TED日本語 - レシュマ・サジャーニ: 女の子は完璧さよりも勇気を

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

女子は完璧であるように、男子は勇敢であるように育てられると、Girls Who Codeの創業者レシュマ・サジャーニは言います。若い女性がリスクを取り、プログラミングを学ぼうとする空気を作ろうと彼女は試みてきました。どちらも、女性が社会を前進させるために必要となるスキルです。彼女は言います。「真に革新していこうとするなら、人口の半分を無駄にするわけにはいかないのです。皆さんには知り合いの若い女性すべてに言って欲しいんです。不完全であることを受け入れなさいと」

Script

数年前 私はすごく 勇気のいることをしました 馬鹿なことをした という人もいますけど 下院選に出馬したのです

私は長いこと基金調達者や 世話人として働いてきて 政治からは距離を 置いていましたが 心の底ではずっと 政治に関わりたかったんです 私の選挙区の現職議員は 1992年以来ずっと在任していて 選挙に一度も 負けたことがなく 民主党予備選で彼女に 本気で挑もうとする人はいませんでした でも私は これこそが 進む道だと思ったんです 違いを生み出し 現状を変えるんだと ただ世論調査結果は 芳しくありませんでした 選挙に打って出るなんて 狂気の沙汰で 勝ち目はないと うちの世論調査員に言われましたが

それでも私は 出ることにしました 2012年 ニューヨーク市での選挙戦で 私は新人候補になり きっと勝ってみせると 誓いました ニューヨーク・デイリーニューズ紙の 支持を受け 選挙の日にはウォールストリート ジャーナル紙が 私の写真を撮り CNBCは 全国で最も熱い 選挙戦だと報じました 私はあらゆる知人から お金を集めました インド女性が選挙に出るというだけで 喜んでくれた インド人のおば様たちまで含めて しかし選挙では 世論調査が正しかったことが示され 私は19%しか 得票できませんでした 「政治の希望の星」と 私を持ち上げていた新聞が たった 6,321票のために 130万ドルをドブに捨てたと 報じました お願いだから 計算はしないで 屈辱的でした

念のために 言っておきますと これは失敗の大切さの 話ではありません 踏み出すことについての 話でもありません 私が議員選の話をしたのは その時 33歳にして 私の全人生で初めて 本当に勇気のいることを したからです 完璧かどうかなんて 気にもしませんでした

これは私に限った 話ではありません 私の話した 女性の多くは 自分が確実にうまく やれるものだけを 仕事として選んできたと 言っていました 不思議なことではありません 女の子の多くは リスクや失敗を 避けるよう教え込まれるからです 可愛らしく微笑み 安全第一で オールAの成績を取る それに対して男の子は やんちゃに遊ぶように教えられます ブランコを高くこぎ ジャングルジムのてっぺんによじ登り 頭から飛び込む 大人になる頃には 昇給交渉するにせよ デートに誘うにせよ リスクを取る習慣が 身についていて それによって 報われています 「シリコンバレーでは スタートアップを 2つ失敗させた後でなければ まじめに取り合ってもらえない」 などとさえ言われています つまるところ 女の子は完璧であるように 男の子は勇敢になるように 育てられているんです

政府の赤字を 懸念する人もいますが 私はむしろ 「勇気の赤字」を懸念します 経済にしても社会にしても うまくいっていないのは 女の子に勇気を持つよう 教えていないからだと思います この勇気の不足のために 科学技術分野や 経営幹部職や 重役会議や 議会や およそ重要な場所のほとんどで 女性が少ないんです

1980年代に心理学者の キャロル・ドウェックが 頭の良い小学5年生の子が 難しすぎる課題にどう対処するか 調べたところ 頭の良い女子は諦めるのが 早いことが分かりました IQが高いほど 諦めやすいのです 一方で 頭の良い男子の場合 難しい問題に挑戦心を 掻き立てられます やり甲斐を感じて 努力を倍増するんです

どういうことなのでしょう? 5年生では女子が 理科や数学を含め あらゆる科目で 男子を凌駕しています だからこれは 能力の問題ではないのです 挑戦に対して男子と女子が取る 態度の違いの問題なんです そしてこれは 5年生で終わる話ではありません HPの調査によると 男性の場合 必要条件を6割充たしていれば 求人に応募するのに 女性の場合は 必要条件を100%充たしていないと 応募しないんです 100%です この研究は 女性がもっと自信を持つ 必要がある証拠として よく引き合いに出されますが 私はむしろ 女性が 完璧であることを求め 過剰に慎重であるよう 社会的に条件付けられている 証拠だと思います

(拍手)

女性が意欲的で 踏み出そうと している時でさえ 完璧であるよう 社会的に 条件付けられていることにより 仕事の選択において リスクを避けがちになります 現在コンピューターや テクノロジーの分野で 60万の求人があるというのに 女性は取り残されたままです もし女性が 完璧さではなく 勇気を持つよう社会的に 条件付けられていたら 女性が解決していたであろう イノベーションや問題を 我々の経済は 取りこぼしているんです

(拍手)

2012年に私は 女性にプログラミングを 教える会社を 立ち上げたんですが プログラミングを 教えることによって 彼女たちに勇気を持てと 社会的に条件付けているのだと気付きました プログラミングというのは 際限のない試行錯誤です 正しいコマンドを 正しい場所に置く必要があり たった1つのセミコロンが 失敗と成功を分けたりします プログラムは絶えず躓いたり 破綻したりします そして作ろうと していたものが 命を持ち始める 魔法の瞬間まで 数多くの試行が 必要になります 忍耐が必要とされ 不完全さと折り合うことが 求められます

教えていると 女子の持っている 正しくないこと 完璧でないことへの恐れが すぐ見て取れます Girls Who Code の教師は みんな同じ話を聞かせてくれるでしょう プログラミングを学び始めた 最初の週に 女生徒が言ってきます 「どうプログラムを書いたら いいのか分かりません」 画面を見ると 空のテキストエディタが あるだけです 教師が何も 分かっていなければ その女生徒が 20分間 ただ画面を 見つめていたんだと思うことでしょう でも「元に戻す」ボタンを 何度かクリックすると その生徒がプログラムを途中まで書いて 消していたことが分かるでしょう その子は書いてみて いいところまで行ったのに 何かが うまく いかなかったのです そして それまでに できたことを見せるよりは 何も見せないことの方を 選んだのです 完璧か無かです

女の子たちが本当はプログラミングに 向いていることが分かりました でもプログラミングを教えるだけでは 駄目なんです

私の友人で Java入門の授業を教えている コロンビア大教授の レヴ・ブリーが 学生の相談を受けた時の話を してくれました 男子生徒の場合 課題で躓いた時 こう相談しにきます 「先生 私のプログラムには どこか駄目なところがあるようです」 それが女子の場合には 「先生 私には どこか駄目なところが あるようです」と言うんです

この完璧であろうとする 社会的条件付けを打ち消すと同時に 自分だけではないと 分かるように 女性の連帯を 築く必要があります 構造的な問題は もっと頑張れば直る というものではないからです どれほど多くの女性が言うのを 聞いたか分かりません

「手を挙げられません 質問するのが怖いんです 分からないのが 自分だけ 苦労しているのが 自分だけだったら 恥ずかしいから」 勇気を持つように教え 応援する 支援ネットワークがあれば 彼女たちは すごいものを 作れるんです 私は毎日それを 目にしています たとえば うちで学んでいる 2人の女子高生は 「タンポン・ラン」 という ゲームを作りました ええ あのタンポンです それで生理のタブーと ゲームにおける性差別に 挑んでいます シリア難民の子は 新しい祖国への 愛を示したくて アメリカ人が投票に行くのを 支援するアプリを作りました ある16歳の女の子は 腫瘍が良性か悪性か調べるための アルゴリズムを作りました もしかしたらガンの父親を 助けられるかもしれない という思いからです これは何千という女の子たちの中の 3つの例にすぎません 不完全でもいいんだと 社会的に条件付けられ 試み続けること 忍耐することを 学んだ女の子たちです 彼女たちの成ろうとしているのが プログラマであろうと 次のヒラリー・クリントンや ビヨンセであろうと 夢をぐずぐず後回しに することはないでしょう

そして この国にとって そういう夢が 今ほど重要な時はありません アメリカの経済にとって あるいはどこの経済であれ 成長し 真に革新して いこうとするなら 人口の半分を無駄にするわけには いかないのです 不完全でもいいんだと 女の子たちを 社会的に条件付けなければなりません それも今すぐにです 彼女たちが勇気を 持つようになるのを 私のように33歳まで 待っているわけにはいきません 学校や仕事人生の 早い時点で 勇気を持つことを 教える必要があります 自分の人生や 他の人の人生に 影響を与えられる可能性の 最も高い時にです 周りが示してやる 必要があります 愛され 受け入れられるのは 完璧であることによってではなく 勇気を持つこと によってなのだと だから皆さんには 知り合いの若い女性 すべてに言って欲しいんです 姉妹にも 姪にも 従業員にも 同僚にも 不完全であることを 受け入れなさいと 不完全でいいんだと教え それを生かす 手助けをしてやることで 若い女性が 勇気を持ち 自分や 他のみんなにとって より良い世界を築く 流れを作り出せるはずです

ありがとうございました

(拍手) ありがとうございます

(クリス・アンダーソン)ありがとう レシュマ すごく強いビジョンをお持ちですね あなたにはビジョンがある どんな状況か聞かせてください 現在 参加している女の子は どれくらいいるんですか?

(レシュマ・サジャーニ)2012年には 20人の女の子を教えていました 2016年の今は 全米50州で 4万人に教えています

(拍手)

本当に心強い数字です 去年コンピュータ科学科を卒業した女子は 7,500人しかいませんでした 現状があまりに ひどいからこそ そういう大きな変化を 短期間で起こすことができるんです

(クリス)この場にいる人たちの会社と 協力しているんですってね 卒業生の受け入れ先には どこがあるんですか?

(レシュマ)協賛企業が 80社ほどあります Twitter Facebook Adobe IBM Microsoft Pixar Disney みんなそうです 皆さんの会社がまだなら 私が捕まえにいきますから すべての技術系企業に ぜひ Girls Who Code の教室を 取り込んでほしいんです

(クリス)採用した企業からの評判も 良いそうですね 技術部門で 男女のバランスを取ると 良い結果が得られるのだと

(レシュマ)素晴らしい結果が 得られます 女性を取り込まないなんて 馬鹿げています 消費者購入の85%が 女性によってなされ 女性は男性の6倍の割合で ソーシャルメディアを使っているというのに インターネットはむしろ 女性のものなんです 明日の企業を 作っていかなければなりません 多様性に富むチームを持ち 技術部門に 素晴らしい女性がいれば すごいものを作り出すはずです 私は毎日目にしています

(クリス)みんなの反応を見たでしょう あなたのしていることはすごく重要だと思います コミュニティの全員が応援しています 頑張ってください

(レシュマ)ありがとうこざいます

(拍手)

So a few years ago, I did something really brave, or some would say really stupid. I ran for Congress.

For years, I had existed safely behind the scenes in politics as a fundraiser, as an organizer, but in my heart, I always wanted to run. The sitting congresswoman had been in my district since 1992. She had never lost a race, and no one had really even run against her in a Democratic primary. But in my mind, this was my way to make a difference, to disrupt the status quo. The polls, however, told a very different story. My pollsters told me that I was crazy to run, that there was no way that I could win.

But I ran anyway, and in 2012, I became an upstart in a New York City congressional race. I swore I was going to win. I had the endorsement from the New York Daily News, the Wall Street Journal snapped pictures of me on election day, and CNBC called it one of the hottest races in the country. I raised money from everyone I knew, including Indian aunties that were just so happy an Indian girl was running. But on election day, the polls were right, and I only got 19 percent of the vote, and the same papers that said I was a rising political star now said I wasted 1.3 million dollars on 6,321 votes. Don't do the math. It was humiliating.

Now, before you get the wrong idea, this is not a talk about the importance of failure. Nor is it about leaning in. I tell you the story of how I ran for Congress because I was 33 years old and it was the first time in my entire life that I had done something that was truly brave, where I didn't worry about being perfect.

And I'm not alone: so many women I talk to tell me that they gravitate towards careers and professions that they know they're going to be great in, that they know they're going to be perfect in, and it's no wonder why. Most girls are taught to avoid risk and failure. We're taught to smile pretty, play it safe, get all A's. Boys, on the other hand, are taught to play rough, swing high, crawl to the top of the monkey bars and then just jump off headfirst. And by the time they're adults, whether they're negotiating a raise or even asking someone out on a date, they're habituated to take risk after risk. They're rewarded for it. It's often said in Silicon Valley, no one even takes you seriously unless you've had two failed start-ups. In other words, we're raising our girls to be perfect, and we're raising our boys to be brave.

Some people worry about our federal deficit, but I, I worry about our bravery deficit. Our economy, our society, we're just losing out because we're not raising our girls to be brave. The bravery deficit is why women are underrepresented in STEM, in C-suites, in boardrooms, in Congress, and pretty much everywhere you look.

In the 1980s, psychologist Carol Dweck looked at how bright fifth graders handled an assignment that was too difficult for them. She found that bright girls were quick to give up. The higher the IQ, the more likely they were to give up. Bright boys, on the other hand, found the difficult material to be a challenge. They found it energizing. They were more likely to redouble their efforts.

What's going on? Well, at the fifth grade level, girls routinely outperform boys in every subject, including math and science, so it's not a question of ability. The difference is in how boys and girls approach a challenge. And it doesn't just end in fifth grade. An HP report found that men will apply for a job if they meet only 60 percent of the qualifications, but women, women will apply only if they meet 100 percent of the qualifications. 100 percent. This study is usually invoked as evidence that, well, women need a little more confidence. But I think it's evidence that women have been socialized to aspire to perfection, and they're overly cautious.

(Applause)

And even when we're ambitious, even when we're leaning in, that socialization of perfection has caused us to take less risks in our careers. And so those 600,000 jobs that are open right now in computing and tech, women are being left behind, and it means our economy is being left behind on all the innovation and problems women would solve if they were socialized to be brave instead of socialized to be perfect.

(Applause)

So in 2012, I started a company to teach girls to code, and what I found is that by teaching them to code I had socialized them to be brave. Coding, it's an endless process of trial and error, of trying to get the right command in the right place, with sometimes just a semicolon making the difference between success and failure. Code breaks and then it falls apart, and it often takes many, many tries until that magical moment when what you're trying to build comes to life. It requires perseverance. It requires imperfection.

We immediately see in our program our girls' fear of not getting it right, of not being perfect. Every Girls Who Code teacher tells me the same story. During the first week, when the girls are learning how to code, a student will call her over and she'll say, "I don't know what code to write." The teacher will look at her screen, and she'll see a blank text editor. If she didn't know any better, she'd think that her student spent the past 20 minutes just staring at the screen. But if she presses undo a few times, she'll see that her student wrote code and then deleted it. She tried, she came close, but she didn't get it exactly right. Instead of showing the progress that she made, she'd rather show nothing at all. Perfection or bust.

It turns out that our girls are really good at coding, but it's not enough just to teach them to code.

My friend Lev Brie, who is a professor at the University of Columbia and teaches intro to Java tells me about his office hours with computer science students. When the guys are struggling with an assignment, they'll come in and they'll say, "Professor, there's something wrong with my code." The girls will come in and say, "Professor, there's something wrong with me."

We have to begin to undo the socialization of perfection, but we've got to combine it with building a sisterhood that lets girls know that they are not alone. Because trying harder is not going to fix a broken system. I can't tell you how many women tell me,

"I'm afraid to raise my hand, I'm afraid to ask a question, because I don't want to be the only one who doesn't understand, the only one who is struggling. When we teach girls to be brave and we have a supportive network cheering them on, they will build incredible things, and I see this every day. Take, for instance,two of our high school students who built a game called Tampon Run -- yes, Tampon Run -- to fight against the menstruation taboo and sexism in gaming. Or the Syrian refugee who dared show her love for her new country by building an app to help Americans get to the polls. Or a 16-year-old girl who built an algorithm to help detect whether a cancer is benign or malignant in the off chance that she can save her daddy's life because he has cancer. These are just three examples of thousands, thousands of girls who have been socialized to be imperfect, who have learned to keep trying, who have learned perseverance. And whether they become coders or the next Hillary Clinton or Beyonce, they will not defer their dreams.

And those dreams have never been more important for our country. For the American economy, for any economy to grow, to truly innovate, we can not leave behind half our population. We have to socialize our girls to be comfortable with imperfection, and we've got to do it now. We can not wait for them to learn how to be brave like I did when I was 33 years old. We have to teach them to be brave in schools and early in their careers, when it has the most potential to impact their lives and the lives of others, and we have to show them that they will be loved and accepted not for being perfect but for being courageous. And so I need each of you to tell every young woman you know -- your sister, your niece, your employee, your colleague -- to be comfortable with imperfection, because when we teach girls to be imperfect, and we help them leverage it, we will build a movement of young women who are brave and who will build a better world for themselves and for each and every one of us.

Thank you.

(Applause) Thank you.

Chris Anderson: Reshma, thank you. It's such a powerful vision you have. You have a vision. Tell me how it's going. How many girls are involved now in your program?

Reshma Saujani: Yeah. So in 2012, we taught 20 girls. This year we'll teach 40,000 in all 50 states.

(Applause)

And that number is really powerful, because last year we only graduated 7,500 women in computer science. Like, the problem is so bad that we can make that type of change quickly.

CA: And you're working with some of the companies in this room even, who are welcoming graduates from your program?

RS: Yeah, we have about 80 partners, from Twitter to Facebook to Adobe to IBM to Microsoft to Pixar to Disney, I mean, every single company out there. And if you're not signed up, I'm going to find you, because we need every single tech company to embed a Girls Who Code classroom in their office.

CA: And you have some stories back from some of those companies that when you mix in more gender balance in the engineering teams, good things happen.

RS: Great things happen. I mean, I think that it's crazy to me to think about the fact that right now 85 percent of all consumer purchases are made by women. Women use social media at a rate of 600 percent more than men. We own the Internet, and we should be building the companies of tomorrow. And I think when companies have diverse teams, and they have incredible women that are part of their engineering teams, they build awesome things, and we see it every day.

CA: Reshma, you saw the reaction there. You're doing incredibly important work. This whole community is cheering you on. More power to you. Thank you.

RS: Thank you.

(Applause)

So a few years ago,/ I did something really brave,/ or some would say really stupid.//

数年前 私はすごく 勇気のいることをしました 馬鹿なことをした という人もいますけど

I ran for Congress.//

下院選に出馬したのです

For years,/ I had existed safely/ behind the scenes/ in politics/ as a fundraiser,/ as an organizer,/ but in my heart,/ I always wanted to run.//

私は長いこと基金調達者や 世話人として働いてきて 政治からは距離を 置いていましたが 心の底ではずっと 政治に関わりたかったんです

The sitting congresswoman had been in my district/ since 1992.//

私の選挙区の現職議員は 1992年以来ずっと在任していて

She had never lost a race,/ and no one had really even run against her/ in a Democratic primary.//

選挙に一度も 負けたことがなく 民主党予備選で彼女に 本気で挑もうとする人はいませんでした

But in my mind,/ this was my way/ to make a difference,/ to disrupt the status quo.//

でも私は これこそが 進む道だと思ったんです 違いを生み出し 現状を変えるんだと

The polls,/ however,/ told a very different story.//

ただ世論調査結果は 芳しくありませんでした

My pollsters told me/ that I was crazy/ to run,/ that there was no way that/ I could win.//

選挙に打って出るなんて 狂気の沙汰で 勝ち目はないと うちの世論調査員に言われましたが

But I ran anyway,/ and in 2012,/ I became an upstart/ in a New York City congressional race.//

それでも私は 出ることにしました 2012年 ニューヨーク市での選挙戦で 私は新人候補になり

I swore/ I was going to win.//

きっと勝ってみせると 誓いました

I had the endorsement/ from the New York Daily News,/ the Wall Street Journal snapped pictures of me/ on election day,/ and CNBC called it/ one of the hottest races/ in the country.//

ニューヨーク・デイリーニューズ紙の 支持を受け 選挙の日にはウォールストリート ジャーナル紙が 私の写真を撮り CNBCは 全国で最も熱い 選挙戦だと報じました

I raised money/ from everyone/ I knew,/ including Indian aunties/ that were just so happy/ an Indian girl was running.//

私はあらゆる知人から お金を集めました インド女性が選挙に出るというだけで 喜んでくれた インド人のおば様たちまで含めて

But on election day,/ the polls were right,/ and I only got 19 percent of the vote,/ and the same papers/ that said/ I was a rising political star now said I wasted 1.3 million dollars/ on 6,321 votes.//

しかし選挙では 世論調査が正しかったことが示され 私は19%しか 得票できませんでした 「政治の希望の星」と 私を持ち上げていた新聞が たった 6,321票のために 130万ドルをドブに捨てたと 報じました

Don't do the math.//

お願いだから 計算はしないで

It was humiliating.//

屈辱的でした

Now,/ before you get the wrong idea,/ this is not a talk/ about the importance of failure.//

念のために 言っておきますと これは失敗の大切さの 話ではありません

Nor is it/ about leaning in.//

踏み出すことについての 話でもありません

I tell you/ the story of how I ran for Congress/ because I was 33 years old/ and it was the first time/ in my entire life/ that I had done something/ that was truly brave,/ where I didn't worry about being perfect.//

私が議員選の話をしたのは その時 33歳にして 私の全人生で初めて 本当に勇気のいることを したからです 完璧かどうかなんて 気にもしませんでした

And I'm not alone:/ so many women/ I talk to tell/ me/ that they gravitate towards careers and professions/ that they know they're going to be great in,/ that they know/ they're going to be perfect in,/ and it's no wonder/ why.//

これは私に限った 話ではありません 私の話した 女性の多くは 自分が確実にうまく やれるものだけを 仕事として選んできたと 言っていました 不思議なことではありません

Most girls are taught to avoid/ risk/ and failure.//

女の子の多くは リスクや失敗を 避けるよう教え込まれるからです

We're taught to smile pretty,/ play it safe,/ get all A's.//

可愛らしく微笑み 安全第一で オールAの成績を取る

Boys,/ on the other hand,/ are taught to play/ rough,/ swing high,/ crawl/ to the top of the monkey bars/ and then just jump off/ headfirst.//

それに対して男の子は やんちゃに遊ぶように教えられます ブランコを高くこぎ ジャングルジムのてっぺんによじ登り 頭から飛び込む

And by the time/ they're adults,/ whether they're negotiating/ a raise/ or even/ asking someone out/ on a date,/ they're habituated to take/ risk/ after risk.//

大人になる頃には 昇給交渉するにせよ デートに誘うにせよ リスクを取る習慣が 身についていて

They're rewarded for it.//

それによって 報われています

It's often said in Silicon Valley,/ no one even takes you seriously/ unless you've had two failed start-ups.//

「シリコンバレーでは スタートアップを 2つ失敗させた後でなければ まじめに取り合ってもらえない」 などとさえ言われています

In other words,/ we're raising/ our girls/ to be perfect,/ and we're raising/ our boys/ to be brave.//

つまるところ 女の子は完璧であるように 男の子は勇敢になるように 育てられているんです

Some people worry about our federal deficit,/ but I,/ I worry about our bravery deficit.//

政府の赤字を 懸念する人もいますが 私はむしろ 「勇気の赤字」を懸念します

Our economy,/ our society,/ we're just losing/ out/ because we're not raising/ our girls/ to be brave.//

経済にしても社会にしても うまくいっていないのは 女の子に勇気を持つよう 教えていないからだと思います

The bravery deficit is/ why women are underrepresented in STEM,/ in C-suites,/ in boardrooms,/ in Congress,/ and pretty much everywhere/ you look.//

この勇気の不足のために 科学技術分野や 経営幹部職や 重役会議や 議会や およそ重要な場所のほとんどで 女性が少ないんです

In the 1980s,/ psychologist Carol Dweck looked at how bright fifth graders handled an assignment/ that was too difficult/ for them.//

1980年代に心理学者の キャロル・ドウェックが 頭の良い小学5年生の子が 難しすぎる課題にどう対処するか 調べたところ

She found/ that bright girls were quick/ to give up.//

頭の良い女子は諦めるのが 早いことが分かりました

The higher/ the IQ,/ the more likely/ they were to give up.//

IQが高いほど 諦めやすいのです

Bright boys,/ on the other hand,/ found the difficult material/ to be a challenge.//

一方で 頭の良い男子の場合 難しい問題に挑戦心を 掻き立てられます

They found it/ energizing.//

やり甲斐を感じて

They were more likely/ to redouble their efforts.//

努力を倍増するんです

What's going on?//

どういうことなのでしょう?

Well,/ at the fifth grade level,/ girls routinely outperform boys/ in every subject,/ including/ math and science,/ so it's not a question of ability.//

5年生では女子が 理科や数学を含め あらゆる科目で 男子を凌駕しています だからこれは 能力の問題ではないのです

The difference is in how boys and girls approach a challenge.//

挑戦に対して男子と女子が取る 態度の違いの問題なんです

And it doesn't just end in fifth grade.//

そしてこれは 5年生で終わる話ではありません

An HP report found/ that men will apply for a job/ if they meet only 60 percent of the qualifications,/ but women,/ women will apply only/ if they meet 100 percent of the qualifications.//

HPの調査によると 男性の場合 必要条件を6割充たしていれば 求人に応募するのに 女性の場合は 必要条件を100%充たしていないと 応募しないんです

100 percent.//

100%です

This study is usually invoked as evidence/ that,/ well,/ women need a little more confidence.//

この研究は 女性がもっと自信を持つ 必要がある証拠として よく引き合いに出されますが

But I think/ it's evidence/ that women have been socialized to aspire/ to perfection,/ and they're overly cautious.//

私はむしろ 女性が 完璧であることを求め 過剰に慎重であるよう 社会的に条件付けられている 証拠だと思います

(拍手)

And even/ when we're ambitious,/ even when/ we're leaning in,/ that socialization of perfection has caused us/ to take less risks/ in our careers.//

女性が意欲的で 踏み出そうと している時でさえ 完璧であるよう 社会的に 条件付けられていることにより 仕事の選択において リスクを避けがちになります

And so/ those 600,000 jobs/ that are open right now/ in computing and tech,/ women are being left behind,/ and it means/ our economy is being left behind/ on all the innovation and problems women would solve/ if they were socialized to be brave instead of socialized to be perfect.//

現在コンピューターや テクノロジーの分野で 60万の求人があるというのに 女性は取り残されたままです もし女性が 完璧さではなく 勇気を持つよう社会的に 条件付けられていたら 女性が解決していたであろう イノベーションや問題を 我々の経済は 取りこぼしているんです

(拍手)

So/ in 2012,/ I started a company/ to teach girls/ to code,/ and what I found/ is/ that by teaching them/ to code I had socialized them/ to be brave.//

2012年に私は 女性にプログラミングを 教える会社を 立ち上げたんですが プログラミングを 教えることによって 彼女たちに勇気を持てと 社会的に条件付けているのだと気付きました

Coding,/ it's an endless process of trial and error,/ of trying to get the right command/ in the right place,/ with sometimes/ just a semicolon/ making the difference/ between success/ and failure.//

プログラミングというのは 際限のない試行錯誤です 正しいコマンドを 正しい場所に置く必要があり たった1つのセミコロンが 失敗と成功を分けたりします

Code breaks/ and then/ it falls apart,/ and it often takes many, many tries/ until that magical moment/ when/ what you're trying to build/ comes/ to life.//

プログラムは絶えず躓いたり 破綻したりします そして作ろうと していたものが 命を持ち始める 魔法の瞬間まで 数多くの試行が 必要になります

忍耐が必要とされ

不完全さと折り合うことが 求められます

We immediately see in our program/ our girls/' fear of not getting it right,/ of not being perfect.//

教えていると 女子の持っている 正しくないこと 完璧でないことへの恐れが すぐ見て取れます

Every Girls/ Who Code teacher tells me/ the same story.//

Girls Who Code の教師は みんな同じ話を聞かせてくれるでしょう

During the first week,/ when the girls are learning/ how to code,/ a student will call her over/ and she'll say,/ "I don't know/ what code/ to write."//

プログラミングを学び始めた 最初の週に 女生徒が言ってきます 「どうプログラムを書いたら いいのか分かりません」

The teacher will look at her screen,/ and she'll see a blank text editor.//

画面を見ると 空のテキストエディタが あるだけです

If she didn't know any better,/ she'd think that/ her student spent the past 20 minutes just staring/ at the screen.//

教師が何も 分かっていなければ その女生徒が 20分間 ただ画面を 見つめていたんだと思うことでしょう

But/ if she presses/ undo a few times,/ she'll see that/ her student wrote code/ and then deleted it.//

でも「元に戻す」ボタンを 何度かクリックすると その生徒がプログラムを途中まで書いて 消していたことが分かるでしょう

She tried,/ she came close,/ but she didn't get it exactly right.//

その子は書いてみて いいところまで行ったのに 何かが うまく いかなかったのです

Instead of showing the progress/ that she made,/ she'd rather show nothing/ at all.//

そして それまでに できたことを見せるよりは 何も見せないことの方を 選んだのです

完璧か無かです

It turns out/ that our girls are really good/ at coding,/ but it's not enough just/ to teach them/ to code.//

女の子たちが本当はプログラミングに 向いていることが分かりました でもプログラミングを教えるだけでは 駄目なんです

My friend Lev Brie,/ who is a professor/ at the University of Columbia/ and teaches intro to Java tells me/ about his office hours/ with computer science students.//

私の友人で Java入門の授業を教えている コロンビア大教授の レヴ・ブリーが 学生の相談を受けた時の話を してくれました

When the guys are struggling with an assignment,/ they'll come in/ and they'll say,/ "Professor,/ there's something wrong/ with my code."//

男子生徒の場合 課題で躓いた時 こう相談しにきます 「先生 私のプログラムには どこか駄目なところがあるようです」

The girls will come in/ and say,/ "Professor,/ there's something wrong/ with me."//

それが女子の場合には 「先生 私には どこか駄目なところが あるようです」と言うんです

We have to begin to undo/ the socialization of perfection,/ but we've got to combine/ it/ with building a sisterhood/ that lets girls know/ that they are not alone.//

この完璧であろうとする 社会的条件付けを打ち消すと同時に 自分だけではないと 分かるように 女性の連帯を 築く必要があります

Because trying harder is not going to fix/ a broken system.//

構造的な問題は もっと頑張れば直る というものではないからです

I can't tell you/ how many women tell me,/ "I'm afraid/ to raise my hand,/ I'm afraid/ to ask a question,/ because I don't want to be the only one/ who doesn't understand,/ the only one/ who is struggling.//

どれほど多くの女性が言うのを 聞いたか分かりません 「手を挙げられません 質問するのが怖いんです 分からないのが 自分だけ 苦労しているのが 自分だけだったら 恥ずかしいから」

When we teach girls/ to be brave/ and we have a supportive network/ cheering them on,/ they will build incredible things,/ and I see this every day.//

勇気を持つように教え 応援する 支援ネットワークがあれば 彼女たちは すごいものを 作れるんです 私は毎日それを 目にしています

Take,/ for instance,/two of our high school students/ who built/ a game called Tampon Run --/ yes,/ Tampon Run --/ to fight against the menstruation taboo and sexism/ in gaming.//

たとえば うちで学んでいる 2人の女子高生は 「タンポン・ラン」 という ゲームを作りました ええ あのタンポンです それで生理のタブーと ゲームにおける性差別に 挑んでいます

Or the Syrian refugee/ who dared show her love/ for her new country/ by building an app/ to help Americans get to the polls.//

シリア難民の子は 新しい祖国への 愛を示したくて アメリカ人が投票に行くのを 支援するアプリを作りました

Or a 16-year-old girl/ who built an algorithm/ to help detect/ whether a cancer is benign or malignant/ in the off chance/ that she can save her daddy's life/ because he has cancer.//

ある16歳の女の子は 腫瘍が良性か悪性か調べるための アルゴリズムを作りました もしかしたらガンの父親を 助けられるかもしれない という思いからです

These are just three examples of thousands,/ thousands of girls/ who have been socialized to be imperfect,/ who have learned to keep trying,/ who have learned perseverance.//

これは何千という女の子たちの中の 3つの例にすぎません 不完全でもいいんだと 社会的に条件付けられ 試み続けること 忍耐することを 学んだ女の子たちです

And/ whether they become coders or the next Hillary Clinton or Beyonce,/ they will not defer their dreams.//

彼女たちの成ろうとしているのが プログラマであろうと 次のヒラリー・クリントンや ビヨンセであろうと 夢をぐずぐず後回しに することはないでしょう

And those dreams have never been more important/ for our country.//

そして この国にとって そういう夢が 今ほど重要な時はありません

For the American economy,/ for any economy to grow,/ to truly innovate,/ we can not leave behind half our population.//

アメリカの経済にとって あるいはどこの経済であれ 成長し 真に革新して いこうとするなら 人口の半分を無駄にするわけには いかないのです

We have to socialize/ our girls/ to be comfortable/ with imperfection,/ and we've got to do/ it now.//

不完全でもいいんだと 女の子たちを 社会的に条件付けなければなりません それも今すぐにです

We can not wait/ for them/ to learn/ how to be brave/ like I did/ when I was 33 years old.//

彼女たちが勇気を 持つようになるのを 私のように33歳まで 待っているわけにはいきません

We have to teach/ them/ to be brave/ in schools/ and early/ in their careers,/ when it has the most potential/ to impact their lives and the lives of others,/ and we have to show/ them/ that they will be loved and accepted not for being perfect/ but/ for being courageous.//

学校や仕事人生の 早い時点で 勇気を持つことを 教える必要があります 自分の人生や 他の人の人生に 影響を与えられる可能性の 最も高い時にです 周りが示してやる 必要があります 愛され 受け入れられるのは 完璧であることによってではなく 勇気を持つこと によってなのだと

And so/ I need each of you/ to tell every young woman/ you know --/ your sister,/ your niece,/ your employee,/ your colleague --/ to be comfortable/ with imperfection,/ because/ when we teach girls/ to be imperfect,/ and we help them/ leverage it,/ we will build a movement of young women/ who are brave/ and who will build a better world/ for themselves/ and/ for each and every one of us.//

だから皆さんには 知り合いの若い女性 すべてに言って欲しいんです 姉妹にも 姪にも 従業員にも 同僚にも 不完全であることを 受け入れなさいと 不完全でいいんだと教え それを生かす 手助けをしてやることで 若い女性が 勇気を持ち 自分や 他のみんなにとって より良い世界を築く 流れを作り出せるはずです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

Chris Anderson:/ Reshma,/ thank you.//

(クリス・アンダーソン)ありがとう レシュマ

It's such a powerful vision/ you have.// You have a vision.//

すごく強いビジョンをお持ちですね あなたにはビジョンがある

Tell/ me/ how it's going.//

どんな状況か聞かせてください

How many girls are involved now in your program?//

現在 参加している女の子は どれくらいいるんですか?

Reshma Saujani:/ Yeah.// So/ in 2012,/ we taught 20 girls.//

(レシュマ・サジャーニ)2012年には 20人の女の子を教えていました

This year/ we'll teach 40,000/ in all 50 states.//

2016年の今は 全米50州で 4万人に教えています

(拍手)

And/ that number is really powerful,/ because last year/ we only graduated 7,500 women/ in computer science.//

本当に心強い数字です 去年コンピュータ科学科を卒業した女子は 7,500人しかいませんでした

Like,/ the problem is so bad/ that we can make that type of change quickly.//

現状があまりに ひどいからこそ そういう大きな変化を 短期間で起こすことができるんです

CA:/ And you're working/ with some of the companies/ in this room even,/ who are welcoming graduates from your program?//

(クリス)この場にいる人たちの会社と 協力しているんですってね 卒業生の受け入れ先には どこがあるんですか?

RS:/ Yeah,/ we have about 80 partners,/ from Twitter to Facebook to Adobe/ to IBM/ to Microsoft/ to Pixar/ to Disney,/ I mean,/ every single company out there.//

(レシュマ)協賛企業が 80社ほどあります Twitter Facebook Adobe IBM Microsoft Pixar Disney みんなそうです

And/ if you're not signed up,/ I'm going to find/ you,/ because we need every single tech company/ to embed a Girls/ Who Code classroom/ in their office.//

皆さんの会社がまだなら 私が捕まえにいきますから すべての技術系企業に ぜひ Girls Who Code の教室を 取り込んでほしいんです

CA:/ And you have some stories back/ from some of those companies/ that/ when you mix in more gender balance/ in the engineering teams,/ good things happen.//

(クリス)採用した企業からの評判も 良いそうですね 技術部門で 男女のバランスを取ると 良い結果が得られるのだと

RS:/ Great things happen.//

(レシュマ)素晴らしい結果が 得られます

I mean,/ I think/ that it's crazy/ to me/ to think about the fact/ that right now/ 85 percent of all consumer purchases are made by women.//

女性を取り込まないなんて 馬鹿げています 消費者購入の85%が 女性によってなされ

Women use social media/ at a rate of 600 percent more/ than men.//

女性は男性の6倍の割合で ソーシャルメディアを使っているというのに

We own the Internet,/ and we should be building the companies of tomorrow.//

インターネットはむしろ 女性のものなんです 明日の企業を 作っていかなければなりません

And I think/ when companies have diverse teams,/ and they have incredible women/ that are part of their engineering teams,/ they build awesome things,/ and we see it/ every day.//

多様性に富むチームを持ち 技術部門に 素晴らしい女性がいれば すごいものを作り出すはずです 私は毎日目にしています

CA:/ Reshma,/ you saw the reaction there.// You're doing/ incredibly important work.//

(クリス)みんなの反応を見たでしょう あなたのしていることはすごく重要だと思います

This whole community is cheering you/ on.// More power to you.// Thank you.//

コミュニティの全員が応援しています 頑張ってください

RS:/ Thank you.//

(レシュマ)ありがとうこざいます

(拍手)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

safely

『安全に』,無事に

だいじょうぶ,さしつかえなく

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

organizer

組織者;設立者;(組合の)オルグ

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

congresswoman

婦人国会(下院)議員

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

no one

『だれも』…『ない』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

status quo

現状

poll

〈U〉(選挙の)『投票』

《a ~》投票数

《米》《the polls》投票所

〈C〉選挙人名簿

(またopinion poll)〈C〉世論調査

(人の)頭(特に毛髪のある部分)

〈一定数の投票〉‘を'得る

《通例受動態で》…‘に'投票をさせる

(…について)〈人々〉‘の'世論調査をする《+『on(about)』+『名』》

〈頭髪・羊毛など〉‘を'刈る;〈樹木の枝先〉‘を'刈り込む

〈牛〉‘の'角(つの)を切る

(…に)投票する《+『for』+『名』》

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

pollster

世論調査屋

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

anyway

=anyhow

upstart

(成功したことを鼻にかけている)成り上がり者

成り上がりの

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

congressional

会議の

《米》国会の

swear

(神などにかけて)『誓う,』宣誓する

(宣誓して)(…を)『証言する』《+to+名(doing)》

『罰当たりな言葉を使う,』(…を)ののしる《+at+名》

(神などにかけて)…を‘誓う,'誓って言う

《話》《swear+that節》…だと断言する,主張する

(…を)〈人〉‘に'誓わせる,宣誓させる《+名+to+名(doing)》

endorsement

裏書き

是認,承認,保証

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

election

『選挙』

当選

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

running

走ること,競走,(野球の)走累

走っている

流れている

連続している,絶え間のない

(機械などが)動いている

走りながら行う

うみの出る,汁を出す

続けて,連続して

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

humiliating

不面目な,屈辱的な

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

gravitate

〈物体が〉(…のほうに)引力で引かれる《+『to』(『toward』)+『名』》

(自然に)(…のほうへ)向かって行く《+『to』(『toward』)+『名』》;(…することに)なっていく《+『into』 do『ing』》

towards

toward

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

rough

(表面が)『粗い』,ざらざらした,きめの粗い・でこぼこの

(動きなどが)『荒っぽい』;(空・海などが)荒れた

(人・態度などが)『粗野な』,荒々しい,無作法な

『おおよその』,あらましの

(ダイヤモンドなど)自然のままの,未加工の

《話》困難な,つらい,ひどい;(…に)ひどい,むごい《+『on』+『名』》

(生活が)非文化的な,不便な

毛深い,毛むくじゃらの,毛が刈ってない

…‘を'乱暴(手荒)に扱う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈計画・作品など〉‘の'概略を書く,‘を'ざっと下書きする《+『in』(『out』)+『名,』+『名』+『in』(『out』)》

〈物の表面など〉‘を'ざらざらにする

手荒く,乱暴に

〈U〉《the rough》ラフ(ゴルフのコースで芝をはったフェアウェイ以外の部分)

〈C〉乱暴者

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

crawl

(腹ばいで)『はう』,はって進む

〈人・乗物・時間・仕事などが〉『のろのろと進む』

(はい回む虫などで)うじゃうじゃしている,うようよしている《+『with』+『名』》

(虫がはっているかのように)むずむずする

《話》(人に)取り入る《+『into』+『名』》

《a ~》はうこと;のろのろ歩き,徐行

《通例the ~》クロール泳法

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

headfirst

=headlong

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

negotiate

(人と)〈物事〉‘を'『取り決める』,『協定する』《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

〈小切手・手形・証券など〉‘を'売却する,換金する

《話》〈障害・因難〉‘を'うまく乗り越える,切り抜ける

(人と物事について)取り決める,協定する《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

habituate

(…に)〈人〉‘を慣らす《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

deficit

(金銭の)不足額,赤字

bravery

『勇敢に』,『勇気』

《文》華美,美装

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

boardroom

重役会議室

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

psychologist

心理学者

carol

祝いの歌,喜びの歌,賛歌

祝歌を歌う

楽しく歌う,喜び歌う《+『away』》

…'を'祝歌で祝う

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

grader

等級をつける人

《米》(小・中・高を通しての)…学年生

=road grader

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

assignment

〈C〉割り当てられた仕事(持ち場,任務);《米》(学校の)宿題

〈U〉(仕事などに)任命する(される)こと,(日時などを)指定すること《+『to』+『名』》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

redouble

…‘を'倍にする,強める・倍になる,強まる・繰返す

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

qualification

〈U〉『資格を与えること』,『資格があること』,〈U〉『資格』,能力;《複数形で》『免許状』,資格証明書

〈U〉〈C〉制限;条件;修正

invoke

(救いを求めて)〈神〉‘に'呼びかける,祈願する

…‘を'懇願する

〈悪魔など〉‘を'呼び出す

〈法律など〉‘に'訴える

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

aspire

『大望を抱く』,あこがれる,切望する

perfection

『完全さ』,申し分のないこと

完全な人(もの),申し分のない人(もの)

(…を)完成すること,(…の)仕上げ《+『of』+『名』》

overly

過度に,あまりに

cautious

『用心深い』,慎重な

applause

『拍手かっさい』;称賛

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

instead

『その代りとして』,それよりも

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

endless

『無限の』,果てしのない

絶え間のない,ひっきりなしの

(端と端がつながって)輪になっている

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

semicolon

セミコロン(;)

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

perseverance

『がん張ること』,がん張り,ねばり

imperfection

〈U〉不完全,不備

〈C〉欠点,欠陥

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

undo

〈結び目など〉‘を'『開く』,ゆるめる,〈ボタンなど〉‘を'はずす

〈包みなど〉‘を'『開ける』;〈かんぬきなど〉‘を'はずす

〈一度やったこと〉‘を'『元どおりにする』,取り消す

《文》《しばしば受動態で》…‘を'破滅させる,だめにしてしまう

delete

(…から)〈語など〉'を'削除する,消す《+『名』+『from』+『名』》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

bust

〈C〉半身像,胸像

〈U〉《遠回しに》(婦人の)胸部

cod

=codfish 1

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

Brie

ブリーチーズ(塩味で白色の柔らかいフランスのチーズ)

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Columbia

コロンビア(米国South Carolina州の州都)

《the ~》コロンビア川(カナダ南西部から米国北西部を流れて太平洋に注ぐ)

《文》アメリカ合衆国

Java

ジャワ島(インドネシア共和国の主島)

《java》《米話》(一般に)コーヒー

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

computer

『計算機』;『電子計算機』

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

sisterhood

〈U〉姉妹の関係;(姉妹のような)友好関係

(結びついた)集団,グループ

〈C〉婦人の宗教団体,修道女会

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

supportive

支える;維持する;扶養する

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

tampon

タンポン;止血用の綿球

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

menstruation

月経

sexism

(職業選択などでの)女性差別主義,男女差別

gaming

かけ事(とばく)

Syrian

シリアの,シリア人の,シリア語の

シリア人

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

benign

(心・表情などが)親切な,優しい

(事情・環境・気候などが)好適な,好都合な

悪性でない

malignant

悪意のある,敵意のある

(病気が)悪性の

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

daddy

(小児語で)『おとうちゃん』

imperfect

『完全でない』,欠陥のある

(過去時制で動詞が)未完了の

未完了時制

defer

…'を'『延ばす』,延期する(postpone)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

courageous

『勇気のある』,『勇敢な』

niece

『めい』(自分や配偶者の兄弟姉妹の娘)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

r

roentgen

recto

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

adobe

〈U〉《集合的に》(泥を固め天日で干して作る)アドービれんが 日干し煉瓦

〈C〉アドービれんが造りの家屋(米南西部・メキシコ・南米に多い)

アドービれんが造りの

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

classroom

『クラスルーム』,教室

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

gender

(名詞・代名詞の)性

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

engineering

『工学』

土木工事

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

women

woman の複数形

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

men

manの複数形

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

incredibly

信じられないほど

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

関連動画