TED日本語 - エディー・オベン: 目まぐるしく変化する世界には「賢い失敗」が必要だ

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ビジネス教育者のエディー・オベンは、多くの人が思っているよりも、世界は速いスピードで変化していると言います。新しいことをしようと思っても、世界のスピードに追いつけません。 テンポの良い語り口でエディーは生産性を向上させるには、3つの重要な変化を理解すべきであること、「賢い失敗」を許す文化が求められていると語ります。

Script

ここ半年、色々な所を訪れました 旅した距離は9万キロ以上 しかも机から一歩も離れずに 実は私は二人いるのです 一人はここにいるエディー もう一人は 緑のごつい体型の 私の分身「サイバー・フランク」

これが旅をしていた理由です さてテストから始めましょうビジネス専門なので 結果が気になるんです 悩みましたよ TEDに来るような人たちに 何を学んでもらえるか 丁度良いレベルの話ができればいいのですが さあ 行ってみましょう 答えがわかったら叫んでくださいね 「どっちの線が長いですか?」 答えは? (聴衆)同じ(オーベン)同じ 違います(笑) 上のほうが10%長いんです なぜ同じと答えたのですか?子供の頃学校で 同じことを聞かれましたよね? 錯覚の勉強をした時です その時は「同じ」だったでも今回は違った 皆さんは一度習った答えを何十年も覚えているわけです 「長さは同じ 長さは同じ」ってね だからそう答えたでも問題が変わってたんです

この21世紀でも同様のことが起こっています 何者かがいつのまにか世界のルールを変えたんです ルールが変わったのは「真夜中」 皆が寝ていた頃です15年も前の話ですが 気付かなかったって?でも事実です 企業でも組織でも国でも何でも 上手く回すための方法がまるっきり変わったんです 冗談だと思っていますね(笑)でも新しいルールに気付きましたか? さっきの問題と同じですよ 気付かなかったね(笑)

僕の単純な考えは 21世紀は意外と理解しにくかった だから馴染みのある昔からの世界観で 皆 問題に対処しています でも もう昔の世界じゃない まだ疑っていますねいいでしょう(拍手)

じゃあ 私の数々の疑問を披露しましょう アマゾンで「創造性」と検索すると9万冊もの本がヒットします グーグルで「革新+創造性」は 3000万件+「コンサルタント」で6000万件です(笑) でも統計的に見て発想から2年後に アイデアが収益や実益に結びつく確率は 10万に1つくらいです おかしいですよ企業がお金と時間をかけて 計画や準備を進めたものが 世に出る前から時代遅れになります

なぜでしょう?革新的なビジョンも 実行することが 鍵となるのですビジョンは実現してこそです 私たちは長年実現力を磨いてきました その分 上手く行きそうなものです でも上手くいっていない家族旅行に例えてみましょう 5人家族が旅行をするとします ロンドンから香港までの長旅です しかし予算は50万円程度 これを実際にかかった費用の 平均相場と比較すると 家族はインドネシアまでしか行けません それでも60万円かかります しかも子供2人は置いてけぼり(笑) おかしいと思いませんか?

更にひどい例があります ここに手紙があります 「女王陛下 簡単にご説明しますと 危機の深刻さが予測できなかったのは 創造性、聡明な頭脳の不足が理由でした」 とかなんとか 書いてあります これは著名な経済学者たちが英国女王に宛てた謝罪文です 女王は学者にお聞きになりました 「なぜ あなた方は危機を予測できずにいたの?」 こんなもの真似をしていたらナイトの称号はもらえないな(笑) それはどうでも良いとして 超優秀な経済学者でも失敗する 難しいのが分かりますね(笑)

デザイン・コンサルタント会社IDEOのティム・ブラウンは 「デザインはもっと色々な分野に広がるべきだ」 より大きな問題に デザイン思考で取り組むべきだと言います まさにその通りです では何故今までの思考は小さかったのか? コラボレーションは素晴らしい部門間協力は素晴らしい では何故ヒエラルキー制が残ってるんでしょう きっと私たちは冒頭に述べたような 変化に気付いていないのです

世界は加速しています インターネットが全てを光速で動かし 技術が物事を急激に加速させる 現在はこここちらが過去 そして皆さんも政府もみんなが変化を求めている みんな変化を望んでいるすごいね!(笑) その結果 世界は急速に加速し変化していきます 加速しているだけじゃありません 同時に奇妙なことが起きました まず人口が40年で2倍になりました その半分が都市に住み互いに繋がっています 情報交流の密度は驚くばかりです 情報交通を示す図の密度の濃さと言ったら驚きです もう一つ あなたのオフィスが階段の下の 小さなデスクだったとしてもインターネットがあれば そこはグローバル企業の本社なのです スケールが変わったんです サイズとスケールはもう同じじゃない ツイッターのフォロワーだって 3分の1は国外の人です

新しいスケールはグローバルです 「激動の時代」とかなんとか 言われるわけです 比喩のように使われていますよね?でも実際に

激動しているのです 私が大学の工学部にいた頃 講義で非常に面白い実験デモが行われました 講師は透明なパイプを取り出し 水道の蛇口にとりつけました 絵にしてみましょう 蛇口は描けないから「蛇口」でいいね?(笑) 蛇口を開けるとパイプに水が流れ始めます 彼は言うわけです「何か気付いたかい?」 何も面白くないですよね 水が貯まったところで水量を減らしました 「何か気付いたかい?」 答えはノーですすると彼は針をパイプに突き刺して 針から緑のインクを少しずつ垂らし始めました すると 緑の細い線が流れ始めました でも大して面白くありません 水の量を少し増やしても何の変化もありません 流水量が変わっても緑の線はそのままです 彼はどんどん蛇口を緩めていきました すると突然緑の線がユラッと動き 蛇口をかすかに緩めると線が一瞬にして消え 針の周りに緑のもやもやが残り インクは散っていきました 色が薄くなって 最後には緑が消えました

パイプの中で起こったのは ルールの変化です誰かが流れを乱した結果 元のルールは全て一瞬にして消え 乱流によるあらゆる可能性が生まれました 状況が完全に変わったのです でも緑のインクがなければ変化には気付けません

これが私たちの課題です 私たちの世界でも技術の進歩でスピードやスケール 繋がりの密度が増したからです

この変化にどう対応すればいいんでしょう? 「激動」と名前をつけても良し挑戦して学ぶも良しです ただ私たちが今まで育ってきたのは 「正しい答え」のある世界です 最初のクイズの解答のように それが永遠に続くと信じてきました この線は学習を表しています 今までの私たちは ものを見て 理解しその後じっくり実行してきました この部分を私たちの住む世界とします 世界が加速的に変わりましたが学習のペースはどうでしょう 会社で働いていると上司の意向に沿わない 計画外のことなどできません でも月例会議などの場で いつか上司を説得することができるかもしれません でも好不調の波がある市場だったら ひどいことになります かなり状況が悪くなるまで何かがおかしいと気づきません つまり学習のペースはこの平らな線 とても遅くなります そして2つの線が交差するポイントで 世界があなたを追い抜きます その瞬間を 私は「真夜中」と呼んでいるのです

それがどう私たちに関係するのでしょうか? 私たちのなすべきことはすっかり変わったのです 未来のことを考えずに今の問題を解決しても仕方ありません この世界を正しく理解しなければ やる事が将来役に立つかなんて確信が持てません

ひとつ例を挙げましょう 私に相談に来る 会社のトップは革新を求めています 部下に言うわけです「リスクを取れ 創造しろ!」 でも不幸なことに 部下には違って聞こえるんです 「変なことをしてみろ クビだぞ」ってね(笑) なぜでしょう?なぜなら古い世界では 間違いは許されなかったからです 一度間違ったらおしまいです 経験者の知恵を借りるのが善だったのです そしてその教えを20年30年と大事に守ってきた 「変わったことをしてはならない」 突然 命令を変えても上手く行きません 新しい世界では 2パターンの失敗がありえます その一 やり方が決まっているものの場合 いい加減にやって失敗したら? 結果はクビです その二 全く新しいことに挑戦して 失敗したその場合は? ピザでお祝いです!成功者より評価されるべきです これは「賢い失敗」です成功と違い 履歴書には書けませんから

最後に私がどうして 9万キロに及ぶ旅をしたかお話します 私は新しい世界に気付いたとき 安定した教職を辞め ネット上世界初の ビジネススクールを創りました どうすれば 新しいことができるか他の人にも教えています 興味があればworldaftermidnight.comへどうぞ 私自身 この新しいやり方でここ十年やってきました ご覧の通り 健在です家も まだきちんとあります 今日は 皆さんの人生に 緑のインクを少しでも注入できた事を願っています 今度重要な決断を下すときに考えてみてください 「 真夜中過ぎ」の新しい世界でも やろうとしている事の意味があるのかどうか (拍手) ありがとう(拍手)

Over the past six months, I've spent my time traveling. I think I've done 60,000 miles, but without leaving my desk. And the reason I can do that is because I'm actually two people. I look like one person but I'm two people. I'm Eddie who is here, and at the same time, my alter ego is a big green boxy avatar nicknamed Cyber Frank.

So that's what I spend my time doing. I'd like to start, if it's possible, with a test, because I do business stuff, so it's important that we focus on outcomes. And then I struggled, because I was thinking to myself, "What should I talk? What should I do? It's a TED audience. It's got to be stretching. How am I going to make - -" So I just hope I've got the level of difficulty right. So let's just walk our way through this. Please could you work this through with me? You can shout out the answer if you like. The question is, which of these horizontal lines is longer? The answer is? Audience: The same.Eddie Obeng: The same. No, they're not the same. (Laughter) They're not the same. The top one is 10 percent longer than the bottom one. So why did you tell me they were the same? Do you remember when we were kids at school, about that big, they played the same trick on us? It was to teach us parallax. Do you remember? And you got, you said, "It's the same!" And you got it wrong. You remember? And you learned the answer, and you've carried this answer in your head for 10,20,30,40 years: The answer is the same. The answer is the same. So when you're asked what the lengths are, you say they're the same, but they're not the same, because I've changed it.

And this is what I'm trying to explain has happened to us in the 21st century. Somebody or something has changed the rules about how our world works. When I'm joking, I try and explain it happened at midnight, you see, while we were asleep, but it was midnight 15 years ago. Okay? You didn't notice it? But basically, what they do is, they switched all the rules round, so that the way to successfully run a business, an organization, or even a country, has been deleted, flipped, and it's a completely new - you think I'm joking, don't you - there's a completely new set of rules in operation. (Laughter) Did you notice that? I mean, you missed this one. You probably - No, you didn't. Okay. (Laughter)

My simple idea is that what's happened is, the real 21st century around us isn't so obvious to us, so instead we spend our time responding rationally to a world which we understand and recognize, but which no longer exists. You don't believe me, do you? Okay. (Applause)

So let me take you on a little journey of many of the things I don't understand. If you search Amazon for the word "creativity," you'll discover something like 90,000 books. If you go on Google and you look for "innovation + creativity," you get 30 million hits. If you add the word "consultants," it doubles to 60 million. (Laughter) Are you with me? And yet, statistically, what you discover is that about one in 100,000 ideas is found making money or delivering benefits two years after its inception. It makes no sense. Companies make their expensive executives spend ages carefully preparing forecasts and budgets which are obsolete or need changing before they can be published.

How is that possible? If you look at the visions we have, the visions of how we're going to change the world, the key thing is implementation. We have the vision. We've got to make it happen. We've spent decades professionalizing implementation. People are supposed to be good at making stuff happen. However, if I use as an example a family of five going on holiday, if you can imagine this, all the way from London all the way across to Hong Kong, what I want you to think about is their budget is only 3,000 pounds of expenses. What actually happens is, if I compare this to the average real project, average real successful project, the family actually end up in Makassar, South Sulawesi, at a cost of 4,000 pounds, whilst leaving two of the children behind. (Laughter) What I'm trying to explain to you is, there are things which don't make sense to us.

It gets even worse than that. Let me just walk you through this one. This is a quote, and I'll just pick words out of it. It says -- I'll put on the voice -- "In summary, your Majesty, the failure to foresee the timing, extent and severity of the crisis was due to the lack of creativity and the number of bright minds," or something like that. This was a group of eminent economists apologizing to the Queen of England when she asked the question, "Why did no one tell us that the crisis was coming?" (Laughter) I'll never get my knighthood. I'll never get my knighthood. (Laughter) That's not the important point. The thing you have to remember is, these are eminent economists, some of the smartest people on the planet. Do you see the challenge? (Laughter)

It's scary. My friend and mentor, Tim Brown of IDEO, he explains that design must get big, and he's right. He wisely explains this to us. He says design thinking must tackle big systems for the challenges we have. He's absolutely right. And then I ask myself, "Why was it ever small?" Isn't it weird? You know, if collaboration is so cool, is cross-functional working is so amazing, why did we build these huge hierarchies? What's going on? You see, I think what's happened, perhaps, is that we've not noticed that change I described earlier.

What we do know is that the world has accelerated. Cyberspace moves everything at the speed of light. Technology accelerates things exponentially. So if this is now, and that's the past, and we start thinking about change, you know, all governments are seeking change, you're here seeking change, everybody's after change, it's really cool. (Laughter) So what happens is, we get this wonderful whooshing acceleration and change. The speed is accelerating. That's not the only thing. At the same time, as we've done that, we've done something really weird. We've doubled the population in 40 years, put half of them in cities, then connected them all up so they can interact. The density of the interaction of human beings is amazing. There are charts which show all these movements of information. That density of information is amazing. And then we've done a third thing. you know, for those of you who have as an office a little desk underneath the stairs, and you say, well this is my little desk under the stairs, no! You are sitting at the headquarters of a global corporation if you're connected to the Internet. What's happened is, we've changed the scale. Size and scale are no longer the same. And then add to that, every time you tweet, over a third of your followers follow from a country which is not your own.

Global is the new scale. We know that. And so people say things like, "The world is now a turbulent place." Have you heard them saying things like that? And they use it as a metaphor. Have you come across this?

And they think it's a metaphor, but this is not a metaphor. It's reality. As a young engineering student, I remember going to a demonstration where they basically, the demonstrator did something quite intriguing. What he did was, he got a transparent pipe - have you seen this demonstration before? - he attached it to a tap. So effectively what you had was, you had a situation where - I'll try and draw the tap and the pipe, actually I'll skip the tap. The taps are hard. Okay? So I'll write the word "tap." Is that okay? It's a tap. (Laughter) Okay, so he attaches it to a transparent pipe, and he turns the water on. And he says, do you notice anything? And the water is whooshing down this pipe. I mean, this is not exciting stuff. Are you with me? So the water goes up. He turns it back down. Great. And he says, "Anything you notice?" No. Then he sticks a needle into the pipe, and he connects this to a container, and he fills the container up with green ink. You with me? So guess what happens? A thin green line comes out as it flows down the pipe. It's not that interesting. And then he turns the water up a bit, so it starts coming back in. And nothing changes. So he's changing the flow of the water, but it's just a boring green line. He adds some more. He adds some more. And then something weird happens. There's this little flicker, and then as he turns it ever so slightly more, the whole of that green line disappears, and instead there are these little sort of inky dust devils close to the needle. They're called eddies. Not me. And they're violently dispersing the ink so that it actually gets diluted out, and the color's gone.

What's happened in this world of pipe is somebody has flipped it. They've changed the rules from laminar to turbulent. All the rules are gone. In that environment, instantly, all the possibilities which turbulence brings are available, and it's not the same as laminar. And if we didn't have that green ink, you'd never notice.

And I think this is our challenge, because somebody has actually increased - and it's probably you guys with all your tech and stuff - the speed, the scale and the density of interaction.

Now how do we cope and deal with that? Well, we could just call it turbulence, or we could try and learn. Yes, learn, but I know you guys grew up in the days when there were actually these things called correct answers, because of the answer you gave me to the horizontal line puzzle, and you believe it will last forever. So I'll put a little line up here which represents learning, and that's how we used to do it. We could see things, understand them, take the time to put them into practice. Out here is the world. Now, what's happened to our pace of learning as the world has accelerated? Well, if you work for a corporation, you'll discover it's quite difficult to work on stuff which your boss doesn't approve of, isn't in the strategy, and anyway, you've got to go through your monthly meetings. If you work in an institution,one day you will get them to make that decision. And if you work in a market where people believe in cycles, it's even funnier, because you have to wait all the way for the cycle to fail before you go, "There's something wrong." You with me? So it's likely that the line, in terms of learning, is pretty flat. You with me? This point over here, the point at which the lines cross over, the pace of change overtakes the pace of learning, and for me, that is what I was describing when I was telling you about midnight.

So what does it do to us? Well, it completely transforms what we have to do, many mistakes we make. We solve last year's problems without thinking about the future. If you try and think about it, the things you're solving now, what problems are they going to bring in the future? If you haven't understood the world you're living in, it's almost impossible to be absolutely certain that what you're going to deliver fits.

I'll give you an example, a quick one. Creativity and ideas, I mentioned that earlier. All the CEOs around me, my clients, they want innovation, so they seek innovation. They say to people, "Take risks and be creative!" But unfortunately the words get transformed as they travel through the air. Entering their ears, what they hear is, "Do crazy things and then I'll fire you." Why? (Laughter) Because - Why? Because in the old world, okay, in the old world, over here, getting stuff wrong was unacceptable. If you got something wrong, you'd failed. How should you be treated? Well, harshly, because you could have asked somebody who had experience. So we learned the answer and we carried this in our heads for 20,30 years, are you with me? The answer is, don't do things which are different. And then suddenly we tell them to and it doesn't work. You see, in reality, there are two ways you can fail in our new world. One, you're doing something that you should follow a procedure to, and it's a very difficult thing, you're sloppy, you get it wrong. How should you be treated? You should probably be fired. On the other hand, you're doing something new, no one's ever done before, you get it completely wrong. How should you be treated? Well, free pizzas! You should be treated better than the people who succeed. It's called smart failure. Why? Because you can't put it on your C.V.

So what I want to leave you, then, is with the explanation of why I actually traveled 60,000 miles from my desk. When I realized the power of this new world, I quit my safe teaching job, and set up a virtual business school, the first in the world, in order to teach people how to make this happen, and I used some of my learnings about some of the rules which I'd learned on myself. If you're interested, worldaftermidnight.com, you'll find out more, but I've applied them to myself for over a decade, and I'm still here, and I still have my house, and the most important thing is, I hope I've done enough to inject a little green ink into your lives, so that when you go away and you're making your next absolutely sensible and rational decision, you'll take some time to think, "Hmm, I wonder whether this also makes sense in our new world after midnight." Thank you very much. (Applause) Thank you, thank you. (Applause)

Over the past six months,/ I've spent my time traveling.// I think/ I've done 60,000 miles,/ but without leaving my desk.//

ここ半年、色々な所を訪れました 旅した距離は9万キロ以上 しかも机から一歩も離れずに

And the reason/ I can do/ that is/ because I'm actually/ two people.//

実は私は二人いるのです

I look like one person/ but I'm two people.// I'm Eddie/ who is here,/ and at the same time,/ my alter ego is a big green boxy avatar nicknamed Cyber Frank.//

一人はここにいるエディー もう一人は 緑のごつい体型の 私の分身「サイバー・フランク」

So that's/ what I spend my time doing.// I'd like to start,/ if it's possible,/ with a test,/ because I do business stuff,/ so it's important/ that we focus on outcomes.//

これが旅をしていた理由です さてテストから始めましょうビジネス専門なので 結果が気になるんです

And then/ I struggled,/ because I was thinking to myself,/ "What should I talk?// What should I do?// It's a TED audience.//

悩みましたよ TEDに来るような人たちに

It's got to be stretching.// How am I/ going to make - -"/ So I just hope/ I've got the level of difficulty right.//

何を学んでもらえるか 丁度良いレベルの話ができればいいのですが

So let's just walk our way/ through this.//

さあ 行ってみましょう

Please could you work this through/ with me?// You can shout out/ the answer/ if you like.//

答えがわかったら叫んでくださいね

The question is,/ which of these horizontal lines is longer?//

「どっちの線が長いですか?」

The answer is?//

答えは?

Audience:/ The same.Eddie Obeng:/ The same.//

(聴衆)同じ(オーベン)同じ

No, they're not the same.// (Laughter)/ They're not the same.// The top one is 10 percent longer/ than the bottom one.//

違います(笑) 上のほうが10%長いんです

So/ why did you tell me/ they were the same?// Do/ you remember/ when we were kids/ at school,/ about that big,/ they played the same trick/ on us?//

なぜ同じと答えたのですか?子供の頃学校で 同じことを聞かれましたよね?

It was to teach us parallax.// Do you remember?//

錯覚の勉強をした時です

And you got,/ you said,/ "It's the same!"// And you got/ it wrong.//

その時は「同じ」だったでも今回は違った

You remember?// And you learned the answer,/ and you've carried this answer/ in your head/ for 10,20,30,40 years:/ The answer is the same.// The answer is the same.// So/ when you're asked/ what the lengths are,/ you say/ they're the same,/ but they're not the same,/ because I've changed it.//

皆さんは一度習った答えを何十年も覚えているわけです 「長さは同じ 長さは同じ」ってね だからそう答えたでも問題が変わってたんです

And this is/ what I'm trying to explain/ has happened to us/ in the 21st century.//

この21世紀でも同様のことが起こっています

Somebody/ or something has changed the rules/ about how our world works.//

何者かがいつのまにか世界のルールを変えたんです

When I'm joking,/ I try and explain/ it happened at midnight,/ you see,/ while we were asleep,/ but it was midnight/ 15 years ago.// Okay?//

ルールが変わったのは「真夜中」 皆が寝ていた頃です15年も前の話ですが

You didn't notice it?// But basically,/ what they do/ is,/ they switched/ all the rules round,/ so that the way to successfully run a business,/ an organization,/ or even/ a country,/ has been deleted,/ flipped,/ and it's a completely new -/ you think I'm joking,/ don't you -/ there's a completely new set of rules/ in operation.// (Laughter) Did you notice/ that?// I mean,/ you missed this one.//

気付かなかったって?でも事実です 企業でも組織でも国でも何でも 上手く回すための方法がまるっきり変わったんです 冗談だと思っていますね(笑)でも新しいルールに気付きましたか? さっきの問題と同じですよ

You probably -/ No, you didn't.// Okay.// (Laughter)//

気付かなかったね(笑)

My simple idea is/ that/ what's happened is,/ the real 21st century/ around us isn't so obvious/ to us,/ so instead/ we spend our time/ responding rationally/ to a world/ which we understand and recognize,/ but which no longer exists.//

僕の単純な考えは 21世紀は意外と理解しにくかった だから馴染みのある昔からの世界観で 皆 問題に対処しています でも もう昔の世界じゃない

You don't believe me,/ do you?// Okay.// (Applause)//

まだ疑っていますねいいでしょう(拍手)

So let me/ take you/ on a little journey of many of the things/ I don't understand.//

じゃあ 私の数々の疑問を披露しましょう

If you search Amazon/ for the word "creativity,/"/ you'll discover something/ like 90,000 books.//

アマゾンで「創造性」と検索すると9万冊もの本がヒットします

If you go on Google/ and you look for "innovation + creativity,/"/ you get 30 million hits.// If you add the word "consultants,/"/ it doubles to 60 million.// (Laughter) Are you with me?// And yet,/ statistically,/ what you discover/ is/ that about one in 100,000 ideas is found making money or delivering benefits/ two years/ after its inception.//

グーグルで「革新+創造性」は 3000万件+「コンサルタント」で6000万件です(笑) でも統計的に見て発想から2年後に アイデアが収益や実益に結びつく確率は 10万に1つくらいです

It makes no sense.// Companies make/ their expensive executives spend ages carefully preparing/ forecasts and budgets/ which are obsolete/ or need changing/ before they can be published.//

おかしいですよ企業がお金と時間をかけて 計画や準備を進めたものが 世に出る前から時代遅れになります

How is that possible?// If you look at the visions/ we have,/ the visions of how we're going to change/ the world,/ the key thing is implementation.// We have the vision.//

なぜでしょう?革新的なビジョンも 実行することが 鍵となるのですビジョンは実現してこそです

We've got to make/ it happen.//

We've spent decades/ professionalizing implementation.//

私たちは長年実現力を磨いてきました

People are supposed to be good/ at making stuff happen.//

その分 上手く行きそうなものです

However,/ if I use as an example/ a family of five/ going on holiday,/ if you can imagine this,/ all the way/ from London/ all the way/ across/ to Hong Kong,/ what I want you/ to think about is their budget is only 3,000 pounds of expenses.//

でも上手くいっていない家族旅行に例えてみましょう 5人家族が旅行をするとします ロンドンから香港までの長旅です しかし予算は50万円程度

What actually happens/ is,/ if I compare this/ to the average real project,/ average real successful project,/ the family actually end up/ in Makassar,/ South Sulawesi,/ at a cost of 4,000 pounds,/ whilst leaving two of the children behind.// (Laughter)/ What I'm trying to explain/ to you is,/ there are things/ which don't make sense/ to us.//

これを実際にかかった費用の 平均相場と比較すると 家族はインドネシアまでしか行けません それでも60万円かかります しかも子供2人は置いてけぼり(笑) おかしいと思いませんか?

It gets even worse/ than that.// Let me just walk you/ through this one.//

更にひどい例があります

This is a quote,/ and I'll just pick words/ out of it.//

ここに手紙があります

It says --/ I'll put on the voice --/ "In summary,/ your Majesty,/ the failure to foresee the timing, extent and severity of the crisis was due/ to the lack of creativity and the number of bright minds,/"/ or something/ like that.//

「女王陛下 簡単にご説明しますと 危機の深刻さが予測できなかったのは 創造性、聡明な頭脳の不足が理由でした」 とかなんとか 書いてあります

This was a group of eminent economists/ apologizing to the Queen of England/ when she asked the question,/ "Why did no one tell us/ that the crisis was coming?"// (Laughter)/ I'll never get my knighthood.// I'll never get my knighthood.// (Laughter)/ That's not the important point.// The thing/ you have to remember/ is,/ these are eminent economists,/ some of the smartest people/ on the planet.// Do you see the challenge?// (Laughter)//

これは著名な経済学者たちが英国女王に宛てた謝罪文です 女王は学者にお聞きになりました 「なぜ あなた方は危機を予測できずにいたの?」 こんなもの真似をしていたらナイトの称号はもらえないな(笑) それはどうでも良いとして 超優秀な経済学者でも失敗する 難しいのが分かりますね(笑)

It's scary.// My friend and mentor,/ Tim Brown of IDEO,/ he explains/ that design must get big,/ and he's right.//

デザイン・コンサルタント会社IDEOのティム・ブラウンは 「デザインはもっと色々な分野に広がるべきだ」

He wisely explains this to us.// He says/ design thinking must tackle big systems/ for the challenges/ we have.//

より大きな問題に デザイン思考で取り組むべきだと言います

He's absolutely right.//

まさにその通りです

And then/ I ask myself,/ "Why was it ever small?"//

では何故今までの思考は小さかったのか?

Isn't it weird?// You know,/ if collaboration is so cool,/ is cross-functional working is so amazing,/ why did we build these huge hierarchies?// What's going on?//

コラボレーションは素晴らしい部門間協力は素晴らしい では何故ヒエラルキー制が残ってるんでしょう

You see,/ I think/ what's happened,/ perhaps,/ is/ that we've not noticed/ that change/ I described earlier.//

きっと私たちは冒頭に述べたような 変化に気付いていないのです

What we do know/ is/ that the world has accelerated.//

世界は加速しています

Cyberspace moves everything/ at the speed of light.//

インターネットが全てを光速で動かし

Technology accelerates things exponentially.//

技術が物事を急激に加速させる

So/ if this is now,/ and that's the past,/ and we start thinking/ about change,/ you know,/ all governments are seeking change,/ you're here seeking/ change,/ everybody's after change,/ it's really cool.// (Laughter) So/ what happens/ is,/ we get this wonderful whooshing acceleration/ and change.//

現在はこここちらが過去 そして皆さんも政府もみんなが変化を求めている みんな変化を望んでいるすごいね!(笑) その結果 世界は急速に加速し変化していきます

The speed is accelerating.// That's not the only thing.//

加速しているだけじゃありません

At the same time,/ as we've done/ that,/ we've done something really weird.//

同時に奇妙なことが起きました

We've doubled the population/ in 40 years,/ put half of them/ in cities,/ then connected them all up/ so they can interact.//

まず人口が40年で2倍になりました その半分が都市に住み互いに繋がっています

情報交流の密度は驚くばかりです

There are charts/ which show all these movements of information.// That density of information is amazing.//

情報交通を示す図の密度の濃さと言ったら驚きです

And then/ we've done a third thing./ you know,/ for those of you/ who have as an office/ a little desk/ underneath the stairs,/ and you say,/ well/ this is my little desk/ under the stairs,/ no!// You are sitting at the headquarters of a global corporation/ if you're connected to the Internet.//

もう一つ あなたのオフィスが階段の下の 小さなデスクだったとしてもインターネットがあれば そこはグローバル企業の本社なのです

What's happened/ is,/ we've changed the scale.//

スケールが変わったんです

Size and scale are no longer/ the same.//

サイズとスケールはもう同じじゃない

And then add to that,/ every time/ you tweet,/ over a third of your followers follow from a country/ which is not your own.//

ツイッターのフォロワーだって 3分の1は国外の人です

Global is the new scale.// We know that.//

新しいスケールはグローバルです

And so/ people say things like,/ "The world is now a turbulent place."// Have you heard them saying things/ like that?//

「激動の時代」とかなんとか 言われるわけです

And they use it/ as a metaphor.// Have you come across this?//

比喩のように使われていますよね?でも実際に

And they think/ it's a metaphor,/ but this is not a metaphor.//

激動しているのです

It's reality.// As a young engineering student,/ I remember going/ to a demonstration/ where they basically,/ the demonstrator did something quite intriguing.//

私が大学の工学部にいた頃 講義で非常に面白い実験デモが行われました

What he did/ was,/ he got a transparent pipe - have you seen this demonstration/ before?// -/ he attached it/ to a tap.// So effectively/ what you had/ was,/ you had a situation/ where -/ I'll try and draw the tap and the pipe,/ actually/ I'll skip the tap.// The taps are hard.//

講師は透明なパイプを取り出し 水道の蛇口にとりつけました 絵にしてみましょう 蛇口は描けないから「蛇口」でいいね?(笑)

Okay?// So I'll write the word "tap."// Is that okay?// It's a tap.// (Laughter)/ Okay,/ so he attaches it/ to a transparent pipe,/ and he turns the water on.//

蛇口を開けるとパイプに水が流れ始めます

And he says,/ do you notice anything?// And the water is whooshing down/ this pipe.//

彼は言うわけです「何か気付いたかい?」

I mean,/ this is not exciting stuff.// Are you with me?//

何も面白くないですよね

So the water goes up.// He turns it back/ down.// Great.//

水が貯まったところで水量を減らしました

And he says,/ "Anything you notice?"// No.// Then/ he sticks a needle/ into the pipe,/ and he connects this/ to a container,/ and he fills the container up/ with green ink.// You/ with me?//

「何か気付いたかい?」 答えはノーですすると彼は針をパイプに突き刺して 針から緑のインクを少しずつ垂らし始めました

So guess/ what happens?// A thin green line comes out/ as it flows down the pipe.// It's not/ that interesting.//

すると 緑の細い線が流れ始めました でも大して面白くありません

And then/ he turns the water up/ a bit,/ so it starts coming/ back/ in.// And nothing changes.//

水の量を少し増やしても何の変化もありません

So he's changing the flow of the water,/ but it's just a boring green line.//

流水量が変わっても緑の線はそのままです

He adds some more.// He adds some more.// And then/ something weird happens.//

彼はどんどん蛇口を緩めていきました

There's this little flicker,/ and then/ as he turns it ever so slightly more,/ the whole of that green line disappears,/ and instead/ there are these little sort of inky dust devils close/ to the needle.//

すると突然緑の線がユラッと動き 蛇口をかすかに緩めると線が一瞬にして消え 針の周りに緑のもやもやが残り

They're called/ eddies.// Not me.// And they're violently dispersing/ the ink/ so that it actually gets diluted out,/ and the color's gone.//

インクは散っていきました 色が薄くなって 最後には緑が消えました

What's happened in this world of pipe is somebody has flipped it.// They've changed the rules/ from laminar/ to turbulent.//

パイプの中で起こったのは ルールの変化です誰かが流れを乱した結果

All the rules are gone.// In that environment,/ instantly,/ all the possibilities/ which turbulence brings are available,/ and it's not the same/ as laminar.//

元のルールは全て一瞬にして消え 乱流によるあらゆる可能性が生まれました 状況が完全に変わったのです

And/ if we didn't have/ that green ink,/ you'd never notice.//

でも緑のインクがなければ変化には気付けません

And I think/ this is our challenge,/ because somebody has actually increased -/ and it's probably/ you guys with all your tech and stuff -/ the speed,/ the scale and the density of interaction.//

これが私たちの課題です 私たちの世界でも技術の進歩でスピードやスケール 繋がりの密度が増したからです

Now/ how do we cope/ and deal with that?//

この変化にどう対応すればいいんでしょう?

Well,/ we could just call it/ turbulence,/ or we could try and learn.//

「激動」と名前をつけても良し挑戦して学ぶも良しです

Yes, learn,/ but I know/ you guys grew up/ in the days/ when there were actually these things called correct answers,/ because of the answer/ you gave me/ to the horizontal line puzzle,/ and you believe/ it will last forever.//

ただ私たちが今まで育ってきたのは 「正しい答え」のある世界です 最初のクイズの解答のように それが永遠に続くと信じてきました

So/ I'll put a little line up here/ which represents learning,/ and that's/ how we used to do/ it.// We could see things,/ understand them,/ take the time/ to put them/ into practice.//

この線は学習を表しています 今までの私たちは ものを見て 理解しその後じっくり実行してきました

Out here is the world.// Now,/ what's happened to our pace of learning as the world has accelerated?// Well,/ if you work for a corporation,/ you'll discover/ it's quite difficult/ to work on stuff/ which your boss doesn't approve of,/ isn't in the strategy,/ and anyway,/ you've got to go/ through your monthly meetings.//

この部分を私たちの住む世界とします 世界が加速的に変わりましたが学習のペースはどうでしょう 会社で働いていると上司の意向に沿わない 計画外のことなどできません でも月例会議などの場で

If you work in an institution,/one day/ you will get them/ to make that decision.//

いつか上司を説得することができるかもしれません

And/ if you work in a market/ where people believe in cycles,/ it's even funnier,/ because you have to wait/ all the way/ for the cycle/ to fail/ before you go,/ "There's something wrong."// You/ with me?//

でも好不調の波がある市場だったら ひどいことになります かなり状況が悪くなるまで何かがおかしいと気づきません

So it's likely/ that the line,/ in terms of learning,/ is pretty flat.//

つまり学習のペースはこの平らな線 とても遅くなります

You/ with me?// This point/ over here,/ the point/ at which the lines cross over,/ the pace of change overtakes the pace of learning,/ and for me,/ that is/ what I was describing/ when I was telling you/ about midnight.//

そして2つの線が交差するポイントで 世界があなたを追い抜きます その瞬間を 私は「真夜中」と呼んでいるのです

So/ what does it do to us?// Well,/ it completely transforms/ what we have to do,/ many mistakes/ we make.// We solve last year's problems/ without thinking about the future.// If you try and think about it,/ the things/ you're solving/ now,/ what problems are they going to bring in/ the future?//

それがどう私たちに関係するのでしょうか? 私たちのなすべきことはすっかり変わったのです 未来のことを考えずに今の問題を解決しても仕方ありません

If you haven't understood the world/ you're living in,/ it's almost impossible/ to be absolutely certain/ that/ what you're going to deliver/ fits.//

この世界を正しく理解しなければ やる事が将来役に立つかなんて確信が持てません

I'll give you/ an example,/ a quick one.// Creativity and ideas,/ I mentioned/ that earlier.// All the CEOs/ around me,/ my clients,/ they want innovation,/ so they seek innovation.// They say to people,/ "Take risks/ and be creative!"//

ひとつ例を挙げましょう 私に相談に来る 会社のトップは革新を求めています 部下に言うわけです「リスクを取れ 創造しろ!」

But unfortunately/ the words get transformed/ as they travel through the air.//

でも不幸なことに 部下には違って聞こえるんです

Entering their ears,/ what they hear/ is,/ "Do crazy things/ and then/ I'll fire you."// Why?// (Laughter)/ Because -/ Why?// Because in the old world,/ okay,/ in the old world,/ over here,/ getting stuff wrong was unacceptable.//

「変なことをしてみろ クビだぞ」ってね(笑) なぜでしょう?なぜなら古い世界では 間違いは許されなかったからです

If you got something wrong,/ you'd failed.// How should you be treated?//

一度間違ったらおしまいです

Well,/ harshly,/ because you could have asked somebody/ who had experience.//

経験者の知恵を借りるのが善だったのです

So we learned the answer/ and we carried this/ in our heads/ for 20,30 years,/ are you with me?//

そしてその教えを20年30年と大事に守ってきた

The answer is,/ don't do things/ which are different.//

「変わったことをしてはならない」

And then suddenly/ we tell them/ to/ and it doesn't work.//

突然 命令を変えても上手く行きません

You see,/ in reality,/ there are two ways/ you can fail in our new world.//

新しい世界では 2パターンの失敗がありえます

One,/ you're doing/ something/ that you should follow a procedure/ to,/ and it's a very difficult thing,/ you're sloppy,/ you get it/ wrong.// How should you be treated?// You should probably be fired.//

その一 やり方が決まっているものの場合 いい加減にやって失敗したら? 結果はクビです

On the other hand,/ you're doing/ something new,/ no one's ever done before,/ you get it completely wrong.// How should you be treated?//

その二 全く新しいことに挑戦して 失敗したその場合は?

Well,/ free pizzas!// You should be treated better/ than the people/ who succeed.//

ピザでお祝いです!成功者より評価されるべきです

It's called smart failure.// Why?// Because you can't put it/ on your C.V.//

これは「賢い失敗」です成功と違い 履歴書には書けませんから

So/ what I want to leave/ you,/ then,/ is with the explanation of why I actually traveled 60,000 miles/ from my desk.//

最後に私がどうして 9万キロに及ぶ旅をしたかお話します

When I realized the power of this new world,/ I quit my safe teaching job,/ and set up/ a virtual business school,/ the first/ in the world,/ in order to teach people/ how to make this happen,/ and I used some of my learnings/ about some of the rules/ which I'd learned on myself.//

私は新しい世界に気付いたとき 安定した教職を辞め ネット上世界初の ビジネススクールを創りました どうすれば 新しいことができるか他の人にも教えています

If you're interested,/ worldaftermidnight.com,/ you'll find out/ more,/ but I've applied them/ to myself/ for over a decade,/ and I'm still here,/ and I still have my house,/ and the most important thing is,/ I hope/ I've done enough/ to inject a little green ink/ into your lives,/ so that/ when you go away/ and you're making/ your next absolutely sensible and rational decision,/ you'll take some time/ to think,/ "Hmm,/ I wonder/ whether this also makes sense/ in our new world/ after midnight."// Thank you very much.//

興味があればworldaftermidnight.comへどうぞ 私自身 この新しいやり方でここ十年やってきました ご覧の通り 健在です家も まだきちんとあります 今日は 皆さんの人生に 緑のインクを少しでも注入できた事を願っています 今度重要な決断を下すときに考えてみてください 「 真夜中過ぎ」の新しい世界でも やろうとしている事の意味があるのかどうか

(Applause) Thank you,/ thank you.// (Applause)//

(拍手) ありがとう(拍手)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

alter ego

(自分の)分身,親友

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

boxy

箱に似た,箱のような

avatar

(インドの神話に出てくる)神の化身(けしん),権化(ごんげ)

nickname

(…に対する)『あだ名』,通り名,(…の)愛称,略称》+『for』+『名』》

《『nickname』+『名』+『名』(『形』)》(…と)…‘に'あだ名(愛称)を付ける,‘を'あだ名で呼ぶ

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

parallax

視差(視点によって対象物の位置が変わって見えること)

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

midnight

『真夜中』,夜の12時

真夜中の,真夜中に起こる

真夜中のような,まっ暗の

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

asleep

『眠って』;永眠して

〈手足などが〉しびれて

okay

=OK,O.K.

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

basically

基本的に,根本的に;元来は

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

delete

(…から)〈語など〉'を'削除する,消す《+『名』+『from』+『名』》

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

completely

『完全に』,全く,十分に

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

probably

『たぶん』,『おそらく』

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

instead

『その代りとして』,それよりも

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

applause

『拍手かっさい』;称賛

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

creativity

独創性

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

consultant

専門的助言をする人,顧問,コンサルタント

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

inception

初め,発端(beginning)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

expensive

『費用のかかる』,高価な

executive

『実行の』,執行力のある

『行政上の』,行政的な

〈C〉『行政官』:

《the executive》(政府の)行政部

〈C〉(会社などの)『重役』,経営陣,管理職員

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

carefully

『注意深く』,気をつけて

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

forecast

…‘を'『予測する』,予想する,予報する

『予想』,予測,(天気の)予報

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

obsolete

(言葉・習慣などが)すたれた

時代遅れの,旧式の(our of date)

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

decade

『10年間』

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

Hong Kong

ホンコン(香港;英国植民地)

=Victoria 4

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

expense

〈U〉『支出』,出費

〈C〉出費の原因

〈U〉《時にan,》(…の)『費用』《+『of』+『名』》

〈U〉損失,犠牲

《複数形で》経費,諸経費

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

whilst

=while

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

summary

(…の)『要約』,摘要 概要《+of+名》

『用約した』,かいつまんだ;手短の

(裁判などか)略式の,即決の

majesty

〈U〉(人・態度などの)『威厳』,『尊厳』;(風景などの)威容《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)至高の力;)…の)最高の権威《+『of』+『名』》

〈C〉《M-》陛下

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

foresee

…‘を'『予知する』

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

severity

〈U〉(人・法律などの)厳しさ,厳格さ

〈U〉(病気などの)重大性

〈U〉(様式・趣味などの)簡素,渋さ

〈U〉(痛みなどの)鋭さ;(天候などの)厳しさ

《複数形で》ひどい仕打ち(体験)

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

eminent

(地位・身分が)『高い』;著名な;(業績が)『傑作した』

economist

経済学者

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

no one

『だれも』…『ない』

knighthood

〈U〉企士道

〈U〉〈C〉ナイトの位

《the ~》《集合的に》勲爵(くんしゃく)士

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

planet

『惑星』,遊星

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

mentor

指導者,師・(良き)助言者,顧問

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

wisely

『賢明にも』,思慮深く

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

hierarchy

聖職の階級組織

聖職位階制政治

(一般に)階級組織,職階制;階層

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

acceleration

加速

加速度

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

human being

人,人間

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

stair

〈C〉(階段の一つの)『段』

《複数形で》『階段』

headquarters

『本部』,(軍隊の)司令部,(警察の)本署

(一般に)活動の中心,本拠,本社

《集合的に》本部員,司令部員

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

turbulent

荒れ狂う,混乱した

不穏な,騒がしい,動乱の

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

engineering

『工学』

土木工事

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

demonstrator

立証者

実演する人

デモ参加者

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

skip

《副詞[句]を伴って》『軽く』(ぴょんぴょん)『跳ねる』,ぴょんと跳ぶ

《英》なわ跳びをする

《副詞[句]を伴って》(論点などが)飛ぶ,移る

『省く』,抜かす,飛ばして読む(話す,書く);(…を)省く《+『over』(『through』)+『名』》

(‥の)表面をはずみながら(かすめて)飛ぶ《+『along』(『over』)+『名』》

《話》急いでそっと立ち去る《+『off』(『out』)》

…‘を'『軽く跳び越える』

…‘を'『省く』,抜かす,飛ばして読む(話す,書く)

…‘を'休む,…‘に'出席しない

〈石など〉‘を'水面をはずませながら(かすめて)飛ばす(skim)

《話》〈ある場所〉‘を'急いでそっと立ち去る

軽く跳ぶ(はねる)こと

省略すること,飛ばすこと

whoosh

(空気の抜けるような)ヒュー(シュー)という音

ヒュー(シュー)と音を立てて動く(飛ぶ)

〈人・物〉‘を'ヒュー(シュー)と動かす(運ぶ)

exciting

(物事が)『興奮させる』

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

ink

(筆記用・印刷用)の『インク』

(イカなどの出す)墨

…‘を'インクで書く(塗る,しるす,汚す)

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

boring

退屈な,うんざりする

flicker

〈火・炎・光が〉『ゆらめく』,ちらちらする,明滅する

〈木の葉・影などが〉ゆらゆら動く,ひらひらする

ゆらゆら燃える炎;明滅する光;(木の葉などの)そよぎ

《a ~》(希望などの)つかの間のひらめき《+『of』+『名』》

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

inky

まっ黒な

インクのついた

dust devil

(砂やちりを巻き上げる)塵(じん)旋風

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

violently

激しく,猛烈に

乱暴に,手荒に

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

dilute

(…で)〈液体〉‘を'薄める《+『名』+『with』+『名』》

〈力・効力など〉‘を'弱める

(液体などが)薄い

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

turbulence

荒れ狂うこと,激動,混乱;動乱,騒動

乱気流

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

anyway

=anyhow

monthly

『月1回の』,毎月の,月ぎめの

1か月間の,1か月続く

『月1回』,毎月

月刊雑誌

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

overtake

…‘に'『追いつく』(catch up with)

…‘を'追い抜く

〈恐怖・あらしなどが〉〈人〉‘を'不意に襲う

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

CEO

chief executive officer

行政長官 ・最高経営責任者、企業のトップに位置する人、最高執行官、会長、代表執行役

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

creative

『創造力のある』

『独創的な』

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

suddenly

『突然に』,だしぬけに

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

sloppy

ぬけて汚れた

ぞんざいな,いいかげんな;だらしのない

《話》いやに感傷な,めめしい

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

pizza

ピッツァ,ピザ(チーズ・トマトなどをパイ皮にのせて焼いた料理)

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

ca

circa

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

sensible

『分別』(『良識』)『がある』,ものの分かる

(心・五感によって,容易に)感じられる,感覚できる

《文》《補語にのみ用いて》(…に)気づいている(…を)意識している(aware, conscious)《+『of』+『名』》

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

関連動画