TED日本語 - ディビッド・R・ダウ: 死刑囚からの教訓

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

殺人の前に何が起きているのでしょうか。死刑判決を減らす方法を探しているうちに、ディビッド・R・ダウが気づいたことがあります。驚くほど多くの死刑囚は、その生い立ちが似ているのです。このトークでは、そもそも殺人が起こらないようにするための思いきった提案が紹介されます。(TEDxAustin にて収録)

Script

2週間前のことです 私はキッチンのテーブルで 妻のカティアと話をしていました 今日 何を話そうかと相談していました 11歳の息子リンカーンは同じテーブルで 算数の宿題をしていました 会話のあいまに ふとリンカーンに目をやって突然 激しい衝撃を覚えました あるクライアントのことを思い出したのです

ウィルと言う名前の男で ノーステキサスの出身でした 彼は父親のことを知るよしもありませんでした 父親は 妊娠中の母親を残して蒸発したのです そこで シングルマザーの家庭で育てられました そういう人は他にもいますが この母親は 妄想型の統合失調症でした 5歳の時 ウィルは包丁で殺されそうになりました

母親は 精神病院に入れられました その後の数年間ウィルは兄と暮らしていましたが 兄は拳銃で胸を撃って自殺しました その後 ウィルは 親戚の家を転々としました そして9歳になる頃にはひとりで生きていました

私は 家族で過ごしていたその朝 息子の姿から気づいたのです この年頃には ウィルはもう2年もひとりで暮らしていたのです 結局 ウィルはギャングのメンバーとなり そして 何件もの 重大犯罪に手を染めました 最も重大な犯罪は 恐ろしい 悲劇的な殺人でした やがてウィルは罪に問われて 死刑を執行されました

でも私が今日 お話ししたいのは 死刑の道義性ではありません もちろんクライアントの死刑について 納得はしていません しかし今日は死刑について これまでとは違う角度から お話ししてみたいと思います 皆さんに 納得して頂けるようなお話をしたいと思います

それが可能だと考える理由は 死刑に関する議論は ある点でひとつに交わり この交差点は 誰もが同意できる重要な点だからです 死刑を強く支持する人も 死刑廃止を強く主張する人も 同意するポイントです そのことを考えてみたいと思います

しかし その前に死刑に至る道筋を 簡単にお話しします それから この20年間に学んだふたつの教訓をお話しします 弁護士として死刑にかかわる 100件以上の案件を担当して学んだことです

死刑に至る物語は4つの章からなる 物語と捉えて下さい 第1章はどれも同じです 悲劇です 始めは殺人? 罪もない人が殺されて そして裁判が行われます 有罪となり死刑が宣告されます その死刑宣告は最終的には 州控訴裁判所も認めます

第2章は複雑な法律上の手続きです 州の人身保護令状請求というものです 第3章はもっと複雑は法律上の手続きで 連邦レベルの人身保護手続きです そして第4章では様々なことが起きます 弁護士が減刑嘆願書を提出する可能性もあります もっと複雑な法廷闘争の可能性もあります もしくは 何もしないかもしれません いずれにせよ 第4章の最後は死刑執行で終わります

私が死刑囚を担当するようになったのは20年以上前です 当時 この物語の2章と4章において 弁護を受ける権利は与えられず 彼らを助ける人はいませんでした 第3章で弁護を受ける権利すら 80年代後半にようやく 与えられたものでした ですから死刑囚の 法律上の手続きを取り扱おうにも ボランティアの弁護士頼みでした 困ったことに 死刑囚の数は 死刑に関心と専門性を有する弁護士の数よりも遥かに多いのです

必然的に 第4章の案件に弁護士が集まるのは無理もないことです 最も緊急性の高い案件であり 被告に対する死刑執行が近いのです うまく行くと クライアントは新たな審理を受けることになります またクライアントが長く生きられる場合もあります ときには数年 ときには数ヶ月

しかしテキサスで1年間に執行される 死刑の件数が大幅に減り続けるという 事態にはなりませんでした 実際 グラフを見ればテキサス州の死刑執行は 90年代の半ば以降スピード化しました 年間の執行数が20人を下回る年は ほんの2?3年だけです

テキサスでは 典型的な件数は平均して 月に2人です 40人近くを執行する年もあります ここ15年間 この人数は特に減ったりしていません その一方で毎年 ほとんど同じ人数を死刑執行しているのに 一年間に死刑の判決を受ける人数は 比較的急速に 減ってきています

矛盾が生じています 年間に処刑される人数は多いのに 新たな死刑判決の数は減っているのです なぜでしょう 殺人事件の割合が減ったからではありません 実際 このグラフの 赤線のように急速には減っていないのです その代わりにこんなことが起きたのでした 陪審が仮出所のない終身刑を 選び始めたのです 処刑台に送る代わりにです

どうしてこうなったのでしょう 死刑への支持基盤が失われたからではありません テキサスでの死刑賛成派の割合は過去最低となり 死刑反対派は大いに喜んでいます 過去最低とはどういう意味かわかりますか? 60パーセント前半ということです 賛成派が80パーセントを越えていた 80年代中頃に比べると大幅前進です 死刑判決よりも仮出所なし終身刑が選ばれる理由は 死刑に対する支持が失われたからではありません 未だに死刑は支持されているからです

では何が起きてこうなっているのでしょう 実は 死刑囚の 弁護を行う弁護士たちは 死刑へのストーリーの早い段階に力を注ぐようになったのです

25年前は第4章に注力していました 25年前の第4章から80年代後半には 第3章に移り 80年代後半の第3章から90年代中頃には第2章に移りました 90年代中頃から後半には 第1章が注力されるようになったのです

死刑の減少と終身刑の増加については 評価は分かれるでしょう 今日はその話はしません お話ししたいことは こうなった理由です 事案に介入するのが早ければ早いほど クライアントの命を助けられる見込みが高いことに 死刑囚の弁護士が気づいたためなのです これが学んだことのひとつ目です

次は2つ目です クライアントのウィルにもあてはまる 法則があります まさに法則どおりの展開でした こんな話をすることがあります 死刑囚の名前を教えてくれたら 彼の状態にかかわらず 面会したことの有無にかかわらず 彼の生い立ちを描いてみせましょう 十中八九 その生い立ちの記述は 細部さえも多少なりとも重なり合っているのです

なぜなら 80パーセントの死刑囚は ウィルのように崩壊した家庭に生まれているのです 死刑囚の80パーセントは 少年司法制度に 関わった経歴を有しています これが私の学んだ 2つ目の教訓でした

さて今まさに 誰もが同意するであろう点に 近づいてきました ウィルの処刑について 会場の皆さんの意見は一致しないでしょう でも彼のストーリーの最良のバージョンでは そもそも殺人が起こりません このことについては 誰もが同意するでしょう どうすればそうできるのか?

2週間前 息子のリンカーンが取り組んでいた数学の問題は 大きくてやっかいな問題でした 大きくて難しいこの手の問題を解くために どうやって問題を小さく分解するかを勉強していました 物理や数学では普通のこのやり方は 社会問題にも使われます 問題を小さくわけて扱いやすくするのです でもアイゼンハワーも言っているように ときには 問題を大きく捉えることで 解決することもあるのです

この問題を解決する方法は 死刑の問題をさらに大きく捉えることです こう語るべきなのです 死刑のストーリーは 4章からなっていますが このストーリーの始まる前は 何が起きているのだろうか どうすれば 殺人が起きる前に 殺人犯の人生に介入できるでしょうか? 道を外れ 後に最悪の結果をもたらす 人物にどんな方法で働きかけたら 良いでしょう 最悪の結果とは 死刑賛成派も死刑反対派も 同様に避けたいと考える結果 ? それはすなわち それはすなわち 罪なき人が殺されることです

ロケット科学という 言葉を聞いたことが あるでしょう ロケット科学という本当に複雑なものに比べたら 話題にしている課題なんて本当に単純だというときに使う言葉です ロケット科学では ロケットエンジンが生みだす推進力の 数学的な表現を扱うからです 今日 お話ししていることは 同じように込み入った話です 今日 お話ししていることもまた 「ロケット科学」です

クライアントのウィルにも 80パーセントの死刑囚にも 死刑に連なる四章のストーリーの その前の人生には 五つの章がありました この五章こそが介入すべき時期であり 我々の社会が彼らの人生に介入して 彼らの歩む道筋から逸れさせるべきポイントです その道筋は死刑賛成派も死刑反対派も 同様に避けたいと考える 最悪の結果への道筋です

五つの章の間それぞれに? 母親が彼を身ごもっていた時期 幼児期 小学校に通っていた時期 中高生の時期 そして少年司法で処置されている時期これら五つの時期に 社会ができるいろいろなことがありました 実際 考えてみるだけでも 五章のそれぞれに五種類ずつの異なった 社会的な介入の仕方があり それを好きなように組み合わせることで 3000以上の戦略があるのです それを選んでウィルのような子どもの 歩む道筋を変えさせるのです

今この場で 解決策を手にしているわけではありません 現実にこれから学ぶべきことは多いですが 多くのことを全く知らないわけでもありません 他州での経験もあります 介入の仕方には幅広いやり方があり それをテキサスなど未適用の州でも使って 誰もが最悪と考える結果を予防できるのです

幾つか例を挙げましょう 司法制度の改革の話ではありません その話は弁護士と裁判官が集まったところで話すべきでしょう 代わりに皆さんの助けを得て達成しうる 幾つかの介入の仕方について語ります その介入の仕方は 議員や政策当局が ?納税者や市民がそうすべきだと同意して 税金を使おうとするときに 登場する介入の仕方だからです

経済面やその他の理由で困っている 小さな子どもへのケアの提供があります それは無償でできます 我々の道筋から外れたウィルのような子どもの進路を変えられます こういうことをしている州もありますが 我が州は違います

特別な支援をする学校を高校や中学課程や さらには小学校課程でも設置できます とりわけ 経済などで困っている子どもや そして少年司法に 関わる子どもの支援を目指すのです 両手に余る州でこの支援は実施中ですが テキサスではまだです

できることは他にもあります たくさんありますが これから言おうとしていることは 今日の話の中で議論を呼ぶポイントでしょう さらに積極的な介入として 危険なほどに崩壊した家庭に対して 介入して 母親が肉切り包丁を手にして 殺してやると口にする前に 子どもを救出するのです もしそれを行うとすれば 子どもたちの受け入れ場所が必要でしょう

これらの全てを実施しても 網をくぐって 殺人の章の前まで行く者もいるでしょう 彼らは少年司法の場にたどり着きます もしそうなったとしても まだ間に合います 道筋を改めさせる時間が残されています 単に罰することだけを考えるのではなく 道を改めることを考えましょう

北東部のエール大とメリーランド大に二人の教授がいます 彼らは少年刑務所に 付属の学校を設立しました 少年達は刑務所にいながら 8時から4時過ぎまで学校に行きます 実現は困難でした 刑務所内で教える教師の採用 学校で働く人と刑務所の監督官との 厳格な分離 さらに新たなカリキュラム編成の必要もありました なぜか? 刑務所に出入りする人の動きは学期と関係ないのです こんな問題すべてに対処したのです

これらのこと全てに共通することは何でしょう 全てに共通して費用がかかるのです ここにいる中で年上の方は 昔のオイルフィルターのコマーシャルを覚えているかもしれません こんなセリフです 「今払わなくても いずれ払うお金です」 死刑制度というのは 後でお金を払わせる やり方です

大事なことは 経済的理由などで困っている児童の支援に 早い時期に1万5千ドル使うたびに 早い時期に1万5千ドル使うたびに ずっと将来の犯罪に関わる費用を8万ドル削減できるのです 道徳的な義務に基づき実施すべき という点に同意が得られなくても 経済的にも意義があることです

ウィルと交わした最後の会話のことをお話しします 死刑執行される予定の日に 私たちは話をしていました 彼の事案には やり残しはなく 私たちは彼の人生について話しました 最初はほとんど知らない父親の話 もう故人でした それから母親のこと 彼のよく知る母親は まだ生きていました

私は言いました 「話は知っています 記録を読んだから お母さんに殺されそうになったことも」 「ずっと不思議に思っていたけれど そのことを本当に覚えていますか?」 「5才頃のことなど 私自身は何も覚えていない 誰かに聞いた話を覚えていませんか?」

彼は私を見つめて身を乗り出して言いました 「教授」?12年の付き合いを通して教授と呼ばれていました 「教授 バカにするつもりはまったくないのですが でも 自分よりも大きな 肉切り包丁を手にした母親が 殺してやると叫びながら家中を追いかけてきて トイレに閉じこもって鍵をかけて 大声で叫び続けて警官に助けられたら」 私を見て続けます 「忘れられるものではありません」

ひとつ 覚えておいて欲しいことがあります 今朝ここに着いた時から昼休みまでの間に アメリカでは4件の殺人が 発生しています 相当の社会的なエネルギーをこういう犯罪者に つぎ込んでいくことになります 悪人を罰することは妥当なことです しかしそのうち3件は予防できるものなのです

広い視野で捉え もっと早いフェーズに注意をはらうことにすれば 死刑に連なる4章は 冒頭の判決文すら 不要になります ありがとうございました (拍手)

Two weeks ago, I was sitting at the kitchen table with my wife Katya, and we were talking about what I was gon na talk about today. We have an 11-year-old son; his name is Lincoln. He was sitting at the same table doing his math homework. And during a pause in my conversation with Katya, I looked over at Lincoln and I was suddenly thunderstruck by a recollection of a client of mine.

My client was a guy named Will. He was from North Texas. He never knew his father very well, because his father left his mom while she was pregnant with him. And so, he was destined to be raised by a single mom, which might have been all right except that this particular single mom was a paranoid schizophrenic, and when Will was five years old shetried to kill him with a butcher knife.

She was taken away by authorities and placed in apsychiatric hospital, and so for the next several years Willlived with his older brother until he committed suicide by shootinghimself through the heart. And after that Will bounced around from one familymember to another, until, by the time he was nine years old, he was essentially living on his own.

That morning that I was sitting withKatya and Lincoln, I looked at my son, and I realized that when my client, Will, was his age, he'd been living by himself for two years. Will eventually joined a gang and committed a number of very serious crimes, including, most seriously of all, a horrible, tragic murder. And Will was ultimately executed as punishment for that crime.

But I don't want to talk today about the morality of capital punishment. I certainly think that my client shouldn't have been executed, but what I would like to do today instead is talk about the death penalty in a way I've never done before, in a way that is entirely noncontroversial.

I think that's possible, because there is a corner of the death penalty debate -- maybe the most important corner -- where everybody agrees, where the most ardent death penalty supporters and the most vociferous abolitionists are on exactly the same page. That's the corner I want to explore.

Before I do that, though, I want to spend a couple of minutes telling you how a death penalty case unfolds, and then I want to tell you two lessons that I have learned over the last 20 years as a death penalty lawyer, from watching well more than a hundred cases unfold in this way.

You can think of a death penalty case asa story that has four chapters. The first chapter of every case is exactly the same, and it is tragic. It begins with the murder of an innocent human being, and it's followed by a trial where the murderer is convicted and sent to death row, and that death sentence is ultimately upheld by the state appellate court.

The second chapter consists of acomplicated legal proceeding known as a state habeas corpus appeal. The third chapter is an even more complicated legal proceeding known as a federal habeas corpus proceeding. And the fourth chapter is one where a variety of things can happen. The lawyers might file a clemency petition, they might initiate even more complexlitigation, or they might not do anything at all. But that fourth chapter always ends with an execution.

When I started representing death rowinmates more than 20 years ago, people on death row did not have a rightto a lawyer in either the second or the fourth chapter of this story. They were on their own. In fact, it wasn't until the late 1980s that they acquired a right to a lawyer during the third chapter of the story. So what all of these death row inmates had to do was rely on volunteer lawyers to handle their legal proceedings. The problem is that there were way moreguys on death row than there were lawyers who had both the interest and the expertise to work on these cases.

And so inevitably, lawyers drifted to cases that werealready in chapter four -- that makes sense, of course. Those are thecases that are most urgent; those are the guys who are closest to being executed. Some of these lawyers were successful; they managed to get new trials for their clients. Others of them managed to extendthe lives of their clients, sometimes by years, sometimes by months.

But the one thing that didn't happen was that there was never a serious andsustained decline in the number of annual executions in Texas. In fact, as you can see from this graph, from the time that the Texas execution apparatus got efficient in the mid- tolate-1990s, there've only been a couple of years wherethe number of annual executions dipped below 20.

In a typical year in Texas, we're averaging about two people a month. In some years in Texas, we've executedclose to 40 people, and this number has never significantly declined overthe last 15 years. And yet, at the same time that wecontinue to execute about the same number of people everyyear, the number of people who we're sentencingto death on an annual basis has dropped rather steeply.

So we have this paradox, which is that the number of annualexecutions has remained high but the number of new death sentenceshas gone down. Why is that? It can't be attributed to a decline in the murder rate, because the murder rate has not declined nearly so steeply as the red line onthat graph has gone down. What has happened instead is that juries have started to sentencemore and more people to prison for the rest of their lives without thepossibility of parole, rather than sending them to theexecution chamber.

Why has that happened? it hasn't happened because of adissolution of popular support for the death penalty. Death penalty opponents take great solace in the fact that death penalty support in Texas is atan all-time low. Do you know what all-time low in Texasmeans? It means that it's in the low 60 percent. Now that's really good compared to themid 1980s, when it was in excess of 80 percent, but we can't explain the decline indeath sentences and the affinity for life without the possibility of paroleby an erosion of support for the death penalty, because people still support thedeath penalty.

What's happened to cause this phenomenon? What's happened is that lawyers who represent death row inmates haveshifted their focus to earlier and earlier chapters of thedeath penalty story.

So 25 years ago, they focused onchapter four. And they went from chapter four 25 years ago to chapter three in the late 1980s. And they went from chapter three in thelate 1980s to chapter two in the mid-1990s. And beginningin the mid- to late-1990s, they began to focus on chapter one ofthe story.

Now you might think that this decline indeath sentences and the increase in the number of life sentences is a good thingor a bad thing. I don't want to have a conversation about thattoday. All that I want to tell you is that thereason that this has happened is because death penalty lawyers haveunderstood that the earlier you intervene in acase, the greater the likelihood that you'regoing to save your client's life. That's the first thing I've learned.

Here's the second thing I learned: My client Will was not the exception to the rule; he was the rule. I sometimes say, if you tell me the nameof a death row inmate -- doesn't matter what state he's in, doesn't matter if I've ever met him before -- I'll write his biography for you. And eight out of 10 times, the details of that biography will be more or less accurate.

And the reason for that is that 80 percent of the people on death row are people who came from the same sort ofdysfunctional family that Will did. Eighty percent of the people on death row are people who had exposure to the juvenile justice system. That's the second lesson that I've learned.

Now we're right on the cusp of that corner where everybody's going to agree. People in this room might disagree about whether Will should have beenexecuted, but I think everybody would agree that the best possible version of his story would be a story where no murder ever occurs. How do we do that?

When our son Lincoln was working on thatmath problem two weeks ago, it was a big, gnarly problem. And he was learning how, when you have a big old gnarly problem, sometimes the solution is to slice itinto smaller problems. That's what we do for most problems -- inmath and physics, even in social policy -- we slice them into smaller, moremanageable problems. But every once in a while, as Dwight Eisenhower said, the way you solve a problem is to make it bigger.

The way we solve this problem is to make the issue of the deathpenalty bigger. We have to say, all right. We have these four chapters of a death penalty story, but what happens before that story begins? How can we intervene in the life of a murderer before he's a murderer? What options do we have to nudge that person off of the path that is going to lead to a result thateverybody -- death penalty supporters and death penaltyopponents -- still think is a bad result: the murder of an innocent human being?

You know, sometimes people say that something isn't rocket science. And by that, what they mean is rocketscience is really complicated and this problem that we're talkingabout now is really simple. Well that's rocket science; that's the mathematical expression for the thrust created by a rocket. What we're talking about today is just as complicated. What we're talking about today is also rocket science.

My client Will and 80 percent of the people ondeath row had five chapters in their lives that came before the four chapters of the death penaltystory. I think of these five chapters as pointsof intervention, places in their lives when our society could've intervened in their lives andnudged them off of the path that they were on that created a consequence that we all -- death penalty supporters or death penalty opponents -- say was a bad result.

Now, during each of these fivechapters: when his mother was pregnant with him; in his early childhood years; when he was in elementary school; when he was in middle school and then highschool; and when he was in the juvenile justicesystem -- during each of those five chapters, there were a wide variety of things that society could have done. In fact, if we just imagine that there are five different modes ofintervention, the way that society could intervene in each of those five chapters, and we could mix and match them any waywe want, there are 3,000 -- more than 3,000 -- possible strategies that we could embrace in order to nudgekids like Will off of the path that they're on.

So I'm not standing here today with the solution. But the fact that we still have a lot to learn, that doesn't mean that we don't know a lot already. We know from experience in other states that there are a wide variety of modesof intervention that we could be using in Texas, and inevery other state that isn't using them, in order to prevent a consequence that we all agree is bad.

I'll just mention a few. I won't talk today about reforming thelegal system. That's probably a topic that is bestreserved for a room full of lawyers and judges. Instead, let me talk about a couple ofmodes of intervention that we can all help accomplish, because they are modes of interventionthat will come about when legislators and policymakers, when taxpayers and citizens, agree that that's what we ought to bedoing and that's how we ought to be spending our money.

We could be providing early childhood care for economically disadvantaged andotherwise troubled kids, and we could be doing it for free. And we could be nudging kids like Willoff of the path that we're on. There are other states that do that, but we don't.

We could be providing special schools, atboth the high school level and the middle school level, but even in K-5, that target economically and otherwisedisadvantaged kids, and particularly kids who have had exposure to the juvenile justice system. There are a handful of states that do that; Texas doesn't.

There's one other thing we can be doing -- well, there are a bunch of other things that we could be doing -- there's one other thing that we could be doing that I'm going to mention, and this isgonna be the only controversial thing that I say today. We could be intervening much more aggressively into dangerously dysfunctional homes, and getting kids out of them before their moms pick up butcher knivesand threaten to kill them. If we're gon na do that, we need a place to put them.

Even if we do all of those things, somekids are going to fall through the cracks and they're going to end up in that lastchapter before the murder story begins, they're going to end up in the juvenilejustice system. And even if that happens, it's not yet too late. There's still time to nudge them, if we think about nudging them rather than just punishing them.

There are two professors in the Northeast -- one at Yale and one at Maryland -- they set up a school that is attached to a juvenile prison. And the kids are in prison, but they goto school from eight in the morning until four in the afternoon. Now, it was logistically difficult. They had to recruit teachers who wanted to teach inside a prison, they had to establish strict separation between the people who workat the school and the prison authorities, and most dauntingly of all, they neededto invent a new curriculum because you know what? People don't come into and out of prisonon a semester basis. But they did all those things.

Now what do all of these things have in common? What all of these things have in commonis that they cost money. Some of the people in the room might beold enough to remember the guy on the old oil filter commercial. He used to say, "Well, you can pay me now or you can pay me later." What we're doing in the death penalty system is we're paying later.

But the thing is that for every 15,000 dollarsthat we spend intervening in the lives of economically andotherwise disadvantaged kids in those earlier chapters, we save 80,000 dollars in crime-related costs down the road. Even if you don't agree that there's a moral imperative that we do it, it just makes economic sense.

I want to tell you about the last conversation thatI had with Will. It was the day that he was going to be executed, and we were just talking. There was nothing left to do in his case. And we were talking about his life. And he was talking first about his dad, who he hardly knew, who had died, and then about his mom, who he did know, who is still alive.

And I said to him, "I know the story. I've read the records. I know that she tried to kill you." I said, "But I've always wondered whether youreally actually remember that." I said, "I don't remember anything from when I was five years old. Maybe you just remember somebody telling you."

And he looked at me and he leaned forward, and he said, "Professor," -- he'd known me for12 years, he still called me Professor. He said, "Professor, I don't mean anydisrespect by this, but when your mama picks up a butcher knife that looks biggerthan you are, and chases you through the housescreaming she's gon na kill you, and you have to lock yourself in thebathroom and lean against the door and holler for help until the police getthere," he looked at me and he said, "that's something you don't forget."

I hope there's one thing you all won't forget: In between the time you arrived herethis morning and the time we break for lunch, there are going to be four homicides in the United States. We're going to devote enormous socialresources to punishing the people who commit those crimes, and that'sappropriate, because we should punish people who do bad things. But three of those crimes arepreventable.

If we make the picture bigger and devote our attention to theearlier chapters, then we're never going to write thefirst sentence that begins the death penalty story. Thank you. (Applause)

Two weeks ago,/ I was sitting at the kitchen table/ with my wife Katya,/ and we were talking about what I was gon na talk/ about today.//

2週間前のことです 私はキッチンのテーブルで 妻のカティアと話をしていました 今日 何を話そうかと相談していました

We have an 11-year-old son;/ his name is Lincoln.// He was sitting at the same table/ doing his math homework.//

11歳の息子リンカーンは同じテーブルで 算数の宿題をしていました

And/ during a pause/ in my conversation/ with Katya,/ I looked over/ at Lincoln/ and I was suddenly thunderstruck by a recollection of a client of mine.//

会話のあいまに ふとリンカーンに目をやって突然 激しい衝撃を覚えました あるクライアントのことを思い出したのです

My client was a guy named Will.//

ウィルと言う名前の男で

He was from North Texas.//

ノーステキサスの出身でした

He never knew his father very well,/ because his father left his mom/ while she was pregnant/ with him.//

彼は父親のことを知るよしもありませんでした 父親は 妊娠中の母親を残して蒸発したのです

And so,/ he was destined to be raised by a single mom,/ which might have been all right except/ that this particular single mom was a paranoid schizophrenic,/ and when Will was five years old shetried to kill/ him/ with a butcher knife.//

そこで シングルマザーの家庭で育てられました そういう人は他にもいますが この母親は 妄想型の統合失調症でした 5歳の時 ウィルは包丁で殺されそうになりました

She was taken away/ by authorities/ and placed in apsychiatric hospital,/ and so/ for the next several years Willlived with his older brother/ until he committed suicide/ by shootinghimself/ through the heart.//

母親は 精神病院に入れられました その後の数年間ウィルは兄と暮らしていましたが 兄は拳銃で胸を撃って自殺しました

And after that Will bounced around/ from one familymember/ to another,/ until,/ by the time/ he was nine years old,/ he was essentially living on his own.//

その後 ウィルは 親戚の家を転々としました そして9歳になる頃にはひとりで生きていました

That morning/ that I was sitting withKatya and Lincoln,/ I looked at my son,/ and I realized/ that/ when my client,/ Will,/ was his age,/ he'd been living by himself/ for two years.//

私は 家族で過ごしていたその朝 息子の姿から気づいたのです この年頃には ウィルはもう2年もひとりで暮らしていたのです

Will eventually joined a gang/ and committed a number of very serious crimes,/ including,/ most seriously of all,/ a horrible, tragic murder.//

結局 ウィルはギャングのメンバーとなり そして 何件もの 重大犯罪に手を染めました 最も重大な犯罪は 恐ろしい 悲劇的な殺人でした

And Will was ultimately executed as punishment/ for that crime.//

やがてウィルは罪に問われて 死刑を執行されました

But I don't want to talk/ today/ about the morality of capital punishment.// I certainly think/ that my client shouldn't have been executed,/ but what I would like to do/ today instead is talk/ about the death penalty/ in a way/ I've never done before,/ in a way/ that is entirely noncontroversial.//

でも私が今日 お話ししたいのは 死刑の道義性ではありません もちろんクライアントの死刑について 納得はしていません しかし今日は死刑について これまでとは違う角度から お話ししてみたいと思います 皆さんに 納得して頂けるようなお話をしたいと思います

I think/ that's possible,/ because there is a corner of the death penalty debate --/ maybe/ the most important corner --/ where everybody agrees,/ where the most ardent death penalty supporters/ and the most vociferous abolitionists are on exactly the same page.//

それが可能だと考える理由は 死刑に関する議論は ある点でひとつに交わり この交差点は 誰もが同意できる重要な点だからです 死刑を強く支持する人も 死刑廃止を強く主張する人も 同意するポイントです

That's the corner/ I want to explore.//

そのことを考えてみたいと思います

Before I do that,/ though,/ I want to spend/ a couple of minutes/ telling you/ how a death penalty case unfolds,/ and then/ I want to tell/ you/ two lessons/ that I have learned over the last 20 years/ as a death penalty lawyer,/ from watching well more/ than a hundred cases unfold/ in this way.//

しかし その前に死刑に至る道筋を 簡単にお話しします それから この20年間に学んだふたつの教訓をお話しします 弁護士として死刑にかかわる 100件以上の案件を担当して学んだことです

You can think of a death penalty case asa story/ that has four chapters.//

死刑に至る物語は4つの章からなる 物語と捉えて下さい

The first chapter of every case is exactly the same,/ and it is tragic.//

第1章はどれも同じです 悲劇です

It begins with the murder of an innocent human being,/ and it's followed by a trial/ where the murderer is convicted/ and sent to death row,/ and/ that death sentence is ultimately upheld by the state appellate court.//

始めは殺人? 罪もない人が殺されて そして裁判が行われます 有罪となり死刑が宣告されます その死刑宣告は最終的には 州控訴裁判所も認めます

The second chapter consists of acomplicated legal proceeding known as a state habeas corpus appeal.//

第2章は複雑な法律上の手続きです 州の人身保護令状請求というものです

第3章はもっと複雑は法律上の手続きで 連邦レベルの人身保護手続きです

And the fourth chapter is one/ where a variety of things can happen.// The lawyers might file a clemency petition,/ they might initiate even more complexlitigation,/ or they might not do anything/ at all.//

そして第4章では様々なことが起きます 弁護士が減刑嘆願書を提出する可能性もあります もっと複雑な法廷闘争の可能性もあります もしくは 何もしないかもしれません

But/ that fourth chapter always ends with an execution.//

いずれにせよ 第4章の最後は死刑執行で終わります

When I started representing/ death rowinmates/ more than 20 years ago,/ people/ on death row did not have a rightto/ a lawyer/ in either the second or the fourth chapter of this story.//

私が死刑囚を担当するようになったのは20年以上前です 当時 この物語の2章と4章において 弁護を受ける権利は与えられず

They were on their own.//

彼らを助ける人はいませんでした

In fact,/ it wasn't/ until the late 1980s/ that they acquired a right/ to a lawyer/ during the third chapter of the story.//

第3章で弁護を受ける権利すら 80年代後半にようやく 与えられたものでした

So/ what all of these death row inmates had to do/ was rely on volunteer lawyers/ to handle their legal proceedings.//

ですから死刑囚の 法律上の手続きを取り扱おうにも ボランティアの弁護士頼みでした

The problem is/ that there were way moreguys/ on death row/ than there were lawyers/ who had/ both the interest/ and the expertise/ to work on these cases.//

困ったことに 死刑囚の数は 死刑に関心と専門性を有する弁護士の数よりも遥かに多いのです

And so inevitably,/ lawyers drifted to cases/ that werealready/ in chapter four --/ that makes sense,/ of course.// Those are thecases/ that are most urgent;/ those are the guys/ who are closest/ to being executed.//

必然的に 第4章の案件に弁護士が集まるのは無理もないことです 最も緊急性の高い案件であり 被告に対する死刑執行が近いのです

Some of these lawyers were successful;/ they managed to get/ new trials/ for their clients.//

うまく行くと クライアントは新たな審理を受けることになります

Others of them managed to extendthe/ lives of their clients,/ sometimes/ by years,/ sometimes/ by months.//

またクライアントが長く生きられる場合もあります ときには数年 ときには数ヶ月

But the one thing/ that didn't happen/ was/ that there was never a serious andsustained decline/ in the number of annual executions/ in Texas.//

しかしテキサスで1年間に執行される 死刑の件数が大幅に減り続けるという 事態にはなりませんでした

In fact,/ as you can see from this graph,/ from the time/ that the Texas execution apparatus got efficient/ in the mid- tolate-1990s,/ there've only been a couple of years/ wherethe number of annual executions dipped below 20.//

実際 グラフを見ればテキサス州の死刑執行は 90年代の半ば以降スピード化しました 年間の執行数が20人を下回る年は ほんの2?3年だけです

In a typical year/ in Texas,/ we're averaging/ about two people/ a month.//

テキサスでは 典型的な件数は平均して 月に2人です

In some years/ in Texas,/ we've executedclose to 40 people,/ and this number has never significantly declined overthe last 15 years.//

40人近くを執行する年もあります ここ15年間 この人数は特に減ったりしていません

And yet,/ at the same time/ that wecontinue to execute/ about the same number of people everyyear,/ the number of people/ who we're sentencingto death/ on an annual basis has dropped rather steeply.//

その一方で毎年 ほとんど同じ人数を死刑執行しているのに 一年間に死刑の判決を受ける人数は 比較的急速に 減ってきています

So we have this paradox,/ which is/ that the number of annualexecutions has remained high/ but the number of new death sentenceshas gone down.//

矛盾が生じています 年間に処刑される人数は多いのに 新たな死刑判決の数は減っているのです

Why is that?//

なぜでしょう

It can't be attributed to a decline/ in the murder rate,/ because the murder rate has not declined nearly so steeply/ as the red line/ onthat graph has gone down.//

殺人事件の割合が減ったからではありません 実際 このグラフの 赤線のように急速には減っていないのです

What has happened/ instead is/ that juries have started to sentencemore and more people/ to prison/ for the rest of their lives/ without thepossibility of parole,/ rather than sending them/ to theexecution chamber.//

その代わりにこんなことが起きたのでした 陪審が仮出所のない終身刑を 選び始めたのです 処刑台に送る代わりにです

Why has that happened?//

どうしてこうなったのでしょう

it hasn't happened because of adissolution of popular support/ for the death penalty.// Death penalty opponents take great solace/ in the fact/ that death penalty support/ in Texas is atan all-time low.//

死刑への支持基盤が失われたからではありません テキサスでの死刑賛成派の割合は過去最低となり 死刑反対派は大いに喜んでいます

Do you know/ what all-time low/ in Texasmeans?//

過去最低とはどういう意味かわかりますか?

It means/ that it's in the low 60 percent.//

60パーセント前半ということです

Now/ that's really good compared to themid/ 1980s,/ when it was in excess of 80 percent,/ but we can't explain the decline indeath sentences and the affinity/ for life/ without the possibility of paroleby/ an erosion of support/ for the death penalty,/ because people still support thedeath penalty.//

賛成派が80パーセントを越えていた 80年代中頃に比べると大幅前進です 死刑判決よりも仮出所なし終身刑が選ばれる理由は 死刑に対する支持が失われたからではありません 未だに死刑は支持されているからです

What's happened to cause/ this phenomenon?//

では何が起きてこうなっているのでしょう

What's happened/ is/ that lawyers/ who represent death row inmates haveshifted their focus/ to earlier and earlier chapters of thedeath penalty story.//

実は 死刑囚の 弁護を行う弁護士たちは 死刑へのストーリーの早い段階に力を注ぐようになったのです

So 25 years ago,/ they focused onchapter four.//

25年前は第4章に注力していました

And they went from chapter/ four 25 years ago/ to chapter three/ in the late 1980s.//

25年前の第4章から80年代後半には 第3章に移り

And they went from chapter three/ in thelate 1980s/ to chapter two/ in the mid-1990s.// And beginningin the mid-/ to late-1990s,/ they began to focus/ on chapter one ofthe story.//

80年代後半の第3章から90年代中頃には第2章に移りました 90年代中頃から後半には 第1章が注力されるようになったのです

Now/ you might think/ that this decline indeath sentences/ and the increase/ in the number of life sentences is a good thingor/ a bad thing.//

死刑の減少と終身刑の増加については 評価は分かれるでしょう

I don't want to have/ a conversation/ about thattoday.//

今日はその話はしません

All/ that I want to tell/ you is/ that thereason/ that this has happened is/ because death penalty lawyers haveunderstood/ that the earlier you intervene/ in acase,/ the greater/ the likelihood/ that you'regoing to save your client's life.//

お話ししたいことは こうなった理由です 事案に介入するのが早ければ早いほど クライアントの命を助けられる見込みが高いことに 死刑囚の弁護士が気づいたためなのです

That's the first thing/ I've learned.//

これが学んだことのひとつ目です

Here's the second thing/ I learned:/ My client Will was not the exception/ to the rule;/ he was the rule.//

次は2つ目です クライアントのウィルにもあてはまる 法則があります まさに法則どおりの展開でした

I sometimes say,/ if you tell me/ the nameof/ a death row inmate --/ doesn't matter/ what state/ he's in,/ doesn't matter/ if I've ever met him before --/ I'll write his biography/ for you.//

こんな話をすることがあります 死刑囚の名前を教えてくれたら 彼の状態にかかわらず 面会したことの有無にかかわらず 彼の生い立ちを描いてみせましょう

And eight out of 10 times,/ the details of that biography will be more or/ less accurate.//

十中八九 その生い立ちの記述は 細部さえも多少なりとも重なり合っているのです

And the reason/ for that is/ that 80 percent of the people/ on death row are people/ who came from the same sort ofdysfunctional family/ that Will did.//

なぜなら 80パーセントの死刑囚は ウィルのように崩壊した家庭に生まれているのです

Eighty percent of the people/ on death row are people/ who had exposure/ to the juvenile justice system.//

死刑囚の80パーセントは 少年司法制度に 関わった経歴を有しています

That's the second lesson/ that I've learned.//

これが私の学んだ 2つ目の教訓でした

Now/ we're right/ on the cusp of that corner/ where everybody's going to agree.//

さて今まさに 誰もが同意するであろう点に 近づいてきました

People/ in this room might disagree about whether Will should have beenexecuted,/ but I think/ everybody would agree/ that the best possible version of his story would be a story/ where no murder ever occurs.//

ウィルの処刑について 会場の皆さんの意見は一致しないでしょう でも彼のストーリーの最良のバージョンでは そもそも殺人が起こりません このことについては 誰もが同意するでしょう

How do we do that?//

どうすればそうできるのか?

When our son Lincoln was working on thatmath problem/ two weeks ago,/ it was a big, gnarly problem.//

2週間前 息子のリンカーンが取り組んでいた数学の問題は 大きくてやっかいな問題でした

And he was learning/ how,/ when you have a big old gnarly problem,/ sometimes/ the solution is to slice itinto smaller problems.//

大きくて難しいこの手の問題を解くために どうやって問題を小さく分解するかを勉強していました

That's/ what we do for most problems --/ inmath and physics,/ even/ in social policy --/ we slice them/ into smaller, moremanageable problems.//

物理や数学では普通のこのやり方は 社会問題にも使われます 問題を小さくわけて扱いやすくするのです

But every once/ in a while,/ as Dwight Eisenhower said,/ the way/ you solve/ a problem is to make it bigger.//

でもアイゼンハワーも言っているように ときには 問題を大きく捉えることで 解決することもあるのです

The way/ we solve/ this problem is to make the issue of the deathpenalty bigger.//

この問題を解決する方法は 死刑の問題をさらに大きく捉えることです

We have to say,/ all right.//

こう語るべきなのです

We have these four chapters of a death penalty story,/ but what happens before that story begins?//

死刑のストーリーは 4章からなっていますが このストーリーの始まる前は 何が起きているのだろうか

How can we intervene in the life of a murderer/ before he's a murderer?//

どうすれば 殺人が起きる前に 殺人犯の人生に介入できるでしょうか?

What options do/ we have to nudge/ that person/ off of the path/ that is going to lead/ to a result thateverybody --/ death penalty supporters and death penaltyopponents --/ still think/ is a bad result:/ the murder of an innocent human being?//

道を外れ 後に最悪の結果をもたらす 人物にどんな方法で働きかけたら 良いでしょう 最悪の結果とは 死刑賛成派も死刑反対派も 同様に避けたいと考える結果 ? それはすなわち それはすなわち 罪なき人が殺されることです

You know,/ sometimes/ people say/ that something isn't rocket science.//

ロケット科学という 言葉を聞いたことが あるでしょう

And/ by that,/ what they mean/ is rocketscience is really complicated/ and this problem/ that we're talkingabout now is really simple.//

ロケット科学という本当に複雑なものに比べたら 話題にしている課題なんて本当に単純だというときに使う言葉です

Well/ that's rocket science;/ that's the mathematical expression/ for the thrust created by a rocket.//

ロケット科学では ロケットエンジンが生みだす推進力の 数学的な表現を扱うからです

What we're talking/ about today is just/ as complicated.//

今日 お話ししていることは 同じように込み入った話です

What we're talking/ about today is also rocket science.//

今日 お話ししていることもまた 「ロケット科学」です

My client Will/ and 80 percent of the people ondeath row had five chapters/ in their lives/ that came/ before the four chapters of the death penaltystory.//

クライアントのウィルにも 80パーセントの死刑囚にも 死刑に連なる四章のストーリーの その前の人生には 五つの章がありました

I think of these five chapters/ as pointsof intervention,/ places/ in their lives/ when our society could've intervened in their lives andnudged them off of the path/ that they were on that created a consequence/ that we all --/ death penalty supporters or death penalty opponents --/ say/ was a bad result.//

この五章こそが介入すべき時期であり 我々の社会が彼らの人生に介入して 彼らの歩む道筋から逸れさせるべきポイントです その道筋は死刑賛成派も死刑反対派も 同様に避けたいと考える 最悪の結果への道筋です

Now,/ during each of these fivechapters:/ when his mother was pregnant/ with him;/ in his early childhood years;/ when he was in elementary school;/ when he was in middle school/ and then/ highschool;/ and when he was in the juvenile justicesystem --/ during each of those five chapters,/ there were a wide variety of things/ that society could have done.//

五つの章の間それぞれに? 母親が彼を身ごもっていた時期 幼児期 小学校に通っていた時期 中高生の時期 そして少年司法で処置されている時期これら五つの時期に 社会ができるいろいろなことがありました

In fact,/ if we just imagine/ that there are five different modes ofintervention,/ the way/ that society could intervene in each of those five chapters,/ and we could mix/ and match them/ any waywe want,/ there are 3,000 --/ more than 3,000 --/ possible strategies/ that we could embrace/ in order to nudgekids/ like Will off of the path/ that they're on.//

実際 考えてみるだけでも 五章のそれぞれに五種類ずつの異なった 社会的な介入の仕方があり それを好きなように組み合わせることで 3000以上の戦略があるのです それを選んでウィルのような子どもの 歩む道筋を変えさせるのです

So I'm not standing/ here/ today/ with the solution.//

今この場で 解決策を手にしているわけではありません

But the fact/ that we still have a lot/ to learn,/ that doesn't mean/ that we don't know a lot/ already.//

現実にこれから学ぶべきことは多いですが 多くのことを全く知らないわけでもありません

We know from experience/ in other states/ that there are a wide variety of modesof intervention/ that we could be using in Texas,/ and inevery other state/ that isn't using them,/ in order to prevent a consequence/ that we/ all agree/ is bad.//

他州での経験もあります 介入の仕方には幅広いやり方があり それをテキサスなど未適用の州でも使って 誰もが最悪と考える結果を予防できるのです

I'll just mention a few.//

幾つか例を挙げましょう

I won't talk today/ about reforming thelegal system.//

司法制度の改革の話ではありません

That's probably/ a topic/ that is bestreserved for a room full of lawyers and judges.//

その話は弁護士と裁判官が集まったところで話すべきでしょう

Instead,/ let me/ talk about a couple ofmodes of intervention/ that we can all help accomplish,/ because they are modes of interventionthat will come about when legislators and policymakers,/ when taxpayers and citizens,/ agree/ that that's/ what we ought to bedoing/ and that's/ how we ought to be spending our money.//

代わりに皆さんの助けを得て達成しうる 幾つかの介入の仕方について語ります その介入の仕方は 議員や政策当局が ?納税者や市民がそうすべきだと同意して 税金を使おうとするときに 登場する介入の仕方だからです

We could be providing early childhood care/ for economically disadvantaged andotherwise troubled kids,/ and we could be doing it/ for free.//

経済面やその他の理由で困っている 小さな子どもへのケアの提供があります それは無償でできます

And we could be nudging kids/ like Willoff of the path/ that we're on.//

我々の道筋から外れたウィルのような子どもの進路を変えられます

There are other states/ that do that,/ but we don't.//

こういうことをしている州もありますが 我が州は違います

We could be providing special schools,/ atboth the high school level and the middle school level,/ but even/ in K-5,/ that target economically and otherwisedisadvantaged kids,/ and particularly/ kids/ who have had exposure/ to the juvenile justice system.//

特別な支援をする学校を高校や中学課程や さらには小学校課程でも設置できます とりわけ 経済などで困っている子どもや そして少年司法に 関わる子どもの支援を目指すのです

There are a handful of states/ that do that;/ Texas doesn't.//

両手に余る州でこの支援は実施中ですが テキサスではまだです

There's one other thing/ we can be doing --/ well,/ there are a bunch of other things/ that we could be doing --/ there's one other thing/ that we could be doing that/ I'm going to mention,/ and this isgonna be the only controversial thing/ that I say today.//

できることは他にもあります たくさんありますが これから言おうとしていることは 今日の話の中で議論を呼ぶポイントでしょう

We could be intervening much more aggressively/ into dangerously dysfunctional homes,/ and getting kids/ out of them/ before their moms pick up/ butcher knivesand threaten to kill them.//

さらに積極的な介入として 危険なほどに崩壊した家庭に対して 介入して 母親が肉切り包丁を手にして 殺してやると口にする前に 子どもを救出するのです

If we're gon na do/ that,/ we need a place/ to put them.//

もしそれを行うとすれば 子どもたちの受け入れ場所が必要でしょう

Even if we do all of those things,/ somekids are going to fall/ through the cracks/ and they're going to end up/ in that lastchapter/ before the murder story begins,/ they're going to end up/ in the juvenilejustice system.//

これらの全てを実施しても 網をくぐって 殺人の章の前まで行く者もいるでしょう 彼らは少年司法の場にたどり着きます

And/ even if that happens,/ it's not yet too late.//

もしそうなったとしても まだ間に合います

There's still/ time/ to nudge them,/ if we think about nudging them/ rather than just punishing/ them.//

道筋を改めさせる時間が残されています 単に罰することだけを考えるのではなく 道を改めることを考えましょう

There are two professors/ in the Northeast --/ one/ at Yale and one/ at Maryland --/ they set up/ a school/ that is attached to a juvenile prison.//

北東部のエール大とメリーランド大に二人の教授がいます 彼らは少年刑務所に 付属の学校を設立しました

And the kids are in prison,/ but they goto school/ from eight/ in the morning/ until four/ in the afternoon.//

少年達は刑務所にいながら 8時から4時過ぎまで学校に行きます

Now,/ it was logistically difficult.//

実現は困難でした

They had to recruit/ teachers/ who wanted to teach/ inside a prison,/ they had to establish/ strict separation/ between the people/ who workat the school and the prison authorities,/ and most dauntingly of all,/ they neededto invent a new curriculum/ because you know/ what?//

刑務所内で教える教師の採用 学校で働く人と刑務所の監督官との 厳格な分離 さらに新たなカリキュラム編成の必要もありました なぜか?

People don't come into and/ out of prisonon/ a semester basis.//

刑務所に出入りする人の動きは学期と関係ないのです

But they did all those things.//

こんな問題すべてに対処したのです

Now/ what do all of these things have in common?//

これらのこと全てに共通することは何でしょう

What all of these things have in commonis/ that they cost money.//

全てに共通して費用がかかるのです

Some of the people/ in the room might beold enough/ to remember the guy/ on the old oil filter commercial.//

ここにいる中で年上の方は 昔のオイルフィルターのコマーシャルを覚えているかもしれません

He used to say,/ "Well,/ you can pay me now/ or you can pay me later."//

こんなセリフです 「今払わなくても いずれ払うお金です」

What we're doing/ in the death penalty system is we're paying later.//

死刑制度というのは 後でお金を払わせる やり方です

But the thing is/ that for every 15,000/ dollarsthat we spend intervening/ in the lives of economically andotherwise disadvantaged/ kids/ in those earlier chapters,/ we save 80,000 dollars/ in crime-related costs/ down the road.//

大事なことは 経済的理由などで困っている児童の支援に 早い時期に1万5千ドル使うたびに 早い時期に1万5千ドル使うたびに ずっと将来の犯罪に関わる費用を8万ドル削減できるのです

Even if you don't agree/ that there's a moral imperative/ that we do it,/ it just makes economic sense.//

道徳的な義務に基づき実施すべき という点に同意が得られなくても 経済的にも意義があることです

I want to tell/ you/ about the last conversation thatI had with Will.//

ウィルと交わした最後の会話のことをお話しします

It was the day/ that he was going to be executed,/ and we were just talking.//

死刑執行される予定の日に 私たちは話をしていました

There was nothing left to do in his case.//

彼の事案には やり残しはなく

And we were talking about his life.//

私たちは彼の人生について話しました

And he was talking first/ about his dad,/ who he hardly knew,/ who had died,/ and then/ about his mom,/ who he did know,/ who is still alive.//

最初はほとんど知らない父親の話 もう故人でした それから母親のこと 彼のよく知る母親は まだ生きていました

And I said to him,/ "I know the story.//

私は言いました 「話は知っています

I've read the records.//

記録を読んだから

I know/ that she tried to kill/ you."//

お母さんに殺されそうになったことも」

I said,/ "But I've always wondered/ whether youreally actually remember that."//

「ずっと不思議に思っていたけれど そのことを本当に覚えていますか?」

I said,/ "I don't remember anything/ from when I was five years old.//

「5才頃のことなど 私自身は何も覚えていない

Maybe/ you just remember somebody/ telling you."//

誰かに聞いた話を覚えていませんか?」

And he looked at me/ and he leaned forward,/ and he said,/ "Professor,/" --/ he'd known me/ for12 years,/ he still called me/ Professor.//

彼は私を見つめて身を乗り出して言いました 「教授」?12年の付き合いを通して教授と呼ばれていました

He said,/ "Professor,/ I don't mean anydisrespect/ by this,/ but when your mama picks up/ a butcher knife/ that looks/ biggerthan you are,/ and chases/ you/ through the housescreaming/ she's gon na kill/ you,/ and you have to lock/ yourself/ in thebathroom/ and lean against the door and holler/ for help/ until the police getthere,/"/ he looked at me and he said,/ "that's something/ you don't forget."//

「教授 バカにするつもりはまったくないのですが でも 自分よりも大きな 肉切り包丁を手にした母親が 殺してやると叫びながら家中を追いかけてきて トイレに閉じこもって鍵をかけて 大声で叫び続けて警官に助けられたら」 私を見て続けます 「忘れられるものではありません」

I hope/ there's one thing/ you/ all won't forget:/ In between the time/ you arrived herethis morning/ and the time/ we break for lunch,/ there are going to be four homicides/ in the United States.//

ひとつ 覚えておいて欲しいことがあります 今朝ここに着いた時から昼休みまでの間に アメリカでは4件の殺人が 発生しています

We're going to devote/ enormous socialresources/ to punishing the people/ who commit those crimes,/ and that'sappropriate,/ because we should punish people/ who do bad things.//

相当の社会的なエネルギーをこういう犯罪者に つぎ込んでいくことになります 悪人を罰することは妥当なことです

But three of those crimes arepreventable.//

しかしそのうち3件は予防できるものなのです

If we make the picture bigger/ and devote our attention/ to theearlier chapters,/ then/ we're never going to write/ thefirst sentence/ that begins the death penalty story.//

広い視野で捉え もっと早いフェーズに注意をはらうことにすれば 死刑に連なる4章は 冒頭の判決文すら 不要になります

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

kitchen

『台所』,調理場

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

Lincoln

リンカン(『Abraham~』;1809‐1865;米国の第16代大統領1861‐65)

Nebraska州の州都

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

suddenly

『突然に』,だしぬけに

thunderstruck

びっくり仰天した

recollection

〈U〉(…を)『思い出すこと』,(…の)記憶《+『of』+『名』》

〈C〉(個々の)思い出

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

mom

=mother

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

pregnant

(比較変化なし)『妊娠している』

《名詞の前にのみ用いて》含みのある

《補語にのみ用いて》(…を)いっぱいに含んだ,はらんだ《+『with』+『名』》

《文》想像(工夫)に富んだ

destine

…‘を'『運命づける』;予定しておく:《『be destined to』 do…する(…になる)運命にある》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

paranoid

偏執病患者の,偏執病患者のような

偏執病患者

schizophrenic

精神分裂症の

精神分裂症患者

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

butcher

家蓄屠殺(とさつ)業者

『肉屋』

虐殺者

《米》(列車内・観覧席の)売り子

〈動物〉'を'屠殺する

〈人〉'を'虐殺する

〈仕事など〉'を'だいなしにする

knife

『ナイフ』,小刀;包丁;短刀

(機械などの)刃

…‘を'ナイフ(短刀)で切る(刺す)

(ナイフで)切るように進む

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

hospital

『病院』

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

bounce

〈ボールなどが〉『はずむ』,はる返る

〈人が〉『はねる』

…'を'『はずませる』,はる返らせる

〈C〉『はね返り』,はずみ

〈U〉『弾力』

〈U〉《話》元気,活気

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

gang

(人の)『一団』,群れ《+『of』+『名』》

(悪人の)一味,ギャング団《+『of』+『名』》

《話》親しい仲間,遊び仲間

《米》(特に他のグループと争う青少年の)非行グループ

〈人〉‘を'一団にまとめる(組織する)

一団になる,徒党を組む《+『up』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

ultimately

最後に,ついに

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

punishment

〈U〉罰を[を受けること]

〈C〉処罰,刑罰

〈U〉ひどい仕打ち,虐待

morality

〈U〉道徳,倫理;道徳学,倫理学

〈U〉道徳性

〈U〉品行

〈C〉教訓;寓意

capital punishment

死刑

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

instead

『その代りとして』,それよりも

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

penalty

『刑罰』,処罰

(ある行為・状態に伴う)不利益

『罰金』,違約金,反則金

(スポーツ・競技で,反則に対する)『罰則』,ペナルティー;(前回の勝者に対する)ハンディキャップ

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

ardent

熱心な,熱烈な(eager)

supporter

支持者,後援者;支え,支える物

扶養する人

(運動選手が使う)サポーター

vociferous

大声で呼ぶ,やかましい

(態度が)口うるさい

abolitionist

廃止論者,(特に)奴隷制度廃止論者

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

lawyer

『弁護士』;法律学者

chapter

(各種の文章の)『章』(《略》chao.,Chap.,ch.,Ch.,c.)

〈C〉(人生・歴史・事がらの)重要な一時期

《集合的に》聖堂参事会,修道院義士会

(協会・組合・クラブなどの)地方支部,分会

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

murderer

殺人者,人殺し,謀殺犯

convict

(…の罪状で)〈人〉‘に'『有罪を宣告する』《+『名』+『of』+『名』(do『ing』)》

《文》《しばしば受動態で》(罪・誤りなどを)…に悟らせる《+『名』+『of』+『名』》

『罪人』,囚人

death row

死刑因の独房の列

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

uphold

『…‘を'支える』,持ち上げる

『…‘を'支持する』,弁護する(support)

〈判決など〉‘を'確認する,支持する(confirm)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

appellate

上訴の

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

consist

《『consist of』+『名』》〈団体・物・事が〉(…から)『成る』,(…で)成り立っいる受動態にできない;

《『consist in』+『名』(do『ing』)》〈事の本質が〉(…に)ある,含まれている(受動態にできない)

《『consist with』+『名』》〈事柄が〉(…と)一致する,両立する

proceeding

〈U〉(…の)進行,続行《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》一連の行為(ふるまい)

〈C〉《複数形で》《しばしばp-》)学会などの)会議録;会報

〈C〉《複数形で》訴訟[手続キ]

habeas corpus

身柄堤出令状,人身保護令状(人身保護の目的で拘禁の当・不当を調べるために被拘禁者を出廷させる令状)

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

clemency

〈U〉(歳判・刑などで示される)寛大[さ],慈悲

〈C〉寛大な処置,情け深い行為

〈U〉(気候の)隠やかさ

petition

(正式の)『請願書』,陳情書

『請願』,陳情

…‘に'『請願する』,陳情する

(…を)『請願する』,陳情する《+『for』+『名』》

initiate

…‘を'始める

《しばしば受動態で》(特に式を行って)(…に)〈人〉‘を'入会させる《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

〈人〉‘に'(…の)初歩を教える,秘伝(秘訣)を教える《+『名』〈人〉+『in』(『into』)+『名』》

新入りの,手ほどきを受けた

新入会者;手ほどきを受けた人

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

execution

〈U〉(命令・任務などの)『実行』,遂行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉死刑執行,処刑

〈U〉(芸術品の)制作,できばえ;演奏[ぶり];演技

〈U〉(遺言などの)執行《+『of』+『名』》

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

acquire

(不断の努力・習慣などで)…'を'『習得する』,身につける

〈財産・権利など〉'を'手に入れる,取得する

inmate

(病院・養老院・刑務所などの)入院者,収容者,受刑者

rely

『あてにする』,たよる

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

inevitably

避けられないで,必然的に

drift

〈U〉『漂流』,流されること

〈U〉(海流・風などの)流れ,流れの方向(速度)

〈C〉(雪・砂などの)吹きだまり,漂流物《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉大勢,風潮,傾向

〈U〉《時にa~》主意,主旨

(水・風に)『流される』,漂う,漂流する

あてもなくさまよう

〈雪・砂などが〉吹き積もる,吹きだまりになる

〈砂・雪など〉‘を'吹き寄せる;〈場所〉‘を'吹きだまりにする

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

urgent

『急を要する』,緊急の

『しつこい』,うるさく頼む

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

graph

グラフ,図表

apparatus

〈U〉〈C〉(一式の)『器具』;装置

《集合的に》(ある機能を営む一系統の身体の)器官

〈U〉〈C〉(ある目的のための)道具立て

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

dip

(水などに)…‘を'『ちょっと浸す』,さっとつける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(中の物を取り出すために)(…に)〈手・バケツ・ひしゃくなど〉‘を'入れる《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'浸して染める

(…から)…‘を'すくい出す,くみ出す,すくい上げる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈旗など〉‘を'ちょっと下げてまたすぐ上げる

(…に)『ちょっとつかる』,さっと潜る《+『into』+『名』》

下がる,沈む

〈土地・道路などが〉下に傾く

(液体や容器に)手(さじなど)を突っ込んで取り出す《+『into』+『名』》

(ある問題を)ちょっと調べる,のぞく;(本などを)拾い読みする《+『into』+『名』》

〈C〉《話》ちょっと浸す(浸る)こと,一溶び

〈C〉(スープなどの)一すくい;一くみ

〈U〉(クラッカーを浸す)味付けソース;(染色などの)浸液;(羊を洗う)消毒液

〈C〉(土地・道路の)傾斜,下り坂;沈下,くぼみ

〈C〉(値段の)下落

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

significantly

意味ありげに,意味深長に

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

ca

circa

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

jury

《集合的に》『陪審』[『員団』](普通民間人12人から成り,裁判において被告の有罪無罪を評決し裁判所に答申する)

《集合的に》(コンテストなどの)審査員

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

parole

《米》仮釈放,仮出獄;仮釈放の身

(逃亡をしないという)捕慮の宣誓

〈囚人・捕慮〉‘を'仮釈放する

chamber

部屋(room);(特に)寝室

《複数形で》判事室(公開を要しない事件を審理する部屋)

《英》弁護士の事務室

(立事・司法機関などの)会議場

立法府,司法府

(宮廷などの)接見室,拝謁(はいえつ)の間

(動物体の)小室房

(火器の)薬室

…‘に'部屋を祝備する,'を'部屋に入れる

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

solace

〈U〉(悲しみ・失望などに対する)慰め

〈C〉慰めとなる人(物,事)

…‘を'慰める

all-time

かつてない,前代未聞の

=full-time

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

excess

〈U〉《時にan~》(…の…に対する)超過《+『of』+『名』+『over』+『名』》

〈U〉(…の)『不節制』《+『at』+『名,』+『in』 do『ing』》;《複数形で》度を超えた行為,不行跡;暴飲,暴食

超過の,余分の

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

affinity

〈C〉(人・物に対する)好み,親近感《+『for』(『to, with』)+『名』》

〈U〉〈C〉(2者の間の)密接な関係,類似《+『between』+『名』》;(…との)類縁《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉親和力(原子が化学反応を起こしやすい力)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

erosion

(酸などによる)腐食;(風・水・波・氷河などによる)浸食[作用]

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

intervene

(ある事と事,時と時,場所と場所の)『間に起こる』,間に人る《+『between』(『in』)+『名』》

(相対するもの間に)仲裁に入る,(…に)干渉する《+『in』(『between』)+『名』》

〈事が〉じゃまに入る

likelihood

(…が)ありそうなこと,(…の)見込み,可能性(probability)《+『of』+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

first thing

まず最初に,朝一番に

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

exception

〈U〉(…を)『除外すること』(…の)除外《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)『例外』《+『to』+『名』》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

biography

『〈C〉伝記』

〈U〉《集合的に》伝記文学

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

accurate

『正確な』,的確な,精密な

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

eighty

〈C〉(数の)『80』,80の記号(80,LXXXなど)

〈U〉80歳

〈U〉《複数抜い》80人,80個

《the eighties》(世紀の)80年代;

『80の』,80人の,80個の;《補語にのみ用いて》80歳で

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

juvenile

少年少女向きの

少年の,少女の,若い

子供じみた,未熟な

少年,少女

子役の俳優

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

cusp

(歯などの)とがった先

(新月の)先端

disagree

〈物事が〉(…と)『一致しない』,食い違う《+『with』+『名』》

〈人が〉『意見が合わない』;(…について人と)意見が合わない《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈気候・食物などが〉(人に)合わない,適しない,害を与える《+『with』+『名』》(受動態にできない)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

physics

『物理学』

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

Eisenhower

アイゼンハワー(『Dwight David ~』;1890‐1969;米国の将軍・政治家,34代大統領(1953‐61))

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

nudge

(注意などを引くために,特にひじで)…‘を'軽くつつく

(特にひじで)軽くつつく

(特にひじで)軽くつつくこと

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

human being

人,人間

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

complicate

…'を'複雑にする

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

thrust

《様態・方向の副詞句を伴って》…‘を'『強く押す』,急に押す,押し付ける

(…に)…‘を'『突っ込む』,突き刺す《+名~into(through)+名》

(ある立場・境遇・状態などへ)〈人など〉‘を'急に押しやる《+名+into+名》

(…を)『押す』,突く《+at+名》

(…を)押し分けて進む《+through+名》

『一押し』,『一突き』

電撃的攻撃

(プロペラ・ロケット・ジェットなどの)推進力

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

childhood

『幼時』,子供時代

elementary school

小学校

middle school

中等学校(特に私立学校の学年区分で5年生から8年生まで)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

reform

…‘を'編成し直す,再び作る

再編成する,再び形になる

probably

『たぶん』,『おそらく』

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

accomplish

〈仕事・目的など〉'を'『成し遂げる』,仕上げる(perform)

legislator

法律制定者,立法者

立法府(国会・州議会)議員

taxpayer

納税者,被課税者

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

economically

倹約して

経済的に

disadvantage

〈C〉『不利な立場』(状態)

〈U〉『不利』,不利益;(名声・信用などの)損傷,損失

troubled

心配そうな,当惑した

乱れた,荒れた

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

dangerously

危険なほど;危うく

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

northeast

《the~》『北東』(《略》『NE,N.E.』)

《the~》北東地域,北東部;《the N-》米国北東部[地方]

北東へ向かう

(風が)北東からの

北東へ(に)

Maryland

メリーランド州(米国東部の州;州都はAnnapolis;《略》『Md.,MD』)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

strict

(人が)『厳しい,』厳格な

<規則などが>『厳しい,』厳重な

『厳密な,』正確な

完全の,絶対の

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

curriculum

(学校の)教科課程

semester

(米国・ドイツなどの大学の二学期制の)一学期,前(後)期(通例15‐18週)

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

imperative

『命令的な』,断固とした

(行動などが)‐避けられない』,のっぴきならない

(文法で動詞が)命令法の

(文法で)命令法;〈C〉命令文

economic

『経済の』

『経済学の』

dad

『おとうちゃん』

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

mama

=mamma

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

holler

叫ぶ[声]

〈何か〉‘を'大声で言う

大声をあげる,叫ぶ

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

homicide

〈U〉殺人;〈C〉殺人行為

〈C〉殺人者,殺人犯人

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

devote

〈生涯・労力・時間など〉‘を'『ささげる』,あてる:《『devote』+『名』+『to』+『名』(do『ing』)…に…をささげる》

enormous

『巨大な』,ばく大な

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画