TED日本語 - ケイラ・ブリエット: 私がアートを制作するのは、伝統を受け継ぐタイムカプセルを作るため

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ケイラ・ブリエットは、アイデンティティと自己発見と、いつしか自分の文化が忘れ去られることへの恐怖心を模索するアートの制作者です。ケイラは、自分がどのようにして、自分の創造的な声を見つけ出し、声や物語を映像と音楽のタイムカプセルに組み込むことで、オランダ系インドネシア人と中国人とアメリカ先住民としての自分の物語を取り戻したかについて語ります。

Script

4歳のとき 父が私に タオス・プエブロの フープダンスを教えてくれました この伝統舞踊は 何百年も前に 合衆国の南西部で 生まれたものです 一連のフープは 柳の木から作られていて これらの輪を組み合わせることで 森羅万象を様々な形にして 生命の様々な美しさを表します このダンスは 一定の速さで回りながら 太陽の動きや 移りゆく時を模倣します このダンスをみて 私はとりこになりました まるでタイムカプセルで 文化という窓から 過去を 垣間見たような思いでした 私は 深いつながりを感じました それは 祖先の世界観へのつながりでした

それ以来 私はずっと タイムカプセルに夢中です 形は様々でありながら その共通点は 私たち人類にとって 抑えがたい魅力があることです なぜなら タイムカプセルは 記憶への入り口であり 物語を生かし続けるという 大切な力があるからです 映画製作者として作曲家として 私が続けている旅は 自分の「声」を見つけ 受け継いだ伝統や 過去の物語を取り戻し融合させて 音楽と映画の形のタイムカプセルに 入れて 人々に伝えることでした

自分の「声」を見つけた経緯を お伝えするために 私の生い立ちを少し お話ししたいと思います 私は 南カリフォルニアで 多世代が暮らす家に育ちました それは 1つ屋根の下に 両親、おじおば、祖父母が 一緒に暮らす家でした 母は オランダ系インドネシア人と 中国人の移民の両親の間に生まれ 父は アメリカ先住民 オジブワ族で 部族メンバーとして登録された プレーリー・バンド・ポタワトミという カンザス北東部の部族の一員です ですから 私はある週末には 点心の包み方を習い 次の週末には パウワウの集会で 伝統様式のダンスを習い ドラムと歌い手の 力強い音に 慣れ親しみました 多文化に囲まれることは 当たり前のことであると同時に 困惑する経験でした 自分の声を見つけるのは とても難しいことでした 私は 中国人としても オランダ系インドネシア人としても アメリカ先住民としても 十分だと感じたことがなかったからです 私は どの社会に対しても 帰属意識が持てなかったので 文化的に受け継いだ物語を学び つなぎ合わせることで 自分を再発見しようと努めました

自分の声を 授かったと感じた 初めての手段が音楽でした 幾重にも織りなす音と いくつもの楽器を用いることで 私は それまでよりもずっと大きな 世界と音の風景を作り出せたのです 音楽を通じて みなさんを 私の記憶と感情の入口へと誘い みなさんの記憶と感情を 映し出したいと思います 私が 好んで演奏する楽器の1つは 古箏という ハープに似た 中国の楽器です フープダンスが 数百年の歴史を持つのに対し 古箏には 2千年以上の歴史があります 私は 今の自分が大きな影響を受けた 音楽のスタイル ― 例えば電子音楽を かつて伝統的な民族音楽で使われた 楽器で演奏しています そして私はある興味深い つながりに気づきました 古箏は「5音の音階」に 調律されますが この音階は 世界中の 様々なジャンルの音楽に 広く知られていて そこには アメリカ先住民族の 音楽も含まれています 中国の民謡にも 先住民族の音楽にも 私は 過去を切望し 過去にすがるような この独特の響きを 感じています この感情に大きく触発されて 今の私は音楽を作っています

その時に 私は ひょっとしたらこの一体感を 映像と音声を重ね合わせ 音楽の上に映像と画像を載せることで さらに 強調できるのではないかと考えました オンラインでソフト編集を学び 大学は 地域の短大に通うことで お金を貯めて 映画制作をしました

2、3年実験的な制作をした後 17歳の時に 語りついで残したいと 思えるものに出会いました それは1つの問いで始まりました 「物語が忘れられたら どうなるのか?」 その問いから 監督指揮に至ったのが 最新ドキュメンタリ映画 『Smoke That Travels』です それは 見る人を 音楽と歌と 色と舞踏の世界に引き込みながら 私の独自性の根幹をなす 先祖から受け継いだ先住民としてのあり方が 忘れられることへの恐怖心を 掘り下げます

先住民の言語が多く失われつつあるのは 過去に同化政策が行われたせいです 1800年代末から1970年代初頭まで 先住民は 寄宿学校に強制収容され 伝統的なしきたりを実践したり 母語を使ったりすると ― ほとんどが 口伝伝承でした ― 暴力的に罰せられました 現在 アメリカ合衆国には 連邦政府に認知された部族が567います かつては 無数の部族がいたというのに 父の言葉によれば 「先住民族のアイデンティティは 髪を長い三つ編みにすることではない 羽根飾りや ビーズ刺繍のことではない 私たちが皆 人として自己を世界の 中心に位置づけられるかどうかだ」

私は この映画を携えて 1年以上 各地を旅して 世界中の先住民の人に会いました 日本のアイヌや スカンジナビアのサミ族や マオリ族などなど もっと沢山会いました するとどの民族も 全く同じ 大きな課題を抱えていました それは 自分たちの ことばと文化を守ることです

今の私は 物語が持つ 私たち人類を 皆結びつける力に気づくと共に この力に伴う責任にも 気づいています 物語が 書き換えられたり蔑ろにされたら 非常に危険な事態になり得ます なぜなら アイデンティティを否定されたら 透明人間になってしまうからです 私たちは皆 物語の語り手です 私たちが 物語を取り戻し 互いの声にちょっと耳を傾ければ その行為自体が 時を超越できる糸口となり得ます

ありがとうございました

(拍手)

When I was four years old, my dad taught me the Taos Pueblo Hoop Dance, a traditional dance born hundreds of years ago in Southwestern USA. A series of hoops are created out of willow wood, and they're threaded together to create formations of the natural world, showing the many beauties of life. In this dance, you're circling in a constant spin, mimicking the movement of the Sun and the passage of time. Watching this dance was magic to me. Like with a time capsule, I was taking a look through a cultural window to the past. I felt a deeper connection to how my ancestors used to look at the world around them.

Since then, I've always been obsessed with time capsules. They take on many forms, but the common thread is that they're uncontrollably fascinating to us as human beings, because they're portals to a memory, and they hold the important power of keeping stories alive. As a filmmaker and composer, it's been my journey to find my voice, reclaim the stories of my heritage and the past and infuse them into music and film time capsules to share.

To tell you a bit about how I found my voice, I'd like to share a bit about how I grew up. In Southern California, I grew up in a multigenerational home, meaning I lived under the same roof as my parents, aunts, uncles and grandparents. My mother is Dutch-Indonesian and Chinese with immigrant parents, and my father is Ojibwe and an enrolled tribal member of the Prairie Band's Potawatomi Tribe in Northeastern Kansas. So one weekend I'd be learning how to fold dumplings, and the next, I'd be traditional-style dancing at a powwow, immersed in the powerful sounds of drums and singers. Being surrounded by many cultures was the norm, but also a very confusing experience. It was really hard for me to find my voice, because I never felt I was enough -- never Chinese, Dutch-Indonesian or Native enough. Because I never felt I was a part of any community, I sought to learn the stories of my heritage and connect them together to rediscover my own.

The first medium I felt gave me a voice was music. With layers of sounds and multiple instruments, I could create soundscapes and worlds that were much bigger than my own. Through music, I'm inviting you into a sonic portal of my memories and emotions, and I'm holding up a mirror to yours. One of my favorite instruments to play is the guzheng zither, a Chinese harp-like instrument. While the hoop dance is hundreds of years old, the guzheng has more than 2,000 years of history. I'm playing the styles that greatly influence me today, like electronic music, with an instrument that was used to play traditional folk music long ago. And I noticed an interesting connection: the zither is tuned to the pentatonic scale, a scale that is universally known in so many parts of music around the world, including Native American folk songs. In both Chinese and Native folk, I sense this inherent sound of longing and holding onto the past, an emotion that greatly drives the music I create today.

At the time, I wondered if I could make this feeling of immersion even more powerful, by layering visuals and music -- visuals and images on top of the music. So I turned to internet tutorials to learn editing software, went to community college to save money and created films.

After a few years experimenting, I was 17 and had something I wanted to tell and preserve. It started with a question: What happens when a story is forgotten? I lead with this in my latest documentary film, "Smoke That Travels," which immerses people into the world of music, song, color and dance, as I explore my fear that a part of my identity, my Native heritage, will be forgotten in time.

Many indigenous languages are dying due to historically forced assimilation. From the late 1800s to the early 1970s, Natives were forced into boarding schools, where they were violently punished if they practiced traditional ways or spoke their native language, most of which were orally passed down. As of now, there are 567 federally recognized tribes in the United States, when there used to be countless more. In my father's words, "Being Native is not about wearing long hair in braids. It's not about feathers or beadwork. It's about the way we all center ourselves in the world as human beings."

After traveling with this film for over a year, I met indigenous people from around the world, from the Ainu of Japan, Sami of Scandinavia, the Maori and many more. And they were all dealing with the exact same struggle to preserve their language and culture.

At this moment, I not only realize the power storytelling has to connect all of us as human beings but the responsibility that comes with this power. It can become incredibly dangerous when our stories are rewritten or ignored, because when we are denied identity, we become invisible. We're all storytellers. Reclaiming our narratives and just listening to each other's can create a portal that can transcend time itself.

Thank you.

(Applause)

When I was four years old,/ my dad taught me/ the Taos Pueblo Hoop Dance,/ a traditional dance born hundreds of years ago/ in Southwestern USA.//

4歳のとき 父が私に タオス・プエブロの フープダンスを教えてくれました この伝統舞踊は 何百年も前に 合衆国の南西部で 生まれたものです

A series of hoops are created out of willow wood,/ and they're threaded together/ to create formations of the natural world,/ showing the many beauties of life.//

一連のフープは 柳の木から作られていて これらの輪を組み合わせることで 森羅万象を様々な形にして 生命の様々な美しさを表します

In this dance,/ you're circling/ in a constant spin,/ mimicking the movement of the Sun and the passage of time.//

このダンスは 一定の速さで回りながら 太陽の動きや 移りゆく時を模倣します

Watching this dance was magic/ to me.//

このダンスをみて 私はとりこになりました

Like/ with a time capsule,/ I was taking a look/ through a cultural window/ to the past.//

まるでタイムカプセルで 文化という窓から 過去を 垣間見たような思いでした

I felt a deeper connection/ to/ how my ancestors used to look at the world/ around them.//

私は 深いつながりを感じました それは 祖先の世界観へのつながりでした

Since then,/ I've always been obsessed with time capsules.//

それ以来 私はずっと タイムカプセルに夢中です

They take on/ many forms,/ but the common thread is/ that they're uncontrollably fascinating/ to us/ as human beings,/ because they're portals/ to a memory,/ and they hold the important power of keeping stories alive.//

形は様々でありながら その共通点は 私たち人類にとって 抑えがたい魅力があることです なぜなら タイムカプセルは 記憶への入り口であり 物語を生かし続けるという 大切な力があるからです

As a filmmaker and composer,/ it's been my journey/ to find my voice,/ reclaim the stories of my heritage/ and the past/ and infuse them/ into music and film time capsules/ to share.//

映画製作者として作曲家として 私が続けている旅は 自分の「声」を見つけ 受け継いだ伝統や 過去の物語を取り戻し融合させて 音楽と映画の形のタイムカプセルに 入れて 人々に伝えることでした

To tell you/ a bit/ about how I found my voice,/ I'd like to share/ a bit/ about how I grew up.//

自分の「声」を見つけた経緯を お伝えするために 私の生い立ちを少し お話ししたいと思います

In Southern California,/ I grew up/ in a multigenerational home,/ meaning I lived under the same roof/ as my parents,/ aunts,/ uncles/ and grandparents.//

私は 南カリフォルニアで 多世代が暮らす家に育ちました それは 1つ屋根の下に 両親、おじおば、祖父母が 一緒に暮らす家でした

My mother is Dutch-Indonesian and Chinese/ with immigrant parents,/ and my father is Ojibwe and an enrolled tribal member of the Prairie Band's Potawatomi Tribe/ in Northeastern Kansas.//

母は オランダ系インドネシア人と 中国人の移民の両親の間に生まれ 父は アメリカ先住民 オジブワ族で 部族メンバーとして登録された プレーリー・バンド・ポタワトミという カンザス北東部の部族の一員です

So one weekend/ I'd be learning/ how to fold dumplings,/ and the next,/ I'd be traditional-style dancing/ at a powwow,/ immersed in the powerful sounds of drums/ and singers.//

ですから 私はある週末には 点心の包み方を習い 次の週末には パウワウの集会で 伝統様式のダンスを習い ドラムと歌い手の 力強い音に 慣れ親しみました

Being surrounded by many cultures was the norm,/ but also/ a very confusing experience.//

多文化に囲まれることは 当たり前のことであると同時に 困惑する経験でした

It was really hard/ for me/ to find my voice,/ because I never felt/ I was enough --/ never Chinese, Dutch-Indonesian or Native enough.//

自分の声を見つけるのは とても難しいことでした 私は 中国人としても オランダ系インドネシア人としても アメリカ先住民としても 十分だと感じたことがなかったからです

Because I never felt/ I was a part of any community,/ I sought to learn/ the stories of my heritage/ and connect them together/ to rediscover my own.//

私は どの社会に対しても 帰属意識が持てなかったので 文化的に受け継いだ物語を学び つなぎ合わせることで 自分を再発見しようと努めました

The first medium/ I felt/ gave me/ a voice was music.//

自分の声を 授かったと感じた 初めての手段が音楽でした

With layers of sounds and multiple instruments,/ I could create soundscapes and worlds/ that were much bigger/ than my own.//

幾重にも織りなす音と いくつもの楽器を用いることで 私は それまでよりもずっと大きな 世界と音の風景を作り出せたのです

Through music,/ I'm inviting/ you/ into a sonic portal of my memories and emotions,/ and I'm holding up/ a mirror/ to yours.//

音楽を通じて みなさんを 私の記憶と感情の入口へと誘い みなさんの記憶と感情を 映し出したいと思います

One of my favorite instruments to play is the guzheng zither,/ a Chinese harp-like instrument.//

私が 好んで演奏する楽器の1つは 古箏という ハープに似た 中国の楽器です

While the hoop dance is hundreds of years old,/ the guzheng has more than 2,000 years of history.//

フープダンスが 数百年の歴史を持つのに対し 古箏には 2千年以上の歴史があります

I'm playing/ the styles/ that greatly influence me/ today,/ like electronic music,/ with an instrument/ that was used to play traditional folk music long ago.//

私は 今の自分が大きな影響を受けた 音楽のスタイル ― 例えば電子音楽を かつて伝統的な民族音楽で使われた 楽器で演奏しています

And I noticed an interesting connection:/ the zither is tuned to the pentatonic scale,/ a scale/ that is universally known in so many parts of music/ around the world,/ including/ Native American folk songs.//

そして私はある興味深い つながりに気づきました 古箏は「5音の音階」に 調律されますが この音階は 世界中の 様々なジャンルの音楽に 広く知られていて そこには アメリカ先住民族の 音楽も含まれています

In both Chinese and Native folk,/ I sense this inherent sound of longing and holding/ onto the past,/ an emotion/ that greatly drives the music/ I create today.//

中国の民謡にも 先住民族の音楽にも 私は 過去を切望し 過去にすがるような この独特の響きを 感じています この感情に大きく触発されて 今の私は音楽を作っています

At the time,/ I wondered/ if I could make this feeling of immersion even more powerful,/ by layering visuals and music --/ visuals and images/ on top of the music.//

その時に 私は ひょっとしたらこの一体感を 映像と音声を重ね合わせ 音楽の上に映像と画像を載せることで さらに 強調できるのではないかと考えました

So I turned to internet/ tutorials/ to learn editing software,/ went to community college/ to save money/ and created films.//

オンラインでソフト編集を学び 大学は 地域の短大に通うことで お金を貯めて 映画制作をしました

After a few years/ experimenting,/ I was 17/ and had something/ I wanted to tell and preserve.//

2、3年実験的な制作をした後 17歳の時に 語りついで残したいと 思えるものに出会いました

It started with a question:/ What happens/ when a story is forgotten?//

それは1つの問いで始まりました 「物語が忘れられたら どうなるのか?」

I lead with this/ in my latest documentary film,/ "Smoke That Travels,/"/ which immerses people/ into the world of music, song, color and dance,/ as I explore my fear/ that a part of my identity,/ my Native heritage,/ will be forgotten in time.//

その問いから 監督指揮に至ったのが 最新ドキュメンタリ映画 『Smoke That Travels』です それは 見る人を 音楽と歌と 色と舞踏の世界に引き込みながら 私の独自性の根幹をなす 先祖から受け継いだ先住民としてのあり方が 忘れられることへの恐怖心を 掘り下げます

先住民の言語が多く失われつつあるのは 過去に同化政策が行われたせいです

From the late 1800s/ to the early 1970s,/ Natives were forced into boarding schools,/ where they were violently punished/ if they practiced traditional ways/ or spoke their native language,/ most of which were orally passed down.//

1800年代末から1970年代初頭まで 先住民は 寄宿学校に強制収容され 伝統的なしきたりを実践したり 母語を使ったりすると ― ほとんどが 口伝伝承でした ― 暴力的に罰せられました

As of now,/ there are 567 federally recognized tribes/ in the United States,/ when there used to be countless more.//

現在 アメリカ合衆国には 連邦政府に認知された部族が567います かつては 無数の部族がいたというのに

In my father's words,/ "Being Native is not about wearing long hair/ in braids.//

父の言葉によれば 「先住民族のアイデンティティは 髪を長い三つ編みにすることではない

It's not about feathers/ or beadwork.//

羽根飾りや ビーズ刺繍のことではない

It's about the way/ we/ all center ourselves/ in the world/ as human beings."//

私たちが皆 人として自己を世界の 中心に位置づけられるかどうかだ」

After traveling with this film/ for over a year,/ I met indigenous people/ from around the world,/ from the Ainu of Japan,/ Sami of Scandinavia,/ the Maori and many more.//

私は この映画を携えて 1年以上 各地を旅して 世界中の先住民の人に会いました 日本のアイヌや スカンジナビアのサミ族や マオリ族などなど もっと沢山会いました

And they were all/ dealing with the exact same struggle/ to preserve their language and culture.//

するとどの民族も 全く同じ 大きな課題を抱えていました それは 自分たちの ことばと文化を守ることです

At this moment,/ I not only realize/ the power storytelling has to connect/ all of us/ as human beings/ but the responsibility/ that comes with this power.//

今の私は 物語が持つ 私たち人類を 皆結びつける力に気づくと共に この力に伴う責任にも 気づいています

It can become incredibly dangerous/ when our stories are rewritten or ignored,/ because/ when we are denied identity,/ we become invisible.//

物語が 書き換えられたり蔑ろにされたら 非常に危険な事態になり得ます なぜなら アイデンティティを否定されたら 透明人間になってしまうからです

We're all/ storytellers.//

私たちは皆 物語の語り手です

Reclaiming our narratives/ and just listening/ to each other's can create a portal/ that can transcend time/ itself.//

私たちが 物語を取り戻し 互いの声にちょっと耳を傾ければ その行為自体が 時を超越できる糸口となり得ます

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

dad

『おとうちゃん』

pueblo

《米》(米南南西部の)プエブロ集落(れんがまたは石堀りのインディアンの集落)

《Pueblo》プエブロ族[の人]

hoop

(たる・おけなどの)たが

(輪回しなどの)輪

《複数形で》フープ,張り骨(スカートのすそを広げるために使われた)

…‘に'たが(フープ)を掛ける

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

southwestern

南西の,南西へ向かう

(風が)南西からの

南西部特有の

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

willow

(また willow tree)〈C〉『ヤナギ(柳)』

〈U〉ヤナギ材

〈C〉《話》柳製品

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

thread

〈U〉〈C〉(縫ったり,織ったりするための)『糸』

〈C〉(…の)糸状の物,細長い物《+of+名》

〈C〉(話などの)『筋道』,脈絡《+of+名》

ねじ筋,ねじ山

<針など>‘に'『糸を通す』

<真珠など>‘を'糸でつなぐ

…‘を'縫うように進む

…‘に'ねじ山をつける

縫うように進む

(煮詰まったシロップが)糸を引く,細い糸状になる

formation

〈U〉(…の)『形成』,構成,育成《+『of』+『名』》

〈C〉形成されたもの,構成物;(その)構造,組織

〈U〉〈C〉隊形,陣形

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

capsule

小容器;(薬の)カプセル

(植物の)さく

(生物体の)被のう,被膜

(宇宙ロケットの)カプセル

小型の;簡約した

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

uncontrollably

抑制できないほど,手に負えないほど

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

human being

人,人間

portal

〈C〉(堂々とした)門,入り口

《複数形》《文》(大きな建物の)正門,表玄関

《複数形》《文》(…の)発端《+『of』+『名』》

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

composer

作曲家

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

reclaim

(…から)〈土地など〉‘を'造成する《+『名』+『from』+『名』》

(廃物から)〈物〉‘を'再生する《+『名』+『from』+『名』》

(悪などから)〈人〉‘を'改心させる矯正する《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

heritage

世襲財産

祖先から伝えられたもの,(有形・無形の)遺産,伝統

infuse

(人に)…‘を'少しずつ教え込む,吹き込む《+『名』+『into』+『名』<人>》

(…を)<人>‘に'吹き込む,(…で)<人>‘の'心を満たす《+『名』<人>+『with』+『名』》

<茶・薬草など>‘を'せんじる,振り出す

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

aunt

『おば』

おばさん(年長の婦人に対する敬称)

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

grandparent

祖父母;その一方

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

tribal

部族の;部族的な

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

prairie

(特にミシシッピー川流域の)『大草原』

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

tribe

《集合的に》《単数・複数扱い》『部族』

《しばしば軽べつして》(…の)仲間,集団,連中《+of+名》

(動植物の)族(family(科)と genus(属)の間の分類単位)

northeastern

北東の;北東へ向かう

北東からの

北東部得典の

Kansas

カンザス州(米国中部の州;州都はTopeka;{略}『Kan.,Kans.,KS』)

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

dumpling

蒸しだんご

果物入りプディング

《話》ずんぐりした人

powwow

(病気回復,猟の成功,戦いの勝利などを祈る)北米インディアンの儀式

北米インディアンの会議

《おどけて》(一般に長ったらしい)会議,集会

〈北米インディアンが〉儀式を行う

《おどけて》会合する

immerse

(水・液体に)…‘を'浸す,沈める・(仕事などに)〈自分〉‘を'没頭させる《+one『self』+『in』+『名』(do『ing』)》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

confusing

乱混させる[ような],当惑させる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

sonic

音の(に関する)

音速の

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

zither

〈C〉チター(多数の弦を指にはめたつめではじいて演秦する平たい弦楽器)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

greatly

『大いに,非常に』

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

electronic music

電子音楽

folk music

民族(民俗)音楽

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

universally

いたる所に(で);一般に

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

inherent

『本来の』,生まれつきの

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

immersion

〈U〉水(液体)に浸す(沈める)こと

〈U〉〈C〉浸礼(体全体を水中に浸す洗礼)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

tutorial

家庭教師の;個人指導の

(大学)個人指導時間

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

community college

地域大学(多くは2年制の地域のための大学)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

indigenous

固有の,土着の,生まれながらの

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

historically

歴史的に,歴史上

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

assimilation

(知識・食物の)同化,吸収《+『of』+『名』》

(民族・国家・文明などの)同化,融合《+『of』+『名』》

(音声の)同化(近接の音に影響されて類似または同一の音となること)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

violently

激しく,猛烈に

乱暴に,手荒に

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

spoke

speakの過去

orally

口頭で,口述で

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

braid

組みひも,さなだひも;《おもに米》(髪を結ぶ)リボン,バンド

《おもに米》=plait

〈U〉モール

《おもに米》=plait

…'を'組みひも(モール)で飾る

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

beadwork

ビーズ細工(飾り)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

Scandinavia

(またNorthland)スカンジナビア半島(ノルウエー・スウェーデンがある半島)

スカンジナビア,北欧(ノルウェー・スウェーデン・デンマーク,時にアイスランド・フィンランドも含める)

Maori

〈C〉マオリ人(ニュージーランドに住むPolynesia人)

〈U〉マオリ語

マオリ人の;マオリ語の

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

incredibly

信じられないほど

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

rewrite

…‘を'『書き直す』

《米》〈記者からの報告〉‘を'新聞比事に書き直す

書き直されたもの

《米》(書き直された)記事

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

storyteller

物語をする人,物語作家

(特に子供の)うそつき(liar)

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

transcend

〈の範囲・限界〉‘を'越える;…‘を'超越する

(大きさ・力・質などの点で)…‘に'まさる,‘を'しのぐ《+名+in+名》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画