TED日本語 - ラリー・ペイジ: グーグルが向かう未来

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TED2014のステージで、チャーリー・ローズがグーグルのCEOラリー・ペイジに、グーグルの遠大なビジョンについてインタビューします。空中を走る自転車道や気球で繋ぐインターネット…話はさらに興味深く展開し、最近獲得したディープマインド社の話では驚くような事を学ぶ人工知能について紹介します。

Script

(チャーリー・ローズ)ラリーからメールが来て 彼はこう言ったんです 私達がただの退屈な 中年男の二人組には 見えないように 気をつけましょうねと 私は「そう言ってもらえて光栄です」 と答えました (笑い) なにしろ私のほうが 幾分老けているし 彼のほうが少しばかり 金持ちですからね

(ラリー・ペイジ)それほどでも

(ローズ)それで これから インターネットと グーグルの話をして それから 検索技術とプライバシーの話を したいと思います そして これまで どう点と点を ― つなげてきたのか という意味での哲学や あなたの始めた旅路に どのようにして こんな興味深い展望が 開けるようになったのか ということも 主に未来についてお話して行きましょう 最初の質問ですが ― グーグルは今どこにいて どこへ向かっているのでしょう? (ペイジ)それは我々もよく考えます かなり昔に私達が定めたミッションは 世界の情報を整理し 誰でも使えて 便利にするというものでしたが 良く聞かれます 今やっていることも そうなのかと 私もよくそれを自問しますが 自分でも分かりません ただ実際 検索という事を考える時 それは私達皆にとって とても深い意味を持っています 自分が何を求めているのかを理解して 世界の情報を理解する ― 私達はそのほんの出発地点にいる 本当にクレイジーなことです 我々は検索に15年 取り組んで来ましたが 全く完成に近づいてもいないんです

(ローズ)それが完成した暁には どんな風になるんですか?

(ペイジ)そうですね 私達がどこへ向かっているのかを 考えると ― 何故完成していないんでしょう? 理由の大部分は コンピューターがダメだからです コンピューターは ユーザーがどこにいるかも 何をしているかも 何を知っているかも 分かっていません 私達が最近やってきたのは デバイスを使い物になるようにする ユーザーのコンテクストを 理解させるということです 「グーグルナウ」は ユーザーの現在地を知っていて ユーザーが必要とするだろうものを 把握しています でも 本当にコンピューターが機能し ユーザーを理解し 情報を理解する というところまでは まだ行っていません まだまだ洗練されていないんです

(ローズ)今のグーグルが 取り組んでいることの中で 「ディープマインド」は どこに当てはまるんですか?

(ペイジ)ええ ディープマインドは 最近我々が買収した会社で イギリスにあるんですが まず経緯をお話しすると 検索について考えていて それは世界を理解しようと ― 周りの全てを理解しようとする行為で コンピューターをより洗練させ ユーザーを本当に理解させる ということです 例えば声による検索は重要ですが 今の音声認識技術はどうでしょう? あまり良くありませんよね ユーザーをちゃんと 理解してくれません それで私達は それを改善すべく 機械学習を研究し始めました それは大変役立ちました それからYouTubeのようなものに 目を向けました YouTubeを理解できるだろうか? それでYouTubeを コンピューターに学習させてみました するとコンピューターが 自分で “猫” というものを 発見したんです これは重要なことです これには重大な意味があると 気付きました 私達が猫というものを 発見し学べる ― ということは非常に重要です ディープマインドの 本当に驚くべきところは 教えられずに自ら 学び取れるということです ディープマインドは ビデオゲームから始めたんですが ビデオを見せましょうか ゲームをプレイしながら自動的に 遊び方を覚えてしまうんです

(ローズ)このビデオゲームを見て下さい コンピューターが凄い事を 出来るようになる様子がこちらです

(ペイジ)驚くべきことは これは古いゲームなんですが ディープマインドは 私たちが見るのと同じ ピクセルを見て ゲームを操作し スコアを上げて しかも同じ1つのプログラムが 自分で ― 様々なゲームを 覚えたんです それも人間を超えたレベルで プレイできるようになりました 我々は今までコンピューターで こんなことは出来ませんでした これ ちょっと説明しましょうか ボクシングをしています コンピューターは対戦相手を くぎ付けにする方法を 見つけ出します 左がコンピューターで スコアがどんどん 上がっています 想像してみてください このような知能が 自分のスケジュール管理や 必要な情報の提供といったところに 組み込まれるのを 私達がいるのは まだスタート地点です それが私の非常に 興奮していることです

(ローズ)ディープマインドが ボクシング等を やってのけた事を見ると 私達の向かう先には 人工知能があるようですね 我々は その道のりの どの辺りにいるのでしょう?

(ペイジ)そうですね これは久しくなかったような 非常にエキサイティングなことです この会社を立ち上げたデミスは 神経科学とコンピューター科学を 学んだ人で 脳科学の博士号を取るため 復学しています こうしたコンピューター科学と 神経科学の交わる部分で 面白い研究が多くなされています 知的なものを作り出し 面白いことをさせるには 何が必要なのか 理解するといった面で

(ローズ)今どういう段階で どれ位の早さで 前進しているんでしょうか

(ペイジ)これが今の最新の技術です YouTubeで猫のようなものを 理解するとか 音声認識を改善するとか これまでは 機械学習で 物事を徐々に 改善してきましたが 先程の例はとても エキサイティングです 1つのプログラムが 多様なことを やってのけるのですから

(ローズ)さあでは その猫の画像を ご覧に入れたいと思います これはコンピュータが 猫を観察して 猫とは何かをイメージにしたものです 画像を出せますか?

(ペイジ)ああ これ (ローズ)猫が見えますか? コンピュータが捉え描いた 猫の概念です

(ペイジ)その通り これはコンピュータが YouTubeを見て学習したものです 何も教えられず 猫が何かも知らずにです この “猫”という概念は 人なら理解できるものですが 今やコンピュータも 理解し始めています 検索の話を 締めくくると 私たちは検索ということから出発して 人々のコンテクストや その人の情報を 理解しようとしてきましたが それに関して ご覧頂きたい映像があります 私たちの見つけたものです

(ケニア ソイ村)

(ザック・マテレ)しばらく以前に ジャガイモを植えたんですが 突然 次々と枯れはじめ 本で調べても 理由が分かりませんでした それで出かけていって 検索したんです (ザック・マテレ 農夫) ジャガイモの病気 ウェブサイトの1つが アリが原因かもしれないと 教えてくれました 書いてある通り 木を燃やした灰をまくと 数日後アリは消えていました それでインターネットは凄いと 思うようになりました 事業を拡大したいと思っている 友達がいるのですが 彼とインターネットカフェに行って いっしょに いろんな ウェブサイトを見ました その次に彼と会った時 彼は風車を 地元の学校に 作ろうとしていました 今までそこになかったものが 突然できたことを 誇らしく感じました 誰もがインターネットに アクセス出来る訳ではない ― ということに気付いて 私の祖母でも使えるような インターネットが必要だと思いました それで掲示板を思いつきました 簡単な木の掲示板です 電話で情報を受け取ると その掲示板に 情報を貼り出すんです だからそれは基本的に コンピューターのようなものです 私はインターネットを 人助けのために使います 自分や 近所の人のために 生活をよりよくする方法を 探しているんです 多くの人が情報へ アクセス出来ますが その後にくるものがありません その後にくるのが 知識だと思います 知識を手にすれば 助けてもらわなくとも 自分たちで 解決策を見つけ出せます 情報には力があります でも それをどう使うかで 私達のあり方は決まるのです

(拍手)

(ペイジ)あのビデオの凄いところは 彼の話を 単に記事で読んで そこから彼のことを 見つけ出し そしてあのビデオを 作ったということです

(ローズ)あなたの話題になると あなたをよく知る人はみんな 「ラリーは世界を変えたいんだ テクノロジーがその鍵だと 彼は信じている」と言います それにはインターネットを使い 言葉を使うわけですが それはまた人々がいかに ネットにアクセスし 自らのコミュニティに影響を及ぼせるか ということでもあります あの映像は まさにその一例ですね (ペイジ)ええ その通りです 未来を見据えたとき 情報アクセスに より重点を置くようになって 最近「ルーン・プロジェクト」 というものを立ち上げ 気球を使ってそれを 実現しようとしています クレイジーに聞こえますよね ビデオをお見せしましょう 世界の3人に2人は インターネットに アクセスできません 私達は これが低コストで その人たちの役に立つと 考えています

(ローズ)気球ですね (ペイジ)ええ ネットアクセスを提供するんです

(ローズ)どうして気球で インターネットに アクセスできるんでしょう? 気球をどこかに 繋いでおかなくても よくするための 興味深い仕組みが あると伺いましたが

(ペイジ)これはイノベーションの 良い例ですね 私達はこのアイデアについて 実際に手をつけるまでに 5年以上 考えを暖めて来ました そのアイデアの原点は 「アクセスポイントをどう低コストで 高所に配置できるか?」ということです 通常は人工衛星を使いますが 打ち上げるまでに 長い時間がかかります 気球を上げるのが いかに簡単か ご覧頂きましたが これもインターネットの お陰なんです ネットで検索していて 見つけたことです 30年か40年前に 誰かが気球を上げて それが地球を 何周もしたそうです 今の我々に出来ない訳がない と思いました それがこのプロジェクトのきっかけです

(ローズ)でも風のなすがままですよね?

(ペイジ)ええ しかし 今までに多分前例のない 気候シミュレーションをした結果 気球の高度をうまく 制御してやると ― これは空気の出し入れ等で 可能なんですが 気球の行き先を大まかに 制御できることが分かったんです たくさんの気球を使って 地球全体を覆う通信網を作れる と考えてます

(ローズ)これから未来と交通について あなたがこのところ 夢中になっている 輸送システムや 自動運転車 自転車について お話ししたいと思いますが その前に 先程のスノーデンの登場で 話題になったことに 触れましょう セキュリティとプライバシーです これについて長い間考えてきましたね

(ペイジ)もちろんです セルゲイがスノーデンと一緒の写真を 昨日見ましたよ 皆さんの中にも 見た人がいるかも知れません 私にとって プライバシーとセキュリティは大事です 私達はこの2つを 一緒に考えています プライバシーは セキュリティなしにはありえません ですからセキュリティからまず お話して ― スノーデンの話も出た事ですから そしてプライバシーに触れますね 私は政府が秘密裏に ああしたことをやっていて 我々に知らせずにいたということに 非常にがっかりしています 我々の聞いたこともない 政府の活動から 我々がみんなを 守らねばならないとしたら 民主主義なんか 成り立ちませんよ 政府が懸念し 国民を守ろうとしている 具体的なテロの情報を 知る必要があると言うのではなく どういう要因があり どの程度の範囲で どのような監視を 我々は政府から受けているか 知る必要がある ということです そのことについて 開かれた議論がなされていません 結果として 政府はこの一連の事を 全て秘密裏に運んで 非常にあだとなったと思います

(ローズ)一度もグーグルに相談に 来たりはしなかったと

(ペイジ)グーグルではなく 公に話すべきです 私達は公にこれを話し合うべきです でなければ民主主義は 機能しません そんなのは無理ですよ ですからグーグルが 皆さんやユーザーを 誰も知らない 政府の秘密裏の監視から 守らなければいけない 立場になったというのが 残念です 全く滅茶苦茶な話です

(ローズ)そしてプライバシー というのもありますね

(ペイジ)ええ プライバシーについては 世界は変わりつつあります みんな携帯を持っていて どこにいるかが分かってしまいます 現代では個人についての情報が 大量にあり それは重要なことです 人々が難しい議論をしているのも ごく当然なことだと思います 私達はこのことについて 多くの時間を費やして 問題が何なのかを 考えて来ました まず ― 私達がすべきことは 検索履歴や位置情報など どんな情報が収集されるのか知らせ 選択肢を与えることだと思います Chromeのシークレットモードは 素晴らしいものです このような選択肢を もっと人々に提供したい それについて知って欲しいと思います それは難しいことではないと 思っています 私が懸念しているのは 大切な物を 無用な物と一緒に 捨ててしまうということです 例えば ― 私は声を失い それから回復していません あなたと話していると 声が戻って来て欲しいと思いますよ

(ローズ)私にできることがあれば何なりと

(ペイジ)じゃあブードゥー人形で おまじないでも してもらいましょうか それで 私がこの病気のことを 公にすると たくさんの情報が 集まって来ました 似たような問題を患う人たちに 症状についてのアンケートを 取ったんですが 医療記録を見ていて 思いました 素晴らしいことじゃないか もし皆の医療記録が匿名で 研究のために 共有されるようになったら? 誰かが自分の医療記録に 例えば研究医がアクセスすると どの医師が 何故アクセスしたのか 本人が知ることができて 自分の症状が何なのか 分かるようになるかも知れません そうなれば 毎年 ― 10万人もの命を 救えることでしょう

(ローズ)もっともです(拍手)

(ペイジ)ですから私が懸念するのは インターネットの情報保護により 今の医療記録のように なってしまうこと 大事なデータが埋もれてしまう ということです 私達はいまだに しかるべき人々と しかるべき方法で 情報共有することで どれほどの恩恵が得られるか 十分 分かっていないのです

(ローズ)そのために必要となる条件は 人々が自分の情報が 悪用されないと 確信を持てる環境ですね

(ペイジ)ええ この声を患った際 情報を公にするのは 怖かったですが セルゲイがやったらいいと 言ってくれ 実際それは素晴らしいことでした

(ローズ)反応は予想以上だった

(ペイジ)皆とてもポジティブでした 何千もの人々が同じような 症状を抱えていますが 今日それについての 情報はありません なので共有して良かったです

(ローズ)さあでは未来についてですが 交通システムについて どういう取り組みを?

(ペイジ)ミシガン大学にいた頃から 不満を抱き続けていたのだと思います バスに乗るために 寒い雪の中 待たなければならなかったので どれくらいのコストが かかるのか調べはじめて 交通システムについて ちょっとハマっていました

(ローズ)それで自動運転車の アイデアが浮かんだんですね

(ペイジ)18年前に自動運転車を 開発している人々について知り 夢中になりました 実際にプロジェクトを始めるまでに しばらくかかりましたが 今は世界を良く出来るかも しれない可能性に とても興奮しています 毎年2千万人以上の人が 事故に遭い 34才未満のアメリカ人とって 主な死因でもあります

(ローズ)つまり命を救いたいと

(ペイジ)ええ それに空間を上手に利用し 暮らしを豊かにするんです ロサンジェルスは その半分が駐車場や道路です 面積の半分がです 他の都市の多くも そう変わりません クレイジーです それが私達の空間の使い方なんです

(ローズ)それはいつ頃 実現しそうですか?

(ペイジ)私達はもう すぐそこまで来ています 16万キロ以上も走行していて 今や完全に自動運転になっています 自動運転車を こんなに早く 世に出せるのが嬉しいです

(ローズ)でも自動運転車だけでは ありませんよね 自転車のアイデアもおありだとか

(ペイジ)ええ グーグルでは みんなに無料で自転車を提供すべきだ という話になって 今まで本当に上手くいっています 自転車が至る所で走り回り 自転車も摩耗しますが 一日中使われているのですからね

(ローズ)それを道路ではなく 空中を走らせたいとか

(ペイジ)どうしたら人々がもっと 自転車を使い出すだろうかと

(ローズ)ビデオがありましたね

(ペイジ)ええ 観てみましょう これはワクワクしますよ

(音楽) これが自転車を車道から 低いコストで切り離すアイデアです クレイジーに見えますが グーグル・キャンパスの事を 考えたときや 市当局と働かせてもらったとき 自転車の使用率を上げたいと思い こう考えました どうしたら コストをかけずに 自転車と車を 切り離せるだろうかと それで検索して 見つけたんです これを実際に 実用化に向け進めている というわけではありませんが 想像力を掻き立ててくれます

(ローズ)では最後に あなたご自身の哲学について 教えて下さい あなたには「グーグルX」という アイデアがあって 小さな物差しで測れるような 進歩以上のものを 求めていますね

(ペイジ)ええ 今 お話ししたことの ほとんどがそうです 例えば ― 経済学で「追加性」 という概念がありますが これは 自分が始めなければ 存在しなかったことを やっているということです そういうことを 多くやっていけば より大きなインパクトを もたらすことが出来ます みんなできると思って いなかったようなことを やるということです これまでずっと テクノロジーを知れば知るほど 知らないことの多さに 気付かされてきました なぜなら テクノロジーの地平線に 次にすべきことが 見えてくるからです テクノロジーについて学ぶ程 新しくできることが 分かるようになるのです 例えば あの気球が 実現出来ると分かったのも その為に使える要素について 知ったからです

(ローズ)それがあなたを 興味深いと思うところです 未来について考える人は たくさんいて アイデアを示しますが それを実現し 形にする人となると なかなかいません 例えばあなたも 良くご存知で 読んだこともあるだろう テスラの例があります あなたの原則は どういうものなのでしょう?

(ペイジ)発明だけでは 十分ではないのです 何かを発明した際 ― テスラは私達が日常使う 電力の発明をしましたが 世に出すことに苦労しました それは他の人により成され 時間がかかりました もし2つの力が結びつけば ― 革新や発明の力と 企業の それを商用化し 人々のもとに届けるという力が 結びついたなら それは世界にとって プラスになり 人々に希望をもたらします 私はルーン・プロジェクトが 世界の人口の3分の2の インターネットの無い人々に 期待と希望を与えていることに 感動しています

(ローズ)それは企業の もう一つの側面ですね あなたは企業が 変革の担い手であると 信じるひとりですね うまく運営されていればですが

(ペイジ)ええ 企業は基本的に悪だと 多くの人が考えているのは 残念なことです 企業はいわれのない非難を受けます まあ多少当てはまる所も ありますが 企業は20年とか50年も前と 変わらない 漸進的なやり方を 続けています 私達に必要なのは そうではなく 特にテクノロジーにおいては 革新的な変化を必要とします 徐々に起こる変化ではなく

(ローズ)あなたは以前 もし私が正しく理解しているなら こう言いましたね 財産を何かのために遺すとしたら 慈善に寄付するよりも イーロン・マスクに 譲ってしまうだろうと 彼なら未来を ― 変えてくれると信じているから だからそうするだろうと

(ペイジ)火星に行きたいのなら ― 彼は火星に行きたいと考えてます 人類存続の為に それは崇高な目標です 企業でありながら 善を為すことを目指しています 私達は同じような目的を 共有しています グーグルには かなり裕福になった 社員がたくさんいます 皆テクノロジー分野で たいへん利益を上げています この会場にいる人も 裕福な方が多いですね 世界を変えたいから 働くんでしょう 世界を良くしたくて あなたの会社には あなたの時間だけでなくお金も 費やす価値があって いいのではないでしょうか しかしそう考えられていません 会社はそういうものとは 考えられていないのです それは残念な事です 会社は私達の労力の大部分 人々の時間のほとんどと お金が投じられている場所です だからみんな もっと企業を援助しても いいと思うのです

(ローズ)インタビューを終える時に よくこの質問をするんですが どんな心のあり方 どんな心の特質が あなたを成功させたと 思いますか? たとえばルパート・マードックは 「好奇心」だと言いました 他にもメディア業界の人で そういう人がいました ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットは 「集中」だと言いました あなたの場合は 何が あなたに未来を見せ 同時に現在を改革するように 仕向けたのでしょう?

(ペイジ)たぶん最も大事なのは ― たくさんの会社を見て来て なぜ長続きしないのかを 考えてきました 多くの会社が現れては 消えて行きましたが 彼らは何を間違ったんだろう? と考えました 共通して犯している間違いは 多くの場合 未来を見通していなかった ということに尽きます ですから私は その点に集中して 未来はどういうものになるか どうやって私達は それを創造できるか そして自分の会社を どうその未来に 集中させられるか 未来の創造を 促進できるかを考えます だから好奇心ですね 他の人が考えないようなことに 目を向け 誰もやらないことを やってみること そこにこそ本当の 価値があるからです 積極的にそういうことをやり リスクをとるということです 例えばアンドロイドですが はじめはアンドロイドを手がけるのを 後ろめたく思っていました 買収したときは 小さなベンチャーにすぎず 私達が本来手がけている ものではなかったので それに時間を割くのは 良くないことに思えました それは馬鹿な考えでした そこに未来があったのです あれを手がけて 良かったのです

(ローズ)あなたとこうして お話し出来て良かったです ここにご一緒出来て光栄です ありがとう ラリー

(ペイジ)ありがとうございました

(拍手)

(ローズ)ラリー・ペイジでした

Charlie Rose: So Larry sent me an email and he basically said, we've got to make sure that we don't seem like we're a couple of middle-aged boring men. I said, I'm flattered by that -- (Laughter) -- because I'm a bit older, and he has a bit more net worth than I do.

Larry Page: Well, thank you.

CR: So we'll have a conversation about the Internet, and we'll have a conversation Google, and we'll have a conversation about search and privacy, and also about your philosophy and a sense of how you've connected the dots and how this journey that began some time ago has such interesting prospects. Mainly we want to talk about the future. So my first question: Where is Google and where is it going? LP: Well, this is something we think about a lot, and our mission we defined a long time ago is to organize the world's information and make it universally accessible and useful. And people always say, is that really what you guys are still doing? And I always kind of think about that myself, and I'm not quite sure. But actually, when I think about search, it's such a deep thing for all of us, to really understand what you want, to understand the world's information, and we're still very much in the early stages of that, which is totally crazy. We've been at it for 15 years already, but it's not at all done.

CR: When it's done, how will it be?

LP: Well, I guess, in thinking about where we're going -- you know, why is it not done? -- a lot of it is just computing's kind of a mess. You know, your computer doesn't know where you are, it doesn't know what you're doing, it doesn't know what you know, and a lot we've been trying to do recently is just make your devices work, make them understand your context. Google Now, you know, knows where you are, knows what you may need. So really having computing work and understand you and understand that information, we really haven't done that yet. It's still very, very clunky.

CR: Tell me, when you look at what Google is doing, where does Deep Mind fit?

LP: Yeah, so Deep Mind is a company we just acquired recently. It's in the U.K. First, let me tell you the way we got there, which was looking at search and really understanding, trying to understand everything, and also make the computers not clunky and really understand you -- like, voice was really important. So what's the state of the art on speech recognition? It's not very good. It doesn't really understand you. So we started doing machine learning research to improve that. That helped a lot. And we started just looking at things like YouTube. Can we understand YouTube? But we actually ran machine learning on YouTube and it discovered cats, just by itself. Now, that's an important concept. And we realized there's really something here. If we can learn what cats are, that must be really important. So I think Deep Mind, what's really amazing about Deep Mind is that it can actually -- they're learning things in this unsupervised way. They started with video games, and really just, maybe I can show the video, just playing video games, and learning how to do that automatically.

CR: Take a look at the video games and how machines are coming to be able to do some remarkable things.

LP: The amazing thing about this is this is, I mean, obviously, these are old games, but the system just sees what you see, the pixels, and it has the controls and it has the score, and it's learned to play all of these games, same program. It's learned to play all of these games with superhuman performance. We've not been able to do things like this with computers before. And maybe I'll just narrate this one quickly. This is boxing, and it figures out it can sort of pin the opponent down. The computer's on the left, and it's just racking up points. So imagine if this kind of intelligence were thrown at your schedule, or your information needs, or things like that. We're really just at the beginning of that, and that's what I'm really excited about.

CR: When you look at all that's taken place with Deep Mind and the boxing, also a part of where we're going is artificial intelligence. Where are we, when you look at that?

LP: Well, I think for me, this is kind of one of the most exciting things I've seen in a long time. The guy who started this company, Demis, has a neuroscience and a computer science background. He went back to school to get his Ph.D. to study the brain. And so I think we're seeing a lot of exciting work going on that sort of crosses computer science and neuroscience in terms of really understanding what it takes to make something smart and do really interesting things.

CR: But where's the level of it now? And how fast do you think we are moving?

LP: Well, this is the state of the art right now, understanding cats on YouTube and things like that, improving voice recognition. We used a lot of machine learning to improve things incrementally, but I think for me, this example's really exciting, because it's one program that can do a lot of different things.

CR: I don't know if we can do this, but we've got the image of the cat. It would be wonderful to see this. This is how machines looked at cats and what they came up with. Can we see that image?

LP: Yeah. CR: There it is. Can you see the cat? Designed by machines, seen by machines.

LP: That's right. So this is learned from just watching YouTube. And there's no training, no notion of a cat, but this concept of a cat is something important that you would understand, and now that the machines can kind of understand. Maybe just finishing also on the search part, it started with search, really understanding people's context and their information. I did have a video I wanted to show quickly on that that we actually found.

(Video) [ "Soy, Kenya" ]

Zack Matere: Not long ago, I planted a crop of potatoes. Then suddenly they started dying one after the other. I checked out the books and they didn't tell me much. So, I went and I did a search. [ "Zack Matere, Farmer" ] Potato diseases. One of the websites told me that ants could be the problem. It said, sprinkle wood ash over the plants. Then after a few days the ants disappeared. I got excited about the Internet. I have this friend who really would like to expand his business. So I went with him to the cyber cafe and we checked out several sites. When I met him next, he was going to put a windmill at the local school. I felt proud because something that wasn't there before was suddenly there. I realized that not everybody can be able to access what I was able to access. I thought that I need to have an Internet that my grandmother can use. So I thought about a notice board. A simple wooden notice board. When I get information on my phone, I'm able to post the information on the notice board. So it's basically like a computer. I use the Internet to help people. I think I am searching for a better life for me and my neighbors. So many people have access to information, but there's no follow-up to that. I think the follow-up to that is our knowledge. When people have the knowledge, they can find solutions without having to helped out. Information is powerful, but it is how we use it that will define us.

(Applause)

LP: Now, the amazing thing about that video, actually, was we just read about it in the news, and we found this gentlemen, and made that little clip.

CR: When I talk to people about you, they say to me, people who know you well, say, Larry wants to change the world, and he believes technology can show the way. And that means access to the Internet. It has to do with languages. It also means how people can get access and do things that will affect their community, and this is an example. LP: Yeah, that's right, and I think for me, I have been focusing on access more, if we're talking about the future. We recently released this Loon Project which is using balloons to do it. It sounds totally crazy. We can show the video here. Actually,two out of three people in the world don't have good Internet access now. We actually think this can really help people sort of cost-efficiently.

CR: It's a balloon. LP: Yeah, get access to the Internet.

CR: And why does this balloon give you access to the Internet? Because there was some interesting things you had to do to figure out how to make balloons possible, they didn't have to be tethered.

LP: Yeah, and this is a good example of innovation. Like, we've been thinking about this idea for five years or more before we started working on it, but it was just really, how do we get access points up high, cheaply? You normally have to use satellites and it takes a long time to launch them. But you saw there how easy it is to launch a balloon and get it up, and actually again, it's the power of the Internet, I did a search on it, and I found,30,40 years ago, someone had put up a balloon and it had gone around the Earth multiple times. And I thought, why can't we do that today? And that's how this project got going.

CR: But are you at the mercy of the wind?

LP: Yeah, but it turns out, we did some weather simulations which probably hadn't really been done before, and if you control the altitude of the balloons, which you can do by pumping air into them and other ways, you can actually control roughly where they go, and so I think we can build a worldwide mesh of these balloons that can cover the whole planet.

CR: Before I talk about the future and transportation, where you've been a nerd for a while, and this fascination you have with transportation and automated cars and bicycles, let me talk a bit about what's been the subject here earlier with Edward Snowden. It is security and privacy. You have to have been thinking about that.

LP: Yeah, absolutely. I saw the picture of Sergey with Edward Snowden yesterday. Some of you may have seen it. But I think, for me, I guess, privacy and security are a really important thing. We think about it in terms of both things, and I think you can't have privacy without security, so let me just talk about security first, because you asked about Snowden and all of that, and then I'll say a little bit about privacy. I think for me, it's tremendously disappointing that the government secretly did all this stuff and didn't tell us. I don't think we can have a democracy if we're having to protect you and our users from the government for stuff that we've never had a conversation about. And I don't mean we have to know what the particular terrorist attack is they're worried about protecting us from, but we do need to know what the parameters of it is, what kind of surveillance the government's going to do and how and why, and I think we haven't had that conversation. So I think the government's actually done itself a tremendous disservice by doing all that in secret.

CR: Never coming to Google to ask for anything.

LP: Not Google, but the public. I think we need to have a debate about that, or we can't have a functioning democracy. It's just not possible. So I'm sad that Google's in the position of protecting you and our users from the government doing secret thing that nobody knows about. It doesn't make any sense.

CR: Yeah. And then there's a privacy side of it.

LP: Yes. The privacy side, I think it's -- the world is changing. You carry a phone. It knows where you are. There's so much more information about you, and that's an important thing, and it makes sense why people are asking difficult questions. We spend a lot of time thinking about this and what the issues are. I'm a little bit -- I think the main thing that we need to do is just provide people choice, show them what data's being collected -- search history, location data. We're excited about incognito mode in Chrome, and doing that in more ways, just giving people more choice and more awareness of what's going on. I also think it's very easy. What I'm worried is that we throw out the baby with the bathwater. And I look at, on your show, actually, I kind of lost my voice, and I haven't gotten it back. I'm hoping that by talking to you I'm going to get it back.

CR: If I could do anything, I would do that.

LP: All right. So get out your voodoo doll and whatever you need to do. But I think, you know what, I look at that, I made that public, and I got all this information. We got a survey done on medical conditions with people who have similar issues, and I look at medical records, and I say, wouldn't it be amazing if everyone's medical records were available anonymously to research doctors? And when someone accesses your medical record, a research doctor, they could see, you could see which doctor accessed it and why, and you could maybe learn about what conditions you have. I think if we just did that, we'd save 100,000 lives this year.

CR: Absolutely. Let me go -- (Applause)

LP: So I guess I'm just very worried that with Internet privacy, we're doing the same thing we're doing with medical records, is we're throwing out the baby with the bathwater, and we're not really thinking about the tremendous good that can come from people sharing information with the right people in the right ways.

CR: And the necessary condition that people have to have confidence that their information will not be abused.

LP: Yeah, and I had this problem with my voice stuff. I was scared to share it. Sergey encouraged me to do that, and it was a great thing to do.

CR: And the response has been overwhelming.

LP: Yeah, and people are super positive. We got thousands and thousands of people with similar conditions, which there's no data on today. So it was a really good thing.

CR: So talking about the future, what is it about you and transportation systems?

LP: Yeah. I guess I was just frustrated with this when I was at college in Michigan. I had to get on the bus and take it and wait for it. And it was cold and snowing. I did some research on how much it cost, and I just became a bit obsessed with transportation systems.

CR: And that began the idea of an automated car.

LP: Yeah, about 18 years ago I learned about people working on automated cars, and I became fascinated by that, and it takes a while to get these projects going, but I'm super excited about the possibilities of that improving the world. There's 20 million people or more injured per year. It's the leading cause of death for people under 34 in the U.S.

CR: So you're talking about saving lives.

LP: Yeah, and also saving space and making life better. Los Angeles is half parking lots and roads, half of the area, and most cities are not far behind, actually. It's just crazy that that's what we use our space for.

CR: And how soon will we be there?

LP: I think we can be there very, very soon. We've driven well over 100,000 miles now totally automated. I'm super excited about getting that out quickly.

CR: But it's not only you're talking about automated cars. You also have this idea for bicycles.

LP: Well at Google, we got this idea that we should just provide free bikes to everyone, and that's been amazing, most of the trips. You see bikes going everywhere, and the bikes wear out. They're getting used 24 hours a day.

CR: But you want to put them above the street, too.

LP: Well I said, how do we get people using bikes more?

CR: We may have a video here.

LP: Yeah, let's show the video. I just got excited about this.

(Music) So this is actually how you might separate bikes from cars with minimal cost. Anyway, it looks totally crazy, but I was actually thinking about our campus, working with the cities and stuff, and just trying to get a lot more bike usage, and I was thinking about, how do you cost-effectively separate the bikes from traffic? And I went and searched, and this is what I found. And we're not actually working on this, that particular thing, but it gets your imagination going.

CR: Let me close with this. Give me a sense of the philosophy of your own mind. You have this idea of [ Google X ] . You don't simply want to go in some small, measurable arena of progress.

LP: Yeah, I think many of the things we just talked about are like that, where they're really -- I almost use the economic concept of additionality, which means that you're doing something that wouldn't happen unless you were actually doing it. And I think the more you can do things like that, the bigger impact you have, and that's about doing things that people might not think are possible. And I've been amazed, the more I learn about technology, the more I realize I don't know, and that's because this technological horizon, the thing that you can see to do next, the more you learn about technology, the more you learn what's possible. You learn that the balloons are possible because there's some material that will work for them.

CR: What's interesting about you too, though, for me, is that, we have lots of people who are thinking about the future, and they are going and looking and they're coming back, but we never see the implementation. I think of somebody you knew and read about, Tesla. The principle of that for you is what?

LP: Well, I think invention is not enough. If you invent something, Tesla invented electric power that we use, but he struggled to get it out to people. That had to be done by other people. It took a long time. And I think if we can actually combine both things, where we have an innovation and invention focus, plus the ability to really -- a company that can really commercialize things and get them to people in a way that's positive for the world and to give people hope. You know, I'm amazed with the Loon Project just how excited people were about that, because it gave them hope for the two thirds of the world that doesn't have Internet right now that's any good.

CR: Which is a second thing about corporations. You are one of those people who believe that corporations are an agent of change if they are run well.

LP: Yeah. I'm really dismayed most people think companies are basically evil. They get a bad rap. And I think that's somewhat correct. Companies are doing the same incremental thing that they did 50 years ago or 20 years ago. That's not really what we need. We need, especially in technology, we need revolutionary change, not incremental change.

CR: You once said, actually, as I think I've got this about right, that you might consider, rather than giving your money, if you were leaving it to some cause, just simply giving it to Elon Musk, because you had confidence that he would change the future, and that you would therefore --

LP: Yeah, if you want to go Mars, he wants to go to Mars, to back up humanity, that's a worthy goal, but it's a company, and it's philanthropical. So I think we aim to do kind of similar things. And I think, you ask, we have a lot of employees at Google who have become pretty wealthy. People make a lot of money in technology. A lot of people in the room are pretty wealthy. You're working because you want to change the world. You want to make it better. Why isn't the company that you work for worthy not just of your time but your money as well? I mean, but we don't have a concept of that. That's not how we think about companies, and I think it's sad, because companies are most of our effort. They're where most of people's time is, where a lot of the money is, and so I think I'd like for us to help out more than we are.

CR: When I close conversations with lots of people, I always ask this question: What state of mind, what quality of mind is it that has served you best? People like Rupert Murdoch have said curiosity, and other people in the media have said that. Bill Gates and Warren Buffett have said focus. What quality of mind, as I leave this audience, has enabled you to think about the future and at the same time change the present?

LP: You know, I think the most important thing -- I looked at lots of companies and why I thought they don't succeed over time. We've had a more rapid turnover of companies. And I said, what did they fundamentally do wrong? What did those companies all do wrong? And usually it's just that they missed the future. And so I think, for me, I just try to focus on that and say, what is that future really going to be and how do we create it, and how do we cause our organization, to really focus on that and drive that at a really high rate? And so that's been curiosity, it's been looking at things people might not think about, working on things that no one else is working on, because that's where the additionality really is, and be willing to do that, to take that risk. Look at Android. I felt guilty about working on Android when it was starting. It was a little startup we bought. It wasn't really what we were really working on. And I felt guilty about spending time on that. That was stupid. That was the future, right? That was a good thing to be working on.

CR: It is great to see you here. It's great to hear from you, and a pleasure to sit at this table with you. Thanks, Larry.

LP: Thank you.

(Applause)

CR: Larry Page.

Charlie Rose:/ So Larry sent me/ an email/ and he basically said,/ we've got to make/ sure/ that we don't seem like we're a couple of middle-aged boring men.//

(チャーリー・ローズ)ラリーからメールが来て 彼はこう言ったんです 私達がただの退屈な 中年男の二人組には 見えないように 気をつけましょうねと

I said,/ I'm flattered by that --/ (Laughter) --/ because I'm a bit older,/ and he has a bit/ more net worth/ than I do.//

私は「そう言ってもらえて光栄です」 と答えました (笑い) なにしろ私のほうが 幾分老けているし 彼のほうが少しばかり 金持ちですからね

Larry Page:/ Well,/ thank you.//

(ラリー・ペイジ)それほどでも

CR:/ So we'll have a conversation/ about the Internet,/ and we'll have a conversation/ Google,/ and we'll have a conversation/ about search and privacy,/ and also/ about your philosophy/ and a sense of how you've connected the dots/ and how this journey/ that began some time ago has such interesting prospects.//

(ローズ)それで これから インターネットと グーグルの話をして それから 検索技術とプライバシーの話を したいと思います そして これまで どう点と点を ― つなげてきたのか という意味での哲学や あなたの始めた旅路に どのようにして こんな興味深い展望が 開けるようになったのか ということも

Mainly/ we want to talk/ about the future.//

主に未来についてお話して行きましょう 最初の質問ですが ―

So my first question:/ Where is Google/ and where is it going?//

グーグルは今どこにいて どこへ向かっているのでしょう?

LP:/ Well,/ this is something/ we think about a lot,/ and our mission/ we defined a long time ago is to organize the world's information/ and make it universally accessible and useful.//

(ペイジ)それは我々もよく考えます かなり昔に私達が定めたミッションは 世界の情報を整理し 誰でも使えて 便利にするというものでしたが

And people always say,/ is/ that really/ what you guys are still doing?//

良く聞かれます 今やっていることも そうなのかと

And I always kind of think/ about that myself,/ and I'm not quite sure.//

私もよくそれを自問しますが 自分でも分かりません

But actually,/ when I think about search,/ it's such a deep thing/ for all of us,/ to really understand/ what you want,/ to understand the world's information,/ and we're still very much/ in the early stages of that,/ which is totally crazy.//

ただ実際 検索という事を考える時 それは私達皆にとって とても深い意味を持っています 自分が何を求めているのかを理解して 世界の情報を理解する ― 私達はそのほんの出発地点にいる 本当にクレイジーなことです

We've been at it/ for 15 years already,/ but it's not at all done.//

我々は検索に15年 取り組んで来ましたが 全く完成に近づいてもいないんです

CR:/ When it's done,/ how will it be?//

(ローズ)それが完成した暁には どんな風になるんですか?

LP:/ Well,/ I guess,/ in thinking about where we're going --/ you know,/ why is it not done?// --/ a lot of it is just computing's kind of a mess.//

(ペイジ)そうですね 私達がどこへ向かっているのかを 考えると ― 何故完成していないんでしょう? 理由の大部分は コンピューターがダメだからです

You know,/ your computer doesn't know/ where you are,/ it doesn't know/ what you're doing,/ it doesn't know/ what you know,/ and a lot/ we've been trying to do recently is just make your devices work,/ make them/ understand your context.//

コンピューターは ユーザーがどこにいるかも 何をしているかも 何を知っているかも 分かっていません 私達が最近やってきたのは デバイスを使い物になるようにする ユーザーのコンテクストを 理解させるということです

Google Now,/ you know,/ knows/ where you are,/ knows/ what you may need.//

「グーグルナウ」は ユーザーの現在地を知っていて ユーザーが必要とするだろうものを 把握しています

So really having computing/ work/ and understand you/ and understand that information,/ we really haven't done/ that yet.//

でも 本当にコンピューターが機能し ユーザーを理解し 情報を理解する というところまでは まだ行っていません

It's still very, very clunky.//

まだまだ洗練されていないんです

CR//:/ Tell me,/ when you look at what Google is doing,/ where does Deep Mind fit?//

(ローズ)今のグーグルが 取り組んでいることの中で 「ディープマインド」は どこに当てはまるんですか?

LP:/ Yeah,/ so Deep Mind is a company/ we just acquired recently.//

(ペイジ)ええ ディープマインドは 最近我々が買収した会社で

It's in the U.K.//

イギリスにあるんですが

First,/ let me/ tell you/ the way/ we got there,/ which was looking at search/ and really understanding,/ trying to understand everything,/ and also make the computers not clunky/ and really understand you --/ like,/ voice was really important.//

まず経緯をお話しすると 検索について考えていて それは世界を理解しようと ― 周りの全てを理解しようとする行為で コンピューターをより洗練させ ユーザーを本当に理解させる ということです 例えば声による検索は重要ですが

So/ what's the state of the art/ on speech recognition?//

今の音声認識技術はどうでしょう?

It's not very good.//

あまり良くありませんよね

It doesn't really understand you.//

ユーザーをちゃんと 理解してくれません

So/ we started doing/ machine/ learning research/ to improve that.//

それで私達は それを改善すべく 機械学習を研究し始めました

That helped a lot.//

それは大変役立ちました

And we started just looking/ at things/ like YouTube.//

それからYouTubeのようなものに 目を向けました

Can we understand YouTube?//

YouTubeを理解できるだろうか?

But we actually ran machine learning/ on YouTube/ and it discovered cats,/ just/ by itself.//

それでYouTubeを コンピューターに学習させてみました するとコンピューターが 自分で “猫” というものを 発見したんです

Now,/ that's an important concept.//

これは重要なことです

And we realized/ there's really/ something here.//

これには重大な意味があると 気付きました

If we can learn/ what cats are,/ that must be really important.//

私達が猫というものを 発見し学べる ― ということは非常に重要です

So/ I think Deep Mind,/ what's really amazing/ about Deep Mind is/ that it can actually --/ they're learning/ things/ in this unsupervised way.//

ディープマインドの 本当に驚くべきところは 教えられずに自ら 学び取れるということです

They started with video games,/ and really just,/ maybe/ I can show the video,/ just/ playing video games,/ and learning/ how to do that automatically.//

ディープマインドは ビデオゲームから始めたんですが ビデオを見せましょうか ゲームをプレイしながら自動的に 遊び方を覚えてしまうんです

CR:/ Take a look/ at the video games/ and how machines are coming to be able to do some remarkable things.//

(ローズ)このビデオゲームを見て下さい コンピューターが凄い事を 出来るようになる様子がこちらです

LP:/ The amazing thing/ about this is this is,/ I mean,/ obviously,/ these are old games,/ but the system just sees/ what you see,/ the pixels,/ and it has the controls/ and it has the score,/ and it's learned to play/ all of these games,/ same program.//

(ペイジ)驚くべきことは これは古いゲームなんですが ディープマインドは 私たちが見るのと同じ ピクセルを見て ゲームを操作し スコアを上げて しかも同じ1つのプログラムが 自分で ― 様々なゲームを 覚えたんです

It's learned to play/ all of these games/ with superhuman performance.//

それも人間を超えたレベルで プレイできるようになりました

We've not been able to do things/ like this/ with computers before.//

我々は今までコンピューターで こんなことは出来ませんでした

And maybe/ I'll just narrate this one quickly.//

これ ちょっと説明しましょうか

This is boxing,/ and it figures out/ it can sort of pin/ the opponent down.//

ボクシングをしています コンピューターは対戦相手を くぎ付けにする方法を 見つけ出します

The computer's on the left,/ and it's just racking up/ points.//

左がコンピューターで スコアがどんどん 上がっています

So imagine/ if this kind of intelligence were thrown at your schedule,/ or your information needs,/ or things/ like that.//

想像してみてください このような知能が 自分のスケジュール管理や 必要な情報の提供といったところに 組み込まれるのを

We're really just/ at the beginning of that,/ and that's/ what I'm really excited/ about.//

私達がいるのは まだスタート地点です それが私の非常に 興奮していることです

CR:/ When you look at all/ that's taken place/ with Deep Mind and the boxing,/ also/ a part of where we're going/ is artificial intelligence.//

(ローズ)ディープマインドが ボクシング等を やってのけた事を見ると 私達の向かう先には 人工知能があるようですね

Where are we,/ when you look at that?//

我々は その道のりの どの辺りにいるのでしょう?

LP:/ Well,/ I think for me,/ this is kind of one of the most exciting things/ I've seen in a long time.//

(ペイジ)そうですね これは久しくなかったような 非常にエキサイティングなことです

The guy/ who started this company,/ Demis,/ has a neuroscience/ and a computer science background.//

この会社を立ち上げたデミスは 神経科学とコンピューター科学を

He went back/ to school/ to get his Ph.D./ to study the brain.//

学んだ人で 脳科学の博士号を取るため 復学しています

And so/ I think/ we're seeing/ a lot of exciting work/ going on that sort of crosses computer science and neuroscience/ in terms of really/ understanding/ what it takes to make something smart/ and do really interesting things.//

こうしたコンピューター科学と 神経科学の交わる部分で 面白い研究が多くなされています 知的なものを作り出し 面白いことをさせるには 何が必要なのか 理解するといった面で

CR:/ But where's the level of it now?//

(ローズ)今どういう段階で

And how fast do you think we are moving?//

どれ位の早さで 前進しているんでしょうか

LP:/ Well,/ this is the state of the art right now,/ understanding cats/ on YouTube and things/ like that,/ improving voice recognition.//

(ペイジ)これが今の最新の技術です YouTubeで猫のようなものを 理解するとか 音声認識を改善するとか

We used a lot of machine learning/ to improve things incrementally,/ but I think for me,/ this example's really exciting,/ because it's one program/ that can do a lot of different things.//

これまでは 機械学習で 物事を徐々に 改善してきましたが 先程の例はとても エキサイティングです 1つのプログラムが 多様なことを やってのけるのですから

CR:/ I don't know/ if we can do this,/ but we've got the image of the cat.//

(ローズ)さあでは その猫の画像を

It would be wonderful/ to see this.//

ご覧に入れたいと思います

This is/ how machines looked at cats/ and what they came up/ with.//

これはコンピュータが 猫を観察して 猫とは何かをイメージにしたものです 画像を出せますか?

Can we see that image?//

LP:/ Yeah.// CR:/ There/ it/ is.// Can you see the cat?//

(ペイジ)ああ これ (ローズ)猫が見えますか?

Designed by machines,/ seen by machines.//

コンピュータが捉え描いた 猫の概念です

LP:/ That's right.//

(ペイジ)その通り

So this is learned from just/ watching YouTube.//

これはコンピュータが YouTubeを見て学習したものです

And there's no training,/ no notion of a cat,/ but this concept of a cat is something important/ that you would understand,/ and now/ that the machines can kind of understand.//

何も教えられず 猫が何かも知らずにです この “猫”という概念は 人なら理解できるものですが 今やコンピュータも 理解し始めています

Maybe just finishing/ also/ on the search part,/ it started with search,/ really/ understanding people's context and their information.//

検索の話を 締めくくると 私たちは検索ということから出発して 人々のコンテクストや その人の情報を 理解しようとしてきましたが

I did have a video/ I wanted to show quickly/ on that/ that we actually found.//

それに関して ご覧頂きたい映像があります 私たちの見つけたものです

(Video) [ "Soy, Kenya"/ ]/ Zack Matere:/ Not long ago,/ I planted a crop of potatoes.//

(ケニア ソイ村) (ザック・マテレ)しばらく以前に ジャガイモを植えたんですが

Then suddenly/ they started dying/ one/ after the other.//

突然 次々と枯れはじめ

I checked out/ the books/ and they didn't tell me much.//

本で調べても 理由が分かりませんでした

So,/ I went/ and I did a search.//

それで出かけていって 検索したんです

[ "Zack Matere,/ Farmer"/ ]/ Potato diseases.//

(ザック・マテレ 農夫) ジャガイモの病気

One of the websites told me/ that ants could be the problem.//

ウェブサイトの1つが アリが原因かもしれないと 教えてくれました

It said,/ sprinkle wood ash/ over the plants.//

書いてある通り 木を燃やした灰をまくと

Then/ after a few days/ the ants disappeared.//

数日後アリは消えていました

I got excited about the Internet.//

それでインターネットは凄いと 思うようになりました

I have this friend/ who really would like to expand/ his business.//

事業を拡大したいと思っている 友達がいるのですが

So I went with him/ to the cyber cafe/ and we checked out/ several sites.//

彼とインターネットカフェに行って いっしょに いろんな ウェブサイトを見ました

When I met him next,/ he was going to put/ a windmill/ at the local school.//

その次に彼と会った時 彼は風車を 地元の学校に 作ろうとしていました

I felt proud/ because something/ that wasn't there/ before was suddenly there.//

今までそこになかったものが 突然できたことを 誇らしく感じました

I realized/ that not everybody can be able to access/ what I was able to access.//

誰もがインターネットに アクセス出来る訳ではない ― ということに気付いて

I thought/ that I need to have/ an Internet/ that my grandmother can use.//

私の祖母でも使えるような インターネットが必要だと思いました

So I thought about a notice board.//

それで掲示板を思いつきました

簡単な木の掲示板です

When I get information/ on my phone,/ I'm able/ to post the information/ on the notice board.//

電話で情報を受け取ると その掲示板に 情報を貼り出すんです

So it's basically/ like a computer.//

だからそれは基本的に コンピューターのようなものです

I use the Internet/ to help people.//

私はインターネットを 人助けのために使います

I think/ I am searching for a better life/ for me and my neighbors.//

自分や 近所の人のために 生活をよりよくする方法を 探しているんです

So many people have access/ to information,/ but there's no follow-up/ to that.//

多くの人が情報へ アクセス出来ますが その後にくるものがありません

I think the follow-up/ to that is our knowledge.//

その後にくるのが 知識だと思います

When people have the knowledge,/ they can find solutions/ without having to helped out.//

知識を手にすれば 助けてもらわなくとも 自分たちで 解決策を見つけ出せます

Information is powerful,/ but it is/ how we use it/ that will define us.//

情報には力があります でも それをどう使うかで 私達のあり方は決まるのです

(Applause)/ LP:/ Now,/ the amazing thing/ about that video,/ actually,/ was we just read about it/ in the news,/ and we found this gentlemen,/ and made that little clip.//

(拍手) (ペイジ)あのビデオの凄いところは 彼の話を 単に記事で読んで そこから彼のことを 見つけ出し そしてあのビデオを 作ったということです

CR:/ When I talk to people/ about you,/ they say to me,/ people/ who know you well,/ say,/ Larry wants to change/ the world,/ and he believes/ technology can show the way.//

(ローズ)あなたの話題になると あなたをよく知る人はみんな 「ラリーは世界を変えたいんだ テクノロジーがその鍵だと 彼は信じている」と言います

And that means access/ to the Internet.//

それにはインターネットを使い

It has to do/ with languages.//

言葉を使うわけですが

It also means/ how people can get access/ and do things/ that will affect their community,/ and this is an example.//

それはまた人々がいかに ネットにアクセスし 自らのコミュニティに影響を及ぼせるか ということでもあります あの映像は まさにその一例ですね

LP:/ Yeah,/ that's right,/ and I think for me,/ I have been focusing on access more,/ if we're talking/ about the future.//

(ペイジ)ええ その通りです 未来を見据えたとき 情報アクセスに より重点を置くようになって

We recently released this Loon Project/ which is using balloons/ to do it.//

最近「ルーン・プロジェクト」 というものを立ち上げ 気球を使ってそれを 実現しようとしています

クレイジーに聞こえますよね

We can show the video here.//

ビデオをお見せしましょう

Actually,/two out of three people/ in the world don't have good Internet access now.//

世界の3人に2人は インターネットに アクセスできません

We actually think/ this can really help people/ sort of cost-efficiently.//

私達は これが低コストで その人たちの役に立つと 考えています

CR:/ It's a balloon.// LP:/ Yeah,/ get access/ to the Internet.//

(ローズ)気球ですね (ペイジ)ええ ネットアクセスを提供するんです

CR:/ And why does this balloon give you/ access/ to the Internet?//

(ローズ)どうして気球で インターネットに アクセスできるんでしょう?

Because there was some interesting things/ you had to do/ to figure out/ how to make balloons possible,/ they didn't have to be tethered.//

気球をどこかに 繋いでおかなくても よくするための 興味深い仕組みが あると伺いましたが

LP:/ Yeah,/ and this is a good example of innovation.//

(ペイジ)これはイノベーションの 良い例ですね

Like,/ we've been thinking about this idea/ for five years or more/ before we started working/ on it,/ but it was just really,/ how do we get access points up high,/ cheaply?//

私達はこのアイデアについて 実際に手をつけるまでに 5年以上 考えを暖めて来ました そのアイデアの原点は 「アクセスポイントをどう低コストで 高所に配置できるか?」ということです

You normally have to use/ satellites/ and it takes a long time/ to launch them.//

通常は人工衛星を使いますが 打ち上げるまでに 長い時間がかかります

But you saw there how easy/ it is to launch a balloon/ and get it up,/ and actually again,/ it's the power of the Internet,/ I did a search/ on it,/ and I found,/30,40 years ago,/ someone had put up/ a balloon/ and it had gone around the Earth multiple times.//

気球を上げるのが いかに簡単か ご覧頂きましたが これもインターネットの お陰なんです ネットで検索していて 見つけたことです 30年か40年前に 誰かが気球を上げて それが地球を 何周もしたそうです

And I thought,/ why can't we do that today?//

今の我々に出来ない訳がない と思いました

And that's/ how this project got going.//

それがこのプロジェクトのきっかけです

CR:/ But are you at the mercy of the wind?//

(ローズ)でも風のなすがままですよね?

LP:/ Yeah,/ but it turns out,/ we did some weather simulations/ which probably hadn't really been done before,/ and/ if you control the altitude of the balloons,/ which you can do by pumping air/ into them and other ways,/ you can actually control roughly/ where they go,/ and so I think/ we can build a worldwide mesh of these balloons/ that can cover the whole planet.//

(ペイジ)ええ しかし 今までに多分前例のない 気候シミュレーションをした結果 気球の高度をうまく 制御してやると ― これは空気の出し入れ等で 可能なんですが 気球の行き先を大まかに 制御できることが分かったんです たくさんの気球を使って 地球全体を覆う通信網を作れる と考えてます

CR:/ Before I talk about the future and transportation,/ where you've been a nerd/ for a while,/ and this fascination/ you have with transportation and automated cars and bicycles,/ let me/ talk a bit/ about what's been the subject here earlier/ with Edward Snowden.//

(ローズ)これから未来と交通について あなたがこのところ 夢中になっている 輸送システムや 自動運転車 自転車について お話ししたいと思いますが その前に 先程のスノーデンの登場で 話題になったことに 触れましょう

It is security and privacy.//

セキュリティとプライバシーです

You have to have been thinking about that.//

これについて長い間考えてきましたね

LP:/ Yeah,/ absolutely.//

(ペイジ)もちろんです

I saw the picture of Sergey/ with Edward Snowden/ yesterday.//

セルゲイがスノーデンと一緒の写真を 昨日見ましたよ

Some of you may have seen it.//

皆さんの中にも 見た人がいるかも知れません

But I think,/ for me,/ I guess,/ privacy and security are a really important/ thing.//

私にとって プライバシーとセキュリティは大事です

We think about it/ in terms of both things,/ and I think/ you can't have privacy/ without security,/ so let me just talk about security first,/ because you asked about Snowden and all of that,/ and then/ I'll say a little bit/ about privacy.//

私達はこの2つを 一緒に考えています プライバシーは セキュリティなしにはありえません ですからセキュリティからまず お話して ― スノーデンの話も出た事ですから そしてプライバシーに触れますね

I think for me,/ it's tremendously disappointing/ that the government secretly did all this stuff/ and didn't tell us.//

私は政府が秘密裏に ああしたことをやっていて 我々に知らせずにいたということに 非常にがっかりしています

I don't think/ we can have a democracy/ if we're having to protect/ you/ and our users/ from the government/ for stuff/ that we've never had a conversation about.//

我々の聞いたこともない 政府の活動から 我々がみんなを 守らねばならないとしたら 民主主義なんか 成り立ちませんよ

And I don't mean/ we have to know/ what the particular terrorist attack is they're worried/ about protecting us from,/ but we do need to know/ what the parameters of it is,/ what kind of surveillance/ the government's going to do/ and how and why,/ and I think/ we haven't had/ that conversation.//

政府が懸念し 国民を守ろうとしている 具体的なテロの情報を 知る必要があると言うのではなく どういう要因があり どの程度の範囲で どのような監視を 我々は政府から受けているか 知る必要がある ということです そのことについて 開かれた議論がなされていません

So I think/ the government's actually done itself/ a tremendous disservice/ by doing all that/ in secret.//

結果として 政府はこの一連の事を 全て秘密裏に運んで 非常にあだとなったと思います

CR:/ Never coming/ to Google/ to ask for anything.//

(ローズ)一度もグーグルに相談に 来たりはしなかったと

LP:/ Not Google,/ but the public.//

(ペイジ)グーグルではなく 公に話すべきです

I think/ we need to have/ a debate/ about that,/ or we can't have a functioning democracy.//

私達は公にこれを話し合うべきです でなければ民主主義は 機能しません

It's just not possible.//

そんなのは無理ですよ

So I'm sad/ that Google's in the position of protecting you/ and our users/ from the government/ doing secret thing/ that nobody knows/ about.//

ですからグーグルが 皆さんやユーザーを 誰も知らない 政府の秘密裏の監視から 守らなければいけない 立場になったというのが 残念です

It doesn't make any sense.//

全く滅茶苦茶な話です

CR:/ Yeah.// And then/ there's a privacy side of it.//

(ローズ)そしてプライバシー というのもありますね

LP:/ Yes.// The privacy side,/ I think/ it's --/ the world is changing.//

(ペイジ)ええ プライバシーについては 世界は変わりつつあります

You carry a phone.// It knows/ where you are.//

みんな携帯を持っていて どこにいるかが分かってしまいます

There's so/ much more information/ about you,/ and that's an important thing,/ and it makes sense/ why people are asking difficult questions.//

現代では個人についての情報が 大量にあり それは重要なことです 人々が難しい議論をしているのも ごく当然なことだと思います

We spend a lot of time/ thinking about this/ and what the issues are.//

私達はこのことについて 多くの時間を費やして 問題が何なのかを 考えて来ました

I'm a little bit --/ I think the main thing/ that we need to do/ is just provide people choice,/ show them/ what data's being collected --/ search history,/ location data.//

まず ― 私達がすべきことは 検索履歴や位置情報など どんな情報が収集されるのか知らせ 選択肢を与えることだと思います

We're excited/ about incognito mode/ in Chrome,/ and doing/ that in more ways,/ just/ giving people/ more choice/ and more awareness of what's going on.//

Chromeのシークレットモードは 素晴らしいものです このような選択肢を もっと人々に提供したい それについて知って欲しいと思います

I also think/ it's very easy.//

それは難しいことではないと 思っています

What I'm/ worried is/ that we throw out/ the baby/ with the bathwater.//

私が懸念しているのは 大切な物を 無用な物と一緒に

And I look at,/ on your show,/ actually,/ I kind/ of lost my voice,/ and I haven't gotten it back.//

捨ててしまうということです 例えば ― 私は声を失い それから回復していません

I'm hoping/ that by talking to you/ I'm going to get/ it back.//

あなたと話していると 声が戻って来て欲しいと思いますよ

CR:/ If I could do anything,/ I would do that.//

(ローズ)私にできることがあれば何なりと

LP:/ All right.// So get out/ your voodoo doll/ and whatever you need to do.//

(ペイジ)じゃあブードゥー人形で おまじないでも してもらいましょうか

But I think,/ you know/ what,/ I look at that,/ I made/ that public,/ and I got all this information.//

それで 私がこの病気のことを 公にすると たくさんの情報が 集まって来ました

We got/ a survey done on medical conditions/ with people/ who have similar issues,/ and I look at medical records,/ and I say,/ wouldn't it be amazing/ if everyone's medical records were available anonymously/ to research doctors?//

似たような問題を患う人たちに 症状についてのアンケートを 取ったんですが 医療記録を見ていて 思いました 素晴らしいことじゃないか もし皆の医療記録が匿名で 研究のために 共有されるようになったら?

And when someone accesses your medical record,/ a research doctor,/ they could see,/ you could see/ which doctor accessed it/ and why,/ and you could maybe learn about what conditions/ you have.//

誰かが自分の医療記録に 例えば研究医がアクセスすると どの医師が 何故アクセスしたのか 本人が知ることができて 自分の症状が何なのか 分かるようになるかも知れません

I think/ if we just did/ that,/ we'd save 100,000 lives/ this year.//

そうなれば 毎年 ― 10万人もの命を 救えることでしょう

CR:/ Absolutely.// Let/ me go --/ (Applause)/ LP:/ So I guess/ I'm just very worried/ that with Internet privacy,/ we're doing/ the same thing/ we're doing/ with medical records,/ is we're throwing out/ the baby/ with the bathwater,/ and we're not really thinking/ about the tremendous good/ that can come from people/ sharing information/ with the right people/ in the right ways.//

(ローズ)もっともです(拍手) (ペイジ)ですから私が懸念するのは インターネットの情報保護により 今の医療記録のように なってしまうこと 大事なデータが埋もれてしまう ということです 私達はいまだに しかるべき人々と しかるべき方法で 情報共有することで どれほどの恩恵が得られるか 十分 分かっていないのです

CR:/ And the necessary condition/ that people have to have/ confidence/ that their information will not be abused.//

(ローズ)そのために必要となる条件は 人々が自分の情報が 悪用されないと 確信を持てる環境ですね

LP:/ Yeah,/ and I had this problem/ with my voice stuff.//

(ペイジ)ええ この声を患った際

I was scared to share/ it.//

情報を公にするのは 怖かったですが

Sergey encouraged me/ to do that,/ and it was a great thing/ to do.//

セルゲイがやったらいいと 言ってくれ 実際それは素晴らしいことでした

CR:/ And the response has been overwhelming.//

(ローズ)反応は予想以上だった

LP:/ Yeah,/ and people are super/ positive.//

(ペイジ)皆とてもポジティブでした

We got thousands and thousands of people/ with similar conditions,/ which there's no data/ on today.//

何千もの人々が同じような 症状を抱えていますが 今日それについての 情報はありません

So it was a really good thing.//

なので共有して良かったです

CR:/ So talking about the future,/ what is it about you and transportation systems?//

(ローズ)さあでは未来についてですが 交通システムについて どういう取り組みを?

LP:/ Yeah.// I guess/ I was just frustrated with this/ when I was at college/ in Michigan.//

(ペイジ)ミシガン大学にいた頃から 不満を抱き続けていたのだと思います

I had to get/ on the bus/ and take it/ and wait for it.//

バスに乗るために 寒い雪の中

And it was cold and snowing.//

待たなければならなかったので

I did some research/ on how much/ it/ cost,/ and I just became/ a bit obsessed with transportation systems.//

どれくらいのコストが かかるのか調べはじめて 交通システムについて ちょっとハマっていました

CR:/ And that began the idea of an automated car.//

(ローズ)それで自動運転車の アイデアが浮かんだんですね

LP:/ Yeah,/ about 18 years ago/ I learned about people/ working on automated cars,/ and I became fascinated by that,/ and it takes a while/ to get these projects/ going,/ but I'm/ super excited about the possibilities of that improving the world.//

(ペイジ)18年前に自動運転車を 開発している人々について知り 夢中になりました 実際にプロジェクトを始めるまでに しばらくかかりましたが 今は世界を良く出来るかも しれない可能性に とても興奮しています

There's 20 million people or more injured/ per year.//

毎年2千万人以上の人が 事故に遭い

It's the leading cause of death/ for people/ under 34/ in the U.S.//

34才未満のアメリカ人とって 主な死因でもあります

CR:/ So you're talking/ about saving lives.//

(ローズ)つまり命を救いたいと

LP:/ Yeah,/ and also/ saving space/ and making life better.//

(ペイジ)ええ それに空間を上手に利用し 暮らしを豊かにするんです

Los Angeles is half parking lots and roads,/ half of the area,/ and most cities are not far behind,/ actually.//

ロサンジェルスは その半分が駐車場や道路です 面積の半分がです 他の都市の多くも そう変わりません

It's just crazy/ that that's/ what we use our space for.//

クレイジーです それが私達の空間の使い方なんです

CR:/ And how soon will we be there?//

(ローズ)それはいつ頃 実現しそうですか?

LP:/ I think/ we can be there very,/ very soon.//

(ペイジ)私達はもう すぐそこまで来ています

We've driven well over 100,000 miles now totally automated.//

16万キロ以上も走行していて 今や完全に自動運転になっています

I'm/ super excited about getting/ that out/ quickly.//

自動運転車を こんなに早く 世に出せるのが嬉しいです

CR:/ But it's not only/ you're talking/ about automated cars.//

(ローズ)でも自動運転車だけでは ありませんよね

You also have this idea/ for bicycles.//

自転車のアイデアもおありだとか

LP:/ Well/ at Google,/ we got this idea/ that we should just provide free bikes/ to everyone,/ and that's been amazing,/ most of the trips.//

(ペイジ)ええ グーグルでは みんなに無料で自転車を提供すべきだ という話になって 今まで本当に上手くいっています

You see bikes/ going everywhere,/ and the bikes wear out.//

自転車が至る所で走り回り 自転車も摩耗しますが

They're getting used 24 hours/ a day.//

一日中使われているのですからね

CR:/ But you want to put/ them/ above the street,/ too.//

(ローズ)それを道路ではなく 空中を走らせたいとか

LP:/ Well/ I said,/ how do we get people using bikes more?//

(ペイジ)どうしたら人々がもっと 自転車を使い出すだろうかと

CR:/ We may have a video/ here.//

(ローズ)ビデオがありましたね

LP:/ Yeah,/ let's show the video.//

(ペイジ)ええ 観てみましょう

I just got excited about this.//

これはワクワクしますよ

(Music)/ So this is actually/ how you might separate bikes/ from cars/ with minimal cost.//

(音楽) これが自転車を車道から 低いコストで切り離すアイデアです

Anyway,/ it looks totally crazy,/ but I was actually thinking about our campus,/ working with the cities and stuff,/ and just trying to get/ a lot/ more bike usage,/ and I was thinking about,/ how do you cost-effectively separate the bikes/ from traffic?//

クレイジーに見えますが グーグル・キャンパスの事を 考えたときや 市当局と働かせてもらったとき 自転車の使用率を上げたいと思い こう考えました どうしたら コストをかけずに 自転車と車を 切り離せるだろうかと

And I went/ and searched,/ and this is/ what I found.//

それで検索して 見つけたんです

And we're not actually working/ on this,/ that particular thing,/ but it gets your imagination going.//

これを実際に 実用化に向け進めている というわけではありませんが 想像力を掻き立ててくれます

CR:/ Let me/ close with this.//

(ローズ)では最後に

Give me/ a sense of the philosophy of your own mind.//

あなたご自身の哲学について 教えて下さい

You have this idea of [ Google X ] .//

あなたには「グーグルX」という アイデアがあって

You don't simply want to go/ in some small, measurable arena of progress.//

小さな物差しで測れるような 進歩以上のものを 求めていますね

LP:/ Yeah,/ I think many of the things/ we just talked about are like that,/ where they're really --/ I almost use the economic concept of additionality,/ which means/ that you're doing/ something/ that wouldn't happen/ unless you were actually doing it.//

(ペイジ)ええ 今 お話ししたことの ほとんどがそうです 例えば ― 経済学で「追加性」 という概念がありますが これは 自分が始めなければ 存在しなかったことを やっているということです

And I think the more/ you can do things/ like that,/ the bigger impact/ you have,/ and that's about doing things/ that people might not think are possible.//

そういうことを 多くやっていけば より大きなインパクトを もたらすことが出来ます みんなできると思って いなかったようなことを やるということです

And I've been amazed,/ the more/ I learn about technology,/ the more/ I realize/ I don't know,/ and that's/ because this technological horizon,/ the thing/ that you can see to do/ next,/ the more/ you learn about technology,/ the more/ you learn/ what's possible.//

これまでずっと テクノロジーを知れば知るほど 知らないことの多さに 気付かされてきました なぜなら テクノロジーの地平線に 次にすべきことが 見えてくるからです テクノロジーについて学ぶ程 新しくできることが 分かるようになるのです

You learn/ that the balloons are possible/ because there's some material/ that will work for them.//

例えば あの気球が 実現出来ると分かったのも その為に使える要素について 知ったからです

CR//:/ What's interesting/ about you too,/ though,/ for me,/ is/ that,/ we have lots of people/ who are thinking about the future,/ and they are going and looking/ and they're coming back,/ but we never see the implementation.//

(ローズ)それがあなたを 興味深いと思うところです 未来について考える人は たくさんいて アイデアを示しますが それを実現し 形にする人となると なかなかいません

I think of somebody/ you knew/ and read about,/ Tesla.//

例えばあなたも 良くご存知で 読んだこともあるだろう テスラの例があります

The principle of that/ for you is/ what?//

あなたの原則は どういうものなのでしょう?

LP:/ Well,/ I think/ invention is not enough.//

(ペイジ)発明だけでは 十分ではないのです

If you invent something,/ Tesla invented electric power/ that we use,/ but he struggled to get/ it out/ to people.//

何かを発明した際 ― テスラは私達が日常使う 電力の発明をしましたが 世に出すことに苦労しました

That had to be done by other people.//

それは他の人により成され

It took a long time.//

時間がかかりました

And I think/ if we can actually combine both things,/ where we have an innovation and invention focus,/ plus the ability/ to really --/ a company/ that can really commercialize things/ and get them/ to people/ in a way/ that's positive/ for the world/ and to give people hope.//

もし2つの力が結びつけば ― 革新や発明の力と 企業の それを商用化し 人々のもとに届けるという力が 結びついたなら それは世界にとって プラスになり 人々に希望をもたらします

You know,/ I'm amazed with the Loon Project just how/ excited people were about that,/ because it gave them/ hope for the two thirds of the world/ that doesn't have Internet right now/ that's any good.//

私はルーン・プロジェクトが 世界の人口の3分の2の インターネットの無い人々に 期待と希望を与えていることに 感動しています

CR:/ Which is a second thing/ about corporations.//

(ローズ)それは企業の もう一つの側面ですね

You are one of those people/ who believe/ that corporations are an agent of change/ if they are run well.//

あなたは企業が 変革の担い手であると 信じるひとりですね うまく運営されていればですが

LP:/ Yeah.// I'm really dismayed/ most people think companies are basically evil.//

(ペイジ)ええ 企業は基本的に悪だと 多くの人が考えているのは 残念なことです

They get a bad rap.//

企業はいわれのない非難を受けます

And I think/ that's somewhat correct.//

まあ多少当てはまる所も ありますが

Companies are doing the same incremental thing/ that they did 50 years ago/ or 20 years ago.//

企業は20年とか50年も前と 変わらない 漸進的なやり方を 続けています

That's not really/ what we need.//

私達に必要なのは そうではなく

特にテクノロジーにおいては 革新的な変化を必要とします 徐々に起こる変化ではなく

CR:/ You once said,/ actually,/ as I think/ I've got this/ about right,/ that you might consider,/ rather than giving your money,/ if you were leaving it/ to some cause,/ just simply giving/ it/ to Elon Musk,/ because you had confidence/ that he would change the future,/ and/ that you would therefore --/ LP:/ Yeah,/ if you want to go/ Mars,/ he wants to go/ to Mars,/ to back up/ humanity,/ that's a worthy goal,/ but it's a company,/ and it's philanthropical.//

(ローズ)あなたは以前 もし私が正しく理解しているなら こう言いましたね 財産を何かのために遺すとしたら 慈善に寄付するよりも イーロン・マスクに 譲ってしまうだろうと 彼なら未来を ― 変えてくれると信じているから だからそうするだろうと (ペイジ)火星に行きたいのなら ― 彼は火星に行きたいと考えてます 人類存続の為に それは崇高な目標です 企業でありながら 善を為すことを目指しています

So I think/ we aim to do/ kind of similar things.//

私達は同じような目的を 共有しています

And I think,/ you ask,/ we have a lot of employees/ at Google/ who have become pretty wealthy.//

グーグルには かなり裕福になった 社員がたくさんいます

People make a lot of money/ in technology.//

皆テクノロジー分野で たいへん利益を上げています

A lot of people/ in the room are pretty wealthy.//

この会場にいる人も 裕福な方が多いですね

You're working/ because you want to change/ the world.//

世界を変えたいから 働くんでしょう

You want to make/ it better.//

世界を良くしたくて

Why isn't the company/ that you work for worthy not just of your time/ but your money as well?//

あなたの会社には あなたの時間だけでなくお金も 費やす価値があって いいのではないでしょうか

I mean,/ but we don't have a concept of that.//

しかしそう考えられていません

That's not/ how we think about companies,/ and I think/ it's sad,/ because companies are most of our effort.//

会社はそういうものとは 考えられていないのです それは残念な事です 会社は私達の労力の大部分

They're/ where most of people's time is,/ where a lot of the money is,/ and so I think/ I'd like/ for us/ to help out/ more/ than we are.//

人々の時間のほとんどと お金が投じられている場所です だからみんな もっと企業を援助しても いいと思うのです

CR:/ When I close conversations/ with lots of people,/ I always ask this question:/ What state of mind,/ what quality of mind is it/ that has served you best?//

(ローズ)インタビューを終える時に よくこの質問をするんですが どんな心のあり方 どんな心の特質が あなたを成功させたと 思いますか?

People/ like Rupert Murdoch have said curiosity,/ and other people/ in the media have said that.//

たとえばルパート・マードックは 「好奇心」だと言いました 他にもメディア業界の人で そういう人がいました

Bill Gates/ and Warren Buffett have said focus.//

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットは 「集中」だと言いました

What quality of mind,/ as I leave this audience,/ has enabled you/ to think about the future/ and/ at the same time change the present?//

あなたの場合は 何が あなたに未来を見せ 同時に現在を改革するように 仕向けたのでしょう?

LP:/ You know,/ I think the most important thing --/ I looked at lots of companies/ and why I thought they don't succeed over time.//

(ペイジ)たぶん最も大事なのは ― たくさんの会社を見て来て なぜ長続きしないのかを 考えてきました

We've had a more rapid turnover of companies.//

多くの会社が現れては 消えて行きましたが

And I said,/ what did they fundamentally do wrong?//

彼らは何を間違ったんだろう? と考えました

What did those companies all do wrong?//

共通して犯している間違いは

And usually/ it's just/ that they missed the future.//

多くの場合 未来を見通していなかった ということに尽きます

And so/ I think,/ for me,/ I just try to focus/ on that/ and say,/ what is that/ future really going to be/ and how do we create it,/ and how do we cause our organization,/ to really focus on that/ and drive/ that at a really high rate?//

ですから私は その点に集中して 未来はどういうものになるか どうやって私達は それを創造できるか そして自分の会社を どうその未来に 集中させられるか 未来の創造を 促進できるかを考えます

And so/ that's been curiosity,/ it's been looking at things/ people might not think about,/ working on things/ that no one else is working on,/ because that's/ where the additionality really is,/ and be willing/ to do that,/ to take that risk.//

だから好奇心ですね 他の人が考えないようなことに 目を向け 誰もやらないことを やってみること そこにこそ本当の 価値があるからです 積極的にそういうことをやり リスクをとるということです

Look/ at Android.//

例えばアンドロイドですが

I felt guilty/ about working on Android/ when it was starting.//

はじめはアンドロイドを手がけるのを 後ろめたく思っていました

It was a little startup/ we bought.//

買収したときは 小さなベンチャーにすぎず

It wasn't really/ what we were really working on.//

私達が本来手がけている ものではなかったので

And I felt guilty/ about spending time/ on that.//

それに時間を割くのは 良くないことに思えました

That was stupid.//

それは馬鹿な考えでした

That was the future,/ right?//

そこに未来があったのです

That was a good thing/ to be working on.//

あれを手がけて 良かったのです

CR:/ It is great/ to see you here.//

(ローズ)あなたとこうして

It's great/ to hear from you,/ and a pleasure to sit at this table/ with you.//

お話し出来て良かったです ここにご一緒出来て光栄です

Thanks,/ Larry.//

ありがとう ラリー

LP:/ Thank you.//

(ペイジ)ありがとうございました

(Applause)CR//:/ Larry Page.//

(拍手) (ローズ)ラリー・ペイジでした

rose

〈C〉『バラの花』

〈C〉バラの木

〈U〉バラ色,淡紅色

〈C〉(形が)バラに似た物:(じょうろの)散水口;(リボンなどの)バラ結び;バラ模様(飾り)

『バラ色の』

バラの

basically

基本的に,根本的に;元来は

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

middle-aged

中年の;中年特有の

boring

退屈な,うんざりする

men

manの複数形

flatter

(…について)〈人〉‘に'『おせじをいう』《+『名』〈人〉+『about』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'喜ばせる,得意がらせる

〈写真・服などが〉…‘を'実物以上によく見せる

laughter

『笑い』,笑い声

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

prospect

〈C〉《通例単数性で》(高い位置からの)(…の)『光景』,眺め《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『予想』,展望《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

《複数性で》(…の)『成功の見込み(機会)』《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

〈C〉見込みのある人,有望な人

〈C〉《米》願客になりそうな人

(金などを求めて)〈ある地域〉‘を'探査する《+『名』+『for』+『名』》

(金などを求めて)探査する《+『for』+『名』》

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

universally

いたる所に(で);一般に

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

totally

全く,完全に

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

acquire

(不断の努力・習慣などで)…'を'『習得する』,身につける

〈財産・権利など〉'を'手に入れる,取得する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

state of the art

特定の分野またはある時点での科学・規術水準 = state-of-the-art

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

obviously

明らかに,明白に

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

superhuman

人間の域を超えた,神的な

超人的な,人力を越えた,神わざの

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

narrate

…‘の'話をする,‘を'物語る,述べる

(ドラマなどで)語り手になる

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

rack

《しばしば複合語を作って》(枠・網・棒などで作られた)…『掛け』,…『のせ』,…『棚』(たな)陳列棚;網棚

歯ざお(歯車を受ける直線のかみ合せ歯)

(昔の)拷問(ごうもん)台;《『the~』》拷問;(肉体・精神の)苦痛

(肉体的・精神的に)(…で)〈人〉‘を'苦しめる,悩ませる《+『名』+『with』+『名』》・「rack one's brains」で「知恵を絞る」

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

boxing

『ボクシング』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

exciting

(物事が)『興奮させる』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

crosse

クロス(ラクロス(lacrosse)競技用のラケット)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

soy

〈U〉しょうゆ

=soybean

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

suddenly

『突然に』,だしぬけに

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

potato

〈C〉〈U〉『ジャガイモ』

(また『potato plant』)〈C〉ジャガイモをつける植物

〈C〉〈U〉《おもに米》サツマイモ(sweet potato)

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

ant

『アリ』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

sprinkle

〈液体・粉末など〉‘を'『振りかける』,まく《+『名』+『out』》;(…に)…‘を'振りかける《+『名』+『on』+『名』》

(液体・粉末などを)…‘に'『振りかける』,まく《+『名』+『with』+『名』》

雨がぱらぱら降る

少量,少々

小雨

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

ash

〈U〉《しばしば複数形で;単数扱い》『灰』

〈U〉火山灰

《複数形で》(火葬された)遺骨,なきがら;(火事で焼けた)廃墟(はいきょ)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

windmill

『風車』

=pinwheel

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

grandmother

『祖母』

notice board

=bulletin board

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

wooden

『木製の』,木造の

(行動などが)不自然な,ぎごちない

(表情などが)生気のない,無表情な

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

follow-up

追求;追跡調査;(新聞などの)追いかけ記事

後を追う,重ねて行う

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

applause

『拍手かっさい』;称賛

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

loon

アビ(不気味な鳴き声を出す北半球産の海鳥)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

balloon

『気球』,軽気球

(おもちゃの)風船

(気球のように)ふくれる《+『out』(『up』)》

(気球のように)ふくれた

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

cheaply

=cheap{副}

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

times

…掛ける

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

mercy

〈U〉『慈悲』,寛大,あわれみ

〈C〉《a~》ありがたいこと,感謝すべきこと

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

probably

『たぶん』,『おそらく』

altitude

〈U〉『高さ』(height)

〈C〉標高,海抜(かいばつ)

《しばしば複数形で》高所;高い地位

〈U〉〈C〉(三角形などの底辺からの)高さ;(天体の)高度,高角

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

mesh

〈C〉《単数形で》(網・ふるいなどの)目,網目

〈C〉〈U〉網,網細工

〈C〉〈U〉網目状の織物(編物),メッシュ

〈C〉《複数形で》網の目をかがった糸

〈C〉わな

〈歯車・歯などが〉(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

《性質・考え方などが》ぴったり合う

〈魚など〉‘を'網で捕らえる

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

planet

『惑星』,遊星

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

fascination

〈U〉魅惑[すること],うっとりした状態

〈C〉引き付ける力

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

tremendously

途方もなく;恐ろしく;とても,非常に

disappointing

失望させるような,意外につまらない

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

worried

(人・表情などが)心配そうな

parameter

(数学で)媒介変数,補助変数

(統計で)母数

surveillance

(特に容疑者・囚人などの)監視,見張り

監督,指揮

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

disservice

ひどい仕打ち,不親切,悪意

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

datum

dataの単数形

既知の事実

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

data

『資料』,事実;情報

incognito

変名の匿名の,お忍びの

{副}

変名で,匿で,お忍びで

匿名者,変名者

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

chrome

=chromium

クロムまたはクロム合金をめっきした材料,クロム染料など

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

voodoo

〈U〉ブードゥー教(西インド諸島やアメリカの一部の黒人間で行われる,まじないを信仰する宗教)

〈C〉ブードゥー教のまじない師;ブードゥー教のまじない

ブードゥー教の

doll

『人形』

《話》美しいが愚かな女

《俗》かわいい子(娘)

《米俗》親切な人,いい子

《be dolled up=doll oneself up》着飾る

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

Michigan

ミシガン州(米国中北部の州;州都はLansing;{略}『Mich,MI』)

ミシガン湖(『Lake~』;米国の五大湖の1つ)

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

injure

…‘を'『傷つける』,‘に'損害を与える

〈感情・名声など〉‘を'『傷つける』,害する

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

lives

lifeの複数形

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

Los Angeles

『ロサンゼルス』(米国California州南部の都市;《略》『L.A.』)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

parking lot

駐車場(《英》car park)

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

bike

=bicycle

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

minimal

最小の,極小の,最近の

anyway

=anyhow

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

usage

〈U〉(物の)『用い方』,用法

〈C〉〈U〉(言語の)『慣用[法]』,語法

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

measurable

測ることのできる

arena

(古代ローマ時代の円形劇場の中央にある)闘技場

(一般にスポーツなどの)競技場,競演場

競争の場,活躍の舞台

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

economic

『経済の』

『経済学の』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

technological

科学技術の(に関する)

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

excited

興奮した

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

rap

(…を)『コツン』(『トン』)『とたたくこと』(『音』)《+『on』(『at』)+『名』》

《話》(人のしたことに対する)非難,とがめ《+『for』+『名』》

《俗》おしゃべり

…‘を'コツン(トン)とたたく

〈命令など〉‘を'びしゃりと言う《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)コツン(トン)とたたく《+『at』(on)+『名』》

《俗》互いに気持ちよく話す・〔俗〕 非難(する); 叱る; 〔俗〕 告訴[処罰,逮捕](する); 〔俗〕 おしゃべり(する); 〔米俗〕 ラップ(ミュージック); 〔米俗〕 ラップで歌う・「take the rap」で「甘んじて罰を受ける」

somewhat

『幾分か』,少し

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

incremental

増加の

especially

『特に』,特別に;きわだって

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

musk

じゃ香;じゃ香の香り

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

warren

(ウサギなどの)飼育場

ごみごみした地区(建物)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

rapid

『速い』,『すばやい』,敏速な

(坂などが)急な,険しい

急流,早瀬

turnover

〈C〉(車などの)転覆,転倒

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)総取り引き高,売り上げ高

〈U〉《しばしば s…》(一定期間内の)補充労働者の総数(割合)

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)商品の回転率

〈C〉〈U〉(半円形形または三角形の)折り重ねパイ

fundamentally

基本的に;本質的に

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

no one

『だれも』…『ない』

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

android

人造人間

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

bought

buyの過去・過去分詞

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

関連動画