TED日本語 - ボビー・ゴッシュ: 国際ジハードの敗北の所以

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

イスラム教の歴史を通じ、ジハードは二つの側面を持って来たのだとジャーナリストのボビー・ゴッシュ氏は話します:一つは、より善い人間になるための内面的、個人的苦闘。そしてもう一つは、対外的な闘いです。少数派(最近ではオザマ・ビン・ラディン)が、後者の意味を乱用し、西洋に対する、世界規模での破壊的な暴力を正当化するのに使っています。ビン・ラディンの世界組織がバラバラに散った今、言葉の真の意図を取り戻すべきだと、ゴッシュ氏は主張します。 (TEDxGeorgetown にて撮影)

Script

言葉の持つ力についてお話します 「ジハード」という言葉

イスラムの教えを実践している大部分のイスラム教徒にとって ジハードとは信仰上の内面的苦闘を意味します それは個人の内面で起こる闘い悪、罪、誘惑、欲望、貪欲に対する苦闘です コーランに書かれた道徳的規則に導かれて 人生を生きる際に伴う苦闘なのです 本来の解釈ではキリスト教徒にとっての「慈悲」と同じくらい イスラム教徒にとってジハードは重要なのです そう考えると 「ジハード」とはとても強力な言葉です その言葉には ある神秘的な響きさえも感じます そのために 何百年間も 各地のムスリムは子供を「ジハード」と名付けて来たのです 娘にも息子にも同様にです キリスト教の親が娘を「グレース」と名付けるのと同じです 私のようにヒンドゥー教の親は 娘を「バクティ」と名付けます サンスクリット語で 神への崇拝を意味する言葉です

しかし いつの時代も イスラム教徒の中には ジハードが内面的苦闘だけでなく 対外的苦闘も意味すると信じている少数派がいます 信仰や信者達を脅かす力に対する苦闘です 中には その苦闘のためなら 武装してもいいのだと信じる人もいます そうして何千人ものイスラム教徒の青年が 1980年代にアフガニスタンに押し寄せ イスラム国家を占領するソビエト連邦と戦いました 彼らの理解では 彼らはジハードを闘っており ジハードを実践していたのです 彼らは自らを「ムジャヒディン」と呼びました この言葉は「ジハード」と語源が同じです 今では忘れ去られていますが 当時ムジャヒディンはここアメリカで賞賛され 邪悪な共産主義者と勇敢にも戦う神聖な戦士と見なされていました アメリカは彼らに武器を与え 資金援助し 応援して 励ましていたのです

しかし その中のごく少数派が― 少数派の内の少数派の内の少数派ですが― 新しく危険なジハードの概念を生み出したのです 新しく危険な ジハードの概念を生み出したのです しばらくして オザマ・ビン・ラディンが彼らを率います 彼は概念を更に洗練しました 彼の言うジハードとはテロによる世界戦争でした その第一の標的は 西洋の十字軍とも言える 遠い敵 アメリカでした 彼はこのジハードの遂行のために 世にも恐ろしく不条理なことをしました この事件のショックがあまりに大きかったために 西洋諸国のみならず 世界中で彼のジハードの定義が 定着したのです 我々は詳しいことも知らず 疑問に思うこともなかったのです この狂人とその狂った支持者が自分達の活動を「ジハード」と呼んでいるから 「ジハード」とはそういう意味なんだろうと私達は思い込んだのです 私達だけでなく イスラム教徒もそうでした 彼のジハードの定義が徐々に受け入れらていきました

昨年 チュニジアの首都 チュニスのちっぽけなモスクで 年老いたイマーム(導師) に出会いました 15年前に彼は孫娘を「ジハード」と名付けました 本来の意味を込めてです彼はその名前が 孫娘を宗教的な人生に導いてくれることを願いました しかし 9.11 を経て その名前をつけたことを後悔し始めていると言います その名前で彼女を呼べば 特に公共の場に出ている時にそうすれば ビン・ラディンの意味する「ジハード」の支持者かと思われると 心配していました 彼のモスクでは毎週金曜日に ジハード本来の意味を取り戻すために 説教をしていますしかし モスクに集まる人々は 複数の飛行機がビルに突っ込み ビルが崩れ落ちる映像を見ています ビン・ラディンが これがジハードだと宣言するのを聞いています だから年老いたイマームは心配だったのです 彼の説教に誰も耳を貸さず 注意も払わないかもしれないと

しかし 彼に関心を持つ人たちもいました 間違った理由でです 当時のアメリカは チュニジアを含むアラブの同盟諸国に 過激派を撲滅するように圧力をかけていました このイマームは突如としてチュニジアの情報機関の 標的となってしまったのです 今まで気にも留めていなかった 小さなモスクの年寄りのもとを 突然 訪れるようになり 時には彼を質問攻めにしました いつも同じ質問です 「どうして孫娘をジハードと名付けたのか」 「どうして金曜日の説教で繰り返しジハードと口にするのか」 「アメリカ人を憎んでいるか」 「オザマ・ビン・ラディンとの関係は何か」

チュニジアを始めとするアラブ諸国の情報機関にとっては 「ジハード」とは 過激主義を意味したのです ビン・ラディンによる定義は公的なものになったのです 彼の言葉の影響はこれほどまでに強力だったのです この年老いたイマームは悲しみに暮れました 彼は言いましたビン・ラディンの数ある犯罪の中でも これは人々の注意をすり抜けてしまったと ビン・ラディンはこの美しい言葉をさらったのだと 彼は言葉を乱用したというより言葉を拉致して 卑しめ 汚染したのだと言えます 本来の意味からは程遠い意味を持たせ 元々国際的テロを意味する言葉だと世界中に思い込ませたのです

しかし 幸いなことに ビン・ラディンが定義した国際ジハードはもうすぐ終わります 彼が死ぬずっと以前から 勢いは衰え始め そして今 死に絶えるところです イスラム教諸国での 世論調査によれば 遠い欧米諸国を相手に世界的な聖戦をすることに 興味を抱いている人はほとんどいません そんな戦争に参加して命を捧げようとする若者は減り 戦力と同様に―いやそれ以上に重要な資金も 集まらなくなってきています 以前は資金援助をしていた裕福な熱狂的信者も 今ではそのような活動への出資を渋り始めています

これをどう考えるべきでしょう? シャンパンで祝杯を挙げる時が来たのでしょうか? 戦争から手を引き 戦地から撤退し安心して暮らせるということでしょうか? 違います戦争から撤退するなんてできません 局所的なジハードも生き残れば 国際ジハードに発展してしまうからです 現在 世界中に あらゆる暴力的なジハードが存在しています ソマリア、マリ、ナイジェリア イラク、アフガニスタン、パキスタンそこには オザマ・ビン・ラディンの遺志を 受け継ぐという 組織が存在します ビン・ラディンと同じ言葉を使っています 彼がジハードのために作り出したブランドまで受け継いでいます 「アルカイダ」は今日マブレブのイスラム地域にもいるし アラビア半島にもいるのです メソポタミアにも存在します ナイジェリアには 「ボコ・ハラム」 ソマリアには「アル・シャバブ」があります彼らはオザマ・ビン・ラディンを尊敬しています しかし注意して見てみると 彼らは国際ジハードを闘っていないことに気付きます 彼らは より狭義的な問題に挑んでいます 民族や人種あるいは宗派についての問題や 権力争いです ほとんどの場合それは 国内の あるいはより狭い地域内の権力争いの問題です それらの組織は時には国境を超え 例えば イラクからシリアへまたはマリからアルジェリアへ あるいはソマリアからケニアへ移動します しかし 遠い敵に対する国際的なジハードはしていません

しかしだからと言って 安心できるわけではないのです 私は最近イエメンに行きました 今でも欧米諸国の攻撃を目標とする アルカイダ集団の最後の拠点です これは アルカイダの旧派です 覚えているかも知れませんが 「下着爆弾」で米国行き航空機の爆破を試みたり インターネットを利用してアメリカ国内のイスラム教徒に 暴力をあおろうとしていました でも最近は違います 去年彼らは 南イエメンの一部を占拠し タリバンのやり方で統治しました イエメンの軍隊はそれに対して態勢を整え 市民もアルカイダに立ち向かいました その結果組織は追い出されそれ以降は 組織の攻撃の矛先はイエメン人に集中しています

以上から私が考えるのは 政治評論家も言うように 今日のジハードは全て 局所的だということです しかしだからと言って 私達は撤退できません それが引き起こす悲劇はアフガニスタンで見ているからです ムジャヒディンの組織がソビエト連邦を破った時 我々は撤退しました そして お祝いをしている間に タリバンはカブールを占拠したのです その時私達は「局所ジハードだから私達には関係ない」と言いました そのタリバンが カンダハールの要地を オザマ・ビン・ラディンへ手渡し私達にも関わる問題と発展しました 局所ジハードは 無視すれば国際ジハードへ再発展するのです

幸いなことに その流れを食い止めることはできます 私たちは闘い方を知っています 必要な道具も知識も身につけています 国際ジハードとの戦い そして勝利から学んだことを活かして 局所ジハードに対応できます

では「学んだこと」とは何でしょう?ビン・ラディンを殺害したのは シール・チーム6です ではビン・ラディン主義に終止符を打ったのは? 国際ジハードを終わらせたのは? その答えにこそ 局所ジハード解決のヒントがあります

ビン・ラディン主義を終わらせたのは?まずビン・ラディン自身について考えましょう ビン・ラディン自身が称賛する 9.11 は 実際 彼の最後の始まりだったのです 彼は3000人の罪なき人間を殺害し イスラム諸国の人々に恐怖と激しい憎悪を与えました これにより 彼の言うジハードという概念が 主流になることが防がれました 彼はイスラム社会の中で自身を狂った過激派と 位置づけてしまったのです 9.11 により 彼は権力をつけるどころか 衰えました

ビン・ラディン主義をつぶしたのは?アブ・ムサブ・ザルカウィです イラクのアルカイダで最も残酷な指導者でした 彼が何百人もの自爆テロ者を送り込んで攻撃したのは アメリカではなくイラクのイスラム教徒ですスンニ派もシーア派も無差別でした アルカイダが 西洋の十字軍から イスラム教を守っているという主張は イラクのイスラム教徒の血の海に溺れ死にました

ビン・ラディンを殺したのは?シール・チーム・6です ビン・ラディン主義を殺したのは?アルジャジーラです アルジャジーラと複数のアラブ系衛星放送局です なぜかと言うと 彼らは 国民から情報を隠していた国営テレビを出し抜いたからです アルジャジーラによって国民に情報が届き 国民は自分達の宗教の名の下に何が行われていたのか知ったのです オザマ・ビン・ラディンとアルカイダの偽善行為を暴き 国民に情報を与え 自ら判断を下す機会を与えたのです

ビン・ラディンを殺したのは?アラブの春もです アラブの春によって 若いイスラム教徒は 変革を起こせるのだと知りました ビン・ラディンの 乏しい想像力では 到底成し得ない変革を起こせるのだと知りました

国際ジハードを破ったのは?アメリカの軍隊です アメリカ兵とその仲間達です 遠くの戦地で戦った兵士です 彼らにふさわしい名声が与えられる日も来るでしょう

以上の要素と その他様々の要素 まだ私たちが十分に理解していない要素も含め 全てが融合し ビン・ラディン主義のような怪物を敗北させ 国際ジハードを破ったのです全ての要素の協力が不可欠でした

これら全てが局所的なジハードに有効とは限りません ボコ・ハラムを倒すためにアメリカ軍はナイジェリアに介入はしません 同様にシール・チーム6が アル・シャバブの指導者を追って隠れ家に踏み込むこともないでしょう

しかし その他の要素の多くは 既により強力な形で存在します状況はかなり変化しています 最初からやり直す必要はないのです 他教徒より多くのイスラム教徒が殺害される 暴力的ジハードの概念は完全に信用を失っています そんな概念に戻る必要はありません 衛星放送やインターネットの新技術によって 若いイスラム教徒は 力を付けています アラブの春によって政府が作られました その多くがイスラム教政府です それらの政府は 自己防衛のために 過激主義者を取り締まることが必要だと知っています 彼らを説得する必要はありませんが手を貸す必要はあります 彼らにとってこれは初めてのことなのですから

更に朗報です彼らの必要とする物の多くは 私達が既に持っていて簡単に与えられるものです 資金のみでなく専門知識を含めた経済的支援 テクノロジー、知識 投資資金、公正な商取引のルール 医療、教育、それに警察を強くするための訓練の技術的援助 また対テロ部隊をより効率的にすることができます 私達が十分持っているものです

その他に彼らが必要としているものは 私達はじめ 誰にも与えられないものかもしれません 時間、忍耐、巧妙さ、理解力 これらは与えるのが困難です 私は今ニューヨークに住んでいます NYの地下鉄の駅構内に今週ポスターが貼り出されました ジハードは凶暴なものだと主張する広告です

しかし 私は何年間も中東で取材をしてきましたが 今日ほど前向きに考えられるのは初めてです イスラム教諸国と西洋の間の隔たりが急速に縮まっているのだと思えます 私のこの楽観の 理由の一つは 何百万人 何千万人ものチュニスのイマームのようなムスリムが この言葉を取り返しその元々の美しい言葉の意図を 取り戻そうとしているのを知っているからです ビン・ラディンは死に彼の主義主張は敗れました 彼の「ジハード」の定義はもう抹消してもいいのです 「さよなら」と 別れを告げ そして真の「ジハード」を「おかえり 頑張ってね」と迎え入れましょう ありがとうございました

I'm going to talk about the power of a word: jihad.

To the vast majority of practicing Muslims, jihad is an internal struggle for the faith. It is a struggle within, a struggle against vice, sin, temptation, lust, greed. It is a struggle to try and live a life that is set by the moral codes written in the Koran. In that original idea, the concept of jihad is as important to Muslims as the idea of grace is to Christians. It's a very powerful word, jihad, if you look at it in that respect, and there's a certain almost mystical resonance to it. And that's the reason why, for hundreds of years, Muslims everywhere have named their children Jihad, their daughters as much as their sons, in the same way that, say, Christians name their daughters Grace, and Hindus, my people, name our daughters Bhakti, which means, in Sanskrit, spiritual worship.

But there have always been, in Islam, a small group, a minority, who believe that jihad is not only an internal struggle but also an external struggle against forces that would threaten the faith, or the faithul. And some of these people believe that in that struggle, it is sometimes okay to take up arms. And so the thousands of young Muslim men who flocked to Afghanistan in the 1980s to fight against the Soviet occupation of a Muslim country, in their minds they were fighting a jihad, they were doing jihad, and they named themselves the Mujahideen, which is a word that comes from the same root as jihad. And we forget this now, but back then the Mujahideen were celebrated in this country, in America. We thought of them as holy warriors who were taking the good fight to the ungodly communists. America gave them weapons, gave them money, gave them support, encouragement.

But within that group, a tiny, smaller group, a minority within a minority within a minority, were coming up with a new and dangerous conception of jihad, and in time this group would come to be led by Osama bin Laden, and he refined the idea. His idea of jihad was a global war of terror, primarily targeted at the far enemy, at the crusaders from the West, against America. And the things he did in the pursuit of this jihad were so horrendous, so monstrous, and had such great impact, that his definition was the one that stuck, not just here in the West. We didn't know any better. We didn't pause to ask. We just assumed that if this insane man and his psychopathic followers were calling what they did jihad, then that's what jihad must mean. But it wasn't just us. Even in the Muslim world, his definition of jihad began to gain acceptance.

A year ago I was in Tunis, and I met the imam of a very small mosque, an old man. Fifteen years ago, he named his granddaughter Jihad, after the old meaning. He hoped that a name like that would inspire her to live a spiritual life. But he told me that after 9/11, he began to have second thoughts. He worried that if he called her by that name, especially outdoors, outside in public, he might be seen as endorsing bin Laden's idea of jihad. On Fridays in his mosque, he gave sermons trying to reclaim the meaning of the word, but his congregants, the people who came to his mosque, they had seen the videos. They had seen pictures of the planes going into the towers, the towers coming down. They had heard bin Laden say that that was jihad, and claimed victory for it. And so the old imam worried that his words were falling on deaf ears. No one was paying attention.

He was wrong. Some people were paying attention, but for the wrong reasons. The United States, at this point, was putting pressure on all its Arab allies, including Tunisia, to stamp out extremism in their societies, and this imam found himself suddenly in the crosshairs of the Tunisian intelligence service. They had never paid him any attention before -- old man, small mosque -- but now they began to pay visits, and sometimes they would drag him in for questions, and always the same question: "Why did you name your granddaughter Jihad? Why do you keep using the word jihad in your Friday sermons? Do you hate Americans? What is your connection to Osama bin Laden?"

So to the Tunisian intelligence agency, and organizations like it all over the Arab world, jihad equaled extremism, Bin Laden's definition had become institutionalized. That was the power of that word that he was able to do. And it filled this old imam, it filled him with great sadness. He told me that, of bin Laden's many crimes, this was, in his mind,one that didn't get enough attention, that he took this word, this beautiful idea. He didn't so much appropriate it as kidnapped it and debased it and corrupted it and turned it into something it was never meant to be, and then persuaded all of us that it always was a global jihad.

But the good news is that the global jihad is almost over, as bin Laden defined it. It was dying well before he did, and now it's on its last legs. Opinion polls from all over the Muslim world show that there is very little interest among Muslims in a global holy war against the West, against the far enemy. The supply of young men willing to fight and die for this cause is dwindling. The supply of money - just as important, more important perhaps - the supply of money to this activity is also dwindling. The wealthy fanatics who were previously sponsoring this kind of activity are now less generous.

What does that mean for us in the West? Does it mean we can break out the champagne, wash our hands of it, disengage, sleep easy at night? No. Disengagement is not an option, because if you let local jihad survive, it becomes international jihad. And so there's now a lot of different violent jihads all over the world. In Somalia, in Mali, in Nigeria, in Iraq, in Afghanistan, Pakistan, there are groups that claim to be the inheritors of the legacy of Osama bin Laden. They use his rhetoric. They even use the brand name he created for his jihad. So there is now an al Qaeda in the Islamic Maghreb, there's an al Qaeda in the Arabian Peninsula, there is an al Qaeda in Mesopotamia. There are other groups -- in Nigeria, Boko Haram, in Somalia, al Shabaab -- and they all pay homage to Osama bin Laden. But if you look closely, they're not fighting a global jihad. They're fighting battles over much narrower issues. Usually it has to do with ethnicity or race or sectarianism, or it's a power struggle. More often than not, it's a power struggle in one country, or even a small region within one country. Occasionally they will go across a border, from Iraq to Syria, from Mali to Algeria, from Somalia to Kenya, but they're not fighting a global jihad against some far enemy.

But that doesn't mean that we can relax. I was in Yemen recently, where -- it's the home of the last al Qaeda franchise that still aspires to attack America, attack the West. It's old school al Qaeda. You may remember these guys. They are the ones who tried to send the underwear bomber here, and they were using the Internet to try and instigate violence among American Muslims. But they have been distracted recently. Last year, they took control over a portion of southern Yemen, and ran it, Taliban-style. And then the Yemeni military got its act together, and ordinary people rose up against these guys and drove them out, and since then, most of their activities, most of their attacks have been directed at Yemenis.

So I think we've come to a point now where we can say that, just like all politics, all jihad is local. But that's still not reason for us to disengage, because we've seen that movie before, in Afghanistan. When those Mujahideen defeated the Soviet Union, we disengaged. And even before the fizz had gone out of our celebratory champagne, the Taliban had taken over in Kabul, and we said, "Local jihad, not our problem." And then the Taliban gave the keys of Kandahar to Osama bin Laden. He made it our problem. Local jihad, if you ignore it, becomes global jihad again.

The good news is that it doesn't have to be. We know how to fight it now. We have the tools. We have the knowhow, and we can take the lessons we've learned from the fight against global jihad, the victory against global jihad, and apply those to local jihad.

What are those lessons? We know who killed bin Laden: SEAL Team Six. Do we know, do we understand, who killed bin Ladenism? Who ended the global jihad? There lie the answers to the solution to local jihad.

Who killed bin Ladenism? Let's start with bin Laden himself. He probably thought 9/11 was his greatest achievement. In reality, it was the beginning of the end for him. He killed 3,000 innocent people, and that filled the Muslim world with horror and revulsion, and what that meant was that his idea of jihad could never become mainstream. He condemned himself to operating on the lunatic fringes of his own community. 9/11 didn't empower him; it doomed him.

Who killed bin Ladenism? Abu Musab al-Zarqawi killed it. He was the especially sadistic head of al Qaeda in Iraq who sent hundreds of suicide bombers to attack not Americans but Iraqis. Muslims. Sunni as well as Shiites. Any claim that al Qaeda had to being protectors of Islam against the Western crusaders was drowned in the blood of Iraqi Muslims.

Who killed Osama bin Laden? The SEAL Team Six. Who killed bin Ladenism? Al Jazeera did, Al Jazeera and half a dozen other satellite news stations in Arabic, because they circumvented the old, state-owned television stations in a lot of these countries which were designed to keep information from people. Al Jazeera brought information to them, showed them what was being said and done in the name of their religion, exposed the hypocrisy of Osama bin Laden and al Qaeda, and allowed them, gave them the information that allowed them to come to their own conclusions.

Who killed bin Ladenism? The Arab Spring did, because it showed a way for young Muslims to bring about change in a manner that Osama bin Laden, with his limited imagination, could never have conceived.

Who defeated the global jihad? The American military did, the American soldiers did, with their allies, fighting in faraway battlefields. And perhaps, a time will come when they get the rightful credit for it.

So all these factors, and many more besides, we don't even fully understand some of them yet, these came together to defeat a monstrosity as big as bin Ladenism, the global jihad, you needed this group effort.

Now, not all of these things will work in local jihad. The American military is not going to march into Nigeria to take on Boko Haram, and it's unlikely that SEAL Team Six will rappel into the homes of al Shabaab's leaders and take them out.

But many of these other factors that were in play are now even stronger than before. Half the work is already done. We don't have to reinvent the wheel. The notion of violent jihad in which more Muslims are killed than any other kind of people is already thoroughly discredited. We don't have to go back to that. Satellite television and the Internet are informing and empowering young Muslims in exciting new ways. And the Arab Spring has produced governments, many of them Islamist governments, who know that, for their own self-preservation, they need to take on the extremists in their midsts. We don't need to persuade them, but we do need to help them, because they haven't really come to this place before.

The good news, again, is that a lot of the things they need we already have, and we are very good at giving: economic assistance, not just money, but expertise, technology, knowhow, private investment, fair terms of trade, medicine, education, technical support for training for their police forces to become more effective, for their anti-terror forces to become more efficient. We've got plenty of these things.

Some of the other things that they need we're not very good at giving. Maybe nobody is. Time, patience, subtlety, understanding -- these are harder to give. I live in New York now. Just this week, posters have gone up in subway stations in New York that describe jihad as savage.

But in all the many years that I have covered the Middle East, I have never been as optimistic as I am today that the gap between the Muslim world and the West is narrowing fast, and one of the many reasons for my optimism is that, because I know there are millions, hundreds of millions of people, Muslims like that old imam in Tunis, who are reclaiming this word and restoring to its original, beautiful purpose. Bin Laden is dead. Bin Ladenism has been defeated. His definition of jihad can now be expunged. To that jihad we can say, "Goodbye. Good riddance." To the real jihad we can say, "Welcome back. Good luck." Thank you. (Applause)

I'm going to talk/ about the power of a word:/ jihad.//

言葉の持つ力についてお話します 「ジハード」という言葉

イスラムの教えを実践している大部分のイスラム教徒にとって ジハードとは信仰上の内面的苦闘を意味します

それは個人の内面で起こる闘い悪、罪、誘惑、欲望、貪欲に対する苦闘です

It is a struggle/ to try and live a life/ that is set by the moral codes written in the Koran.//

コーランに書かれた道徳的規則に導かれて 人生を生きる際に伴う苦闘なのです

In that original idea,/ the concept of jihad is as important/ to Muslims/ as the idea of grace is to Christians.//

本来の解釈ではキリスト教徒にとっての「慈悲」と同じくらい イスラム教徒にとってジハードは重要なのです

It's a very powerful word,/ jihad,/ if you look at it/ in that respect,/ and there's a certain almost mystical resonance/ to it.//

そう考えると 「ジハード」とはとても強力な言葉です その言葉には ある神秘的な響きさえも感じます

And that's the reason/ why,/ for hundreds of years,/ Muslims everywhere have named their children Jihad,/ their daughters as much/ as their sons,/ in the same way that,/ say,/ Christians name their daughters Grace,/ and Hindus,/ my people,/ name our daughters Bhakti,/ which means,/ in Sanskrit,/ spiritual worship.//

そのために 何百年間も 各地のムスリムは子供を「ジハード」と名付けて来たのです 娘にも息子にも同様にです キリスト教の親が娘を「グレース」と名付けるのと同じです 私のようにヒンドゥー教の親は 娘を「バクティ」と名付けます サンスクリット語で 神への崇拝を意味する言葉です

But there have always been,/ in Islam,/ a small group,/ a minority,/ who believe/ that jihad is not only/ an internal struggle/ but also/ an external struggle/ against forces/ that would threaten the faith,/ or the faithul.//

しかし いつの時代も イスラム教徒の中には ジハードが内面的苦闘だけでなく 対外的苦闘も意味すると信じている少数派がいます 信仰や信者達を脅かす力に対する苦闘です

And some of these people believe/ that in that struggle,/ it is sometimes okay to take up/ arms.//

中には その苦闘のためなら 武装してもいいのだと信じる人もいます

And so/ the thousands of young Muslim men/ who flocked to Afghanistan/ in the 1980s/ to fight against the Soviet occupation of a Muslim country,/ in their minds/ they were fighting a jihad,/ they were doing jihad,/ and they named themselves/ the Mujahideen,/ which is a word/ that comes from the same root/ as jihad.//

そうして何千人ものイスラム教徒の青年が 1980年代にアフガニスタンに押し寄せ イスラム国家を占領するソビエト連邦と戦いました 彼らの理解では 彼らはジハードを闘っており ジハードを実践していたのです 彼らは自らを「ムジャヒディン」と呼びました この言葉は「ジハード」と語源が同じです

And we forget this now,/ but back then/ the Mujahideen were celebrated in this country,/ in America.//

今では忘れ去られていますが 当時ムジャヒディンはここアメリカで賞賛され

We thought of them/ as holy warriors/ who were taking the good fight/ to the ungodly communists.//

邪悪な共産主義者と勇敢にも戦う神聖な戦士と見なされていました

America gave them/ weapons,/ gave them/ money,/ gave them/ support,/ encouragement.//

アメリカは彼らに武器を与え 資金援助し 応援して 励ましていたのです

But within that group,/ a tiny, smaller group,/ a minority/ within a minority/ within a minority,/ were coming up/ with a new and dangerous conception of jihad,/ and in time/ this group would come to be led by Osama bin Laden,/ and he refined the idea.//

しかし その中のごく少数派が― 少数派の内の少数派の内の少数派ですが― 新しく危険なジハードの概念を生み出したのです 新しく危険な ジハードの概念を生み出したのです しばらくして オザマ・ビン・ラディンが彼らを率います 彼は概念を更に洗練しました

His idea of jihad was a global war of terror,/ primarily targeted at the far enemy,/ at the crusaders/ from the West,/ against America.//

彼の言うジハードとはテロによる世界戦争でした その第一の標的は 西洋の十字軍とも言える 遠い敵 アメリカでした

And the things/ he did in the pursuit of this jihad were so horrendous,/ so monstrous,/ and had such great impact,/ that his definition was the one/ that stuck,/ not just here/ in the West.//

彼はこのジハードの遂行のために 世にも恐ろしく不条理なことをしました この事件のショックがあまりに大きかったために 西洋諸国のみならず 世界中で彼のジハードの定義が 定着したのです

We didn't know any better.// We didn't pause to ask.//

我々は詳しいことも知らず 疑問に思うこともなかったのです

We just assumed/ that if this insane man/ and his psychopathic followers were calling/ what they did jihad,/ then/ that's/ what jihad must mean.//

この狂人とその狂った支持者が自分達の活動を「ジハード」と呼んでいるから 「ジハード」とはそういう意味なんだろうと私達は思い込んだのです

But it wasn't just us.// Even/ in the Muslim world,/ his definition of jihad began to gain/ acceptance.//

私達だけでなく イスラム教徒もそうでした 彼のジハードの定義が徐々に受け入れらていきました

A year ago/ I was in Tunis,/ and I met the imam of a very small mosque,/ an old man.//

昨年 チュニジアの首都 チュニスのちっぽけなモスクで 年老いたイマーム(導師) に出会いました

Fifteen years ago,/ he named his granddaughter Jihad,/ after the old meaning.// He hoped/ that a name/ like that would inspire her/ to live a spiritual life.//

15年前に彼は孫娘を「ジハード」と名付けました 本来の意味を込めてです彼はその名前が 孫娘を宗教的な人生に導いてくれることを願いました

But he told me/ that after 9/11,/ he began to have/ second thoughts.//

しかし 9.11 を経て その名前をつけたことを後悔し始めていると言います

He worried/ that if he called her/ by that name,/ especially outdoors,/ outside/ in public,/ he might be seen as endorsing bin/ Laden's idea of jihad.//

その名前で彼女を呼べば 特に公共の場に出ている時にそうすれば ビン・ラディンの意味する「ジハード」の支持者かと思われると 心配していました

On Fridays/ in his mosque,/ he gave sermons/ trying to reclaim/ the meaning of the word,/ but his congregants,/ the people/ who came to his mosque,/ they had seen the videos.// They had seen pictures of the planes/ going into the towers,/ the towers/ coming down.//

彼のモスクでは毎週金曜日に ジハード本来の意味を取り戻すために 説教をしていますしかし モスクに集まる人々は 複数の飛行機がビルに突っ込み ビルが崩れ落ちる映像を見ています

They had heard/ bin Laden say/ that that was jihad,/ and claimed victory/ for it.// And so/ the old imam worried/ that his words were falling on deaf ears.// No one was paying attention.//

ビン・ラディンが これがジハードだと宣言するのを聞いています だから年老いたイマームは心配だったのです 彼の説教に誰も耳を貸さず 注意も払わないかもしれないと

He was wrong.// Some people were paying attention,/ but for the wrong reasons.//

しかし 彼に関心を持つ人たちもいました 間違った理由でです

The United States,/ at this point,/ was putting pressure/ on all its Arab allies,/ including/ Tunisia,/ to stamp out/ extremism/ in their societies,/ and this imam found himself suddenly/ in the crosshairs of the Tunisian intelligence service.//

当時のアメリカは チュニジアを含むアラブの同盟諸国に 過激派を撲滅するように圧力をかけていました このイマームは突如としてチュニジアの情報機関の 標的となってしまったのです

They had never paid him/ any attention/ before --/ old man,/ small mosque --/ but now/ they began to pay/ visits,/ and sometimes/ they would drag him/ in for questions,/ and always/ the same question:/ "Why did you name your granddaughter Jihad?//

今まで気にも留めていなかった 小さなモスクの年寄りのもとを 突然 訪れるようになり 時には彼を質問攻めにしました いつも同じ質問です 「どうして孫娘をジハードと名付けたのか」

Why do you keep using/ the word jihad/ in your Friday sermons?//

「どうして金曜日の説教で繰り返しジハードと口にするのか」

Do you hate Americans?//

「アメリカ人を憎んでいるか」

What is your connection to Osama bin Laden?"//

「オザマ・ビン・ラディンとの関係は何か」

So/ to the Tunisian intelligence agency,/ and organizations/ like it all/ over the Arab world,/ jihad equaled extremism,/ Bin Laden's definition had become institutionalized.//

チュニジアを始めとするアラブ諸国の情報機関にとっては 「ジハード」とは 過激主義を意味したのです ビン・ラディンによる定義は公的なものになったのです

That was the power of that word/ that he was able to do.//

彼の言葉の影響はこれほどまでに強力だったのです

And it filled this old imam,/ it filled him/ with great sadness.//

この年老いたイマームは悲しみに暮れました

He told me/ that,/ of bin/ Laden's many crimes,/ this was,/ in his mind,/one/ that didn't get enough attention,/ that he took this word,/ this beautiful idea.//

彼は言いましたビン・ラディンの数ある犯罪の中でも これは人々の注意をすり抜けてしまったと ビン・ラディンはこの美しい言葉をさらったのだと

He didn't so much appropriate/ it/ as kidnapped it/ and debased it/ and corrupted it/ and turned it/ into something/ it was never meant to be,/ and then persuaded all of us/ that it always was a global jihad.//

彼は言葉を乱用したというより言葉を拉致して 卑しめ 汚染したのだと言えます 本来の意味からは程遠い意味を持たせ 元々国際的テロを意味する言葉だと世界中に思い込ませたのです

But the good news is/ that the global jihad is almost over,/ as bin Laden defined it.//

しかし 幸いなことに ビン・ラディンが定義した国際ジハードはもうすぐ終わります

It was dying well/ before he did,/ and now/ it's on its last legs.//

彼が死ぬずっと以前から 勢いは衰え始め そして今 死に絶えるところです

Opinion polls/ from all/ over the Muslim world show/ that there is very little interest/ among Muslims/ in a global holy war/ against the West,/ against the far enemy.//

イスラム教諸国での 世論調査によれば 遠い欧米諸国を相手に世界的な聖戦をすることに 興味を抱いている人はほとんどいません

The supply of young men willing to fight/ and die for this cause is dwindling.//

そんな戦争に参加して命を捧げようとする若者は減り

The supply of money/ - just/ as important,/ more important perhaps -/ the supply of money/ to this activity is also dwindling.//

戦力と同様に―いやそれ以上に重要な資金も 集まらなくなってきています

The wealthy fanatics/ who were previously sponsoring this kind of activity are now less/ generous.//

以前は資金援助をしていた裕福な熱狂的信者も 今ではそのような活動への出資を渋り始めています

What does/ that mean/ for us/ in the West?//

これをどう考えるべきでしょう?

Does it mean/ we can break out/ the champagne,/ wash our hands of it,/ disengage,/ sleep easy/ at night?//

シャンパンで祝杯を挙げる時が来たのでしょうか? 戦争から手を引き 戦地から撤退し安心して暮らせるということでしょうか?

No.// Disengagement is not an option,/ because/ if you let local jihad survive,/ it becomes international jihad.//

違います戦争から撤退するなんてできません 局所的なジハードも生き残れば 国際ジハードに発展してしまうからです

And so/ there's now/ a lot of different violent jihads all/ over the world.//

現在 世界中に あらゆる暴力的なジハードが存在しています

In Somalia,/ in Mali,/ in Nigeria,/ in Iraq,/ in Afghanistan,/ Pakistan,/ there are groups/ that claim to be the inheritors of the legacy of Osama bin Laden.//

ソマリア、マリ、ナイジェリア イラク、アフガニスタン、パキスタンそこには オザマ・ビン・ラディンの遺志を 受け継ぐという 組織が存在します

They use his rhetoric.//

ビン・ラディンと同じ言葉を使っています

They even use the brand name/ he created for his jihad.//

彼がジハードのために作り出したブランドまで受け継いでいます

So there is now an al Qaeda/ in the Islamic Maghreb,/ there's an al Qaeda/ in the Arabian Peninsula,/ there is an al Qaeda/ in Mesopotamia.//

「アルカイダ」は今日マブレブのイスラム地域にもいるし アラビア半島にもいるのです メソポタミアにも存在します

There are other groups --/ in Nigeria,/ Boko Haram,/ in Somalia,/ al Shabaab --/ and they all pay homage/ to Osama bin Laden.//

ナイジェリアには 「ボコ・ハラム」 ソマリアには「アル・シャバブ」があります彼らはオザマ・ビン・ラディンを尊敬しています

But/ if you look closely,/ they're not fighting/ a global jihad.//

しかし注意して見てみると 彼らは国際ジハードを闘っていないことに気付きます

They're fighting/ battles/ over much narrower issues.//

彼らは より狭義的な問題に挑んでいます

Usually/ it has to do/ with ethnicity or race or sectarianism,/ or it's a power struggle.//

民族や人種あるいは宗派についての問題や 権力争いです

More often/ than not,/ it's a power struggle/ in one country,/ or even/ a small region/ within one country.//

ほとんどの場合それは 国内の あるいはより狭い地域内の権力争いの問題です

Occasionally/ they will go across a border,/ from Iraq/ to Syria,/ from Mali/ to Algeria,/ from Somalia/ to Kenya,/ but they're not fighting/ a global jihad/ against some far enemy.//

それらの組織は時には国境を超え 例えば イラクからシリアへまたはマリからアルジェリアへ あるいはソマリアからケニアへ移動します しかし 遠い敵に対する国際的なジハードはしていません

But that doesn't mean/ that we can relax.//

しかしだからと言って 安心できるわけではないのです

I was in Yemen recently,/ where --/ it's the home of the last al Qaeda franchise/ that still aspires to attack/ America,/ attack the West.//

私は最近イエメンに行きました 今でも欧米諸国の攻撃を目標とする アルカイダ集団の最後の拠点です

It's old school/ al Qaeda.//

これは アルカイダの旧派です

You may remember these guys.//

覚えているかも知れませんが

They are the ones/ who tried to send/ the underwear bomber here,/ and they were using the Internet/ to try and instigate violence/ among American Muslims.//

「下着爆弾」で米国行き航空機の爆破を試みたり インターネットを利用してアメリカ国内のイスラム教徒に 暴力をあおろうとしていました

But they have been distracted recently.//

でも最近は違います

Last year,/ they took control/ over a portion of southern Yemen,/ and ran it,/ Taliban-style.//

去年彼らは 南イエメンの一部を占拠し タリバンのやり方で統治しました

And then/ the Yemeni military got its act together,/ and ordinary people rose up/ against these guys/ and drove them out,/ and since then,/ most of their activities,/ most of their attacks have been directed at Yemenis.//

イエメンの軍隊はそれに対して態勢を整え 市民もアルカイダに立ち向かいました その結果組織は追い出されそれ以降は 組織の攻撃の矛先はイエメン人に集中しています

So I think/ we've come to a point now/ where we can say/ that,/ just like all politics,/ all jihad is local.//

以上から私が考えるのは 政治評論家も言うように 今日のジハードは全て 局所的だということです

But that's still not reason/ for us/ to disengage,/ because we've seen/ that movie before,/ in Afghanistan.//

しかしだからと言って 私達は撤退できません それが引き起こす悲劇はアフガニスタンで見ているからです

When those Mujahideen defeated the Soviet Union,/ we disengaged.//

ムジャヒディンの組織がソビエト連邦を破った時 我々は撤退しました

And even/ before the fizz had gone out of our celebratory champagne,/ the Taliban had taken over/ in Kabul,/ and we said,/ "Local jihad,/ not our problem."//

そして お祝いをしている間に タリバンはカブールを占拠したのです その時私達は「局所ジハードだから私達には関係ない」と言いました

And then/ the Taliban gave the keys of Kandahar/ to Osama bin Laden.// He made it/ our problem.//

そのタリバンが カンダハールの要地を オザマ・ビン・ラディンへ手渡し私達にも関わる問題と発展しました

Local jihad,/ if you ignore it,/ becomes global jihad again.//

局所ジハードは 無視すれば国際ジハードへ再発展するのです

The good news is/ that it doesn't have to be.//

幸いなことに その流れを食い止めることはできます

We know/ how to fight it now.//

私たちは闘い方を知っています

We have the tools.// We have the knowhow,/ and we can take the lessons/ we've learned from the fight/ against global jihad,/ the victory/ against global jihad,/ and apply those/ to local jihad.//

必要な道具も知識も身につけています 国際ジハードとの戦い そして勝利から学んだことを活かして 局所ジハードに対応できます

What are those lessons?// We know/ who killed bin Laden:/ SEAL Team Six.//

では「学んだこと」とは何でしょう?ビン・ラディンを殺害したのは シール・チーム6です

Do/ we know,/ do/ we understand,/ who killed bin Ladenism?//

ではビン・ラディン主義に終止符を打ったのは?

Who ended the global jihad?//

国際ジハードを終わらせたのは?

There lie the answers/ to the solution/ to local jihad.//

その答えにこそ 局所ジハード解決のヒントがあります

Who killed bin Ladenism?// Let's start/ with bin Laden/ himself.//

ビン・ラディン主義を終わらせたのは?まずビン・ラディン自身について考えましょう

He probably thought/ 9/11 was his greatest achievement.//

ビン・ラディン自身が称賛する 9.11 は

In reality,/ it was the beginning of the end/ for him.//

実際 彼の最後の始まりだったのです

He killed 3,000 innocent people,/ and that filled the Muslim world/ with horror and revulsion,/ and what/ that meant/ was that/ his idea of jihad could never become mainstream.//

彼は3000人の罪なき人間を殺害し イスラム諸国の人々に恐怖と激しい憎悪を与えました これにより 彼の言うジハードという概念が 主流になることが防がれました

彼はイスラム社会の中で自身を狂った過激派と 位置づけてしまったのです

9/11 didn't empower him;/ it doomed him.//

9.11 により 彼は権力をつけるどころか 衰えました

Who killed bin Ladenism?// Abu Musab al-Zarqawi killed it.//

ビン・ラディン主義をつぶしたのは?アブ・ムサブ・ザルカウィです

He was the especially sadistic head of al Qaeda/ in Iraq/ who sent hundreds of suicide bombers/ to attack not Americans but Iraqis.// Muslims.// Sunni/ as well as/ Shiites.//

イラクのアルカイダで最も残酷な指導者でした 彼が何百人もの自爆テロ者を送り込んで攻撃したのは アメリカではなくイラクのイスラム教徒ですスンニ派もシーア派も無差別でした

Any claim/ that al Qaeda had to being protectors of Islam/ against the Western crusaders was drowned in the blood of Iraqi Muslims.//

アルカイダが 西洋の十字軍から イスラム教を守っているという主張は イラクのイスラム教徒の血の海に溺れ死にました

Who killed Osama bin Laden?// The SEAL Team Six.//

ビン・ラディンを殺したのは?シール・チーム・6です

Who killed bin Ladenism?// Al Jazeera did,/ Al Jazeera and half a dozen other satellite news stations/ in Arabic,/ because they circumvented the old, state-owned television stations/ in a lot of these countries/ which were designed to keep/ information/ from people.//

ビン・ラディン主義を殺したのは?アルジャジーラです アルジャジーラと複数のアラブ系衛星放送局です なぜかと言うと 彼らは 国民から情報を隠していた国営テレビを出し抜いたからです

Al Jazeera brought information/ to them,/ showed them/ what was being said and done in the name of their religion,/ exposed the hypocrisy of Osama bin Laden and al Qaeda,/ and allowed them,/ gave them/ the information/ that allowed them/ to come to their own conclusions.//

アルジャジーラによって国民に情報が届き 国民は自分達の宗教の名の下に何が行われていたのか知ったのです オザマ・ビン・ラディンとアルカイダの偽善行為を暴き 国民に情報を与え 自ら判断を下す機会を与えたのです

Who killed bin Ladenism?// The Arab Spring did,/ because it showed a way/ for young Muslims/ to bring about/ change/ in a manner/ that Osama bin Laden,/ with his limited imagination,/ could never have conceived.//

ビン・ラディンを殺したのは?アラブの春もです アラブの春によって 若いイスラム教徒は 変革を起こせるのだと知りました ビン・ラディンの 乏しい想像力では 到底成し得ない変革を起こせるのだと知りました

Who defeated the global jihad?// The American military did,/ the American soldiers did,/ with their allies,/ fighting in faraway battlefields.//

国際ジハードを破ったのは?アメリカの軍隊です アメリカ兵とその仲間達です 遠くの戦地で戦った兵士です

And perhaps,/ a time will come/ when they get the rightful credit/ for it.//

彼らにふさわしい名声が与えられる日も来るでしょう

So all these factors,/ and many more besides,/ we don't even fully understand some of them yet,/ these came together/ to defeat a monstrosity as big/ as bin Ladenism,/ the global jihad,/ you needed this group effort.//

以上の要素と その他様々の要素 まだ私たちが十分に理解していない要素も含め 全てが融合し ビン・ラディン主義のような怪物を敗北させ 国際ジハードを破ったのです全ての要素の協力が不可欠でした

Now,/ not all of these things will work in local jihad.//

これら全てが局所的なジハードに有効とは限りません

The American military is not going to march/ into Nigeria/ to take on/ Boko Haram,/ and it's unlikely/ that SEAL Team Six will rappel into the homes of al Shabaab's leaders/ and take them out.//

ボコ・ハラムを倒すためにアメリカ軍はナイジェリアに介入はしません 同様にシール・チーム6が アル・シャバブの指導者を追って隠れ家に踏み込むこともないでしょう

But many of these other factors/ that were in play are now even stronger/ than before.// Half/ the work is already done.//

しかし その他の要素の多くは 既により強力な形で存在します状況はかなり変化しています

We don't have to reinvent/ the wheel.//

最初からやり直す必要はないのです

The notion of violent jihad/ in which more Muslims are killed than any other kind of people is already thoroughly discredited.//

他教徒より多くのイスラム教徒が殺害される 暴力的ジハードの概念は完全に信用を失っています

We don't have to go back/ to/ that.//

そんな概念に戻る必要はありません

Satellite television/ and the Internet are informing and empowering young Muslims/ in exciting new ways.//

衛星放送やインターネットの新技術によって 若いイスラム教徒は 力を付けています

And the Arab Spring has produced governments,/ many of them/ Islamist governments,/ who know/ that,/ for their own self-preservation,/ they need to take on/ the extremists/ in their midsts.//

アラブの春によって政府が作られました その多くがイスラム教政府です それらの政府は 自己防衛のために 過激主義者を取り締まることが必要だと知っています

We don't need to persuade/ them,/ but we do need to help/ them,/ because they haven't really come to this place before.//

彼らを説得する必要はありませんが手を貸す必要はあります 彼らにとってこれは初めてのことなのですから

The good news,/ again,/ is/ that a lot of the things/ they need we already have,/ and we are very good/ at giving:/ economic assistance,/ not just money,/ but expertise,/ technology,/ knowhow,/ private investment,/ fair terms of trade,/ medicine,/ education,/ technical support/ for training/ for their police forces to become more effective,/ for their anti-terror forces to become more efficient.//

更に朗報です彼らの必要とする物の多くは 私達が既に持っていて簡単に与えられるものです 資金のみでなく専門知識を含めた経済的支援 テクノロジー、知識 投資資金、公正な商取引のルール 医療、教育、それに警察を強くするための訓練の技術的援助 また対テロ部隊をより効率的にすることができます

We've got plenty of these things.//

私達が十分持っているものです

Some of the other things/ that they need/ we're not very good/ at giving.// Maybe nobody is.//

その他に彼らが必要としているものは 私達はじめ 誰にも与えられないものかもしれません

Time,/ patience,/ subtlety,/ understanding --/ these are harder/ to give.//

時間、忍耐、巧妙さ、理解力 これらは与えるのが困難です

I live in New York/ now.// Just/ this week,/ posters have gone up/ in subway stations/ in New York/ that describe jihad/ as savage.//

私は今ニューヨークに住んでいます NYの地下鉄の駅構内に今週ポスターが貼り出されました ジハードは凶暴なものだと主張する広告です

But in all the many years/ that I have covered the Middle East,/ I have never been as optimistic/ as I am today/ that the gap/ between the Muslim world/ and the West is narrowing fast,/ and one of the many reasons/ for my optimism is/ that,/ because I know/ there are millions,/ hundreds of millions of people,/ Muslims/ like that old imam/ in Tunis,/ who are reclaiming this word/ and restoring to its original, beautiful purpose.//

しかし 私は何年間も中東で取材をしてきましたが 今日ほど前向きに考えられるのは初めてです イスラム教諸国と西洋の間の隔たりが急速に縮まっているのだと思えます 私のこの楽観の 理由の一つは 何百万人 何千万人ものチュニスのイマームのようなムスリムが この言葉を取り返しその元々の美しい言葉の意図を 取り戻そうとしているのを知っているからです

Bin Laden is dead.// Bin Ladenism has been defeated.//

ビン・ラディンは死に彼の主義主張は敗れました

His definition of jihad can now be expunged.//

彼の「ジハード」の定義はもう抹消してもいいのです

To that jihad/ we can say,/ "Goodbye.// Good riddance."//

「さよなら」と 別れを告げ

To the real jihad/ we can say,/ "Welcome back.// Good luck."//

そして真の「ジハード」を「おかえり 頑張ってね」と迎え入れましょう

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

jihad

(イスラム教を守るための)聖戦

(思想や主義のための)運動

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

vice

〈U〉『悪徳』,不道徳

〈C〉(特定の)『悪徳行為』;《話》『悪習』,悪癖

〈C〉《話》欠点,欠陥

〈C〉〈U〉(馬・犬などの)悪癖

sin

〈U〉(宗教・道徳上の)『罪』

〈C〉(宗教・道徳上の)『罪の行為』,罪悪

〈C〉《特におどけて》違反(過失)の行為

(宗教・道徳上の)おきてを破る,罪を犯す

(…に)違反(過失)をする,背く《+『against』+『名』》

temptation

〈U〉『誘惑』

〈C〉誘惑するもの

lust

(…に対する)『強い欲望』,渇望《+『for』(『of』)+『名』》

色欲,肉欲

(…を)切望する,渇望する《+『after』(『for』)+『名』》

greed

(…に対する)どん欲,強欲《+『for』+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

Koran

コーラン(イスラム教の経典)

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

mystical

秘法の,秘儀の

神秘的な,不可解な

resonance

音(声)が鳴り響くこと,音(声)の豊かさ

(物理学で)共鳴;共振

(音・声の)共鳴

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

Sanskrit

サンスクリット語,梵語(ぼんご)(古代のインド人の言語)

サンスクリット語の,梵語の

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

worship

(神人などに対する)『崇拝』《+of+名》

(通例教会での)『礼拝』

(…に対する)尊敬,賛美《+of+名》

《W-》《英》《your, his herなどと共に官職名の前に置いて》閣下

…‘を'『礼拝する』,‘に'祈りをささげる

…‘を'『崇拝する』

…‘を'尊敬する,あがめる

(…で)礼拝[式]に出席する《+at+名》

尊敬(賛美)する

Islam

イスラム教,回教

《集合的に》イスラム教徒

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

minority

〈C〉《単数形で》(ある集団または全体を構成する,多数に対する)『少数』,(過半数に対する)半数以下

(またminority group)〈C〉(人種・宗教・政治の点で)『少数派』,少数グループ,少数民族

〈U〉未成年;未成年期

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

external

『外側の』,外部の

(作用・動作などが)『外側からの』,外部からの

表面上の,見せかけの

体外の;体外用の

外国の(foreign)

(…の)外観,外形《+『of』+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

okay

=OK,O.K.

arms

兵器, 武器, 火器

flock

〈C〉(同一種の動物,特に羊,ヤギ,鳥などの)『群れ』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『群衆』,大勢(の…)《+『of』+『名』》

《集合的に》全キリスト教徒;キリスト教会;(牧師に対してその)教会員,会衆

『群がる』;群れをなして来る(行く)

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

soviet

〈C〉(旧ソ連の)地方会議(労働者・農民によって選出され,立法権・行政権を有する)

《the Soviets》『旧ソ連政府』;『旧ソ連人民』

地方会議の

《S-》ソ連の

occupation

〈C〉『職業』,仕事

〈C〉時間の使い方

〈U〉(…を)『占有すること』,(軍隊が)(…を)占領すること《+『of』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

warrior

戦士,武人(soldier)

ungodly

神を恐れない,不信心の・《話》ひどい,無茶な・(時刻が)とんでもない・罪深い

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

encouragement

〈U〉激励,奨励

〈C〉励みになるもの,刺激

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

laden

ladeの過去分詞

荷を積んだ;(…を)積み込んだ《+『with』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…の重さで)押し下げられた《+『with』+『名』》

refine

…‘を'『精製する』,精錬する

〈言葉・態度など〉‘を'『洗練する』,上品にする,優雅にする

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

terror

〈U〉〈C〉(身に迫る)『恐怖』

〈C〉『恐ろしい人(物・事)』

〈C〉《話》やっかいな人,手に負えない物

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

crusader

十字軍の戦士

改革運動家

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

horrendous

身の毛をよだたせる,ものすごい

monstrous

『怪物のような』,奇怪な

『巨大な』

《話》恐ろしい,ぞっとするような

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

insane

狂気の,正気でない

精神異常者のための

気違いじみた,非常識な,とっぴな

psychopathic

精神病[質]の

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

acceptance

〈U〉受け取ること,認めること,受け入れられていること;同意

〈U〉(手形の)引受け;〈C〉引受済み手形

Tunis

チュニス(Tunisia の首都)

imam

〈C〉(イスラム教の)僧,導師

《I-》イスラム教国の宗教的元首の称号

mosque

イスラム教寺院(外部に数個の尖塔(せんとう)がある独特の建築物)

old man

うちの亭主(主人)

うちのおやじ

《英話》《冠詞をつけずに》(親しい友に)やあ[君]

《時にO- M-》(雇用主などを指して)親方,ボス

fifteen

〈C〉(数の)『15』;15記号(15,XVなど)

〈U〉(24時間制の)15時,15分;15歳

〈U〉《複数扱い》15人,15個

〈C〉15(15人,15個)一組のもの;ラグビーチームのメンバー

『15』の,15個の,15人の

《補語にのみ用いて》15歳の(で)

granddaughter

孫娘

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

second thought

再考

especially

『特に』,特別に;きわだって

outdoor

『戸外の』,野外の

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

endorse

〈小切手・手形・証書など〉‘に'裏書きをする

〈意見・提案など〉‘を'支持する,是認する,保証する

sermon

(教会での)『説教』

(道徳的な)講話,訓話;(一般に長い)お説教,小言

reclaim

(…から)〈土地など〉‘を'造成する《+『名』+『from』+『名』》

(廃物から)〈物〉‘を'再生する《+『名』+『from』+『名』》

(悪などから)〈人〉‘を'改心させる矯正する《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

victory

(…に対する)『勝利』,戦勝《+over(in)+名》

deaf

『耳が遠い』,耳が不自由な

《the deaf;名詞的に》耳が不自合な人々

《補語にのみ用いて》(…を)『聞こうとしない』(…に)むとんじゃくである《+『to』+『名』》

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

no one

『だれも』…『ない』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

ally

(…と)…'を'『同盟』(連合)『させる』《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

同盟国

味方

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

Tunisia

チュニジア(アフリカ北部の共和国;首都 Tunis)

stamp

〈地面・床など〉‘を'『踏みつける』;〈足〉‘を'踏み鳴らす;…‘を'踏みにじる,踏みつぶす

…‘に'『印』(『判』)『を押す』;(印などを)…‘に'押す《+『名』+『with』+『名』〈印〉》;(…に)〈印など〉‘を'押す《+『名』〈印〉+『on』+『名』》

《しばしば受動態で》(印象などを)〈心など〉に刻みつける《+『名』+『with』+『名』〈印象〉》;(心などに)〈印象など〉‘を'刻みつける《+『名』〈印象〉+『on』(『in』)+『名』》

…‘に'切手(印紙)をはる

(…であると)〈事が〉〈人〉‘を'はっきり示す《+『名』〈人〉+『as』+『名』(『形』)〈補〉》

…‘を'押しつぶす,粉砕する;…‘を'粉々にして(…に)する《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

踏みつける,足を踏み鳴らす;足を踏み鳴らして歩く

〈C〉『切手』(postage stamp),[収入]印紙,証紙

〈C〉『判』,印章;押し型,抜き型

〈C〉(判・押し型などで押した)印,スタンプ,消し印,検印

〈U〉特質,特徴,印

〈U〉種類,型

〈C〉足踏み,踏みつけること,じだんだ

extremism

(政治上の)過激論,過激主義

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

suddenly

『突然に』,だしぬけに

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

sadness

悲嘆(sorrow)

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

kidnap

〈人〉‘を'誘拐する

debase

〈人格・評板など〉'を'落とす,卑しくする

〈硬貨の質〉'を'低下させる

corrupt

『わいろの利く』,不正行為をする

(道徳的に)『腐敗した』,堕落した

『汚れた』,汚染した;腐敗した

(誤訳や改変のために,原文などが)改悪された;(言語が)なまった

(わいろなどによって)〈人〉‘に'『不正行為をさせる』,'を'買収する

(道徳的に)〈人〉'を'『堕落させる』,…を腐敗させる

〈物〉'を'汚す,腐らせる

(不正確に写すなどして)〈原文など〉'を'改悪する;〈言語〉'を'なまらせる

腐敗する,堕落する

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

opinion poll

=poll

5

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

fanatic

『狂信者』,熱狂的愛好者

=fanatical

previously

『以前に』,先に;前もって

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

generous

『気前のよい』;『心が大きい』,『寛容な』

大きい;豊富な,十分な

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

champagne

(また《俗》『bubbly』)シャンペン(パーティーなどに使われる白ぶどう酒)

シャンペン色(あわい黄色または黄緑色)

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

disengage

…‘を'解き放す;(束縛・義務から)…‘を'解放する《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

disengagement

(…から)解放されること;自由《+『from』(『of』)+『名』》

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

Somalia

ソマリア(アフリカ東岸の共和国)

Nigeria

ナイジェリア(アフリカ西部の共和国で英連邦の一員;首都はLagos)

Pakistan

パキスタン(イスラム教共和国;首都はIslamabad)

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

rhetoric

修辞学;演説法

美辞麗句で飾った言葉

brand name

商品名

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

Islamic

イスラム教[徒]の

Arabian

=Arab{名}

『アラビアの』,アラビア人の

peninsula

『半島』({略})pen.)

《the P-》イベリア半島(スペインおよびポルトガルを含む)

Mesopotamia

メソポタミア(チグリス・ユーフラテス両川の流域の総称で,現在のイラク共和国の大部分を占めていた;古代文明の発祥地)

homage

尊敬,敬意,服従

(中世に臣下が主君に対して行った)忠誠の誓い

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

ethnicity

民族的特徴(背景),民族性

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

sectarianism

宗派(党派)心;派閥主義

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

occasionally

『たまに』,時おり

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

Algeria

アルジェリア(アフリカ北西部の共和国;首都Algiers)

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

Yemen

イエメンアラブ共和国(アラビア半島南西部の共和国;首都 San‘a;正式名 Yemen Arab Republic)

南イエメン,イエメン民主人民共和国(アラビア半島南部の共和国;首都 Aden;正式名 People's Democratic Republic of Yemen)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

franchise

〈C〉《おもに米》(政府・メーカーが事業を行う個人・団体に与える)(…の)免許,一手販売権《+『of』+『名』》;(する)免許《+『to』do》

〈U〉《the~》公民権;(特)に参政権,選挙権

〈U〉フランチャイズ[制](プロ野球の球団がある都市に根拠をおいて特別な興行権をもつこと)

aspire

『大望を抱く』,あこがれる,切望する

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

old school

保守派

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

underwear

下着,肌着

bomber

爆撃機

爆撃手

爆撃魔

instigate

〈人〉‘を'扇動する

〈反乱など〉‘を'そそのかして(扇動して)起こさせる

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

distract

(…から)〈人〉‘の'『注意』(『気持ち』,『関心』)『をそらす』,〈注意・心など〉‘を'『そらす』《+『名』+『from』+『名』》

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『心を乱す』,‘を'まごつかせる,当惑させる《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

Soviet Union

《the~》『ソビエト連邦』(15の共和国より成る世界最大の国で公式名はthe Union of Soviet Socialist Republics(ソビエト社会主義共和国連邦);首都はMoscow) 1991年に崩壊 略は USSR

disengaged

(仕事などから)解放されている,手(体)があいている

fizz

シューシュー(パチパチ)音をたてて発泡する

シューと発泡する音

《米》(シャンペン・ソーダ水など)発泡性飲料;フィーズ

Kabul

カブール(アフガニスタン共和国の首都)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

probably

『たぶん』,『おそらく』

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

revulsion

(…に対する)嫌悪,反感《+『against』+『名』》

《文》(感情・持論などの)激変,急変

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

condemn

(…であると)〈人・過失など〉'を'『非難する』,とがめる(blame)《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

〈人〉'を'『有罪と決定する』,‘に'刑を宣告する(sentence)

(ある状態に)〈人など〉'を'追いやる,運命づける(doom)

〈品物など〉'を'廃棄処分に決める;〈品人など〉'を'分治と宣告する

《米》〈物・土地など〉'を'収用する,'を'没収を宣集する

〈人〉'を'罪(やましさ)を証明する

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

lunatic fringe

(主義・運動の)狂信派,過激派

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

doom

(通例悪い)『運命』

『破滅』(ruin);死(death)

(神の)最後の審判

(厳しい刑罰などを)〈人〉‘に'宣告する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

《受動態で》…‘を'運命づける

sadistic

サディスト的な

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

protector

(…から)保護する人(物),保護者《+『against』(『of』)+『名』》

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

drown

…‘を'『溺死』(できし)『させる』

(…で)…‘を'水浸しにする,ずぶぬれにさせる《+『名』+『in』(『with』)+『名』》

〈大きな音が〉〈ほかの音〉‘を'かき消す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(仕事・研究などに)〈自分〉‘を'熱中させる,(酒などで)〈憂いなど〉‘を'晴らす,紛らす《+『名』+『in』+『名』》

『溺死』(できし)『する』

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

Iraqi

〈C〉イラク人

〈U〉イラク語

イラクの,イラク人(語)の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

circumvent

…'を'裏をかく,'を'出しぬく

…‘の'周囲を回って行く,'を'迂回する;…'を'回避する

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

hypocrisy

偽善;〈C〉偽善的行為

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

faraway

(距離・時間などが)遠い

(顔つき・目つきなどが)ぼんやりした,夢見るような

battlefield

戦場

rightful

《現在まれ》(行動・主義などが)正しい

正当な,合法の

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

fully

『十分に』,完全に

まるまる

monstrosity

〈U〉奇怪さ,怪異さ

〈C〉巨大(怪異)な物(人)

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

thoroughly

『徹底的に』,完ぺきに,全く

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

self-preservation

自衛本能;自己保存 = self preservation

extremist

(特に政治上の)過激論者,過激主義者

midst

中央,まん中

=amid

economic

『経済の』

『経済学の』

assistance

『手伝い』,『助力』(help)

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

subtlety

〈U〉微妙さ;〈C〉《しばしば複数形で》微細な点,細かい区別

〈U〉鋭敏,敏感;明察

〈U〉ずるさ,こうかつ

〈U〉精巧;難解

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

poster

ポスター,びら

subway

《米》『地下鉄』(《英》underground, tube)

地下道(underpass)

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

savage

(人・動物・行為などが)『残忍な』,どう猛な

『野蛮な』,未開の

(動物が)野生の,飼い慣らされていない

『未開人』,野蛮人

残酷(残忍)な人

無作法な人

〈動物が〉…‘に'襲いかかってかみつく

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

optimism

楽天主義

楽観,のんき

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

riddance

(やっかいなものを)免れること,(…の)除去《+『of』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

good luck

幸運

ごきげんよう;ご成功(幸運)を祈る

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画