TED日本語 - ディエベド・フランシス・ケレ: 土とコミュニティーの力で作る建物

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ディエベド・フランシス・ケレ: 土とコミュニティーの力で作る建物

TED Talks

土とコミュニティーの力で作る建物
How to build with clay... and community
ディエベド・フランシス・ケレ
Diebedo Francis Kere

内容

ディエベド・フランシス・ケレは、建築の学位を取得したら何がしたいのかはっきりと分かっていました。彼はブルキナファソにある故郷ガンドに戻り、自分が教育で受けた恩恵を村の皆と分かち合いたかったのです。この魅力あふれるトークで、ケレは、ガンド村で彼が建築を支援してきた美しい建物を紹介します。中でも小学校は、村の全員が力を合わせて土で作り、建築賞も受賞しました。

Script

I would like to show you how architecture has helped to change the life of my community and has opened opportunities to hope.

I am a native of Burkina Faso. According to the World Bank, Burkina Faso is one of the poorest countries in the world, but what does it look like to grow up in a place like that? I am an example of that. I was born in a little village called Gando. In Gando, there was no electricity, no access to clean drinking water, and no school. But my father wanted me to learn how to read and write. For this reason, I had to leave my family when I was seven and to stay in a city far away from my village with no contact with my family. In this place I sat in a class like that with more than 150 other kids, and for six years. In this time, it just happened to me to come to school to realize that my classmate died.

Today, not so much has changed. There is still no electricity in my village. People still are dying in Burkina Faso, and access to clean drinking water is still a big problem.

I had luck. I was lucky, because this is a fact of life when you grow up in a place like that. But I was lucky. I had a scholarship. I could go to Germany to study.

So now, I suppose, I don't need to explain to you how great a privilege it is for me to be standing before you today. From Gando, my home village in Burkina Faso, to Berlin in Germany to become an architect is a big, big step. But what to do with this privilege? Since I was a student, I wanted to open up better opportunities to other kids in Gando. I just wanted to use my skills and build a school. But how do you do it when you're still a student and you don't have money? Oh yes, I started to make drawings and asked for money. Fundraising was not an easy task. I even asked my classmates to spend less money on coffee and cigarettes, but to sponsor my school project. In real wonder,two years later, I was able to collect 50,000 U.S. dollars.

When I came home to Gando to bring the good news, my people were over the moon, but when they realized that I was planning to use clay, they were shocked.

"A clay building is not able to stand a rainy season, and Francis wants us to use it and build a school. Is this the reason why he spent so much time in Europe studying instead of working in the field with us?"

My people build all the time with clay, but they don't see any innovation with mud. So I had to convince everybody. I started to speak with the community, and I could convince everybody, and we could start to work. And the women, the men, everybody from the village, was part of this building process. I was allowed to use even traditional techniques. So clay floor for example, the young men come and stand like that, beating, hours for hours, and then their mothers came, and they are beating in this position, for hours, giving water and beating. And then the polishers come. They start polishing it with a stone for hours. And then you have this result, very fine, like a baby bottom. (Laughter) It's not photoshopped. (Laughter) This is the school, built with the community. The walls are totally made out of compressed clay blocks from Gando. The roof structure is made with cheap steel bars normally hiding inside concrete. And the classroom, the ceiling is made out of both of them used together.

In this school, there was a simple idea: to create comfort in a classroom. Don't forget, it can be 45 degrees in Burkina Faso, so with simple ventilation, I wanted to make the classroom good for teaching and learning. And this is the project today,12 years old, still in best condition. And the kids, they love it.

And for me and my community, this project was a huge success. It has opened up opportunities to do more projects in Gando. So I could do a lot of projects, and here I am going to share with you only three of them.

The first one is the school extension, of course. How do you explain drawings and engineering to people who are neither able to read nor write? I started to build a prototype like that. The innovation was to build a clay vault. So then, I jumped on the top like that, with my team, and it works. The community is looking. It still works. So we can build. (Laughter) And we kept building, and that is the result. The kids are happy, and they love it. The community is very proud. We made it. And even animals, like these donkeys, love our buildings. (Laughter)

The next project is the library in Gando. And see now, we tried to introduce different ideas in our buildings, but we often don't have so much material. Something we have in Gando are clay pots. We wanted to use them to create openings. So we just bring them like you can see to the building site. we start cutting them, and then we place them on top of the roof before we pour the concrete, and you have this result. The openings are letting the hot air out and light in. Very simple.

My most recent project in Gando is a high school project. I would like to share with you this. The innovation in this project is to cast mud like you cast concrete. How do you cast mud? We start making a lot of mortars, like you can see, and when everything is ready, when you know what is the best recipe and the best form, you start working with the community. And sometimes I can leave. They will do it themselves. I came to speak to you like that.

Another factor in Gando is rain. When the rains come, we hurry up to protect our fragile walls against the rain. Don't confound with Christo and Jeanne-Claude. It is simply how we protect our walls. (Laughter) The rain in Burkina comes very fast, and after that, you have floods everywhere in the country. But for us, the rain is good. It brings sand and gravel to the river we need to use to build. We just wait for the rain to go. We take the sand, we mix it with clay, and we keep building. That is it.

The Gando project was always connected to training the people, because I just wanted,one day when I fall down and die, that at least one person from Gando keeps doing this work. But you will be surprised. I'm still alive. (Laughter)

And my people now can use their skills to earn money themselves. Usually, for a young man from Gando to earn money, you have to leave the country to the city, sometimes leave the country and some never come back, making the community weaker. But now they can stay in the country and work on different building sites and earn money to feed their family. There's a new quality in this work.

Yes, you know it. I have won a lot of awards through this work. For sure, it has opened opportunities. I have become myself known. But the reason why I do what I do is my community.

When I was a kid, I was going to school, I was coming back every holiday to Gando. By the end of every holidays, I had to say goodbye to the community, going from one compound to another one. All women in Gando will open their clothes like that and give me the last penny. In my culture, this is a symbol of deep affection. As a seven-year-old guy, I was impressed. I just asked my mother one day, "Why do all these women love me so much?" (Laughter) She just answered, "They are contributing to pay for your education hoping that you will be successful and one day come back and help improve the quality of life of the community." I hope now that I was able to make my community proud through this work, and I hope I was able to prove you the power of community, and to show you that architecture can be inspiring for communities to shape their own future.

Merci beaucoup. (Applause) Thank you. Thank you. Thank you. Thank you. Thank you. Thank you. (Applause)

今日は皆さんに 建築がどのように 私のコミュニティーの生活を変えたか そして どう希望の扉を開いたかについて お話ししたいと思います

私はブルキナファソ出身です 世界銀行によると ブルキナファソは 世界で最も貧しい国の一つです そんな国で生まれ育つのって どういうことだと思いますか? 私がその一例でしょう 私はガンドという小さな村落に生まれました ガンドには 電気もなければ きれいな飲み水も手に入らず 学校もありません でも 父は私に 読み書きが出来るようになってほしかった そのために 私は7歳のときに両親と離れ 家族と連絡も取れない 村から遠く離れた町に 一人で住むことになりました ここで私は6年間― 150名以上の生徒と一緒に学びました 150名以上の生徒と一緒に学びました 当時 学校に登校すると クラスメイトが亡くなったと 知らされることもありました

いまでも 状況はあまり変わっていません 私の村には相変わらず電気はないですし ブルキナファソではいまも人々が亡くなっています きれいな飲料水を手に入れることも 今でも大きな問題です

私はラッキーでした 私のような境遇の者にとっては これこそが現実だからです でも 私はラッキーでした ドイツ留学に必要な奨学金を もらうことができました

ですから 今このように 皆様の前で 話せるのが 私にとって どれほど素晴らしいことなのか 言うまでもないでしょう ガンドから 故郷のブルキナファソから 建築家になるためにドイツに渡ることは とても大きな一歩です この恩をどうやって返すのか 学生時代から ガンドの子どもたちに より良い機会を用意してあげたいと思ってきました 自分の能力を生かして 学校を建ててあげたかったのです しかし 当時の私は学生で お金もありませんでした それで 絵を描いてお金を集めようと思いつきました お金はそう簡単には集まりませんでした クラスメイトにもコーヒーとタバコにかけるお金を 少し節約して私の学校建設プロジェクトに 出してくれとお願いしました それから2年が経ち 私は5万ドルを集めることがてきました

ガンドに戻り この朗報を伝えると 人々は希望に胸を膨らませながらも 土を使うという私の計画を聞いて 呆気にとられていました

「土の建物は雨期に耐えられないのに フランシスは土で学校を作ろうなんて 言っている 彼はこんなことのために 村の畑で働く代わりにヨーロッパに行って 時間を掛けて勉強してきたのか?」

私の村では 昔から土で建物を作っていましたが 泥に潜んでいるイノベーションには 誰も気づいていませんでした 私は皆の説得に掛かりました 村人と話し合い ついに全員を説き伏せて 工事が始まりました 村の人は全員 女性も男性も 手を貸してくれました 伝統的な手法も使いました 例えば土で床を作るときは 若い青年がまっすぐ立った姿勢で 数時間かけて土を踏んづけます 次は 彼らの母親がこの姿勢で 水をかけながら数時間 たたきます それが終わってから 今回は 固められた床を 数時間 石で磨きます するとこうなります きめ細かく赤ちゃんのお尻みたいです (笑) フォトショップで補正したものではありません(笑) これが村人の皆と建てた学校です 壁は すべて圧縮されたガンド地元の 泥レンガが用いられています 屋根は 通常コンクリートの中に入れる 安い鉄筋で作られています そして教室の天井には 土と鉄筋両方を用いています

学校建設にかける思いは 元々 快適な教室を作りたいという単純なものでした ブルキナファソでは 気温が45度まで 上がることもあります それで空気がよく通るような作りにし 教室を 教え学ぶのに ふさわしい場にしたかったのです 今の学校の様子です 12年経ちましたが まだ最高の状態です 子どもたちも学校が大好きです

私にとっても私の故郷にとっても このプロジェクトは大きな成功でした ガンドでより多くのプロジェクトを 行うきっかけになりました 私は多くのプロジェクトに関わりましたが 今日はそのうち3つだけ紹介します

1つ目はもちろん学校の拡張プロジェクトです 読み書きもできない人たちに 図面やエンジニアリングを 説明することはとても難しく それで私はプロトタイプを作り始めました 土でアーチ型天井を作るところが 私の考えた革新的な点でした 上に乗っかってチームの全員と ジャンプしてみせても ビクともしません 皆が見ている中でも大丈夫だったので そのまま進めることができました (笑) 工事が終わった結果がご覧の通りです 子どもたちはとても喜んでいました 村の皆も我々が作ったものだと 誇りに思ってくれました ロバみたいな動物さえ 喜んでいました (笑)

2つ目は ガンド図書館です 新しい建物にどんどん新しいことを 組み入れてみようと思っても ガンドでは必要な建材が不足しています 土でできた壺はたくさんあるので 壺を使って天井に開口部を作ることにしました まず写真のようにあらゆる壺をすべて 建設現場に運びます 壺を切断して 屋根の上に並べて コンクリートを流し込むと このようになります この開口部のおかげで 光を取り込みつつ 熱い空気を外に逃がすことができます 極めてシンプルですね

一番最近のプロジェクトは ガンドの高校でした 皆さんに是非紹介したいです このプロジェクトの革新的な点は コンクリートのように 泥で土台を作ることでした どうやって泥で土台を作るんでしょう まずは写真のようにモルタルを作ります すべての準備が整い 最高の配合とフォームが イメージできるようになったら 村の皆と一緒に作業を始めます 私がいなくても大丈夫です 皆自分たちで仕事を進めるからです 今日も そうやって 講演に来ました

ガンドでもう一つポイントとなるのは雨です 雨期が始まると 弱い壁を雨から守ろうと 急いで処置をします クリスト&ジャンヌ=クロードの 梱包アートではありませんよ ただ壁を守るための方法ですから (笑) ブルキナでは雨は集中的に降り 全土至るところで 洪水に見舞われます それでも我々にとって雨は大切なものです 雨は私たちが工事に使う砂や砂利を 川沿いまで運んでくれます 雨期が降り終わるのを待ち 砂を集めて土と混ぜ 作業を続けます 見ての通りです

ガンドプロジェクトの目的は 教育にもあります ある日 私が突然倒れ この世を去ることになったとしても 一人でもいいから ガンド出身者に この仕事を引き継いでほしいからです 驚くことに まだ生きていますが (笑)

私の仲間はもう 現場で学んだ技術で お金を稼ぐことができます 多くの場合 ガンドの若者がお金を稼ぐには 都市に行かなければなりません 国を出て出稼ぎをすることもあり 二度と帰ってこない場合もあります すると 村のコミュニティーは 弱体化してしまいます しかし 今は母国にとどまりながら 建設現場で働き家族を養うだけの お金を稼ぐことができるようになりました それがこのプロジェクトの新しい一面です

ご存知の通り 私はこれらプロジェクトを通じ 多くの賞を受賞しました おかげで私の道も広がり 私自身も有名になりました でも 私がこのプロジェクトを行う理由は 何よりも 私の村 そのものでした

小さい頃 街の学校に通っていて 休暇になるたびにガンドへ帰っていました 休暇があける頃には 村のすべての家を回りながら 皆とお別れの挨拶をしました ガンドのすべての女性が 服の懐から なけなしの硬貨を取り出して 私に渡してくれました これは 我々の文化では 深い愛情を示します 7歳の子供心にも深い感動を受けました ある日 母親に聞きました 「なぜ女性たちは僕のことが大好きなの?」 (笑) 母はこう言いました 「あなたの教育を支援することで あなたが立派な人になり いつかこの村に帰ってきて 私たちの生活を良くしてくれることを 願っているからだよ」 ガンドでの仕事を通じて 村の皆が 誇りを持ってくれればよいですし 皆様にも コミュニティーが持つ力の偉大さと 建築は コミュニティーが 自身の将来を描くための 原動力になり得るのだということを 知っていただけたらなと思います

ありがとうございました(拍手) ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画