TED日本語 - ジェームズ・バログ: コマ落とし撮影カメラが捉えた極地氷の喪失の証拠

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

写真家ジェームズ・バログが Extreme Ice Survey の連続映像を紹介します。それはネットワーク化されたコマ落とし撮影カメラの記録映像で、危機的な速度で退縮している氷河を記録しています。これまでで最も鮮明に気候変動を捉えた証拠写真の一部です。

Script

たいていの場合、科学と芸術は 相互不理解の両側で互いを見交わしています 互いを見ると大きな混乱が生まれます もちろん芸術は、世界を精神、感情ー 時には無意識の場合もありますが―それに美意識から見ています 科学は、世界を合理性や定量性― 測定や記述が可能なものから見ていますが 理解のための驚くべき枠組みも芸術へ提供します

「Extreme Ice Survey」で、我々は 人間の理解の、これら二つの領域を組み合わせ 芸術と科学を融合し 自然と人間との関わりを理解する 助けとする事を目標としました 特に、生涯にわたり プロの自然写真家として過ごし、私は 写真、ビデオ、映画には 自然および人間と自然の関係を 理解するのを助ける 強大な力があると確信しています

このプロジェクトではもちろん、氷に特別の関心がありました 氷の美と、変形する力、 その変形許容力 それが取り得る驚くべき形に魅了されました 最初の写真はグリーンランドのものです しかし氷には別の意味があります 氷は地球全体の「炭坑のカナリア」なのです そこでは気候変動の実際を見て、触れて、聞いて、感じることができます

世界の大部分では、気候変動はとても抽象的です 信じるにせよ信じないにせよ、自分の感覚に頼って 前より雨が多いとか少ないとか、あるいは 気温が徐々に上がっているとか下がっているとか言っています あるいはコンピュータモデルがこう言っているとかいないとか、他の測定値がどうとかです そんなものは全て横に置いてください 地球の極地あるいは高所環境には 氷があり、気候変動はそこでは現実なのです 変化は起こっています 実に目に見える形で 撮影できるし、測定できるのです

世界の氷河の95%は、後退し縮小しています これは南極の周辺です 95%の氷河は後退し、縮小しているのです 降雪パターンと気温パターンが変化しているからです このことについて科学的議論の余地はありません 観察され、測定されている 絶対確実な情報です 現代の大きな皮肉あるいは悲劇は 科学者がまだこの真否を議論していると、一般大衆が思っている事です 科学はそのことを議論していません お見せする写真では、何十万年の歴史を持つ 莫大な氷河や氷床が 塊となって壊れて行き 氷山が一つづつ流れ去り、海面上昇へと変貌しています

30年間のキャリアにわたってこれを見ていながら 10年ほど前まで、私はまだ気候変動には懐疑的でした 気候変動はコンピュータモデルに基づいていると思っていたからです 実際はそれが、氷床や、海洋底の沈殿物や、 湖の沈殿物や、年輪やその他の 気温を測定する方法に基づいた「古気象」―古代の気象ーの 確固とした測定によるとは 知りませんでした

気候変動がコンピュータモデルに基づいたものでなく現実だと知った時 自分がいつか、気候変動を写真の形で捉え 表現するプロジェクトを行おうと思いました そしてこのプロジェクトにたどり着いたのです 当初私は、ナショナルジオグラフィック誌の仕事で 通常の、一枚ものの静止画写真を撮影していました そしてある日、突飛な考えがひらめき この仕事が終わったら コマ落とし撮影用のカメラを 一つか二つ、氷河の近くに設置し 15分おきか、1時間おきか、それくらいの時間で撮影し 風景がどう変化するかを見てみようと思いました

それからまあ3週間で 身の程知らずにも、計画したカメラの数を 25個にしました それから半年は、人生で最高にきつい時期で 25台のコマ落とし撮影カメラを設計し、組み立てては設置することになりました 動力源は太陽です 太陽電池で駆動します バッテリーに充電します いつ撮影するかを制御する 特製のコンピュータもあります カメラは氷河の側面の岩に設置され 岩盤上の動かない位置から氷河を見下ろし 風景の進化を見続けるのです ちょうどグリーンランド氷床にカメラをいくつか設置したところです ここ6週間ほどは、ドリルで氷に穴をあけ、解氷レベルの下にまで行き そこにカメラを設置してきました 今もカメラはそこにあります とにかく、カメラはだいたい1時間おきか 30分おき、15分おき、5分おきくらいで撮影します

これがコマ落とし撮影カメラ制作過程のコマ落とし撮影です (笑) こういう物のナットやボルトやワッシャには特別こだわりがあります こいういう機材をオリジナルで作るときは 生活の半分くらいを地元の工具店で過ごします

我々は北半球の殆どの主要な氷河で作業しました コマ落とし撮影カメラはアラスカ、ロッキー山脈、グリーンランド、アイスランドにあり いつも行く撮影場所 つまり毎年の様に訪れる場所があり ブリティッシュコロンビア、アルプス、ボリビアなどです

大きな仕事です 私は今夜ここに 全チームの代表として来ています 現在この作業に従事している人がたくさんいます カメラは今33台あります 30分前に、北半球全域の33台のカメラで 撮影があり、何が起きているかを見ているのです 長時間、現場で過ごしています 大変な作業量です 2年半続けてきていて あとまだ2年半続く予定です

それでも仕事の一方に過ぎません もう一方の仕事は、世界の人々にこの話をすることです 科学者たちは、この手の情報を年間を通じて 適時集めていますが、多くは科学の世界に留まっています 同様に、多くのプロジェクトが芸術の世界だけに留まっている そして私は、たとえばTEDや、あるいは オバマ政権や、議会や、ジョン・ケリーのオフィスとの 関係を通じて、これらの写真で政策に 最大限の影響を及ぼす責任があると感じています 映画も作った 本も書いた さらにもっとやる事がある グーグルアースにサイトがあります 親切なグーグルアースが提供してくれました― 今現在、進行しつつある気候変動の直接の証拠である この物語を広める必要があるからです

さて、映像を見る前にちょっとだけ科学の勉強です もし先進国の全員がこのグラフを理解し 頭に刻み込めば 事の重大さにより、いまさら気候変動についてとやかくいう 議論はなくなるでしょう これ以外はすべて、ただのプロパガンダと混乱です 鍵はこれです:これは40万年分の記録です 今から約100万年前にもこれと同じパターンが 起きました 重要なことがいくつかあります

一つ:気温と大気中の二酸化炭素の量は だいたい同期しています オレンジと青の線でそれがわかります 自然界では、最大280ppmの二酸化炭素までは許容されます それが自然のサイクルです 280までくるとそれから下がる その様々な理由については今は重要ではありません 280がピークです ちょうど現在、グラフの右上端を見れば 今は385ppmです 正常な自然の変動領域から、遥かに遠く外れているんです 地球が熱発しているんです ここ100年間で地球の気温は 華氏で1.3度、摂氏で0.75度上昇し さらに上昇中です 我々が化石燃料を大気に放出しているからです 年間2.5ppmのスピードで、です 容赦なく上昇し続けています

引き返さなくてはなりません それが鍵です いつかニューヨークのタイムズスクエアなどの場所に それを堂々と掲げられればいいと思っています しかしとにかく、氷の世界に行ってみましょう

アラスカのコロンビア氷河です これが氷塊分離面の景色です カメラが数カ月間にわたって観察したものです 氷河は右から流れ込んで 海に落ち込みます カメラは毎時間撮影しています 真ん中後ろあたりを見ると 氷塊分離面がヨーヨーのように上下しているのがわかります つまり氷河が浮いていて不安定だということで、 その浮遊の結果がこれからわかります この大きさですが 写真の氷塊分離面は 高さ100メートル、32階くらいあります 小さな崖程度ではなく、都市中心部のオフィスビルくらいあるわけです 氷塊分離面では氷が崩れるのが目に見えるわけですが 実は水面下に600メートルほど、さらに広がっています つまり深さ600メートルの氷の壁が もしも氷河が岩盤にあればそこまで崩れ落ちるし、 そうでなければ流れ去っているのです

コロンビア氷河は終わり こちらは中央アラスカの南部です この空撮写真は、3年前の6月に、私が撮影したものです こちらは今年撮影したものです 氷河が後退しています 本流、つまり氷河の本体は右側からやってきていますが 急速に上流へと後退しています 数週間後にそこに行くのですが おそらくあと800メートルは後退しているでしょう しかし、もし私があそこまで行ってみて さらに8キロ後退していても、全く驚かないでしょう

こういう場所の規模感をつかむのは本当に難しいです なぜなら氷河は― アラスカやグリーンランドの様な場所はとても巨大で 通常の風景ではないんです― 氷河は後退しているだけでなく、縮小していて まるで風船がしぼんでいくようです それで、この氷河には特徴があります 写真の真ん中、矢印がついているその上に「尾根」が見えます それが理解の助けになるでしょう 「トリムライン(掘削線)」と呼ばれる目印の線があります 赤い線が引いてあるところです 自尊心のある写真家ならまずやらないんですが― ちょっとチャチなイラストを入れてますが まあ説明をはっきり分かってもらうためです それで、1984年以来の氷河の縮小は エッフェル塔よりも、エンパイアステートビルよりも規模が大きいのです

氷河が後退し縮小するにつれて、膨大な量の氷が この谷から流出してしまったのです 高山地方のこういう変化は加速しています 静的ではありません 特に海氷の世界では 自然の変化は数年前の予想を遥かに上回っており 状況は加速しているか、あるいは 当初の推測自体が過小に過ぎたのです いずれにせよ、こうして話している間にも、ものすごく大規模な変化が起きています

こちらはコロンビア氷河での別のコマ落とし撮影映像です 氷河が春、6月、5月、10月と、 どこまで来ているかがわかります さて、コマを動かします 1時間に1回、撮影しています 地質学的規模の出来事です 冬には進行してないじゃないか、と皆が言います ちがいます これは「不健康な」氷河で、冬を通じて後退しています 最後には追いついて、後退して行きます

こういう映像は何度も見てしまいます 普通、動くはずのないものが動くのを見るのは とても奇妙な魅力があるからです 百聞は一見にしかずで、そういうものを TEDグローバルで見ているわけです こういうカメラだから見ることができます 見えないものが見えている 大きなクレバスが開いています 大きな氷の島が流れていきます これを見てください これは今年の春です 巨大な崩壊です 1ヶ月ほどで起きて これだけの氷が失われました

つまり3年前に記録し始めたところは ずっと左の先の方で、こちらが数ヶ月前に、我々が 最後にコロンビア氷河に行った時のものです 後退の規模感をお示しするために またちょっとイラストを使います イギリスの二階建てバスです 後退した場所まで、二階建でバスが295台、縦に並べられます ものすごい距離です

アイスランドです 私の好きな場所の一つ、ソウルヘイマヨークトル氷河です 見ていると、氷河末端が後退していくのがわかります 川ができ、 縮小していきます 写真という手段がなければ、絶対に見ることができません 見られないのです 一生ここに立っていても見えないでしょう カメラだからできる

逆回しにします 2年時間をさかのぼる ここから始まり、 数ヶ月前にここで終わっています

グリーンランドです 氷の量が少ないほど、気候変動の影響が早く現れます グリーンランドは、前世紀の温暖化への反応には いくらか時間がかかりました しかしここ20年間、その勢いが加速しています あの場所の気温はものすごく上昇しています

大きな場所です すべてが氷 色のついているのはすべて氷で、厚さが3キロ以上あり、 海岸から流れ込み、中央が盛り上がった巨大なドームです グリーンランドには 北半球の他のすべての氷河を合わせたより 多くの氷を海に流している氷河があります イルリサット氷河です

我々のカメラがいくつか、イルリサットの南縁にあり この劇的な後退を、氷塊分離面から撮影しています 2年前の光景はこんな様子でした 正面部分にあるヘリコプターでスケールがわかります どんどん小さくなっていきます 正面の幅は7キロメートル以上あります カメラを引いていきますが、それでも2.4キロメートル分しか見えていません どれくらい巨大か、また どれだけの氷が流れているか想像してみてください グリーランド内陸は右側です 左の大西洋へ向けて流れています ビルの何十倍もある氷山が、音を立てて海に落ち込んでいます

2週間前、6月25日に 大規模な崩壊現場の写真を ダウンロードしました もうすぐご覧に入れます

過去15年で、氷河の流速が2倍になりました 一日に40メートル強の氷が、海に流れ落ちています 3日おきに、脈動するように落ちて行きますが 平均すると毎日40メートル強で 20年前の倍の速度です

それで、この氷河を観察するチームが 映像記録史上、最大の崩壊イベントを記録しました 9台のカメラが回っています そのうち2台が記録しました 高さ130メートルの氷が剥がれ落ちます ものすごく巨大な氷山が流れ出していきます さて、どれくらい大きかったのか? 想像し難いものです イラストをもう一度 規模がわかるでしょう 75分で(およそ)1.6キロの後退 この一回の放出で、崩壊幅が4.8キロメートル ブロックの高さが800メートル 崩壊面の幅をロンドン橋と比べると 橋20個分の長さになります アメリカ式に言うと、米国議会議事堂だと 氷塊の中に3000個分 どれくらい巨大がかわかるでしょう たった75分の出来事です

さて、気候変動について 長い間学んだ私の結論は 事は経済上、技術上、あるいは政策の問題ではない、ということです 問題は「認知」なのです 政治も経済も技術も十分すぎる問題ですが それは解決することができる 必ずできるでしょう しかしここには認知の問題があって 多くの人々は、事の重大さをまだ理解していないのです こちらの聴衆の皆さんはエリートです だから理解できる 幸運にも、世界の主要な諸国の政治指導者の多くは これを理解できるエリートの聞き手です しかしもっと多くの人々に仲間になってもらわなくてはなりません そのために、TEDのような組織や Extreme Ice Surveyなどが、人間の認知に大きな影響を与え 共に行動するようにできるのです なぜなら、まさしく今がチャンスだと思うからです

我々は危機の瀬戸際にいながら それでもこの世代、あるいは今世紀最大の脅威に 立ち向かえる機会があるのです 我々と、未来のために 正しいことをするための召集がかかっています 私たちの英知が、この機に我々の良心を 目覚めさせ、なすべきことをなさしめる事を期待します どうもありがとう

(拍手)

Most of the time, art and science stare at each other across a gulf of mutual incomprehension. There is great confusion when the two look at each other. Art, of course, looks at the world through the psyche, the emotions -- the unconscious at times -- and of course the aesthetic. Science tends to look at the world through the rational, the quantitative -- things that can be measured and described -- but it gives art a terrific context of understanding.

In the Extreme Ice Survey, we're dedicated to bringing those two parts of human understanding together, to merging the art and science to the end of helping us understand nature and humanity's relationship with nature better. Specifically, I as a person who's been a professional nature photographer my whole adult life, am firmly of the belief that photography, video, film have tremendous powers for helping us understand and shape the way we think about nature and about ourselves in relationship to nature.

In this project, we're specifically interested, of course, in ice. I'm fascinated by the beauty of it, the mutability of it, the malleability of it, and the fabulous shapes in which it can carve itself. These first images are from Greenland. But ice has another meaning. Ice is the canary in the global coal mine. It's the place where we can see and touch and hear and feel climate change in action.

Climate change is a really abstract thing in most of the world. Whether or not you believe in it is based on your sense of is it raining more or is it raining less? Is it getting hotter or is it getting colder? What do the computer models say about this, that and the other thing? All of that, strip it away. In the world of the arctic and alpine environments, where the ice is, it's real and it's present. The changes are happening. They're very visible. They're photographable. They're measurable.

95 percent of the glaciers in the world are retreating or shrinking. That's outside Antarctica. 95 percent of the glaciers in the world are retreating or shrinking, and that's because the precipitation patterns and the temperature patterns are changing. There is no significant scientific dispute about that. It's been observed, it's measured, it's bomb-proof information. And the great irony and tragedy of our time is that a lot of the general public thinks that science is still arguing about that. Science is not arguing about that. In these images we see ice from enormous glaciers, ice sheets that are hundreds of thousands of years old breaking up into chunks, and chunk by chunk by chunk, iceberg by iceberg, turning into global sea level rise.

So, having seen all of this in the course of a 30-year career, I was still a skeptic about climate change until about 10 years ago, because I thought the story of climate change was based on computer models. I hadn't realized it was based on concrete measurements of what the paleoclimates -- the ancient climates -- were, as recorded in the ice sheets, as recorded in deep ocean sediments, as recorded in lake sediments, tree rings, and a lot of other ways of measuring temperature.

When I realized that climate change was real, and it was not based on computer models, I decided that one day I would do a project looking at trying to manifest climate change photographically. And that led me to this project. Initially, I was working on a National Geographic assignment -- conventional, single frame, still photography. And one crazy day, I got the idea that I should -- after that assignment was finished -- I got the idea that I should shoot in time-lapse photography, that I should station a camera or two at a glacier and let it shoot every 15 minutes, or every hour or whatever and watch the progression of the landscape over time.

Well, within about three weeks, I incautiously turned that idea of a couple of time-lapse cameras into 25 time-lapse cameras. And the next six months of my life were the hardest time in my career, trying to design, build and deploy out in the field these 25 time-lapse cameras. They are powered by the sun. Solar panels power them. Power goes into a battery. There is a custom made computer that tells the camera when to fire. And these cameras are positioned on rocks on the sides of the glaciers, and they look in on the glacier from permanent, bedrock positions, and they watch the evolution of the landscape. We just had a number of cameras out on the Greenland Ice Sheet. We actually drilled holes into the ice, way deep down below the thawing level, and had some cameras out there for the past month and a half or so. Actually, there's still a camera out there right now. In any case, the cameras shoot roughly every hour. Some of them shoot every half hour, every 15 minutes, every five minutes.

Here's a time lapse of one of the time-lapse units being made. (Laughter) I personally obsessed about every nut, bolt and washer in these crazy things. I spent half my life at our local hardware store during the months when we built these units originally.

We're working in most of the major glaciated regions of the northern hemisphere. Our time-lapse units are in Alaska, the Rockies, Greenland and Iceland, and we have repeat photography positions, that is places we just visit on an annual basis, in British Columbia, the Alps and Bolivia.

It's a big undertaking. I stand here before you tonight as an ambassador for my whole team. There's a lot of people working on this right now. We've got 33 cameras out this moment. We just had 33 cameras shoot about half an hour ago all across the northern hemisphere, watching what's happened. And we've spent a lot of time in the field. It's been a fantastic amount of work. We've been out for two and a half years, and we've got about another two and a half years yet to go.

That's only half our job. The other half of our job is to tell the story to the global public. You know, scientists have collected this kind of information off and on over the years, but a lot of it stays within the science community. Similarly, a lot of art projects stay in the art community, and I feel very much a responsibility through mechanisms like TED, and like our relationship with the Obama White House, with the Senate, with John Kerry, to influence policy as much as possible with these pictures as well. We've done films. We've done books. We have more coming. We have a site on Google Earth that Google Earth was generous enough to give us, and so forth, because we feel very much the need to tell this story, because it is such an immediate evidence of ongoing climate change right now.

Now,one bit of science before we get into the visuals. If everybody in the developed world understood this graph, and emblazoned it on the inside of their foreheads, there would be no further societal argument about climate change because this is the story that counts. Everything else you hear is just propaganda and confusion. Key issues: this is a 400,000 year record. This exact same pattern is seen going back now almost a million years before our current time. And several things are important.

Number one: temperature and carbon dioxide in the atmosphere go up and down basically in sync. You can see that from the orange line and the blue line. Nature naturally has allowed carbon dioxide to go up to 280 parts per million. That's the natural cycle. Goes up to 280 and then drops for various reasons that aren't important to discuss right here. But 280 is the peak. Right now, if you look at the top right part of that graph, we're at 385 parts per million. We are way, way outside the normal, natural variability. Earth is having a fever. In the past hundred years, the temperature of the Earth has gone up 1.3 degrees Fahrenheit,.75 degrees Celsius, and it's going to keep going up because we keep dumping fossil fuels into the atmosphere. At the rate of about two and a half parts per million per year. It's been a remorseless, steady increase.

We have to turn that around. That's the crux, and someday I hope to emblazon that across Times Square in New York and a lot of other places. But anyway, off to the world of ice.

We're now at the Columbia Glacier in Alaska. This is a view of what's called the calving face. This is what one of our cameras saw over the course of a few months. You see the glacier flowing in from the right, dropping off into the sea, camera shooting every hour. If you look in the middle background, you can see the calving face bobbing up and down like a yo-yo. That means that glacier's floating and it's unstable, and you're about to see the consequences of that floating. To give you a little bit of a sense of scale, that calving face in this picture is about 325 feet tall. That's 32 stories. This is not a little cliff. This is like a major office building in an urban center. The calving face is the wall where the visible ice breaks off, but in fact, it goes down below sea level another couple thousand feet. So there's a wall of ice a couple thousand feet deep going down to bedrock if the glacier's grounded on bedrock, and floating if it isn't.

Here's what Columbia's done. This is in south central Alaska. This was an aerial picture I did one day in June three years ago. This is an aerial picture we did this year. That's the retreat of this glacier. The main stem, the main flow of the glacier is coming from the right and it's going very rapidly up that stem. We're going to be up there in just a few more weeks, and we expect that it's probably retreated another half a mile, but if I got there and discovered that it had collapsed and it was five miles further back, I wouldn't be the least bit surprised.

Now it's really hard to grasp the scale of these places, because as the glaciers -- one of the things is that places like Alaska and Greenland are huge, they're not normal landscapes -- but as the glaciers are retreating, they're also deflating, like air is being let out of a balloon. And so, there are features on this landscape. There's a ridge right in the middle of the picture, up above where that arrow comes in, that shows you that a little bit. There's a marker line called the trim line above our little red illustration there. This is something no self-respecting photographer would ever do -- you put some cheesy illustration on your shot, right? -- and yet you have to do it sometimes to narrate these points. But, in any case, the deflation of this glacier since 1984 has been higher than the Eiffel Tower, higher than the Empire State Building.

A tremendous amount of ice has been let out of these valleys as it's retreated and deflated, gone back up valley. These changes in the alpine world are accelerating. It's not static. Particularly in the world of sea ice, the rate of natural change is outstripping predictions of just a few years ago, and the processes either are accelerating or the predictions were too low to begin with. But in any case, there are big, big changes happening as we speak.

So, here's another time-lapse shot of Columbia. And you see where it ended in these various spring days, June, May, then October. Now we turn on our time lapse. This camera was shooting every hour. Geologic process in action here. And everybody says, well don't they advance in the winter time? No. It was retreating through the winter because it's an unhealthy glacier. Finally catches up to itself, it advances.

And you can look at these pictures over and over again because there's such a strange, bizarre fascination in seeing these things you don't normally get to see come alive. We've been talking about "seeing is believing "and seeing the unseen at TED Global. That's what you see with these cameras. The images make the invisible visible. These huge crevasses open up. These great ice islands break off -- and now watch this. This has been the springtime this year -- a huge collapse. That happened in about a month, the loss of all that ice.

So that's where we started three years ago, way out on the left, and that's where we were a few months ago, the last time we went into Columbia. To give you a feeling for the scale of the retreat, we did another cheesy illustration, with British double-decker buses. If you line up 295 of those nose to tail, that's about how far back that was. It's a long way.

On up to Iceland. One of my favorite glaciers, the Solheimajokull. And here, if you watch, you can see the terminus retreating. You can see this river being formed. You can see it deflating. Without the photographic process, you would never see this. This is invisible. You can stand up there your whole life and you would never see this, but the camera records it.

So we wind time backwards now. We go back a couple years in time. That's where it started. That's where it ended a few months ago.

And on up to Greenland. The smaller the ice mass, the faster it responds to climate. Greenland took a little while to start reacting to the warming climate of the past century, but it really started galloping along about 20 years ago. And there's been a tremendous increase in the temperature up there.

It's a big place. That's all ice. All those colors are ice and it goes up to about two miles thick, just a gigantic dome that comes in from the coast and rises in the middle. The one glacier up in Greenland that puts more ice into the global ocean than all the other glaciers in the northern hemisphere combined is the Ilulissat Glacier.

We have some cameras on the south edge of the Ilulissat, watching the calving face as it goes through this dramatic retreat. Here's a two-year record of what that looks like. Helicopter in front of the calving face for scale, quickly dwarfed. The calving face is four and a half miles across, and in this shot, as we pull back, you're only seeing about a mile and a half. So, imagine how big this is and how much ice is charging out. The interior of Greenland is to the right. It's flowing out to the Atlantic Ocean on the left. Icebergs, many, many, many, many times the size of this building, are roaring out to sea.

We just downloaded these pictures a couple weeks ago, as you can see. June 25th, monster calving events happened. I'll show you one of those in a second.

This glacier has doubled its flow speed in the past 15 years. It now goes at 125 feet a day, dumping all this ice into the ocean. It tends to go in these pulses, about every three days, but on average,125 feet a day, twice the rate it did 20 years ago.

Okay. We had a team out watching this glacier, and we recorded the biggest calving event that's ever been put on film. We had nine cameras going. This is what a couple of the cameras saw. A 400-foot-tall calving face breaking off. Huge icebergs rolling over. Okay, how big was that? It's hard to get it. So an illustration again, gives you a feeling for scale. A mile of retreat in 75 minutes across the calving face, in that particular event,three miles wide. The block was three-fifths of a mile deep, and if you compare the expanse of the calving face to the Tower Bridge in London, about 20 bridges wide. Or if you take an American reference, to the U.S. Capitol Building and you pack 3,000 Capitol Buildings into that block, it would be equivalent to how large that block was. 75 minutes.

Now I've come to the conclusion after spending a lot of time in this climate change world that we don't have a problem of economics, technology and public policy. We have a problem of perception. The policy and the economics and the technology are serious enough issues, but we actually can deal with them. I'm certain that we can. But what we have is a perception problem because not enough people really get it yet. You're an elite audience. You get it. Fortunately, a lot of the political leaders in the major countries of the world are an elite audience that for the most part gets it now. But we still need to bring a lot of people along with us. And that's where I think organizations like TED, like the Extreme Ice Survey can have a terrific impact on human perception and bring us along. Because I believe we have an opportunity right now.

We are nearly on the edge of a crisis, but we still have an opportunity to face the greatest challenge of our generation and, in fact, of our century. This is a terrific, terrific call to arms to do the right thing for ourselves and for the future. I hope that we have the wisdom to let the angels of our better nature rise to the occasion and do what needs to be done. Thank you.

(Applause)

Most of the time,/ art and science stare at each other/ across a gulf of mutual incomprehension.//

たいていの場合、科学と芸術は 相互不理解の両側で互いを見交わしています

There is great confusion/ when the two look/ at each other.//

互いを見ると大きな混乱が生まれます

Art,/ of course,/ looks at the world/ through the psyche,/ the emotions --/ the unconscious/ at times --/ and of course/ the aesthetic.//

もちろん芸術は、世界を精神、感情ー 時には無意識の場合もありますが―それに美意識から見ています

Science tends to look/ at the world/ through the rational,/ the quantitative --/ things/ that can be measured and described --/ but it gives art/ a terrific context of understanding.//

科学は、世界を合理性や定量性― 測定や記述が可能なものから見ていますが 理解のための驚くべき枠組みも芸術へ提供します

In the Extreme Ice Survey,/ we're dedicated to bringing those two parts of human/ understanding together,/ to merging the art and science/ to the end of helping us understand nature and humanity's relationship/ with nature better.//

「Extreme Ice Survey」で、我々は 人間の理解の、これら二つの領域を組み合わせ 芸術と科学を融合し 自然と人間との関わりを理解する 助けとする事を目標としました

Specifically,/ I/ as a person/ who's been a professional nature/ photographer my whole adult life,/ am firmly of the belief/ that photography,/ video,/ film have tremendous powers/ for helping us understand and shape the way/ we think about nature/ and/ about ourselves/ in relationship/ to nature.//

特に、生涯にわたり プロの自然写真家として過ごし、私は 写真、ビデオ、映画には 自然および人間と自然の関係を 理解するのを助ける 強大な力があると確信しています

In this project,/ we're specifically interested,/ of course,/ in ice.//

このプロジェクトではもちろん、氷に特別の関心がありました

I'm fascinated by the beauty of it,/ the mutability of it,/ the malleability of it,/ and the fabulous shapes/ in which it can carve itself.//

氷の美と、変形する力、 その変形許容力 それが取り得る驚くべき形に魅了されました

These first images are from Greenland.//

最初の写真はグリーンランドのものです

But ice has another meaning.//

しかし氷には別の意味があります

Ice is the canary/ in the global coal mine.//

氷は地球全体の「炭坑のカナリア」なのです

It's the place/ where we can see/ and touch and hear/ and feel climate change/ in action.//

そこでは気候変動の実際を見て、触れて、聞いて、感じることができます

Climate change is a really abstract thing/ in most of the world.//

世界の大部分では、気候変動はとても抽象的です

Whether/ or not you believe in it is based on your sense of is it raining more/ or is it raining less?//

信じるにせよ信じないにせよ、自分の感覚に頼って 前より雨が多いとか少ないとか、あるいは

Is it getting hotter/ or is it getting colder?//

気温が徐々に上がっているとか下がっているとか言っています

What do the computer models say about this,/ that and the other thing?//

あるいはコンピュータモデルがこう言っているとかいないとか、他の測定値がどうとかです

All of that,/ strip it away.// In the world of the arctic and alpine environments,/ where the ice is,/ it's real/ and it's present.//

そんなものは全て横に置いてください 地球の極地あるいは高所環境には 氷があり、気候変動はそこでは現実なのです

The changes are happening.// They're very visible.//

変化は起こっています 実に目に見える形で

They're photographable.// They're measurable.//

撮影できるし、測定できるのです

95 percent of the glaciers/ in the world are retreating/ or shrinking.//

世界の氷河の95%は、後退し縮小しています

これは南極の周辺です

95 percent of the glaciers/ in the world are retreating or shrinking,/ and that's/ because the precipitation patterns/ and the temperature patterns are changing.//

95%の氷河は後退し、縮小しているのです 降雪パターンと気温パターンが変化しているからです

There is no significant scientific dispute/ about that.//

このことについて科学的議論の余地はありません

It's been observed,/ it's measured,/ it's bomb-proof information.//

観察され、測定されている 絶対確実な情報です

And the great irony and tragedy of our time is/ that a lot of the general public thinks/ that science is still arguing about that.//

現代の大きな皮肉あるいは悲劇は 科学者がまだこの真否を議論していると、一般大衆が思っている事です

Science is not arguing about that.//

科学はそのことを議論していません

In these images/ we see ice/ from enormous glaciers,/ ice sheets/ that are hundreds of thousands of years old/ breaking up/ into chunks,/ and chunk/ by chunk/ by chunk,/ iceberg/ by iceberg,/ turning into global sea level rise.//

お見せする写真では、何十万年の歴史を持つ 莫大な氷河や氷床が 塊となって壊れて行き 氷山が一つづつ流れ去り、海面上昇へと変貌しています

So,/ having seen all of this/ in the course of a 30-year career,/ I was still a skeptic/ about climate change/ until about 10 years ago,/ because I thought the story of climate change was based on computer models.//

30年間のキャリアにわたってこれを見ていながら 10年ほど前まで、私はまだ気候変動には懐疑的でした 気候変動はコンピュータモデルに基づいていると思っていたからです

I hadn't realized/ it was based on concrete measurements of what the paleoclimates --/ the ancient climates --/ were,/ as recorded in the ice sheets,/ as recorded in deep ocean sediments,/ as recorded in lake sediments,/ tree rings,/ and a lot of other ways of measuring temperature.//

実際はそれが、氷床や、海洋底の沈殿物や、 湖の沈殿物や、年輪やその他の 気温を測定する方法に基づいた「古気象」―古代の気象ーの 確固とした測定によるとは 知りませんでした

When I realized/ that climate change was real,/ and it was not based on computer models,/ I decided/ that one day/ I would do a project/ looking at trying to manifest/ climate change photographically.//

気候変動がコンピュータモデルに基づいたものでなく現実だと知った時 自分がいつか、気候変動を写真の形で捉え 表現するプロジェクトを行おうと思いました

And that led me/ to this project.//

そしてこのプロジェクトにたどり着いたのです

Initially,/ I was working on a National Geographic assignment --/ conventional, single frame,/ still photography.//

当初私は、ナショナルジオグラフィック誌の仕事で 通常の、一枚ものの静止画写真を撮影していました

And one crazy day,/ I got the idea/ that I should --/ after that assignment was finished --/ I got the idea/ that I should shoot in time-lapse photography,/ that I should station a camera or two/ at a glacier/ and let it shoot every 15 minutes,/ or every hour/ or whatever and watch the progression of the landscape/ over time.//

そしてある日、突飛な考えがひらめき この仕事が終わったら コマ落とし撮影用のカメラを 一つか二つ、氷河の近くに設置し 15分おきか、1時間おきか、それくらいの時間で撮影し 風景がどう変化するかを見てみようと思いました

Well,/ within about three weeks,/ I incautiously turned that idea of a couple of time-lapse cameras/ into 25 time-lapse cameras.//

それからまあ3週間で 身の程知らずにも、計画したカメラの数を 25個にしました

And the next six months of my life were the hardest time/ in my career,/ trying to design, build and deploy out/ in the field/ these 25 time-lapse cameras.//

それから半年は、人生で最高にきつい時期で 25台のコマ落とし撮影カメラを設計し、組み立てては設置することになりました

They are powered by the sun.// Solar panels power/ them.//

動力源は太陽です 太陽電池で駆動します

Power goes into a battery.// There is a custom made computer/ that tells the camera/ when to fire.//

バッテリーに充電します いつ撮影するかを制御する 特製のコンピュータもあります

And these cameras are positioned on rocks/ on the sides of the glaciers,/ and they look in/ on the glacier/ from permanent, bedrock positions,/ and they watch the evolution of the landscape.//

カメラは氷河の側面の岩に設置され 岩盤上の動かない位置から氷河を見下ろし 風景の進化を見続けるのです

We just had a number of cameras/ out on the Greenland Ice Sheet.//

ちょうどグリーンランド氷床にカメラをいくつか設置したところです

We actually drilled holes/ into the ice,/ way deep down/ below the thawing level,/ and had some cameras out there/ for the past month/ and a half/ or so.//

ここ6週間ほどは、ドリルで氷に穴をあけ、解氷レベルの下にまで行き そこにカメラを設置してきました

Actually,/ there's still/ a camera out there right now.//

今もカメラはそこにあります

In any case,/ the cameras shoot roughly every hour.//

とにかく、カメラはだいたい1時間おきか

Some of them shoot every half hour,/ every 15 minutes,/ every five minutes.//

30分おき、15分おき、5分おきくらいで撮影します

Here's a time lapse of one of the time-lapse units/ being made.//

これがコマ落とし撮影カメラ制作過程のコマ落とし撮影です

(Laughter)/ I personally obsessed about every nut, bolt and washer/ in these crazy things.//

(笑) こういう物のナットやボルトやワッシャには特別こだわりがあります

I spent half my life/ at our local hardware store/ during the months/ when we built these units originally.//

こいういう機材をオリジナルで作るときは 生活の半分くらいを地元の工具店で過ごします

We're working/ in most of the major glaciated regions of the northern hemisphere.//

我々は北半球の殆どの主要な氷河で作業しました

Our time-lapse units are in Alaska,/ the Rockies, Greenland and Iceland,/ and we have repeat photography positions,/ that is places/ we just visit on an annual basis,/ in British Columbia,/ the Alps and Bolivia.//

コマ落とし撮影カメラはアラスカ、ロッキー山脈、グリーンランド、アイスランドにあり いつも行く撮影場所 つまり毎年の様に訪れる場所があり ブリティッシュコロンビア、アルプス、ボリビアなどです

It's a big undertaking.// I stand here/ before you tonight/ as an ambassador/ for my whole team.//

大きな仕事です 私は今夜ここに 全チームの代表として来ています

There's a lot of people/ working on this right now.//

現在この作業に従事している人がたくさんいます

We've got 33 cameras/ out this moment.//

カメラは今33台あります

We just had/ 33 cameras shoot about half an hour ago/ all/ across the northern hemisphere,/ watching/ what's happened.//

30分前に、北半球全域の33台のカメラで 撮影があり、何が起きているかを見ているのです

And we've spent a lot of time/ in the field.// It's been a fantastic amount of work.//

長時間、現場で過ごしています 大変な作業量です

We've been out/ for two and a half years,/ and we've got about another two and a half years yet/ to go.//

2年半続けてきていて あとまだ2年半続く予定です

That's only half our job.//

それでも仕事の一方に過ぎません

The other half of our job is to tell the story/ to the global public.//

もう一方の仕事は、世界の人々にこの話をすることです

You know,/ scientists have collected this kind of information/ off and on/ over the years,/ but a lot of it stays within the science community.//

科学者たちは、この手の情報を年間を通じて 適時集めていますが、多くは科学の世界に留まっています

Similarly,/ a lot of art projects stay in the art community,/ and I feel very much/ a responsibility/ through mechanisms/ like TED,/ and like our relationship/ with the Obama White House,/ with the Senate,/ with John Kerry,/ to influence policy as much/ as possible/ with these pictures/ as well.//

同様に、多くのプロジェクトが芸術の世界だけに留まっている そして私は、たとえばTEDや、あるいは オバマ政権や、議会や、ジョン・ケリーのオフィスとの 関係を通じて、これらの写真で政策に 最大限の影響を及ぼす責任があると感じています

We've done films.// We've done books.// We have more coming.//

映画も作った 本も書いた さらにもっとやる事がある

We have a site/ on Google Earth/ that Google Earth was generous enough/ to give us,/ and so forth,/ because we feel very much/ the need/ to tell this story,/ because it is such an immediate evidence of ongoing climate change right now.//

グーグルアースにサイトがあります 親切なグーグルアースが提供してくれました― 今現在、進行しつつある気候変動の直接の証拠である この物語を広める必要があるからです

Now,/one bit of science/ before we get into the visuals.//

さて、映像を見る前にちょっとだけ科学の勉強です

If everybody/ in the developed world understood this graph,/ and emblazoned it/ on the inside of their foreheads,/ there would be no further societal argument/ about climate change/ because this is the story/ that counts.//

もし先進国の全員がこのグラフを理解し 頭に刻み込めば 事の重大さにより、いまさら気候変動についてとやかくいう 議論はなくなるでしょう

Everything else/ you hear/ is just propaganda and confusion.//

これ以外はすべて、ただのプロパガンダと混乱です

Key issues:/ this is a 400,000 year record.//

鍵はこれです:これは40万年分の記録です

This exact same pattern is seen going back now/ almost a million years/ before our current time.//

今から約100万年前にもこれと同じパターンが 起きました

And several things are important.//

重要なことがいくつかあります

Number one:/ temperature and carbon dioxide/ in the atmosphere go up and down basically/ in sync.//

一つ:気温と大気中の二酸化炭素の量は だいたい同期しています

You can see/ that from the orange line and the blue line.//

オレンジと青の線でそれがわかります

自然界では、最大280ppmの二酸化炭素までは許容されます

That's the natural cycle.//

それが自然のサイクルです

Goes up/ to 280/ and then drops for various reasons/ that aren't important/ to discuss right here.//

280までくるとそれから下がる その様々な理由については今は重要ではありません

But 280 is the peak.//

280がピークです

Right now,/ if you look at the top right part of that graph,/ we're at 385 parts/ per million.//

ちょうど現在、グラフの右上端を見れば 今は385ppmです

We are way,/ way/ outside the normal, natural variability.//

正常な自然の変動領域から、遥かに遠く外れているんです

Earth is having a fever.//

地球が熱発しているんです

In the past hundred years,/ the temperature of the Earth has gone up/ 1.3 degrees Fahrenheit,/.75 degrees Celsius,/ and it's going to keep going/ up/ because we keep dumping/ fossil fuels/ into the atmosphere.//

ここ100年間で地球の気温は 華氏で1.3度、摂氏で0.75度上昇し さらに上昇中です 我々が化石燃料を大気に放出しているからです

At the rate of about two and a half parts/ per million/ per year.//

年間2.5ppmのスピードで、です

容赦なく上昇し続けています

We have to turn/ that around.//

引き返さなくてはなりません

That's the crux,/ and someday/ I hope to emblazon/ that across Times Square/ in New York and a lot of other places.//

それが鍵です いつかニューヨークのタイムズスクエアなどの場所に それを堂々と掲げられればいいと思っています

But anyway,/ off/ to the world of ice.//

しかしとにかく、氷の世界に行ってみましょう

We're now/ at the Columbia Glacier/ in Alaska.//

アラスカのコロンビア氷河です

This is a view of what's called the calving face.//

これが氷塊分離面の景色です

This is/ what one of our cameras saw over the course of a few months.//

カメラが数カ月間にわたって観察したものです

You see the glacier flowing/ in from the right,/ dropping off/ into the sea,/ camera/ shooting every hour.//

氷河は右から流れ込んで 海に落ち込みます カメラは毎時間撮影しています

If you look in the middle background,/ you can see the calving face/ bobbing up and down/ like a yo-yo.//

真ん中後ろあたりを見ると 氷塊分離面がヨーヨーのように上下しているのがわかります

That means/ that glacier's floating/ and it's unstable,/ and you're/ about to see the consequences of that floating.//

つまり氷河が浮いていて不安定だということで、 その浮遊の結果がこれからわかります

To give you/ a little bit of a sense of scale,/ that calving face/ in this picture is about 325 feet tall.// That's 32 stories.//

この大きさですが 写真の氷塊分離面は 高さ100メートル、32階くらいあります

This is not a little cliff.// This is like a major office building/ in an urban center.//

小さな崖程度ではなく、都市中心部のオフィスビルくらいあるわけです

The calving face is the wall/ where the visible ice breaks off,/ but in fact,/ it goes down/ below sea level/ another couple thousand feet.//

氷塊分離面では氷が崩れるのが目に見えるわけですが 実は水面下に600メートルほど、さらに広がっています

So there's a wall of ice/ a couple/ thousand feet deep going/ down/ to bedrock/ if the glacier's grounded on bedrock,/ and floating/ if it isn't.//

つまり深さ600メートルの氷の壁が もしも氷河が岩盤にあればそこまで崩れ落ちるし、 そうでなければ流れ去っているのです

Here's/ what Columbia's done.// This is in south central Alaska.//

コロンビア氷河は終わり こちらは中央アラスカの南部です

This was an aerial picture/ I did one day/ in June/ three years ago.//

この空撮写真は、3年前の6月に、私が撮影したものです

This is an aerial picture/ we did this year.//

こちらは今年撮影したものです

That's the retreat of this glacier.//

氷河が後退しています

The main stem,/ the main flow of the glacier is coming from the right/ and it's going very rapidly up/ that stem.//

本流、つまり氷河の本体は右側からやってきていますが 急速に上流へと後退しています

We're going to be up there/ in just a few more weeks,/ and we expect/ that it's probably retreated another half a mile,/ but/ if I got there/ and discovered/ that it had collapsed/ and it was five miles further back,/ I wouldn't be the least bit surprised.//

数週間後にそこに行くのですが おそらくあと800メートルは後退しているでしょう しかし、もし私があそこまで行ってみて さらに8キロ後退していても、全く驚かないでしょう

Now/ it's really hard/ to grasp the scale of these places,/ because/ as the glaciers --/ one of the things is/ that places/ like Alaska and Greenland are huge,/ they're not normal landscapes --/ but/ as the glaciers are retreating,/ they're also deflating,/ like air is being let out of a balloon.//

こういう場所の規模感をつかむのは本当に難しいです なぜなら氷河は― アラスカやグリーンランドの様な場所はとても巨大で 通常の風景ではないんです― 氷河は後退しているだけでなく、縮小していて まるで風船がしぼんでいくようです

And so,/ there are features/ on this landscape.//

それで、この氷河には特徴があります

There's a ridge right/ in the middle of the picture,/ up/ above where that arrow comes in,/ that shows you/ that a little bit.//

写真の真ん中、矢印がついているその上に「尾根」が見えます それが理解の助けになるでしょう

There's a marker line called the trim line/ above our little red illustration there.//

「トリムライン(掘削線)」と呼ばれる目印の線があります 赤い線が引いてあるところです

This is something/ no self-respecting photographer would ever do --/ you put some cheesy illustration/ on your shot,/ right?// --/ and yet/ you have to do/ it sometimes/ to narrate these points.//

自尊心のある写真家ならまずやらないんですが― ちょっとチャチなイラストを入れてますが まあ説明をはっきり分かってもらうためです

But,/ in any case,/ the deflation of this glacier/ since 1984 has been higher/ than the Eiffel Tower,/ higher/ than the Empire State Building.//

それで、1984年以来の氷河の縮小は エッフェル塔よりも、エンパイアステートビルよりも規模が大きいのです

A tremendous amount of ice has been let out of these valleys/ as it's retreated and deflated,/ gone back/ up valley.//

氷河が後退し縮小するにつれて、膨大な量の氷が この谷から流出してしまったのです

These changes/ in the alpine world are accelerating.//

高山地方のこういう変化は加速しています

It's not static.//

静的ではありません

Particularly/ in the world of sea ice,/ the rate of natural change is outstripping predictions of just a few years ago,/ and the processes/ either are accelerating/ or the predictions were too low/ to begin with.//

特に海氷の世界では 自然の変化は数年前の予想を遥かに上回っており 状況は加速しているか、あるいは 当初の推測自体が過小に過ぎたのです

But in any case,/ there are big, big changes/ happening/ as we speak.//

いずれにせよ、こうして話している間にも、ものすごく大規模な変化が起きています

So,/ here's another time-lapse shot of Columbia.//

こちらはコロンビア氷河での別のコマ落とし撮影映像です

And you see/ where it ended in these various spring days,/ June,/ May,/ then/ October.//

氷河が春、6月、5月、10月と、 どこまで来ているかがわかります

Now/ we turn on/ our time lapse.//

さて、コマを動かします

This camera was shooting every hour.//

1時間に1回、撮影しています

Geologic process/ in action here.//

地質学的規模の出来事です

And everybody says,/ well don't they advance in the winter time?//

冬には進行してないじゃないか、と皆が言います

No.// It was retreating through the winter/ because it's an unhealthy glacier.//

ちがいます これは「不健康な」氷河で、冬を通じて後退しています

最後には追いついて、後退して行きます

And you can look at these pictures/ over and over again/ because there's such a strange, bizarre fascination/ in seeing these things/ you don't normally get to see/ come alive.//

こういう映像は何度も見てしまいます 普通、動くはずのないものが動くのを見るのは とても奇妙な魅力があるからです

We've been talking about "seeing is believing "and seeing the unseen/ at TED Global.//

百聞は一見にしかずで、そういうものを TEDグローバルで見ているわけです

That's/ what you see with these cameras.//

こういうカメラだから見ることができます

The images make the invisible visible.//

見えないものが見えている

These huge crevasses open up.//

大きなクレバスが開いています

These great ice islands break off --/ and now watch this.//

大きな氷の島が流れていきます これを見てください

This has been the springtime/ this year --/ a huge collapse.// That happened in about a month,/ the loss of all that ice.//

これは今年の春です 巨大な崩壊です 1ヶ月ほどで起きて これだけの氷が失われました

So that's/ where we started three years ago,/ way out/ on the left,/ and that's/ where we were a few months ago,/ the last time/ we went into Columbia.//

つまり3年前に記録し始めたところは ずっと左の先の方で、こちらが数ヶ月前に、我々が 最後にコロンビア氷河に行った時のものです

To give you/ a feeling/ for the scale of the retreat,/ we did another cheesy illustration,/ with British double-decker buses.//

後退の規模感をお示しするために またちょっとイラストを使います イギリスの二階建てバスです

If you line up/ 295 of those nose/ to tail,/ that's about how far back/ that was.//

後退した場所まで、二階建でバスが295台、縦に並べられます

It's a long way.//

ものすごい距離です

On up/ to Iceland.//

アイスランドです

One of my favorite glaciers,/ the Solheimajokull.//

私の好きな場所の一つ、ソウルヘイマヨークトル氷河です

And here,/ if you watch,/ you can see the terminus retreating.//

見ていると、氷河末端が後退していくのがわかります

You can see this river/ being formed.//

川ができ、

You can see/ it deflating.//

縮小していきます

Without the photographic process,/ you would never see this.// This is invisible.//

写真という手段がなければ、絶対に見ることができません 見られないのです

You can stand up/ there/ your whole life/ and you would never see this,/ but the camera records/ it.//

一生ここに立っていても見えないでしょう カメラだからできる

So we wind time backwards now.//

逆回しにします

We go back/ a couple years/ in time.//

2年時間をさかのぼる

That's/ where it started.//

ここから始まり、

That's/ where it ended a few months ago.//

数ヶ月前にここで終わっています

And on up/ to Greenland.//

グリーンランドです

The smaller/ the ice mass,/ the faster/ it responds to climate.//

氷の量が少ないほど、気候変動の影響が早く現れます

Greenland took a little while to start reacting/ to the warming climate of the past century,/ but it really started galloping/ along about 20 years ago.//

グリーンランドは、前世紀の温暖化への反応には いくらか時間がかかりました しかしここ20年間、その勢いが加速しています

And there's been a tremendous increase/ in the temperature up there.//

あの場所の気温はものすごく上昇しています

It's a big place.// That's all ice.//

大きな場所です すべてが氷

All those colors are ice/ and it goes up/ to about two miles thick,/ just a gigantic dome/ that comes in from the coast and rises/ in the middle.//

色のついているのはすべて氷で、厚さが3キロ以上あり、 海岸から流れ込み、中央が盛り上がった巨大なドームです

The one glacier up/ in Greenland/ that puts more ice/ into the global ocean/ than all the other glaciers/ in the northern hemisphere combined is the Ilulissat Glacier.//

グリーンランドには 北半球の他のすべての氷河を合わせたより 多くの氷を海に流している氷河があります イルリサット氷河です

We have some cameras/ on the south edge of the Ilulissat,/ watching the calving face/ as it goes through this dramatic retreat.//

我々のカメラがいくつか、イルリサットの南縁にあり この劇的な後退を、氷塊分離面から撮影しています

Here's a two-year record of what/ that looks like.//

2年前の光景はこんな様子でした

Helicopter/ in front of the calving face/ for scale,/ quickly dwarfed.//

正面部分にあるヘリコプターでスケールがわかります どんどん小さくなっていきます

The calving face is four/ and a half miles across,/ and in this shot,/ as we pull back,/ you're only seeing/ about a mile and a half.//

正面の幅は7キロメートル以上あります カメラを引いていきますが、それでも2.4キロメートル分しか見えていません

So,/ imagine how big/ this is/ and how much ice is charging out.//

どれくらい巨大か、また どれだけの氷が流れているか想像してみてください

The interior of Greenland is to the right.//

グリーランド内陸は右側です

It's flowing out to the Atlantic Ocean/ on the left.//

左の大西洋へ向けて流れています

Icebergs,/ many, many, many, many times the size of this building,/ are roaring out/ to sea.//

ビルの何十倍もある氷山が、音を立てて海に落ち込んでいます

We just downloaded these pictures/ a couple weeks ago,/ as you can see.// June 25th,/ monster/ calving events happened.//

2週間前、6月25日に 大規模な崩壊現場の写真を ダウンロードしました

I'll show you/ one of those/ in a second.//

もうすぐご覧に入れます

This glacier has doubled its flow speed/ in the past 15 years.//

過去15年で、氷河の流速が2倍になりました

It now goes at 125 feet/ a day,/ dumping all this ice/ into the ocean.//

一日に40メートル強の氷が、海に流れ落ちています

It tends to go/ in these pulses,/ about every three days,/ but on average,/125 feet/ a day,/ twice the rate/ it did 20 years ago.//

3日おきに、脈動するように落ちて行きますが 平均すると毎日40メートル強で 20年前の倍の速度です

Okay.// We had a team out/ watching this glacier,/ and we recorded the biggest calving event/ that's ever been put on film.//

それで、この氷河を観察するチームが 映像記録史上、最大の崩壊イベントを記録しました

We had/ nine cameras going.//

9台のカメラが回っています

This is/ what a couple of the cameras saw.//

そのうち2台が記録しました

A 400-foot-tall calving face/ breaking off.//

高さ130メートルの氷が剥がれ落ちます

ものすごく巨大な氷山が流れ出していきます

Okay,/ how big was that?// It's hard/ to get it.//

さて、どれくらい大きかったのか? 想像し難いものです

So an illustration again,/ gives you/ a feeling/ for scale.//

イラストをもう一度 規模がわかるでしょう

A mile of retreat/ in 75 minutes/ across the calving face,/ in that particular event,/three miles wide.//

75分で(およそ)1.6キロの後退 この一回の放出で、崩壊幅が4.8キロメートル

The block was three-fifths of a mile deep,/ and/ if you compare the expanse of the calving face/ to the Tower Bridge/ in London,/ about 20 bridges wide.//

ブロックの高さが800メートル 崩壊面の幅をロンドン橋と比べると 橋20個分の長さになります

Or/ if you take an American reference,/ to the U.S.// Capitol Building/ and you pack 3,000 Capitol Buildings/ into that block,/ it would be equivalent/ to/ how large/ that block was.//

アメリカ式に言うと、米国議会議事堂だと 氷塊の中に3000個分 どれくらい巨大がかわかるでしょう

75 minutes.//

たった75分の出来事です

Now/ I've come to the conclusion/ after spending a lot of time/ in this climate change world/ that we don't have a problem of economics,/ technology and public policy.//

さて、気候変動について 長い間学んだ私の結論は 事は経済上、技術上、あるいは政策の問題ではない、ということです

We have a problem of perception.//

問題は「認知」なのです

The policy/ and the economics/ and the technology are serious enough issues,/ but we actually can deal with them.//

政治も経済も技術も十分すぎる問題ですが それは解決することができる

I'm certain/ that we can.//

必ずできるでしょう

But what we have/ is a perception problem/ because not enough people really get it yet.//

しかしここには認知の問題があって 多くの人々は、事の重大さをまだ理解していないのです

You're an elite audience.// You get it.//

こちらの聴衆の皆さんはエリートです だから理解できる

Fortunately,/ a lot of the political leaders/ in the major countries of the world are an elite audience/ that for the most part gets it now.//

幸運にも、世界の主要な諸国の政治指導者の多くは これを理解できるエリートの聞き手です

But we still need to bring/ a lot of people along/ with us.//

しかしもっと多くの人々に仲間になってもらわなくてはなりません

And that's/ where I think organizations/ like TED,/ like the Extreme Ice Survey can have a terrific impact/ on human perception/ and bring us along.//

そのために、TEDのような組織や Extreme Ice Surveyなどが、人間の認知に大きな影響を与え 共に行動するようにできるのです

Because I believe/ we have an opportunity right now.//

なぜなら、まさしく今がチャンスだと思うからです

We are nearly on the edge of a crisis,/ but we still have an opportunity/ to face the greatest challenge of our generation and,/ in fact,/ of our century.//

我々は危機の瀬戸際にいながら それでもこの世代、あるいは今世紀最大の脅威に 立ち向かえる機会があるのです

This is a terrific, terrific call/ to arms to do the right thing/ for ourselves/ and for the future.//

我々と、未来のために 正しいことをするための召集がかかっています

I hope/ that we have the wisdom/ to let the angels of our better nature rise/ to the occasion/ and do/ what needs to be done.// Thank you.//

私たちの英知が、この機に我々の良心を 目覚めさせ、なすべきことをなさしめる事を期待します どうもありがとう

(拍手)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

mutual

『相互の』 お互いに対する

『共通の』;共同の

incomprehension

理解していないこと,無理解

confusion

『混乱』,乱雑(disorder)

(…と…との)混同《+『of』+『名』+『with』+『名』》

当惑,ろうばい

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

unconscious

(一時的に)『意識を失った』,人事不省の

《補語にのみ用いて》(…を)『気付いていない』,知らない《+of+名(doing)》

(動作などが)無意識の,何気なしの

(精神分析で)無意識

aesthetic

美学の;審美的な

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

quantitative

量の,量的な

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

terrific

(大きさ・程度が)ものすごい

恐ろしい

《話》とびきり良い,すばらしい(excellent)

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

merge

〈会社・組織が〉合併する,合体する;(…と)合併する《+『with』+『名』》

(…に)溶け込む,しだいに変わる《+『into』(『in』)+『名』》

〈会社・組織〉‘を'合併する,合体する;(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

photographer

写真をとる人,(特にプロの)写真家

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

firmly

しっかりと

確固として

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

photography

写真術

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

mutability

変わりやすさ

malleability

(金属の)可鍛性

順応性,従順さ

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

carve

…'を'『刻んで作る』,彫る,彫刻する

(食べやすいように)〈肉〉'を'切り分ける

肉を切り分ける

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

Greenland

グリーンランド(北大西洋と北極海の間にある世界最大の島(Kalatdlit Nunat);1979年、デンマークから自治領として独立)

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

canary

〈C〉『カナリア』

(また 『canary yellow』)〈U〉カナリア色,淡黄色

(また 『canary wine』)〈U〉カナリア諸島産ぶどう酒

カナリア色の

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

coal

〈U〉(物質としての)『石炭』;〈C〉(1個の)『石炭』;《複数形で》(燃料用に砕いた)石炭の小塊

〈C〉燃えている燃料;燃えさし

〈船・機関車など〉‘に'石炭を供給する(積み込む)

〈船などが〉石炭を補給する

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

abstract

『抽象的な』

理論的な,観念的な

(美術において)抽象派の

〈U〉抽象

〈C〉抜粋,摘要(summary)

〈C〉抽象美術作品

(いくつかのものから)〈ある概念〉'を'抽象する,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

〈本・スピーチなど〉'を'要約する(summarize),抜粋する

(…から)〈金属など〉'を'抽出する,分離する《+『名』+『from』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

computer

『計算機』;『電子計算機』

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

arctic

『北極の』

極寒の(frigid)

〈U〉《the A-》北極(地方)

《複数形で》《米》(くるぶしの上までくる)防水靴

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

measurable

測ることのできる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

glacier

氷河

retreat

(…から…へ)『退却する』,後退する《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…から…へ)去る,逃げる《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…から…へ)『退却すること』,退散《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》退却の合図

〈C〉(…からの)隠退所,避難所《+『from』+『名』》

shrinking

しりごみする(reluctant);おく病な(timid)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

Antarctica

南極大陸

shrink

〈布などが〉『縮む』

『しりごみする』,ひるむ,避ける

(…に)〈数量・価値などが〉減る,減少する《+『to』+『名』》

(…に)…‘を'縮める,減らす《+『名』+『to』+『名』》

後ずさり,しりごみ

《米俗》精神科医,精神分析医

precipitation

〈U〉突然の大あわて

〈C〉〈U〉(化学で)沈殿物;〈U〉沈殿

〈U〉降雨,降雪;降雨量,降雪量

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

dispute

…‘を'『議論する』,討議する

…‘に'反論する,異議を唱える

(…と)…‘を'めぐって争う,抗争する《+『名』+『with』+『名』》

(人と…について)『議論する』,論争する《+『with』(『against』)+『名』〈人〉+『over』(『on,about,as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

『論争』;口論,けんか

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

tragedy

{C}(人生の不幸を題材とした)悲劇

{U}(演劇部門としての)悲劇

{U}{C}(人生・文学などの)悲劇的要素;悲惨なでき事,惨事

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

enormous

『巨大な』,ばく大な

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

skeptic

懐疑論者,疑い深い人;キリスト教不信仰者,無神論者

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

sediment

《時にa~》沈殿物,かす(dregs)

(岩・石・土砂などの)堆積(たいせき)物

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

manifest

『明白な』,はっきりした(clear)

…‘を'『はっきり表す』(『示す』),表明する・(税関に提出するための船・飛行機の)積み荷目録;乗客名簿・宣言・声明書・檄文・特に,共産党宣言・政策綱領(イギリスの選挙で政党から公表されるもので,具体性を欠く選挙スローガンや公約と異なり,政策の数値目標,実施期限,財源などを明示する)

photographically

写真術によって;写真のように

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

assignment

〈C〉割り当てられた仕事(持ち場,任務);《米》(学校の)宿題

〈U〉(仕事などに)任命する(される)こと,(日時などを)指定すること《+『to』+『名』》

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

progression

〈U〉前進,進行;進歩,進展

〈U〉(でき事などの)連続,連鎖

〈C〉数列

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

custom

〈U〉〈C〉(社会の)『習慣』,『風習』,慣例

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』

〈U〉(客の商人に対する)ひいき,愛顧,引き立て《集合的に》得意先

《複数形で》関税;《the customs》税関

注文で作った,あつらえの

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

bedrock

〈U〉(土壌・小岩片の下の)基盤[岩],床岩,岩盤

〈C〉(一般に)しっかりした基礎,根底

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

drill

〈C〉『きり』,『ドリル』,穴あけ機

〈U〉練兵,教練

〈U〉〈C〉『反復練習』,(系統的な)けいこ

〈U〉〈C〉(事態に処するための)訓練

〈穴〉‘を'『あける』;…‘に'穴をあける

(…を)〈人〉‘に'『繰り返し教え込む』《+『名』〈人〉+『in』+『名』》;(人に)〈物事〉‘を'厳しく訓練して教え込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》

〈兵士〉‘を'教練する

《米俗》〈人〉‘を'撃ち抜く

(きりなどで)貫く,穴をあける

(軍事などの)訓練を受ける,練習する

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

thaw

〈氷・雪などが〉『解ける』《+『out』》

冷えた体が暖かくなる《+out》

《it を主語にして》暖かくなる,氷や雪が解ける気候になる

〈人・態度などが〉打ち解ける,和らぐ

〈氷・凍りついたものなど〉‘を'『解かす』

(氷などが)解けること,雪解け

雪葦けの季節,解氷期

(心が)打ち解けること

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

lapse

『ちょっとした誤り』(失策)

(時の)『経過』《+『of』+『名』》

(道徳的に正しい道を)踏みはずすこと,堕落《+『from』+『名』》

(…への)転落,(…に)陥ること《+『into』+『名』》

(…が)しだいに消滅すること《+『of』+『名』》

(道徳的に正しい道を)踏みはずす《+『from』+『名』》

(ある状態に)陥る,なる《+『into』+『名』(do『ing』)》

消滅する,使われなくなる

(時が)過ぎていく

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

laughter

『笑い』,笑い声

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

nut

『木の実』,堅果(けんか)(クリ・ドングリなど)

(堅果の皮をむいた)中の実,仁(じん)(しばしば食用になる)

(ボトルを留める)『留めねじ』,ナット

(バイオリンなどの)糸受け;毛止め

《話》変人;気違い

《話》あることに熱中する人,ファン,(…)狭

木の実を捜す(拾う)

bolt

『ボルト』(木・鉄板を締め合わせる締めくぎ)

(戸締まりの)『かんぬき』,差し錠

石弓(crossbow)用の短く太い矢

『いなずま』,電光

《単数形で》(突然の)脱走,逃亡

(布・紙の)一巻き《+『of』+『名』》

《米》脱党

〈戸・窓など〉‘に'かんぬきを掛ける;…'を'かんぬきを掛けて閉じ込める

《米》…‘と'関係を絶つ

〈食べ物〉'を'うのみにする,大急ぎで食べる

急に飛び出す,急に駆け出す

まっすぐに

washer

洗う人

洗濯機

座金(ねじの締めをきかすための薄板金)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

hardware

《集合的に》金物類,鉄器類

ハードウエア(電子計算機の機械部分)

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

Alaska

アラスカ州(米国西北端の州;州都はJuneau;{略}AK,Alas.)

Rockies

=Rocky Mountains

Iceland

アイスランド(北大西洋の独立共和国;首都はReykjavik)

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

British Columbia

ブリティッシュコロンビア(カナダ西部,太平洋岸の州;州都Victoria)

Alps

アルプス山脈

Bolivia

ボリビア(南米の共和国;首都は,公式にはLa Paz,行政上はSucre)

undertaking

〈C〉『事業』,企業,仕事

〈C〉約束,保証

〈U〉葬儀屋業

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

ambassador

『大使』

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

White House

ホワイトハウス,白亜館(Washington, D.C.にある米国大統領官邸)

ホワイトハウス当局

senate

(古代ローマの)元老院

《the S-》(米国・カナダ・フランスなどの)『上院』

(大学の)評議会,理事会

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

generous

『気前のよい』;『心が大きい』,『寛容な』

大きい;豊富な,十分な

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

ongoing

進行中の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

graph

グラフ,図表

emblazon

(紋章などで)…‘を'飾る

…‘を'ほめそやす

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

forehead

『額』(ひたい),前額部

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

propaganda

(特定の主義・主張の)『宣伝』;宣伝活動

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

carbon dioxide

二酸化炭素,炭酸ガス

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

basically

基本的に,根本的に;元来は

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

variability

変わりやすいこと,可変性,変動性

fever

〈U〉《しばしばa fever》(身体の異常な)『熱』,発熱

〈U〉『熱病』

〈U〉〈C〉(…に対する)『興奮』,熱狂《+『for』+『名』》

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

Fahrenheit

華氏温度計の,華氏の

華氏温度計[華氏温度計を発明したドイツの物理学者(1686‐1736)の名から]

Celsius

摂氏の(centigrade)

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

remorseless

無慈悲な,無情な

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

crux

最も重要な点

難問,なぞ

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

times

…掛ける

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

anyway

=anyhow

Columbia

コロンビア(米国South Carolina州の州都)

《the ~》コロンビア川(カナダ南西部から米国北西部を流れて太平洋に注ぐ)

《文》アメリカ合衆国

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

calve

〈雌牛が〉子を産む

〈氷河・氷山などが〉一部分離する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

flowing

流れる

流ちょうな

ゆるやにかに垂れた

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

bob

(はかりの)おもり;(振り子の)玉;(釣りの)浮き

(婦人・子供の)断髪;(犬・馬の)切り尾

…'を'断髪にする;〈犬・馬の尾〉'を'ちょん切る

floating

浮かんでいる,浮いている

(生体の組織などが)遊離状態の

流動的な

unstable

(物が)不安定な,ぐらぐらする

情緒不安定な,落ち着のない

(気候・経済などが)安定性のない,不安定な

(化合物が)分解しやすい

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

cliff

(海に臨む)『がけ』,絶壁

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

urban

都市(都会)の

都市に住む

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

feet

footの複数形

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

aerial

《名詞の前にのみ用いて》空気の,大気の

航空の

空中に生長する

(空気のように)希薄な,軽やかな

アンテナ

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

rapidly

『速く』,『すみやかに』

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

probably

『たぶん』,『おそらく』

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

surprised

驚いた,びっくりした

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

deflate

〈タイヤ・気球など〉‘の'空気(ガス)を抜く,'を'すぼませる

〈人〉‘の'自信(誇り,幸せなど)'を'失わせる

〈量・大きさ・程度〉'を'減らす〈通貨〉'を'収縮する

しぼむ,収縮する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

balloon

『気球』,軽気球

(おもちゃの)風船

(気球のように)ふくれる《+『out』(『up』)》

(気球のように)ふくれた

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

ridge

『山の背』,尾根

(動物の)背,背すじ;(畑などの)うね,あぜ

(一般に,うねのような)隆起

〈屋根〉‘に'むねをつける;〈畑など〉‘に'うねをたてる

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

arrow

『矢』

(用途・形などが)矢に似た物;(記号の)矢印(→)

marker

印をつける人(道具)

(ゲームなどの)採点者

目印,目標

trim

(切ったり刈ったりして)…‘の'『形を整える』,‘を'こぎれいにする,手入れする

〈余分なものなど〉‘を'切り取る,摘み取る《+名+off,+off+名》

(…で)…‘を'飾る,‘に'飾りを付ける《+名+with+名》

(航行するために)〈帆〉‘を'調節する,適帆する

(積み荷などを整理して)〈船・飛行機など〉‘の'つり合いを取る

《話》(スポーツなどで)…‘を'完全に負かす,徹底的にやっつける

〈意見・方針など〉‘を'都合のよいように変える

…‘を'削除する,削減する

〈U〉《しばしば》刈り(切り)整えること

〈U〉『整頓』,整備;(心身の)良好な調子

〈U〉装飾;(衣服・ドア・窓などの)縁取り装飾,木造部;(自動車などの)内装,外装

『きちんとした』,整った,こぎれいな,均整のとれた

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

illustration

〈C〉(説明などのための)『例』,実例(example)

〈U〉(実例・図版・表などによる)(…の)説明,例証《+『of』+『名』》

〈C〉『挿絵』,説明図,図版,イラスト

self-respecting

自尊心を持っている,自尊心のある

cheesy

チーズの[ような]

《米俗》安っぽい,低級な

shot

shootの過去・過去分詞

narrate

…‘の'話をする,‘を'物語る,述べる

(ドラマなどで)語り手になる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

deflation

空気(ガス)を抜くこと;収縮

通貨収縮,デフレーション,テレビ

Eiffel Tower

エッフェル塔

Empire State Building

エンパイア ステートビル(ニューヨーク市にある102階の高層ビル)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

outstrip

…‘に'勝る

(競争などで)…‘より'遠くまで(速く)走る

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

October

『10月』({略}『Oct.』)

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

unhealthy

(人が)健康でない,病弱の;健康でないことを示す

(場所・気候などが)健康によくない

道徳上よくない,不健全な

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

bizarre

一風変わった,変な(odd);奇怪な,異様な(grotesque)

fascination

〈U〉魅惑[すること],うっとりした状態

〈C〉引き付ける力

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

unseen

気づかれない,見られていない

目に見えない

下調べしていない,即席の

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

crevasse

氷河の割れ目

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

springtime

春,春季

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

double-decker

二階つきバス(電車);二重甲板の船

二段重ねの(3枚のパンに挾んだ)サンドイッチ

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

terminus

目的,終結

(鉄道・バスの)終点,終着駅

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

photographic

写真の,写真用の

(写真のように)正確な,精密な

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

gallop

〈C〉〈U〉『ギャロップ』(馬などの4本の足が同時に地を離れる全速力の駆け方

〈C〉ギャロップで馬(など)を走らせること

〈馬が〉『ギャロップで駆ける』,〈人が〉馬をギャロップで走らせる

〈人・動物が〉全力疾走する

〈馬など〉‘を'ギャロップで走らせる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

gigantic

『巨大な』,ものすごく大きな(huge)

dome

(半球形の)『丸屋根』,丸天井,ドーム

丸屋根状のもの

…‘に'ドームをつける,‘を'ドームでおおう

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

helicopter

『ヘリコプター』

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

interior

〈U〉(物の)『内部』,内側

〈C〉(海岸や国境から遠い)『浅地』,内陸部

〈U〉《the~》

『内部の』

『奥地の』,内陸部の

Atlantic Ocean

《the ~》『大西洋』

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

roar

〈猛獣などが〉『ほえる』,うなる;〈人が〉『わめく』,どなる

〈人が〉大笑いする

〈雷・大砲・波・風などが〉とどろく,鳴り響く,ゴーゴーいう

〈機械・乗物などが〉ごう音をたてる,ごう音をたてて動く

…‘を'どなって言う,どなるように歌う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(猛獣などの)『ほえ声』,うなり声;(人の)『わめき声』,怒号;大笑い《+『of』+『名』》

(雷・大砲・風・機械などの)『とどろき』,うなり,ゴーゴーいう音《+『of』+『名』》

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

okay

=OK,O.K.

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

expanse

(空・陸・水などの)『広がり』《+『of』+『名』》

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

Capitol

『国会議事堂』;〈C〉《しばしばc-》州会議事堂

(古代ローマの)Jupiterの神殿;その丘

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

economic

『経済の』

『経済学の』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

fortunately

『運よく』,幸いにも

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

opportunity

『機会』,好機

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

angel

『天使』

(美しさ・親切さなどで)天使のような人

守護神,守り神

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画