TED日本語 - エリフ・シャファク: 多様な考え方が持つ革命的な力

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリフ・シャファク: 多様な考え方が持つ革命的な力

TED Talks

多様な考え方が持つ革命的な力
The revolutionary power of diverse thought
エリフ・シャファク
Elif Shafak

内容

作家のエリフ・シャファクは「ポピュリストの扇動家からは、私たちに民主主義が不可欠なことが学べる」と言います。「孤立主義者から地球規模での連帯の必要性を、部族主義から世界市民主義の美しさを学ぶことができる」と。トルコ出身のシャファクは多様性を失うことによって生じる荒廃を誰よりも直に経験してきました。そして彼女は、権威主義に対抗するときに、複数の選択肢が持つ革命的な力を知っています。情熱的で個人的なこの講演の中で、彼女は私たちに、政治にも感情にも帰属意識にも二項対立など存在しないことを思い出させてくれます。「複雑であることの恐怖に対して、決して沈黙してはならないのです」とシャファクは言っています。

Script

"Can you taste words?"

It was a question that caught me by surprise. This summer, I was giving a talk at a literary festival, and afterwards, as I was signing books, a teenage girl came with her friend, and this is what she asked me. I told her that some people experience an overlap in their senses so that they could hear colors or see sounds, and many writers were fascinated by this subject, myself included. But she cut me off, a bit impatiently, and said, "Yeah, I know all of that. It's called synesthesia. We learned it at school. But my mom is reading your book, and she says there's lots of food and ingredients and a long dinner scene in it. She gets hungry at every page. So I was thinking, how come you don't get hungry when you write? And I thought maybe, maybe you could taste words. Does it make sense?"

And, actually, it did make sense, because ever since my childhood, each letter in the alphabet has a different color, and colors bring me flavors. So for instance, the color purple is quite pungent, almost perfumed, and any words that I associate with purple taste the same way, such as "sunset" -- a very spicy word. But I was worried that if I tell all of this to the teenager, it might sound either too abstract or perhaps too weird, and there wasn't enough time anyhow, because people were waiting in the queue, so it suddenly felt like what I was trying to convey was more complicated and detailed than what the circumstances allowed me to say. And I did what I usually do in similar situations: I stammered, I shut down, and I stopped talking. I stopped talking because the truth was complicated, even though I knew, deep within, that one should never, ever remain silent for fear of complexity.

So I want to start my talk today with the answer that I was not able to give on that day. Yes, I can taste words -- sometimes, that is, not always, and happy words have a different flavor than sad words. I like to explore: What does the word "creativity" taste like, or "equality," "love," "revolution?"

And what about "motherland?" These days, it's particularly this last word that troubles me. It leaves a sweet taste on my tongue, like cinnamon, a bit of rose water and golden apples. But underneath, there's a sharp tang, like nettles and dandelion. The taste of my motherland, Turkey, is a mixture of sweet and bitter.

And the reason why I'm telling you this is because I think there's more and more people all around the world today who have similarly mixed emotions about the lands they come from. We love our native countries, yeah? How can we not? We feel attached to the people, the culture, the land, the food. And yet at the same time, we feel increasingly frustrated by its politics and politicians, sometimes to the point of despair or hurt or anger.

I want to talk about emotions and the need to boost our emotional intelligence. I think it's a pity that mainstream political theory pays very little attention to emotions. Oftentimes, analysts and experts are so busy with data and metrics that they seem to forget those things in life that are difficult to measure and perhaps impossible to cluster under statistical models. But I think this is a mistake, for two main reasons. Firstly, because we are emotional beings. As human beings, I think we all are like that. But secondly, and this is new, we have entered a new stage in world history in which collective sentiments guide and misguide politics more than ever before. And through social media and social networking, these sentiments are further amplified, polarized, and they travel around the world quite fast. Ours is the age of anxiety, anger, distrust, resentment and, I think, lots of fear. But here's the thing: even though there's plenty of research about economic factors, there's relatively few studies about emotional factors.

Why is it that we underestimate feelings and perceptions? I think it's going to be one of our biggest intellectual challenges, because our political systems are replete with emotions. In country after country, we have seen illiberal politicians exploiting these emotions. And yet within the academia and among the intelligentsia, we are yet to take emotions seriously. I think we should. And just like we should focus on economic inequality worldwide, we need to pay more attention to emotional and cognitive gaps worldwide and how to bridge these gaps, because they do matter.

Years ago, when I was still living in Istanbul, an American scholar working on women writers in the Middle East came to see me. And at some point in our exchange, she said, "I understand why you're a feminist, because, you know, you live in Turkey." And I said to her, "I don't understand why you're not a feminist, because, you know, you live in America."

(Laughter)

(Applause) And she laughed. She took it as a joke, and the moment passed.

(Laughter)

But the way she had divided the world into two imaginary camps, into two opposite camps -- it bothered me and it stayed with me. According to this imaginary map, some parts of the world were liquid countries. They were like choppy waters not yet settled. Some other parts of the world, namely the West, were solid, safe and stable. So it was the liquid lands that needed feminism and activism and human rights, and those of us who were unfortunate enough to come from such places had to keep struggling for these most essential values. But there was hope. Since history moved forward, even the most unsteady lands would someday catch up. And meanwhile, the citizens of solid lands could take comfort in the progress of history and in the triumph of the liberal order. They could support the struggles of other people elsewhere, but they themselves did not have to struggle for the basics of democracy anymore, because they were beyond that stage.

I think in the year 2016, this hierarchical geography was shattered to pieces. Our world no longer follows this dualistic pattern in the scholar's mind, if it ever did. Now we know that history does not necessarily move forward. Sometimes it draws circles, even slides backwards, and that generations can make the same mistakes that their great-grandfathers had made. And now we know that there's no such thing as solid countries versus liquid countries. In fact, we are all living in liquid times, just like the late Zygmunt Bauman told us. And Bauman had another definition for our age. He used to say we are all going to be walking on moving sands.

And if that's the case, I think, it should concern us women more than men, because when societies slide backwards into authoritarianism, nationalism or religious fanaticism, women have much more to lose. That is why this needs to be a vital moment, not only for global activism, but in my opinion, for global sisterhood as well.

(Applause)

But I want to make a little confession before I go any further. Until recently, whenever I took part in an international conference or festival, I would be usually one of the more depressed speakers.

(Laughter)

Having seen how our dreams of democracy and how our dreams of coexistence were crushed in Turkey, both gradually but also with a bewildering speed, over the years I've felt quite demoralized. And at these festivals there would be some other gloomy writers, and they would come from places such as Egypt, Nigeria, Pakistan, Bangladesh, Philippines, China, Venezuela, Russia. And we would smile at each other in sympathy, this camaraderie of the doomed.

(Laughter)

And you could call us WADWIC: Worried and Depressed Writers International Club.

(Laughter)

But then things began to change, and suddenly our club became more popular, and we started to have new members. I remember --

(Laughter)

I remember Greek writers and poets joined first, came on board. And then writers from Hungary and Poland, and then, interestingly, writers from Austria, the Netherlands, France, and then writers from the UK, where I live and where I call my home, and then writers from the USA. Suddenly, there were more of us feeling worried about the fate of our nations and the future of the world. And maybe there were more of us now feeling like strangers in our own motherlands.

And then this bizarre thing happened. Those of us who used to be very depressed for a long time, we started to feel less depressed, whereas the newcomers, they were so not used to feeling this way that they were now even more depressed.

(Laughter)

So you could see writers from Bangladesh or Turkey or Egypt trying to console their colleagues from Brexit Britain or from post-election USA.

(Laughter)

But joking aside, I think our world is full of unprecedented challenges, and this comes with an emotional backlash, because in the face of high-speed change, many people wish to slow down, and when there's too much unfamiliarity, people long for the familiar. And when things get too confusing, many people crave simplicity. This is a very dangerous crossroads, because it's exactly where the demagogue enters into the picture.

The demagogue understands how collective sentiments work and how he -- it's usually a he -- can benefit from them. He tells us that we all belong in our tribes, and he tells us that we will be safer if we are surrounded by sameness. Demagogues come in all sizes and in all shapes. This could be the eccentric leader of a marginal political party somewhere in Europe, or an Islamist extremist imam preaching dogma and hatred, or it could be a white supremacist Nazi-admiring orator somewhere else. All these figures, at first glance -- they seem disconnected. But I think they feed each other, and they need each other.

And all around the world, when we look at how demagogues talk and how they inspire movements, I think they have one unmistakable quality in common: they strongly, strongly dislike plurality. They can not deal with multiplicity. Adorno used to say, "Intolerance of ambiguity is the sign of an authoritarian personality." But I ask myself: What if that same sign, that same intolerance of ambiguity -- what if it's the mark of our times, of the age we're living in? Because wherever I look, I see nuances withering away. On TV shows, we have one anti-something speaker situated against a pro-something speaker. Yeah? It's good ratings. It's even better if they shout at each other. Even in academia, where our intellect is supposed to be nourished, you see one atheist scholar competing with a firmly theist scholar, but it's not a real intellectual exchange, because it's a clash between two certainties.

I think binary oppositions are everywhere. So slowly and systematically, we are being denied the right to be complex. Istanbul, Berlin, Nice, Paris, Brussels, Dhaka, Baghdad, Barcelona: we have seen one horrible terror attack after another. And when you express your sorrow, and when you react against the cruelty, you get all kinds of reactions, messages on social media. But one of them is quite disturbing, only because it's so widespread. They say, "Why do you feel sorry for them? Why do you feel sorry for them? Why don't you feel sorry for civilians in Yemen or civilians in Syria?"

And I think the people who write such messages do not understand that we can feel sorry for and stand in solidarity with victims of terrorism and violence in the Middle East, in Europe, in Asia, in America, wherever, everywhere, equally and simultaneously. They don't seem to understand that we don't have to pick one pain and one place over all others. But I think this is what tribalism does to us. It shrinks our minds, for sure, but it also shrinks our hearts, to such an extent that we become numb to the suffering of other people.

And the sad truth is, we weren't always like this. I had a children's book out in Turkey, and when the book was published, I did lots of events. I went to many primary schools, which gave me a chance to observe younger kids in Turkey. And it was always amazing to see how much empathy, imagination and chutzpah they have. These children are much more inclined to become global citizens than nationalists at that age. And it's wonderful to see, when you ask them, so many of them want to be poets and writers, and girls are just as confident as boys, if not even more.

But then I would go to high schools, and everything has changed. Now nobody wants to be a writer anymore, now nobody wants to be a novelist anymore, and girls have become timid, they are cautious, guarded, reluctant to speak up in the public space, because we have taught them -- the family, the school, the society -- we have taught them to erase their individuality.

I think East and West, we are losing multiplicity, both within our societies and within ourselves. And coming from Turkey, I do know that the loss of diversity is a major, major loss. Today, my motherland became the world's biggest jailer for journalists, surpassing even China's sad record. And I also believe that what happened over there in Turkey can happen anywhere. It can even happen here. So just like solid countries was an illusion, singular identities is also an illusion, because we all have a multiplicity of voices inside. The Iranian, the Persian poet, Hafiz, used to say, "You carry in your soul every ingredient necessary to turn your existence into joy. All you have to do is to mix those ingredients."

And I think mix we can. I am an Istanbulite, but I'm also attached to the Balkans, the Aegean, the Mediterranean, the Middle East, the Levant. I am a European by birth, by choice, the values that I uphold. I have become a Londoner over the years. I would like to think of myself as a global soul, as a world citizen, a nomad and an itinerant storyteller. I have multiple attachments, just like all of us do. And multiple attachments mean multiple stories.

As writers, we always chase stories, of course, but I think we are also interested in silences, the things we can not talk about, political taboos, cultural taboos. We're also interested in our own silences. I have always been very vocal about and written extensively about minority rights, women's rights, LGBT rights. But as I was thinking about this TED Talk, I realized one thing: I have never had the courage to say in a public space that I was bisexual myself, because I so feared the slander and the stigma and the ridicule and the hatred that was sure to follow. But of course, one should never, ever, remain silent for fear of complexity.

(Applause)

And although I am no stranger to anxieties, and although I am talking here about the power of emotions -- I do know the power of emotions -- I have discovered over time that emotions are not limitless. You know? They have a limit. There comes a moment -- it's like a tipping point or a threshold -- when you get tired of feeling afraid, when you get tired of feeling anxious. And I think not only individuals, but perhaps nations, too, have their own tipping points. So even stronger than my emotions is my awareness that not only gender, not only identity, but life itself is fluid. They want to divide us into tribes, but we are connected across borders. They preach certainty, but we know that life has plenty of magic and plenty of ambiguity. And they like to incite dualities, but we are far more nuanced than that.

So what can we do? I think we need to go back to the basics, back to the colors of the alphabet. The Lebanese poet Khalil Gibran used to say, "I learned silence from the talkative and tolerance from the intolerant and kindness from the unkind." I think it's a great motto for our times.

So from populist demagogues, we will learn the indispensability of democracy. And from isolationists, we will learn the need for global solidarity. And from tribalists, we will learn the beauty of cosmopolitanism and the beauty of diversity.

As I finish, I want to leave you with one word, or one taste. The word "yurt" in Turkish means "motherland." It means "homeland." But interestingly, the word also means "a tent used by nomadic tribes." And I like that combination, because it makes me think homelands do not need to be rooted in one place. They can be portable. We can take them with us everywhere. And I think for writers, for storytellers, at the end of the day, there is one main homeland, and it's called "Storyland." And the taste of that word is the taste of freedom.

Thank you.

(Applause)

「言葉を味わうことができますか?」

私はこの質問に驚きました この夏 私は ある文化・芸術祭で講演をしていました 講演の後 本にサインをしていました すると 10代の少女が友人とやってきて 尋ねたのがさきほどの質問でした 私は異なる種類の感覚が重なる人たちがいて 色を聴いたり 音を見たりできること 私を含め多くの作家たちが この事柄に興味を持っていることを伝えました しかし彼女は少し性急な様子で こう言いました 「それは共感覚と呼ばれることを 学校で習いました 私の母はあなたの本を読んでいます 母は本の中で 食べ物や食材 長い夕食のシーンが たくさん出て来ると言います 1ページごとにお腹が空くそうです そこで 私は考えました あなたは書きながら お腹が空かないのか? あなたはもしかして 言葉を味わえるのではないか? 意味が通じます?」

この質問は実に的を射ていました なぜなら 私は子供のときから アルファベットのそれぞれの文字には 色がついていて その色は味を私にもたらします 例えば 紫色はとてもピリッとして 香水でも付けたようです そして 紫を連想させるどの単語も 同じような味がします 例えば「夕日」は とてもスパイシーな単語です しかし 私はこれらのことを この少女に話すことをためらいました あまりに抽象的かもしれないし 奇妙だと思うかもしれません 十分な時間もなかったのです 行列に並ぶ人たちがいたからです 突然 こんな風に感じました 私が伝えようとしていることは 複雑で細部にわたりすぎていて この状況の中では 説明することは無理なんだ と そして こうした状況で 私がよくしてしまうことをしました 口ごもり 中断し 話すことをやめてしまいました 私は真実が複雑すぎたから 話すことをやめたのです 心の奥ではわかっていたのに 人は複雑であることに恐怖して 決して沈黙してはならない ということを

そこで今日の講演を このとき話せなかった 答えの話で始めたいと思います そうです 私は言葉から味を感じます いつもというわけではありません 幸せな言葉は悲しい言葉とは 違った味がします 色々な単語の味を試すのが好きです 「創造性」という単語の味はどんなでしょう 「平等」の味は? 「愛」は?「革命」は?

そして 「母国」という単語は? ここ最近 この最後の単語が 特に私を悩ませています それは甘い味を私の舌に残します シナモンやバラ水の一滴 ベルノキの実のようです しかし その下には鋭い苦味があります イラクサやたんぽぽのようです 私の母国 トルコの味は 甘さと苦さが混ざりあったものです

このような話をしている理由は 現在 世界中で 自分の出身国について 私と同じように 複雑な感情を抱く人が どんどん増えているからです 私達は自分の国が好きです そうですよね? どうして嫌うことができましょう 自国の人々 文化 土地 食べ物に 親近感を感じます しかし 同時に 少しずつ自国の政治と政治家たちに 不満が募っていることを感じ ときには絶望し 傷つき 怒りがこみ上げてくる

感情について そして感情的知性を 高めることが必要であることを話したいのです 残念なことに 政治理論の主流は 感情にほとんど注意を払いません 分析家や専門家はしばしば データや指標を見るのに忙しく 人生の中にある 計測が難しかったり 統計モデルでは クラスタリングするのが難しい事柄を 忘れがちです 私はこれは間違いだと思います 理由は2つあります まず私達は感情的な存在です 人類という存在は 全員そのような存在だと思います 2つ目の理由は新しいものです 私達は世界史の中で 新しい段階に入っています 集団的感情が政治を先導し ときに誤った方向に導く時代です かつてないほどの影響力です ソーシャルメディア ソーシャルネットワーキングを通じて これらの感情はますます増幅され 分極化し 世界中を あっという間に駆け抜けます 私たちの時代は 不安 怒り 不信感 恨み 大きな恐怖の時代です ここが大事なところですが 経済的要因に関する研究は たくさんあるにも関わらず 感情的要因に関する研究は 比較的に少ないのです

なぜ我々は感情や認知を 過小評価しているのでしょうか? このことは私達にとって最も大きな 知的挑戦の一つになるでしょう なぜなら私達の政治システムは 感情に満ち満ちているからです あちこちの国において 偏狭な政治家たちがこれらの感情を 食い物にしている様子が見られます アカデミアでも あるいは知識人の間でさえも まだ感情を真剣に扱っていません 扱うべきでしょう 世界的な経済的不公平に 注目する場合と同じように 世界的な感情や認知における格差 そして どのようにこの格差を埋めるかに もっと注目すべきです 重要なことだからです

数年前 まだ私が イスタンブールに住んでいた頃 中東の女性作家を研究する アメリカの学者が 私に会いにきました 会話の中で 彼女はこう言いました 「あなたがフェミニストである理由は トルコに住んでいるからでしょ」 私はこう返しました 「あなたがフェミニストでない 理由が分かりません アメリカに住んでいるのに」

(笑)

(拍手) 彼女は笑いました ジョークだと思ったのです そして その時は過ぎたのです

(笑)

しかし 世界を架空の 対立する二つの集団に分ける 彼女の見方は 私を困惑させ 気にかかりました 彼女の頭の中の地図では 世界のある地域は 液体的な国となります これらの国はまだ静まっておらず 揺れる波のようです 他のある地域は ― 西洋のことですが 固体的で 安全で安定しています ですから 液体的な土地には フェミニズムや 活動主義や人権が必要です そして不幸にも液体的な土地の 出身者である私たちは これらの最も不可欠な価値のために 闘い続けなければならないのです 希望はあります 歴史は前に進むのですから 最も不安定な土地でさえ いつかは追いつくはずです 同時に固体的な土地の人々も 歴史の進捗と自由主義秩序の勝利に 慰めを見いだせます 彼らは他の土地にいる他の人々の 闘いを支援できますが 彼ら自身は民主主義の基礎のために 闘う必要はないのです もうその段階を越えているからです

2016年において このような階層的な地域分けは 粉みじんになっていると思います 私たちの世界は先程の学者の言う 二元論の様式に従っていません かつては従っていたかもしれませんが いまや私達は歴史が必ずしも 前に進まないことを知っています ときに歴史は円を描きます 後滑りすることさえあります 曽祖父の代が犯した過ちを 何代にも渡って繰り返す可能性もあるのです 私達は今や固体的な国と液体的な国との 対立は存在しないことを知っています 事実 私たちは皆 液体的な時代を生きているのです 故ジグムント・バウマンが 教えてくれたとおりです バウマンは私たちの時代に もう一つの定義を与えています 私たちは移動する砂の上を 歩いているようなものだと言っています

もしそれが本当だとしたら このことは男性よりも 女性に より重要なことです なぜなら 社会が権威主義やナショナリズム 狂信的な宗教に後戻りした時 女性は失うものを より多く持っているからです したがって 今はとても重要な時なのです 世界的な活動主義にとってだけでなく 私の意見では 女性団結にとっても 重要なときなのです

(拍手)

さらに先に進む前に 少し告白しておきたいと思います 最近までは 国際会議や 国際フェスティバルに参加したとき 私が最も元気のない 講演者であることが普通でした

(笑)

トルコにおける 民主主義の夢や 共存の夢が 時にゆっくりと 時に驚くべきスピードで 潰えるのを見てきたせいで 私は 年を追うごとに 意気消沈していきました そして これらのフェスティバルでは 他にも悲観的な作家たちがいました 彼らはエジプト ナイジェリア パキスタン バングラディシュ フィリピン 中国 ベネズエラ ロシア から来た作家たちです 私たちはお互いに 共感しほほえみ合いました 絶望的運命の仲間意識です

(笑)

私たちをWADWICと呼んでください Worried and Depressed Writers International Club (不安で憂鬱な作家の国際クラブ)です

(笑)

しかし 変化が訪れました 突然 私たちのクラブに 人気が出てきたのです 新しいメンバーが入るようになりました たしか

(笑)

たしか ギリシャの作家たちと 詩人たちが最初にやってきたと思います その後 ハンガリー それから ポーランドの作家たちが来ました そして 興味深いですが オーストリア オランダ フランスの作家たちが そして 私が住み 故国と呼ぶイギリスから そして最後に アメリカの作家たちが来ました 急に 自分たちの国の運命や 世界の未来について 心配する人々が 増えてきたのです いま 自分の母国にいるのに 異国人になった気がする人が 多くなったのかもしれません

それでこんな異様なことが起きたのです かつて長い間 とても意気消沈していた 私たちは少し元気になり始めました 一方の新しいメンバーたちは このような気持ちに慣れておらず さらに元気を 失くしてしまいました

(笑)

バングラデシュや トルコやエジプトの作家たちが EUから脱退したイギリスの作家や 大統領選後のアメリカの作家を 慰めようとするところが 見られたのです

(笑)

冗談はおくとして 世界はこれまでにない難題に 直面していると思います そして この難題に対する 心理的抵抗があります 多くの人は 変化の速度があまりに速いと ペースを落としたいと思うものですし 慣れないことが多すぎると 馴染みのあるものを求めるものです そしてものごとがあまりに混乱してくると 人々は単純さを切望します これは大変危険な岐路です なぜなら ここにこそ 大衆扇動家が現れるからです

扇動家は集合的感情が どのように働くかを知っており 自分 ― たいてい男性です ― が どうすれば利益を得られるか理解しています 彼は私たちが全員 自分の部族であることを訴えます そして 同じ部族の人たちに 囲まれていることが安全であると訴えます 扇動家といっても千差万別です ヨーロッパのどこかにある 小さな政党の 変わり者のリーダーかもしれないし 教義と憎しみを説く イスラム過激派の指導者や どこかで白人至上主義的な ナチス崇拝の演説をする人かもしれません 一見 こういった人々に つながりはありません しかし私には 彼らがお互いを煽り立て 必要とし合っているように 思えるのです

世界中で 扇動家たちが語り 人々を煽っているのを見ると 一つの明白な性質が 共通しているように思います 彼らは複数の選択肢を 強く強く嫌います 彼らは多様性を扱えないのです アドルノはこう言っています 「曖昧さに対する不寛容は 権威主義的な人格の印である」と 私は自問しました もし これと同じ「印」 ― 曖昧さに対する不寛容が 私たちの時代の 特徴だったとしたらどうだろう? なぜなら どこを見ても ニュアンスが失われてきています テレビ番組では なになに反対派の出演者が なになに肯定派の出演者と 向かい合っています はい 視聴率がとれますね 彼らが叫び合ったりすれば なお良いでしょう 知性が養われるべきアカデミアの中ですら 無神論の学者が 強く有神論を唱える学者と 争っているのを見ます しかしそれは本当の知的な やりとりではありません なぜなら それは 二つの確実なものの衝突でしかないからです

二項対立があらゆる場所に 現れていると思います そのため ゆっくりとそして組織的に 私たちは複雑な存在でいる権利を 否定されているのです イスタンブール ベルリン ニース パリ ブリュッセル ― ダッカ バグダッド バルセロナ 私たちは次々に起きる恐ろしい テロ攻撃を目の当たりにしています そしてあなたが悲しみを表現するとき この残酷さに反対の声を上げるとき あらゆる反応とメッセージを ソーシャルメディア上で受け取ります ただ メッセージの中には 広まりすぎていて 気がかりなものがあります 彼らは言います 「なぜテロ被害者(だけ)を悼むのですか?」 「なぜテロ被害者(だけ)を悼んで (内戦中の)イエメンの民間人は 気にかけないのですか? (内戦中の)シリアの民間人は?」

こういう書き込みをする人たちが 理解していないことは 私たちは テロや暴力が 中東で起きようと ヨーロッパやアジア アメリカで起きようと それがどこであれ 等しく同時に犠牲者を悼み 彼らと団結できるということです 一つの痛み 一つの場所を選び取る 必要などないことを 彼らは理解していないようです しかしこれこそが 部族主義が行うことです これは精神を確実に萎縮させます そして心も萎縮させます 結果として 私たちは 他人の苦しみに対して無感覚になります

悲しいことに 私たちはもとから 無感覚であった訳ではないのです 私は子供向けの本を トルコで出版しました 本が出版されたとき たくさんのイベントを開催しました 多くの小学校を訪れました トルコの幼い子どもたちを 観察することができました 子どもたちの共感力 想像力 そして大胆さに 常に驚かされていました この年の子どもたちは 国家主義者であるよりもずっと 地球市民になる傾向があります とてもたくさんの子供達が 詩人や作家になりたいと言うことは 素晴らしいものです 少女たちは自信に満ちています 少なくとも少年と同じくらいに

しかし高校を訪ねると 全てが変わってしまいます もう誰も作家になりたい人はいません 小説家になりたい人はいません 少女たちは臆病になり 慎重で用心深く 公の場で声を上げることに 消極的になっています 私たちがそう教えるからです 家族 学校 社会が 彼女たちに個性を消すように 教えているのです

東洋でも西洋でも 多様性を失いつつあるように思います 社会の中で そして個人の内面においてもです トルコ出身の私は 多様性が失わることが とても大きな損失であることを よく知っています 現在 私の母国は 世界で最もたくさんのジャーナリストを 拘留しています 中国の悲しい記録すら 上回っています トルコで起こっていることはどこでも 起こり得ると考えています このアメリカでさえ起き得るでしょう 固体的な国が幻想であったのと同じく 単一の帰属意識も幻想です なぜなら私たちは 多様な声を内側に持っています イラン あるいはペルシャの詩人 ハーフェズによれば 「あなたは 存在を喜びに変える あらゆる必要な要素を 魂に持っています これらの要素を 混ぜ合わせるだけで良いのです」

私たちはこれができると思います 私はイスタンブールの人間です しかしまた バルカン半島 エーゲ海 地中海 中東 レバント地方にも 愛着を抱いています 私は生まれ 自分の選択 価値観において ヨーロッパ人です ロンドン市民になって長くなります 私は自分自身を グローバルな精神を持つ世界市民であり 遊牧民であり 旅する語り部であると 考えたいのです 全ての人々と同様に 私は多様な愛着を持っています そして多様な愛着は 多様な物語を意味します

もちろん 作家として 物語を追いかけはしますが 一方で 沈黙にも関心があります 話せないことや 政治的 文化的タブー また私たち自身の内なる 沈黙にも興味を持っています 私は少数者の権利 女性の権利 LGBTの権利について広く自由に 意見を述べてきました しかしこのTEDトークについて 考えている時に 一つのことに気づきました これまで公の場において 私自身がバイセクシャルであることを 述べる勇気がなかったのです なぜなら その後に続くであろう 中傷 汚名 嘲りそして憎しみを とても恐れていたからです しかし もちろんですが 複雑であることに恐怖して 決して沈黙してはならないのです

(拍手)

私は不安に対して 経験がないわけではないですし ここで感情の力について 話をしていますが ― 感情の力は よく知っています ― しかし あることに気づきました 感情は無限ではないということです そうです 限界があるのです いつかは まるで臨界点や閾値のように 恐れること 不安に感じることに 疲れてしまう時がきます そして個人の中だけでなく おそらく国家の規模でも 感情の臨界点があるのでしょう ですから意識が感情よりも 強いものだとしても ジェンダーや帰属意識と同じように 人生そのものが流動的なものなのです 感情は私たちを 部族に 分断しようとしています でも私たちは国境を越えて つながっています 感情は確かさを求めてきます でも私たちは人生がたくさんの 不思議と曖昧さで あふれていることを知っています 感情は二元論を促してきます しかし私たちは二元論では表しきれない 微妙な違いを持つ存在です

何ができるでしょうか? 基本に戻ることが 必要だと考えています アルファベットの色の話に戻ることです レバノンの詩人 ハリール・ジブラーンはこう言っています 「私はおしゃべりな人々から 沈黙を学び 不寛容な人々から寛容を学び 不親切な人々から親切を学んだ」 この時代にとって 素晴らしい標語だと思います

ポピュリストの扇動家から 私たちに民主主義が 不可欠なことを学び 孤立主義者から 地球規模での連帯の必要性を学び 部族主義から 世界市民主義と多様性の 美しさを学ぶことができるのです

最後に 一つの言葉あるいは 一つの味についてお話しさせてください “yurt”というトルコ語の単語は 「母国」を意味します 「祖国」を意味します 興味深いのはこの単語にもう一つ 「遊牧民族が使うテント」 という意味があることです 私はこの組み合わせが好きです なぜなら 祖国が常に一つの場所である必要はない こう教えてくれるからです 持ち運べるのです どこにでも自分とともに 持っていけるのです そして作家には 語り部には 結局のところ 一つの大きな祖国があると思います それは物語の国と呼ばれています そしてこの単語の味は 自由の味なのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画