TED日本語 - ジャック・コンティ: デジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

20世紀はアーティストやクリエイターには奇妙な100年だったと、ミュージシャンであり起業家であるジャック・コンティは言います。(レコードの売上げのような)芸をお金に変える伝統的な仕組みはインターネットによって破壊され、ミュージシャンや作家やアーティストはどう暮らしを立てたらよいものか分からなくなっています。コンティは、Patreonによってアーティストがインターネットでファンから収入を得られる仕組みを作りました。このような支払いのプラットフォームは、デジタル時代にアーティストであることの意味を変えることになるのでしょうか?

Script

どうも皆さん まず2007年に 戻りますが 私が6ヶ月間 心血を注いだ アルバムが 当時Myspaceで 日に3回くらい再生されていました 私は落ち込んでいきました 他の人たちがギターを弾き歌を歌って YouTubeという新しいサイトに 動画を上げ 30万回とか再生されているのに 気付いたからです それで私もYouTube動画を 作ろうと決めました ある時 私のバンドの動画が YouTubeのトップページに取り上げられて すごいことになり たくさんの新しいファンができました それからまた 音楽が嫌いなのか何なのか くさす人も大勢いましたが ―

(笑)

でもいいんです 沢山の人が ライブに来てくれるようになり ツアーを始め レコードも出しました iTunesの最初の1ヶ月の売上げを 確認してみたら 22,000ドルにもなっていて驚きました というのも私はその頃 親の家に住んでいて 動画をネットに上げて ミュージシャンとして 身を立てようとしていましたが 2009年当時そんなことに敬意を 払ってくれる人は文字通りゼロで ネットに動画を上げている当人たちでさえ そうだったのです

それからの4年間 私はインターネットに次から次へと 動画をアップロードし続け だんだんと内容も良くなっていき ブランド契約や コマーシャルや iTunesの売上げで 十分な収入が得られ 家を買ったり 録音スタジオを 作ったりしました しかし1つ大きな問題がありました 2013年にクリエイティブな人間が 金を稼ぐのは すごく奇妙なことだったんです 何よりビジネスモデルが 絶えず変化していました 58,000ドルあった iTunesダウンロードによる年間収入が ストリーミングによる 6,000ドル程度の収入へと減少しました ストリーミングはダウンロードより 分が悪かったんです ネットには新たなクリエイターが 続々登場していて 数万ドルのブランド契約を巡る競争が 激しくなりました それがバンドを支えていたものだったんですが その上 私たちの動画自体は ― ファンが喜んでいた クリエイティブなものであり 世界に価値をもたらして いたわけですが そういった動画は ほとんど収入になりませんでした これは私のYouTubeダッシュボードを 撮ったものですが 28日間で 百万回視聴され その広告収入が 166ドル足らずです

2013年には ネットに作品を上げて お金に換える仕組みが 全然機能して いなかったのです 新聞社であれ 何かの機関であれ 個人のクリエイターであれ それは変わりません ウェブコミックを作って 月間2万人の読者がいても 広告収入は200ドルくらい にしかならないんです 2万人ですよ いったい どこの世界で それが不十分だって言うんでしょう? 理解できません それで生活していけないなんて 私たちは何というシステムを 作ってしまったんでしょう?

これに関して私には 持論があります 「奇妙な100年間」理論です

(笑)

(拍手)

100年ほど前 ロウを塗った筒に 音を記録する方法が見出だされました 蓄音機の誕生です ほぼ同じ頃に 印画紙やセルロイドに 光を記録する方法が見出だされました 映画やテレビの誕生です そういう作品が初めて物に 記録できるようになったわけで これはすごいことでした それまではアートはまったく 束の間のものであり 交響曲の演奏を聴き損ねたら それっきりだったのです でも今や オーケストラの演奏を 物に記録しておいて 後で聴けるようになり それは素晴らしいことでした 実際それは ものすごいことであり それから100年の間 1900年から2000年まで 人類は何十億ドルもかけ 基本的にアーティストが 2つのことをできるようにする インフラを作り上げたのです 1つは作品を物に記録すること もう1つは その物を それを欲しがる世界中の人々に 届けるということです 様々な業界の努力が この2つの問題に向けられました トラック輸送会社に 小売店舗 マーケティング会社に CDケース製造会社が こぞって この2つの問題の解決に 当たったのです

その後に起きたことは みんな知っての通りです 10年前 インターネットが成熟し Spotifyや Facebookや YouTubeや iTunesや Google検索が現れ 100年続いたインフラや サプライチェーンや 配送システムや 収益化の手法が たった10年で まったく迂回されるように なったのです 100年に及ぶ尽力の末にです 現在クリエイティブな 人々にとってのシステムが 完全に破綻しているのも不思議はありません この新しい文脈において 収益化という部分が機能していないのも 不思議ではありません

しかし私が今クリエイターとして 今生きてクリエイティブな人間であることに すごくワクワクしているのは 我々クリエイターにとって 次の100年のインフラとなる 新しい仕組みを見極めようとし始めて まだ10年だと気付いたからです ほんの10年の間に たくさんの試行錯誤が行われ 非常に良いアイデアも生まれ 数多くの実験が行われて 何が機能し 何が機能しないか 分かってきました たとえばTwitch配信です Twitchって聞いたことのある人? Twitch配信者は 月に3~5千ドルを ゲームプレイのストリーミングで 稼いでいます 有名なプレイヤーだと 年に10万ドル以上稼ぎます YouNowという サイトとアプリがありますが ミュージシャンやビデオブロガーに ファンがデジタルグッズで支払う仕組みがあります

私自身も この問題に取り組んでいます 4年前 私は友人と一緒に Patreon という会社を始めました 今では80人で この問題に取り組んでいます これは基本的には 会員制のプラットフォームで クリエイターが収入を得るのを 簡単にしようというものです 毎月の暮らしのためのお金を ファンに出してもらうのです クリエイティブな人間でいることで 給料がもらえるようなものです これは そのクリエイターの例で “Kinda Funny”という名前ですが YouTubeで22万人の 購読者がいます 彼らのアップロードする動画は 1万5千回~10万回 視聴されています ここでちょっと考えてもらいたいんですが 「1万5千回視聴」と聞いたり こういうコンテンツを見たりすると ラジオで聞く 朝の番組や NBCなんかで観る トーク番組のような ちゃんとしたものじゃないと 反射的に思うでしょう でも“Kinda Funny”は Patreonに登場して2、3週間で 月31,000ドルの収入を 上げるようになっていたのです そんなに早く軌道に乗ったので 彼らは番組を 追加することにし 2つ目のPatreonのページを作って 月21,000ドルの収入を 上積みしました そして彼らは実質的に メディア企業へと成長していて 会費ですべて賄っています

これは別の例ですが スポーツ記者のデレク・ボドナーは 『フィラデルフィア・マガジン』に 寄稿していましたが 数ヶ月前にスポーツ欄が なくなってしまいました 今や彼は記事を自分の Webサイト向けに書いています 今もスポーツ記者ですが 独力でやっているのです 1,700人のパトロンの会費で 月4,800ドルを得ています

これは“Crash Course”で 無料の教育コンテンツを 世界に提供しています この番組はPBSデジタルネットワークで 見ることができ 月に29,000ドルを得ています これは世界をヨットで旅する2人が その旅の様子を伝えることで 1,400人のパトロンから 資金を得ています これは“Chapo Trap House”という ポッドキャストですが このスクリーンショットを撮った後 収入が2,000ドル増えていて 現在はポッドキャストで 月に56,000ドル稼いでいます

この問題に取り組んでいるのは Patreonだけではありません Googleでさえ 取り組みだしました 2年ほど前に Fan Fundingというのを始め 最近またSuper Chatというのを導入し クリエイターが ライブストリーミングで 収入を得られるようにしています 新聞社も会員サービスの 実験をしています ニューヨークタイムズ紙には 会員プログラムがあり ガーディアン紙の会員プログラムには 20万人の有料購読者がいます このように煮え立つスープのように アイデアや実験や新展開が 今沸き起こっていて クリエイターがお金をもらえる方向へと 動いています そしてそれが機能しています まだ完璧ではありませんが ちゃんと機能しているんです

Patreonで月収を得ている クリエイターは5万人います 作品をアップし クリエイティブな人間でいることによって 毎月収入を得ているのです 次の100年のインフラが できようとしています 今回のものが 以前のと異なるのは ― 作品を作る人と その作品が好きな人とを 直接結び付けている ということです

7、8年前 あるカクテルパーティーに行ったんですが 私のバンドが 最初のヒットを飛ばし 上手く行き始めていたときで iTunesの売上げや ブランド提携などによって 1年で40万ドル稼いでいました ある人が話しかけてきました 「君はどんなことをしているの?」 「ミュージシャンです」と答えると その人は一瞬で真顔になり 手を固く握り 私の肩に手を置くと すごく真剣で温かい声で 言ったんです 「いつか上手く行くことを祈るよ」

(笑)

そういう ― 私の記憶に刻み込まれた 瞬間がたくさんあります そのことを考えると 恥ずかしい思いがします クリエイティブな人間として 価値を認められていないと感じるのは すごく決まりの悪いものです でもクリエイターという種族は そういうカクテルパーティーを 後にしようとしています そのような文化から 脱却しようとしています クリエイターに支払うための仕組みは すごく良くなっていき 10年もしないうちに 高校や大学を卒業する若者が クリエイターになることを普通の選択肢と 思うようになるでしょう 医者になる 弁護士になる ポッドキャスターになる ウェブコミック作者になる 普通にできることになるでしょう 私たちはそういう道を 見つけつつあります クリエイターは実現可能で持続可能で 尊敬される仕事になります この1世紀の旅を経て 奇妙な100年の終端から出てくる クリエイターたちは 素晴らしい新たなマシンを手にするでしょう ちゃんとお金をもらえ ちゃんと価値を認めてもらえるのです 皆さん ありがとう

(拍手)

すごく上手く行ったと思いますよ これを見たアーティストたちが どうか諦めないで すぐそこまで来ていると 知ってほしいです まだ たどり着いてはいませんが 2年もすれば クリエイターがネットで 生計を立てられるシステムやツールが たくさん できているでしょう ポッドキャストをやっていて 人気が出ているけど まだお金にならないというなら それは変わります お金になるようになります すぐにも

Hi everyone. So, I'm going to take us back to 2007. I'd just spent about six months working on album that I'd poured my heart and my soul into, and it was getting about three plays per day on Myspace at the time, and I was getting more and more depressed when I started noticing these other people who were playing guitar and singing and putting videos on this new site called YouTube, and they were getting 300,000 views. So I decided I'm going to start making some Youtube videos. And one day they featured a video of my band on the homepage, which was amazing -- we got a bunch of new fans. We also got a bunch of people who, I guess, just didn't really like the music or something --

(Laughter)

It's OK because people started coming to our shows, and we started touring, and we came out with a record. And when I checked our bank account balance after our first monthly iTunes payout, we had 22,000 bucks in it, which was amazing because at the time I was living at my dad's house, trying to make a living as a musician by uploading videos to the internet which literally zero people respected in 2009 -- even the people who were uploading videos to the internet.

And so for the next four years, I uploaded more and more videos to the Internet, and they got better and better, and we made enough money through brand deals and commercials and iTunes sales to buy a house. And we built a recording studio. But there was one big problem: making money as a creative person in 2013 was super weird. First of all, the business models were changing all the time. So our 58,000 dollars of annual iTunes download income was about to be replaced by about 6,000 dollars of streaming income. Steams paid less than downloads. And then as more and more creators started popping up online, there was just more competition for these five-figure brand deals that had kept the band afloat for years. And to top it all off, our videos themselves -- the creative stuff that we made that our fans loved and appreciated -- that were actually contributing value to the world, those videos were generating almost zero dollars of income for us. This is an actual snapshot of my YouTube dashboard from a 28-day period that shows one million views and 166 dollars of ad earnings for those views.

The whole machine in 2013 that took art online and outputted money was totally nonfunctional. It doesn't matter if you're a newspaper, or an institution, or an independent creator. A monthly web comic with 20,000 monthly readers -- 20,000 monthly readers -- gets paid a couple hundred bucks in ad revenue. This is 20,000 people. Like, in what world is this not enough? I don't understand. What systems have we built where this is insufficient for a person to make a living?

So, I actually have a theory about this. I think it's been a weird 100 years.

(Laughter)

(Applause)

About 100 years ago, humans figured out how to record sound onto a wax cylinder. That was the beginning of the phonograph. Right around the same time, we figured out how to record light onto a piece of photographic paper, celluloid -- the beginning of film and television. For the first time, you could store art on a thing, which was amazing. Art used to be completely ephemeral, so if you missed the symphony, you just didn't get to hear the orchestra. But now, for the first time, you could store the orchestra's performance on a physical object, and like, listen to it later, which was amazing. It was so amazing in fact, that for the next 100 years, between 1900 and 2000, humans built just billions and billions of dollars of infrastructure to essentially help artists do two things. First, put their art on a thing, and second, get that thing around the world to the people who wanted the art. So, so much industry is devoted to these two problems. Oh my gosh, there are trucking companies, and brick-and-mortar and marketing firms, and CD jewel case manufacturers, all devoted to these two problems.

And then we all know what happened. 10 years ago, the internet matures and we get Spotify and Facebook and YouTube and iTunes and Google search, and a hundred years of infrastructure and supply chains and distribution systems and monetization schemes are completely bypassed -- in a decade. After 100 years of designing these things, it's no wonder that it's just totally broken for creative people right now. It's no wonder that the monetization part of the chain doesn't work given this new context.

But what gets me super excited to be a creator right now, to be alive today and be a creative person right now, is realizing that we're only 10 years into figuring out this new machine -- to figuring out the next 100 years of infrastructure for our creators. And you can tell we're only 10 years in. There's a lot of trial and error, some really good ideas forming, a lot of experimentation. We're figuring out what works and what doesn't. Like Twitch streamers. Who's heard of Twitch? Twitch streamers are making three to five thousand bucks a month streaming gaming content. The big ones are making over 100,000 dollars a year. There's a site called YouNow, it's an app. It allows musicians and vloggers to get paid in digital goods from fans.

So, I'm also working on the problem. Four years ago I started a company called Patreon with a friend of mine. We're 80 people now working on this problem. It's basically a membership platform that makes it really easy for creators to get paid -- every month from their fans to earn a living. For a creator, it's like having a salary for being a creative person. And this is one of our creators. They're called "Kinda Funny." They have about 220,000 subscribers on YouTube. And when they upload a video, it gets somewhere around 15,000 views to 100,000 views. I want you to check yourselves right now. I think when we hear numbers like that, when we hear "15,000 views," and we see content like this, we just snap categorize it as being not as legitimate as a morning show that you'd hear on the radio or a talk show that you'd see on NBC or something But when "Kinda Funny" launched on Patreon, within a few weeks, they were making 31,000 dollars per month for this show. It took off so fast that they decided to expand their programming and add new shows, and now they launched a second Patreon page -- they're making an additional 21,000 dollars per month. And they're scaling what's essentially becoming a media company, financing the whole thing through membership.

OK, here's another example. This is Derek Bodner, a sports journalist who used to write for Philadelphia Magazine until a few months ago when the magazine cut out all sports coverage. Now he writes articles and publishes them on his own website -- he's still covering sports, but for himself. And he's making 4,800 bucks a month from 1,700 patrons, financing it through membership.

This is Crash Course -- free educational content for the world. This show is actually on the PBS digital network -- 29,000 dollars per month. This is a duo sailing around the world, getting paid every month for documenting their travels from 1,400 patrons. This is a podcast, "Chapo Trap House", making -- actually, since I screenshotted this, they're making an additional 2,000 dollars per month, so they're now making 56,000 dollars per month for their podcast.

And Patreon's not the only one working on the problem. Even Google's starting to work on this. A couple years ago, they launched Fan Funding; more recently, they launched Super Chat as a way for creators to monetize live streaming. Newspapers are starting to experiment with membership. New York Times has a membership program; The Guardian has over 200,000 paying subscribers to its membership program. There's this bubbling soup of ideas and experiments and progress right now, and it's pointing in the direction of getting creators paid. And it's working. It's not, like, perfect yet, but it's really working.

So, Patreon has over 50,000 creators on the platform making salaries -- getting paid every month for putting art online, for being a creative person. The next hundred years of infrastructure is on the way and it's going to be different this time because of this -- because of the direct connection between the person who makes the thing and the person who likes the thing.

About seven or eight years ago, I went to a cocktail party. This is when the band had hit our first machine, so things were really cranking. We had just made about 400,000 dollars in one year through iTunes sales and brand deals and stuff like that. And this guy comes up to me and says, "Hey, Jack, what do you do?" I said, "I'm a musician." And he just sobered up immediately, and he stuck out his hand, put a hand on my shoulder, and in a real earnest, very nice voice he was like, "I hope you make it someday."

(Laughter)

And ... I have so many moments like that logged in my memory. I just cringe thinking of that. It's so embarrassing to just not feel valued as a creative person. But as a species, we are leaving that cocktail party behind. We're leaving that culture, we're out of there. We're going to get so good at paying creators, within 10 years, kids graduating high school and college are going to think of being a creator as just being an option -- I could be a doctor, I could be a lawyer, I could be a podcaster, I could have a web comic. It's just going to be something you can do. We're figuring it out. It's going to be a viable and sustainable and respected profession. Creators are going to come out the other end of this weird 100 years, this century-long journey, with an awesome new machine. And they're going to be paid, and they're going to be valued. Thanks, everybody.

(Applause)

I think it went pretty well. I want artists who saw that to not give up -- to know that we're getting there. It's not there yet, but in a couple years, there will be so many systems and tools for them to just make a living online, and if they've got a podcast that's starting to take off, but they're not able to make money on it yet, that's happening and they're going to be paid. It's happening.

Hi everyone.//

どうも皆さん

So,/ I'm going to take/ us back/ to 2007.//

まず2007年に 戻りますが

I'd just spent about six months/ working on album/ that I'd poured my heart and my soul into,/ and it was getting about three plays/ per day/ on Myspace/ at the time,/ and I was getting more/ and more depressed/ when I started noticing/ these other people/ who were playing guitar and singing/ and putting videos/ on this new site called YouTube,/ and they were getting 300,000 views.//

私が6ヶ月間 心血を注いだ アルバムが 当時Myspaceで 日に3回くらい再生されていました 私は落ち込んでいきました 他の人たちがギターを弾き歌を歌って YouTubeという新しいサイトに 動画を上げ 30万回とか再生されているのに 気付いたからです

So I decided/ I'm going to start making/ some Youtube videos.//

それで私もYouTube動画を 作ろうと決めました

And one day/ they featured a video of my band/ on the homepage,/ which was amazing --/ we got a bunch of new fans.//

ある時 私のバンドの動画が YouTubeのトップページに取り上げられて すごいことになり たくさんの新しいファンができました

We also got a bunch of people/ who,/ I guess,/ just didn't really/ like the music or something --/ (Laughter)/

それからまた 音楽が嫌いなのか何なのか くさす人も大勢いましたが ― (笑)

It's OK/ because people started coming/ to our shows,/ and we started touring,/ and we came out/ with a record.//

でもいいんです 沢山の人が ライブに来てくれるようになり ツアーを始め レコードも出しました

And when I checked our bank account balance/ after our first monthly iTunes payout,/ we had 22,000 bucks/ in it,/ which was amazing/ because at the time/ I was living at my dad's house,/ trying to make a living/ as a musician/ by uploading videos/ to the internet/ which literally zero people respected in 2009 --/ even/ the people/ who were uploading videos/ to the internet.//

iTunesの最初の1ヶ月の売上げを 確認してみたら 22,000ドルにもなっていて驚きました というのも私はその頃 親の家に住んでいて 動画をネットに上げて ミュージシャンとして 身を立てようとしていましたが 2009年当時そんなことに敬意を 払ってくれる人は文字通りゼロで ネットに動画を上げている当人たちでさえ そうだったのです

And so/ for the next four years,/ I uploaded more and more videos/ to the Internet,/ and they got better and better,/ and we made enough money/ through brand deals and commercials and iTunes sales/ to buy a house.//

それからの4年間 私はインターネットに次から次へと 動画をアップロードし続け だんだんと内容も良くなっていき ブランド契約や コマーシャルや iTunesの売上げで 十分な収入が得られ 家を買ったり

録音スタジオを 作ったりしました

But there was one big problem:/ making money/ as a creative person/ in 2013 was super weird.//

しかし1つ大きな問題がありました 2013年にクリエイティブな人間が 金を稼ぐのは すごく奇妙なことだったんです

First of all,/ the business models were changing all the time.//

何よりビジネスモデルが 絶えず変化していました

So our 58,000 dollars of annual iTunes download income was/ about to be replaced by about 6,000 dollars of streaming income.//

58,000ドルあった iTunesダウンロードによる年間収入が ストリーミングによる 6,000ドル程度の収入へと減少しました

Steams paid less/ than downloads.//

ストリーミングはダウンロードより 分が悪かったんです

And then/ as more and more creators started popping up/ online,/ there was just more competition/ for these five-figure brand deals/ that had kept the band afloat/ for years.//

ネットには新たなクリエイターが 続々登場していて 数万ドルのブランド契約を巡る競争が 激しくなりました それがバンドを支えていたものだったんですが

And to top it/ all off,/ our videos themselves --/ the creative stuff/ that we made/ that our fans loved and appreciated --/ that were actually contributing value/ to the world,/ those videos were generating almost zero dollars of income/ for us.//

その上 私たちの動画自体は ― ファンが喜んでいた クリエイティブなものであり 世界に価値をもたらして いたわけですが そういった動画は ほとんど収入になりませんでした

This is an actual snapshot of my YouTube dashboard/ from a 28-day period/ that shows one million views and 166 dollars of ad earnings/ for those views.//

これは私のYouTubeダッシュボードを 撮ったものですが 28日間で 百万回視聴され その広告収入が 166ドル足らずです

The whole machine/ in 2013/ that took art online/ and outputted money was totally nonfunctional.//

2013年には ネットに作品を上げて お金に換える仕組みが 全然機能して いなかったのです

It doesn't matter/ if you're a newspaper,/ or an institution,/ or an independent creator.//

新聞社であれ 何かの機関であれ 個人のクリエイターであれ それは変わりません

A monthly web comic/ with 20,000 monthly readers --/ 20,000 monthly readers --/ gets paid a couple/ hundred bucks/ in ad revenue.//

ウェブコミックを作って 月間2万人の読者がいても 広告収入は200ドルくらい にしかならないんです

This is 20,000 people.//

2万人ですよ

Like,/ in what world is this not enough?//

いったい どこの世界で それが不十分だって言うんでしょう?

I don't understand.//

理解できません

What systems have we built/ where this is insufficient for a person/ to make a living?//

それで生活していけないなんて 私たちは何というシステムを 作ってしまったんでしょう?

So,/ I actually have a theory/ about this.//

これに関して私には 持論があります

I think/ it's been a weird 100 years.//

「奇妙な100年間」理論です

(笑)

(拍手)

About 100 years ago,/ humans figured out/ how to record sound/ onto a wax cylinder.//

100年ほど前 ロウを塗った筒に 音を記録する方法が見出だされました

That was the beginning of the phonograph.//

蓄音機の誕生です

Right/ around the same time,/ we figured out/ how to record light/ onto a piece of photographic paper,/ celluloid --/ the beginning of film and television.//

ほぼ同じ頃に 印画紙やセルロイドに 光を記録する方法が見出だされました 映画やテレビの誕生です

For the first time,/ you could store art/ on a thing,/ which was amazing.//

そういう作品が初めて物に 記録できるようになったわけで これはすごいことでした

Art used to be completely ephemeral,/ so/ if you missed the symphony,/ you just didn't get to hear/ the orchestra.//

それまではアートはまったく 束の間のものであり 交響曲の演奏を聴き損ねたら それっきりだったのです

But now,/ for the first time,/ you could store the orchestra's performance/ on a physical object,/ and like,/ listen to it later,/ which was amazing.//

でも今や オーケストラの演奏を 物に記録しておいて 後で聴けるようになり それは素晴らしいことでした

It was so amazing/ in fact,/ that/ for the next 100 years,/ between 1900 and 2000,/ humans built just billions and billions of dollars of infrastructure/ to essentially help artists do two things.//

実際それは ものすごいことであり それから100年の間 1900年から2000年まで 人類は何十億ドルもかけ 基本的にアーティストが 2つのことをできるようにする インフラを作り上げたのです

First,/ put their art/ on a thing,/ and second,/ get that thing/ around the world/ to the people/ who wanted the art.//

1つは作品を物に記録すること もう1つは その物を それを欲しがる世界中の人々に 届けるということです

So,/ so much industry is devoted to these two problems.//

様々な業界の努力が この2つの問題に向けられました

Oh my gosh,/ there are trucking companies,/ and brick-and-mortar and marketing firms,/ and CD jewel case manufacturers,/ all devoted to these two problems.//

トラック輸送会社に 小売店舗 マーケティング会社に CDケース製造会社が こぞって この2つの問題の解決に 当たったのです

And then/ we/ all know/ what happened.//

その後に起きたことは みんな知っての通りです

10 years ago,/ the internet matures/ and we get Spotify and Facebook and YouTube and iTunes and Google search,/ and a hundred years of infrastructure and supply chains/ and distribution systems/ and monetization schemes are completely bypassed --/ in a decade.//

10年前 インターネットが成熟し Spotifyや Facebookや YouTubeや iTunesや Google検索が現れ 100年続いたインフラや サプライチェーンや 配送システムや 収益化の手法が たった10年で まったく迂回されるように なったのです

After 100 years of designing these things,/ it's no wonder/ that it's just totally broken for creative people right now.//

100年に及ぶ尽力の末にです 現在クリエイティブな 人々にとってのシステムが 完全に破綻しているのも不思議はありません

It's no wonder/ that the monetization part of the chain doesn't work given this new context.//

この新しい文脈において 収益化という部分が機能していないのも 不思議ではありません

But what gets me super excited to be a creator right now,/ to be alive/ today/ and be a creative person right now,/ is realizing/ that we're only 10 years/ into figuring out/ this new machine --/ to figuring out/ the next 100 years of infrastructure/ for our creators.//

しかし私が今クリエイターとして 今生きてクリエイティブな人間であることに すごくワクワクしているのは 我々クリエイターにとって 次の100年のインフラとなる 新しい仕組みを見極めようとし始めて まだ10年だと気付いたからです

And you can tell/ we're only 10 years in.//

ほんの10年の間に

There's a lot of trial and error,/ some really good ideas/ forming,/ a lot of experimentation.//

たくさんの試行錯誤が行われ 非常に良いアイデアも生まれ 数多くの実験が行われて

We're figuring out/ what works/ and what doesn't.//

何が機能し 何が機能しないか 分かってきました

Like Twitch streamers.// Who's heard of Twitch?//

たとえばTwitch配信です Twitchって聞いたことのある人?

Twitch streamers are making three to five thousand bucks/ a month/ streaming gaming content.//

Twitch配信者は 月に3~5千ドルを ゲームプレイのストリーミングで 稼いでいます

The big ones are making over 100,000 dollars/ a year.//

有名なプレイヤーだと 年に10万ドル以上稼ぎます

There's a site called YouNow,/ it's an app.//

YouNowという サイトとアプリがありますが

It allows musicians and vloggers/ to get paid in digital goods/ from fans.//

ミュージシャンやビデオブロガーに ファンがデジタルグッズで支払う仕組みがあります

So,/ I'm also working/ on the problem.//

私自身も この問題に取り組んでいます

Four years ago/ I started/ a company called Patreon/ with a friend of mine.//

4年前 私は友人と一緒に Patreon という会社を始めました

We're/ 80 people now working/ on this problem.//

今では80人で この問題に取り組んでいます

It's basically/ a membership platform/ that makes it really easy/ for creators/ to get paid --/ every month/ from their fans to earn a living.//

これは基本的には 会員制のプラットフォームで クリエイターが収入を得るのを 簡単にしようというものです 毎月の暮らしのためのお金を ファンに出してもらうのです

For a creator,/ it's like having a salary/ for being a creative person.//

クリエイティブな人間でいることで 給料がもらえるようなものです

And this is one of our creators.//

これは そのクリエイターの例で

They're called "Kinda Funny."//

“Kinda Funny”という名前ですが

They have about 220,000 subscribers/ on YouTube.//

YouTubeで22万人の 購読者がいます

And when they upload a video,/ it gets somewhere around 15,000 views/ to 100,000 views.//

彼らのアップロードする動画は 1万5千回~10万回 視聴されています

I want you/ to check yourselves right now.//

ここでちょっと考えてもらいたいんですが

I think/ when we hear numbers/ like that,/ when we hear "15,000 views,/"/ and we see content/ like this,/ we just snap categorize it/ as being not as legitimate/ as a morning show/ that you'd hear on the radio/ or a talk show/ that you'd see on NBC/ or something/ But when "Kinda Funny"/ launched on Patreon,/ within a few weeks,/ they were making 31,000 dollars/ per month/ for this show.//

「1万5千回視聴」と聞いたり こういうコンテンツを見たりすると ラジオで聞く 朝の番組や NBCなんかで観る トーク番組のような ちゃんとしたものじゃないと 反射的に思うでしょう でも“Kinda Funny”は Patreonに登場して2、3週間で 月31,000ドルの収入を 上げるようになっていたのです

It took off/ so fast/ that they decided to expand/ their programming/ and add new shows,/ and now/ they launched a second Patreon page --/ they're making/ an additional 21,000 dollars/ per month.//

そんなに早く軌道に乗ったので 彼らは番組を 追加することにし 2つ目のPatreonのページを作って 月21,000ドルの収入を 上積みしました

And they're scaling/ what's essentially becoming/ a media company,/ financing the whole thing/ through membership.//

そして彼らは実質的に メディア企業へと成長していて 会費ですべて賄っています

OK,/ here's another example.//

これは別の例ですが

This is Derek Bodner,/ a sports journalist/ who used to write/ for Philadelphia Magazine/ until a few months ago/ when the magazine cut out/ all sports coverage.//

スポーツ記者のデレク・ボドナーは 『フィラデルフィア・マガジン』に 寄稿していましたが 数ヶ月前にスポーツ欄が なくなってしまいました

Now/ he writes articles/ and publishes them/ on his own website --/ he's still covering/ sports,/ but for himself.//

今や彼は記事を自分の Webサイト向けに書いています 今もスポーツ記者ですが 独力でやっているのです

And he's making 4,800 bucks/ a month/ from 1,700 patrons,/ financing it/ through membership.//

1,700人のパトロンの会費で 月4,800ドルを得ています

This is Crash Course --/ free educational content/ for the world.//

これは“Crash Course”で 無料の教育コンテンツを 世界に提供しています

This show is actually on the PBS digital network --/ 29,000 dollars/ per month.//

この番組はPBSデジタルネットワークで 見ることができ 月に29,000ドルを得ています

This is a duo/ sailing around the world,/ getting paid every month/ for documenting their travels/ from 1,400 patrons.//

これは世界をヨットで旅する2人が その旅の様子を伝えることで 1,400人のパトロンから 資金を得ています

This is a podcast,/ "Chapo Trap House",/ making --/ actually,/ since I screenshotted this,/ they're making/ an additional 2,000 dollars/ per month,/ so they're now making/ 56,000 dollars/ per month/ for their podcast.//

これは“Chapo Trap House”という ポッドキャストですが このスクリーンショットを撮った後 収入が2,000ドル増えていて 現在はポッドキャストで 月に56,000ドル稼いでいます

And Patreon's not the only one/ working on the problem.//

この問題に取り組んでいるのは Patreonだけではありません

Even Google's starting to work on this.//

Googleでさえ 取り組みだしました

A couple years ago,/ they launched Fan Funding;/ more recently,/ they launched Super Chat/ as a way/ for creators/ to monetize live streaming.//

2年ほど前に Fan Fundingというのを始め 最近またSuper Chatというのを導入し クリエイターが ライブストリーミングで 収入を得られるようにしています

Newspapers are starting to experiment/ with membership.//

新聞社も会員サービスの 実験をしています

ニューヨークタイムズ紙には 会員プログラムがあり ガーディアン紙の会員プログラムには 20万人の有料購読者がいます

There's this bubbling soup of ideas and experiments/ and progress right now,/ and it's pointing in the direction of getting creators paid.//

このように煮え立つスープのように アイデアや実験や新展開が 今沸き起こっていて クリエイターがお金をもらえる方向へと 動いています

And it's working.//

そしてそれが機能しています

It's not,/ like,/ perfect yet,/ but it's really working.//

まだ完璧ではありませんが ちゃんと機能しているんです

So,/ Patreon has over 50,000 creators/ on the platform making salaries --/ getting paid every month/ for putting art online,/ for being a creative person.//

Patreonで月収を得ている クリエイターは5万人います 作品をアップし クリエイティブな人間でいることによって 毎月収入を得ているのです

The next hundred years of infrastructure is on the way/ and it's going to be different/ this time/ because of this --/ because of the direct connection/ between the person/ who makes the thing/ and the person/ who likes the thing.//

次の100年のインフラが できようとしています 今回のものが 以前のと異なるのは ― 作品を作る人と その作品が好きな人とを 直接結び付けている ということです

About seven or eight years ago,/ I went to a cocktail party.//

7、8年前 あるカクテルパーティーに行ったんですが

This is/ when the band had hit our first machine,/ so things were really cranking.//

私のバンドが 最初のヒットを飛ばし 上手く行き始めていたときで

We had just made about 400,000 dollars/ in one year/ through iTunes sales and brand deals and stuff/ like/ that.//

iTunesの売上げや ブランド提携などによって 1年で40万ドル稼いでいました

And this guy comes up to me/ and says,/ "Hey,/ Jack,/ what do you do?"//

ある人が話しかけてきました 「君はどんなことをしているの?」

I said,/ "I'm a musician."//

「ミュージシャンです」と答えると

And he just sobered up/ immediately,/ and he stuck out/ his hand,/ put a hand/ on my shoulder,/ and in a real earnest,/ very nice voice/ he was like,/ "I hope/ you make it someday."//

その人は一瞬で真顔になり 手を固く握り 私の肩に手を置くと すごく真剣で温かい声で 言ったんです 「いつか上手く行くことを祈るよ」

(笑)

And ...//

そういう ―

I have so many moments/ like that logged in my memory.//

私の記憶に刻み込まれた 瞬間がたくさんあります

I just cringe thinking/ of that.//

そのことを考えると 恥ずかしい思いがします

It's so embarrassing/ to just not feel valued as a creative person.//

クリエイティブな人間として 価値を認められていないと感じるのは すごく決まりの悪いものです

But as a species,/ we are leaving/ that cocktail party behind.//

でもクリエイターという種族は そういうカクテルパーティーを 後にしようとしています

We're leaving/ that culture,/ we're out of there.//

そのような文化から 脱却しようとしています

We're going to get/ so good/ at paying creators,/ within 10 years,/ kids/ graduating high school/ and college are going to think/ of being a creator/ as just/ being an option --/ I could be a doctor,/ I could be a lawyer,/ I could be a podcaster,/ I could have a web comic.//

クリエイターに支払うための仕組みは すごく良くなっていき 10年もしないうちに 高校や大学を卒業する若者が クリエイターになることを普通の選択肢と 思うようになるでしょう 医者になる 弁護士になる ポッドキャスターになる ウェブコミック作者になる

It's just going to be something/ you can do.//

普通にできることになるでしょう

We're figuring/ it out.//

私たちはそういう道を 見つけつつあります

It's going to be a viable and sustainable and respected profession.//

クリエイターは実現可能で持続可能で 尊敬される仕事になります

Creators are going to come out/ the other end of this weird 100 years,/ this century-long journey,/ with an awesome new machine.//

この1世紀の旅を経て 奇妙な100年の終端から出てくる クリエイターたちは 素晴らしい新たなマシンを手にするでしょう

And they're going to be paid,/ and they're going to be valued.//

ちゃんとお金をもらえ ちゃんと価値を認めてもらえるのです

Thanks,/ everybody.//

皆さん ありがとう

(拍手)

I think/ it went pretty well.//

すごく上手く行ったと思いますよ

I want artists/ who saw that to not give up --/ to know/ that we're getting/ there.//

これを見たアーティストたちが どうか諦めないで すぐそこまで来ていると 知ってほしいです

It's not there yet,/ but in a couple years,/ there will be so many systems and tools/ for them/ to just make a living online,/ and/ if they've got a podcast/ that's starting to take off,/ but they're not able/ to make money/ on it yet,/ that's happening/ and they're going to be paid.//

まだ たどり着いてはいませんが 2年もすれば クリエイターがネットで 生計を立てられるシステムやツールが たくさん できているでしょう ポッドキャストをやっていて 人気が出ているけど まだお金にならないというなら それは変わります お金になるようになります

It's happening.//

すぐにも

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

album

(写真・切手・切り抜きなどを貼る)『アルバム』

(いくつかの曲・劇などを収録した)組レコード,アルバム

画帳

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

depress

…‘の'『元気をなくさせる』,‘を'落胆させる

〈力・活動など〉‘を'弱める,衰えさせる

…‘を'押し下げる,下へ押す

〈相場・市場など〉‘を'下落させる,不景気にする

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

guitar

『ギター』

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

laughter

『笑い』,笑い声

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

bank account

銀行勘定,当座預金

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

monthly

『月1回の』,毎月の,月ぎめの

1か月間の,1か月続く

『月1回』,毎月

月刊雑誌

buck

(カモシカ・ウサギなどの)雄

dad

『おとうちゃん』

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

studio

(画家・写真家などの)『仕事場』,アトリエ

(音楽・ダンス・演技などの)練習場

《しばしば複数形で》『映画撮影所』,スタジオ

(ラジオ・テレビの)『放送室』,放送スタジオ

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

creative

『創造力のある』

『独創的な』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

income

(一定の)『収入』,所得

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

steam

『蒸気』,湯気,水蒸気

蒸気の力

《話》力,精,力,元気

…‘を'蒸気にさらす,蒸す

『[水]蒸気を出す』,湯気をたてる《+『away』》

《副詞[句]を伴って》蒸気で動く

《話》怒る,いきまく

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

afloat

浮かんだ

海上の;船上の

水をかぶって,浸水した

(うわさなどが)広まった

(商売など)財政上の危機を抜け出て

浮かんで

海上で,船上で

水をかぶって

(うわさなどが)広まって

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

snapshot

スナップ(通例小型カメラで撮った早撮り写真)

dashboard

(自動車・飛行機の)計器盤

(車の)泥よけ,(船の)波よけ

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

ad

《話》広告(advertisementの略)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

totally

全く,完全に

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

comic

喜劇の,喜劇的な

こっけいな,おかしな,おどけた

〈C〉《話》喜劇依優,コメディアン,こっけいな人

〈C〉=comic book

《複数形で》=comic strip

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

insufficient

不十分な,不適当な

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

applause

『拍手かっさい』;称賛

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

wax

『ろう』(ミツバチが巣を作るために用いる beeswax,その他の動物性,植物性・鉱物性ろうの総称)

耳あか(earwax)

(床・家具・自動車などをみがく)『ワックス』

…‘を'ワックスでみがく;…‘に'ろうを塗る

cylinder

円柱,円筒;円柱形の物

シリンダー,気筒

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

phonograph

=record player

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

photographic

写真の,写真用の

(写真のように)正確な,精密な

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

celluloid

セルロイド

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

ephemeral

(昆虫・草などが)1日限りの

短命の,はかない,つかの間の

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

orchestra

『オーケストラ』,管弦楽団

オーケストラの楽器一式

(またorchestra pit)(劇場の)オーケストラ席(舞台と客席の間に一段低く設けられている)

《米》(劇場の1階前方の)上等席;1階[席]

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

devote

〈生涯・労力・時間など〉‘を'『ささげる』,あてる:《『devote』+『名』+『to』+『名』(do『ing』)…に…をささげる》

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

jewel

『宝石』(gem)

(宝石・貴金属などを使った)装身具

貴重な人(物),宝

(時計などの軸受けに用いる)石

…‘に'宝石をはめ込む,‘を'宝石で飾る;(…を)…‘に'ちりばめる《+『with』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

manufacturer

(大規模な)『製造業者』,工場主;製作者

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

scheme

(仕事・活動の)『計画』,案《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

『陰謀』,策謀,計略

…‘を'計画する;〈良くないこと〉‘を'たくらむ《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)計画する;たくらむ《+『for』(『against』)+『名』(do『ing』)》

decade

『10年間』

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

experimentation

実験,実験演習

twitch

(無意識に)ぴくんと動く

(…を)急にぐいと引く《+at+名》

〈体〉一部>‘を'ぴくっと動かす

…‘を'急にぐいと引く(引っ張る)

(無意識に)ぴくぴく動くこと,(筋肉の)けいれん

(…を)ぐいと引くこと《+at+名》

streamer

細長い旗,長旗

(一般に)組長く切ったもの(吹き流し,紙テープなど)

gaming

かけ事(とばく)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

basically

基本的に,根本的に;元来は

membership

〈U〉(団体の)一員(成員,メンバー)であること

〈C〉《単数形で》(団体・組織の)全会員

《単数形で》(団体・組織の)構成員の数,会員数

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

salary

給料・俸給(を与える、払う)

kinda

=kind of

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

subscriber

予約者,定期講読者

寄付者,出資者

(契約書,証明書などの)署名者

同意者

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

yourselves

yourself の複数形

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

legitimate

(要求・目的などが)『合法的な』,法律の認める

(議論などが)『論理的な』,筋道の立った

(支出・苦情などが)正当な,もっともな

(生まれが)適法な婚姻から生じた,嫡出(ちゃくしゅつ)の

正統の

…‘を'合法化する

〈子供〉‘を'嫡出子とする

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

talk show

トークショー(ラジオ・テレビの有名人インタビュー番組)

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

journalist

ジャーナリスト

Philadelphia

『フィラデルフィア』(米国Pennsylvania州の大都市;1776年7月4日,米国独立宣言の行われた所)

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

coverage

(テレビ・ラジオ・新聞などの)報道;報道範囲

《a~おおう範囲;保険の補償範囲,補償金額

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

patron

(個人・主義・事業などの)『後援者』,保護者,パトロール《+『of』,『名』》

(商店・レストランなどの)『お得意』,顧客《+『of』+『名』》

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

duo

=duet

《話》一組,一対

sail

〈C〉〈U〉『帆』;《集合的に》一隻の帆全部

〈C〉帆のような物;風車の羽根,カエデの種子の羽根など

〈C〉《単複同形で》帆船;船

〈C〉《単数形で》(短い)船旅,船遊び;〈U〉《時にa sail》航程

《副詞[句]を伴って》〈船が〉『航海する』

(…から…へ)『出航する』《+『from』+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人が〉『船で旅をする』,航海する

ヨットを操る,帆走する

《副詞[句]を伴って》すべるように進む(飛ぶ);〈人が〉さっそうと歩く

〈人・船などが〉〈海・川など〉‘を'渡る

〈船〉‘を'操る,走らせる

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

chat

〈C〉〈U〉《話》(…との)『雑談』,談笑《+『with』+『名』》

〈C〉ツグミ類の鳥

(…について)『談笑する』《+『away』+『about』+『名』》

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

guardian

『保護者』,監視人,管理者

(未成年者などの)後見人

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

soup

『スープ』

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

paid

payの過去・過去分詞

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

cocktail party

カクテルパーティー

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

jack

〈C〉ジャッキ,押上げ万力(まんりき)

〈C〉ジャック,プラグの差し込み口

〈C〉(また『knave』)(カードの)ジャック

《複数形で》(また『jackstones』)《単数扱い》ジャックス(一種のお手玉遊び)

(また『jackstone』)〈C〉(ジャックスで用いる)6本の角(つの)から成る金属製の駒,小石や動物の骨などの玉

《時にJ-》《話》男,やつ(fellow)

〈C〉雄のロバ(一般に動物の)雄

〈C〉(国籍を示すための)船首旗

〈U〉《俗》《通例J-》金(かね)(money)

…‘を'ジャッキで持ち上げる(動かす)《+『名』+『up』,+『op』+『名』》

sober

(酒に)『酔っていない』,しらふの;(ふだん)酒を飲まない

『まじめな』,謹厳な,重々しい

(色彩・衣服などが)『はででない』,落ち着いた,地味な

『冷静な』,分別ある

〈人〉‘の'酔いをさまさせる《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

〈人〉‘を'冷静にする《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

酔いがさめる《+『up』》

冷静になる《+『down』》

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

earnest

『まじめな』,真剣な

重大な,厳粛な

本気,まじめ

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

cringe

(恐れや卑屈さで)すくむ

(…に)ぺこぺこする,へつらう《+『before』(『to』)+『名』》

《話》(…に)不愉快になる,いやになる《+『at』+『名』》

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

lawyer

『弁護士』;法律学者

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

valued

貴重な,高く評価される,大切な

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

関連動画