TED日本語 - ルイズ・フレスコ: 世界中に食料を与える事について語る

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。

Script

私は全く料理人ではありません 料理の実演はしませんから、心配しないで下さい しかし皆さんにお話したい事があります 皆さん全員にとっても大事な事だと思います パンの話なのですが、パンはありふれた物ですし 基本的な最必須の主要産物です そして、何かのパンを食べずに 1日が終わることはまずありません カリフォルニア低炭水化物ダイエット中でなければ パンは一般的です 西洋での日常食としてだけではなく 今からお話するように 現代生活の要なのです

さて、今から皆さんのためにパンを焼きたいと思います その間に、お話をします ややこしいかもしれませんが我慢して下さい まず始めに、少しご参加をお願いします ここに2斤のパンがあります 1斤は、スーパーマーケットにあるごく普通のもので、 白パンで、あらかじめ包装されていて、 ワンダーブレッドと呼ばれていると教えられました (笑) この名前はこちらに来て初めて知りました そしてこのもう一方は、ほとんど 全麦で、手作りの 小さなパン屋で作られたパンです さて、挙手をお願いします 全麦パンの方がお好きな方は? 違う尋ね方で行きましょう 『ワンダーブレッド』の方が好きな方はいらっしゃいますか? (笑) ためらいがちなお2人の男性が手を挙げていらっしゃいますよ (笑)

わかりました さて、問題は なぜ大多数が全麦パンの方が好きなのかという事です 私が思いますに、それは 私達が、全麦パンは 本物だと考えるからだと思います 伝統的な暮らし方に関する事です 多分、より偽りのない正直なやり方です これはイタリアのトスカーナの写真です、この場所を見て、私達は 農業はまだ美しい、 生命も本当に美しいと感じるのです そして、ここなら、よい味、伝統を持っているとも思います なぜ、このようなイメージを持っているのでしょうか? どうして全麦パンは白パンよりも本物だと感じるのでしょうか? それは歴史と大いに関係していると思います 農業を開始してから1万年の間 実は、私達の祖先のほとんどが農業に従事するか もしくは食べ物の生産に密に関わっていました それで、私達はこの神話的な 昔の田舎生活のイメージを持っています 芸術作品はそのイメージを持ち続ける助けになっています それは神話的な過去でした もちろん、現実はだいぶ違います これらの貧しい農民達は 自分達の手か動物を使って土地を耕し 作物を作ってきました その収穫高は 現在の西アフリカの最も貧しい農民に相当する位です しかしなぜか ここ数世紀のうちに、もしくは何十年のうちに 私達は過去の農業について 神話的な田舎のイメージを持ち始めました

産業革命の到来は たった200年前です そしてこのように皆さんにパンを作っていますが 理解するべき大事な事は 革命が何を私達にもたらしたのかという事です 産業革命は機械化や化学肥料などの能力をもたらしました 実際にそれらが収穫高も引き上げました 手で豆を収穫する等という嫌な作業も 今では機械を使って行う事ができます 後でお話しますが、これらは全て現実で、大きな改善です もちろん、特にここ10年間 密集したスーパーマーケットチェーンや 地球規模の貿易を通じて 食べ物をうまく世界中に広めました それが意味するところは、今あなたは 世界中から来た食べ物を食べているという事です それが現代生活の現実です 今皆さんは、この全麦パンの方が好きかもしれません 手で失礼させてもらいますが、これがその姿です

しかし、本当に現代的なパンだと 歴史的に言えるのは、この白い『ワンダーブレッド』なのです 白パンを嫌わないで下さい なぜなら私が思うに、本当に白パンは パンや食べ物が全ての人々へ 豊富で、手頃な値段になった事の象徴だからです 私達はあまり気づいていませんが これは注目すべき事なのです 白パンは世界を変えたのです この、味気ないちっちゃなパン、 そしてたくさん問題があるこのパンが 世界を変えました では、何が起こっているのでしょうか 簡単な統計を少し見るのが一番良いでしょう 産業革命の到来と共に そして農業の近代化と共に 1960年代以来ここ何十年間 世界で1人当たりが入手可能な食料は 25パーセント増えています 一方で、世界人口は2倍になりました つまり、今私達は人類史上かつてないほどの量の 食料を入手可能だという事です それは生産規模や生産量が うまく増加した 直接的な結果です そしてこれはいわゆる発展途上国を含め 全ての国で言える事なのです

では、私達のパンには何が起こったのでしょうか 食料が豊富になるという事はまた 農業従事者を 減らす事ができたという事です 高収入の国では、平均 人口の5パーセント以下程度です アメリカでは農業従事者はたったの1パーセントだけです それで私達は農業から解放されて他の事ができます-- 食料について心配せずにTEDカンファレンスに参加する事もできます それは歴史的に見ると、とても珍しい状況なのです 過去には一度も、世界に食料を与えるという事が こんなに少ない人々の責任であった事はありません そして過去には一度も、こんなにたくさんの人々が その事実について気付かない事はありませんでした

食料が豊富になり、パンはより安価になりました パンが安くなるにつれて、パンの生産者は様々なものを混ぜる事にしました 砂糖 レーズン、油、ミルク、 それから他にもたくさん、パンを作るために シンプルなものからカロリーのあるものまで様々加えました そして今日では、パンは肥満と結びつけて考えられています とても奇妙な事です パンは最も基本的な必須の食べ物で 私達が何万年も食べてきたものです 小麦は最も重要な穀物です 人類が最初に栽培した穀物で 私達が今日育てている穀物の中で最重要です

しかし今、おかしな事に、パンは 高カロリーと一体化して考えられています この国でだけというのではなく 世界中でこのイメージを持たれています パンは熱帯の国々にも広がりました そこでは今、中流階級の人達がフレンチロールやハンバーガーを食べ 通勤者は、パンの方が ご飯やキャッサバよりも 手頃だと思っています ですからパンは一つの主食となりました カロリーの源で 肥満と結びつけて考えられ 現代生活においての 現代性の源と考えられています そして多くの国では、パンが白ければ白いほどいいのです

これが私達が知るパンの物語です しかしもちろん、大きく変わった事による 大量生産の代償があります 大規模になったという事は、たくさんの景観を破壊したという事です 生物多様性の破壊です エミューが寂しく1羽だけ ブラジルのセラードの大豆畑にいます 損害はものすごいものです 水質汚染など、皆さんご存じのあらゆる住みかの破壊です

今なすべきは、食べ物が何であるかという理解に立ち返る事です そしてこれが、私が皆さんに問いかけたい事です 小麦を他の穀物と見分ける事ができる方はどれくらいいらっしゃいますか? パンを作る事ができる方は何人位いらっしゃいますか? この方法で、パン焼き機などは使わずに または袋入りの調味料は使わずに パンを作る事はできますか?パン1斤が実際幾らするかご存じですか? 私達は、自らが食べているパンが 本当はどんなものなのか、わからなくなっています これもまた、進化論的に言うと とてもおかしい事です 実際に、パンは元々ヨーロッパでつくられたのではないという事を 知っている人はあまりいません パンは、特にイラクやシリアの 農民達によって最初につくられました 左から2番目の小さな穂は 実は小麦の祖先です これがパンの始まりです ここから1万年前の農民達がパンを作り始めて 現在に至ります

今では、 この大量生産と大規模化によって 抵抗運動が出てきた事は驚きではありません ここカリフォルニアでも大きな動きとなっています 抵抗運動は「ここに戻ろう 伝統的な農業へ戻ろう 小規模な農家の市場へ戻ろう 小さなパン屋へ戻ろう」と声をあげています 素晴らしい事です 皆さんもそう思いませんか 私は大いに賛成です トスカーナーのような 伝統的な情景へ よい食べ物を食べる美食道へぜひ戻りたいものです しかしこれは誤った考えです 忘れた過去を理想化してしまっているから このように考えてしまうのです

もし過去に戻り、伝統的な小規模農業のままでいれば 実際には貧しい農民達を追放してしまいます 私は、このような貧しい農民達と長年暮らしてきましたが 彼ら農民は、電気も水もないところで 生産性を上げようと働くのです 過去に戻れば、彼らを貧困へと追いやってしまいます 貧しい農民達が望むのは 生産量を増やす手段です 土壌を肥沃にするもの、 育てた作物を安全に市場まで持っていくようなものです 小規模になるだけで世界の食糧問題が 解決するとは考えられません 小規模農業は 費用を負担したい場合にその余裕がある人向けの 贅沢な解決策です 私達は、この貧しい女性が このような土地で働いて欲しくないと思います もし、ここで見られるように小規模生産に戻って 地元でとれた食べ物だけを食べるようになると 可哀想なハンズロスリング氏などは もうオレンジすら食べる事ができないという事になります スカンジナビアではオレンジを生産していないからです ですから、地元での食料生産というオプションはなくなります しかし、田舎の人々を 貧困へと追いやりたくもありません そして、都会の貧しい人々を 飢えさせたくもありません ですから、他の解決策を探さなければなりません

問題のひとつは、世界の食料生産が 急速に増加する必要があるという事です-- 2030年までに2倍必要です 実は、その主な要因は肉です 特に東南アジアや中国で 穀物の値段を上げています 動物性たんぱく質は引き続き必要です その代替物となり得るものについては、また別の機会にお話しましょう しかし、動物性たんぱく質は人間の原動力となります

どうしたらよいのでしょうか? 生産量を増やす解決策を見つける事はできるでしょうか? できます しかし機械化が必要です ですから、私は以下の事を本当に訴えたいと思います ただ、作物の種を蒔き、雑草を抜くために 土地を耕し、15万回も四つん這いになって1ヘクタールの米を育てる事を 小規模農家へお願いはできないと強く思います このような状況で人を働かせる事などできません 賢い控え目な機械化が必要です 大規模な機械化で起こった問題を避けるようなものです どうすればよいでしょうか? 都市にいる30億人に食料を与えなければなりません 都市には小規模農民市場はありませんから 小規模農民市場を通しては行いません 彼らは低賃金で暮らしています そして 安く、手の届く、安全で様々な食べ物の恩恵を受けています これが私達がこれから20、30年間に目指すべき事です

しかし、いくつか解決策はあります 少し概念的な事を言います 科学を、生産過程をコントロールするものとみなし 横軸はその規模としてみると、 ご覧の通り、私達は 左下の小規模であまり制御されていない 伝統的な農業から始めました それが、右側の大規模で高度に制御されるものに変わってきました 私の理想は、科学を維持し続け、むしろもっと科学を使いつつも、 地方的な規模にするという事です(中央) 畑の大きさにおいてだけでなく 食料ネットワーク全体において行います これが私達が目指すべき方向です 穀物には完全には当てはまりませんが、究極的な方向は 完全に閉じた生態系を持つ 画面左上の(野菜などの)園芸型システムとなります ですから、農業科学については違う方法で考える必要があります ほとんどの人々に、そしてここには そんなにいらっしゃらないと思いますが、多くの農民にも 汚染を起こし、大規模で 環境を破壊するという 悪いイメージを持たれています しかし、必ずしもそうではありません 人類は、もっと科学、しかもよい科学が必要です

どんな科学を使えるでしょうか? まず第一に私が思いつくのは 現存の技術でもはるかによくできるという事です 生物工学で、便利なもの、 特に害虫や病気に抵抗できるものを使いましょう 他には、例えばロボットで 1.27センチの解像度で雑草を認識するものも 使えるでしょう もっと賢い灌漑方法があります 水を流したくなければそうする必要はないのです そして私達はとても冷静に 小規模と大規模の相対的な利点について 考えなければなりません 土地は多機能だという事を考える必要があります 土地は様々な機能を持っいます 私達が使用せねばならない様々な方法があります 例えば、居住用、自然用、そして農業用です 家畜も再検討する必要があります 地方的になり、都会の食料体系となります 駐車場や地下室で魚が泳ぐ池を見たいです 園芸や温室が 居住スペースの一番上にあればいいと思います それらの温室から、または穀物の発酵から 得られるエネルギーを使って 自分達の居住空間を温めたいです それを可能にする方法がたくさんあります 食糧問題を バイオ農業で解決する事はできません しかし、私達はもっと多くの事ができます

そして、私が皆さんに本当に一番お願いしたい事は ご自分の国へ帰られるにせよ、この国にいらっしゃるにせよ、 政府に、統合食糧政策をお願いしていただくという事です 食べ物は、エネルギー、安全保障、 そして環境と同じく重要です 全てが相互につながっていますから 統合された食糧政策は可能です 例えば私が暮らす オランダデルタ地帯のような高密度人口地域では これらの機能を組み合わせています ですから、これはSFではありません 社会的な感覚においてさえも、ものを組み合わせて 田舎をもっと人がアクセスしやすい場所にできます 例えば慢性疾患の患者に家を提供する事ができます たくさんできる事があります

しかし皆さんがしなければならない事があります 申し上げるだけでは十分ではありません、 「農業にもっと大胆な科学を取り入れましょう」 あなたは戻って 自身の食物連鎖について考えなければなりません 農民達に話しかけて下さい 最後に 農家を訪れて彼らに話しかけたのはいつでしたか? レストランにいる人達にも話しかけて下さい そしてあなたが食物連鎖のどのあたりにいるのか、 食べ物がどこから来るのか理解して下さい あなた自身が この巨大な一連の出来事の一部であるとわかって下さい 食物連鎖のお陰であなたは他の事を自由にできています 特に私にとって、食べ物とは敬意です 敬意とはどういう事かと言うと、あなたが食べ物を食する時に 多くの人達がまだ日々の食料を得るために 苦労しているという状況を理解する事です そして、私達が時々思いつくような極度に単純化された 全てを手作りにすれば 解決できるという考え方は 倫理上正当化できません 日々の食べ物にも事欠く貧しい人達を貧困から救い出す必要があります 彼らが農民である事に誇りを持つようにすべきです 彼ら農民のお陰で私達は生き延びているのですから 先程申し上げました通り、過去に一度も 食料に関する責任が こんなに少数の人達の手にあった事はありません そして、過去一度も、私達がその贅沢を 今ほど当たり前に考えていた事はありません なぜなら食べ物は今ではあまりに安いからです

そして食べ物は結局 私達独自の伝統において神聖なものである事を 今からご紹介する方以上にわかりやすく説明した人はいないと思います 栄養分やカロリーについてそう言っているのではありません 分け合うという事です 誠実さについて、そして、主体性についてなのです この事を美しい言葉でおっしゃったのはマハトマガンジー氏です 75年前に彼はパンについて語りました 彼は米について語りはしなかったのです インドで彼が言った事は、 「1日に2食なしで過ごさなければならない人には 神がパンとして現れてくださいます」という事です

それで、パンがそろそろ焼けますが 火傷をしないようにしますね これを 最前列の方々に配らせて下さい 食べ物をいくらか分けさせて下さい 私のパンを少し取って下さい そして食べて、試してください こちらに来て立ち上がって下さい パンを少しどうぞ その一口一口があなたを 過去や未来へつなぐ事を考えて頂きたいです 最初の小麦の種を 初めて作った無名の農民達へ、 このパンの元を作っている農民達へと つながります 皆さんは彼らが誰なのかさえもご存じありません あなたの全ての食事が 世界中から来た中味でできています 全ての食べ物が大きな特権を与えてくれて、私達は その食べ物を食する事ができ、毎日食べ物を得るために苦労しないですみます そしてそれこそが 進化論的に言って、珍しい事なのです こんな事は過去に一度もありませんでした ですからパンを味わって下さい パンを食べて、特権を与えられている事を感じて下さい ご静聴ありがとうございました (拍手)

I'm not at all a cook. So don't fear, this is not going to be a cooking demonstration. But I do want to talk to you about something that I think is dear to all of us. And that is bread -- something which is as simple as our basic, most fundamental human staple. And I think few of us spend the day without eating bread in some form. Unless you're on one of these Californian low-carb diets, bread is standard. Bread is not only standard in the Western diet. As I will show to you, it is actually the mainstay of modern life.

So I'm going to bake bread for you. In the meantime I'm also talking to you, so my life is going to complicated. Bear with me. First of all, a little bit of audience participation. I have two loaves of bread here. One is a supermarket standard: white bread, pre-packaged, which I'm told is called a Wonderbread. (Laughter) I didn't know this word until I arrived. And this is more or less, a whole-meal, handmade, small-bakery loaf of bread. Here we go. I want to see a show of hands. Who prefers the whole-meal bread? Okay let me do this differently. Is anybody preferring the Wonderbread at all? (Laughter) I have two tentative male hands. (Laughter)

Okay, now the question is really, why is this so? And I think it is because we feel that this kind of bread really is about authenticity. It's about a traditional way of living. A way that is perhaps more real, more honest. This is an image from Tuscany, where we feel agriculture is still about beauty. And life is really, too. And this is about good taste, good traditions. Why do we have this image? Why do we feel that this is more true than this? Well I think it has a lot to do with our history. In the 10,000 years since agriculture evolved, most of our ancestors have actually been agriculturalists or they were closely related to food production. And we have this mythical image of how life was in rural areas in the past. Art has helped us to maintain that kind of image. It was a mythical past. Of course, the reality is quite different. These poor farmers working the land by hand or with their animals, had yield levels that are comparable to the poorest farmers today in West Africa. But we have, somehow, in the course of the last few centuries, or even decades, started to cultivate an image of a mythical, rural agricultural past.

It was only 200 years ago that we had the advent of the Industrial Revolution. And while I'm starting to make some bread for you here, it's very important to understand what that revolution did to us. It brought us power. It brought us mechanization, fertilizers. And it actually drove up our yields. And even sort of horrible things, like picking beans by hand, can now be done automatically. All that is a real, great improvement, as we shall see. Of course we also, particularly in the last decade, managed to envelop the world in a dense chain of supermarkets, in a chain of global trade. And it means that you now eat products, which can come from all around the world. That is the reality of our modern life. Now you may prefer this loaf of bread. Excuse my hands but this is how it is.

But actually the real relevant bread, historically, is this white Wonder loaf. And don't despise the white bread because it really, I think, symbolizes the fact that bread and food have become plentiful and affordable to all. And that is a feat that we are not really conscious of that much. But it has changed the world. This tiny bread that is tasteless in some ways and has a lot of problems has changed the world. So what is happening? Well the best way to look at that is to do a tiny bit of simplistic statistics. With the advent of the Industrial Revolution with modernization of agriculture in the last few decades, since the 1960s, food availability, per head, in this world, has increased by 25 percent. And the world population in the meantime has doubled. That means that we have now more food available than ever before in human history. And that is the result, directly, of being so successful at increasing the scale and volume of our production. And this is true, as you can see, for all countries, including the so-called developing countries.

What happened to our bread in the meantime? As food became plentiful here, it also meant that we were able to decrease the number of people working in agriculture to something like, on average, in the high income countries,five percent or less of the population. In the U.S. only one percent of the people are actually farmers. And it frees us all up to do other things -- to sit at TED meetings and not to worry about our food. That is, historically, a really unique situation. Never before has the responsibility to feed the world been in the hands of so few people. And never before have so many people been oblivious of that fact.

So as food became more plentiful, bread became cheaper. And as it became cheaper, bread manufacturers decided to add in all kinds of things. We added in more sugar. We add in raisins and oil and milk and all kinds of things to make bread, from a simple food into kind of a support for calories. And today, bread now is associated with obesity, which is very strange. It is the basic, most fundamental food that we've had in the last ten thousand years. Wheat is the most important crop -- the first crop we domesticated and the most important crop we still grow today.

But this is now this strange concoction of high calories. And that's not only true in this country, it is true all over the world. Bread has migrated to tropical countries, where the middle classes now eat French rolls and hamburgers and where the commuters find bread much more handy to use than rice or cassava. So bread has become from a main staple, a source of calories associated with obesity and also a source of modernity, of modern life. And the whiter the bread, in many countries, the better it is.

So this is the story of bread as we know it now. But of course the price of mass production has been that we moved large-scale. And large-scale has meant destruction of many of our landscapes, destruction of biodiversity -- still a lonely emu here in the Brazilian cerrado soybean fields. The costs have been tremendous -- water pollution, all the things you know about, destruction of our habitats.

What we need to do is to go back to understanding what our food is about. And this is where I have to query all of you. How many of you can actually tell wheat apart from other cereals? How many of you actually can make a bread in this way, without starting with a bread machine or just some kind of packaged flavor? Can you actually bake bread? Do you know how much a loaf of bread actually costs? We have become very removed from what our bread really is, which, again, evolutionarily speaking, is very strange. In fact not many of you know that our bread, of course, was not a European invention. It was invented by farmers in Iraq and Syria in particular. The tiny spike on the left to the center is actually the forefather of wheat. This is where it all comes from, and where these farmers who actually,ten thousand years ago, put us on the road of bread.

Now it is not surprising that with this massification and large-scale production, there is a counter-movement that emerged -- very much also here in California. The counter-movement says, "Let's go back to this. Let's go back to traditional farming. Let's go back to small-scale, to farmers' markets, small bakeries and all that." Wonderful. Don't we all agree? I certainly agree. I would love to go back to Tuscany to this kind of traditional setting, gastronomy, good food. But this is a fallacy. And the fallacy comes from idealizing a past that we have forgotten about.

If we do this, if we want to stay with traditional small-scale farming we are going, actually, to relegate these poor farmers and their husbands -- among whom I have lived for many years, working without electricity and water, to try to improve their food production -- we relegate them to poverty. What they want are implements to increase their production: something to fertilize the soil, something to protect their crop and to bring it to a market. We can not just think that small-scale is the solution to the world food problem. It's a luxury solution for us who can afford it, if you want to afford it. In fact we do not want this poor woman to work the land like this. If we say just small-scale production, as is the tendency here, to go back to local food means that a poor man like Hans Rosling can not even eat oranges anymore because in Scandinavia we don't have oranges. So local food production is out. But also we do not want to relegate to poverty in the rural areas. And we do not want to relegate the urban poor to starvation. So we must find other solutions.

One of our problems is that world food production needs to increase very rapidly -- doubling by about 2030. The main driver of that is actually meat. And meat consumption in Southeast Asia and China in particular is what drives the prices of cereals. That need for animal protein is going to continue. We can discuss alternatives in another talk, perhaps one day, but this is our driving force.

So what can we do? Can we find a solution to produce more? Yes. But we need mechanization. And I'm making a real plea here. I feel so strongly that you can not ask a small farmer to work the land and bend over to grow a hectare of rice,150,000 times, just to plant a crop and weed it. You can not ask people to work under these conditions. We need clever low-key mechanization that avoids the problems of the large-scale mechanization that we've had. So what can we do? We must feed three billion people in cities. We will not do that through small farmers' markets because these people have no small farmers' markets at their disposal. They have low incomes. And they benefit from cheap, affordable, safe and diverse food. That's what we must aim for in the next 20 to 30 years.

But yes there are some solutions. And let me just do one simple conceptual thing: if I plot science as a proxy for control of the production process and scale. What you see is that we've started in the left-hand corner with traditional agriculture, which was sort of small-scale and low-control. We've moved towards large-scale and very high control. What I want us to do is to keep up the science and even get more science in there but go to a kind of regional scale -- not just in terms of the scale of the fields, but in terms of the entire food network. That's where we should move. And the ultimate may be, but it doesn't apply to cereals, that we have entirely closed ecosystems -- the horticultural systems right at the top left-hand corner. So we need to think differently about agriculture science. Agriculture science for most people -- and there are not many farmers among you here -- has this name of being bad, of being about pollution, about large-scale, about the destruction of the environment. That is not necessary. We need more science and not less. And we need good science.

So what kind of science can we have? Well first of all I think we can do much better on the existing technologies. Use biotechnology where useful, particularly in pest and disease resistance. There are also robots, for example, who can recognize weeds with a resolution of half an inch. We have much cleverer irrigation. We do not need to spill the water if we don't want to. And we need to think very dispassionately about the comparative advantages of small-scale and large-scale. We need to think that land is multi-functional. It has different functions. There are different ways in which we must use it -- for residential, for nature, for agriculture purposes. And we also need to re-examine livestock. Go regional and go to urban food systems. I want to see fish ponds in parking lots and basements. I want to have horticulture and greenhouses on top of residential areas. And I want to use the energy that comes from those greenhouses and from the fermentation of crops to heat our residential areas. There are all kinds of ways we can do it. We can not solve the world food problem by using biological agriculture. But we can do a lot more.

And the main thing that I would really ask all of you as you go back to your countries, or as you stay here: ask your government for an integrated food policy. Food is as important as energy, as security, as the environment. Everything is linked together. So we can do that. In fact in a densely populated country like the River Delta, where I live in the Netherlands, we have combined these functions. So this is not science fiction. We can combine things even in a social sense of making the rural areas more accessible to people -- to house, for example, the chronically sick. There is all kinds of things we can do.

But there is something you must do. It's not enough for me to say, "Let's get more bold science into agriculture." You must go back and think about your own food chain. Talk to farmers. When was the last time you went to a farm and talked to a farmer? Talk to people in restaurants. Understand where you are in the food chain, where your food comes from. Understand that you are part of this enormous chain of events. And that frees you up to do other things. And above all, to me, food is about respect. It's about understanding, when you eat, that there are also many people who are still in this situation, who are still struggling for their daily food. And the kind of simplistic solutions that we sometimes have, to think that doing everything by hand is going to be the solution, is really not morally justified. We need to help to lift them out of poverty. We need to make them proud of being a farmer because they allow us to survive. Never before, as I said, has the responsibility for food been in the hands of so few. And never before have we had the luxury of taking it for granted because it is now so cheap.

And I think there is nobody else who has expressed better, to me, the idea that food, in the end, in our own tradition, is something holy. It's not about nutrients and calories. It's about sharing. It's about honesty. It's about identity. Who said this so beautifully was Mahatma Gandhi,75 years ago, when he spoke about bread. He did not speak about rice, in India. He said, "To those who have to go without two meals a day, God can only appear as bread."

And so as I'm finishing my bread here -- and I've been baking it, and I'll try not to burn my hands. Let me share with those of you here in the first row. Let me share some of the food with you. Take some of my bread. And as you eat it, and as you try it -- please come and stand up. Have some of it. I want you to think that every bite connects you to the past and the future: to these anonymous farmers, that first bred the first wheat varieties; and to the farmers of today, who've been making this. And you don't even know who they are. Every meal you eat contains ingredients from all across the world. Everything makes us so privileged, that we can eat this food, that we don't struggle every day. And that, I think, evolutionarily-speaking is unique. We've never had that before. So enjoy your bread. Eat it, and feel privileged. Thank you very much. (Applause)

I'm not at all a cook.//

私は全く料理人ではありません

So don't fear,/ this is not going to be a cooking demonstration.//

料理の実演はしませんから、心配しないで下さい

But I do want to talk/ to you/ about something/ that I think is dear/ to all of us.//

しかし皆さんにお話したい事があります 皆さん全員にとっても大事な事だと思います

And that is bread --/ something/ which is as simple/ as our basic, most fundamental human staple.//

パンの話なのですが、パンはありふれた物ですし 基本的な最必須の主要産物です

And I think few of us spend the day/ without eating bread/ in some form.//

そして、何かのパンを食べずに 1日が終わることはまずありません

Unless you're on one of these Californian low-carb diets,/ bread is standard.//

カリフォルニア低炭水化物ダイエット中でなければ パンは一般的です

Bread is not only standard/ in the Western diet.//

西洋での日常食としてだけではなく

As I will show to you,/ it is actually the mainstay of modern life.//

今からお話するように 現代生活の要なのです

So I'm going to bake/ bread/ for you.//

さて、今から皆さんのためにパンを焼きたいと思います

In the meantime/ I'm also talking/ to you,/ so/ my life is going to complicated.// Bear/ with me.//

その間に、お話をします ややこしいかもしれませんが我慢して下さい

First of all,/ a little bit of audience participation.//

まず始めに、少しご参加をお願いします

I have two loaves of bread/ here.//

ここに2斤のパンがあります

One is a supermarket standard:/ white bread,/ pre-packaged,/ which I'm told/ is called a Wonderbread.//

1斤は、スーパーマーケットにあるごく普通のもので、 白パンで、あらかじめ包装されていて、 ワンダーブレッドと呼ばれていると教えられました

(Laughter)/ I didn't know this word/ until I arrived.//

(笑) この名前はこちらに来て初めて知りました

And this is more or less,/ a whole-meal, handmade, small-bakery loaf of bread.//

そしてこのもう一方は、ほとんど 全麦で、手作りの 小さなパン屋で作られたパンです

Here/ we go.// I want to see/ a show of hands.//

さて、挙手をお願いします

Who prefers the whole-meal bread?//

全麦パンの方がお好きな方は?

Okay let me/ do this differently.// Is anybody preferring the Wonderbread at all?//

違う尋ね方で行きましょう 『ワンダーブレッド』の方が好きな方はいらっしゃいますか?

(Laughter)/ I have two tentative male hands.//

(笑) ためらいがちなお2人の男性が手を挙げていらっしゃいますよ

(笑)

Okay,/ now/ the question is really,/ why is this so?//

わかりました さて、問題は なぜ大多数が全麦パンの方が好きなのかという事です

And I think/ it is/ because we feel/ that this kind of bread really is about authenticity.//

私が思いますに、それは 私達が、全麦パンは 本物だと考えるからだと思います

It's about a traditional way of living.//

伝統的な暮らし方に関する事です

A way/ that is perhaps more real,/ more honest.//

多分、より偽りのない正直なやり方です

This is an image/ from Tuscany,/ where we feel/ agriculture is still about beauty.//

これはイタリアのトスカーナの写真です、この場所を見て、私達は 農業はまだ美しい、

And life is really,/ too.//

生命も本当に美しいと感じるのです

And this is about good taste,/ good traditions.//

そして、ここなら、よい味、伝統を持っているとも思います

Why do we have this image?//

なぜ、このようなイメージを持っているのでしょうか?

Why do we feel/ that this is more true than this?//

どうして全麦パンは白パンよりも本物だと感じるのでしょうか?

Well/ I think/ it has a lot/ to do with our history.//

それは歴史と大いに関係していると思います

In the 10,000 years/ since agriculture evolved,/ most of our ancestors have actually been agriculturalists/ or they were closely related/ to food production.//

農業を開始してから1万年の間 実は、私達の祖先のほとんどが農業に従事するか もしくは食べ物の生産に密に関わっていました

And we have this mythical image of how life was in rural areas/ in the past.//

それで、私達はこの神話的な 昔の田舎生活のイメージを持っています

Art has helped us/ to maintain that kind of image.//

芸術作品はそのイメージを持ち続ける助けになっています

It was a mythical past.//

それは神話的な過去でした

Of course,/ the reality is quite different.//

もちろん、現実はだいぶ違います

These poor farmers/ working the land/ by hand/ or with their animals,/ had yield levels/ that are comparable/ to the poorest farmers/ today/ in West Africa.//

これらの貧しい農民達は 自分達の手か動物を使って土地を耕し 作物を作ってきました その収穫高は 現在の西アフリカの最も貧しい農民に相当する位です

But we have,/ somehow,/ in the course of the last few centuries, or even/ decades,/ started to cultivate/ an image of a mythical, rural agricultural past.//

しかしなぜか ここ数世紀のうちに、もしくは何十年のうちに 私達は過去の農業について 神話的な田舎のイメージを持ち始めました

It was only 200 years ago/ that we had the advent of the Industrial Revolution.//

産業革命の到来は たった200年前です

And/ while I'm starting to make/ some bread/ for you here,/ it's very important/ to understand/ what that revolution did to us.//

そしてこのように皆さんにパンを作っていますが 理解するべき大事な事は 革命が何を私達にもたらしたのかという事です

It brought us/ power.// It brought us/ mechanization,/ fertilizers.//

産業革命は機械化や化学肥料などの能力をもたらしました

And it actually drove up/ our yields.//

実際にそれらが収穫高も引き上げました

And even/ sort of horrible things,/ like picking beans/ by hand,/ can now be done automatically.//

手で豆を収穫する等という嫌な作業も 今では機械を使って行う事ができます

All/ that is a real, great improvement,/ as we shall see.//

後でお話しますが、これらは全て現実で、大きな改善です

Of course/ we also,/ particularly/ in the last decade,/ managed to envelop/ the world/ in a dense chain of supermarkets,/ in a chain of global trade.//

もちろん、特にここ10年間 密集したスーパーマーケットチェーンや 地球規模の貿易を通じて 食べ物をうまく世界中に広めました

And it means/ that you now eat products,/ which can come from all/ around the world.//

それが意味するところは、今あなたは 世界中から来た食べ物を食べているという事です

That is the reality of our modern life.//

それが現代生活の現実です

Now/ you may prefer this loaf of bread.//

今皆さんは、この全麦パンの方が好きかもしれません

Excuse/ my hands/ but this is/ how it is.//

手で失礼させてもらいますが、これがその姿です

しかし、本当に現代的なパンだと 歴史的に言えるのは、この白い『ワンダーブレッド』なのです

And don't despise the white bread/ because it really,/ I think,/ symbolizes the fact/ that bread and food have become plentiful and affordable/ to all.//

白パンを嫌わないで下さい なぜなら私が思うに、本当に白パンは パンや食べ物が全ての人々へ 豊富で、手頃な値段になった事の象徴だからです

And that is a feat/ that we are not really conscious of that much.//

私達はあまり気づいていませんが これは注目すべき事なのです

But it has changed the world.//

白パンは世界を変えたのです

This tiny bread/ that is tasteless/ in some ways/ and has a lot of problems has changed the world.//

この、味気ないちっちゃなパン、 そしてたくさん問題があるこのパンが 世界を変えました

So/ what is happening?//

では、何が起こっているのでしょうか

Well/ the best way to look at that is to do a tiny bit of simplistic statistics.//

簡単な統計を少し見るのが一番良いでしょう

With the advent of the Industrial Revolution/ with modernization of agriculture/ in the last few decades,/ since the 1960s,/ food availability,/ per head,/ in this world,/ has increased by 25 percent.//

産業革命の到来と共に そして農業の近代化と共に 1960年代以来ここ何十年間 世界で1人当たりが入手可能な食料は 25パーセント増えています

And the world population/ in the meantime has doubled.//

一方で、世界人口は2倍になりました

That means/ that we have now/ more food available/ than ever/ before in human history.//

つまり、今私達は人類史上かつてないほどの量の 食料を入手可能だという事です

And that is the result,/ directly,/ of being so successful/ at increasing the scale and volume of our production.//

それは生産規模や生産量が うまく増加した 直接的な結果です

And this is true,/ as you can see,/ for all countries,/ including/ the so-called developing countries.//

そしてこれはいわゆる発展途上国を含め 全ての国で言える事なのです

What happened to our bread/ in the meantime?//

では、私達のパンには何が起こったのでしょうか

As food became plentiful here,/ it also meant/ that we were able to decrease the number of people/ working in agriculture/ to something like,/ on average,/ in the high income countries,/five percent or less of the population.//

食料が豊富になるという事はまた 農業従事者を 減らす事ができたという事です 高収入の国では、平均 人口の5パーセント以下程度です

In the U.S./ only one percent of the people are actually farmers.//

アメリカでは農業従事者はたったの1パーセントだけです

And it frees us all up/ to do other things --/ to sit at TED meetings/ and not to worry about our food.//

それで私達は農業から解放されて他の事ができます-- 食料について心配せずにTEDカンファレンスに参加する事もできます

That is,/ historically,/ a really unique situation.//

それは歴史的に見ると、とても珍しい状況なのです

Never/ before has the responsibility/ to feed the world been in the hands of so few people.//

過去には一度も、世界に食料を与えるという事が こんなに少ない人々の責任であった事はありません

And never before have/ so many people been oblivious of that fact.//

そして過去には一度も、こんなにたくさんの人々が その事実について気付かない事はありませんでした

So/ as food became more plentiful,/ bread became cheaper.//

食料が豊富になり、パンはより安価になりました

And/ as it became cheaper,/ bread manufacturers decided to add/ in all kinds of things.//

パンが安くなるにつれて、パンの生産者は様々なものを混ぜる事にしました

We added in more sugar.//

砂糖

We add in raisins/ and oil and milk/ and all kinds of things/ to make bread,/ from a simple food/ into kind of a support/ for calories.//

レーズン、油、ミルク、 それから他にもたくさん、パンを作るために シンプルなものからカロリーのあるものまで様々加えました

And today,/ bread now is associated with obesity,/ which is very strange.//

そして今日では、パンは肥満と結びつけて考えられています とても奇妙な事です

It is the basic, most fundamental food/ that we've had in the last ten thousand years.//

パンは最も基本的な必須の食べ物で 私達が何万年も食べてきたものです

Wheat is the most important crop --/ the first crop/ we domesticated/ and the most important crop/ we still grow today.//

小麦は最も重要な穀物です 人類が最初に栽培した穀物で 私達が今日育てている穀物の中で最重要です

But this is now this strange concoction of high calories.//

しかし今、おかしな事に、パンは 高カロリーと一体化して考えられています

And that's not only true/ in this country,/ it is true all/ over the world.//

この国でだけというのではなく 世界中でこのイメージを持たれています

Bread has migrated to tropical countries,/ where the middle classes now eat French rolls and hamburgers/ and where the commuters find bread much more handy/ to use than rice or cassava.//

パンは熱帯の国々にも広がりました そこでは今、中流階級の人達がフレンチロールやハンバーガーを食べ 通勤者は、パンの方が ご飯やキャッサバよりも 手頃だと思っています

So bread has become from a main staple,/ a source of calories associated with obesity/ and also/ a source of modernity,/ of modern life.//

ですからパンは一つの主食となりました カロリーの源で 肥満と結びつけて考えられ 現代生活においての 現代性の源と考えられています

And the whiter/ the bread,/ in many countries,/ the better/ it is.//

そして多くの国では、パンが白ければ白いほどいいのです

So this is the story of bread/ as we know it now.//

これが私達が知るパンの物語です

But of course/ the price of mass production has been/ that we moved large-scale.//

しかしもちろん、大きく変わった事による 大量生産の代償があります

And large-scale has meant destruction of many of our landscapes,/ destruction of biodiversity --/ still/ a lonely emu here/ in the Brazilian cerrado soybean fields.//

大規模になったという事は、たくさんの景観を破壊したという事です 生物多様性の破壊です エミューが寂しく1羽だけ ブラジルのセラードの大豆畑にいます

The costs have been tremendous --/ water pollution,/ all the things/ you know about,/ destruction of our habitats.//

損害はものすごいものです 水質汚染など、皆さんご存じのあらゆる住みかの破壊です

What we need to do/ is to go back/ to understanding/ what our food is about.//

今なすべきは、食べ物が何であるかという理解に立ち返る事です

And this is/ where I have to query/ all of you.//

そしてこれが、私が皆さんに問いかけたい事です

How many of you can actually tell wheat apart/ from other cereals?//

小麦を他の穀物と見分ける事ができる方はどれくらいいらっしゃいますか?

How many of you actually can make a bread/ in this way,/ without starting with a bread machine or just some kind of packaged flavor?//

パンを作る事ができる方は何人位いらっしゃいますか? この方法で、パン焼き機などは使わずに または袋入りの調味料は使わずに

Can you actually bake bread?// Do you know how much/ a loaf of bread actually costs?//

パンを作る事はできますか?パン1斤が実際幾らするかご存じですか?

We have become very removed/ from what our bread really is,/ which,/ again,/ evolutionarily speaking,/ is very strange.//

私達は、自らが食べているパンが 本当はどんなものなのか、わからなくなっています これもまた、進化論的に言うと とてもおかしい事です

In fact not many of you know/ that our bread,/ of course,/ was not a European invention.//

実際に、パンは元々ヨーロッパでつくられたのではないという事を 知っている人はあまりいません

It was invented by farmers/ in Iraq and Syria/ in particular.//

パンは、特にイラクやシリアの 農民達によって最初につくられました

The tiny spike/ on the left/ to the center is actually the forefather of wheat.//

左から2番目の小さな穂は 実は小麦の祖先です

This is/ where it/ all comes from,/ and where these farmers/ who actually,/ten thousand years ago,/ put us/ on the road of bread.//

これがパンの始まりです ここから1万年前の農民達がパンを作り始めて 現在に至ります

Now/ it is not surprising/ that with this massification and large-scale production,/ there is a counter-movement/ that emerged --/ very much also here/ in California.//

今では、 この大量生産と大規模化によって 抵抗運動が出てきた事は驚きではありません ここカリフォルニアでも大きな動きとなっています

The counter-movement says,/ "Let's go back/ to this.//

抵抗運動は「ここに戻ろう

Let's go back/ to traditional farming.//

伝統的な農業へ戻ろう

Let's go back/ to small-scale,/ to farmers/' markets,/ small bakeries and all that."// Wonderful.//

小規模な農家の市場へ戻ろう 小さなパン屋へ戻ろう」と声をあげています 素晴らしい事です

Don't we/ all agree?// I certainly agree.//

皆さんもそう思いませんか 私は大いに賛成です

I would love to go back/ to Tuscany/ to this kind of traditional setting,/ gastronomy,/ good food.//

トスカーナーのような 伝統的な情景へ よい食べ物を食べる美食道へぜひ戻りたいものです

But this is a fallacy.//

しかしこれは誤った考えです

And the fallacy comes from idealizing a past/ that we have forgotten/ about.//

忘れた過去を理想化してしまっているから このように考えてしまうのです

If we do this,/ if we want to stay/ with traditional small-scale farming/ we are going,/ actually,/ to relegate these poor farmers and their husbands --/ among whom I have lived for many years,/ working without electricity and water,/ to try to improve their food production --/ we relegate them/ to poverty.//

もし過去に戻り、伝統的な小規模農業のままでいれば 実際には貧しい農民達を追放してしまいます 私は、このような貧しい農民達と長年暮らしてきましたが 彼ら農民は、電気も水もないところで 生産性を上げようと働くのです 過去に戻れば、彼らを貧困へと追いやってしまいます

What they want/ are implements/ to increase their production:/ something to fertilize the soil,/ something to protect their crop/ and to bring it/ to a market.//

貧しい農民達が望むのは 生産量を増やす手段です 土壌を肥沃にするもの、 育てた作物を安全に市場まで持っていくようなものです

We can not just think/ that small-scale is the solution/ to the world food problem.//

小規模になるだけで世界の食糧問題が 解決するとは考えられません 小規模農業は

It's a luxury solution/ for us/ who can afford it,/ if you want to afford/ it.//

費用を負担したい場合にその余裕がある人向けの 贅沢な解決策です

In fact/ we do not want this poor woman/ to work the land/ like this.//

私達は、この貧しい女性が このような土地で働いて欲しくないと思います

If we say just small-scale production,/ as is the tendency here,/ to go back/ to local food means/ that a poor man/ like Hans Rosling can not even eat oranges anymore/ because in Scandinavia/ we don't have oranges.//

もし、ここで見られるように小規模生産に戻って 地元でとれた食べ物だけを食べるようになると 可哀想なハンズロスリング氏などは もうオレンジすら食べる事ができないという事になります スカンジナビアではオレンジを生産していないからです

So local food production is out.//

ですから、地元での食料生産というオプションはなくなります

But also/ we do not want to relegate/ to poverty/ in the rural areas.//

しかし、田舎の人々を 貧困へと追いやりたくもありません

And we do not want to relegate/ the urban poor/ to starvation.//

そして、都会の貧しい人々を 飢えさせたくもありません

So/ we must find other solutions.//

ですから、他の解決策を探さなければなりません

One of our problems is/ that world food production needs to increase very rapidly --/ doubling by about 2030.//

問題のひとつは、世界の食料生産が 急速に増加する必要があるという事です-- 2030年までに2倍必要です

The main driver of that is actually meat.//

実は、その主な要因は肉です

特に東南アジアや中国で 穀物の値段を上げています

That need/ for animal protein is going to continue.//

動物性たんぱく質は引き続き必要です

We can discuss alternatives/ in another talk,/ perhaps/ one day,/ but this is our driving force.//

その代替物となり得るものについては、また別の機会にお話しましょう しかし、動物性たんぱく質は人間の原動力となります

So/ what can we do?//

どうしたらよいのでしょうか?

Can we find a solution/ to produce more?//

生産量を増やす解決策を見つける事はできるでしょうか?

Yes.// But we need mechanization.//

できます しかし機械化が必要です

And I'm making/ a real plea here.//

ですから、私は以下の事を本当に訴えたいと思います

I feel so strongly/ that you can not ask a small farmer/ to work the land/ and bend over/ to grow a hectare of rice,/150,000 times,/ just to plant a crop and weed it.//

ただ、作物の種を蒔き、雑草を抜くために 土地を耕し、15万回も四つん這いになって1ヘクタールの米を育てる事を 小規模農家へお願いはできないと強く思います

You can not ask people/ to work under these conditions.//

このような状況で人を働かせる事などできません

We need clever low-key mechanization/ that avoids the problems of the large-scale mechanization/ that we've had.//

賢い控え目な機械化が必要です 大規模な機械化で起こった問題を避けるようなものです

So/ what can we do?//

どうすればよいでしょうか?

We must feed three billion people/ in cities.//

都市にいる30億人に食料を与えなければなりません

We will not do that/ through small farmers/' markets/ because these people have no small farmers/' markets/ at their disposal.//

都市には小規模農民市場はありませんから 小規模農民市場を通しては行いません

They have low incomes.// And they benefit from cheap, affordable, safe and diverse food.//

彼らは低賃金で暮らしています そして 安く、手の届く、安全で様々な食べ物の恩恵を受けています

That's/ what we must aim for in the next 20 to 30 years.//

これが私達がこれから20、30年間に目指すべき事です

But yes/ there are some solutions.//

しかし、いくつか解決策はあります

And let me just do one simple conceptual thing:/ if I plot science/ as a proxy/ for control of the production process and scale.//

少し概念的な事を言います 科学を、生産過程をコントロールするものとみなし 横軸はその規模としてみると、

What you see/ is/ that we've started in the left-hand corner/ with traditional agriculture,/ which was sort of small-scale and low-control.//

ご覧の通り、私達は 左下の小規模であまり制御されていない 伝統的な農業から始めました

We've moved towards large-scale and very high control.//

それが、右側の大規模で高度に制御されるものに変わってきました

What I want us/ to do is to keep up/ the science/ and even get more science/ in there/ but go to a kind of regional scale --/ not just/ in terms of the scale of the fields,/ but in terms of the entire food network.//

私の理想は、科学を維持し続け、むしろもっと科学を使いつつも、 地方的な規模にするという事です(中央) 畑の大きさにおいてだけでなく 食料ネットワーク全体において行います

That's/ where we should move.//

これが私達が目指すべき方向です

And the ultimate may be,/ but it doesn't apply to cereals,/ that we have entirely closed ecosystems --/ the horticultural systems right/ at the top left-hand corner.//

穀物には完全には当てはまりませんが、究極的な方向は 完全に閉じた生態系を持つ 画面左上の(野菜などの)園芸型システムとなります

So we need to think differently/ about agriculture science.//

ですから、農業科学については違う方法で考える必要があります

Agriculture science/ for most people --/ and there are not many farmers/ among you here --/ has this name of being bad,/ of being about pollution,/ about large-scale,/ about the destruction of the environment.//

ほとんどの人々に、そしてここには そんなにいらっしゃらないと思いますが、多くの農民にも 汚染を起こし、大規模で 環境を破壊するという 悪いイメージを持たれています

That is not necessary.//

しかし、必ずしもそうではありません

We need more science and not less.// And we need good science.//

人類は、もっと科学、しかもよい科学が必要です

So what kind of science can we have?//

どんな科学を使えるでしょうか?

Well first of all I think/ we can do much better/ on the existing technologies.//

まず第一に私が思いつくのは 現存の技術でもはるかによくできるという事です

Use biotechnology/ where useful,/ particularly/ in pest and disease resistance.//

生物工学で、便利なもの、 特に害虫や病気に抵抗できるものを使いましょう

There are also robots,/ for example,/ who can recognize weeds/ with a resolution of half an inch.//

他には、例えばロボットで 1.27センチの解像度で雑草を認識するものも 使えるでしょう

We have much cleverer/ irrigation.//

もっと賢い灌漑方法があります

We do not need to spill/ the water/ if we don't want to.//

水を流したくなければそうする必要はないのです

And we need to think very dispassionately/ about the comparative advantages of small-scale and large-scale.//

そして私達はとても冷静に 小規模と大規模の相対的な利点について 考えなければなりません

We need to think/ that land is multi-functional.//

土地は多機能だという事を考える必要があります

It has different functions.//

土地は様々な機能を持っいます

There are different ways/ in which we must use it --/ for residential,/ for nature,/ for agriculture purposes.//

私達が使用せねばならない様々な方法があります 例えば、居住用、自然用、そして農業用です

And we also need to re-examine/ livestock.//

家畜も再検討する必要があります

Go regional/ and go to urban food systems.//

地方的になり、都会の食料体系となります

I want to see/ fish ponds/ in parking lots and basements.//

駐車場や地下室で魚が泳ぐ池を見たいです

I want to have/ horticulture and greenhouses/ on top of residential areas.//

園芸や温室が 居住スペースの一番上にあればいいと思います

And I want to use/ the energy/ that comes from those greenhouses/ and/ from the fermentation of crops/ to heat our residential areas.//

それらの温室から、または穀物の発酵から 得られるエネルギーを使って 自分達の居住空間を温めたいです

There are all kinds of ways/ we can do it.//

それを可能にする方法がたくさんあります

We can not solve the world food problem/ by using biological agriculture.//

食糧問題を バイオ農業で解決する事はできません

But we can do a lot more.//

しかし、私達はもっと多くの事ができます

And the main thing/ that I would really ask all of you/ as you go back/ to your countries,/ or/ as you stay here:/ ask your government/ for an integrated food policy.//

そして、私が皆さんに本当に一番お願いしたい事は ご自分の国へ帰られるにせよ、この国にいらっしゃるにせよ、 政府に、統合食糧政策をお願いしていただくという事です

Food is as important/ as energy,/ as security,/ as the environment.//

食べ物は、エネルギー、安全保障、 そして環境と同じく重要です

Everything is linked together.//

全てが相互につながっていますから

So/ we can do that.// In fact/ in a densely populated country/ like the River Delta,/ where I live in the Netherlands,/ we have combined these functions.//

統合された食糧政策は可能です 例えば私が暮らす オランダデルタ地帯のような高密度人口地域では これらの機能を組み合わせています

So this is not science fiction.// We can combine things even/ in a social sense of making the rural areas more accessible/ to people --/ to house,/ for example,/ the chronically sick.//

ですから、これはSFではありません 社会的な感覚においてさえも、ものを組み合わせて 田舎をもっと人がアクセスしやすい場所にできます 例えば慢性疾患の患者に家を提供する事ができます

There is all kinds of things/ we can do.//

たくさんできる事があります

But there is something/ you must do.// It's not enough/ for me/ to say,/ "Let's get more bold science/ into agriculture."//

しかし皆さんがしなければならない事があります 申し上げるだけでは十分ではありません、 「農業にもっと大胆な科学を取り入れましょう」

You must go back/ and think about your own food chain.//

あなたは戻って 自身の食物連鎖について考えなければなりません

Talk/ to farmers.// When was the last time you went to a farm/ and talked to a farmer?//

農民達に話しかけて下さい 最後に 農家を訪れて彼らに話しかけたのはいつでしたか?

Talk/ to people/ in restaurants.//

レストランにいる人達にも話しかけて下さい

Understand/ where you are in the food chain,/ where your food comes from.//

そしてあなたが食物連鎖のどのあたりにいるのか、 食べ物がどこから来るのか理解して下さい

Understand/ that you are part of this enormous chain of events.//

あなた自身が この巨大な一連の出来事の一部であるとわかって下さい

And that frees you up/ to do other things.//

食物連鎖のお陰であなたは他の事を自由にできています

And/ above all,/ to me,/ food is about respect.//

特に私にとって、食べ物とは敬意です

It's about understanding,/ when you eat,/ that there are also many people/ who are still in this situation,/ who are still struggling for their daily food.//

敬意とはどういう事かと言うと、あなたが食べ物を食する時に 多くの人達がまだ日々の食料を得るために 苦労しているという状況を理解する事です

And the kind of simplistic solutions/ that we sometimes have,/ to think/ that doing everything/ by hand is going to be the solution,/ is really not morally justified.//

そして、私達が時々思いつくような極度に単純化された 全てを手作りにすれば 解決できるという考え方は 倫理上正当化できません

We need to help to lift/ them/ out of poverty.//

日々の食べ物にも事欠く貧しい人達を貧困から救い出す必要があります

We need to make/ them proud of being a farmer/ because they allow us/ to survive.//

彼らが農民である事に誇りを持つようにすべきです 彼ら農民のお陰で私達は生き延びているのですから

Never before,/ as I said,/ has the responsibility/ for food been in the hands of so few.//

先程申し上げました通り、過去に一度も 食料に関する責任が こんなに少数の人達の手にあった事はありません

And never/ before have/ we had the luxury of taking it/ for granted/ because it is now so cheap.//

そして、過去一度も、私達がその贅沢を 今ほど当たり前に考えていた事はありません なぜなら食べ物は今ではあまりに安いからです

And I think/ there is nobody else/ who has expressed better,/ to me,/ the idea/ that food,/ in the end,/ in our own tradition,/ is something holy.//

そして食べ物は結局 私達独自の伝統において神聖なものである事を 今からご紹介する方以上にわかりやすく説明した人はいないと思います

It's not about nutrients and calories.//

栄養分やカロリーについてそう言っているのではありません

It's about sharing.// It's about honesty.// It's about identity.//

分け合うという事です 誠実さについて、そして、主体性についてなのです

Who said this so beautifully was Mahatma Gandhi,/75 years ago,/ when he spoke about bread.//

この事を美しい言葉でおっしゃったのはマハトマガンジー氏です 75年前に彼はパンについて語りました

He did not speak about rice,/ in India.// He said,/ "To those/ who have to go/ without two meals/ a day,/ God can only appear as bread."//

彼は米について語りはしなかったのです インドで彼が言った事は、 「1日に2食なしで過ごさなければならない人には 神がパンとして現れてくださいます」という事です

And so/ as I'm finishing/ my bread here --/ and I've been baking it,/ and I'll try not to burn my hands.//

それで、パンがそろそろ焼けますが 火傷をしないようにしますね

Let me/ share with those of you here/ in the first row.//

これを 最前列の方々に配らせて下さい

Let me/ share some of the food/ with you.//

食べ物をいくらか分けさせて下さい

Take some of my bread.//

私のパンを少し取って下さい

And/ as you eat it,/ and/ as you try it --/ please come/ and stand up.//

そして食べて、試してください こちらに来て立ち上がって下さい

Have some of it.//

パンを少しどうぞ

I want you/ to think/ that every bite connects you/ to the past and the future:/ to these anonymous farmers,/ that first bred the first wheat varieties;/ and to the farmers of today,/ who've been making this.// And you don't even know/ who they are.//

その一口一口があなたを 過去や未来へつなぐ事を考えて頂きたいです 最初の小麦の種を 初めて作った無名の農民達へ、 このパンの元を作っている農民達へと つながります 皆さんは彼らが誰なのかさえもご存じありません

Every meal/ you eat/ contains ingredients/ from all/ across the world.//

あなたの全ての食事が 世界中から来た中味でできています

Everything makes us so privileged,/ that we can eat this food,/ that we don't struggle every day.//

全ての食べ物が大きな特権を与えてくれて、私達は その食べ物を食する事ができ、毎日食べ物を得るために苦労しないですみます

And that,/ I think,/ evolutionarily-speaking is unique.//

そしてそれこそが 進化論的に言って、珍しい事なのです

We've never had/ that before.//

こんな事は過去に一度もありませんでした

So enjoy your bread.//

ですからパンを味わって下さい

Eat/ it,/ and feel privileged.//

パンを食べて、特権を与えられている事を感じて下さい

Thank/ you very much.//

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

cooking

料理;料理法

料理用の

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

bread

『パン』,食パン

(生名の糧(かて)として必要な)食物一般…生計・金・銭

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

staple

つぼくぎ(電線などを固定する『U』字形のくぎ)

(書類・製本用の)留め金,ホッチキスの針

…‘を'つぼくぎで止める;…‘を'留め金でとじる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

Californian

カリフォルニアの

カリフォルニア州の住民

diet

(日本・デンマーク・スウェーデンなどの)『議会』,国会

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

mainstay

大檣支索(さく)(mainmastの頂点から前マストの根元に張る支え綱)

(…の)頼みの綱,大黒柱《+『of』+『名』》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

bake

(特にオーブンで)〈食物〉'を'『焼く』,焼いて料理する

〈れんがなど〉'を'焼き固める;〈太陽が〉…'を'焦がす

(日にあたって)〈皮膚など〉'を'焼く

〈パンなどが〉焼ける;〈人が〉パンを焼く

〈土地・人などが〉日に焼ける

meantime

『その間に』

その同じ時に;一方では

『合間』

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

loaf

(一定の形に暑いた)『パンの一塊』

(ある形にした食品の)『塊』

砂糖の円すい形の塊(=sugar loaf)

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

laughter

『笑い』,笑い声

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

handmade

手製の,手で作った

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

okay

=OK,O.K.

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

tentative

試験的な,仮の;一時的な

ためらいがちな

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

authenticity

確実性;本物であること

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

agriculture

『農業』,農学

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

agriculturalist

農業経営者;農業専門家

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

mythical

神話の,伝説の

神話的な,架空の

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

decade

『10年間』

cultivate

〈土地〉'を'『耕す』;〈作物〉'を'『栽培する』;〈魚など〉'を'養殖する

…'を'『教化する』,養成する,育成する

…'を'得ようとする

agricultural

『農業の』,農耕の;農学[上]の

advent

《the ~》(際立ったもの・事件・人の)出現,到来《+『of』+『名』》

《A-》キリストの降臨;降臨節(クリスマス前のおよそ4週間の期間)

Industrial Revolution

産業革命(18世紀末から19世紀初頭にかけて英国を中心に興った)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

bean

『豆』(おもにいんげん豆・そら豆など大きめの豆類)

豆のさや(pod)

豆に似た実

《俗》頭

《俗》(野球で)ビーンボールを投げる

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

envelop

(…に)…‘を'包む《+『名』+『in』+『名』》

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

historically

歴史的に,歴史上

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

despise

(…のことで)…‘を'『軽べつする』,さげすむ《+『名』+『for』 do『ing』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

plentiful

『豊富な』,たっぷりの,たくさんの;豊富に生じる

feat

『手柄』,功績

芸当,離れ業

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

tasteless

味のない,まずい;おもしろみのない

趣味の悪い

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

simplistic

簡単に割り切った,安易な

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

availability

利用できること,有用性,利用価値

per head

一人当り,各人に,頭割りで

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

so-called

いわゆる,名ばかりの

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

income

(一定の)『収入』,所得

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

oblivious

(・・・を)忘れて,忘れっぽく《+『of』+『名』》;(・・・に)気づかないで《+『of』(『to』)+『名』》

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

manufacturer

(大規模な)『製造業者』,工場主;製作者

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

raisin

干しぶどう

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

calorie

(また『small calorie』)グラムカロリー(物理・化学で用いる熱量の単位で,1グラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

(また『large calorie』)キロカロリー(生物などで用いる熱量の単位で,1キログラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

カロリー(生物の熱消費量,食品の燃焼熱)

1カロリーのエネルギーを生じる食物量

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

obesity

肥満

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

wheat

小麦

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

domesticate

〈人〉‘を'家庭的にする

〈動物〉‘を'飼いならす

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

concoction

〈U〉混合,調合

〈C〉調製した物,混合飲料

〈C〉でっち上げ;〈C〉作りごと,策謀

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

tropical

『熱帯の』,熱帯性の,熱帯産の

酷暑の

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

hamburger

《米》〈U〉牛のひき肉(ground beef)

(また『Hamburg steak』)〈C〉ハンバーグステーキ(牛のひき肉を焼いたもの)

〈C〉(また《米話》『burger』)ハンバーガー(ハンバーグステーキをはさんだサンドイッチ)

commuter

定期券使用者,(郊外からの)通勤者

handy

『取り扱いに便利な』,手ごろな,重宝な

《話》すぐ手元の,すぐ使える(at hand)

(人が)『器用な』,手先の達者な;(…を)巧みに使う《+『at』(『about, with』)+『名』》

rice

『米』(欧米ではプディングやケーキの原料にも用いる)

イネ(稲)

〈ゆでたジャガイモ・カボチャなど〉‘を'ライサー(ricer)で米粒ほどの太さのそうめん状にする

cassava

〈C〉キャッサバ(熱帯産植物)

〈U〉キャッサバでんぷん

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

modernity

現代主義;現代性(風)

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

mass production

大量生産

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

emu

エミュー(ダチョウに似たオーストラリア産の翼のない大鳥)

Brazilian

ブラジルの

ブラジル人

soybean

大豆(だいず)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

habitat

(動・植物の)産地,生息地

query

質問,疑問・疑問符(?)・(不審・疑問を感じて)〈人〉‘に'質問する,〈人の気持ちなど〉‘を'問いただす・〈物事〉‘に'疑問をいだく,‘を'不審に思う・(コンピュータ)質問, 問い合わせ (特定の情報の検索をデータベースに要求すること)

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

cereal

〈C〉《通例複数形で》『穀物』,穀類

(また《米》breakfast food)〈U〉〈C〉朝食用の穀類加工食品(oatmealやcornflakesなど)

〈C〉穀類を生ずる植物

穀類の

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

forefather

『祖先』,先祖(ancestor)

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

farming

農業

small-scale

小規模の

(地図・模型など)小さい縮尺率の

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

bakery

パン製造所,パン屋

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

gastronomy

美食法(学)

fallacy

〈C〉間違った考え,誤信

〈C〉〈U〉誤った議論(論理)

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

relegate

《通例受動態で》(重要でない地位・状態に)〈人・物など〉‘を'追いやる,左遷(させん)する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(人に)〈仕事義務など〉‘を'まかせる,委託する《+『名』+『to』+『名』》

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

implement

(通例簡単な)『道具』,器具

…‘を'履行する,果たす(execute)

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

luxury

〈U〉『ぜいたく』,おごり

〈C〉『ぜいたく品』

〈C〉楽しさ,快楽,満足

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

tendency

『傾向』

『性癖』,癖

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

Scandinavia

(またNorthland)スカンジナビア半島(ノルウエー・スウェーデンがある半島)

スカンジナビア,北欧(ノルウェー・スウェーデン・デンマーク,時にアイスランド・フィンランドも含める)

urban

都市(都会)の

都市に住む

starvation

餓死;飢餓,窮乏

rapidly

『速く』,『すみやかに』

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

meat

(食用の)『動物の肉』

《英古》《米文》(一般的に)『食物』(food)

(課実などの)食用部分,果肉

(議論・書物などの)最も重要な部分,主眼点,骨子《+『of』+『名』》

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

Southeast Asia

東南アジア

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

protein

蛋白(たんばく)質

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

driving

推進する,伝動の,駆動の

猛烈な,激しい

精力的な,勢いのよい

効果的な,強力な

(自動車)運転の

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

plea

(…に対する)『嘆願』,懇願《+『of』+『名』》

《単数形で》『弁解』,言い訳,口実(excuse)

(…の)抗弁,申し立て《+『of』+『名』》

strongly

『強く』,激しく

熱心に

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

hectare

ヘクタール(面積の単位;100アール;《略》『ha』)

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

weed

〈C〉『雑草』

《the Weed》(巻き)たばこ,葉巻き;マリファナ

〈C〉(特にひょろ長い)弱々しい人

〈庭など〉の『雑草を抜く』,草を取る

(…から)〈雑草〉を抜く《+名+out of(from)+名》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

low-key

(文体などが)控え目の, 地味な, = low-keyed

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

disposal

配置,配列

(事件・業務などの)『処置』,処理;処分

(物の)譲渡;売却

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

conceptual

概念の

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

proxy

〈U〉(…の)代理,代理権;〈C〉代理人《+『for』+『名』》

〈C〉委任状

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

towards

toward

regional

地方の,地域の;地方に特有の,局地的な

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

ecosystem

生態系

horticultural

園芸の,園芸学(術)の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

biotechnology

《米》生物工学,人間工学)人が機械で最も能率的に仕事をするための研究)(《英》ergonomics)

pest

害虫

《話》やっかい者

《まれ》ペスト

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

irrigation

潅漑(かんがい)

(傷口などの)洗浄

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

comparative

『比較の』,比較による

比較的,かなりの

比較級の

比較級

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

residential

住居の,居住の

住居向きの

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

livestock

家畜

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

pond

『池』

parking lot

駐車場(《英》car park)

basement

地階,地下室

horticulture

園芸;園芸学(術)

greenhouse

温室

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

fermentation

発酵[作用]

動揺,騒ぎ

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

delta

デルタ(ギリシア語アルファベットの第4字Δ,δ;英語D,dに相当)

(河口の)三角州,デルタ

三角形をしたもの

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

chronically

慢性的に

常習で絶えず

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

food chain

食物連鎖(小さい生物が順に大きいものに食われるという食性の関係)

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

enormous

『巨大な』,ばく大な

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

morally

道徳的に,正しく

道徳上,道徳的に見て

事実上,ほとんど

justified

正当化された

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

honesty

『正直』,実直,誠実

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

beautifully

美しく

みごとに

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

privileged

特権(特典)のある

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画