TED日本語 - アンナ・ロスリング・ロンランド: 世帯収入ごとの世界の暮らしを覗いてみよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アンナ・ロスリング・ロンランド: 世帯収入ごとの世界の暮らしを覗いてみよう

TED Talks

世帯収入ごとの世界の暮らしを覗いてみよう
See how the rest of the world lives, organized by income
アンナ・ロスリング・ロンランド
Anna Rosling Ronnlund

内容

スウェーデンの人が歯を磨く様子や、ルワンダの人が寝るベッドの様子はどんな感じだと思いますか?みんなにそういったことを紹介しようと思い立ったアンナ・ロスリング・ロンランドは、写真家を50の国の264もの家庭に送り込み(その数はさらに増加中!)、調理台やベッド、トイレ、おもちゃなど、家にある様々な物を、世界中のそれぞれの収入帯の家庭について記録しました。ラトビアやブルキナファソやペルーに住む家族の生活の様子を見てみましょう。データを可視化することによって世界がいかに理解しやすくなるかを、ロスリング・ロンランドが示します。

Script

What images do we see from the rest of the world? We see natural disasters, war, terror. We see refugees, and we see horrible diseases. Right? We see beautiful beaches, cute animals, beautiful nature, cultural rites and stuff. And then we're supposed to make the connection in our head and create a worldview out of this. And how is that possible? I mean, the world seems so strange. And I don't think it is. I don't think the world is that strange, actually.

I've got an idea. So, imagine the world as a street, where the poorest live on one end and the richest on the other, and everyone in the world lives on this street. You live there, I live there, and the neighbors we have are the ones with the same income. People that live in the same block as me, they are from other countries, other cultures, other religions. The street might look something like this. And I was curious. In Sweden where I live, I've been meeting quite a lot of students. And I wanted to know, where would they think they belong on a street like this?

So we changed these houses into people. This is the seven billion people that live in the world. And just by living in Sweden, most likely you belong there, which is the richest group. But the students, when you ask them, they think they are in the middle. And how can you understand the world when you see all these scary images from the world, and you think you live in the middle, while you're actually atop? Not very easy.

So I sent out photographers to 264 homes in 50 countries -- so far, still counting -- and in each home, the photographers take the same set of photos. They take the bed, the stove, the toys and about 135 other things. So we have 40,000 images or something at the moment, and it looks something like this.

Here we see, it says on the top, "Families in the world by income," and we have the street represented just beneath it, you can see. And then we see some of the families we have visited. We have the poorer to the left, the richer to the right, and everybody else in between, as the concept says. We can go down and see the different families we have been to so far. Here, for instance, we have a family in Zimbabwe,one in India,one in Russia, and one in Mexico, for instance. So we can go around and look at the families this way. But of course, we can choose if we want to see some certain countries and compare them, or regions, or if we want, to see other things.

So let's go to the front doors and see what they look like. Go here, and this is the world by front doors, ordered by income. And we can see the big difference from India, Philippines, China, Ukraine, in these examples, for instance.

What if we go into the home? We can look at beds. This is what beds can look like. Doesn't look like the glossy magazines. Doesn't look like the scary images in the media. So remember that the students in Sweden, they thought they were in the middle of the world income. So let's go there. We zoom in here by filtering the street to the middle, like this, and then I ask the students: Is this what your bedroom looks like? And they would actually not feel very at home. So we go down and see, do they feel more at home here? And they would say, no, this is not what a Swedish typical bedroom looks like. We go up here, and suddenly, they feel sort of at home. And we can see here in this image, we see bedrooms in China, Netherlands, South Korea, France and the United States, for instance. So we can click here. If we want to know more about the family, the home in which this bed stands, we can just click it and go to the family, and we can see all the images from that family. We can go this way, too. And of course, this is free for anyone to use. So just go here, and please add more images, of course.

My personal favorite that everyone always tries to make me not show, I'm going to show you now, and that's toilets, because you're not really allowed to look at people's toilets, but now we can just do it, right? So here (Laughter) we have a lot of toilets. They look pretty much as we're used to, right? And they are in China, Netherlands, United States, Nepal and so forth, Ukraine, France. And they look pretty similar, right? But remember, we are in the top. So what about checking all the toilets? Now it looks a bit different, doesn't it?

So this way we can visually browse through categories of imagery, using photos as data. But not everything works as a photo. Sometimes it's easier to understand what people do, so we also do video snippets of everyday activities, such as washing hands, doing laundry, brushing teeth, and so on. And I'm going to show you a short snippet of tooth-brushing, and we're going to start at the top.

So we see people brushing their teeth. Pretty interesting to see the same type of plastic toothbrush is being used in all these places in the same way, right? Some are more serious than others --

(Laughter)

but still, the toothbrush is there. And then, coming down to this poorer end, then we will see people start using sticks, and they will sometimes use their finger to brush their teeth. So this particular woman in Malawi, when she brushes her teeth, she scrapes some mud off from her wall and she mixes it with water, and then she's brushing. Therefore, in the Dollar Street material, we have tagged this image not only as her wall, which it is, but also as her toothpaste, because that is also what she uses it for. So we can say, in the poorer end of the street, you will use a stick or your finger, you come to the middle, you will start using a toothbrush, and then you come up to the top, and you will start using one each. Pretty nice, not sharing a toothbrush with your grandma.

And you can also look at some countries. Here, we have the income distribution within the US, most people in the middle. We have a family we visited in the richer end, the Howards. We can see their home here. And we also visited a family in the poorer end, down here. And then what we can do now is we can do instant comparisons of things in their homes. Let's look in their cutlery drawer. So, observe the Hadleys: they have all their cutlery in a green plastic box. and they have a few different types and some of them are plastic, while the Howards, they have this wooden drawer with small wooden compartments in it and a section for each type of cutlery. We can add more families, and we can see kitchen sinks, or maybe living rooms.

Of course, we can do the same in other countries. So we go to China, we pick three families. we look at their houses, we can look at their sofas, we can look at their stoves. And when you see these stoves, I think it's obvious that it's a stupid thing that usually, when we think about other countries, we think they have a certain way of doing things. But look at these stoves. Very different, right, because it depends on what income level you have, how you're going to cook your food. But the cool thing is when we start comparing across countries. So here we have China and the US. See the big overlap between these two. So we picked the two homes we have already seen in these countries, the Wus and the Howards. Standing in their bedroom, pretty hard to tell which one is China and which one is the US, right? Both have brown leather sofas, and they have similar play structures. Most likely both are made in China, so, I mean, that's not very strange --

(Laughter)

but that is similar.

We can of course go down to the other end of the street, adding Nigeria. So let's compare two homes in China and Nigeria. Looking at the family photos, they do not look like they have a lot in common, do they? But start seeing their ceiling. They have a plastic shield and grass. They have the same kind of sofa, they store their grain in similar ways, they're going to have fish for dinner, and they're boiling their water in identical ways. So if we would visit any of these homes, there's a huge risk that we would say we know anything about the specific way you do things in China or Nigeria, while, looking at this, it's quite obvious -- this is how you do things on this income level. That is what you can see when you go through the imagery in Dollar Street.

So going back to the figures, the seven billion people of the world, now we're going to do a quick recap. We're going to look at comparisons of things in the poorest group: beds, roofs, cooking. And observe, in all these comparisons, their homes are chosen so they are in completely different places of the world. But what we see is pretty identical. So the poorest billion cooking would look somewhat the same in these two places; you might not have shoes; eating, if you don't have a spoon; storing salt would be similar whether you're in Asia or in Africa; and going to the toilet would be pretty much the same experience whether you're in Nigeria or Nepal.

In the middle, we have a huge group of five billion, but here we can see you will have electric light, most likely; you will no longer sleep on the floor; you will store your salt in a container; you will have more than one spoon; you will have more than one pen; the ceiling is no longer leaking that much; you will have shoes; you might have a phone, toys, and produce waste.

Coming to our group up here, similar shoes, Jordan, US. We have sofas, fruits, hairbrushes, bookshelves, toilet paper in Tanzania, Palestine, hard to distinguish if we would sit in US, Palestine or Tanzania from this one. Vietnam, Kenya: wardrobes, lamps, black dogs, floors, soap, laundry, clocks, computers, phones, and so on, right?

So we have a lot of similarities all over the world, and the images we see in the media, they show us the world is a very, very strange place. But when we look at the Dollar Street images, they do not look like that. So using Dollar Street, we can use photos as data, and country stereotypes -- they simply fall apart. So the person staring back at us from the other side of the world actually looks quite a lot like you. And that implies both a call to action and a reason for hope.

Thank you.

(Applause)

私たちの目にする世界は どんな様子でしょう? 自然災害や 戦争やテロ 難民や 恐ろしい伝染病も 目にしますよね? 美しいビーチや かわいい動物 素晴らしい自然 文化的な儀式なども 目にします これらを頭の中で組み合わせて 世界のイメージを 作り上げるわけですが そんなことが できるでしょうか? 世界がひどく奇妙なものに 思えますよね でも それは違うと思います 世界はそこまで 奇妙なものではないと思うんです

そこで思いつきました 世界を1本の通りだと思ってください 一方の端には最も貧しい人々が もう一方の端には裕福な人々がいて 世界中の人が この通り沿いに 住んでいるとします あなた方も 私もです 近所に住んでいるのは 収入が同じ人たちで 同じ区域の中に ― 様々な国や文化や宗教の 人たちがいます 通りはこんな風です 私は興味を覚えました 私はスウェーデンに住んでいて 多くの学生に出会いますが 知りたかったのは 彼らは 自分がこの通りの どこに位置すると考えるかです

そこで この家を 人で置き換えました 世界に暮らす70億人の人々です スウェーデンに住んでいるなら おそらくは ここに入るでしょう 最も裕福な層です でも学生に聞いてみると 自分は真ん中あたりだと 言うのです 世界中の恐ろしい映像を いつも目にしていて 実際は頂点近くにいながら 中間にいると思っているとしたら 世界を理解することなんて できるでしょうか 容易ではないでしょう

そこで私は写真家を 50の国の264の家庭に派遣し ― 現在も増加中ですが ― 各家庭で同じ物の写真を 撮ってきてもらいました 撮影するのはベッド 調理台 おもちゃ そのほか135種類の物です 現在 4万枚ほどの写真が 集まりました 例えば こんな写真です

ご覧の通り 一番上に 「収入別の世界の家族」とあり そのすぐ下には あの「通り」が描かれています それから 訪問した家族が 何組か映っています 左手に貧しい家族 右手に裕福な家族が並び 真ん中には その中間の層がいます 下にスクロールすると これまでに訪問した家族が出てきます 例えば これは左から ジンバブエ インド、ロシア、メキシコの家族です このように様々な家族を 眺めることができます もちろん 国や地域を選択して 比較もできますし 写真を物で 絞り込むこともできます

では玄関に行って どんな様子か見てみましょう ここには 世界の玄関が 収入の順に並んでいます 大きな違いが見て取れますね これらの例は インド、フィリピン、中国、ウクライナのものです

では家に入ってみましょう ベッドも見られます ベッドはこのような様子です インテリア雑誌とは かなり違いますし メディアで目にする 恐ろしい映像とも違います 先程 言ったように スウェーデンの学生は 自分の富裕度が世界で真ん中位だと 考えていましたので 真ん中を見てみましょう 「通り」の真ん中の部分に ズームインしてみます こんな風に そして学生たちに尋ねます 「あなたの寝室はこんな感じ?」 すると 学生たちは ちょっと違うようだと感じます そこで より貧しい層を選択して こちらはどうかと尋ねます 学生たちは スウェーデンの典型的な寝室とは 違うと答えます そこで最裕福層を選択すると 突然 学生たちに馴染みの あるものが現れます これらの寝室の写真は 中国やオランダ 韓国、フランス、アメリカなどのものです ベッドの1つをクリックすると そのベッドがある家庭のことを もっと知ることができ 「この家を訪れる」ボタンを クリックすると その家庭の写真を すべて見られます こんな風に一覧できるわけです このサイト Dollar Street は 誰でも無料で使えますので こちらにアクセスして 写真を追加してくださいね

私のお気に入りは ― 見せない方がいいと止められるんですが お見せしますね トイレなんです 普通 よその家のトイレを じっくり見ることはしません でも これなら見られます さて(笑) トイレがたくさん出てきました 見慣れたようなもの ばかりですね? これらは中国、オランダ、アメリカ、ネパールなどのものです ウクライナや フランスもあります どれも似ていますね でも それは裕福な層だからです では すべての層のトイレを 見るとどうなるでしょう? ちょっと様子が変わりましたね?

このように 写真をデータとして カテゴリーごとに 見ることができます ですが 写真だけでは わからないこともあります 動作を見た方が わかりやすいこともあります そこで日常的な動作のビデオも 記録しています 手を洗ったり 洗濯をしたり 歯を磨いたりなどです 歯を磨く様子のビデオを お見せしましょう まずは裕福な層からです

ご覧の通り みんな歯を磨いています 実に興味深いことに 同じ種類のプラスチックの歯ブラシが これらすべての場所で 同じように使われていますね 真面目さの程度に差こそあれ ―

(笑)

歯ブラシが使われています より貧しい層へと 進んでいくと 棒を使う人々が現れます 指を使って歯を磨く人々もいます マラウイのこの女性は 歯を磨くときに 家の壁から 泥を少しこそげ取って 水と混ぜ合わせて 歯磨きに使います ですから Dollar Street の 素材として ご覧の写真に タグ付けをするのに 「壁」としてだけでなく 「歯磨き粉」としても タグ付けしています それも用途のひとつだからです ここから言えるのは より貧しい層では 棒や指が使われ 中間層では 歯ブラシを使う人々が現れ 裕福な層に至ると 1人1本使うようになる ということです おばあちゃんと同じ歯ブラシを 使わない贅沢ができます

国別に見ることも可能です こちらはアメリカの 収入の分布です 多くの人が中間層ですね 裕福な層である ハワード家を訪ねました これが そのお宅です 左側に位置する貧しい層の 家族も訪ねました これで何ができるかというと 各家庭にある物の 直接の比較です スプーン・フォーク類の 引き出しを見てみましょう ハドリー家の引き出しを 見てください この家では全部まとめて 緑のプラスチックの箱に入れています 何種類かが同じ箱に入れられ 中にはプラスチック製のもあります 一方 ハワード家では 木の引き出しを使っており 木枠の仕切りがあり 種類ごとに 分けられています もっと家族を追加することもできます キッチンのシンクを比較したり 居間を見たりすることもできます

他の国でも同じような比較ができます では中国に場所を移して 3家族を選びます 家を見てみたり ソファを見たり 調理台を見たりできます この調理台を見て 明らかなことがあります 他の国のことを 想像する際によく その国に共通するやり方が あるだろうと考えがちですが それは 馬鹿げている ということです これらの調理台を見てください 非常に異なっていますよね どうやって調理するかは 収入に応じて様々なのです おもしろいのは 国をまたいで 比較することです これは中国とアメリカですが 大きく重なっている部分が あるのがわかりますね これら2つの国から すでに登場した 同じ収入帯の家庭を選びます ウー家とハワード家です 寝室を比較すると どちらが中国で どちらがアメリカか わからないくらいですね いずれも茶色の革のソファを使い 同じような遊び場があります いずれも中国製でしょうから そこまで奇妙な一致では ありませんが ―

(笑)

とても似ています

「通り」のもう一方の端を 見ることもできます ナイジェリアを追加しましょう 中国とナイジェリアの家庭を 比較してみます 家族写真を見てみると あまり共通点は多くなさそうですね でも天井を見てみてください ビニールの覆いと 草が使われています 同じような「ソファ」を使い 穀物を同じように保管し 夕食に魚を食べ 同じ方法でお湯を沸かします これらの家庭を訪ねるとしたら 中国やナイジェリアでの 生活の在り方について 知っているつもりになる 大きなリスクがあります これを見て分かる通り 生活の在り方は 収入に応じているのです Dollar Street の写真から それが分かります

では統計に話を戻しましょう 世界には70億人います 簡単に おさらいをしましょう 最も貧しい層で 比較をします ベッド 屋根 調理台 どの比較においても 全く異なる地域から 家庭が選ばれていることに 注目してください でも 写真はどれも似通っています 最も貧しい10億人の 調理の仕方は これらの場所と 同じようなものなのです 靴は持っていないかもしれず スプーンがなければ手で食べます アジアでもアフリカでも 塩の保存方法は似ています ナイジェリアでもネパールでも トイレの体験は 似たものになるでしょう

中間には50億人もの人々がいます これらの人々は おそらく電球を使い 地べたで眠ることはせず 塩を保存するのに容器を使い スプーンを1本以上所有し ペンも1本以上所有しています 天井はあまり雨漏りをせず 靴を履き 携帯電話や おもちゃを所有し ゴミを排出します

この最も裕福な層に至ると アメリカでもヨルダンでも 同じような靴を履き ソファや 果物 ヘアブラシを所有し 本棚があります トイレットペーパーは タンザニアのも パレスチナのも 区別がつきませんね アメリカでもパレスチナでも タンザニアでも同じです ベトナムとケニアの 衣装だんす 照明、黒い犬、床、石けん 洗濯場、時計、パソコン 携帯電話などなど

世界中にこれほどまでの 共通点がありながら メディアで目にするイメージでは 世界は非常に奇妙な場所のように 描かれます でも Dollar Street の写真を見ると 様子はかなり違っています Dollar Street を使えば 写真をデータとして 使うことができ よその国に対する ステレオタイプは すぐさま崩壊します 世界の反対側から こちらを見ている人々は 実は皆さんに とても似ているのです このことは行動を起こすきっかけと 希望を持つ理由を 与えてくれます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画