TED日本語 - ショーン・ゴーリー: 戦争の数理学

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

あらゆるニュースから集めたデータをもとに、ショーン・ゴーリーのチームが照らし出すのは、現代の戦争が持つ驚愕の構造である。 もしかするとそれは、戦争を解きほぐす鍵かもしれない。

Script

私たちは皆、メディアに注意を払っています イラクや アフガン、シエラレオネからのニュースを見聞きしていると 紛争というものが非常に不可解にうつります この感覚こそ、私がこのプロジェクトを始めた契機でした ただ、物理学者としての私は データさえ手に入れば解読できるかもしれない やってみようじゃないか と思ったのです

世間知らずのニュージーランド人だった私は まぁ、まずペンタゴンに行ってみよう と思い そこで、情報をくれませんかと尋ねるわけです もちろん答えはノーですが (笑) それで、頭を使わなきゃいけなくなったわけです 当時はオックスフォードで、ある晩ニュースを見ていて チャンネルの下に出てくるテロップを眺めていると 立派な情報といえるものがそこにありました 横に流れてゆくニュース字幕にデータが隠れていたのです 身の回りのこんなノイズにも実は情報が隠れているのです そこで私は ここにはオープンソースの知とでも呼べるものがあると捉え始めました ここから十分なデータが集まれば 戦争を理解する最初の鍵が得られるかもしれない

調査はこのようにおこないました まずチーム編成をするにあたり 経済学や数学などの分野から 学問領域を越え、科学者を呼びました 彼らを迎え、晴れて調査は始まりました 3つのステップで行いました 第一に情報収集 NGOのレポートや新聞、ケーブルテレビにいたる 130を越えるあらゆるソースからの情報にあたりました これらの基礎データを寄せ集めフィルターをかけます そして、情報の中から変数となりうる鍵を抽出します データベースには 攻撃の時期や 場所、規模、使用された兵器を組み込みました こんなものが実は日々垂れ流される情報に潜んでいるのです 要は、どう解読するかがものをいうのです ここからはお手の物です 攻撃の規模の分布を見ていくとどうでしょう ここから何が言えるでしょうか

まず、そこから始めました ご覧のように 横軸には 攻撃で亡くなった方々の数 つまりは攻撃の規模です そして縦軸には、攻撃の回数を置きました するとここに各事例を配置していけるわけです ここにはある種のランダム分布が見えるかと思います 67回の攻撃で、一人が亡くなる場合もあれば 47回で7人という事例もあります 全く同じことをイラクの例に絞ってやってみました 結果がどうなるかは予見しようがなかったのですが 驚くべき結果が出ます すべての武力衝突から そしてその混沌、情報のノイズ そういったものの中から この紛争で、命令がなされた手法の 数学的に一貫した分布が導きだせるのです 驚愕でした なぜ、イラクのような例がこのような結果を 基本の特徴として持つのでしょうか 戦争に法則などあるものなんでしょうか まだまだ分からないことだらけでした きっとイラクは特殊な事例なのだと考え 他の事例にもあたってみることにしました コロンビアや、アフガニスタン セネガルに関しても検証してみました

グラフは、ここでも、まったくの同じパターンを描くのでした まさか、こんなことがあり得るのか 全く別々の戦争なわけだし、宗派や 政党、社会経済的な問題まで全く違うはずです にもかかわらず、そこには一貫した基礎パターンが 存在するのです そこで、さらに手を広げてみました 世界に範囲を拡大し、出来る限りのデータを集めました 南米はペルーからアジアはインドネシアまで またもや同じパターンが描き出されました わかったのは こういった直線の分布だけでなく その傾斜(係数)が、α=2.5という 値を中心として集まっているというものです ここから、攻撃の可能性を予測することの出来る 公式を導き出すことが出来ました ここで示されるのは X人の命を奪うという攻撃が、イラクのような国で 起こる可能性が 定数Cに攻撃の規模xを掛け、 -α乗したものに等しいということです -αというのは先ほどお見せした傾き(係数)のことです

だからどうだというのでしょう たかがデータ、統計です それが戦争の何を教えてくれるというのでしょう それは私たち物理学者にとっての挑戦でした どう説明すればいいのだろうか αというものを見つけた 突き詰めて言えばそれは、反乱組織の 集団の構造である αは攻撃の規模の分布であり それと同時に、攻撃をおこなう為の 集団の力の分布でもある そこで集団力学の変化に注目してみました 合併と分裂 時に集まり、時に散らばる そこに数字を当てはめてみたわけです シミュレートできるかどうか そこで、イラクの事例に見るようなパターンを 導き出せるかどうかを ここでも適切に処理することで シミュレーションを行うことができます 集団力学を応用し、世界中の戦争が持つ基礎パターンを 説明できるだけのグラフを 再構成しました

さて、どういうことでしょうか なぜ、少なくとも見かけ上は全く異なる戦争たちが 同じパターンを描くのか 私が見つけたのは 武装勢力は、時と共に進化、順応してゆくという現象です 一回りも二回りも強大な敵と戦うために 解決策は一つしかありません 武装勢力の一員としてその解決策を見つけない限りは その人物は存在しないも同然です だからこそ、全ての武装勢力の活動 全ての戦争・紛争において このような現象が立ち現れます そんなことが起こっているんだと思います

もう一歩進んでみましょう どうしたらこれを変えられるか イラクのような戦争はどうしたら終わらせることが出来るか そのときグラフはどう見えるだろうか αこそが構造でした この数値が2.5を保つ その数値が戦争が続く時を示します それを変えればいい 数値を上げれば 勢力は分裂し始める 数は増えるが、弱体化する もしくは数値を下げれば 強固にはなるが、規模が縮小する 腰を据えた対話ができるレベルかもしれない

そこで、これからお見せするグラフは 誰の目にもまだ触れていない、文字通り 出来立てほやほやのものです ここに数値αの変遷をみることが出来ます 最初の段階で、数値が安定状態へと近づいてゆきます 世界中の戦争が共通してもつ数値へと ファルージャ侵攻においても、数値α周辺をさまよい続けます その数値は2006年イラク選挙中の サマラ爆撃にいたるまで続きます そこで数値が乱れ始め、より高い値になってゆき 分裂状態へと向かいます それはまさに、戦況が激化したときでした 意見は分かれるところですが 当時、さらに激化が進むだろうと予期されていました しかし全く逆の結果となります 集団はより強大となり 堅調なものとなります ここで、よし、このまま数値が下がってくれればと思うわけです 対話し解決へと向かうことができると しかしまた、逆の結果が起きます 数値は上昇し、集団はより分散し始めます この二側面に 争いを終わらせる一つの鍵を見出すことが出来ます 紛争が始まったばかりの頃のように 武装勢力がなんの影響力も持たない状況に戻るか もしくは、分断化され 立ち退くことができるレベルに落ち着くか 戦争を終わらせるための明確な答えは分かりません ただ、その答えを出すためには どうやら戦争の構造に着目する必要がありそうです ご清聴ありがとうございました (拍手)

We look around the media, as we see on the news from Iraq, Afghanistan, Sierra Leone, and the conflict seems incomprehensible to us. And that's certainly how it seemed to me when I started this project. But as a physicist, I thought, well if you give me some data, I could maybe understand this. You know, give us a go.

So as a naive New Zealander I thought, well I'll go to the Pentagon. Can you get me some information? (Laughter) No. So I had to think a little harder. And I was watching the news one night in Oxford. And I looked down at the chattering heads on my channel of choice. And I saw that there was information there. There was data within the streams of news that we consume. All this noise around us actually has information. So what I started thinking was, perhaps there is something like open source intelligence here. If we can get enough of these streams of information together, we can perhaps start to understand the war.

So this is exactly what I did. We started bringing a team together, an interdisciplinary team of scientists, of economists, mathematicians. We brought these guys together and we started to try and solve this. We did it in three steps. The first step we did was to collect. We did 130 different sources of information -- from NGO reports to newspapers and cable news. We brought this raw data in and we filtered it. We extracted the key bits on information to build the database. That database contained the timing of attacks, the location, the size and the weapons used. It's all in the streams of information we consume daily, we just have to know how to pull it out. And once we had this we could start doing some cool stuff. What if we were to look at the distribution of the sizes of attacks? What would that tell us?

So we started doing this. And you can see here on the horizontal axis you've got the number of people killed in an attack or the size of the attack. And on the vertical axis you've got the number of attacks. So we plot data for sample on this. You see some sort of random distribution -- perhaps 67 attacks,one person was killed, or 47 attacks where seven people were killed. We did this exact same thing for Iraq. And we didn't know, for Iraq what we were going to find. It turns out what we found was pretty surprising. You take all of the conflict, all of the chaos, all of the noise, and out of that comes this precise mathematical distribution of the way attacks are ordered in this conflict. This blew our mind. Why should a conflict like Iraq have this as its fundamental signature? Why should there be order in war? We didn't really understand that. We thought maybe there is something special about Iraq. So we looked at a few more conflicts. We looked at Colombia, we looked at Afghanistan, and we looked at Senegal.

And the same pattern emerged in each conflict. This wasn't supposed to happen. These are different wars, with different religious factions, different political factions, and different socioeconomic problems. And yet the fundamental patterns underlying them are the same. So we went a little wider. We looked around the world at all the data we could get our hands on. From Peru to Indonesia, we studied this same pattern again. And we found that not only were the distributions these straight lines, but the slope of these lines, they clustered around this value of alpha equals 2.5. And we could generate an equation that could predict the likelihood of an attack. What we're saying here is the probability of an attack killing X number of people in a country like Iraq is equal to a constant, times the size of that attack, raised to the power of negative alpha. And negative alpha is the slope of that line I showed you before.

So what? This is data, statistics. What does it tell us about these conflicts? That was a challenge we had to face as physicists. How do we explain this? And what we really found was that alpha, if we think about it, is the organizational structure of the insurgency. Alpha is the distribution of the sizes of attacks, which is really the distribution of the group strength carrying out the attacks. So we look at a process of group dynamics: coalescence and fragmentation, groups coming together, groups breaking apart. And we start running the numbers on this. Can we simulate it? Can we create the kind of patterns that we're seeing in places like Iraq? Turns out we kind of do a reasonable job. We can run these simulations. We can recreate this using a process of group dynamics to explain the patterns that we see all around the conflicts around the world.

So what's going on? Why should these different -- seemingly different conflicts have the same patterns? Now what I believe is going on is that the insurgent forces, they evolve over time. They adapt. And it turns out there is only one solution to fight a much stronger enemy. And if you don't find that solution as an insurgent force, you don't exist. So every insurgent force that is ongoing, every conflict that is ongoing, it's going to look something like this. And that is what we think is happening.

Taking it forward, how do we change it? How do we end a war like Iraq? What does it look like? Alpha is the structure. It's got a stable state at 2.5. This is what wars look like when they continue. We've got to change that. We can push it up: the forces become more fragmented; there is more of them, but they are weaker. Or we push it down: they're more robust; there is less groups; but perhaps you can sit and talk to them.

So this graph here, I'm going to show you now. No one has seen this before. This is literally stuff that we've come through last week. And we see the evolution of Alpha through time. We see it start. And we see it grow up to the stable state the wars around the world look like. And it stays there through the invasion of Fallujah until the Samarra bombings in the Iraqi elections of '06. And the system gets perturbed. It moves upwards to a fragmented state. This is when the surge happens. And depending on who you ask, the surge was supposed to push it up even further. The opposite happened. The groups became stronger. They became more robust. And so I'm thinking, right, great, it's going to keep going down. We can talk to them. We can get a solution. The opposite happened. It's moved up again. The groups are more fragmented. And this tells me one of two things. Either we're back where we started and the surge has had no effect; or finally the groups have been fragmented to the extent that we can start to think about maybe moving out. I don't know what the answer is to that. But I know that we should be looking at the structure of the insurgency to answer that question. Thank you. (Applause)

We look around the media,/ as we see on the news/ from Iraq,/ Afghanistan,/ Sierra Leone,/ and the conflict seems incomprehensible/ to us.//

私たちは皆、メディアに注意を払っています イラクや アフガン、シエラレオネからのニュースを見聞きしていると 紛争というものが非常に不可解にうつります

And that's certainly/ how it seemed to me/ when I started this project.//

この感覚こそ、私がこのプロジェクトを始めた契機でした

But as a physicist,/ I thought,/ well/ if you give me/ some data,/ I could maybe understand this.// You know,/ give us/ a go.//

ただ、物理学者としての私は データさえ手に入れば解読できるかもしれない やってみようじゃないか と思ったのです

So/ as a naive New Zealander/ I thought,/ well/ I'll go to the Pentagon.//

世間知らずのニュージーランド人だった私は まぁ、まずペンタゴンに行ってみよう と思い

Can you get me/ some information?//

そこで、情報をくれませんかと尋ねるわけです

(Laughter)/ No.// So I had to think/ a little harder.//

もちろん答えはノーですが (笑) それで、頭を使わなきゃいけなくなったわけです

And I was watching the news/ one night/ in Oxford.//

当時はオックスフォードで、ある晩ニュースを見ていて

And I looked down/ at the chattering heads/ on my channel of choice.//

チャンネルの下に出てくるテロップを眺めていると

And I saw/ that there was information there.//

立派な情報といえるものがそこにありました

There was data/ within the streams of news/ that we consume.//

横に流れてゆくニュース字幕にデータが隠れていたのです

All this noise/ around us actually has information.//

身の回りのこんなノイズにも実は情報が隠れているのです

So/ what I started thinking/ was,/ perhaps/ there is something/ like open source intelligence here.//

そこで私は ここにはオープンソースの知とでも呼べるものがあると捉え始めました

If we can get enough of these streams of information together,/ we can perhaps start to understand/ the war.//

ここから十分なデータが集まれば 戦争を理解する最初の鍵が得られるかもしれない

So this is exactly/ what I did.// We started bringing/ a team together,/ an interdisciplinary team of scientists,/ of economists,/ mathematicians.//

調査はこのようにおこないました まずチーム編成をするにあたり 経済学や数学などの分野から 学問領域を越え、科学者を呼びました

We brought these guys together/ and we started to try and solve this.//

彼らを迎え、晴れて調査は始まりました

We did it/ in three steps.//

3つのステップで行いました

The first step/ we did/ was to collect.// We did 130 different sources of information --/ from NGO reports/ to newspapers and cable news.//

第一に情報収集 NGOのレポートや新聞、ケーブルテレビにいたる 130を越えるあらゆるソースからの情報にあたりました

We brought this raw data/ in and we filtered it.//

これらの基礎データを寄せ集めフィルターをかけます

We extracted the key bits/ on information/ to build the database.//

そして、情報の中から変数となりうる鍵を抽出します

That database contained the timing of attacks,/ the location,/ the size/ and the weapons used.//

データベースには 攻撃の時期や 場所、規模、使用された兵器を組み込みました

It's all in the streams of information/ we consume daily,/ we just have to know/ how to pull it out.//

こんなものが実は日々垂れ流される情報に潜んでいるのです 要は、どう解読するかがものをいうのです

And/ once we had this we could start doing/ some cool stuff.//

ここからはお手の物です

What if we were to look/ at the distribution of the sizes of attacks?//

攻撃の規模の分布を見ていくとどうでしょう

What would/ that tell us?//

ここから何が言えるでしょうか

So we started doing/ this.// And you can see here/ on the horizontal axis/ you've got the number of people killed in an attack or the size of the attack.//

まず、そこから始めました ご覧のように 横軸には 攻撃で亡くなった方々の数 つまりは攻撃の規模です

And on the vertical axis/ you've got the number of attacks.//

そして縦軸には、攻撃の回数を置きました

So we plot data/ for sample/ on this.//

するとここに各事例を配置していけるわけです

You see some sort of random distribution --/ perhaps 67 attacks,/one person was killed,/ or 47 attacks/ where seven people were killed.//

ここにはある種のランダム分布が見えるかと思います 67回の攻撃で、一人が亡くなる場合もあれば 47回で7人という事例もあります

We did this exact same thing/ for Iraq.//

全く同じことをイラクの例に絞ってやってみました

And we didn't know,/ for Iraq/ what we were going to find.//

結果がどうなるかは予見しようがなかったのですが

It turns out/ what we found was pretty surprising.//

驚くべき結果が出ます

You take all of the conflict,/ all of the chaos,/ all of the noise,/ and out of that comes this precise mathematical distribution of the way/ attacks are ordered in this conflict.//

すべての武力衝突から そしてその混沌、情報のノイズ そういったものの中から この紛争で、命令がなされた手法の 数学的に一貫した分布が導きだせるのです

This blew our mind.//

驚愕でした

Why should a conflict/ like Iraq have this/ as its fundamental signature?//

なぜ、イラクのような例がこのような結果を 基本の特徴として持つのでしょうか

Why should there be order in war?//

戦争に法則などあるものなんでしょうか

We didn't really understand/ that.//

まだまだ分からないことだらけでした

We thought maybe/ there is something special/ about Iraq.//

きっとイラクは特殊な事例なのだと考え

So/ we looked at a few more conflicts.//

他の事例にもあたってみることにしました

We looked at Colombia,/ we looked at Afghanistan,/ and we looked at Senegal.//

コロンビアや、アフガニスタン セネガルに関しても検証してみました

And the same pattern emerged in each conflict.//

グラフは、ここでも、まったくの同じパターンを描くのでした

This wasn't supposed to happen.//

まさか、こんなことがあり得るのか

These are different wars,/ with different religious factions,/ different political factions,/ and different socioeconomic problems.//

全く別々の戦争なわけだし、宗派や 政党、社会経済的な問題まで全く違うはずです

And yet/ the fundamental patterns/ underlying them are the same.//

にもかかわらず、そこには一貫した基礎パターンが 存在するのです

So/ we went a little wider.//

そこで、さらに手を広げてみました

We looked around the world/ at all the data/ we could get our hands on.//

世界に範囲を拡大し、出来る限りのデータを集めました

From Peru/ to Indonesia,/ we studied this same pattern again.//

南米はペルーからアジアはインドネシアまで またもや同じパターンが描き出されました

And we found/ that not only were the distributions/ these straight lines,/ but the slope of these lines,/ they clustered around this value of alpha equals/ 2.5.//

わかったのは こういった直線の分布だけでなく その傾斜(係数)が、α=2.5という 値を中心として集まっているというものです

And we could generate an equation/ that could predict the likelihood of an attack.//

ここから、攻撃の可能性を予測することの出来る 公式を導き出すことが出来ました

What we're saying/ here is the probability of an attack killing/ X number of people/ in a country/ like Iraq is equal/ to a constant,/ times the size of that attack,/ raised to the power of negative alpha.//

ここで示されるのは X人の命を奪うという攻撃が、イラクのような国で 起こる可能性が 定数Cに攻撃の規模xを掛け、 -α乗したものに等しいということです

And negative alpha is the slope of that line/ I showed you before.//

-αというのは先ほどお見せした傾き(係数)のことです

So/ what?//

だからどうだというのでしょう

This is data,/ statistics.// What does it tell us/ about these conflicts?//

たかがデータ、統計です それが戦争の何を教えてくれるというのでしょう

That was a challenge/ we had to face/ as physicists.//

それは私たち物理学者にとっての挑戦でした

How do we explain this?//

どう説明すればいいのだろうか

And what we really found/ was/ that alpha,/ if we think about it,/ is the organizational structure of the insurgency.//

αというものを見つけた 突き詰めて言えばそれは、反乱組織の 集団の構造である

Alpha is the distribution of the sizes of attacks,/ which is really the distribution of the group strength/ carrying out/ the attacks.//

αは攻撃の規模の分布であり それと同時に、攻撃をおこなう為の 集団の力の分布でもある

So we look at a process of group dynamics:/ coalescence and fragmentation,/ groups/ coming together,/ groups/ breaking apart.//

そこで集団力学の変化に注目してみました 合併と分裂 時に集まり、時に散らばる

And we start running/ the numbers/ on this.// Can we simulate it?//

そこに数字を当てはめてみたわけです シミュレートできるかどうか

Can we create the kind of patterns/ that we're seeing/ in places/ like Iraq?//

そこで、イラクの事例に見るようなパターンを 導き出せるかどうかを

Turns/ out we kind/ of do a reasonable job.//

ここでも適切に処理することで

We can run these simulations.//

シミュレーションを行うことができます

We can recreate this using a process of group dynamics/ to explain the patterns/ that we see all/ around the conflicts/ around the world.//

集団力学を応用し、世界中の戦争が持つ基礎パターンを 説明できるだけのグラフを 再構成しました

So/ what's going on?//

さて、どういうことでしょうか

Why should these different --/ seemingly different conflicts have the same patterns?//

なぜ、少なくとも見かけ上は全く異なる戦争たちが 同じパターンを描くのか

Now/ what I believe/ is going on/ is/ that the insurgent forces,/ they evolve over time.// They adapt.//

私が見つけたのは 武装勢力は、時と共に進化、順応してゆくという現象です

And it turns out/ there is only one solution/ to fight a much stronger enemy.//

一回りも二回りも強大な敵と戦うために 解決策は一つしかありません

And/ if you don't find that solution/ as an insurgent force,/ you don't exist.//

武装勢力の一員としてその解決策を見つけない限りは その人物は存在しないも同然です

So/ every insurgent force/ that is ongoing,/ every conflict/ that is ongoing,/ it's going to look/ something/ like this.//

だからこそ、全ての武装勢力の活動 全ての戦争・紛争において このような現象が立ち現れます

And that is/ what we think is happening.//

そんなことが起こっているんだと思います

Taking it forward,/ how do we change it?//

もう一歩進んでみましょう どうしたらこれを変えられるか

How do we end a war/ like Iraq?//

イラクのような戦争はどうしたら終わらせることが出来るか

What does it look like?//

そのときグラフはどう見えるだろうか

Alpha is the structure.// It's got a stable state/ at 2.5.//

αこそが構造でした この数値が2.5を保つ

This is/ what wars look like when they continue.//

その数値が戦争が続く時を示します

We've got to change/ that.//

それを変えればいい

We can push it up:/ the forces become more fragmented;/ there is more of them,/ but they are weaker.//

数値を上げれば 勢力は分裂し始める 数は増えるが、弱体化する

Or we push it down:/ they're more robust;/ there is less groups;/ but perhaps/ you can sit/ and talk to them.//

もしくは数値を下げれば 強固にはなるが、規模が縮小する 腰を据えた対話ができるレベルかもしれない

So this graph here,/ I'm going to show/ you now.//

そこで、これからお見せするグラフは

No one has seen this before.// This is literally stuff/ that we've come through last week.//

誰の目にもまだ触れていない、文字通り 出来立てほやほやのものです

And we see the evolution of Alpha/ through time.//

ここに数値αの変遷をみることが出来ます

We see/ it start.// And we see/ it grow up/ to the stable state/ the wars/ around the world look like.//

最初の段階で、数値が安定状態へと近づいてゆきます 世界中の戦争が共通してもつ数値へと

And it stays there/ through the invasion of Fallujah/ until the Samarra bombings/ in the Iraqi elections of '06.//

ファルージャ侵攻においても、数値α周辺をさまよい続けます その数値は2006年イラク選挙中の サマラ爆撃にいたるまで続きます

And the system gets perturbed.// It moves upwards/ to a fragmented state.//

そこで数値が乱れ始め、より高い値になってゆき 分裂状態へと向かいます

This is/ when the surge happens.//

それはまさに、戦況が激化したときでした

And depending on who you ask,/ the surge was supposed to push/ it up even further.//

意見は分かれるところですが 当時、さらに激化が進むだろうと予期されていました

The opposite happened.//

しかし全く逆の結果となります

The groups became stronger.//

集団はより強大となり

They became more robust.//

堅調なものとなります

And so/ I'm thinking,/ right, great,/ it's going to keep going/ down.//

ここで、よし、このまま数値が下がってくれればと思うわけです

We can talk to them.// We can get a solution.// The opposite happened.//

対話し解決へと向かうことができると しかしまた、逆の結果が起きます

It's moved up/ again.// The groups are more fragmented.//

数値は上昇し、集団はより分散し始めます

And this tells me/ one of two things.//

この二側面に 争いを終わらせる一つの鍵を見出すことが出来ます

Either we're back/ where we started/ and the surge has had no effect;/ or finally/ the groups have been fragmented to the extent/ that we can start to think/ about maybe moving/ out.//

紛争が始まったばかりの頃のように 武装勢力がなんの影響力も持たない状況に戻るか もしくは、分断化され 立ち退くことができるレベルに落ち着くか

I don't know/ what the answer is to that.//

戦争を終わらせるための明確な答えは分かりません

But I know/ that we should be looking at the structure of the insurgency/ to answer/ that question.//

ただ、その答えを出すためには どうやら戦争の構造に着目する必要がありそうです

Thank you.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

Sierra Leone

シエラレオネ(大西洋に面したアフリカ西部の国)

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

incomprehensible

理解できない,不可解な

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

physicist

物理学者

datum

dataの単数形

既知の事実

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

pentagon

五角形,五辺形

《the P-》ペンタゴン(Arlingtonにある米国国防総省の五角形の巨大な建物)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

laughter

『笑い』,笑い声

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

chatter

(…について)『ぺちゃくちゃしゃべる』《+『away』(on)+『about』+『名』》

(鳥が)けたたましく鳴く,(猿が)キャッキャッと鳴く

〈歯・機械などが〉ガタガタ(ガチャガチャ)鳴る

〈くだらぬことなど〉'を'ぺちゃくちゃしゃべる

おしゃべり,ぺちゃくちゃ

(鳥の)けたたましく鳴く声,(猿の)キャッキャッという声

〈機械・歯などの〉ガタガタ(ガチャガチャ)する音

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

interdisciplinary

(学問の研究などが)2分野以上にまたがった,学際的な

economist

経済学者

mathematician

数学者

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

cable

〈C〉〈U〉

(麻・針金をより合わせた)『太綱』

〈C〉〈U〉

(電信などの)『ケーブル線』,被覆電線

(またcablegram)〈C〉『海底電信』,外国電報

…'を'太綱でつなぐ

…‘に'を敷く

〈通信〉'を'『海外電報で送る』

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

used

『使い古しの』,使用した

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

vertical

『垂直の』,直立した,縦の

垂直線(面);垂直位置

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

signature

『署名』

音楽記号(拍子記号・調記号など)

(本の)1ページの大きさに折り畳んだ大きな紙

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

Colombia

コロンビア(南米北西部の共和国;首都はBogota)

Senegal

セネガル(アフリカ西部の共和国;もとフランス領;首都 Dakar)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

faction

〈C〉派閥,徒党

〈U〉派閥争い,内粉

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

Peru

ペルー(南米の共和国;首都はLima)

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

slope

『傾斜する』,坂になる

…‘を'傾斜させる,‘に'勾配をつける

〈C〉『坂』,斜面,スロープ

〈C〉〈U〉『勾配(こうばい)』,傾斜

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

equation

等式; 方程式

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

likelihood

(…が)ありそうなこと,(…の)見込み,可能性(probability)《+『of』+『名』》

probability

〈U〉『ありそうなこと』,起こりそうなこと,見込み,公算(likelihood)

〈C〉ありそうな(起こりそうな)事件(結果)

〈U〉(数学で)確率;(哲学で)蓋然(がいぜん)性

killing

殺害;屠殺(とさつ)

《話》(特に商売での)大もうけ

(仕事などが)疲労こんぱいさせる,ひどく骨の折れる

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

organizational

組織上の,構成上の

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

coalescence

合同,合体,合併

fragmentation

ばらばら(こなごな)になること,分裂

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

simulate

…‘の'ふりをする,‘を'装う;simulate death死を装う

…‘を'まねる,‘に'似せる(imitate)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

recreate

…‘を'再び作る,作り直す

seemingly

うわべは,表面は(apparently)

一見したところ,なるほど

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

insurgent

暴動(反乱)を起こした

暴徒,謀反(むほん)人,反乱者

《米》党議に従わない人,反党分子

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

ongoing

進行中の

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

graph

グラフ,図表

no one

『だれも』…『ない』

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

invasion

(敵軍の)侵入,侵略《+『of』+『名』》

(人・物の)殺到;(災害などの)襲来《+『of』+『名』》

(権利などの)侵害《+『of』+『名』》

Iraqi

〈C〉イラク人

〈U〉イラク語

イラクの,イラク人(語)の

election

『選挙』

当選

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

upwards

=upward

surge

波のように押し寄せる,殺到する

〈感情が〉こみあげる《+up》

急増する,〈株などが〉急騰する

(…が)押し寄せること,(…の)襲来,殺到《+of+名》

(感情の)高まり,急増,急騰

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画