TED日本語 - エリック・ディシュマン: 医療をメインフレームから取り外そう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDMEDでエリック・ディシュマンが大胆な発言をします:米国医療システムは病院、医師、老人ホームなどからなる巨大中央システムによって縛られ、まるで1959年頃のコンピューティングのような状態に陥っているのです。高齢化が進む今、全ての人が利用できる、より個人的であり、かつ周囲の機関とのつながりがしっかりしていて、家庭を基盤とした医療管理に注目することが重要だと彼は力説します。

Script

電話のことを考えると インテル社は 今日お見せする多くのことを この10年間に約600の家庭で 試してきました -- アイルランドで300軒 ポートランドで300軒 そして人の行動を どう測り モニターしたら 医療的に 最も有意義か という課題に取り組んできました

電話のことを考えてみましょう いろいろな使い道があります 正しい薬を正しいときに飲むためにも使えます このようにシンプルな 感知ネットワーク技術を家庭で試し お年寄りが使い慣れている電話が 薬を飲む役に立つだろうと考えています お年寄りが電話をとると 服用すべき薬を教えてくれるメッセージが聞こえてきます 彼らは単に友達と会話をしているふりをすればいいのです キッチンのテーブルに置いてある 年寄り ひ弱 とでも言いたげな薬入れに 恥を感じなくていいのです こんな密かなテクノロジーが 薬を忘れずに正しく飲む という 単純なことの役に立つのです

また私たちは電話で他にもすごいことをやっています 実は電話を受けるたびに 知覚テストを受けているといえるのです 考えてみてください 三パターンの電話の受け方をデモします 「もしもし おお」 いいですか これが一回目です 「もしもし えっと おお」 「もしもし えっと どなた? ああ おお」 どうです? 三回の電話の受け方には ずいぶんな違いがありましたよね お年寄りの電話の受け答えを 長期的に見ていき 0.01秒単位の正確さで 認知した瞬間を調べます 電話しているのを友達だと理解し すぐに会話を始めるか それともまごまごと「えっ どなた ああ」 というようにしばらく戸惑うか を記録します この認識するまでにかかる時間は 初期の痴呆を感知するにあたって 最も的確な尺度かもしれません

こういうのを行動指標といいます 他にもいろいろあります 例えば 電話が鳴ったら答えるのに以前より時間がかかっているか 耳が遠くなったのか それとも体が不自由になったのだろうか 声が以前より小さいか 研究中にアルツハイマーやパーキンソン病の方と触れ合うと 特にパーキンソン病患者がたまに発するあの小声が 医学的に認知される5年から10年も前に 病を感知する 最も的確な目印になりうるということが分かってきました ただこんなかすかな声の変化は気付き難いため 患者自身や配偶者は極端に声が小さくなるまで 気付かないものなのです

電話のセンサーはそんな声に注目しています 受話器を取ったとき どれくらい手が震えていて 震えの具合はどのように変化しているか 以前より電話するのに苦労しているか 不器用になったのか それとも初期の関節炎だろうか 頻繁に電話するか 以前より非社交的になっていないだろうか 傾向に注目するのです このような社交性の減少は 将来の身体的健康とどうつながっているだろうか そして うわあ 何て画期的なアイディアでしょう アメリカ以外では このような全く新しい技術を利用して 電話の向こう側のナースやドクターと会話できるかもしれない 実際にこんなことができる日がきたら 何て素晴らしいことでしょう

これらを私は行動指標とよんでいます これはまさにこの10年間インテルで私達が 研究してきた分野です ディスラプティブ技術をシンプルに表すのが 今日お話しする5つのスローガンの一つ目です 行動指標は重要 どうしたら行動を変えられるか どのように行動の変化を 測ったら効果的に 病気を予防し 病気の始まりや その進行を長期的に追うことができるでしょうか

さて この10年間なぜインテルは 大量のお金と時間をかけてお年寄りが必要とするものや このような行動指標についての 研究をさせてくれたのでしょうか これは私達が行った実地調査の例です この10年の間に20カ国で1000もの お年寄りの家庭に暮らしてみました ニューヨーク州のロチェスターの人々が対象です 現地で暮らすのは冬と決めました 冬期の暮らし また医療の 利用しやすさや彼らの社交性は 夏とはかなり異なるからです 腰骨を骨折した場合 一緒に病院に行き 退院までの経験を全て研究します 介護に大きく貢献する重要な家族がいる場合 その家族も含めて

つまり医療経験を全て研究するのです この10年間で20カ国における 1000人以上のお年寄りを調査しました なぜインテルはこの研究への投資をいとわないのか その理由は二つ目のスローガンにあります 今から10年前 私がインテルに 自立生活を支援するディスラプティブ技術の 研究の許可を求め始めとき 私はこの課題を"Y2K + 10"とよびました

2000年のことを思い出すと みんなコンピュータの老化について 絶えず心配してましたよね 1999年から2000年への変わり目を 無事に生き抜くことができるのか 心配しすぎて 人口統計学者しか注目していなかった瞬間を見逃したのです まさに新年のあたりのことです 突然の大転換が起きました 初めて 世界のお年寄りの数が 若者の数を上回ったのです 史上初のことです 宇宙人が侵入したり 世界的な流行病が起きない限り 今後もこの状況は続くと人口統計学者は予想しています

10年前ですから インテルを説得するのに たっぷり時間があったかと思うでしょう Y2K + 10問題はどんどん進行し ベビーブーマー達は退職し始めています さて皆さん ここにあるのは見慣れた人口統計ですよね これは全世界の地図です まるで灯りはついているけど 誰も居ないかのようのです まさにY2K + 10の問題ですよね みんなは分かってはいるけど 実感してない 誰もこの問題に全く取り組もうとしません

医療改革法案は大いに 老化現象の実状を無視しています また私達が変えなければいけないのは どうやって介護費を支払うかだけでなく 介護の革新的な提供方法が必要だということも推測できます この問題は私達にかかっているのです この見出しを見たことがあるでしょう キャサリン ケイシーです 彼女はベビーブーム世代で初めて社会保険を受け取った人です 今年 彼女は早期退職を選びました 彼女が生まれたのは1946年になった1秒後でした 退職する前は教師でした 保険行政官と一緒にいるところです 初のベビーブーマー 来年2011年までもかかりませんでした もう今年から早期退職する人がでてきています

さあ Y2K+10問題はもうここまで来ているのです 50の津波が予約済みといえるでしょう しかし私たちは政府の力や先進的な技術を 使ってそれらに立ち向かうことは できないようです 今から準備するのではなく 大惨事になるまで待っているのでしょうか このY2K+10問題に備えることが 非常に困難な理由の一つ それは 私達は メインフレーム中毒にかかっているのです

6,7年前にアンディー グローブが 本人は忘れたでしょうが フォーチュン誌中で メインフレーム医療という表現を用いました 私はこの観念を発展させてきたのです 彼は「エリック するどい発想だね」と言ったので 私は「あなたがフォーチュン誌に載せたものを 発展させただけです」と返しました これがメインフレームです

このように医療機関にお金をかけて みんなで行って共同使用するという観念は 1787年に始まりました これはウィーンにある 初の一般病院です ウィーンに第二の一般病院が建築されたのは 1850年頃で 徹底的な医学カリキュラムを開発して 医学生に専門科目を教え始めました またここで開発された まさに人体を分割するという考え方や 医療を別々の学科や区画に分類するという観念が発展しました 私たちの思想にもそれが反映され 医学教育もその影響を受け 今日までこのメインフレーム思考が持続しています

さて 私は反病院思考なわけではありません 健康のために薬物治療を受けたり 様々な病院を訪問したこともあります しかし私たちは高台にある病院をすごいと思いがちです そう これがメインフレーム医療なのです そしてたった30年前には 今使っているような技術は考えられませんでした 以前はこの部屋の大きさほどあったメインフレームコンピュータが 今ではバッグやベルトにつけている 携帯電話の中にあるのです 突然コンピュータという 以前は専門家中心だったシステムが みなさんが日々利用する個人的なシステムになったのです このようなメインフレームから個人への転換を 医療にも応用するべきです メインフレーム思考の医療から個人中心型の医療に 移り変わらなければならないのです

私達はこのような考え方にはまり過ぎています インテルが世界中の人に 「医療と聞いてまず思いつくのは?」と聞くと 一般に 最初の答えは「医師」です 二番目の答えは「病院」そして三番目は「病」 私達の脳は機械的に 医療と医療改革といえば こういう所で起きるものだと 考えるようになっています 今進行している医療改革や医療技術の 方針を聞くと どのようにしてメインフレーム内の 電子医療資料を医師たちに 普及させるか ということばかりです メインフレームから家庭へと 移行する方法など頭にありません この問題の根源は 私達の医療の認識にあります

今のシステムは危機に対する反応で成り立っています 診療時間は15分 医療は 全人口レベルでとらえていて 人工的な環境の中で生体情報を集め そして患者をさっと治して 家に返します そして 冊子を渡したりネットのサイトを教えたりして メインフレームに戻ってこないことを願います

既にこんな方法ではやっていけないことは明らかです メインフレーム医療では無保険者まで治療できない そしてこれから高齢化の波に対面したら この問題は数倍に拡張しますよね 医療面で不景気が続いているので 何か新しい対策が必要です 家庭に注目しなければなりません

より個人的な医療対策を目指し 医療を家庭に移動させなければなりません 早期 予防的な対応はどうすれば実現するか どうやって休みなく生体情報などを測定するか どうやって患者特有の正常数値を得るのか 家の中や周辺における 生体情報に限らない 行動 心理 環境との関係についての情報を どうやって収集すればよいのか そして今まで通りの医療プランに従うのをやめて 素晴らしい技術を利用した個人的なものに 変えるためにはどうしたらいいのでしょうか これこそ個人的な医療モデルを発達させるための的確な対策です

いくつか例を挙げましょう ミミです 私達の研究に参加した一人で 90歳代のとき彼女が転倒したことを気にして 家族は 彼女を外に預けることにしました ひどい転び方をした経験がある人 または 親や家族の誰かがひどい転倒を経験 したことがある人は手を挙げてください 典型的なパターンです 骨盤骨折をもとに施設に入るお年寄りは珍しくありせん ミミの場合も同様 心配した家族は 彼女を自宅から介護施設に移すことにしました そこで彼女は酸素吸入器につまづきました

この年代の人は警報機を持っていても 人の世話になりたくないから使いません 毎月30ドル払っているにも関わらずです ベビーブーム世代は間違いなく押すでしょう 休み無しに警報ボタンを押すでしょうね

ミミは骨盤を骨折し一晩中 そして次の日の朝もずっと 誰かが彼女を見つけて病院に連れて行くまで 倒れたまま待っていました そこで治療を受けましたが 介護には 戻れないため 老人病棟に入れられました 同じ施設の老人病棟での最初の夜 次々と違うベッドに投げられるように移動させられ 彼女は再び骨盤を骨折し 同じ病院に戻されました そこでは誰もカルテを見ずに アレルギーであるタイルノールを飲ませました 彼女はアレルギー反応や床擦れ 心臓異常などに苦しまされ亡くなりました 転倒とその結果起きた手違いと過失の結果です

さてこの話の一番恐るべきことは これは私の家内の祖母に起きたことなのです 私はエリック ディシュマンです 英語を話し インテルの社員で いい給料をもらっています 研究分野である 転倒や関連した怪我についても よく理解しています 私は上院議員やCEOへも顔がききます それでもこのようなことを防げないのです このような避けられない問題が起きたときに お金がなく 英語が話せなかったら こんなときどうすればよいのでしょうか 大多数の転倒を予防するためにはどんな対策を とればいいのでしょうか

まさにその対策を築くために私達が進めている 研究の例をいくつか挙げましょう 私はシマーというちょっとした電子機器をつけてきました ここに研究のプラットフォームがあるのです この機械には加速計がついており 心電図もつけられます 様々な機能のものをつけることができ これらによって外の 世界で実際の 震えや足取り 歩幅などを記録します

ミミの例からも分かるように 問題なのは転倒についての私達の知識は 州から三ヵ月後に送られてくる調査書にある 「転倒時に何をしていましたか?」の統計位だということです そんなものなのです でもシマーや マジックカーペットという機械 つまりカーペットにスポーツ医療に使われている センサーやカメラ装置を搭載したものを 600件のお年寄りの家庭に導入しだし 実際の動作に関するデータを収集することで お母さんが転倒する恐れがあるというサインになるような かすかな動きの変化について分かり出してきています

そして多くの場合 二種類の介入が可能です 医薬品の問題も解決しなければなりません 私は定理的データを研究対象としていますが 家庭から送られてきたデータを見れば どこかの医者が 知らないうちに新しい薬を処方した 日にちを推定することができます 家庭内での移動パターンに明らかな変化が見られるからです このような行動指標や行動の変化についての発見は 医療に非常に重要な影響をもたらす 顕微鏡の発見のようなものなのです データ ストリーム収集という初めての試みが可能にしたことです

これはアイルランドのトリル クリニックです ここに見えるように 彼女はマジックカーペットに 記録されたデータを見ています この小さなカーペットによって 何ヶ月にもわたって 姿勢のゆれ具合とその変化を観察できます これはそのようなデータの例です これはセンサーが点灯しているところです

これは私達の研究に参加した 2人のお年寄りの約1年分のデータです 彼らが移動した室内の様々な部屋が色で示されています 左図の人は自宅生活で 右の人は介護施設に住んでいました なぜ分かるかというと 食事の時間 つまりそれぞれの 個室にいないときの時間がとても規則的ですよね 大したことではないように感じるかもしれませんが このような長期に渡って 繰り返し収集されたデータを見ることで 行動を完全に 家庭内での部屋の移動から シマーがとらえるような細かな足の動きまで 見ることで このデータ ストリームから 今まで分からなかった 行動パターンに関する 様々なことが明らかになってきます

ORCATech.orgを見てみてください シャチ(orca)は無関係です オレゴン老化と医療センターです そこにもっと詳しいことが載っています インテルは今でも 世界有数の 自立生活支援技術に関する研究のスポンサーです 多くの資金提供を自慢しているのではなく 問題なのは 他の人達が老化現象に無関心で 新しい対処法 慢性病管理 また自宅での自立生活に関する 研究への援助が極端に少ないということです

私の四つ目のスローガンは 一万の家庭に広めなければ破滅 です 国際的に それが無理ならせめて全国規模で フラミンハム式の心臓の研究を 自立生活支援技術に関して実施するために 一万のお年寄りの家庭に対して 医療が全てそろった環境と 研究を開始するための基盤を提供し 大学がスポンサーとなって進めてきた 20の家庭での 結果をもとに 大規模の臨床実験に 発展させ これらの技術の重要性を証明する必要があります だから一万の家庭に広めなければ破滅 です これらはインテルの研究のために訪問したいくつかの家庭です

さて私の五つ目 そして最後のスローガン この2年間 もうすぐそこ と思われることもありましが とにかく 医療改革法案の主題が 何かから何かへの変化 となるように促す努力をしてきました メインフレーム中心構造から 個人中心の医療構造への移り変わり または公共医療保険の制定とその資金の 問題について論議以上のものになるように 医療費用の支払い方法は重要な問題ではありません 何かいい方法を今後10年間で 考えて試すのです 誰が費用を提供しようと とにかく根本的に違う方法で 患者を家庭内で介護し 家族や介護をする人達を 介護チームの一員と認識し ここにあるディスラプティブ技術を使うことで 根本的に介護の仕方を変えなければいけないのです

私達の大統領は堂々と 医療改革の論議の最後に 「この国の目標は10年以内に介護の50%を 施設、診療所、病棟や老人ホームから 家庭に移すことだ」と述べるべきなのです これは可能です 経済的にも道徳的にも 達成するべき目標です そして生活の質を高めるためにもです 今ある医療改革法案には何の目標もありません 全くめちゃくちゃです

さて 私からの最後のメッセージです どうやってこれからのY2K +10問題を解決に向けて 月旅行レベルの目標を定めたらいいのでしょうか 新しい技術やその進歩がこの問題を完全に 解決しないかもしれない でも解決策の一つとなるでしょう 個人中心の医療を目指す動き つまり医療改革の大目標 を私達みんなで始めなければ 行き詰まってしまうでしょう この会議をそんな運動へと進めてください どうもありがとう (拍手)

If you think about the phone -- and Intel has tested a lot of the things I'm going to show you, over the last 10 years, in about 600 elderly households -- 300 in Ireland, and 300 in Portland -- trying to understand: How do we measure and monitor behavior in a medically meaningful way?

And if you think about the phone, right, it's something that we can use for some incredible ways to help people actually take the right medication at the right time. We're testing these kinds of simple sensor-network technologies in the home so that any phone that a senior is already comfortable with can help them deal with their medications. And a lot of what they do is they pick up the phone, and it's our system whispering to them which pill they need to take, and they fake like they're having a conversation with a friend. And they're not embarrassed by a meds caddy that's ugly, that sits on their kitchen table and says, "I'm old. I'm frail." It's surreptitious technology that's helping them do a simple task of taking the right pill at the right time.

Now, we also do some pretty amazing things with these phones. Because that moment when you answer the phone is a cognitive test every time that you do it. Think about it, all right? I'm going to answer the phone three different times. "Hello? Hey." All right? That's the first time. "Hello? Uh, hey." "Hello? Uh, who? Oh, hey." All right? Very big differences between the way I answered the phone the three times. And as we monitor phone usage by seniors over a long period of time, down to the tenths of a microsecond, that recognition moment of whether they can figure out that person on the other end is a friend and we start talking to them immediately, or they do a lot of what's called trouble talk, where they're like, "Wait, who is this? Oh." Right? Waiting for that recognition moment may be the best early indicator of the onset of dementia than anything that shows up clinically today.

We call these behavioral markers. There's lots of others. Is the person going to the phone as quickly, when it rings, as they used to? Is it a hearing problem or is it a physicality problem? Has their voice gotten more quiet? We're doing a lot of work with people with Alzheimer's and particularly with Parkinson's, where that quiet voice that sometimes shows up with Parkinson's patients may be the best early indicator of Parkinson's five to 10 years before it shows up clinically. But those subtle changes in your voice over a long period of time are hard for you or your spouse to notice until it becomes so extreme and your voice has become so quiet.

So, sensors are looking at that kind of voice. When you pick up the phone, how much tremor are you having, and what is that like, and what is that trend like over a period of time? Are you having more trouble dialing the phone than you used to? Is it a dexterity problem? Is it the onset of arthritis? Are you using the phone? Are you socializing less than you used to? And looking at that pattern. And what does that decline in social health mean, as a kind of a vital sign of the future? And then wow, what a radical idea, we -- except in the United States -- might be able to use this newfangled technology to actually interact with a nurse or a doctor on the other end of the line. Wow, what a great day that will be once we're allowed to actually do those kinds of things.

So, these are what I would call behavioral markers. And it's the whole field that we've been trying to work on for the last 10 years at Intel. How do you put simple disruptive technologies, and the first of five phrases that I'm going to talk about in this talk? Behavioral markers matter. How do we change behavior? How do we measure changes in behavior in a meaningful way that's going to help us with prevention of disease, early onset of disease, and tracking the progression of disease over a long period of time?

Now, why would Intel let me spend a lot of time and money, over the last 10 years, trying to understand the needs of seniors and start thinking about these kinds of behavioral markers? This is some of the field work that we've done. We have now lived with 1,000 elderly households in 20 countries over the last 10 years. We study people in Rochester, New York. We go live with them in the winter because what they do in the winter, and their access to healthcare, and how much they socialize, is very different than in the summer. If they have a hip fracture we go with them and we study their entire discharge experience. If they have a family member who is a key part of their care network, we fly and study them as well.

So, we study the holistic health experience of 1,000 seniors over the last 10 years in 20 different countries. Why is Intel willing to fund that? It's because of the second slogan that I want to talk about. Ten years ago, when I started trying to convince Intel to let me go start looking at disruptive technologies that could help with independent living, this is what I called it: "Y2K + 10."

You know, back in 2000, we were all so obsessed with paying attention to the aging of our computers, and whether or not they were going to survive the tick of the clock from 1999 to 2000, that we missed a moment that only demographers were paying attention to. It was right around New Years. And that switchover, when we had the larger number of older people on the planet, for the first time than younger people. For the first time in human history -- and barring aliens landing or some major other pandemic, that's the expectation from demographers, going forward.

And 10 years ago it seemed like I had a lot of time to convince Intel to work on this. Right? Y2K + 10 was coming, the baby boomers starting to retire. Well folks, it's like we know these demographics here. This is a map of the entire world. It's like the lights are on, but nobody's home on this demographic Y2K + 10 problem. Right? I mean we sort of get it here, but we don't get it here, and we're not doing anything about it.

The health reform bill is largely ignoring the realities of the age wave that's coming, and the implications for what we need to do to change not only how we pay for care, but deliver care in some radically different ways. And in fact, it's upon us. I mean you probably saw these headlines. This is Catherine Casey who is the first boomer to actually get Social Security. That actually occurred this year. She took early retirement. She was born one second after midnight in 1946. A retired school teacher, there she is with a Social Security administrator. The first boomer actually, we didn't even wait till 2011, next year. We're already starting to see early retirement occur this year.

All right, so it's here. This Y2K + 10 problem is at our door. This is 50 tsunamis scheduled on the calendar, but somehow we can't sort of marshal our government and innovative forces to sort of get out in front of it and do something about it. We'll wait until it's more of a catastrophe, and react, as opposed to prepare for it. So,one of the reasons it's so challenging to prepare for this Y2K problem is, I want to argue, we have what I would call mainframe poisoning.

Andy Grove, about six or seven years ago, he doesn't even know or remember this, in a Fortune Magazine article he used the phrase "mainframe healthcare," and I've been extending and expanding this. He saw it written down somewhere. He's like, "Eric that's a really cool concept." I was like, "Actually it was your idea. You said it in a Fortune Magazine article. I just extended it." You know, this is the mainframe.

This mentality of traveling to and timesharing large, expensive healthcare systems actually began in 1787. This is the first general hospital in Vienna. And actually the second general hospital in Vienna, in about 1850, was where we started to build out an entire curriculum for teaching med students specialties. And it's a place in which we started developing architecture that literally divided the body, and divided care into departments and compartments. And it was reflected in our architecture, it was reflected in the way that we taught students, and this mainframe mentality persists today.

Now, I'm not anti-hospital. With my own healthcare problems, I've taken drug therapies, I've traveled to this hospital and others, many, many times. But we worship the high hospital on a hill. Right? And this is mainframe healthcare. And just as 30 years ago we couldn't conceive that we would have the power of a mainframe computer that took up a room this size in our purses and on our belts, that we're carrying around in our cell phone today, and suddenly, computing, that used to be an expert driven system, it was a personal system that we all owned as part of our daily lives -- that shift from mainframe to personal computing is what we have to do for healthcare. We have to shift from this mainframe mentality of healthcare to a personal model of healthcare.

We are obsessed with this way of thinking. When Intel does surveys all around the world and we say, "Quick response: healthcare." The first word that comes up is "doctor." The second that comes up is "hospital." And the third is "illness" or "sickness." Right? We are wired, in our imagination, to think about healthcare and healthcare innovation as something that goes into that place. Our entire health reform discussion right now, health I.T., when we talk with policy makers, equals "How are we going to get doctors using electronic medical records in the mainframe?" We're not thinking about how do we shift from the mainframe to the home. And the problem with this is the way we conceive healthcare. Right?

This is a very reactive, crisis-driven system. We're doing 15-minute exams with patients. It's population-based. We collect a bunch of biological information in this artificial setting, and we fix them up, like Humpty-Dumpty all over again, and send them home, and hope -- we might hand them a brochure, maybe an interactive website -- that they do as asked and don't come back into the mainframe.

And the problem is we can't afford it today, folks. We can't afford mainframe healthcare today to include the uninsured. And now we want to do a double-double of the age wave coming through? Business as usual in healthcare is broken and we've got to do something different. We've got to focus on the home.

We've got to focus on a personal healthcare paradigm that moves care to the home. How do we be more proactive, prevention-driven? How do we collect vital signs and other kinds of information 24 by 7? How do we get a personal baseline about what's going to work for you? How do we collect not just biological data but behavioral data, psychological data, relational data, in and on and around the home? And how do we drive compliance to be a customized care plan that uses all this great technology that's around us to change our behavior? That's what we need to do for our personal health model.

I want to give you a couple of examples. This is Mimi from one of our studies -- in her 90s, had to move out of her home because her family was worried about falls. Raise your hand if you had a serious fall in your household, or any of your loved ones, your parents or so forth. Right? Classic. Hip fracture often leads to institutionalization of a senior. This is what was happening to Mimi; the family was worried about it, moved her out of her own home into an assisted living facility. She tripped over her oxygen tank.

Many people in this generation won't press the button, even if they have an alert call system, because they don't want to bother anybody, even though they've been paying 30 dollars a month. Boomers will press the button. Trust me. They're going to be pressing that button non-stop. Right?

Mimi broke her pelvis, lay all night, all morning, finally somebody came in and found her, sent her to the hospital. They fixed her back up. She was never going to be able to move back into the assisted living. They put her into the nursing home unit. First night in the nursing home unit where she had been in the same assisted living facility, moved her from one bed to another, kind of threw her, rebroke her pelvis, sent her back to the hospital that she had just come from, no one read the chart, put her on Tylenol, which she is allergic to, broke out, got bedsores, basically, had heart problems, and died from the fall and the complications and the errors that were there.

Now, the most frightening thing about this is this is my wife's grandmother. Now, I'm Eric Dishman. I speak English, I work for Intel, I make a good salary, I'm smart about falls and fall-related injuries -- it's an area of research that I work on. I have access to senators and CEOs. I can't stop this from happening. What happens if you don't have money, you don't speak English or don't have the kind of access to deal with these kinds of problems that inevitably occur? How do we actually prevent the vast majority of falls from ever occurring in the first place?

Let me give you a quick example of work that we're doing to try to do exactly that. I've been wearing a little technology that we call Shimmer. It's a research platform. It has accelerometry. You can plug in a three-lead ECG. There is all kinds of sort of plug-and-play kind of Legos that you can do to capture, in the wild, in the real world, things like tremor, gait, stride length and those kinds of things.

The problem is, our understanding of falls today, like Mimi, is get a survey in the mail three months after you fell, from the State, saying, "What were you doing when you fell?" That's sort of the state of the art. But with something like Shimmer, or we have something called the Magic Carpet, embedded sensors in carpet, or camera-based systems that we borrowed from sports medicine, we're starting for the first time in those 600 elderly households to collect actual kinematic motion data to understand: What are the subtle changes that are occurring that can show us that mom has become risk at falls?

And most often we can do two interventions, fix the meds mix. I'm a qualitative researcher, but when I look at these data streams coming in from these homes, I can look at the data and tell you the day that some doctor prescribed them something that nobody else knew that they were on, because we see the changes in their patterns in the household. Right? These discoveries of behavioral markers, and behavioral changes are game changing, and like the discovery of the microscope because of our collecting data streams that we've actually never done before.

This is an example in our TRIL Clinic in Ireland of -- actually what you're seeing is she's looking at data, in this picture, from the Magic Carpet. So, we have a little carpet that you can look at your amount of postural sway, and look at the changes in your postural sway over many months. Here's what some of this data might look like. This is actually sensor firings.

These are two different subjects in our study. It's about a year's worth of data. The color represents different rooms they are in the house. This person on the left is living in their own home. This person on the right is actually living in an assisted living facility. I know this because look at how punctuated meal time is when they are no longer in their particular rooms here. Right? Now, this doesn't mean that much to you. But when we look at these cycles of data over a longer period of time -- and we're looking at everything from motion around different rooms in the house, to sort of micro-motions that Shimmer picks up, about gait and stride length -- these streams of data are starting to tell us things about behavioral patterns that we've never understood before.

You can go to ORCATech.org -- it has nothing to do with whales, it's the Oregon Center for Aging and Technology -- to see more about that. The problem is, Intel is still one of the largest funders in the world of independent living technology research. I'm not bragging about how much we fund; it's how little anyone else actually pays attention to aging and funds innovation on aging, chronic disease management and independent living in the home.

So, my mantra here, my fourth slogan is: 10,000 households or bust. We need to drive a national, if not international, Framingham-type heart study of independent living technologies, where we have 10,000 elderly connected households with broadband, full medical characterization, and a platform by which we can start to experiment and turn these from 20-household anecdotal studies that the universities fund, to large clinical trials that prove out the value of these technologies. So,10,000 households or bust. These are just some of the households that we've done in the Intel studies.

My fifth and final phrase: I have tried for two years, and there were moments when we were quite close, to make this healthcare reform bill be about reform from something and to something, from a mainframe model to a personal health model, or to mean something more than just a debate about the public option and how we're going to finance. It doesn't matter how we finance healthcare. We're going to figure something out for the next 10 years, and try it. No matter who pays for it, we better start doing care in a fundamentally different way and treating the home and the patient and the family member and the caregivers as part of these coordinated care teams and using disruptive technologies that are already here to do care in some pretty fundamental different ways.

The president needs to stand up and say, at the end of a healthcare reform debate, "Our goal as a country is to move 50 percent of care out of institutions, clinics, hospitals and nursing homes, to the home, in 10 years." It's achievable. We should do it economically, we should do it morally, and we should do it for quality of life. But there is no goal within this health reform. It's just a mess today.

So, you know, that's my last message to you. How do we set a going-to-the-moon goal of dealing with the Y2K +10 problem that's coming? It's not that innovation and technology is going to be the magic pill that cures all, but it's going to be part of the solution. And if we don't create a personal health movement, something that we're all aiming towards in reform, then we're going to move nowhere. So, I hope you'll turn this conference into that kind of movement forward. Thanks very much. (Applause)

If you think about the phone --/ and Intel has tested a lot of the things/ I'm going to show/ you,/ over the last 10 years,/ in about 600 elderly households --/ 300/ in Ireland,/ and 300/ in Portland --/ trying to understand:/ How do we/ measure and monitor behavior/ in a medically meaningful way?//

電話のことを考えると インテル社は 今日お見せする多くのことを この10年間に約600の家庭で 試してきました -- アイルランドで300軒 ポートランドで300軒 そして人の行動を どう測り モニターしたら 医療的に 最も有意義か という課題に取り組んできました

And/ if you think about the phone,/ right,/ it's something/ that we can use for some incredible ways/ to help people actually take the right medication/ at the right time.//

電話のことを考えてみましょう いろいろな使い道があります 正しい薬を正しいときに飲むためにも使えます

We're testing/ these kinds of simple sensor-network technologies/ in the home/ so that any phone/ that a senior is already comfortable/ with can help them deal with their medications.//

このようにシンプルな 感知ネットワーク技術を家庭で試し お年寄りが使い慣れている電話が 薬を飲む役に立つだろうと考えています

And a lot of what they do/ is they pick up/ the phone,/ and it's our system/ whispering to them/ which pill they need to take,/ and they fake like they're having/ a conversation/ with a friend.//

お年寄りが電話をとると 服用すべき薬を教えてくれるメッセージが聞こえてきます 彼らは単に友達と会話をしているふりをすればいいのです

And they're not embarrassed by a meds caddy that's ugly,/ that sits on their kitchen table/ and says,/ "I'm old.// I'm frail."//

キッチンのテーブルに置いてある 年寄り ひ弱 とでも言いたげな薬入れに 恥を感じなくていいのです

It's surreptitious technology/ that's helping them do a simple task of taking the right pill/ at the right time.//

こんな密かなテクノロジーが 薬を忘れずに正しく飲む という 単純なことの役に立つのです

Now,/ we also do some pretty amazing things/ with these phones.//

また私たちは電話で他にもすごいことをやっています

Because that moment/ when you answer/ the phone is a cognitive test/ every time/ that you do it.//

実は電話を受けるたびに 知覚テストを受けているといえるのです

Think about it,/ all right?// I'm going to answer/ the phone three different times.//

考えてみてください 三パターンの電話の受け方をデモします

"Hello?// Hey."//

「もしもし おお」

All right?// That's the first time.//

いいですか これが一回目です

"Hello?// Uh,/ hey."//

「もしもし えっと おお」

"Hello?// Uh,/ who?//

「もしもし えっと どなた?

Oh,/ hey."//

ああ おお」

All right?// Very big differences/ between the way/ I answered the phone/ the three times.//

どうです? 三回の電話の受け方には ずいぶんな違いがありましたよね

And/ as we monitor phone usage/ by seniors/ over a long period of time,/ down/ to the tenths of a microsecond,/ that recognition moment of whether they can figure out/ that person/ on the other end is a friend/ and we start talking/ to them immediately,/ or they do a lot of what's called trouble talk,/ where they're like,/ "Wait,/ who is this?// Oh."// Right?//

お年寄りの電話の受け答えを 長期的に見ていき 0.01秒単位の正確さで 認知した瞬間を調べます 電話しているのを友達だと理解し すぐに会話を始めるか それともまごまごと「えっ どなた ああ」 というようにしばらく戸惑うか を記録します

Waiting/ for that recognition moment may be the best early indicator of the onset of dementia/ than anything/ that shows up/ clinically today.//

この認識するまでにかかる時間は 初期の痴呆を感知するにあたって 最も的確な尺度かもしれません

We call these behavioral markers.//

こういうのを行動指標といいます

There's lots of others.// Is the person/ going to the phone as quickly,/ when it rings,/ as they used to?//

他にもいろいろあります 例えば 電話が鳴ったら答えるのに以前より時間がかかっているか

Is it a hearing problem/ or is it a physicality problem?//

耳が遠くなったのか それとも体が不自由になったのだろうか

Has/ their voice gotten more quiet?// We're doing/ a lot of work/ with people/ with Alzheimer's/ and particularly/ with Parkinson's,/ where that quiet voice/ that sometimes shows up/ with Parkinson's patients may be the best early indicator of Parkinson's five to 10 years/ before it shows up/ clinically.//

声が以前より小さいか 研究中にアルツハイマーやパーキンソン病の方と触れ合うと 特にパーキンソン病患者がたまに発するあの小声が 医学的に認知される5年から10年も前に 病を感知する 最も的確な目印になりうるということが分かってきました

But those subtle changes/ in your voice/ over a long period of time are hard/ for you/ or your spouse/ to notice/ until it becomes so extreme/ and your voice has become so quiet.//

ただこんなかすかな声の変化は気付き難いため 患者自身や配偶者は極端に声が小さくなるまで 気付かないものなのです

So,/ sensors are looking at that kind of voice.//

電話のセンサーはそんな声に注目しています

When you pick up/ the phone,/ how much/ tremor are you/ having,/ and what is/ that like,/ and what is that/ trend like over a period of time?//

受話器を取ったとき どれくらい手が震えていて 震えの具合はどのように変化しているか

Are you having more trouble/ dialing the phone/ than you used to?//

以前より電話するのに苦労しているか

Is it a dexterity problem?// Is it the onset of arthritis?//

不器用になったのか それとも初期の関節炎だろうか

Are you using the phone?// Are you socializing less/ than you used to?//

頻繁に電話するか 以前より非社交的になっていないだろうか

And looking at that pattern.// And what does/ that decline/ in social health mean,/ as a kind of a vital sign of the future?//

傾向に注目するのです このような社交性の減少は 将来の身体的健康とどうつながっているだろうか

And then wow,/ what a radical idea,/ we --/ except in the United States --/ might be able to use this newfangled technology/ to actually interact with a nurse or a doctor/ on the other end of the line.//

そして うわあ 何て画期的なアイディアでしょう アメリカ以外では このような全く新しい技術を利用して 電話の向こう側のナースやドクターと会話できるかもしれない

Wow,/ what a great day/ that will be/ once we're allowed to actually do those kinds of things.//

実際にこんなことができる日がきたら 何て素晴らしいことでしょう

So,/ these are/ what I would call behavioral markers.//

これらを私は行動指標とよんでいます

And it's the whole field/ that we've been trying to work on/ for the last 10 years/ at Intel.//

これはまさにこの10年間インテルで私達が 研究してきた分野です

How do/ you put simple disruptive technologies,/ and the first of five phrases/ that I'm going to talk about/ in this talk?//

ディスラプティブ技術をシンプルに表すのが 今日お話しする5つのスローガンの一つ目です

Behavioral markers matter.//

行動指標は重要

How do we change behavior?//

どうしたら行動を変えられるか

How do we measure changes/ in behavior/ in a meaningful way/ that's going to help/ us/ with prevention of disease,/ early onset of disease,/ and tracking the progression of disease/ over a long period of time?//

どのように行動の変化を 測ったら効果的に 病気を予防し 病気の始まりや その進行を長期的に追うことができるでしょうか

Now,/ why would/ Intel let me/ spend a lot of time and money,/ over the last 10 years,/ trying to understand the needs of seniors/ and start thinking/ about these kinds of behavioral markers?//

さて この10年間なぜインテルは 大量のお金と時間をかけてお年寄りが必要とするものや このような行動指標についての 研究をさせてくれたのでしょうか

This is some of the field work/ that we've done.//

これは私達が行った実地調査の例です

We have now lived with 1,000 elderly households/ in 20 countries/ over the last 10 years.//

この10年の間に20カ国で1000もの お年寄りの家庭に暮らしてみました

We study people/ in Rochester,/ New York.//

ニューヨーク州のロチェスターの人々が対象です

We go live/ with them/ in the winter/ because/ what they do in the winter,/ and their access to healthcare,/ and how much/ they socialize,/ is very different/ than in the summer.//

現地で暮らすのは冬と決めました 冬期の暮らし また医療の 利用しやすさや彼らの社交性は 夏とはかなり異なるからです

If they have a hip fracture/ we go with them/ and we study their entire discharge experience.//

腰骨を骨折した場合 一緒に病院に行き 退院までの経験を全て研究します

If they have a family member/ who is a key part of their care network,/ we fly and study them/ as well.//

介護に大きく貢献する重要な家族がいる場合 その家族も含めて

So,/ we study the holistic health experience of 1,000 seniors/ over the last 10 years/ in 20 different countries.//

つまり医療経験を全て研究するのです この10年間で20カ国における 1000人以上のお年寄りを調査しました

Why is Intel willing to fund that?//

なぜインテルはこの研究への投資をいとわないのか

It's because of the second slogan/ that I want to talk/ about.//

その理由は二つ目のスローガンにあります

Ten years ago,/ when I started trying to convince/ Intel/ to let me go start looking/ at disruptive technologies/ that could help with independent living,/ this is/ what I called it:/ "Y2K/ + 10."//

今から10年前 私がインテルに 自立生活を支援するディスラプティブ技術の 研究の許可を求め始めとき 私はこの課題を"Y2K + 10"とよびました

You know,/ back/ in 2000,/ we were all so obsessed/ with paying attention/ to the aging of our computers, and/ whether or not they were going to survive/ the tick of the clock/ from 1999/ to 2000,/ that we missed a moment/ that only demographers were paying attention to.//

2000年のことを思い出すと みんなコンピュータの老化について 絶えず心配してましたよね 1999年から2000年への変わり目を 無事に生き抜くことができるのか 心配しすぎて 人口統計学者しか注目していなかった瞬間を見逃したのです

It was right/ around New Years.//

まさに新年のあたりのことです

And that switchover,/ when we had the larger number of older people/ on the planet,/ for the first time/ than younger people.//

突然の大転換が起きました 初めて 世界のお年寄りの数が 若者の数を上回ったのです

For the first time/ in human history --/ and barring aliens landing or some major other pandemic,/ that's the expectation/ from demographers,/ going forward.//

史上初のことです 宇宙人が侵入したり 世界的な流行病が起きない限り 今後もこの状況は続くと人口統計学者は予想しています

And 10 years ago/ it seemed/ like I had a lot of time/ to convince Intel/ to work on this.// Right?//

10年前ですから インテルを説得するのに たっぷり時間があったかと思うでしょう

Y2K/ + 10 was coming,/ the baby boomers/ starting to retire.//

Y2K + 10問題はどんどん進行し ベビーブーマー達は退職し始めています

Well folks,/ it's like we know these demographics here.//

さて皆さん ここにあるのは見慣れた人口統計ですよね

This is a map of the entire world.//

これは全世界の地図です

It's like the lights are on,/ but nobody's home/ on this demographic Y2K/ + 10 problem.// Right?//

まるで灯りはついているけど 誰も居ないかのようのです まさにY2K + 10の問題ですよね

I mean we/ sort of get it here,/ but we don't get it here,/ and we're not doing/ anything/ about it.//

みんなは分かってはいるけど 実感してない 誰もこの問題に全く取り組もうとしません

The health reform bill is largely ignoring the realities of the age wave/ that's coming,/ and the implications/ for what we need to do/ to change not only/ how we pay for care,/ but deliver care/ in some radically different ways.//

医療改革法案は大いに 老化現象の実状を無視しています また私達が変えなければいけないのは どうやって介護費を支払うかだけでなく 介護の革新的な提供方法が必要だということも推測できます

And/ in fact,/ it's upon us.//

この問題は私達にかかっているのです

I mean you probably saw these headlines.// This is Catherine Casey/ who is the first boomer/ to actually get Social Security.//

この見出しを見たことがあるでしょう キャサリン ケイシーです 彼女はベビーブーム世代で初めて社会保険を受け取った人です

That actually occurred this year.// She took early retirement.//

今年 彼女は早期退職を選びました

She was born one second/ after midnight/ in 1946.//

彼女が生まれたのは1946年になった1秒後でした

A retired school teacher,/ there/ she is with a Social Security administrator.//

退職する前は教師でした 保険行政官と一緒にいるところです

The first boomer actually,/ we didn't even wait till/ 2011,/ next year.//

初のベビーブーマー 来年2011年までもかかりませんでした

We're already starting to see/ early retirement occur this year.//

もう今年から早期退職する人がでてきています

All right,/ so it's here.// This Y2K/ +/ 10 problem is at our door.//

さあ Y2K+10問題はもうここまで来ているのです

This is 50 tsunamis scheduled on the calendar,/ but somehow/ we can't sort of marshal our government and innovative forces/ to sort of get out/ in front of it/ and do something/ about it.// We'll wait/ until it's more of a catastrophe,/ and react,/ as opposed to prepare for it.//

50の津波が予約済みといえるでしょう しかし私たちは政府の力や先進的な技術を 使ってそれらに立ち向かうことは できないようです 今から準備するのではなく 大惨事になるまで待っているのでしょうか

So,/one of the reasons/ it's so challenging/ to prepare for this Y2K problem is,/ I want to argue,/ we have/ what I would call mainframe poisoning.//

このY2K+10問題に備えることが 非常に困難な理由の一つ それは 私達は メインフレーム中毒にかかっているのです

Andy Grove,/ about six or seven years ago,/ he doesn't even know or remember this,/ in a Fortune Magazine article/ he used the phrase "mainframe healthcare,/"/ and I've been extending and expanding this.//

6,7年前にアンディー グローブが 本人は忘れたでしょうが フォーチュン誌中で メインフレーム医療という表現を用いました 私はこの観念を発展させてきたのです

He saw/ it written down/ somewhere.// He's like,/ "Eric/ that's a really cool concept."//

彼は「エリック するどい発想だね」と言ったので

I was like,/ "Actually/ it was your idea.// You said it/ in a Fortune Magazine article.//

私は「あなたがフォーチュン誌に載せたものを

I just extended it."//

発展させただけです」と返しました

You know,/ this is the mainframe.//

これがメインフレームです

This mentality of traveling to/ and timesharing large, expensive healthcare systems actually began in 1787.//

このように医療機関にお金をかけて みんなで行って共同使用するという観念は 1787年に始まりました

This is the first general hospital/ in Vienna.//

これはウィーンにある 初の一般病院です

And actually/ the second general hospital/ in Vienna,/ in about 1850,/ was/ where we started to build out/ an entire curriculum/ for teaching med students specialties.//

ウィーンに第二の一般病院が建築されたのは 1850年頃で 徹底的な医学カリキュラムを開発して 医学生に専門科目を教え始めました

And it's a place/ in which we started developing/ architecture/ that literally divided the body,/ and divided care/ into departments and compartments.//

またここで開発された まさに人体を分割するという考え方や 医療を別々の学科や区画に分類するという観念が発展しました

And it was reflected in our architecture,/ it was reflected in the way that/ we taught students,/ and this mainframe mentality persists today.//

私たちの思想にもそれが反映され 医学教育もその影響を受け 今日までこのメインフレーム思考が持続しています

Now,/ I'm not anti-hospital.//

さて 私は反病院思考なわけではありません

With my own healthcare problems,/ I've taken drug therapies,/ I've traveled to this hospital and others,/ many, many times.//

健康のために薬物治療を受けたり 様々な病院を訪問したこともあります

But we worship the high hospital/ on a hill.// Right?//

しかし私たちは高台にある病院をすごいと思いがちです

And this is mainframe healthcare.//

そう これがメインフレーム医療なのです

And/ just as 30 years ago/ we couldn't conceive/ that we would have the power of a mainframe computer/ that took up/ a room/ this size/ in our purses/ and/ on our belts,/ that we're carrying/ around/ in our cell phone/ today,/ and suddenly,/ computing,/ that used to be an expert driven system,/ it was a personal system/ that we all owned as part of our daily lives --/ that shift/ from mainframe/ to personal computing is/ what we have to do/ for healthcare.//

そしてたった30年前には 今使っているような技術は考えられませんでした 以前はこの部屋の大きさほどあったメインフレームコンピュータが 今ではバッグやベルトにつけている 携帯電話の中にあるのです 突然コンピュータという 以前は専門家中心だったシステムが みなさんが日々利用する個人的なシステムになったのです このようなメインフレームから個人への転換を 医療にも応用するべきです

We have to shift/ from this mainframe mentality of healthcare/ to a personal model of healthcare.//

メインフレーム思考の医療から個人中心型の医療に 移り変わらなければならないのです

We are obsessed with this way of thinking.//

私達はこのような考え方にはまり過ぎています

When Intel does surveys all/ around the world/ and we say,/ "Quick response:/ healthcare."//

インテルが世界中の人に 「医療と聞いてまず思いつくのは?」と聞くと

The first word/ that comes up/ is "doctor."//

一般に 最初の答えは「医師」です

The second/ that comes up/ is "hospital."// And the third is "illness"/ or "sickness."// Right?//

二番目の答えは「病院」そして三番目は「病」

We are wired,/ in our imagination,/ to think about healthcare and healthcare innovation/ as something/ that goes into that place.//

私達の脳は機械的に 医療と医療改革といえば こういう所で起きるものだと 考えるようになっています

Our entire health reform discussion right now,/ health I.T.//,/ when we talk with policy makers,/ equals "How are we going to get/ doctors using electronic medical records/ in the mainframe?"//

今進行している医療改革や医療技術の 方針を聞くと どのようにしてメインフレーム内の 電子医療資料を医師たちに 普及させるか ということばかりです

We're not thinking/ about how do we shift from the mainframe/ to the home.//

メインフレームから家庭へと 移行する方法など頭にありません

And the problem/ with this is the way/ we conceive healthcare.// Right?//

この問題の根源は 私達の医療の認識にあります

This is a very reactive, crisis-driven system.//

今のシステムは危機に対する反応で成り立っています

We're doing/ 15-minute exams/ with patients.//

診療時間は15分

It's population-based.//

医療は 全人口レベルでとらえていて

We collect a bunch of biological information/ in this artificial setting,/ and we fix them up,/ like Humpty-Dumpty all over again,/ and send them home,/ and hope --/ we might hand them/ a brochure,/ maybe/ an interactive website --/ that they do/ as asked/ and don't come back/ into the mainframe.//

人工的な環境の中で生体情報を集め そして患者をさっと治して 家に返します そして 冊子を渡したりネットのサイトを教えたりして メインフレームに戻ってこないことを願います

And the problem is we can't afford it/ today,/ folks.//

既にこんな方法ではやっていけないことは明らかです

We can't afford mainframe healthcare/ today/ to include the uninsured.//

メインフレーム医療では無保険者まで治療できない

And now/ we want to do a double-double of the age wave coming through?//

そしてこれから高齢化の波に対面したら この問題は数倍に拡張しますよね

Business/ as usual/ in healthcare is broken/ and we've got to do/ something different.//

医療面で不景気が続いているので 何か新しい対策が必要です

We've got to focus/ on the home.//

家庭に注目しなければなりません

We've got to focus/ on a personal healthcare paradigm/ that moves care/ to the home.// How do we be more proactive,/ prevention-driven?//

より個人的な医療対策を目指し 医療を家庭に移動させなければなりません 早期 予防的な対応はどうすれば実現するか

How do we collect vital signs and other kinds of information 24/ by 7?//

どうやって休みなく生体情報などを測定するか

How do we get a personal baseline/ about what's going to work/ for you?//

どうやって患者特有の正常数値を得るのか

How do we collect not just biological data but behavioral data,/ psychological data,/ relational data,/ in and on and around the home?//

家の中や周辺における 生体情報に限らない 行動 心理 環境との関係についての情報を どうやって収集すればよいのか

And how do we drive compliance/ to be a customized care plan/ that uses all this great technology/ that's/ around us/ to change our behavior?//

そして今まで通りの医療プランに従うのをやめて 素晴らしい技術を利用した個人的なものに 変えるためにはどうしたらいいのでしょうか

That's/ what we need to do/ for our personal health model.//

これこそ個人的な医療モデルを発達させるための的確な対策です

I want to give/ you/ a couple of examples.// This is Mimi/ from one of our studies --/ in her 90s,/ had to move/ out of her home/ because her family was worried about falls.//

いくつか例を挙げましょう ミミです 私達の研究に参加した一人で 90歳代のとき彼女が転倒したことを気にして 家族は 彼女を外に預けることにしました

Raise/ your hand/ if you had a serious fall/ in your household,/ or any of your loved ones,/ your parents or so forth.// Right?//

ひどい転び方をした経験がある人 または 親や家族の誰かがひどい転倒を経験 したことがある人は手を挙げてください

Classic.// Hip fracture often leads to institutionalization of a senior.//

典型的なパターンです 骨盤骨折をもとに施設に入るお年寄りは珍しくありせん

This is/ what was happening to Mimi;/ the family was worried about it,/ moved her/ out of her own home/ into an assisted living facility.//

ミミの場合も同様 心配した家族は 彼女を自宅から介護施設に移すことにしました

She tripped over her oxygen tank.//

そこで彼女は酸素吸入器につまづきました

Many people/ in this generation won't press the button,/ even if they have an alert call system,/ because they don't want to bother/ anybody,/ even though they've been paying 30 dollars/ a month.//

この年代の人は警報機を持っていても 人の世話になりたくないから使いません 毎月30ドル払っているにも関わらずです

Boomers will press the button.// Trust me.//

ベビーブーム世代は間違いなく押すでしょう

They're going to be pressing that button non-stop.// Right?//

休み無しに警報ボタンを押すでしょうね

Mimi broke her pelvis,/ lay all night,/ all morning,/ finally somebody came in/ and found her,/ sent her/ to the hospital.//

ミミは骨盤を骨折し一晩中 そして次の日の朝もずっと 誰かが彼女を見つけて病院に連れて行くまで 倒れたまま待っていました

They fixed her back up.// She was never going to be able to move back/ into the assisted living.// They put her/ into the nursing home unit.//

そこで治療を受けましたが 介護には 戻れないため 老人病棟に入れられました

First night/ in the nursing home unit/ where she had been in the same assisted living facility,/ moved her/ from one bed/ to another,/ kind of threw her,/ rebroke her pelvis,/ sent her back/ to the hospital/ that she had just come from,/ no one read the chart,/ put her/ on Tylenol,/ which she is allergic/ to,/ broke out,/ got bedsores,/ basically,/ had heart problems,/ and died from the fall/ and the complications/ and the errors/ that were there.//

同じ施設の老人病棟での最初の夜 次々と違うベッドに投げられるように移動させられ 彼女は再び骨盤を骨折し 同じ病院に戻されました そこでは誰もカルテを見ずに アレルギーであるタイルノールを飲ませました 彼女はアレルギー反応や床擦れ 心臓異常などに苦しまされ亡くなりました 転倒とその結果起きた手違いと過失の結果です

Now,/ the most frightening thing/ about this is this is my wife's grandmother.//

さてこの話の一番恐るべきことは これは私の家内の祖母に起きたことなのです

Now,/ I'm Eric Dishman.// I speak English,/ I work for Intel,/ I make a good salary,/ I'm smart/ about falls and fall-related injuries --/ it's an area of research/ that I work on.//

私はエリック ディシュマンです 英語を話し インテルの社員で いい給料をもらっています 研究分野である 転倒や関連した怪我についても よく理解しています

I have access/ to senators and CEOs.//

私は上院議員やCEOへも顔がききます

I can't stop this/ from happening.//

それでもこのようなことを防げないのです

What happens/ if you don't have money,/ you don't speak English/ or don't have the kind of access/ to deal with these kinds of problems/ that inevitably occur?//

このような避けられない問題が起きたときに お金がなく 英語が話せなかったら こんなときどうすればよいのでしょうか

How do we actually prevent the vast majority of falls/ from ever occurring in the first place?//

大多数の転倒を予防するためにはどんな対策を とればいいのでしょうか

Let me/ give you/ a quick example of work/ that we're doing to try to do exactly/ that.//

まさにその対策を築くために私達が進めている 研究の例をいくつか挙げましょう

I've been wearing a little technology/ that we call Shimmer.//

私はシマーというちょっとした電子機器をつけてきました

ここに研究のプラットフォームがあるのです

It has accelerometry.// You can plug in a three-lead ECG.//

この機械には加速計がついており 心電図もつけられます

There is all kinds of sort of plug-and-play kind of Legos/ that you can do to capture,/ in the wild,/ in the real world,/ things/ like tremor,/ gait,/ stride length and those kinds of things.//

様々な機能のものをつけることができ これらによって外の 世界で実際の 震えや足取り 歩幅などを記録します

The problem is,/ our understanding of falls/ today,/ like Mimi,/ is get a survey/ in the mail/ three months/ after you fell,/ from the State,/ saying,/ "What were you doing/ when you fell?"//

ミミの例からも分かるように 問題なのは転倒についての私達の知識は 州から三ヵ月後に送られてくる調査書にある 「転倒時に何をしていましたか?」の統計位だということです

That's sort of the state of the art.//

そんなものなのです

But/ with something/ like Shimmer,/ or we have/ something called the Magic Carpet,/ embedded sensors/ in carpet,/ or camera-based systems/ that we borrowed from sports medicine,/ we're starting/ for the first time/ in those 600 elderly households/ to collect actual kinematic motion data/ to understand:/ What are the subtle changes/ that are occurring/ that can show us/ that mom has become risk/ at falls?//

でもシマーや マジックカーペットという機械 つまりカーペットにスポーツ医療に使われている センサーやカメラ装置を搭載したものを 600件のお年寄りの家庭に導入しだし 実際の動作に関するデータを収集することで お母さんが転倒する恐れがあるというサインになるような かすかな動きの変化について分かり出してきています

And most often/ we can do two interventions,/ fix/ the meds mix.//

そして多くの場合 二種類の介入が可能です 医薬品の問題も解決しなければなりません

I'm a qualitative researcher,/ but when I look at these data streams/ coming in/ from these homes,/ I can look at the data/ and tell you/ the day/ that some doctor prescribed them/ something/ that nobody else knew/ that they were on,/ because we see the changes/ in their patterns/ in the household.// Right?//

私は定理的データを研究対象としていますが 家庭から送られてきたデータを見れば どこかの医者が 知らないうちに新しい薬を処方した 日にちを推定することができます 家庭内での移動パターンに明らかな変化が見られるからです

These discoveries of behavioral markers,/ and behavioral changes are game/ changing,/ and like the discovery of the microscope/ because of our collecting data streams/ that we've actually never done before.//

このような行動指標や行動の変化についての発見は 医療に非常に重要な影響をもたらす 顕微鏡の発見のようなものなのです データ ストリーム収集という初めての試みが可能にしたことです

This is an example/ in our TRIL Clinic/ in Ireland of --/ actually/ what you're seeing/ is she's looking at data,/ in this picture,/ from the Magic Carpet.//

これはアイルランドのトリル クリニックです ここに見えるように 彼女はマジックカーペットに 記録されたデータを見ています

So,/ we have a little carpet/ that you can look at your amount of postural sway,/ and look at the changes/ in your postural sway/ over many months.//

この小さなカーペットによって 何ヶ月にもわたって 姿勢のゆれ具合とその変化を観察できます

Here's/ what some of this data might look like.//

これはそのようなデータの例です

これはセンサーが点灯しているところです

These are two different subjects/ in our study.//

これは私達の研究に参加した

It's about a year's worth of data.//

2人のお年寄りの約1年分のデータです

The color represents different rooms/ they are in the house.//

彼らが移動した室内の様々な部屋が色で示されています

This person/ on the left is living in their own home.//

左図の人は自宅生活で

This person/ on the right is actually living in an assisted living facility.//

右の人は介護施設に住んでいました

I know this/ because look/ at how punctuated meal time is/ when they are no longer/ in their particular rooms here.// Right?//

なぜ分かるかというと 食事の時間 つまりそれぞれの 個室にいないときの時間がとても規則的ですよね

Now,/ this doesn't mean that much/ to you.//

大したことではないように感じるかもしれませんが

But when we look at these cycles of data/ over a longer period of time --/ and we're looking/ at everything/ from motion/ around different rooms/ in the house,/ to sort of micro-motions/ that Shimmer picks up,/ about gait and stride length --/ these streams of data are starting to tell/ us/ things/ about behavioral patterns/ that we've never understood before.//

このような長期に渡って 繰り返し収集されたデータを見ることで 行動を完全に 家庭内での部屋の移動から シマーがとらえるような細かな足の動きまで 見ることで このデータ ストリームから 今まで分からなかった 行動パターンに関する 様々なことが明らかになってきます

You can go to ORCATech.org --/ it has nothing/ to do with whales,/ it's the Oregon Center/ for Aging and Technology --/ to see more/ about that.//

ORCATech.orgを見てみてください シャチ(orca)は無関係です オレゴン老化と医療センターです そこにもっと詳しいことが載っています

The problem is,/ Intel is still one of the largest funders/ in the world of independent living technology research.//

インテルは今でも 世界有数の 自立生活支援技術に関する研究のスポンサーです

I'm not bragging/ about how much/ we fund;/ it's/ how little anyone else actually pays attention/ to aging and funds innovation/ on aging,/ chronic disease management and independent living/ in the home.//

多くの資金提供を自慢しているのではなく 問題なのは 他の人達が老化現象に無関心で 新しい対処法 慢性病管理 また自宅での自立生活に関する 研究への援助が極端に少ないということです

So,/ my mantra here,/ my fourth slogan is:/ 10,000 households/ or bust.//

私の四つ目のスローガンは 一万の家庭に広めなければ破滅 です

We need to drive/ a national,/ if not international, Framingham-type heart study of independent living technologies,/ where we have 10,000 elderly connected households/ with broadband,/ full medical characterization,/ and a platform/ by which we can start to experiment and turn these/ from 20-household anecdotal studies/ that the universities fund,/ to large clinical trials/ that prove out/ the value of these technologies.//

国際的に それが無理ならせめて全国規模で フラミンハム式の心臓の研究を 自立生活支援技術に関して実施するために 一万のお年寄りの家庭に対して 医療が全てそろった環境と 研究を開始するための基盤を提供し 大学がスポンサーとなって進めてきた 20の家庭での 結果をもとに 大規模の臨床実験に 発展させ これらの技術の重要性を証明する必要があります

So,/10,000 households/ or bust.//

だから一万の家庭に広めなければ破滅 です

These are just some of the households/ that we've done in the Intel studies.//

これらはインテルの研究のために訪問したいくつかの家庭です

My fifth and final phrase:/ I have tried for two years,/ and there were moments/ when we were quite close,/ to make this healthcare reform bill be about reform/ from something/ and/ to something,/ from a mainframe model/ to a personal health model,/ or to mean something more/ than just a debate/ about the public option/ and how we're going to finance.//

さて私の五つ目 そして最後のスローガン この2年間 もうすぐそこ と思われることもありましが とにかく 医療改革法案の主題が 何かから何かへの変化 となるように促す努力をしてきました メインフレーム中心構造から 個人中心の医療構造への移り変わり または公共医療保険の制定とその資金の 問題について論議以上のものになるように

It doesn't matter/ how we finance healthcare.//

医療費用の支払い方法は重要な問題ではありません

We're going/ to figure something out/ for the next 10 years,/ and try it.//

何かいい方法を今後10年間で 考えて試すのです

No matter/ who pays for it,/ we better start doing/ care/ in a fundamentally different way/ and treating the home/ and the patient/ and the family member/ and the caregivers/ as part of these coordinated care teams/ and using disruptive technologies/ that are already here/ to do care/ in some pretty fundamental different ways.//

誰が費用を提供しようと とにかく根本的に違う方法で 患者を家庭内で介護し 家族や介護をする人達を 介護チームの一員と認識し ここにあるディスラプティブ技術を使うことで 根本的に介護の仕方を変えなければいけないのです

The president needs to stand up/ and say,/ at the end of a healthcare reform debate,/ "Our goal/ as a country is to move 50 percent of care/ out of institutions, clinics, hospitals and nursing homes,/ to the home,/ in 10 years."//

私達の大統領は堂々と 医療改革の論議の最後に 「この国の目標は10年以内に介護の50%を 施設、診療所、病棟や老人ホームから 家庭に移すことだ」と述べるべきなのです

It's achievable.// We should do it economically,/ we should do it morally,/ and we should do it/ for quality of life.//

これは可能です 経済的にも道徳的にも 達成するべき目標です そして生活の質を高めるためにもです

But there is no goal/ within this health reform.//

今ある医療改革法案には何の目標もありません

It's just a mess today.//

全くめちゃくちゃです

So,/ you know,/ that's my last message/ to you.//

さて 私からの最後のメッセージです

How do we set a going-to-the-moon goal of dealing with the Y2K +10 problem/ that's coming?//

どうやってこれからのY2K +10問題を解決に向けて 月旅行レベルの目標を定めたらいいのでしょうか

It's not/ that innovation and technology is going to be the magic pill/ that cures all,/ but it's going to be part of the solution.//

新しい技術やその進歩がこの問題を完全に 解決しないかもしれない でも解決策の一つとなるでしょう

And/ if we don't create a personal health movement,/ something/ that we're all aiming towards/ in reform,/ then/ we're going to move nowhere.//

個人中心の医療を目指す動き つまり医療改革の大目標 を私達みんなで始めなければ 行き詰まってしまうでしょう

So,/ I hope/ you'll turn this conference/ into that kind of movement forward.//

この会議をそんな運動へと進めてください

Thanks very much.//

どうもありがとう

(拍手)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

elderly

かなり年配の,初老の

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

Ireland

『アイルランド』(首都はDublin;北東部は英本国の一部であるが,南部はthe Republic of Ireland(アイルランド共和国)という独立国)

Portland

ポートランド米国Oregon州北西部の都市

米国Maine州南西部の都市

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

medically

医学(医術)的に;医学(医術)によって

meaningful

有意義な,意義のある

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

embarrass

〈人〉‘の'『まごつかせる』,困惑させる,きまり悪がらせる

…‘を'『じゃまする』,妨げる

〈人・会社など〉‘を'『財政困難にする』

caddy

(特に茶を入れる)小箱,小型容器;小物入れ

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

kitchen

『台所』,調理場

frail

『もろい』;か弱い;はかない

意志が弱い,誘惑に負けやすい

surreptitious

こそこそと行われる(行う)

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

cognitive

認識の(に関する,を要する)

times

…掛ける

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

uh

あの‐ええその‐(ちゅうちょうなどで次の言葉が出ないときのつなぎ語)

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

usage

〈U〉(物の)『用い方』,用法

〈C〉〈U〉(言語の)『慣用[法]』,語法

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

tenth

《the~》『第10の』,10番目の

10分の1の

《the~》『第10』,10番則[のもの],(月の)10日

〈U〉10分の1

〈C〉(音楽で)10座[音程]

microsecond

マイクロ秒(1秒の100万分の1)

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

waiting

待つこと,待機

仕えること

待っている;仕えている

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

onset

攻撃,襲撃

(病気・季節などの)始まり,開始《+『of』+『名』》

dementia

(医学的な)痴呆(ちほう)

marker

印をつける人(道具)

(ゲームなどの)採点者

目印,目標

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

hearing

〈U〉『聴力』,聴覚〈U〉〈C〉(…を)『聞くこと』,(…の)聞き取り《+『of』+『名』》・〈C〉聞いてもらう機会,聞いてやること・聴取・聴聞会〈C〉(法廷などでの)尋問,審問,;(刑罰の減免を求める)釈明,意見陳述

〈U〉聞こえる距離(範囲)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

spouse

配偶者,夫,妻

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

tremor

(地面などの)震動,揺れ

(恐怖・興奮などによる体・手足の)震う,身震い

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

dial

(時計の)『文字盤』;(各種計器類の)目盛り盤,指針盤

(ラジオ・テレビの)『ダイヤル』

(電話の)ダイヤル

日時計(sundial)

〈ラジオ・テレビ〉‘の'ダイヤルを回す;〈番組・波長〉‘に'ダイヤルを合わせる

〈電話・番号〉‘の'ダイヤルを回す;〈人〉‘に'電話をかける

(電話の)ダイヤルを回す

dexterity

(手先などの)器用さ,巧妙さ

(知的な)機敏さ,抜け目なさ

arthritis

関節炎

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

newfangled

《名詞の前にのみ用いて》《やや経べつして,またはこっけいに》

新奇な,新式の

新しがり屋の

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

prevention

〈U〉(…を)『予防』(『防止』)『すること』《+『of』+『名』》

〈C〉(…を)予防(防止)するもの《+『against』+『名』(do『ing』)》

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

progression

〈U〉前進,進行;進歩,進展

〈U〉(でき事などの)連続,連鎖

〈C〉数列

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

Rochester

ロチェスター(米国New York州西部の都市)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

fracture

〈U〉(特に)骨を折ること;骨を折った状熊

〈C〉割れ(裂け)目,(鉱物の)破砕面

〈足・腕などを〉‘を'骨折する;…‘を'砕く

骨折する;砕ける

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

discharge

〈船〉‘の'『荷を降ろす』;(積荷・客を)〈船〉‘から'降ろす《+『名』〈船〉+『of』+『名』〈荷〉》;(船から)〈積荷・客〉‘を'降ろす《+『名』〈荷〉+『from』+『名』〈船〉》

(…に)…‘を'『発射する』《+『名』+『at』(『into』)+『名』》

〈煙・液体〉‘を'『出す』,排出する

(…から)〈人〉‘を'解放する,‘に'行くことを許す《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

(仕事から)〈人〉‘を'解雇する,くびにする《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

〈職務・義務・約束など〉‘を'果たす,遂行する(fulfill)

〈借金〉‘を'返済する,支払う(pay)

〈電池など〉‘から'放電する

〈船が〉『荷を降ろす』,荷揚げする

〈水などが〉流れ出る,注ぐ,流出する

〈鉄砲などが〉発射される

放電する

〈U〉『荷降ろし』,荷揚げ

〈C〉発砲,発射

〈C〉『放出』,流出,排出;排出物

〈U〉解任,退出,解雇;解放,釈放

〈U〉(職務・義務などの)『遂行』,履行

〈U〉(負債の)『返済』,弁済

〈C〉〈U〉(電気の)放電

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

slogan

『スローガン』,標語

convince

〈人〉'を'『納得させる』

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

computer

『計算機』;『電子計算機』

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

tick

(時計まどの)カチカチ[という音]

《英語》瞬間

照合(点検)済みの印,チェック

<時計などが>カチカチ音がする《+away》

<時が>過ぎる,経過する∥+by(away)》

《話》<人が>行動する,<機械などが>動く

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

demographer

人口統計学者

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

planet

『惑星』,遊星

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

alien

『外国の』,異国の;外国人の,在留外国人の

《補語にのみ用いて》(…と)性質の異なる《+『from』(『to』)+『名』》

《補語にのみ用いて》(…と)相いれない,(…に)反する《+『to』+『名』》

異常な

(ある国に在住する)外国人,在留外国人;(citizenと区別して帰化してない)外国人

landing

上陸,着陸,着水

(貨物の)陸揚げ

(また『landing place』)着陸(上陸)場,荷揚げ場,埠頭(ふとう)

(階段の)おどり場

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

pandemic

(流行病などが)全地域にわたる,全国(世界)的流行の

〈C〉全国(世界)的流行病

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

retire

(…から)『引退する』,退職する《+『from』+『名』》

就寝する,床につく

(…へ)『引きこもる』,退く,立ち去る《+『to』+『名』》

(…から)…‘を'引退(退職)させる《+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈打者〉‘を'アウトにする

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

demographic

人口統計学の

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

reform

…‘を'編成し直す,再び作る

再編成する,再び形になる

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

upon

『…の上に』

probably

『たぶん』,『おそらく』

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

social security

《米》《しばしばthe S-S-》国民年金[制度]

《英》社会保障[制度](《米》welfare)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

retirement

(…からの)引退,退職《+『from』+『名』》

引きもること,引きこもり

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

midnight

『真夜中』,夜の12時

真夜中の,真夜中に起こる

真夜中のような,まっ暗の

administrator

為政者,行政官

(遺産としての不動産の)管理者

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

ca

circa

marshal

(英国,その他いくつかの国の)軍司令官,元帥,将官

《米》連邦裁判所の執行官

《米》警察(消防)署長

儀式(パレードなどの)準備担当者

〈兵隊など〉‘を'整列させる,結集させる

〈事,特に事実・考え〉‘を'整理する,整とんする

(所定の位置に)〈人〉‘を'案内する《+『名』〈人〉+『into』+『名』》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

catastrophe

(突然の)大変動,大災害

悲劇的結末,破局

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

mainframe

主枠(コンピューターの中心となる制御装置などを含む装置)

grove

『小さい森』(『林』),木立ち

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

written

write の過去分詞

『書かれた』,文書にした,成文の

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

mentality

〈U〉精神力,知力

〈C〉思考,考え方;性格

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

expensive

『費用のかかる』,高価な

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

hospital

『病院』

Vienna

ウィーン(オーストリアの首都;ドイツ名は Wien)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

curriculum

(学校の)教科課程

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

compartment

区画,仕切り

(客車の)個室;(船の)隔室

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

persist

(困難・障害に屈せず)『あくまでも続ける』(『やり抜く』),がん張る,固執する

『存続する』,生き残る

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

worship

(神人などに対する)『崇拝』《+of+名》

(通例教会での)『礼拝』

(…に対する)尊敬,賛美《+of+名》

《W-》《英》《your, his herなどと共に官職名の前に置いて》閣下

…‘を'『礼拝する』,‘に'祈りをささげる

…‘を'『崇拝する』

…‘を'尊敬する,あがめる

(…で)礼拝[式]に出席する《+at+名》

尊敬(賛美)する

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

conceive

〈考え,目的など〉'を'『心に抱く』,思う,〈計画など〉'を'思いつく

《文》〈子〉'を'はらむ

《『conceive of』+『名』(do『ing』)》(…を)想像する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

purse

《米》(婦人用)『ハンドバッグ』

『さいふ』

《単数形で》資金,資力,財力

〈C〉賞金,寄付金

〈くちびるなど〉‘を'すぼめる,〈まゆ〉‘を'ひそめる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

suddenly

『突然に』,だしぬけに

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

illness

(心身の)『病気』,不健康

sickness

〈U〉『病気でいること』;〈C〉(個々の)『病気』

〈U〉吐き気(nausea)

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

electronic

『電子の』,エレクトロンの

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

reactive

反作用の;化学反応を示す…反動的な

exam

試験

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

brochure

小冊子,パンフレット(pamphlet)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

usual

『いつもの』,通例の,おきまりの

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

paradigm

範例,規範

語形変化表

baseline

基線

(テニスコートの)ベースライン

(野球の)ベースライン

datum

dataの単数形

既知の事実

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

relational

関係の,交渉の

(語が)関係を示す,関係のある

親類の,血縁関係のある

compliance

(要求・命令などへの)承諾,応諾

服従,盲従

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

assist

〈人〉'を'『手伝う』,助力する,助ける

(…を)『手伝う』,助ける《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

(…に)出席する,立ち会う《+『at』+『名』》

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

pelvis

骨盤

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

nursing home

(老人・病人の)療養院

《英》私立小病院

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

first night

(演劇の)初日

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

no one

『だれも』…『ない』

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

allergic

アレルギー性の;(…に)アレルギーを起こす《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》(…に)神経過敏の,(…が)大きらいの《+『to』+『名』(do『ing)』》

bedsore

(病人の)床ずれ

basically

基本的に,根本的に;元来は

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

grandmother

『祖母』

salary

給料・俸給(を与える、払う)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

senator

(古代ローマの)元老院議員

(米国・カナダ・フランスなどの)『上院議員』

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

inevitably

避けられないで,必然的に

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

shimmer

ちらちら光る,かすかに光る

ちらちらする光,かすかな光

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

gait

歩きぶり,足どり

stride

+副(句)(元気よくまたはいばって)大またに歩く・ +前+(代)名〔...を〕またぎ越す,またぐ 〔across,over〕・〈溝(みぞ)などを〉またぐ,またぎ越す・〈道などを〉大またに歩く,闊歩する・〈ものに〉またがる・大またに歩くこと,闊歩・ [通例単数形で] 歩幅; (歩く)ペース・ ひとまたぎ・ [通例複数形で] 進歩,発展

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

mail

鎖かたびら,よろい

…‘に'鎖かたびらを着せる,武装させる

state of the art

特定の分野またはある時点での科学・規術水準 = state-of-the-art

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

mom

=mother

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

qualitative

質の,質的な

researcher

研究者,調査員

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

microscope

『顕微鏡』

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

sway

『前後(左右)に動く,』揺れる

《方向を表す副詞[句]を伴って》(一方に)『傾く,』かしぐ

…‘を'『揺する,』揺り動かす

(方向を表す副詞[句]を伴って)…‘を'傾ける

…‘に'『影響を与える,』‘を'左右する;《古》…‘を'支配する

(…の)揺れ,動揺《+of+名》

(…の)影響;支配,統治《+of+名》

firing

発射,発砲

火をたくこと,(炉などの)火入れ,点火

燃料,薪炭

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

data

『資料』,事実;情報

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

punctuate

〈文など〉‘に'『句読点をつける』

(…で)…‘を'ときどき中断する《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)〈言葉など〉‘を'強調する《+『名』+『with』+『名』》

句読点をつける

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

whale

鯨: 捕鯨に従事する 〔話〕 非常に大きい[すごい]もの (a ~ at [for, on] …の得意[熱心]な人)

Oregon

オレゴン州(米国太平洋岸北部の州;州都はSalem;《略》『ORE.,Oreg.,OR』)

brag

(…を)自慢する《+『of』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《『brag』+『that』節》…'を'自慢する

〈C〉自慢の種

〈C〉ほら吹き

chronic

(病気が)長期にわたる,慢性の

《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

mantra

呪(じゅ)(ヒンズー教で吟唱される文句)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

bust

〈C〉半身像,胸像

〈U〉《遠回しに》(婦人の)胸部

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

broadband

(周波数が)広帯域の

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

anecdotal

逸話の;逸話の多い

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

fundamentally

基本的に;本質的に

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

achievable

成就(じょうじゅ)(達成)できる

economically

倹約して

経済的に

morally

道徳的に,正しく

道徳上,道徳的に見て

事実上,ほとんど

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画