TED日本語 - シアマク・ハリリ: 神聖な空間を建築するには

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - シアマク・ハリリ: 神聖な空間を建築するには

TED Talks

神聖な空間を建築するには
How do you build a sacred space?
シアマク・ハリリ
Siamak Hariri

内容

建築家のシアマク・ハリリは、南アメリカのバハイ寺院を設計するにあたり光にこだわりました。建物は1日を通じて太陽の動きを捉え、建材には輝く石やガラスが使われました。さあ、彼の創造の過程をたどる旅に出ましょう。この非宗教的な世界で神聖な体験をもたらす何かを探し求める旅に。

Script

The school of architecture that I studied at some 30 years ago happened to be across the street from the wonderful art gallery designed by the great architect Louis Kahn. I love the building, and I used to visit it quite often. One day, I saw the security guard run his hand across the concrete wall. And it was the way he did it, the expression on his face -- something touched me. I could see that the security guard was moved by the building and that architecture has that capacity to move you. I could see it, and I remember thinking, "Wow. How does architecture do that?"

At school, I was learning to design, but here -- here was a reaction of the heart. And it touched me to the core.

You know, you aspire for beauty, for sensuousness, for atmosphere, the emotional response. That's the realm of the ineffable and the immeasurable. And that's what you live for: a chance to try.

So in 2003, there was an open call for designs for the Bahai Temple for South America. This was the first temple in all of South America. It's a continental temple, a hugely important milestone for the Bahai community, because this would be the last of the continental temples and would open the door for national and local temples to be built around the world.

And the brief was deceptively simple and unique in the annals of religion: a circular room,nine sides,nine entrances,nine paths, allowing you to come to the temple from all directions,nine symbolizing completeness, perfection. No pulpit, no sermons, as there are no clergy in the Bahai faith. And in a world which is putting up walls, the design needed to express in form the very opposite. It had to be open, welcoming to people of all faiths, walks of life, backgrounds, or no faith at all; a new form of sacred space with no pattern or models to draw from. It was like designing one of the first churches for Christianity or one of the first mosques for Islam.

So we live in a secular world. How do you design sacred space today? And how do you even define what's sacred today?

I stumbled across this beautiful quote from the Bahai writings, and it speaks to prayer. It says that if you reach out in prayer, and if your prayer is answered -- which is already very interesting -- that the pillars of your heart will become ashine.

And I loved this idea of the inner and the outer, like when you see someone and you say, "That person is radiant." And I was thinking, "My gosh, how could we make something architectural out of that, where you create a building and it becomes alive with light? Like alabaster, if you kiss it with light, it becomes alive. And I drew this sketch, something with two layers, translucent with structure in between capturing light. Maybe a pure form, a single form of emanation that you could imagine would be all dome and everything we kept making was looking too much like an egg.

(Laughter)

A blob.

So you search. You all know this crazy search, letting the process take you, and you live for the surprises. And I remember quite by accident I saw this little video of a plant moving in light, and it made me think of movement, reach, this idea that the temple could have reach, like this reach for the divine. You can imagine also that movement within a circle could mean movement and stillness, like the cosmos, something you see in many places.

(Laughter)

But rotation was not enough, because we needed a form. In the Bahai writings, it talks about the temples being as perfect as is humanly possible, and we kept thinking, well, what is perfection? And I remember I stumbled into this image of this Japanese basket and thinking our Western notions of perfection need to be challenged, that this wonderful silhouette of this basket, this wonkiness, and that it has the kind of dimple of what you might imagine a shoulder or the cheekbone, and that kind of organic form. And so we drew and made models, these lines that merge at the top, soft lines, which became like drapery and translucent veils and folding, and the idea of not only folding but torquing -- you remember the plant and the way it was reaching. And this started to become an interesting form, carving the base, making the entrances.

And then we ended up with this. This is this temple with two layers,nine luminous veils, embodied light, soft-flowing lines like luminescent drapery. 180 submissions were received from 80 countries, and this was selected.

So we went to the next stage of how to build it. We had submitted alabaster. But alabaster was too soft, and we were experimenting, many experiments with materials, trying to think how we could have this kind of shimmer, and we ended up with borosilicate. And borosilicate glass, as you know, is very strong, and if you break borosilicate rods just so and melt them at just the right temperature, we ended up with this new material, this new cast glass which took us about two years to make. And it had this quality that we loved, this idea of the embodied light, but on the inside, we wanted something with a soft light, like the inner lining of a jacket. On the outside you have protection, but on the inside you touch it. So we found this tiny vein in a huge quarry in Portugal with this beautiful stone, which the owner had kept for seven generations in his family, waiting for the right project, if you can believe it. Look at this material, it's beautiful. And the way it lights up; it has that translucent quality.

So here you see the structure. It lets the light through. And looking down, the nine wings are bound, structurally but symbolically strong, a great symbol of unity: pure geometry, a perfect circle,30 meters in section and in plan, perfectly symmetrical, like the idea of sacredness and geometry. And here you see the building going up,2,000 steel nodes,9,000 pieces of steel,7,800 stone pieces,10,000 cast glass pieces, all individual shapes, the entire superstructure all described, engineered, fabricated with aerospace technology, prefabricated machine to machine, robotically, a huge team effort, you can imagine, of literally hundreds, and within three percent of our $ 30 million budget set in 2006.

(Applause)

Nine wings bound together forming a nine-pointed star, and the star shape moving in space, tracking the sun.

So here it is.

Audience: Wow!

(Applause)

Hopefully, a befitting response to that beautiful quote, "a prayer answered," open in all directions, capturing the blue light of dawn, tent-like white light of day, the gold light of the afternoon, and of course, at night, the reversal: sensuous, catching the light in all kinds of mysterious ways.

And the site: it's interesting; 14 years ago when we made the submission, we showed the temple set against the Andes. We didn't have the Andes as our site, but after nine years, that's exactly where we ended up, the lines of the temple set against nothing but pure nature, and you turn around and you get nothing but the city below you, and inside, a view in all directions, radiating gardens from each of the alcoves, radiating paths.

Last October, the opening ceremonies -- a beautiful, sacred event,5,000 people from 80 countries, a continuous river of visitors, indigenous people from all over South America, some who had never left their villages. And of course, that this temple belongs to people, the collective, of many cultures and walks of life, many beliefs, and for me, what's most important is what it feels like on the inside; that it feel intimate, sacred, and that everyone is welcome. And if even a few who come have the same reaction as that security guard, then it truly would be their temple. And I would love that.

Thank you.

(Applause)

30年ほど前に私が学んだ イェール大学の建築大学院は偶然にも 偉大な建築家のルイ・カーンが設計した 素晴らしいアート・ギャラリーの 向いにありました 私はその建物がとても好きで しょっちゅう訪れていました ある日 1人の警備員がコンクリートの壁を 手で撫でているのを見ました 彼が撫でている様子や その顔に表れた表情に 私は心を打たれました その警備員が建物に感動していること そして 建築には 人を感動させる力があることを 悟りました 私には分りました そして こう考えたのを憶えています 「どうすれば建築で 人を感動させられるのだろうか?」

大学院では 私は設計を学んでいました しかし その場面には 心の動きがありました それは私の心の芯に触れました

人は美を 感覚的な快を 雰囲気を 感情の反応を求めます それは 言葉には出来ず 測ることも出来ない世界です それを求めて人は生きるのです 挑戦する好機が訪れました

2003年に 南アメリカのバハイ教寺院の 設計の公開コンペがありました これは南アメリカ全土における 最初のバハイ教寺院で 各大陸に1つずつの中心となる寺院の1つで バハイ教団にとっては とても重要な道標でした なぜなら これは各大陸の中心となる寺院では 最後のもので この後は 世界中の国や地域で 寺院を建てるようになるからです

仕様書は一見単純 かつ バハイ教の歴史に沿った 独特のものでした 円形の室内 九つの辺 九つの入口 九つの参道 どの方向からも 人が寺院に入れるようにします 9は完全性 つまり理想を象徴します 説教壇はなく 説教もありません バハイ教に 聖職者がいないからです いたるところで壁が築かれる世界において この寺院のデザインでは その風潮とは全く反対のことを 形で示す必要がありました そのデザインは開かれていて 全ての信仰や階層 生い立ち あるいは 無宗教の人を 受け入れるものでなければなりませんでした より所となる様式や 原型はなく 全く新しい形の神聖な空間となります これはキリスト教における最初の教会や イスラム教の最初のモスクを 設計するのと似ています

さて 私たちは非宗教的な世界に生きています 今日における神聖な空間を どのように設計するのでしょうか? 今日において 神聖とは何かをどのように 定義するのでしょうか?

私はバハイの書物の中の 美しい一文に出会いました それは祈りについて語っています 「祈りが神に届き 神が答えられたなら ― ここまでで十分興味深いのですが ― 心の中の柱が輝き始めるでしょう」

私はここに内面と外面という 良いアイデアを見出しました 誰かを見たときに 「あの人は輝いている」と言う感じです 私は考えました 「どうすればこの言葉に基づいて 何かを建築することができるのだろう 光と共にあるような建物を 建てることができるのだろうか アラバスタに光を近づけると 生命が宿るように」 そして私はこのスケッチを描きました 2層構造で 半透明で 層の中間で光を捉えます 光の発散を 純粋で単一の形として 想像できるのは ドーム形でしょう 私たちが思いついた形も全て 卵のようなものばかりでした

(笑)

あるいは不定形の塊です

そこで探求を始めます 行きつくままの探求です そして驚きの発見の瞬間を待ちます 私はその瞬間をよく憶えています 植物が光に向かって伸びている 短いビデオを偶然見て 手を伸ばすという動きを 考えるきっかけになりました 神に手を 伸ばすのと同じように 私たちの寺院に手を伸ばすという動きを 与えようというアイデアです 円の中の動きが 動きだけでなく 静止を意味することも お分かりいただけるでしょう 宇宙でもそうですし 様々な場所で目にすることがあります

(笑)

しかし 回転だけでは足りません なぜなら形が必要だからです バハイの聖典では このように書かれています 寺院は 人間に可能な限りの 完全性を有しなければならない 完全とは何か を考え続けました そして この日本の籠の写真を 偶然見つけました そこで 西洋における完全さの概念を 問い直さなくてはならないと気づきました この籠の素晴らしい輪郭や不安定感 人の肩や頬骨を連想させるような このくぼみ 有機的な形です そして 私たちはスケッチをし モデルを制作しました これらの線は頂上でひとつになります 柔らかな線です カーテンや半透明のベールのように 折れて重なります 折り重なるだけではなく ねじられもします 先程の植物が伸びていく様子を 思い浮かべて下さい そして 興味深い形になり始めました 基部を削って入り口を作りました

そして これが完成しました この寺院は2層になっていて 9つの光を放つベールがあり 光を内包し 柔らかく流れる線は 光を放つひだのある優美な布のようです 80ヶ国から180の応募がありましたが この案が選ばれました

そして私たちは次の段階に進みました どのようにこれを建築するか 応募案ではアラバスタ(雪花石膏)を 使うとしていましたが アラバスタは柔らかすぎました そこで 様々な材料について実験をしました どうすればこのような柔らかな光を 得られるかを考えました そして私たちは硬化ガラスにたどり着きました ご存じのように 硬化ガラスは とても強い素材です 硬化ガラスの棒をこのように割って 適切な温度で溶かして 新たな素材を得ました この新たな鋳込ガラスを作るのに 2年間かかりました この素材は 私たちが求めた 性質を持っていました 内包された光です しかし 内装では 私たちは 柔らかい光を必要としていました ジャケットの裏地のようなものです 表面は外界から守らなければなりませんが 内側では手に触れます 私たちは ポルトガルの巨大な採石場にある 小さな岩脈を見つけました この美しい石です 7代に渡って 使われずにとっておかれました もし 信じていただけるのなら 正にこのプロジェクトのためにです この石を見てください 美しいでしょう 光を当てたところも見てください 半透明になります

これが建物の骨組みです 光を中に通します 真上から見ると 9つの翼が繋がり 構造的に強いだけではなく 象徴としての強さも表しています 融合の偉大な象徴です 純粋な幾何学 完全な円です 垂直にも水平にも30メートルで 完全に対称をなしています 神聖と幾何の概念と同じです 建物が出来上がる様子をご覧ください 2千ヶ所の鉄鋼の接合部と 9千枚の鉄板と 7千8百枚の石材と 1万枚の硬化ガラスは それぞれ形が異なり 航空宇宙工学の技術を使って この超構造物の 全ての図面が引かれ 設計され 組み立てられました ロボットによる 全機械化ラインで加工された ユニット部品の組み付けは 文字通り何百人ものメンバーの チーム作業です 2006年に立てた3千万ドルの予算の 3パーセントの誤差に収まりました

(拍手)

9つの翼が繋がって 九芒星を形作っています 太陽が動くにつれて その星は空間を動きます

これが完成した建物です

(観客)わぁ!

(拍手)

次の美しい引用に対して 相応しい答になっているといいのですが 「祈りは応えられた」 全ての向きに開かれていて 夜明けの青い光や 昼間のテントの中にいるような白い光 午後の金色に輝く光 そしてもちろん 夜にはその反対になります 感覚に訴えかけます 全ての神秘的な方法で光を捉えます

立地ですが 面白いことに 応募をした14年前には 候補地はアンデス山脈を 背景にしていたのですが アンデス山脈に 土地が見つかりませんでした しかし9年後 初めの計画通り 寺院が建つことになったのです 寺院の輪郭は真に純粋な自然と対峙しています そして振り返ると 正に市街を眼下に見渡すことができます 内側からは 全ての向きを見ることができ 放射状に庭が伸び それぞれの入り口からは 放射状に参道が伸びています

去年の10月に オープニングセレモニーが 行われました 美しく 神聖な式で 5千人もの人が 80ヶ国から集まり 訪れた人は川の流れのように 絶え間なく続きました 南アメリカの各地から 先住民族の人々が訪れました その中には 今まで村を離れたことがない人たちもいました もちろん この寺院は人々のものです 人々とは 様々な文化や階層 信仰を持つ人たちの 集まりです そして 私にとって一番大事なのは 中にいる時にどのように感じるかです 親しみが持て 神聖な印象を受け だれもが受け入れられていると感じること 訪れた人の中で たとえ数人でも あの警備員と同じように ふるまってくれる人がいるなら この寺院が真の意味で 彼らのものとなるでしょう そうなって欲しいと願っています

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画