TED日本語 - オーギー・ピカード: 製造業の仕事が減っている本当の理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - オーギー・ピカード: 製造業の仕事が減っている本当の理由

TED Talks

製造業の仕事が減っている本当の理由
The real reason manufacturing jobs are disappearing
オーギー・ピカード
Augie Picado

内容

アメリカなどでは貴重な製造業の仕事が中国、メキシコ、ベトナムといった労働コストの低い国に奪われており、保護貿易政策を今進めなければならないと、もっともらしく語られるのをよく耳にします。しかし、それらの仕事が失われた理由は、あなたの想像とは違うかもしれないと、ロジスティクス専門家のオーギー・ピカードは言います。ピカードは、国際貿易の実情を紹介し、生産分業と開かれた国境が、高品質で低価格な商品の製造にどう役立つかを説明します。

Script

When someone mentions Cuba, what do you think about? Classic, classic cars? Perhaps good cigars? Maybe you think of a famous baseball player. What about when somebody mentions North Korea? You think about those missile tests, maybe their notorious leader or his good friend, Dennis Rodman.

(Laughter)

One thing that likely doesn't come to mind is a vision of a country, an open economy, whose citizens have access to a wide range of affordable consumer products.

I'm not here to argue how these countries got to where they are today. I simply want to use them as an example of countries and citizens who have been affected, negatively affected, by a trade policy that restricts imports and protects local industries. Recently we've heard a number of countries talk about restricting imports and protecting their local, domestic industries. Now, this may sound fine in a sound bite, but what it really is is protectionism. We heard a lot about this during the 2016 presidential election. We heard about it during the Brexit debates and most recently during the French elections. In fact, it's been a really important topic being talked about around the world, and many aspiring political leaders are running on platforms positioning protectionism as a good thing.

Now, I could see why they think protectionism is good, because sometimes it seems like trade is unfair. Some have blamed trade for some of the problems we've been having here at home in the US. For years we've been hearing about the loss of high-paying US manufacturing jobs. Many think that manufacturing is declining in the US because companies are moving their operations offshore to markets with lower-cost labor like China, Mexico and Vietnam. They also think trade agreements sometimes are unfair, like NAFTA and the Trans-Pacific Partnership, because these trade agreements allow companies to reimport those cheaply produced goods back into the US and other countries from where the jobs were taken. So it kind of feels like the exporters win and the importers lose.

Now, the reality is output in the manufacturing sector in the US is actually growing, but we are losing jobs. We're losing lots of them. In fact, from 2000 to 2010,5.7 million manufacturing jobs were lost. But they're not being lost for the reasons you might think. Mike Johnson in Toledo, Ohio didn't lose his jobs at the factory to Miguel Sanchez in Monterrey, Mexico. No. Mike lost his job to a machine. 87 percent of lost manufacturing jobs have been eliminated because we've made improvements in our own productivity through automation. So that means that one out of 10 lost manufacturing jobs was due to offshoring. Now, this is not just a US phenomenon. No. In fact, automation is spreading to every production line in every country around the world.

But look, I get it: if you just lost your job and then you read in the newspaper that your old company just struck up a deal with China, it's easy to think you were just replaced in a one-for-one deal.

When I hear stories like this, I think that what people picture is that trade happens between only two countries. Manufacturers in one country produce products and they export them to consumers in other countries, and it feels like the manufacturing countries win and the importing countries lose.

Well, reality's a little bit different. I'm a supply chain professional, and I live and work in Mexico. And I work in the middle of a highly connected network of manufacturers all collaborating from around the world to produce many of the products we use today. What I see from my front-row seat in Mexico City actually looks more like this. And this is a more accurate depiction of what trade really looks like. I've had the pleasure of being able to see how many different products are manufactured, from golf clubs to laptop computers to internet servers, automobiles and even airplanes. And believe me, none of it happens in a straight line.

Let me give you an example. A few months ago, I was touring the manufacturing plant of a multinational aerospace company in Queretaro, Mexico, and the VP of logistics points out a completed tail assembly. It turns out the tail assemblies are assembled from panels that are manufactured in France, and they're assembled in Mexico using components imported from the US. When those tail assemblies are done, they're exported via truck to Canada to their primary assembly plant where they come together with thousands of other parts, like the wings and the seats and the little shades over the little windows, all coming in to become a part of a new airplane. Think about it. These new airplanes, before they even take their first flight, they have more stamps in their passports than Angelina Jolie.

Now, this approach to processing goes on all around the world to manufacture many of the products we use every day, from skin cream to airplanes. When you go home tonight, take a look in your house. You might be surprised to find a label that looks like this one: "Manufactured in the USA from US and foreign parts."

Economist Michael Porter described what's going on here best. Many decades ago, he said that it's most beneficial for a country to focus on producing the products it can produce most efficiently and trading for the rest. So what he's talking about here is shared production, and efficiency is the name of the game. You've probably seen an example of this at home or at work.

Let's take a look at an example. Think about how your house was built or your kitchen renovated. Typically, there's a general contractor who is responsible for coordinating the efforts of all the different contractors: an architect to draw the plans, an earth-moving company to dig the foundation, a plumber, a carpenter and so on. So why doesn't the general contractor pick just one company to do all the work, like, say, the architect? Because this is silly. The general contractor selects experts because it takes years to learn and master how to do each of the tasks it takes to build a house or renovate a kitchen, some of them requiring special training. Think about it: Would you want your architect to install your toilet? Of course not.

So let's apply this process to the corporate world. Companies today focus on manufacturing what they produce best and most efficiently, and they trade for everything else. So this means they rely on a global, interconnected, interdependent network of manufacturers to produce these products. In fact, that network is so interconnected it's almost impossible to dismantle and produce products in just one country.

Let's take a look at the interconnected web we saw a few moments ago, and let's focus on just one strand between the US and Mexico. The Wilson Institute says that shared production represents 40 percent of the half a trillion dollars in trade between the US and Mexico. That's about 200 billion dollars, or the same as the GDP for Portugal. So let's just imagine that the US decides to impose a 20 percent border tax on all imports from Mexico. OK, fine. But do you think Mexico is just going to stand by and let that happen? No. No way. So in retaliation, they impose a similar tax on all goods being imported from the US, and a little game of tit-for-tat ensues, and 20 percent -- just imagine that 20 percent duties are added to every good, product, product component crossing back and forth across the border, and you could be looking at more than a 40 percent increase in duties, or 80 billion dollars. Now, don't kid yourself, these costs are going to be passed along to you and to me. Now, let's think about what impact that might have on some of the products, or the prices of the products, that we buy every day. So if a 30 percent increase in duties were actually passed along, we would be looking at some pretty important increases in prices. A Lincoln MKZ would go from 37,000 dollars to 48,000. And the price of a Sharp 60-inch HDTV would go from 898 dollars to 1,167 dollars. And the price of a 16-ounce jar of CVS skin moisturizer would go from 13 dollars to 17 dollars. Now, remember, this is only looking at one strand of the production chain between the US and Mexico, so multiply this out across all of the strands. The impact could be considerable.

Now, just think about this: even if we were able to dismantle this network and produce products in just one country, which by the way is easier said than done, we would still only be saving or protecting one out of 10 lost manufacturing jobs. That's right, because remember, most of those jobs,87 percent, were lost due to improvements in our own productivity. And unfortunately, those jobs, they're gone for good. So the real question is, does it make sense for us to drive up prices to the point where many of us can't afford the basic goods we use every day for the purpose of saving a job that might be eliminated in a couple of years anyway?

The reality is that shared production allows us to manufacture higher quality products at lower costs. It's that simple. It allows us to get more out of the limited resources and expertise we have and at the same time benefit from lower prices. It's really important to remember that for shared production to be effective, it relies on efficient cross-border movement of raw materials, components and finished products.

So remember this: the next time you're hearing somebody try to sell you on the idea that protectionism is a good deal, it's just not.

Thank you.

(Applause)

キューバという国名を聞いて 何を連想しますか? クラシックカー? 上等な葉巻? 有名な野球選手かも では北朝鮮はどうでしょう? ミサイル実験や 悪名高き最高指導者 その親友のデニス・ロッドマン

(笑)

まず連想しないのは 自由経済の恩恵により 国民が いろんな製品を 手頃な値段で手に入れられる そんな国の姿ではないでしょうか

これらの国が なぜそうなったのか ここで議論するつもりはありません 輸入を制限し 自国の産業を保護するという 貿易政策によって 国民が悪影響を受けた例として 挙げさせてもらいました 昨今 多くの国で 輸入を制限することで 国内の産業を 保護しようという動きが見られます 聞こえは良いかもしれませんが つまりは保護貿易主義です このことは 2016年の大統領選の際も よく耳にしました ブレグジットの論議でも 直近ではフランスの大統領選の際も 話題に上りました 実際 非常に重要なテーマとして 世界中で語られており 政治的リーダーの地位を狙う多くの者が 保護貿易を良しとする政策を 掲げています

良策だと思うのもわかる気がします 貿易は時にして不平等に見えますから アメリカ国内の問題のいくつかを 貿易のせいにする人もいます もう何年も アメリカでは 賃金の高い製造業の仕事が減少していると 言われています アメリカで製造業が衰退するのは 中国 メキシコ ベトナムなどの 安い労働力のある市場へ 企業が事業を海外移転しているからだと 多くの方が考えています 貿易協定にも 不公平な部分があると思われています 例えばNAFTA(北米自由貿易協定)や TPP(環太平洋パートナーシップ協定)です こうした協定があれば 企業は 海外で安く生産した商品を アメリカなど 製造の仕事が奪われた国に 再輸入できるようになるからです 輸出する側が得をして 輸入する側は損をする そのように見えますね

しかし現実には アメリカにおける製造業の生産高は 増加しているのです でも 仕事は減っています それもかなりの数がです 2000年から2010年までで 製造業では570万の仕事が失われました しかしその原因は 皆さんの想像と 違うかもしれません オハイオ州トレドのマイク・ジョンソン氏が メキシコのモンテレイ市の ミゲル・サンチェス氏に 工場の仕事を奪われた? 違います 機械が奪ったのです 失われた製造業の仕事のうち87%は 自動化によって 生産性が向上したために なくなったのです つまり オフショアリングによって 失われた職は 全体の10分の1だけということです これはアメリカに固有の現象では ありません あらゆる国のあらゆる生産ラインへ 自動化は普及しているんです

まあ 気持ちはわかります 仕事を失ったばかりで 元の会社が中国と提携をする という記事を新聞で読んだら 1対1の条件で 自分は他人に取って代わられたと 思い込むのも当然でしょう

こんな話を聞く度に思うのですが 皆さんは ― 貿易は2国間だけで起こるものだと 考えられているのではないでしょうか ある国の企業が商品を製造し 他国の消費者へと輸出する という構図で 製造国の勝ち 輸入国の負けのような 感じがします

しかし現実はちょっと違います 私はサプライチェーンを専門とし メキシコを生活と仕事の拠点にしています 私が仕事をしているのは 世界中の製造業者が密に繋がって 協力し合い 我々が手にする多くの製品を 作り出しているネットワークの中です メキシコシティの 最前線で見る現場は 実際にはこんな感じです この方が 貿易というものの より正確な描写であると思います ありがたいことに私は 様々な製品の製造過程を見てきました ゴルフクラブからノートパソコン サーバー機器や自動車 それに飛行機まで 単一製造ラインで完結するものは ただ1つとしてありません

例を出しましょう 何か月か前 メキシコのケレタロ州で ある多国籍航空宇宙事業会社の製造工場を 見て回っていた時のことです ロジスティクスの責任者が 完成した機尾部分を見せてくれました 機尾はフランスで製造されたパネルと アメリカから輸入した部品を使って メキシコで 組み立てられているそうです 組み立てられた機尾は トラックでカナダまで輸送され 最終組立工場で 他の何千ものパーツと 合わせて組み立てられます 機翼や座席をはじめ 窓のシェードなど 新しい航空機の あらゆる部品が集まるのです 考えてみてください その新しい機体は 初のフライトに飛び立つ前から 幾度となく国境を越えているんですから アンジェリーナ・ジョリー顔負けです

このような加工工程へのアプローチは 世界中で使われていて スキンクリームから飛行機まで 我々が日々使用する製品の多くが こうして作り出されています 今夜 家に帰ったら 見てみてください こんな表示ラベルを見つけて 驚くかもしれません 「国内外の部品を使用しアメリカで製造」

経済学者のマイケル・ポーターは こんな状況を絶妙に言い表しています 何十年も前の彼の言葉です 「国にとって最も有益なのは 自国で最も効率的に生産できる 製品を集中的に製造し 他は貿易に頼ることである」 これは つまり国際生産分業 効率性を制する者の勝ち ということです 家庭や職場でも 同じような経験があるでしょう

事例で考えてみましょう 家を建てるとき または キッチンのリフォームの際 一般的には総合請負業者がいて その業者が様々な請負業者の 作業を調整します 建築士に設計図を書かせたり 掘削除去業者に土台を掘らせたり 配管工 大工などを使ったりです なぜ総合請負業者は 1つの業者に全ての仕事を 任せないのでしょう? 例えば 建築士にです それは理屈に合わないからです 複数の専門家を採用するのは 家を建てたり 台所のリフォームをするのに必要な 個々の作業を学び極めるには 何年もかかるからです 特殊訓練が必要な作業もあります あなただったら 建築士にトイレの取り付けを 任せますか? 任せないでしょう

このやり方を 企業活動に当てはめましょう 今日の企業は 自社が最も得意とし 効率よく生産できる製品に集中し 他は全て買い入れています つまり 自社製品の製造にあたっては 相互連携 相互依存の関係にある 国際的な製造業者のネットワークに 頼っているのです この相互連携はあまりに密なため それを解体して 一国内で製品を造ることは 不可能に近いでしょう

先ほどお見せした ― この相互連携のネットワークの中で アメリカとメキシコを結ぶ一本の線に 焦点を当ててみましょう Wilson Institute によると この2国間の貿易額5千億ドルのうち 40%が生産分業に関わるもので つまり2千億ドル ポルトガルの国内総生産に匹敵します 仮にアメリカが メキシコからの輸入品全てに 20%の国境税を課すことにしたら どうなるでしょう? メキシコが黙って それを見ているでしょうか? あり得ませんね 仕返しに アメリカからの輸入品全てに 同じような課税をし しっぺ返しが来るわけです 20%の関税が 国境を行き来する あらゆる物 製品や部品にかけられたら 関税は40%以上も増加するでしょう つまり800億ドル以上です いいですか そのコストを最終的に負担するのは 他でもない私たちです 我々が日々購入する製品の価格に どんな影響を及ぼすでしょう 30%の増税分が上乗せされたとしたら 物価はかなり上昇するでしょう 高級車のリンカーン・MKZは 3万7千ドルから4万8千ドルへ シャープの60インチHDテレビは 898ドルから1,167ドルへ ドラッグストアで買える 450g入りの保湿クリームは 13ドルから17ドルへ値上がりします しかも これは アメリカ・メキシコ間の生産チェーンに 限った場合の話です これが 全ての繋がりへと 掛け算されていくのですから とんでもない規模の影響です

想像してください たとえ このネットワークを解体し 自国で全てを生産したとしても ― それが可能であればの話ですが ― 失われた製造業の仕事のうち 救えるのは たった10%です 思い出してください そうした仕事のほとんど 87%は 自らの生産性向上により 失われたのですから そして残念なことに これらの職は戻って来ません 本当に問うべきなのは 多くの人が日用品さえ 買えなくなるほど 物価を上昇させてまで どうあがいても 数年でなくなりそうな仕事を 残すことが 理にかなっているかどうかです

生産分業をすれば より高品質の製品を 低コストで生産できる これが現実です 単純なことです これにより 限られた資源や技術で 最大限の利益を得ると同時に 価格も低く抑えられるのです 生産分業がうまく行くかは 原料 部品 最終製品などを 効率的に国境を越えて 移動させられるかに かかっています

ですから覚えておいてください もし誰かが保護貿易は良策だなどと 論じ始めたならば それは大間違いです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画