TED日本語 - エリザベス・レッサー: 真の自分を語り真の他者を見出すとは

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エリザベス・レッサー: 真の自分を語り真の他者を見出すとは

TED Talks

真の自分を語り真の他者を見出すとは
Say your truths and seek them in others
エリザベス・レッサー
Elizabeth Lesser

内容

エリザベス・レッサーが、険悪な人間関係や愛する者の死などの重いテーマについて、抒情的に、そして意外にも愉快な語り口で話します。プライドや自己防衛を手放し、魂を露わにして真実を語り合うようになれるまでの、癒しへの過程が描写されます。「大切な人間関係を浄化するには、生きるか死ぬかの状況を待つ必要はない」「新種の救急救命士のように、相手に対する勇気ある最初の一歩を踏みだせばよいのだ」と。

Script

Like many of us, I've had several careers in my life, and although they've been varied, my first job set the foundation for all of them. I was a home-birth midwife throughout my 20s. Delivering babies taught me valuable and sometimes surprising things, like how to start a car at 2am. when it's 10 degrees below zero.

(Laughter)

Or how to revive a father who's fainted at the sight of blood.

(Laughter)

Or how to cut the umbilical cord just so, to make a beautiful belly button.

But those aren't the things that stuck with me or guided me when I stopped being a midwife and started other jobs. What stuck with me was this bedrock belief that each one of us comes into this world with a unique worth. When I looked into the face of a newborn, I caught a glimpse of that worthiness, that sense of unapologetic selfhood, that unique spark. I use the word "soul" to describe that spark, because it's the only word in English that comes close to naming what each baby brought into the room.

Every newborn was as singular as a snowflake, a matchless mash-up of biology and ancestry and mystery. And then that baby grows up, and in order to fit into the family, to conform to the culture, to the community, to the gender, that little one begins to cover its soul, layer by layer. We're born this way, but --

(Laughter)

But as we grow, a lot of things happen to us that make us ... want to hide our soulful eccentricities and authenticity. We've all done this. Everyone in this room is a former baby --

(Laughter)

with a distinctive birthright. But as adults, we spend so much of our time uncomfortable in our own skin, like we have ADD: authenticity deficit disorder. But not those babies -- not yet. Their message to me was: uncover your soul and look for that soul-spark in everyone else. It's still there.

And here's what I learned from laboring women. Their message was about staying open, even when things are painful. A woman's cervix normally looks like this. It's a tight little muscle at the base of the uterus. And during labor, it has to stretch from this to this. Ouch! If you fight against that pain, you just create more pain, and you block what wants to be born.

I'll never forget the magic that would happen when a woman stopped resisting the pain and opened. It was as if the forces of the universe took notice and sent in a wave of help. I never forgot that message, and now, when difficult or painful things happen to me in my life or my work, of course at first I resist them, but then I remember what I learned from the mothers: stay open. Stay curious. Ask the pain what it's come to deliver. Something new wants to be born.

And there was one more big soulful lesson, and that one I learned from Albert Einstein. He wasn't at any of the births, but --

(Laughter)

It was a lesson about time. At the end of his life, Albert Einstein concluded that our normal, hamster-wheel experience of life is an illusion. We run round and round, faster and faster, trying to get somewhere. And all the while, underneath surface time is this whole other dimension where the past and the present and the future merge and become deep time. And there's nowhere to get to.

Albert Einstein called this state, this dimension, "only being." And he said when he experienced it, he knew sacred awe. When I was delivering babies, I was forced off the hamster wheel. Sometimes I had to sit for days, hours and hours, just breathing with the parents; just being. And I got a big dose of sacred awe.

So those are the three lessons I took with me from midwifery. One: uncover your soul. Two: when things get difficult or painful, try to stay open. And three: every now and then, step off your hamster wheel into deep time.

Those lessons have served me throughout my life, but they really served me recently, when I took on the most important job of my life thus far.

Two years ago, my younger sister came out of remission from a rare blood cancer, and the only treatment left for her was a bone marrow transplant. And against the odds, we found a match for her, who turned out to be me. I come from a family of four girls, and when my sisters found out that I was my sister's perfect genetic match, their reaction was, "Really? You?"

(Laughter)

"A perfect match for her?" Which is pretty typical for siblings. In a sibling society, there's lots of things. There's love and there's friendship and there's protection. But there's also jealousy and competition and rejection and attack. In siblinghood, that's where we start assembling many of those first layers that cover our soul.

When I discovered I was my sister's match, I went into research mode. And I discovered that the premise of transplants is pretty straightforward. You destroy all the bone marrow in the cancer patient with massive doses of chemotherapy, and then you replace that marrow with several million healthy marrow cells from a donor. And then you do everything you can to make sure that those new cells engraft in the patient. I also learned that bone marrow transplants are fraught with danger. If my sister made it through the near-lethal chemotherapy, she still would face other challenges. My cells might attack her body. And her body might reject my cells. They call this rejection or attack, and both could kill her.

Rejection. Attack. Those words had a familiar ring in the context of being siblings. My sister and I had a long history of love, but we also had a long history of rejection and attack, from minor misunderstandings to bigger betrayals. We didn't have the kind of the relationship where we talked about the deeper stuff; but, like many siblings and like people in all kinds of relationships, we were hesitant to tell our truths, to reveal our wounds, to admit our wrongdoings.

But when I learned about the dangers of rejection or attack, I thought, it's time to change this. What if we left the bone marrow transplant up to the doctors, but did something that we later came to call our "soul marrow transplant?" What if we faced any pain we had caused each other, and instead of rejection or attack, could we listen? Could we forgive? Could we merge? Would that teach our cells to do the same?

To woo my skeptical sister, I turned to my parents' holy text: the New Yorker Magazine.

(Laughter)

I sent her a cartoon from its pages as a way of explaining why we should visit a therapist before having my bone marrow harvested and transplanted into her body. Here it is.

"I have never forgiven him for that thing I made up in my head."

(Laughter)

I told my sister we had probably been doing the same thing, carting around made-up stories in our heads that kept us separate. And I told her that after the transplant, all of the blood flowing in her veins would be my blood, made from my marrow cells, and that inside the nucleus of each of those cells is a complete set of my DNA. "I will be swimming around in you for the rest of your life," I told my slightly horrified sister.

(Laughter)

"I think we better clean up our relationship."

A health crisis makes people do all sorts of risky things, like quitting a job or jumping out of an airplane and, in the case of my sister, saying "yes" to several therapy sessions, during which we got down to the marrow. We looked at and released years of stories and assumptions about each other and blame and shame until all that was left was love.

People have said I was brave to undergo the bone marrow harvest, but I don't think so. What felt brave to me was that other kind of harvest and transplant, the soul marrow transplant, getting emotionally naked with another human being, putting aside pride and defensiveness, lifting the layers and sharing with each other our vulnerable souls. I called on those midwife lessons: uncover your soul. Open to what's scary and painful. Look for the sacred awe.

Here I am with my marrow cells after the harvest. That's they call it -- "harvest," like it's some kind of bucolic farm-to-table event --

(Laughter)

Which I can assure you it is not. And here is my brave, brave sister receiving my cells. After the transplant, we began to spend more and more time together. It was as if we were little girls again. The past and the present merged. We entered deep time. I left the hamster wheel of work and life to join my sister on that lonely island of illness and healing. We spent months together -- in the isolation unit, in the hospital and in her home.

Our fast-paced society does not support or even value this kind of work. We see it as a disruption of real life and important work. We worry about the emotional drain and the financial cost -- and, yes, there is a financial cost. But I was paid in the kind of currency our culture seems to have forgotten all about. I was paid in love. I was paid in soul. I was paid in my sister.

My sister said the year after transplant was the best year of her life, which was surprising. She suffered so much. But she said life never tasted as sweet, and that because of the soul-baring and the truth-telling we had done with each other, she became more unapologetically herself with everyone. She said things she'd always needed to say. She did things she always wanted to do. The same happened for me. I became braver about being authentic with the people in my life. I said my truths, but more important than that, I sought the truth of others.

It wasn't until the final chapter of this story that I realized just how well midwifery had trained me. After that best year of my sister's life, the cancer came roaring back, and this time there was nothing more the doctors could do. They gave her just a couple of months to live.

The night before my sister died, I sat by her bedside. She was so small and thin. I could see the blood pulsing in her neck. It was my blood, her blood, our blood. When she died, part of me would die, too.

I tried to make sense of it all, how becoming one with each other had made us more ourselves, our soul selves, and how by facing and opening to the pain of our past, we'd finally been delivered to each other, and how by stepping out of time, we would now be connected forever.

My sister left me with so many things, and I'm going to leave you now with just one of them. You don't have to wait for a life-or-death situation to clean up the relationships that matter to you, to offer the marrow of your soul and to seek it in another. We can all do this. We can be like a new kind of first responder, like the one to take the first courageous step toward the other, and to do something or try to do something other than rejection or attack. We can do this with our siblings and our mates and our friends and our colleagues. We can do this with the disconnection and the discord all around us. We can do this for the soul of the world.

Thank you.

(Applause)

多くの人がそうであるように 私もこれまで複数の職種に就きました 内容は多種多様でしたが 最初の仕事が 後のすべての 仕事のいしずえとなりました 私は20代を通し 自宅出産の助産師をしていました 赤ちゃんを取り上げる仕事は貴重で 時に驚くようなことを教えてくれました 午前2時にマイナス10度の極寒の中で 車のエンジンをかけるコツなどです

(笑)

血を前に気絶したお父さんの 息を吹き返す方法など

(笑)

綺麗なおへそにするためには どのようにへその緒を切ればよいか

しかし助産師を辞めて 別の仕事に就いても 私の中に残り導いてくれたのは こういった事柄ではありません 私の中に確固として残ったのは 人は唯一無二の価値を持ち この世に生まれるという信念でした 私は新生児の顔を見つめ その価値を垣間見たのです 堂々たる自己の知覚 唯一無二の輝きです その輝きには「魂」という言葉が ふさわしいと思います なぜならそれが英語の言葉で唯一 赤ちゃんがもたらす物に 近い表現だからです

新生児は雪の結晶と同様 一人として同じものはありません 一つとして同じものが決してない生命と 祖先と神秘の融合です やがて赤ちゃんは成長します 家族の中に居場所を作り 文化に順応し 社会や性別に従うために その小さきものは徐々に魂を 一層また一層と 覆い隠すようになります 私たちはあるがままに生まれてきます しかし

(笑)

成長につれて起こる さまざまなことを経て 我々は徐々に 魂に溢れんばかりの個性と 真正直さを隠すようになります すべての人が経験して来たことです 会場の皆さんもかつては赤ちゃんでした

(笑)

それぞれ違う個性を 生来の権利として持っていました しかし大人になると非常に長い間 内心で居心地悪さを感じながら過ごします まるで「ADD」真正直さ欠陥障害を 患っているかのように 赤ちゃんはまだ違います 新生児から贈られたメッセージ それは ― 自分の魂を隠さず 全ての人の魂の輝きを 見つけること それは常に存在するのです

出産中の女性たちから 学んだこともあります 彼女らからのメッセージは たとえ苦痛の只中であっても心を開くこと 女性の子宮頸部は 普段はこうなっています それは固く閉まった小さな筋肉で 子宮の一番下にあります そしていざ出産を迎えると この幅から ― この幅まで広がります 痛い! この痛みに抵抗すると さらに痛みがひどくなります そして生まれ出ようとする者を 妨げてしまいます

私が決して忘れられない魔法 それは ― 女性が苦痛に抵抗することをやめ 心を開いた時に起こります あたかも宇宙の力が それに気づいて 助けの波を送りこむかのように そのメッセージを忘れた事はありません そして今 人生や仕事において 困難や苦痛に遭遇した時 もちろん最初は抵抗しますが お母さんたちから 学んだことを思い出します 心を開いて 好奇心を持ち続けること 苦痛が運んで来たものは何かを問うこと 新たなものが誕生しようとしているのです

もう一つ大きな 魂に溢れる教訓があります アルバート・アインシュタインから学びました 彼は出産とは関係がありませんが

(笑)

それは時間に関する教えでした 晩年の彼が導き出した結論とは ハムスターの回し輪のような 我々の日常の人生経験は 幻想だということ 我々はくるくるとせせこましく走り どこかに到達しようとします しかしその間ずっと 表層の時の下に 全く異なる次元があるのです 過去と現在と未来が融合し 時の深淵を形作ります 到達できる場は存在しません

アインシュタインは この状態 ― この次元を 「単なる存在」と呼びました 彼がこの言葉を発したのは それを経験して 聖なる畏れを感じた時でした 赤ちゃんを取り上げる時に私は 回し車から降りるよう強いられました 時には何日も何時間も ご両親と共に ただひたすら呼吸をしていました 「単なる存在」でした そして大量の「大いなる畏れ」を得ました

次の3つが助産師をしていて 私が学んだことです 一つ 魂を覆い隠さないこと 二つ 困難や苦痛に遭った時には 心を開くこと 三つ 時には回し車から降り 時の深淵に足を踏み入れること

これらの教訓は私の人生を通して 私の助けとなりましたが つい最近 大いに助けられたことがありました 人生で最も重要な仕事をした際のことです

2年前 私の妹が患っていた 珍しい血液がんが再発しました 唯一残された治療は骨髄移植でした 低い適合率にもかかわらず 適合者が見つかりました それは私でした 私の家族は4人姉妹です 私が遺伝的に完全な適合者だと 分かった時の姉妹の反応は 「あなたが適合者?本当に?」

(笑)

「彼女にぴったりの適合者ですって?」 姉妹にはよくあることだそうです 姉妹の関係にはいろいろなものがあります 愛情や友情 庇護 そして嫉妬 さらに競争 拒絶と攻撃 私たちが最初に魂を覆う層を 数多く掛け始める所 それが姉妹という人間関係です

私は自分が妹の適合者だと判明すると 研究モードに入りました 調べてわかったことは ― 骨髄移植の前提はたいへん シンプルだということです 大量の化学療法で がん患者の骨髄を破壊した後に ドナーから数百万もの 健康な細胞を移植するのです そして新しい細胞が ― 患者に定着するよう あらゆる手を尽くします さらに私は骨髄移植が 危険を伴うことを知りました 致死量に近い化学療法を受け うまく成功したとしても 妹にはさらなる危険が待ち構えています 私の細胞が 妹の身体を攻撃する可能性があるのです 妹の身体が私の細胞を拒絶する可能性も これは拒絶反応 もしくは攻撃と呼ばれます 双方とも妹に死をもたらします

拒絶と攻撃 どちらの言葉も 姉妹関係には馴染みあるものです 妹と私には長い愛情の歴史がありますが 同様に長い拒絶と攻撃の歴史も存在します それは小さな誤解から 大きな裏切りにまで至ります 私たちになかったのは 深い話をする関係でした しかし姉妹関係や その他 どの人間関係でもありがちなのは 率直な話をすることをためらうこと 傷を露わにし 過ちを認めることを

しかし拒絶反応や攻撃の 危険について学んだ時の私は これを変える時だと思いました 骨髄移植を医師に任せきりに してしまわずに 私と妹が後に「魂の骨髄移植」と 呼ぶものを行えばどうなるか?と お互いが原因で苦痛に直面した時に 拒絶や攻撃をしなかったら 相手の話を聞き 相手を許し 相手と融合できるのでしょうか そうすれば自分たちの細胞にも 同じ事をさせられるでしょうか?

懐疑的な妹を説得するために 両親の聖典を持ち出しました ニューヨーカー・マガジンです

(笑)

私は妹に連載マンガの切り抜きを送り 私の骨髄を採取し 妹の身体に移植する前に セラピーを受けるべきだと説得しました こちらです

「私の頭の中で 彼が私にしたことを許さないわ」

(笑)

私は妹に 私たちは同様のことを しているはずだと伝えました 頭の中で作り上げた話に固執し お互いを退けているのです 私は彼女に伝えました 移植後に彼女の血管に流れるのは 私の血 私の骨髄細胞から作られた血だと 細胞一つ一つの核の中には 私のDNAが一揃い入っているのだと 「あなたが生きている限り 私はあなたの体内を泳ぎ続けるのよ」と 少々怯えぎみの妹に伝えました

(笑)

「お互いに対する関係をきれいにしましょう」

健康が危機に晒されると 人はさまざまな危険を冒します 仕事を辞めたり 飛行機から飛び降りたり 私の妹の場合は いくつかのセラピーセッションを 受けることを了承したことでした 私たちが骨の髄まで 落ち込んでいた時のことです 何年にも渡った 相手に対する憶測 決めつけ 非難や羞恥を見直し開放すると そこに残されたのは愛情でした

骨髄採取を受けたことを 勇敢だと褒められましたが そうではありません 私が勇敢だったと感じるのは これとは別の採取と移植でした 魂の真髄の移植です 他者に対して感情を裸にし プライドや自己防衛を手放したことです 幾重もの表層を取り除き 傷つきやすい魂を お互いにさらし共有したことです ここで助産師時代に 学んだことを思い出しました 魂を覆い隠さず 脅威と苦痛に心を開きなさい 聖なる畏れを求めなさい

これは採取した骨髄と私です 「収穫物」と呼ばれています 何だか牧歌的な産直イベントのようですね

(笑)

決してそのようなものではありません 私のとても勇敢な妹です 私の骨髄を受け取ってくれました 移植後 私たちはより多くの時間を 共に過ごすようになりました まるで幼い少女に戻ったかのように 過去と現在は融合しました 私たちは時の深淵に足を踏み入れたのです 私は仕事と日常の回し車を降りて 病と癒しの 孤島にいた妹に 寄り添いました 私たちは共に何か月も 病院や妹の自宅に設えた 隔離ユニットで過ごしました

足早な世間は このような努力を支援せず 評価すらしません 実生活や重要な仕事への 混乱を招くと見なし 過度に感情的であることや 出費がかさむことを心配します 確かに出費はたいへんでした ところが私は支払いを受けたのです それは私たちの文化が忘れてしまった 通貨をもってなされました 私は愛情で支払いを受けたのです 魂で支払いを受けたのです 妹をもって支払いを受けたのです

妹いわく移植後の一年が 人生で一番幸せな時だったそうです 私はびっくりしました 彼女はたいへん苦しんだからです しかし彼女はその時期 人生は 一番甘美だったと語りました 私たちが魂を露わにし 真実を語り合ったからだと 妹はより堂々と自信を持ち 人と接するようになりました 彼女は言うべきだと感じたことは きちんと話すようになりました これまでずっとやりたかったことも やるようになりました そしてそれは私も同じでした 日常で関わる人に対し 率直であることを恐れなくなりました あるがままの自分を語りました 何よりもまして貴重だったのは あるがままの他者も見い出せたことです

この物語の最終章に至るまで 私は助産師の経験が いかに私を 高めてくれたかに気づいていませんでした 妹が人生でもっとも豊かな一年を 過ごした後に がんが再び襲来しました この時には医師たちにできることは もうありませんでした 妹の余命は2か月でした

妹が息を引き取る前の晩 私は彼女の枕元にいました 妹は小さく痩せており 首元が脈打っているのが見えました それは私の血 彼女の血 私たちの血でもありました 妹が死んだ時 私の一部も死にました

私が意味を持たせたいと願ったのは お互いと一つになることで 私たちがより私たちらしくなれたことです 私たちのあるがままの魂です 過去の苦痛に面と向かって 心を開くことにより ようやくお互いの心に到達しえたのです 時を踏み越え 私たちは永遠に繋がりました

妹が残してくれたものは数えきれません 締めくくりに 皆さんに そのうちの一つをお届けします 皆さんは生きるか死ぬかの状況を 待つ必要はありません 大切な人間関係を 浄化することはできます 魂の真髄を相手に渡し 相手の中にそれを見出すのです 誰にでもできることです 新種の救急救命士のように 勇敢に最初の一歩を踏み出すのです 誰かに対して 拒絶し攻撃するのではなく 行動を起こし努力する事はできます 姉妹に対しても 配偶者に対しても 友人や同僚に対しても可能です 身の周りのすべての断絶や 不協和音に対しても同様です 世界中の魂に対しても 同じことが言えるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画