TED日本語 - P・W・シンガー: ロボットと戦争の未来

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

戦争でロボットが広範囲に使用されることにより、実際の戦闘がどのように変わっているのかを、 P・W・シンガーが語ります。S.F.にあるようなシナリオが、今ではもう現実になろうとしています。

Script

これから私の後ろに 写真を投影し 現実に使用されている あるいは試作品の 戦闘用ロボットの現実を見てもらいます ちょっとだけです 言い方を変えると ここでお見せするのは (スタートレックの)バルカン星人の技術や 十代の若者オタクなどではなく 全て本物です それでは 写真を見ていきましょう

今日の戦場では 人間の歴史始まって以来かもしれない 大きな変化が起こっています アメリカ軍は わずかばかりのドローンで イラク戦争に行きましたが 今では5300機あります 陸上用の無人システムは 一つもありませんでしたが 今では12000台あります 技術用語の「キラーアプリケーション」が ここでは新しい意味合いを持っているのです

私たちはT型フォードや ライト兄弟の飛行機と これから目にするものを 比べなくてはなりません 我々はそういう時代にいるのです 最近会った空軍の 中将が言うには 我々は もうすぐ 我々の戦場で 何万ものロボットを使用することになる というもので これらロボットは 単なる量産型のロボットではなく 将来使われる何万もの これら試作品 未来のロボットであるため この数は重要になります もちろん 技術分野のムーアの法則により これらのロボットの演算能力は どんどん増えて行きます だから25年後ぐらいを推測すると ムーアの法則がまだ正しければ これらのロボットは 現在より10億倍ほど強力な 演算能力を持つでしょう

それはつまり 我々がコミコンのような SF大会で話しているようなことが ペンタゴンのような 軍事力の中枢で 議論されるということです ロボットの革新がおきています

次のことも明らかにしておきます 実際に起こる革命は カリフォルニアの州知事が あなたの戸口にターミネーターとして現れる というものではありません

歴史家が振り返って今の時代を見た時 彼らは 我々がこれまでと違った革命、戦争の革命の 中にあったと言うでしょう ちょうど原子爆弾の発明の時のように しかし 事態はそれより重大かもしれません なぜなら無人システムは

単に戦闘を「どう」闘うかだけでなく とても根本的なレベルで 「誰が」闘うのかに影響するからです それは これまでの戦争の革命が マシンガンであれ 原子爆弾であれ より速く撃ち より遠くへ行き より大きな威力を持つかであって それはロボットの場合も当てはまりますが ロボットは 兵士の考え方や 根本的な兵士の定義も変えてしまいます

別の言い方をすれば 5000年の間 人類の専売特許であった 「戦場での戦闘」が我々の時代で 崩壊しつつあるのです 私はここ数年 あちこちで ロボット科学者から 彼らにひらめきを与えたSF作家まで この分野の役者たち皆に会いました ネバダから戦闘ロボットを操縦する19歳の 兵士から 彼らに命令を下す大将まで あるいはその標的になっているイラクの 反乱分子にまで会い 我々のシステムについてどう思うか尋ねました 興味深いのは 彼らの話そのものだけではなく 彼らの経験が 社会 法制度や 倫理観などに どのように影響を与えるかでした 残りの時間を使って それらを詳しく見て いくことにします

第一に 未来の戦争は ロボット兵士でさえ アメリカの独占物ではないということです アメリカは現在は軍事ロボットの分野で 先を走っていますが ご存知のようにテクノロジーの世界では 先行者の有利はいつまでも 続くものではありません お尋ねしますが ここにいる何名の人が Wangコンピュータを使っているでしょう? 戦争でも同じです イギリスとフランスが戦車を発明しましたが 正しい使い方を見つけたのはドイツで 我々が考えなくてはならないのは 今のところアメリカは先進的だが 他にも43カ国が軍事ロボットの 開発に着手しており その中にはロシア、中国 パキスタン、イランなどの 国も含まれていることです

ここからさらに大きな懸念が持ち上がります 現在のこの革命の中 この国の生産体制 科学や数学の教育体制を考えて どうやって前に進むのか? 別の言い方をするとこうです 中国製の武器やインド製の戦闘ソフトをもって 戦場に出て行く機会が増えているのは どういうことなのか?

ソフトウェアがオープンソース化したように 武器もそうなりつつあります 空母や原子爆弾と違って ロボットを作るのに巨大な生産システムは 必要ありません 既製品で いくつかは自作すらできます あなたが今見たものの一つは放り投げて使う Ravenドローンで 1000ドルも出せば イラクで兵士が使っているものと同じものを 自分で作ることができます

ここでは 善人が趣味として 色々いじることもできるが 悪人も同じことができるという 戦争や戦闘の新たな問題が持ち上がります ロボット工学とテロリズムが 交錯すると 魅惑的かつ 憂慮すべきことになるでしょう もうそれが始まっているのを見ました

政府側であるイスラエルと非政府側の ヒズボラの戦闘で 非政府側がイスラエルに向けて 4種類のドローンを飛ばしました ジハードのウェブサイトでは パソコンの前にいながら イラクの即席爆弾を遠隔から 起爆することができます

つまり 私たちはここから 二つの傾向を見て取ることができます 第一は 政府に対する個人の力が 強まっているということです 第二は テロリズムの領域が 拡大していくさまを 目撃するということです その未来はアルカイダ2.0と 次世代の ユナボマー(米国の爆弾魔)の 交点にあるのかもしれません 他にも忘れてはならないのは ロボットが自爆するのに 死後に72人の処女を得られると 説得する必要はない ということです

この連鎖反応は 我々の政策にも影響します 私が会った一人は レーガン政権の 元国防長官補佐官でした 彼が言うには(以下引用) 「私はこのシステムが好きだ なぜならアメリカ人の命を救うから だが戦争の市場化は懸念するし コスト負担のための 衝撃的な議論も懸念する コストがかからないとわかるとより簡単に 力の行使を支持するものだ」と

ロボットは 我々国民全般に 広まっている世論に影響を与え それを論理的な終局点まで けん引していくようです 草案もありませんし 宣戦布告書もすでにありません 戦争債も買わないし そして 我々は危険の多い地域に アメリカ人の兵士を送る代わりに 機械を送り込むようになっており それにより戦争行為に対する ハードルが更に低くなり 終には抑止力が無くなってしまいます

同時に 未来の戦争はまた YouTube戦争でもあります つまり 我々の技術は単に兵士を 危険から遠ざけるだけでなく 彼らの見るものを全て記録するようになっています 戦争を公衆から切り離すだけでなく 戦争との関わりを再構築しています 現在 YouTubeには何千もの イラクの戦闘を撮影した ビデオクリップがありますが ほとんどはドローンから得られたものです

それは 戦争の最前線と家庭を かつてなかったかたちで 結びつけるという 良い側面もあります しかし何が起こっても おかしく無い世の中では このようなビデオクリップをダウンロードして iPodやZuneに収めることで エンターテイメントにしてしまえることも 忘れてはなりません

兵士達はこのようなビデオクリップを 「戦争ポルノ」と読んでいます 最近見た典型的な例は 電子メールに 添付された映像で プレデター(無人航空機)が敵の基地を ミサイルで攻撃した時の爆発で 肉体が空中にばらばらに吹き飛んでいました それには音楽がついていて シュガー・レイの「I Just Want to Fly」 という曲でした

より多くのものを見て 経験はより少なくなる状態は 大衆と戦争の関係にひずみを引き起こしています これはスポーツと同じです プロバスケットボールである NBAのゲームをテレビで見ていて 選手が画面の小さな点に見えているのと 自分で実際に試合を見に行って 2メートル10センチの人間が 実際はどんな感じか 理解することに似ています

しかし思い出して下さい これらはただのビデオで 試合のダイジェスト版で それは文脈を失い 戦略を失い 人間性を失い 戦争はただのスラムダンクやスマート爆弾なのです

皮肉なのは 未来の戦争では より多くの機械が 使われるのにもかかわらず それらを動かすのは人間の心理で 戦争を起こすのも 人間の欠点によるものなのです

これに対する 政治の世界からの反応は 過激派を相手に戦っているという 現実の戦争の考え方に 大きな影響を与えています 我々がこれらの機械と一緒に送っている メッセージは どのように受け取られているのか

私がブッシュ政権の総務局で会ったある人は 人間が戦わない戦争について 以下の様な事を言いました 「これは我々の力に影響を与えます 人々を脅かしているのは 我々のテクノロジーなのです」 しかし遠く -- 例えばレバノン-- まで行き 人と会ってみると それはとても違った話となります そこで私が出会ったのはニュースの編集者で 会話している我々の頭上を 無人航空機が飛んで行くなか 彼はこう言いました 「これは我々と戦う為の機械を 送ってくる臆病で 無慈悲 冷血なアメリカ人とイスラエル人を 象徴するものだ 彼らは男らしく戦うのではなく 戦う事を恐れている だから我々は数少ない彼ら兵士を殺すことで 勝利を得るのだ」

未来の戦争は新しいタイプの兵士を 形作っています それは戦争に行くという 定義を変えるもので 個室兵士とでも呼べるものです ネバダから離れる事無く イラク戦争で戦っていた プレデターのパイロットはこう言いました 「12時間戦争に行き 武器を標的に向けて撃って 敵の兵士を撃ち殺す様に命令し 車に乗って家に帰り 20分後には夕食の席にいて 子供たちと宿題について 話をしている」

さて 心理的にこれらのバランスを取るのは 非常に難しい事です 実はこれらの無人戦闘機パイロットたちは 実際にイラクにいる兵士よりも 高い率で PTSD を患っています しかし中にはこの断絶が 戦争犯罪をもっとやり易いものに してしまうのではないかと 危惧している人達もいます 「まるでこれはテレビゲームです」とは 遠方から敵の部隊を攻撃する 若いパイロットの言葉です グランド・セフト・オートをしたことがある人なら 人は面と向かってはしないようなことを テレビゲームではすることを知ってるでしょう

私がここで言いたいのは 技術革新は別の面も併せ持っており それは 現在の そしてもしかしたら未来の戦争を 形作っているということです ムーアの法則の他に マーフィーの法則も働いています 戦雲は消えていません 敵にも選択する権利はありますし

我々はとてつもない能力を手に入れようとしています しかし我々は同時に新しい人間のジレンマを 見て 体験しているのです さて 失敗する時もあります これはロボット関連の企業のトップが 言った言葉ですが それではロボットがいる戦場での 失敗とは何でしょうか? 面白い時もあります 時には エディー・マーフィーが出ている 「おかしな関係」という 映画のワンシーンを現実にした様な マシンガンを搭載した新しいロボットが デモの時にクルクルと回りだし 自分のマシンガンを VIP 席に向けて 照準を合わせるという ものなのかも知れません 幸運な事に弾は込められておらず 誰も傷つきませんでした しかしそうで無いときの失敗は悲劇的で 南アフリカでは去年 対空砲に「ソフトウェアの問題」があり 誤動作して 発砲 9名の兵士が亡くなりました

戦時国際法と責任についても 我々はひずみを持っています 無人殺戮兵器を使って何をするのか? 無人殺戮兵器とは何でしょうか? 既に我々は3回 プレデターにより ビン・ラディンを爆撃したと思い 実際にはそうでなかったことを 経験しています これが現在の我々なのです 発砲する権限を持っている 自立した兵器システムについて 話しているわけではありませんし それがやって来ないと思わないで下さい 私の調査中 そのような特性を備えた 4つの国防総省プロジェクトを 見ました

あなたはこんな事を疑問に思うでしょう 戦争犯罪はどのようなものになるのか? 機械に感情はありませんから 仲間が殺されても取り乱す事は無く 逆上して犯罪を犯したり 復讐する事もありません しかし機械には感情が無いので T80戦車を見るのと同じ様に 車椅子に乗っている 80歳のお婆ちゃんを見ます 0と1の連続でしかないのですから そこで考えなければならない問題があります 介護保険の対象になる様な 時代遅れの20世紀の戦争法を 我々はどうやって21世紀の技術に 合わせるのでしょうか

最後にまとめますと 私は 戦争の未来がどうなるかを話してきました しかしすべて現実にある例だけを 挙げている事に注意して下さい あなたの見たビデオや写真はすべて現実です これはルンバ掃除機があなたの人生を 吸い取ってしまうずっと前に 考えなければ ならないということです 戦争で使われるものの秘密を 明らかにすることは まるでSFのように見え 目をつぶってしまいがちです 我々は21世紀型の戦争の現実を 直視しますか? 我々の世代は 過去の世代が 原爆で犯したのと同じ過ちを 繰り返し パンドラの箱が 開かれてしまうまで物事に対処しないという 失敗を犯すのでしょうか?

これについて私は間違っているかもしれません あるペンタゴンの ロボット科学者が言うには 「ロボットにとっては 間違った人間を繰り返し殺さない限り 社会的、倫理的、道徳的な問題などなく そうなったとしても それは単なるリコール問題です」

ここで最後に言いたい事は 我々は ハリウッドを参考にする事ができるということです 数年前 ハリウッドはあらゆる キャラクターを集め ハリウッドの史上の トップ100のヒーローと トップ100の悪役リストを作りました 最高と最悪の人間性を併せ持つ 1キャラクターだけが 両方のリストに入りました ターミネーター、ロボットの殺人マシンです これは我々の機械が 良い事にも悪い事にも 使われうる事を示していますが 私はこれを 人間が持つ二重性を 示しているとも思います

今週は我々の 創造性を祝う週です 創造性は私たちを星に送り 芸術作品を創造し 我々の愛を文字で表現し そして今 我々はその創造性を 信じられない性能を持った素晴らしい機械を 作るという方向に使っています いつの日か 全く新しい人種に なるかも知れません しかしこのようなことは お互いを破壊するという原動力に 突き動かされており 我々一人ひとりが自問するべきでしょう 戦争を起こそうとしているのは機械なのか あるいは我々なのか?

ありがとう(拍手)

What we're going to do is actually just flash a series of photos behind me that show you the reality of robots used in war right now or already at the prototype stage. It's just to give you a taste. Another way of putting it is you're not going to see anything that's powered by Vulcan technology, or teenage wizard hormones or anything like that. This is all real. So why don't we go ahead and start those pictures.

Something big is going on in war today, and maybe even the history of humanity itself. The U.S. military went into Iraq with a handful of drones in the air. We now have 5,300. We went in with zero unmanned ground systems. We now have 12,000. And the tech term "killer application" takes on new meaning in this space.

And we need to remember that we're talking about the Model T Fords, the Wright Flyers, compared to what's coming soon. That's where we're at right now. One of the people that I recently met with was an Air Force three-star general, and he said basically, where we're headed very soon is tens of thousands of robots operating in our conflicts, and these numbers matter, because we're not just talking about tens of thousands of today's robots, but tens of thousands of these prototypes and tomorrow's robots, because of course,one of the things that's operating in technology is Moore's Law, that you can pack in more and more computing power into those robots, and so flash forward around 25 years, if Moore's Law holds true, those robots will be close to a billion times more powerful in their computing than today.

And so what that means is the kind of things that we used to only talk about at science fiction conventions like Comic-Con have to be talked about in the halls of power and places like the Pentagon. A robots revolution is upon us.

Now, I need to be clear here. I'm not talking about a revolution where you have to worry about the Governor of California showing up at your door, a la the Terminator. (Laughter)

When historians look at this period, they're going to conclude that we're in a different type of revolution: a revolution in war, like the invention of the atomic bomb. But it may be even bigger than that, because our unmanned systems don't just

affect the "how" of war-fighting, they affect the "who" of fighting at its most fundamental level. That is, every previous revolution in war, be it the machine gun, be it the atomic bomb, was about a system that either shot faster, went further, had a bigger boom. That's certainly the case with robotics, but they also change the experience of the warrior and even the very identity of the warrior.

Another way of putting this is that mankind's 5, 000-year-old monopoly on the fighting of war is breaking down in our very lifetime. I've spent the last several years going around meeting with all the players in this field, from the robot scientists to the science fiction authors who inspired them to the 19-year-old drone pilots who are fighting from Nevada, to the four-star generals who command them, to even the Iraqi insurgents who they are targeting and what they think about our systems, and what I found interesting is not just their stories, but how their experiences point to these ripple effects that are going outwards in our society, in our law and our ethics, etc. And so what I'd like to do with my remaining time is basically flesh out a couple of these.

So the first is that the future of war, even a robotics one, is not going to be purely an American one. The U.S. is currently ahead in military robotics right now, but we know that in technology there's no such thing as a permanent first move or advantage. In a quick show of hands, how many people in this room still use Wang Computers? (Laughter) It's the same thing in war. The British and the French invented the tank. The Germans figured out how to use it right, and so what we have to think about for the U.S. is that we are ahead right now, but you have 43 other countries out there working on military robotics, and they include all the interesting countries like Russia, China, Pakistan, Iran.

And this raises a bigger worry for me. How do we move forward in this revolution given the state of our manufacturing and the state of our science and mathematics training in our schools? Or another way of thinking about this is, what does it mean to go to war increasingly with soldiers whose hardware is made in China and software is written in India?

But just as software has gone open-source, so has warfare. Unlike an aircraft carrier or an atomic bomb, you don't need a massive manufacturing system to build robotics. A lot of it is off the shelf. A lot of it's even do-it-yourself. One of those things you just saw flashed before you was a raven drone, the handheld tossed one. For about a thousand dollars, you can build one yourself, equivalent to what the soldiers use in Iraq.

That raises another wrinkle when it comes to war and conflict. Good guys might play around and work on these as hobby kits, but so might bad guys. This cross between robotics and things like terrorism is going to be fascinating and even disturbing, and we've already seen it start.

During the war between Israel, a state, and Hezbollah, a non-state actor, the non-state actor flew four different drones against Israel. There's already a jihadi website that you can go on and remotely detonate an IED in Iraq while sitting at your home computer.

And so I think what we're going to see is two trends take place with this. First is, you're going to reinforce the power of individuals against governments, but then the second is that we are going to see an expansion in the realm of terrorism. The future of it may be a cross between al Qaeda 2.0 and the next generation of the Unabomber. And another way of thinking about this is the fact that, remember, you don't have to convince a robot that they're gonna receive 72 virgins after they die to convince them to blow themselves up.

But the ripple effects of this are going to go out into our politics. One of the people that I met with was a former Assistant Secretary of Defense for Ronald Reagan, and he put it this way: "I like these systems because they save American lives, but I worry about more marketization of wars, more shock-and-awe talk, to defray discussion of the costs. People are more likely to support the use of force if they view it as costless."

Robots for me take certain trends that are already in play in our body politic, and maybe take them to their logical ending point. We don't have a draft. We don't have declarations of war anymore. We don't buy war bonds anymore. And now we have the fact that we're converting more and more of our American soldiers that we would send into harm's way into machines, and so we may take those already lowering bars to war and drop them to the ground.

But the future of war is also going to be a YouTube war. That is, our new technologies don't merely remove humans from risk. They also record everything that they see. So they don't just delink the public: they reshape its relationship with war. There's already several thousand video clips of combat footage from Iraq on YouTube right now, most of it gathered by drones.

Now, this could be a good thing. It could be building connections between the home front and the war front as never before. But remember, this is taking place in our strange, weird world, and so inevitably the ability to download these video clips to, you know, your iPod or your Zune gives you the ability to turn it into entertainment.

Soldiers have a name for these clips. They call it war porn. The typical one that I was sent was an email that had an attachment of video of a Predator strike taking out an enemy site. Missile hits, bodies burst into the air with the explosion. It was set to music. It was set to the pop song "I Just Want To Fly" by Sugar Ray.

This ability to watch more but experience less creates a wrinkle in the public's relationship with war. I think about this with a sports parallel. It's like the difference between watching an NBA game, a professional basketball game on TV, where the athletes are tiny figures on the screen, and being at that basketball game in person and realizing what someone seven feet really does look like.

But we have to remember, these are just the clips. These are just the ESPN SportsCenter version of the game. They lose the context. They lose the strategy. They lose the humanity. War just becomes slam dunks and smart bombs.

Now the irony of all this is that while the future of war may involve more and more machines, it's our human psychology that's driving all of this, it's our human failings that are leading to these wars.

So one example of this that has big resonance in the policy realm is how this plays out on our very real war of ideas that we're fighting against radical groups. What is the message that we think we are sending with these machines versus what is being received in terms of the message.

So one of the people that I met was a senior Bush Administration official, who had this to say about our unmanning of war: "It plays to our strength. The thing that scares people is our technology." But when you go out and meet with people, for example in Lebanon, it's a very different story. One of the people I met with there was a news editor, and we're talking as a drone is flying above him, and this is what he had to say. "This is just another sign of the coldhearted cruel Israelis and Americans, who are cowards because they send out machines to fight us. They don't want to fight us like real men, but they're afraid to fight, so we just have to kill a few of their soldiers to defeat them."

The future of war also is featuring a new type of warrior, and it's actually redefining the experience of going to war. You can call this a cubicle warrior. This is what one Predator drone pilot described of his experience fighting in the Iraq War while never leaving Nevada. "You're going to war for 12 hours, shooting weapons at targets, directing kills on enemy combatants, and then you get in the car and you drive home and within 20 minutes, you're sitting at the dinner table talking to your kids about their homework."

Now, the psychological balancing of those experiences is incredibly tough, and in fact those drone pilots have higher rates of PTSD than many of the units physically in Iraq. But some have worries that this disconnection will lead to something else, that it might make the contemplation of war crimes a lot easier when you have this distance. "It's like a video game," is what one young pilot described to me of taking out enemy troops from afar. As anyone who's played Grand Theft Auto knows, we do things in the video world that we wouldn't do face to face.

So much of what you're hearing from me is that there's another side to technologic revolutions, and that it's shaping our present and maybe will shape our future of war. Moore's Law is operative, but so's Murphy's Law. The fog of war isn't being lifted. The enemy has a vote.

We're gaining incredible new capabilities, but we're also seeing and experiencing new human dilemmas. Now, sometimes these are just "oops" moments, which is what the head of a robotics company described it, you just have "oops" moments. Well, what are "oops" moments with robots in war? Well, sometimes they're funny. Sometimes, they're like that scene from the Eddie Murphy movie "Best Defense," playing out in reality, where they tested out a machine gun-armed robot, and during the demonstration it started spinning in a circle and pointed its machine gun at the reviewing stand of VIPs. Fortunately the weapon wasn't loaded and no one was hurt, but other times "oops" moments are tragic, such as last year in South Africa, where an anti-aircraft cannon had a "software glitch," and actually did turn on and fired, and nine soldiers were killed.

We have new wrinkles in the laws of war and accountability. What do we do with things like unmanned slaughter? What is unmanned slaughter? We've already had three instances of Predator drone strikes where we thought we got bin Laden, and it turned out not to be the case. And this is where we're at right now. This is not even talking about armed, autonomous systems with full authority to use force. And do not believe that that isn't coming. During my research I came across four different Pentagon projects on different aspects of that.

And so you have this question: what does this lead to issues like war crimes? Robots are emotionless, so they don't get upset if their buddy is killed. They don't commit crimes of rage and revenge. But robots are emotionless. They see an 80-year-old grandmother in a wheelchair the same way they see a T-80 tank: they're both just a series of zeroes and ones. And so we have this question to figure out: How do we catch up our 20th century laws of war, that are so old right now that they could qualify for Medicare, to these 21st century technologies?

And so, in conclusion, I've talked about what seems the future of war, but notice that I've only used real world examples and you've only seen real world pictures and videos. And so this sets a great challenge for all of us that we have to worry about well before you have to worry about your Roomba sucking the life away from you. Are we going to let the fact that what's unveiling itself right now in war sounds like science fiction and therefore keeps us in denial? Are we going to face the reality of 21st century war? Is our generation going to make the same mistake that a past generation did with atomic weaponry, and not deal with the issues that surround it until Pandora's box is already opened up?

Now, I could be wrong on this, and one Pentagon robot scientist told me that I was. He said, "There's no real social, ethical, moral issues when it comes to robots. That is," he added, "unless the machine kills the wrong people repeatedly. Then it's just a product recall issue."

And so the ending point for this is that actually, we can turn to Hollywood. A few years ago, Hollywood gathered all the top characters and created a list of the top 100 heroes and top 100 villains of all of Hollywood history, the characters that represented the best and worst of humanity. Only one character made it onto both lists: The Terminator, a robot killing machine. And so that points to the fact that our machines can be used for both good and evil, but for me it points to the fact that there's a duality of humans as well.

This week is a celebration of our creativity. Our creativity has taken our species to the stars. Our creativity has created works of arts and literature to express our love. And now, we're using our creativity in a certain direction, to build fantastic machines with incredible capabilities, maybe even one day an entirely new species. But one of the main reasons that we're doing that is because of our drive to destroy each other, and so the question we all should ask: is it our machines, or is it us that's wired for war?

Thank you. (Applause)

What we're going to do/ is actually just flash a series of photos/ behind me/ that show you/ the reality of robots used in war right now or already/ at the prototype stage.//

これから私の後ろに 写真を投影し 現実に使用されている あるいは試作品の 戦闘用ロボットの現実を見てもらいます

It's just/ to give you/ a taste.//

ちょっとだけです

Another way of putting it is you're not going to see/ anything/ that's powered by Vulcan technology,/ or teenage wizard hormones or anything/ like that.//

言い方を変えると ここでお見せするのは (スタートレックの)バルカン星人の技術や 十代の若者オタクなどではなく

This is all real.// So/ why don't we go ahead/ and start those pictures.//

全て本物です それでは 写真を見ていきましょう

Something big is going on/ in war/ today,/ and maybe even/ the history of humanity/ itself.// The U.S. military went into Iraq/ with a handful of drones/ in the air.//

今日の戦場では 人間の歴史始まって以来かもしれない 大きな変化が起こっています アメリカ軍は わずかばかりのドローンで イラク戦争に行きましたが

We now have 5,300.//

今では5300機あります

We went in with zero unmanned ground systems.// We now have 12,000.//

陸上用の無人システムは 一つもありませんでしたが 今では12000台あります

And the tech term "killer application"/ takes on/ new meaning/ in this space.//

技術用語の「キラーアプリケーション」が ここでは新しい意味合いを持っているのです

And we need to remember/ that we're talking/ about the Model T Fords,/ the Wright Flyers,/ compared to/ what's coming soon.//

私たちはT型フォードや ライト兄弟の飛行機と これから目にするものを 比べなくてはなりません

That's/ where we're at right now.//

我々はそういう時代にいるのです

One of the people/ that I recently met/ with was an Air Force three-star general,/ and he said basically,/ where we're headed/ very soon is tens of thousands of robots/ operating in our conflicts,/ and these numbers matter,/ because we're not just talking/ about tens of thousands of today's robots,/ but tens of thousands of these prototypes and tomorrow's robots,/ because of course,/one of the things/ that's operating in technology is Moore's Law,/ that you can pack in more and more computing power/ into those robots,/ and so flash/ forward around 25 years,/ if Moore's Law holds true,/ those robots will be close/ to a billion times more powerful/ in their computing/ than today.//

最近会った空軍の 中将が言うには 我々は もうすぐ 我々の戦場で 何万ものロボットを使用することになる というもので これらロボットは 単なる量産型のロボットではなく 将来使われる何万もの これら試作品 未来のロボットであるため この数は重要になります もちろん 技術分野のムーアの法則により これらのロボットの演算能力は どんどん増えて行きます だから25年後ぐらいを推測すると ムーアの法則がまだ正しければ これらのロボットは 現在より10億倍ほど強力な 演算能力を持つでしょう

And so/ what that means/ is the kind of things/ that we used to only talk about/ at science fiction conventions/ like Comic-Con have to be talked about/ in the halls of power and places/ like the Pentagon.//

それはつまり 我々がコミコンのような SF大会で話しているようなことが ペンタゴンのような 軍事力の中枢で 議論されるということです

ロボットの革新がおきています

Now,/ I need to be clear here.//

次のことも明らかにしておきます

I'm not talking/ about a revolution/ where you have to worry/ about the Governor of California/ showing up/ at your door,/ a la/ the Terminator.// (Laughter)/

実際に起こる革命は カリフォルニアの州知事が あなたの戸口にターミネーターとして現れる というものではありません

When historians look at this period,/ they're going to conclude/ that we're in a different type of revolution:/ a revolution/ in war,/ like the invention of the atomic bomb.//

歴史家が振り返って今の時代を見た時 彼らは 我々がこれまでと違った革命、戦争の革命の 中にあったと言うでしょう ちょうど原子爆弾の発明の時のように

But it may be even bigger/ than that,/ because our unmanned systems don't just affect the "how"/ of war-fighting,/ they affect the "who"/ of fighting at its most fundamental level.//

しかし 事態はそれより重大かもしれません なぜなら無人システムは 単に戦闘を「どう」闘うかだけでなく とても根本的なレベルで 「誰が」闘うのかに影響するからです

That is,/ every previous revolution/ in war,/ be it/ the machine gun,/ be it/ the atomic bomb,/ was about a system/ that either shot faster,/ went further,/ had a bigger boom.//

それは これまでの戦争の革命が マシンガンであれ 原子爆弾であれ より速く撃ち より遠くへ行き より大きな威力を持つかであって

That's certainly/ the case/ with robotics,/ but they also change the experience of the warrior and even the very identity of the warrior.//

それはロボットの場合も当てはまりますが ロボットは 兵士の考え方や 根本的な兵士の定義も変えてしまいます

Another way of putting this is that mankind's 5,/ 000-year-old monopoly/ on the fighting of war is breaking down/ in our very lifetime.// I've spent the last several years/ going around meeting/ with all the players/ in this field,/ from the robot scientists to the science fiction authors/ who inspired them/ to the 19-year-old drone pilots/ who are fighting from Nevada,/ to the four-star generals/ who command them,/ to even the Iraqi insurgents/ who they are targeting/ and what they think about our systems,/ and what I found/ interesting is not just their stories,/ but how their experiences point to these ripple effects/ that are going outwards/ in our society,/ in our law and our ethics, etc.// And so/ what I'd like to do/ with my remaining time is basically flesh out/ a couple of these.//

別の言い方をすれば 5000年の間 人類の専売特許であった 「戦場での戦闘」が我々の時代で 崩壊しつつあるのです 私はここ数年 あちこちで ロボット科学者から 彼らにひらめきを与えたSF作家まで この分野の役者たち皆に会いました ネバダから戦闘ロボットを操縦する19歳の 兵士から 彼らに命令を下す大将まで あるいはその標的になっているイラクの 反乱分子にまで会い 我々のシステムについてどう思うか尋ねました 興味深いのは 彼らの話そのものだけではなく 彼らの経験が 社会 法制度や 倫理観などに どのように影響を与えるかでした 残りの時間を使って それらを詳しく見て いくことにします

So the first is/ that the future of war,/ even a robotics/ one,/ is not going to be purely an American one.//

第一に 未来の戦争は ロボット兵士でさえ アメリカの独占物ではないということです

The U.S. is currently ahead/ in military robotics right now,/ but we know/ that in technology/ there's no such thing/ as a permanent first move or advantage.//

アメリカは現在は軍事ロボットの分野で 先を走っていますが ご存知のようにテクノロジーの世界では 先行者の有利はいつまでも 続くものではありません

In a quick show of hands,/ how many people/ in this room still use Wang Computers?// (Laughter)/

お尋ねしますが ここにいる何名の人が Wangコンピュータを使っているでしょう?

It's the same thing/ in war.// The British/ and the French invented the tank.//

戦争でも同じです イギリスとフランスが戦車を発明しましたが

The Germans figured out/ how to use it right,/ and so/ what we have to think about/ for the U.S. is/ that we are ahead right now,/ but you have 43 other countries out there/ working on military robotics,/ and they include all the interesting countries/ like Russia,/ China,/ Pakistan,/ Iran.//

正しい使い方を見つけたのはドイツで 我々が考えなくてはならないのは 今のところアメリカは先進的だが 他にも43カ国が軍事ロボットの 開発に着手しており その中にはロシア、中国 パキスタン、イランなどの 国も含まれていることです

And this raises a bigger worry/ for me.//

ここからさらに大きな懸念が持ち上がります

How do we move forward/ in this revolution/ given/ the state of our manufacturing and the state of our science and mathematics training/ in our schools?//

現在のこの革命の中 この国の生産体制 科学や数学の教育体制を考えて どうやって前に進むのか?

Or another way of thinking about this is,/ what does it mean to go to war increasingly/ with soldiers/ whose hardware is made in China/ and software is written in India?//

別の言い方をするとこうです 中国製の武器やインド製の戦闘ソフトをもって 戦場に出て行く機会が増えているのは どういうことなのか?

But just/ as software has gone open-source,/ so has warfare.//

ソフトウェアがオープンソース化したように 武器もそうなりつつあります

Unlike an aircraft carrier or an atomic bomb,/ you don't need a massive manufacturing system/ to build robotics.// A lot of it is off the shelf.// A lot of it's even do-it-yourself.//

空母や原子爆弾と違って ロボットを作るのに巨大な生産システムは 必要ありません 既製品で

One of those things/ you just saw flashed/ before you was a raven drone,/ the handheld tossed one.// For about a thousand dollars,/ you can build one/ yourself,/ equivalent/ to/ what the soldiers use/ in Iraq.//

いくつかは自作すらできます あなたが今見たものの一つは放り投げて使う Ravenドローンで 1000ドルも出せば イラクで兵士が使っているものと同じものを 自分で作ることができます

That raises another wrinkle/ when it comes to war and conflict.// Good guys might play around/ and work on these/ as hobby kits,/ but so might bad guys.//

ここでは 善人が趣味として 色々いじることもできるが 悪人も同じことができるという 戦争や戦闘の新たな問題が持ち上がります

This cross/ between robotics and things/ like terrorism is going to be fascinating and even disturbing,/ and we've already seen/ it start.//

ロボット工学とテロリズムが 交錯すると 魅惑的かつ 憂慮すべきことになるでしょう もうそれが始まっているのを見ました

During the war/ between Israel,/ a state,/ and Hezbollah,/ a non-state actor,/ the non-state actor flew four different drones/ against Israel.//

政府側であるイスラエルと非政府側の ヒズボラの戦闘で 非政府側がイスラエルに向けて 4種類のドローンを飛ばしました

There's already/ a jihadi website/ that you can go/ on and remotely detonate an IED/ in Iraq/ while sitting at your home computer.//

ジハードのウェブサイトでは パソコンの前にいながら イラクの即席爆弾を遠隔から 起爆することができます

And so/ I think/ what we're going to see/ is two trends take place/ with this.//

つまり 私たちはここから 二つの傾向を見て取ることができます

First is,/ you're going to reinforce/ the power of individuals/ against governments,/ but then/ the second is/ that we are going to see/ an expansion/ in the realm of terrorism.//

第一は 政府に対する個人の力が 強まっているということです 第二は テロリズムの領域が 拡大していくさまを 目撃するということです

The future of it may be a cross/ between al Qaeda 2.0 and the next generation of the Unabomber.//

その未来はアルカイダ2.0と 次世代の ユナボマー(米国の爆弾魔)の 交点にあるのかもしれません

And another way of thinking about this is the fact/ that,/ remember,/ you don't have to convince/ a robot/ that they're gonna receive/ 72 virgins/ after they die to convince/ them/ to blow themselves up.//

他にも忘れてはならないのは ロボットが自爆するのに 死後に72人の処女を得られると 説得する必要はない ということです

But the ripple effects of this are going to go out/ into our politics.// One of the people/ that I met with was a former Assistant Secretary of Defense/ for Ronald Reagan,/ and he put it/ this way:/ "I like these systems/ because they save American lives,/ but I worry about more marketization of wars,/ more shock-and-awe talk,/ to defray discussion of the costs.//

この連鎖反応は 我々の政策にも影響します 私が会った一人は レーガン政権の 元国防長官補佐官でした 彼が言うには(以下引用) 「私はこのシステムが好きだ なぜならアメリカ人の命を救うから だが戦争の市場化は懸念するし コスト負担のための 衝撃的な議論も懸念する

People are more likely/ to support the use of force/ if they view it/ as costless."//

コストがかからないとわかるとより簡単に 力の行使を支持するものだ」と

Robots/ for me take certain trends/ that are already in play/ in our body politic,/ and maybe take them/ to their logical ending point.//

ロボットは 我々国民全般に 広まっている世論に影響を与え それを論理的な終局点まで けん引していくようです

We don't have a draft.// We don't have declarations of war anymore.//

草案もありませんし 宣戦布告書もすでにありません

We don't buy war bonds anymore.//

戦争債も買わないし

And now/ we have the fact/ that we're converting/ more and more of our American soldiers/ that we would send into harm's way/ into machines,/ and/ so we may take those already/ lowering bars/ to war/ and drop them/ to the ground.//

そして 我々は危険の多い地域に アメリカ人の兵士を送る代わりに 機械を送り込むようになっており それにより戦争行為に対する ハードルが更に低くなり 終には抑止力が無くなってしまいます

But the future of war is also going to be a YouTube war.//

同時に 未来の戦争はまた YouTube戦争でもあります

That is,/ our new technologies don't merely remove humans/ from risk.//

つまり 我々の技術は単に兵士を 危険から遠ざけるだけでなく

They also record everything/ that they see.//

彼らの見るものを全て記録するようになっています

So they don't just delink the public:/ they reshape its relationship/ with war.//

戦争を公衆から切り離すだけでなく 戦争との関わりを再構築しています

There's already/ several thousand video clips of combat footage/ from Iraq/ on YouTube right now,/ most of it gathered by drones.//

現在 YouTubeには何千もの イラクの戦闘を撮影した ビデオクリップがありますが ほとんどはドローンから得られたものです

Now,/ this could be a good thing.//

それは 戦争の最前線と家庭を

It could be building connections/ between the home front/ and the war front as never before.//

かつてなかったかたちで 結びつけるという 良い側面もあります

But remember,/ this is taking place/ in our strange, weird world,/ and so inevitably/ the ability to download these video clips/ to,/ you know,/ your iPod/ or your Zune gives you/ the ability/ to turn it/ into entertainment.//

しかし何が起こっても おかしく無い世の中では このようなビデオクリップをダウンロードして iPodやZuneに収めることで エンターテイメントにしてしまえることも 忘れてはなりません

Soldiers have a name/ for these clips.//

兵士達はこのようなビデオクリップを

They call/ it war porn.//

「戦争ポルノ」と読んでいます

The typical one/ that I was sent was an email/ that had an attachment of video of a Predator strike/ taking out/ an enemy site.// Missile hits,/ bodies burst into the air/ with the explosion.//

最近見た典型的な例は 電子メールに 添付された映像で プレデター(無人航空機)が敵の基地を ミサイルで攻撃した時の爆発で 肉体が空中にばらばらに吹き飛んでいました

It was set to music.//

それには音楽がついていて

It was set to the pop song "I Just Want/ To Fly"/ by Sugar Ray.//

シュガー・レイの「I Just Want to Fly」 という曲でした

This ability to watch more/ but experience/ less creates a wrinkle/ in the public's relationship/ with war.//

より多くのものを見て 経験はより少なくなる状態は 大衆と戦争の関係にひずみを引き起こしています

I think about this/ with a sports parallel.//

これはスポーツと同じです

It's like the difference/ between watching an NBA game,/ a professional basketball game/ on TV,/ where the athletes are tiny figures/ on the screen,/ and being at that basketball game/ in person/ and realizing/ what someone/ seven feet really does look like.//

プロバスケットボールである NBAのゲームをテレビで見ていて 選手が画面の小さな点に見えているのと 自分で実際に試合を見に行って 2メートル10センチの人間が 実際はどんな感じか 理解することに似ています

But we have to remember,/ these are just the clips.//

しかし思い出して下さい これらはただのビデオで

These are just the ESPN SportsCenter version of the game.// They lose the context.//

試合のダイジェスト版で それは文脈を失い

They lose the strategy.//

戦略を失い

They lose the humanity.// War just becomes slam dunks and smart bombs.//

人間性を失い 戦争はただのスラムダンクやスマート爆弾なのです

Now/ the irony of all this is/ that while the future of war may involve more and more machines,/ it's our human psychology/ that's driving all of this,/ it's our human failings/ that are leading to these wars.//

皮肉なのは 未来の戦争では より多くの機械が 使われるのにもかかわらず それらを動かすのは人間の心理で 戦争を起こすのも 人間の欠点によるものなのです

So one example of this/ that has big resonance/ in the policy realm is/ how this plays out/ on our very real war of ideas/ that we're fighting/ against radical groups.//

これに対する 政治の世界からの反応は 過激派を相手に戦っているという 現実の戦争の考え方に 大きな影響を与えています

What is/ the message/ that we think we are sending with these machines/ versus what is being received in terms of the message.//

我々がこれらの機械と一緒に送っている メッセージは どのように受け取られているのか

So one of the people/ that I met/ was a senior Bush Administration official,/ who had this to say about our unmanning of war:/ "It plays to our strength.// The thing/ that scares/ people is our technology."//

私がブッシュ政権の総務局で会ったある人は 人間が戦わない戦争について 以下の様な事を言いました 「これは我々の力に影響を与えます 人々を脅かしているのは 我々のテクノロジーなのです」

But when you go out/ and meet with people,/ for example/ in Lebanon,/ it's a very different story.// One of the people/ I met with there was a news editor,/ and we're talking/ as a drone is flying above him,/ and this is/ what he had to say.//

しかし遠く -- 例えばレバノン-- まで行き 人と会ってみると それはとても違った話となります そこで私が出会ったのはニュースの編集者で 会話している我々の頭上を 無人航空機が飛んで行くなか 彼はこう言いました

"This is just another sign of the coldhearted cruel Israelis and Americans,/ who are cowards/ because they send out/ machines/ to fight/ us.//

「これは我々と戦う為の機械を 送ってくる臆病で 無慈悲 冷血なアメリカ人とイスラエル人を 象徴するものだ

They don't want to fight/ us/ like real men,/ but they're afraid/ to fight,/ so we just have to kill/ a few of their soldiers/ to defeat them."//

彼らは男らしく戦うのではなく 戦う事を恐れている だから我々は数少ない彼ら兵士を殺すことで 勝利を得るのだ」

The future of war also is featuring a new type of warrior,/ and it's actually redefining/ the experience of going to war.//

未来の戦争は新しいタイプの兵士を 形作っています それは戦争に行くという 定義を変えるもので

You can call this a cubicle warrior.//

個室兵士とでも呼べるものです

This is/ what one Predator drone pilot described of his experience/ fighting in the Iraq War/ while never/ leaving Nevada.//

ネバダから離れる事無く イラク戦争で戦っていた プレデターのパイロットはこう言いました

"You're going to war/ for 12 hours,/ shooting weapons/ at targets,/ directing kills/ on enemy combatants,/ and then/ you get in the car/ and you drive home and within 20 minutes,/ you're sitting/ at the dinner table/ talking to your kids/ about their homework."//

「12時間戦争に行き 武器を標的に向けて撃って 敵の兵士を撃ち殺す様に命令し 車に乗って家に帰り 20分後には夕食の席にいて 子供たちと宿題について 話をしている」

Now,/ the psychological balancing of those experiences is incredibly tough,/ and in fact/ those drone pilots have higher rates of PTSD/ than many of the units physically/ in Iraq.//

さて 心理的にこれらのバランスを取るのは 非常に難しい事です 実はこれらの無人戦闘機パイロットたちは 実際にイラクにいる兵士よりも 高い率で PTSD を患っています

But some have worries/ that this disconnection will lead to something else,/ that it might make the contemplation of war crimes/ a lot easier/ when you have this distance.// "It's like a video game,/"/ is/ what one young pilot described to me of taking out/ enemy troops/ from afar.//

しかし中にはこの断絶が 戦争犯罪をもっとやり易いものに してしまうのではないかと 危惧している人達もいます 「まるでこれはテレビゲームです」とは 遠方から敵の部隊を攻撃する 若いパイロットの言葉です

As anyone/ who's played/ Grand Theft Auto knows,/ we do things/ in the video world/ that we wouldn't do face to face.//

グランド・セフト・オートをしたことがある人なら 人は面と向かってはしないようなことを テレビゲームではすることを知ってるでしょう

So much of what you're hearing/ from me is/ that there's another side/ to technologic revolutions,/ and/ that it's shaping our present/ and maybe will shape our future of war.//

私がここで言いたいのは 技術革新は別の面も併せ持っており それは 現在の そしてもしかしたら未来の戦争を 形作っているということです

Moore's Law is operative,/ but so's Murphy's Law.//

ムーアの法則の他に マーフィーの法則も働いています

The fog of war isn't being lifted.//

戦雲は消えていません

The enemy has a vote.//

敵にも選択する権利はありますし

We're gaining/ incredible new capabilities,/ but we're also seeing and experiencing/ new human dilemmas.// Now,/ sometimes/ these are just "oops"/ moments,/ which is/ what the head of a robotics company described it,/ you just have "oops"/ moments.// Well,/ what are "oops"/ moments with robots/ in war?//

我々はとてつもない能力を手に入れようとしています しかし我々は同時に新しい人間のジレンマを 見て 体験しているのです さて 失敗する時もあります これはロボット関連の企業のトップが 言った言葉ですが それではロボットがいる戦場での 失敗とは何でしょうか?

Well,/ sometimes/ they're funny.// Sometimes,/ they're like that scene/ from the Eddie Murphy movie "Best Defense,/"/ playing out/ in reality,/ where they tested out/ a machine gun-armed robot,/ and during the demonstration/ it started spinning/ in a circle/ and pointed its machine gun/ at the reviewing stand of VIPs.//

面白い時もあります 時には エディー・マーフィーが出ている 「おかしな関係」という 映画のワンシーンを現実にした様な マシンガンを搭載した新しいロボットが デモの時にクルクルと回りだし 自分のマシンガンを VIP 席に向けて 照準を合わせるという ものなのかも知れません

Fortunately/ the weapon wasn't loaded/ and no one was hurt,/ but other times "oops"/ moments are tragic,/ such as last year/ in South Africa,/ where an anti-aircraft cannon had a "software glitch,/"/ and actually did turn on/ and fired,/ and nine soldiers were killed.//

幸運な事に弾は込められておらず 誰も傷つきませんでした しかしそうで無いときの失敗は悲劇的で 南アフリカでは去年 対空砲に「ソフトウェアの問題」があり 誤動作して 発砲 9名の兵士が亡くなりました

We have new wrinkles/ in the laws of war and accountability.// What do we do with things/ like unmanned slaughter?//

戦時国際法と責任についても 我々はひずみを持っています 無人殺戮兵器を使って何をするのか?

What is unmanned slaughter?//

無人殺戮兵器とは何でしょうか?

We've already had three instances of Predator drone strikes/ where we thought we got bin Laden,/ and it turned out not to be the case.//

既に我々は3回 プレデターにより ビン・ラディンを爆撃したと思い 実際にはそうでなかったことを 経験しています

And this is/ where we're at right now.//

これが現在の我々なのです

This is not even talking about armed, autonomous systems/ with full authority to use force.//

発砲する権限を持っている 自立した兵器システムについて 話しているわけではありませんし

And do not believe/ that that isn't coming.//

それがやって来ないと思わないで下さい

During my research/ I came across four different Pentagon projects/ on different aspects of that.//

私の調査中 そのような特性を備えた 4つの国防総省プロジェクトを 見ました

And so/ you have this question:/ what does this lead/ to issues/ like war crimes?// Robots are emotionless,/ so they don't get upset/ if their buddy is killed.//

あなたはこんな事を疑問に思うでしょう 戦争犯罪はどのようなものになるのか? 機械に感情はありませんから 仲間が殺されても取り乱す事は無く

They don't commit crimes of rage and revenge.//

逆上して犯罪を犯したり 復讐する事もありません

But robots are emotionless.//

しかし機械には感情が無いので

They see an 80-year-old grandmother/ in a wheelchair/ the same way/ they see a T-80 tank:/ they're both/ just a series of zeroes and ones.//

T80戦車を見るのと同じ様に 車椅子に乗っている 80歳のお婆ちゃんを見ます 0と1の連続でしかないのですから

And so/ we have this question/ to figure out:/ How do we catch up/ our 20th century laws of war,/ that are so old right now/ that they could qualify for Medicare,/ to these 21st century technologies?//

そこで考えなければならない問題があります 介護保険の対象になる様な 時代遅れの20世紀の戦争法を 我々はどうやって21世紀の技術に 合わせるのでしょうか

And so,/ in conclusion,/ I've talked about what seems the future of war,/ but notice/ that I've only used real world examples/ and you've only seen real world pictures and videos.//

最後にまとめますと 私は 戦争の未来がどうなるかを話してきました しかしすべて現実にある例だけを 挙げている事に注意して下さい あなたの見たビデオや写真はすべて現実です

And so/ this sets a great challenge/ for all of us/ that we have to worry about well/ before you have to worry/ about your Roomba/ sucking the life away/ from you.//

これはルンバ掃除機があなたの人生を 吸い取ってしまうずっと前に 考えなければ ならないということです

Are we going to let/ the fact/ that/ what's unveiling itself right now/ in war sounds like science fiction/ and therefore keeps us/ in denial?//

戦争で使われるものの秘密を 明らかにすることは まるでSFのように見え 目をつぶってしまいがちです

Are we going to face the reality of 21st century war?//

我々は21世紀型の戦争の現実を 直視しますか?

Is our generation/ going to make the same mistake/ that a past generation did with atomic weaponry,/ and not deal with the issues/ that surround it/ until Pandora's box is already opened up?//

我々の世代は 過去の世代が 原爆で犯したのと同じ過ちを 繰り返し パンドラの箱が 開かれてしまうまで物事に対処しないという 失敗を犯すのでしょうか?

Now,/ I could be wrong/ on this,/ and one Pentagon robot scientist told me/ that I was.// He said,/ "There's no real social, ethical, moral issues/ when it comes to robots.//

これについて私は間違っているかもしれません あるペンタゴンの ロボット科学者が言うには 「ロボットにとっては 間違った人間を繰り返し殺さない限り

That is,/"/ he added,/ "unless the machine kills/ the wrong people repeatedly.//

社会的、倫理的、道徳的な問題などなく そうなったとしても

Then/ it's just a product recall issue."//

それは単なるリコール問題です」

And so/ the ending point/ for this is/ that actually,/ we can turn to Hollywood.//

ここで最後に言いたい事は 我々は ハリウッドを参考にする事ができるということです

A few years ago,/ Hollywood gathered all the top characters/ and created a list of the top 100 heroes and top 100 villains of all of Hollywood history,/ the characters/ that represented the best and worst of humanity.//

数年前 ハリウッドはあらゆる キャラクターを集め ハリウッドの史上の トップ100のヒーローと トップ100の悪役リストを作りました 最高と最悪の人間性を併せ持つ 1キャラクターだけが

Only one character made it/ onto both lists:/ The Terminator,/ a robot killing machine.//

両方のリストに入りました ターミネーター、ロボットの殺人マシンです

And/ so that points/ to the fact/ that our machines can be used for both good and evil,/ but for me/ it points to the fact/ that there's a duality of humans/ as well.//

これは我々の機械が 良い事にも悪い事にも 使われうる事を示していますが 私はこれを 人間が持つ二重性を 示しているとも思います

This week is a celebration of our creativity.// Our creativity has taken our species/ to the stars.//

今週は我々の 創造性を祝う週です 創造性は私たちを星に送り

Our creativity has created works of arts/ and literature/ to express our love.//

芸術作品を創造し 我々の愛を文字で表現し

And now,/ we're using/ our creativity/ in a certain direction,/ to build fantastic machines/ with incredible capabilities,/ maybe even/ one day/ an entirely new species.//

そして今 我々はその創造性を 信じられない性能を持った素晴らしい機械を 作るという方向に使っています いつの日か 全く新しい人種に なるかも知れません

But one of the main reasons/ that we're doing/ that is because of our drive/ to destroy each other,/ and so/ the question/ we/ all should ask:/ is it/ our machines,/ or is it us/ that's wired for war?//

しかしこのようなことは お互いを破壊するという原動力に 突き動かされており 我々一人ひとりが自問するべきでしょう 戦争を起こそうとしているのは機械なのか あるいは我々なのか?

Thank you.// (Applause)//

ありがとう(拍手)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

photo

『写真』[photographの短縮形]

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

Vulcan

ウルカヌス(ローマ神話の火と鍛冶の神;ギリシア神話の Hephaestus)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

wizard

(男の)魔法使い

名人,鬼才

hormone

ホルモン

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

unmanned

(船・宇宙船など)乗組員がいない,無人の

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

flyer

=flier

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

air force

〈U〉〈C〉空軍

《A-F-》米国空軍,英国空軍(正式にはthe United States Air Force, the Royal Air Forceという)

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

basically

基本的に,根本的に;元来は

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

pentagon

五角形,五辺形

《the P-》ペンタゴン(Arlingtonにある米国国防総省の五角形の巨大な建物)

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

upon

『…の上に』

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

governor

(米国の州の)『知事』

(植民地・属領などの)『総督』

(協会・銀行などの)総裁,理事;(公共施設・病院などの)長,管理者

(燃料の供給を加減してエンジンの速度を調節する)調速機

《英話》部(課)長,上役(boss);おやじ

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

laughter

『笑い』,笑い声

historian

歴史家,歴史学者

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

atomic bomb

原子爆弾

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

shot

shootの過去・過去分詞

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

warrior

戦士,武人(soldier)

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

monopoly

〈U〉〈C〉《単数形で》(事業などの)『独占』,(商品の)『専売』;(一般に)(…の)独占,占有《+『of』+『名』》

〈C〉(国家・特許などによる)(…の)『独占権,専売権』《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉独占企業,専売会社(公社)

〈C〉(独占の対象となる)専売品,専売業,独占事業

fighting

戦闘;好戦的な(warlike) 戦い, 戦闘; (形容詞的) 戦闘(用)の

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

Nevada

ネバダ州(米国西部の州;州都はCarson City;{略}『Nev.,NV』)

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

Iraqi

〈C〉イラク人

〈U〉イラク語

イラクの,イラク人(語)の

insurgent

暴動(反乱)を起こした

暴徒,謀反(むほん)人,反乱者

《米》党議に従わない人,反党分子

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

ripple effect

連鎖反応

outward

『外側へ』,外へ

外見上,見たところ

『外へ向かう』

『外側の』,外部の,外面の

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

ethic

倫理,道徳律

=ethical

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

purely

『全く』,完全に

『純粋に』,きれいに,清らかに

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

currently

現在は;広く,一般に

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

computer

『計算機』;『電子計算機』

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

Pakistan

パキスタン(イスラム教共和国;首都はIslamabad)

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

hardware

《集合的に》金物類,鉄器類

ハードウエア(電子計算機の機械部分)

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

aircraft carrier

=carrier4

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

shelf

『たな』

(がけの)岩だな;(海・川の)砂州,岩礁

do-it-yourself

自分でやる;しろうと用の

しろうと仕事,日曜大工

raven

ワタリガラス,大ガラス(普通のカラス(crow)よりも大型で,不吉な鳥とされる)

漆黒(しっこく)の

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

wrinkle

(布地・皮膚の)『しわ』

…‘に'『しわを寄せる』

『しわが寄る』

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

hobby

(他の人と多少変わった)『趣味』,道楽

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

terrorism

(政治的な)行為,テロ;恐怖政治

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

actor

(男の)『俳優』,『男優』

行為者

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

detonate

…‘を'爆発させる(explode)

爆発する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

reinforce

…‘を'増強する,補強する

…‘に'増援する,援兵を送る

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

convince

〈人〉'を'『納得させる』

gon na

going toの縮約形

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

virgin

『処女』,おとめ;末婚婦人

《the Virgin》聖母マリア

《名詞の前にのみ用いて》『処女の』,処女らしい

(物が)『汚れのない』,純潔な,純粋の

『初めての』

末開拓の,末使用の

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

secretary

(個人・会社などの)『秘書』《+『to』(『of』)+『名』》

(官公庁などの)『書記』[『官』],秘書官

《S-》《米》長官;《英》大臣

(本箱付きの)書き物机

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

defray

〈費用など〉'を'支払う

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

body politic

統治体,国家

logical

論理学の

論理的な

(論理上)必然の,不可避の

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

declaration

〈U〉(…の)『宣言』,発表,布告《+『of』+『名』》

〈C〉申告書

〈C〉供述

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

merely

『単に』,ただ

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

combat

『戦い』,戦闘;格闘

〈敵・悪など〉‘と'『戦う』,闘争する

(…のために…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』+『for』+『名』》

footage

(映画フィルム・木材などの)フィート数,全長

(映画の)場面

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

home front

(国外で戦っている人々に対し)国内戦線,銃後の人々

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

inevitably

避けられないで,必然的に

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

entertainment

〈U〉『娯楽』,気晴らし,楽しみ

〈C〉催し物,余興,演芸

〈U〉客呼び,もてなし,歓待

porn

=pornography

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

attachment

〈U〉(…に)付くこと,付着,付属;〈C〉(…の)付属品,付属装置;留め金,締め具《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(人・物・主義・理想などへの)愛着,愛情《+『for』+『名』》

〈U〉(法律用語で)逮捕,差し押え

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

missile

『ミサイル』,ロケット弾

《文》飛び道具(石,矢.投げやりなど)

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

athlete

競技者,運動家;強壮な人;《英》陸上競技選手

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

slam

〈戸・窓など〉‘を'『ピシャリ(バタン)と閉める』

《副詞[句]を伴って》…‘を'『ドシン(ドン)ト置く』

(新聞用語で)…‘を'けなす,攻撃する

〈戸・窓などが〉ピシャリ(バタン)と閉まる

ドシン(ドン)とぶつかる(動く)

荒っぽく音を立てて戸を閉めること;ピシャリ(バタン,ドシン)という音

dunk

(コーヒー・ミルクなどに)〈パン・ドーナツなど〉‘を'浸して食べる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘に'浸す,漬ける

smart bomb

スマート爆弾(レーザー光線や『TV』電波で誘導する)

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

failing

欠点,弱点;失敗,落第;破産

…がないので,がない場合には

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

resonance

音(声)が鳴り響くこと,音(声)の豊かさ

(物理学で)共鳴;共振

(音・声の)共鳴

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

Lebanon

レバノン(地中海東岸の共和国;首都はBeirut)

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

cruel

(人・行動が)『残酷な』,無慈悲な

『悲惨な』,むごい

Israeli

(現在の)イスラエル人

coward

『おくびょう者;』ひきょう者

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

cubicle

(寄宿舎などの仕切った)小寝室

仕切った狭い場所(プールの脱衣室・電話ボックス・投票所など)

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

combatant

戦う,闘争する(fighting);実戦に臨む

好戦的な,戦闘的な

戦闘する人,闘士(fighter);戦闘員

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

dinner table

正餐用食卓

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

incredibly

信じられないほど

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

physically

物質的に;身体上;物理的に

disconnection

切断,分離,断絶;(電気・電話の)断線

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

contemplation

(…を)じっと見つめること《+『of』+『名』》

熟考,(特に)瞑想(めいそう)

期待,予期,意図

war crime

戦争犯罪

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

afar

遠くに,はるかに

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

theft

盗み;窃盗罪

auto

《米話》=automobile

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

operative

〈機械などが〉働く,運転する

(法律などが)有効な

作業の

手術の(による)

工員

《米》刑事;スパイ

fog

霧,もや

霧状(の…),(…の)霧《+『of』+『名』》

(写真のネガの)曇り,かぶり

…‘を'霧(霧状のもの)でおおう

《話》《受動態で》〈人・頭など〉‘を'混乱させる

霧(もや,かすみなど)で包まれる(曇る)

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

dilemma

『板ばさみ』,抜きさしならない羽目,窮地

(論理学で)両刀論法

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

fortunately

『運よく』,幸いにも

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

no one

『だれも』…『ない』

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

cannon

〈C〉昔の砲台に取りつけた)大砲

〈C〉(戦闘機などの)機関砲

《英》=carom

砲撃する

激しく衝突する,ぶつかってはね返る

《英》=carom

glitch

(機械・計画の)小さな欠陥,突然の故障(不調)

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

slaughter

〈U〉(食肉用の)『屠殺』(とさつ),畜殺

〈C〉(人間・動物の)『大虐殺』;大量殺人

〈C〉《単数形で》《滋》完敗

(食肉用として)〈動物〉‘を'『屠殺する』,畜殺する(butcher)

〈多数の人〉‘を'虐殺する(massacre)

《話》(ゲームで)…‘を'完敗させる

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

laden

ladeの過去分詞

荷を積んだ;(…を)積み込んだ《+『with』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…の重さで)押し下げられた《+『with』+『名』》

armed

武装した

(ある目的のために)用意した

autonomous

自治の,自治権のある

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

buddy

《話》兄貴;仲間,相棒

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

rage

〈U〉〈C〉『激怒』,憤激

〈U〉〈C〉《おもに文》(風・波などの)『猛威』,激しさ《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情・欲望などの)激しさ,強烈さ《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)熱望,熱情《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《話》(一時的に)『大流行しているもの』

(…に)『激怒する』,憤激する《+『against』(『about,at,over』)+『名』(do『ing』)》

〈風・波などが〉『荒れ狂う』,猛威をふるう

revenge

〈受けた危害・悔辱など〉‘に'『復讐』(ふくしゅう)『する』;〈人〉‘の'仇(あだ)を討つ

行為・言葉に対する人への)復讐(あくしゅう),仕返し;復讐心《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』〈行為・言葉〉》

grandmother

『祖母』

wheelchair

〈C〉車いす

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

Medicare

老人医療保障制度(米国・カナダでは65歳以上)

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

unveil

…‘の'ベールを取る,おおいをはずす

…‘を'明らかにする,打ち明ける

ベールを脱ぐ;正体を明らかにする

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

denial

〈U〉〈C〉(…の)『否定』,否認《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…の)『拒絶』,拒否《+『of』+『名』》

〈C〉拒絶宣言

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

atomic

『原子の』

原子力の(を用いた)

極微の

weaponry

《集合的に》武器,兵器類

兵器開発(製造)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

Pandora

パンドラ(ギリシア神話に出て来る地上最初の女性;人間を苦しめる災いの箱を開いた)

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

repeatedly

繰り返して,再三再四

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

Hollywood

ハリウッド(カリフォルニア州ロサンゼルス市考外にある映画産業の中心地)

米国映画界

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

villain

『悪者』,悪漢,悪党

(劇・小説などの)悪役,かたき役

《おどけて》小僧,やつ

《英話》犯人

=villein

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

killing

殺害;屠殺(とさつ)

《話》(特に商売での)大もうけ

(仕事などが)疲労こんぱいさせる,ひどく骨の折れる

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

duality

二重性

celebration

『祝賀』,祝典(儀式)の挙行;〈C〉祝典,祭典,祝賀会

creativity

独創性

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画