TED日本語 - トーマス・ゲッツ: 医療データ、再設計の時だ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

皆さんのカルテ。入手が難しく、読みづらい。健康に繋がる情報がたくさん含まれている、理解できたらの話だが。TEDMEDでトーマス・ゲッツは医療データを顕微鏡に当て、果敢に再設計を呼びかけ、理解を深めようと試みる。

Script

医療現場で 有効に活用されていない 「患者」 科学用語で言うところの 「人」という資源について 話したいと思います。 我々は全て患者であり人なのです。 医者も場合によっては患者です。 この国だけでなく、 世界規模で着手せずにいた このチャンスについて 話をしたいと思います。 私の訓練範疇である公衆衛生の面から 広範囲にみると 問題行動があり 実際情報を与えられたにも関わらず、 それに従わない人が見られます。 喫煙を考えると、この問題は糖尿病 肥満症、多種な心臓疾患 そしていくつかのガンで証明できます。 これらの行為で人はすべき事を理解しています。 知っているが 実行しません。

行動改善は医学界で 長い間、問題とされてきました。 アリストテレスの時代まで遡ります。 医者は嫌り いつも文句を言ってます。 不順守、例えば 錠剤を呑まなかったり、 医者の命令に従わなかったりすることです。 これらが問題行動です。 臨床医学は行動改善 に悩まされているが、 それを促進する努力は 十分にされていません。 核心は意思決定の 概念に基づきます。 教育や、通知するだけでなく 人がよりよい決定、 人生でよりよい 選択ができるよう 情報を与えます。

医学現場で一部だけ 行動改善にうまく対応してます。 歯科です。 多数の歯科医師は 歯科が医学の中心から離れていることを 認めているようです。 歯科界でカッコイイ、セクシーな事はあまり起きません。 しかし、この問題行動の改善を思考し 解決しました。 医療体制での 予防医学の成功例です。 人は歯を磨き、フロスします。 十分な程度ではないが、やります。

コネチカット州の歯科医の数人が 30年前に成功させた 1つの実験について話します。 非常に古い実験だが、効率的で、 単純で 簡単に話せます。 コネチカット州の数人の歯科医は もっと歯を磨かせ、フロスしてほしいと考えた。 そこで1つの手段に出ました。 脅かしたのです。 歯磨きとフロスをしないと どういう結果になるかを教えました。 莫大な患者数でした。 2組に分けました。 低恐怖組には13分の 科学に基づいた プレゼンをし、 歯磨きとフロスをしないと 歯周病にかかると言い聞かせました。歯周病になると、歯が抜け だが入れ歯を使えば、そう悪くはないだろうと。 これが低恐怖組です。 高恐怖組には過激な手段を取りました。 血だらけの歯茎や 歯の間から膿が出て、 歯が抜けるだろうと教えました。 感染し 顎から身体の他の部位に広がり、 最終的には歯を失うでしょう。 入れ歯が必要となり、そうなると 穂軸付きのとうもろこしを食べたり、 りんごをかじったり ステーキを食べたりできなくなります。 一生粥を飲んで生きることになります。 歯磨きとフロスをして下さい。 これがメッセージで、実験でした。

もう1つの手段を探り出しました。 患者の効力感を もう1つの手段として使う事を試みました。 患者が歯磨きとフロスができると確信する かどうかという概念です。 開始時に患者に 「このプログラムを最後までやり遂げる自信はありますか?」 と質問した所、「もちろん、大丈夫だと思いますよ」 彼らは高効能と特徴付けられます。 「もっと歯磨きとフロスをするべきだが、中々…」 という人は 低効能と特徴付けられます。 結果は 恐怖が 一番の動機ではない というものです。 歯磨きとフロスをした人は しなかった時の結果を恐れていた人 とは限りません。 彼らは自分に行動を改善させる 能力があると感じた人たちです。 つまり恐怖ではなく 効力感が動機です。

この観察は30年前になされ リサーチはもう行っていないため これを 除外します。 この概念は アルバート・バンデューラの功績で 人はエンパワーメントの観念を 得られるかどうかの研究を行いました。 効力概念は行動を改善する能力がある と信じる事です。 医学界でこれは より健康になれる 健康に向かう道が見えると感じる かどうかによります。 とても重要な概念で すばらしい概念です。 どのように処理するべきか分かりません。 知っているかもしれません。

脅しは効かない。 それをちっとも学んでいない事を示す 良い例です。 米糖尿病協会のキャンペーンです。 今でもこのように健康についてコミュニケートします。 昨夜私の3歳の子にこれを見せたら、 「パパ、どうして救急車がこの人達の家にいるの?」と訊かれ 「怖がらせるためだよ」と説明しました。 効果があるかどうか分かりません。

効果があるのは 個人的な情報です。 バンデューラは何年も、 何十年も前に知っていました。 行動変化にとって有効なのは 人に彼らの健康、どこにいるのか どこに向かいたいのか、 どこにたどり着く可能性があるのか という道の概念を与えることです。 では、少し解いて見ましょう。 個人から入手した 個別化されたデータ、情報を 彼らの生活と繋げます。 できれば恐怖ではなく 理解できるように生活に関連付ける必要があります。 では、自分がどこに位置するか知っています。 抽象的な数値としてだけでなく、 洪水のように 溢れるばかりの健康の情報は 実は的を突いています。 頭だけでなく、心にも響きます。 自分の情報であるために 感情的な関連があります。 この情報を一連の選択肢と 結びつける必要があります。 向かうべき方向 取引や利益です。 最後に、行動を実現する必要があります。 常に、情報を 行動と結びつける必要があります。 その行動は別の情報 フィードバックとして出されます。 よって、フィードバックの輪が創り出されます。

行動変化は優れて観察され、 確定された概念です。 しかし問題は右上の角にある 個別化されたデータは入手しにくい所にあります。 今まで、高価で 入手困難な商品でした。 非常に単純な例を一つお見せしよう。 見た事ありますよね。速度制限の標識です。 レーダーが安くなった今、 あちこちで見かけます。 フィードバックの輪での働きはこうです。 個別的なデータから始めます。 現在いる道の制限速度は 25で、 それを超える速度で運転しています。 人は常に制限を上回る速度で運転します。 選択は簡単です。 速度を保つか、減速するかです。 おそらく落とすべきで 恐らく今行動すべきでしょう。 今すぐ加速パドルから足を上げるべきです。 人は通常減速します。減速させるのに、標識は とても効果的と証明されてます。 5~10%ほど減速します。 約80キロ後 また足を加速パドルに戻します。 効果的で、健康にさえ反響します。 血圧が少々落ちる可能性があります。 事故件数が減る可能性があるため、公衆衛生に有利です。

しかし通常これはすばらしく、 稀なフィードバックの輪です。 医療機関の多くでは データは行動から隔離されます。 物事をきれいに整列するのは困難です。 しかし機会はあります。 この国でどのように保健情報を届けるのか、 どのように情報を入手するのか、 について話したいと思います。 製薬の宣伝です。 実はこれは偽者で、本当の製薬の宣伝ではありません。 商品に「Havidol」と名づける というすばらしいアイデアはまたありません。 しかし全く正しいのです。 保健情報と薬品情報は 全くこのようにして入手され 完璧に見えます。 雑誌のページをめぐり これを見ます。 食品医薬品局は薬品会社に 宣伝中もしくはそれに続きこれを入れるよう要求した。 医学界で皮肉な行為の1つだと思います。 知っているからです。 実際に誰がこれを読むと断言できるでしょう。 実際に読んだ人は 何か学べると 誰が断言できましょう。 医療情報交換の 止む得ない手段です。 善意などありません。

違う方法です。 ダートマスメディカルスクールの研究員 リサ・シュワルツとスティーブン・オロシンにより 開発された方法です。 彼らは薬剤表示基準を考案した。 「キャプテン・クランチ」から 発想しました。 コーンフレークや、食物にある 栄養表示基準は 食べ物に何が含まれているかを表示します。 「キャプテン・クランチ」と同じ基準を 薬品に適応する事は 当然許されません。 手早くお話しましょう。 薬品が何に効くのか、特に誰に効くのかが明確に記されています。 よって、情報が個人事情に関連するかどうか 薬品が関連するかどうか を理解する事ができます。 役に立つかどうかを見る事ができます。 全てに効くというような、不透明な約束ではなく どれだけ効果があるかを示す統計が見れます。 最終的に、選択肢を理解します。 副作用のため 選べる選択肢が現れてきます。 クスリを飲むたび、副作用に曝されます。 明白に記載されています。 有効です。

薬剤表示基準を気に入っています。 そこで考えました。 どのようにして、情報理解を手助け できるのでしょうか? 使用されてなく、知られていない 情報はないのだろうか? 研究所の検査結果が答えです。 血液検査結果は莫大な情報資源です。 情報が溢れています。 患者である私達のためにあるものではありません。 医者の所有物です。 多くの医者に尋ねて見てください 彼らもよく分かっていないでしょう。 最悪な情報です。 タフティはこう答えるでしょう。 「はい。情報を提供する最悪な方法です」

ワイヤードでは グラフィックデザイン部門に 検査結果を再考させました。 話したいのはこれです。 これが以前の一般の血液検査で これが後の物。これが私達の結果です。 4段階あります。 先ほどのスライドは実は データの第一段階 一般の血液検査です。 これほどにも知らない数値があります。 私達の要約です。 色を使います。 色の概念はすばらしいです。 一番上には全体の結果があり 細字部分で大事なところです。 下に行き 実際に患者の状態を文書にして表します。 色で患者の数値を 説明します。 この例では、患者はグルコース値のため、 糖尿病になりかけています。

同様に、脂質を見て 全体のコレステロール値を理解し、 HOLとLDLに分解する事ができます。 常に色を使い 個別な情報に 近づけます。 他の数値は 何ページもある他の数値は不要だと 要約できました。 患者に大丈夫だと伝えます。 不要な物を読む必要はありません。 フィードバックの輪を満たすのに役立つ 二つのことをします。 数値が何を意味し、何を指しているかを もう少し詳細に理解できるよう手助けします。 次の段階に入り、患者にできる事を伝えます。 選択肢と実行できる事を 患者に教えます。 これが私達の一般血液検査結果です。

次にCRP検査です。 この場合、罰当たりな省略をしています。 巨大なスペースを持っているのに 使っていません。私達は使います。 CRPテストは通常コレステロールテスト後 行われます。 連結的に行われます。 そこで、大胆に コレステロールの情報と同じページに入れます。 医者もこのように査定します。 患者も内容が知りたいだろうと考えました。 血管に炎症が起きた時に 現れるたんぱく質です。 心臓疾患のリスクがあります。 実際に測定している物を 分かりやすい言葉で書いてあります。 次にすでに検査結果にある 情報を使います。 患者の年齢と性別で 個別なリスクを記入していきます。 手元にあるデータを使い ネット上にある多種の計算機で 簡単な計算をし 実際のリスクを出します。

最後にPSAテストをお見せします。 これが前ので、これが後です。 これに多く力を注いでいます。 多くの人も知っていると思いますが PSAテストは論争の的となっています。 前立腺がんの検査に使われているが 前立腺が肥大する理由は いろいろあります。 莫大な時間を使い それを示しています。 リスクの個別化をします。 50代の患者がいるとします 前立腺がんになるリスクの程度を 非常に正確に予測できます。 それによると、リスクは25%です。 続いて、再検査になります

費用は1万ドル以下ですね。 ワイヤード誌が使った費用です。 どうしてでしょう? (笑) Quest Diagnostic社とLabCorp社は 室内実験会社で最大手の2社です。 昨年それぞれに7億ドルと 5億ドルの利益を上げています。 資源の問題ではなく 動機の問題です。 情報のターゲットは医者でも 保険会社でもなく、患者だという事を 認識する必要があります。 最後に生き方を変え 新しい習慣を身につけるのは 患者なのです。

この情報は非常に強力です。 変化しにくい強力な触媒です。 しかし使用せずに、あるだけです。 失われました。 患者が訊くべき4つの 質問を提案します。 自分達の検査結果を 開発し始めると思えませんので。 自分だけのフェードバックの輪を作る事はできます。 以下の簡単な質問をするだけで、誰にでもフェードバックの輪は作れます。 検査結果もらえますか? 唯一納得できる答えは (観客:はい)-はいです。 これはどういう意味ですか?データを説明して下さい。 選択肢はなんですか?今選べる道は何ですか? 次になにをすれば? どう長期に渡り生活に これらの情報を活用すべきか?

最後に、人はこの情報を理解する能力はある 事を見せたいと思います。 一般人が理解不可能な物ではありません。 この部屋にいる人より高い教育レベルを持つ必要はありません。 受け入れられる形で提供すれば 一般の人でも 理解できます。 参加することは必須です。 ただ情報を提供するのではなく 行動に出る機会を与えているのです。 参加は応諾と違います。 今の医学で言う行為と 全く違います。 情報はあります。

今日はシステムにあるが使用されていない 隠された情報について 話してきました。 しかし、他にもいろいろな情報が ネットでアクセスできます。 生き方を変えるため 参加させるため、助けるために 情報の容量を認識する必要があります。

ありがとうございました

(拍手)

I'm going to be talking to you about how we can tap a really underutilized resource in health care, which is the patient, or, as I like to use the scientific term, people. Because we are all patients, we are all people. Even doctors are patients at some point. So I want to talk about that as an opportunity that we really have failed to engage with very well in this country and, in fact, worldwide. If you want to get at the big part -- I mean from a public health level, where my training is -- you're looking at behavioral issues. You're looking at things where people are actually given information, and they're not following through with it. It's a problem that manifests itself in diabetes, obesity, many forms of heart disease, even some forms of cancer -- when you think of smoking. Those are all behaviors where people know what they're supposed to do. They know what they're supposed to be doing, but they're not doing it.

Now behavior change is something that is a long-standing problem in medicine. It goes all the way back to Aristotle. And doctors hate it, right? I mean, they complain about it all the time. We talk about it in terms of engagement, or non-compliance. When people don't take their pills, when people don't follow doctors' orders -- these are behavior problems. But for as much as clinical medicine agonizes over behavior change, there's not a lot of work done in terms of trying to fix that problem. So the crux of it comes down to this notion of decision-making -- giving information to people in a form that doesn't just educate them or inform them, but actually leads them to make better decisions, better choices in their lives.

One part of medicine, though, has faced the problem of behavior change pretty well, and that's dentistry. Dentistry might seem -- and I think it is -- many dentists would have to acknowledge it's somewhat of a mundane backwater of medicine. Not a lot of cool, sexy stuff happening in dentistry. But they have really taken this problem of behavior change and solved it. It's the one great preventive health success we have in our health care system. People brush and floss their teeth. They don't do it as much as they should, but they do it.

So I'm going to talk about one experiment that a few dentists in Connecticut cooked up about 30 years ago. So this is an old experiment, but it's a really good one, because it was very simple, so it's an easy story to tell. So these Connecticut dentists decided that they wanted to get people to brush their teeth and floss their teeth more often, and they were going to use one variable: they wanted to scare them. They wanted to tell them how bad it would be if they didn't brush and floss their teeth. They had a big patient population. They divided them up into two groups. They had a low-fear population, where they basically gave them a 13-minute presentation, all based in science, but told them that, if you didn't brush and floss your teeth, you could get gum disease. If you get gum disease, you will lose your teeth, but you'll get dentures, and it won't be that bad. So that was the low-fear group. The high-fear group, they laid it on really thick. They showed bloody gums. They showed puss oozing out from between their teeth. They told them that their teeth were going to fall out. They said that they could have infections that would spread from their jaws to other parts of their bodies, and ultimately, yes, they would lose their teeth. They would get dentures, and if you got dentures, you weren't going to be able to eat corn-on-the-cob, you weren't going to be able to eat apples, you weren't going to be able to eat steak. You'll eat mush for the rest of your life. So go brush and floss your teeth. That was the message. That was the experiment.

Now they measured one other variable. They wanted to capture one other variable, which was the patients' sense of efficacy. This was the notion of whether the patients felt that they actually would go ahead and brush and floss their teeth. So they asked them at the beginning, "Do you think you'll actually be able to stick with this program?" And the people who said, "Yeah, yeah. I'm pretty good about that," they were characterized as high efficacy, and the people who said, "Eh, I never get around to brushing and flossing as much as I should," they were characterized as low efficacy. So the upshot was this. The upshot of this experiment was that fear was not really a primary driver of the behavior at all. The people who brushed and flossed their teeth were not necessarily the people who were really scared about what would happen -- it's the people who simply felt that they had the capacity to change their behavior. So fear showed up as not really the driver. It was the sense of efficacy.

So I want to isolate this, because it was a great observation -- 30 years ago, right,30 years ago -- and it's one that's laid fallow in research. It was a notion that really came out of Albert Bandura's work, who studied whether people could get a sense of empowerment. The notion of efficacy basically boils down to one -- that if somebody believes that they have the capacity to change their behavior. In health care terms, you could characterize this as whether or not somebody feels that they see a path towards better health, that they can actually see their way towards getting better health, and that's a very important notion. It's an amazing notion. We don't really know how to manipulate it, though, that well. Except, maybe we do.

So fear doesn't work, right? Fear doesn't work. And this is a great example of how we haven't learned that lesson at all. This is a campaign from the American Diabetes Association. This is still the way we're communicating messages about health. I mean, I showed my three-year-old this slide last night, and he's like, "Papa, why is an ambulance in these people's homes?" And I had to explain, "They're trying to scare people." And I don't know if it works.

Now here's what does work: personalized information works. Again, Bandura recognized this years ago, decades ago. When you give people specific information about their health, where they stand, and where they want to get to, where they might get to, that path, that notion of a path -- that tends to work for behavior change. So let me just spool it out a little bit. So you start with personalized data, personalized information that comes from an individual, and then you need to connect it to their lives. You need to connect it to their lives, hopefully not in a fear-based way, but one that they understand. Okay, I know where I sit. I know where I'm situated. And that doesn't just work for me in terms of abstract numbers -- this overload of health information that we're inundated with. But it actually hits home. It's not just hitting us in our heads; it's hitting us in our hearts. There's an emotional connection to information because it's from us. That information then needs to be connected to choices, needs to be connected to a range of options, directions that we might go to -- trade-offs, benefits. Finally, we need to be presented with a clear point of action. We need to connect the information always with the action, and then that action feeds back into different information, and it creates, of course, a feedback loop.

Now this is a very well-observed and well-established notion for behavior change. But the problem is that things -- in the upper-right corner there -- personalized data, it's been pretty hard to come by. It's a difficult and expensive commodity, until now. So I'm going to give you an example, a very simple example of how this works. So we've all seen these. These are the "your speed limit" signs. You've seen them all around, especially these days as radars are cheaper. And here's how they work in the feedback loop. So you start with the personalized data where the speed limit on the road that you are at that point is 25, and, of course, you're going faster than that. We always are. We're always going above the speed limit. The choice in this case is pretty simple. We either keep going fast, or we slow down. We should probably slow down, and that point of action is probably now. We should take our foot off the pedal right now, and generally we do. These things are shown to be pretty effective in terms of getting people to slow down. They reduce speeds by about five to 10 percent. They last for about five miles, in which case we put our foot back on the pedal. But it works, and it even has some health repercussions. Your blood pressure might drop a little bit. Maybe there's fewer accidents, so there's public health benefits.

But by and large, this is a feedback loop that's so nifty and too rare. Because in health care, most health care, the data is very removed from the action. It's very difficult to line things up so neatly. But we have an opportunity. So I want to talk about, I want to shift now to think about how we deliver health information in this country, how we actually get information. This is a pharmaceutical ad. Actually, it's a spoof. It's not a real pharmaceutical ad. Nobody's had the brilliant idea of calling their drug Havidol quite yet. But it looks completely right. So it's exactly the way we get health information and pharmaceutical information, and it just sounds perfect. And then we turn the page of the magazine, and we see this -- now this is the page the FDA requires pharmaceutical companies to put into their ads, or to follow their ads, and to me, this is one of the cynical exercises in medicine. Because we know. Who among us would actually say that people read this? And who among us would actually say that people who do try to read this actually get anything out of it? This is a bankrupt effort at communicating health information. There is no good faith in this.

So this is a different approach. This is an approach that has been developed by a couple researchers at Dartmouth Medical School, Lisa Schwartz and Steven Woloshin. And they created this thing called the "drug facts box." They took inspiration from, of all things, Cap'n Crunch. They went to the nutritional information box and saw that what works for cereal, works for our food, actually helps people understand what's in their food. God forbid we should use that same standard that we make Cap'n Crunch live by and bring it to drug companies. So let me just walk through this quickly. It says very clearly what the drug is for, specifically who it is good for, so you can start to personalize your understanding of whether the information is relevant to you or whether the drug is relevant to you. You can understand exactly what the benefits are. It isn't this kind of vague promise that it's going to work no matter what, but you get the statistics for how effective it is. And finally, you understand what those choices are. You can start to unpack the choices involved because of the side effects. Every time you take a drug, you're walking into a possible side effect. So it spells those out in very clean terms, and that works.

So I love this. I love that drug facts box. And so I was thinking about, what's an opportunity that I could have to help people understand information? What's another latent body of information that's out there that people are really not putting to use? And so I came up with this: lab test results. Blood test results are this great source of information. They're packed with information. They're just not for us. They're not for people. They're not for patients. They go right to doctors. And God forbid -- I think many doctors, if you really asked them, they don't really understand all this stuff either. This is the worst presented information. You ask Tufte, and he would say, "Yes, this is the absolute worst presentation of information possible."

What we did at Wired was we went, and I got our graphic design department to re-imagine these lab reports. So that's what I want to walk you through. So this is the general blood work before, and this is the after, this is what we came up with. The after takes what was four pages -- that previous slide was actually the first of four pages of data that's just the general blood work. It goes on and on and on, all these values, all these numbers you don't know. This is our one-page summary. We use the notion of color. It's an amazing notion that color could be used. So on the top-level you have your overall results, the things that might jump out at you from the fine print. Then you can drill down and understand how actually we put your level in context, and we use color to illustrate exactly where your value falls. In this case, this patient is slightly at risk of diabetes because of their glucose level.

Likewise, you can go over your lipids and, again, understand what your overall cholesterol level is and then break down into the HDL and the LDL if you so choose. But again, always using color and personalized proximity to that information. All those other values, all those pages and pages of values that are full of nothing, we summarize. We tell you that you're okay, you're normal. But you don't have to wade through it. You don't have to go through the junk. And then we do two other very important things that kind of help fill in this feedback loop: we help people understand in a little more detail what these values are and what they might indicate. And then we go a further step -- we tell them what they can do. We give them some insight into what choices they can make, what actions they can take. So that's our general blood work test.

Then we went to CRP test. In this case, it's a sin of omission. They have this huge amount of space, and they don't use it for anything, so we do. Now the CRP test is often done following a cholesterol test, or in conjunction with a cholesterol test. So we take the bold step of putting the cholesterol information on the same page, which is the way the doctor is going to evaluate it. So we thought the patient might actually want to know the context as well. It's a protein that shows up when your blood vessels might be inflamed, which might be a risk for heart disease. What you're actually measuring is spelled out in clean language. Then we use the information that's already in the lab report. We use the person's age and their gender to start to fill in the personalized risks. So we start to use the data we have to run a very simple calculation that's on all sorts of online calculators to get a sense of what the actual risk is.

The last one I'll show you is a PSA test. Here's the before, and here's the after. Now a lot of our effort on this one -- as many of you probably know, a PSA test is a very controversial test. It's used to test for prostate cancer, but there are all sorts of reasons why your prostate might be enlarged. And so we spent a good deal of our time indicating that. We again personalized the risks. So this patient is in their 50s, so we can actually give them a very precise estimate of what their risk for prostate cancer is. In this case it's about 25 percent, based on that. And then again, the follow-up actions.

So our cost for this was less than 10,000 dollars, all right. That's what Wired magazine spent on this. Why is Wired magazine doing this? (Laughter) Quest Diagnostics and LabCorp, the two largest lab testing companies -- last year, they made profits of over 700 million dollars and over 500 million dollars respectively. Now this is not a problem of resources; this is a problem of incentives. We need to recognize that the target of this information should not be the doctor, should not be the insurance company. It should be the patient. It's the person who actually, in the end, is going to be having to change their lives and then start adopting new behaviors.

This is information that is incredibly powerful. It's an incredibly powerful catalyst to change. But we're not using it. It's just sitting there. It's being lost. So I want to just offer four questions that every patient should ask, because I don't actually expect people to start developing these lab test reports. But you can create your own feedback loop. Anybody can create their feedback loop by asking these simple questions: Can I have my results? And the only acceptable answer is -- (Audience: Yes.) -- yes. What does this mean? Help me understand what the data is. What are my options? What choices are now on the table? And then, what's next? How do I integrate this information into the longer course of my life?

So I want to wind up by just showing that people have the capacity to understand this information. This is not beyond the grasp of ordinary people. You do not need to have the education level of people in this room. Ordinary people are capable of understanding this information, if we only go to the effort of presenting it to them in a form that they can engage with. And engagement is essential here, because it's not just giving them information; it's giving them an opportunity to act. That's what engagement is. It's different from compliance. It works totally different from the way we talk about behavior in medicine today. And this information is out there.

I've been talking today about latent information, all this information that exists in the system that we're not putting to use. But there are all sorts of other bodies of information that are coming online, and we need to recognize the capacity of this information to engage people, to help people and to change the course of their lives.

Thank you very much.

(Applause)

I'm going to be talking to you/ about how we can tap a really underutilized resource/ in health care,/ which is the patient,/ or,/ as I like to use/ the scientific term,/ people.//

医療現場で 有効に活用されていない 「患者」 科学用語で言うところの 「人」という資源について 話したいと思います。

Because we are all patients,/ we are all/ people.//

我々は全て患者であり人なのです。

Even doctors are patients/ at some point.//

医者も場合によっては患者です。

So I want to talk/ about that/ as an opportunity/ that we really have failed to engage/ with very well/ in this country and,/ in fact,/ worldwide.//

この国だけでなく、 世界規模で着手せずにいた このチャンスについて 話をしたいと思います。

If you want to get/ at the big part --/ I mean from a public health level,/ where my training is --/ you're looking/ at behavioral issues.//

私の訓練範疇である公衆衛生の面から 広範囲にみると 問題行動があり

You're looking/ at things/ where people are actually given information,/ and they're not following through/ with it.//

実際情報を与えられたにも関わらず、 それに従わない人が見られます。

It's a problem/ that manifests itself/ in diabetes,/ obesity,/ many forms of heart disease,/ even some forms of cancer --/ when you think of smoking.//

喫煙を考えると、この問題は糖尿病 肥満症、多種な心臓疾患 そしていくつかのガンで証明できます。

Those are all behaviors/ where people know/ what they're supposed to do.//

これらの行為で人はすべき事を理解しています。

They know/ what they're supposed to be doing,/ but they're not doing/ it.//

知っているが 実行しません。

Now/ behavior change is something/ that is a long-standing problem/ in medicine.//

行動改善は医学界で 長い間、問題とされてきました。

It goes all the way back/ to Aristotle.//

アリストテレスの時代まで遡ります。

And doctors hate it,/ right?//

医者は嫌り

I mean,/ they complain about it/ all the time.//

いつも文句を言ってます。

We talk about it/ in terms of engagement,/ or non-compliance.//

不順守、例えば

When people don't take their pills,/ when people don't follow doctors/' orders --/ these are behavior problems.//

錠剤を呑まなかったり、 医者の命令に従わなかったりすることです。 これらが問題行動です。

But for as much/ as clinical medicine agonizes over behavior change,/ there's not a lot of work done in terms of trying to fix/ that problem.//

臨床医学は行動改善 に悩まされているが、 それを促進する努力は 十分にされていません。

So the crux of it comes down to this notion of decision-making --/ giving information/ to people/ in a form/ that doesn't just educate them/ or inform them,/ but actually leads them/ to make better decisions,/ better choices/ in their lives.//

核心は意思決定の 概念に基づきます。 教育や、通知するだけでなく 人がよりよい決定、 人生でよりよい 選択ができるよう 情報を与えます。

One part of medicine,/ though,/ has faced the problem of behavior change pretty well,/ and that's dentistry.//

医学現場で一部だけ 行動改善にうまく対応してます。 歯科です。

Dentistry might seem --/ and I think/ it is --/ many dentists would have to acknowledge/ it's somewhat of a mundane backwater of medicine.//

多数の歯科医師は 歯科が医学の中心から離れていることを 認めているようです。

Not a lot of cool,/ sexy stuff/ happening in dentistry.//

歯科界でカッコイイ、セクシーな事はあまり起きません。

But they have really taken this problem of behavior change/ and solved it.//

しかし、この問題行動の改善を思考し 解決しました。

It's the one great preventive health success/ we have in our health care system.//

医療体制での 予防医学の成功例です。

People brush/ and floss their teeth.//

人は歯を磨き、フロスします。

They don't do it as much/ as they should,/ but they do it.//

十分な程度ではないが、やります。

So I'm going to talk/ about one experiment/ that a few dentists/ in Connecticut cooked up/ about 30 years ago.//

コネチカット州の歯科医の数人が 30年前に成功させた 1つの実験について話します。

So this is an old experiment,/ but it's a really good one,/ because it was very simple,/ so it's an easy story/ to tell.//

非常に古い実験だが、効率的で、 単純で 簡単に話せます。

So/ these Connecticut dentists decided/ that they wanted to get/ people/ to brush their teeth/ and floss their teeth more often,/ and they were going to use/ one variable:/ they wanted to scare/ them.//

コネチカット州の数人の歯科医は もっと歯を磨かせ、フロスしてほしいと考えた。 そこで1つの手段に出ました。 脅かしたのです。

They wanted to tell/ them how bad/ it would be/ if they didn't brush and floss their teeth.//

歯磨きとフロスをしないと どういう結果になるかを教えました。

They had a big patient population.//

莫大な患者数でした。

They divided them up/ into two groups.//

2組に分けました。

They had a low-fear population,/ where they basically gave them/ a 13-minute presentation,/ all based in science,/ but told them/ that,/ if you didn't brush and floss your teeth,/ you could get gum disease.// If you get gum disease,/ you will lose your teeth,/ but you'll get dentures,/ and it won't be/ that bad.//

低恐怖組には13分の 科学に基づいた プレゼンをし、 歯磨きとフロスをしないと 歯周病にかかると言い聞かせました。歯周病になると、歯が抜け だが入れ歯を使えば、そう悪くはないだろうと。

So/ that was the low-fear group.//

これが低恐怖組です。

The high-fear group,/ they laid it/ on really thick.//

高恐怖組には過激な手段を取りました。

They showed bloody gums.//

血だらけの歯茎や

They showed puss/ oozing out/ from between their teeth.//

歯の間から膿が出て、

They told them/ that their teeth were going to fall out.//

歯が抜けるだろうと教えました。

They said/ that they could have infections/ that would spread from their jaws/ to other parts of their bodies,/ and ultimately,/ yes,/ they would lose their teeth.//

感染し 顎から身体の他の部位に広がり、 最終的には歯を失うでしょう。

They would get dentures,/ and/ if you got dentures,/ you weren't going to be able to eat corn-on-the-cob,/ you weren't going to be able to eat apples,/ you weren't going to be able to eat steak.//

入れ歯が必要となり、そうなると 穂軸付きのとうもろこしを食べたり、 りんごをかじったり ステーキを食べたりできなくなります。

You'll eat mush/ for the rest of your life.//

一生粥を飲んで生きることになります。

So go brush and floss your teeth.//

歯磨きとフロスをして下さい。

That was the message.// That was the experiment.//

これがメッセージで、実験でした。

Now/ they measured one other variable.//

もう1つの手段を探り出しました。

They wanted to capture/ one other variable,/ which was the patients/' sense of efficacy.//

患者の効力感を もう1つの手段として使う事を試みました。

This was the notion of whether the patients felt/ that they actually would go ahead/ and brush/ and floss their teeth.//

患者が歯磨きとフロスができると確信する かどうかという概念です。

So they asked them/ at the beginning,/ "Do you think you'll actually be able to stick with this program?"//

開始時に患者に 「このプログラムを最後までやり遂げる自信はありますか?」

And the people/ who said,/ "Yeah,/ yeah.// I'm pretty good/ about that,/"/ they were characterized as high efficacy,/ and the people/ who said,/ "Eh,/ I never get around/ to brushing and flossing/ as much/ as I should,/"/ they were characterized as low efficacy.//

と質問した所、「もちろん、大丈夫だと思いますよ」 彼らは高効能と特徴付けられます。 「もっと歯磨きとフロスをするべきだが、中々…」 という人は 低効能と特徴付けられます。

So the upshot was this.//

結果は

The upshot of this experiment was/ that fear was not really/ a primary driver of the behavior/ at all.//

恐怖が 一番の動機ではない というものです。

The people/ who brushed and flossed/ their teeth were not necessarily/ the people/ who were really scared about what would happen --/ it's the people/ who simply felt/ that they had the capacity/ to change their behavior.//

歯磨きとフロスをした人は しなかった時の結果を恐れていた人 とは限りません。 彼らは自分に行動を改善させる 能力があると感じた人たちです。

So fear showed up/ as not really/ the driver.//

つまり恐怖ではなく

It was the sense of efficacy.//

効力感が動機です。

So I want to isolate/ this,/ because it was a great observation --/ 30 years ago,/ right,/30 years ago --/ and it's one/ that's laid fallow/ in research.//

この観察は30年前になされ リサーチはもう行っていないため これを 除外します。

It was a notion/ that really came out of Albert Bandura's work,/ who studied/ whether people could get a sense of empowerment.//

この概念は アルバート・バンデューラの功績で 人はエンパワーメントの観念を 得られるかどうかの研究を行いました。

The notion of efficacy basically boils down/ to one --/ that if somebody believes/ that they have the capacity/ to change their behavior.//

効力概念は行動を改善する能力がある と信じる事です。

In health care terms,/ you could characterize this/ as whether or not somebody feels/ that they see a path/ towards better health,/ that they can actually see their way/ towards getting better health,/ and that's a very important notion.//

医学界でこれは より健康になれる 健康に向かう道が見えると感じる かどうかによります。 とても重要な概念で

It's an amazing notion.//

すばらしい概念です。

We don't really know/ how to manipulate it,/ though,/ that well.//

どのように処理するべきか分かりません。

Except,/ maybe/ we do.//

知っているかもしれません。

So fear doesn't work,/ right?// Fear doesn't work.//

脅しは効かない。

And this is a great example of how we haven't learned/ that lesson/ at all.//

それをちっとも学んでいない事を示す 良い例です。

This is a campaign/ from the American Diabetes Association.//

米糖尿病協会のキャンペーンです。

This is still the way/ we're communicating/ messages/ about health.//

今でもこのように健康についてコミュニケートします。

I mean,/ I showed my three-year-old/ this slide/ last night,/ and he's like,/ "Papa,/ why is an ambulance in these people's homes?"//

昨夜私の3歳の子にこれを見せたら、 「パパ、どうして救急車がこの人達の家にいるの?」と訊かれ

And I had to explain,/ "They're trying to scare/ people."//

「怖がらせるためだよ」と説明しました。

And I don't know/ if it works.//

効果があるかどうか分かりません。

Now/ here's/ what does work:/ personalized information works.//

効果があるのは 個人的な情報です。

Again,/ Bandura recognized this years ago,/ decades ago.//

バンデューラは何年も、 何十年も前に知っていました。

When you give people/ specific information/ about their health,/ where they stand,/ and where they want to get/ to,/ where they might get to,/ that path,/ that notion of a path --/ that tends to work/ for behavior change.//

行動変化にとって有効なのは 人に彼らの健康、どこにいるのか どこに向かいたいのか、 どこにたどり着く可能性があるのか という道の概念を与えることです。

So let me just spool it out/ a little bit.//

では、少し解いて見ましょう。

So you start with personalized data,/ personalized information/ that comes from an individual,/ and then/ you need to connect/ it/ to their lives.//

個人から入手した 個別化されたデータ、情報を 彼らの生活と繋げます。

You need to connect/ it/ to their lives,/ hopefully not in a fear-based way,/ but one/ that they understand.//

できれば恐怖ではなく 理解できるように生活に関連付ける必要があります。

Okay,/ I know/ where I sit.// I know/ where I'm situated.//

では、自分がどこに位置するか知っています。

And that doesn't just work for me/ in terms of abstract numbers --/ this overload of health information/ that we're inundated with.//

抽象的な数値としてだけでなく、 洪水のように 溢れるばかりの健康の情報は

But it actually hits home.//

実は的を突いています。

It's not just hitting/ us/ in our heads;/ it's hitting us/ in our hearts.//

頭だけでなく、心にも響きます。

There's an emotional connection/ to information/ because it's from us.//

自分の情報であるために 感情的な関連があります。

That information then needs to be connected to choices,/ needs to be connected to a range of options,/ directions/ that we might go to --/ trade-offs,/ benefits.//

この情報を一連の選択肢と 結びつける必要があります。 向かうべき方向 取引や利益です。

Finally,/ we need to be presented with a clear point of action.//

最後に、行動を実現する必要があります。

We need to connect/ the information always/ with the action,/ and then/ that action feeds back/ into different information,/ and it creates,/ of course,/ a feedback loop.//

常に、情報を 行動と結びつける必要があります。 その行動は別の情報 フィードバックとして出されます。 よって、フィードバックの輪が創り出されます。

Now/ this is a very well-observed and well-established notion/ for behavior change.//

行動変化は優れて観察され、 確定された概念です。

But the problem is/ that things --/ in the upper-right corner there --/ personalized data,/ it's been pretty hard/ to come/ by.//

しかし問題は右上の角にある 個別化されたデータは入手しにくい所にあります。

It's a difficult and expensive commodity,/ until now.//

今まで、高価で 入手困難な商品でした。

So I'm going to give/ you/ an example,/ a very simple example of how this works.//

非常に単純な例を一つお見せしよう。

So we've all/ seen these.// These are the "your speed limit"/ signs.//

見た事ありますよね。速度制限の標識です。

You've seen them all around,/ especially/ these days/ as radars are cheaper.//

レーダーが安くなった今、 あちこちで見かけます。

And here's/ how they work in the feedback loop.//

フィードバックの輪での働きはこうです。

So you start with the personalized data/ where the speed limit/ on the road/ that you are at that point is 25,/ and,/ of course,/ you're going/ faster/ than that.//

個別的なデータから始めます。 現在いる道の制限速度は 25で、 それを超える速度で運転しています。

We always are.// We're always going/ above the speed limit.//

人は常に制限を上回る速度で運転します。

The choice/ in this case is pretty simple.//

選択は簡単です。

We either keep going/ fast,/ or we slow down.//

速度を保つか、減速するかです。

We should probably slow down,/ and/ that point of action is probably now.//

おそらく落とすべきで 恐らく今行動すべきでしょう。

We should take our foot/ off the pedal right now,/ and generally/ we do.// These things are shown to be pretty effective/ in terms of getting people/ to slow down.//

今すぐ加速パドルから足を上げるべきです。 人は通常減速します。減速させるのに、標識は とても効果的と証明されてます。

They reduce speeds/ by about five to 10 percent.//

5~10%ほど減速します。

They last/ for about five miles,/ in which case/ we put our foot back/ on the pedal.//

約80キロ後 また足を加速パドルに戻します。

But it works,/ and it even has/ some health repercussions.//

効果的で、健康にさえ反響します。

Your blood pressure might drop a little bit.//

血圧が少々落ちる可能性があります。

Maybe/ there's fewer accidents,/ so there's public health benefits.//

事故件数が減る可能性があるため、公衆衛生に有利です。

But by and large,/ this is a feedback loop/ that's so nifty and too rare.//

しかし通常これはすばらしく、 稀なフィードバックの輪です。

Because in health care,/ most health care,/ the data is very removed from the action.//

医療機関の多くでは データは行動から隔離されます。

It's very difficult/ to line things up so neatly.//

物事をきれいに整列するのは困難です。

But we have an opportunity.//

しかし機会はあります。

So I want to talk/ about,/ I want to shift now/ to think about how we deliver health information/ in this country,/ how we actually get information.//

この国でどのように保健情報を届けるのか、 どのように情報を入手するのか、 について話したいと思います。

This is a pharmaceutical ad.//

製薬の宣伝です。

Actually,/ it's a spoof.// It's not a real pharmaceutical ad.//

実はこれは偽者で、本当の製薬の宣伝ではありません。

Nobody's had the brilliant idea of calling their drug Havidol quite yet.//

商品に「Havidol」と名づける というすばらしいアイデアはまたありません。

But it looks completely right.//

しかし全く正しいのです。

So it's exactly/ the way/ we get health information and pharmaceutical information,/ and it just sounds perfect.//

保健情報と薬品情報は 全くこのようにして入手され 完璧に見えます。

And then/ we turn the page of the magazine,/ and we see this --/ now/ this is the page/ the FDA requires pharmaceutical companies/ to put into their ads,/ or to follow their ads, and/ to me,/ this is one of the cynical exercises/ in medicine.//

雑誌のページをめぐり これを見ます。 食品医薬品局は薬品会社に 宣伝中もしくはそれに続きこれを入れるよう要求した。 医学界で皮肉な行為の1つだと思います。

Because we know.//

知っているからです。

Who among us would actually say/ that people read this?//

実際に誰がこれを読むと断言できるでしょう。

And who among us would actually say/ that people/ who do try to read/ this actually get anything/ out of it?//

実際に読んだ人は 何か学べると 誰が断言できましょう。

医療情報交換の 止む得ない手段です。

There is no good faith/ in this.//

善意などありません。

So this is a different approach.//

違う方法です。

This is an approach/ that has been developed by a couple researchers/ at Dartmouth Medical School,/ Lisa Schwartz and Steven Woloshin.//

ダートマスメディカルスクールの研究員 リサ・シュワルツとスティーブン・オロシンにより 開発された方法です。

And they created/ this thing called the "drug facts box."//

彼らは薬剤表示基準を考案した。

They took inspiration from,/ of all things,/ Cap'n Crunch.//

「キャプテン・クランチ」から 発想しました。

They went to the nutritional information box/ and saw/ that/ what works for cereal,/ works for our food,/ actually helps/ people understand/ what's in their food.//

コーンフレークや、食物にある 栄養表示基準は 食べ物に何が含まれているかを表示します。

God forbid/ we should use/ that same standard/ that we make Cap'n Crunch live by and bring it/ to drug companies.//

「キャプテン・クランチ」と同じ基準を 薬品に適応する事は 当然許されません。

So let me just walk through this quickly.//

手早くお話しましょう。

It says very clearly/ what the drug is/ for,/ specifically/ who it is good for,/ so you can start to personalize/ your understanding of whether the information is relevant/ to you/ or/ whether the drug is relevant/ to you.//

薬品が何に効くのか、特に誰に効くのかが明確に記されています。 よって、情報が個人事情に関連するかどうか 薬品が関連するかどうか を理解する事ができます。

You can understand exactly/ what the benefits are.//

役に立つかどうかを見る事ができます。

It isn't this kind of vague promise/ that it's going to work no matter/ what,/ but you get the statistics/ for how effective/ it is.//

全てに効くというような、不透明な約束ではなく どれだけ効果があるかを示す統計が見れます。

And finally,/ you understand/ what those choices are.//

最終的に、選択肢を理解します。

You can start to unpack/ the choices involved because of the side effects.//

副作用のため 選べる選択肢が現れてきます。

Every time/ you take a drug,/ you're walking/ into a possible side effect.//

クスリを飲むたび、副作用に曝されます。

So/ it spells those out/ in very clean terms,/ and/ that works.//

明白に記載されています。 有効です。

So I love this.// I love/ that drug facts/ box.//

薬剤表示基準を気に入っています。

And so/ I was thinking about,/ what's an opportunity/ that I could have to help/ people understand information?//

そこで考えました。 どのようにして、情報理解を手助け できるのでしょうか?

What's another latent body of information/ that's out there/ that people are really not putting to use?//

使用されてなく、知られていない 情報はないのだろうか?

And so/ I came up/ with this:/ lab test results.//

研究所の検査結果が答えです。

血液検査結果は莫大な情報資源です。

They're packed/ with information.//

情報が溢れています。

They're just not for us.// They're not for people.// They're not for patients.//

患者である私達のためにあるものではありません。

They go right/ to doctors.//

医者の所有物です。

And God forbid --/ I think many doctors,/ if you really asked them,/ they don't really understand all this stuff either.//

多くの医者に尋ねて見てください 彼らもよく分かっていないでしょう。

This is the worst presented information.//

最悪な情報です。

You ask Tufte,/ and he would say,/ "Yes, this is the absolute worst presentation of information possible."//

タフティはこう答えるでしょう。 「はい。情報を提供する最悪な方法です」

What we did at Wired was we went,/ and I got our graphic design department/ to re-imagine these lab reports.//

ワイヤードでは グラフィックデザイン部門に 検査結果を再考させました。

So/ that's/ what I want to walk/ you through.//

話したいのはこれです。

So this is the general blood work before,/ and this is the after,/ this is/ what we came up/ with.//

これが以前の一般の血液検査で これが後の物。これが私達の結果です。

The/ after takes/ what was four pages --/ that previous slide was actually the first of four pages of data/ that's just the general blood work.//

4段階あります。 先ほどのスライドは実は データの第一段階 一般の血液検査です。

It goes on and on and on,/ all these values,/ all these numbers/ you don't know.//

これほどにも知らない数値があります。

This is our one-page summary.//

私達の要約です。

We use the notion of color.//

色を使います。

It's an amazing notion/ that color could be used.//

色の概念はすばらしいです。

So/ on the top-level/ you have your overall results,/ the things/ that might jump out/ at you/ from the fine print.//

一番上には全体の結果があり 細字部分で大事なところです。

Then/ you can drill down/ and understand/ how actually/ we put your level/ in context,/ and we use color/ to illustrate exactly where/ your value falls.//

下に行き 実際に患者の状態を文書にして表します。 色で患者の数値を 説明します。

In this case,/ this patient is slightly at risk of diabetes/ because of their glucose level.//

この例では、患者はグルコース値のため、 糖尿病になりかけています。

Likewise,/ you can go over your lipids and,/ again,/ understand/ what your overall cholesterol level is/ and then break down/ into the HDL/ and the LDL/ if you so choose.//

同様に、脂質を見て 全体のコレステロール値を理解し、 HOLとLDLに分解する事ができます。

But again,/ always/ using color/ and personalized proximity/ to that information.//

常に色を使い 個別な情報に 近づけます。

All those other values,/ all those pages and pages of values/ that are full of nothing,/ we summarize.//

他の数値は 何ページもある他の数値は不要だと 要約できました。

We tell you/ that you're okay,/ you're normal.//

患者に大丈夫だと伝えます。

But you don't have to wade/ through it.// You don't have to go/ through the junk.//

不要な物を読む必要はありません。

And then/ we do two other very important things/ that kind of help fill in this feedback loop:/ we help/ people understand in a little more detail/ what these values are/ and what they might indicate.//

フィードバックの輪を満たすのに役立つ 二つのことをします。 数値が何を意味し、何を指しているかを もう少し詳細に理解できるよう手助けします。

And then/ we go a further step --/ we tell them/ what they can do.//

次の段階に入り、患者にできる事を伝えます。

We give them/ some insight/ into what choices/ they can make,/ what actions/ they can take.//

選択肢と実行できる事を 患者に教えます。

So that's our general blood work test.//

これが私達の一般血液検査結果です。

Then/ we went to CRP test.//

次にCRP検査です。

In this case,/ it's a sin of omission.//

この場合、罰当たりな省略をしています。

They have this huge amount of space,/ and they don't use it/ for anything,/ so we do.//

巨大なスペースを持っているのに 使っていません。私達は使います。

Now/ the CRP test is often done following/ a cholesterol test,/ or in conjunction/ with a cholesterol test.//

CRPテストは通常コレステロールテスト後 行われます。 連結的に行われます。

So we take the bold step of putting the cholesterol information/ on the same page,/ which is the way/ the doctor is going to evaluate/ it.//

そこで、大胆に コレステロールの情報と同じページに入れます。 医者もこのように査定します。

So we thought/ the patient might actually want to know/ the context/ as well.//

患者も内容が知りたいだろうと考えました。

It's a protein/ that shows up/ when your blood vessels might be inflamed,/ which might be a risk/ for heart disease.//

血管に炎症が起きた時に 現れるたんぱく質です。 心臓疾患のリスクがあります。

What you're actually measuring/ is spelled out/ in clean language.//

実際に測定している物を 分かりやすい言葉で書いてあります。

Then/ we use the information/ that's already/ in the lab report.//

次にすでに検査結果にある 情報を使います。

We use the person's age/ and their gender/ to start to fill/ in the personalized risks.//

患者の年齢と性別で 個別なリスクを記入していきます。

So we start to use/ the data/ we have to run/ a very simple calculation/ that's on all sorts of online calculators/ to get a sense of what the actual risk is.//

手元にあるデータを使い ネット上にある多種の計算機で 簡単な計算をし 実際のリスクを出します。

The last one/ I'll show/ you is a PSA test.//

最後にPSAテストをお見せします。

Here's the before,/ and here's the after.//

これが前ので、これが後です。

Now/ a lot of our effort/ on this one --/ as many of you probably know,/ a PSA test is a very controversial test.//

これに多く力を注いでいます。 多くの人も知っていると思いますが PSAテストは論争の的となっています。

It's used to test for prostate cancer,/ but there are all sorts of reasons/ why your prostate might be enlarged.//

前立腺がんの検査に使われているが 前立腺が肥大する理由は いろいろあります。

And so/ we spent a good deal of our time/ indicating/ that.//

莫大な時間を使い それを示しています。

We again personalized the risks.//

リスクの個別化をします。

So this patient is in their 50s,/ so we can actually give them/ a very precise estimate of what their risk/ for prostate cancer is.//

50代の患者がいるとします 前立腺がんになるリスクの程度を 非常に正確に予測できます。

In this case/ it's about 25 percent,/ based/ on that.//

それによると、リスクは25%です。

And then again,/ the follow-up actions.//

続いて、再検査になります

So our cost/ for this was less than 10,000 dollars,/ all right.//

費用は1万ドル以下ですね。

That's/ what Wired magazine spent on this.//

ワイヤード誌が使った費用です。

Why is Wired magazine doing this?//

どうしてでしょう?

(Laughter)/ Quest Diagnostics and LabCorp,/ the two largest lab testing companies --/ last year,/ they made profits of over 700 million dollars/ and over 500 million dollars respectively.//

(笑) Quest Diagnostic社とLabCorp社は 室内実験会社で最大手の2社です。 昨年それぞれに7億ドルと 5億ドルの利益を上げています。

Now/ this is not a problem of resources;/ this is a problem of incentives.//

資源の問題ではなく 動機の問題です。

We need to recognize/ that the target of this information should not be the doctor,/ should not be the insurance company.//

情報のターゲットは医者でも 保険会社でもなく、患者だという事を

It should be the patient.//

認識する必要があります。

It's the person/ who actually,/ in the end,/ is going to be having to change/ their lives/ and then start adopting new behaviors.//

最後に生き方を変え 新しい習慣を身につけるのは 患者なのです。

This is information/ that is incredibly powerful.//

この情報は非常に強力です。

変化しにくい強力な触媒です。

But we're not using/ it.// It's just sitting/ there.//

しかし使用せずに、あるだけです。

It's being lost.//

失われました。

So/ I want to just offer four questions/ that every patient should ask,/ because I don't actually expect people/ to start developing/ these lab test reports.//

患者が訊くべき4つの 質問を提案します。 自分達の検査結果を 開発し始めると思えませんので。

But you can create your own feedback loop.//

自分だけのフェードバックの輪を作る事はできます。

Anybody can create their feedback loop/ by asking these simple questions:/ Can I have my results?//

以下の簡単な質問をするだけで、誰にでもフェードバックの輪は作れます。 検査結果もらえますか?

And the only acceptable answer is --/ (Audience:/ Yes.//) --/ yes.//

唯一納得できる答えは (観客:はい)-はいです。

What does this mean?// Help me understand/ what the data is.//

これはどういう意味ですか?データを説明して下さい。

What are my options?// What choices are now on the table?//

選択肢はなんですか?今選べる道は何ですか?

And then,/ what's next?//

次になにをすれば?

How do I integrate this information/ into the longer course of my life?//

どう長期に渡り生活に これらの情報を活用すべきか?

So I want to wind up/ by just showing/ that people have the capacity/ to understand this information.//

最後に、人はこの情報を理解する能力はある 事を見せたいと思います。

This is not beyond the grasp of ordinary people.//

一般人が理解不可能な物ではありません。

You do not need to have/ the education level of people/ in this room.//

この部屋にいる人より高い教育レベルを持つ必要はありません。

Ordinary people are capable of understanding this information,/ if we only go to the effort of presenting it/ to them/ in a form/ that they can engage with.//

受け入れられる形で提供すれば 一般の人でも 理解できます。

And engagement is essential here,/ because it's not just giving/ them/ information;/ it's giving them/ an opportunity/ to act.//

参加することは必須です。 ただ情報を提供するのではなく 行動に出る機会を与えているのです。

That's/ what engagement is.// It's different/ from compliance.//

参加は応諾と違います。

It works totally different/ from the way/ we talk about behavior/ in medicine today.//

今の医学で言う行為と 全く違います。

And this information is out/ there.//

情報はあります。

I've been talking today/ about latent information,/ all this information/ that exists in the system/ that we're not putting to use.//

今日はシステムにあるが使用されていない 隠された情報について 話してきました。

But there are all sorts of other bodies of information/ that are coming online,/ and we need to recognize/ the capacity of this information/ to engage people,/ to help people/ and to change the course of their lives.//

しかし、他にもいろいろな情報が ネットでアクセスできます。 生き方を変えるため 参加させるため、助けるために 情報の容量を認識する必要があります。

Thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

opportunity

『機会』,好機

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

manifest

『明白な』,はっきりした(clear)

…‘を'『はっきり表す』(『示す』),表明する・(税関に提出するための船・飛行機の)積み荷目録;乗客名簿・宣言・声明書・檄文・特に,共産党宣言・政策綱領(イギリスの選挙で政党から公表されるもので,具体性を欠く選挙スローガンや公約と異なり,政策の数値目標,実施期限,財源などを明示する)

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

diabetes

糖尿病(尿に糖が異常に出る病気)

obesity

肥満

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

heart disease

心臓病

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

smoking

煙ること

喫煙

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

Aristotle

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者;384‐322B.C.)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

engagement

〈C〉『約束』,契約,取り決め;(会合などの)約束,予約《+『for』+『名』》;(人との)約束《+『with』+『名』》

〈C〉『婚約』;婚約期間

〈C〉雇用;雇用期間

〈C〉会戦,交戦

《複数形で》債務,負債

〈U〉〈C〉(歯車などの)かみ合わせ

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

crux

最も重要な点

難問,なぞ

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

lives

lifeの複数形

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

dentistry

歯科学,歯学

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

dentist

『歯科医』,歯医者

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

somewhat

『幾分か』,少し

mundane

現世の,世俗的な

実際的な;普通の

backwater

〈U〉(下水道・河川などの)戻り水,逆流

〈C〉(水・空気の)よどみ

〈C〉(文化・文明などの)沈滞

sexy

性に関する;セクシーな,性的魅力のある

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

preventive

予防の,防止する,妨げる;(…を)予防する《+『of』+『名』》

予防法;予防薬

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

floss

(蚕のまゆの)けば

(刺しゅうに用いる)かま糸

(とうもろこしの毛・綿花などの)絹綿状のもの

teeth

tooth の複数形

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

Connecticut

コネチカット州(米国北東部の州;州都はHartford;《略》Conn.,CT,Ct.)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

scare

…‘を'『おびえさせる』,こわがらせる(frighten)

『おびえる』,驚く

《単数形で》おびえ,どきりとすること

(社会的な)恐慌[状態]

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

basically

基本的に,根本的に;元来は

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

gum

〈U〉ガム,ゴム(植物から分泌される乳状の液(水に溶け,空気中で凝固する)

〈U〉ゴムのり

〈U〉=chewing gum

=gum tree

〈U〉目やに

…‘に'ゴムを塗る;…‘を'ゴムのりでつける

ゴムを分泌する;〈樹木が〉やにを出す

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

denture

入れ歯,義歯

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

bloody

『出血している』(bleeding)

『血まみれの』,血でよごれた

血なまぐさい,残酷な

《英俗》ひどい,忌まわしい(damned)

ひどく(damned)

…'を'血まみれにする

puss

猫(呼ぶときの言葉)

《話》女の子

《俗》口;顔

ooze

(…から,…を通して)にじみ出る《+『from』(『through』)+『名』》

〈勇気・興味などが〉だんだんなくなる

『away』》

…‘を'にじみ出させる

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

jaw

〈C〉(上・下の)『あご』

《複数形で》口

〈C〉下あごのかっこう(感じ)

《複数形で》あごに似た物;(谷・海峡などの)狭い入口

〈U〉《話》おしゃべり;(長い)お説教

(人に)しゃべる,(特に)くどくど言う;(人に)お説教をする《+『at』+『名』〈人〉》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

ultimately

最後に,ついに

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

apple

『リンゴ』;リンゴの木

steak

『ステーキ』,(特に)ビフテキ(beefsteak);(料理用の肉・魚の)厚い切り身

mush

濃いとうもろこしがゆ

どろどろしたもの

《話》安っぽい感傷

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

efficacy

(…に対する,における)効きめ,効力《+『against』(『in』)+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

yeah

=yes

eh

えっ(問い・疑い・驚き・ちゅうちょなど;また相手の同意を求めるときにも用いる)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

upshot

結果,結末,結論(outcome)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

necessarily

『必ず』,必然的に

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

fallow

(土地が)休閑中の

休閑地

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

boil

沸く

煮える

〈人,人の気持が〉(怒り・興奮で)煮えくりかえる,激する《+『with』+『名』》

(沸騰する湯のように)わき立つ

…'を'『沸かす』

…'を'『煮る』,ゆでる

煮沸,沸騰;《the ~》沸騰点

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

towards

toward

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

association

〈U〉(…との)『交際』,付き合い《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,『共同』,関連《+『with』+『名』》

〈C〉組合,協会,会社

〈U〉連想;〈C〉《しばしば複数形で》連想されるもの

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

papa

パパ,おとうちゃん

ambulance

救急車

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

decade

『10年間』

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

spool

《米》糸巻き《英》reel)

(フィルむの)スプール;(タイプライタのリボンの)スプール;(録音テープなどの)リール

糸巻1巻分の糸;リール1巻分のテープ(など)

〈糸など〉‘を'糸巻きに巻く

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

datum

dataの単数形

既知の事実

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

okay

=OK,O.K.

situated

位置している

《副詞[句]を伴って》(経済的・社会的に)(…の)状態に置かれた

abstract

『抽象的な』

理論的な,観念的な

(美術において)抽象派の

〈U〉抽象

〈C〉抜粋,摘要(summary)

〈C〉抽象美術作品

(いくつかのものから)〈ある概念〉'を'抽象する,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

〈本・スピーチなど〉'を'要約する(summarize),抜粋する

(…から)〈金属など〉'を'抽出する,分離する《+『名』+『from』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

overload

…‘に'荷を積み過ぎる(負わせ過ぎる)

〈バッテリー・変圧器など〉‘に'充電し過ぎる;〈銃砲〉‘に'装薬し過ぎる

〈C〉〈U〉積み過ぎ;〈U〉過充電;過負荷

inundate

…‘を'水浸しにする

《しばしば受動態で》〈人・物が〉(洪水のように)…‘に'殺到する

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

well-established

(原理などが)論証のしっかりした,確立した

定着した

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

expensive

『費用のかかる』,高価な

commodity

『日用品』,必需品;商品

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

especially

『特に』,特別に;きわだって

radar

電波探知法;〈C〉電波探知機,レーダー[radio detecting and rangingの略]

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

pedal

(自転車・自動車などの)『ペダル』,踏み板

(ピアノなどの)ペダル,踏み板

…‘の'ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)…‘を'走らせる

ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)動かす

(人・動物の)足の

ペダルの

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

repercussion

(事件・行為の)反響

(音の)反響,(光の)反射,(物の)はね返り

blood pressure

血圧

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

nifty

しゃれた,いきな;うまくできた

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

neatly

きちんと,こぎれいに

手ぎわよく,てきぱきと

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

ad

《話》広告(advertisementの略)

spoof

…‘を'だます,かつぐ(deceive)

…‘の'まねをしてからかう,‘を'ひやかす(mock)

(軽く陽気に)ちゃかす

人をだます(かつぐ)こと

(陽気で悪意のない)もじり,ちゃかし

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

completely

『完全に』,全く,十分に

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

FDA

Food and Drug Administration(米国)食品医薬品局

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

cynical

皮肉な,冷笑的な,世をすねた

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

bankrupt

『破産者』,支払い不能債務者

『破産して』

《補語にのみ用いて》(…を)欠いて,(…に)欠ける《+『of』(『in』)+『名』》

…'を'破産させる;…'を'行きづまらせる

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

researcher

研究者,調査員

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

crunch

…'を'カリカリ(ボリボリ)かむ

〈砂利道・氷雪上など〉'を'バリバリ(ジャリジャリ)音を立てる(立てて進む),'を'ザクザク踏む

カリカリ(ボリボリ)かむ

バリバリ(ジャリジャリ,ザクザク)音を立てる(立てて進む)

〈U〉〈C〉かみ砕くこと(音);踏み砕くこと(音),(砕いて)音を立てて進むこと

《the~》(決断が必要な)危機,緊張

〈U〉金融引締め

nutritional

栄養の,栄養的の

cereal

〈C〉《通例複数形で》『穀物』,穀類

(また《米》breakfast food)〈U〉〈C〉朝食用の穀類加工食品(oatmealやcornflakesなど)

〈C〉穀類を生ずる植物

穀類の

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

vague

(言葉・意味などが)『はっきりしない』,あいまいな

(考え・感じなどが)『ばく然としている』,ぼんやりした

(形・姿などが)『ぼやけた』,はっきりしない

《名詞の前にのみ用いて》《通例最上級で》《話》ほんのわずかの,かすかな

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

statistic

統計値,統計量

unpack

開いて…‘の'中身を取り出す

(…から)…‘を'取り出す《+名+from+名》

…‘から'荷[など]を降ろす

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

side effect

(薬などの)副作用

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

latent

潜在(潜伏)している,隠れている

lab

実験室(laboratory)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

blood test

血液検査

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

summary

(…の)『要約』,摘要 概要《+of+名》

『用約した』,かいつまんだ;手短の

(裁判などか)略式の,即決の

used

『使い古しの』,使用した

top-level

最高級の,最高首脳部の

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

fine print

〈U〉非常に小さい活字印刷・《the~》細目(契約書などで本文より小さく印刷された部分)・(契約書などの)細字部分 《特に,契約者に不利な条件などを記した注意事項》

drill

〈C〉『きり』,『ドリル』,穴あけ機

〈U〉練兵,教練

〈U〉〈C〉『反復練習』,(系統的な)けいこ

〈U〉〈C〉(事態に処するための)訓練

〈穴〉‘を'『あける』;…‘に'穴をあける

(…を)〈人〉‘に'『繰り返し教え込む』《+『名』〈人〉+『in』+『名』》;(人に)〈物事〉‘を'厳しく訓練して教え込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》

〈兵士〉‘を'教練する

《米俗》〈人〉‘を'撃ち抜く

(きりなどで)貫く,穴をあける

(軍事などの)訓練を受ける,練習する

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

glucose

ブドウ糖

likewise

『同様に』(in the same way)

…もまた(also);さらに(moreover)

lipid

脂質,あぶら

cholesterol

コレステロール(胆汁・血液・神経組織などの脂肪性成分)

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

proximity

(場所・時間・血族関係など)(…に)近いこと,近接《+『to』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

wade

《方向を表す副詞[句]を伴って》(川・雪などの中を)『歩く』

《話》(…を)苦労して進む,やっと切り抜ける《+through+名》

〈川など〉‘を'歩いて渡る

junk

廃品,くず(古材・古鉄・古紙・ぼろなど)

《話》(一般に)値打ちのないもの;がらくた(rubbish)

《俗》ヘロイン

(廃品として)…‘を'捨てる

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

sin

〈U〉(宗教・道徳上の)『罪』

〈C〉(宗教・道徳上の)『罪の行為』,罪悪

〈C〉《特におどけて》違反(過失)の行為

(宗教・道徳上の)おきてを破る,罪を犯す

(…に)違反(過失)をする,背く《+『against』+『名』》

omission

〈U〉省略すること;脱落

〈U〉手抜かり,怠慢

〈C〉省略されたもの

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

conjunction

〈C〉『接続詞』(and,but,for,sinceなど)

《文》〈U〉〈C〉結合,連結;(事件などの)同時発生

〈U〉合(ごう)(二つ以上の天体が同じ黄経上にあること)

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

protein

蛋白(たんばく)質

blood vessel

血管

inflame

〈人〉‘を'『興奮させる』,〈感情〉‘を'あおる

〈身体組織〉‘に'炎症を起こさせる

興奮する,激怒する

充血する,炎症を起こす

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

gender

(名詞・代名詞の)性

calculation

見積もり,算定

予想,推定

意図,熟慮

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

calculator

計算者

計算器機(=calculating machine)

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

prostate

前立腺(せん)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

follow-up

追求;追跡調査;(新聞などの)追いかけ記事

後を追う,重ねて行う

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

laughter

『笑い』,笑い声

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

respectively

それぞれに,めいめいに,別々に

incentive

刺激,動機,誘因

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

incredibly

信じられないほど

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

catalyst

触媒[剤]

lost

loseの過去・渦去分詞

『失った』,なくなった,紛失した

『負けた』;(賞などを)取りそこなった

(時間・労力などが)『浪費された』・破壊された(destroyed)

《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

acceptable

受け入れられる,認められる;人に喜ばれる

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

compliance

(要求・命令などへの)承諾,応諾

服従,盲従

totally

全く,完全に

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画