TED日本語 - ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ダン・バーバーは、今日のシェフが皆抱えている問題、つまり、「どうやったら魚をメニューに載せ続けることができるか」という問題の解決を見いだしました。徹底的な調査を行い、真顔でジョークを飛ばしながら、ダンはあこがれの「環境に優しい」魚を追い求めた顛末を熱く語ります。彼は、ついにスペインで、画期的な方式の養魚場でとれた、信じられないほど美味しい魚と出会ったのです。

Script

魚との出会いは多かったけど ほんとに好きになったのは2回だけ 最初の魚には 熱烈に恋した すごい美人で 味 歯ごたえ 肉質 文句なし メニューの売れ筋だった ほんとにステキなサカナちゃん (笑) さらに良いことには 養殖魚だった それも最高レベルの 環境に優しい養魚場で育てられた だから良心の呵責なし

数ヶ月の間 僕は この魚に もう夢中 ある日 養魚場のボスが電話してきた イベントで 話してくれないかって 養魚場が環境に優しいことについて 「喜んで」と僕はこたえた とうとう良心的な会社が現れたんだ シェフの最大の悩みを解決してくれる会社が それは「どうしたら魚をメニューに出し続けることができるか」ということ

過去50年の間に 人は海を荒らし続けた 森林を皆伐するように 破壊の規模は計り知れない 皆の大好きな 大型魚の90%がいなくなった マグロ オヒョウ サケ メカジキ 乱獲されて ほどんど絶滅状態だ だから しかたがない 養殖漁業は 時代の流れだ 反対意見が多い 養魚場は海を汚す これは本当 非効率的だ マグロを見ろ 最大の悪玉だ マグロの 餌の転換率は 15対1だ 餌の魚15ポンドが マグロの肉1ポンドになる とても環境に優しいとは言えないね 味も良くない

ところが ついに 正しいことをやろうという会社が現れたんだ この会社を応援したかった イベントの前日に 広報部長に電話をかけた この人をドンとしておこう

ドン 確認したいんだが 君の会社は 沖で養殖するから 海を汚さないんだろう?

「そうとも 沖合だから」 「排泄物は 拡散して」 「一カ所を汚すことはないんだ」 そして 「うちは 周囲の環境に依存してないんだ」 「餌の転換率? 2.5対1さ」 「業界ナンバーワンだ」

2.5対1か そりゃすごい 何の2.5対1なんだ 何を餌に使ってるんだい

「環境に優しいタンパク質さ」

そりゃすごいや 僕は電話を切った その晩ベッドで横になり 考えた 「環境に優しいタンパク質」って いったい何だ? (笑)

次の日 イベントの直前に もういちど電話した 環境に優しいタンパク質の例を挙げてくれないか

ドンは知らなかった 尋ねてみるよって 会社の担当者と電話で話した でも 誰もはっきりと答えてくれない 最後に電話に出たのは 主任生物研究員だった この人もドンとしとこう (笑)

ドン 環境に優しいタンパク質の例を挙げてくれ

彼が言うには 藻類 魚粉 そして 「チキンペレット」 チキンペレット?

「そうだ 羽根 皮」 「骨粉 くず肉」 「それを乾かして加工して 飼料にするんだ」

何パーセント チキンを入れてるの? たぶん2%位だと思ったんだ

「30%かな」

ドン それで環境に優しいのかい? チキンを魚の餌にして? (笑)

しばらく押し黙ってたよ そして言った 「だって 世界はチキンだらけじゃないか」 (笑)

僕の恋は冷めちゃったよ (笑) それは 僕が独善的な いい子ぶった 美食家だからじゃない ホントはそうなんだけどね (笑) 恋はすっかり冷めた 本当だよ 電話の後 魚がチキン味になったんだ (笑)

二番目の魚は 別の恋物語さ ロマンチックな恋だ 相手を知れば知るほど 好きになるという具合 最初の出会いは 南スペインのレストランだ ジャーナリストの友人が この魚の話ばかり 彼女が二人の仲人ってわけさ (笑) テーブルに運ばれてきた魚は 白身で 光輝くよう シェフが熱を通しすぎてた 二倍ほどね でも 驚いたね とってもおいしい

いったい誰が 魚を料理して 熱を通しすぎたのに おいしくできるだろう 僕にはムリだ でもこの男にはできる 彼を 仮にミゲールと呼ぼう 実は 本名なんだ (笑) 本当は 彼は料理してない シェフじゃないんだ 少なくとも僕たちが思うようなシェフじゃない スペインの南西端にある― ヴェタ ラ パルマ養魚場の 生物学者なんだ グアダルキビール川の河口にある

1980年代までは そこは アルゼンチンの業者が所有していて 肉牛の牧場だった もともとは 湿地帯だったものを 干拓したんだ 運河を張り巡らし 水を川に移した でも 農場はうまくいかなかった 採算が取れなかったんだ 生態系は 壊滅状態 90%の鳥が死んでしまった ここでの90%は 膨大な数の鳥だ それで 1982年に 環境保護に熱心なスペインの会社が この土地を買い取って

何をしたと思う? 水の流れを逆転させたのさ 文字通りスイッチを逆に入れた 排水するかわりに 水を運河に入れたのさ 運河をあふれさせて 109平方キロの養魚場を作った スズキ ボラ エビ ウナギ その過程で ミゲールと会社は 生態系の破壊を逆転させた この養魚場は素晴らしい こんなものは前例がない 水平線を見ると はるか遠くまで見渡せて 目の届く限り運河が水に浸かり 分厚い 豊かな 湿地が形成されている

最近僕はミゲールに案内してもらった すごいヤツだ この男は ダーウィンとクロコダイルダンディーを合わせたようなヤツ (笑) 僕らは 湿原に踏み込んだ 僕はあえいで汗びっしょり ひざまで泥だらけ ミゲールはすまし顔で 生物学を講義 ほら と指さして 「希少種の カタグロトビだ」 植物プランクトンに必要な無機質 さらに 生物群集を見て タンザニアのキリンを思い出した と言う

後で分かった 彼はそのキャリアの大部分を アフリカのミクミ国立公園で過ごしたそうだ どうやって と僕は尋ねた 魚の専門家になったんだい?

「魚? 魚については全くのシロウトだった」 「僕は生き物の関係性の専門家なんだ」 そして さらに話を続けた 希少な鳥類や藻類の話 珍しい海草の話

誤解しちゃダメだよ すばらしい話だった 生物共同体の それは見事な天国さ 素晴らしかった でも僕の方は 頭から離れなかったんだ くらくらして 前夜に食べた あの魚のことで それで 話題を変えて 尋ねた なぜ君の魚はあんなにおいしいの?

すると 彼は藻類を指さした

分かってるよ 藻類だろ 植物性プランクトン 生命の連環だろ すごいね でも 魚は何を食べてるんだい? 餌の転換率は?

彼が答えるには 「生態系が豊かだから」 「魚は自然にあるものを食べているのさ」 「水草 植物プランクトン」 「動物プランクトン そんなものが餌さ」 「生態系が健康だから」 「自然に すべてのものが再生する」 「餌なんてやってない」 聞いたことある? 餌をやらない養魚場なんて

午後遅く 養魚場の周りをドライブした ミゲール ここは自然そのものだね これまで見たどんな養魚場とも違う いったいどうやって成功の度合いを計るの?

と まさにその時 あたかも 映画監督が 背景の切り替えを命じたように カーブを曲がると 驚くべき光景が目に飛び込んできた ピンクフラミンゴが数千羽 目の届く限り カーペットを敷き詰めたよう

「これだ これこそが成功だ!」と彼は叫んだ 「あの おなかを見ろよ ピンク色だ」 「たらふく食べてるんだ」 食べてる? 僕は混乱した

鳥たちの食べてるのは君の魚だよ (笑)

「そのとおりさ!」 (笑) 「ここでは魚と魚卵の」 「20%を鳥に食べられるんだ」 「昨年ここには」 「60万羽の鳥がいた」 「250種以上だ」 「現在 ここは ヨーロッパ最大で」 「もっとも重要な」 「個人所有の 野鳥の楽園になっている」

鳥が繁殖するということは 君がもっとも嫌うべきことじゃないのかい? (笑) 彼は頭を振って 「ちがうね」

「ここでは粗放的な養殖をしている」 「集約的な養殖じゃない」 「これは生態系のネットワークなんだ」 「フラミンゴがエビを食べ」 「エビが植物プランクトンを食べる」 「だから おなかがピンクであればあるほど」 「生態系は健全ってわけさ」

じゃあ ここで復習だ この養魚場は 魚に餌をやらない 養魚場はその成功の度合いを 魚の天敵の健康状態で計る 養魚場でありながら 野鳥の楽園 そうそう あのフラミンゴたちは そもそも ここに来るべきじゃないんだ フラミンゴの巣は遠くの町 240km離れたところにある そこは土の状態が 巣を作るのに適してるんだ 毎朝 フラミンゴは飛んで 240kmを 養魚場まで来る 夕方になると 240kmを飛んで 巣に戻る (笑) フラミンゴは ハイウェイ A92号線の 白線に沿って 飛んでくるのさ (笑) ホントだよ

僕は 映画の「皇帝ペンギン」を想像してたんだ それでミゲールに尋ねた ミゲール フラミンゴが240kmを 飛んで ここに来て 240km 飛んで 巣に戻るけど それは ヒナのためかい?

彼は ホイットニー ヒューストンの歌詞を聴いたかのように 僕を見て (笑) 言った「違うよ 餌がいいからさ」 (笑)

この魚の皮については言ってなかったね とってもおいしいんだ でも僕は本当は皮は嫌い 焼いても嫌い カリカリでも嫌い 苦みがあって タールのような味がするからね 皮をつけて料理することはまずないんだ でも レストランでその魚を食べたときには それは魚の皮みたいじゃなかった 甘くて 清らか 大海の一片を 口に入れたと思った ミゲールにそう言うと 彼はうなずいて 「魚の皮はスポンジだ」 「異物への最後の防御壁だからね」 「不純物を吸い取るように進化したのさ」 そして こうも言った 「ここの水には不純物がないんだ」

もう一度復習 養魚場は魚に餌をやらない 養魚場は天敵の繁殖状態で その成功を計る ここで ようやく僕は気がついた 養魚場には不純物がないと聞いて 彼がまだ言ってないことに 気づいたのさ それは この養魚場に流れ込む グアダラキビール川の水が 運んでくるものは 今日の川が運んでくるものすべて 化学汚染物質 流れ出した殺虫剤 その水が この養魚場の中を通って 流れ出る時 水はきれいになっている 生態系が健全なので 水を浄化するんだ この養魚場は 魚に餌をやらないだけでなく 養魚場の成功を計るのに 天敵の健康を目安にするだけでなく 文字通り水質浄化工場なんだ そして 魚だけじゃなく 君たちや僕のためにもなっている だって 水がここから 大西洋に入るだろ 大海の一滴に過ぎないけれど 僕は大事なことだと思う 君たちもそうだろう この恋物語は とてもロマンチックだが 教訓的でもある これは 未来のおいしい食のための レシピと言えるだろう スズキだろうが肉牛だろうが関係ない

今僕たちに必要なのは 農業に対する画期的な思考法だ 食べ物を本当においしくする考え方だ (笑) (拍手) でも大多数の人には これはちょっと過激すぎる 僕らグルメは現実主義者じゃない 僕らは恋愛主義者さ 僕らは 農場直営のマーケットが好き 家族経営の農場が好き 土地の食材について熱く語り 有機食品が大好きさ でも 今言ったことが おいしい食の未来だと 説明すると 必ず誰かが立ち上がって言うよ 「ねえ君 ピンクフラミンゴは僕も好きさ」 「でも それで世界が養えるかい?」 「どうやって世界の食を確保するんだい?」

正直言って この質問は嫌いだね 僕らがすでに 世界中の人たちに 十分な食料を生産しているからじゃない 今 10億人の人が飢えている 10億人 歴史始まって以来だ 実は 飢えは分配の不平等で生じるんだ 生産量じゃない この質問が嫌いなのは この質問が 過去50年の食糧政策を支えているからだ

「草食の家畜に穀物を与えろ」 「単一栽培して 殺虫剤をまけ 土に化学肥料を」 「魚にチキンを」 この間 農業ビジネスが 言ってきたのは 「より多くの人間に」 「より安い食料を与えることほど」 「バカげたことがあるだろうか?」 これが動機なんだ これが理由なんだ これがビジネスモデルなんだ アメリカの農業のね この正体は 「投げ売りビジネス」だ 生産を成り立たせる 生態系の資本を 急速に崩壊させているんだ これは ビジネスなんかじゃない 農業でもない

世界の食料庫が危ういのは 供給が減ってるからじゃない 資源が枯渇してきたからだ 新しい農業機械が発明されないからじゃない 肥えた土地が不足しているからだ ポンプや真水の不足じゃない チェンソー不足じゃない 森林が減っているからだ 漁船や漁網の不足でもない 魚が減っているからだ

世界の食を確保するには まず 僕たちの食を確保することを考えよう どうしたら すべての共同体が 自らの食を確保できる状態を 作り出せるか考えよう (拍手) そのためには 現在の農業モデルは 古くて時代遅れだ 資本 化学物質 機械に頼りすぎだ 本当においしいものができたためしがない かわりに エコなモデルを見習おう それは20億年の 現場の体験に基づいているんだ

ミゲールを見習おう ミゲールのような生産者を見習おう 環境に配慮した農家を見習おう 荒廃を止めて回復させる農家を見習おう 粗放的に経営する農家を見習おう 集約的な経営じゃない 単なる生産者ではなく 命のつながりを大事にする農家を見習おう 彼らこそが 味を大事にするからだ いいかい 正直なところ 彼らの方が僕よりも腕の立つ料理人だ でも 僕はそれでいい それが未来のおいしい食のあり方さ ほっぺが落ちるよ

どうもありがとう (拍手)

So, I've known a lot of fish in my life. I've loved only two. That first one, it was more like a passionate affair. It was a beautiful fish: flavorful, textured, meaty, a bestseller on the menu. What a fish. (Laughter) Even better, it was farm-raised to the supposed highest standards of sustainability. So you could feel good about selling it.

I was in a relationship with this beauty for several months. One day, the head of the company called and asked if I'd speak at an event about the farm's sustainability. "Absolutely," I said. Here was a company trying to solve what's become this unimaginable problem for us chefs: How do we keep fish on our menus?

For the past 50 years, we've been fishing the seas like we clear-cut forests. It's hard to overstate the destruction. Ninety percent of large fish, the ones we love -- the tunas, the halibuts, the salmons, swordfish -- they've collapsed. There's almost nothing left. So, for better or for worse, aquaculture, fish farming, is going to be a part of our future. A lot of arguments against it: Fish farms pollute -- most of them do anyway -- and they're inefficient. Take tuna, a major drawback. It's got a feed conversion ratio of 15 to one. That means it takes fifteen pounds of wild fish to get you one pound of farm tuna. Not very sustainable. It doesn't taste very good either.

So here, finally, was a company trying to do it right. I wanted to support them. The day before the event, I called the head of P.R. for the company. Let's call him Don.

"Don," I said, "just to get the facts straight, you guys are famous for farming so far out to sea, you don't pollute."

"That's right," he said. "We're so far out, the waste from our fish gets distributed, not concentrated." And then he added, "We're basically a world unto ourselves. That feed conversion ratio? 2.5 to one," he said. "Best in the business."

2.5 to one, great. "2.5 what? What are you feeding?"

"Sustainable proteins," he said.

"Great," I said. Got off the phone. And that night, I was lying in bed, and I thought: What the hell is a sustainable protein? (Laughter)

So the next day, just before the event, I called Don. I said, "Don, what are some examples of sustainable proteins?"

He said he didn't know. He would ask around. Well, I got on the phone with a few people in the company; no one could give me a straight answer until finally, I got on the phone with the head biologist. Let's call him Don too. (Laughter)

"Don," I said, "what are some examples of sustainable proteins?"

Well, he mentioned some algaes and some fish meals, and then he said chicken pellets. I said, "Chicken pellets?"

He said, "Yeah, feathers, skin, bone meal, scraps, dried and processed into feed."

I said, "What percentage of your feed is chicken?" Thinking, you know,two percent.

"Well, it's about 30 percent," he said.

I said, "Don, what's sustainable about feeding chicken to fish?" (Laughter)

There was a long pause on the line, and he said, "There's just too much chicken in the world." (Laughter)

I fell out of love with this fish. (Laughter) No, not because I'm some self-righteous, goody-two shoes foodie. I actually am. (Laughter) No, I actually fell out of love with this fish because, I swear to God, after that conversation, the fish tasted like chicken. (Laughter)

This second fish, it's a different kind of love story. It's the romantic kind, the kind where the more you get to know your fish, you love the fish. I first ate it at a restaurant in southern Spain. A journalist friend had been talking about this fish for a long time. She kind of set us up. (Laughter) It came to the table a bright, almost shimmering, white color. The chef had overcooked it. Like twice over. Amazingly, it was still delicious.

Who can make a fish taste good after it's been overcooked? I can't, but this guy can. Let's call him Miguel -- actually his name is Miguel. (Laughter) And no, he didn't cook the fish, and he's not a chef, at least in the way that you and I understand it. He's a biologist at Veta La Palma. It's a fish farm in the southwestern corner of Spain. It's at the tip of the Guadalquivir river.

Until the 1980s, the farm was in the hands of the Argentinians. They raised beef cattle on what was essentially wetlands. They did it by draining the land. They built this intricate series of canals, and they pushed water off the land and out into the river. Well, they couldn't make it work, not economically. And ecologically, it was a disaster. It killed like 90 percent of the birds, which, for this place, is a lot of birds. And so in 1982, a Spanish company with an environmental conscience purchased the land.

What did they do? They reversed the flow of water. They literally flipped the switch. Instead of pushing water out, they used the channels to pull water back in. They flooded the canals. They created a 27, 000-acre fish farm -- bass, mullet, shrimp, eel -- and in the process, Miguel and this company completely reversed the ecological destruction. The farm's incredible. I mean, you've never seen anything like this. You stare out at a horizon that is a million miles away, and all you see are flooded canals and this thick, rich marshland.

I was there not long ago with Miguel. He's an amazing guy, like three parts Charles Darwin and one part Crocodile Dundee. (Laughter) Okay? There we are slogging through the wetlands, and I'm panting and sweating, got mud up to my knees, and Miguel's calmly conducting a biology lecture. Here, he's pointing out a rare Black-shouldered Kite. Now, he's mentioning the mineral needs of phytoplankton. And here, here he sees a grouping pattern that reminds him of the Tanzanian Giraffe.

It turns out, Miguel spent the better part of his career in the Mikumi National Park in Africa. I asked him how he became such an expert on fish.

He said, "Fish? I didn't know anything about fish. I'm an expert in relationships." And then he's off, launching into more talk about rare birds and algaes and strange aquatic plants.

And don't get me wrong, that was really fascinating, you know, the biotic community unplugged, kind of thing. It's great, but I was in love. And my head was swooning over that overcooked piece of delicious fish I had the night before. So I interrupted him. I said, "Miguel, what makes your fish taste so good?"

He pointed at the algae.

"I know, dude, the algae, the phytoplankton, the relationships: It's amazing. But what are your fish eating? What's the feed conversion ratio?"

Well, he goes on to tell me it's such a rich system that the fish are eating what they'd be eating in the wild. The plant biomass, the phytoplankton, the zooplankton, it's what feeds the fish. The system is so healthy, it's totally self-renewing. There is no feed. Ever heard of a farm that doesn't feed its animals?

Later that day, I was driving around this property with Miguel, and I asked him, I said, "For a place that seems so natural, unlike like any farm I'd ever been at, how do you measure success?"

At that moment, it was as if a film director called for a set change. And we rounded the corner and saw the most amazing sight: thousands and thousands of pink flamingos, a literal pink carpet for as far as you could see.

"That's success," he said. "Look at their bellies, pink. They're feasting." Feasting? I was totally confused.

I said, "Miguel, aren't they feasting on your fish?" (Laughter)

"Yes," he said. (Laughter) "We lose 20 percent of our fish and fish eggs to birds. Well, last year, this property had 600,000 birds on it, more than 250 different species. It's become, today, the largest and one of the most important private bird sanctuaries in all of Europe."

I said, "Miguel, isn't a thriving bird population like the last thing you want on a fish farm?" (Laughter) He shook his head, no.

He said, "We farm extensively, not intensively. This is an ecological network. The flamingos eat the shrimp. The shrimp eat the phytoplankton. So the pinker the belly, the better the system."

Okay, so let's review: a farm that doesn't feed its animals, and a farm that measures its success on the health of its predators. A fish farm, but also a bird sanctuary. Oh, and by the way, those flamingos, they shouldn't even be there in the first place. They brood in a town 150 miles away, where the soil conditions are better for building nests. Every morning, they fly 150 miles into the farm. And every evening, they fly 150 miles back. (Laughter) They do that because they're able to follow the broken white line of highway A92. (Laughter) No kidding.

I was imagining a "March of the Penguins" thing, so I looked at Miguel. I said, "Miguel, do they fly 150 miles to the farm, and then do they fly 150 miles back at night? Do they do that for the children?"

He looked at me like I had just quoted a Whitney Houston song. (Laughter) He said, "No; they do it because the food's better." (Laughter)

I didn't mention the skin of my beloved fish, which was delicious -- and I don't like fish skin; I don't like it seared, I don't like it crispy. It's that acrid, tar-like flavor. I almost never cook with it. Yet, when I tasted it at that restaurant in southern Spain, it tasted not at all like fish skin. It tasted sweet and clean, like you were taking a bite of the ocean. I mentioned that to Miguel, and he nodded. He said, "The skin acts like a sponge. It's the last defense before anything enters the body. It evolved to soak up impurities." And then he added, "But our water has no impurities."

OK. A farm that doesn't feed its fish, a farm that measures its success by the success of its predators. And then I realized when he says, "A farm that has no impurities," he made a big understatement, because the water that flows through that farm comes in from the Guadalquivir River. It's a river that carries with it all the things that rivers tend to carry these days: chemical contaminants, pesticide runoff. And when it works its way through the system and leaves, the water is cleaner than when it entered. The system is so healthy, it purifies the water. So, not just a farm that doesn't feed its animals, not just a farm that measures its success by the health of its predators, but a farm that's literally a water purification plant -- and not just for those fish, but for you and me as well. Because when that water leaves, it dumps out into the Atlantic. A drop in the ocean, I know, but I'll take it, and so should you, because this love story, however romantic, is also instructive. You might say it's a recipe for the future of good food, whether we're talking about bass or beef cattle.

What we need now is a radically new conception of agriculture,one in which the food actually tastes good. (Laughter) (Applause) But for a lot people, that's a bit too radical. We're not realists, us foodies; we're lovers. We love farmers' markets, we love small family farms, we talk about local food, we eat organic. And when you suggest these are the things that will ensure the future of good food, someone, somewhere stands up and says, "Hey guy, I love pink flamingos, but how are you going to feed the world?" How are you going to feed the world?

Can I be honest? I don't love that question. No, not because we already produce enough calories to more than feed the world. One billion people will go hungry today. One billion -- that's more than ever before -- because of gross inequalities in distribution, not tonnage. Now, I don't love this question because it's determined the logic of our food system for the last 50 years.

Feed grain to herbivores, pesticides to monocultures, chemicals to soil, chicken to fish, and all along agribusiness has simply asked, "If we're feeding more people more cheaply, how terrible could that be?" That's been the motivation, it's been the justification: it's been the business plan of American agriculture. We should call it what it is: a business in liquidation, a business that's quickly eroding ecological capital that makes that very production possible. That's not a business, and it isn't agriculture.

Our breadbasket is threatened today, not because of diminishing supply, but because of diminishing resources. Not by the latest combine and tractor invention, but by fertile land; not by pumps, but by fresh water; not by chainsaws, but by forests; and not by fishing boats and nets, but by fish in the sea.

Want to feed the world? Let's start by asking: How are we going to feed ourselves? Or better: How can we create conditions that enable every community to feed itself? (Applause) To do that, don't look at the agribusiness model for the future. It's really old, and it's tired. It's high on capital, chemistry and machines, and it's never produced anything really good to eat. Instead, let's look to the ecological model. That's the one that relies on two billion years of on-the-job experience.

Look to Miguel, farmers like Miguel. Farms that aren't worlds unto themselves; farms that restore instead of deplete; farms that farm extensively instead of just intensively; farmers that are not just producers, but experts in relationships. Because they're the ones that are experts in flavor, too. And if I'm going to be really honest, they're a better chef than I'll ever be. You know, I'm okay with that, because if that's the future of good food, it's going to be delicious.

Thank you. (Applause)

So,/ I've known a lot of fish/ in my life.//

魚との出会いは多かったけど

I've loved only two.//

ほんとに好きになったのは2回だけ

That first one,/ it was more like a passionate affair.//

最初の魚には 熱烈に恋した

It was a beautiful fish:/ flavorful,/ textured,/ meaty,/ a bestseller/ on the menu.//

すごい美人で 味 歯ごたえ 肉質 文句なし メニューの売れ筋だった

What a fish.//

ほんとにステキなサカナちゃん

(Laughter) Even better,/ it was farm-raised/ to the supposed highest standards of sustainability.//

(笑) さらに良いことには 養殖魚だった それも最高レベルの 環境に優しい養魚場で育てられた

So you could feel good/ about selling it.//

だから良心の呵責なし

I was in a relationship/ with this beauty/ for several months.//

数ヶ月の間 僕は この魚に もう夢中

One day,/ the head of the company called and asked/ if I'd speak at an event/ about the farm's sustainability.//

ある日 養魚場のボスが電話してきた イベントで 話してくれないかって 養魚場が環境に優しいことについて

"Absolutely,/"/ I said.//

「喜んで」と僕はこたえた

Here was a company/ trying to solve/ what's become this unimaginable problem/ for us chefs:/ How do we keep fish/ on our menus?//

とうとう良心的な会社が現れたんだ シェフの最大の悩みを解決してくれる会社が それは「どうしたら魚をメニューに出し続けることができるか」ということ

For the past 50 years,/ we've been fishing the seas/ like we clear-cut forests.//

過去50年の間に 人は海を荒らし続けた 森林を皆伐するように

It's hard/ to overstate the destruction.//

破壊の規模は計り知れない

Ninety percent of large fish,/ the ones/ we love --/ the tunas,/ the halibuts,/ the salmons,/ swordfish --/ they've collapsed.//

皆の大好きな 大型魚の90%がいなくなった マグロ オヒョウ サケ メカジキ 乱獲されて

There's almost nothing left.//

ほどんど絶滅状態だ

So,/ for better or/ for worse, aquaculture, fish farming,/ is going to be a part of our future.//

だから しかたがない 養殖漁業は 時代の流れだ

A lot of arguments/ against it:/ Fish farms pollute --/ most of them do anyway --/ and they're inefficient.// Take tuna,/ a major drawback.//

反対意見が多い 養魚場は海を汚す これは本当 非効率的だ マグロを見ろ 最大の悪玉だ

It's got a feed conversion ratio of 15/ to one.//

マグロの 餌の転換率は 15対1だ

That means/ it takes fifteen pounds of wild fish/ to get you/ one pound of farm tuna.//

餌の魚15ポンドが マグロの肉1ポンドになる

Not very sustainable.//

とても環境に優しいとは言えないね

It doesn't taste very good either.//

味も良くない

So here,/ finally,/ was a company/ trying to do/ it right.//

ところが ついに 正しいことをやろうという会社が現れたんだ

I wanted to support them.//

この会社を応援したかった

The day/ before the event,/ I called the head of P.R./ for the company.//

イベントの前日に 広報部長に電話をかけた

Let's call/ him/ Don.//

この人をドンとしておこう

"Don,/"/ I said,/ "just to get the facts straight,/ you guys are famous/ for farming so far/ out/ to sea,/ you don't pollute."//

ドン 確認したいんだが 君の会社は 沖で養殖するから 海を汚さないんだろう?

"That's right,/"/ he said.// "We're so far out,/ the waste/ from our fish gets distributed, not concentrated."//

「そうとも 沖合だから」 「排泄物は 拡散して」 「一カ所を汚すことはないんだ」

And then/ he added,/ "We're basically/ a world/ unto ourselves.//

そして 「うちは 周囲の環境に依存してないんだ」

That feed conversion ratio?// 2.5/ to one,/"/ he said.//

「餌の転換率? 2.5対1さ」

"Best/ in the business."//

「業界ナンバーワンだ」

2.5/ to one,/ great.//

2.5対1か そりゃすごい

"2.5/ what?// What are you feeding?"//

何の2.5対1なんだ 何を餌に使ってるんだい

"Sustainable proteins,/"/ he said.//

「環境に優しいタンパク質さ」

"Great,/"/ I said.// Got/ off the phone.//

そりゃすごいや 僕は電話を切った

And that night,/ I was lying in bed,/ and I thought:/ What the hell is a sustainable protein?//

その晩ベッドで横になり 考えた 「環境に優しいタンパク質」って いったい何だ?

(笑)

So the next day,/ just before the event,/ I called Don.//

次の日 イベントの直前に もういちど電話した

I said,/ "Don,/ what are some examples of sustainable proteins?"//

環境に優しいタンパク質の例を挙げてくれないか

He said/ he didn't know.// He would ask around.//

ドンは知らなかった 尋ねてみるよって

Well,/ I got on the phone/ with a few people/ in the company;/ no one could give me/ a straight answer/ until finally,/ I got on the phone/ with the head/ biologist.//

会社の担当者と電話で話した でも 誰もはっきりと答えてくれない 最後に電話に出たのは 主任生物研究員だった

Let's call/ him/ Don too.//

この人もドンとしとこう

(笑)

"Don,/"/ I said,/ "what are some examples of sustainable proteins?"//

ドン 環境に優しいタンパク質の例を挙げてくれ

Well,/ he mentioned some algaes and some fish meals,/ and then/ he said chicken pellets.//

彼が言うには 藻類 魚粉 そして 「チキンペレット」

I said,/ "Chicken pellets?"//

チキンペレット?

He said,/ "Yeah,/ feathers,/ skin,/ bone meal,/ scraps,/ dried and processed into feed."//

「そうだ 羽根 皮」 「骨粉 くず肉」 「それを乾かして加工して 飼料にするんだ」

I said,/ "What percentage of your feed is chicken?"//

何パーセント チキンを入れてるの?

Thinking,/ you know,/two percent.//

たぶん2%位だと思ったんだ

"Well,/ it's about 30 percent,/"/ he said.//

「30%かな」

I said,/ "Don,/ what's sustainable/ about feeding chicken/ to fish?"//

ドン それで環境に優しいのかい? チキンを魚の餌にして?

(笑)

There was a long pause/ on the line,/ and he said,/ "There's just/ too much chicken/ in the world."//

しばらく押し黙ってたよ そして言った 「だって 世界はチキンだらけじゃないか」

(笑)

I fell out of love/ with this fish.//

僕の恋は冷めちゃったよ

(Laughter)/ No, not/ because I'm some self-righteous, goody-two shoes foodie.//

(笑) それは 僕が独善的な いい子ぶった 美食家だからじゃない

I actually am.//

ホントはそうなんだけどね

(Laughter)/ No, I actually fell out of love/ with this fish/ because,/ I swear to God,/ after that conversation,/ the fish tasted like chicken.//

(笑) 恋はすっかり冷めた 本当だよ 電話の後 魚がチキン味になったんだ

(笑)

This second fish,/ it's a different kind of love story.//

二番目の魚は 別の恋物語さ

It's the romantic kind,/ the kind/ where the more/ you get to know/ your fish,/ you love the fish.//

ロマンチックな恋だ 相手を知れば知るほど 好きになるという具合

I first ate it/ at a restaurant/ in southern Spain.//

最初の出会いは 南スペインのレストランだ

A journalist friend had been talking about this fish/ for a long time.//

ジャーナリストの友人が この魚の話ばかり

She kind of set us up.//

彼女が二人の仲人ってわけさ

(Laughter)/ It came to the table/ a bright,/ almost shimmering,/ white color.//

(笑) テーブルに運ばれてきた魚は 白身で 光輝くよう

The chef had overcooked it.//

シェフが熱を通しすぎてた

Like twice over.//

二倍ほどね

Amazingly,/ it was still delicious.//

でも 驚いたね とってもおいしい

Who can make a fish taste good/ after it's been overcooked?//

いったい誰が 魚を料理して 熱を通しすぎたのに おいしくできるだろう

I can't,/ but this guy can.//

僕にはムリだ でもこの男にはできる

Let's call/ him/ Miguel --/ actually/ his name is Miguel.//

彼を 仮にミゲールと呼ぼう 実は 本名なんだ

(Laughter) And no,/ he didn't cook the fish,/ and he's not a chef,/ at least/ in the way/ that you and I understand it.//

(笑) 本当は 彼は料理してない シェフじゃないんだ 少なくとも僕たちが思うようなシェフじゃない

He's a biologist/ at Veta La Palma.//

スペインの南西端にある― ヴェタ ラ パルマ養魚場の

It's a fish farm/ in the southwestern corner of Spain.//

生物学者なんだ

It's at the tip of the Guadalquivir river.//

グアダルキビール川の河口にある

Until the 1980s,/ the farm was in the hands of the Argentinians.//

1980年代までは そこは アルゼンチンの業者が所有していて

They raised beef cattle/ on what was essentially wetlands.//

肉牛の牧場だった もともとは 湿地帯だったものを

They did it/ by draining the land.//

干拓したんだ

They built this intricate series of canals,/ and they pushed water/ off the land/ and out/ into the river.//

運河を張り巡らし 水を川に移した

Well,/ they couldn't make/ it work,/ not economically.//

でも 農場はうまくいかなかった 採算が取れなかったんだ

And ecologically,/ it was a disaster.//

生態系は 壊滅状態

It killed like 90 percent of the birds,/ which,/ for this place,/ is a lot of birds.//

90%の鳥が死んでしまった ここでの90%は 膨大な数の鳥だ

And so/ in 1982,/ a Spanish company/ with an environmental conscience purchased the land.//

それで 1982年に 環境保護に熱心なスペインの会社が この土地を買い取って

What did they do?//

何をしたと思う?

They reversed the flow of water.//

水の流れを逆転させたのさ

文字通りスイッチを逆に入れた

Instead of pushing water out,/ they used the channels/ to pull water back in.//

排水するかわりに 水を運河に入れたのさ

They flooded the canals.//

運河をあふれさせて

They created a 27,/ 000-acre fish farm --/ bass,/ mullet,/ shrimp,/ eel --/ and in the process,/ Miguel/ and this company completely reversed the ecological destruction.//

109平方キロの養魚場を作った スズキ ボラ エビ ウナギ その過程で ミゲールと会社は 生態系の破壊を逆転させた

この養魚場は素晴らしい

I mean,/ you've never seen anything/ like this.//

こんなものは前例がない

You stare out/ at a horizon/ that is a million miles away,/ and all you see/ are flooded canals and this thick, rich marshland.//

水平線を見ると はるか遠くまで見渡せて 目の届く限り運河が水に浸かり 分厚い 豊かな 湿地が形成されている

I was there not long ago/ with Miguel.//

最近僕はミゲールに案内してもらった

He's an amazing guy,/ like three parts Charles Darwin and one part Crocodile Dundee.//

すごいヤツだ この男は ダーウィンとクロコダイルダンディーを合わせたようなヤツ

(Laughter)/ Okay?// There/ we are slogging through the wetlands,/ and I'm panting and sweating,/ got mud/ up/ to my knees,/ and Miguel's calmly conducting/ a biology lecture.//

(笑) 僕らは 湿原に踏み込んだ 僕はあえいで汗びっしょり ひざまで泥だらけ ミゲールはすまし顔で 生物学を講義

Here,/ he's pointing out/ a rare Black-shouldered Kite.//

ほら と指さして 「希少種の カタグロトビだ」

Now,/ he's mentioning the mineral needs of phytoplankton.//

植物プランクトンに必要な無機質

And here,/ here/ he sees a grouping pattern/ that reminds him of the Tanzanian Giraffe.//

さらに 生物群集を見て タンザニアのキリンを思い出した と言う

It turns out,/ Miguel spent the better part of his career/ in the Mikumi National Park/ in Africa.//

後で分かった 彼はそのキャリアの大部分を アフリカのミクミ国立公園で過ごしたそうだ

I asked him/ how he became such an expert/ on fish.//

どうやって と僕は尋ねた 魚の専門家になったんだい?

He said,/ "Fish?// I didn't know anything/ about fish.//

「魚? 魚については全くのシロウトだった」

I'm an expert/ in relationships."//

「僕は生き物の関係性の専門家なんだ」

And then/ he's off,/ launching into more talk/ about rare birds and algaes and strange aquatic plants.//

そして さらに話を続けた 希少な鳥類や藻類の話 珍しい海草の話

And don't get me wrong,/ that was really fascinating,/ you know,/ the biotic community unplugged,/ kind of/ thing.//

誤解しちゃダメだよ すばらしい話だった 生物共同体の それは見事な天国さ

It's great,/ but I was in love.//

素晴らしかった でも僕の方は

And my head was swooning over that overcooked piece of delicious fish/ I had the night before.//

頭から離れなかったんだ くらくらして 前夜に食べた あの魚のことで

So I interrupted him.// I said,/ "Miguel,/ what makes your fish taste so good?"//

それで 話題を変えて 尋ねた なぜ君の魚はあんなにおいしいの?

He pointed at the algae.//

すると 彼は藻類を指さした

"I know,/ dude,/ the algae,/ the phytoplankton,/ the relationships:/ It's amazing.//

分かってるよ 藻類だろ 植物性プランクトン 生命の連環だろ すごいね

But what are your fish eating?//

でも 魚は何を食べてるんだい?

What's the feed conversion ratio?"//

餌の転換率は?

Well,/ he goes on/ to tell me/ it's such a rich system/ that the fish are eating/ what they'd be eating in the wild.//

彼が答えるには 「生態系が豊かだから」 「魚は自然にあるものを食べているのさ」

The plant biomass,/ the phytoplankton,/ the zooplankton,/ it's/ what feeds the fish.//

「水草 植物プランクトン」 「動物プランクトン そんなものが餌さ」

The system is so healthy,/ it's totally self-renewing.//

「生態系が健康だから」 「自然に すべてのものが再生する」

There is no feed.//

「餌なんてやってない」

Ever heard of a farm/ that doesn't feed its animals?//

聞いたことある? 餌をやらない養魚場なんて

Later/ that day,/ I was driving around this property/ with Miguel,/ and I asked him,/ I said,/ "For a place/ that seems so natural,/ unlike like any farm/ I'd ever been at,/ how do you measure success?"//

午後遅く 養魚場の周りをドライブした ミゲール ここは自然そのものだね これまで見たどんな養魚場とも違う いったいどうやって成功の度合いを計るの?

At that moment,/ it was/ as if a film director called for a set change.//

と まさにその時 あたかも 映画監督が 背景の切り替えを命じたように

And we rounded the corner/ and saw the most amazing sight:/ thousands and thousands of pink flamingos,/ a literal pink carpet/ for as far/ as you could see.//

カーブを曲がると 驚くべき光景が目に飛び込んできた ピンクフラミンゴが数千羽 目の届く限り カーペットを敷き詰めたよう

"That's success,/"/ he said.//

「これだ これこそが成功だ!」と彼は叫んだ

"Look at their bellies,/ pink.//

「あの おなかを見ろよ ピンク色だ」

They're feasting."//

「たらふく食べてるんだ」

食べてる? 僕は混乱した

I said,/ "Miguel,/ aren't they feasting on your fish?"//

鳥たちの食べてるのは君の魚だよ

(笑)

"Yes,"/ he said.//

「そのとおりさ!」

(Laughter) "We lose 20 percent of our fish and fish eggs/ to birds.//

(笑) 「ここでは魚と魚卵の」 「20%を鳥に食べられるんだ」

Well,/ last year,/ this property had 600,000 birds/ on it,/ more than 250 different species.//

「昨年ここには」 「60万羽の鳥がいた」 「250種以上だ」

It's become,/ today,/ the largest and one of the most important private bird sanctuaries/ in all of Europe."//

「現在 ここは ヨーロッパ最大で」 「もっとも重要な」 「個人所有の 野鳥の楽園になっている」

I said,/ "Miguel,/ isn't a thriving bird population like the last thing/ you want on a fish farm?"//

鳥が繁殖するということは 君がもっとも嫌うべきことじゃないのかい?

(Laughter)/ He shook his head,/ no.//

(笑) 彼は頭を振って 「ちがうね」

He said,/ "We farm extensively,/ not intensively.//

「ここでは粗放的な養殖をしている」 「集約的な養殖じゃない」

This is an ecological network.//

「これは生態系のネットワークなんだ」

The flamingos eat the shrimp.//

「フラミンゴがエビを食べ」

The shrimp eat the phytoplankton.//

「エビが植物プランクトンを食べる」

So the pinker/ the belly,/ the better/ the system."//

「だから おなかがピンクであればあるほど」 「生態系は健全ってわけさ」

Okay,/ so let's review:/ a farm/ that doesn't feed its animals,/ and a farm/ that measures its success/ on the health of its predators.//

じゃあ ここで復習だ この養魚場は 魚に餌をやらない 養魚場はその成功の度合いを 魚の天敵の健康状態で計る

A fish farm,/ but also/ a bird sanctuary.//

養魚場でありながら 野鳥の楽園

Oh,/ and/ by the way,/ those flamingos,/ they shouldn't even be there in the first place.//

そうそう あのフラミンゴたちは そもそも ここに来るべきじゃないんだ

They brood in a town/ 150 miles away,/ where the soil conditions are better/ for building nests.//

フラミンゴの巣は遠くの町 240km離れたところにある そこは土の状態が 巣を作るのに適してるんだ

Every morning,/ they fly 150 miles/ into the farm.//

毎朝 フラミンゴは飛んで 240kmを 養魚場まで来る

And every evening,/ they fly 150 miles back.//

夕方になると 240kmを飛んで 巣に戻る

(Laughter)/ They do that/ because they're able/ to follow the broken white line of highway A92.//

(笑) フラミンゴは ハイウェイ A92号線の 白線に沿って 飛んでくるのさ

(Laughter)/ No kidding.//

(笑) ホントだよ

I was imagining a "March of the Penguins"/ thing,/ so I looked at Miguel.//

僕は 映画の「皇帝ペンギン」を想像してたんだ それでミゲールに尋ねた

I said,/ "Miguel,/ do/ they fly 150 miles/ to the farm,/ and then do they fly 150 miles back/ at night?//

ミゲール フラミンゴが240kmを 飛んで ここに来て 240km 飛んで 巣に戻るけど

Do they do that/ for the children?"//

それは ヒナのためかい?

He looked at me/ like I had just quoted a Whitney Houston song.//

彼は ホイットニー ヒューストンの歌詞を聴いたかのように 僕を見て

(Laughter)/ He said,/ "No;/ they do it/ because the food's better."//

(笑) 言った「違うよ 餌がいいからさ」

(笑)

I didn't mention the skin of my beloved fish,/ which was delicious --/ and I don't like fish skin;/ I don't like/ it seared,/ I don't like/ it crispy.//

この魚の皮については言ってなかったね とってもおいしいんだ でも僕は本当は皮は嫌い 焼いても嫌い カリカリでも嫌い

It's/ that acrid,/ tar-like flavor.//

苦みがあって タールのような味がするからね

I almost never cook with it.//

皮をつけて料理することはまずないんだ

Yet,/ when I tasted it/ at that restaurant/ in southern Spain,/ it tasted not at all like fish skin.//

でも レストランでその魚を食べたときには それは魚の皮みたいじゃなかった

It tasted sweet and clean,/ like you were taking a bite of the ocean.//

甘くて 清らか 大海の一片を 口に入れたと思った

I mentioned/ that to Miguel,/ and he nodded.//

ミゲールにそう言うと 彼はうなずいて

He said,/ "The skin acts like a sponge.//

「魚の皮はスポンジだ」

It's the last defense/ before anything enters the body.//

「異物への最後の防御壁だからね」

It evolved to soak up/ impurities."//

「不純物を吸い取るように進化したのさ」

And then/ he added,/ "But our water has no impurities."//

そして こうも言った 「ここの水には不純物がないんだ」

OK.// A farm/ that doesn't feed its fish,/ a farm/ that measures its success/ by the success of its predators.//

もう一度復習 養魚場は魚に餌をやらない 養魚場は天敵の繁殖状態で その成功を計る

And then/ I realized/ when he says,/ "A farm/ that has no impurities,/"/ he made a big understatement,/ because the water/ that flows through that farm comes in/ from the Guadalquivir River.//

ここで ようやく僕は気がついた 養魚場には不純物がないと聞いて 彼がまだ言ってないことに 気づいたのさ それは この養魚場に流れ込む グアダラキビール川の水が

It's a river/ that carries with it/ all the things/ that rivers tend to carry/ these days:/ chemical contaminants,/ pesticide runoff.//

運んでくるものは 今日の川が運んでくるものすべて 化学汚染物質 流れ出した殺虫剤

And when it works its way/ through the system/ and leaves,/ the water is cleaner/ than when it entered.//

その水が この養魚場の中を通って 流れ出る時 水はきれいになっている

The system is so healthy,/ it purifies the water.//

生態系が健全なので 水を浄化するんだ

So,/ not just a farm/ that doesn't feed its animals,/ not just a farm/ that measures its success/ by the health of its predators,/ but a farm/ that's literally/ a water purification plant --/ and not just/ for those fish,/ but for you and me as well.//

この養魚場は 魚に餌をやらないだけでなく 養魚場の成功を計るのに 天敵の健康を目安にするだけでなく 文字通り水質浄化工場なんだ そして 魚だけじゃなく 君たちや僕のためにもなっている

Because when that water leaves,/ it dumps out/ into the Atlantic.//

だって 水がここから 大西洋に入るだろ

A drop/ in the ocean,/ I know,/ but I'll take it,/ and so should/ you,/ because this love story,/ however romantic,/ is also/ instructive.//

大海の一滴に過ぎないけれど 僕は大事なことだと思う 君たちもそうだろう この恋物語は とてもロマンチックだが 教訓的でもある

You might say/ it's a recipe/ for the future of good food,/ whether we're talking/ about bass or beef cattle.//

これは 未来のおいしい食のための レシピと言えるだろう スズキだろうが肉牛だろうが関係ない

What we need/ now is a radically new conception of agriculture,/one/ in which the food actually tastes good.//

今僕たちに必要なのは 農業に対する画期的な思考法だ 食べ物を本当においしくする考え方だ

(Laughter) (Applause) But for a lot people,/ that's a bit too radical.//

(笑) (拍手) でも大多数の人には これはちょっと過激すぎる

We're not realists,/ us/ foodies;/ we're lovers.//

僕らグルメは現実主義者じゃない 僕らは恋愛主義者さ

We love farmers/' markets,/ we love small family farms,/ we talk about local food,/ we eat organic.//

僕らは 農場直営のマーケットが好き 家族経営の農場が好き 土地の食材について熱く語り 有機食品が大好きさ

And when you suggest/ these are the things/ that will ensure the future of good food,/ someone,/ somewhere stands up/ and says,/ "Hey guy,/ I love pink flamingos,/ but how are you going to feed the world?"//

でも 今言ったことが おいしい食の未来だと 説明すると 必ず誰かが立ち上がって言うよ 「ねえ君 ピンクフラミンゴは僕も好きさ」 「でも それで世界が養えるかい?」

How are you going to feed the world?//

「どうやって世界の食を確保するんだい?」

Can I be honest?//

正直言って

I don't love/ that question.//

この質問は嫌いだね

No, not/ because we already produce enough calories/ to more than feed the world.//

僕らがすでに 世界中の人たちに 十分な食料を生産しているからじゃない

One billion people will go hungry today.//

今 10億人の人が飢えている

One billion --/ that's more than ever before --/ because of gross inequalities/ in distribution,/ not tonnage.//

10億人 歴史始まって以来だ 実は 飢えは分配の不平等で生じるんだ 生産量じゃない

Now,/ I don't love this question/ because it's determined the logic of our food system/ for the last 50 years.//

この質問が嫌いなのは この質問が 過去50年の食糧政策を支えているからだ

Feed grain/ to herbivores,/ pesticides/ to monocultures,/ chemicals/ to soil,/ chicken to fish,/ and all/ along agribusiness has simply asked,/ "If we're feeding/ more people more cheaply,/ how terrible could that be?"//

「草食の家畜に穀物を与えろ」 「単一栽培して 殺虫剤をまけ 土に化学肥料を」 「魚にチキンを」 この間 農業ビジネスが 言ってきたのは 「より多くの人間に」 「より安い食料を与えることほど」 「バカげたことがあるだろうか?」

That's been the motivation,/ it's been the justification:/ it's been the business plan of American agriculture.//

これが動機なんだ これが理由なんだ これがビジネスモデルなんだ アメリカの農業のね

We should call it/ what it is:/ a business/ in liquidation,/ a business/ that's quickly eroding/ ecological capital/ that makes/ that very production possible.//

この正体は 「投げ売りビジネス」だ 生産を成り立たせる 生態系の資本を 急速に崩壊させているんだ

That's not a business,/ and it isn't agriculture.//

これは ビジネスなんかじゃない 農業でもない

Our breadbasket is threatened today, not because of diminishing supply,/ but because of diminishing resources.//

世界の食料庫が危ういのは 供給が減ってるからじゃない 資源が枯渇してきたからだ

Not/ by the latest combine and tractor invention,/ but by fertile land;/ not by pumps,/ but by fresh water;/ not by chainsaws,/ but by forests;/ and not by fishing boats and nets,/ but by fish/ in the sea.//

新しい農業機械が発明されないからじゃない 肥えた土地が不足しているからだ ポンプや真水の不足じゃない チェンソー不足じゃない 森林が減っているからだ 漁船や漁網の不足でもない 魚が減っているからだ

Want to feed the world?//

世界の食を確保するには

Let's start/ by asking:/ How are we going to feed ourselves?//

まず 僕たちの食を確保することを考えよう

Or better:/ How can we create conditions/ that enable every community/ to feed itself?//

どうしたら すべての共同体が 自らの食を確保できる状態を 作り出せるか考えよう

(Applause) To do that,/ don't look at the agribusiness model/ for the future.//

(拍手) そのためには 現在の農業モデルは

It's really old,/ and it's tired.//

古くて時代遅れだ

It's high/ on capital, chemistry and machines,/ and it's never produced anything really good/ to eat.//

資本 化学物質 機械に頼りすぎだ 本当においしいものができたためしがない

Instead,/ let's look/ to the ecological model.//

かわりに エコなモデルを見習おう

That's the one/ that relies on two billion years of on-the-job experience.//

それは20億年の 現場の体験に基づいているんだ

Look to Miguel,/ farmers/ like Miguel.//

ミゲールを見習おう ミゲールのような生産者を見習おう

Farms/ that aren't worlds/ unto themselves;/ farms/ that restore instead of deplete;/ farms/ that farm extensively/ instead of just intensively;/ farmers/ that are not just producers,/ but experts/ in relationships.//

環境に配慮した農家を見習おう 荒廃を止めて回復させる農家を見習おう 粗放的に経営する農家を見習おう 集約的な経営じゃない 単なる生産者ではなく 命のつながりを大事にする農家を見習おう

Because they're the ones/ that are experts/ in flavor,/ too.//

彼らこそが 味を大事にするからだ

And/ if I'm going to be really honest,/ they're a better chef/ than I'll ever be.//

いいかい 正直なところ 彼らの方が僕よりも腕の立つ料理人だ

You know,/ I'm okay/ with that,/ because/ if that's the future of good food,/ it's going to be delicious.//

でも 僕はそれでいい それが未来のおいしい食のあり方さ ほっぺが落ちるよ

Thank you.//

どうもありがとう

(拍手)

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

affair

〈C〉(個人的に関心・関係のある)『事』,事柄

〈C〉『事件』,でき事

《複数形で》仕事,業務

〈C〉《話》《修飾語を伴って》物,しろもの

〈C〉(特に一時期の)恋愛事件,情事

texture

織り方,織り目,織り地

(皮膚・木・石などの)きめ,手触り

meaty

肉の,肉のような

肉の多い,肉付きのよい

内容の充実した

bestseller

ベストセラー(ある期間中に最もよく売れた本)

ベストセラーの著者

menu

(レストランの)『メニュー』,献立表

料理

laughter

『笑い』,笑い声

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

unimaginable

想像できない,思いもつかない

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

chef

コック長,料理長

コック,料理人

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

clear-cut

輪郭のはっきりした

(意味・考えなどが)はっきりした,明快な

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

overstate

・・・‘を'大げさに言う,誇張して話す

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

ninety

〈U〉(数の)『90』;90の記号(90,XCなど)

U〈〉90歳

〈U〉《複数扱い》90人,90個

《the nineties》(世紀の)90年代;(年齢の)90歳代

『90の』,90人の,90個の

《補語にのみ用いて》90歳の(で)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

tuna

〈C〉(また tunny)マグロ

(また tunny, tuna fish)マグロの肉

halibut

オヒョウ,オオヒラメ(北方海洋産の大型の食用魚)

salmon

〈C〉(魚の)『サケ』;〈U〉サケの肉

〈U〉サケの肉の色,サーモンピンク(黄色がかったピンク色)

swordfish

メカジキ(刀に似た鋭い上あごをした魚)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

aquaculture

養殖,養魚

farming

農業

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

pollute

(…で)〈水・空気・土など〉‘を'『汚す』,『汚染する』,不潔にする《+『名』+『with』(『by』)+『名』(do『ing』)》

(道徳的に)〈精神〉‘を'汚す,堕落せせる

〈聖地など〉‘を'冒涜(とく)する

anyway

=anyhow

inefficient

(人が)役に立たない,無能の;(機械・方法などが)役に立たない,能率の上がらない

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

drawback

(…の)障害,妨げ《+『to』+『名』》;不利,欠点,短所

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

conversion

〈U〉〈C〉(性質・形・機能などの)(…から…への)転換,変換,変化《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(宗教・主義などの)改宗;(…への)帰依,転向《+『to』+『名』》

ratio

『比』,比率,『割合』;『比例』

fifteen

〈C〉(数の)『15』;15記号(15,XVなど)

〈U〉(24時間制の)15時,15分;15歳

〈U〉《複数扱い》15人,15個

〈C〉15(15人,15個)一組のもの;ラグビーチームのメンバー

『15』の,15個の,15人の

《補語にのみ用いて》15歳の(で)

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

concentrated

集中した

濃縮した

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

basically

基本的に,根本的に;元来は

unto

…に,の方へ,まで(to)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

protein

蛋白(たんばく)質

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

no one

『だれも』…『ない』

biologist

生物学者

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

algae

藻類

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

pellet

(指で丸めたような)小球;小粒

(空気銃の)小弾丸

丸薬,錠剤

yeah

=yes

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

bone meal

骨粉(肥料・飼料用)

scrap

〈C〉『かけら』,小片;少し;《A~》少々(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》残りもの,食べ残し

〈U〉(くず鉄など)金属のスクラップ

〈U〉『くず』,廃物,がらくた

(役に立たないとして)…‘を'捨てる(discard)

…‘を'くず(スクラップ)にする

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

self-righteous

独善的な,ひとりよがりの

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

swear

(神などにかけて)『誓う,』宣誓する

(宣誓して)(…を)『証言する』《+to+名(doing)》

『罰当たりな言葉を使う,』(…を)ののしる《+at+名》

(神などにかけて)…を‘誓う,'誓って言う

《話》《swear+that節》…だと断言する,主張する

(…を)〈人〉‘に'誓わせる,宣誓させる《+名+to+名(doing)》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

love story

恋物語,恋愛小説

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

Spain

『スペイン』(ヨーロッパ南西部の王国;首都はMadrid)

journalist

ジャーナリスト

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

shimmer

ちらちら光る,かすかに光る

ちらちらする光,かすかな光

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

ca

circa

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

southwestern

南西の,南西へ向かう

(風が)南西からの

南西部特有の

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

beef cattle

食肉用の牛

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

intricate

(構造・模様など)こみ入った

分かりにくい

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

canal

『運河』

(食道・気菅などの)導菅

(火星の苗面に見える)運河状の地形

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

economically

倹約して

経済的に

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

environmental

環境の;自然環境の

conscience

『良心』,道義心,善悪を判断する力

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

instead

『その代りとして』,それよりも

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

bass

低音の

〈U〉,低音,バス(男声の最低音域)

〈C〉低音歌手

mullet

ボラ(河口近くに住む魚:薫製にすると美味です)

shrimp

(食用の)小エビ

《俗》ちび,子供;取るに足りない人

eel

ウナギ

completely

『完全に』,全く,十分に

ecological

生態学の

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

crocodile

ワニ

okay

=OK,O.K.

slog

(特にクリケットで)〈ボール〉‘を'強打する

…‘に'精を出す

強打する

こつこつ働く,精を出す

〈C〉(クリケットでの)強打

〈U〉こつこつする仕事,苦しい道のり

pant

『あえぐ』,息を切らす

《現在分詞の形で》熱望する,強く望む

…‘を'あえぎながら言う《+『out』(『forth』)+『名,』+『名』+『out』(『forth』)》

『あえぎ』,息切れ;動悸(どうき)

mud

『泥』;ぬかるみ

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

calmly

『静かに』,落ち着いて

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

biology

『生物学』

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

kite

『トビ』(ワシタカ科の猛鳥)

『たこ』(凧)

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

grouping

グループに分けること;分類法

(集まった物の)配置,配合

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

giraffe

ジラフ,キリン

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

aquatic

水生の,水の

水上の,水中で行われる

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

biotic

生命の;生物の

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

swoon

気絶,卒倒(faint)

《文またはおどけて》無我夢中になる

気絶する,卒倒する

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

interrupt

(行動や話の途中で)〈人〉‘を'『さえぎる』,妨げる

〈行為・話など〉‘を'『中断する』

〈物事〉‘を'さえぎる

『じゃまする』,話の腰を折る

dude

めかし屋,気どり屋;(西部に来る東部の)都会人

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

zooplankton

動物プランクトン

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

totally

全く,完全に

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

property

動産

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

flamingo

ベニヅル,フラミンゴ

literal

(訳などが)原文の語句に忠実な

(比喩(ひゆ)的でなく)文字通りの意味の

(人が)字句の意味にこだわる想像力のとぼしい

事実通りの,誇張のない

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

feast

(宗教的な)『祝祭』,祭礼;祭日,祝日

祝宴,宴会(banquet);ごちそう

(…の)目や耳を楽しませるもの,(…にとっての)楽しみ《+『for』(『to』)+『名』》

(…で)…‘に'『ごちそうする』,‘を'もてなす《+名+on(upon)+名》

《文》(…で)〈目や耳〉‘を'喜ばせる,楽しませる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

宴を張って〈時〉‘を'過ごす《+『名』+『away』》

(…の)祝宴に列する,(…を)ごちそうになる《+『on』(『upon』)+『名』》

confused

困惑した,まごついた

ごっちゃになった,混乱した;(思考・言葉など)支離滅裂の

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

sanctuary

〈C〉(教会・寺院など)神聖な場所,聖所

〈C〉(教会・寺院などで)最も神聖な場所,聖域(教会堂の内陣,ユダヤ教会の至聖所など)

〈C〉(犯罪者の)隠れ場,(一般に)安らかな場所

〈U〉保護,避難

〈C〉(鳥・獣の)保護区,禁猟地

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

intensively

強く,激しく;集中的に

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

brood

(同時に生まれた)『ひな』

《軽べつして》(一家の)子共たち

〈鳥などが〉〈卵〉'を'抱く

…'を'熟考する;…'を'思い悩む

卵を抱く;巣につく

(…について)思い悩む,くよくよと考えこむ《+『on』(『over』,『about』)+『名』(do『ing』)》

(…を)おおう,(…の上に)たれこめる《+『above』(『over』)+『名』》

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

nest

(鳥・昆虫・魚類・小動物などの)『巣』,巣穴

《集合的に》巣の中の鳥(動物など),(昆虫などの)群れ

居ごこちよい場所,落ちつける場所

(犯罪などの)温床;(悪党などの)巣窟(そうくつ)

(入れ子式・重箱式などになった物の)一組,一そろい《+『of』+『名』》

巣を作る,巣ごもる

…‘を'巣に入れる

(巣に入れるように)…‘を'すっぽり収める

…‘を'入れ子式にする,重ね合わせる

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

penguin

ペンギン

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

Houston

ヒューストン(米国Texas州東南部の都市:NASAの宇宙船飛行管制センターがある)

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

beloved

最愛の,非常に愛されている

《文》《詩》最愛の人,愛する人

sear

(治療のため)〈傷口〉‘を'焼く;…‘を'やけどする;〈肉など〉‘を'焼く,あぶる

〈植物〉‘を'枯らす,しなびさせる

…‘を'無感覚にする,〈心など〉‘を'固くする

=sere

crispy

=crisp1

acrid

(舌・鼻に)刺激のある,ひりひりする

(言葉・態度・気質が)しんらつな,とげとげしい

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

sponge

〈C〉『海綿動物』

〈C〉〈U〉『海綿』,スポンジ;(一般に)海綿(スポンジ)状の物

〈C〉《比喩(ひゆ)的に》(海綿のように)何かをふんだんに吸収する人(物)

〈C〉《話》いそうろう,食客

〈C〉〈U〉(外科手術用の)ガーゼ帯

…‘を'海綿(スポンジ)で洗う(ぬらす,ふく)

〈液体〉‘を'海綿(スポンジなど)で吸い取る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《話》…‘を'せびり取る;…‘に'せびる

〈海綿などが〉液体を吸収する

《話》(人に)たかる《+『on』(『upon, off』)+『名』〈人〉》

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

soak

…‘を'『びしょぬれにする』,ぬらす・(…に)…‘を'『浸す』,つける《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》・〈水分・知識など〉‘を'『吸収する』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》・〈汚れなど〉‘を'しみ出させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》・《話》〈人〉‘に'法外な値段をふっかける・(液体などに)『つかる』,浸る《+『in』(『into』)+『名』》

(…に)〈液体が〉『しみる』《+『in』(『into, through』)+『名』》・

『浸すこと』,つけること;(水に)つかった状態,ずぶぬれ

OK

Oklahoma

impurity

〈U〉不潔;不純

〈C〉《しばしば複数形で》混じり物,不純物

〈U〉不道徳

understatement

控え目(内輪)に言うこと;〈C〉その言葉・控えめな言葉[表現] 《誇張表現の反対で,控えめに表現してかえって強い印象を与える表現方法》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

contaminant

汚染物質(放射能,毒ガスなど)

pesticide

殺虫剤

runoff

〈U〉(地下に吸収されずに)地表を流れる雨水

〈C〉同点(同位)者の決勝戦

purify

(…を除いて)…‘を'清める,きれいにする,浄化する《+『名』+『of』+『名』》;(…から)…‘を'除いてきれいにする《+『名』+『from』+『名』》

きれいになる

purification

清めること,浄化

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

Atlantic

『大西洋の』

《the ~》『大西洋』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

instructive

『ためになる』,

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

agriculture

『農業』,農学

applause

『拍手かっさい』;称賛

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

realist

現実主義者;写実主義者;実在論者

lover

『誠する人』,恋人《複数形で》恋人同士

(…の)『愛好家』,(…を)愛する人《+『of』+『名』》

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

calorie

(また『small calorie』)グラムカロリー(物理・化学で用いる熱量の単位で,1グラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

(また『large calorie』)キロカロリー(生物などで用いる熱量の単位で,1キログラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

カロリー(生物の熱消費量,食品の燃焼熱)

1カロリーのエネルギーを生じる食物量

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

tonnage

(排水量または容量で測る船舶の)トン数

(績み荷や生産物の重量を測る)トン数

(一国の船舶の)総トン数

トン税(積荷のトン数に応じて支払う税金)

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

grain

〈C〉(穀類の)『粒』《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『穀物』,穀類

〈C〉(砂・塩などの)粒《+『of』+『名』》

〈C〉《おもに否定文で》『ごく少量』,ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉グレーン(最小の重量単位で約0.0648グラム;《略》『gr.』,『g.』)

〈U〉(木・石などの)きめ,はだ,木目(もくめ),石目

herbivore

草食動物

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

agribusiness

農業関連産業(企業)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

cheaply

=cheap{副}

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

motivation

動機を与えること,動機づけ

justification

(…を)正当化すること,(…の)正当化,弁明,弁護《+『of』+『名』》

(…を)正当とする理由(事実)《+『for』+『名』(do『ing』)》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

liquidation

(負債)の弁済,(会社の)整理

殺害

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

erode

〈酸などが〉〈金属類〉‘を'腐食する;〈水滴・雨・波などが〉…‘を'浸食する

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

breadbasket

《話》穀倉地帯

《俗》胃袋

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

diminish

…‘を'『小さくする』,『減らす』,少なくする

〈音程〉‘を'半音狭くする

『小さくなる』,減少する

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

tractor

(農業用の)トラクター,(一般に)けん引[自動]車

(トレーラーを引くための運転手台だけの)けん引用トラック

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

fertile

(土地が)『肥沃(ひよく)な』,作物のよくできる

(動植物が)繁殖力のある

(種子などが)生育力のある;(卵が)受精した(fertilized)

(精神などが)創造力の豊かな

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

chainsaw

鎖のこ,チェーンソー

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

tired

『疲れた』

《補語にのみ用いて》『飽きた』,うんざりした;(…に)飽きた《+of+名(doing)》

(文句などが)陳腐な

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

rely

『あてにする』,たよる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

deplete

〈価値・分量・内容など〉‘を'激減させる,使い果たす

producer

『生産者』;産出地

(劇・映画などの)製作者,プロデューサー

関連動画