TED日本語 - ダン・パロッタ: 私たちが夢見てこなかった大胆な夢

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダン・パロッタ: 私たちが夢見てこなかった大胆な夢

TED Talks

私たちが夢見てこなかった大胆な夢
The dream we haven't dared to dream
ダン・パロッタ
Dan Pallotta

内容

あなたの夢は何でしょうか?できれば、果たせなかった夢についても聞かせて下さい。技術の発展に対してのみならず、人間性の発展についてわくわくして、関心を持ち、科学的に捉える時代をダン・パロッタは夢見ます。「私たちにとって一番恐ろしいことは、真の可能性を実現する機会が否定されることだ」パロッタはこう続けます。「人間とは恐れとともに生きるものなのだから、互いに実存に伴う深い恐れを理解し、また互いを大胆に愛し合う世界を思い描こうではないか」

Script

When I think about dreams, like many of you, I think about this picture. I was eight when I watched Neil Armstrong step off the Lunar Module onto the surface of the Moon. I had never seen anything like it before, and I've never seen anything like it since.

We got to the Moon for one simple reason: John Kennedy committed us to a deadline. And in the absence of that deadline, we would still be dreaming about it. Leonard Bernstein said two things are necessary for great achievement: a plan and not quite enough time.

(Laughter)

Deadlines and commitments are the great and fading lessons of Apollo. And they are what give the word "moonshot" its meaning. And our world is in desperate need of political leaders willing to set bold deadlines for the achievement of daring dreams on the scale of Apollo again.

When I think about dreams, I think about the drag queens of LA and Stonewall and millions of other people risking everything to come out when that was really dangerous, and of this picture of the White House lit up in rainbow colors, yes --

(Applause) --

celebrating America's gay and lesbian citizens' right to marry. It is a picture that in my wildest dreams I could never have imagined when I was 18 and figuring out that I was gay and feeling estranged from my country and my dreams because of it.

I think about this picture of my family that I never dreamed I could ever have --

(Applause) --

and of our children holding this headline I never dreamed could ever be printed about the Supreme Court ruling.

We need more of the courage of drag queens and astronauts.

(Laughter)

(Applause)

But I want to talk about the need for us to dream in more than one dimension, because there was something about Apollo that I didn't know when I was 8, and something about organizing that the rainbow colors over. Of the 30 astronauts in the original Mercury, Gemini and Apollo programs, only seven marriages survived. Those iconic images of the astronauts bouncing on the Moon obscure the alcoholism and depression on Earth.

Thomas Merton, the Trappist monk, asked during the time of Apollo, "What can we gain by sailing to the moon if we are not able to cross the abyss that separates us from ourselves?" And what can we gain by the right to marry if we are not able to cross the acrimony and emotional distance that so often separates us from our love? And not just in marriage. I have seen the most hurtful, destructive, tragic infighting in LGBT and AIDS and breast cancer and non-profit activism, all in the name of love.

Thomas Merton also wrote about wars among saints and that "there is a pervasive form of contemporary violence to which the idealist most easily succumbs: activism and overwork. The frenzy of our activism neutralizes our work for peace. It destroys our own inner capacity for peace." Too often our dreams become these compartmentalized fixations on some future that destroy our ability to be present for our lives right now. Our dreams of a better life for some future humanity or some other humanity in another country alienate us from the beautiful human beings sitting next to us at this very moment.

Well, that's just the price of progress, we say. You can go to the Moon or you can have stability in your family life. And we can't conceive of dreaming in both dimensions at the same time. And we don't set the bar much higher than stability when it comes to our emotional life. Which is why our technology for talking to one another has gone vertical, our ability to listen and understand one another has gone nowhere. Our access to information is through the roof, our access to joy, grounded. But this idea, that our present and our future are mutually exclusive, that to fulfill our potential for doing we have to surrender our profound potential for being, that the number of transistors on a circuit can be doubled and doubled, but our capacity for compassion and humanity and serenity and love is somehow limited is a false and suffocating choice.

Now, I'm not suggesting simply the uninspiring idea of more work-life balance. What good is it for me to spend more time with my kids at home if my mind is always somewhere else while I'm doing it? I'm not even talking about mindfulness. Mindfulness is all of a sudden becoming a tool for improving productivity.

(Laughter)

Right?

I'm talking about dreaming as boldly in the dimension of our being as we do about industry and technology. I'm talking about an audacious authenticity that allows us to cry with one another, a heroic humility that allows us to remove our masks and be real. It is our inability to be with one another, our fear of crying with one another, that gives rise to so many of the problems we are frantically trying to solve in the first place, from Congressional gridlock to economic inhumanity.

(Applause)

I'm talking about what Jonas Salk called an Epoch B, a new epoch in which we become as excited about and curious about and scientific about the development of our humanity as we are about the development of our technology.

We should not shrink from this opportunity simply because we don't really understand it. There was a time when we didn't understand space. Or because we're more used to technology and activism. That is the very definition of being stuck in a comfort zone. We are now very comfortable imagining unimaginable technological achievement. In 2016, it is the dimension of our being itself that cries out for its fair share of our imagination.

Now, we're all here to dream, but maybe if we're honest about it, each of us chasing our own dream. You know, looking at the name tags to see who can help me with my dream, sometimes looking right through one another's humanity. I can't be bothered with you right now. I have an idea for saving the world. Right?

(Laughter)

Years ago, once upon a time, I had this beautiful company that created these long journeys for heroic civic engagement. And we had this mantra: "Human. Kind. Be Both." And we encouraged people to experiment outrageously with kindness. Like, "Go help everybody set up their tents." And there were a lot of tents.

(Laughter)

"Go buy everybody Popsicles." "Go help people fix their flat tires even though you know the dinner line is going to get longer."

And people really took us up on this, so much so that if you got a flat tire on the AIDS ride, you had trouble fixing it, because there were so many people there asking you if you needed help.

For a few days, for tens of thousands of people, we created these worlds that everybody said were the way they wish the world could always be. What if we experimented with creating that kind of world these next few days? And instead of going up to someone and asking them, "What do you do?" ask them, "So what are your dreams?" or "What are your broken dreams?" You know, "TED." Tend to Each other's Dreams.

(Applause)

Maybe it's "I want to stay sober" or "I want to build a tree house with my kid." You know, instead of going up to the person everybody wants to meet, go up to the person who is all alone and ask them if they want to grab a cup of coffee.

I think what we fear most is that we will be denied the opportunity to fulfill our true potential, that we are born to dream and we might die without ever having the chance.

Imagine living in a world where we simply recognize that deep, existential fear in one another and love one another boldly because we know that to be human is to live with that fear. It's time for us to dream in multiple dimensions simultaneously, and somewhere that transcends all of the wondrous things we can and will and must do lies the domain of all the unbelievable things we could be.

It's time we set foot into that dimension and came out about the fact that we have dreams there, too. If the Moon could dream, I think that would be its dream for us. It's an honor to be with you.

Thank you very much.

(Applause)

皆さんと同じだと思いますが 夢について考える時 この写真のことを考えます ニール・アームストロングの月面着陸を見た時 私は8歳でした 月着陸船から降り 月面に足を踏み出したのです それまで見たことのない光景でした 以降 同じような光景を 見た事がありません

人類が月を目指したのには 1つの単純な理由がありました ケネディー大統領が期限を設け 公約にしたのです 仮に 期限が 設けられていなかったとしたら 今もなお 月面着陸の夢を 見続けていたことでしょう 作曲家レナード・バーンスタインによると 偉大なる功績には2つのことが必要であるそうです 計画と 不十分な時間だと

(笑)

期限と公約という アポロ計画から得られた教訓は 偉大ですが消えかけています それこそ「月ロケット打ち上げ」という言葉に 意味を与えました そして 世界が望むのは アポロ計画と同じレベルの ― 大胆な夢の達成に対し 思い切った期限を 自ら掲げてくれる政治指導者です

夢について考える時 LAやストーンウォールの反乱で戦った ドラッグクイーンや あらゆることがリスクに晒される 危険な時期だったのに カミングアウトに踏みきった 何百万もの人のことや この写真の 虹色に照らされた ホワイトハウスのことを考えます そうです

(拍手)

アメリカで同性婚が認められたことを 祝福しているのです 私が夢にも思わなかった写真です 18歳の時 自分がゲイであることを 自覚し始めました それが理由で 自分の国と 自分の夢に対して 疎外感がありました

この家族写真を見ると思いますが 家族を持てるとは 夢にも思っていませんでした

(拍手)

最高裁の判決が記事となり 子供達がその新聞の見出しを手にする姿など 夢にも思っていませんでした

私たちには ドラッグクイーンや宇宙飛行士と 同じ勇気がもっと必要です

(笑)

(拍手)

ですが 私がお話ししたいことは ある一面を超えたところで 私たちが夢をもつ必要性についてです 私が8歳の時には知らなかったことが アポロ計画にあり あの虹色を実現する上でも同じく 何かがあるからです マーキュリー、ジェミニ、アポロ計画に関わった 30人の宇宙飛行士の中で 結婚が続いたのは7人だけでした 月面を跳ねるあの伝説的な 宇宙飛行士のイメージが 地球でのアルコール依存症やうつ病の存在を ぼやかしてしまいました

トラピストの修道士トマス・マートンが アポロ計画時 こう問いかけました 「私たちと私たちの自己を分断している溝を 越えることができないのなら 月へ飛行したからといって 何を得られるのか?」 また ひんぱんに 私たちを愛から切り離してしまう ― 辛らつな態度や感情的な隔たりを 越えることができないのなら 結婚する権利で私たちは 何を得られるのでしょう? 結婚に限った話ではありません LGBTやAIDS、乳がん、NPO機関での 愛の名のもとに起こった 心の痛む 破壊的で悲劇的な内紛を 目にしてきました

トマス・マートンは聖者間で起こる 争いについてもこう書きました 「現代の暴力にはある形式がまん延しており 理想主義者は実に容易に屈してしまう それは“行動主義”と“過労”である 我々の行動主義の狂乱は 平和のための活動を無力化し 内面にあった平和への能力を 壊してしまう」 しばしば私たちの夢は ある未来に対して このように細分化された 強迫観念となります それは今を生きるために存在する力を 壊してしまいます 未来の人々や 異国に住む他の人々が より良い生活を送るという夢が それが今身近に暮らす 美しい人から 私たちを遠ざけているのです

それは進歩の代償なんだ とも言えます 月へ行くか 安定した家庭を維持するかのどちらかです どちらも同時に 両方の面において 夢見ることはできません 人生の感情面のことになると 安定という以上の高い基準を 定めたりはしないものです それゆえ 互いに話しを伝える技術は 急速に加速する一方で 互いに話を聞き 理解する能力は 昔のままです 情報へのアクセスは 屋根を突き抜けるほど加速しますが 喜びへ至る手段は 地面に張り付いたままです でもそういう考え ― 現在と未来はお互いに重複しないものだとか 我々の可能性を 行動によって実現するためには 人間の存在としての深い可能性の方は 諦めなければならないだとか 回路のトランジスタ数は どんどん倍増するけれど 我々の思いやり、人間性、安らぎ、愛の能力は たかだか限られたものにすぎにないだとか そういう考えは誤りで 息の詰まりそうな選択を迫るものです

さらなる「ワーク・ライフ・バランス」をといった 退屈な提案を しているわけではありません 家で子供と過ごす時 心ここにあらずであれば 何のためになるでしょうか マインドフルネスのことではありません マインドフルネスも 突然 生産性を向上する ツールになりましたが ―

(笑)

ですよね?

産業や技術の分野で夢見たのと同じように 我々の存在に関して大胆に夢見ることについて 話しているのです 大胆なほどの信頼に基づいて 互いに涙を流すことができるようなこと ― 勇敢なほどの謙虚さに基づいて 仮面を脱いで素のままで振る舞えることの話です そもそも 互いに一緒にいることができない 私たちの無力さや 互いに涙を流すことへの恐れから 議会での議論の手詰まりや 経済の非人間的な側面などの 解決しようと必死の努力をしている 問題が生じたのです

(拍手)

医学者のジョナス・ソークが 「エポックB」と呼んでいました 「新しい時代では 技術の発展と同様に 私たちは人間性の発展に対して わくわくして 関心をもち、科学的になる」と

単純に理解できないからという理由で このチャンスに尻込みするべきではありません 人類が宇宙を理解していなかった時代も ありましたから 技術だとか 行動主義に慣れている というのも理由にはなりません それは 安全地帯から 抜け出せない状況の定義そのものです 私たちは 想像もつかない技術による偉業の達成を 想像するだけで満足してしまっています 2016年の今 我々の存在そのものという面についても 十分な想像をめぐらせることが 求められています

我々は夢を見るためにこの場にいます ですが 正直になると それぞれが自分の夢を追っています お互いの名札を見て 誰が自分の夢を 手伝ってくれるかチェックしているのです そこで お互いの人間性も 見えてくるでしょう 「話しかけないでください 世界を救うことを考えてるんだから」とか そうでしょう?

(笑)

ずっと昔に 大規模な市民参加のイベントで ご覧のような長旅をする 素晴らしい会社を経営していました 会社の標語はこうでした 「人間性、思いやり、その両者を目指せ」 そして ものすごく親切にする実験を 勧めました 例えば「皆のテント張りを手伝いなさい」などです そこでたくさんのテントが出来上がりました

(笑)

「皆にアイスを買ってあげなさい」 「夕食が遅くなってしまうと分かっていても パンクしたタイヤを直してあげなさい」と

皆がこれを実行したことで 「AIDSライド」中にタイヤがパンクして 困っていても 助けが必要かを聞いてくれる人が たくさんいます

数日間で 何万人もの人たちにとって誰もが 世界がずっとこうあって欲しいと願う世界を 私たちは作り上げました これからの数日間で同じような世界を 作るとどうなるでしょう? 「お仕事は何ですか?」と尋ねる代わりに こう聞いてみてください 「あなたの夢は何ですか?」 「果たせなかった夢は何ですか?」と “TED”は“人の夢を手伝う”の略にもなります

(拍手)

夢が例えば「シラフでいたい」であったり 「子供とツリーハウスを建てたい」ということもあるでしょう 誰もが会いたいと願うような人に 話をしに行く代わりに 一人ぼっちでいる人のところへ行って 一緒にコーヒーでもどうかと誘ってみましょう

私たちが最も恐れているのは 我々の真の可能性である 生まれながらにして夢を見るという能力を 実現する機会が否定され その機会を得ることがないまま 死ぬかもしれないことです

思い描いてみてください 互いに 実存的な深い恐れを持ちながらも お互いが大胆に愛し合う世界に住んでいることを 何故なら 人間とはその恐れと共に生きることであると 知っているからです さまざまな面において同時に夢を見るべき時がきました 我々に可能な、いずれ可能になる、なさねばならない 素晴らしいことは いろいろとありますが それを超越したところに 我々が実現できるかもしれない 信じられないようなことがあります

その領域へ足を踏み入れる時がきたのです そこに夢があるという事実を 明らかにする時でもあります もし あの月が夢を見ることができたら 月の見る夢は私たちにとっての夢になるでしょう この場にいることを光栄に思います

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画