TED日本語 - カレン・チェ: 拷問のなくし方

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

拷問を受けているのは政治犯だけではありません。司法による拷問の多くは通常の事件において行われており、法制度が"機能している"とされている国でさえも行われているのです。日常的に行われている拷問に立ち向かい廃止するにはどうすればいいか、そしてどのようにすべきかについて社会運動家のカレン・チェが語ります。

Script

1994年 私はカンボジアの刑務所で 12歳の少年に会いました その少年は拷問にかけられていて 弁護士との面会は認められていませんでした そこで彼の目を見ていて気がついたのですが 私はそれまで政治犯の人々に対しては 何百通もの手紙を書いてきた一方で 彼には一度も書いたことがなかったのです それは彼が何か重大な犯罪を起こした 12歳の少年ではなかったからです 彼は政治犯ではなく 1台の自転車を盗んだ 12歳の少年でした 当時 もう一つ分かったことがあるのですが これはカンボジアに限らず 113の途上国において 拷問が行われていたのです その内の93ヶ国では弁護士と面会する権利 そして拷問を受けない権利が 法律で認められていました

そこで私が感じたのは 国際社会が協力すれば 取り調べ手法となっている拷問をなくす とてつもなく大きな可能性があるということです 「拷問」と聞くと政治犯や 他の手段が尽きた際の 凶悪犯に対する 最終手段であると考えがちですが 実のところ 今日行われている拷問の95%は 政治犯以外の人たちに対するものです 法制度が破綻している国々において 拷問は最も簡易で費用のかからない 取り調べ形態となってしまっているので 一般の人に対して行われているのです --法制度を整えるよりも簡単ですし 弁護士を手配して 迅速な面会を行うよりも簡単なので-- 日常的に起きているのです しかし 私が今 信じているのは 国際社会が協力して取り調べ手法としての拷問を なくそうと決心すれば 私たちの世代でなくすことができるというこです しかし そこで必要なことが3つあります 1つ目が世界規模で弁護人の育成や 彼らへの権限付与 そしてつながりの構築を行うこと

2つ目が弁護人との迅速な面会の 体系化を確実にすること そして3つ目が献身的な取り組みです 2000年に 私が想いを巡らせたのは もし私たちが一つになったらどうなんだろう? この93ヶ国に対して 何かを変えることが果たしてできるのかということです そこで この93ヶ国の警察署や法廷に 育成された弁護士を早期に手配することで 取り調べ手法としての拷問をなくすこと そして 適正な法手続きを施行することを 明確な目的とした組織 「International Bridges to Justice」を 設立しました 私の最初の任務はカンボジアだったのですが 初めて現地を訪れた1994年当時 カンボジアの弁護士の数は まだ10人未満でした これはクメール・ルージュにより 多くの命が奪われてしまったためです

そして それから20年近くが過ぎても その数は僅か10人にすぎないのです その結果 現在刑務所で目にするのは 12歳の少年だけではありません 刑務所にいる女性たちを前にして 「なぜここにいるのですか?」と訊ねると 「罪を犯してから行方が分からない夫の代わりに 10年間 私が勾留されているのです」と言うのです つまり法の支配が適用されていない地域なのです

初の弁護人グループが集まった際に 育成任務にあたっていて覚えているのですが 「調査はどのように行なっているのですか?」と訊ねると 室内は沈黙ののち (不明瞭な名前の) 一人の女性が立ち上がり 「先生」を意味する「Khrew」と言ってから 「私はこれまで100人以上 担当してきましたが 一度として調査をする必要は ありませんでした 皆 自白しますから」と答えたのです

そこで私たち全員が話し合ったのは まず自白の内容は 信用性がないかもしれないということ その上 警察が拷問を続けることを 推奨するわけにはいかないということ 法に抵触している現在は特にです 弁護人の人たちにとっては これらの法を施行させるために行動を起こすこと そしてお互いに助け合うことを決心するというのは 非常に勇気のいることです 今でも覚えているのですが 最初の裁判では 全部で25名の弁護人が集まりました 先程の女性が立ち上がり 他の弁護人たちが背後で彼女のサポートをすると 裁判官は「いや いや いや 我々はこれからも これまでと同様のやり方で進めていく」と言ったのです

しかしある時 素晴らしい事例がありました 野菜の販売をしている女性が 家の外に座っていた時に なんらかの宝石を盗んだと思われる人が 走り去っていくのを実際に目撃したと 証言したのですが 警察はその女性を 捕まえたのです その女性は何も持っていませんでした 彼女はその時妊娠していたのですが タバコを 押し付けられて火傷をし 流産もしてしまいました 弁護人がこの事例を裁判にかけると 裁判官は立ち上がり 初めてこう言ったのです 「拷問を受けたというあなたの供述を除き いかなる証拠も認められません よって釈放とします」と

それからは弁護人の方々は何度も 事例を裁判に持ち込むようになりました 皆さんは 彼らが少しずつカンボジアの 歴史の流れを変えつつあるのを目にするでしょう しかしこれはカンボジアだけではありませんでした 以前 他にもこういった国があるのかどうかが 気になっていたのですが 大多数の国で行われているのです

ブルンジの刑務所で私が会ったのは 12歳の少年ではなく 携帯電話を盗んだ8歳の少年や 本当に可愛い赤ちゃんのいる女性でした 赤ちゃんを抱き上げて「とても可愛いですね」と言うと 3歳だったので赤ちゃんではないですけどね 彼女は「ええ でもこの子のために私はここにいるの」と言いました というのも彼女はその子のためにおむつを2つと アイロンを盗んだ罪で告訴され 刑務所に勾留されていたのです 私は刑務所の責任者のところへ歩み寄って 「彼女を釈放すべきです 裁判官ならそうしますよ」と言うと その男性は 「では 話し合いましょうか でもこの刑務所にいる2,000人のうち 80%の人間には弁護士がいないんですよ どうすればいいんですか?」と言うのです そこで弁護士の方々は裁判を行えるような システムを構築しようと 勇敢な姿勢で 共に行動を起こし始めたのです しかし私たちが気づいたのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士同士のつながりも 違いを創りだすということでした

カンボジアを例にあげると [不明瞭な名前] は一人ではありませんでした 彼女は24人の弁護士と共に 行動を起こしたのです これは中国でも同様で 彼らは常々こう言っています 「我々が協力できるということは まるで砂漠に吹く爽やかな風のようだ」と また ジンバブエでは イノセントという男性がいました 私と一緒に育成任務を行っていたこの男性は 囚人の人たちがみな「弁護士がいないまま 1年間 8年間 12年間 ここに勾留されているんだ」と言っている 刑務所を出たところで こう言ったのです 「私が聞いてきたのは --彼は人々のつぶやきやぼやきを 聞いていたのですが-- 「私が聞いてきたのは "我々には正義をもたらすことは出来ないんだ その為の資質がないから"と言う会話なんだ」 「でも分かってもらいたいのは そういった資質がないからと言って それが不正を認める理由にはならないんだ」と そして 彼は見事に 68人の弁護士をまとめあげ 裁判の体系化を進めています

しかし鍵となるのは弁護士の育成 そして 弁護士と早期に面会できる環境です 先日エジプトで他の弁護士グループと会合を持った際に 心を揺さぶられたのですが 彼らがこんな事を言っていました 「見て下さい ここでは街頭に 警察がいないんですよ 我々が 変革を推し進めた主な理由の一つが警察なんです 彼らは四六時中 あらゆる人に対して 拷問を加えていたのです」と 私は「でも最近 数千万ドルのお金が 法制度の整備の為に投じられましたよね それはどうなっているんですか?」 と訊ねました 法を整備する機関の一つと会合を持った時のことです 彼らは弁護人とは対照的に 訓練を受けていたように見える 検事や裁判官の方たちでした 実際 彼らが私に見せてくれたマニュアルは 大変優れたものでした 「これはコピーしなければ」と言ったくらいです あらゆる事が記載されていて 弁護士が 警察署を訪ねることもできました 完璧です 検察官の方々は充分訓練を積んでいました しかし「一つお伺いしたいのですが 囚人の人たちが検察当局に来たとき その人たちはどのような状態でしたか?」と訊ねると 検事や裁判官の方々は一瞬の沈黙の後 「拷問を受けていました」と言ったのです

つまり必要なのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士との迅速な面会を体系化する道筋を 見い出すことなのです なぜならこの制度では 拷問を受けている人たちにとって 弁護士こそがセーフガードなのです 私はこの話をするにあたって 「なるほどね できそうに聞こえるけど 実際はどうなんだろう?」 という反応があるのも承知しています 壮大な響きですからね 私がこれを実現可能だと考えている理由は色々あります 第一の理由は偉大なことを成し遂げるために 献身的な姿勢で 現場に携わっている人たちです それは先程お伝えしたジンバブエの イノセント氏だけではなく 実現の為の道を模索している 世界中の弁護人の方々もです 私たちは"JusticeMakers(正義の創造者)"と言うプログラムを実施しています これは熱意があって何かをやりたいと思ってる でもどうサポートすればいいか分からないと 感じている人たちがいることを踏まえた オンライン・コンテストで 正義を遂行するための 革新的なアイディアに対して 5,000ドルの 報酬を提供するものです スリランカやスワジランドから コンゴ民主共和国まで 世界中にいる30人の "正義の創造者"は 5,000ドルで素晴らしいことを行なっています ショート・メッセージ・サービスや 法務業務 またはそれぞれができるやり方でです

これは"正義の創造者"の人たちだけではありません 私たちが力強く見つめている中 人とのつながりや 行動する術を見つけようとしている人たちもです

例えば 中国で成立した素晴らしい法律では 警察による拷問を禁じると共に 拷問を加えた場合は処罰されるようになったのですが 私はとても気概のある弁護士の一人と 隣り合わせで座りながら こう訊ねました 「どうやってこの法律を広めましょうか? どうやってこの法律の履行を確認しましょうか? これは凄いことですよ」と すると彼は 「そうだね 資金はあるの?」と聞いてきたので 私が「いいえ」と答えると 「大丈夫だよ それでもなんとかできるよ」と言ってくれました そして12月4日 彼は 上位14のロー・スクールの 青年共産主義同盟の会員 3,000人を統率して 各個人は自らを律しながら 新法の告知ポスターを作成して 警察署に行き 市民の権利を保護するために 彼の表現で言う 非暴力による法律革命を 始めたのです ということで 私は弁護人の方々の育成と サポートの必要性について そして 弁護人との迅速な面会の遂行を 体系化する必要性についてお話したのですが 3つ目の もっとも大事なことは 献身的に取り組むということです

よく言われるのが「そうですね 素晴らしい話だけど かなり理想主義的だし 現実的ではないね」という言葉です 興味深いと思うのは こういった言葉は 奴隷制度やアパルトヘイトを廃止しようと 心に誓った人たちが言われていたことと 同じ言葉だということです これは献身的に取り組もうと決めた 僅かな人数から始まったのです

弁護人の方々の間に伝わる詩で 彼らから教えてもらった お気に入りの詩があります それは "友よ 勇敢であれ 道程はしばし長きにわたり 道筋は混沌とし 険しさはかなりのものである しかし 心の奥では あなたは独りではない"というものです 国際社会が協力して 弁護人の方々だけではなく こういった現状を改善しようとしている人たちを サポートすることで 取り調べ手法となっている拷問を なくすことができると私は信じています 「だけど実際どうすればいいんだ?」という 疑問に対してはいつでも 喜んでお答えしたいので 私はいつも話の最後にこう伝えます まずは「ご自身でも分かっているはずです」と そして次にヴィシュナという子の話をします 実のところ "International Bridges to Justice"という 組織を設立するきっかけになった男の子です

私が会った時 ヴィシュナは4歳でした カンダル州にあるカンボジア刑務所で 生まれたのですが 刑務所で生まれたことで その子は守衛の人たちも含め みんなから愛されていて 唯一 鉄格子の外に出ることを 許されていました ご存知のように 鉄格子があるのですが ヴィシュナが成長するに連れて 顔も大きくなってくると 彼は一番下の鉄格子から 二番目 三番目の高さの鉄格子へと登って 顔をゆっくりと横に動かし 鉄格子を通り抜けると 一番下の鉄格子まで 降りてきて私の小指を握るようになりました というのも彼はいつも 他の囚人たちのところへ行きたがっていたのです 毎日 全員を訪れるということは できませんが 156人の囚人 全員のところに 行きたがっていました そして私が彼を抱き上げると 彼は鉄格子の奥に指を通すのです 波形の鉄で作られたような暗い独房でも 指を通すのです

勾留されている囚人の多くは この子の存在が 至上の喜びであり 自分たちの太陽だと言って 会うのを心待ちにしていました ヴィシュナは4歳の男の子です 刑務所で生まれた時 この子は 形在るようなものは何も持っていませんでした だけど 勇敢な気持ちは持っていたのです それは 誰もが生まれたときに持っていたはずです 彼は「多分 できることは限られてるけど 一人の人間として 何かしらできるよ だから できることをやっていくんだ」と言っています ということで 皆さんが私たちと共に 新しい世界を思い描こうと 予知的な想像を して頂いたことに感謝します そして 皆さんをこの旅路にご招待させて下さい

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

In 1994, I walked into a prison in Cambodia, and I met a 12-year-old boy who had been tortured and was denied access to counsel. And as I looked into his eyes, I realized that for the hundreds of letters I had written for political prisoners, that I would never have written a letter for him, because he was not a 12-year-old boy who had done something important for anybody. He was not a political prisoner. He was a 12-year-old boy who had stolen a bicycle. What I also realized at that point was that it was not only Cambodia, but of the 113 developing countries that torture,93 of these countries have all passed laws that say you have a right to a lawyer and you have a right not to be tortured.

And what I recognized was that there was an incredible window of opportunity for us as a world community to come together and end torture as an investigative tool. We often think of torture as being political torture or reserved for just the worst, but, in fact,95 percent of torture today is not for political prisoners. It is for people who are in broken-down legal systems, and unfortunately because torture is the cheapest form of investigation -- it's cheaper than having a legal system, cheaper than having a lawyer and early access to counsel -- it is what happens most of the time. I believe today that it is possible for us as a world community, if we make a decision, to come together and end torture as an investigative tool in our lifetime, but it will require three things. First is the training, empowerment, and connection of defenders worldwide.

The second is insuring that there is systematic early access to counsel. And the third is commitment. So in the year 2000, I began to wonder, what if we came together? Could we do something for these 93 countries? And I founded International Bridges to Justice which has a specific mission of ending torture as an investigative tool and implementing due process rights in the 93 countries by placing trained lawyers at an early stage in police stations and in courtrooms. My first experiences, though, did come from Cambodia, and at the time I remember first coming to Cambodia and there were, in 1994, still less than 10 attorneys in the country because the Khmer Rouge had killed them all.

And even 20 years later, there was only 10 lawyers in the country, so consequently you'd walk into a prison and not only would you meet 12-year-old boys, you'd meet women and you'd say, "Why are you here?" Women would say, "Well I've been here for 10 years because my husband committed a crime, but they can't find him." So it's just a place where there was no rule of law.

The first group of defenders came together and I still remember, as I was training, I said, "Okay, what do you do for an investigation?" And there was silence in the class, and finally one woman stood up, [ inaudible name ], and she said "Khrew," which means "teacher." She said, "I have defended more than a hundred people, and I've never had to do any investigation, because they all come with confessions."

And we talked about, as a class, the fact that number one, the confessions might not be reliable, but number two, we did not want to encourage the police to keep doing this, especially as it was now against the law. And it took a lot of courage for these defenders to decide that they would begin to stand up and support each other in implementing these laws. And I still remember the first cases where they came, all 25 together, she would stand up, and they were in the back, and they would support her, and the judges kept saying, "No, no, no, no, we're going to do things the exact same way we've been doing them."

But one day the perfect case came, and it was a woman who was a vegetable seller, she was sitting outside of a house. She said she actually saw the person run out who she thinks stole whatever the jewelry was, but the police came, they got her, there was nothing on her. She was pregnant at the time. She had cigarette burns on her. She'd miscarried. And when they brought her case to the judge, for the first time he stood up and he said, "Yes, there's no evidence except for your torture confession and you will be released."

And the defenders began to take cases over and over again and you will see, they have step by step began to change the course of history in Cambodia. But Cambodia is not alone. I used to think, well is it Cambodia? Or is it other countries? But it is in so many countries.

In Burundi I walked into a prison and it wasn't a 12-year-old boy, it was an 8-year-old boy for stealing a mobile phone. Or a woman, I picked up her baby, really cute baby, I said "Your baby is so cute." It wasn't a baby, she was three. And she said "Yeah, but she's why I'm here," because she was accused of stealing two diapers and an iron for her baby and still had been in prison. And when I walked up to the prison director, I said, "You've got to let her out. A judge would let her out." And he said, "Okay, we can talk about it, but look at my prison. Eighty percent of the two thousand people here are without a lawyer. What can we do?" So lawyers began to courageously stand up together to organize a system where they can take cases. But we realized that it's not only the training of the lawyers, but the connection of the lawyers that makes a difference.

For example, in Cambodia, it was that [ inaudible name ] did not go alone but she had 24 lawyers with her who stood up together. And in the same way, in China, they always tell me, "It's like a fresh wind in the desert when we can come together." Or in Zimbabwe, where I remember Innocent, after coming out of a prison where everybody stood up and said, "I've been here for one year,eight years,12 years without a lawyer," he came and we had a training together and he said, "I have heard it said" -- because he had heard people mumbling and grumbling -- "I have heard it said that we can not help to create justice because we do not have the resources." And then he said, "But I want you to know that the lack of resources is never an excuse for injustice." And with that, he successfully organized 68 lawyers who have been systematically taking the cases.

The key that we see, though, is training and then early access. I was recently in Egypt, and was inspired to meet with another group of lawyers, and what they told me is that they said, "Hey, look, we don't have police on the streets now. The police are one of the main reasons why we had the revolution. They were torturing everybody all the time." And I said, "But there's been tens of millions of dollars that have recently gone in to the development of the legal system here. What's going on?" I met with one of the development agencies, and they were training prosecutors and judges, which is the normal bias, as opposed to defenders. And they showed me a manual which actually was an excellent manual. I said, "I'm gon na copy this." It had everything in it. Lawyers can come at the police station. It was perfect. Prosecutors were perfectly trained. But I said to them, "I just have one question, which is, by the time that everybody got to the prosecutor's office, what had happened to them?" And after a pause, they said, "They had been tortured."

So the pieces are, not only the training of the lawyers, but us finding a way to systematically implement early access to counsel, because they are the safeguard in the system for people who are being tortured. And as I tell you this, I'm also aware of the fact that it sounds like, "Oh, okay, it sounds like we could do it, but can we really do it?" Because it sounds big. And there are many reasons why I believe it's possible. The first reason is the people on the ground who find ways of creating miracles because of their commitment. It's not only Innocent, who I told you about in Zimbabwe, but defenders all over the world who are looking for these pieces. We have a program called JusticeMakers, and we realized there are people that are courageous and want to do things, but how can we support them? So it's an online contest where it's only five thousand dollars if you come up with and innovative way of implementing justice. And there are 30 JusticeMakers throughout the world, from Sri Lanka to Swaziland to the DRC, who with five thousand dollars do amazing things, through SMS programs, through paralegal programs, through whatever they can do.

And it's not only these JusticeMakers, but people we courageously see figure out who their networks are and how they can move it forward.

So in China, for instance, great laws came out where it says police can not torture people or they will be punished. And I was sitting side by side with one of our very courageous lawyers, and said, "How can we get this out? How can we make sure that this is implemented? This is fantastic." And he said to me, "Well, do you have money?" And I said, "No." And he said, "That's okay, we can still figure it out." And on December 4, he organized three thousand members of the Youth Communist League, from 14 of the top law schools, who organized themselves, developed posters with the new laws, and went to the police stations and began what he says is a non-violent legal revolution to protect citizen rights. So I talked about the fact that we need to train and support defenders. We need to systematically implement early access to counsel. But the third and most important thing is that we make a commitment to this.

And people often say to me, "You know, this is great, but it's wildly idealistic. Never going to happen." And the reason that I think that those words are interesting is because those were the same kinds of words that were used for people who decided they would end slavery, or end apartheid. It began with a small group of people who decided they would commit.

Now, there's one of our favorite poems from the defenders, which they share from each other, is: "Take courage friends, the road is often long, the path is never clear, and the stakes are very high, but deep down, you are not alone." And I believe that if we can come together as a world community to support not only defenders, but also everyone in the system who is looking towards it, we can end torture as an investigative tool. I end always, because I'm sure the questions are -- and I'd be happy to talk to you at any point -- "But what can I really do?" Well, I would say this. First of all, you know what you can do. But second of all, I would leave you with the story of Vishna, who actually was my inspiration for starting International Bridges to Justice.

Vishna was a 4-year-old boy when I met him who was born in a Cambodian prison in Kandal Province. But because he was born in the prison, everybody loved him, including the guards, so he was the only one who was allowed to come in and out of the bars. So, you know, there's bars. And by the time that Vishna was getting bigger, which means what gets bigger? Your head gets bigger. So he would come to the first bar, the second bar and then the third bar, and then really slowly move his head so he could fit through, and come back, third, second, first. And he would grab my pinkie, because what he wanted to do every day is he wanted to go visit. You know, he never quite made it to all of them every day, but he wanted to visit all 156 prisoners. And I would lift him, and he would put his fingers through. Or if they were dark cells, it was like iron corrugated, and he would put his fingers through.

And most of the prisoners said that he was their greatest joy and their sunshine, and they looked forward to him. And I was like, here's Vishna. He's a 4-year-old boy. He was born in a prison with almost nothing, no material goods, but he had a sense of his own heroic journey, which I believe we are all born into. He said, "Probably I can't do everything. But I'm one. I can do something. And I will do the one thing that I can do." So I thank you for having the prophetic imagination to imagine the shaping of a new world with us together, and invite you into this journey with us.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

In 1994,/ I walked into a prison/ in Cambodia,/ and I met a 12-year-old boy/ who had been tortured/ and was denied access/ to counsel.//

1994年 私はカンボジアの刑務所で 12歳の少年に会いました その少年は拷問にかけられていて 弁護士との面会は認められていませんでした

And/ as I looked into his eyes,/ I realized/ that for the hundreds of letters/ I had written for political prisoners,/ that I would never have written a letter/ for him,/ because he was not a 12-year-old boy/ who had done something important/ for anybody.//

そこで彼の目を見ていて気がついたのですが 私はそれまで政治犯の人々に対しては 何百通もの手紙を書いてきた一方で 彼には一度も書いたことがなかったのです それは彼が何か重大な犯罪を起こした 12歳の少年ではなかったからです

He was not a political prisoner.//

彼は政治犯ではなく

He was a 12-year-old boy/ who had stolen a bicycle.//

1台の自転車を盗んだ 12歳の少年でした

What I also realized at that point was/ that it was not only/ Cambodia,/ but of the 113 developing countries/ that torture,/93 of these countries have all passed laws/ that say you have a right/ to a lawyer/ and you have a right not to be tortured.//

当時 もう一つ分かったことがあるのですが これはカンボジアに限らず 113の途上国において 拷問が行われていたのです その内の93ヶ国では弁護士と面会する権利 そして拷問を受けない権利が 法律で認められていました

And what I recognized/ was/ that there was an incredible window of opportunity/ for us/ as a world community/ to come together/ and end torture/ as an investigative tool.//

そこで私が感じたのは 国際社会が協力すれば 取り調べ手法となっている拷問をなくす とてつもなく大きな可能性があるということです

We often think of torture/ as being political torture/ or reserved for just the worst,/ but,/ in fact,/95 percent of torture/ today is not for political prisoners.//

「拷問」と聞くと政治犯や 他の手段が尽きた際の 凶悪犯に対する 最終手段であると考えがちですが 実のところ 今日行われている拷問の95%は 政治犯以外の人たちに対するものです

It is/ for people/ who are in broken-down legal systems,/ and unfortunately/ because torture is the cheapest form of investigation --/ it's cheaper/ than having a legal system,/ cheaper/ than having a lawyer/ and early access to counsel --/ it is/ what happens most of the time.//

法制度が破綻している国々において 拷問は最も簡易で費用のかからない 取り調べ形態となってしまっているので 一般の人に対して行われているのです --法制度を整えるよりも簡単ですし 弁護士を手配して 迅速な面会を行うよりも簡単なので-- 日常的に起きているのです

I believe today/ that it is possible/ for us/ as a world community,/ if we make a decision,/ to come together/ and end torture/ as an investigative tool/ in our lifetime,/ but it will require three/ things.//

しかし 私が今 信じているのは 国際社会が協力して取り調べ手法としての拷問を なくそうと決心すれば 私たちの世代でなくすことができるというこです しかし そこで必要なことが3つあります

First is the training,/ empowerment,/ and connection of defenders worldwide.//

1つ目が世界規模で弁護人の育成や 彼らへの権限付与 そしてつながりの構築を行うこと

The second is insuring/ that there is systematic early access/ to counsel.//

2つ目が弁護人との迅速な面会の 体系化を確実にすること

And the third is commitment.//

そして3つ目が献身的な取り組みです

So/ in the year 2000,/ I began to wonder,/ what if we came together?//

2000年に 私が想いを巡らせたのは もし私たちが一つになったらどうなんだろう?

Could we do something/ for these 93 countries?//

この93ヶ国に対して 何かを変えることが果たしてできるのかということです

And I founded International Bridges/ to Justice/ which has a specific mission of ending torture/ as an investigative tool/ and implementing due process rights/ in the 93 countries/ by placing trained lawyers/ at an early stage/ in police stations/ and/ in courtrooms.//

そこで この93ヶ国の警察署や法廷に 育成された弁護士を早期に手配することで 取り調べ手法としての拷問をなくすこと そして 適正な法手続きを施行することを 明確な目的とした組織 「International Bridges to Justice」を 設立しました

My first experiences,/ though,/ did come from Cambodia,/ and at the time/ I remember first coming/ to Cambodia/ and there were,/ in 1994,/ still/ less than 10 attorneys/ in the country/ because the Khmer Rouge had killed them all.//

私の最初の任務はカンボジアだったのですが 初めて現地を訪れた1994年当時 カンボジアの弁護士の数は まだ10人未満でした これはクメール・ルージュにより 多くの命が奪われてしまったためです

And even 20 years later,/ there was only 10 lawyers/ in the country,/ so consequently/ you'd walk into a prison/ and not only would/ you meet 12-year-old boys,/ you'd meet women/ and you'd say,/ "Why are you here?"// Women would say,/ "Well/ I've been here for 10 years/ because my husband committed a crime,/ but they can't find him."//

そして それから20年近くが過ぎても その数は僅か10人にすぎないのです その結果 現在刑務所で目にするのは 12歳の少年だけではありません 刑務所にいる女性たちを前にして 「なぜここにいるのですか?」と訊ねると 「罪を犯してから行方が分からない夫の代わりに 10年間 私が勾留されているのです」と言うのです

So it's just a place/ where there was no rule of law.//

つまり法の支配が適用されていない地域なのです

The first group of defenders came together/ and I still remember,/ as I was training,/ I said,/ "Okay,/ what do you do for an investigation?"//

初の弁護人グループが集まった際に 育成任務にあたっていて覚えているのですが 「調査はどのように行なっているのですか?」と訊ねると

And there was silence/ in the class,/ and finally one woman stood up,/ [ inaudible name ],/ and she said "Khrew,/"/ which means "teacher."//

室内は沈黙ののち (不明瞭な名前の) 一人の女性が立ち上がり 「先生」を意味する「Khrew」と言ってから

She said,/ "I have defended more/ than a hundred people,/ and I've never had to do/ any investigation,/ because they/ all come with confessions."//

「私はこれまで100人以上 担当してきましたが 一度として調査をする必要は ありませんでした 皆 自白しますから」と答えたのです

And we talked about,/ as a class,/ the fact/ that number one,/ the confessions might not be reliable,/ but number two,/ we did not want to encourage/ the police/ to keep doing/ this,/ especially/ as it was now against the law.//

そこで私たち全員が話し合ったのは まず自白の内容は 信用性がないかもしれないということ その上 警察が拷問を続けることを 推奨するわけにはいかないということ 法に抵触している現在は特にです

And it took a lot of courage/ for these defenders/ to decide/ that they would begin to stand up/ and support each other/ in implementing these laws.//

弁護人の人たちにとっては これらの法を施行させるために行動を起こすこと そしてお互いに助け合うことを決心するというのは 非常に勇気のいることです

And I still remember the first cases/ where they came,/ all 25 together,/ she would stand up,/ and they were in the back,/ and they would support her,/ and the judges kept saying,/ "No, no,/ no,/ no,/ we're going to do/ things/ the exact same way/ we've been doing them."//

今でも覚えているのですが 最初の裁判では 全部で25名の弁護人が集まりました 先程の女性が立ち上がり 他の弁護人たちが背後で彼女のサポートをすると 裁判官は「いや いや いや 我々はこれからも これまでと同様のやり方で進めていく」と言ったのです

But one day/ the perfect case came,/ and it was a woman/ who was a vegetable seller,/ she was sitting outside of a house.//

しかしある時 素晴らしい事例がありました 野菜の販売をしている女性が 家の外に座っていた時に

She said she actually saw the person run out/ who she thinks stole/ whatever the jewelry was,/ but the police came,/ they got her,/ there was nothing/ on her.//

なんらかの宝石を盗んだと思われる人が 走り去っていくのを実際に目撃したと 証言したのですが 警察はその女性を 捕まえたのです その女性は何も持っていませんでした

She was pregnant/ at the time.// She had cigarette burns/ on her.// She'd miscarried.//

彼女はその時妊娠していたのですが タバコを 押し付けられて火傷をし 流産もしてしまいました

And when they brought her case/ to the judge,/ for the first time/ he stood up/ and he said,/ "Yes, there's no evidence/ except for your torture confession/ and you will be released."//

弁護人がこの事例を裁判にかけると 裁判官は立ち上がり 初めてこう言ったのです 「拷問を受けたというあなたの供述を除き いかなる証拠も認められません よって釈放とします」と

And the defenders began to take/ cases over and over again/ and you will see,/ they have step/ by step began to change/ the course of history/ in Cambodia.//

それからは弁護人の方々は何度も 事例を裁判に持ち込むようになりました 皆さんは 彼らが少しずつカンボジアの 歴史の流れを変えつつあるのを目にするでしょう

But Cambodia is not alone.//

しかしこれはカンボジアだけではありませんでした

I used to think,/ well is it Cambodia?//

以前 他にもこういった国があるのかどうかが

Or is it other countries?//

気になっていたのですが

But it is in so many countries.//

大多数の国で行われているのです

In Burundi/ I walked into a prison/ and it wasn't a 12-year-old boy,/ it was an 8-year-old boy/ for stealing a mobile phone.//

ブルンジの刑務所で私が会ったのは 12歳の少年ではなく 携帯電話を盗んだ8歳の少年や

Or a woman,/ I picked up/ her baby,/ really cute baby,/ I said "Your baby is so cute."//

本当に可愛い赤ちゃんのいる女性でした 赤ちゃんを抱き上げて「とても可愛いですね」と言うと

It wasn't a baby,/ she was three.//

3歳だったので赤ちゃんではないですけどね

And she said "Yeah,/ but she's/ why I'm here,/"/ because she was accused of stealing two diapers/ and an iron/ for her baby/ and still had been in prison.//

彼女は「ええ でもこの子のために私はここにいるの」と言いました というのも彼女はその子のためにおむつを2つと アイロンを盗んだ罪で告訴され 刑務所に勾留されていたのです

And when I walked up/ to the prison director,/ I said,/ "You've got to let/ her out.//

私は刑務所の責任者のところへ歩み寄って 「彼女を釈放すべきです

A judge would let her out."//

裁判官ならそうしますよ」と言うと

And he said,/ "Okay,/ we can talk about it,/ but look at my prison.// Eighty percent of the two thousand people here are without a lawyer.// What can we do?"//

その男性は 「では 話し合いましょうか でもこの刑務所にいる2,000人のうち 80%の人間には弁護士がいないんですよ どうすればいいんですか?」と言うのです

So lawyers began to courageously stand up/ together/ to organize a system/ where they can take cases.//

そこで弁護士の方々は裁判を行えるような システムを構築しようと 勇敢な姿勢で 共に行動を起こし始めたのです

But we realized/ that it's not only/ the training of the lawyers,/ but the connection of the lawyers/ that makes a difference.//

しかし私たちが気づいたのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士同士のつながりも 違いを創りだすということでした

For example,/ in Cambodia,/ it was/ that [ inaudible name ] did not go alone/ but she had 24 lawyers/ with her/ who stood up/ together.// And/ in the same way,/ in China,/ they always tell me,/ "It's like a fresh wind/ in the desert/ when we can come together."//

カンボジアを例にあげると [不明瞭な名前] は一人ではありませんでした 彼女は24人の弁護士と共に 行動を起こしたのです これは中国でも同様で 彼らは常々こう言っています 「我々が協力できるということは まるで砂漠に吹く爽やかな風のようだ」と

Or/ in Zimbabwe,/ where I remember Innocent,/ after coming out of a prison/ where everybody stood up/ and said,/ "I've been here for one year,/eight years,/12 years/ without a lawyer,/"/ he came/ and we had a training together/ and he said,/ "I have heard/ it said" --/ because he had heard people/ mumbling and grumbling --/ "I have heard/ it said/ that we can not help to create justice/ because we do not have the resources."//

また ジンバブエでは イノセントという男性がいました 私と一緒に育成任務を行っていたこの男性は 囚人の人たちがみな「弁護士がいないまま 1年間 8年間 12年間 ここに勾留されているんだ」と言っている 刑務所を出たところで こう言ったのです 「私が聞いてきたのは --彼は人々のつぶやきやぼやきを 聞いていたのですが-- 「私が聞いてきたのは "我々には正義をもたらすことは出来ないんだ その為の資質がないから"と言う会話なんだ」

And then/ he said,/ "But I want you/ to know/ that the lack of resources is never an excuse/ for injustice."//

「でも分かってもらいたいのは そういった資質がないからと言って それが不正を認める理由にはならないんだ」と

And with that,/ he successfully organized 68 lawyers/ who have been systematically taking the cases.//

そして 彼は見事に 68人の弁護士をまとめあげ 裁判の体系化を進めています

The key/ that we see,/ though,/ is training/ and then/ early access.//

しかし鍵となるのは弁護士の育成 そして 弁護士と早期に面会できる環境です

I was recently in Egypt,/ and was inspired to meet/ with another group of lawyers,/ and what they told me/ is/ that they said,/ "Hey, look,/ we don't have police/ on the streets now.// The police are one of the main reasons/ why we had the revolution.// They were torturing everybody/ all the time."//

先日エジプトで他の弁護士グループと会合を持った際に 心を揺さぶられたのですが 彼らがこんな事を言っていました 「見て下さい ここでは街頭に 警察がいないんですよ 我々が 変革を推し進めた主な理由の一つが警察なんです 彼らは四六時中 あらゆる人に対して 拷問を加えていたのです」と

And I said,/ "But there's been tens of millions of dollars/ that have recently gone in/ to the development of the legal system here.//

私は「でも最近 数千万ドルのお金が 法制度の整備の為に投じられましたよね それはどうなっているんですか?」

What's going on?"//

と訊ねました

I met with one of the development agencies,/ and they were training prosecutors and judges,/ which is the normal bias,/ as opposed to defenders.//

法を整備する機関の一つと会合を持った時のことです 彼らは弁護人とは対照的に 訓練を受けていたように見える 検事や裁判官の方たちでした

And they showed me/ a manual/ which actually was an excellent manual.//

実際 彼らが私に見せてくれたマニュアルは 大変優れたものでした

I said,/ "I'm gon/ na copy this."//

「これはコピーしなければ」と言ったくらいです

It had everything/ in it.// Lawyers can come at the police station.// It was perfect.//

あらゆる事が記載されていて 弁護士が 警察署を訪ねることもできました 完璧です

Prosecutors were perfectly trained.//

検察官の方々は充分訓練を積んでいました

But I said to them,/ "I just have one question,/ which is,/ by the time/ that everybody got to the prosecutor's office,/ what had happened to them?"//

しかし「一つお伺いしたいのですが 囚人の人たちが検察当局に来たとき その人たちはどのような状態でしたか?」と訊ねると

And after a pause,/ they said,/ "They had been tortured."//

検事や裁判官の方々は一瞬の沈黙の後 「拷問を受けていました」と言ったのです

So the pieces are,/ not only/ the training of the lawyers,/ but us/ finding a way to systematically implement early access/ to counsel,/ because they are the safeguard/ in the system/ for people/ who are being tortured.//

つまり必要なのは 弁護士の育成だけではなく 弁護士との迅速な面会を体系化する道筋を 見い出すことなのです なぜならこの制度では 拷問を受けている人たちにとって 弁護士こそがセーフガードなのです

And/ as I tell you/ this,/ I'm also aware of the fact/ that it sounds like,/ "Oh,/ okay,/ it sounds/ like we could do it,/ but can we really do it?"//

私はこの話をするにあたって 「なるほどね できそうに聞こえるけど 実際はどうなんだろう?」 という反応があるのも承知しています

Because it sounds big.//

壮大な響きですからね

And there are/ many reasons/ why I believe it's possible.//

私がこれを実現可能だと考えている理由は色々あります

The first reason is the people/ on the ground/ who find ways of creating miracles/ because of their commitment.//

第一の理由は偉大なことを成し遂げるために 献身的な姿勢で 現場に携わっている人たちです

It's not only/ Innocent,/ who I told you/ about/ in Zimbabwe,/ but defenders all over the world/ who are looking for these pieces.//

それは先程お伝えしたジンバブエの イノセント氏だけではなく 実現の為の道を模索している 世界中の弁護人の方々もです

We have/ a program called JusticeMakers,/ and we realized/ there are people/ that are courageous/ and want to do/ things,/ but how can we support them?//

私たちは"JusticeMakers(正義の創造者)"と言うプログラムを実施しています これは熱意があって何かをやりたいと思ってる でもどうサポートすればいいか分からないと 感じている人たちがいることを踏まえた

So it's an online contest/ where it's only five thousand dollars/ if you come up/ with and innovative way of implementing justice.//

オンライン・コンテストで 正義を遂行するための 革新的なアイディアに対して 5,000ドルの 報酬を提供するものです

And there are 30 JusticeMakers/ throughout the world,/ from Sri Lanka/ to Swaziland/ to the DRC,/ who with five thousand dollars do amazing things,/ through SMS programs,/ through paralegal programs,/ through whatever they can do.//

スリランカやスワジランドから コンゴ民主共和国まで 世界中にいる30人の "正義の創造者"は 5,000ドルで素晴らしいことを行なっています ショート・メッセージ・サービスや 法務業務 またはそれぞれができるやり方でです

And it's not only/ these JusticeMakers,/ but people/ we courageously see figure out/ who their networks are/ and how they can move it forward.//

これは"正義の創造者"の人たちだけではありません 私たちが力強く見つめている中 人とのつながりや 行動する術を見つけようとしている人たちもです

So/ in China,/ for instance,/ great laws came out/ where it says police can not torture people/ or they will be punished.//

例えば 中国で成立した素晴らしい法律では 警察による拷問を禁じると共に 拷問を加えた場合は処罰されるようになったのですが

And I was sitting side/ by side/ with one of our very courageous lawyers,/ and said,/ "How can we get this out?// How can we make sure/ that this is implemented?//

私はとても気概のある弁護士の一人と 隣り合わせで座りながら こう訊ねました 「どうやってこの法律を広めましょうか? どうやってこの法律の履行を確認しましょうか?

This is fantastic."// And he said to me,/ "Well,/ do you have money?"// And I said,/ "No."// And he said,/ "That's okay,/ we can still figure it out."//

これは凄いことですよ」と すると彼は 「そうだね 資金はあるの?」と聞いてきたので 私が「いいえ」と答えると 「大丈夫だよ それでもなんとかできるよ」と言ってくれました

And on December 4,/ he organized three thousand members of the Youth Communist League,/ from 14 of the top law schools,/ who organized themselves,/ developed posters/ with the new laws,/ and went to the police stations/ and began/ what he says is a non-violent legal revolution/ to protect citizen rights.//

そして12月4日 彼は 上位14のロー・スクールの 青年共産主義同盟の会員 3,000人を統率して 各個人は自らを律しながら 新法の告知ポスターを作成して 警察署に行き 市民の権利を保護するために 彼の表現で言う 非暴力による法律革命を 始めたのです

So I talked about the fact/ that we need to train and support defenders.//

ということで 私は弁護人の方々の育成と サポートの必要性について

そして 弁護人との迅速な面会の遂行を 体系化する必要性についてお話したのですが

But the third and most important thing is/ that we make a commitment/ to this.//

3つ目の もっとも大事なことは 献身的に取り組むということです

And people often say to me,/ "You know,/ this is great,/ but it's wildly/ idealistic.//

よく言われるのが「そうですね 素晴らしい話だけど かなり理想主義的だし

Never/ going to happen."//

現実的ではないね」という言葉です

And the reason that/ I think/ that those words are interesting is/ because those were the same kinds of words/ that were used for people/ who decided they would end slavery,/ or end apartheid.//

興味深いと思うのは こういった言葉は 奴隷制度やアパルトヘイトを廃止しようと 心に誓った人たちが言われていたことと 同じ言葉だということです

It began with a small group of people/ who decided they would commit.//

これは献身的に取り組もうと決めた 僅かな人数から始まったのです

Now,/ there's one of our favorite poems/ from the defenders,/ which they share from each other,/ is:/ "Take courage friends,/ the road is often long,/ the path is never clear,/ and the stakes are very high,/ but deep down,/ you are not alone."//

弁護人の方々の間に伝わる詩で 彼らから教えてもらった お気に入りの詩があります それは "友よ 勇敢であれ 道程はしばし長きにわたり 道筋は混沌とし 険しさはかなりのものである しかし 心の奥では あなたは独りではない"というものです

And I believe/ that if we can come together/ as a world community/ to support not only defenders,/ but also/ everyone/ in the system/ who is looking towards it,/ we can end torture/ as an investigative tool.//

国際社会が協力して 弁護人の方々だけではなく こういった現状を改善しようとしている人たちを サポートすることで 取り調べ手法となっている拷問を なくすことができると私は信じています

I end always,/ because I'm sure/ the questions are --/ and I'd be happy/ to talk to you/ at any point --/ "But what can I really do?"//

「だけど実際どうすればいいんだ?」という 疑問に対してはいつでも 喜んでお答えしたいので

Well,/ I would say this.// First of all,/ you know/ what you can do.// But second of all,/ I would leave you/ with the story of Vishna,/ who actually was my inspiration/ for starting International Bridges/ to Justice.//

私はいつも話の最後にこう伝えます まずは「ご自身でも分かっているはずです」と そして次にヴィシュナという子の話をします 実のところ "International Bridges to Justice"という 組織を設立するきっかけになった男の子です

Vishna was a 4-year-old boy/ when I met him/ who was born in a Cambodian prison/ in Kandal Province.// But/ because he was born in the prison,/ everybody loved him,/ including/ the guards,/ so he was the only one/ who was allowed to come in/ and/ out of the bars.//

私が会った時 ヴィシュナは4歳でした カンダル州にあるカンボジア刑務所で 生まれたのですが 刑務所で生まれたことで その子は守衛の人たちも含め みんなから愛されていて 唯一 鉄格子の外に出ることを 許されていました

So,/ you know,/ there's bars.// And by the time/ that Vishna was getting bigger,/ which means/ what gets bigger?// Your head gets bigger.//

ご存知のように 鉄格子があるのですが ヴィシュナが成長するに連れて 顔も大きくなってくると

So he would come to the first bar,/ the second bar and then/ the third bar,/ and then really slowly move his head/ so he could fit through,/ and come back,/ third, second, first.// And he would grab my pinkie,/ because/ what he wanted to do/ every day is he wanted to go/ visit.//

彼は一番下の鉄格子から 二番目 三番目の高さの鉄格子へと登って 顔をゆっくりと横に動かし 鉄格子を通り抜けると 一番下の鉄格子まで 降りてきて私の小指を握るようになりました というのも彼はいつも 他の囚人たちのところへ行きたがっていたのです

You know,/ he never quite made it/ to all of them/ every day,/ but he wanted to visit/ all 156 prisoners.// And I would lift him,/ and he would put his fingers through.//

毎日 全員を訪れるということは できませんが 156人の囚人 全員のところに 行きたがっていました そして私が彼を抱き上げると 彼は鉄格子の奥に指を通すのです

Or/ if they were dark cells,/ it was like iron corrugated,/ and he would put his fingers through.//

波形の鉄で作られたような暗い独房でも 指を通すのです

And most of the prisoners said/ that he was their greatest joy and their sunshine,/ and they looked forward/ to him.// And I was like,/ here's Vishna.// He's a 4-year-old boy.//

勾留されている囚人の多くは この子の存在が 至上の喜びであり 自分たちの太陽だと言って 会うのを心待ちにしていました ヴィシュナは4歳の男の子です

He was born in a prison/ with almost nothing,/ no material goods,/ but he had a sense of his own heroic journey,/ which I believe/ we are all born into.// He said,/ "Probably/ I can't do everything.//

刑務所で生まれた時 この子は 形在るようなものは何も持っていませんでした だけど 勇敢な気持ちは持っていたのです それは 誰もが生まれたときに持っていたはずです 彼は「多分 できることは限られてるけど

But I'm one.// I can do something.//

一人の人間として 何かしらできるよ

And I will do the one thing/ that I can do."//

だから できることをやっていくんだ」と言っています

So I thank you/ for having the prophetic imagination/ to imagine the shaping of a new world/ with us together,/ and invite you/ into this journey/ with us.//

ということで 皆さんが私たちと共に 新しい世界を思い描こうと 予知的な想像を して頂いたことに感謝します そして 皆さんをこの旅路にご招待させて下さい

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

Cambodia

カンボジア(東南アジアの共和国;首都はPhnom Penh)

torture

…‘を'『拷問にかける』

(…で)…‘を'『ひどく苦しめる(悩ませる)』《+名+with+名(doing)》

〈U〉『拷問』,ひどく苦しめること

〈U〉〈C〉(心身の)苦痛

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

counsel

〈U〉『協議』,『相談』,評議

〈U〉〈C〉『助言』,忠告,勧告(advice)

《集合的に》弁護士団

〈人〉‘に'『助言する』,忠告する,勧める

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

prisoner

(服役中の)『囚人』;(未決の)拘置人,刑事被告人

=prisoner of war

自由を奪われた人,動きがとれなくなった人(動物)

補虜

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

lawyer

『弁護士』;法律学者

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

opportunity

『機会』,好機

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

broken-down

(老齢などのために)衰弱した

(機械などが)故障した;壊れた

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

defender

防御する人,擁護者

選手権保持者

弁護士

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

insure

…‘を'『保証する』,請け合う

〈人・財産など〉‘に'『保険をかける』,‘を'損害保証する

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

implement

(通例簡単な)『道具』,器具

…‘を'履行する,果たす(execute)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

police station

警察署

courtroom

法廷

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

attorney

《米》=lawyer

代理人

rouge

口紅,ほお紅

べんがら(金属・ガラスなどの研摩剤)

〈くちびる・ほお〉‘に'紅をつける

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

consequently

『その結果として』,従って

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

women

woman の複数形

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

ca

circa

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

okay

=OK,O.K.

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

inaudible

聞き取れない,聞こえない

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

confession

(罪などの)『自白』,自認《+『of』+『名』》

〈C〉《文》(信仰の)告白《+『of』+『名』》

(罪の)ざんげ

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

reliable

『信頼できる』,あてになる,確実な

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

especially

『特に』,特別に;きわだって

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

courage

『勇気』,度胸

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

seller

売る人,売り手

《good,bad,poorなどの形容詞と共に》売れるもの

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

stole

ストール(牧師が肩からたらす絹のけさ)

(婦人用の)肩掛け,ストール

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

pregnant

(比較変化なし)『妊娠している』

《名詞の前にのみ用いて》含みのある

《補語にのみ用いて》(…を)いっぱいに含んだ,はらんだ《+『with』+『名』》

《文》想像(工夫)に富んだ

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

Burundi

ブルンジ(1962年にベルギーか独立したアフリカ中部の共和国)

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

yeah

=yes

accuse

(…の罪で)〈人〉'を'『告発する』,告訴する《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

(…であると)〈人〉'を'『非難する』,責める《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

diaper

〈C〉《米》おしめ,おむつ(《英》nappy, napkin)

〈U〉菱形模様;菱形地紋の麻布(タオル・ナプキン用)

〈赤ん坊〉‘に'おむつを当てる

iron

〈U〉『鉄』

〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと

〈C〉鉄製の器具

〈C〉[電気]『アイロン』

〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ)

〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ

《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の

鉄のように堅い(強い,冷たい)

…‘に'アイロンをかける

〈人が〉アイロンをかける

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

eighty

〈C〉(数の)『80』,80の記号(80,LXXXなど)

〈U〉80歳

〈U〉《複数抜い》80人,80個

《the eighties》(世紀の)80年代;

『80の』,80人の,80個の;《補語にのみ用いて》80歳で

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

Zimbabwe

ジンバブウェ(南アフリカの共和国;もと Rhodesia,1980年4月独立)

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

mumble

…‘を'もぐもぐ言う

もぐもぐ言う《+『away』》

grumble

(人に…について)『不平』(『不満』)『をいう』《+『at』〈人〉+『名』+『about』(『over』)+『名』》

〈雷などが〉ゴロゴロ鳴る

…‘を'ぶつぶつ言う

『不平』

(雷などの)ゴロゴロ[鳴る音]

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

systematically

系統的に,体系的に,組織的に

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

prosecutor

検察官

訴追者

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

safeguard

(…に逐して)保護(予防)するもの(手段)《+『from』(『against』)+『名』》

(…から)…‘を'保護する,守る(protect)《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

courageous

『勇気のある』,『勇敢な』

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

contest

『争い』,闘争

『競争』,競技,コンテスト

(手に入れようと)…'を'『争う』(fight for)

…‘に'異議を唱える,反論する

(…を争って…と)競争する《+『with』(『against』)+『名』》

(…と)議論する《+『with』(『against』)+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

Sri Lanka

スリランカ(インド洋にある島国の共和国;Ceylonの正式国名;首都Colombo)

Swaziland

スワジランド(アフリカ南東の王国)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

December

『12月』({略}『Dec.』)

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

league

リーグ(昔の距離の単位;約3マイル(5キロメートル))

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

poster

ポスター,びら

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

wildly

『乱暴に』,荒々しく

むやみに

idealistic

理想主義の,観念論的な;現実的でない

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

apartheid

(特に南アフリカにおける)人種隔離政策

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

stake

(境界標・植物の支えなどの)『くい』

火刑用の柱;《the~》火刑,火あぶり

《しばしば複数形で》(競馬・ゲーム・かけ事などの)かけ金,賞金;(賞金のかかった)レース,(特に)競馬

(…に対する)(金銭的・感情的な)利害関系《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈境界など〉‘を'『くいで印をする』,くいで区画する《+『out』(『off』)+『名』,+『名』+『out』(『off』)》

〈動物など〉‘を'くいにつなぐ;〈植物など〉‘を'くい支える

(…に)〈金・名誉・命など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

《米》〈人〉‘に'(…の)金を出してやる《+『名』+『to』+『名』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

towards

toward

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

province

〈C〉(国の行政区画としての)州,省,県

〈U〉(権威・績任などの及ぶ)範囲,(学問・活動などの)領域,分野

《the provinces》(首都・大都市に対して)『地方』,いなか

〈U〉(特定の動植物の)生息地域,繁殖地域

〈C〉属州(古代ローマで,ローマの支配下にあったイタリア本国以外の土地)

〈C〉(大主教・修道会の)管区

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

pinkie

小指

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

corrugate

…‘に'波形をつける;〈皮膚や顔〉‘に'しわを寄せる

波形になる;しわが寄る

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

sunshine

『日光』

日なた

(物事の)『明るさ』,陽気,快活

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

heroic

『英雄的な』,勇ましい,大胆な,高潔な

(神話・伝説中の)英雄の行為を歌った

誇張した

誇張した言葉(動作)

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

probably

『たぶん』,『おそらく』

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画