TED日本語 - モーガン・スパーロック: 究極のTEDトークを売る企画について

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

映画制作者のモーガン・スパーロックが、目につきにくいが影響力のあるブランドマーケティングの世界に飛び込み、粘り強さとユーモアを発揮してスポンサーシップについての映画をスポンサーの資金提供だけで制作しようと試みます。(もちろんこのトークのステージ題名のスポンサーも獲得。誰がいくら支払ってスポンサーになったかはお楽しみに。)

Script

ここ数年の間 非常に困難なうえ いくらか危険な状況に 身をおいてきました 刑務所― 困難 炭鉱労働― 危険 戦場での撮影― 困難かつ危険 そしてこればかり30日間食べたときは 最初は楽しかったのが 途中で困難に 最後には非常に危険となりました 実際キャリアのほとんどを 見たところヒドイ状況に 自ら首を突っ込んできました これもすべて関心を引き 興味深く見せるやり方で 社会問題を考察するためです 分かりやすくして 観客が 手軽に受け入れ楽しめればと思っています そこでTEDでブランドや スポンサーシップについて話すとなったとき 少し違うことをしたいと思いました

知っている人もいるかもしれませんが 数週間前にEbayで広告を出し Facebookのメッセージを発信し Twitterでつぶやいて この2011年TEDトークの 命名権を競売にかけました (笑) そうです 個人・企業・営利・非営利 幸運な誰かが 一生一度のチャンスを掴み― クリスが二度と許さないと思うので― (笑) 貴方が今観ているトークの 命名権を買うのです その時点では題名もなく 内容もほとんどなく 実際何について話すのか よく分からない状態のトークです つまり購入するのは (貴方の名前)提供: 主題が何か見当もつかず 内容によっては顔に泥を塗り 特に 賛同したことで恥をかくかもしれない僕のTEDトーク とは言え 絶好の宣伝チャンス (笑) 一体何人がTEDトークを見てると思います? かなりの人です ちなみにこれはただの仮題名です (笑) だから懸念があっても 誰かが権利を 買うと分かっていました

1年前に同じ事を聞かれたら 自信がなかったでしょう でも今取り組んでいる映画で マーケティングや広告業界を検証しています 前に言ったように ここ数年 自分を悲惨な状況に置いてきていますが 今までの経験など この人たちとの困難で危険な 交渉には 全く役に立ちませんでした (笑)(広告・PR代理店などのロゴ) 僕には映画のアイデアがありました

(ビデオ)M・スパーロック:マーケティングと プロダクトプレイスメントと広告に関する映画を マーケティングとプロダクト・プレイスメントと 広告だけの資金で作りたいんです 映画の題名は「The Greatest Movie Ever Sold」 この「究極の映画企画」には 上から下まで 最初から最後まで ブランド名が入っていて 映画のアバンタイトルの提供も なんらかのブランドで 例えばクアルコム・スタジアムや ステイプルズ・センターのブランドは ずっと永遠に映画に残るわけです 映画でこの概念の検討を― (M・カッサン:重複) は? (MK:重複) 「ずっと永遠に」が? しつこい人間なんで (MK:言っただけ) あれは強調するつもりで 「ずっと残る 永遠に」でした タイトルに提供をつけるだけでなく 映画に出てくるもの全て売ります 例えば靴に提供をつけて「究極の靴」にしたり 「究極の映画」に出てくる「究極の車」 「究極の映画」提供の「究極のドリンク」

X・コーチャー:つまりブランドは 生活の一部だと伝えるだけでなく 映画自体も提供してると? (MS:映画も提供させます)

MS:実際にそのしくみも見せます この映画のテーマは透明性です 全過程を映画の中で見るわけです それが最初から最後までの 映画全体の構想です 是非CEGに実現して頂きたいです

R・フリードマン:面白いのは ぱっと聞いた感じでは これは観客に対する 最高の敬意だってことだ

男:大衆が受け入れるかどうか 分かりませんがね

XK:これに対する見解は― 「切り口」は聞こえが悪いが― 展開の見当はついてるの? (MS:全然)

D・コーン:いくらかかる?

MS:150万ドル (DC:オッケー)

J・カメン:会ってもらうのが大変だが いくつか目立つブランドに あたってみる価値はあると思うね

XK:映画が出る頃に 馬鹿を見るのはこちらかも

MS:どんな返答がもらえると思います?

S・ルダファー:大抵は「ダメ」だな

MS:映画がマズいから? それとも僕だというのがマズい?

JK:両方

MS:…楽観的でないということですか では支援いただけますか?

MK:支援できるよ

MS:オッケー (MK:よかった) 素晴らしい

MK:どのブランドがいいか検討する

MS:ええ (MK:それが問題だな) 取引のある相手を見ると―

MK:心当たりはいくつかある (MS:オッケー) カメラ止めて

MS:「カメラ止めて」は 「オフレコの話を」という意味だと 思ったのですが 実は 「君の映画には関わりたくないね」でした

MS:こうして気付いたときには1つずつ これらの会社の全部が消えていました 誰も関わりたくなかったのです 驚きでした 全く参加したくなかったのです 広告とはできる限り何度も 商品を出して多くの人に見てもらうことだと 思っていたのでびっくりでした 特に最近は 新旧メディアの分岐点にいて 媒体も雑然としています 大衆にメッセージを伝える 評判に値する新しい情報配信媒体は 願ってもないのでは? いや 僕はそう思ったんですが

問題は 僕のアイデアには1つこのような 致命的欠陥があったということでした いや これは全く欠陥でないです これは全然問題じゃないです これはよかったんですが この画像が意味するものが問題でした Googleで「透明性」の画像検索をすると これが― (笑) (拍手) 上の方に出てくるんです やるじゃんサーゲイ・ブリン いやそうじゃなく (笑) 問題はこれでした 透明性とは― 見せかけやごまかしがない 簡単に見抜いたり見通せる 容易に理解できる 特にビジネスの実践に関しては 情報の可視化や アクセスのしやすさに特徴がある この最後の文がたぶん一番の問題です 透明性については最近よく聞きます 政治家や大統領も言ってます CEO達さえ言っています でも実践するとなると 何か突然変わります なぜか?まず透明性は恐ろしく― (吠え声) この変な吠え叫ぶ熊の写真のよう (笑) 予想がつかず― (音楽) (笑) この変な田舎道のよう そして非常にリスクが高い (笑) 他にリスクが高いと言えば? 容器に入った生クリームを全部食べること (笑) これは非常にリスクが大きいです

企業と交渉し始めて このストーリーを伝えたいと言ったとき 「ストーリーを伝えるのは もちろんいいんだが 伝えるのは こちら側のストーリーを」と言われました 僕が子供の頃 ウソが父にばれると― こういう目でよく僕を見ていたんですが― 父は「どんなストーリーにも3つの側面があるもんだ お前の言い分 お父さんの言い分 そして真実だ」と言っていました この映画では真実のストーリーを伝えたかったのです でも1社だけの支援では― しかもジョンとリチャードとは長い付き合いがあるからというだけで― 自分でやるしかないと悟りました 中間業者なしで自分と 自分のスタッフで直接企業にあたるしかないと そこで突然見えてくるのは― 僕が何に気付いたかと言うと― これらの企業と話してみると 自分のブランドに対する理解は共通の問題なんです

(ビデオ)MS:ハリウッド映画を作る友人と 僕のように小さな自主映画を作る友人がいますが ハリウッド映画を作る友人は 映画が成功するのは ブランド提携者のおかげと言います 小さい自主映画を制作する友人は 「どうやってハリウッドの大作と 競争しろって?」と言います そしてこの映画の題は 「The Greatest Movie Ever Sold」です ではBanが具体的にどう映画に登場するのか? 僕が出かける前や薬棚を開けるたびに Banのデオドラントが出てきます 誰かとインタビューするたびに僕は 「インタビューを前にしてさっぱりしてる? 準備できた?緊張してる? 落ち着くには インタビュー前に これをつけるといいよ」と言い 素敵な香りを1つ勧めるわけです 「フローラルブーケ」でも 「パラダイスの風」でも 男性用も女性用も 固形やロールオン式 スティック型でも これが概要です では質問があればお答えして もう少し詳しく話しますが

K・フランク:私たちのブランドは大きくなく お話にあった小さい映画と同じです 私たちはチャレンジャーです 競合他社のような予算はありません このようなやり方で Banを印象づけることに 関心があるのはそのためです-

MS:Banを表す言葉は何ですか? 「Banは~である」

KF:いい質問ですね

(笑)

女性:優れた技術

MS:脇の下につけるものに 「技術」はないでしょう

男性:「しっかり爽やか」です 「爽やか」は「臭いや汗を抑える」とは違って この手の商品を魅力的に見せます いつも爽やか 長時間爽やか 素晴らしい爽やかさ もっと爽やかに 3倍爽やか このような前向きな面をもっと出す感じです

MS:これが数百万ドルの企業です でも自分は?普通の人は? 僕のような普通の 一般人に尋ねて 自分のブランドについて学ばなくては

(ビデオ)MS:自分のブランドをどう説明する?

男性:うーん 自分のブランド? 分からないなあ 仕立てのいい服が好きだけど

女性:80年代スタイルに スケボーパンクを足したもの 洗濯の日はダメだけど

MS:ジェリーのブランドは何?

ジェリー:個性的 (MS:個性的)

男性:スタイルのジャンルで言ったら 「陰の魅惑」って感じ たくさんの黒に たくさんのグレー そんな感じが好き でもアクセサリーも着けるけど サングラスとか クリスタルとかも好きだし

女性:ダンがブランドだとしたら クラシックなベンツの オープンカーかしら

男性2:僕のブランドは 「粋なカジュアル」と言う感じかな

女性2:ヒッピーとヨガが混じった ブルックリンギャル―分かんない

男性3:ペット業者 世界中でペットのおもちゃを売ってる だからこれが僕のブランドかな 僕の偏った小さな業界での僕のブランド

男性4:FedExが俺のブランド 期待を裏切らない

男性5:アル中の駄目作家 すごいだろ?

弁護士:私のブランドは弁護士

トム:俺 トム

MS:トムのブランドにはなれませんが 僕は 「陰の魅惑」と「粋なカジュアル」の中間が多いです

(笑)

そして専門家が必要と分かりました 僕のことを理解して 僕が自分の「ブランドの人格」を 理解する手助けをしてくれる人です ピッツバーグのOlson Zaltman社に行きました ネスレやファブリーズやホールマークなどの企業の ブランド人格を定義してきています これらの企業を助けられるなら僕のことも大丈夫なはず

(ビデオ)アビゲール:写真ありますよね?

MS:持ってきました 最初のは 僕の家族の写真です

A:自分に対する考えや感情にどう関係していますか?

MS:僕の世界観に影響を与えました

A:その「世界」とは?

MS:この世界?自分が住んでる世界で 周囲の人や友達や家族がいて 生き方とかやってる仕事 それら全てが1つの場所からきてる 僕の場合はウエスト・バージニアの家族からきてる

A:次に話したいことは何ですか?

MS:次は「最高だった日」

A:自分に対する考えや感情への関連は?

MS:なりたい自分と言う感じ 変わったものが好きなんです 変なもの 奇妙なものが好きです

A:その「なぜ」の段階の説明を―意義は? その「なた」とは?今はどの段階? やり直しが重要な理由は?赤が象徴するのは何? その部分について話してみて …自分のこうでないという点は? その他あった自身の変化は? …恐怖に限らず 直面している変化は?

MS:わあああ!(A:ありがとう) こちらこそ

A:最後までどうも (MS:お疲れ様)

A:はい (MS:ありがとう) では

MS:一体どんな結果が出るのか わけの分からんことだらけでした

L・ザルトマン:まず気付いたのは 2つの別々ながらも補完的な面が あなたのブランド人格にはあるということでした モーガン・スパーロックのブランドは「思慮と遊び心」 2つが非常にうまく同居しています 矛盾に近いものがあります 企業によっては 両方の強みを活かそうとしないで 片方だけに専念すると思います ほとんどの企業は―人間は本質的にそうなのですが 自信がないものを避け 恐怖なども避けようとします でもあなたはしっかり受け入れている 実際にそれらを前向きな力にしていて興味深いです 他のブランドで似ているのは? まず定評のApple TargetとWiiもそう そしてミニクーパーのMiniとJetBlue 遊び心のあるブランドや思慮深いブランドは ありますが長続きしません でも遊び心が溢れ思慮深いブランドは強いのです

MS:遊び心と思慮のブランド あなたは? 誰かに自分のブランド人格を述べてと言われたら あなたのブランドはどうですか? 外向的な人?ワクワクさせる人ですか? それとも内向的な人? どちらかと言うと冷静で控えめで保守的? 外向的な人は遊び心いっぱいで フレッシュ・プリンスのように勝手気まま 近代的で冒険好き 斬新でエロール・フリンのように大胆 器用 機敏 世俗的 高圧的 ガンダルフように不思議で超常的 それともあなたは内向的な人? 思慮深く007のように洗練されてる? 実績があって慣習的 母性的で保護的 オプラのように親身になれる人? 信頼があり 動じない親しみのある人 無難で確実で献身的 ダライラマやヨーダのように 熟考的で賢明?

この映画の制作過程で 外向的かつ内向的である 500以上の企業が 「ダメ」と言い 参加を拒みました 主な理由はコントロールできず最終的に 映画がどうなるか分からないからでした でも17社が賛同しました コントロールを譲って 僕のような思慮と遊び心のある人間と 仕事したいと言ってくれたのです そして最終的には普通は 公開できないストーリーを見せる支援をしてくれました 普通なら広告会社が決して許さないストーリーです

おかげで映画のストーリーを見せる中で ニューロマーケティングという MRIを使って脳の欲望中枢に働きかける コマーシャルや映画宣伝が 最近はあることを見せることができました 野外広告を禁止してしまったサンパウロにも行きました 5年前から街中どこにも ビルボード ポスター 広告が一切ありません (拍手) 学区にも行きました アメリカ中の財政難の学校に 企業たちは進出しています 驚くのは今までのプロジェクトで反響が多かったり 成功したものは 自分が直接 やり取りしたものだったことですが

これらのブランドがしたのもそうです 自分たちの利益を 最優先にしていないかもと考え 中間業者や代理店と手を切りました アーティストと直接一緒に 何か今までと違う 人に考えさせ 世の中の見方に疑問を 投げかけるものを作ろうとしました

その結果は?この時点ではどうか? サンダンス映画祭での公開後どうか見てみましょう Burrellesによると1月に封切して以来― この数字は全て含んでいませんが― この映画の媒体インプレッション数は90億でした たったの2週間半の間でです ネットだけで印刷物やテレビはなし まだ映画は配給さえされていません ネットでもストリームしていません 海外にもリリースされていません 結果としては この映画はすでに評判を集めてきているわけです 交渉した広告会社のほとんどがクライアントに 参加を見送るよう勧めたのにです

僕がいつも思っているのは リスクを負ってチャンスを活かすと そこから好機が到来するということです 人をリスクから引き離すのは 失敗に近づけることだと思います リスクを回避する社員教育をするのは 会社全体を働きがいのない 場所にしてしまうことだと思います これからはリスクを冒せるよう 人々を勇気づけていく必要があると思います 危険そうな条件でも 恐れないよう応援すべきです 結局これからは 恐れを 受け入れなくてはならないのです あの熊を檻に入れるんです (笑) 恐れを受け入れる リスクを受け入れる 少しずつリスクを取り入れていかなくてはダメです

そして最終的には透明性にも取り組まなくてはなりません これまでにも増して 少しの誠実さが 大きな効果をもたらす時代です というわけで 誠実さと透明性にのっとって 僕のトーク「透明性を受け入れる」は Ebayで命名権に 7,100ドル支払ってくれた 素晴らしいEMCの皆さんの提供で お届けいたしました (拍手) EMC:世界中の組織の 大量な情報を 大きなチャンスに転換 EMC提供:「透明性を受け入れる」

みなさんありがとう

(拍手)

J・コーヘン:モーガン それで 透明性ってことで聞くけど あの7,100ドルはどうなったの? MS:素晴らしい質問です ポケットに小切手を入れて来ました TEDの母体である Sapling Foundation宛てに書いた 7,100ドルの小切手です 僕の来年のTED参加費に充ててください

(笑)

(拍手)

I have spent the past few years putting myself into situations that are usually very difficult and at the same time somewhat dangerous. I went to prison -- difficult. I worked in a coal mine -- dangerous. I filmed in war zones -- difficult and dangerous. And I spent 30 days eating nothing but this -- fun in the beginning, little difficult in the middle, very dangerous in the end. In fact, most of my career, I've been immersing myself into seemingly horrible situations for the whole goal of trying to examine societal issues in a way that make them engaging, that make them interesting, that hopefully break them down in a way that make them entertaining and accessible to an audience. So when I knew I was coming here to do a TED Talk that was going to look at the world of branding and sponsorship, I knew I would want to do something a little different.

So as some of you may or may not have heard, a couple weeks ago, I took out an ad on eBay. I sent out some Facebook messages, some Twitter messages, and I gave people the opportunity to buy the naming rights to my 2011 TED Talk. (Laughter) That's right, some lucky individual, corporation, for-profit or non-profit, was going to get the once-in-a-lifetime opportunity -- because I'm sure Chris Anderson will never let it happen again -- (Laughter) to buy the naming rights to the talk you're watching right now, that at the time didn't have a title, didn't really have a lot of content and didn't really give much hint as to what the subject matter would actually be. So what you were getting was this: Your name here presents: My TED Talk that you have no idea what the subject is and, depending on the content, could ultimately blow up in your face, especially if I make you or your company look stupid for doing it. But that being said, it's a very good media opportunity. (Laughter) You know how many people watch these TED Talks? It's a lot. That's just a working title, by the way. (Laughter) So even with that caveat, I knew that someone would buy the naming rights.

Now if you'd have asked me that a year ago, I wouldn't have been able to tell you that with any certainty. But in the new project that I'm working on, my new film, we examine the world of marketing, advertising. And as I said earlier, I put myself in some pretty horrible situations over the years, but nothing could prepare me, nothing could ready me, for anything as difficult or as dangerous as going into the rooms with these guys. (Laughter) You see, I had this idea for a movie.

(Video) Morgan Spurlock: What I want to do is make a film all about product placement, marketing and advertising, where the entire film is funded by product placement, marketing and advertising. So the movie will be called "The Greatest Movie Ever Sold." So what happens in "The Greatest Movie Ever Sold," is that everything from top to bottom, from start to finish, is branded from beginning to end -- from the above-the-title sponsor that you'll see in the movie, which is brand X. Now this brand, the Qualcomm Stadium, the Staples Center ... these people will be married to the film in perpetuity -- forever. And so the film explores this whole idea -- (Michael Kassan: It's redundant.) It's what? (MK: It's redundant.) In perpetuity, forever? I'm a redundant person. (MK: I'm just saying.) That was more for emphasis. It was, "In perpetuity. Forever." But not only are we going to have the brand X title sponsor, but we're going to make sure we sell out every category we can in the film. So maybe we sell a shoe and it becomes the greatest shoe you ever wore ... the greatest car you ever drove from "The Greatest Movie Ever Sold," the greatest drink you've ever had, courtesy of "The Greatest Movie Ever Sold."

Xavier Kochhar: So the idea is, beyond just showing that brands are a part of your life, but actually get them to finance the film? (MS: Get them to finance the film.)

MS: And actually we show the whole process of how does it work. The goal of this whole film is transparency. You're going to see the whole thing take place in this movie. So that's the whole concept, the whole film, start to finish. And I would love for CEG to help make it happen.

Robert Friedman: You know it's funny, because when I first hear it, it is the ultimate respect for an audience.

Guy: I don't know how receptive people are going to be to it, though.

XK: Do you have a perspective -- I don't want to use "angle" because that has a negative connotation -- but do you know how this is going to play out? (MS: No idea.)

David Cohn: How much money does it take to do this?

MS: 1.5 million. (DC: Okay.)

John Kamen: I think that you're going to have a hard time meeting with them, but I think it's certainly worth pursuing a couple big, really obvious brands.

XK: Who knows, maybe by the time your film comes out, we look like a bunch of blithering idiots.

MS: What do you think the response is going to be?

Stuart Ruderfer: The responses mostly will be "no."

MS: But is it a tough sell because of the film or a tough sell because of me?

JK: Both.

MS: ... Meaning not so optimistic. So, sir, can you help me? I need help.

MK: I can help you.

MS: Okay. (MK: Good.) Awesome.

MK: We've got ta figure out which brands.

MS: Yeah. (MK: That's the challenge.) When you look at the people you deal with ..

MK: We've got some places we can go. (MS: Okay.) Turn the camera off.

MS: I thought "Turn the camera off" meant, "Let's have an off-the-record conversation." Turns out it really means, "We want nothing to do with your movie."

MS: And just like that,one by one, all of these companies suddenly disappeared. None of them wanted anything to do with this movie. I was amazed. They wanted absolutely nothing to do with this project. And I was blown away, because I thought the whole concept, the idea of advertising, was to get your product out in front of as many people as possible, to get as many people to see it as possible. Especially in today's world, this intersection of new media and old media and the fractured media landscape, isn't the idea to get that new buzz-worthy delivery vehicle that's going to get that message to the masses? No, that's what I thought.

But the problem was, you see, my idea had one fatal flaw, and that flaw was this. Actually no, that was not the flaw whatsoever. That wouldn't have been a problem at all. This would have been fine. But what this image represents was the problem. See, when you do a Google image search for transparency, this is -- - (Laughter) (Applause) This is one of the first images that comes up. So I like the way you roll, Sergey Brin. No. (Laughter) This is was the problem: transparency -- free from pretense or deceit; easily detected or seen through; readily understood; characterized by visibility or accessibility of information, especially concerning business practices -- that last line being probably the biggest problem. You see, we hear a lot about transparency these days. Our politicians say it, our president says it, even our CEO's say it. But suddenly when it comes down to becoming a reality, something suddenly changes. But why? Well, transparency is scary -- (Roar) like that odd, still-screaming bear. (Laughter) It's unpredictable -- (Music) (Laughter) like this odd country road. And it's also very risky. (Laughter) What else is risky? Eating an entire bowl of Cool Whip. (Laughter) That's very risky.

Now when I started talking to companies and telling them that we wanted to tell this story, and they said, "No, we want you to tell a story. We want you to tell a story, but we just want to tell our story." See, when I was a kid and my father would catch me in some sort of a lie -- and there he is giving me the look he often gave me -- he would say, "Son, there's three sides to every story. There's your story, there's my story and there's the real story." Now you see, with this film, we wanted to tell the real story. But with only one company,one agency willing to help me -- and that's only because I knew John Bond and Richard Kirshenbaum for years -- I realized that I would have to go on my own, I'd have to cut out the middleman and go to the companies myself with all of my team. So what you suddenly started to realize -- or what I started to realize -- is that when you started having conversations with these companies, the idea of understanding your brand is a universal problem.

(Video) MS: I have friends who make great big, giant Hollywood films, and I have friends who make little independent films like I make. And the friends of mine who make big, giant Hollywood movies say the reason their films are so successful is because of the brand partners that they have. And then my friends who make small independent films say, "Well, how are we supposed to compete with these big, giant Hollywood movies?" And the movie is called "The Greatest Movie Ever Sold." So how specifically will we see Ban in the film? Any time I'm ready to go, any time I open up my medicine cabinet, you will see Ban deodorant. While anytime I do an interview with someone, I can say, "Are you fresh enough for this interview? Are you ready? You look a little nervous. I want to help you calm down. So maybe you should put some one before the interview." So we'll offer one of these fabulous scents. Whether it's a "Floral Fusion" or a "Paradise Winds," they'll have their chance. We will have them geared for both male or female -- solid, roll-on or stick, whatever it may be. That's the two-cent tour. So now I can answer any of your questions and give you the five-cent tour.

Karen Frank: We are a smaller brand. Much like you talked about being a smaller movie, we're very much a challenger brand. So we don't have the budgets that other brands have. So doing things like this -- you know, remind people about Ban -- is kind of why were interested in it.

MS: What are the words that you would use to describe Ban? Ban is blank.

KF: That's a great question.

(Laughter)

Woman: Superior technology.

MS: Technology's not the way you want to describe something somebody's putting in their armpit.

Man: We talk about bold, fresh. I think "fresh" is a great word that really spins this category into the positive, versus "fights odor and wetness." It keeps you fresh. How do we keep you fresher longer -- better freshness, more freshness,three times fresher. Things like that that are more of that positive benefit.

MS: And that's a multi-million dollar corporation. What about me? What about a regular guy? I need to go talk to the man on the street, the people who are like me, the regular Joes. They need to tell me about my brand.

(Video) MS: How would you guys describe your brand?

Man: Um, my brand? I don't know. I like really nice clothes.

Woman: 80's revival meets skater-punk, unless it's laundry day.

MS: All right, what is brand Gerry?

Gerry: Unique. (MS: Unique.)

Man: I guess what kind of genre, style I am would be like dark glamor. I like a lot of black colors, a lot of grays and stuff like that. But usually I have an accessory, like sunglasses, or I like crystal and things like that too.

Woman: If Dan were a brand, he might be a classic convertible Mercedes Benz.

Man 2: The brand that I am is, I would call it casual fly.

Woman 2: Part hippie, part yogi, part Brooklyn girl -- I don't know.

Man 3: I'm the pet guy. I sell pet toys all over the country, all over the world. So I guess that's my brand. In my warped little industry, that's my brand.

Man 4: My brand is FedEx because I deliver the goods.

Man 5: Failed writer-alcoholic brand. Is that something?

Lawyer: I'm a lawyer brand.

Tom: I'm Tom.

MS: Well we can't all be brand Tom, but I do often find myself at the intersection of dark glamor and casual fly.

(Laughter)

And what I realized is I needed an expert. I needed somebody who could get inside my head, somebody who could really help me understand what they call your "brand personality." And so I found a company called Olson Zaltman in Pittsburg. They've helped companies like Nestle, Febreze, Hallmark discover that brand personality. If they could do it for them, surely they could do it for me.

(Video) Abigail: You brought your pictures, right?

MS: I did. The very first picture is a picture of my family.

A: So tell me a little bit how it relates to your thoughts and feelings about who you are.

MS: These are the people who shape the way I look at the world.

A: Tell me about this world.

MS: This world? I think your world is the world that you live in -- like people who are around you, your friends, your family, the way you live your life, the job you do. All those things stemmed and started from one place, and for me they stemmed and started with my family in West Virginia.

A: What's the next one you want to talk about?

MS: The next one: This was the best day ever.

A: How does this relate to your thoughts and feelings about who you are?

MS: It's like, who do I want to be? I like things that are different. I like things that are weird. I like weird things.

A: Tell me about the "why" phase -- what does that do for us? What is the machete? What pupa stage are you in now? Why is it important to reboot? What does the red represent? Tell me a little bit about that part. ... A little more about you that is not who you are. What are some other metamorphoses that you've had? ... Doesn't have to be fear. What kind of roller coaster are you on?

MS: EEEEEE! (A: Thank you.) No, thank you.

A: Thanks for you patience. (MS: Great job.)

A: Yeah. (MS: Thanks a lot.) All right.

MS: Yeah, I don't know what's going to come of this. There was a whole lot of crazy going on in there.

Lindsay Zaltman: The first thing we saw was this idea that you had two distinct, but complementary sides to your brand personality -- the Morgan Spurlock brand is a mindful/play brand. Those are juxtaposed very nicely together. And I think there's almost a paradox with those. And I think some companies will just focus on one of their strengths or the other instead of focusing on both. Most companies tend to -- and it's human nature -- to avoid things that they're not sure of, avoid fear, those elements, and you really embrace those, and you actually turn them into positives for you, and it's a neat thing to see. What other brands are like that? The first on here is the classic, Apple. And you can see here too, Target, Wii, Mini from the Mini Coopers, and JetBlue. Now there's playful brands and mindful brands, those things that have come and gone, but a playful, mindful brand is a pretty powerful thing.

MS: A playful, mindful brand. What is your brand? If somebody asked you to describe your brand identity, your brand personality, what would you be? Are you an up attribute? Are you something that gets the blood flowing? Or are you more of a down attribute? Are you something that's a little more calm, reserved, conservative? Up attributes are things like being playful, being fresh like the Fresh Prince, contemporary, adventurous, edgy or daring like Errol Flynn, nimble or agile, profane, domineering, magical or mystical like Gandalf. Or are you more of a down attribute? Are you mindful, sophisticated like 007? Are you established, traditional, nurturing, protective, empathetic like the Oprah? Are you reliable, stable, familiar, safe, secure, sacred, contemplative or wise like the Dalai Lama or Yoda?

Over the course of this film, we had 500-plus companies who were up and down companies saying, "no," they didn't want any part of this project. They wanted nothing to do with this film, mainly because they would have no control, they would have no control over the final product. But we did get 17 brand partners who were willing to relinquish that control, who wanted to be in business with someone as mindful and as playful as myself and who ultimately empowered us to tell stories that normally we wouldn't be able to tell -- stories that an advertiser would normally never get behind.

They enabled us to tell the story about neuromarketing, as we got into telling the story in this film about how now they're using MRI's to target the desire centers of your brain for both commercials as well as movie marketing. We went to San Paulo where they have banned outdoor advertising. In the entire city for the past five years, there's no billboards, there's no posters, there's no fliers, nothing. (Applause) And we went to school districts where now companies are making their way into cash-strapped schools all across America. What's incredible for me is the projects that I've gotten the most feedback out of, or I've had the most success in, are ones where I've interacted with things directly.

And that's what these brands did. They cut out the middleman, they cut out their agencies and said, "Maybe these agencies don't have my best interest in mind. I'm going to deal directly with the artist. I'm going to work with him to create something different, something that's going to get people thinking, that's going to challenge the way we look at the world."

And how has that been for them? Has it been successful? Well, since the film premiered at the Sundance Film Festival, let's take a look. According to Burrelles, the movie premiered in January, and since then -- and this isn't even the whole thing -- we've had 900 million media impressions for this film. That's literally covering just like a two and a half-week period. That's only online -- no print, no TV. The film hasn't even been distributed yet. It's not even online. It's not even streaming. It's not even been out into other foreign countries yet. So ultimately, this film has already started to gain a lot of momentum. And not bad for a project that almost every ad agency we talked to advised their clients not to take part.

What I always believe is that if you take chances, if you take risks, that in those risks will come opportunity. I believe that when you push people away from that, you're pushing them more towards failure. I believe that when you train your employees to be risk averse, then you're preparing your whole company to be reward challenged. I feel like that what has to happen moving forward is we need to encourage people to take risks. We need to encourage people to not be afraid of opportunities that may scare them. Ultimately, moving forward, I think we have to embrace fear. We've got to put that bear in a cage. (Laughter) Embrace fear. Embrace risk. One big spoonful at a time, we have to embrace risk.

And ultimately, we have to embrace transparency. Today, more than ever, a little honesty is going to go a long way. And that being said, through honesty and transparency, my entire talk, "Embrace Transparency," has been brought to you by my good friends at EMC, who for $ 7,100 bought the naming rights on eBay. (Applause) EMC: Turning big data into big opportunity for organizations all over the world. EMC presents: "Embrace Transparency."

Thank you very much, guys.

(Applause)

June Cohen: So, Morgan, in the name of transparency, what exactly happened to that $ 7,100? MS: That is a fantastic question. I have in my pocket a check made out to the parent organization to the TED organization, the Sapling Foundation -- a check for $ 7,100 to be applied toward my attendance for next year's TED.

(Laughter)

(Applause)

I have spent the past few years/ putting myself/ into situations/ that are usually very difficult/ and at the same time somewhat/ dangerous.//

ここ数年の間 非常に困難なうえ いくらか危険な状況に 身をおいてきました

I went to prison --/ difficult.//

刑務所― 困難

I worked in a coal mine --/ dangerous.//

炭鉱労働― 危険

戦場での撮影― 困難かつ危険

And I spent 30 days/ eating nothing but this --/ fun/ in the beginning,/ little difficult/ in the middle,/ very dangerous/ in the end.//

そしてこればかり30日間食べたときは 最初は楽しかったのが 途中で困難に 最後には非常に危険となりました

In fact,/ most of my career,/ I've been immersing myself/ into seemingly horrible situations/ for the whole goal of trying to examine/ societal issues/ in a way/ that make them/ engaging,/ that make them interesting,/ that hopefully break them down/ in a way/ that make them entertaining and accessible/ to an audience.//

実際キャリアのほとんどを 見たところヒドイ状況に 自ら首を突っ込んできました これもすべて関心を引き 興味深く見せるやり方で 社会問題を考察するためです 分かりやすくして 観客が 手軽に受け入れ楽しめればと思っています

So/ when I knew/ I was coming here/ to do a TED Talk/ that was going to look/ at the world of branding and sponsorship,/ I knew/ I would want to do/ something/ a little different.//

そこでTEDでブランドや スポンサーシップについて話すとなったとき 少し違うことをしたいと思いました

So/ as some of you may/ or may not have heard,/ a couple weeks ago,/ I took out/ an ad/ on eBay.//

知っている人もいるかもしれませんが 数週間前にEbayで広告を出し

I sent out/ some Facebook messages,/ some Twitter messages,/ and I gave people/ the opportunity/ to buy the naming rights/ to my 2011 TED Talk.//

Facebookのメッセージを発信し Twitterでつぶやいて この2011年TEDトークの 命名権を競売にかけました

(Laughter)/ That's right,/ some lucky individual,/ corporation,/ for-profit or non-profit,/ was going to get/ the once-in-a-lifetime opportunity --/ because I'm sure/ Chris Anderson will never let it happen again --/ (Laughter) to buy the naming rights/ to the talk/ you're watching/ right now,/ that at the time didn't have a title,/ didn't really have a lot of content/ and didn't really give much hint/ as/ to/ what the subject matter would actually be.//

(笑) そうです 個人・企業・営利・非営利 幸運な誰かが 一生一度のチャンスを掴み― クリスが二度と許さないと思うので― (笑) 貴方が今観ているトークの 命名権を買うのです その時点では題名もなく 内容もほとんどなく 実際何について話すのか よく分からない状態のトークです

So/ what you were getting was this:/ Your name here presents:/ My TED Talk/ that you have no idea/ what the subject is and,/ depending/ on the content,/ could ultimately blow up/ in your face,/ especially/ if I make you/ or your company look stupid/ for doing it.//

つまり購入するのは (貴方の名前)提供: 主題が何か見当もつかず 内容によっては顔に泥を塗り 特に 賛同したことで恥をかくかもしれない僕のTEDトーク

But/ that being said,/ it's a very good media opportunity.//

とは言え 絶好の宣伝チャンス

(Laughter)/ You know how many people watch these TED Talks?//

(笑) 一体何人がTEDトークを見てると思います?

It's a lot.//

かなりの人です

That's just/ a working title,/ by the way.//

ちなみにこれはただの仮題名です

(Laughter) So even/ with that caveat,/ I knew/ that someone would buy the naming rights.//

(笑) だから懸念があっても 誰かが権利を 買うと分かっていました

Now/ if you'd have asked me/ that a year ago,/ I wouldn't have been able to tell you/ that with any certainty.//

1年前に同じ事を聞かれたら 自信がなかったでしょう

But in the new project/ that I'm working/ on,/ my new film,/ we examine the world of marketing,/ advertising.//

でも今取り組んでいる映画で マーケティングや広告業界を検証しています

And/ as I said earlier,/ I put myself/ in some pretty horrible situations/ over the years,/ but nothing could prepare me,/ nothing could ready me,/ for anything/ as difficult/ or as dangerous/ as going into the rooms/ with these guys.//

前に言ったように ここ数年 自分を悲惨な状況に置いてきていますが 今までの経験など この人たちとの困難で危険な 交渉には 全く役に立ちませんでした

(Laughter)/ You see,/ I had this idea/ for a movie.//

(笑)(広告・PR代理店などのロゴ) 僕には映画のアイデアがありました

(Video)/ Morgan Spurlock:/ What I want to do/ is make a film/ all/ about product placement,/ marketing and advertising,/ where the entire film is funded by product placement,/ marketing and advertising.//

(ビデオ)M・スパーロック:マーケティングと プロダクトプレイスメントと広告に関する映画を マーケティングとプロダクト・プレイスメントと 広告だけの資金で作りたいんです

So the movie will be called "The Greatest Movie Ever Sold."//

映画の題名は「The Greatest Movie Ever Sold」

So/ what happens in "The Greatest Movie Ever Sold,/"/ is that/ everything/ from top/ to bottom,/ from start to finish,/ is branded from beginning to end --/ from the above-the-title sponsor/ that you'll see in the movie,/ which is brand X.//

この「究極の映画企画」には 上から下まで 最初から最後まで ブランド名が入っていて 映画のアバンタイトルの提供も なんらかのブランドで

Now/ this brand,/ the Qualcomm Stadium,/ the Staples Center ...//

例えばクアルコム・スタジアムや ステイプルズ・センターのブランドは

these people will be married to the film/ in perpetuity --/ forever.//

ずっと永遠に映画に残るわけです

And so/ the film explores this whole idea --/ (Michael Kassan:/ It's redundant.//)/ It's/ what?// (MK:/ It's redundant.//)/ In perpetuity,/ forever?//

映画でこの概念の検討を― (M・カッサン:重複) は? (MK:重複) 「ずっと永遠に」が?

I'm a redundant person.// (MK:/ I'm just/ saying.//)/ That was more/ for emphasis.//

しつこい人間なんで (MK:言っただけ) あれは強調するつもりで

It was,/ "In perpetuity.// Forever."//

「ずっと残る 永遠に」でした

But not only are we/ going to have the brand X title sponsor,/ but we're going to make/ sure/ we sell out/ every category/ we can in the film.//

タイトルに提供をつけるだけでなく 映画に出てくるもの全て売ります

So maybe/ we sell a shoe/ and it becomes the greatest shoe/ you ever wore ...//

例えば靴に提供をつけて「究極の靴」にしたり

the greatest car/ you ever drove from "The Greatest Movie Ever Sold,/"/ the greatest drink/ you've ever had,/ courtesy of "The Greatest Movie Ever Sold."//

「究極の映画」に出てくる「究極の車」 「究極の映画」提供の「究極のドリンク」

Xavier Kochhar:/ So the idea is,/ beyond just/ showing/ that brands are a part of your life,/ but actually get them/ to finance the film?// (MS:/ Get them/ to finance the film.//)//

X・コーチャー:つまりブランドは 生活の一部だと伝えるだけでなく 映画自体も提供してると? (MS:映画も提供させます)

MS:/ And actually/ we show the whole process of how does it work.//

MS:実際にそのしくみも見せます

The goal of this whole film is transparency.//

この映画のテーマは透明性です

You're going to see/ the whole thing take place/ in this movie.//

全過程を映画の中で見るわけです

So/ that's the whole concept,/ the whole film,/ start to finish.//

それが最初から最後までの 映画全体の構想です

And I would love for CEG/ to help make it happen.//

是非CEGに実現して頂きたいです

Robert Friedman:/ You know/ it's funny,/ because/ when I first hear it,/ it is the ultimate respect/ for an audience.//

R・フリードマン:面白いのは ぱっと聞いた感じでは これは観客に対する 最高の敬意だってことだ

Guy:/ I don't know/ how receptive people are going to be to it,/ though.//

男:大衆が受け入れるかどうか 分かりませんがね

XK:/ Do/ you have a perspective --/ I don't want to use/ "angle"/ because that has a negative connotation --/ but do you know/ how this is going to play out?// (MS:/ No idea.//)//

XK:これに対する見解は― 「切り口」は聞こえが悪いが― 展開の見当はついてるの? (MS:全然)

David Cohn:/ How much money does it take to do this?//

D・コーン:いくらかかる?

MS:/ 1.5 million.// (DC:/ Okay.//)//

MS:150万ドル (DC:オッケー)

John Kamen:/ I think/ that you're going to have/ a hard time meeting/ with them,/ but I think/ it's certainly worth/ pursuing a couple big,/ really obvious brands.//

J・カメン:会ってもらうのが大変だが いくつか目立つブランドに あたってみる価値はあると思うね

XK:/ Who knows,/ maybe/ by the time/ your film comes out,/ we look like a bunch of blithering idiots.//

XK:映画が出る頃に 馬鹿を見るのはこちらかも

MS:/ What do you think the response is going to be?//

MS:どんな返答がもらえると思います?

Stuart Ruderfer:/ The responses mostly will be "no."//

S・ルダファー:大抵は「ダメ」だな

MS:/ But is it a tough sell/ because of the film or a tough sell/ because of me?//

MS:映画がマズいから? それとも僕だというのがマズい?

JK:/ Both.//

JK:両方

MS: ...// Meaning not so optimistic.//

MS:…楽観的でないということですか

So,/ sir,/ can you help me?// I need help.//

では支援いただけますか?

MK:/ I can help you.//

MK:支援できるよ

MS:/ Okay.// (MK:/ Good.//)/ Awesome.//

MS:オッケー (MK:よかった) 素晴らしい

MK:/ We've got ta figure/ out which brands.//

MK:どのブランドがいいか検討する

MS:/ Yeah.// (MK:/ That's the challenge.//)/ When you look at the people/ you deal with ..//

MS:ええ (MK:それが問題だな) 取引のある相手を見ると―

MK:/ We've got some places/ we can go.// (MS:/ Okay.//) Turn the camera off.//

MK:心当たりはいくつかある (MS:オッケー) カメラ止めて

MS:/ I thought "Turn the camera off"/ meant,/ "Let's have an off-the-record conversation."//

MS:「カメラ止めて」は 「オフレコの話を」という意味だと

Turns out/ it really means,/ "We want nothing/ to do with your movie."//

思ったのですが 実は 「君の映画には関わりたくないね」でした

MS:/ And just/ like that,/one/ by one,/ all of these companies suddenly disappeared.//

MS:こうして気付いたときには1つずつ これらの会社の全部が消えていました

None of them wanted anything/ to do with this movie.//

誰も関わりたくなかったのです

I was amazed.//

驚きでした

They wanted absolutely nothing/ to do with this project.//

全く参加したくなかったのです

And I was blown away,/ because I thought the whole concept,/ the idea of advertising,/ was to get your product out/ in front of as many people/ as possible,/ to get as many people to see it/ as possible.//

広告とはできる限り何度も 商品を出して多くの人に見てもらうことだと 思っていたのでびっくりでした

Especially/ in today's world,/ this intersection of new media and old media and the fractured media landscape,/ isn't the idea to get/ that new buzz-worthy delivery vehicle/ that's going to get/ that message/ to the masses?//

特に最近は 新旧メディアの分岐点にいて 媒体も雑然としています 大衆にメッセージを伝える 評判に値する新しい情報配信媒体は 願ってもないのでは?

No, that's/ what I thought.//

いや 僕はそう思ったんですが

But the problem was,/ you see,/ my idea had one fatal flaw,/ and/ that flaw was this.//

問題は 僕のアイデアには1つこのような 致命的欠陥があったということでした

Actually no,/ that was not the flaw whatsoever.//

いや これは全く欠陥でないです

That wouldn't have been a problem/ at all.//

これは全然問題じゃないです

This would have been fine.//

これはよかったんですが

But what this image represents/ was the problem.//

この画像が意味するものが問題でした

See,/ when you do a Google image search/ for transparency,/ this is --/ - (Laughter) (Applause)/ This is one of the first images/ that comes up.//

Googleで「透明性」の画像検索をすると これが― (笑) (拍手) 上の方に出てくるんです

So I/ like the way/ you roll,/ Sergey Brin.// No.//

やるじゃんサーゲイ・ブリン いやそうじゃなく

(Laughter)/ This is was the problem:/ transparency --/ free/ from pretense or deceit;/ easily detected or seen through;/ readily understood;/ characterized by visibility or accessibility of information,/ especially concerning/ business practices --/ that last line/ being probably the biggest problem.//

(笑) 問題はこれでした 透明性とは― 見せかけやごまかしがない 簡単に見抜いたり見通せる 容易に理解できる 特にビジネスの実践に関しては 情報の可視化や アクセスのしやすさに特徴がある この最後の文がたぶん一番の問題です

You see,/ we hear a lot/ about transparency/ these days.//

透明性については最近よく聞きます

Our politicians say it,/ our president says it,/ even our CEO's say it.//

政治家や大統領も言ってます CEO達さえ言っています

But suddenly/ when it comes down/ to becoming a reality,/ something suddenly changes.//

でも実践するとなると 何か突然変わります

But why?// Well,/ transparency is scary --/ (Roar)/ like that odd, still-screaming bear.//

なぜか?まず透明性は恐ろしく― (吠え声) この変な吠え叫ぶ熊の写真のよう

(Laughter)/ It's unpredictable --/ (Music) (Laughter)/ like this odd country road.//

(笑) 予想がつかず― (音楽) (笑) この変な田舎道のよう

And it's also very risky.//

そして非常にリスクが高い

(Laughter)/ What else is risky?//

(笑) 他にリスクが高いと言えば?

Eating an entire bowl of Cool Whip.//

容器に入った生クリームを全部食べること

(Laughter)/ That's very risky.//

(笑) これは非常にリスクが大きいです

Now/ when I started talking/ to companies/ and telling them/ that we wanted to tell/ this story,/ and they said,/ "No, we want you/ to tell a story.//

企業と交渉し始めて このストーリーを伝えたいと言ったとき 「ストーリーを伝えるのは

We want you/ to tell a story,/ but we just want to tell/ our story."//

もちろんいいんだが 伝えるのは こちら側のストーリーを」と言われました

See,/ when I was a kid/ and my father would catch me/ in some sort of a lie --/ and there/ he is giving me/ the look/ he often gave me --/ he would say,/ "Son,/ there's three sides/ to every story.//

僕が子供の頃 ウソが父にばれると― こういう目でよく僕を見ていたんですが― 父は「どんなストーリーにも3つの側面があるもんだ

There's your story,/ there's my story/ and there's the real story."//

お前の言い分 お父さんの言い分 そして真実だ」と言っていました

Now/ you see,/ with this film,/ we wanted to tell/ the real story.//

この映画では真実のストーリーを伝えたかったのです

But/ with only one company,/one agency willing to help me --/ and that's only/ because I knew John Bond and Richard Kirshenbaum/ for years --/ I realized/ that I would have to go/ on my own,/ I'd have to cut out/ the middleman/ and go to the companies/ myself/ with all of my team.//

でも1社だけの支援では― しかもジョンとリチャードとは長い付き合いがあるからというだけで― 自分でやるしかないと悟りました 中間業者なしで自分と 自分のスタッフで直接企業にあたるしかないと

So what you suddenly started to realize --/ or what I started to realize --/ is/ that/ when you started having/ conversations/ with these companies,/ the idea of understanding your brand is a universal problem.//

そこで突然見えてくるのは― 僕が何に気付いたかと言うと― これらの企業と話してみると 自分のブランドに対する理解は共通の問題なんです

(Video)/ MS:/ I have friends/ who make great big, giant Hollywood films,/ and I have friends/ who make little independent films/ like I make.//

(ビデオ)MS:ハリウッド映画を作る友人と 僕のように小さな自主映画を作る友人がいますが

And the friends of mine/ who make big, giant Hollywood movies say the reason/ their films are so successful is because of the brand partners/ that they have.//

ハリウッド映画を作る友人は 映画が成功するのは ブランド提携者のおかげと言います

And then/ my friends/ who make/ small independent films say,/ "Well,/ how are we supposed to compete/ with these big, giant Hollywood movies?"//

小さい自主映画を制作する友人は 「どうやってハリウッドの大作と 競争しろって?」と言います

And the movie is called "The Greatest Movie Ever Sold."//

そしてこの映画の題は 「The Greatest Movie Ever Sold」です

So/ how specifically will we see Ban/ in the film?//

ではBanが具体的にどう映画に登場するのか?

Any time/ I'm ready/ to go,/ any time/ I open up/ my medicine cabinet,/ you will see Ban deodorant.//

僕が出かける前や薬棚を開けるたびに Banのデオドラントが出てきます

While anytime/ I do an interview/ with someone,/ I can say,/ "Are you fresh enough/ for this interview?//

誰かとインタビューするたびに僕は 「インタビューを前にしてさっぱりしてる?

Are you ready?// You look a little nervous.//

準備できた?緊張してる?

I want to help/ you calm down.//

落ち着くには インタビュー前に

So maybe/ you should put some one/ before the interview."//

これをつけるといいよ」と言い

So/ we'll offer one of these fabulous scents.//

素敵な香りを1つ勧めるわけです

Whether it's a "Floral Fusion"/ or a "Paradise Winds,/"/ they'll have their chance.//

「フローラルブーケ」でも 「パラダイスの風」でも

We will have them/ geared for both male or female --/ solid, roll-on or stick,/ whatever it may be.//

男性用も女性用も 固形やロールオン式 スティック型でも

That's the two-cent tour.//

これが概要です

So now/ I can answer any of your questions/ and give you/ the five-cent tour.//

では質問があればお答えして もう少し詳しく話しますが

Karen Frank:/ We are a smaller brand.//

K・フランク:私たちのブランドは大きくなく

Much/ like you talked about being a smaller movie,/ we're very much/ a challenger brand.//

お話にあった小さい映画と同じです 私たちはチャレンジャーです

So we don't have the budgets/ that other brands have.//

競合他社のような予算はありません

So doing things/ like this --/ you know,/ remind people/ about Ban --/ is kind of why were interested/ in it.//

このようなやり方で Banを印象づけることに 関心があるのはそのためです-

MS:/ What are the words/ that you would use to describe Ban?//

MS:Banを表す言葉は何ですか?

Ban is blank.//

「Banは~である」

KF:/ That's a great question.//

KF:いい質問ですね

(笑)

女性:優れた技術

MS:/ Technology's not the way/ you want to describe/ something somebody's putting in/ their armpit.//

MS:脇の下につけるものに 「技術」はないでしょう

Man:/ We talk about bold, fresh.//

男性:「しっかり爽やか」です

I think "fresh"/ is a great word/ that really spins this category/ into the positive,/ versus "fights odor and wetness."//

「爽やか」は「臭いや汗を抑える」とは違って この手の商品を魅力的に見せます

It keeps you fresh.//

いつも爽やか

How do we keep you fresher longer --/ better freshness,/ more freshness,/three times fresher.//

長時間爽やか 素晴らしい爽やかさ もっと爽やかに 3倍爽やか

Things/ like that/ that are more of that positive benefit.//

このような前向きな面をもっと出す感じです

MS:/ And that's a multi-million dollar corporation.//

MS:これが数百万ドルの企業です

What about me?// What about a regular guy?//

でも自分は?普通の人は?

I need to go/ talk/ to the man/ on the street,/ the people/ who are like me,/ the regular Joes.//

僕のような普通の 一般人に尋ねて

They need to tell/ me/ about my brand.//

自分のブランドについて学ばなくては

(Video)/ MS:/ How would you/ guys describe your brand?//

(ビデオ)MS:自分のブランドをどう説明する?

Man:/ Um,/ my brand?//

男性:うーん 自分のブランド?

I don't know.//

分からないなあ

I like really nice clothes.//

仕立てのいい服が好きだけど

Woman:/ 80's revival meets skater-punk,/ unless it's laundry day.//

女性:80年代スタイルに スケボーパンクを足したもの 洗濯の日はダメだけど

MS:/ All right,/ what is brand Gerry?//

MS:ジェリーのブランドは何?

Gerry:/ Unique.// (MS:/ Unique.//)//

ジェリー:個性的 (MS:個性的)

Man:/ I guess/ what kind of genre,/ style/ I am would be like dark glamor.//

男性:スタイルのジャンルで言ったら 「陰の魅惑」って感じ

I like a lot of black colors,/ a lot of grays and stuff/ like/ that.//

たくさんの黒に たくさんのグレー そんな感じが好き

But usually/ I have an accessory,/ like sunglasses,/ or I like crystal and things/ like that too.//

でもアクセサリーも着けるけど サングラスとか クリスタルとかも好きだし

Woman:/ If Dan were a brand,/ he might be a classic convertible Mercedes Benz.//

女性:ダンがブランドだとしたら クラシックなベンツの オープンカーかしら

Man 2:/ The brand/ that I am is,/ I would call it/ casual fly.//

男性2:僕のブランドは 「粋なカジュアル」と言う感じかな

Woman 2:/ Part hippie,/ part yogi,/ part Brooklyn girl --/ I don't know.//

女性2:ヒッピーとヨガが混じった ブルックリンギャル―分かんない

Man 3:/ I'm the pet guy.//

男性3:ペット業者

I sell pet toys all/ over the country,/ all/ over the world.//

世界中でペットのおもちゃを売ってる

So I guess/ that's my brand.//

だからこれが僕のブランドかな

In my warped little industry,/ that's my brand.//

僕の偏った小さな業界での僕のブランド

Man 4:/ My brand is FedEx/ because I deliver the goods.//

男性4:FedExが俺のブランド 期待を裏切らない

Man 5:/ Failed writer-alcoholic brand.//

男性5:アル中の駄目作家

Is/ that something?//

すごいだろ?

Lawyer:/ I'm a lawyer brand.//

弁護士:私のブランドは弁護士

Tom:/ I'm Tom.//

トム:俺 トム

MS:/ Well/ we can't all be brand Tom,/ but I do often find myself/ at the intersection of dark glamor and casual fly.//

MS:トムのブランドにはなれませんが 僕は 「陰の魅惑」と「粋なカジュアル」の中間が多いです

(笑)

And what I realized/ is I needed an expert.//

そして専門家が必要と分かりました

I needed somebody/ who could get inside my head,/ somebody/ who could really help me/ understand/ what they call your "brand personality."//

僕のことを理解して 僕が自分の「ブランドの人格」を 理解する手助けをしてくれる人です

And so I found/ a company called Olson Zaltman/ in Pittsburg.//

ピッツバーグのOlson Zaltman社に行きました

They've helped companies/ like Nestle,/ Febreze,/ Hallmark discover/ that brand personality.//

ネスレやファブリーズやホールマークなどの企業の ブランド人格を定義してきています

If they could do it/ for them,/ surely/ they could do it/ for me.//

これらの企業を助けられるなら僕のことも大丈夫なはず

(Video)/ Abigail:/ You brought your pictures,/ right?//

(ビデオ)アビゲール:写真ありますよね?

MS:/ I did.// The very first picture is a picture of my family.//

MS:持ってきました 最初のは 僕の家族の写真です

A:/ So tell me/ a little bit/ how it relates to your thoughts and feelings/ about who you are.//

A:自分に対する考えや感情にどう関係していますか?

MS:/ These are the people/ who shape the way/ I look at the world.//

MS:僕の世界観に影響を与えました

A:/ Tell me/ about this world.//

A:その「世界」とは?

MS:/ This world?// I think/ your world is the world/ that you live in --/ like people/ who are around you,/ your friends,/ your family,/ the way/ you live your life,/ the job/ you do.//

MS:この世界?自分が住んでる世界で 周囲の人や友達や家族がいて 生き方とかやってる仕事

All those things stemmed/ and started from one place,/ and for me/ they stemmed and started with my family/ in West Virginia.//

それら全てが1つの場所からきてる 僕の場合はウエスト・バージニアの家族からきてる

A:/ What's the next one/ you want to talk/ about?//

A:次に話したいことは何ですか?

MS:/ The next one:/ This was the best day ever.//

MS:次は「最高だった日」

A:/ How does this relate/ to your thoughts and feelings/ about who you are?//

A:自分に対する考えや感情への関連は?

MS:/ It's like,/ who do I want to be?//

MS:なりたい自分と言う感じ

I like things/ that are different.//

変わったものが好きなんです

I like things/ that are weird.// I like weird things.//

変なもの 奇妙なものが好きです

A:/ Tell me/ about the "why"/ phase --/ what does/ that do for us?//

A:その「なぜ」の段階の説明を―意義は?

What is the machete?// What pupa stage are you in now?//

その「なた」とは?今はどの段階?

Why is it important to reboot?// What does the red represent?//

やり直しが重要な理由は?赤が象徴するのは何?

Tell/ me/ a little bit/ about that part.//

その部分について話してみて

...// A little more/ about you/ that is not/ who you are.//

…自分のこうでないという点は?

What are some other metamorphoses/ that you've had?//

その他あった自身の変化は?

...// Doesn't have to be fear.// What kind of roller coaster are you on?//

…恐怖に限らず 直面している変化は?

MS:/ EEEEEE!// (A:/ Thank you.//)/ No, thank you.//

MS:わあああ!(A:ありがとう) こちらこそ

A:/ Thanks/ for you/ patience.// (MS:/ Great/ job.//)//

A:最後までどうも (MS:お疲れ様)

A:/ Yeah.// (MS:/ Thanks a lot.//)/ All right.//

A:はい (MS:ありがとう) では

MS:/ Yeah,/ I don't know/ what's going to come/ of this.//

MS:一体どんな結果が出るのか

There was a whole lot of crazy/ going on/ in there.//

わけの分からんことだらけでした

Lindsay Zaltman:/ The first thing/ we saw/ was this idea/ that you had two distinct,/ but complementary sides/ to your brand personality --/ the Morgan Spurlock brand is a mindful/play brand.//

L・ザルトマン:まず気付いたのは 2つの別々ながらも補完的な面が あなたのブランド人格にはあるということでした モーガン・スパーロックのブランドは「思慮と遊び心」

Those are juxtaposed very nicely together.//

2つが非常にうまく同居しています

And I think/ there's almost a paradox/ with those.//

矛盾に近いものがあります

And I think/ some companies will just focus on one of their strengths/ or the other/ instead of focusing on both.//

企業によっては 両方の強みを活かそうとしないで 片方だけに専念すると思います

Most companies tend to --/ and it's human nature --/ to avoid things/ that they're not sure of,/ avoid fear,/ those elements,/ and you really embrace those,/ and you actually turn them/ into positives/ for you,/ and it's a neat thing/ to see.//

ほとんどの企業は―人間は本質的にそうなのですが 自信がないものを避け 恐怖なども避けようとします でもあなたはしっかり受け入れている 実際にそれらを前向きな力にしていて興味深いです

What other brands are like that?//

他のブランドで似ているのは?

The first/ on here is the classic,/ Apple.//

まず定評のApple

And you can see here too,/ Target,/ Wii,/ Mini/ from the Mini Coopers,/ and JetBlue.//

TargetとWiiもそう そしてミニクーパーのMiniとJetBlue

Now/ there's playful brands and mindful brands,/ those things/ that have come and gone,/ but a playful, mindful brand is a pretty powerful thing.//

遊び心のあるブランドや思慮深いブランドは ありますが長続きしません でも遊び心が溢れ思慮深いブランドは強いのです

MS:/ A playful, mindful brand.// What is your brand?//

MS:遊び心と思慮のブランド あなたは?

If somebody asked you/ to describe your brand identity,/ your brand personality,/ what would you be?//

誰かに自分のブランド人格を述べてと言われたら あなたのブランドはどうですか?

Are you an up/ attribute?// Are you something/ that gets the blood flowing?//

外向的な人?ワクワクさせる人ですか?

Or are you more of a down attribute?//

それとも内向的な人?

Are you/ something/ that's a little more calm,/ reserved,/ conservative?//

どちらかと言うと冷静で控えめで保守的?

Up attributes are things/ like being playful,/ being fresh/ like the Fresh Prince,/ contemporary, adventurous, edgy/ or daring like Errol Flynn,/ nimble or agile,/ profane,/ domineering,/ magical or mystical/ like Gandalf.//

外向的な人は遊び心いっぱいで フレッシュ・プリンスのように勝手気まま 近代的で冒険好き 斬新でエロール・フリンのように大胆 器用 機敏 世俗的 高圧的 ガンダルフように不思議で超常的

Or are you more of a down attribute?//

それともあなたは内向的な人?

Are you mindful,/ sophisticated/ like 007?//

思慮深く007のように洗練されてる?

Are you established,/ traditional, nurturing, protective, empathetic/ like the Oprah?//

実績があって慣習的 母性的で保護的 オプラのように親身になれる人?

Are you/ reliable, stable, familiar, safe, secure, sacred, contemplative or wise/ like the Dalai Lama or Yoda?//

信頼があり 動じない親しみのある人 無難で確実で献身的 ダライラマやヨーダのように 熟考的で賢明?

Over the course of this film,/ we had 500-plus companies/ who were up and down/ companies/ saying,/ "no,/"/ they didn't want any part of this project.//

この映画の制作過程で 外向的かつ内向的である 500以上の企業が 「ダメ」と言い 参加を拒みました

They wanted nothing/ to do with this film,/ mainly/ because they would have no control,/ they would have no control/ over the final product.//

主な理由はコントロールできず最終的に 映画がどうなるか分からないからでした

But we did get 17 brand partners/ who were willing/ to relinquish that control,/ who wanted to be in business/ with someone/ as mindful/ and as playful/ as myself/ and who ultimately empowered us/ to tell stories/ that normally/ we wouldn't be able to tell --/ stories/ that an advertiser would normally never get behind.//

でも17社が賛同しました コントロールを譲って 僕のような思慮と遊び心のある人間と 仕事したいと言ってくれたのです そして最終的には普通は 公開できないストーリーを見せる支援をしてくれました 普通なら広告会社が決して許さないストーリーです

They enabled us/ to tell the story/ about neuromarketing,/ as we got into telling the story/ in this film/ about how now/ they're using/ MRI's to target the desire centers of your brain/ for both commercials/ as well as/ movie marketing.//

おかげで映画のストーリーを見せる中で ニューロマーケティングという MRIを使って脳の欲望中枢に働きかける コマーシャルや映画宣伝が 最近はあることを見せることができました

We went to San Paulo/ where they have banned outdoor advertising.//

野外広告を禁止してしまったサンパウロにも行きました

In the entire city/ for the past five years,/ there's no billboards,/ there's no posters,/ there's no fliers,/ nothing.//

5年前から街中どこにも ビルボード ポスター 広告が一切ありません

(Applause)/ And we went to school districts/ where now/ companies are making their way/ into cash-strapped schools/ all across America.//

(拍手) 学区にも行きました アメリカ中の財政難の学校に 企業たちは進出しています

What's incredible/ for me is the projects/ that I've gotten the most feedback/ out of,/ or I've had the most success in,/ are ones/ where I've interacted with things directly.//

驚くのは今までのプロジェクトで反響が多かったり 成功したものは 自分が直接 やり取りしたものだったことですが

And that's/ what these brands did.//

これらのブランドがしたのもそうです

They cut out/ the middleman,/ they cut out/ their agencies/ and said,/ "Maybe/ these agencies don't have my best interest/ in mind.//

自分たちの利益を 最優先にしていないかもと考え 中間業者や代理店と手を切りました

I'm going to deal directly/ with the artist.//

アーティストと直接一緒に

I'm going to work/ with him/ to create something different,/ something/ that's going to get/ people/ thinking,/ that's going to challenge/ the way/ we look at the world."//

何か今までと違う 人に考えさせ 世の中の見方に疑問を 投げかけるものを作ろうとしました

And how has that been for them?// Has/ it been successful?//

その結果は?この時点ではどうか?

Well,/ since the film premiered at the Sundance Film Festival,/ let's take a look.//

サンダンス映画祭での公開後どうか見てみましょう

According/ to Burrelles,/ the movie premiered in January,/ and since then --/ and this isn't even/ the whole thing --/ we've had 900 million media impressions/ for this film.//

Burrellesによると1月に封切して以来― この数字は全て含んでいませんが― この映画の媒体インプレッション数は90億でした

That's literally covering/ just/ like a two and a half-week period.//

たったの2週間半の間でです

That's only/ online --/ no print,/ no TV.//

ネットだけで印刷物やテレビはなし

The film hasn't even been distributed yet.//

まだ映画は配給さえされていません

It's not even online.// It's not even streaming.//

ネットでもストリームしていません

It's not even been out/ into other foreign countries yet.//

海外にもリリースされていません

So ultimately,/ this film has already started to gain/ a lot of momentum.//

結果としては この映画はすでに評判を集めてきているわけです

And not bad/ for a project/ that almost every ad agency/ we talked to advised/ their clients not to take part.//

交渉した広告会社のほとんどがクライアントに 参加を見送るよう勧めたのにです

What I always believe/ is/ that if you take chances,/ if you take risks,/ that in those risks will come opportunity.//

僕がいつも思っているのは リスクを負ってチャンスを活かすと そこから好機が到来するということです

I believe/ that/ when you push people away/ from that,/ you're pushing/ them more/ towards failure.//

人をリスクから引き離すのは 失敗に近づけることだと思います

I believe/ that/ when you train your employees/ to be risk averse,/ then/ you're preparing/ your whole company/ to be reward challenged.//

リスクを回避する社員教育をするのは 会社全体を働きがいのない 場所にしてしまうことだと思います

I feel like that/ what has to happen moving/ forward is we need to encourage/ people/ to take risks.//

これからはリスクを冒せるよう 人々を勇気づけていく必要があると思います

We need to encourage/ people/ to not be afraid of opportunities/ that may scare them.//

危険そうな条件でも 恐れないよう応援すべきです

Ultimately,/ moving forward,/ I think/ we have to embrace/ fear.//

結局これからは 恐れを 受け入れなくてはならないのです

We've got to put/ that bear/ in a cage.//

あの熊を檻に入れるんです

(笑) 恐れを受け入れる リスクを受け入れる

One big spoonful/ at a time,/ we have to embrace/ risk.//

少しずつリスクを取り入れていかなくてはダメです

And ultimately,/ we have to embrace/ transparency.//

そして最終的には透明性にも取り組まなくてはなりません

Today,/ more than ever,/ a little honesty is going to go/ a long way.//

これまでにも増して 少しの誠実さが 大きな効果をもたらす時代です

And/ that being said,/ through honesty and transparency,/ my entire talk,/ "Embrace Transparency,/"/ has been brought to you/ by my good friends/ at EMC,/ who for $ 7,100 bought the naming rights/ on eBay.//

というわけで 誠実さと透明性にのっとって 僕のトーク「透明性を受け入れる」は Ebayで命名権に 7,100ドル支払ってくれた 素晴らしいEMCの皆さんの提供で お届けいたしました

(Applause)/ EMC:/ Turning big data/ into big opportunity/ for organizations all/ over the world.//

(拍手) EMC:世界中の組織の 大量な情報を 大きなチャンスに転換

EMC presents:/ "Embrace Transparency."//

EMC提供:「透明性を受け入れる」

Thank you very much,/ guys.//

みなさんありがとう

(拍手)

June Cohen:/ So,/ Morgan,/ in the name of transparency,/ what exactly happened to that $ 7,100?//

J・コーヘン:モーガン それで 透明性ってことで聞くけど あの7,100ドルはどうなったの?

MS:/ That is a fantastic question.//

MS:素晴らしい質問です

I have in my pocket/ a check made out to the parent organization/ to the TED organization,/ the Sapling Foundation --/ a check/ for $ 7,100 to be applied toward my attendance/ for next year's TED.//

ポケットに小切手を入れて来ました TEDの母体である Sapling Foundation宛てに書いた 7,100ドルの小切手です 僕の来年のTED参加費に充ててください

(笑)

(拍手)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

somewhat

『幾分か』,少し

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

coal

〈U〉(物質としての)『石炭』;〈C〉(1個の)『石炭』;《複数形で》(燃料用に砕いた)石炭の小塊

〈C〉燃えている燃料;燃えさし

〈船・機関車など〉‘に'石炭を供給する(積み込む)

〈船などが〉石炭を補給する

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

immerse

(水・液体に)…‘を'浸す,沈める・(仕事などに)〈自分〉‘を'没頭させる《+one『self』+『in』+『名』(do『ing』)》

seemingly

うわべは,表面は(apparently)

一見したところ,なるほど

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

entertaining

愉快な,おもしろい,楽しい(amusing)

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

sponsorship

保証人であること;発起;(商業放送の)スポンサーであること

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

ad

《話》広告(advertisementの略)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

opportunity

『機会』,好機

laughter

『笑い』,笑い声

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

hint

『暗示』,ほのめかし

《しばしば複数形で》(…に)役に立つ情報,(…に対する)心得,(…の)手がかり《+『for』(『on』,『to』)+『名』(do『ing』)》

(…の)微量,わずか《+『of』+『名』》

…‘を'『ほのめかす』

(…を)ほのめかす《+『at』+『名』》

subject matter

(演説・書物・芸術などの)主題

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

ultimately

最後に,ついに

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

especially

『特に』,特別に;きわだって

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

caveat

(取引き上の)警告,予告

(裁判で)手続停止要請書

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

certainty

〈U〉確実性,必然性;確信

〈C〉確実なもの(こと),確かな見込み

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

placement

置くこと,配置

職業紹介

(アメリカンフットボールで)プレーキックのためボールを地に置くこと

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

sold

sellの過去・過去分詞

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

stadium

『競技場』,スタジアム,球場

staple

つぼくぎ(電線などを固定する『U』字形のくぎ)

(書類・製本用の)留め金,ホッチキスの針

…‘を'つぼくぎで止める;…‘を'留め金でとじる

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

perpetuity

〈U〉永続,永続性,不滅であること

〈C〉終身年金

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

redundant

余計な; 冗長な, くどい; 豊富な; 〔英〕 解雇された, (労働力が)余剰な・余分な表現が多い・(物などが)余分な,必要以上の

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

emphasis

(…に対する)『強調』,重要視《+『on』(『upon』)+『名』》

(音節・語・句などに置く)強勢,強調

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

courtesy

〈U〉『礼儀』,丁重,丁寧さ

〈C〉丁重な行い(言城),親切な行い(言葉)

Xavier

ザビエル(St. Francisco Xavier;1506‐52:スペイン人の宣教師で,1549年に初めて日本にキリスト教を伝えた)

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

receptive

(人・精神などが)よく受け入れる,受容性のある;(…を)よく受け入れる《+『to』(『of』)+『名』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

connotation

言外の意味

(論理学で)内包

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

okay

=OK,O.K.

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

Stuart

(また Stewart)英国の王室の名

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

ta

ありがと

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

yeah

=yes

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

off-the-record

公表されない,記録にとどめない

公表(記録)されず

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

suddenly

『突然に』,だしぬけに

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

amazed

びっくりぎょうてんした,驚きあきれた

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

fatal

『運命の』,宿命的な,避けられない(inevitable)

『致命的な』,命にかかわる

flaw

(ガラス・陶器などの)割れ目,ひび,傷

(…の)欠点,欠陥《+『in』+『名』》

…‘に'傷をつける

傷ができる

whatsoever

whatever の強調形

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

applause

『拍手かっさい』;称賛

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

deceit

『欺くこと』,『偽り』,たくらみ,策略,ぺてん

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

readily

『快く』,『進んで』(willingly)

『容易に』,やすやすと(easily)

visibility

〈U〉目に見えること

〈U〉〈C〉可視度,視界

accessibility

近づきやすいこと,手に入りやすいこと

影響されやすいこと

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

days

たいてい昼間は

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

CEO

chief executive officer

行政長官 ・最高経営責任者、企業のトップに位置する人、最高執行官、会長、代表執行役

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

roar

〈猛獣などが〉『ほえる』,うなる;〈人が〉『わめく』,どなる

〈人が〉大笑いする

〈雷・大砲・波・風などが〉とどろく,鳴り響く,ゴーゴーいう

〈機械・乗物などが〉ごう音をたてる,ごう音をたてて動く

…‘を'どなって言う,どなるように歌う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(猛獣などの)『ほえ声』,うなり声;(人の)『わめき声』,怒号;大笑い《+『of』+『名』》

(雷・大砲・風・機械などの)『とどろき』,うなり,ゴーゴーいう音《+『of』+『名』》

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

unpredictable

予言できない,予知不可能な

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

risky

危険な,危ない

=risque

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

bowl

『どんぶり,はち;わん』,茶わん,ボール

どんぶり(はち)1杯の量

(…の)丸くくぼんだ部分《+『of』+『名』》

《米》(はち形の)円形競技場(stadium)

whip

『むち』;《比喩的に》訓練のむち

(キツネ狩りの)猟犬係

(政党所属議員の出席を督励する)院内乾事

ホイップ(泡立てた卵の白身かクリームで作るデザート)

〈人・動物〉‘を'『むちで打つ』,‘に'むちを当てる

(人・動物に)…‘を'むち打って教え込む《+名+into+名》;(…から)〈悪癖など〉‘を'むちでやめさせる《+名+out of+名》

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『ぱっと動かす』

〈布の縁〉‘を'かがる;〈棒・ロープの端〉‘に'糸(ひも)を巻きつける,‘を'端止めする

(むちで打つように)…‘を'ピシッとたたく,たたきつける

〈卵・クリームなど〉‘を'かき回して泡立てる

《話》(競技などで)…‘を'打ち負かす

〈川・湖など〉‘で'投げ釣りをする

〈こま〉‘を'ひもを打ちつけて回す

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈人が〉急に動く(行く,来る,通る)

〈旗などが〉はためく

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈風・雨が〉激しく打つ,しの突くようにたたきつける

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

middleman

仲買人

中にたつ人,仲介者

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

Hollywood

ハリウッド(カリフォルニア州ロサンゼルス市考外にある映画産業の中心地)

米国映画界

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

cabinet

『キャビネット』(引出し・たな・仕切などのある箱・戸だな)

《しばしばCabinet》《集合的に》《単数・複数扱い》『内閣』,(内閣の)閣僚連

《英》閣議

《古》小さい個室

deodorant

脱臭剤,臭気止め

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

anytime

いつでも(at any time)

きまって,常に

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

scent

〈U〉〈C〉『におい』(smell),かおり,香気

〈C〉《単数形で》(動物・人が残す)『臭跡』

〈C〉《単数形で》(人・物を見つけ出す)経路,方法,手がかり

〈U〉《しばしばA~》嗅覚

〈U〉《おもに英》香水

〈猟犬などが〉…‘を'かぎつける《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈人が〉…‘を'かぎつける,感づく;〈…だ〉‘と'感づく《+『that節』》

《通例受動態で》…‘に'香水をつける;(香水などで)…‘を'におわせる,よいかおりにする《+『with』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

floral

花の,花のような,花から成る

fusion

〈U〉(金属などが)溶けること,融解,融合《+『of』+『名』》

〈C〉融合物

〈C〉(政党・党派などの)連合,合同;(民族などの)融合《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉核融合(nuclear fusion)

paradise

〈C〉〈U〉《通例P-》『天国』,極楽(heaven)

〈C〉《話》(一般に)楽園,もってこいの場所;〈U〉この上ない幸福,至福

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

roll-on

ロールオン(婦人の下着の一種)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

challenger

挑戦者

だれかと呼び掛ける人

異議を申し立てる人

(陪審員団の)忌避者

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

Superior

スペリオル湖(lake~;北米五大湖中で最北最大のもの)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

armpit

わきの下《形容詞的に》『armpit hair』

わき毛

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

fresher

=freshman

freshness

新しさ,新鮮;すがすがしさ;鮮明;生き生きしていること

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

clothes

『衣服』,着物

(シーツ・毛布など)寝具,夜具(bedclothes)

revival

〈U〉〈C〉(生命・意識・元気などの)『回復』;(…を)生き返らせること《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(習慣・流行などの)『復活』,よみがえり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)再上演,再上映《+『of』+『名』》

〈U〉信仰復興;〈C〉信仰復興伝道集会

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

laundry

《集合的に》『洗濯』[『物』]

〈C〉『クリーニング屋』

『洗濯室』(laundry room)《形容詞的に》

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

genre

(芸術・文学作品における)形式,種類,様式,ジャンル

風俗画

日常生活を描いた;風俗画の

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

accessory

=accessory

crystal

〈U〉『水晶』

〈C〉『水晶製品』,水晶玉

〈U〉クリスタルグラス(透明度の高い鉛ガラス);《集合的に》クリスタルグラス製食器類(特にコップ類)

〈C〉『結晶[体]』

〈C〉《米》(時計の)ガラスぶた

『水晶[製]の』;クリスタルグラス製の;透き通った

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

convertible

(用途・形・状態などが)変えられる,転換できる

等価交換できる

改宗させられる

(車などが)折りたたみ式ほろ屋好がついた

コンバーチブル型の車(船)

casual

『むぞうさな』,さりげない(offhand)

『偶然の』,思いがけない

ふだん着の,くだけた

むとんじゃくな,無関心な

臨時雇労働者

ふだん着

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

hippie

(また『hippy』)ヒッピー族の人(既成の文化・社会に無関心で,特異な服装をした若者たち)

yogi

ヨガの行者

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

warp

〈平らなもの・まっすぐなもの〉‘を'そらせる,ゆがめる,たゆませる

〈心・判断・意味など〉‘を'曲げる,ゆがませる

〈船〉‘を'引き綱で引く

ゆがむ,ひずむ

〈C〉そり,ゆがみ;心のねじれ

〈U〉(織物の)縦糸

〈C〉(船を引く)ロープ,引き綱

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

goods

(不動産以外の)財産,(金・証券以外の)動産

『商品』,品物

《米》反物,織物

《英》(鉄道で運ばれる)貨物

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

lawyer

『弁護士』;法律学者

tom

(動物の)雄;(特に)雄猫

ca

circa

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

nestle

《場所を表す副詞[句]を伴って》ここちよく(ぴったりと)落ち着く

(…に)…‘を'ここちよく落ち着かせる《+『名』+『in(into)』+『名』》

(…に)…‘を'すり寄せる《+『名』+『on(against)』+『名』》

hallmark

(金・銀の純度を証明する)極印(ごくいん);(一般に)品質証明印

(…の)品質を証明するもの,特徴となるもの《+『of』+『名』》

…‘に'極印を押す,折り紙をつける;…‘の'品質を証明する

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

West Virginia

ウェストバージニア州(米国東部の州;州都は Charleston;《略》W.Va.,WV)

good day

『こんにちは』(昼間の改まったあいさつ)

《古》さようなら

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

machete

なた(中南米で砂糖キビを切ったり,また武器として用いる)

pupa

さなぎ

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

metamorphosis

(昆虫の)変態

(外形・性質・状態上の)完全な変化,大変貎,変身

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

roller coaster

ローラーコースター

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

first thing

まず最初に,朝一番に

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

complementary

補足的な,補充する

juxtapose

…‘を'並べて置く,並列する

nicely

見事に,気持ちよく;うまく

精密に

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

instead

『その代りとして』,それよりも

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

apple

『リンゴ』;リンゴの木

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

mini

ミニスカート

ミニカー

(一般に)小型の物

cooper

cooperative

playful

(人・動物が)遊び好きな,ふざけたがる

(言葉・態度が)冗談の,ふざけた

mindful

心にとめて忘れない,注意する

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

flowing

流れる

流ちょうな

ゆるやにかに垂れた

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

prince

『王子』,親王;王家(皇族)の男子

(英国以外の)公爵,…公(《英》duke)

(封建時代の)諸侯,大名

(小国の)王,君主

《文》(…の)王者,大家,第一人者《+『of』(『among』)+『名』》

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

adventurous

冒険好きな,大胆な

冒険的な,危険な

edgy

(…で)(人が)いらいらした《+『with』(『about』)+『名』》

しきりに(…)したがって《+『to』 do》

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

nimble

(人・動作などが)すばやい,軽い,敏しょうな・理解が早い,分かりが早い・鋭敏な

agile

(動作が)機敏な,すばやい

(頭脳の働きが)明敏な,回転の速い

profane

《文》世俗の,俗界の

神聖を汚す,不敬な

〈神聖なもの〉‘を'冒涜(ぼうとく)する

…‘を'乱用する,悪用する

domineering

いばりちらす,おうへいな,横暴な,圧制的な

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

mystical

秘法の,秘儀の

神秘的な,不可解な

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

protective

保護の,保護する;(…を)保護する《+『toward』+『名』》

reliable

『信頼できる』,あてになる,確実な

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

contemplative

黙想にふける,瞑想的な;(…を)じっと見つめている(考えている)《+『of』+『名』》

wise

(人・行為などが)『賢い』,賢明な,思慮分別のある

『博識な』,学識豊かな;事情に詳しい,物事が分かっている

《俗》生意気な

…‘を'気づかせる,…‘に'教える《+up+『名』,+『名』+up》

(…に)気づく,(…を)知る《+up to+『名』》

lama

(チベット・モンゴルのラマ教の)ラマ僧

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

relinquish

〈習慣・信仰・権利など〉‘を'捨てる,やめる

(…に)〈財産・権利など〉‘を'譲る《+『名』+『to』+『名』》

〈握っている物〉‘を'放す,ゆるめる

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

advertiser

広告者,広告主

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

outdoor

『戸外の』,野外の

billboard

《米》掲示板,広告板(《英》hoarding)

(ラジオ・テレビの)番組紹介

poster

ポスター,びら

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

ha

おや,はああ,ああ(驚き・喜び・疑い・ためらいなどを表す声)

premier

『第1位の』;『首席の』(chief)

(フランス・イタリア・日本などの)『首相』

festival

〈C〉〈U〉『祭り』,祝い,祭典

〈C〉『祭日』,祝日

《しばしば『F-』》(映画・音楽などの)…祭

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

momentum

〈U〉〈C〉運動量(運動する物体の質量と速度の相乗積)

〈U〉(一般に)勢い,はずみ

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

advised

《おもに副詞と共に複合語を作って》熟慮された

《補語にのみ用いて》(…について)知らされた,情報を得た《+『of』+『名』》

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

towards

toward

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

averse

(…を)きらっている《+『to』(『from』)+『名』(do『ing』)》

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

scare

…‘を'『おびえさせる』,こわがらせる(frighten)

『おびえる』,驚く

《単数形で》おびえ,どきりとすること

(社会的な)恐慌[状態]

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

spoonful

さじ1杯,一さじ分(の…)《+『of』+『名』》

honesty

『正直』,実直,誠実

datum

dataの単数形

既知の事実

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

sapling

苗木,若木

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

attendance

〈U〉(…への)『出席』,参列《+『at』+『名』》;〈C〉出席回数

《集合的に》(…への)『出席者』,列席者,参列者;(…の)出席者数《+『at』+『名』》

〈U〉(…への)付き添い,看護,奉仕《+『on』+『名』》

関連動画