TED日本語 - ジュリア・バッチャ: 非暴力に注目を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジュリア・バッチャ: 非暴力に注目を

TED Talks

非暴力に注目を
Pay attention to nonviolence
ジュリア・バッチャ
Julia Bacha

内容

2003年、パレスチナの村ブドゥルスは、10ヶ月にわたり非暴力デモを繰り広げ、村のオリーブ園を横切る壁の建設を中止させました。このことを知っていましたか? 答えはきっと「No」でしょう。ブラジル人映画監督ジュリア・バッチャがこう問いかけます。「どうしてイスラエル・パレスチナ紛争の武力衝突にばかり注目し、いつか平和をもたらすかもしれない非暴力の指導者を無視するのですか。」

Script

I'm a filmmaker. For the last 8 years, I have dedicated my life to documenting the work of Israelis and Palestinians who are trying to end the conflict using peaceful means. When I travel with my work across Europe and the United States,one question always comes up: Where is the Palestinian Gandhi? Why aren't Palestinians using nonviolent resistance?

The challenge I face when I hear this question is that often I have just returned from the Middle East where I spent my time filming dozens of Palestinians who are using nonviolence to defend their lands and water resources from Israeli soldiers and settlers. These leaders are trying to forge a massive national nonviolent movement to end the occupation and build peace in the region. Yet, most of you have probably never heard about them. This divide between what's happening on the ground and perceptions abroad is one of the key reasons why we don't have yet a Palestinian peaceful resistance movement that has been successful.

So I'm here today to talk about the power of attention, the power of your attention, and the emergence and development of nonviolent movements in the West Bank, Gaza and elsewhere -- but today, my case study is going to be Palestine. I believe that what's mostly missing for nonviolence to grow is not for Palestinians to start adopting nonviolence, but for us to start paying attention to those who already are. Allow me to illustrate this point by taking you to this village called Budrus.

About seven years ago, they faced extinction, because Israel announced it would build a separation barrier, and part of this barrier would be built on top of the village. They would lose 40 percent of their land and be surrounded, so they would lose free access to the rest of the West Bank. Through inspired local leadership, they launched a peaceful resistance campaign to stop that from happening.

Let me show you some brief clips, so you have a sense for what that actually looked like on the ground.

(Music)

Palestinian Woman: We were told the wall would separate Palestine from Israel. Here in Budrus, we realized the wall would steal our land.

Israeli Man: The fence has, in fact, created a solution to terror.

Man: Today you're invited to a peaceful march. You are joined by dozens of your Israeli brothers and sisters.

Israeli Activist: Nothing scares the army more than nonviolent opposition.

Woman: We saw the men trying to push the soldiers, but none of them could do that. But I think the girls could do it.

Fatah Party Member: We must empty our minds of traditional thinking.

Hamas Party Member: We were in complete harmony, and we wanted to spread it to all of Palestine.

Chanting: One united nation. Fatah, Hamas and the Popular Front! News Anchor: The clashes over the fence continue.

Reporter: Israeli border police were sent to disperse the crowd. They were allowed to use any force necessary.

(Gunshots)

Man: These are live bullets. It's like Fallujah. Shooting everywhere.

Israeli Activist: I was sure we were all going to die. But there were others around me who weren't even cowering.

Israeli Soldier: A nonviolent protest is not going to stop the [ unclear ] .

Protester: This is a peaceful march. There is no need to use violence.

Chanting: We can do it! We can do it! We can do it!

Julia Bacha: When I first heard about the story of Budrus, I was surprised that the international media had failed to cover the extraordinary set of events that happened seven years ago, in 2003. What was even more surprising was the fact that Budrus was successful. The residents, after 10 months of peaceful resistance, convinced the Israeli government to move the route of the barrier off their lands and to the green line, which is the internationally recognized boundary between Israel and the Palestinian Territories. The resistance in Budrus has since spread to villages across the West Bank and to Palestinian neighborhoods in Jerusalem. Yet the media remains mostly silent on these stories. This silence carries profound consequences for the likelihood that nonviolence can grow, or even survive, in Palestine.

Violent resistance and nonviolent resistance share one very important thing in common; they are both a form of theater seeking an audience to their cause. If violent actors are the only ones constantly getting front-page covers and attracting international attention to the Palestinian issue, it becomes very hard for nonviolent leaders to make the case to their communities that civil disobedience is a viable option in addressing their plight.

The power of attention is probably going to come as no surprise to the parents in the room. The surest way to make your child throw increasingly louder tantrums is by giving him attention the first time he throws a fit. The tantrum will become what childhood psychologists call a functional behavior, since the child has learned that he can get parental attention out of it. Parents can incentivize or disincentivize behavior simply by giving or withdrawing attention to their children. But that's true for adults too. In fact, the behavior of entire communities and countries can be influenced, depending on where the international community chooses to focus its attention.

I believe that at the core of ending the conflict in the Middle East and bringing peace is for us to transform nonviolence into a functional behavior by giving a lot more attention to the nonviolent leaders on the ground today. In the course of taking my film to villages in the West Bank, in Gaza and in East Jerusalem, I have seen the impact that even one documentary film can have in influencing the transformation.

In a village called Wallajeh, which sits very close to Jerusalem, the community was facing a very similar plight to Budrus. They were going to be surrounded, lose a lot of their lands and not have freedom of access, either to the West Bank or Jerusalem. They had been using nonviolence for about two years but had grown disenchanted since nobody was paying attention. So we organized a screening. A week later, they held the most well-attended and disciplined demonstration to date. The organizers say that the villagers, upon seeing the story of Budrus documented in a film, felt that there were indeed people following what they were doing, that people cared. So they kept on going.

On the Israeli side, there is a new peace movement called Solidariot, which means solidarity in Hebrew. The leaders of this movement have been using Budrus as one of their primary recruiting tools. They report that Israelis who had never been active before, upon seeing the film, understand the power of nonviolence and start joining their activities. The examples of Wallajeh and the Solidariot movement show that even a small-budget independent film can play a role in transforming nonviolence into a functional behavior. Now imagine the power that big media players could have if they started covering the weekly nonviolent demonstrations happening in villages like Bil'in, Ni'lin, Wallajeh, in Jerusalem neighborhoods like Sheikh Jarrah and Silwan -- the nonviolent leaders would become more visible, valued and effective in their work.

I believe that the most important thing is to understand that if we don't pay attention to these efforts, they are invisible, and it's as if they never happened. But I have seen first hand that if we do, they will multiply. If they multiply, their influence will grow in the overall Israeli-Palestinian conflict. And theirs is the kind of influence that can finally unblock the situation. These leaders have proven that nonviolence works in places like Budrus. Let's give them attention so they can prove it works everywhere.

Thank you.

(Applause)

私は映画監督です この8年間 紛争を平和的手段で 終わらせようとする イスラエルとパレスチナの ドキュメンタリー制作に ついやしてきました ヨーロッパやアメリカに 仕事で行くといつも こう質問されます パレスチナにガンジーは? パレスチナ人はどうして 非暴力抵抗をしないんですか?

私は答えに困ります そういうとき私は中東での撮影から 戻ったばかりで 多数のパレスチナ人が 非暴力で土地や水資源を イスラエル軍や入植者から 守ろうとしているのを 目の当たりにした直後のことが多いのです 非暴力の先導者たちは 占領を止めさせ地域に平和を築くために 国家的規模の非暴力運動を 実現しようとしています でも彼らのことは 聞いたこともない人がほとんどでしょう パレスチナの平和的抵抗運動が まだ1度も成功していない 主な理由の1つは 現地で起きていることと 海外で知られていることの 差にあるのです

そこで私は今日 私たちの「注目」が持つ 影響力について話し 非暴力運動が高まり 進行している中で ヨルダン川西岸やガザではなく 今日はパレスチナに焦点を当てます 非暴力が拡大するために 最も足りないのは パレスチナ人が 非暴力で行動を起こすことではなく すでに非暴力を実践している人たちに対して 私たちが注目を注ぐことだと思います ブドゥルスという村を 皆さんにお見せしながら 説明させてください

7年ほど前 村は消滅するところでした イスラエルが建設を発表した 分離壁の一部が 村を通ることになったのです 40%の土地を失い 壁に囲まれ 西岸に自由に行き来することが できなくなるかもしれなかった 熱心な地元の指導者を中心に 村人はこれを止めさせるための 平和的抵抗運動を開始しました

映像を少しご覧ください 実際の現地の状況が お分かりいただけると思います

(音楽)

パレスチナ人女性:壁はパレスチナを イスラエルから分離するものと聞いていたのに ブドゥルスの土地が 奪われることが分かりました

イスラエル人男性:フェンスは テロに対する解決策だ

男性:今日 平和的行進に 参加してください イスラエル人の兄弟姉妹が多数 協力してくれます

イスラエル人活動家:軍にとって怖いのは 非暴力の相手です

女性:男達が兵隊を 押しのけようとしましたが 誰にもできませんでした でも女性たちにはできるかも

ファタハ党員:古い考え方を 捨てるべきです

ハマス党員:皆 一致団結していました パレスチナに広がってほしいと思いました

かけ声:団結した1つの国 ファタハ ハマス 人民戦線! キャスター:壁での衝突です

レポーター:派遣されたイスラエル国境警備隊は あらゆる武器が使用できます

(発砲)

男性:実弾です ファルージャみたいに発砲している

イスラエル人活動家:死ぬかと思いましたが 周りの人はかがみもしませんでした

イスラエル兵:非暴力デモが [不明瞭]を止めることはない

デモ参加者:平和的行進です 暴力の必要はありません

かけ声:私たちにはできる 私たちにはできる 私たちにはできる!

ジュリア:ブドゥルスのことを 初めて聞いたとき 7年前の2003年に 次々に起きた異例の出来事を 海外メディアが 取上げなかったことに 驚きました さらに驚いたのは ブドゥルスが成功したということでした 住民は 10ヶ月間の平和的抵抗の後 壁のルートを彼らの土地から イスラエルとパレスチナの領土の 国際的に認められた境界である グリーンラインへ移すように イスラエル政府を説得することに成功しました ブドゥルスでの抵抗は それ以来 ヨルダン川西岸の村々や エルサレムのパレスチナ地区へ広がりました それでもメディアはこの話題を ほとんど取り上げていません メディアによるこの沈黙は 非暴力がパレスチナで拡大 または存続する可能性を 大きく左右する 重大なものです

武装抵抗と 非暴力の抵抗には とても重要な共通点があります どちらもある種の「舞台」で 抵抗の原因に注目する観客が必要です 暴力的な役者がいつも 第一面に載ることで 国際社会の注目を パレスチナ問題に引きつければ 市民による反対が 自分たちの窮状に対処する 現実的な選択肢であると 非暴力の指導者たちが 地域の人々に主張することは 非常に困難になります

「注目」の影響力は お子さんがいる方であれば 当たり前と思われるでしょう 子どもが駄々をこねたとき 真っ先に相手をすれば その子の駄々っ子ぶりは どんどん悪化します 駄々をこねれば 親が注目してくれると 子供が学んでしまうのです これが児童心理学用語で言う 機能的行動です 子どもに注目するかしないかだけで 親は子どもの行動を 促すことも 止めさせることもできるのです そしてこれは大人にも言えます つまり 国際社会が 注目する対象として 何を選ぶかによって 地域や国全体の行動に 影響を与えることが できるのです

中東での紛争を終わらせて 平和をもたらす要は 私たちが 今現地にいる 非暴力の指導者たちに もっと大きな注目を注いで 非暴力を 機能的行動へと 変化させることだと思います パレスチナの村に 私の映画を紹介していく中で たった一つの映画が 与えることができる影響を 目の当たりにしました

エルサレムのすくそばにある ワラジェという村の人たちは ブドゥルスと非常に似た窮地に 立たされていました 壁で囲まれ 多くの土地を失い 他のパレスチナ地区に 自由に行けない状態になろうとしていました 約2年間にわたり非暴力を用いていましたが 誰からも注目されずに 望みを失っていました そこで上映会を開きました その1週間後 過去最多の参加者とともに 非常によく統制のとれた デモが行われました 主催者たちは 映画に記録された ブドゥルスのことを見てから 自分たちの活動に関心を持って 見てくれる人がいるのだと 村人が感じたと言っていました だから彼らは続けました

イスラエル側では ソリダリオトという平和運動が生まれています 「団結」という意味のヘブライ語で この運動の指導者たちはブドゥルスのことを 参加者募集の主な手段として用いています 彼らによれば 参加したことのない人も この映画を見ると 非暴力の力を理解し 活動に参加し始めるそうです ワラジェとソリダリオト この2つの運動の例は 個人が作る低予算の映画でも 非暴力を機能的行動に変える 一翼を担うことが できるということを示しています であれば 大手メディアが ビリンやニリン ワラジェなどの村や シェイクジャラやシルワン エルサレム周辺で 毎週起きている非暴力デモを 取り上げ始めたら それにどれだけの 影響力があるか 想像してみてください 非暴力の指導者たちは もっと目立って 評価されて 活動の効果も 高くなるでしょう

一番大切なことは こうした努力に 私たちが注目しなければ それが表に出てくることはなく 存在しなかったも同然になると 理解することだと思います でも 私たちが注目すれば 運動が拡大するということを 私は目の当たりにしました 運動が拡大すれば パレスチナ紛争に対する 影響も強まります そしてこの非暴力運動が 現在の状況を最終的に 打開する力を持っているのです 指導者たちは ブドゥルスなどで 非暴力の効果を証明しました どこででも効果を示せるよう 彼らに注目を注いでいきましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画