TED日本語 - ジャスティン・デイビッドソン: なぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジャスティン・デイビッドソン: なぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか

TED Talks

なぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか
Why glass towers are bad for city life -- and what we need instead
ジャスティン・デイビッドソン
Justin Davidson

内容

建築評論家のジャスティン・デイビッドソンは、今、私たちの都市で奇妙な変化が起こりつつあると言います。テキサス州のヒューストンから、中国の広州まで、コンクリートと鉄ででき全面をガラスで覆われた輝く高層ビルが、侵入生物種のように急激に広まっているのです。皆さんが住んでいる都市のあり方を再考してみましょう。デイビッドソンは、建物の外観がいかに都市生活を形づくるか、そして、使える素材がたくさんあるのにそれを生かすのをやめた時、私たちが何を失うのか説明します。

Script

Imagine that when you walked in here this evening, you discovered that everybody in the room looked almost exactly the same: ageless, raceless, generically good-looking. That person sitting right next to you might have the most idiosyncratic inner life, but you don't have a clue because we're all wearing the same blank expression all the time. That is the kind of creepy transformation that is taking over cities, only it applies to buildings, not people.

Cities are full of roughness and shadow, texture and color. You can still find architectural surfaces of great individuality and character in apartment buildings in Riga and Yemen, social housing in Vienna, Hopi villages in Arizona, brownstones in New York, wooden houses in San Francisco. These aren't palaces or cathedrals. These are just ordinary residences expressing the ordinary splendor of cities. And the reason they're like that is that the need for shelter is so bound up with the human desire for beauty. Their rough surfaces give us a touchable city. Right? Streets that you can read by running your fingers over brick and stone.

But that's getting harder to do, because cities are becoming smooth. New downtowns sprout towers that are almost always made of concrete and steel and covered in glass. You can look at skylines all over the world -- Houston, Guangzhou, Frankfurt -- and you see the same army of high-gloss robots marching over the horizon. Now, just think of everything we lose when architects stop using the full range of available materials. When we reject granite and limestone and sandstone and wood and copper and terra-cotta and brick and wattle and plaster, we simplify architecture and we impoverish cities. It's as if you reduced all of the world's cuisines down to airline food.

(Laughter)

Chicken or pasta?

But worse still, assemblies of glass towers like this one in Moscow suggest a disdain for the civic and communal aspects of urban living. Right? Buildings like these are intended to enrich their owners and tenants, but not necessarily the lives of the rest of us, those of us who navigate the spaces between the buildings. And we expect to do so for free. Shiny towers are an invasive species and they are choking our cities and killing off public space. We tend to think of a facade as being like makeup, a decorative layer applied at the end to a building that's effectively complete. But just because a facade is superficial doesn't mean it's not also deep.

Let me give you an example of how a city's surfaces affect the way we live in it. When I visited Salamanca in Spain, I gravitated to the Plaza Mayor at all hours of the day. Early in the morning, sunlight rakes the facades, sharpening shadows, and at night, lamplight segments the buildings into hundreds of distinct areas, balconies and windows and arcades, each one a separate pocket of visual activity. That detail and depth, that glamour gives the plaza a theatrical quality. It becomes a stage where the generations can meet. You have teenagers sprawling on the pavers, seniors monopolizing the benches, and real life starts to look like an opera set. The curtain goes up on Salamanca. So just because I'm talking about the exteriors of buildings, not form, not function, not structure, even so those surfaces give texture to our lives, because buildings create the spaces around them, and those spaces can draw people in or push them away. And the difference often has to do with the quality of those exteriors.

So one contemporary equivalent of the Plaza Mayor in Salamanca is the Place de la Defense in Paris, a windswept, glass-walled open space that office workers hurry through on the way from the metro to their cubicles but otherwise spend as little time in as possible. In the early 1980s, the architect Philip Johnson tried to recreate a gracious European plaza in Pittsburgh. This is PPG Place, a half acre of open space encircled by commercial buildings made of mirrored glass. And he ornamented those buildings with metal trim and bays and Gothic turrets which really pop on the skyline. But at ground level, the plaza feels like a black glass cage. I mean, sure, in summertime kids are running back and forth through the fountain and there's ice-skating in the winter, but it lacks the informality of a leisurely hangout. It's just not the sort of place you really want to just hang out and chat.

Public spaces thrive or fail for many different reasons. Architecture is only one, but it's an important one. Some recent plazas like Federation Square in Melbourne or Superkilen in Copenhagen succeed because they combine old and new, rough and smooth, neutral and bright colors, and because they don't rely excessively on glass.

Now, I'm not against glass. It's an ancient and versatile material. It's easy to manufacture and transport and install and replace and clean. It comes in everything from enormous, ultraclear sheets to translucent bricks. New coatings make it change mood in the shifting light. In expensive cities like New York, it has the magical power of being able to multiply real estate values by allowing views, which is really the only commodity that developers have to offer to justify those surreal prices.

In the middle of the 19th century, with the construction of the Crystal Palace in London, glass leapt to the top of the list of quintessentially modern substances. By the mid-20th century, it had come to dominate the downtowns of some American cities, largely through some really spectacular office buildings like Lever House in midtown Manhattan, designed by Skidmore, Owings and Merrill. Eventually, the technology advanced to the point where architects could design structures so transparent they practically disappear. And along the way, glass became the default material of the high-rise city, and there's a very powerful reason for that. Because as the world's populations converge on cities, the least fortunate pack into jerry-built shantytowns. But hundreds of millions of people need apartments and places to work in ever-larger buildings, so it makes economic sense to put up towers and wrap them in cheap and practical curtain walls.

But glass has a limited ability to be expressive. This is a section of wall framing a plaza in the pre-Hispanic city of Mitla, in southern Mexico. Those 2, 000-year-old carvings make it clear that this was a place of high ritual significance. Today we look at those and we can see a historical and textural continuity between those carvings, the mountains all around and that church which is built on top of the ruins using stone plundered from the site. In nearby Oaxaca, even ordinary plaster buildings become canvasses for bright colors, political murals and sophisticated graphic arts. It's an intricate, communicative language that an epidemic of glass would simply wipe out.

The good news is that architects and developers have begun to rediscover the joys of texture without backing away from modernity. Some find innovative uses for old materials like brick and terra-cotta. Others invent new products like the molded panels that Snohetta used to give the San Francisco Museum of Modern Art that crinkly, sculptural quality. The architect Stefano Boeri even created living facades. This is his Vertical Forest, a pair of apartment towers in Milan, whose most visible feature is greenery. And Boeri is designing a version of this for Nanjing in China. And imagine if green facades were as ubiquitous as glass ones how much cleaner the air in Chinese cities would become.

But the truth is that these are mostly one-offs, boutique projects, not easily reproduced at a global scale. And that is the point. When you use materials that have a local significance, you prevent cities from all looking the same. Copper has a long history in New York -- the Statue of Liberty, the crown of the Woolworth Building -- but it fell out of fashion for a long time until SHoP Architects used it to cover the American Copper Building, a pair of twisting towers on the East River. It's not even finished and you can see the way sunset lights up that metallic facade, which will weather to green as it ages.

Buildings can be like people. Their faces broadcast their experience. And that's an important point, because when glass ages, you just replace it, and the building looks pretty much the same way it did before until eventually it's demolished. Almost all other materials have the ability to absorb infusions of history and memory, and project it into the present. The firm Ennead clad the Utah Natural History Museum in Salt Lake City in copper and zinc, ores that have been mined in the area for 150 years and that also camouflage the building against the ochre hills so that you have a natural history museum that reflects the region's natural history. And when the Chinese Pritzker Prize winner Wang Shu was building a history museum in Ningbo, he didn't just create a wrapper for the past, he built memory right into the walls by using brick and stones and shingles salvaged from villages that had been demolished.

Now, architects can use glass in equally lyrical and inventive ways. Here in New York,two buildings,one by Jean Nouvel and this one by Frank Gehry face off across West 19th Street, and the play of reflections that they toss back and forth is like a symphony in light. But when a city defaults to glass as it grows, it becomes a hall of mirrors, disquieting and cold. After all, cities are places of concentrated variety where the world's cultures and languages and lifestyles come together and mingle. So rather than encase all that variety and diversity in buildings of crushing sameness, we should have an architecture that honors the full range of the urban experience.

Thank you.

(Applause)

今晩 この会場に来てみたら まわりの人が皆 ほぼ同じ姿かたちをしていた ― そんな光景を想像してみてください 年齢や人種を感じさせない人たちで 概ね 良い顔立ちをしています 隣に座っている人は とても変わった内面の 持ち主かもしれませんが 見当もつきません 皆 終始 型を押したように 無表情なのですから これが 今 都市で起こりつつある 気味の悪い変化です ただ それが人ではなく 建物というだけです

都市というものは 凹凸や陰影、質感、色で あふれているものです 際立った個性や特徴の建築物の外観を まだ目にできる場所もあります リガのアパート イエメンのアパート ウィーンの公共住宅 アリゾナ州のホピ族の村 ニューヨークのブラウンストーン サンフランシスコの木造住宅などです これらは宮殿や教会ではなく ただ普通の住宅ですが 都市に当たり前にある素晴らしさを 体現しています なぜそうなるかと言えば 住まいへの欲求は 美を求める人間の欲望と 深く結びついているからです 外面のデコボコのお陰で 私たちは都市に触れることができます 例えば ブロックや石にそって 指を走らせることで 街を感じられるでしょう

でも それが難しくなってきています 都市が のっぺりとしてきているのです 新しいダウンタウンに急成長する高層ビルは たいてい どれも コンクリートと鉄でできていて ガラスで覆われています 世界各地の街中で 空を見上げてみてください ヒューストン 広州 フランクフルト ― どこの地平線にも ギラギラ輝く ロボットのような建物の一軍が 立ち並んでいるはずです さまざまな資材が使えるのに 建築家がそれを活用するのを止めたら 私たちは何を失うのか考えてみてください もし花崗岩や石灰岩、砂岩 木や銅、テラコッタやレンガや 編み枝、しっくいをなくしたら 建物は単調になり 都市は豊かさを失ってしまいます ちょうど世界中の料理を ざっくり まとめこんで 機内食にしてしまうようなものです

(笑)

チキンか パスタ どちら?

でも さらに悪いことに こちらのモスクワのように ガラスの高層ビルが集まると 都市生活の市民的、地域社会的な側面が 蔑ろにされることにもなります こうした建物は その所有者や入居者に資するように設計されたもので それ以外の私たち 建物の間を行き交う人たちの 生活までは 必ずしも考えられていないのです 誰もお金を払うわけではありませんから 輝く高層ビルは侵入種で 私たちの都市を窒息させ 公共スペースを殺しかけています 建物のファサード(外装)は いわばお化粧のようなもの つまり すでに完成した建物に さらに施された装飾と考えがちです でも ファサードが 表面的なものだからといって 深みがないわけではありません

例を挙げましょう 都市の外観が そこに住む人の生活に どう影響するかご紹介します スペインのサラマンカに訪問したとき 私は マヨール広場に惹きつけられました それも一日中です 早朝には ファサードに差し込む 太陽の光が くっきりとした影を落とし 夜になれば ランプの光が建物を何百もの さまざまな区画に分けます バルコニーや窓、アーケード 各々の箇所が 違った見え方をします その緻密で深遠なる美しさで 広場は 劇場のようになります 何世代もの人が集える ステージになるのです 敷石に寝そべる若者もいれば ベンチを占領するお年寄りもいて 実生活がまるで オペラの舞台セットのように見えます サラマンカで幕開きというわけです 今は 建物の外観に焦点を当てて お話ししているので 形式や機能、構造には 触れていませんが それでも こうした建物の外装は 私たちの生活に彩りを与えるのです 建物は そのまわりに 空間を創り出し その空間が人々を引き寄せたり 突き放したりするからです 多くの場合 建物の外観の質によって そこに違いが出てきます

サラマンカのメイヨール広場の 現代版の一つとして パリのラ・デファンス地区があります ガラスに囲まれた 吹きさらしの開放空間を 会社員たちが足早に 地下鉄の駅から職場へと 通り過ぎて行きますが それ以外で わざわざ そこで過ごす人はいません 1980年代初め 建築家のフィリップ・ジョンソンは ピッツバーグに 優雅なヨーロッパ風の 広場の再現を試みました こちらがPPGプレイスです 2千平方メートルの空間を 反射ガラスでできた商業ビルが 取り囲んでいます これらの建物は 金属の縁や仕切りで装飾が施され いくつものゴシック様式の小塔が 空によく映えます でも地上に立って見ると その広場はまるで 黒いガラスの檻のようです もちろん夏になれば 子どもたちが噴水を通り抜けて かけまわり 冬にはスケート場ができます しかし 人々がゆったり集うような 気楽さに欠けています とにかく ただそこに集い 語らいたいと思える場所ではないのです

公共空間の成否には さまざまな要因があります 建築は その一つにすぎません でも 重要な要因です 最近の広場で言えば メルボルンのフェデレーション・スクエア コペンハーゲンのスーパーキーレンが 成功していますが それは 古さと新しさ 荒々しさと滑らかさ 中間色と鮮やかな色を組み合わせ さらにガラスに 過度に依存していないからです

とはいえ ガラスに反対 というわけではありません ガラスは古くからある万能の素材で 製造や輸送が容易で 設置や取り換えもしやすく さらに清潔です どんな形にもなります 巨大で 透過性が非常に高い板から 半透明のブロックまで 新しいコーティングをすれば 光の加減によって 雰囲気も変えられます ニューヨークなどの物価の高い都市では ガラスには 魔法の力があり 眺望を生み出すことで 不動産価値を何倍にもできます 実際 べらぼうに高い値段を 正当化するために 不動産屋が使える唯一の武器です

19世紀の半ばに ロンドンで水晶宮が 建てられたのを受け ガラスは 典型的な近代的素材の トップに躍り出ました 20世紀半ばまでには ガラスが アメリカのいくつかの都市で 街中を席巻し始めます 大きな要因となったのが 目を見張るようなオフィスビルの誕生で SOM設計のマンハッタン区ミッドタウンの リーバ・ハウスなどがあります 技術が進歩した結果 建築家は 周りに溶け込んでしまうくらい 透明な構造を 設計できるまでになりました その過程で 高層ビルの集まる都市では ガラスを使うのが標準になりました それには 深い理由があります 世界の人口が 都市に集中するなか 恵まれない人たちは 安普請の低所得者向け地区に集まります でも 何億もの人が住むアパートや 働く場所をまかなう巨大なビルを 作ろうと思ったら 高層ビルを建てて 安価で実用的な カーテンウォールで覆うのが 理にかなっているのです

でも ガラスは 表現力に限界があります こちらは 広場を囲う壁の一部で メキシコ南部の 古代都市 ミトラにあります 2千年前の数々の彫刻を見れば 儀式で非常に重要な場所だったことが はっきり分かります 今 見ても 歴史的継続性と質感の連続性を 感じられるところがあります 彫刻やそれを取り囲む山々と 廃墟の頂上にたたずむ 遺跡から略奪された石で作られた教会との間に つながる連続性が見えます 近くのオアハカでは 普通のしっくいの建物でさえ キャンバスとなり 鮮やかな色や政治的な壁画 精緻なグラフィックアートで彩られています こうした精細で意思疎通のできる言語も ガラスが蔓延すれば 一掃されてしまいます

良いニュースもあります 建築家や開発者たちが 素材の質感を再び楽しみ始めたのです それも近代化から後退することなくです ブロックやテラコッタといった 古い素材について 革新的な使い方を 見つけた人たちもいますし また新しい物を作り出した人もいます 例えば スノヘッタ建築事務所が サンフランシスコ近代美術館に さざ波状の彫刻のような 風合いを出すのに使った 成型パネルがそうです 建築家のステファノ・ボエリは 生きたファサードまで作りました これがその作品 ミラノの一対の高層ビル 「ボスコ・ヴェルティカーレ(垂直の森)」です 緑が 最も目立つ特徴となっています ボエリは 中国南京にも 同じようなものを設計しています 緑のファサードがガラスのビルと同じように 広まったとしたら 中国の都市の空気が どれだけ きれいになることでしょう

でも実際は こうしたものは ほぼ1回限りの 小規模な専門型のプロジェクトで 簡単に世界規模で 複製できるものではありません でも そこが大事なのです 地元色のある素材を使えば どの都市も同じに見えることはなくなります ニューヨークと銅との関わりは古く 自由の女神 ウールワースビルの先端に銅が使われ その後 長いこと廃れていましたが SHoPアーキテクツ社が イースト川沿いの アメリカン・コッパー・ビルという ねじれた形の 一対の高層ビルを 銅で覆いました まだ完成していませんが それでも 夕日が照らす 金属質のファサードはこんな様子で これから年とともに 青みを帯びていくでしょう

建物は 人のようなものです 「顔」に それまでの経験が表れます そこが重要なところでもあります なぜなら ガラスは古くなっても 取り換えればすむので ビルは ずっと ほぼ変わらない外観となり 破壊されるまでそのままです ガラス以外であれば ほぼ どの素材でも 歴史や過去の記憶を受け止め それを現在へと投影することができます 設計事務所 Ennead(エネッド)は ソルトレイクシティのユタ自然史博物館を 銅と亜鉛で覆いました 使われた金属は その地域で150年前に 採掘されたものであり 建物を黄土色の丘に溶け込ませ カモフラージュする形になっています そうすることで 地域の自然史を反映した ― 自然史博物館としたのです 中国人でプリツカー賞受賞者の ワン・シュウは 寧波に歴史博物館を建設した時 彼は ただ過去を包み込むものを 創り出しただけでなく 記憶を壁に埋め込んだのです 廃村となった村々から 回収してきたブロックや石 屋根板を使ったのです

さて 建築家は ガラスも同じように 詩的で独創的な形で 使うことができます ここニューヨークにある2つのビル ジャン・ヌーヴェルのビルと フランク・ゲーリーのビルは 西19番街をはさんで対峙していますが 2つのビルが打ち返し合う光の動きは まるで光の交響曲のようです でも 都市が成長するにつれて ガラスが標準になると 鏡の間になってしまい 人を不安にさせ 冷たい印象も与えます 結局のところ 都市は 多様性が凝縮された場所であり そこで 世界中の文化や 言語 生活習慣が 集結し混じり合うのです その変化に富んだ多様性をすべて ひどく単調なビル群に 閉じ込めてしまうよりも 幅広い都市経験を讃えるような建築が 必要なのではないでしょうか

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画