TED日本語 - アナ・ヘリンガー: 泥壁の建物の温もりと知恵

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アナ・ヘリンガー: 泥壁の建物の温もりと知恵

TED Talks

泥壁の建物の温もりと知恵
The warmth and wisdom of mud buildings
アナ・ヘリンガー
Anna Heringer

内容

「私たちは自然からたくさんの資源を無償で与えてもらっています ― 必要なのはそれを見つける感受性と使いこなす創造性なのです」建築家のアナ・ヘリンガーはそう語ります。ヘリンガーは中国、スイスからバングラデシュやさらに多くの土地で、泥や竹などの「ローテク」と言える材料を使っています。畏敬の念を起こさせるような学校、洗練されたオフィスや居心地のよい憩いの場所 ― 全てが自然から生まれた材料で建てられた場所に、このトークを聞きながら見学に行ってみてください。

Script

It was the end of October in the mountains in Austria. I was there on a field trip with my architecture students from Zurich. And when we reached a high valley, I surprised them with the news that there was no hut or hotel booked for the night. It was not a mistake. It was totally on purpose. The challenge was to build our own shelter with whatever we could find. And we all survived. It was cold, it was really tough ... and it was a great learning experience to discover that there are a lot of resources given by nature for free, and all that we need is our sensitivity to see them ... and our creativity to use them.

I found myself in a similar situation. When I was an architecture student about 13 years ago, I went to Bangladesh to a remote village called Rudrapur with the aim to design and build a school as my thesis project. I had lived in that village before when I was 19 and a volunteer at Dipshikha, a Bangladeshi NGO for rural development. And what I had learned from them was that the most sustainable strategy for sustainable development is to cherish and to use your very own resources and potential, and not get dependent on external factors. And this is what I tried to do with my architecture as well.

In terms of suitable building materials for my school, I didn't have to look far. They were right under my feet: mud, earth, dirt, clay, however you call it ... and bamboo that was growing all around. Electricity in remote Bangladesh is rare, but we didn't need it. We had human energy and the people were happy to have the work. Tools were an issue, too, but we had these guys, water buffalos. We had also tried a bit cows, but interestingly, they were too intelligent. They were always stepping in the holes of the previous round. They wouldn't mix the mud, the straw --

(Laughter)

the sand, which are the ingredients in the walls. And except a small team of consultants like my partner for realization, Eike Roswag, and my basket-weaver cousin, Emmanuel, it was all built by craftsmen from the village. And this is the METI school after six months of construction.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Load-bearing earth walls that really ground the school, and large bamboo structures that bring the lightness in. That's the classroom on the ground floor. Attached to it are the caves. They're for reading, for snuggling, for solo work, for meditation, for playing ... and the classroom on the top.

The children all signed with their names in Bengali the doors, and they did not only sign, they also helped building the school. And I'm sure you all had your hands in mud or clay before. It's wonderful to touch. I love it. The children loved it. And can you imagine the feeling of a small boy or a girl or an illiterate day laborer standing in front of that school building and knowing that you built this out of the ordinary bamboo and just the dirt underneath your feet, using nothing but your hands? That gives such an enormous boost of trust and confidence in yourself and the community.

And in the material. Especially mud has a very poor image. When we think of mud, we think of dirt -- it's ugly, it's nondurable -- and this is the image I want to change. In fact, it's the 11th rainy season for this school now, really harsh, horizontal monsoon rains, and the walls are standing strong.

(Applause)

So how does it work? First rule, a good foundation that keeps the wall dry from the ground, and second rule, a good roof that protects from the top, and third rule, erosion control. Mud walls need speed breakers so that the rainwater can not run down the wall fast, and these speed breakers could be lines of bamboo or stones or straw mixed into the mud, just like a hill needs trees or rocks in order to prevent erosion. It works just the same way. And people always ask me if I have to add cement to the mud, and the answer is no. There is no stabilizer, no coating on these walls, only in the foundation. So this is the close-up of the wall after 10 rainy seasons, and as much as I grew a bit older, the wall got some wrinkles as well. The edges my not be as sharp as before, but it still looks pretty good, and if it needs repairing, it is really easy to do. You just take the broken part, make it wet, and put it back on the wall, and it will look the same as before. Wish that would work on me, too.

(Laughter)

Yeah, and the great thing is, if an earth wall is not needed anymore, it can go back to the ground it came from, turn into a garden, or get fully recycled without any loss of quality. There's no other material that can do this, and this is why mud is so excellent in terms of environmental performance.

What about the economic sustainability? When we built the school, I practically lived on the construction site, and in the evening, I used to go with the workers to the market, and I could see how they spent their money. And they would buy the vegetables from their neighbors, they would get a new haircut or a new blouse from the tailor. And because the main part of the building budget was spent on craftsmanship, the school wasn't just a building, it became a real catalyst for local development, and that made me happy. If I had designed the school in cement and steel, this money would have been exported and lost for those families.

(Applause)

The building budget at that time was 35,000 euros -- it's probably doubled by now -- and this is a lot of money for that region, and especially because this money is working within the community and rotating fast, and not on the stock market. So when it comes to the economic sustainability of my project, my main question is, who gets the profit?

How many of you in here have some experience living in a mud house? Chris Anderson, where is your hand?

(Laughter)

You? OK.

Yeah. It seems totally out of our focus, but approximately three billion people all around the planet are living in earth houses, and it is a traditional building material in Europe just as much as in Africa.

Strangely enough, mud is not considered worthy of being studied at universities ... so I brought the dirt to Harvard,

(Laughter)

precisely 60 tons of dirt right in front of the main facade of the Graduate School of Design. Students and faculty rolled up their sleeves, got their hands dirty and transformed the front into a warm place for people to gather. Children would climb the structures, skaters would ride the ramp, students having lunch breaks, and it was particularly fascinating to see how many people were touching the wall, and we usually don't go around cities caressing our facades, right?

(Laughter)

(Laughter)

Of course, this was a small-scale project, but in terms of awareness-building and in terms of education, it was like an acupuncture trigger point. And in fact, in more and more countries, load-bearing earthen structures are not allowed to be built anymore although they're traditional and have lasted for hundreds of years, and not because the material is weak, but because there are no architects and engineers who know how to deal with that material. So education on all levels, for craftsmen, engineers and architects, is really strongly needed. Equally important is technological development, like prefabrication developed by my colleague Martin Rauch, who is an Austrian artist and expert in earthen structures. And he has created technologies for rammed earth elements, for prefabrication of rammed earth elements that include insulation, wall heatings and coolings and all sorts of electrical fittings that can be layered to multistoried buildings, and this is important in order to scale up and in order to [ speed ] up the processes, like in the Ricola Herb Center in Switzerland.

And finally, we need good built projects that prove you can build with an ancient material in a very modern way. It is not a matter of how old a material is; it's a matter of our creative ability to use it today. These, for example, are three hostels that I did in China in the village Baoxi, about six hours by bus from Shanghai. The outside shape is woven bamboo, and the inside core is stones and rammed earth. And it is a traditional building material. Even large parts of the Great Wall of China have been built with rammed earth, but it's getting replaced by concrete.

And this trend is happening very fast. Within only a couple of years, China has consumed more cement than the United States in the entire 20th century. And this trend of replacing natural building materials with materials that require a lot of energy, that are energy-intensive, and that emit CO2 is really clearly contributing to climate change. And we have alternatives, such as mud, stones, timber, bamboo, earth, that are totally effective options for all sorts of purposes.

This, for example, is an office building that we did for Omicron Electronics in Austria. Mud is healthy for the planet, but also for the human bodies, and the material is low-tech, but the performance is high-tech. The earth walls keep the highly sophisticated tools in the building safe by naturally regulating moisture.

And this wall in my own home is our humidfier. We love our six tons of dirt at home not only because it's healthy and sustainable. Its archaic warmth is touching deep within.

My personal dream is to build a mud skyscraper right in Manhattan.

(Laughter)

Yeah.

(Applause)

And this dream isn't so crazy if you think of the mud city of Shibam in Yemen that was built in the 16th century and has lasted now for 500 years. What was possible that long ago is possible today as well, and we can apply all our technical know-how to these ancient materials so that it meets our needs and our dreams.

All around us, and just below our feet ... are wonderful natural building materials. Let's use them. And I deeply believe our homes, our work spaces, our cities would become more healthy and sustainable and more humane and beautiful.

Thank you.

(Applause)

あれはオーストリアの山の中 十月下旬のことでした 私はチューリヒの建築科の生徒らと 見学旅行に来ていました 私達が高い谷の上に到着すると 私は 宿泊できる小屋も 一夜過ごせるホテルもないことを伝え 彼らをビックリさせました 何かの間違いでそうなったのではなく 実はわざとしたことでした 課題は 見つかるものを何でも使って 仮の宿を作ることでした 結局 誰もが状況をしのぐことができました 寒くて 確かに厳しかったけど ― 自然が たくさんの材料を 無償で提供してくれることを 発見できた 素晴らしい学びの体験でした 唯一必要だったのは それらを見つける感性 ― そしてそれを利用する創造性

私にも似た経験があります 13年前 建築科の学生だった頃 バングラデシュの人里離れた村 Rudrapurに行きました 目的は卒業課題として 学校を設計し 建てることでした 私は19歳のときに 農村開発を援助する バングラデシュのNGO Dipshikhaのボランティアとして その村に住んだことがありました その時 学んだことは 持続可能な開発をする上で 最も持続可能な戦略は 自分たちの持つ資源と可能性を 大切に使用し 外的な要素に依存するように ならないことでした この経験を 私の建築理論にも 当てはめました

学校の建設に適した材料を探すのに 遠くに目を向ける必要は ありませんでした 足下で見つかりました ― 泥、土、土壌、粘土 どの呼び方でも同じです ― そして 辺り一面に生える竹 電力はバングラデシュの過疎地には 届きにくいものですが 必要ありませんでした 私達には人力があり 人々は仕事のある喜びを感じていました 道具を探すことも課題となりましたが 助けがありました 水牛です 普通の牛でも実験してみましたが 面白いことに 牛は頭が良すぎました 前に一周したときにできた くぼみに再び足を入れて 泥と藁を混ぜようとしません

(笑)

そして 砂など 壁を作る材料です 少人数のコンサルタント 例えば 施工を手伝ってくれた パートナーのエイケ・ロスワグや バスケットを編んでくれた いとこのエマニュエル以外は 全て村の職人の手で 作られました お見せします 半年後に完成した学校 METI です

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

構造材である土壁が 文字通り学校の基盤を支えます 竹で作った大きな構造が 光を室内に取り込みます これが一階の教室です 「ほら穴」につながっていて そこでは読書をしたり 気持ちよく横たわったり 一人で勉強したり 瞑想したり 遊んだりします そして上の階にある教室

子供達がドアにベンガル語で 自分の名前を書きました 名前を書いただけではなく 一緒に学校作りをしました 皆さんも泥や粘土に 触れたことありますよね とても気持ちいい感触で 私は大好きです 子供もみんな大好きでした 想像してみてください 小さな男の子や女の子の感動を 或いは字の読めない日雇い労働者が 学校の前に立ち 周りに育つ竹と 足下の土だけを使い 自らの手だけで作ったのだと 実感する気持ちを? 自分にとっても コミュニティーにおいても 信頼と責任感を 大きく高めることにつながります

そして素材に関していうと 泥は特に良いイメージを持つ 素材とは言えません 泥から連想するのが 汚い土 ― キレイでもなく 耐久性もない ― 私はそのイメージを変えたいのです 今まさに この学校は 11年目の雨期を迎えています とても激しい 横なぐりの モンスーンの雨です それでも壁はびくともしません

(拍手)

それはどのような理由で? 1つ目の法則は 丈夫な基礎 壁を地面の湿度から守ります 次に しっかりした屋根が 建物を上から守ります そして三番目が 浸食制御 泥壁にスピードブレーカーを 入れることにより 雨の水滴が壁を 流れ落ちる速度を弱めます このスピードブレーカーには 竹を並べてみたり 石やわらを泥に入れます 丘には木や岩があることで 浸食が防げることと同じです 同じような理論です よく聞かれるのが泥にセメントを 混ぜる必要があるかということですが 答えはノーです この壁には安定剤も上塗りも不要です 基礎の部分にだけです この写真は壁のクロースアップです 雨期が10回過ぎた後の状態ですが 私が少し年をとったのと同じように 壁にも少ししわができました 角は当初ほど鋭くはありません でも外見はまだ結構綺麗で 修理が必要な場合でも 簡単に修理できます 壊れた部分を取り除き 水に濡らして 壁にまた貼り付けると 前と変わらない状態に戻ります 私にも同じように簡単な修復が できるといいのですが

(笑)

そう そして素晴らしいことには 土の壁が必要ではなくなったら 最初に土を掘り起こした地面に戻し 庭の土に戻したり 品質を失わずに 完全にリサイクルができます 同じようなことができる 素材は他にはなく そのことが 土が環境的に優れている 最大の特徴です

経済的な持続可能性という 観点からはどうでしょう? この学校の建設中 私は ほとんど工事現場に 寝泊まりしました 夜になると工事現場で働く人々と一緒に マーケットに行くので 彼らのお金の使い方も 見ることができました 野菜は近所から買い 散髪をしたり ブラウスを新調したりしました 建設資金の主な部分が 職人の技能を使うことに 充てられたので 学校はただの建物ではなく 地元の発展にも大きく 貢献しました とても嬉しいことでした セメントと鉄からできた学校を デザインしていれば 資金は外部に流出し 地元の人々の恩恵にはならなかったでしょう

(拍手)

当時の建設予算は 3万5千ユーロでした ― 今だと2倍はかかるでしょう ― この地域にとっては莫大なお金です このお金の流れが地元で効果を表し 素早く循環したことに 意味があるのです 株式市場に流れたのではありません プロジェクトの経済的な持続可能性を 検討する上での主な課題は 儲けが誰の手に渡るか? ということでした

ここにいる人々の中で 泥壁の家に住んだ経験がある人は いますか? クリス・アンダーソン あなたの手が見えないけど?

(笑)

あなた? なるほど

そうです 我々の興味の中心から 外れるようなのですが この地球上の約30億人の人々が 今現在も土の家に住んでいます 建設素材として 昔から使用されていたことは ヨーロッパにおいても アフリカと同様です

ところが不思議なのは 泥は大学で研究されるほどの 価値がないとされていることです それならばと私はハーバード大学に 泥を持って行ってみました

(笑)

ハーバード大学デザイン大学院の 建物の正面に 正確には60トンの泥を 持って行きました 学生も教職員も袖をまくりあげ 手を汚しながら 正面の部分を人々が集まる 憩いの場所へと変身させました この建築物をよじ登る子供たち スロープを滑りおりるスケーター 昼休みを取る学生たち 私にとって一番興味深かったことが 壁を触れてみる人々の数です 普段 壁面を撫でながら 街を歩くことなどしませんよね?

(笑)

(笑)

もちろんこれは 小規模なプロジェクトでしたが 人々の意識を育て 教育するという目的では まさにツボを押さえた といえるでしょう この素材は伝統的要素や 数百年もの年月に耐えうるというのに 荷重負荷のある 土の建物の建設を禁止する国が 実際上 ますます増えているのは この材料の脆弱性を 問題視したのではなく この素材を扱うことができる 建築家やエンジニアがいないからです 職人 エンジニア 建築家など あらゆるレベルにおける教育が 非常に必要とされています 同じように重要なことは 技術開発です 例えば 私の同僚 マーティン・ラウクが 開発したプレハブ技術 彼はオーストリア人のアーティストで 土の建物構造のエキスパートです 彼は土を建材に用い固めて作る 「版築」の技術を開発し 版築素材をプレハブ製作しています 断熱効果や壁の冷暖房や あらゆる電気機器を設置でき 多階構造の建物に 積み重ねることができます この技術は建物の大きさを スケールアップし 建築の進行をスピード化する過程で 大変重要な要素です スイスのリコラ・ハーブ・センターの 建設でも用いられた技術です

そして最後に 古くからある建材を使いながら 現代的なデザインを作れることを 証明できる やりがいのあるプロジェクトが 必要です 建材の伝統性が重要なのではなく 今の時代に合わせてどのように 使用するかの創造性の問題です 例えば この3つのユースホステル 中国の宝鶏(バオジー)という村で 建設したもので 上海からバスで6時間ぐらいの 距離の場所です 外壁の部分は竹を編んで作られており それを支える内壁は石と版築です これは昔からある建材で 万里の長城の多くの部分も 版築で建てられましたが 最近ではコンクリートで 建て替えられています

この傾向は勢いを増しています あと数年で 中国におけるセメントの使用率は 20世紀の間に 米国が使用した量を 超えると思われます このように自然の建材を 製造工程でエネルギーを必要とし エネルギー集約的で 二酸化炭素を排出する建材で 替えることは 気候変動にも 明らかに加担しています 私達の周りには 代わりとなる材料があります 泥、石、木材、竹、土 等は 用途が多岐にわたる 有効的な代替材です

例えば これは Omicron Electronicsの依頼で オーストリアに建築した オフィスビルです 泥は地球にとってやさしいだけではなく 人間の身体にもやさしく ローテクの素材でありながら ハイテクな性能を持ち合わせてます 土でできた壁は ビル内にある高度に精巧な工具を 湿度を自然に調整することで 守ります

私の家のこの壁も 加湿器として働きます 私達家族は 6トンの泥の家を 大変気に入っています 健康的で持続可能なだけではなく 古風な温もりが 心の底から温めてくれるからです

私の夢はマンハッタンに 泥でできた高層ビルを建てることです

(笑)

真面目にそう思ってます

(笑)

この夢は不条理でもないのです イエメンの泥からできた都市 シバームは 16世紀に建てられて 500年経った今も健在です そんな大昔でも可能であれば こんにちでも可能なはずです 私達の持つ全ての技術的ノウハウを 古くからある素材に応用し 私達のニーズと夢が叶うように することができます

私達の周りには そう すぐ足下にも 素晴らしい自然の素材があります ならば使ってみましょう そうすることにより 私達の住宅も 職場も 都市も もっと健全で持続可能となり 人間的で 美しい環境になると確信しています

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画