TED日本語 - チャールズ・C・マン: 人口が100億人に達する地球でどう生き延びるか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - チャールズ・C・マン: 人口が100億人に達する地球でどう生き延びるか?

TED Talks

人口が100億人に達する地球でどう生き延びるか?
How will we survive when the population hits 10 billion?
チャールズ・C・マン
Charles C. Mann

内容

2050年までには、世界人口が100億人に到達すると推定されています。その状況の中で、全ての人の基本的ニーズを満たしながら、気候変動の最悪の影響を避けるには、どうすればいいのでしょうか?ウィットと知恵一杯のトークを通し、科学ジャーナリストのチャルーズ・C・マンは、それぞれの解決策を分析して、答えは魔術師と予言者という2つの陣営に分類できることを突き止めます。同時に、生存する為の最適な選択に関する自らの見解を話してくれます。

Script

How are we doing? No, no, no, by that, I meant, how are we, homo sapiens "we" ...

(Laughter)

doing as a species?

(Laughter)

Now the typical way to answer that question is this. You choose some measure of human physical well-being: average longevity, average calories per day, average income, overall population, that sort of thing, and draw a graph of its value over time. In almost every case, you get the same result. The line skitters along at a low level for millennia, then rockets up exponentially in the 19th and 20th century. Or choose a measure of consumption: consumption of energy, consumption of fresh water, consumption of the world's photosynthesis, and draw a graph of its value over time. In the same way, the line skitters along at a low level for millennia, then rockets up exponentially in the 19th and 20th century.

Biologists have a word for this: outbreak. An outbreak is when a population or species exceeds the bounds of natural selection. Natural selection ordinarily keeps populations and species within roughly defined limits. Pests, parasites, lack of resources prevent them from expanding too much. But every now and then, a species escapes its bounds. Crown-of-thorns starfish in the Indian Ocean, zebra mussels in the Great Lakes, spruce budworm here in Canada. Populations explode, a hundredfold, a thousandfold, a millionfold. So here's a fundamental lesson from biology: outbreaks in nature don't end well.

(Laughter)

Put a couple of protozoa into a petri dish full of nutrient goo. In their natural habitat, soil or water, their environment constrains them. In the petri dish, they have an ocean of breakfast and no natural enemies. They eat and reproduce, eat and reproduce, until bang, they hit the edge of the petri dish, at which point they either drown in their own waste, starve from lack of resources, or both. The outbreak ends, always, badly.

Now, from the viewpoint of biology, you and I are not fundamentally different than the protozoa in the petri dish. We're not special. All the things that we, in our vanity, think make us different -- art, science, technology, and so forth, they don't matter. We're an outbreak species, we're going to hit the edge of the petri dish, simple as that.

Well, the obvious question: Is this actually true? Are we in fact doomed to hit the edge of the petri dish? I'd like to set aside this question for a moment and ask you guys another one. If we are going to escape biology, how are we going to do it? In the year 2050, there will be almost 10 billion people in the world, and all of those people will want the things that you and I want: nice cars, nice clothes, nice homes, the odd chunk of Toblerone. I mean, think of it: Toblerone for 10 billion people. How are we going to do this? How are we going to feed everybody, get water to everybody, provide power to everybody, avoid the worst impacts of climate change?

I'm a science journalist, and I've been asking these questions to researchers for years, and in my experience, their answers fall into two broad categories, which I call "wizards" and "prophets." Wizards, techno-whizzes, believe that science and technology, properly applied, will let us produce our way out of our dilemmas. "Be smart, make more," they say. "That way, everyone can win." Prophets believe close to the opposite. They see the world as governed by fundamental ecological processes with limits that we transgress to our peril. "Use less, conserve," they say. "Otherwise, everybody's going to lose." Wizards and prophets have been butting their heads together for decades, but they both believe that technology is key to a successful future. The trouble is, they envision different types of technology and different types of futures.

Wizards envision a world of glittering, hyperefficient megacities surrounded by vast tracts of untouched nature, economies that have transitioned from atoms to bits, dematerialized capitalist societies that no longer depend on exploiting nature. Energy, to wizards, comes from compact nuclear plants; food from low-footprint farms with ultraproductive, genetically modified crops tended by robots; water from high-throughput desalination plants, which means we no longer exploit rivers and aquifers. Wizards envision all 10 billion of us packed into ultradense but walkable megacities, an urbanized world of maximum human aspiration and maximum human liberty.

Now, prophets object to every bit of this. You can't dematerialize food and water, they point out. They say, you can't eat bits, and industrial agriculture has already given us massive soil erosion, huge coastal dead zones and ruined soil microbiomes. And you wizards, you want more of this? And those giant desalination plants? You know they generate equally giant piles of toxic salt that are basically impossible to dispose of. And those megacities you like? Can you name me an actually existing megacity that really exists in the world today, except for possibly Tokyo, that isn't a cesspool of corruption and inequality? Instead, prophets pray for a world of smaller, interconnected communities, closer to the earth, a more agrarian world of maximum human connection and reduced corporate control. More people live in the countryside in this vision, with power provided by neighborhood-scale solar and wind installations that disappear into the background. Prophets don't generate water from giant desalination plants. They capture it from rainfall, and they reuse and recycle it endlessly. And the food comes from small-scale networks of farms that focus on trees and tubers rather than less productive cereals like wheat and rice.

Above all, though, prophets envision people changing their habits. They don't drive to work, they take their renewable-powered train. They don't take 30-minute hot showers every morning. They eat, you know, like Michael Pollan says, real food, mostly plants, not too much. Above all, prophets say submitting to nature's restraints leads to a freer, more democratic, healthier way of life.

Now, wizards regard all this as hooey. They see it as a recipe for narrowness, regression, and global poverty. Prophet-style agriculture, they say, only extends the human footprint and shunts more people into low-wage agricultural labor. Those neighborhood-run solar facilities, they sound great, but they depend on a technology that doesn't exist yet. They're a fantasy. And recycling water? It's a brake on growth and development. Above all, though, wizards object to the prophets' emphasis on wide-scale social engineering, which they see as deeply anti-democratic.

If the history of the last two centuries was one of unbridled growth, the history of the coming century may well be the choice we make as a species between these two paths. These are the arguments that will be resolved, in one way or another, by our children's generation, the generation that will come into the world of 10 billion.

Now, but wait, by this point, biologists should be rolling their eyes so loud you can barely hear me speak. They should be saying, all of this, wizards, prophets, it's a pipe dream. It doesn't matter which illusory path you think you're taking. Outbreaks in nature don't end well. I mean, you think the protozoa see the edge of the petri dish approaching and say, "Hey guys, time to change society"? No. They just let her rip. That's what life does, and we're part of life. We'll do the same thing. Deal with it.

Well, if you're a follower of Darwin, you have to take this into consideration. I mean, the basic counterargument boils down to: "We're special." How lame is that?

(Laughter)

I mean, we can accumulate and share knowledge and use it to guide our future. Well, are we actually doing this? Is there any evidence that we're actually using our accumulated, shared knowledge to guarantee our long-term prosperity? It's pretty easy to say no.

If you're a wizard, and you believe that hyperproductive, genetically engineered crops are key to feeding everyone in tomorrow's world, you have to worry that 20 years of scientists demonstrating that they are safe to consume has failed to convince the public to embrace this technology. If you're a prophet and you believe that key to solving today's growing shortage of fresh water is to stop wasting it, you have to worry that cities around the world, in rich places as well as poor, routinely lose a quarter or more of their water to leaky and contaminated pipes. I mean, Cape Town, just a little while ago, almost ran out of water. Cape Town loses a third of its water to leaky pipes. This problem has been getting worse for decades, and remarkably little has been done about it.

If you're a wizard, and you think that clean, abundant, carbon-free nuclear power is key to fighting climate change, then you have to worry that the public willingness to build nukes is going down. If you're a prophet, and you think that the solution to the same problem is these neighborhood-run solar facilities shuttling power back and forth, you have to worry that no nation anywhere in the world has devoted anything like the resources necessary to develop this technology and deploy it in the time that we need it. And if you're on either side, wizard or prophet, you have to worry that, despite the massive alarm about climate change, the amount of energy generated every year from fossil fuels has gone up by about 30 percent since the beginning of this century.

So, still think we're different than the protozoa? Still think we're special? Actually, it's even worse than that.

(Laughter)

We're not in the streets. No seriously, if there's a difference between us and the protozoa, a difference that matters, it's not just our art and science and technology and so forth -- it's that we can yell and scream, we can go out into the streets, and, over time, change the way society works, but we're not doing it. Wizards have been arguing literally for decades that nuclear power is key to resolving climate change. But the first pro-nuke march in history occurred less than two years ago, and it was dwarfed by the anti-nuke marches of the past. Prophets have been arguing, again literally for decades, that conservation is key to keeping freshwater supplies without destroying the ecosystems that generate those freshwater supplies. But in the history of humankind, there has never been a street full of angry protesters waving signs about leaky pipes. In fact, most of the political activity in this sphere has been wizards and prophets fighting each other, protesting each other rather than recognizing that they are, fundamentally, on the same side. After all, these people are concerned about the same thing: How are we going to make our way in the world of 10 billion?

The first step towards generating that necessary social movement, creating that critical mass and getting that yelling and screaming going seems obvious: wizards and prophets join together. But how are you going to do this, given the decades of hostility?

One way might be this: Each side agrees to accept the fundamental premises of the other. Accept that nuclear power is safe and carbon-free, and that uranium mines can be hideously dirty and that putting large volumes of toxic waste on rickety trains and shuttling them around the countryside is a terrible idea. To me, this leads rather quickly to a vision of small, neighborhood scale, temporary nukes, nuclear power as a bridge technology while we develop and deploy renewables. Or accept that genetically modified crops are safe and that industrial agriculture has caused huge environmental problems. To me, this leads rather quickly to a vision of plant scientists devoting much more of their attention to tree and tuber crops, which can be much more productive than cereals, use much less water than cereals, and cause much less erosion than cereals.

These are just ideas from a random journalist. I'm sure there's a hundred better ones right here in this room. The main point is, wizards and prophets working together have many paths to success. And success would mean much more than mere survival, important though that is. I mean, if humankind somehow survives its own outbreak, if we get food to everybody, get water to everybody, get power to everybody, if we avoid the worst effects of climate change, if we somehow safeguard the biome, it would be amazing. It would say, I think, even to a hardened cynic like me, maybe we really are special.

Thank you.

(Applause)

調子はどうですか? イヤ この質問の意味は 「私たち」ホモ・サピエンスの調子 ―

(笑)

生物としての調子です

(笑)

通常ですとこの質問に こう答えると思います まず人間の身体的な健康生活を 評価する基準 ― 平均寿命 1日当たりの平均カロリー 平均収入 総人口 といった基準を取り上げて ある期間における 数値変動をグラフにすると ほとんどの場合 同じような結果が表れます 値は数千年間 低迷し 19世紀と20世紀になると 飛躍的に上昇します または消費量という基準 ― エネルギーの消費量 真水の消費量 世界の光合成の消費量を取り上げて ある期間における 数値変動をグラフにすると 同じように数千年間と低迷し 19世紀と20世紀になると 指数関数的に上昇します

このような状態の生物学的な表現が 「大量発生」 大量発生とは ある生物の個体数や種の数が 自然選択の限界を超えた状態です 通常 自然選択は 生物の個体数や種の数を ある一定の範囲にとどめます 有害生物や寄生虫 資源不足の働きで 増加しすぎることはありません ところが時折 通常の限度を 超える種が現れます インド洋のオニヒトデや 五大湖のゼブラガイ カナダのトウヒノシントメハマキが その例です 生物の個体数が膨れ上がります 百倍 千倍 百万倍の規模で そこで生物学の基本的な教訓ですが ― 自然界の大量発生は 良い結果に終わりません

(笑)

原生動物数匹を 栄養素の入った培養皿に入れます 自然の生息地では 土や水 環境から制限を受けますが 培養皿の中には 見渡す限り 餌があり 天敵もいません 食事と繁殖を繰り返しているうちに 培養皿の端に「バン」とぶち当たります その時点で自らの老廃物に溺れるか 栄養素の不足で餓死するか 両方に見舞われます 大量発生はいつも最悪の結末になります

生物学の観点からですと ヒトは基本的に 培養皿の原生動物と違いません 人間は特別ではないのです 虚栄心により 人間が自らを 優れた存在と思わせるもの ― 芸術 科学 技術等は ここでは重要ではありません 私達も大量発生した種に過ぎず いつか培養皿の端につき当たります 単純です

ここで明白な疑問が生じます 本当にそうなるのでしょうか? 私達は培養皿の端につき当たる 絶望的な運命にあるのでしょうか? この質問を 一旦横に置いて 皆さんに違う質問をします 生物学的な結末を逃れるには どうすれば良いか? 2050年には 世界人口が約100億人に到達します その全ての人が あなたや私と同じものを要求します 高級車 上等な服 素晴らしい家に 変わった形のトブラローネのチョコ 考えてみてください 100億人にトブラローネですよ どうやって賄いますか? 全ての人に食料を与え 水を供給し エネルギーを確保し 気候変動の最悪な影響を避けるには?

私は科学ジャーナリストなので もう何年も研究者に 同じ質問をしてきましたが 経験上 答えは大まかに 2種類に分かれます 私は「魔術師」と「予言者」と 呼んでいます 技術系の鬼才の魔術師は 科学と技術を適切に応用することで 窮地から抜け出せる生産法が あると信じています 魔術師の主張は 「頭を使え 生産を増やせ そうすれば 全員が勝ち抜ける」 予言者の信念は ほぼ逆です 彼らが描く世界は 基本的な 生態学的過程に支配されていて 限界がありますが 人類はそれを逸脱し 危機に直面しています 予言者の主張は 「消費を減らせ 節約しろ さもないと 全員敗北する」 魔術師と予言者は何十年と 衝突しています しかし将来への鍵は技術の進歩だと 思う点では一致しています 問題は 両者が想定する技術と 思い描く将来が 互いに異なることです

魔術師が思い描くのは 広大な手付かずの自然に囲まれた キラキラと輝く超効率的な メガシティーや 原子(物質)からビット(情報)への移行を 成し遂げた経済や 天然資源を搾取せずにすむ 非物資化された資本主義社会です 魔術師の想定するエネルギーは 小型原子炉で発電します 食料は 環境への負荷が低い農家で ロボットが管理する 収穫量の極めて多い 遺伝子組み換えの作物です 水は処理能力が高い 海水淡水化施設から得るため 川や帯水層を濫用せずに済みます 魔術師の構想では 人類100億人が 人口密度は高いが 自由に歩けるメガシティー 人類の願望と自由が 最大限 実現する 都市型社会に密集します

予言者はこれら全てに 異議を唱えます 彼らの指摘はこうです 食料や水は非物資化できない ビット(情報)は食料にならない 産業化した農業はすでに 大規模な土壌浸食や 近海の広大な貧酸素水塊や 微生物叢の破壊をもたらしている 魔術師よ この状況を もっと進めたいのか? 巨大な海水淡水化施設は? 廃棄不能な 巨大な量の有毒塩を 生み出すことは わかっているだろう あなた方が称賛するメガシティーは? すでに存在するメガシティーで 唯一の例外であろう 東京を除いて 汚職と不平等の巣窟でない 都市を挙げられるか? 代わりに 予言者が望むのは 小規模で 繋がり合ったコミュニティーから成る 地球にもっと密着した世界であり 人間同士の繋がりが最大で 企業支配が弱まった 農村化が進んだ社会です この構想では 地方に住む人の方が多く 環境にとけ込み 地域の規模に合う 太陽光発電や風力発電で得た エネルギーを利用します 予言者は 水を作るのに 巨大な海水淡水化施設は使いません 雨水を貯め 再利用とリサイクルを絶え間なく行います 食料は小規模ネットワークで構成された農家が 生産性の低い 麦や米といった穀物ではなく 樹木や塊茎に集中した栽培をします

何よりも予言者が想定するのは 人々の習慣の変化です 通勤は車ではなく 再生可能な燃料源で動く列車です 毎朝30分 温かいシャワーを 浴びることもありません 食事は作家マイケル・ポーランが言うように 「植物中心の自然食品を 食べ過ぎない程度に」 予言者は何よりも 自然の限界に従うことが より自由で 民主的で 健全な生き方だと主張します

ところが魔術師には これら全てがバカげて見えます 彼らは それが偏狭 後退 世界的貧困を招くと考えるのです 予言者型の農業は 人間が環境に 与えてきた影響を延長し 更に多くの人を 低賃金の農業労働に追いやると言います 地域毎の太陽光発電は 聞こえは良くても 実際にはまだ存在しない技術に 頼る構想です 空想にしかすぎません 水の再利用? 成長と発展のブレーキです 何にも増して 魔術師らが反対するのが 彼らが極めて反民主主義的だと考える予言者の 大規模なソーシャル・ エンジニアリングへのこだわりです

過去2世紀が 際限の無い 成長の歴史だったとすると 来たる世紀は 私達が種として 2つの道 どちらをとるか 選択を強いられる時代になるでしょう こういった議論は 私達の子供の世代 ― 人口100億人の世界で 生きていく世代が 何らかの形で決着をつけるでしょう

ところが待ってください この時点で生物学者は呆れ果てて言うでしょう 私の話がほとんど 聞こえなくなる程の大声で 「魔術師だの予言者だの そんな論議は 全てが幻想だ」 と どちらを選択しようと どのみち幻想なのだから 変わらない 自然界で起こる大量発生に いい結末はありえません 培養皿の端に接近していることに 気付いた原生動物は言いますか 「オイみんな そろそろ社会を変える時だ」と? あり得ないでしょう 自然のなすがままです それが生命の掟で 私達もその一部です 生命はみな同じ 結果を受けとめよう ―

ダーウィン進化論を支持するなら そう考えなければなりません これに対する反論は 突き詰めると 「人間は特別」という主張になります そんな理論通用しますか?

(笑)

私達の知識を蓄積し共有すれば 将来への導きにはなります ところが実際にそうしていますか? 長期的な繁栄を保証するために 蓄積 共有された知識を 活用しているという 証拠はありますか? 「ない」と簡単に答えられます

魔術師のあなたが 未来の社会で 全員の食料をまかなう 鍵になるのは 極めて収穫量の多い 遺伝子組み換え作物だと 信じているなら 過去20年間 科学者が そのような作物の安全性を 立証しようとしても 消費者に受け入れられていないことは 心配の種のはずです 予言者のあなたが 悪化する水不足を解決する鍵は 浪費を阻止することだと 信じているなら 世界中の都市で 貧しい地区でも豊かな地区でも 水道管の水漏れや汚染が原因で 4分の1以上の水が 無駄になっていることは 心配の種のはずです 少し前ケープタウンでは 水がなくなる寸前でした 3分の1の水が 漏水で失われているのです この問題はここ何十年で 更に深刻化していますが 驚くほど限られた対策しか 取られていません

魔術師のあなたが 気候変動に対処する鍵は 無公害で豊富でCO2が出ない エネルギーである 原子力だと思うなら 原子力発電所の建設に対する 社会の支持が低下していることが 心配なはずです 予言者のあなたが 気候変動の解決策は 地域型の太陽光発電だと 考えているのであれば この技術開発を 進めるために資金を投入し 必要になった時に間に合うよう 実現の準備をしている国が 世界のどこにもないことは 気掛かりのはずです そして あなたが魔術師側だろうと 予言者側だろうと 気候変動に対する強い警告があるにも関わらず 化石燃料から作られたエネルギーが 今世紀初めから 年間30%上昇していることを 懸念するべきです

それでもまだ私達は 原生動物とは違うと言えますか? 人間は特別だと思えますか? 実は原生動物よりひどいのです

(笑)

街頭での抗議さえしません イヤ真面目な話です 私達と原生動物の唯一の違い 意味のある違いは 芸術や科学や技術などの 知識だけではありません 大声をあげ 叫び 街に出て抗議して 徐々に 社会の流れを 変えていけることです ところがそれをしていません 魔術師らは まさに何十年も 気候変動の解決の鍵は 原子力だと主張してきました ところが史上初の原発推進派による デモ行進は たった2年前で 過去の反原発運動と比べたら かなり小規模なものでした 予言者も同じく何十年と 真水を作り出すエコシステムを 破壊することなく 水を確保する鍵になるのは 節水だと主張してきました ところが人類の歴史上 漏水に抗議するプラカードを掲げ 憤慨する反対者が道に溢れた運動は 一回も起きていません 環境問題に関わる政治運動の大半は 魔術師と予言者の間で起こる対立や お互いへの抗議であり 本来どちらも同じ立場であることに 気づいていません 結局 心配していることは どちらも同じ ― 「人口100億人の世界で どう生き延びるか?」ということです

必要な社会運動を立ち上げるための 最小必要量の人が運動の引き金となり 声を上げて 抗議をはじめるのに 必要なものは 明らかです 魔術師と予言者の協力です しかし何十年と続く敵対心を考えると どのように?

ひとつの案はこれです 両サイドがお互いの 基本的前提を容認することです 原発は安全で二酸化炭素を 排出しないことを認めると同時に ウラン鉱山は恐ろしいほど 汚染されていて ガタガタ列車に大量の 有毒な廃棄物をのせ 田舎町を行き来させるのは 最悪な案であると認めるのです 私なら そこからすぐ こんな発想に至ります 小規模 地域型で一時的な 再生エネルギーを実用化するまでの つなぎの原子力発電所です あるいは 遺伝子組み換え作物の 安全性を認めると同時に 産業的農業が多大な環境問題を 生み出したことを認めることです そこから すぐ こんな発想に結びつきます 植物科学専門家が 穀物よりもはるかに生産性が高く はるかに少量の水で栽培でき 土地の侵食も少なくて済む 樹木や塊茎にもっと注目することです

これは いちジャーナリストの案です この部屋には さらにいい案が百とあるはずです 大事なことは 魔術師と予言者が協力すれば 成功への道が多数見出せることです 成功とは 単に生き残る ということではありません 確かに大切なことですが 人類がなんとかして 自らの大量発生を生き延び 全ての人に食料を 飲み水を そしてエネルギーを提供し 気候変動による最悪の影響を避けて 地球の生物圏を守ることができたら 素晴らしい結果になるはずです 思うに その結果が示すのは 私のように凝り固まった 皮肉屋から見ても 人類は特別だということかもしれません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画