TED日本語 - モシェ・サフディ: アパート建築を改革する

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

1967年、モシェ・サフディは画一的なアパート建築をつくり変え、各ユニットが前例の無いような開放感を提供する「アビタ67(Habitat 67)」を発表しました。50年近く経ったいま、彼はこのタイプの建物の必要性が今まで以上に高まっていると信じています。この短いトークの中で、サフディは高層建築の代わりに光が稠密な都市に浸透するような様々な建築プロジェクトの概観を紹介します。

Script

1960年代 まだ学生の私は 北アメリカで住宅建築を学ぶための フェローシップを得て アメリカを旅しました 公共団地や高層建築を 主な都市で見学しました ニューヨーク、フィラデルフィアです そこに住むしかすべが無い人々が住んでいました そして郊外から郊外へと見学してまわり その帰路で考えたことは アパート建築を見直すべきだ ということでした あれよりもっと別なあり方があるはずだ 郊外の豊かな生活を再現するのが無理なら 家と呼べる品質をそれぞれのユニットが持っている そんな建物をデザインしようじゃないか と考えました

作品「ハビタット」のテーマは 庭や 閉鎖的な回廊ではなく 自然や開かれた道と接することです 予め各ユニットを建設することで 経済性を考慮しました これは建築してから50年後の姿です とても住みやすい住宅です 今では建築遺産になりましたが この様式が流行することはありませんでした

1973年に初めて中国へ行きました 文化大革命の時代です 旅を続け 建築家や都市プランナーに出会いました このように当時の 北京や上海には 1つも高層建築が無く 深セン市はまだ存在しませんでした 車も殆ど走っていませんでした 30年後 ― これが今の北京です これは香港 裕福ならここに住み 貧しければここに住みます いずれにせよ密集住宅で これはアジアだけの姿ではありません サンパウロでは 45分間ヘリコプターに乗れば 高層ビルが19世紀建築の低層住宅地を 飲み込む様を眺めることができます 密集と共に交通渋滞も起こり 移動しやすさも失う などといったことがおこります

それで数年前私達は「ハビタット」を 見なおしてみることにしたのです これをもっと安価に出来るだろうか? 今日の高い人口密度において 同じような生活の質が保てるだろうか? そして気づきました 必要なのは光なのです 日光や自然です フラクタル化することです 外とより接することのできるように ビルの表面を開放することは出来ないだろうか?

様々なモデルを考えました 経済性モデルは建設費を 抑制出来てよりコンパクトです ボックス・ユニットのモジュールでは 人々が自分の家をデザインし 庭を造ることを可能にします それでニューヨークをテストケースとして ロウアー・マンハッタンに着目しました そしてマンハッタンにある 全てのビルをマッピングしました 左が現在のマンハッタンです 住居は青 オフィスビルや小売店は赤です 右は私達がそれをつくり変えた姿 ― オフィスは低層階にあり その上にある75階建は アパートです 25階には空中通路があります コミュニティ用通路です 外との繋がりがあります そこにはコミュニティの為の 庭園やオープンスペースがあり ほぼすべてのユニットに 庭が備わっていて コミュニティスペースがいたるところにあります 最も重要な点は そこに流れがあり 開かれた空間だということです 街に 壁を作り 障壁を加えるのではなく 光があちらこちらに浸透しています

最近2~3年は 初めてアジア各地の 実際のプロジェクトを通して 「ハビタット」の生活の質を実現化しています これは中国の河北省秦皇島市です 中流家庭の住居である 全てのアパートは 条例により 1日につき3時間の日照時間が 保証されています 冬至に測られた場合です シンガポールで建設されている こちらは 中流家庭の住居、庭 コミュニティ道路や公園などです これはコロンボにあります

もう1点触れたいのが 公共空間デザインについてです 高層建築を建て始めて 100年が経ちますが 私達は未だに 高層ビルがどのように 街を そしてその中の公共空間を 構成する要素となっているのか 理解しきれていません シンガポールで私達がやったことは ― 93万㎡という極めて高い人口密度で アウトドアとインドア 両方のコンセプトを取り入れ 散歩道や公園を せわしい都会の暮らしに統合しました ですからこれらはアウトドア空間であり インドア空間でもあります 自由に両方を行き来出来て 自然と接しています 最も大切なのは 建物のどの階にいても 公共庭園やオープンスペースがあります 低階層エリアの屋上から タワーを見上げた様子です 最後に最高部のスカイパーク 1万㎡あり ジョギング用舗道やレストラン そして世界一長いスイミング・プールがあります 以上が5分間でお話できることでした

ありがとうございました

(拍手)

When, in 1960, still a student, I got a traveling fellowship to study housing in North America. We traveled the country. We saw public housing high-rise buildings in all major cities: New York, Philadelphia. Those who have no choice lived there. And then we traveled from suburb to suburb, and I came back thinking, we've got to reinvent the apartment building. There has to be another way of doing this. We can't sustain suburbs, so let's design a building which gives the qualities of a house to each unit.

Habitat would be all about gardens, contact with nature, streets instead of corridors. We prefabricated it so we would achieve economy, and there it is almost 50 years later. It's a very desirable place to live in. It's now a heritage building, but it did not proliferate.

In 1973, I made my first trip to China. It was the Cultural Revolution. We traveled the country, met with architects and planners. This is Beijing then, not a single high rise building in Beijing or Shanghai. Shenzhen didn't even exist as a city. There were hardly any cars. Thirty years later, this is Beijing today. This is Hong Kong. If you're wealthy, you live there, if you're poor, you live there, but high density it is, and it's not just Asia. Sao Paulo, you can travel in a helicopter 45 minutes seeing those high-rise buildings consume the 19th-century low-rise environment. And with it, comes congestion, and we lose mobility, and so on and so forth.

So a few years ago, we decided to go back and rethink Habitat. Could we make it more affordable? Could we actually achieve this quality of life in the densities that are prevailing today? And we realized, it's basically about light, it's about sun, it's about nature, it's about fractalization. Can we open up the surface of the building so that it has more contact with the exterior?

We came up with a number of models: economy models, cheaper to build and more compact; membranes of housing where people could design their own house and create their own gardens. And then we decided to take New York as a test case, and we looked at Lower Manhattan. And we mapped all the building area in Manhattan. On the left is Manhattan today: blue for housing, red for office buildings, retail. On the right, we reconfigured it: the office buildings form the base, and then rising 75 stories above, are apartments. There's a street in the air on the 25th level, a community street. It's permeable. There are gardens and open spaces for the community, almost every unit with its own private garden, and community space all around. And most important, permeable, open. It does not form a wall or an obstruction in the city, and light permeates everywhere.

And in the last two or three years, we've actually been, for the first time, realizing the quality of life of Habitat in real-life projects across Asia. This in Qinhuangdao in China: middle-income housing, where there is a bylaw that every apartment must receive three hours of sunlight. That's measured in the winter solstice. And under construction in Singapore, again middle-income housing, gardens, community streets and parks and so on and so forth. And Colombo.

And I want to touch on one more issue, which is the design of the public realm. A hundred years after we've begun building with tall buildings, we are yet to understand how the tall high-rise building becomes a building block in making a city, in creating the public realm. In Singapore, we had an opportunity: 10 million square feet, extremely high density. Taking the concept of outdoor and indoor, promenades and parks integrated with intense urban life. So they are outdoor spaces and indoor spaces, and you move from one to the other, and there is contact with nature, and most relevantly, at every level of the structure, public gardens and open space. On the roof of the podium, climbing up the towers, and finally on the roof, the sky park,two and a half acres, jogging paths, restaurants, and the world's longest swimming pool. And that's all I can tell you in five minutes.

Thank you.

(Applause)

When,/ in 1960,/ still/ a student,/ I got a traveling fellowship/ to study housing/ in North America.//

1960年代 まだ学生の私は 北アメリカで住宅建築を学ぶための フェローシップを得て

We traveled the country.//

アメリカを旅しました

公共団地や高層建築を 主な都市で見学しました ニューヨーク、フィラデルフィアです

Those/ who have/ no choice lived there.//

そこに住むしかすべが無い人々が住んでいました

And then/ we traveled from suburb/ to suburb,/ and I came back thinking,/ we've got to reinvent/ the apartment building.//

そして郊外から郊外へと見学してまわり その帰路で考えたことは アパート建築を見直すべきだ ということでした

There has to be another way of doing this.//

あれよりもっと別なあり方があるはずだ

We can't sustain suburbs,/ so let's design/ a building/ which gives the qualities of a house/ to each unit.//

郊外の豊かな生活を再現するのが無理なら 家と呼べる品質をそれぞれのユニットが持っている そんな建物をデザインしようじゃないか と考えました

Habitat would be all/ about gardens,/ contact/ with nature,/ streets instead of corridors.//

作品「ハビタット」のテーマは 庭や 閉鎖的な回廊ではなく 自然や開かれた道と接することです

We prefabricated it/ so we would achieve economy,/ and there/ it is almost 50 years later.//

予め各ユニットを建設することで 経済性を考慮しました これは建築してから50年後の姿です

It's a very desirable place/ to live in.//

とても住みやすい住宅です

It's now/ a heritage building,/ but it did not proliferate.//

今では建築遺産になりましたが この様式が流行することはありませんでした

In 1973,/ I made my first trip/ to China.//

1973年に初めて中国へ行きました

文化大革命の時代です

We traveled the country,/ met with architects/ and planners.//

旅を続け 建築家や都市プランナーに出会いました

This is Beijing then, not a single high rise building/ in Beijing or Shanghai.//

このように当時の 北京や上海には 1つも高層建築が無く

Shenzhen didn't even exist as a city.//

深セン市はまだ存在しませんでした

There were hardly any cars.//

車も殆ど走っていませんでした

Thirty years later,/ this is Beijing today.//

30年後 ― これが今の北京です

This is Hong Kong.//

これは香港

If you're wealthy,/ you live there,/ if you're poor,/ you live there,/ but high density/ it is,/ and it's not just Asia.//

裕福ならここに住み 貧しければここに住みます いずれにせよ密集住宅で これはアジアだけの姿ではありません

Sao Paulo,/ you can travel in a helicopter/ 45 minutes/ seeing those high-rise buildings consume the 19th-century low-rise environment.//

サンパウロでは 45分間ヘリコプターに乗れば 高層ビルが19世紀建築の低層住宅地を 飲み込む様を眺めることができます

And/ with it,/ comes congestion,/ and we lose mobility,/ and so/ on and so forth.//

密集と共に交通渋滞も起こり 移動しやすさも失う などといったことがおこります

So a few years ago,/ we decided to go back/ and rethink Habitat.//

それで数年前私達は「ハビタット」を 見なおしてみることにしたのです

Could we make it more affordable?//

これをもっと安価に出来るだろうか?

Could we actually achieve this quality of life/ in the densities/ that are prevailing today?//

今日の高い人口密度において 同じような生活の質が保てるだろうか?

And we realized,/ it's basically/ about light,/ it's about sun,/ it's about nature,/ it's about fractalization.//

そして気づきました 必要なのは光なのです 日光や自然です フラクタル化することです

Can we open up/ the surface of the building/ so that it has more contact/ with the exterior?//

外とより接することのできるように ビルの表面を開放することは出来ないだろうか?

We came up/ with a number of models:/ economy models,/ cheaper to build and more compact;/ membranes of housing/ where people could design their own house/ and create their own gardens.//

様々なモデルを考えました 経済性モデルは建設費を 抑制出来てよりコンパクトです ボックス・ユニットのモジュールでは 人々が自分の家をデザインし 庭を造ることを可能にします

And then/ we decided to take/ New York/ as a test case,/ and we looked at Lower Manhattan.//

それでニューヨークをテストケースとして ロウアー・マンハッタンに着目しました

And we mapped all the building area/ in Manhattan.//

そしてマンハッタンにある 全てのビルをマッピングしました

On the left is Manhattan/ today:/ blue/ for housing,/ red/ for office buildings,/ retail.//

左が現在のマンハッタンです 住居は青 オフィスビルや小売店は赤です

On the right,/ we reconfigured it:/ the office buildings form the base,/ and then/ rising 75 stories above,/ are apartments.//

右は私達がそれをつくり変えた姿 ― オフィスは低層階にあり その上にある75階建は アパートです

There's a street/ in the air/ on the 25th level,/ a community street.//

25階には空中通路があります コミュニティ用通路です

It's permeable.//

外との繋がりがあります

There are gardens and open spaces/ for the community,/ almost every unit/ with its own private garden,/ and community space/ all around.//

そこにはコミュニティの為の 庭園やオープンスペースがあり ほぼすべてのユニットに 庭が備わっていて コミュニティスペースがいたるところにあります

And most important,/ permeable,/ open.//

最も重要な点は そこに流れがあり 開かれた空間だということです

It does not form a wall or an obstruction/ in the city,/ and light permeates everywhere.//

街に 壁を作り 障壁を加えるのではなく 光があちらこちらに浸透しています

And in the last two or three years,/ we've actually been,/ for the first time,/ realizing the quality of life of Habitat/ in real-life projects/ across Asia.//

最近2~3年は 初めてアジア各地の 実際のプロジェクトを通して 「ハビタット」の生活の質を実現化しています

This/ in Qinhuangdao/ in China:/ middle-income housing,/ where there is a bylaw/ that every apartment must receive three hours of sunlight.//

これは中国の河北省秦皇島市です 中流家庭の住居である 全てのアパートは 条例により 1日につき3時間の日照時間が 保証されています

That's measured in the winter solstice.//

冬至に測られた場合です

And/ under construction/ in Singapore,/ again middle-income housing,/ gardens,/ community streets and parks/ and so/ on and so forth.//

シンガポールで建設されている こちらは 中流家庭の住居、庭 コミュニティ道路や公園などです

And Colombo.//

これはコロンボにあります

And I want to touch/ on one more issue,/ which is the design of the public realm.//

もう1点触れたいのが 公共空間デザインについてです

A/ hundred years/ after we've begun building/ with tall buildings,/ we are yet to understand/ how the tall high-rise building becomes a building block/ in making a city,/ in creating the public realm.//

高層建築を建て始めて 100年が経ちますが 私達は未だに 高層ビルがどのように 街を そしてその中の公共空間を 構成する要素となっているのか 理解しきれていません

シンガポールで私達がやったことは ― 93万㎡という極めて高い人口密度で

Taking the concept of outdoor and indoor, promenades and parks integrated with intense urban life.//

アウトドアとインドア 両方のコンセプトを取り入れ 散歩道や公園を せわしい都会の暮らしに統合しました

So they are outdoor spaces and indoor spaces,/ and you move from one/ to the other,/ and there is contact/ with nature,/ and most relevantly,/ at every level of the structure,/ public gardens and open space.//

ですからこれらはアウトドア空間であり インドア空間でもあります 自由に両方を行き来出来て 自然と接しています 最も大切なのは 建物のどの階にいても 公共庭園やオープンスペースがあります

On the roof of the podium,/ climbing up/ the towers,/ and finally/ on the roof,/ the sky park,/two and a half acres,/ jogging paths,/ restaurants,/ and the world's longest swimming pool.//

低階層エリアの屋上から タワーを見上げた様子です 最後に最高部のスカイパーク 1万㎡あり ジョギング用舗道やレストラン そして世界一長いスイミング・プールがあります

And that's all I can tell you/ in five minutes.//

以上が5分間でお話できることでした

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

fellowship

〈U〉仲間であること,親交,友情

〈C〉団体,協会,組合;〈U〉(団体の)会員の資格

〈C〉《米》(大学の)特別研究員の給費(身分)

〈C〉《英》(大学の)評議員の地位

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

high-rise

(建物が)高層の

高層建築の

建物の高いところにある

高層建築

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

Philadelphia

『フィラデルフィア』(米国Pennsylvania州の大都市;1776年7月4日,米国独立宣言の行われた所)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

suburb

〈C〉(都市の近くの住宅地区としての)『郊外』,近郊

《the suburbs》《集合的に》(中心街に対して都市の)郊外[住宅地]

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

sustain

…‘を'『持続する』,続けてする

〈人〉‘を'『元気づける』

〈家族など〉‘を'『養う』

《文》(物が下から)…‘を'『支える』

〈損害・傷害など〉‘を'『受ける』,こうむる

〈苦難など〉‘に'耐える,耐え抜く

(法的に)…‘を'認める

…‘を'立証する,確証する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

habitat

(動・植物の)産地,生息地

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

instead

『その代りとして』,それよりも

corridor

(片側また両側に部屋が並んでいる)『廊下』

prefabricate

〈家〉‘を'プレハブ方式で建てる(組み立て用の規格部品単位で製造すること)

〈部品など〉‘を'前もって作り上げる

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

desirable

『望ましい』,好ましい

(特に)性的欲望を起こさせるような,魅力たっぷりの

heritage

世襲財産

祖先から伝えられたもの,(有形・無形の)遺産,伝統

proliferate

〈グテリアなどが〉増殖する

…‘を'増殖させる

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

cultural revolution

文化革命

《the C-R-》(中国の)文化大革命

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

planner

計画者,立案者

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

Shanghai

シャンハイ(上海)(中国中第一の貿易港市)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

Hong Kong

ホンコン(香港;英国植民地)

=Victoria 4

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

Asia

『アジア』

Sao Paulo

サンパウロ(ブラジル南部の州及びその州都でコーヒーの大産地)

helicopter

『ヘリコプター』

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

low-rise

(建物が)低層の

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

congestion

(人・貨物などの)密集,充満;混雑,雑踏・うっ血,充血

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

mobility

可動性,流動性,変わりやすさ;(軍隊の)機動力

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

rethink

…‘を'考え直す,再検討する

考え直すこと

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

prevail

《文》

(…に)〈強さ・影響力が〉『勝る』,勝つ《+『over』(『against』)+『名』》

(…に)『普及している』,広く行きわたる《『in』(『among』)+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

exterior

『外の』,外面の,外側の

〈C〉外部,外面,外側

〈U〉外観;(絵・劇などの)外景

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

compact

『ぎっしり詰まった』,目詰んだ,緊密な;(体格が)引き締まった

こぢんまりして経済的な,小さくまとまった

(文体などが)簡潔な

…'を'ぎっしり詰める;…'を'圧縮する

コンパクト(鏡,おしろい,ぱふの携帯用ケース)

中型自動車(compact car)

membrane

(生物の)膜,皮膜

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

test case

試訴(その決定が世の類似の事件に影響を与えるもの)

初めての試み,テストケース

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

retail

『小売り』

小売りの

小売りで,小売り価格で

…‘を'小売りする

《文》…‘を'受け売りで話す

(…の値段で)小売りされる《+『at』(『for』)+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

permeable

浸透できる, 浸透性の;(…に)・浸透透する《+『to』+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

obstruction

〈U〉(…への)妨害,障害《+『to』+『名』》

〈C〉(…への)妨害物,障害物《+『to』+『名』》

permeate

…‘に'しみ通る, 浸透する

〈煙などが〉‥‘に'広がる,いっぱいになる;〈思想などが〉…‘に'広がる,普及する

(…に)しみ渡る《+『through』(『in, into』)+『名』》

〈煙・思想などが〉(…に)広がる,普及する《+『through』(『throughout, among』)+『名』》

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

bylaw

(協会・団体・会社などの)内規,付則,細則

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

sunlight

日光(sunshine)

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

winter solstice

冬至

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

Colombo

コロンボ(スリランカの首都)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

opportunity

『機会』,好機

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

extremely

『極端に』,非常に過度に

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

outdoor

『戸外の』,野外の

indoor

『室内の』,『屋内の』

promenade

(公園などの)散歩,遊歩

(また《英話》『prom』)遊歩場,散歩道,プロムナード

《米》(ダンスパーティーの開会の際の)お客たちの行進;(スクエアダンスの)踊りながらの行進

散歩する,遊歩する

…‘を'散歩(遊歩)する

〈人〉‘を'見せびらかしに連れ歩く

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

urban

都市(都会)の

都市に住む

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

podium

指揮台,演壇

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

jog

…‘を'軽く揺り動かす;…‘を'ちょっと押す(突く)

〈記憶など〉‘を'呼び起こす,刺激する

(特に健康法として)ゆっくり走る

とぼとぼと歩き続ける《+『on』(『along』)》

軽い揺さぶり(つつき,刺激)

てくてく(ことこと)歩き;(馬の)緩歩(jog trot)

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

swimming pool

『水泳プール』

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画