TED日本語 - ダン・コブリー: マーケティングについて物理が教えてくれたこと

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

一見何の共通点もないように見える物理とマーケティング。しかし両方に熱意を持つダン・コブリーが、ニュートンの法則、ハイゼンベルクの不確定性原理、科学的方法、熱力学の第二法則を引き合いに出し、全く関連のなさそうな二つを連結させ、ブランド構築の基本的理論を説明します。

Script

私の仕事はマーケティングで大好きですが 最初にのめり込んでいたのは物理でした ある素晴らしい先生のおかげです こんなに白髪がなかった頃の話です 先生が私に教えてくれたのは 物理は身の回りの世界について 教えてくれて面白いということでした そこで物理はマーケティングについても 教えてくれることがあるという話をします

ちょっと手を挙げてもらえますか 大学でマーケティングの勉強をした人は? 大学で物理の勉強をした人は? 割といますね 中学や高校では? みなさん勉強してますね では楽しい思い出が蘇ると思います 嫌な思い出が蘇る可能性もありますが (笑い)

では物理とマーケティングについてです まずは分かり易いニュートンの法則の F=ma(物体に働く力=質量×加速度)から トルコ航空はもしかすると この法則を きちんと勉強しておけば良かったかもしれませんね (笑い) キャンペーンを実施する前に (笑い) この方程式をちょっと並び替えると 加速度=物体に働く力÷質量となります つまり 物体の質量が大きくなると その運動方向を 変えるにはより大きな力が必要になるのです これはブランドについても言えます ブランドが大きく足かせが多いほど ポジショニングを変えるには大きな力が必要となります これはアーサーアンダーセンが 会計監査以外の業務もできると 世間を説得しようとはせず 代わりにアクセンチュアを設立した 理由の1つです フーバー社が掃除機だけの企業でないと なかなか分かってもらえない理由も ここにあります ユニリーバやP&Gのような企業が オレオやプリングルズやダヴのような 別々のブランドを持ち 1つに統合しない理由もそうです ですから物理では物体の質量が大きいほど 運動方向を変えるのに より大きな力が必要になり マーケティングではブランドが有名なほど ポジショニング変更が難しくなるのです 皆さんもブランドのポートフォリオや 新規事業に使うブランドについて考えてみてください

ハイゼンベルクの不確定性原理を覚えていますか? 少し専門的になっていきます この原理は 素粒子の位置と運動量を 正確に測定するのは 本質的に不可能だというものです 測定自体が粒子の状態を変えるからです どういうことかと言うと 素粒子があり それに光を当てたとすると その光の粒子に運動量があるので 素粒子を突き飛ばしてしまうのです よって素粒子が元々どこにあったのか分かりません 測定行為自体が 測定対象を変えてしまいます 観察行為が変化を引き起こすのです マーケティングでも同じです 観察されると消費者の言動は変わります 例えばフォーカスグループで 自慢の子供の話をしている母親達に ジャンクフードを沢山買うと言う人はまずいません でもマクドナルドは毎年何億ものハンバーガーを販売しています スーパーで同行されて買い物する人は ショッピングカートに 新鮮な野菜や果物を沢山入れますが 普段そのように買い物はしていません また日頃からインターネットで ポルノを見ているとアンケートで答える人が 何人いるでしょう とても少ないです でもグーグルで最も検索されているのはポルノです だから幸いにもマーケティングは やり易くなってきています 進んだ販売時点情報管理や デジタルメディアの利用状況から 消費者の言っていることでなく 実際の行動を見ることができます ですから物理では 素粒子の厳密な測定は 測定がもたらす影響の為 不可能であり これをマーケティングに当てはめると 消費者にどうするか又はどうするつもりか 尋ねるのでなく 実際の行動を計測せよということです

次は物理や科学全般の基本である 科学的方法についてです 観測で仮説は立証できず 反証することのみが可能です これはたくさんのデータを集め 仮説やポジショニングを強化できても 決定的証明はできないという意味です そしてたった1つの反証データで 理論をぶち壊しにできるということです 例を挙げると プトレマイオスは何十ものデータを基に 惑星は地球の周りを回っていると唱えましたが コペルニクスのたった1つの確実な観測で その理論は打ち砕かれました マーケティングにも似たようなことがあります 長期間に渡ってブランドに投資しても そのポジショニングに1つ反例があっただけで 消費者の信用が台無しになります BPを見てください 長年に渡り何百万ポンドも投じて 環境に優しい企業というイメージを作り上げたのに つまらない事故1つで台無しです トヨタもそうです 長い間トヨタの自動車は その信頼性の高さで慕われてきました ところが大規模なリコールがありました タイガーウッズも長い間 ブランドの顔として完璧でした その後何があったかはご存知の通りです (笑い) つまり物理では 仮説を立証することはできないが 反証するのは簡単で 仮説はすべて不確実です マーケティングで言うと どれだけブランドに投資したとしても 1週間の悪評で 何十年の努力が無駄になることもあるということです ブランドを台無しにする失敗をしないよう 細心の注意を払ってください

最後は少し難解なエントロピーの世界の 熱力学の第二法則です これによると システムの無秩序度を表すエントロピーは 常に増大しています マーケティングでも同じです 20年前は マーケティング責任者が独断で決めたメッセージ1つで ブランドのイメージを決めることができました でも今の私達の状況はそうではありません 説得力のあるブランドのイメージや メッセージを 世間に発信することは可能です  英国保守党が今年始めに選挙ポスターでやったように でもその後コントロールを失うのです 消費者誰もが利用できるデジタル化された コメントの作成/配信ツールが今はあり [Twitter:あの選挙ポスター写真修正されてるよな?] ブランドのイメージを完全にコントロールするのは無理です ブランドはだんだん拡散されます [このままでは駄目です うんぬんかんぬん] [汚いことをするやつらは許さない] (笑い)  どんどん無秩序になります [マダムタッソーの館] [デジタル加工は一切施しておりません] (笑い)  収拾がつかなくなります [データの力で誤魔化します] [TEDで講演したんだから優しくしてよ] (笑い)  彼のトークはなかなかよかったですよ マーケティング担当者としては不安でしょうが これは実際には望ましい事です ブランドというエネルギーが拡散することで ブランドが人々にとって身近になり 溶け込んでいきます このエネルギー拡散は民主化させる力であり 最終的にはブランドにとっていいことです ということで物理から学ぶことは エントロピーは常に増加するという基本的法則です マーケティングではブランドは拡散するということです 逆らっても無駄なので 受け入れてください そしてそれを利用する方法を見つけてください

では締めくくりとして 私はヴァッター先生に 物理は面白いと教わりました 皆さんには物理はマーケティングにおいても 特別なヒントをもたらすと分かってもらえたらと思います ありがとうございました

(拍手)

So I work in marketing, which I love, but my first passion was physics, a passion brought to me by a wonderful school teacher, when I had a little less gray hair. So he taught me that physics is cool because it teaches us so much about the world around us. And I'm going to spend the next few minutes trying to convince you that physics can teach us something about marketing.

So quick show of hands -- who studied some marketing in university? Who studied some physics in university? Pretty good. And at school? Okay, lots of you. So, hopefully this will bring back some happy, or possibly some slightly disturbing memories.

So, physics and marketing. We'll start with something very simple -- Newton's Law: "The force equals mass times acceleration." This is something that perhaps Turkish Airlines should have studied a bit more carefully before they ran this campaign. (Laughter) But if we rearrange this formula quickly, we can get to acceleration equals force over mass, which means that for a larger particle -- a larger mass -- it requires more force to change its direction. It's the same with brands: the more massive a brand, the more baggage it has, the more force is needed to change its positioning. And that's one of the reasons why Arthur Andersen chose to launch Accenture rather than try to persuade the world that Andersen's could stand for something other than accountancy. It explains why Hoover found it very difficult to persuade the world that it was more than vacuum cleaners, and why companies like Unilever and P & G keep brands separate, like Ariel and Pringles and Dove rather than having one giant parent brand. So the physics is that the bigger the mass of an object the more force is needed to change its direction. The marketing is, the bigger a brand, the more difficult it is to reposition it. So think about a portfolio of brands or maybe new brands for new ventures.

Now, who remembers Heisenberg's uncertainty principle? Getting a little more technical now. So this says that it's impossible, by definition, to measure exactly the state -- i.e., the position -- and the momentum of a particle, because the act of measuring it, by definition, changes it. So to explain that -- if you've got an elementary particle and you shine a light on it, then the photon of light has momentum, which knocks the particle, so you don't know where it was before you looked at it. By measuring it, the act of measurement changes it. The act of observation changes it. It's the same in marketing. So with the act of observing consumers, changes their behavior. Think about the group of moms who are talking about their wonderful children in a focus group, and almost none of them buy lots of junk food. And yet, McDonald's sells hundreds of millions of burgers every year. Think about the people who are on accompanied shops in supermarkets, who stuff their trolleys full of fresh green vegetables and fruit, but don't shop like that any other day. And if you think about the number of people who claim in surveys to regularly look for porn on the Web, it's very few. Yet, at Google, we know it's the number-one searched for category. So luckily, the science -- no, sorry -- the marketing is getting easier. Luckily, with now better point-of-sale tracking, more digital media consumption, you can measure more what consumers actually do, rather than what they say they do. So the physics is you can never accurately and exactly measure a particle, because the observation changes it. The marketing is -- the message for marketing is -- that try to measure what consumers actually do, rather than what they say they'll do or anticipate they'll do.

So next, the scientific method -- an axiom of physics, of all science -- says you can not prove a hypothesis through observation, you can only disprove it. What this means is you can gather more and more data around a hypothesis or a positioning, and it will strengthen it, but it will not conclusively prove it. And only one contrary data point can blow your theory out of the water. So if we take an example -- Ptolemy had dozens of data points to support his theory that the planets would rotate around the Earth. It only took one robust observation from Copernicus to blow that idea out of the water. And there are parallels for marketing -- you can invest for a long time in a brand, but a single contrary observation of that positioning will destroy consumers' belief. Take BP -- they spent millions of pounds over many years building up its credentials as an environmentally friendly brand, but then one little accident. Think about Toyota. It was, for a long time, revered as the most reliable of cars, and then they had the big recall incident. And Tiger Woods, for a long time, the perfect brand ambassador. Well, you know the story. (Laughter) So the physics is that you can not prove a hypothesis, but it's easy to disprove it -- any hypothesis is shaky. And the marketing is that not matter how much you've invested in your brand,one bad week can undermine decades of good work. So be really careful to try and avoid the screw-ups that can undermine your brand.

And lastly, to the slightly obscure world of entropy -- the second law of thermodynamics. This says that entropy, which is a measure of the disorder of a system, will always increase. The same is true of marketing. If we go back 20 years, the one message pretty much controlled by one marketing manager could pretty much define a brand. But where we are today, things have changed. You can get a strong brand image or a message and put it out there like the Conservative Party did earlier this year with their election poster. But then you lose control of it. With the kind of digital comment creation and distribution tools that are available now to every consumer, it's impossible to control where it goes. Your brand starts being dispersed, (Laughter) it gets more chaotic. (Laughter) It's out of your control. (Laughter) I actually saw him speak -- he did a good job. But while this may be unsettling for marketers, it's actually a good thing. This distribution of brand energy gets your brand closer to the people, more in with the people. It makes this distribution of energy a democratizing force, which is ultimately good for your brand. So, the lesson from physics is that entropy will always increase; it's a fundamental law. The message for marketing is that your brand is more dispersed. You can't fight it, so embrace it and find a way to work with it.

So to close, my teacher, Mr. Vutter, told me that physics is cool, and hopefully, I've convinced you that physics can teach all of us, even in the world of marketing, something special. Thank you.

(Applause)

So I work in marketing,/ which I love,/ but my first passion was physics,/ a passion brought to me/ by a wonderful school teacher,/ when I had a little less gray hair.//

私の仕事はマーケティングで大好きですが 最初にのめり込んでいたのは物理でした ある素晴らしい先生のおかげです こんなに白髪がなかった頃の話です

So he taught me/ that physics is cool/ because it teaches us/ so much/ about the world/ around us.//

先生が私に教えてくれたのは 物理は身の回りの世界について 教えてくれて面白いということでした

And I'm going to spend/ the next few minutes/ trying to convince/ you/ that physics can teach us/ something/ about marketing.//

そこで物理はマーケティングについても 教えてくれることがあるという話をします

So quick show of hands --/ who studied some marketing/ in university?//

ちょっと手を挙げてもらえますか 大学でマーケティングの勉強をした人は?

Who studied some physics/ in university?//

大学で物理の勉強をした人は?

Pretty good.// And/ at school?//

割といますね 中学や高校では?

Okay,/ lots of you.//

みなさん勉強してますね

So,/ hopefully/ this will bring back/ some happy,/ or possibly/ some slightly disturbing memories.//

では楽しい思い出が蘇ると思います 嫌な思い出が蘇る可能性もありますが (笑い)

So,/ physics and marketing.//

では物理とマーケティングについてです

We'll start with something very simple --/ Newton's Law:/ "The force equals/ mass times acceleration."//

まずは分かり易いニュートンの法則の F=ma(物体に働く力=質量×加速度)から

This is something/ that perhaps Turkish Airlines should have studied a bit more carefully/ before they ran this campaign.//

トルコ航空はもしかすると この法則を きちんと勉強しておけば良かったかもしれませんね (笑い) キャンペーンを実施する前に

(Laughter)/ But/ if we rearrange this formula quickly,/ we can get to acceleration equals force/ over mass,/ which means/ that for a larger particle --/ a larger mass --/ it requires more force/ to change its direction.//

(笑い) この方程式をちょっと並び替えると 加速度=物体に働く力÷質量となります つまり 物体の質量が大きくなると その運動方向を 変えるにはより大きな力が必要になるのです

It's the same/ with brands:/ the more massive/ a brand,/ the more baggage/ it has,/ the more force is needed to change/ its positioning.//

これはブランドについても言えます ブランドが大きく足かせが多いほど ポジショニングを変えるには大きな力が必要となります

And that's one of the reasons/ why Arthur Andersen chose to launch/ Accenture/ rather than try to persuade/ the world/ that Andersen's could stand for something other/ than accountancy.//

これはアーサーアンダーセンが 会計監査以外の業務もできると 世間を説得しようとはせず 代わりにアクセンチュアを設立した 理由の1つです

It explains/ why Hoover found it very difficult/ to persuade the world/ that it was more/ than vacuum cleaners,/ and why companies/ like Unilever and P & G keep brands separate,/ like Ariel and Pringles/ and Dove/ rather than having one giant parent brand.//

フーバー社が掃除機だけの企業でないと なかなか分かってもらえない理由も ここにあります ユニリーバやP&Gのような企業が オレオやプリングルズやダヴのような 別々のブランドを持ち 1つに統合しない理由もそうです

So the physics is/ that the bigger/ the mass of an object/ the more force is needed to change/ its direction.//

ですから物理では物体の質量が大きいほど 運動方向を変えるのに より大きな力が必要になり

The marketing is,/ the bigger/ a brand,/ the more difficult/ it is to reposition it.//

マーケティングではブランドが有名なほど ポジショニング変更が難しくなるのです

So think about a portfolio of brands/ or maybe/ new brands/ for new ventures.//

皆さんもブランドのポートフォリオや 新規事業に使うブランドについて考えてみてください

Now,/ who remembers Heisenberg's uncertainty principle?//

ハイゼンベルクの不確定性原理を覚えていますか?

Getting a little more technical now.//

少し専門的になっていきます

So this says/ that it's impossible,/ by definition,/ to measure exactly/ the state --/ i.e.//,/ the position --/ and the momentum of a particle,/ because the act of measuring it,/ by definition,/ changes it.//

この原理は 素粒子の位置と運動量を 正確に測定するのは 本質的に不可能だというものです 測定自体が粒子の状態を変えるからです

So to explain that --/ if you've got an elementary particle/ and you shine a light/ on it,/ then/ the photon of light has momentum,/ which knocks the particle,/ so you don't know/ where it was/ before you looked at it.//

どういうことかと言うと 素粒子があり それに光を当てたとすると その光の粒子に運動量があるので 素粒子を突き飛ばしてしまうのです よって素粒子が元々どこにあったのか分かりません

By measuring it,/ the act of measurement changes it.//

測定行為自体が 測定対象を変えてしまいます

The act of observation changes it.//

観察行為が変化を引き起こすのです

It's the same/ in marketing.//

マーケティングでも同じです

So/ with the act of observing consumers,/ changes their behavior.//

観察されると消費者の言動は変わります

Think about the group of moms/ who are talking about their wonderful children/ in a focus group,/ and almost none of them buy lots of junk food.//

例えばフォーカスグループで 自慢の子供の話をしている母親達に ジャンクフードを沢山買うと言う人はまずいません

And yet,/ McDonald's sells hundreds of millions of burgers/ every year.//

でもマクドナルドは毎年何億ものハンバーガーを販売しています

Think about the people/ who are on accompanied shops/ in supermarkets,/ who stuff their trolleys full of fresh green vegetables and fruit,/ but don't shop like that any other day.//

スーパーで同行されて買い物する人は ショッピングカートに 新鮮な野菜や果物を沢山入れますが 普段そのように買い物はしていません

And/ if you think about the number of people/ who claim in surveys/ to regularly look for porn/ on the Web,/ it's very few.//

また日頃からインターネットで ポルノを見ているとアンケートで答える人が 何人いるでしょう とても少ないです

Yet,/ at Google,/ we know/ it's the number-one searched for category.//

でもグーグルで最も検索されているのはポルノです

So luckily,/ the science --/ no,/ sorry --/ the marketing is getting easier.//

だから幸いにもマーケティングは やり易くなってきています

Luckily,/ with now better point-of-sale tracking,/ more digital media consumption,/ you can measure more/ what consumers actually do,/ rather than/ what they say they do.//

進んだ販売時点情報管理や デジタルメディアの利用状況から 消費者の言っていることでなく 実際の行動を見ることができます

So the physics is you can never accurately and exactly measure a particle,/ because the observation changes it.//

ですから物理では 素粒子の厳密な測定は 測定がもたらす影響の為 不可能であり

The marketing is --/ the message/ for marketing is --/ that try to measure/ what consumers actually do,/ rather than/ what they say/ they'll do or anticipate they'll do.//

これをマーケティングに当てはめると 消費者にどうするか又はどうするつもりか 尋ねるのでなく 実際の行動を計測せよということです

So next,/ the scientific method --/ an axiom of physics,/ of all science --/ says/ you can not prove a hypothesis/ through observation,/ you can only disprove it.//

次は物理や科学全般の基本である 科学的方法についてです 観測で仮説は立証できず 反証することのみが可能です

What this means/ is you can gather more and more data/ around a hypothesis or a positioning,/ and it will strengthen it,/ but it will not conclusively prove it.//

これはたくさんのデータを集め 仮説やポジショニングを強化できても 決定的証明はできないという意味です

And only one contrary data point can blow your theory/ out of the water.//

そしてたった1つの反証データで 理論をぶち壊しにできるということです

So/ if we take an example --/ Ptolemy had dozens of data points/ to support his theory/ that the planets would rotate around the Earth.//

例を挙げると プトレマイオスは何十ものデータを基に 惑星は地球の周りを回っていると唱えましたが

It only took one robust observation/ from Copernicus/ to blow that idea/ out of the water.//

コペルニクスのたった1つの確実な観測で その理論は打ち砕かれました

And there are parallels/ for marketing --/ you can invest for a long time/ in a brand,/ but a single contrary observation of that positioning will destroy consumers/' belief.//

マーケティングにも似たようなことがあります 長期間に渡ってブランドに投資しても そのポジショニングに1つ反例があっただけで 消費者の信用が台無しになります

Take BP --/ they spent millions of pounds/ over many years/ building up/ its credentials/ as an environmentally friendly brand,/ but then/ one little accident.//

BPを見てください 長年に渡り何百万ポンドも投じて 環境に優しい企業というイメージを作り上げたのに つまらない事故1つで台無しです

Think/ about Toyota.//

トヨタもそうです

It was,/ for a long time,/ revered as the most reliable of cars,/ and then/ they had the big recall incident.//

長い間トヨタの自動車は その信頼性の高さで慕われてきました ところが大規模なリコールがありました

And Tiger Woods,/ for a long time,/ the perfect brand ambassador.//

タイガーウッズも長い間 ブランドの顔として完璧でした

Well,/ you know the story.//

その後何があったかはご存知の通りです

(Laughter)/ So the physics is/ that you can not prove a hypothesis,/ but it's easy/ to disprove it --/ any hypothesis is shaky.//

(笑い) つまり物理では 仮説を立証することはできないが 反証するのは簡単で 仮説はすべて不確実です

And the marketing is/ that not matter how much/ you've invested in your brand,/one bad week can undermine decades of good work.//

マーケティングで言うと どれだけブランドに投資したとしても 1週間の悪評で 何十年の努力が無駄になることもあるということです

So be really careful/ to try and avoid the screw-ups/ that can undermine your brand.//

ブランドを台無しにする失敗をしないよう 細心の注意を払ってください

And lastly,/ to the slightly obscure world of entropy --/ the second law of thermodynamics.//

最後は少し難解なエントロピーの世界の 熱力学の第二法則です

This says/ that entropy,/ which is a measure of the disorder of a system,/ will always increase.//

これによると システムの無秩序度を表すエントロピーは 常に増大しています

The same is true of marketing.//

マーケティングでも同じです

If we go back/ 20 years,/ the one message pretty much controlled by one marketing manager could pretty much define a brand.//

20年前は マーケティング責任者が独断で決めたメッセージ1つで ブランドのイメージを決めることができました

But where we are today,/ things have changed.//

でも今の私達の状況はそうではありません

You can get a strong brand image/ or a message/ and put it out there/ like the Conservative Party did earlier this year/ with their election poster.//

説得力のあるブランドのイメージや メッセージを 世間に発信することは可能です  英国保守党が今年始めに選挙ポスターでやったように

But then/ you lose control of it.//

でもその後コントロールを失うのです

With the kind of digital comment creation and distribution tools/ that are available now/ to every consumer,/ it's impossible/ to control/ where it goes.//

消費者誰もが利用できるデジタル化された コメントの作成/配信ツールが今はあり [Twitter:あの選挙ポスター写真修正されてるよな?] ブランドのイメージを完全にコントロールするのは無理です

Your brand starts being dispersed,/ (Laughter)/ it gets more chaotic.//

ブランドはだんだん拡散されます [このままでは駄目です うんぬんかんぬん]

(Laughter)/ It's out of your control.//

[汚いことをするやつらは許さない] (笑い)  どんどん無秩序になります [マダムタッソーの館]

(Laughter)/ I actually saw him/ speak --/ he did a good job.//

[デジタル加工は一切施しておりません] (笑い)  収拾がつかなくなります [データの力で誤魔化します] [TEDで講演したんだから優しくしてよ] (笑い)  彼のトークはなかなかよかったですよ

But/ while this may be unsettling for marketers,/ it's actually/ a good thing.//

マーケティング担当者としては不安でしょうが これは実際には望ましい事です

This distribution of brand energy gets your brand closer/ to the people,/ more/ in with the people.//

ブランドというエネルギーが拡散することで ブランドが人々にとって身近になり 溶け込んでいきます

It makes this distribution of energy/ a democratizing force,/ which is ultimately good/ for your brand.//

このエネルギー拡散は民主化させる力であり 最終的にはブランドにとっていいことです

So,/ the lesson/ from physics is/ that entropy will always increase;/ it's a fundamental law.//

ということで物理から学ぶことは エントロピーは常に増加するという基本的法則です

The message/ for marketing is/ that your brand is more dispersed.//

マーケティングではブランドは拡散するということです

You can't fight it,/ so embrace it/ and find a way/ to work with it.//

逆らっても無駄なので 受け入れてください そしてそれを利用する方法を見つけてください

So to close,/ my teacher,/ Mr.// Vutter,/ told me/ that physics is cool,/ and hopefully,/ I've convinced you/ that physics can teach all of us,/ even/ in the world of marketing,/ something special.//

では締めくくりとして 私はヴァッター先生に 物理は面白いと教わりました 皆さんには物理はマーケティングにおいても 特別なヒントをもたらすと分かってもらえたらと思います

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

physics

『物理学』

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

convince

〈人〉'を'『納得させる』

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

okay

=OK,O.K.

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

Newton

ニュートン(『Sir Isaac ~』;1642‐1727;英国の物理学者)

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

acceleration

加速

加速度

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

Turkish

『トルコの』;トルコ人(語)の

トルコ語

airline

航空路(airway)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

carefully

『注意深く』,気をつけて

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

rearrange

(以前とは別の様式で)…‘を'整理し直す,配列し直す

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

baggage

〈U〉《米》《集合的に》(旅行用)『手荷物』《英》luggage)

〈U〉軍用行李(こうり)

〈U〉《おどけて》おてんば娘《形容詞的に》『baggage check』{名}〈C〉《米》手寛物チッキ『baggage claim』{名}〈C〉(空港の)手荷物受取の所『baggage room』{名}〈C〉《米》(駅の)手荷一時預り所

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

Arthur

アーサー王(6世紀ごろの伝説上の英国王;円卓の騎士Knights of the Round Tableを従えた)

Andersen

アンデルセン(Hans Christian Andedersen;1805‐75;デンマークの童話作家)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

accountancy

会計係(計理士)の職務(業務)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

Hoover

フーバー(Herbert Clark~;1874‐1964;米国第31代大統領1929‐33)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

vacuum cleaner

電気掃除機

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

dove

『ハト』(pigeonのうち比較的小さいもの;平和の象徴とされる)

《おもに米》(平和的な態度をとる)ハト派の人(政治家)

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

portfolio

(書類などを入れる)折りかばん,書類かばん

大臣の職務

有価証券の明細表・ポートフォリオ (金融資産の総体);

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

momentum

〈U〉〈C〉運動量(運動する物体の質量と速度の相乗積)

〈U〉(一般に)勢い,はずみ

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

elementary particle

素粒子

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

photon

光子(光の粒子)

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

mom

=mother

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

junk food

栄養価は低いがカロリーの高い既製食品(ポテトチップ・ポップコーンなど)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

burger

=hamburger3

accompany

〈人など〉‘に'『同行する』,随行する,ついて行く(go with)

…‘に'『伴って起こる』;(…を)…‘に'半わせる,添える《+『名』+『with』+『名』》

〈歌・歌手〉‘の'『伴奏をする』

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

trolley

(2輪または4輪の)手押し車

(軌道上を手押しする)トロッコ

触輪(電車のポールの先端にあり,架線に接する)

《米》=trolley car

《英》(食事などを運ぶ)手押し車,ワゴン

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

porn

=pornography

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

luckily

『運よく』,幸運にも

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

accurately

正確に,精密に,綿密に

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

axiom

自明の理,原理;(数学の)公理;格言

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

hypothesis

仮説,仮定,前提

disprove

〈相手の意見・考えなど〉‘に'反証する,論ばくする

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

datum

dataの単数形

既知の事実

strengthen

…‘を'『強くする』,

『強くなる』,力がつく

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

Ptolemy

プトレマイオス(127‐151;ギリシアの数学・天文・地理学者で天動説を唱えた)

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

planet

『惑星』,遊星

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

Copernicus

コペルニクス(『Nikolaus』Copernicus;1473‐1543;地動説を唱えたポーランドの天文学者)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

revere

…‘を'あがめる,尊敬する

reliable

『信頼できる』,あてになる,確実な

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

woods

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

ambassador

『大使』

shaky

(体・声などが)揺れる,震える

こわれそうな,安定していない

不碓実な,あてにならない

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

decade

『10年間』

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

lastly

最後に,結局

obscure

『はっきりしない』,分かりにくい

よく知られていない,目につかない

『薄暗』

…‘を'隠す,おおう

〈意味など〉あいまいにする,分かりにくくする

entropy

エントロビー(物質の熱力学上の量)

(熱などエネルギーの)拡散,同質化

thermodynamics

熱力学

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

election

『選挙』

当選

poster

ポスター,びら

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

goes

goの三人称単数現在

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

chaotic

混とんとした・無秩序の

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

unsettle

〈人心〉‘を'動揺させる,不安にさせる

〈固定・安定した物〉‘を'ぐらぐらにする,不安定にする

marketer

市場で生産物を売買する人(会社)

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

ultimately

最後に,ついに

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

ca

circa

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画