TED日本語 - アナブ・ジェイン: いくつもの未来を想像しておくべき理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アナブ・ジェイン: いくつもの未来を想像しておくべき理由

TED Talks

いくつもの未来を想像しておくべき理由
Why we need to imagine different futures
アナブ・ジェイン
Anab Jain

内容

アナブ・ジェインは未来を現在に持ち込むことを仕事にしています。私たちが日々生み出しつつある世界の可能性を、実際に触れて、目で見て感じ取れる体験として提示するのです。たとえば、インテリジェントな機械が通りをパトロールしたり、自分の持つ遺伝子データに応じて医療サービスに差がついたりする世界を、私たちは望んでいるのでしょうか?ジェインのプロジェクトは、望ましい世界を求めて戦うことの重要性を示しています。ジェインの驚くべきトークには、いくつものあり得る未来が垣間見えます。

Script

I visit the future for a living. Not just one future, but many possible futures, bringing back evidences from those futures for you to experience today. Like an archaeologist of the future. Over the years, my many journeys have brought back things like a new species of synthetically engineered bees; a book named, "Pets as Protein;" a machine that makes you rich by trading your genetic data; a lamp powered by sugar; a computer for growing food.

OK, so I don't actually travel to different futures -- yet. But my husband Jon and I spend a lot of time thinking and creating visions of different futures in our studio. We are constantly looking out for weak signals, those murmurs of future potential. Then we trace those threads of potential out into the future, asking: What might it feel like to live in this future? What might we see, hear and even breathe? Then we run experiments, build prototypes, make objects, bringing aspects of these futures to life, making them concrete and tangible so you can really feel the impact of those future possibilities here and now. But this work is not about predictions. It's about creating tools -- tools that can help connect our present and our future selves so we become active participants in creating a future we want -- a future that works for all.

So how do we go about doing this? For a recent project called Drone Aviary, we were interested in exploring what it would mean to live with drones in our cities. Drones that have the power to see things we can't, to go places we can't and to do so with increasing autonomy. But to understand the technology, getting our hands dirty was crucial. So we built several different drones in our studio. We gave them names, functions and then flew them -- but not without difficulty. Things came loose, GPS signals glitched and drones crashed. But it was through such experimentation that we could construct a very concrete and very experiential slice of one possible future.

So now, let's go to that future. Let's imagine we are living in a city with drones like this one. We call it The Nightwatchman. It patrols the streets, often spotted in the evenings and at night. Initially, many of us were annoyed by its low, dull hum. But then, like everything else, we got used to it. Now, what if you could see the world through its eyes? See how it constantly logs every resident of our neighborhood; logging the kids who play football in the no-ballgame area and marking them as statutory nuisances.

(Laughter)

And then see how it disperses this other group, who are teenagers, with the threat of an autonomously issued injunction. And then there's this giant floating disc called Madison. Its glaring presence is so overpowering, I can't help but stare at it. But if feels like each time I look at it, it knows a little more about me -- like it keeps flashing all these Brianair adverts at me, as if it knows about the holiday I'm planning. I'm not sure if I find this mildly entertaining or just entirely invasive.

Back to the present. In creating this future, we learned a lot. Not just about how these machines work, but what it would feel like to live alongside them. Whilst drones like Madison and Nightwatchman, in these particular forms, are not real yet, most elements of a drone future are in fact very real today. For instance, facial recognition systems are everywhere -- in our phones, even in our thermostats and in cameras around our cities -- keeping a record of everything we do, whether it's an advertisement we glanced at or a protest we attended. These things are here, and we often don't understand how they work, and what their consequences could be. And we see this all around us. This difficulty in even imagining how the consequences of our actions today will affect our future.

Last year, where I live, in the UK, there was a referendum where the people could vote for the UK to leave the EU or stay in the EU, popularly known as "Brexit." And soon after the results came out, a word began to surface called "Bregret" --

(Laughter)

describing people who chose to vote for Brexit as a protest, but without thinking through its potential consequences. And this disconnect is evident in some of the simplest things. Say you go out for a quick drink. Then you decide you wouldn't mind a few more. You know you'll wake up in the morning feeling awful, but you justify it by saying, "The other me in the future will deal with that." But as we find out in the morning, that future "you" is you.

When I was growing up in India in the late '70s and early '80s, there was a feeling that the future both needed to and could actually be planned. I remember my parents had to plan for some of the simplest things. When they wanted a telephone in our house, they needed to order it and then wait -- wait for nearly five years before it got installed in our house.

(Laughter)

And then if they wanted to call my grandparents who lived in another city, they needed to book something called a "trunk call," and then wait again, for hours or even days. And then abruptly, the phone would ring at two in the morning, and all of us would jump out of our beds and gather round the phone, shrieking into it, discussing general well-being at two in the morning.

Today it can feel like things are happening too fast -- so fast, that it can become really difficult for us to form an understanding of our place in history. It creates an overwhelming sense of uncertainty and anxiety, and so, we let the future just happen to us. We don't connect with that future "us." We treat our future selves as a stranger, and the future as a foreign land. It's not a foreign land; it's unfolding right in front of us, continually being shaped by our actions today. We are that future, and so I believe fighting for a future we want is more urgent and necessary than ever before.

We have learned in our work that one of the most powerful means of effecting change is when people can directly, tangibly and emotionally experience some of the future consequences of their actions today. Earlier this year, the government of the United Arab Emirates invited us to help them shape their country's energy strategy all the way up to 2050. Based on the government's econometric data, we created this large city model, and visualized many possible futures on it. As I was excitably taking a group of government officials and members of energy companies through one sustainable future on our model,one of the participants told me, "I can not imagine that in the future people will stop driving cars and start using public transport." And then he said, "There's no way I can tell my own son to stop driving his car."

But we were prepared for this reaction. Working with scientists in a chemistry lab in my home city in India, we had created approximate samples of what the air would be like in 2030 if our behavior stays the same. And so, I walked the group over to this object that emits vapor from those air samples. Just one whiff of the noxious polluted air from 2030 brought home the point that no amount of data can. This is not the future you would want your children to inherit. The next day, the government made a big announcement. They would be investing billions of dollars in renewables. We don't know what part our future experiences played in this decision, but we know that they've changed their energy policy to mitigate such a scenario.

While something like air from the future is very effective and tangible, the trajectory from our present to a future consequence is not always so linear. Even when a technology is developed with utopian ideals, the moment it leaves the laboratory and enters the world, it is subject to forces outside of the creators' control. For one particular project, we investigated medical genomics: the technology of gathering and using people's genetic data to create personalized medicine. We were asking: What are some of the unintended consequences of linking our genetics to health care? To explore this question further, we created a fictional lawsuit, and brought it to life through 31 pieces of carefully crafted evidence. So we built an illegal genetic clinic, a DIY carbon dioxide incubator, and even bought frozen mice on eBay.

So now let's go to that future where this lawsuit is unfolding, and meet the defendant, Arnold Mann. Arnold is being prosecuted by this global giant biotech company called Dynamic Genetics, because they have evidence that Arnold has illegally inserted the company's patented genetic material into his body. How on earth did Arnold manage to do that? Well, it all started when Arnold was asked to submit a saliva sample in this spit kit to the NHI -- the UK's National Health Insurance service. When Arnold received his health insurance bill, he was shocked and scared to see that his premiums had gone through the roof, beyond anything he or his family could ever afford.

The state's algorithm had scanned his genetic data and found the risk of a chronic health condition lurking in his DNA. And so Arnold had to start paying toward the potential costs of that future disease -- potential future disease from today. In that moment of fear and panic, Arnold slipped through the city into the dark shadows of this illegal clinic for treatment -- a treatment that would modify his DNA so that the state's algorithm would no longer see him as a risk, and his insurance premiums would become affordable again. But Arnold was caught. And the legal proceedings in the case Dynamic Genetics v. Mann began.

In bringing such a future to life, what was important to us was that people could actually touch, see and feel its potential, because such an immediate and close encounter provokes people to ask the right questions, questions like: What are the implications of living in a world where I'm judged on my genetics? Or: Who might claim ownership to my genetic data, and what might they do with it? If this feels even slightly out-there or farfetched, today there's a little-known bill being passed through the American congress known as HR 1313, Preserving Employee Wellness Programs Act. This bill proposes to amend the Genetic Information Nondiscrimination Act, popularly known as GINA, and would allow employers to ask about family medical history and genetic data to all employees for the first time. Those who refuse would face large penalties.

In the work I've shown so far, whether it was drones or genetic crimes, these stories describe troubling futures with the intention of helping us avoid those futures. But what about what we can't avoid? Today, especially with climate change, it looks like we are heading for trouble. And so what we want to do now is to prepare for that future by developing tools and attitudes that can help us find hope -- hope that can inspire action.

Currently, we are running an experiment in our studio. It's a work in progress. Based on climate data projections, we are exploring a future where the Western world has moved from abundance to scarcity. We imagine living in a future city with repeated flooding, periods with almost no food in supermarkets, economic instabilities, broken supply chains. What can we do to not just survive, but prosper in such a world? What food can we eat?

To really step inside these questions, we are building this room in a flat in London from 2050. It's like a little time capsule that we reclaimed from the future. We stripped it down to the bare minimum. Everything we lovingly put in our homes, like flat-panel TVs, internet-connected fridges and artisanal furnishings all had to go. And in its place, we're building food computers from abandoned, salvaged and repurposed materials, turning today's waste into tomorrow's dinner. For instance, we've just finished building our first fully automated fogponics machine. It uses the technique of fogponics -- so just fog as a nutrient, not even water or soil -- to grow things quickly. At the moment, we have successfully grown tomatoes. But we'll need more food than what we can grow in this small room. So what else could we forage from the city? Insects? Pigeons? Foxes?

Earlier, we brought back air from the future. This time we are bringing an entire room from the future, a room full of hope, tools and tactics to create positive action in hostile conditions. Spending time in this room, a room that could be our own future home, makes the consequences of climate change and food insecurity much more immediate and tangible.

What we're learning through such experiments and our practice and the people we engage with is that creating concrete experiences can bridge the disconnect between today and tomorrow. By putting ourselves into different possible futures, by becoming open and willing to embrace the uncertainty and discomfort that such an act can bring, we have the opportunity to imagine new possibilities. We can find optimistic futures; we can find paths forward; we can move beyond hope into action. It means we have the chance to change direction, a chance to have our voices heard, a chance to write ourselves into a future we want. Other worlds are possible.

Thank you.

(Applause)

私の仕事は未来を訪れること 単一の未来ではなく いくつもの可能な未来を見に行って そこから証拠を現在に持ち帰り 人々に体験してもらいます いわば未来に関する考古学者です 何年も前から繰り返し未来を訪れ いろいろな物を持ち帰りました 遺伝子工学で作り出した 新種のハチや 『Pets as Protein』(蛋白源としてのペット)という本や 自分の遺伝子データを売って 収入を得る装置 砂糖をエネルギー源とするランプ 食物を栽培するための コンピューターなどです

そう 実際にいろいろな未来世界に 旅するのではありません ― 今のところは 夫のジョンと私は 長い時間を工房で過ごし さまざまな未来のビジョンを 考え生み出しています 私たちは常に 微かなシグナルを ― 未来の可能性を告げる ささやきを探しています そして 未来へとつながる 可能性の糸をたどり 問いかけます こんな未来に生きていたら どんな感じがするだろう? どんなものを見聞きし 呼吸するだろう? それから 実験を行い 試作し 製作に取りかかります 未来のいろいろな側面に 命を吹き込み 手で触れられる 具体的な形にするのです 未来の可能性のインパクトを 皆さんが 今 ここで 感じられるように でも この仕事の主眼は 予測することではありません 狙いはツールを作ること ― 現在と未来の自分を 結びつけるのに役立つツールを作り 私たちの望む未来 ― すべての人の役に立つ未来に 私たちが積極的に 関われるようにすることです

では どんなふうに 取り組むのか? Drone Aviary(ドローン飼育場)という 最近のプロジェクトでは ドローンとともに 都市で暮らすというのが どういうことかを探ろうとしています ドローンは 私たちが見られないものを見たり 私たちが行けない場所に 行ったりでき しかも どんどん自律性が 高まっています でも この技術を理解するには じかに手を使って学ぶことが 欠かせません そこで 工房で何台か ドローンを組み立てました それぞれに名前をつけ 機能を与えて飛行させました すんなりとは行きません 部品がはずれたり GPS信号がうまく扱えなかったり 墜落したりしました でも こうした試行を重ねたおかげで 起こりうる未来の1つを 極めて具体的な形で 実験的に構成してみることができたのです

では そんな未来へ 行ってみましょう 私たちの暮らす都市に こんなドローンがあるとしましょう Nightwatchman(夜警)と呼ばれるドローンで 通りをパトロールする光景を 夕方や夜によく目にします 当初 飛行するドローンの低く鈍い音を 気にする人が多かったのですが どんな物事であれ 私たちはやがて慣れてしまいます さて ドローンの目を通して 世界を見るとどうなるでしょう? たとえば 近所の人々を 常にログに取り ボール遊び禁止の場所で サッカーをする子供がいたら 不法迷惑行為を働く者として 記録します

(笑)

こちらはまた別の若者グループで 今にも非行を阻止する措置が 発動されそうになっています こちらはマディソンと呼ばれる 大きな円盤型のドローンで 圧倒的な存在感があって つい じっと見つめてしまいます でも 私がこれを見るたびに 少しずつ私のことが 知られていくようです たとえば 私が休暇中に 旅行を計画しているのを察知して Brianairの広告を しきりに見せようとします こういう機能を 多少は面白く思ったらいいのか ひどい押しつけと思うべきか よく分かりません

現在に戻りましょう こんな未来を作ってみることで 私たちは多くを学びました こうしたマシンが どう機能するかだけでなく それとともに生きるのが どんな感じかがわかります MadisonやNightwatchmanのようなドローンは このままの形で 現実に存在するわけではありませんが 未来のドローンの基本的な要素は 既に現実化しています たとえば 顔認識システムは 至るところにあります 電話にも 室温のコントローラにも 街中の監視カメラにも組み込まれていて 私たちの一挙一動を記録しています どの広告を眺めたかや どんな抗議行動に参加したかもです こうした装置は既にあるのに それがどう機能し どんな結果をもたらす可能性があるかを 私たちはたいてい よく理解していません 私たちはこんな装置に取り囲まれています 現在の行動がもたらす結果を 想像することの難しさが 私たちの未来に影響を及ぼします

私の住んでいる イギリスでは去年 [2016年] EUに留まるか離脱するか ― いわゆる「Brexit」の 賛否を問う 国民投票が行われました 投票結果が明らかになるとすぐ 「Bregret」(英国の後悔)という言葉が 使われだしました

(笑)

抗議の意味を込めて EU離脱に賛成したものの 結果について十分考えなかった 人々の行動を指します こうした「断絶」は ごく単純なことにも はっきり現れています たとえば 軽く1杯 呑みにいくとしましょう そのうち もう何杯か 呑んでもいいなと思い直します 翌朝 ひどい気分で 目覚めるのがわかっていながら こう考えて正当化するのです 「その問題は 未来の自分に任せよう」 でも 次の朝が来ると気付くんです その「未来の自分」は 今の自分だと

私が育った 1970年代の終わりから 80年代初めのインドでは 未来についての計画は必要だし 実際に計画できるんだという 感覚がありました 私の両親は ごく単純なことにも 計画を立てなければなりませんでした 家に電話を引こうと考えた両親は 申し込んでから 延々と待たされました やっと工事が済んだのは 5年近く経ってからです

(笑)

しかも 別の市に住んでいる祖父母に 電話をかけようと思ったら 「長距離通話」の申し込みをして さらに何時間も ひどいときは何日も 待たされるのです そして夜中の2時に 突然 電話が鳴ると 私たちはみなベッドから飛び出して 電話のまわりに集まり 元気でやっているかどうかを 受話器に向かって大声で尋ねます 午前2時にですよ

昨今は 変化が あまりにもめまぐるしく 歴史の中で自らの置かれた位置を理解するのが 本当に難しくなっています そのために 不確実さや不安感に 押し潰されそうになって 未来はただ 成り行きに まかせるばかりです 私たちはまだ「未来の自分たち」を 自分のこととして感じていません 未来の自分を 見知らぬ人のように扱い 未来を異国の地のように扱っています 未来は異国ではありません 未来は今も目の前で 今の私たちの行動によって 少しずつ形作られていくのです 私たち自身が その未来なのです 自分の望む未来を求めて 戦う必要性が かつてないほど高まり 待ったなしの状況だと思います

私たちは活動を通して 変化を促す 最も強力な 手段の1つを学びました それは 手で触れることができ 感情に訴える 直接的な体験を通じて 現在の行動がもたらす未来の結果を 人々に知ってもらうことです 今年 私たちは アラブ首長国連邦(UAE)に招かれ 2050年までの エネルギー戦略の立案に 協力しました UAE政府の経済データに基づいて この大都市モデルを作成し いくつもの可能な未来の姿を 視覚化しました 政府職員やエネルギー企業の皆さんに 私たちのモデルで 持続可能な未来を 意気込んで説明していたとき 参加者の1人が私に言いました 「人々が自分で車を運転せず 公共輸送機関を使うようになる ― そんな未来は想像できません」 さらに続けて 「息子に車の運転をやめろなんて とても言えませんよ」とも

でも この反応は予想していました 私たちはインドの故郷の市で 化学研究所と協力して 人々の行動が このまま変わらなかった場合 2030年の空気がどうなるか 大まかに作ったサンプルを用意しました そして 空気のサンプルを噴き出す 装置のところへ このグループの人たちを 連れて行きました 汚染された2030年の空気を ちょっと嗅いでもらうだけで どんな膨大なデータからも得られない 実感が得られました こんなものは 誰も子どもに 引き継がせたくない未来です 翌日 UAE政府から 大きな発表がありました 再生可能エネルギーに 何十億ドルも投入するというのです この決定に 私たちの未来体験が どれだけ影響したかはわかりませんが そんなシナリオを緩和するために エネルギー政策を 変えたことは間違いありません

未来からの空気などは とても具体的で効果がありますが 私たちの現在から 未来の結果に至る経路は 常にそれほど直線的だとは限りません 高い理想を掲げて開発した テクノロジーであっても 研究室を離れて 現実の世界に入った瞬間から 開発者のコントロールが 効かなくなってしまいます 私たちは あるプロジェクトで メディカル・ゲノミクスを調査しました ヒトの遺伝子データを集めて 個別化医療に利用する研究です 私たちはこう問いかけました 遺伝子学とヘルスケアを結びつけると どんな予想もしない結果が 生じるだろうか? この問題をさらに深く考えるために 私たちは架空の訴訟を想定し 慎重に作り上げた31の証拠を 提示しました 非合法の遺伝子クリニックを作り 恒温培養器をDIYで組み立て eBayで冷凍マウスを 購入することまでしました

では この訴訟が行われている 未来に行って アーノルド・マン被告に 会っていただきましょう アーノルドを訴えたのは ダイナミック・ジェネティクスという バイオテクノロジーのグローバル企業で この会社が特許を持つ遺伝子物質を アーノルドが自分の体に 不法に取り込んだ 証拠があるというのです アーノルドはいったい どうしてそんなことを? 事の発端は アーノルドが唾液サンプルを このキットに採取して 英国の国民健康保険サービス(NHI)に 提出するよう求められたことでした 保険料の計算書が届いたとき 自分と家族にはとても払えない とんでもなく高い保険料が 請求されていることを知って アーノルドはショックを受けました

国の保険料算定システムが 遺伝子データをスキャンして 彼のDNAに潜む 慢性的疾患リスクを発見したのです 病気の治療にかかる 潜在的コストに備えて その支払いを 今日から始めよというのです 恐怖のあまり パニックに陥ったアーノルドは 裏社会に足を踏み入れ 非合法クリニックでの 処置を求めました 自分のDNAに手を加え 保険料の算定アルゴリズムに リスクと見なされないようにして 高額な保険料請求を 免れようとしたのでした でも この行為は露見して 「ダイナミック・ジェネティクス対マン訴訟」 が始まったのです

このような未来を提示するにあたって 私たちが重視したのは 人々がそうした可能性に触れ 目で見て感じ取れるようにすること ― なぜなら 間近でじかに 未来と出合うことで 正しい質問を発せられるからです たとえば ― 人が遺伝子に基づいて判断される世界では どんなことが起きるのか? 私の遺伝子データの権利は 誰が持っていて 彼らはそれをどう扱うのか? あり得ないとか 飛躍しすぎだとか お考えかもしれませんが 米国議会では今 ある目立たない法律が 成立しかかっています 「従業員健康維持プログラム保護法」(HR 1313)というものです これは 遺伝子情報差別禁止法 ― 通称GINAを修正するもので 雇用者が全従業員に対し 家族の医療情報と遺伝子データを 開示するよう求めることを認める 初めての法案です 開示を拒否した場合 大きなペナルティが科されるでしょう

ここまで見ていただいたプロジェクトでは ドローンにしろ 遺伝子に関わる犯罪にしろ 望まない未来を回避できるようにするため 未来のやっかいな面を 提示していました でも回避できないものについては? 現在 私たちは 特に気候変動の面で 難局に向かって突き進んでいるように見えます ですから 今 私たちがやりたいのは そうした未来に備えること 希望を ― 行動のきっかけとなる 希望を見出す力となるツールや態度を 用意し 育む取り組みです

現在 私たちは工房で ある実験をしています まだ進行中ですが 気候データの予測に基づいて 西洋が豊かさを失い 物資が乏しくなった 未来の世界を研究しています 洪水が頻繁に起こり スーパーにほとんど食料がなく 経済は不安定で サプライチェーンは崩壊 ― ただ生き延びるだけでなく 繁栄する術はないものでしょうか? 何を食べられるでしょう?

この問題を深く追究するために 私たちは2050年のロンドンを想定した アパートの部屋を作っています 未来から持ち込んだ 小さなタイムカプセルみたいなもので 最小限必要なものだけに絞り込んだので 私たちがぜひ家庭にほしいと思うようなものは ― 薄型テレビも インターネット接続付きの冷蔵庫も 職人技の光る家具も まったく置けません その代わりに私たちは フード・コンピュータを 廃品や拾った材料などを再利用して 組み立てています 現在の廃棄物を 明日の食料に変えるのです たとえば 1号機が完成したばかりの 全自動フォグポニックス(噴霧耕)・マシンです 水も土も使わず 肥料を霧状に噴霧する フォグポニックスの技術を使って 作物を急速に育てます 今のところ トマトの栽培に成功しています でも この小さな部屋で 栽培できる量では足りません 都市で確保できる食料は 他にないでしょうか? 昆虫? ハト? キツネ?

前に私たちは 未来から 空気を持ち帰りました 今回は1部屋まるごと 持ってこようとしています 厳しい環境条件の中で 積極的な行動を起こすための 希望とツールと戦術の詰まった部屋です 私たちの未来の家になるかもしれない この部屋で過ごしてみると 気候変動や食料不足の もたらす結果を 直接 現実のものとして実感できできます

こうした実験や実践 また人々との交流を通じて 私たちが学んでいるのは 具体的な体験を作り出すことによって 切り離された現在と未来の 橋渡しができるということです いくつもの可能な未来に 自分の身を置いてみて 私たちの行動が招くかもしれない 不安や不快を 心を開いて受け入れてみることにより 新たな可能性を想像する 機会が得られるのです より楽観的な未来を見つけることができます 前に進む道を見つけられます 希望を行動に結びつけることができます つまり 私たちには 方向転換のチャンスがある ― 声を上げて 私たちの望む未来に 自分の意思を書き込む チャンスがあるということです 別の世界もあり得るのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画