TED日本語 - 手塚貴晴: 他に例を見ない最高の幼稚園

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - 手塚貴晴: 他に例を見ない最高の幼稚園

TED Talks

他に例を見ない最高の幼稚園
The best kindergarten you've ever seen
手塚貴晴
Takaharu Tezuka

内容

東京にあるこの幼稚園では、5才の子供たちが交通渋滞を引き起こしたり、サンタクロースのための窓があったり・・・。建築家の手塚貴晴氏が設計した、世界で最も素晴らしい幼稚園です。この魅力的なトークで、彼が皆さんを案内するのは、子供が子供らしくなれる設計です。

Script

This is a kindergarten we designed in 2007. We made this kindergarten to be a circle. It's a kind of endless circulation on top of the roof. If you are a parent, you know that kids love to keep making circles. This is how the rooftop looks.

And why did we design this? The principal of this kindergarten said, "No, I don't want a handrail." I said, "It's impossible." But he insisted: "How about having a net sticking out from the edge of the roof? So that it can catch the children falling off?" (Laughter) I said, "It's impossible."

And of course, the government official said, "Of course you have to have a handrail." But we could keep that idea around the trees. There are three trees popping through. And we were allowed to call this rope as a handrail. But of course, rope has nothing to do with them. They fall into the net. And you get more, and more, more. (Laughter) Sometimes 40 children are around a tree. The boy on the branch, he loves the tree so he is eating the tree. (Laughter)

And at the time of an event, they sit on the edge. It looks so nice from underneath. Monkeys in the zoo. (Laughter) Feeding time. (Laughter) (Applause)

And we made the roof as low as possible, because we wanted to see children on top of the roof, not only underneath the roof. And if the roof is too high, you see only the ceiling.

And the leg washing place -- there are many kinds of water taps. You see with the flexible tubes, you want to spray water to your friends, and the shower, and the one in front is quite normal. But if you look at this, the boy is not washing his boots, he's putting water into his boots. (Laughter)

This kindergarten is completely open, most of the year. And there is no boundary between inside and outside. So it means basically this architecture is a roof. And also there is no boundary between classrooms. So there is no acoustic barrier at all. When you put many children in a quiet box, some of them get really nervous. But in this kindergarten, there is no reason they get nervous. Because there is no boundary.

And the principal says if the boy in the corner doesn't want to stay in the room, we let him go. He will come back eventually, because it's a circle, it comes back. (Laughter)

But the point is, in that kind of occasion, usually children try to hide somewhere. But here, just they leave and come back. It's a natural process.

And secondly, we consider noise very important. You know that children sleep better in noise. They don't sleep in a quiet space. And in this kindergarten, these children show amazing concentration in class. And you know, our kind grew up in the jungle with noise. They need noise. And you know, you can talk to your friends in a noisy bar. You are not supposed to be in silence.

And you know, these days we are trying to make everything under control. You know, it's completely open. And you should know that we can go skiing in -20 degrees in winter. In summer you go swimming. The sand is 50 degrees. And also, you should know that you are waterproof. You never melt in rain. So, children are supposed to be outside. So that is how we should treat them.

This is how they divide classrooms. They are supposed to help teachers. They don't. (Laughter) I didn't put him in. A classroom. And a washbasin. They talk to each other around the well. And there are always some trees in the classroom. A monkey trying to fish another monkey from above. (Laughter) Monkeys. (Laughter) And each classroom has at least one skylight. And this is where Santa Claus comes down at the time of Christmas.

This is the annex building, right next to that oval-shaped kindergarten. The building is only five meters tall with seven floors. And of course, the ceiling height is very low. So you have to consider safety. So, we put our children, a daughter and a son. They tried to go in. He hit his head. He's okay. His skull is quite strong. He is resilient. It's my son. (Laughter) And he is trying to see if it is safe to jump off. And then we put other children.

The traffic jam is awful in Tokyo, as you know. (Laughter) The driver in front, she needs to learn how to drive. Now these days, kids need a small dosage of danger. And in this kind of occasion, they learn to help each other. This is society. This is the kind of opportunity we are losing these days.

Now, this drawing is showing the movement of a boy between 9 : 10 and 9: 30. And the circumference of this building is 183 meters. So it's not exactly small at all. And this boy did 6,000 meters in the morning. But the surprise is yet to come. The children in this kindergarten do 4,000 meters on average. And these children have the highest athletic abilities among many kindergartens. The principal says, "I don't train them. We leave them on top of the roof. Just like sheep." (Laughter) They keep running. (Laughter)

My point is don't control them, don't protect them too much, and they need to tumble sometimes. They need to get some injury. And that makes them learn how to live in this world. I think architecture is capable of changing this world, and people's lives. And this is one of the attempts to change the lives of children.

Thank you very much.

(Applause)

こちらは私たちが 2007年に設計した幼稚園です 円形になるように幼稚園を作りました 屋根の上を 行き止まりのない形にしたのです 皆さんが親御さんなら 子供たちが ぐるぐると回りたがることは お分かりになりますよね 屋上はこんな風になっています

どうしてこんなデザインにしたのかって? 園長先生はこんなことを言いました 「手すりなんか やめましょう」 私は言いました「それは無理ですよ」 それでも彼は言い張ります 「軒先から網を突き出して 落ちてくる子供たちを 受け止めるっていうのは?」 (笑) 「それは無理ですよ」

もちろん 国の役人はこう言いました 「当然 手すりは設置して頂かなければ なりません」 でも 木の周りだけ そのアイデアを残せました 屋根を突き抜けて立つ 3本の木があるのです このロープを 手すり代わりとすることが許されました 子供たちにとって この手すりは全然関係ないのですね わざとネットに落っこちるのです 何人か落ちると もっと もっと落ちていきます (笑) 一本の木の周りに40人もの子供が いることもあります 枝には男の子がいますね 彼は木が大好きで 木を食べています (笑)

何かイベントがある時は みんな手すりの周りに座ります 下から見ると面白いですよ まるで動物園のお猿さんです (笑) 餌の時間ですね (笑)(拍手)

私たちは屋根をなるべく低く設置しました 下にいる子供たちだけではなく 屋上にいる子供たちも 見えるようにしたかったからです 屋根が高すぎると 天井しか見えませんからね

これは足洗い場 ― いろんな水栓があります ホースがありますね 友達に水をかけてみたり 水浴びをしたくなりますよね 前にいる子はまともに見えますが 良く見てみると この子は長靴を洗っているのではなく 靴の中に水を入れていますよ (笑)

この幼稚園はほぼ一年中 完全に開けっ放しになっていて 内と外の境目がありません つまりこの建築の基本的な部分は 屋根にあるのです 教室と教室の間の境目もありません だから音を遮るものが全く無いのです 沢山の子供たちを静かな 箱のような場所に閉じ込めると 落ち着きがなくなる子もいますからね でもこの幼稚園では ナーバスになる理由なんかありません だって境界が無いのですから

園長先生が言います 隅にいるあの男の子が 部屋にじっとしていられないときは 好きにさせます すると結局戻って来ちゃうんですね なにしろ円形ですから (笑)

要はこういう状況では 子供はどこかに 隠れたがるものですが ここでは ただ放っておけば 戻ってくるということです 自然なプロセスですね

2つ目に 雑音が入ってくることが とても大切だということです 子供たちは ざわざわしていると 良く寝れますよね 静かな場所では寝ないんです それに この幼稚園では 子供たちは授業で すばらしく集中できるんです 我々の祖先はざわざわとする ジャングルで育ってきましたよね そう 雑音が必要なんです 騒がしいバーでも 友人に話しかけますよね 静けさの中にいることが 前提になっていないんです

近頃では 何でもかんでも 管理下に置こうとしますが ここは完全に自由です 考えてもみてください 我々は冬にマイナス20度の中 スキーに行くことができます 砂の温度が50度にもなっている夏に 泳ぎにも行きます それに 人間は防水性です 雨の中でも溶けたりしません 子供たちは 外にいるべきなんです だから そのように彼らを 扱わなければなりません

教室はこんな風に分けられています 先生たちのお手伝いを することになっていますが 手伝ったりしません (笑) 私が押込めたんではないですよ 教室です 手洗い場です 皆で井戸端会議していますね 教室には 必ず木があります 上にいるお猿さんが 別のお猿さんを 釣り上げようとしています (笑) お猿さんたちです (笑) どの教室にも少なくとも1つは 天窓があります クリスマスになると ここから サンタクロースが降りてきます

これは別の建物で 楕円形の幼稚園のすぐ横にあります この建造物ではわずか5メートルの高さに 7つのフロアがあります もちろん 天井はとても低くなっています だから安全性を考慮しなければなりません そこで自分たちの娘や息子に 入ってもらいました 彼は頭をぶつけました でも大丈夫 彼の頭はとても丈夫にできています 立ち直りが早いんです 僕の息子ですから (笑) 飛び降りても大丈夫か のぞいています それから他の子供たちにも入ってもらいました

東京では交通渋滞は ひどいもんです (笑) 前の運転手 この女の子は 運転の仕方を覚える必要があるようです この頃では 子供たちはちょっとした 危険を経験しなければなりません こういった場所では 互いに助け合うことを学びます それが共同社会 そんな機会が今日では失われています

この図はある男の子の 9:10から9:30までの動きを示したものです この建物の周囲の長さは183mあるので 決して小さくありません この子は朝に 6千m走ったことになります まだ驚くべきことがあります この幼稚園での平均は4千mで この幼稚園の子供たちは 数ある幼稚園の中でも もっとも運動能力があるということです 園長先生は言います 「別に訓練している訳じゃあないですよ 屋上で好きにさせているだけです まるで羊のようにね」 (笑) 彼らは走り続けます (笑)

大切なのは 子供たちを管理しないこと 過保護にしないこと そして 時には転ぶことだって 必要だということです 怪我することも時には必要です そこから世の中で生きていく 術を学んでいくのです 私は 建築にはこの世と人々の生活を 変える力があると思っています そして これは子供たちの生活を 変えていく試みの一つなのです

どうも有難うございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画