TED日本語 - アーサー・ブルックス: 保守派もリベラル派も一致団結して問題解決に取り組もう

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

保守派もリベラル派もどちらもが、自分たちだけが愛で動き、相手方は憎しみで動いていると信じています。二極化があちこちで進む現代において、どうすれば問題を解決できるのでしょう?社会科学者アーサー・ブルックスが、進退窮まる現状の打開のため、私たち一人一人が個人として実行できるアイデアを共有し、「我々が苦闘している、この恐ろしいイデオロギーの聖戦をアイデアの競争に変えられるかもしれない」と語ります。

Script

私の出身地は アメリカ中で最も 自由で、寛容で、進歩的な場所 ― ワシントン州シアトルです 素晴らしいシアトルっ子の 家族の中で育ちました 母はアーティストで 父は大学教授 自分の育った環境には とても感謝しています 常に 気兼ねなく 自分の思うままに 自分の生き方を決めてこられたからです

私は実際のところ 両親が思い描いていた通りの 進路は辿りませんでした 19歳のときに大学を中退 ― 中退か退学かは どうでもいいですね

(笑)

そして プロのホルン奏者として あちこちを巡業し始めました ずっと夢見ていたことでした 室内楽の演奏活動をしながら アメリカ中、ヨーロッパ中を周り 何年間かは 優れたジャズギター奏者 チャーリー・バードと組んでいました そして 20代の終わりには スペインのバルセロナ・シンフォニー・ オーケストラの一員にまでなりました なんていい人生でしょう

両親は一度も文句を言わず ずっと支えていてくれました 彼らの理想ではありませんでしたがね 近所の人や友人に こう言っていたそうです 「息子はギャップイヤーの最中なんだ ― 10年ほどね」

(笑)

でも ― 私の生き方についての 気まずい会話が一度だけあったので お話ししましょう 私は27歳で バルセロナから帰省中でした クリスマス休暇で 実家に帰っており 母と台所で一緒に料理をしていて 二人きりでした 母が無口になっていて 無口すぎる ― 何かがおかしいと思ったので 「母さん 何考えてるの?」 と訊くと 母は言いました「私たち あなたのこと すごく心配なのよ」 「どういうこと?」 今更何のことだろうと思いました 「私には絶対正直に答えてね ― 共和党に投票してないわよね?」

(笑)

さて 本当のところは 私はそんなに政治に興味のない ただのホルン奏者だったのですが ちょっと悟ったことがあって それに感づいた両親は 少し戸惑っていたのです 私は資本主義の熱心な支持者に なっていました どうしてそうなったのか お話しします 昔からずっと興味を持っていた あることに由来します 意外かもしれませんが 「貧困」です

シアトルでの子供時代 初めて本物の貧困というものを 見たのを覚えています うちの家族は低中流階級でしたが 当然 本当の貧困ではありません 程遠いものでした 初めて貧困や 貧困の姿を見たのは 70年代前半のこと 私は6歳か7歳でした 皆さんも体験したような どうってことない ありふれた体験でした ナショナル・ジオグラフィックに 載っていた写真です 東アフリカの私くらいの歳の子供で 顔にはハエがたかり 腹は膨張していました もう助からないのは明らかでしたが 私に何かできるわけありませんでした その写真を憶えている人もいるでしょう 同一の写真ではなく 似たものでも 世界を苦しめ続ける貧困の姿を 西洋諸国に知らしめた写真です その絵が目に焼きつきました 成長し 学校に通って 中退したり 復学したり 家庭を持っても なお忘れられませんでした あの子がどうなったのか 気になりました 世界中のあの子のような人々は どうなったんだろうと そこで調べ始めました 当時大学にはいませんでしたが 答えを探していました 世界の貧困の極みにいる人々は どうなったのか 悪化したのか 改善したのか 一体どうなったのか

そして答えが見つかり 人生が変わりました それを皆さんにもお話しします

さて ― アメリカ人のほとんどは 貧困は悪化したと考えています 子供の頃 ― あの写真の頃に比べて 悪化しただろうと考えています アメリカ人に世界の貧困は 悪化したか改善したかと訊ねたら 70%が 70年代初期以降 飢餓は悪化したと答えるでしょう では 真実を教えましょう 私の世界観を変えた悟りとはこうです 1970年から今日までの間に 世界の人口の中で 飢餓状態で生きている人々 ― 1日1ドル以下で生活する人々 ― 当然インフレ率も調整して ― そういった人々が占める割合は 80%減少しました 私の子供の頃に比べて 世界最悪の貧困が80%減ったのです そんなこと知りもしませんでした 皆さん これは奇跡です 喜ぶべきことです 貧困対策としては 人類史上最高の偉業です それが我々の世代で 起こったのです

(拍手)

これを知ったとき疑問が湧きました 何のおかげでこれが達成できたのか なぜできたのか わからなければ再現できませんよね これを再現して さらに20億の人口を 貧困から救い出したければ ― それが本題ですからね ― 私の幼少期から今までに 聖書でいう「小さき者」である 我らが兄弟姉妹20億人が 貧困から抜け出しています さらに20億人救い出すために 知りたいのです だから答えを探し始めました 答えに政治は関係なかった 私にはどうでもよかった 今でも興味はありません 主流派の経済学者たちからの 最良の答えが欲しかったのです 右・左・中道派 関係なくです

その答えを言いましょう 成功要因は5つです 世界の我らが兄弟姉妹 20億人を 今日までに 貧困から救い出したのは 1つ目がグローバリゼーション 2つ目が自由貿易 3つ目が財産権 4つ目が法治主義 5つ目が起業です 70年代以降 世界中が自由企業体制化して 可能になったことです

ただ 私も単純じゃありません 自由企業が完璧ではないと わかっていますし より良い世界を築くには 自由企業以外にも必要なものがあるとも わかってます でも すごいことですよ 政治を超えた問題です 私が学んだこと 悟ったこととは 資本主義の意義は 富の蓄積にとどまりません 資本主義の一番良い面は 志があることです たくさんの人がこの壇上で 志について語りますね つまり 願望から生まれる志です 自由企業体制と 深く結びついています この志をもっと 広めなければなりません

さて ここで2つ目の悟りについて お話しましょう 1つ目の悟りと関連しており 世界中だけでなく 今いるこの街にも 進歩をもたらすものです 今までで聞いた 人の言葉の中でも ついさっきお話した 貧困救済についての考え方が 一番うまくまとまってるものが これです 「自由市場ほど人類史上で 富を作り出した制度はない 何十億人もを貧困から 救い出したのだから」

誰の言葉でしょう? ミルトン・フリードマンや ロナルド・レーガンみたいな響きですね 違います バラク・オバマ大統領です なぜ そらで言えるのかって? 直接言われたからです 信じられないでしょう 私の口から出てきたのは 「バンザイ!」でした それに加え こうも思いました 「なんと素晴らしい機会だろう」

何を考えていたかわかります? 2015年5月 このテーマについての イベントの最中で ジョージタウン大学でのことです これこそがアメリカが直面する 最大の問題の解決策だと思いました 何でしょう? リベラル派も保守派も関係なく 自由市場が貧困を解決するという考えの下 我々を最も必要とする人々に 手を差し伸べることです

皆さんは言わなくたって アメリカや世界中あちこちで 危機が起こっているのは 政治の二極化のせいだとご存知のはず 今や ギリギリの 危機的状況に達しています 不愉快な状況です これはいけません 去年 ある論文が 『米国科学アカデミー紀要』に 掲載されました 西洋で発行されている中で 最高権威を持つ科学系学術誌です 2014年の論文で テーマは「政治的動機の非対称性」でした これは何かというと 心理学者の定義上で言えば 自分自身のイデオロギー(世界観)は 愛から生まれるものだが 敵の世界観は 憎しみから生まれている と決めつけることです 世界の紛争ではよくあります 例えば パレスチナ人とイスラエル人の間に 見られる現象です この論文の著者たちが 発見したこととは何か 今日のアメリカでは 共和党も民主党も 大多数の人々が 「政治的動機の非対称性」的な考えに 陥っています 今日アメリカで 政治に熱心な人々の大多数が 自分たちは愛で動き 相手方は 憎しみで動いていると信じています 考えてみてくださいね ほとんどの人々の考えはこうです 「私のイデオロギーは ごく基本的な寛容性に基づいている 人助けがしたいんだ でも他の奴らは 私を陥れようとしている悪者だ」 こういった種の非対称性がある限り 社会として前に進めません 不可能です

では解決法は? まず正直になりましょう 違いはあって当たり前です 相違点を過小評価しないように そんな単純じゃありません これについての 優れた研究はたくさんあります ベテランTED講演者で友達の ジョナサン・ハイトは ニューヨーク大学で 心理学の教授をしており 様々な人々のイデオロギー、価値観や 道徳観の違いを研究しています 彼によれば 例えば 保守派とリベラルの人々は 何を重要視するかが かなり異なるそうです 例えば ハイトによれば リベラルの中で 貧困問題を心にかける人は 経済的自由を重要視する人より 59%多く 保守派の中で 経済的自由を重要視する人は 貧困問題を心にかける人より 28%多いそうです

この差は縮まらなさそうですよね 決して相容れないって? 間違いです これは多様性というもので ここに我々の強みがあるのです 貧困者を救い出したものは何か 憶えていますか 貧困問題に対する執着が 自由経済という手段をとって 世界中に広がったことでした つまり我々はお互いを必要としています 次の20億人を貧困から救い出し 人々を助けたいならば 他に道はありません

さて どうすれば達成できるのでしょう? 難しいですよね 革新的な考え方が必要です この壇上にたくさんあります 社会起業 ― そうです 絶対間違いない 最高ですね サステナブル(持続可能)で 倫理的、道徳的、責任ある海外投資が要る ― 全くその通り!

でも 本当に必要なものは? 柔軟なイデオロギーのある 新しい世界です もっと意外性が必要です でしょう? 自分のイデオロギーが型にはまってきたな と感じたことは? 何だかありきたりだなとか? 自分と同じ意見の人の話ばかり 聴いているなと思ったり? これがなぜ危険なのでしょう? なぜなら この国で経済の話をすると 右側には保守派がいて 税金とか規制とか 大きな政府についてばかり話しています 左側にはリベラルがいて 経済の話をするときは いつも 所得の不平等についてでしょう 両方とも大事なことです 私にもあなたにも 本当に大事なことですが 今日 飢えに苦しみ 助けを必要とする人々の 貧困からの救出という話になると これが邪魔になります 我々が自由に使える中で 最高水準のツールを駆使し 貧困を緩和する最良の方法の下に 協力しあうべきです それは 保守派にとっては リベラルの人々とその貧困問題への執着が リベラルにとっては 保守派の人々と その自由市場への執着が必要だと お互い認識して初めて可能になります この多様性は 受け入れさえすれば この先 アメリカの強みの1つになります

では どうすれば 共にこれを実現できるのでしょうか 活動項目のリストが要ります 皆さんだけでなく 私自身にもね 1番 ― 項目1つ目です 意見が異なる人を容認するだけでは 足りないのだと肝に銘じてください それじゃ不十分です 自分と同意しない人々が必要なのだと 肝に銘じておくべきです 我々の多様性によって提供できる ― これらのツールを 未だに待っている人々がいるからです さて 何をしたらいいのでしょうか どう伝えたらいいのでしょうか どこから始まるのでしょうか ここです この部屋にいる我々全員です 我々は恵まれています 耳を傾けてくれる人に 恵まれています 成功やリーダーシップにも 恵まれています 思いもよらないイデオロギーについて語っても 耳を傾けてくれるかもしれません 進展がそこから始まるかもしれません それが1つ目です では2つ目 あなたにも なってほしいし 私もなりたい人物像があります 特に 境界線を曖昧なものに 変えられる人です どっちつかずで 型にはめるのが難しい人に なってほしいのです 保守派ならば 常に貧困について語るような 貧者のために戦うという道徳的義務を 語るような保守派に リベラルならば 我々の問題を解決するためには 責任を持って駆使した場合の 自由市場の良さについて 常に語るようなリベラルにです

そうすれば 2つのことが実現します 1つ目 次の20億人の救済に着手でき 過去にたくさん見てきたような 今後も必要な解決策に 自ら取り組んでいけます 2つ目 我々がこの国の下で経験している 恐ろしく神聖なイデオロギーの戦いを 連帯感や互いへの尊敬の念に基づく アイデアの競争に変えることができます そうしたら もしかしたら もしかすると 我々が思っている 大きな相違点は 結局そんなに大きくはないのだと 気付くでしょう

ありがとうございました

(拍手)

I come from one of the most liberal, tolerant, progressive places in the United States, Seattle, Washington. And I grew up with a family of great Seattlites. My mother was an artist, my father was a college professor, and I am truly grateful for my upbringing, because I always felt completely comfortable designing my life exactly as I saw fit.

And in point of fact, I took a route that was not exactly what my parents had in mind. When I was 19, I dropped out of college -- dropped out, kicked out, splitting hairs.

(Laughter)

And I went on the road as a professional French horn player, which was my lifelong dream. I played chamber music all over the United States and Europe, and I toured for a couple of years with a great jazz guitar player named Charlie Bird. And by the end of my 20s, I wound up as a member of the Barcelona Symphony Orchestra in Spain. What a great life.

And you know, my parents never complained. They supported me all the way through it. It wasn't their dream. They used to tell their neighbors and friends, "Our son, he's taking a gap decade."

(Laughter)

And -- There was, however,one awkward conversation about my lifestyle that I want to tell you about. I was 27, and I was home from Barcelona, and I was visiting my parents for Christmas, and I was cooking dinner with my mother, and we were alone in the kitchen. And she was quiet, too quiet. Something was wrong. And so I said, "Mom, what's on your mind?" And she said, "Your dad and I are really worried about you." And I said, "What?" I mean, what could it be, at this point? And she said, "I want you to be completely honest with me: have you been voting for Republicans?"

(Laughter)

Now, the truth is, I wasn't really political, I was just a French horn player. But I had a bit of an epiphany, and they had detected it, and it was causing some confusion. You see, I had become an enthusiast for capitalism, and I want to tell you why that is. It stems from a lifelong interest of mine in, believe it or not, poverty.

See, when I was a kid growing up in Seattle, I remember the first time I saw real poverty. We were a lower middle class family, but that's of course not real poverty. That's not even close. The first time I saw poverty, and poverty's face, was when I was six or seven years old, early 1970s. And it was like a lot of you, kind of a prosaic example, kind of trite. It was a picture in the National Geographic Magazine of a kid who was my age in East Africa, and there were flies on his face and a distended belly. And he wasn't going to make it, and I knew that, and I was helpless. Some of you remember that picture, not exactly that picture,one just like it. It introduced the West to grinding poverty around the world. Well, that vision kind of haunted me as I grew up and I went to school and I dropped out and dropped in and started my family. And I wondered, what happened to that kid? Or to people just like him all over the world? And so I started to study, even though I wasn't in college, I was looking for the answer: what happened to the world's poorest people? Has it gotten worse? Has it gotten better? What?

And I found the answer, and it changed my life, and I want to share it with you.

See -- most Americans believe that poverty has gotten worse since we were children, since they saw that vision. If you ask Americans, "Has poverty gotten worse or better around the world?",70 percent will say that hunger has gotten worse since the early 1970s. But here's the truth. Here's the epiphany that I had that changed my thinking. From 1970 until today, the percentage of the world's population living in starvation levels, living on a dollar a day or less, obviously adjusted for inflation, that percentage has declined by 80 percent. There's been an 80 percent decline in the world's worst poverty since I was a kid. And I didn't even know about it. This, my friends, that's a miracle. That's something we ought to celebrate. It's the greatest antipoverty achievement in the history of mankind, and it happened in our lifetimes.

(Applause)

So when I learned this, I asked, what did that? What made it possible? Because if you don't know why, you can't do it again. If you want to replicate it and get the next two billion people out of poverty, because that's what we're talking about: since I was a kid,two billion of the least of these, our brothers and sisters, have been pulled out of poverty. I want the next two billion, so I've got to know why. And I went in search of an answer. And it wasn't a political answer, because I didn't care. You know what, I still don't care. I wanted the best answer from mainstream economists left, right and center.

And here it is. Here are the reasons. There are five reasons that two billion of our brothers and sisters have been pulled out of poverty since I was a kid. Number one: globalization. Number two: free trade. Number three: property rights. Number four: rule of law. Number five: entrepreneurship. It was the free enterprise system spreading around the world after 1970 that did that.

Now, I'm not naive. I know that free enterprise isn't perfect, and I know that free enterprise isn't everything we need to build a better world. But that is great. And that's beyond politics. Here's what I learned. This is the epiphany. Capitalism is not just about accumulation. At its best, it's about aspiration, which is what so many people on this stage talk about, is the aspiration that comes from dreams that are embedded in the free enterprise system. And we've got to share it with more people.

Now, I want to tell you about a second epiphany that's related to that first one that I think can bring us progress, not just around the world, but right here at home. The best quote I've ever heard to summarize the thoughts that I've just given you about pulling people out of poverty is as follows: "Free markets have created more wealth than any system in history. They have lifted billions out of poverty."

Who said it? It sounds like Milton Friedman or Ronald Reagan. Wrong. President Barack Obama said that. Why do I know it by heart? Because he said it to me. Crazy. And I said, "Hallelujah." But more than that, I said, "What an opportunity."

You know what I was thinking? It was at an event that we were doing on the subject at Georgetown University in May of 2015. And I thought, this is the solution to the biggest problem facing America today. What? It's coming together around these ideas, liberals and conservatives, to help people who need us the most.

Now, I don't have to tell anybody in this room that we're in a crisis, in America and many countries around the world with political polarization. It's risen to critical, crisis levels. It's unpleasant. It's not right. There was an article last year in the Proceedings of the National Academy of Sciences, which is one of the most prestigious scientific journals published in the West. And it was an article in 2014 on political motive asymmetry. What's that? That's what psychologists call the phenomenon of assuming that your ideology is based in love but your opponents' ideology is based in hate. It's common in world conflict. You expect to see this between Palestinians and Israelis, for example. What the authors of this article found was that in America today, a majority of Republicans and Democrats suffer from political motive asymmetry. A majority of people in our country today who are politically active believe that they are motivated by love but the other side is motivated by hate. Think about it. Think about it. Most people are walking around saying, "You know, my ideology is based on basic benevolence, I want to help people, but the other guys, they're evil and out to get me." You can't progress as a society when you have this kind of asymmetry. It's impossible.

How do we solve it? Well, first, let's be honest: there are differences. Let's not minimize the differences. That would be really naive. There's a lot of good research on this. A veteran of the TED stage is my friend Jonathan Haidt. He's a psychology professor at New York University. He does work on the ideology and values and morals of different people to see how they differ. And he's shown, for example, that conservatives and liberals have a very different emphasis on what they think is important. For example, Jon Haidt has shown that liberals care about poverty 59 percent more than they care about economic liberty. And conservatives care about economic liberty 28 percent more than they care about poverty.

Irreconcilable differences, right? We'll never come together. Wrong. That is diversity in which lies our strength. Remember what pulled up the poor. It was the obsession with poverty, accompanied by the method of economic freedom spreading around the world. We need each other, in other words, if we want to help people and get the next two billion people out of poverty. There's no other way.

Hmm. How are we going to get that? It's a tricky thing, isn't it. We need innovative thinking. A lot of it's on this stage. Social entrepreneurship. Yeah. Absolutely. Phenomenal. We need investment overseas in a sustainable, responsible, ethical and moral way. Yes. Yes.

But you know what we really need? We need a new day in flexible ideology. We need to be less predictable. Don't we? Do you ever feel like your own ideology is starting to get predictable? Kinda conventional? Do you ever feel like you're always listening to people who agree with you? Why is that dangerous? Because when we talk in this country about economics, on the right, conservatives, you're always talking about taxes and regulations and big government. And on the left, liberals, you're talking about economics, it's always about income inequality. Right? Now those are important things, really important to me, really important to you. But when it comes to lifting people up who are starving and need us today, those are distractions. We need to come together around the best ways to mitigate poverty using the best tools at our disposal, and that comes only when conservatives recognize that they need liberals and their obsession with poverty, and liberals need conservatives and their obsession with free markets. That's the diversity in which lies the future strength of this country, if we choose to take it.

So how are we going to do it? How are we going to do it together? I've got to have some action items, not just for you but for me. Number one. Action item number one: remember, it's not good enough just to tolerate people who disagree. It's not good enough. We have to remember that we need people who disagree with us, because there are people who need all of us who are still waiting for these tools. Now, what are you going to do? How are you going to express that? Where does this start? It starts here. You know, all of us in this room, we're blessed. We're blessed with people who listen to us. We're blessed with prosperity. We're blessed with leadership. When people hear us, with the kind of unpredictable ideology, then maybe people will listen. Maybe progress will start at that point. That's number one. Number two. Number two: I'm asking you and I'm asking me to be the person specifically who blurs the lines, who is ambiguous, who is hard to classify. If you're a conservative, be the conservative who is always going on about poverty and the moral obligation to be a warrior for the poor. And if you're a liberal, be a liberal who is always talking about the beauty of free markets to solve our problems when we use them responsibly.

If we do that, we get two things. Number one: we get to start to work on the next two billion and be the solution that we've seen so much of in the past and we need to see more of in the future. That's what we get. And the second is that we might just be able to take the ghastly holy war of ideology that we're suffering under in this country and turn it into a competition of ideas based on solidarity and mutual respect. And then maybe, just maybe, we'll all realize that our big differences aren't really that big after all.

Thank you.

(Applause)

I come from one of the most liberal, tolerant, progressive places/ in the United States,/ Seattle,/ Washington.//

私の出身地は アメリカ中で最も 自由で、寛容で、進歩的な場所 ― ワシントン州シアトルです

And I grew up/ with a family of great Seattlites.//

素晴らしいシアトルっ子の 家族の中で育ちました

My mother was an artist,/ my father was a college professor,/ and I am truly grateful/ for my upbringing,/ because I always felt completely comfortable/ designing my life exactly/ as I saw fit.//

母はアーティストで 父は大学教授 自分の育った環境には とても感謝しています 常に 気兼ねなく 自分の思うままに 自分の生き方を決めてこられたからです

And/ in point of fact,/ I took a route/ that was not exactly/ what my parents had in mind.//

私は実際のところ 両親が思い描いていた通りの 進路は辿りませんでした

When I was 19,/ I dropped out of college --/ dropped out,/ kicked out,/ splitting hairs.//

19歳のときに大学を中退 ― 中退か退学かは どうでもいいですね

(笑)

And I went on the road/ as a professional French horn player,/ which was my lifelong dream.//

そして プロのホルン奏者として あちこちを巡業し始めました ずっと夢見ていたことでした

I played chamber music all/ over the United States and Europe,/ and I toured for a couple of years/ with a great jazz guitar player named Charlie Bird.//

室内楽の演奏活動をしながら アメリカ中、ヨーロッパ中を周り 何年間かは 優れたジャズギター奏者 チャーリー・バードと組んでいました

And/ by the end of my 20s,/ I wound up/ as a member of the Barcelona Symphony Orchestra/ in Spain.//

そして 20代の終わりには スペインのバルセロナ・シンフォニー・ オーケストラの一員にまでなりました

What a great life.//

なんていい人生でしょう

And you know,/ my parents never complained.//

両親は一度も文句を言わず

They supported me/ all the way/ through it.//

ずっと支えていてくれました

It wasn't their dream.//

彼らの理想ではありませんでしたがね

They used to tell/ their neighbors/ and friends,/ "Our son,/ he's taking a gap decade."//

近所の人や友人に こう言っていたそうです 「息子はギャップイヤーの最中なんだ ― 10年ほどね」

(笑)

And --/ There was,/ however,/one awkward conversation/ about my lifestyle/ that I want to tell/ you/ about.//

でも ― 私の生き方についての 気まずい会話が一度だけあったので お話ししましょう

I was 27,/ and I was home from Barcelona,/ and I was visiting my parents/ for Christmas,/ and I was cooking dinner/ with my mother,/ and we were alone in the kitchen.//

私は27歳で バルセロナから帰省中でした クリスマス休暇で 実家に帰っており 母と台所で一緒に料理をしていて 二人きりでした

And she was quiet,/ too quiet.//

母が無口になっていて 無口すぎる ―

Something was wrong.//

何かがおかしいと思ったので

And so/ I said,/ "Mom,/ what's on your mind?"//

「母さん 何考えてるの?」 と訊くと

And she said,/ "Your dad/ and I are really worried about you."//

母は言いました「私たち あなたのこと すごく心配なのよ」

And I said,/ "What?"// I mean,/ what could/ it be,/ at this point?//

「どういうこと?」 今更何のことだろうと思いました

And she said,/ "I want you/ to be completely honest/ with me:/ have you been voting for Republicans?"//

「私には絶対正直に答えてね ― 共和党に投票してないわよね?」

(笑)

Now,/ the truth is,/ I wasn't really political,/ I was just a French horn player.//

さて 本当のところは 私はそんなに政治に興味のない ただのホルン奏者だったのですが

But I had a bit of an epiphany,/ and they had detected it,/ and it was causing some confusion.//

ちょっと悟ったことがあって それに感づいた両親は 少し戸惑っていたのです

You see,/ I had become an enthusiast/ for capitalism,/ and I want to tell/ you/ why that/ is.//

私は資本主義の熱心な支持者に なっていました どうしてそうなったのか お話しします

It stems from a lifelong interest of mine in,/ believe it or not,/ poverty.//

昔からずっと興味を持っていた あることに由来します 意外かもしれませんが 「貧困」です

See,/ when I was a kid/ growing up/ in Seattle,/ I remember the first time/ I saw real poverty.//

シアトルでの子供時代 初めて本物の貧困というものを 見たのを覚えています

We were a lower middle class family,/ but that's of course not real poverty.//

うちの家族は低中流階級でしたが 当然 本当の貧困ではありません

That's not even close.//

程遠いものでした

The first time/ I saw poverty,/ and poverty's face,/ was/ when I was six or seven years old,/ early 1970s.//

初めて貧困や 貧困の姿を見たのは 70年代前半のこと 私は6歳か7歳でした

And it was like a lot of you,/ kind of a prosaic example,/ kind of trite.//

皆さんも体験したような どうってことない ありふれた体験でした

It was a picture/ in the National Geographic Magazine of a kid/ who was my age/ in East Africa,/ and there were flies/ on his face and a distended belly.//

ナショナル・ジオグラフィックに 載っていた写真です 東アフリカの私くらいの歳の子供で 顔にはハエがたかり 腹は膨張していました

And he wasn't going to make/ it,/ and I knew/ that,/ and I was helpless.//

もう助からないのは明らかでしたが 私に何かできるわけありませんでした

Some of you remember/ that picture,/ not exactly/ that picture,/one just/ like it.//

その写真を憶えている人もいるでしょう 同一の写真ではなく 似たものでも

It introduced the West/ to grinding poverty/ around the world.//

世界を苦しめ続ける貧困の姿を 西洋諸国に知らしめた写真です

Well,/ that vision kind of haunted me/ as I grew up/ and I went to school/ and I dropped out/ and dropped in/ and started my family.//

その絵が目に焼きつきました 成長し 学校に通って 中退したり 復学したり 家庭を持っても なお忘れられませんでした

And I wondered,/ what happened to that kid?//

あの子がどうなったのか 気になりました

Or to people just/ like him all/ over the world?//

世界中のあの子のような人々は どうなったんだろうと

And so/ I started to study,/ even though I wasn't in college,/ I was looking for the answer:/ what happened to the world's poorest people?//

そこで調べ始めました 当時大学にはいませんでしたが 答えを探していました 世界の貧困の極みにいる人々は どうなったのか

Has/ it gotten worse?// Has/ it gotten better?// What?//

悪化したのか 改善したのか 一体どうなったのか

And I found the answer,/ and it changed my life,/ and I want to share/ it/ with you.//

そして答えが見つかり 人生が変わりました それを皆さんにもお話しします

See --/ most Americans believe/ that poverty has gotten worse/ since we were children,/ since they saw/ that vision.//

さて ― アメリカ人のほとんどは 貧困は悪化したと考えています 子供の頃 ― あの写真の頃に比べて 悪化しただろうと考えています

If you ask Americans,/ "Has poverty gotten worse or better/ around the world?"//,/70 percent will say/ that hunger has gotten worse/ since the early 1970s.//

アメリカ人に世界の貧困は 悪化したか改善したかと訊ねたら 70%が 70年代初期以降 飢餓は悪化したと答えるでしょう

But here's the truth.//

では 真実を教えましょう

Here's the epiphany/ that I had/ that changed my thinking.//

私の世界観を変えた悟りとはこうです

From 1970/ until today,/ the percentage of the world's population/ living in starvation levels,/ living on a dollar/ a day or less,/ obviously adjusted for inflation,/ that percentage has declined by 80 percent.//

1970年から今日までの間に 世界の人口の中で 飢餓状態で生きている人々 ― 1日1ドル以下で生活する人々 ― 当然インフレ率も調整して ― そういった人々が占める割合は 80%減少しました

There's been an 80 percent decline/ in the world's worst poverty/ since I was a kid.//

私の子供の頃に比べて 世界最悪の貧困が80%減ったのです

And I didn't even know about it.//

そんなこと知りもしませんでした

This,/ my friends,/ that's a miracle.//

皆さん これは奇跡です

That's something/ we ought to celebrate.//

喜ぶべきことです

It's the greatest antipoverty achievement/ in the history of mankind,/ and it happened in our lifetimes.//

貧困対策としては 人類史上最高の偉業です それが我々の世代で 起こったのです

(拍手)

So/ when I learned this,/ I asked,/ what did that?// What made it possible?//

これを知ったとき疑問が湧きました 何のおかげでこれが達成できたのか

Because/ if you don't know/ why,/ you can't do it again.//

なぜできたのか わからなければ再現できませんよね

If you want to replicate/ it/ and get the next two billion people/ out of poverty,/ because that's/ what we're talking/ about:/ since I was a kid,/two billion of the least of these,/ our brothers and sisters,/ have been pulled out of poverty.//

これを再現して さらに20億の人口を 貧困から救い出したければ ― それが本題ですからね ― 私の幼少期から今までに 聖書でいう「小さき者」である 我らが兄弟姉妹20億人が 貧困から抜け出しています

I want the next two billion,/ so I've got to know/ why.//

さらに20億人救い出すために 知りたいのです

And I went in search of an answer.//

だから答えを探し始めました

And it wasn't a political answer,/ because I didn't care.//

答えに政治は関係なかった 私にはどうでもよかった

You know/ what,/ I still don't care.//

今でも興味はありません

I wanted the best answer/ from mainstream economists left,/ right and center.//

主流派の経済学者たちからの 最良の答えが欲しかったのです 右・左・中道派 関係なくです

And here/ it is.//

その答えを言いましょう

Here are the reasons.//

成功要因は5つです

There are five reasons/ that two billion of our brothers and sisters have been pulled out of poverty/ since I was a kid.//

世界の我らが兄弟姉妹 20億人を 今日までに 貧困から救い出したのは

Number one:/ globalization.//

1つ目がグローバリゼーション

2つ目が自由貿易

Number three:/ property rights.//

3つ目が財産権

Number four:/ rule of law.//

4つ目が法治主義

Number five:/ entrepreneurship.//

5つ目が起業です

It was the free enterprise system/ spreading around the world/ after 1970/ that did that.//

70年代以降 世界中が自由企業体制化して 可能になったことです

Now,/ I'm not naive.//

ただ 私も単純じゃありません

I know/ that free enterprise isn't perfect,/ and I know/ that free enterprise isn't everything/ we need to build/ a better world.//

自由企業が完璧ではないと わかっていますし より良い世界を築くには 自由企業以外にも必要なものがあるとも わかってます

But that is great.//

でも すごいことですよ

And that's beyond politics.//

政治を超えた問題です

Here's/ what I learned.// This is the epiphany.//

私が学んだこと 悟ったこととは

Capitalism is not just about accumulation.//

資本主義の意義は 富の蓄積にとどまりません

At its best,/ it's about aspiration,/ which is/ what so many people/ on this stage talk about,/ is the aspiration/ that comes from dreams/ that are embedded in the free enterprise system.//

資本主義の一番良い面は 志があることです たくさんの人がこの壇上で 志について語りますね つまり 願望から生まれる志です 自由企業体制と 深く結びついています

And we've got to share/ it/ with more people.//

この志をもっと 広めなければなりません

Now,/ I want to tell/ you/ about a second epiphany/ that's related/ to that first one/ that I think can bring us progress,/ not just/ around the world,/ but right here/ at home.//

さて ここで2つ目の悟りについて お話しましょう 1つ目の悟りと関連しており 世界中だけでなく 今いるこの街にも 進歩をもたらすものです

The best quote/ I've ever heard to summarize/ the thoughts/ that I've just given you/ about pulling people/ out of poverty is/ as follows:/ "Free markets have created more wealth/ than any system/ in history.//

今までで聞いた 人の言葉の中でも ついさっきお話した 貧困救済についての考え方が 一番うまくまとまってるものが これです 「自由市場ほど人類史上で 富を作り出した制度はない

They have lifted billions/ out of poverty."//

何十億人もを貧困から 救い出したのだから」

Who said it?//

誰の言葉でしょう?

It sounds like Milton Friedman or Ronald Reagan.//

ミルトン・フリードマンや ロナルド・レーガンみたいな響きですね

Wrong.//

違います

President Barack Obama said that.//

バラク・オバマ大統領です

Why do I know it/ by heart?//

なぜ そらで言えるのかって?

Because he said it/ to me.//

直接言われたからです

信じられないでしょう

And I said,/ "Hallelujah."//

私の口から出てきたのは 「バンザイ!」でした

But more/ than that,/ I said,/ "What an opportunity."//

それに加え こうも思いました 「なんと素晴らしい機会だろう」

You know/ what I was thinking?//

何を考えていたかわかります?

It was at an event/ that we were doing on the subject/ at Georgetown University/ in May of 2015.//

2015年5月 このテーマについての イベントの最中で ジョージタウン大学でのことです

And I thought,/ this is the solution/ to the biggest problem/ facing America today.// What?//

これこそがアメリカが直面する 最大の問題の解決策だと思いました 何でしょう?

It's coming together/ around these ideas,/ liberals and conservatives,/ to help people/ who need us/ the most.//

リベラル派も保守派も関係なく 自由市場が貧困を解決するという考えの下 我々を最も必要とする人々に 手を差し伸べることです

Now,/ I don't have to tell/ anybody/ in this room/ that we're in a crisis,/ in America and many countries/ around the world/ with political polarization.//

皆さんは言わなくたって アメリカや世界中あちこちで 危機が起こっているのは 政治の二極化のせいだとご存知のはず

今や ギリギリの 危機的状況に達しています

It's unpleasant.// It's not right.//

不愉快な状況です これはいけません

There was an article/ last year/ in the Proceedings of the National Academy of Sciences,/ which is one of the most prestigious scientific journals published in the West.//

去年 ある論文が 『米国科学アカデミー紀要』に 掲載されました 西洋で発行されている中で 最高権威を持つ科学系学術誌です

And it was an article/ in 2014/ on political motive asymmetry.//

2014年の論文で テーマは「政治的動機の非対称性」でした

What's that?// That's/ what psychologists call the phenomenon of assuming that/ your ideology is based in love/ but your opponents/' ideology is based in hate.//

これは何かというと 心理学者の定義上で言えば 自分自身のイデオロギー(世界観)は 愛から生まれるものだが 敵の世界観は 憎しみから生まれている と決めつけることです

It's common/ in world conflict.//

世界の紛争ではよくあります

You expect to see/ this/ between Palestinians and Israelis,/ for example.//

例えば パレスチナ人とイスラエル人の間に 見られる現象です

What the authors of this article found/ was/ that in America/ today,/ a majority of Republicans and Democrats suffer from political motive asymmetry.//

この論文の著者たちが 発見したこととは何か 今日のアメリカでは 共和党も民主党も 大多数の人々が 「政治的動機の非対称性」的な考えに 陥っています

A majority of people/ in our country/ today/ who are politically active believe/ that they are motivated by love/ but the other side is motivated by hate.//

今日アメリカで 政治に熱心な人々の大多数が 自分たちは愛で動き 相手方は 憎しみで動いていると信じています

Think about it.// Think about it.//

考えてみてくださいね

Most people are walking around saying,/ "You know,/ my ideology is based on basic benevolence,/ I want to help/ people,/ but the other guys,/ they're evil/ and out/ to get me."//

ほとんどの人々の考えはこうです 「私のイデオロギーは ごく基本的な寛容性に基づいている 人助けがしたいんだ でも他の奴らは 私を陥れようとしている悪者だ」

You can't progress as a society/ when you have this kind of asymmetry.//

こういった種の非対称性がある限り 社会として前に進めません

不可能です

How do we solve it?//

では解決法は?

Well,/ first,/ let's be honest:/ there are differences.//

まず正直になりましょう 違いはあって当たり前です

Let's not minimize the differences.// That would be really naive.//

相違点を過小評価しないように そんな単純じゃありません

There's a lot of good research/ on this.//

これについての 優れた研究はたくさんあります

A veteran of the TED stage is my friend Jonathan Haidt.//

ベテランTED講演者で友達の ジョナサン・ハイトは

ニューヨーク大学で 心理学の教授をしており

He does work on the ideology and values and morals of different people/ to see/ how they differ.//

様々な人々のイデオロギー、価値観や 道徳観の違いを研究しています

And he's shown,/ for example,/ that conservatives and liberals have a very different emphasis/ on what they think is important.//

彼によれば 例えば 保守派とリベラルの人々は 何を重要視するかが かなり異なるそうです

For example,/ Jon Haidt has shown/ that liberals care about poverty 59 percent/ more/ than they care about economic liberty.//

例えば ハイトによれば リベラルの中で 貧困問題を心にかける人は 経済的自由を重要視する人より 59%多く

And conservatives care about economic liberty 28 percent/ more/ than they care about poverty.//

保守派の中で 経済的自由を重要視する人は 貧困問題を心にかける人より 28%多いそうです

この差は縮まらなさそうですよね

We'll never come together.// Wrong.//

決して相容れないって? 間違いです

That is diversity/ in which lies our strength.//

これは多様性というもので ここに我々の強みがあるのです

Remember/ what pulled up/ the poor.//

貧困者を救い出したものは何か 憶えていますか

It was the obsession/ with poverty,/ accompanied by the method of economic freedom/ spreading around the world.//

貧困問題に対する執着が 自由経済という手段をとって 世界中に広がったことでした

We need each other,/ in other words,/ if we want to help/ people/ and get the next two billion people/ out of poverty.//

つまり我々はお互いを必要としています 次の20億人を貧困から救い出し 人々を助けたいならば

There's no other way.//

他に道はありません

Hmm.//

さて

How are we going to get that?//

どうすれば達成できるのでしょう?

It's a tricky thing,/ isn't it.//

難しいですよね

We need innovative thinking.//

革新的な考え方が必要です

A lot of it's on this stage.//

この壇上にたくさんあります

Social entrepreneurship.// Yeah.// Absolutely.// Phenomenal.//

社会起業 ― そうです 絶対間違いない 最高ですね

We need investment overseas/ in a sustainable, responsible, ethical and moral way.// Yes.// Yes.//

サステナブル(持続可能)で 倫理的、道徳的、責任ある海外投資が要る ― 全くその通り!

But you know/ what we really need?//

でも 本当に必要なものは?

We need a new day/ in flexible ideology.//

柔軟なイデオロギーのある 新しい世界です

We need to be less predictable.//

もっと意外性が必要です

Don't we?//

でしょう?

Do you ever feel like your own ideology is starting to get/ predictable?//

自分のイデオロギーが型にはまってきたな と感じたことは?

何だかありきたりだなとか?

Do you ever feel like you're always listening/ to people/ who agree with you?//

自分と同じ意見の人の話ばかり 聴いているなと思ったり?

Why is that dangerous?//

これがなぜ危険なのでしょう?

Because/ when we talk in this country/ about economics,/ on the right,/ conservatives,/ you're always talking/ about taxes and regulations and big government.//

なぜなら この国で経済の話をすると 右側には保守派がいて 税金とか規制とか 大きな政府についてばかり話しています

And/ on the left,/ liberals,/ you're talking/ about economics,/ it's always/ about income inequality.//

左側にはリベラルがいて 経済の話をするときは いつも 所得の不平等についてでしょう

Right?// Now/ those are important things,/ really important/ to me,/ really important to you.//

両方とも大事なことです 私にもあなたにも 本当に大事なことですが

But when it comes to lifting people up/ who are starving/ and need us/ today,/ those are distractions.//

今日 飢えに苦しみ 助けを必要とする人々の 貧困からの救出という話になると これが邪魔になります

We need to come together/ around the best ways/ to mitigate poverty/ using the best tools/ at our disposal,/ and that comes only/ when conservatives recognize/ that they need liberals and their obsession/ with poverty,/ and liberals need conservatives and their obsession/ with free markets.//

我々が自由に使える中で 最高水準のツールを駆使し 貧困を緩和する最良の方法の下に 協力しあうべきです それは 保守派にとっては リベラルの人々とその貧困問題への執着が リベラルにとっては 保守派の人々と その自由市場への執着が必要だと お互い認識して初めて可能になります

That's the diversity/ in which lies the future strength of this country,/ if we choose to take/ it.//

この多様性は 受け入れさえすれば この先 アメリカの強みの1つになります

So/ how are we going to do it?// How are we going to do it together?//

では どうすれば 共にこれを実現できるのでしょうか

I've got to have/ some action items,/ not just/ for you/ but/ for me.//

活動項目のリストが要ります 皆さんだけでなく 私自身にもね

Number one.// Action item number one:/ remember,/ it's not good enough just/ to tolerate people/ who disagree.//

1番 ― 項目1つ目です 意見が異なる人を容認するだけでは 足りないのだと肝に銘じてください

It's not good enough.//

それじゃ不十分です

We have to remember/ that we need people/ who disagree with us,/ because there are people/ who need all of us/ who are still waiting for these tools.//

自分と同意しない人々が必要なのだと 肝に銘じておくべきです 我々の多様性によって提供できる ― これらのツールを 未だに待っている人々がいるからです

Now,/ what are you going to do?// How are you going to express that?//

さて 何をしたらいいのでしょうか どう伝えたらいいのでしょうか

Where does this start?// It starts here.//

どこから始まるのでしょうか ここです

You know,/ all of us/ in this room,/ we're blessed.//

この部屋にいる我々全員です 我々は恵まれています

We're blessed/ with people/ who listen to us.//

耳を傾けてくれる人に 恵まれています

We're blessed with prosperity.// We're blessed/ with leadership.//

成功やリーダーシップにも 恵まれています

When people hear us,/ with the kind of unpredictable ideology,/ then maybe/ people will listen.//

思いもよらないイデオロギーについて語っても 耳を傾けてくれるかもしれません

Maybe progress will start at that point.//

進展がそこから始まるかもしれません

That's number one.// Number two.//

それが1つ目です では2つ目

Number two:/ I'm asking/ you and I'm asking/ me/ to be the person specifically/ who blurs the lines,/ who is ambiguous,/ who is hard/ to classify.//

あなたにも なってほしいし 私もなりたい人物像があります 特に 境界線を曖昧なものに 変えられる人です どっちつかずで 型にはめるのが難しい人に なってほしいのです

If you're a conservative,/ be the conservative/ who is always going on/ about poverty/ and the moral obligation/ to be a warrior/ for the poor.//

保守派ならば 常に貧困について語るような 貧者のために戦うという道徳的義務を 語るような保守派に

And/ if you're a liberal,/ be/ a liberal/ who is always talking about the beauty of free markets/ to solve our problems/ when we use them responsibly.//

リベラルならば 我々の問題を解決するためには 責任を持って駆使した場合の 自由市場の良さについて 常に語るようなリベラルにです

If we do that,/ we get two/ things.//

そうすれば 2つのことが実現します

Number one:/ we get to start to work/ on the next two billion/ and be the solution/ that we've seen so much of in the past/ and we need to see/ more of in the future.// That's/ what we get.//

1つ目 次の20億人の救済に着手でき 過去にたくさん見てきたような 今後も必要な解決策に 自ら取り組んでいけます

And the second is/ that we might just be able to take the ghastly holy war of ideology/ that we're suffering/ under in this country/ and turn it/ into a competition of ideas based on solidarity and mutual respect.//

2つ目 我々がこの国の下で経験している 恐ろしく神聖なイデオロギーの戦いを 連帯感や互いへの尊敬の念に基づく アイデアの競争に変えることができます

And then maybe,/ just maybe,/ we'll all realize/ that our big differences aren't really that big/ after all.//

そうしたら もしかしたら もしかすると 我々が思っている 大きな相違点は 結局そんなに大きくはないのだと 気付くでしょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

liberal

(政治・宗教上の)『自由主義の』

『寛大な』,偏見のない,心の広い

『気前がよい』,物惜しみをしない

(物が)豊富な

(翻訳などが)字句通りでない

自由主義者

《またL-》自由党員

tolerant

寛大な,寛容な;(…に)寛大な《+of(to)+名》

(薬品・毒物などの作用に)耐性がある,抵抗力のある

progressive

(行列などが)『前進する』,進んで行く

(事態が)進展する,進行する

『進歩的な』,革新的な

(病気・暴力などが)次第に悪くなる(広がる)

(課税が)累進的な

(文法で)進行[形]の

進歩的な人,革新主義者

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

Seattle

シアトル(米国Washington州の港市)

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

laughter

『笑い』,笑い声

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

French horn

フレンチホルン(うず巻き形の金管吹奏楽器)

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

lifelong

終生の,生涯の

chamber music

室内楽

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

guitar

『ギター』

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

Barcelona

バルセロナ(スペイン北東部の地中海の港市)

symphony orchestra

交響楽団

Spain

『スペイン』(ヨーロッパ南西部の王国;首都はMadrid)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

decade

『10年間』

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

lifestyle

生き方,生きざま

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

kitchen

『台所』,調理場

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

mom

=mother

dad

『おとうちゃん』

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

republican

『共和国の』;共和制[政治]の

《『R-』》《『米』》共和党の

共和制論者,共和制主義者

《『R-』》《『米』》共和党員《略》R.,Rep.,Repub.)

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

confusion

『混乱』,乱雑(disorder)

(…と…との)混同《+『of』+『名』+『with』+『名』》

当惑,ろうばい

enthusiast

…狂;(…に)熱中している人《+『about』+『名』》

capitalism

資本主義

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

prosaic

散文の,散文体の

trite

(表現・思想などが)ありふれた,陳腐な

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

helpless

(病人・赤ん坊などが)『自分の始末ができない』,自分で用が足せない

(人・努力などが)『役に立たない』,無力な

(人が)救い(助け,保護)の得られない

(表情などが)当惑した,途方に暮れた

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

grind

(粉などに)〈穀物など〉‘を'『ひく』,細かく砕く《+『名』+『into(to)』+『名』》

(…から)〈粉など〉‘を'『ひいて作る』《+『名』+『from』+『名』》

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ;〈レンズなど〉‘を'磨く

…‘を'『きしらせる』;(…に)…‘を'こすりつける《++『名』+『into』(『under』)+『名』》

〈人・圧制・貧困などが〉〈人・心など〉‘を'苦しめる,圧迫する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

〈回転式器具〉‘の'ハンドルを回す

《話》(人の頭などに)〈学科など〉‘を'たたき込む,詰め込む《+『名』〈学科〉+『into』+『名』》(学科などで)〈人〉‘に'骨折って教え込む《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

〈穀物などが〉(よく,細かく)ひける,粉になる

ギーギーすれ合う,きしる

《米話》(…を)こつこつ勉強する(働く)《+『away at』(『for』)+『名』》

〈U〉粉にひくこと;研ぐこと

〈U〉(コーヒーなどの)ひいた粒の大きさ

〈C〉《話》つらくて退屈な勉強(仕事)

〈C〉《米話》がり勉屋,がりがり仕事をする人

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

haunt

…‘に'『しばしば行く』

《しばしば受動態で》(幽霊などが)…‘に'出没する

《通例受動態で》〈考え・思い出などが〉〈人・人の心〉‘に'『付きまとう』

人がよく行く場所,人の集まる所

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

starvation

餓死;飢餓,窮乏

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

obviously

明らかに,明白に

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

inflation

『インフレーション』,インフレ,通貨膨張;物価の暴騰

ふくらますこと,誇張

ふくらんだ状態

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

antipoverty

貧困救済(絶滅)を目指す

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

applause

『拍手かっさい』;称賛

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

economist

経済学者

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

free trade

自由貿易

property

動産

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

free enterprise

(政府の干渉を受けない)自由企業[体制]

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

accumulation

〈U〉蓄積すること,ためること

〈C〉蓄積した物

aspiration

大望,熱望

呼気,呼吸

気音を伴って発音すること(例:penの[p],killの[k])

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

Milton

ミルトン(john~;1608‐74;英国の詩人,Paradise Lostの作者)

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

opportunity

『機会』,好機

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

unpleasant

『不愉快な』,不仇感を与える,いやな

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

proceeding

〈U〉(…の)進行,続行《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》一連の行為(ふるまい)

〈C〉《複数形で》《しばしばp-》)学会などの)会議録;会報

〈C〉《複数形で》訴訟[手続キ]

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

prestigious

誉れの高い,高名な;尊敬されている

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

motive

(・・・の)『動機』,誘因,目的《+『for(of)』+『名』(do『ing』)》

=motif

運動の;運動に関する;運動を起こす

psychologist

心理学者

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

ideology

〈C〉イデオロギー(社会・政党などが持つ典型的な思考形態)

〈U〉《軽蔑して》空理,空論

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

Israeli

(現在の)イスラエル人

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

democrat

民主主義者,民主政体論者

《『D』‐》《米》民主党員

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

benevolence

〈U〉善意,慈悲心,親切心

〈C〉《単数形で》親切な行為

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

Jonathan

ヨナタン(サウルの子;旧約聖書「サムエル記上」)

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

emphasis

(…に対する)『強調』,重要視《+『on』(『upon』)+『名』》

(音節・語・句などに置く)強勢,強調

economic

『経済の』

『経済学の』

liberty

〈U〉(圧政・支配・束縛などからの)『自由』,独立,解放;(自分の意志で行動・選択する)自由,権利

〈C〉『気まま』,かって;かって気ままな言動

《the ~》(ある場所に出入りする)『権利』,自由《+『of』+『名』》

〈U〉(海軍の)上陸許可(時間)

《複数形で》(王などから与えられた)権利,特権

irreconcilable

(人などが)和解できない

(事実など)両立しない,折り合いのつかない

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

obsession

〈U〉(悪魔・妄想などが)つきまとうこと;(悪魔・妄想などに)つきまとわれること

〈C〉(…についての)妄想,強迫観念《+『about』+『名』》

accompany

〈人など〉‘に'『同行する』,随行する,ついて行く(go with)

…‘に'『伴って起こる』;(…を)…‘に'半わせる,添える《+『名』+『with』+『名』》

〈歌・歌手〉‘の'『伴奏をする』

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

tricky

(人が)こうかつな,ずるい

(物事・仕事などが)手の込んだ;慎重を要する,扱いにくい

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

overseas

海を越えて,外国へ(abroad)

『海外の』,外国の,外国向けの

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

kinda

=kind of

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

income

(一定の)『収入』,所得

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

starve

『餓死する』

(…を)切望する,(…に)飢える《+『for』+『名』》

《話》空腹である,ひもじい

…‘を'飢え死にさせる

〈人〉‘を'飢えさせる,腹ぺこにさせる

(…を)…‘に'切望させる,(…の)欠乏を感じさせる《+『名』+『for(of)』+『名』》

distraction

〈U〉気を散らすこと,注意散漫

〈C〉気を散らすもの,気晴らし

〈U〉精神錯乱,狂気

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

disposal

配置,配列

(事件・業務などの)『処置』,処理;処分

(物の)譲渡;売却

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

tolerate

…‘に'『寛大な態度をとる』,‘を'黙認する

…‘を'『がまんする』,耐える

〈薬品・毒物など〉‘に'耐性がある

disagree

〈物事が〉(…と)『一致しない』,食い違う《+『with』+『名』》

〈人が〉『意見が合わない』;(…について人と)意見が合わない《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈気候・食物などが〉(人に)合わない,適しない,害を与える《+『with』+『名』》(受動態にできない)

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

blessed

祝福を受けた,恵まれた

神聖な(sacred, holy)

《名詞の前にのみ用いて》《damnを遠回しに言って》いまわしい,ばちあたりの(cursed)

《強意》

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

prosperity

『繁栄』,成功

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

unpredictable

予言できない,予知不可能な

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

blur

にじみ;しみ,汚れ

不鮮明;かすみ,曇り

(…で)…'を'汚す《+『名』+『with』+『名』》

…'を'ぼんやりさせる,曇らす

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

ambiguous

(意味が)いろいろな意味にとれる,多義の

(正体などが)はっきりしない;(輪郭などが)ぼんやりとした,おぼろげな

classify

(…に)…'を'『分類する』,類別する,等級別にする《+『名』+『into』+『名』》

《米》〈文書類など〉'を'機密扱いにする

obligation

(法律・社会・道徳上の)『義務』,約束

(法律・契約・約束などの持つ)拘束力,束縛

(与えられた恩恵・好意などに対する)『恩義』,義理《+『to(toward)』+『名』》

warrior

戦士,武人(soldier)

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

responsibly

責任をもって

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

ghastly

『ぞっとする』,ものすごい(dreadful)

(人・顔つきなどが)『死人のような』,青ざめた

《話》(人・天気・痛みなどが)ひどい,特に悪い,はなはだしい

恐ろしく

青ざめて

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

solidarity

一致団結,結束

mutual

『相互の』 お互いに対する

『共通の』;共同の

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

関連動画