TED日本語 - エローラ・ハーディー: 魅惑のバンブーハウス ― 竹の建築

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エローラ・ハーディー: 魅惑のバンブーハウス ― 竹の建築

TED Talks

魅惑のバンブーハウス ― 竹の建築
Magical houses, made of bamboo
エローラ・ハーディー
Elora Hardy

内容

こんな建物を見たことがあるでしょうか ― エローラ・ハーディーのチームが建てた素晴らしい竹の家々です。どこから見ても、バリの風を感じさせ、曲線や驚きであふれています。竹の不思議さに魅了された彼らは、過去の習わしに挑戦をします。一つとして同じ竹はありません。ですから、すべての家や橋、バスルームに至るまで見事にユニークです。この美しく、夢中にさせる講演で、エローラは、持続的な資源であると共に創造の可能性を秘めた竹について語ります。「自らルールを作り出さないといけなかった」と彼女は言います。

Script

When I was nine years old, my mom asked me what I would want my house to look like, and I drew this fairy mushroom. And then she actually built it. (Laughter)

I don't think I realized this was so unusual at the time, and maybe I still haven't, because I'm still designing houses. This is a six-story bespoke home on the island of Bali. It's built almost entirely from bamboo. The living room overlooks the valley from the fourth floor. You enter the house by a bridge. It can get hot in the tropics, so we make big curving roofs to catch the breezes. But some rooms have tall windows to keep the air conditioning in and the bugs out. This room we left open. We made an air-conditioned, tented bed. And one client wanted a TV room in the corner of her living room. Boxing off an area with tall walls just didn't feel right, so instead, we made this giant woven pod.

Now, we do have all the necessary luxuries, like bathrooms. This one is a basket in the corner of the living room, and I've got tell you, some people actually hesitate to use it. We have not quite figured out our acoustic insulation. (Laughter) So there are lots of things that we're still working on, but one thing I have learned is that bamboo will treat you well if you use it right.

It's actually a wild grass. It grows on otherwise unproductive land -- deep ravines, mountainsides. It lives off of rainwater, spring water, sunlight, and of the 1,450 species of bamboo that grow across the world, we use just seven of them.

That's my dad. He's the one who got me building with bamboo, and he is standing in a clump of Dendrocalamus asper niger that he planted just seven years ago. Each year, it sends up a new generation of shoots. That shoot, we watched it grow a meter in three days just last week, so we're talking about sustainable timber in three years.

Now, we harvest from hundreds of family-owned clumps. Betung, as we call it, it's really long, up to 18 meters of usable length. Try getting that truck down the mountain. And it's strong: it has the tensile strength of steel, the compressive strength of concrete. Slam four tons straight down on a pole, and it can take it. Because it's hollow, it's lightweight, light enough to be lifted by just a few men, or, apparently,one woman.

(Laughter) (Applause)

And when my father built Green School in Bali, he chose bamboo for all of the buildings on campus, because he saw it as a promise. It's a promise to the kids. It's one sustainable material that they will not run out of. And when I first saw these structures under construction about six years ago, I just thought, this makes perfect sense. It is growing all around us. It's strong. It's elegant. It's earthquake-resistant. Why hasn't this happened sooner, and what can we do with it next?

So along with some of the original builders of Green School, I founded Ibuku. Ibu means "mother," and ku means "mine," so it represents my Mother Earth, and at Ibuku, we are a team of artisans, architects and designers, and what we're doing together is creating a new way of building. Over the past five years together, we have built over 50 unique structures, most of them in Bali. Nine of them are at Green Village -- you've just seen inside some of these homes -- and we fill them with bespoke furniture, we surround them with veggie gardens, we would love to invite you all to come visit someday. And while you're there, you can also see Green School -- we keep building classrooms there each year -- as well as an updated fairy mushroom house.

We're also working on a little house for export. This is a traditional Sumbanese home that we replicated, right down to the details and textiles. A restaurant with an open-air kitchen. It looks a lot like a kitchen, right? And a bridge that spans 22 meters across a river.

Now, what we're doing, it's not entirely new. From little huts to elaborate bridges like this one in Java, bamboo has been in use across the tropical regions of the world for literally tens of thousands of years. There are islands and even continents that were first reached by bamboo rafts. But until recently, it was almost impossible to reliably protect bamboo from insects, and so, just about everything that was ever built out of bamboo is gone. Unprotected bamboo weathers. Untreated bamboo gets eaten to dust. And so that's why most people, especially in Asia, think that you couldn't be poor enough or rural enough to actually want to live in a bamboo house.

And so we thought, what will it take to change their minds, to convince people that bamboo is worth building with, much less worth aspiring to?

First, we needed safe treatment solutions. Borax is a natural salt. It turns bamboo into a viable building material. Treat it properly, design it carefully, and a bamboo structure can last a lifetime.

Second, build something extraordinary out of it. Inspire people. Fortunately, Balinese culture fosters craftsmanship. It values the artisan. So combine those with the adventurous outliers from new generations of locally trained architects and designers and engineers, and always remember that you are designing for curving, tapering, hollow poles. No two poles alike, no straight lines, no two-by-fours here. The tried-and-true, well-crafted formulas and vocabulary of architecture do not apply here. We have had to invent our own rules. We ask the bamboo what it's good at, what it wants to become, and what it says is: respect it, design for its strengths, protect it from water, and to make the most of its curves.

So we design in real 3D, making scale structural models out of the same material that we'll later use to build the house. And bamboo model-making, it's an art, as well as some hardcore engineering.

So that's the blueprint of the house.

(Laughter)

And we bring it to site, and with tiny rulers, we measure each pole, and consider each curve, and we choose a piece of bamboo from the pile to replicate that house on site.

When it comes down to the details, we consider everything. Why are doors so often rectangular? Why not round? How could you make a door better? Well, its hinges battle with gravity, and gravity will always win in the end, so why not have it pivot on the center where it can stay balanced? And while you're at it, why not doors shaped like teardrops?

To reap the selective benefits and work within the constraints of this material, we have really had to push ourselves, and within that constraint, we have found space for something new. It's a challenge: how do you make a ceiling if you don't have any flat boards to work with? Let me tell you, sometimes I dream of sheet rock and plywood. (Laughter) But if what you've got is skilled craftsmen and itsy bitsy little splits, weave that ceiling together, stretch a canvas over it, lacquer it. How do you design durable kitchen countertops that do justice to this curving structure you've just built? Slice up a boulder like a loaf of bread, hand-carve each to fit the other, leave the crusts on, and what we're doing, it is almost entirely handmade. The structural connections of our buildings are reinforced by steel joints, but we use a lot of hand-whittled bamboo pins. There are thousands of pins in each floor. This floor is made of glossy and durable bamboo skin. You can feel the texture under bare feet.

And the floor that you walk on, can it affect the way that you walk? Can it change the footprint that you'll ultimately leave on the world? I remember being nine years old and feeling wonder, and possibility, and a little bit of idealism. And we've got a really long way to go, there's a lot left to learn, but one thing I know is that with creativity and commitment, you can create beauty and comfort and safety and even luxury out of a material that will grow back.

Thank you.

(Applause)

9歳のとき 母に「どんなお家がほしい」と聞かれ 私は このキノコの家を描きました すると 母はその通りに 建ててくれました (笑)

当時 それが特別なこととは 思いもせず きっと今もそうでしょう 私は家の設計を ずっとしていますから こちらは 特注の6階建の家で バリ島にあります ほぼ全てが 竹でできています 4階のリビングからは 谷間が一望でき 橋を渡って 家に入ります 熱帯の暑さを しのぐため 大きくカーブした屋根にし 風を取り入れています 背の高い窓を設け 自然の空調をきかせつつ 虫が入らないようにした 部屋もあります こちらは 開放的な部屋に 空気の流れる 天幕型の ベッドを用意しました リビングの角にテレビ部屋がほしい というクライアント 高い壁で囲うのは しっくり来なかったので このように 巨大な繭(まゆ)型の 部屋を作りました

必要な贅沢品もあります 例えば お手洗い こちらは リビングの隅にある かご型のお手洗いです 言っておきますと 使うのに抵抗があるかもしれません 防音が まだ十分ではないんです (笑) まだ色々と 試行錯誤中ではありますが 一つ 私が学んだのは うまく使えば 竹はそれに応えてくれることです

竹は 野生のイネ科の植物です 深い峡谷や山腹など 耕作に向かない土地でも育ちます 雨水 わき水 日光があれば育つのです 世界には1,450種の竹があり 私たちが使うのは そのうち7種類です

こちらは父です 父の影響で 私は竹の建築を始めました 父は 竹の群生のなかにいますが 7年前に植えた デンドロカラムスという巨大竹です 毎年 新しい芽を出します 先週 その若竹が3日間で1メートル 成長したのを目の当たりにしたところです 竹は 3年で建築資材となる 持続可能性を備えた材料なのです

私たちは 家族で保有する 数百の群生から竹を採っています 「べトン」と呼ぶ こちらの竹はとても長く 最長18mの建築材となります トラックで竹を麓まで 運ぼうとしているところです 竹は とても強く 鉄のように しなり コンクリートのような 圧縮力があります 竹の棹(さお)は 1本で4トンの重さに 耐えられるほどです 中が空洞で 非常に軽く 男性数人で持ち上げられるほどです もちろん女性一人でも大丈夫

(笑)(拍手)

父がバリ島に グリーン・スクールを建てたとき キャンパス内の建物は すべて竹で作りました 父なりの「約束」だったのです 子どもたちへの「約束」です 持続可能な材料で なくなることのない 竹に思いをこめたのです 6年前に建築中の建物を 初めて見たとき まさに理にかなったものだ と思いました 竹はそこら中に生えています 強くてエレガントでもあります 地震にも耐性があります なぜもっと早くしなかったのか ― 次は何ができるだろうと考え

グリーン・スクール建設に 初期から関わったメンバー数名と 「IBUKU(イブク)」を設立しました IBUは「母」 KUは「私の」という意味で 「母なる大地」を表わしています 私たち IBUKUは 職人、建築家、デザイナーのチームで 新しい建築のあり方を 創造しています この5年あまり 共に活動を続け 50以上のユニークな建物を誕生させました ほとんどがバリ島にあります うち9つの建物は グリーン・ビレッジにあり ― さきほど ご紹介した建物は ここにあります ― オーダーメイドの家具を入れ まわりには菜園を設けました 皆さんにも いつか ぜひお越しいただきたいです 滞在中にグリーン・スクールも ご覧になれます スクールでは 毎年 新しい教室を作っています 最新版のキノコの家も お楽しみいただけます

輸出用の小さな家作りにも 取り組んでいます こちらは スンバ島の伝統的な家を 再現したもので 布地などの 細部に至るまで同じです オープンエアのキッチンがある レストランです まさにキッチンという感じでしょう こちらの川にかかった橋は 22mの長さがあります

私たちの取組みは そんなに新しいことではありません 小屋から 複雑な橋 ― このジャワ島の橋のようなものまで 竹は 世界中の熱帯で ずっと使われてきました 文字どおり 何万年もの間です 竹のいかだで初めて漂着した島や 大陸まであります でも 最近までは 虫害から確実に竹を守ることは ほぼ不可能であったため 竹で作られたものは全て ダメになってしまいました 竹は 保護しなければ 色あせますし 処理を怠れば ほこりに やられてしまいます ですから 特にアジアでは 竹の家に住むのは よほど貧しいか 田舎者だけ と考える人がほとんどなのです

そこで 考えたのが どうやって彼らの認識を変え たとえ最高の素材ではないにせよ 竹が建築に適している と納得させるかです

まず 必要だったのは 安全な処理方法です ホウ砂は自然の塩で 竹に 建築材料としての 耐久性を与えてくれます 正しく扱い 注意深く設計をすることで 竹の建築は 一生ものになります

つぎに 傑出したものを 作り出すこと 人々の心を動かすのです 幸いにも バリでは職人技術を 育む文化があり 職人が尊重されています これらに加えるのが 冒険的なスパイス 地元で生まれた 新進気鋭の建築家 デザイナー エンジニアです 設計のとき 常に肝に銘じておくべきは 曲がり 先細で空洞の筒を 扱うということです 竹は どれ一つとして同じものはなく 直線もありません ツーバイフォーの木材 ではないのです 建築界で実証された 精巧な方式や用語などは ここでは通用しません 自らルールも作り出さないと いけませんでした 何が得意で どうなりたいのか 竹の声に耳を傾け 導かれた答えが 竹を尊重し その強みに合わせて設計し 水から守り 曲線を生かす ということでした

リアル3Dで設計し 構造模型を作るのにも 実際の建築で使う素材を 使います 竹の設計模型は それ自体が芸術で 本格的なエンジニアリングでもあります

これが家の青写真です

(笑)

これを現場に持ち込み 小さな巻尺で竹の棹を 一本一本 計測し 曲がり具合を見て その場で たくさんの竹から 模型を再現するのに ふさわしい竹を選び出しました

細部に至っては あらゆることを考慮します なぜドアは 長方形が多いのか なぜ丸ではないのか どうすれば ドアを良くできるか 蝶番(ちょうつがい)と重力とでは 重力が勝つに 決まっていますから 最初から バランスが取れるよう 中央に回転軸を 置いたらどうか それなら ドアを 涙型にしたらどうか

この素材にある 制約のなかで 選り抜きの恩恵を 享受すべく 私たちは自らを 限界まで押しやり その制約のなかで 新しい工夫の余地を見つけました まさにチャレンジです まっすぐな板もないのに どうやって 天井を作るというんでしょう 正直なところ 時には 石膏ボードや合板がほしいと思います (笑) でも もし熟練した職人と ちょっと割竹があれば 一緒に天井を編んで そこにキャンバスを広げて 漆を塗れます こんな風に 曲線でできた建物に合い 頑丈なキッチン・カウンターを どう設計しますか 食パンみたいに 岩をスライスし ピッタリ合うよう 手で削り 固くなった表面は そのまま残しておきます つまり ほぼ全てが 手作りなんです 私たちの建物の構造は 鋼製の継ぎ手で強化できますが 手製の竹の留め具を大量に使います 一つの階に 何千もの留め具が使われています こちらの床はつやつやして 丈夫な竹の皮でできています 素足で その質感を 感じられます

どんな床を歩くかで 歩き方も 変わるのでは ないでしょうか この世界に残す足跡までをも 変えるかもしれません 9歳の私は 感嘆の気持ちと 可能性 ちょっとした理想主義を 感じていました これからの道のりは まだまだ長く 学ぶことは たくさんあります でも 確実なのは 創造力と強い思いがあれば 美しさや快適さ、安全性 贅沢ささえ創り出せることです 必ず応えてくれる素材が ここに あるのですから

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画