TED日本語 - フリオ・ヒル: 未来の技術で、どこでもシティライフの恩恵を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - フリオ・ヒル: 未来の技術で、どこでもシティライフの恩恵を

TED Talks

未来の技術で、どこでもシティライフの恩恵を
Future tech will give you the benefits of city life anywhere
フリオ・ヒル
Julio Gil

内容

未来は都市生活へと向かいつつある、という予測を信じてはいけません。実際には都市化の流れは終焉を迎えようとしており、AR(拡張現実)や自動配達、オフグリッド電源やその他の技術の急速な進歩によって、間もなく人々は田舎に住み、働くことを選択するようになるだろうと、物流の専門家フリオ・ヒルは言います。先進的なトークを聞きながら、大都市の外に目を向け、田舎暮らしの長所について考えてみましょう。

Script

Today, more than half of the world's population lives in cities. The urbanization process started in the late 1700s and has been increasing since then. The prediction is that by 2050,66 percent of the population will live in cities and the United Nations, the World Health Organization, the World Economic Forum, are warning us, if we don't plan for the increased density, current problems in our cities, like inequality, congestion, crime can only get worse. As a result, urban planners and city developers are putting a lot of effort and creativity in designing our future, denser, bigger cities.

But I have a different opinion. I think urbanization is actually reaching the end of its cycle, and now people are going to start moving back to the countryside. And you may think, "But what about the trend?" Well, let me tell you, socioeconomic trends don't last forever. You know,12,000 years ago everybody was perfectly happy roaming the land, hunting and gathering. And then, the trend changes, and the new thing is to live in a farm and have cattle, until it changes again. When we get to the industrial revolution. Actually, that is what started the urbanization process. And you know what triggered it? Steam power, machines, new chemical processes -- in two words, technological innovation. And I believe technology can also bring the end of this cycle.

I've been working on innovation for most of my career. I love it. I love my job. It allows me to work with drones, with 3D printers and smart glasses, and not just those you can buy in the shop but also prototypes. It's a lot of fun sometimes. Now, some of these technologies are opening new possibilities that will radically change the way we did things before and in a few years, they may allow us to enjoy the benefits of city life from anywhere. Think about it. If you could live in a place with a lower crime rate and more space and a lower cost of living and less traffic, of course many people would want that, but they feel they don't have a choice. You have to live in the city.

Well, in the past, people moved to the cities not because they loved the city itself but for the things you could have in a city, more job opportunities, easier access to services and goods and a rich social life. So let's dive deeper.

More jobs and career opportunities. Is that still true today, because the office people are starting to realize that working in the office and being in the office may not be the same thing anymore. According to a study by Global Workplace Analytics, more than 80 percent of the US workforce would like to work from home. And do you know how much it costs for a company to even have an office? 11,000 dollars per employee per year. If only half of those workers would telework even 50 percent of the time, the savings in the states would exceed 500 billion dollars, and it could reduce greenhouse gases by 54 million tons. That is the equivalent of 10 million cars off the streets for a whole year. But even though most people would want to telework, current technology makes the experience isolating. It's not comfortable. It doesn't feel like being there. But that is going to change by the convergence of two technologies: augmented reality and telepresence robots.

Augmented reality already today allows you to take your office environment everywhere with you. All you need is a wearable computer, a pair of smart glasses, and you can take your emails and your spreadsheets with you wherever you go. And video conferences and video calls have become very common these days, but they still need improvement. I mean, all those little faces on a flat screen, sometimes you don't even know who is talking.

Now, we already have something way better than static videocalls: your average telepresence robot. I call it tablet on a stick.

(Laughter)

You can control, you can move around, you can control what you're looking at. It's way better, but far from perfect. You know how they say that most human communication is nonverbal? Well, the robot doesn't give you any of that. It looks like an alien. But with advances in augmented reality, it will be easy to wrap the robot in a nice hologram that actually looks and moves like a person. That will do it. Or else, forget the robot. We go full VR, and everybody meets in cyberspace. Give it a couple of years and that will feel so real, you won't tell the difference.

So what was the next reason why people move to cities? Access to services and goods. But today you can do all that online. According to a study made by comScore, online shoppers in the US last year did more than half of their retail purchases online, and the global market for e-commerce is estimated to be at two trillion dollars. And it's expected to reach 2.38 by the end of 2017, according to eMarketer.

Now, from a logistics standpoint, density is good for deliveries. Supplying goods to a shopping mall is easy. You can send big shipments to the shop, and people will go there, pick it up and take it home themselves. E-commerce means we need to ship onesies and have them home delivered. That's more expensive. It's like the difference between having a birthday party for 20 people or bringing a piece of the cake to each of your 20 friends at their place. But at least in the city, they live close to each other. Density helps. Now, e-commerce deliveries in the countryside, those take forever. The truck sometimes needs to drive miles between one address and the next one. Those are the most expensive deliveries of all.

But we already have a solution for that: drones. A vehicle carrying a squadron of drones. The driver does some of the deliveries while the drones are flying back and forth from the truck as it moves. That way, the average cost for delivery is reduced, and voila: affordable e-commerce services in the countryside. You will see: the new homes of our teleworkers will probably have a drone pod in the yard. So once the final mile delivery is not a problem, you don't need to be in the city to buy things anymore. So that's two.

Now, what was the third reason why people move to cities? A rich social life. They would need to be in the city for that these days. Because people these days, they make friends, they chat, gossip and flirt from the comfort of their sofa.

(Laughter)

And while wearing their favorite pajamas.

(Laughter)

There are over two billion active social media users in the world. In a way, that makes you think like we are connected no matter where we are. But OK, not completely. Sometimes you still need some real human contact. Ironically, the city, with its population density, is not always the best for that. Actually, as social groups become smaller, they grow stronger. A recent study made in the UK by the Office for National Statistics showed a higher life satisfaction rating among people living in rural areas. So as people settle in the countryside, well, they will buy local groceries, fresh groceries, foodstuff, maintenance services. So handymen, small workshops, service companies will thrive. Maybe some of the industrial workers from the cities displaced by the automation will find a nice alternative job here, and they will move too. And as people move to the countryside, how is that going to be? Think about autonomous, off-the-grid houses with solar panels, with wind turbines and waste recycling utilities, our new homes producing their own energy and using it to also power the family car. I mean, cities have always been regarded as being more energy-efficient, but let me tell you, repopulating the countryside can be eco too.

By now, you're probably thinking of all the advantages of country living.

(Laughter)

I did it myself. Six years ago, my wife and I, we packed our stuff, we sold our little apartment in Spain, and for the same money we bought a house with a garden and little birds that come singing in the morning.

(Laughter)

It's so nice there. And we live in a small village, not really the countryside yet. That is going to be my next move: a refurbished farmhouse, not too far from a city, not too close. And now we'll make sure to have a good spot for drones to land.

(Laughter)

But hey, that's me. It doesn't have to be you, because it would seem like I'm trying to convince somebody to come join us in the country. I'm not.

(Laughter)

I don't need more people to come.

(Laughter)

I just think they will once they realize they can have the same benefits the city has. But if you don't like the country, I have good news for you, too. Cities will not disappear. But as people move out, a lower density will help them recover a better flow and balance.

Anyway, I guess now you have some thinking to do. Do you still think you need to live in the city? And more importantly, do you want to?

Thank you very much.

(Applause)

現在 世界人口の半数以上が 都市で暮らしています 都市化は 1700年代後半に始まり それ以来 進行し続けています 予測では2050年までに 人口の66%が 都市で暮らすだろうということです 国連や世界保健機関や 世界経済フォーラムは 高まる人口密度に備えなければ 不平等や混雑 犯罪など 今 都市で起こっている問題は 悪化する一方だと 警鐘を鳴らしています それを受けて 都市プランナーや 都市開発業者たちは 未来の より人口密度の高い 大きな都市の設計に 多くの労力と創造力を注いでいます

しかし私の意見は違います 実は都市化の流れは 終りかけていると思っています そして人々は田舎に 戻り始めることになるでしょう 「でも今の傾向はどうなの?」と 思うかもしれません ひとこと言わせてください 社会経済の傾向はいつまでも続きません 1万2千年前は 大地を歩き回り 狩りや採集をしながら 誰もが満ち足りていました それから傾向が変わって 新たに現れたのが 農場に住み 牛を飼うこと そして傾向はさらに変わり 産業革命に突入します 実はそれが都市化の流れの始まりなのです きっかけは何だと思いますか? 蒸気動力や機械や 新しい化学的方法 二語で言うなら 技術革新がきっかけです そしてこの流れも 技術によって終わると思います

私はキャリアを通じて イノベーションに取り組んできました 私は仕事を愛しています 仕事のおかげでドローンや3Dプリンターや スマートグラスを扱えます 店で買えるものだけでなく 試作品も扱えます それは時にとても楽しいものです これらの技術は 昔のやり方を 劇的に変える可能性を持っています そして数年のうちに どこに住んでいても 都市生活の恩恵を 受けられるようになるかもしれません 考えてみてください もしあなたが 犯罪率が低く より広く 生活費も安く 交通量も少ない場所に 住めたらどうでしょう もちろん多くの人々がそう望むでしょう しかし皆 仕方ないと感じています 都市に住むしかないのです

かつて人々は都市に移り住みました と言っても都市自体が 好きだからではありません 都市に住むことで 仕事を得る機会が多く サービスや物に簡単にアクセスでき 豊かな社会生活が送れるからです さあ もっと詳しく見ていきましょう

より多くの仕事と キャリアの機会があるといいますが 果たして今もそうでしょうか? なぜならオフィスで働く人々は オフィスで働くことと オフィスにいることは 同じではないと気づき始めています Global Workplace Analyticsの調査によると アメリカの労働人口の80%以上は 在宅勤務を希望しています 会社がオフィスを持つと いくら掛かるかご存知ですか? 従業員1人当たり 年間1万1千ドル掛かります その労働者の半数が 労働時間の50%だけでも在宅勤務すれば アメリカで5千億ドル超の 費用削減になります そして温室効果ガスを 5400万トン削減できます これは1千万台の車を 1年間 道路から無くすことに 相当します しかしほとんどの人々が 在宅勤務を望んでいるとはいえ 今の技術では それは孤独なものであり 快適でもなければ 存在感も失います しかしそれは2つの技術の融合によって 変わろうとしています AR(拡張現実)と テレプレゼンスロボットです

ARのおかげで 今やどこへでもオフィス環境を 持ち出すことが出来ます 必要なのはウェアラブルコンピューターと スマートグラスだけです そして行く先 どこへでも メールと表計算ソフトを 持って行けます 今やビデオ会議とビデオ通話は 当たり前になりました しかし まだ改善は必要です と言うのは 平らなスクリーン上の 小さな顔を見ても 誰がしゃべっているのかすら わからない時があります

すでに 固定のビデオ通話より ずっとましなものがあります 標準的なテレプレゼンスロボットです 私はこれを棒付きタブレットと呼んでいます

(笑)

これを自分で制御して 動き回ることもできます 見る先を自分で制御できます かなりの進歩ですが 完璧にはほど遠いです ご存知の通り 人のコミュニケーションの大半は 非言語で行われます ロボットにはそれがありません まるでエイリアンです しかしARの進歩により 本物の人間のように見えて動く 綺麗なホログラムを ロボットに投影することが簡単になります きっとそうなるでしょう 他には ― ロボットは忘れましょう 全てVR(仮想現実)になり ― 皆がサイバースペースで会います 数年後には現実と見分けがつかないくらい とてもリアルになるでしょう

さて 人々が都市に向かう 2つ目の理由は何でしたか? サービスと物の入手し易さです しかし今は どれもネットで出来ます comScoreの調査によると 去年アメリカで ネットで買い物をした人は 小売品の買い物の半分以上を ネット上でしていました eコマースの世界市場は 2兆ドルと推定されています そしてeMarketerによると 2017年の終わりまでに 2兆3800億ドルに達する見込みです

物流の観点からすれば 人口密集は配達には有利です 商業施設への物資供給が簡単です 店舗に向けて 大きな積荷で発送し 人々が店までやってきて 自分たちで家に持って帰ってくれます eコマースだと子ども服を出荷する場合 家まで配達しなくてはなりません 配達コストは 高くつきます それは例えば誕生日パーティに 20人の友達を呼ぶことと ― 20人それぞれの家まで 一切れずつケーキを届けることの違いです しかし少なくとも都市では 皆 互いに近くに住んでいますので 密集が活かされます 今やeコマースでは 田舎にも配達をします それは とても時間がかかります トラックは次の住所へ 何マイルも走らなければならないこともあり 一番高くつく配達です

しかしすでに解決策があります ドローンです ドローン部隊を運ぶ車両です ドライバーが配達をしている間に トラックからドローンが あちこち飛び回ります このやり方だと 配達の平均コストは削減されます そして ほら ― 田舎でもeコマースサービスが 手頃になるんです そして ― 在宅勤務者の新しい家には きっと庭にドローンのための ポッドがあるでしょう 最終の戸別配達が 問題でなくなれば もはや物を買うのに 都市にいる必要はないのです それが2つ目です

人々が都市に移り住む 3つ目の理由はなんでしょう? 豊かな社会生活です 最近は そのために都市にいる 必要があるかもしれません なぜなら最近 人々は 友人を作ったり おしゃべりしたり 噂話をしたり ナンパしたりを ― 自宅の快適なソファからできますからね

(笑)

お気に入りのパジャマを着てね

(笑)

20億を超えるソーシャルメディアユーザーが 世界にいます ある意味 人々はどこにいても 繋がっていると思えるでしょう しかし 完全にではなく そこそこです 時には本物の人間との接触が必要です 皮肉なことに 人口密度の高い都市が 人同士の接触に最適とは言えません 実際 規模が小さくなるにつれ 社会集団は より強固になります 最近のイギリスでの 国家統計局による調査によると 高い生活満足度を示すのは 郊外に住む人々でした 田舎に定住した人々は 地元の物産を買うようになり 新鮮な食品や食材や 保守サービスを利用するでしょう 便利屋や 小さな工房や サービス会社が栄えます 自動化の波に追いやられた 都市の産業従事者たちは 代わりの良い仕事を 田舎で見つけることでしょう そして彼らも移住します 人々が田舎に移住すると どうなるでしょうか? 太陽光パネルを備えた ― 自律したオフグリッドの家には 風力タービンと 廃棄物リサイクル設備もあります 新しい家は電力を自ら作り出し それは自家用車の動力にもなります 都市は田舎よりもエネルギー効率が良いと 思われてきました しかし言わせてください 田舎への再移住も エコなのです

今 皆さんは田舎暮らしの良さを 考えているでしょう

(笑)

私自身も移住をしました 6年前 妻と私は荷物を纏め スペインの小さなアパートを売り 同じ値段で庭付きの一軒家を買いました 朝の小鳥のさえずり付きです

(笑)

とても素敵な所です 私たちはそれほど田舎でもない 小さな村に住んでいます それが私の次のステップです 修繕した農家で 都市から遠からず 近すぎず ドローンの着陸場所も 忘れません

(笑)

しかしそれは私の話です 皆さんがそうする必要はありません 一緒に田舎に移り住もうと 私が説得しているように 聞こえるかもしれませんが 違います

(笑)

あまり人に来て欲しくないです

(笑)

ただ考えるのです もし都会と同じ 利点があると知れば 皆 田舎に移るだろうと しかし田舎がお好きでなければ 良い知らせもあります 都市はなくなりはしません しかし人々が転出すれば 人口密度は下がり より良い流れと均衡が戻ります

とにかく 皆さんは今 何か考える必要があると思います まだ都市に住む必要があると思いますか? もっと大事なことは ― 都市に住みたいですか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画