TED日本語 - ゴードン・ブラウン: ウェブを繋いで地球に善を!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「我々は歴史的瞬間にいる」英国首相ゴードン・ブラウンは語ります:「今日の相互接続されたネットワークにより地球規模で倫理観を共有し、貧困や安全保障、気候変動や経済問題に共に立ち向かうことができるのです」

Script

ここで皆さんにお話できるのはとても嬉しいです 静かな議会と政治の場を離れられて...

9歳のベトナムの少女 キムの写真です 背中はナパーム弾でズタズタです 彼女がアメリカの良心を目覚めさせ ベトナム戦争は終結に向かいました こちらはエチオピアの少女 バーハン 1980年代にライヴエイドを立ち上げた人です 死ぬ15分前に救出され 救出時の写真が世界を駆け巡りました 天安門広場です 戦車の前に立つ男性の写真は 世界中で 抵抗のシンボルとなりました 次はスーダンの少女 死を迎える数秒前です ハゲタカが後ろを徘徊しています この写真も世界を駆け巡り 衝撃のあまり 貧困救済活動が始まりました こちらはネダ イランの抗議デモで撃たれた少女です わずか数週間前のことですが まさしく ユーチューブ世代の注目の的です

こうした写真や事件が共通に持つものは? 我々の目には見えないものを 見えるようにしてくれたもの 我々が見えるようになったものとは 目には見えない共感の絆 人間の共同体を形成させるもの これらの写真が映し出すのは 他人の痛みを感じること どんなに遠くいても... 私がこれらの写真を見て思うのは 我々自身よりも大きな何かの存在を信じること これらの写真が映し出すのは 宗教を越えた道徳観 信仰や 大陸も越えた道徳観 他人の痛みを分かち合うだけでなく 自身の存在よりも大きな何かを信じるだけでなく 我々には行動する義務があるのです 正されるべき過ちを目にした時 癒されるべき傷を目にした時 改められるべき問題を目にした時...

スウェーデン首相 オロフ パルメは 1980年代にロナルド レーガンに会いに行きました パルメの到着前にレーガンは聞きました パルメは社会民主党所属の首相だったのですが... 「彼は共産党か?」 「いえ大統領 彼は反共産党です」という答え... レーガンは「どんな類の共産党だなんて関係ないんだよ!」と (会場 笑) レーガンはパルメに聞きました スウェーデンの社会民主党の首相ですよ 「何を信じますか? 金持ちを追放したいですか?」 パルメは「いいえ 貧困を追放したいです」 我々は全ての人に機会を与えなければなりません 潜在力をフルに発揮させる機会を...

私は道徳観や地球規模の倫理感を信じています 全ての宗教 全ての信仰 そして 無宗教の人にも注意を促すものです でもこれまでと違うことがあります 即座に対話できる能力を持ったのです 国境を越え 世界中どこにでも... 今は共通点を見つけることができます 実際には会ったことはないけれども インターネットや他の通信手段を 通じては会っている人達と... 組織化することもできます- みんなが集まって 何とかしなければならない問題や 不正に対処したりして... 人類の歴史上ユニークな時代だと思います でもそれは始まりに過ぎません 本当のグローバル社会の創造の...

200年前 奴隷貿易は ウィリアム ウィルバーフォース達の反対を受けていました 英国中で反対活動を行いました 長年の間に公衆の意見を勝ち得たのです でも選挙に勝つには24年も掛かりました その時代に写真を見せられたら何ができていたでしょう- 現代の通信手段を利用すれば 人々の心と気持ちを勝ち取ることができます...

或いは イグランティン ジェブを見て下さい 90年前に「セーブ ザ チルドレン」を始めた人です 彼女は第一次世界大戦の結果 オーストリアで起こっていたこと 特に子供に起こっていたことに愕然とし 英国で活動を始めました でも当時はチラシを片手に各家庭を回り ロイヤル アルバート ホールでの集会への 参加を呼びかけなければなりませんでした それが元で「セーブ ザ チルドレン」が生まれます 今では有名な国際的組織です 英国で そして世界で 最も優れた組織として... でも もっと何かできていたはずです 現代の通信手段があったなら 人々が見た不正行為に対し すぐに何か行動を取らなければならないと...

過去10年に起こったことを見てみましょう 2001年のフィリピン エストラダ大統領です... 百万もの人々が現政権の腐敗についてテキストで語り 遂には失脚させました 勿論「クーデ テキスト」と呼ばれています ジンバブエでは1年前にロバート ムガベのもと最初の選挙が行われます 携帯電話のカメラで 投票場で何が起こっているか 撮影できたので 首相は選挙結果を 好きなように改ざんできませんでした ビルマの僧侶はブログで情報発信しています 誰もそこで何が起こっているか知らなかった国です ブログで鎮圧があると発信されるまでは... 人々の命が失われ 迫害されていたのです 世界で最も偉大な良心の囚人 アウンサン スー チーの 声は世界に届きました イランで今起こっていることも同じです ネダが殺された後 イランの警備隊から逃れようとした人達は ブログで国外に情報発信し アドレスをテヘランに変え 警備団を混乱させました

現代の技術が可能にするのは 我々の道徳心の力を 通信の力 そして 国際的組織形成力と組合せること

それによって初めて 我々は共同体として 世界を変える力を得ました 外交政策も二度と元に戻りません エリートには動かせないのです ブログをしている人達の意見を聞かなければならないのです 世界の他の人達とコミュニケートしている人達と 200年前の我々の課題は奴隷制でした 150年前には 我々のような国での問題は 若者 子供の教育を受ける権利の獲得でした 100年にはヨーロッパの大半の国で 選挙権への圧力 50年前には社会保障と福祉への圧力でした 過去50-60年間には ファシズム、ユダヤ主義、人種差別、アパルトヘイト 性別や性的嗜好による差別を目の当たりにしてきました いずれも圧力を受けたのは 世界を変えようという人々の活動が原因でした

ネルソン マンデラが1年前ロンドンに来た時 彼の誕生日と新たな基金の創設を祝う コンサートに行きました マンデラの隣に座っていたのですが-特権によって- エイミー ワインハウスがステージに上ってきました 彼女の姿にマンデラは驚いています 私は慌てて彼女が何者なのかを説明しました エイミーは言いました「ネルソン マンデラと私には共通点がある 私のダンナも長いこと刑務所にいたの」 (会場 笑) ネルソン マンデラはステージに下りて行き 我々全員にとっての挑戦を総括しました 彼は生涯大きな山に登り続けました 挑戦 そして人種迫害との戦い アパルトヘイトとの戦いという山... より大きな挑戦が待ち受けていると言います 貧困への挑戦 気候変動への挑戦 グローバル規模の 解決策が必要な挑戦です それには真のグローバル社会が必要です

我々がその最初の世代となります グローバルな倫理の力を 通信を行う力 そして直面する課題に対し グローバルに組織化する力を組合せましょう 元々グローバルな課題なのです 気候変動は一つの国では解決できません 世界が一緒になって解決しなければならないんのです 今ちょうど直面している経済危機も解決できません アメリカやヨーロッパ単独では... 世界が協調しなければなりません 安全保障やテロの問題も同じです 人権や開発の問題も... アフリカだけでは解決できません アメリカやヨーロッパだけでも解決できません 協調しない限り解決できないのです

我々世代の最大のプロジェクトは 初めて グローバルな倫理と 通信を行い組織化する力から 真のグローバル社会を構築し しかも倫理だけでなく そのグローバル社会に仕え より良い将来を作る組織と共に構築することです 我々は人類初めてその力を手にしたのです 気候変動を見て下さい 明らかに問題があります 気候変動の問題があることはわかっています 最貧国にもっと資源を提供しなければならないことも わかっています グローバルの排出権市場を築きたいなら... でもグローバルな組織はありません この問題に対処する為に 人々が合意する組織が... 今後数ヶ月でコペンハーゲンから出す必要があるのは グローバルな環境組織が必要 という合意です そこでは 世界全体を説得しなければならいという問題に 対処しなければなりません

(会場 拍手)

一つの組織では十分でない理由は 世界中の人々を説得しなければならないからです また人々の態度も変えなければなりません それには公平と責任というグローバルな倫理が必要です 複数の世代に渡って... 金融危機を見てみましょう 貧しい国が ニューヨークで始まった危機 つまり アメリカ合衆国のサププライム市場で始まった危機に影響されるなら サブプライム商品が 何度も国境を越え アイスランドの銀行や 英国の銀行 人々の普通預金に影響を与えるなら 国家の管理するシステムには頼れません 長期に渡る 安定性 経済成長 雇用 そして金融の安定性のためにも グローバルな経済機構が必要です 持続的な成長性は共有されるべきことを確認し 世界の繁栄は分割できないという 原則の上に作られるべきです...

我々世代のもう一つの挑戦は 公平と責任という考えを反映したグローバル組織を作ること 過去数年の金融開発をもとにした ものであってはいけません... 次に開発と国家間のパートナーシップを見てみましょう 世界の他の国々 最も貧しい国々とのです 将来に向けて有効な協業の仕組みがありません それでも人々のグローバル倫理とグローバル社会への 熱望があれば可能です

シエラレオネの大統領と最近話しました 人口650万人の国ですが わずか 80人の医者と200人の看護婦 120人の産婆しかいません そのような限られたリソースでは 医療システムなんて 構築できません

私がタンザニアで会った少女はどうでしょう ミリアムと呼んでいますが 11才で 両親共エイズで亡くしました 最初に母親 次に父親です エイズの孤児です 面倒を見てくれる親戚を転々としています 彼女もHIVで苦しんでいるのです 結核も煩っていました 野原で彼女と会った時 ぼろをまとい 靴は履いてませんでした 彼女の目を見たら-普通11才の女の子は 将来への期待があるものですが- 彼女の目には果てしない悲しみがありました もしその時の彼女の悲しみを世界に伝えられていたら 世界のエイズ救済基金に 十分な 寄付を集めることができていたと思います

最も裕福な国と 最も貧しい国の間に 適切な関係を 築かなければなりません 農業に必要な投資によって 食料の輸入国から輸出国に変り 自らを養えるようになって欲しいという願望のもと...

人権の問題 そして 世界中の国々で問題となる安全保障を見てみましょう ビルマは鎖に縛られ ジンバブエは人権の悲劇です スーダンでは多数の人が戦争で死んでいます 避けることができたのに... ルワンダの子供博物館には 10才の少年の写真があります 百万人の人が死んだルワンダ虐殺で 無くなった人々を追悼しています

デイビッドという少年の写真があります 写真の横に彼の人生について書かれています デイビッド 10才 医者になるのが夢 好きなスポーツはフットボール 彼が好きだったのは? 人を笑わせること どのように死んでいった? 拷問で殺された 同様に殺された母親への最後の言葉 「心配しないで 国連がもうすぐ来るよ」 なのに我々は助けなかった

その少年は我々の約束を信じていた ルワンダの困っている人達を助けるという... なのに我々は助けなかった

この世界には 平和維持と 人道支援の組織を作ることも必要です でも同時に 再建と安全保障も必要なのです 世界の紛争にまみれた国々では... 私が今日言いたかったのは 我々は真のグローバル社会を作る手段を持っているということ 我々の努力で組織を作ることは可能なのです グローバル倫理は 組織が機能するのに不可欠な公平性と責任を 注ぎ込むことができるのです この世代のチャンスを失ってはなりません 特にこの10年 アメリカにはオバマ大統領がいて 他の人々も世界中で共に働いています 環境のため 金融のため 安全と開発のための組織を作り... 他の人に対しての責任と 世界を一つに結びつけたいという願望 そして 誰もが認める問題に取り組む必要性を理解する為に...

古代ローマでキケロが聴衆に語った時 聴衆は向かい合って「偉大なスピーチだ」と言ったそうです 一方 古代ギリシアでは デモステネスが聴衆に語った時 聴取は向かい合って「偉大なスピーチだ」と言う代わりに 「進んで行こう」と言ったそうです 我々もグローバル社会に進んで行くべきです ありがとう

(会場 拍手)

Can I say how delighted I am to be away from the calm of Westminster and Whitehall? (Laughter)

This is Kim, a nine-year-old Vietnam girl, her back ruined by napalm, and she awakened the conscience of the nation of America to begin to end the Vietnam War. This is Birhan, who was the Ethiopian girl who launched Live Aid in the 1980s,15 minutes away from death when she was rescued, and that picture of her being rescued is one that went round the world. This is Tiananmen Square. A man before a tank became a picture that became a symbol for the whole world of resistance. This next is the Sudanese girl, a few moments from death, a vulture hovering in the background, a picture that went round the world and shocked people into action on poverty. This is Neda, the Iranian girl who was shot while at a demonstration with her father in Iran only a few weeks ago, and she is now the focus, rightly so, of the YouTube generation.

And what do all these pictures and events have in common? What they have in common is what we see unlocks what we can not see. What we see unlocks the invisible ties and bonds of sympathy that bring us together to become a human community. What these pictures demonstrate is that we do feel the pain of others, however distantly. What I think these pictures demonstrate is that we do believe in something bigger than ourselves. What these pictures demonstrate is that there is a moral sense across all religions, across all faiths, across all continents -- a moral sense that not only do we share the pain of others, and believe in something bigger than ourselves but we have a duty to act when we see things that are wrong that need righted, see injuries that need to be corrected, see problems that need to be rectified.

There is a story about Olof Palme, the Swedish Prime Minister, going to see Ronald Reagan in America in the 1980s. Before he arrived Ronald Reagan said -- and he was the Swedish Social Democratic Prime Minister -- "Isn't this man a communist?" The reply was, "No, Mr President, he's an anti-communist." And Ronald Reagan said, "I don't care what kind of communist he is!" (Laughter) Ronald Reagan asked Olof Palme, the Social Democratic Prime Minister of Sweden, "Well, what do you believe in? Do you want to abolish the rich?" He said, "No, I want to abolish the poor." Our responsibility is to let everyone have the chance to realize their potential to the full.

I believe there is a moral sense and a global ethic that commands attention from people of every religion and every faith, and people of no faith. But I think what's new is that we now have the capacity to communicate instantaneously across frontiers right across the world. We now have the capacity to find common ground with people who we will never meet, but who we will meet through the Internet and through all the modern means of communication; that we now have the capacity to organize and take collective action together to deal with the problem or an injustice that we want to deal with; and I believe that this makes this a unique age in human history, and it is the start of what I would call the creation of a truly global society.

Go back 200 years when the slave trade was under pressure from William Wilberforce and all the protesters. They protested across Britain. They won public opinion over a long period of time. But it took 24 years for the campaign to be successful. What could they have done with the pictures that they could have shown if they were able to use the modern means of communication to win people's hearts and minds?

Or if you take Eglantyne Jebb, the woman who created Save the Children 90 years ago. She was so appalled by what was happening in Austria as a result of the First World War and what was happening to children who were part of the defeated families of Austria, that in Britain she wanted to take action, but she had to go house to house, leaflet to leaflet, to get people to attend a rally in the Royal Albert Hall that eventually gave birth to Save the Children, an international organization that is now fully recognized as one of the great institutions in our land and in the world. But what more could she have done if she'd had the modern means of communications available to her to create a sense that the injustice that people saw had to be acted upon immediately?

Now look at what's happened in the last 10 years. In Philippines in 2001, President Estrada -- a million people texted each other about the corruption of that regime, eventually brought it down and it was, of course, called the "coup de text." (Laughter) Then you have in Zimbabwe the first election under Robert Mugabe a year ago. Because people were able to take mobile phone photographs of what was happening at the polling stations, it was impossible for that Premier to fix that election in the way that he wanted to do. Or take Burma and the monks that were blogging out, a country that nobody knew anything about that was happening, until these blogs told the world that there was a repression, meaning that lives were being lost and people were being persecuted and Aung San Suu Kyi, who is one of the great prisoners of conscience of the world, had to be listened to. Then take Iran itself, and what people are doing today: following what happened to Neda, people who are preventing the security services of Iran finding those people who are blogging out of Iran, any by everybody who is blogging, changing their address to Tehran, Iran, and making it difficult for the security services.

Take, therefore, what modern technology is capable of: the power of our moral sense allied to the power of communications and our ability to organize internationally.

That, in my view, gives us the first opportunity as a community to fundamentally change the world. Foreign policy can never be the same again. It can not be run by elites; it's got to be run by listening to the public opinions of peoples who are blogging, who are communicating with each other around the world. 200 years ago the problem we had to solve was slavery. 150 years ago I suppose the main problem in a country like ours was how young people, children, had the right to education. 100 years ago in most countries in Europe, the pressure was for the right to vote. 50 years ago the pressure was for the right to social security and welfare. In the last 50-60 years we have seen fascism, anti-Semitism, racism, apartheid, discrimination on the basis of sex and gender and sexuality; all these have come under pressure because of the campaigns that have been run by people to change the world.

I was with Nelson Mandela a year ago, when he was in London. I was at a concert that he was attending to mark his birthday and for the creation of new resources for his foundation. I was sitting next to Nelson Mandela -- I was very privileged to do so -- when Amy Winehouse came onto the stage. (Laughter) And Nelson Mandela was quite surprised at the appearance of the singer and I was explaining to him at the time who she was. Amy Winehouse said, "Nelson Mandela and I have a lot in common. My husband too has spent a long time in prison." (Laughter) Nelson Mandela then went down to the stage and he summarized the challenge for us all. He said in his lifetime he had climbed a great mountain, the mountain of challenging and then defeating racial oppression and defeating apartheid. He said that there was a greater challenge ahead, the challenge of poverty, of climate change -- global challenges that needed global solutions and needed the creation of a truly global society.

We are the first generation which is in a position to do this. Combine the power of a global ethic with the power of our ability to communicate and organize globally, with the challenges that we now face, most of which are global in their nature. Climate change can not be solved in one country, but has got to be solved by the world working together. A financial crisis, just as we have seen, could not be solved by America alone or Europe alone; it needed the world to work together. Take the problems of security and terrorism and, equally, the problem of human rights and development: they can not be solved by Africa alone; they can not be solved by America or Europe alone. We can not solve these problems unless we work together.

So the great project of our generation, it seems to me, is to build for the first time, out of a global ethic and our global ability to communicate and organize together, a truly global society, built on that ethic but with institutions that can serve that global society and make for a different future. We have now, and are the first generation with, the power to do this. Take climate change. Is it not absolutely scandalous that we have a situation where we know that there is a climate change problem, where we know also that that will mean we have to give more resources to the poorest countries to deal with that, when we want to create a global carbon market, but there is no global institution that people have been able to agree upon to deal with this problem? One of the things that has got to come out of Copenhagen in the next few months is an agreement that there will be a global environmental institution that is able to deal with the problems of persuading the whole of the world to move along a climate-change agenda.

(Applause)

One of the reasons why an institution is not in itself enough is that we have got to persuade people around the world to change their behavior as well, so you need that global ethic of fairness and responsibility across the generations. Take the financial crisis. If people in poorer countries can be hit by a crisis that starts in New York or starts in the sub-prime market of the United States of America. If people can find that that sub-prime product has been transferred across nations many, many times until it ends up in banks in Iceland or the rest in Britain, and people's ordinary savings are affected by it, then you can not rely on a system of national supervision. You need in the long run for stability, for economic growth, for jobs, as well as for financial stability, global economic institutions that make sure that growth to be sustained has to be shared, and are built on the principle that the prosperity of this world is indivisible.

So another challenge for our generation is to create global institutions that reflect our ideas of fairness and responsibility, not the ideas that were the basis of the last stage of financial development over these recent years. Then take development and take the partnership we need between our countries and the rest of the world, the poorest part of the world. We do not have the basis of a proper partnership for the future, and yet, out of people's desire for a global ethic and a global society that can be done.

I have just been talking to the President of Sierra Leone. This is a country of six and a half million people, but it has only 80 doctors; it has 200 nurses; it has 120 midwives. You can not begin to build a healthcare system for six million people with such limited resources.

Or take the girl I met when I was in Tanzania, a girl called Miriam. She was 11 years old; her parents had both died from AIDS, her mother and then her father. She was an AIDS orphan being handed across different extended families to be cared for. She herself was suffering from HIV; she was suffering from tuberculosis. I met her in a field, she was ragged, she had no shoes. When you looked in her eyes, any girl at the age of eleven is looking forward to the future, but there was an unreachable sadness in that girl's eyes and if I could have translated that to the rest of the world for that moment, I believe that all the work that it had done for the global HIV/AIDS fund would be rewarded by people being prepared to make donations.

We must then build a proper relationship between the richest and the poorest countries based on our desire that they are able to fend for themselves with the investment that is necessary in their agriculture, so that Africa is not a net importer of food, but an exporter of food.

Take the problems of human rights and the problems of security in so many countries around the world. Burma is in chains, Zimbabwe is a human tragedy, in Sudan thousands of people have died unnecessarily for wars that we could prevent. In the Rwanda Children's Museum, there is a photograph of a 10-year-old boy and the Children's Museum is commemorating the lives that were lost in the Rwandan genocide where a million people died.

There is a photograph of a boy called David. Beside that photograph there is the information about his life. It said "David, age 10." David: ambition to be a doctor. Favorite sport: football. What did he enjoy most? Making people laugh. How did he die? Tortured to death. Last words said to his mother who was also tortured to death: "Don't worry. The United Nations are coming." And we never did.

And that young boy believed our promises that we would help people in difficulty in Rwanda, and we never did.

So we have got to create in this world also institutions for peacekeeping and humanitarian aid, but also for reconstruction and security for some of the conflict-ridden states of the world. So my argument today is basically this. We have the means by which we could create a truly global society. The institutions of this global society can be created by our endeavors. That global ethic can infuse the fairness and responsibility that is necessary for these institutions to work, but we should not lose the chance in this generation, in this decade in particular, with President Obama in America, with other people working with us around the world, to create global institutions for the environment, and for finance, and for security and for development, that make sense of our responsibility to other peoples, our desire to bind the world together, and our need to tackle problems that everybody knows exist.

It is said that in Ancient Rome that when Cicero spoke to his audiences, people used to turn to each other and say about Cicero, "Great speech." But it is said that in Ancient Greece when Demosthenes spoke to his audiences, people turned to each other and didn't say "Great speech." They said, "Let's march." We should be marching towards a global society. Thank you.

(Applause)

Can I say how delighted/ I am to be away from the calm of Westminster and Whitehall?// (Laughter)//

ここで皆さんにお話できるのはとても嬉しいです 静かな議会と政治の場を離れられて...

This is Kim,/ a nine-year-old Vietnam girl,/ her back ruined by napalm,/ and she awakened the conscience of the nation of America/ to begin to end/ the Vietnam War.//

9歳のベトナムの少女 キムの写真です 背中はナパーム弾でズタズタです 彼女がアメリカの良心を目覚めさせ ベトナム戦争は終結に向かいました

This is Birhan,/ who was the Ethiopian girl/ who launched Live Aid/ in the 1980s,15 minutes away/ from death/ when she was rescued,/ and/ that picture of her/ being rescued is one/ that went round/ the world.//

こちらはエチオピアの少女 バーハン 1980年代にライヴエイドを立ち上げた人です 死ぬ15分前に救出され 救出時の写真が世界を駆け巡りました

This is Tiananmen Square.//

天安門広場です

A man/ before a tank became a picture/ that became a symbol/ for the whole world of resistance.//

戦車の前に立つ男性の写真は 世界中で 抵抗のシンボルとなりました

This next is the Sudanese girl,/ a few moments/ from death,/ a vulture/ hovering in the background,/ a picture/ that went round/ the world/ and shocked people/ into action/ on poverty.//

次はスーダンの少女 死を迎える数秒前です ハゲタカが後ろを徘徊しています この写真も世界を駆け巡り 衝撃のあまり 貧困救済活動が始まりました

This is Neda,/ the Iranian girl/ who was shot/ while at a demonstration/ with her father/ in Iran/ only a few weeks ago,/ and she is now the focus,/ rightly so,/ of the YouTube generation.//

こちらはネダ イランの抗議デモで撃たれた少女です わずか数週間前のことですが まさしく ユーチューブ世代の注目の的です

And what do all these pictures and events have in common?//

こうした写真や事件が共通に持つものは?

What they have in common is/ what we see unlocks/ what we can not see.//

我々の目には見えないものを 見えるようにしてくれたもの

What we see/ unlocks the invisible ties and bonds of sympathy/ that bring us together/ to become a human community.//

我々が見えるようになったものとは 目には見えない共感の絆 人間の共同体を形成させるもの

What these pictures demonstrate/ is/ that we do feel the pain of others,/ however distantly.//

これらの写真が映し出すのは 他人の痛みを感じること どんなに遠くいても...

What I think/ these pictures demonstrate is/ that we do believe in something bigger/ than ourselves.//

私がこれらの写真を見て思うのは 我々自身よりも大きな何かの存在を信じること

What these pictures demonstrate/ is/ that there is a moral sense/ across all religions,/ across all faiths,/ across all continents --/ a moral sense/ that not only do we share the pain of others,/ and believe in something bigger/ than ourselves/ but we have a duty/ to act/ when we see things/ that are wrong/ that need righted,/ see injuries/ that need to be corrected,/ see problems/ that need to be rectified.//

これらの写真が映し出すのは 宗教を越えた道徳観 信仰や 大陸も越えた道徳観 他人の痛みを分かち合うだけでなく 自身の存在よりも大きな何かを信じるだけでなく 我々には行動する義務があるのです 正されるべき過ちを目にした時 癒されるべき傷を目にした時 改められるべき問題を目にした時...

There is a story/ about Olof Palme,/ the Swedish Prime Minister,/ going to see Ronald Reagan/ in America/ in the 1980s.//

スウェーデン首相 オロフ パルメは 1980年代にロナルド レーガンに会いに行きました

Before he arrived/ Ronald Reagan said --/ and he was the Swedish Social Democratic Prime Minister --/ "Isn't this man a communist?"//

パルメの到着前にレーガンは聞きました パルメは社会民主党所属の首相だったのですが... 「彼は共産党か?」

The reply was,/ "No, Mr President,/ he's an anti-communist."//

「いえ大統領 彼は反共産党です」という答え...

And Ronald Reagan said,/ "I don't care/ what kind of communist he is!"//

レーガンは「どんな類の共産党だなんて関係ないんだよ!」と

(Laughter)/ Ronald Reagan asked Olof Palme,/ the Social Democratic Prime Minister of Sweden,/ "Well,/ what do you believe in?// Do you want to abolish/ the rich?"//

(会場 笑) レーガンはパルメに聞きました スウェーデンの社会民主党の首相ですよ 「何を信じますか? 金持ちを追放したいですか?」

He said,/ "No, I want to abolish/ the poor."//

パルメは「いいえ 貧困を追放したいです」

Our responsibility is to let everyone have the chance/ to realize their potential/ to the full.//

我々は全ての人に機会を与えなければなりません 潜在力をフルに発揮させる機会を...

I believe/ there is a moral sense/ and a global ethic/ that commands attention/ from people of every religion and every faith,/ and people of no faith.//

私は道徳観や地球規模の倫理感を信じています 全ての宗教 全ての信仰 そして 無宗教の人にも注意を促すものです

But I think/ what's new is/ that we now have the capacity/ to communicate instantaneously/ across frontiers right/ across the world.//

でもこれまでと違うことがあります 即座に対話できる能力を持ったのです 国境を越え 世界中どこにでも...

We now have the capacity/ to find common ground/ with people/ who we will never meet,/ but who we will meet through the Internet/ and/ through all the modern means of communication;/ that we now have the capacity/ to organize and take collective action together/ to deal with the problem/ or an injustice/ that we want to deal/ with;/ and I believe/ that this makes this a unique age/ in human history,/ and it is the start of what I would call the creation of a truly global society.//

今は共通点を見つけることができます 実際には会ったことはないけれども インターネットや他の通信手段を 通じては会っている人達と... 組織化することもできます- みんなが集まって 何とかしなければならない問題や 不正に対処したりして... 人類の歴史上ユニークな時代だと思います でもそれは始まりに過ぎません 本当のグローバル社会の創造の...

Go back/ 200 years/ when the slave trade was under pressure/ from William Wilberforce and all the protesters.//

200年前 奴隷貿易は ウィリアム ウィルバーフォース達の反対を受けていました

They protested across Britain.//

英国中で反対活動を行いました

They won public opinion/ over a long period of time.//

長年の間に公衆の意見を勝ち得たのです

But it took 24 years/ for the campaign/ to be successful.//

でも選挙に勝つには24年も掛かりました

What could they have done with the pictures/ that they could have shown/ if they were able to use the modern means of communication/ to win people's hearts and minds?//

その時代に写真を見せられたら何ができていたでしょう- 現代の通信手段を利用すれば 人々の心と気持ちを勝ち取ることができます...

Or/ if you take Eglantyne Jebb,/ the woman/ who created Save/ the Children/ 90 years/ ago.//

或いは イグランティン ジェブを見て下さい 90年前に「セーブ ザ チルドレン」を始めた人です

She was so appalled by what was happening in Austria/ as a result of the First World War/ and what was happening to children/ who were part of the defeated families of Austria,/ that in Britain/ she wanted to take/ action,/ but she had to go/ house/ to house,/ leaflet to leaflet,/ to get people to attend a rally/ in the Royal Albert Hall/ that eventually gave birth/ to Save the Children,/ an international organization/ that is now fully recognized as one of the great institutions/ in our land/ and/ in the world.//

彼女は第一次世界大戦の結果 オーストリアで起こっていたこと 特に子供に起こっていたことに愕然とし 英国で活動を始めました でも当時はチラシを片手に各家庭を回り ロイヤル アルバート ホールでの集会への 参加を呼びかけなければなりませんでした それが元で「セーブ ザ チルドレン」が生まれます 今では有名な国際的組織です 英国で そして世界で 最も優れた組織として...

But what more could she have done/ if she'd had the modern means of communications available/ to her/ to create a sense/ that the injustice/ that people saw had to be acted upon immediately?//

でも もっと何かできていたはずです 現代の通信手段があったなら 人々が見た不正行為に対し すぐに何か行動を取らなければならないと...

Now look at what's happened in the last 10 years.//

過去10年に起こったことを見てみましょう

In Philippines/ in 2001,/ President Estrada --/ a million people texted each other/ about the corruption of that regime,/ eventually brought it down/ and it was,/ of course,/ called the "coup de text."// (Laughter) Then/ you have in Zimbabwe/ the first election/ under Robert Mugabe/ a year ago.//

2001年のフィリピン エストラダ大統領です... 百万もの人々が現政権の腐敗についてテキストで語り 遂には失脚させました 勿論「クーデ テキスト」と呼ばれています ジンバブエでは1年前にロバート ムガベのもと最初の選挙が行われます

Because people were able to take mobile phone photographs of what was happening at the polling stations,/ it was impossible/ for that Premier/ to fix that election/ in the way/ that he wanted to do.//

携帯電話のカメラで 投票場で何が起こっているか 撮影できたので 首相は選挙結果を 好きなように改ざんできませんでした

Or take Burma/ and the monks/ that were blogging out,/ a country/ that nobody knew anything/ about that was happening,/ until these blogs told the world/ that there was a repression,/ meaning/ that lives were being lost/ and people were being persecuted and Aung San Suu Kyi,/ who is one of the great prisoners of conscience of the world,/ had to be listened/ to.//

ビルマの僧侶はブログで情報発信しています 誰もそこで何が起こっているか知らなかった国です ブログで鎮圧があると発信されるまでは... 人々の命が失われ 迫害されていたのです 世界で最も偉大な良心の囚人 アウンサン スー チーの 声は世界に届きました

Then take Iran/ itself,/ and what people are doing today:/ following/ what happened to Neda,/ people/ who are preventing the security services of Iran/ finding those people/ who are blogging out of Iran,/ any/ by everybody/ who is blogging,/ changing their address/ to Tehran,/ Iran,/ and making it difficult/ for the security services.//

イランで今起こっていることも同じです ネダが殺された後 イランの警備隊から逃れようとした人達は ブログで国外に情報発信し アドレスをテヘランに変え 警備団を混乱させました

Take,/ therefore,/ what modern technology is capable of:/ the power of our moral sense allied to the power of communications/ and our ability/ to organize internationally.//

現代の技術が可能にするのは 我々の道徳心の力を 通信の力 そして 国際的組織形成力と組合せること

That,/ in my view,/ gives us/ the first opportunity/ as a community/ to fundamentally change the world.//

それによって初めて 我々は共同体として 世界を変える力を得ました

Foreign policy can never be the same again.// It can not be run by elites;/ it's got to be run by listening to the public opinions of peoples/ who are blogging,/ who are communicating with each other/ around the world.//

外交政策も二度と元に戻りません エリートには動かせないのです ブログをしている人達の意見を聞かなければならないのです 世界の他の人達とコミュニケートしている人達と

200 years ago/ the problem/ we had to solve/ was slavery.//

200年前の我々の課題は奴隷制でした

150 years ago/ I suppose the main problem/ in a country/ like ours was/ how young people,/ children,/ had the right/ to education.//

150年前には 我々のような国での問題は 若者 子供の教育を受ける権利の獲得でした

100 years ago/ in most countries/ in Europe,/ the pressure was for the right/ to vote.//

100年にはヨーロッパの大半の国で 選挙権への圧力

50 years ago/ the pressure was for the right/ to social security and welfare.//

50年前には社会保障と福祉への圧力でした

In the last 50-60 years/ we have seen fascism,/ anti-Semitism,/ racism,/ apartheid,/ discrimination/ on the basis of sex and gender and sexuality;/ all these have come under pressure/ because of the campaigns/ that have been run by people/ to change the world.//

過去50-60年間には ファシズム、ユダヤ主義、人種差別、アパルトヘイト 性別や性的嗜好による差別を目の当たりにしてきました いずれも圧力を受けたのは 世界を変えようという人々の活動が原因でした

I was with Nelson Mandela/ a year ago,/ when he was in London.//

ネルソン マンデラが1年前ロンドンに来た時

I was at a concert/ that he was attending to mark/ his birthday/ and/ for the creation of new resources/ for his foundation.//

彼の誕生日と新たな基金の創設を祝う コンサートに行きました

I was sitting next/ to Nelson Mandela --/ I was very privileged to do so --/ when Amy Winehouse came onto the stage.// (Laughter)/ And Nelson Mandela was quite surprised at the appearance of the singer/ and I was explaining to him/ at the time/ who she was.//

マンデラの隣に座っていたのですが-特権によって- エイミー ワインハウスがステージに上ってきました 彼女の姿にマンデラは驚いています 私は慌てて彼女が何者なのかを説明しました

Amy Winehouse said,/ "Nelson Mandela/ and I have a lot/ in common.//

エイミーは言いました「ネルソン マンデラと私には共通点がある

My husband too has spent a long time/ in prison."//

私のダンナも長いこと刑務所にいたの」

(Laughter)/ Nelson Mandela then went down/ to the stage/ and he summarized the challenge/ for us/ all.//

(会場 笑) ネルソン マンデラはステージに下りて行き 我々全員にとっての挑戦を総括しました

He said in his lifetime/ he had climbed a great mountain,/ the mountain of challenging/ and then/ defeating racial oppression/ and defeating apartheid.//

彼は生涯大きな山に登り続けました 挑戦 そして人種迫害との戦い アパルトヘイトとの戦いという山...

He said/ that there was a greater challenge ahead,/ the challenge of poverty,/ of climate change --/ global challenges/ that needed global solutions/ and needed the creation of a truly global society.//

より大きな挑戦が待ち受けていると言います 貧困への挑戦 気候変動への挑戦 グローバル規模の 解決策が必要な挑戦です それには真のグローバル社会が必要です

We are the first generation/ which is in a position/ to do this.//

我々がその最初の世代となります

Combine/ the power of a global ethic/ with the power of our ability to communicate and organize globally,/ with the challenges/ that we now face,/ most of which are global/ in their nature.//

グローバルな倫理の力を 通信を行う力 そして直面する課題に対し グローバルに組織化する力を組合せましょう 元々グローバルな課題なのです

Climate change can not be solved in one country,/ but has got to be solved by the world/ working together.//

気候変動は一つの国では解決できません 世界が一緒になって解決しなければならないんのです

A financial crisis,/ just as we have seen,/ could not be solved by America alone/ or Europe alone;/ it needed the world/ to work together.//

今ちょうど直面している経済危機も解決できません アメリカやヨーロッパ単独では... 世界が協調しなければなりません

Take the problems of security and terrorism and,/ equally,/ the problem of human rights and development:/ they can not be solved by Africa alone;/ they can not be solved by America or Europe alone.//

安全保障やテロの問題も同じです 人権や開発の問題も... アフリカだけでは解決できません アメリカやヨーロッパだけでも解決できません

We can not solve these problems/ unless we work together.//

協調しない限り解決できないのです

So the great project of our generation,/ it seems to me,/ is to build for the first time,/ out of a global ethic/ and our global ability to communicate and organize together,/ a truly global society,/ built on that ethic but/ with institutions/ that can serve/ that global society/ and make for a different future.//

我々世代の最大のプロジェクトは 初めて グローバルな倫理と 通信を行い組織化する力から 真のグローバル社会を構築し しかも倫理だけでなく そのグローバル社会に仕え より良い将来を作る組織と共に構築することです

We have now,/ and are the first generation with,/ the power to do this.//

我々は人類初めてその力を手にしたのです

Take climate change.// Is it not absolutely scandalous/ that we have a situation/ where we know/ that there is a climate change problem,/ where we know also/ that that will mean we have to give/ more resources/ to the poorest countries/ to deal with that,/ when we want to create/ a global carbon market,/ but there is no global institution/ that people have been able to agree upon to deal with this problem?//

気候変動を見て下さい 明らかに問題があります 気候変動の問題があることはわかっています 最貧国にもっと資源を提供しなければならないことも わかっています グローバルの排出権市場を築きたいなら... でもグローバルな組織はありません この問題に対処する為に 人々が合意する組織が...

One of the things/ that has got to come/ out of Copenhagen/ in the next few months is an agreement/ that there will be a global environmental institution/ that is able to deal with the problems of persuading the whole of the world/ to move along a climate-change agenda.//

今後数ヶ月でコペンハーゲンから出す必要があるのは グローバルな環境組織が必要 という合意です そこでは 世界全体を説得しなければならいという問題に 対処しなければなりません

(会場 拍手)

One of the reasons/ why an institution is not in itself/ enough is/ that we have got to persuade/ people/ around the world/ to change their behavior as well,/ so you need/ that global ethic of fairness and responsibility/ across the generations.//

一つの組織では十分でない理由は 世界中の人々を説得しなければならないからです また人々の態度も変えなければなりません それには公平と責任というグローバルな倫理が必要です 複数の世代に渡って...

Take the financial crisis.//

金融危機を見てみましょう

If people/ in poorer countries can be hit by a crisis/ that starts in New York/ or starts in the sub-prime market of the United States of America.//

貧しい国が ニューヨークで始まった危機 つまり アメリカ合衆国のサププライム市場で始まった危機に影響されるなら

If people can find/ that that sub-prime product has been transferred across nations/ many,/ many times/ until it ends up/ in banks/ in Iceland or the rest/ in Britain,/ and people's ordinary savings are affected by it,/ then/ you can not rely on a system of national supervision.//

サブプライム商品が 何度も国境を越え アイスランドの銀行や 英国の銀行 人々の普通預金に影響を与えるなら 国家の管理するシステムには頼れません

You need in the long run/ for stability,/ for economic growth,/ for jobs,/ as well as/ for financial stability,/ global economic institutions/ that make sure/ that growth/ to be sustained has to be shared,/ and are built on the principle/ that the prosperity of this world is indivisible.//

長期に渡る 安定性 経済成長 雇用 そして金融の安定性のためにも グローバルな経済機構が必要です 持続的な成長性は共有されるべきことを確認し 世界の繁栄は分割できないという 原則の上に作られるべきです...

So another challenge/ for our generation is to create global institutions/ that reflect our ideas of fairness and responsibility, not the ideas/ that were the basis of the last stage of financial development/ over these recent years.//

我々世代のもう一つの挑戦は 公平と責任という考えを反映したグローバル組織を作ること 過去数年の金融開発をもとにした ものであってはいけません...

Then take development/ and take the partnership/ we need between our countries and the rest of the world,/ the poorest part of the world.//

次に開発と国家間のパートナーシップを見てみましょう 世界の他の国々 最も貧しい国々とのです

We do not have the basis of a proper partnership/ for the future,/ and yet,/ out of people's desire/ for a global ethic/ and a global society/ that can be done.//

将来に向けて有効な協業の仕組みがありません それでも人々のグローバル倫理とグローバル社会への 熱望があれば可能です

I have just been talking to the President of Sierra Leone.//

シエラレオネの大統領と最近話しました

This is a country of six and a half million people,/ but it has only 80 doctors;/ it has 200 nurses;/ it has 120 midwives.//

人口650万人の国ですが わずか 80人の医者と200人の看護婦 120人の産婆しかいません

You can not begin to build/ a healthcare system/ for six million people/ with such limited resources.//

そのような限られたリソースでは 医療システムなんて 構築できません

Or take the girl/ I met/ when I was in Tanzania,/ a girl called Miriam.//

私がタンザニアで会った少女はどうでしょう ミリアムと呼んでいますが

She was 11 years old;/ her parents had both died from AIDS,/ her mother and then/ her father.//

11才で 両親共エイズで亡くしました 最初に母親 次に父親です

She was an AIDS orphan/ being handed across different extended families/ to be cared for.//

エイズの孤児です 面倒を見てくれる親戚を転々としています

She/ herself was suffering from HIV;/ she was suffering from tuberculosis.//

彼女もHIVで苦しんでいるのです 結核も煩っていました

I met her/ in a field,/ she was ragged,/ she had no shoes.//

野原で彼女と会った時 ぼろをまとい 靴は履いてませんでした

When you looked in her eyes,/ any girl/ at the age of eleven is looking forward/ to the future,/ but there was an unreachable sadness/ in that girl's eyes/ and/ if I could have translated/ that to the rest of the world/ for that moment,/ I believe/ that all the work/ that it had done for the global HIV/AIDS fund would be rewarded by people/ being prepared to make/ donations.//

彼女の目を見たら-普通11才の女の子は 将来への期待があるものですが- 彼女の目には果てしない悲しみがありました もしその時の彼女の悲しみを世界に伝えられていたら 世界のエイズ救済基金に 十分な 寄付を集めることができていたと思います

We must then build a proper relationship/ between the richest/ and the poorest countries based on our desire/ that they are able to fend for themselves/ with the investment/ that is necessary/ in their agriculture,/ so that Africa is not a net importer of food,/ but an exporter of food.//

最も裕福な国と 最も貧しい国の間に 適切な関係を 築かなければなりません 農業に必要な投資によって 食料の輸入国から輸出国に変り 自らを養えるようになって欲しいという願望のもと...

Take the problems of human rights and the problems of security/ in so many countries/ around the world.//

人権の問題 そして 世界中の国々で問題となる安全保障を見てみましょう

Burma is in chains,/ Zimbabwe is a human tragedy,/ in Sudan thousands of people have died unnecessarily/ for wars/ that we could prevent.//

ビルマは鎖に縛られ ジンバブエは人権の悲劇です スーダンでは多数の人が戦争で死んでいます 避けることができたのに...

In the Rwanda Children's Museum,/ there is a photograph of a 10-year-old boy/ and the Children's Museum is commemorating the lives/ that were lost in the Rwandan genocide/ where a million people died.//

ルワンダの子供博物館には 10才の少年の写真があります 百万人の人が死んだルワンダ虐殺で 無くなった人々を追悼しています

There is a photograph of a boy called David.//

デイビッドという少年の写真があります

Beside/ that photograph/ there is the information/ about his life.//

写真の横に彼の人生について書かれています

It said "David,/ age 10."//

デイビッド 10才

David:/ ambition to be a doctor.//

医者になるのが夢

Favorite sport:/ football.// What did he enjoy most?//

好きなスポーツはフットボール 彼が好きだったのは?

Making people laugh.//

人を笑わせること

How did he die?//

どのように死んでいった?

拷問で殺された

Last words said to his mother/ who was also tortured to death:/ "Don't worry.// The United Nations are coming."//

同様に殺された母親への最後の言葉 「心配しないで 国連がもうすぐ来るよ」

And we never did.//

なのに我々は助けなかった

And/ that young boy believed our promises/ that we would help people/ in difficulty/ in Rwanda,/ and we never did.//

その少年は我々の約束を信じていた ルワンダの困っている人達を助けるという... なのに我々は助けなかった

So we have got to create/ in this world also/ institutions/ for peacekeeping and humanitarian aid,/ but also/ for reconstruction and security/ for some of the conflict-ridden states of the world.//

この世界には 平和維持と 人道支援の組織を作ることも必要です でも同時に 再建と安全保障も必要なのです 世界の紛争にまみれた国々では...

So my argument/ today is basically this.//

私が今日言いたかったのは

We have the means/ by which we could create a truly global society.//

我々は真のグローバル社会を作る手段を持っているということ

The institutions of this global society can be created by our endeavors.//

我々の努力で組織を作ることは可能なのです

That global ethic can infuse the fairness and responsibility/ that is necessary/ for these institutions/ to work,/ but we should not lose the chance/ in this generation,/ in this decade/ in particular,/ with President Obama/ in America,/ with other people/ working with us/ around the world,/ to create global institutions/ for the environment,/ and for finance,/ and for security/ and/ for development,/ that make sense of our responsibility/ to other peoples,/ our desire to bind the world together,/ and our need to tackle problems/ that everybody knows exist.//

グローバル倫理は 組織が機能するのに不可欠な公平性と責任を 注ぎ込むことができるのです この世代のチャンスを失ってはなりません 特にこの10年 アメリカにはオバマ大統領がいて 他の人々も世界中で共に働いています 環境のため 金融のため 安全と開発のための組織を作り... 他の人に対しての責任と 世界を一つに結びつけたいという願望 そして 誰もが認める問題に取り組む必要性を理解する為に...

It is said/ that in Ancient Rome/ that/ when Cicero spoke to his audiences,/ people used to turn to each other/ and say about Cicero,/ "Great speech."//

古代ローマでキケロが聴衆に語った時 聴衆は向かい合って「偉大なスピーチだ」と言ったそうです

But it is said/ that in Ancient Greece/ when Demosthenes spoke to his audiences,/ people turned to each other/ and didn't say "Great speech."//

一方 古代ギリシアでは デモステネスが聴衆に語った時 聴取は向かい合って「偉大なスピーチだ」と言う代わりに

They said,/ "Let's march."//

「進んで行こう」と言ったそうです

We should be marching towards a global society.//

我々もグローバル社会に進んで行くべきです

Thank you.//

ありがとう

(会場 拍手)

delighted

うれしい,喜んだ

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

Whitehall

ホワイトホール

《集合的に》英国政府;その政策

laughter

『笑い』,笑い声

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

napalm

ナパーム(焼い弾・火炎放射器に用いる高い放火性をもつゼリー状の物質)

awaken

=awake

conscience

『良心』,道義心,善悪を判断する力

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

Ethiopian

エチオピアの;エチオピア人の

エチオピア人

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

vulture

ハゲタカ,コンドル

強欲な人,人を食いものにする人

hover

〈鳥・ヘリコプターなどが〉空に浮かぶ;(…の上を)舞う《+about(above, over)+名》

〈人などが〉(…の周辺を)うろつく,(…に)つきまとう《+about(around, near)+名》

(…の間の)さまよう,ぐらつく《+between+名》

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

Iranian

イランの,イラン人(語)の

〈C〉イラン人;〈U〉イラン語

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

rightly

『正確に』,間違いなく

『適切に』,ふさわしく,正当に

(道徳的に)『正しく』,正直に,公正に

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

unlock

〈戸.箱など〉‘の'錠を開ける

〈つかんでいた手など〉'を'離す

〈秘密など〉'を'もらす,打ち明ける

錠が開く

拘束が解かれる(緩む)

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

sympathy

〈U〉『共感』,思いやり

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『同情』,哀れみ《+for(with)+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)弔慰,お見舞《+for+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『共鳴』,賛成,好意《+with+名(wh-節)》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

distantly

遠く離れて,遠い所で

よそよそしく

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

continent

自制した,禁欲的な

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

Swedish

スウェーデンの;スウェーデン人(語)の

《the ~》《集合的に;複数扱い》スウェーデン人

〈U〉スウェーデン語

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

reply

(…に)『答える』,返事する《+『to』+『名』》

(…に)『応じる』,応戦する《+『to』+『名』》

《reply to+名+that節》(…に)…‘と'『答える』

(…に対する)答え,回答(answer)《+『to』+『名』》

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

abolish

〈制度・習慣・規則など〉'を'廃止する,やめる

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

ethic

倫理,道徳律

=ethical

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

instantaneously

即座に,瞬時に,即刻

frontier

『国境』,国境地方

辺境(米国の西部開拓時代の開拓地と未開拓地の境界地方)

《しばしば複数形で》(学問・知識などの)最前線,未研究の分野

common ground

共通理念,共通利害,共通基盤

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

slave trade

奴隷売買

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

William

ウィリアム1世(William 1;1027‐87;1066年英国を改め英国ノルマン王朝初代の王となった.ウイリアム征服王(William the Conqueror)と呼ばれる)

protester

異議申し立て人,坑議する人

主張(断言)する人

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

appal

=appall

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Austria

『オーストリア』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はVienna)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

world war

『世界大戦』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

leaflet

(広告などの)ちらし,びら

(とじてない)パンフレット,小冊子

小さい(若)葉;(植物の複葉を構成する)小葉

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

rally

(…のもとに)〈人〉‘を'『再び集める』《+『名』〈人〉+『around』(『to, behind』)+『名』》

(…に対して)〈気力・体力など〉‘を'『持ち直す』,もう一度奮い起こす《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

(…のもとに)『再び集まる』;(援助などのために)はせ参じる《+『around』(『to, behind』)+『名』》

(不幸・病気などから)『持ち直す』,立ち直る《+『from』+『名』》

(テニスなどで)続けて打ち合う

(次の活動のための)再結集

(悪い状態からの)『持ち直し』,回復《+『from』+『名』》

(特定の目的のための)集会,大会

(テニスの)ラリー(続けて打ち合うこと)

ラリー(長距離自動車レース)

royal

《しばしばR-》『王の』,女王の,王室の

王(女王)に属する,王(女王)に仕える

王(女王)から与えられる

王(女王)にふさわしい,威厳のある,壮麗な,堂々たる

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

fully

『十分に』,完全に

まるまる

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

upon

『…の上に』

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

Philippine

(またFilipine)フィリピン[人]の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

corruption

(官吏などの)不正行為,汚職

堕落

(物の)腐敗

(原文の)改悪;(言語の)なまり

regime

政治体制;制度

=regimen

coup

不意に一激

大当たり,大成功

=coup d'etat

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

Zimbabwe

ジンバブウェ(南アフリカの共和国;もと Rhodesia,1980年4月独立)

election

『選挙』

当選

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

polling station

投票所

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

premier

『第1位の』;『首席の』(chief)

(フランス・イタリア・日本などの)『首相』

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

Burma

ビルマ(アジア南東部の共和国;首都はRangoon)

monk

(一般に)修道僧,僧侶(そうりょ);(キリスト教の)修道士,道士

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

repression

鎮圧すること,抑圧された状態

(意識の)抑圧

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

persecute

(特に宗教上・政治上の理由で)〈人〉‘を'『迫害する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…で)〈人〉‘を'うるさく悩ます《+『名』+『with』+『名』》

prisoner

(服役中の)『囚人』;(未決の)拘置人,刑事被告人

=prisoner of war

自由を奪われた人,動きがとれなくなった人(動物)

補虜

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

ally

(…と)…'を'『同盟』(連合)『させる』《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

同盟国

味方

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

opportunity

『機会』,好機

fundamentally

基本的に;本質的に

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

social security

《米》《しばしばthe S-S-》国民年金[制度]

《英》社会保障[制度](《米》welfare)

welfare

『幸福』,繁栄

『福祉』[事業],厚生[事業]

(米政府の)生活保護

fascism

《しばしばF-》ファシズム(独裁的国家社会主義)

反動的(全体主義的)政治体制

anti-Semitism

反ユダヤ主義(運動,思想)

racism

民族主義,民族的優越感;人種差別

民族主義政策(体制)

apartheid

(特に南アフリカにおける)人種隔離政策

discrimination

区別(識別)すること

(…に対する)差別待遇《+『against』+『名』》

識別力,鋭く見分ける力

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

gender

(名詞・代名詞の)性

sexuality

(両性の)性的特質

性欲,性的関心

nelson

(レスリングの)首固め

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

racial

人種[上]の,民族の,種族の

oppression

〈U〉〈C〉(…を)『虐げること』,『圧迫すること』,(…に対する)圧迫,圧制《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)苦難,困苦《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉重苦しい気分,圧迫感

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

terrorism

(政治的な)行為,テロ;恐怖政治

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

scandalous

不面目な,恥ずべき(shameful)

(報道・うわさなどが)人の名誉を傷つける,中傷的な

(人が)中傷好きな,醜聞をまき散らしたがる

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

agreement

〈U〉(意見・感情などの)(…についての)『一致』,調和,同意《+『on』(『upon,about,with』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈C〉(2者以上の間で結ばれた)『協定』,協約

〈U〉(人称・性・格の)一致(concord)

environmental

環境の;自然環境の

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

applause

『拍手かっさい』;称賛

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

fairness

《古》美しさ

色白,金髪

公平,公正,正々堂々

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

Iceland

アイスランド(北大西洋の独立共和国;首都はReykjavik)

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

rely

『あてにする』,たよる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

supervision

(…の)監督,管理,指揮《+of+名》

long run

(映画・演劇の)長期興行

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

economic

『経済の』

『経済学の』

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

sustain

…‘を'『持続する』,続けてする

〈人〉‘を'『元気づける』

〈家族など〉‘を'『養う』

《文》(物が下から)…‘を'『支える』

〈損害・傷害など〉‘を'『受ける』,こうむる

〈苦難など〉‘に'耐える,耐え抜く

(法的に)…‘を'認める

…‘を'立証する,確証する

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

prosperity

『繁栄』,成功

indivisible

分慨できない,不可分の;(数が)割り切れない

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

Sierra Leone

シエラレオネ(大西洋に面したアフリカ西部の国)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

Tanzania

タンザニア(アフリカ東部の共和国;首都 Dares Salaam)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

orphan

『孤児』

孤児の

…‘を'孤児にする

extended

伸ばした;広がった

長い,長期間にわたる

広い,広範囲に及ぶ

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

tuberculosis

結核({略}TB,T.B.)

肺結核

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

rag

『布切れ』;(特に)『ぼろ切れ』,ぼろくず

《複数形で》ぼろ服

(一般に)(…の)小片,切れ端,かけら《+『of』+『名』》

《話》ぼろ新聞

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

eleven

〈C〉(数の)『11』;11を表す記号(11,XIなど)

〈U〉11時;11歳

〈U〉《複数扱い》11人,11個

〈U〉《単数扱い》(フットボールのチームなどの)11人(11個)一組

『11の』,11人の,11個の

《補語にのみ用いて》11歳の

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

sadness

悲嘆(sorrow)

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

donation

寄贈,寄付

寄付金,寄贈品

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

fend

…‘を'避ける

抵抗する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

agriculture

『農業』,農学

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

importer

輸入者,輸入業者

exporter

輸出業者

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

tragedy

{C}(人生の不幸を題材とした)悲劇

{U}(演劇部門としての)悲劇

{U}{C}(人生・文学などの)悲劇的要素;悲惨なでき事,惨事

Sudan

アフリカ北東部の共和国;首都Khartoum

アフリカのサハラ砂ばくの南部地方名

unnecessarily

不必要に,無用に,よけいに

Rwanda

ルワンダ(アフリカ中東部の共和国;首都Kigali)

museum

『博物館』;美術館

commemorate

(祝典・儀式などで)…'を'祝う,記念する

…‘の'記念となる

genocide

(人種・民族などを絶滅させる目的の)大虐殺,集団虐殺

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

beside

《位置・場所》…『のそばに』,のわきに,の横に

…と比較して(compared with)

(要点など)をはずれて(apart from)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

ambition

『大望』,野心,野望

〈C〉大望(野心)の対象(目的)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

torture

…‘を'『拷問にかける』

(…で)…‘を'『ひどく苦しめる(悩ませる)』《+名+with+名(doing)》

〈U〉『拷問』,ひどく苦しめること

〈U〉〈C〉(心身の)苦痛

last word

(議論の末の)最後の言葉,結論

《話》(…の)最新型,最高権威[者]《+『in』+『名』》

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

peacekeeping

平和維持;(国連軍などの)平和維持活動

平和維持のための

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

basically

基本的に,根本的に;元来は

infuse

(人に)…‘を'少しずつ教え込む,吹き込む《+『名』+『into』+『名』<人>》

(…を)<人>‘に'吹き込む,(…で)<人>‘の'心を満たす《+『名』<人>+『with』+『名』》

<茶・薬草など>‘を'せんじる,振り出す

decade

『10年間』

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

Rome

『ローマ』(現イタリア首都;古代ローマ帝国の首都);(古代)ローマ帝国(Roman Empire)

Cicero

キケロ(Marcus Tullius Cicero;106‐43B.C.;ローマの政治家・雄弁家)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

Greece

『ギリシア』(首都はAthens)

Demosthenes

デモステネス(384?‐322B.C.;古代ギリシアの雄弁家・政治家)

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

towards

toward

関連動画