タリバンもアルカイダを守るのは 困難でしょう。

さらに言うなれば、 小規模な介入のせいで、アフガニスタンを 混乱に陥れたというのは、まったくもって間違っています。 私の経験では、実際、 小規模作戦は非常に有効だと思います。 我々が投入した軍隊、 ところで、このデイビッド・ベッカムがサブマシンガンを持ってる 写真、いいですね。 そう、その軍隊が状況を悪化させたのです。 2001年から2002年にかけた冬に アフガニスタンを歩き回った時に、 こんな光景を目にしました。 暗い部屋の片隅で女の子が コーランを眺めています。これは、 その女の子は恵まれていると言えます。 十分な軍隊や、物資がなかったと言われる 当初のアフガニスタンでも 多くの成果が見られました。 数か月の間に、 250万人以上の女子が学校に通うようになりました。 2002年に私が病気になったサンギンでは、 最寄の病院が、 歩いて3日かかる距離の中に一つあるだけでした。 ところが、今日では、その区域の中に14もの病院が あります。 驚くべき進歩もありました。 タリバンが支配していたころには、 アフガニスタンの人はほとんど誰も 携帯電話を持っていませんでしたが、 急速に、300万人の人が携帯を持つようになったのです。 フリーメディアの分野も進歩し、 選挙も改善されました。 これらはみな、小規模な介入のおかげで起こったのです。

しかしながら、我々からの 経済支援や投資が増えると事態は よくなるどころか、悪化してしまいました。どうしてでしょう。 そもそも、年間1250億ドルもの大金を 国家の年間予算が10億ドルほどの アフガニスタンのような国に 投入したら、 すべてをめちゃくちゃにするだけです。 汚職や無駄を招くだけでは ありません。 選挙によって選ばれたはずの、アフガニスタン政府よりも 滞在が短い上に、 うるさく干渉してくる 外国人の方が 優先されてしまうのです。 これは、軍隊でも同じです。

アフガニスタンを歩き回っていた時に、 こんな人たちと共に過ごしました。 その内の一人、カマンジのカマンジハジ・マーレム・モーシン・ハン長官は、 素晴らしいもてなしをしてくれました。 私がともに過ごした、他の多くのアフガニスタンの人 と同様に、親切な人でした。 けれども、彼は、私たちが 思っている以上に、保守的で、 外国に対して排他的で イスラーム主義でした。 また、ムラー・ムスタファという人は 私を撃とうとしました。 この写真で、私が、少し困惑している様に見えますが、 いくぶんか、恐ろしかったのです。 それに、1時間も砂漠の中を走り回って この家に避難したところだったので、 どうして私と一緒に写真を撮るのか 恐ろしくて、とても聞ける状況ではありませんでした。 でも、一年半後 なぜ、私を撃とうとしたか聞いてみました。 ムラー・ムスタファは、写真上で紙とペンを持ってる人です。 ムラー・ムスタファは、この写真の一番左にいる、 ナディア・シャーという人が、 ムラーには、私を撃つことができないと言ってのけたからだと説明しました。 しかし、アフガニスタンはムラー・ムスタファのような人で いっぱいな場所だと言いたいのではありません。 違います。素晴らしい場所です。 輝かしいエネルギーと知性に満ち溢れる場所です。 ただ、軍の配備によって 攻撃的行為が減るどころか、 増えてしまった場所でもあります。

2005年に、農業工学者の アンソニー・フィツァーバートは ヘルマンドを旅することができ、 ナド・アリやサンギン、フォレシュに滞在することもできました。 これらの村は今、戦闘地域になっているところです。 今ではそんな事はできません。 結局、タリバンの反乱に対して 軍を配置したのは 間違いだったのです。 軍の配置によって反乱を防ぐどころか タリバンがやって来てしまいました。 私が考える限りでは、 軍の配置が、タリバンを引き戻したのです。

さて、これは奇抜な考えでしょうか。 いいえ。大変多くの人が、 この7年間、私と同じことを言っています。 2008年から2010年まで、 私は、ハーバードの研究所にいました。 そこには、マイケル・センプルのように アフガニスタン語を流暢に話し、 アフガニスタンのほとんど全地域に行ったことのある人たちがいました。 例えば、アンドルー・ウィルダーは パキスタンとイランの国境で生まれ、 彼の人生のすべてを パキスタンとアフガニスタンに捧げました。 1978年に働き始めたポール?フィッシュスタインは セーブ?ザ?チルドレンで活動し、 アフガニスタンの調査部署を立ち上げました。 こうした人々が 軍の配置を増やしたことが アフガニスタンをより危険にしていると 言い続けているのです。 反乱を軍で制圧する作戦は、 機能することはないと主張しています。 それでも、未だに誰も彼らの話を聞きません。 うんざりするような 楽観的な話ばかりしています。

2004年以来、 どの司令官も、 「悪い状況を引き継いだが、 適切な人源、資源、正しい戦略のもとに 成果をあげるだろう」と言いました。 2004年、バーノ司令官は、 「決定的に重要な年だった」と言いました。 そんなはずはないのですが。 困った事にアブザイド司令官も 2005年に 彼は素晴らしい支援ができ、 「決定的に重要な年だった」と言っています。 今度は、デイビッド・リチャーズ司令官が 2006年はタリバンにとって 「試練の年だった」と言っています。 2007年には、 ノルウェーの副外相、エスペン・アイダが 「決定的に重要な年だった」と言い、 2008年には、シャンプー少将が、 「決定的に重要な年だった」と言い、 2009年には、私の親友でもある、 スタンレー・マククリスタル司令官は、 「決定的に重要な年に激務した」と言い、 2010年には、 イギリスの外務大臣、デイヴィッド・ミリバンドが 「決定的に重要な年になる」といい、 そして、もうおわかりのように、2011年の今、 ドイツの外務大臣、ギド・ヴェスターヴェレが 「我々は、今、決定的に重要な年にいる」と言っています。

(拍手)

どうしてこんなことが 起こっているのでしょうか。 その答えは、 年間1250億から1300億ドルものお金が 投入されることで、 ほとんどすべての人、 そして、学校や病院を建てるのに アメリカやヨーロッパ政府から 大金をもらっている 支援機関までもが、 アフガニスタンは、 世界平和を脅かす、 危険な場所だという考えを 否定しなくなっているのです。 言い換えれば、 アフガニスタンがそんなに危険だと思われなければ オックスファムや、セーブ・ザ・チルドレンは 学校や病院を建てる資金が 得られなくなるのです。 胸にメダルをかけた 司令官に立ちはだかるのは難しいことです。 政治家にも軍を止めるのは難しいでしょう。 多くの人がむなしく死んでいるのですから。 深い罪悪感が生まれ、 恐れが膨張しているのです。 そして、負けた時の屈辱を 恐れているのです。

どうすればよいのでしょうか 解決方法は、 マイケル・センプルなどの、 アフガニスタンで30年も暮らし、 地域のことをよくわかっていて、 真実を語る人たち、 そして、最も重要な事は 自国の状況が分かっている アフガニスタン人を力を 活用しなければなりません。 どうにかして、政治家に彼らのメッセージを 届けなければなりません。 でも、組織的にそれは とても難しい。

まず変えなければならないのは、 我々の政府の組織構造です。 本当に残念なことに 外務省や、国連、 そしてこうした国々の軍隊は、 何が起こってるのかほとんどわかっていません。 平均して、イギリスの兵士は6か月しか滞在しません。 イタリアの場合は4か月ですし、 アメリカは1年間です。 外交官は大使館にこもりっきりです。 外に出るときも、武装車に乗って 威圧感のある治安部隊を従えて出かけます。 この部隊は24時間体制で、 1時間以上、外にいるのを許可しません。

2008年、アフガニスタンにある イギリス大使館では、 350人の職員のうち、 アフガニスタンの主要言語である ダリー語を十分に話せる人が3人しかいませんでした。 パシュトー語を話す人は一人もいませんでした。 昨年、 ロンドンにある外務英連邦省の アフガニスタン部門には 誰一人として 現地で勤務した者が いない、という事を 聞きました。 ですから、こうした組織文化を変えねばなりません。 こうした問題点は、アメリカや 国連にも当てはまります。

次に、司令官たちの楽観主義を変えねばなりません。 慎重になって考え、 楽観主義というのは、 軍隊のDNAにしみこんでいると思わねばなりません。 そして、そうした楽観主義にすぐに 応じてはいけません。 加えて、謙虚な態度でなくてはなりません。 我々の知識や権力、 正当性というのは 絶対的ではない、という認識を 持つことから始めましょう。 別にこれは、 戦争介入が悪いという意味ではないのです。 そうではありません。

ボスニアとコソボの介入に関しては、 素晴らしい成功だった、と 言えます。 今、ボスニアに行ったら、 1990年初頭の状況が 想像できないでしょう。 1994年からの復興も 信じがたいでしょう。 国連難民高等弁務官事務所の 予想に大きく反して、 難民たちが 国に戻ってきました。 多くの財産が戻り、 ボスニアとクロアチアの境界も、 ボスニアとセルビアの境界も落ち着きました。 国軍は縮小し、 今日のボスニアの犯罪率は、 スウェーデンよりも低いのです。

こうしたことは、 国を越えた連携と、 信念に基づいた多大な努力と、 そして何よりも、 ボスニアの人たちによって成し遂げられました。 そして、この経緯こそ注目するべきです。 これこそが、アフガニスタンとイラクの介入のケースで 欠けているものなんです。 まず、重要なことは、 トゥジマンとミロシェビッチが 合意したことです。 そして、彼らが退き、 地域の情勢はよくなり、 EUがボスニアに驚くべき 申し出をしたんです。 それは、EUという新しく、 どんどん勢力を増す 集団に入らないかという申し出でした。

また、ボスニアとコソボにおける 成功の要因を大きく占めたのは、 我々が謙虚だったと言うことです。 謙虚さが この介入のの特徴でした。 我々は、ボスニア人の 戦犯者の処分や難民帰還に対する 取り組みが遅い事を 批判しました。 しかし、そうした、遅さ、慎重さ、 そして、クリントン元大統領が当初唱えた アメリカ軍は1年間しか配置しないという 指令が、結局、強みとなり、 スムーズにやるべきことを実行できたのです。

アフガニスタンの介入で 非常に残念だったのは、 目的からずれたことを優先していたことです。 適切な支援を適切な所にあてていません。 テロ対策を重要視するならば、 アフガニスタンよりパキスタンの方がはるかに重要です。 地域情勢の安定に重点をおくならば、 エジプトの方が重要です。 貧困や発展を気にかけているのならば、 サブサハラアフリカに注目するべきでしょう。 アフガニスタンのことは気にしなくていい、と言ってるのではありません。 ただ、アフガニスタンも、援助を必要とする 40カ国の一つだと言いたいのです。

最後に、この介入についてたとえ話をするならば、 必要なのは、 山岳救助隊のようなものです。 なぜ、山岳救助隊か。 介入について考える時、 科学的理論をもとに考えます。 ランド研究所は これまで発生した43の暴動を分析し、 数式を作った結果、 20人にごとに反暴動部隊が必要だと 判断したりします。 こうした見方が間違っているんです。 山岳救助隊のようにとらえなくてはいけないのです。

山岳救助をするときに 「山岳救助」の学位はいりません。 誰かその地域に詳しい人が必要です。 大事なのは状況把握なんです。 いくら準備するといっても、 準備できることは、 限られています。 水も持っていくでしょうし、地図も、 そしてリュックサックもいるでしょう。 でも、本当に大事なのは、 次の2つの状況です。 まず、山の斜面にある氷のように 避けることはできるけれども、 予測しえなかった状況、 そして、 突然の吹雪、なだれ、 気候変動など、 避けることができない上に、 予測しえなかった状況、です。

こういう時に、 どの季節も山で過ごし、 山のことを熟知していて、 いつ引き返すべきか、 わかっていて、 状況が悪くなったら 無理をしない ガイドが頼りになるのです。 つまり、介入において重要なのは 消防士、登山家、警察官のように 判断に優れ、 リスクを恐れない人なんです。 行き当たりばったりに崖に突っ込む人や、 燃えている部屋に飛び込む人ではなく リスクを負い、 責任を取ることができる人です。 アフガニスタンの介入において 最もいけなかったのは、 失敗は許されないという考えです。 そのせいで、失敗がなおざりにされ、 起こりえないと考えられながらも、防げなくなっているのです。 このとんでもないスローガンに こだわらなければ エジプト、シリア、リビア、 世界中のどこでも、 思った以上の成果が 思った以上の成果を上げられることが わかるでしょう。

ありがとうございました。

(拍手)

どうもありがとう。 ありがとう。 どうも。どうも。

(拍手)

ありがとう どうも、どうも。 ありがとう

(拍手)

ロリー、最後にリビアについて触れていたが、 簡単に、今のリビアと、そこへの介入についての あなたの考えを教えてくれますか?

はい、リビアは典型的な問題を抱えていると思います。 その問題というのは、 いつも我々が白黒をはっきりさせようとしてしまう、ということです。 いつも白か黒のどちらかしかないと思ってしまう。 つまり、完全に介入して、軍を配置するか、 完全に放っておくか、ということです。 それで、困難な状況になってしまう。 挑戦しても、結局、困難に陥ってしまう。 リビアに関して、なされるべきだったのは、 国連の判断に従うべきだったということです。 ベンガジの人々を助けるために、 厳しく自分たちを自制するべきだったのです。 できたはずです。 カダフィが飛行機を使っていない48時間の間に 飛行禁止区域を 設定しました。 そして、政治改革に関わって いったのです。 このリビアでの介入で、安保理は信頼を落としてしまいました。 結果的に、シリアに対して、 解決にあたるのが難しくなってしまいました。 そして、また失敗に行きつこうとしています。 もう一度言います。謙虚さ、 自制、誠実さ、 現実的な判断 これらがあれば、もっとうまくいっていたでしょう。

ロリー、ありがとう。

ありがとうございました。

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画