TED日本語 - レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか

TED Talks

言語はいかに我々の考えを形作るのか
How language shapes the way we think
レラ・ボロディツキー
Lera Boroditsky

内容

世界では約7千の言語が使われており、それぞれに異なる音、語彙、構造を持っています。でも、言語は私たちの考え方に影響するのでしょうか?認知科学者のレラ・ボロディツキーが、左右の代わりに方角を使うオーストラリアに住むアボリジニの言葉や、青を複数の語で言い分けるロシア語といった様々な事例を紹介し、この問いへの答えがイエスであることを示します。ボロディツキーは言います。「言語の多様性が素晴らしいのは、人の心がいかに巧みで柔軟かを明らかにするからです。人間の精神は認知的な宇宙を1つではなく、7千も生み出してきたのです」

Script

So, I'll be speaking to you using language ... because I can. This is one these magical abilities that we humans have. We can transmit really complicated thoughts to one another. So what I'm doing right now is, I'm making sounds with my mouth as I'm exhaling. I'm making tones and hisses and puffs, and those are creating air vibrations in the air. Those air vibrations are traveling to you, they're hitting your eardrums, and then your brain takes those vibrations from your eardrums and transforms them into thoughts. I hope.

(Laughter)

I hope that's happening. So because of this ability, we humans are able to transmit our ideas across vast reaches of space and time. We're able to transmit knowledge across minds. I can put a bizarre new idea in your mind right now. I could say, "Imagine a jellyfish waltzing in a library while thinking about quantum mechanics."

(Laughter)

Now, if everything has gone relatively well in your life so far, you probably haven't had that thought before.

(Laughter)

But now I've just made you think it, through language.

Now of course, there isn't just one language in the world, there are about 7,000 languages spoken around the world. And all the languages differ from one another in all kinds of ways. Some languages have different sounds, they have different vocabularies, and they also have different structures -- very importantly, different structures. That begs the question: Does the language we speak shape the way we think? Now, this is an ancient question. People have been speculating about this question forever. Charlemagne, Holy Roman emperor, said, "To have a second language is to have a second soul" -- strong statement that language crafts reality. But on the other hand, Shakespeare has Juliet say, "What's in a name? A rose by any other name would smell as sweet." Well, that suggests that maybe language doesn't craft reality.

These arguments have gone back and forth for thousands of years. But until recently, there hasn't been any data to help us decide either way. Recently, in my lab and other labs around the world, we've started doing research, and now we have actual scientific data to weigh in on this question.

So let me tell you about some of my favorite examples. I'll start with an example from an Aboriginal community in Australia that I had the chance to work with. These are the Kuuk Thaayorre people. They live in Pormpuraaw at the very west edge of Cape York. What's cool about Kuuk Thaayorre is, in Kuuk Thaayorre, they don't use words like "left" and "right," and instead, everything is in cardinal directions: north, south, east and west. And when I say everything, I really mean everything. You would say something like, "Oh, there's an ant on your southwest leg." Or, "Move your cup to the north-northeast a little bit." In fact, the way that you say "hello" in Kuuk Thaayorre is you say, "Which way are you going?" And the answer should be, "North-northeast in the far distance. How about you?"

So imagine as you're walking around your day, every person you greet, you have to report your heading direction.

(Laughter)

But that would actually get you oriented pretty fast, right? Because you literally couldn't get past "hello," if you didn't know which way you were going. In fact, people who speak languages like this stay oriented really well. They stay oriented better than we used to think humans could. We used to think that humans were worse than other creatures because of some biological excuse: "Oh, we don't have magnets in our beaks or in our scales." No; if your language and your culture trains you to do it, actually, you can do it. There are humans around the world who stay oriented really well.

And just to get us in agreement about how different this is from the way we do it, I want you all to close your eyes for a second and point southeast.

(Laughter)

Keep your eyes closed. Point. OK, so you can open your eyes. I see you guys pointing there, there, there, there, there ... I don't know which way it is myself --

(Laughter)

You have not been a lot of help.

(Laughter)

So let's just say the accuracy in this room was not very high. This is a big difference in cognitive ability across languages, right? Where one group -- very distinguished group like you guys -- doesn't know which way is which, but in another group, I could ask a five-year-old and they would know.

(Laughter)

There are also really big differences in how people think about time. So here I have pictures of my grandfather at different ages. And if I ask an English speaker to organize time, they might lay it out this way, from left to right. This has to do with writing direction. If you were a speaker of Hebrew or Arabic, you might do it going in the opposite direction, from right to left.

But how would the Kuuk Thaayorre, this Aboriginal group I just told you about, do it? They don't use words like "left" and "right." Let me give you hint. When we sat people facing south, they organized time from left to right. When we sat them facing north, they organized time from right to left. When we sat them facing east, time came towards the body. What's the pattern? East to west, right? So for them, time doesn't actually get locked on the body at all, it gets locked on the landscape. So for me, if I'm facing this way, then time goes this way, and if I'm facing this way, then time goes this way. I'm facing this way, time goes this way -- very egocentric of me to have the direction of time chase me around every time I turn my body. For the Kuuk Thaayorre, time is locked on the landscape. It's a dramatically different way of thinking about time.

Here's another really smart human trick. Suppose I ask you how many penguins are there. Well, I bet I know how you'd solve that problem if you solved it. You went, "One,two,three,four,five,six,seven, eight." You counted them. You named each one with a number, and the last number you said was the number of penguins. This is a little trick that you're taught to use as kids. You learn the number list and you learn how to apply it. A little linguistic trick. Well, some languages don't do this, because some languages don't have exact number words. They're languages that don't have a word like "seven" or a word like "eight." In fact, people who speak these languages don't count, and they have trouble keeping track of exact quantities. So, for example, if I ask you to match this number of penguins to the same number of ducks, you would be able to do that by counting. But folks who don't have that linguistic trick can't do that.

Languages also differ in how they divide up the color spectrum -- the visual world. Some languages have lots of words for colors, some have only a couple words, "light" and "dark." And languages differ in where they put boundaries between colors. So, for example, in English, there's a word for blue that covers all of the colors that you can see on the screen, but in Russian, there isn't a single word. Instead, Russian speakers have to differentiate between light blue, "goluboy," and dark blue, "siniy." So Russians have this lifetime of experience of, in language, distinguishing these two colors. When we test people's ability to perceptually discriminate these colors, what we find is that Russian speakers are faster across this linguistic boundary. They're faster to be able to tell the difference between a light and dark blue. And when you look at people's brains as they're looking at colors -- say you have colors shifting slowly from light to dark blue -- the brains of people who use different words for light and dark blue will give a surprised reaction as the colors shift from light to dark, as if, "Ooh, something has categorically changed," whereas the brains of English speakers, for example, that don't make this categorical distinction, don't give that surprise, because nothing is categorically changing.

Languages have all kinds of structural quirks. This is one of my favorites. Lots of languages have grammatical gender; every noun gets assigned a gender, often masculine or feminine. And these genders differ across languages. So, for example, the sun is feminine in German but masculine in Spanish, and the moon, the reverse. Could this actually have any consequence for how people think? Do German speakers think of the sun as somehow more female-like, and the moon somehow more male-like? Actually, it turns out that's the case. So if you ask German and Spanish speakers to, say, describe a bridge, like the one here -- "bridge" happens to be grammatically feminine in German, grammatically masculine in Spanish -- German speakers are more likely to say bridges are "beautiful," "elegant" and stereotypically feminine words. Whereas Spanish speakers will be more likely to say they're "strong" or "long," these masculine words.

(Laughter)

Languages also differ in how they describe events, right? You take an event like this, an accident. In English, it's fine to say, "He broke the vase." In a language like Spanish, you might be more likely to say, "The vase broke," or, "The vase broke itself." If it's an accident, you wouldn't say that someone did it. In English, quite weirdly, we can even say things like, "I broke my arm." Now, in lots of languages, you couldn't use that construction unless you are a lunatic and you went out looking to break your arm -- (Laughter) and you succeeded. If it was an accident, you would use a different construction.

Now, this has consequences. So, people who speak different languages will pay attention to different things, depending on what their language usually requires them to do. So we show the same accident to English speakers and Spanish speakers, English speakers will remember who did it, because English requires you to say, "He did it; he broke the vase." Whereas Spanish speakers might be less likely to remember who did it if it's an accident, but they're more likely to remember that it was an accident. They're more likely to remember the intention. So,two people watch the same event, witness the same crime, but end up remembering different things about that event. This has implications, of course, for eyewitness testimony. It also has implications for blame and punishment. So if you take English speakers and I just show you someone breaking a vase, and I say, "He broke the vase," as opposed to "The vase broke," even though you can witness it yourself, you can watch the video, you can watch the crime against the vase, you will punish someone more, you will blame someone more if I just said, "He broke it," as opposed to, "It broke." The language guides our reasoning about events.

Now, I've given you a few examples of how language can profoundly shape the way we think, and it does so in a variety of ways. So language can have big effects, like we saw with space and time, where people can lay out space and time in completely different coordinate frames from each other.

Language can also have really deep effects -- that's what we saw with the case of number. Having count words in your language, having number words, opens up the whole world of mathematics. Of course, if you don't count, you can't do algebra, you can't do any of the things that would be required to build a room like this or make this broadcast, right? This little trick of number words gives you a stepping stone into a whole cognitive realm. Language can also have really early effects, what we saw in the case of color. These are really simple, basic, perceptual decisions. We make thousands of them all the time, and yet, language is getting in there and fussing even with these tiny little perceptual decisions that we make. Language can have really broad effects. So the case of grammatical gender may be a little silly, but at the same time, grammatical gender applies to all nouns. That means language can shape how you're thinking about anything that can be named by a noun. That's a lot of stuff.

And finally, I gave you an example of how language can shape things that have personal weight to us -- ideas like blame and punishment or eyewitness memory. These are important things in our daily lives.

Now, the beauty of linguistic diversity is that it reveals to us just how ingenious and how flexible the human mind is. Human minds have invented not one cognitive universe, but 7,000 -- there are 7,000 languages spoken around the world. And we can create many more -- languages, of course, are living things, things that we can hone and change to suit our needs. The tragic thing is that we're losing so much of this linguistic diversity all the time. We're losing about one language a week, and by some estimates, half of the world's languages will be gone in the next hundred years. And the even worse news is that right now, almost everything we know about the human mind and human brain is based on studies of usually American English-speaking undergraduates at universities. That excludes almost all humans. Right? So what we know about the human mind is actually incredibly narrow and biased, and our science has to do better.

I want to leave you with this final thought. I've told you about how speakers of different languages think differently, but of course, that's not about how people elsewhere think. It's about how you think. It's how the language that you speak shapes the way that you think. And that gives you the opportunity to ask, "Why do I think the way that I do?" "How could I think differently?" And also, "What thoughts do I wish to create?"

Thank you very much.

(Applause)

私は言葉を使って 皆さんにお話しします ― そうできますので これは人間の持つ 不思議な力のひとつです とても複雑な考えを 伝え合うことができます 私が今しているのは 息を吐きながら 口を使って 音を作るということで かすれた音や はじける音を出し それが空気を振動させ その空気の振動が 皆さんのところに届いて 鼓膜にぶつかり その鼓膜の振動を 脳が 思考へと変えるのです 願わくは

(笑)

そうなっていることを 期待します この能力のお陰で 人間は自分の考えを 時間や空間を越えて 伝えることができます 心から心へと 知識を伝えることができるんです 皆さんの頭に 新しい変な考えを 紛れ込ませることもできますよ たとえば ― 「図書館でワルツを 踊りながら 量子力学について 考えているクラゲ」とか

(笑)

これまでの人生が 比較的順調だったなら そんなことを考えたことは たぶんなかったでしょう

(笑)

でも 今 私が言葉を使って 皆さんに そう考えさせたのです

もちろん世界にある言語は 1つだけではなく 7千くらいの言語が 使われています それぞれの言語は 様々な面で異なっています 言語ごとに異なる音を持ち 異なる語彙を持ち そして重要なことに 異なる構造を持っています そこで疑問が生まれます 話す言語は 考え方に 影響するのか? これは古くからある疑問で 人々は このことを ずっと考えてきました 神聖ローマ皇帝 シャルルマーニュは 「第2の言語を持つのは 第2の魂を持つことである」と言いましたが これは言語が現実を作り出すという 強い主張です 一方で シェイクスピアは ジュリエットに言わせています 「名前が何だというの? バラは別の名前で呼ぼうと 変わらず いい香りがするでしょう」 これは名前によって現実は変わらないと 言っているように聞こえます

この議論は何千年も 続けられてきましたが 最近になるまで 決着を付けられるようなデータが ありませんでした でも 私のところを含め 世界の様々な研究室で 研究がなされるようになり この疑問に答えられる 科学的なデータが出てきました

私の好きな例を いくつかお話ししましょう まず 私が研究する機会のあった オーストラリアの アボリジニの話から始めましょう これはクウク・サアヨッレ族の人々です ヨーク岬半島の西端の ポーンプラーウに住んでいます クウク・サアヨッレ語の 面白いところは 「左」や「右」という言い方はせず あらゆることを 東西南北の方角で 言い表すことです 文字通りに 「あらゆること」を表します 「あら 南西の脚にアリがいるわよ」 みたいな言い方をするんです あるいは「コップを少し 北北東にずらして」とか 挨拶にしても クウク・サアヨッレ語では 「どちらの方に行くの?」と言い それに対する答えは 「ちょっと北北東の方へ あなたは?」という具合です

考えてみてください 一日の中で 会う人 会う人に 向かう方角を 言わなきゃいけないんです

(笑)

方角に鋭くなることでしょう どの方角に向かっているのか 分からないと 挨拶もできないんですから 実際このような言語を話す人たちは 方角をとても良く把握しています かつて人間に可能だと 思われていたよりも ずっとです 生物学的な理由により この面で人間は 他の動物より 劣ると思われていました 人間は嘴や鱗に 磁石がないからと でも 言語や文化が そうすることを求めるなら できるようになるんです 世界には方角を本当によく 把握している人々がいます

これが 私たちのあり方と いかに違うか分かるように ちょっと目を閉じて いただけますか では 南東を 指差してください

(笑)

目は閉じたままで 指差して じゃあ 目を開けていいですよ 皆さん あっちを指したり こっちを指したりで どっちなのか 私も分かりませんが ―

(笑)

皆さん あんまり 助けになりませんでした

(笑)

どうも この会場にいる人は 方角には疎いようです 言語によって認知力に 大きな違いが生じているということです 皆さんのようなグループでは どっちがどの方角なのか 分かりませんが 別のグループでは 5歳児に聞いても 正しい答えが返ってきます

(笑)

時間の考え方にも 大きな違いがあります これは私の祖父の それぞれの年代の写真です 英語を話す人に 時間順に並べてと言ったら たぶん このように 左から右へと並べます これは書く向きに よるのでしょう ヘブライ語やアラビア語を 話す人なら 逆向きに 右から左へと 並べるかもしれません

さきほどお話しした アボリジニの クウク・サアヨッレ族なら どうするでしょう? 彼らは「左」とか「右」という 言葉を使いません ヒントをあげます 南に向いているときは 左から右へと並べます 北に向いているときは 右から左へと並べます 東に向いているときは 向こうから手前へと並べます パターンが分かりますか? 東から西なんです 彼らにとって時間の向きは 自分の体にではなく 大地に対応したものなんです 私の場合は こちらを向いていたら 時間はこう進み こちらを向いていたら 時間はこう進み こちらを向いていたら 時間はこう進むという具合に ずいぶん自己中心的ですよね 体の向きを変えると それに従って 時間の進む方向も変わるなんて でもクウク・サアヨッレの人たちには 時間の向きは固定されています 時間に対して とても異なった 考え方をしているんです

これは人間の巧みな技の 別の例ですが ここにペンギンは 何羽いるでしょう? 皆さんが この問題を どう解くか分かります 「1、2、3、4、5、6、7、8」と 数を数えて それぞれに番号を 付けていき 最後の番号が ペンギンの数になります これは子供の頃に 教わったやり方です みんな数について教わり その使い方を学びました ちょっとした言語的技術です 言語によっては このようにはしません 正確な数を表す語が ないためです 「7」とか 「8」という語がないんです 数がない言語を 話す人たちは 正確な量の把握が 苦手です たとえば このペンギンたちと 同じ数のアヒルを 結びつけるように言ったら 皆さんは数えることで そうするでしょうが そのような言語的技術を持たない人には それができません

言語によって色の見分け方 視覚的な世界も違います 色を表す言葉が 沢山ある言語もあれば 「薄い色」「濃い色」みたいな わずかな言葉しかない言語もあり 色の境界を どこに置くかも異なります たとえば 英語なら 今 画面に出ている色すべてを指す “blue”という語がありますが ロシア語では そのような単一の語はなく ロシア語の話者は 薄い青“goluboy”と 濃い青“siniy”を 区別する必要があります ロシア人は生涯にわたって 言語的に これらの色を 区別するのです 視覚的に これらの色を 区別する力をテストすると ロシア語話者は この言語的な境界を越えたことに すぐ気付きます 青の濃さの違いを より素早く 見分けられるんです 色を見ている人の脳を 観察してみると 色が薄い青から濃い青へと ゆっくり変化するとき 薄い青と濃い青に 別の語を使う人の脳は 青の濃さが変わるときに 驚いたような反応をします 「おや 何かが切り替わったぞ」と でも たとえば英語話者の脳だと この切り替わりがなく 驚きはありません 何も切り替わっては いないからです

言語には構造的に 奇妙な点がいろいろあります これは私の好きな例ですが 多くの言語に 文法上の性があります それぞれの名詞に男性か女性かが 割り当てられていますが どちらの性別かは 言語によって異なります たとえば太陽は ドイツ語では女性名詞ですが スペイン語では男性名詞で 月はその逆です これは人の考え方に 影響を及ぼすのでしょうか? ドイツ語話者は 太陽をより女性的なものとして 月をより男性的なものとして 見るのか? 実は そうであることが 分かります ドイツ語話者とスペイン語話者に ここにあるような橋を 形容してもらうと ― 「橋」は文法上 ドイツ語では女性名詞 スペイン語では 男性名詞なんですが ドイツ語話者の場合 「美しい」とか「優雅」といった 女性的な言葉を 使う傾向があり 一方でスペイン語話者の場合 「力強い」とか 「長い」といった 男性的な言葉を 使う傾向があります

(笑)

言語によって出来事の 言い表し方にも違いがあります このような出来事 ― 事故があったとき 英語では「彼は壺を壊した」 と言って構いませんが スペイン語のような言語では 「壺が壊れた」という 言い方のほうが普通です 事故であれば 誰がやったとは言わないのです 英語では奇妙なことに “I broke my arm.”(私は自分の腕を折った) みたいな言い方さえします 多くの言語では このような言い方は その人が狂っていて 自分の腕を折ろうと試み それに成功した というのでもなければ ― (笑) 使えません 事故であれば 別の言い方をします

これには現実の結果が伴います 異なる言語を使う人は 注意を向ける点が異なります 注意を向ける部分が 言語によって異なるためです だから同じ事故を英語話者と スペイン語話者に見せたとき 英語話者は誰がやったのかを よく覚えているでしょう 英語では「“彼が”壺を壊した」 という言い方をするためです 一方でスペイン語話者は それが事故なら 誰がやったのかは あまり覚えておらず 「それは事故だった」ということを よく記憶しているでしょう 意図的かどうかという点を 覚えているのです すると2人の人が 同じ出来事 同じ犯罪を目撃しても 記憶している内容が違う ということが起きます もちろん これは目撃証言では 大きな意味を持ち 責任や罰ということにも 影響してきます 誰かが壺を壊した場面を 英語話者に見せて 「壺が壊れた」ではなく 「彼が壺を壊した」と説明するなら それを自分の目で 映像として 壺に対する犯行の場面を 見られる場合でも 「壺が壊れた」ではなく 「彼が壊した」と言われると その人を非難し 責任を問うことに なりやすいでしょう 物事についての論理的思考にも 言語は影響するのです

言語が人の考え方を いかに形作るかという例を いくつか紹介しました その影響の仕方は いろいろあります 大きな影響を 言語が及ぼし得ることは 時間と空間の例で 見た通りです 時間や空間の捉え方は 言語によって まったく異なり得ます

言語には とても深い影響もあって 数の例で見た通りです 数えるための言葉 数を表す語があることで 数学の世界が開けます 数えないなら 計算もできず この会場のようなものを 建設したり この放送をしたりするのに 必要なことが 何もできないでしょう 数を表す語という ちょっとした仕掛けが 新たな認知的世界への 足掛かりになるのです とても早くからの影響も 言語にはあり それを色の例で見ましたが 本当に単純で基本的な 知覚的判断です そういう判断を 私たちは 日常的に数多く行っていますが そんな細かな知覚的判断にも 言語は影響しているのです とても広い影響を 言語は及ぼし得ます 文法的な性の例は たわいもないものに 見えるかもしれませんが それは すべての名詞に 適用されるわけですから 名詞で表される あらゆるものの考え方に 言語が影響することになります すごく沢山ありますよね

そして 何に重きを置くかにも 言語は影響する という例を示しました 責任や 罰や 目撃者の記憶に関わる話で 日常生活で大事なことです

言語の多様性が素晴らしいのは 人の心が いかに巧みで柔軟かを 明らかにするからです 人間の精神は認知的な宇宙を 1つではなく 7千も生み出しています 世界には7千の言語があります もっと作ることもできます 言語は生きているものであり 必要に応じて 磨きをかけ 変えていけるものです 残念なことに 私たちは この言語的多様性を 失いつつあります 週に1つの言語が 失われており 今後百年間で 世界の言語の半数が失われると 見られています さらに問題なのは 現在の人間の心や 脳についての知見の多くが 英語話者のアメリカ人学部生を 被験者にした研究に 基づいていることです 人類のほとんどが 除外されているわけです 人間の心について分かっていることは 実のところ非常に狭く偏ったものであり 科学は もっと良い仕事を する必要があります

最後に皆さんに 考えてほしいことがあります 異なる言語の話者が いかに違った考え方をするか という話をしましたが これは他所の人が どう考えるかということではなく 皆さんが どう考えるかということ 皆さんの使う言語が 皆さんの考え方に いかに影響するかということです これは自問する機会を 与えてくれるでしょう 「なぜ自分は こんな考え方をするのか?」 「どうすれば違った考え方が できるだろう?」 あるいは また 「どんな考えを 生み出したいと思うか?」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画