TED日本語 - ワニス・カバジ: 自動運転の世界とはどんなものか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

もしも血管を流れる血液のように、交通が円滑に効率よく町中を流れるとしたらどうでしょう。交通マニアのワニス・カバジは、生物の特性にヒントを得て、未来の輸送システムをデザインできると考えています。この前向きな講演では、活力ある自動運転世界を現実のものにするのに役立つであろうモジュール着脱可能型のバス、空飛ぶタクシー、吊り下げ式のまゆ型乗り物のネットワークのような面白いコンセプトを垣間見ることができます。

Script

フランス産ワインに こだわりがある人もいれば ゴルフをするのを好む人も 文学に夢中な人もいます 私の人生における 最上の楽しみのひとつは 正直言って 少し特別です 空から街を眺めるんです それも飛行機の窓から この楽しさは伝えきれません

いくつかの街は 穏やかに勤勉さを醸し出しています ドュッセルドルフや ルイビルのように 抑えきれないエネルギーを 放出する街もあります ニューヨークや 香港のように それからパリや イスタンブールなど 歴史にあふれ風格がある街もあります

私には街が生き物のように見えます そして私は はるか上空から そうした街を見つけると 街の空間を作り上げている 大通りや高速道路を探すのが好きです 特に夜が良いのです 通勤者で 街の動脈とも言える 幹線道路が印象的な赤と金色に染まり 街の血管系がその生体機能を 発揮するのです それも私達の目の前で しかし車に座って 日々の通勤で1時間半経った後では その現実は全く違って見えます

(笑)

何事も 公共ラジオも ポッドキャストも

(笑) マインドフルネスの瞑想をもってしても その時間は有意義にはなりません

(笑)

おかしくないですか 私達は 時速210キロを出せる 自動車を作ったのに その車を19世紀の馬車と 同じスピードで運転しているなんて

(笑)

アメリカ国内だけでも 私達は2014年に269億時間を 通勤に費やしています それだけの時間があれば 古代エジプト人はギザのピラミッドを 26基作れたでしょう

(笑)

それを一年で費やすのです 途方もない時間、エネルギー、人間の可能性の浪費です

数十年に渡り 私達の渋滞対策は単純でした 新しい道路を建設するか 既在の道路を拡張することです それは うまく行きました パリでは見事に成功しました パリ市は数百もの歴史的建物を取り壊し 135メートルもの 交通に配慮した大通りを作りました そして それは今日でも 急速に発展する新興の街ではうまく行っています しかしもっと確立された中心市街地では 交通網を著しく拡張するのは まず不可能です 住居が密集しすぎですし 不動産は高すぎ そして公共財政は脆すぎます 私達の街の血管系は詰まりつつあり 病気に向かっています 私達は注意をはらうべきなんです

私達の現行の考え方では うまく行っていません 輸送の流れをよくするためには 新しい着想の源が必要です

さて 輸送業で 16年ほど経験を積んだ頃 生物工学の顧客と話しているとき 「目からうろこの瞬間」が訪れました その顧客は いかに自らの治療で 血管系の特異性に影響を与えるか 教えてくれました 「なるほど」と思いました 「私達の血管系 すなわち 体内のすべての静脈と動脈は日々 奇跡のような物流管理を 成し遂げているのだ」 このとき気づいたのです 生物は数十億年にもわたって この輸送業に携わってきています それは無数の解決法を試してきました 栄養、ガス、たんぱく質を 流通させるためです 実にそれは世界で 最も高性能な輸送試験所です

交通問題への解決法が 私達の中にあるとしたらどうでしょう 私は知りたかったのです なぜ血液は生涯のほとんどにわたって 血管を流れるのに 大都市では日常的に 流れが滞ってしまうのか? 実際のところ これらの二つは 大変異なるネットワークです お気づきかわかりませんが 私達 ひとりひとりの体内には 10万キロメートルの血管があります 10万キロです 地球の2周半分のものが 体内にあるんです つまり血管は私達の体内の いたるところにある ということです 皮膚表面のすぐ下だけではありません

しかし私達の都市を見てみると なるほど 多少の地下鉄網もあれば トンネルや橋もあり そしてまた空にはヘリコプターが 飛んでいます しかし交通の大部分は 地上に集中しています つまり表面だけです 言い方を変えますと 血管系は体内の三次元を使うのに対し 都市交通は ほぼ二次元です ですから私達は もっと垂直方向も利用するべきなのです もし表面に広がる交通網が飽和状態ならば 交通を上にあげてみましょう

この中国の交通渋滞をまたぐバスの構想は 都市における空間と移動に関する 新しく画期的な考え方でした また更に上に行って 送電網のように 交通を吊るすこともできます テルアビブやアブダビでは 磁気で吊り下げられた まゆ型の乗り物の 将来型交通網の試験導入が 検討されています そして私達はどんどん上に行き 飛ぶこともできます エアバスのような会社が 空飛ぶタクシーの実用化に向け 真剣に取り組んでいるという事実は 私達に何かを訴えています 空飛ぶ車はついに よくあるサイエンス・フィクションから 魅力的な事業例の域へ 動き出しています ワクワクする瞬間です

さて この3Dの輸送ネットワークを 構築することは 交通渋滞を軽減し 解決する方法のひとつですが 唯一の方法ではありません 私達は見直さないといけません どの乗り物を使うかというような 他の根本的な選択をです よくある こんな場面を想像してください あなたが運転を始めて42分たった頃 後部座席の二人の子供は 落ち着きがなくなってきました あなたは遅刻しそうです 前方の のろのろ運転の車が見えますか 遅刻しそうなときに限って現れますね

(笑)

あの運転手は駐車場を探しているのです 周辺に空いている駐車場はありませんが 彼は知るわけがありません 都市部の交通量の30%近くは 駐車場を探す運転手によって 引き起こされると推測されています 周辺の100台の車が見えますか うち85台には一人しか乗っていません その運転手85人は ロンドンの赤バス一台に収まりますよね そこで質問ですが なぜ私達は 最も必要である空間を こんなに無駄にするのでしょう なぜ自ら こんなことをするのでしょう

生物なら絶対にそうしないでしょう 私達の動脈の中の空間は 十分に利用されています 心拍のたびに 上昇した血圧で 数百万の赤血球は文字通り圧縮され 大量の酸素の連なりとなり 素早く体の隅々にまで流れます そして赤血球の小さな空間も 無駄にはされません 健康な状態ならば 赤血球が運べる酸素の最大量の 95パーセント以上が利用されます 想像できるでしょうか もし私達が街で乗る乗り物が 95パーセント満たされていれば 歩いたり自転車に乗ったりできる 余分な空間が十分にでき 私達は都市を楽しめます

血液が信じられないほど 効率的である理由は 赤血球が特定の臓器や組織のためだけに 貢献するのではないからです さもなければ きっと血管の中に 交通渋滞が起きるでしょう 赤血球は共有されています 体内のすべての細胞によって共有されます そして私達のネットワークは 大変 広範囲にわたるため 37兆個の細胞のひとつひとつが 必要に応じて的確に 酸素の配達を受けます

血液は集合的かつ個別的な 輸送形式をとっています しかし私達の都市をみてみると 渋滞しています 私達は終わりなき議論に足止めされています 自動車中心の社会か 大がかりな大量輸送システムのどちらを作るか この議論を超越すべきだと思います 私達は自動車の便利さと 電車やバスの機能性を兼ね備えた 乗り物が作れると思います 想像してください あなたは1200人の乗客とともに 速くて乗り心地のよい都市型電車に 快適に座っています 都市型電車の問題点は 時には 自分の目的地に着くまでに 5回、10回、15回と 停まらなければならないことです

停まらなくてもよい電車であったら どうでしょう この電車では 動いている間に車両が 力学的に切り離されます そして急行や自動運転バスになります 二次的道路ネットワークに進むのです そして一度も停車することなく 時間のかかる乗り換えもなく バスに乗って目的の郊外に 向かっているわけです そして近くなってくると あなたの座っている部分が分離し あなたの玄関先まで自動運転します それは集合的であると同時に個別的です これは共用モジュール式の 未来の自動運転車のひとつとなりえます

さて ドローンがぶんぶん飛び回り 空飛ぶタクシー、モジュール式のバス、吊下げ式まゆ型乗り物が動き回る都市でも まだ十分目新しくないかのように 別の力が働いているように思います 都市型交通を魅力的にする力です 考えてみると 現世代の自動運転車は 人間が人間のために作った交通網に 参画しようとしているだけです 自動運転車に交通ルールを学ばせるのは 比較的簡単ですが 人間の予測不可能さに対処させるのは もっと大変です

しかし街全体が自動運転になったら どうなるでしょう 信号は必要でしょうか 車線は必要でしょうか 制限速度はどうでしょう 赤血球は車線の中を流れません 赤信号で停まることもありません 初の自動運転の街には 赤信号も車線もありません そして すべての車が自動運転で連結されると すべてが予測可能で 反応時間も最小限で済みます 自動運転車は さらに速く走れるようになり 合理的な考えにもとづき動くことで 自らや 周辺の車の速度も 上げられるようになります つまり厳しい交通ルールの代わりに 交通の流れは 動的で絶えず自己改善を続ける アルゴリズムの網によって規制されます 結果 不思議な交通ができあがります ドイツのアウトバーンの速くて円滑な緻密さと ムンバイの交差点に見られる 独創的な生きる力が合わさったものです

(笑)

交通は機能的に豊かなものになるでしょう それは私達の血液のように液状になります そして奇妙な逆説により 交通網が機械化されれば されるほど その動きは更に有機的で活動的に 感じられるでしょう

そうです 生物は 今日話した最高の交通にある特性を 全て持ち合わせています しかし そこに至るまで 数十億年かかっています そして あらゆる種類の 反復や変化を経てきました 私達は交通システムの発展を 数十億年も待つことはできません 私達には今 夢があり 概念があり 技術もあります 3D交通ネットワークを作り 新しい乗り物を発明し 都市の流れを変えるのです

やってみましょう

ありがとうございました

(拍手)

Some people are obsessed by French wines. Others love playing golf or devouring literature. One of my greatest pleasures in life is, I have to admit, a bit special. I can not tell you how much I enjoy watching cities from the sky, from an airplane window.

Some cities are calmly industrious, like Dusseldorf or Louisville. Others project an energy that they can hardly contain, like New York or Hong Kong. And then you have Paris or Istanbul, and their patina full of history.

I see cities as living beings. And when I discover them from far above, I like to find those main streets and highways that structure their space. Especially at night, when commuters make these arteries look dramatically red and golden: the city's vascular system performing its vital function right before your eyes. But when I'm sitting in my car after an hour and a half of commute every day, that reality looks very different.

(Laughter)

Nothing -- not public radio, no podcast --

(Laughter) Not even mindfulness meditation makes this time worth living.

(Laughter)

Isn't it absurd that we created cars that can reach 130 miles per hour and we now drive them at the same speed as 19th-century horse carriages?

(Laughter)

In the US alone, we spent 29.6 billion hours commuting in 2014. With that amount of time, ancient Egyptians could have built 26 Pyramids of Giza.

(Laughter)

We do that in one year. A monumental waste of time, energy and human potential.

For decades, our remedy for congestion was simple: build new roads or enlarge existing ones. And it worked. It worked admirably for Paris, when the city tore down hundreds of historical buildings to create 85 miles of transportation-friendly boulevards. And it still works today in fast-growing emerging cities. But in more established urban centers, significant network expansions are almost impossible: habitat is just too dense, real estate, too expensive and public finances, too fragile. Our city's vascular system is getting clogged, it's getting sick, and we should pay attention.

Our current way of thinking is not working. For our transportation to flow, we need a new source of inspiration.

So after 16 years working in transportation, my "aha moment" happened when speaking with a biotech customer. She was telling me how her treatment was leveraging specific properties of our vascular system. "Wow," I thought, "Our vascular system -- all the veins and arteries in our body making miracles of logistics every day." This is the moment I realized that biology has been in the transportation business for billions of years. It has been testing countless solutions to move nutrients, gases and proteins. It really is the world's most sophisticated transportation laboratory.

So, what if the solution to our traffic challenges was inside us? I wanted to know: Why is it that blood flows in our veins most of our lives, when our big cities get clogged on a daily basis? And the reality is that you're looking at two very different networks. I don't know if you realize, but each of us has 60,000 miles of blood vessels in our bodies -- 60,000 miles. That's two-and-a-half times the Earth's circumference, inside you. What it means is that blood vessels are everywhere inside us, not just under the surface of our skin.

But if you look at our cities, yes, we have some underground subway systems and some tunnels and bridges, and also some helicopters in the sky. But the vast majority of our traffic is focused on the ground, on the surface. So in other words, while our vascular system uses the three dimensions inside us, our urban transportation is mostly two-dimensional. And so what we need is to embrace that verticality. If our surface grid is saturated, well, let's elevate our traffic.

This Chinese concept of a bus that can straddle traffic jams -- that was an eye-opener on new ways to think about space and movement inside our cities. And we can go higher, and suspend our transportation like we did with our electrical grid. Tel Aviv and Abu Dhabi are talking about testing these futuristic networks of suspended magnetic pods. And we can keep climbing, and fly. The fact that a company like Airbus is now seriously working on flying urban taxis is telling us something. Flying cars are finally moving from science-fiction deja vu to attractive business-case territory. And that's an exciting moment.

So building this 3-D transportation network is one of the ways we can mitigate and solve traffic jams. But it's not the only one. We have to question other fundamental choices that we made, like the vehicles we use. Just imagine a very familiar scene: You've been driving for 42 minutes. The two kids behind you are getting restless. And you're late. Do you see that slow car in front of you? Always comes when you're late, right?

(Laughter)

That driver is looking for parking. There is no parking spot available in the area, but how would he know? It is estimated that up to 30 percent of urban traffic is generated by drivers looking for parking. Do you see the 100 cars around you? Eighty-five of them only have one passenger. Those 85 drivers could all fit in one Londonian red bus. So the question is: Why are we wasting so much space if it is what we need the most? Why are we doing this to ourselves?

Biology would never do this. Space inside our arteries is fully utilized. At every heartbeat, a higher blood pressure literally compacts millions of red blood cells into massive trains of oxygen that quickly flow throughout our body. And the tiny space inside our red blood cells is not wasted, either. In healthy conditions, more than 95 percent of their oxygen capacity is utilized. Can you imagine if the vehicles we used in our cities were 95 percent full, all the additional space you would have to walk, to bike and to enjoy our cities?

The reason blood is so incredibly efficient is that our red blood cells are not dedicated to specific organs or tissues; otherwise, we would probably have traffic jams in our veins. No, they're shared. They're shared by all the cells of our body. And because our network is so extensive, each one of our 37 trillion cells gets its own deliveries of oxygen precisely when it needs them.

Blood is both a collective and individual form of transportation. But for our cities, we've been stuck. We've been stuck in an endless debate between creating a car-centric society or extensive mass-transit systems. I think we should transcend this. I think we can create vehicles that combine the convenience of cars and the efficiencies of trains and buses. Just imagine. You're comfortably sitting in a fast and smooth urban train, along with 1,200 passengers. The problem with urban trains is that sometimes you have to stop five,ten,fifteen times before your final destination.

What if in this train you didn't have to stop? In this train, wagons can detach dynamically while you're moving and become express, driverless buses that move on a secondary road network. And so without a single stop, nor a lengthy transfer, you are now sitting in a bus that is headed toward your suburb. And when you get close, the section you're sitting in detaches and self-drives you right to your doorstep. It is collective and individual at the same time. This could be one of the shared, modular, driverless vehicles of tomorrow.

Now ... as if walking in a city buzzing with drones, flying taxis, modular buses and suspended magnetic pods was not exotic enough, I think there is another force in action that will make urban traffic mesmerizing. If you think about it, the current generation of driverless cars is just trying to earn its way into a traffic grid made by and for humans. They're trying to learn traffic rules, which is relatively simple, and coping with human unpredictability, which is more challenging.

But what would happen when whole cities become driverless? Would we need traffic lights? Would we need lanes? How about speed limits? Red blood cells are not flowing in lanes. They never stop at red lights. In the first driverless cities, you would have no red lights and no lanes. And when all the cars are driverless and connected, everything is predictable and reaction time, minimum. They can drive much faster and can take any rational initiative that can speed them up or the cars around them. So instead of rigid traffic rules, flow will be regulated by a mesh of dynamic and constantly self-improving algorithms. The result: a strange traffic that mixes the fast and smooth rigor of German autobahns and the creative vitality of the intersections of Mumbai.

(Laughter)

Traffic will be functionally exuberant. It will be liquid like our blood. And by a strange paradox, the more robotized our traffic grid will be, the more organic and alive its movement will feel.

So yes, biology has all the attributes of a transportation genius today. But this process has taken billions of years, and went through all sorts of iterations and mutations. We can't wait billions of years to evolve our transportation system. We now have the dreams, the concepts and the technology to create 3-D transportation networks, invent new vehicles and change the flow in our cities.

Let's do it.

Thank you.

(Applause)

Some people are obsessed by French wines.//

フランス産ワインに こだわりがある人もいれば

Others love playing/ golf/ or devouring literature.//

ゴルフをするのを好む人も 文学に夢中な人もいます

One of my greatest pleasures/ in life is,/ I have to admit,/ a bit special.//

私の人生における 最上の楽しみのひとつは 正直言って 少し特別です

I can not tell you/ how much/ I enjoy watching/ cities/ from the sky,/ from an airplane window.//

空から街を眺めるんです それも飛行機の窓から この楽しさは伝えきれません

Some cities are calmly industrious,/ like Dusseldorf or Louisville.//

いくつかの街は 穏やかに勤勉さを醸し出しています ドュッセルドルフや ルイビルのように

Others project an energy/ that they can hardly contain,/ like New York or Hong Kong.//

抑えきれないエネルギーを 放出する街もあります ニューヨークや 香港のように

And then/ you have Paris or Istanbul,/ and their patina full of history.//

それからパリや イスタンブールなど 歴史にあふれ風格がある街もあります

I see cities/ as living beings.//

私には街が生き物のように見えます

And when I discover them/ from far above,/ I like to find/ those main streets and highways/ that structure their space.//

そして私は はるか上空から そうした街を見つけると 街の空間を作り上げている 大通りや高速道路を探すのが好きです

Especially/ at night,/ when commuters make/ these arteries look dramatically red and golden:/ the city's vascular system/ performing its vital function right/ before your eyes.//

特に夜が良いのです 通勤者で 街の動脈とも言える 幹線道路が印象的な赤と金色に染まり 街の血管系がその生体機能を 発揮するのです それも私達の目の前で

But when I'm sitting/ in my car/ after an hour and a half of commute/ every day,/ that reality looks very different.//

しかし車に座って 日々の通勤で1時間半経った後では その現実は全く違って見えます

(笑)

Nothing --/ not public radio,/ no podcast --/ (Laughter)/

何事も 公共ラジオも ポッドキャストも (笑)

Not even mindfulness meditation makes this time worth/ living.//

マインドフルネスの瞑想をもってしても その時間は有意義にはなりません

(笑)

Isn't it absurd/ that we created cars/ that can reach 130 miles/ per hour/ and we now drive them/ at the same speed/ as 19th-century horse carriages?//

おかしくないですか 私達は 時速210キロを出せる 自動車を作ったのに その車を19世紀の馬車と 同じスピードで運転しているなんて

(笑)

In the US alone,/ we spent 29.6 billion hours/ commuting in 2014.//

アメリカ国内だけでも 私達は2014年に269億時間を 通勤に費やしています

With that amount of time,/ ancient Egyptians could have built 26 Pyramids of Giza.//

それだけの時間があれば 古代エジプト人はギザのピラミッドを 26基作れたでしょう

(笑)

We do that/ in one year.//

それを一年で費やすのです

途方もない時間、エネルギー、人間の可能性の浪費です

For decades,/ our remedy/ for congestion was simple:/ build new roads/ or enlarge existing ones.//

数十年に渡り 私達の渋滞対策は単純でした 新しい道路を建設するか 既在の道路を拡張することです

And it worked.//

それは うまく行きました

It worked admirably/ for Paris,/ when the city tore down/ hundreds of historical buildings/ to create 85 miles of transportation-friendly boulevards.//

パリでは見事に成功しました パリ市は数百もの歴史的建物を取り壊し 135メートルもの 交通に配慮した大通りを作りました

And it still works today/ in fast-growing emerging cities.//

そして それは今日でも 急速に発展する新興の街ではうまく行っています

しかしもっと確立された中心市街地では 交通網を著しく拡張するのは まず不可能です 住居が密集しすぎですし 不動産は高すぎ そして公共財政は脆すぎます

Our city's vascular system is getting clogged,/ it's getting sick,/ and we should pay attention.//

私達の街の血管系は詰まりつつあり 病気に向かっています 私達は注意をはらうべきなんです

Our current way of thinking is not working.//

私達の現行の考え方では うまく行っていません

For our transportation to flow,/ we need a new source of inspiration.//

輸送の流れをよくするためには 新しい着想の源が必要です

So/ after 16 years/ working in transportation,/ my "aha moment"/ happened/ when speaking with a biotech customer.//

さて 輸送業で 16年ほど経験を積んだ頃 生物工学の顧客と話しているとき 「目からうろこの瞬間」が訪れました

She was telling me/ how her treatment was leveraging specific properties of our vascular system.//

その顧客は いかに自らの治療で 血管系の特異性に影響を与えるか 教えてくれました

"Wow,/"/ I thought,/ "Our vascular system --/ all the veins and arteries/ in our body/ making miracles of logistics/ every day."//

「なるほど」と思いました 「私達の血管系 すなわち 体内のすべての静脈と動脈は日々 奇跡のような物流管理を 成し遂げているのだ」

This is the moment/ I realized/ that biology has been in the transportation business/ for billions of years.//

このとき気づいたのです 生物は数十億年にもわたって この輸送業に携わってきています

It has been testing countless solutions/ to move nutrients,/ gases/ and proteins.//

それは無数の解決法を試してきました 栄養、ガス、たんぱく質を 流通させるためです

It really is the world's most sophisticated/ transportation laboratory.//

実にそれは世界で 最も高性能な輸送試験所です

So,/ what if the solution/ to our traffic challenges was inside us?//

交通問題への解決法が 私達の中にあるとしたらどうでしょう

I wanted to know:/ Why is it/ that blood flows/ in our veins/ most of our lives,/ when our big cities get clogged on a daily basis?//

私は知りたかったのです なぜ血液は生涯のほとんどにわたって 血管を流れるのに 大都市では日常的に 流れが滞ってしまうのか?

And the reality is/ that you're looking/ at two very different networks.//

実際のところ これらの二つは 大変異なるネットワークです

I don't know/ if you realize,/ but each of us has 60,000 miles of blood vessels/ in our bodies --/ 60,000 miles.//

お気づきかわかりませんが 私達 ひとりひとりの体内には 10万キロメートルの血管があります 10万キロです

That's two-and-a-half times/ the Earth's circumference,/ inside you.//

地球の2周半分のものが 体内にあるんです

What it means/ is/ that blood vessels are everywhere inside us,/ not just/ under the surface of our skin.//

つまり血管は私達の体内の いたるところにある ということです 皮膚表面のすぐ下だけではありません

But/ if you look at our cities,/ yes,/ we have some underground subway systems and some tunnels and bridges,/ and also/ some helicopters/ in the sky.//

しかし私達の都市を見てみると なるほど 多少の地下鉄網もあれば トンネルや橋もあり そしてまた空にはヘリコプターが 飛んでいます

But the vast majority of our traffic is focused on the ground,/ on the surface.//

しかし交通の大部分は 地上に集中しています つまり表面だけです

So/ in other words,/ while our vascular system uses the three dimensions/ inside us,/ our urban transportation is mostly two-dimensional.//

言い方を変えますと 血管系は体内の三次元を使うのに対し 都市交通は ほぼ二次元です

And so/ what we need is/ to embrace that verticality.//

ですから私達は もっと垂直方向も利用するべきなのです

If our surface grid is saturated,/ well,/ let's elevate our traffic.//

もし表面に広がる交通網が飽和状態ならば 交通を上にあげてみましょう

This Chinese concept of a bus/ that can straddle traffic jams --/ that was an eye-opener/ on new ways/ to think about space and movement/ inside our cities.//

この中国の交通渋滞をまたぐバスの構想は 都市における空間と移動に関する 新しく画期的な考え方でした

And we can go higher,/ and suspend our transportation/ like we did with our electrical grid.//

また更に上に行って 送電網のように 交通を吊るすこともできます

Tel Aviv/ and Abu Dhabi are talking about testing these futuristic networks of suspended magnetic pods.//

テルアビブやアブダビでは 磁気で吊り下げられた まゆ型の乗り物の 将来型交通網の試験導入が 検討されています

And we can keep climbing,/ and fly.//

そして私達はどんどん上に行き 飛ぶこともできます

The fact/ that a company/ like Airbus is now seriously working on flying urban taxis is telling us something.//

エアバスのような会社が 空飛ぶタクシーの実用化に向け 真剣に取り組んでいるという事実は 私達に何かを訴えています

Flying cars are finally moving from science-fiction deja vu/ to attractive business-case territory.//

空飛ぶ車はついに よくあるサイエンス・フィクションから 魅力的な事業例の域へ 動き出しています

And that's an exciting moment.//

ワクワクする瞬間です

So building this 3-D transportation network is one of the ways/ we can mitigate/ and solve traffic jams.//

さて この3Dの輸送ネットワークを 構築することは 交通渋滞を軽減し 解決する方法のひとつですが

But it's not the only one.//

唯一の方法ではありません

We have to question/ other fundamental choices/ that we made,/ like the vehicles/ we use.//

私達は見直さないといけません どの乗り物を使うかというような 他の根本的な選択をです

Just imagine a very familiar scene:/ You've been driving for 42 minutes.//

よくある こんな場面を想像してください あなたが運転を始めて42分たった頃

The two kids/ behind you are getting restless.//

後部座席の二人の子供は 落ち着きがなくなってきました

And you're/ late.//

あなたは遅刻しそうです

Do you see/ that slow car/ in front of you?//

前方の のろのろ運転の車が見えますか

Always comes/ when you're late, right?//

遅刻しそうなときに限って現れますね

(笑)

That driver is looking for parking.//

あの運転手は駐車場を探しているのです

There is no parking spot available/ in the area,/ but how would he know?//

周辺に空いている駐車場はありませんが 彼は知るわけがありません

It is estimated/ that up to 30 percent of urban traffic is generated by drivers/ looking for parking.//

都市部の交通量の30%近くは 駐車場を探す運転手によって 引き起こされると推測されています

Do you see the 100 cars/ around you?//

周辺の100台の車が見えますか

Eighty-five of them only have one passenger.//

うち85台には一人しか乗っていません

Those 85 drivers could all fit in one Londonian red bus.//

その運転手85人は ロンドンの赤バス一台に収まりますよね

So the question is:/ Why are we wasting so much space/ if it is/ what we need the most?//

そこで質問ですが なぜ私達は 最も必要である空間を こんなに無駄にするのでしょう

Why are we doing this/ to ourselves?//

なぜ自ら こんなことをするのでしょう

Biology would never do this.//

生物なら絶対にそうしないでしょう

Space/ inside our arteries is fully utilized.//

私達の動脈の中の空間は 十分に利用されています

心拍のたびに 上昇した血圧で 数百万の赤血球は文字通り圧縮され 大量の酸素の連なりとなり 素早く体の隅々にまで流れます

And the tiny space/ inside our red blood cells is not wasted,/ either.//

そして赤血球の小さな空間も 無駄にはされません

In healthy conditions,/ more than 95 percent of their oxygen capacity is utilized.//

健康な状態ならば 赤血球が運べる酸素の最大量の 95パーセント以上が利用されます

Can/ you imagine/ if the vehicles/ we used in our cities were 95 percent full,/ all the additional space/ you would have to walk,/ to bike/ and to enjoy our cities?//

想像できるでしょうか もし私達が街で乗る乗り物が 95パーセント満たされていれば 歩いたり自転車に乗ったりできる 余分な空間が十分にでき 私達は都市を楽しめます

The reason/ blood is so incredibly efficient is/ that our red blood cells are not dedicated to specific organs or tissues;/ otherwise,/ we would probably have traffic jams/ in our veins.//

血液が信じられないほど 効率的である理由は 赤血球が特定の臓器や組織のためだけに 貢献するのではないからです さもなければ きっと血管の中に 交通渋滞が起きるでしょう

No, they're shared.//

赤血球は共有されています

They're shared by all the cells of our body.//

体内のすべての細胞によって共有されます

And/ because our network is so extensive,/ each one of our 37 trillion cells gets its own deliveries of oxygen precisely/ when it needs them.//

そして私達のネットワークは 大変 広範囲にわたるため 37兆個の細胞のひとつひとつが 必要に応じて的確に 酸素の配達を受けます

血液は集合的かつ個別的な 輸送形式をとっています

But/ for our cities,/ we've been stuck.//

しかし私達の都市をみてみると 渋滞しています

We've been stuck in an endless debate/ between creating a car-centric society or extensive mass-transit systems.//

私達は終わりなき議論に足止めされています 自動車中心の社会か 大がかりな大量輸送システムのどちらを作るか

I think/ we should transcend this.//

この議論を超越すべきだと思います

I think/ we can create vehicles/ that combine the convenience of cars and the efficiencies of trains and buses.//

私達は自動車の便利さと 電車やバスの機能性を兼ね備えた 乗り物が作れると思います

Just imagine.//

想像してください

You're comfortably sitting/ in a fast and smooth urban train,/ along/ with 1,200 passengers.//

あなたは1200人の乗客とともに 速くて乗り心地のよい都市型電車に 快適に座っています

The problem/ with urban trains is/ that sometimes/ you have to stop/ five,ten,fifteen times/ before your final destination.//

都市型電車の問題点は 時には 自分の目的地に着くまでに 5回、10回、15回と 停まらなければならないことです

What if in this train/ you didn't have to stop?//

停まらなくてもよい電車であったら どうでしょう

In this train,/ wagons can detach dynamically/ while you're moving/ and become express,/ driverless buses/ that move on a secondary road network.//

この電車では 動いている間に車両が 力学的に切り離されます そして急行や自動運転バスになります 二次的道路ネットワークに進むのです

And so/ without a single stop,/ nor a lengthy transfer,/ you are now sitting in a bus/ that is headed toward your suburb.//

そして一度も停車することなく 時間のかかる乗り換えもなく バスに乗って目的の郊外に 向かっているわけです

And when you get close,/ the section/ you're sitting/ in detaches/ and self-drives you right/ to your doorstep.//

そして近くなってくると あなたの座っている部分が分離し あなたの玄関先まで自動運転します

It is collective and individual/ at the same time.//

それは集合的であると同時に個別的です

This could be one of the shared, modular, driverless vehicles of tomorrow.//

これは共用モジュール式の 未来の自動運転車のひとつとなりえます

Now ...//

さて

as if walking in a city/ buzzing with drones,/ flying taxis,/ modular buses/ and suspended/ magnetic pods was not exotic enough,/ I think/ there is another force/ in action/ that will make urban traffic mesmerizing.//

ドローンがぶんぶん飛び回り 空飛ぶタクシー、モジュール式のバス、吊下げ式まゆ型乗り物が動き回る都市でも まだ十分目新しくないかのように 別の力が働いているように思います 都市型交通を魅力的にする力です

If you think about it,/ the current generation of driverless cars is just trying to earn/ its way/ into a traffic grid made by and for humans.//

考えてみると 現世代の自動運転車は 人間が人間のために作った交通網に 参画しようとしているだけです

They're trying to learn/ traffic rules,/ which is relatively simple,/ and coping with human unpredictability,/ which is more challenging.//

自動運転車に交通ルールを学ばせるのは 比較的簡単ですが 人間の予測不可能さに対処させるのは もっと大変です

But what would happen/ when whole cities become driverless?//

しかし街全体が自動運転になったら どうなるでしょう

Would we need traffic lights?//

信号は必要でしょうか

Would we need lanes?//

車線は必要でしょうか

How about speed limits?//

制限速度はどうでしょう

赤血球は車線の中を流れません

They never stop at red lights.//

赤信号で停まることもありません

In the first driverless cities,/ you would have no red lights and no lanes.//

初の自動運転の街には 赤信号も車線もありません

And when all the cars are driverless and connected,/ everything is predictable and reaction time,/ minimum.//

そして すべての車が自動運転で連結されると すべてが予測可能で 反応時間も最小限で済みます

They can drive much faster/ and can take any rational initiative/ that can speed them up/ or the cars around them.//

自動運転車は さらに速く走れるようになり 合理的な考えにもとづき動くことで 自らや 周辺の車の速度も 上げられるようになります

So instead of rigid traffic rules,/ flow will be regulated by a mesh of dynamic and constantly self-improving algorithms.//

つまり厳しい交通ルールの代わりに 交通の流れは 動的で絶えず自己改善を続ける アルゴリズムの網によって規制されます

The result:/ a strange traffic/ that mixes the fast and smooth rigor of German autobahns and the creative vitality of the intersections of Mumbai.//

結果 不思議な交通ができあがります ドイツのアウトバーンの速くて円滑な緻密さと ムンバイの交差点に見られる 独創的な生きる力が合わさったものです

(笑)

Traffic will be functionally exuberant.//

交通は機能的に豊かなものになるでしょう

It will be liquid/ like our blood.//

それは私達の血液のように液状になります

And/ by a strange paradox,/ the more robotized/ our traffic grid will be,/ the more organic and alive/ its movement will feel.//

そして奇妙な逆説により 交通網が機械化されれば されるほど その動きは更に有機的で活動的に 感じられるでしょう

So yes,/ biology has all the attributes of a transportation genius today.//

そうです 生物は 今日話した最高の交通にある特性を 全て持ち合わせています

But this process has taken billions of years,/ and went through all sorts of iterations and mutations.//

しかし そこに至るまで 数十億年かかっています そして あらゆる種類の 反復や変化を経てきました

We can't wait billions of years/ to evolve our transportation system.//

私達は交通システムの発展を 数十億年も待つことはできません

We now have the dreams,/ the concepts/ and the technology to create 3-D transportation networks,/ invent new vehicles/ and change the flow/ in our cities.//

私達には今 夢があり 概念があり 技術もあります 3D交通ネットワークを作り 新しい乗り物を発明し 都市の流れを変えるのです

Let's do it.//

やってみましょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

golf

『ゴルフ』

ゴルフをする

devour

…‘を'『むさぼり食う』,がつがつ食う

〈疫病・火事・水などが〉…‘を'飲み込むようにして滅ぼす,飲み込む

…‘を'むさぼるように読む(聞き入る,見詰める)

《しばしば受動態で》〈感情が〉〈人〉‘を'とりこにする

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

calmly

『静かに』,落ち着いて

industrious

『勤勉な』,骨身を惜しまない

Louisville

ルイビル(米国Kentucky州にある港市)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

Hong Kong

ホンコン(香港;英国植民地)

=Victoria 4

Istanbul

イスタンブール(トルコ共和国最大の都市)

patina

(青銅器などの)古さび,緑青(ろくしょう)

(時代物の家具などの)黒光り

(特に人の)貫ろく,威厳

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

especially

『特に』,特別に;きわだって

commuter

定期券使用者,(郊外からの)通勤者

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

dramatically

劇的に,非常に効果的に

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

golden

『金の』,金製の

『金色の』,黄金色の

(金のように)貴重な,すばらしい

vascular

(血液・樹液などを運ぶ)管の,導管の,血管の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

commute

《文》(別のものに)…'を'振り替える,切り替える《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

〈刑罰・責務など〉'を'(軽いものに)代える《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈電流〉'を'整流する

(…間を)定期(回数)券で通勤する《+『between』+『名』》,(…から…まで)定期で通勤する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(定期券による)通勤

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

laughter

『笑い』,笑い声

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

meditation

〈U〉深く考えにふけること,沈思黙考;(宗教的)瞑想

〈C〉《しばしば複数形で》(ある題目についての)深い論究

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

absurd

『道理に合わない』(unreasonable);ばかばかしい(foolish)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

carriage

〈C〉(特に自家用)『四輪馬車』

〈C〉《米》うば車(=baby carriage)

〈C〉(機械などの)可動部分,往復台;(車付き)砲架,台架

〈U〉(歩いたり立ったりしているときの)身のこなし,動作,悌度

〈C〉《粟》(列車の)車両,客車

〈U〉運搬,輸送,運送料,運賃

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

Egyptian

エジプトの;エジプト人(語)の

〈C〉エジプト人

〈U〉(古代の)エジプト語

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

pyramid

(エジプト・メキシコなどの)『ピラミッド』

ピラミッド形の物

(幾何の)角錐(かくすい)

ピラミッド形になる

〈物価などが〉上昇する,増加する

…‘を'ピラミッド形にする(積み上げる)

Giza

ギザ(エジプトCairo付近の町;近くにthe Great Pyramidとthe Great Sphinxがある)

monumental

《名詞の前にのみ用いて》記念碑の[ような]

歴史に洗る;不朽の,不滅の

(大きさ・程度が)とてつもない,途方もない

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

decade

『10年間』

remedy

(…の)『治療薬』,『治療法』《+『for』+『名』》

(…を)矯正(救済)するもの,(…の)対策となるもの《+『for』+『名』》

〈病気など〉‘を'『治療する』

…‘を'矯正する,改善する

congestion

(人・貨物などの)密集,充満;混雑,雑踏・うっ血,充血

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

enlarge

…‘を'『大きくする』,拡大する

大きくなる,広がる,ふえる

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

admirably

りっぱに,みごとに

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

boulevard

広い並木街路;《米》大通り

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

established

確立した,定まった;定着した;常設の

urban

都市(都会)の

都市に住む

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

habitat

(動・植物の)産地,生息地

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

real estate

(土地・家屋などの)不動産

expensive

『費用のかかる』,高価な

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

clog

(…の)じゃま物,障割物《+『to』+『名』》

《複数形で》木(コルク)底の靴(サンダル)

…‘の'動きを妨げる

〈管・道路など〉'を'ふさぐ,詰まらせる

〈菅などが〉詰まる;〈油・泥などが〉固まって詰まる

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

aha

ほほう,ほ‐ら,どんなものだ(勝利感・得意・驚き・皮肉・軽べつなどを表す声)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

property

動産

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

biology

『生物学』

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

protein

蛋白(たんばく)質

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

blood vessel

血管

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

circumference

外周,(特に)円周

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

subway

《米》『地下鉄』(《英》underground, tube)

地下道(underpass)

tunnel

『トンネル』,地下道,坑道

〈山など〉‘に'トンネルを掘る

〈トンネルなど〉‘を'掘る

トンネルを掘る

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

helicopter

『ヘリコプター』

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

grid

格子(こうし);焼き網

グリッド(真空管で陽極と陰極との中間に装置する金属の格子)

高圧送電線網

(地図などの)碁盤目

saturate

《しばしば受動態で》〈水などが〉…‘に'しみ込む‘を'浸す;(で)…‘を'浸す《+『名』+『with』+『名』》

(一般に)(…で)…‘を'満たす《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

(…で)〈溶媒・溶液〉‘を'飽和させる《+『名』+『with』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

elevate

(ある高さに)…‘を'『上げる』,‘の'程度を高める《『名』+『to』+『名』》

(知的・精神的に)…‘を'向上させる,高める

(…から…に)〈人〉‘を'昇進させる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

straddle

…‘に'またがる:straddle a horse(bicycle, chair)馬(自転車,いす)にまたがる

〈ある問題〉‘に'どっちつかずの態度をとる,ひより見する

〈両脚〉‘を'広げる

両脚を広げて座る(立つ,歩く)

どっちつかずの態度をとる

〈両脚が〉大きく開いている

またがること

ひより見

jam

ジャム

eye-opener

目を見張らせるようなこと,驚くべきこと

朝目覚ましに飲む飲み物

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

suspend

(…から)…‘を'『つるす』,ぶら下げる《+名+from+名》

《受動態で》(つるしたように,空中・水中などに)…‘を'静止させる,浮かせる

〈法律・免状などの〉効力を当分停止する;…‘を'一時止める

《受動態で》〈人〉‘を'停学(停職,出場停止)にする

一時的に中止(停止)する

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

Tel Aviv

テルアビブ(イスラエル最大の都市)

futuristic

進んだ,時代に先がけた

《話》《しばしば軽べつして》奇抜な,今までにない

未来派の,未来派的な

magnetic

磁石の;磁気の(による,を帯びた)

人を引き付ける,魅力のある

pod

(エンドウマメなどの)さや・(飛行機)のパッド(エンジン・燃料・武器・荷物などを収める翼の下にあるふくらみ)

さやになる,さやを生ずる

〈豆〉‘の'さやをむく

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

airbus

エアバス(定期便用大型旅客機)

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

taxi

『タクシー』(taxicabの略)

タクシーで行く

〈飛行機が〉(ゆっくりと地上・水上を)滑走する

〈飛行機〉‘に'誘導滑走させる

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

deja vu

既視[感](初めて出会ったことをすでに経験したかのように感じる錯覚の一種)

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

exciting

(物事が)『興奮させる』

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

restless

『落ち着かない』,不安な(uneasy)

絶えず動いている,静止していない

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

parking

駐車

(臨時の)駐車場;空地

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

passenger

『乗客』,旅客;船客

《英話》足手まといな人

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

fully

『十分に』,完全に

まるまる

heartbeat

心臓の鼓動

blood pressure

血圧

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

compact

『ぎっしり詰まった』,目詰んだ,緊密な;(体格が)引き締まった

こぢんまりして経済的な,小さくまとまった

(文体などが)簡潔な

…'を'ぎっしり詰める;…'を'圧縮する

コンパクト(鏡,おしろい,ぱふの携帯用ケース)

中型自動車(compact car)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

red blood cell

赤血球

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

bike

=bicycle

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

incredibly

信じられないほど

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

probably

『たぶん』,『おそらく』

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

extensive

(場所などが)広い,広大な

(領域・効果などが)広範囲にわたる;手広い

(量・額・程度・数などが)大きい,膨大な

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

stuck

stick の過去・過去分詞

動かない,固定している,粘着している

動けない,(支障があって)進行が止まっている・「stuck on 何々」で「何々に夢中になっている・惚れ込んでいる」

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

endless

『無限の』,果てしのない

絶え間のない,ひっきりなしの

(端と端がつながって)輪になっている

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

transcend

〈の範囲・限界〉‘を'越える;…‘を'超越する

(大きさ・力・質などの点で)…‘に'まさる,‘を'しのぐ《+名+in+名》

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

convenience

〈U〉『都合のよいこと』,便利,便宜・〈C〉『便利なもの』;好都合な事情;《複数形で》衣食住の便,便利な設備・《英》《文》=public convenience

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

comfortably

『ここちよく』,気楽に,なに不自由なく

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

fifteen

〈C〉(数の)『15』;15記号(15,XVなど)

〈U〉(24時間制の)15時,15分;15歳

〈U〉《複数扱い》15人,15個

〈C〉15(15人,15個)一組のもの;ラグビーチームのメンバー

『15』の,15個の,15人の

《補語にのみ用いて》15歳の(で)

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

detach

(…から)…‘を'引き離す,分離する,取り外す《+『名』+『from』+『名』》

(特別任務に)〈部隊・軍艦など〉‘を'派遣する,分遣する

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

secondary

『第2の』,2番目の;(…の)次の《+『to』+『名』》

派生的な,二次的な,あまり重要でない

中等学校[教育]の

二次電流の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

lengthy

非常に長い

(話・文章などが)長すぎる,くどい

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

suburb

〈C〉(都市の近くの住宅地区としての)『郊外』,近郊

《the suburbs》《集合的に》(中心街に対して都市の)郊外[住宅地]

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

self-drive

(運転手なしで)自分で運転する

doorstep

戸口の上がり段(街路に面した家によく見られる)

modular

(建築材料が)規格部品でできている

測定基準の

buzz

(ハチ・ハエ・機械などの)『ブンブンいう音』

(人々の)ざわめき

〈ハチ・ハエ・機械などが〉『ブンブンいう』

(…で)〈人々・場所が〉ざわめく《+『with』+『名』》;(特に声を落として)(…を)ひそひそとうわさする(騒ぎたてる)《+『about』+『名』》

ブンブン音をたてて動く;せわしく動き回る《+『about』(around)》

(…を)ブザーで呼ぶ《+『for』+『名』》

〈人〉‘に'ブザーで合図する;(…するよう)〈人〉‘に'ブザーで知らせる《+『名』+『to』do》

《『buzz』+『that 節』》…‘と'ひそひそとうわさする

〈飛行機が〉…‘の'上をブンブン飛ぶ

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

cop

警官,ポリ公

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

traffic light

{C}(交差点の)交通信号灯

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

red light

(危険信号の)赤ランプ

(停止信号の)赤ランプ

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

minimum

《通例単数形で》『最小限』,最小量

(数学で)極小,最小値,極小値

《名詞の前にのみ用いて》『最小限の』,最小量の

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

initiative

開始,第一歩,手始め

『主導権』

独創力,創意工夫;進取の精神

(一般国民の)発議;発議権の手続き

instead

『その代りとして』,それよりも

rigid

(簡単には曲がらないほど)『堅い』(stiff)

(考えなど)『変わらない』;(…が)変わらない《+『in』+『名』》

『厳しい』,厳格な

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

mesh

〈C〉《単数形で》(網・ふるいなどの)目,網目

〈C〉〈U〉網,網細工

〈C〉〈U〉網目状の織物(編物),メッシュ

〈C〉《複数形で》網の目をかがった糸

〈C〉わな

〈歯車・歯などが〉(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

《性質・考え方などが》ぴったり合う

〈魚など〉‘を'網で捕らえる

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

autobahn

ドイツの高速道路

creative

『創造力のある』

『独創的な』

vitality

『生気』,活気,バイタリティー

『生命力』,体力,活力

忍耐力,持続力,永続力(性)

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

exuberant

元気(活力,熱意など)に満ちあふれている,元気いっぱいの

豊富な,あり余るほどの

(葉などが)おい茂った

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

iteration

反復,繰り返し

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画